モバイルルーター

  • 2017.11.18 Saturday
  • 00:23

僕が初めてモバイルデータ通信契約をしたのは

スマートフォンではなくモバイルルーターだった。

2010年秋にドコモのデータプランを契約。

BUFFALO ポータブルWiFiルーター Portable Wi-Fi DWR-PG

BUFFALO ポータブルWiFiルーター Portable Wi-Fi DWR-PG

2010年9月にiPod touchを買ったため

それをネット接続するのが目的だった。

その後タブレットやノートPCを

モバイルでネット接続するのにも利用した。

 

ただモバイルルータの利用は長続きしなかった。

2011年秋にはスマートフォンを買って

データ契約のSIMはスマートフォンで入れて利用した。

1台で通信できるスマートフォンのほうが便利で

モバイルルーターは別途端末が必要になる。

つまり端末とモバイルルーターの2台を持ち歩く必要があり

普段のネット接続では手軽さに欠けた。

ただ旅行などでタブレットやノートPCを持ち出す際は

活躍したけどね。

 

モバイルルーターって何?っていう人もいるだろうが

モバイルルーターはテザリング専用端末だ。

テザリングというのは

スマートフォンの機能にもあるけど

モバイル通信を他の端末で利用出来るよう繋ぎの役割を果たすこと。

一般的なのはWifiテザリング。Wifiで接続した端末をモバイル接続する。

他にもUSBテザリングがありこれは主にPCで利用される。

BluetoothテザリングもありWifiが混雑する場所などで

利用されたりしてる。

モバイルルーターはこのテザリング専用機になる。

最近はスマートフォンでもテザリングは可能なので

特別な機能でもないんだけど

モバイルルーターは専用機だけありバッテリーの持ちも良く

また省電力モードを搭載するなどして

テザリングを利用するのに便利な機能を搭載している。

あと後述するけどクレードルを利用することで

Wifiルーターのように利用することもできる。

 

そんなモバイルルーターだけど

僕はこれまで3台購入して利用した。

1台目は上のDWR-PG。

最初に紹介した製品だけど

LTEに対応しない古いモバイルルーターで

ドコモのFOMA回線に対応している。

ずっと使っていなかったんだけど最近になり再び利用。

ドコモのMVNOのSIMを入れて利用している。

新しいスマートフォンを買うまでのつなぎだけどね。

2台目はAUのW01。

au Speed Wi-Fi NEXT W01 ブルー

au Speed Wi-Fi NEXT W01 ブルー

AU MVNOで利用してたスマホが壊れてしまって急遽買ったもの。

これも一時的な利用で使ってたけど

その後スマホ白ロムを買って使わなくなり既に売却済み。

3台目はNECのAterm MR03LN。

NEC Aterm MR03LN LTE対応 モバイルルーター 【OCN モバイル ONE マイクロSIM付】 クレードル付属

NEC Aterm MR03LN LTE対応 モバイルルーター

【OCN モバイル ONE マイクロSIM付】 クレードル付属

Amazonタイムセールで安く売ってて思わず買ったけど

特に使い道がなくて持て余していた。

ただこのOCNのSIMはAUのスマホ白ロムが壊れたときに

急遽利用してかなり役立ってくれた。

MR03LNは結局ほとんど使わないまま売ってしまった。

 

最初でも書いたように

普段はモバイルルーターは使わないし必要ない。

スマートフォンがあれば十分だから。

モバイルルーターはSIMを搭載できず

モバイル接続できない製品をモバイル接続するのに使う。

iPod touch、Wifiタブレット、ノートパソコンなどだ。

ただ最近はスマートフォンがモバイルの中心になり

他のWifi機器は利用しなくなったので

モバイルルーターも活躍することがなくなってしまった。

ノートパソコンでの利用がかろうじてある程度だけど

僕のように年に2回か3回くらいしか遠出しない人には無縁の機能だ。

ただ旅行時にはあると便利だけどね。

 

モバイルルーターにあると便利なのはクレードルだ。

クレードルは充電台として利用出来るけど

それ以外にクレードルにはLAN端子がついている。

例えばホテルや旅館などでネット接続が可能とあって実際には

LAN端子がありLANでのネット接続が可能というケースもある。

そういう場合はLANが使えないスマートフォンや

最近のLAN端子すら搭載してないノートPCなどは使えない。

利用するためにはWifiルーターが必要になる。

モバイルルーター+クレードルではWifiルーターとして使えるんだ。

NEC Aterm MR05LN 3B モバイルルーター (OCN モバイル ONE ナノSIM付) クレードル付属 PA-MS05LN3B

NEC Aterm MR05LN 3B モバイルルーター

(OCN モバイル ONE ナノSIM付) クレードル付属 PA-MS05LN3B

だからもし買うならクレードル付きのモデルのほうがおすすめ。

 

2010年に買ったDWR-PGだけど

今も売らずに持っているのはこのWifiルーターとして

利用出来るためだ。

DWR-PGはクレードルセットで売られていた。

2015年に下呂温泉の宿に泊まった時に

LANでしかネットが提供されていなかったけど

持っていったDWR-PGをWifiルーターとして利用して

スマートフォンやタブレットをネット接続に利用出来た。

そうそうあの時LANケーブルを忘れてしまったけど

部屋の引き出しに常備用が1本入ってて助かった。

ELECOM LANケーブル 爪折れ防止 巻き取り CAT6準拠 1.5m ブラック LD-MCTGT/BK

ELECOM LANケーブル 爪折れ防止 巻き取り

CAT6準拠 1.5m ブラック LD-MCTGT/BK

こういう用途で使う予定ならLANケーブルは携帯用のを

一緒に持っておきたい。

 

僕は今後モバイルルーターを買うことはないと思う。

ただ1台持っていると何かしら役立つことがあるかもしれないので

使わなくなったからといって売らずに持っておくのもありかな。

特にクレードルがあるとWifiルーターとして使えるからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

dtab compact d-01Jレビュー

  • 2017.11.17 Friday
  • 23:37

先週半ばに新しいタブレットを購入した。

ドコモのタブレット白ロムのd-01Jだ。

dtab Compact d-01J (ゴールド)

dtab Compact d-01J (ゴールド)

当初はドコモMVNOのSIMが使える

SIMフリースマートフォンを考えていたんだけど

既にスマートフォンは十分にあるので

タブレットに変更して条件にこのタブレットにした。

条件とはドコモMVMOのSIMが使えることと

もう1つテザリングが使えることだ。

ドコモの白ロムはかつてテザリング時のSPモード制限があったが

今年に入ってその制限は撤廃されつつあり

このd-01JもMVNOのSIMでテザリング可能だ。

 

さてスペックを確認。

OSはAndroid6.0

7.0へのアップデートは予定されているらしい。

最新は8.0だけど利用する上で支障はない。

CPUはHiSilicon Kirin950

16nmFinFETプロセスのCPUで2.3GHz4コア+1.8GHz4コアの8コア。

最新ではないけどハイスペック向けのCPUだ。

Snapdragonの6xxには勝ち8xxと勝負できるレベルって感じか。

RAMは3GB。ストレージは16GB。microSDXC対応。

液晶は8.4インチIPSで解像度は1600x2560とかなり高解像度。

バッテリーは4980mAh。重さは325g

対応BandはLTEばBand1/3/19で3GがBand1/6/19

SIMロック解除対応するが解除するメリットはほぼないといえる。

機能的にはシンプルで防水などの機能はなく

またワンセグやフルセグなども搭載されていない。

指紋認証は搭載している。Wifiは5GHz帯対応。

 

実際に使ってみた感想だけど

印象に残った順番で書いてみると

■音が良い

音質がとても良くてお届いた。

特に横向きに持つと左右のステレオスピーカーからの音が

とてもいい感じに聞こえてきて快適に利用できる。

スピーカーは上部と下部の2か所に搭載してるが

harman/kardonとやらの高音質オーディオらしい。

■画面が綺麗

WQHDの液晶はとても視認性がよく見やすい。

視野角もかなり広い。

IPS液晶のようだが有機ELのようなクリアさがある。

8.4インチには高解像度過ぎるけど

この美しさなら液晶に関しては何ら不満はない。

■指紋認証が便利

正面下部のホームボタンが指紋認証となっている。

ホームボタンとしても便利だけど指紋認証で使えるので

パスコードを入力する手間がなくて便利。

LTEタブレットとして外に持ち出す機会も考えられるので

セキュリティは必要だと思うがだからこそ便利。

■動作は快適

1週間以上使っているけど動作はとても快適。

CPUパワーはありRAMも3GBなので申し分ない。

Kirin950はCPUは強いがGPUはSnapdragon8xxに劣るらしいが

ゲームなどプレイしてて特に問題は感じない。

 

という感じでとても快適に使えているわけだが

あえてマイナスに感じるところなどを書いてみたい。

■電源と音量の位置関係が慣れない

サイドのスイッチは画面を見て右側についている。

上に音量の調整ボタンがあり真ん中近くに電源ボタンがある。

これがなかなか自分には合わなくて

音量+あたりを電源ボタンとしてついつい押してしまう。

今使ってるスマホは2台ともこの位置に電源ボタンがあり

画面を消すときはここを押すんだ。

でもこのタブレットは違うからそれが慣れない。

■置くだけ充電非対応

かつて同じサイズのタブレットとしてNexus7を利用していた。

置くだけ充電で充電しながらPCの横に設置して利用してたのだが

この製品は置くだけ充電に対応してないのは残念。

バッテリーの持ちはまあ良いほうだけど。

■ストレージ16GBは少ない

microSDXCで拡張できるとはいえ16GBは残念。

ベースとなったMediaPad M3は32GBあるのに。

その分安いけどね。

 

ということでレビューを書いてきたけど

基本的に満足してて不満はほとんどない。

何よりの魅力は価格が安いことだ。

未使用品の白ロムなら2万円ほどで購入できる。

ベースとなったのはHuaweiのMediaPad M3という端末。

Huawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3 LTE 4G-32G/シルバー ※LTEモデル 【日本正規代理店品】

Huawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3 LTE

4G-32G/シルバー ※LTEモデル 【日本正規代理店品】

ただ性能的にはこっちのほうがかなり上。

RAMは4GBでROMは32GB。

LTEも対応周波数も多い。

d-01Jも定価は45000円くらいなので

定価で買うなら断然このMediaPad M3 LTEのほうがおすすめ。

とはいえ実際はドコモのキャンペーンで値引きされており

回線目当てで契約した人が端末を手放して

中古市場にあふれており安く買うことが出来ると。

ドコモMVNOで使うならSIMロックがあっても問題ないし

周波数帯もドコモ回線なら問題ない。

だから僕はこのd-01Jを選んだんだ。

 

d-01Jは自宅で利用する予定で

今のところ外に持ち出す予定はない。

自宅ではPCの横にスタンドで設置して

PCの補完的に例えばSNSを表示したり

ネットのライブ配信を表示したりする予定。

外で使うのは基本的にスマホになる。

ただ旅行の際などには持っていってみようかなと。

8.4インチの画面で便利そうなのはナビ。

タブレットホルダー車載ステント,360度回転吸盤式車載ダッシュボード マウントホルダースタ,7-9.7インチ タブレット ホルダー [並行輸入品]

タブレットホルダー車載ステント,

360度回転吸盤式車載ダッシュボード

マウントホルダースタ,7-9.7インチ

タブレット ホルダー [並行輸入品]

タブレットナビとしての利用に向いているのではと思う。

もっともタブレットナビが目的ならば

d-01gやd-02hなどの前モデルでも問題ないと思うけどね。

Yahoo!カーナビとかでそのうちテストをしてみようかなと。

 

ということで高評価でおすすめしたいけど

僕自身買う前に少し慎重になったけど

ちゃんと利用する目的があるなら買ってOKだと思うけど

漠然とただ欲しいだけの場合はしっかり検討したほうがいい。

例えばスマホを自宅でもアクティブに使ってる人は

タブレットを買ったところで活躍する場面がないかもしれないから。

僕自身ノートパソコンの購入を検討しているけど

我慢しているのはデスクトップPCがあるので

自宅でノートPCの活躍する場所はないこと。

外だとスマホがあるからなおさらね。

ドコモMVNOのSIMを使うことで

内だけでなく外でも両方使えるのがWifiタブレットと違って

良いところかなと思う。

 

あともう1つ。価格が安いのは10月下旬まで

ドコモがキャンペーンをしていたことが大きい。

それが11月になって大量の在庫となり価格が下がっているわけだ。

この状況はいつまで続くか分からないが

供給は収まりつつあるので買うなら早めにしたほうがいいだろう。

白ロム価格が3万円くらいに跳ね上がったら

あまり買いではないから。それならMediaPad M3 LTEのほうが良い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

4k60p

  • 2017.11.17 Friday
  • 22:42

今年2017年は4k60pが普及し始めた年。

4K動画撮影が本格的に普及し始めたのが2014年。

あれから3年経ってようやく4k60pへ進み始めた。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5 レンズキット 標準ズームレンズ付属 ブラック DC-GH5M-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5

レンズキット 標準ズームレンズ付属 ブラック DC-GH5M-K

その先陣を切ったのはやはりPanasonicのGH5。

動画に強いデジカメとしてこれまでも革新的な機能を搭載してきた。

4k60pに対応するといわれての待望の4k60p化だった。

来年1月に発売されるPanasonicのG9も4k60p対応のようだ。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9 ボディ ブラック DC-G9-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9

ボディ ブラック DC-G9-K

来年になればPanasonicのデジタルカメラで

4k60p対応機種が増えていくことだろう。

 

そして驚いたのはiPhone8/8plus/Xの4k60p対応。

iPhone8がまさか4k60p動画に対応するとは思わなかった。

【au版】iPhone8 64GB ゴールド MQ7A2J/A apple

【au版】iPhone8 64GB ゴールド MQ7A2J/A apple

僕自身iPhone7でもいいかなと思っていたけど

4k60pっていうのが一番の後押しになり機種変更することになった。

ただ実際4k60pということを撮影してて意識することはないけどね。

H265/HEVCへの対応で従来の4k30pのH264/AVCと比べて

ビットレートが変わらないので容量が無駄に増えないのはいい感じ。

しかしiPhoneが対応したけど

Androidの他のメーカーなどはまだまだこれからのようだ。

 

そしてアクションカムの代名詞GoProのHero6。

4k60p対応は望まれていたけど直前のiPhone8/8plusが発表され

4k60pに対応していたのでインパクトはあまりなかった。

でも動きのある動画を撮影することが多いアクションカメラでは

高フレームレートは必要なのでかなりヒットしそう。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ

HERO6 Black CHDHX-601-FW

アクションカメラの4k対応化はこの2年で

かなり浸透している感じだけど

4k60p対応も他社の追随で一気に広がるだろうか。

 

こうしてみると4k60p化が一番遅れているのはビデオカメラだ。

もちろん業務用ビデオカメラなどは4k60p機種はあるし

8kにすら到達しているモデルもあるけど

コンシューマー用でいえば4k30pまでしか対応してない。

ただそろそろ上位モデルから対応していくことだろう。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX100 4K 光学12倍 ブラック Handycam FDR-AX100 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX100

4K 光学12倍 ブラック Handycam FDR-AX100 BC

ビデオカメラは毎年1月から2月に春モデルが発表され発売される。

来年の春モデルにはおそらく4k60p対応のビデオカメラが登場するかなと。

ただハイエンドモデルのみになるのか普及機まで一気に広がるかは

今のところは分からない。

画像処理チップ的には4k60p対応は可能だしセンサーも可能なはずだが

ネックは熱だろうか。

デジカメ動画やスマホ動画などは撮影時間が10分とか制限があっても

問題なかったりするけどビデオカメラにそうした制限があっては困る。

4k60p動画が撮影時間に制限を設けないようにするためには

放熱対策が必要で10nmプロセスのメディアプロセッサを搭載するなど

最新のチップが必要になるんじゃないかと思う。

そういう点でいえばメディアプロセッサに強いPanasonicのほうが

4k60p対応で先行するかもしれないな。

ただ普及のためにはSONYの対応は欠かせない。

 

そもそも4k60pがどこまで必要かは難しいところ。

4KどころかFHDで十分って声も聞かれる中で

4kのしかも60fpsの動画が必要なのだろうか。

僕は必要だと思う。

というか8kは不要で4kで映像保存はほぼ完結して

4k60pが完成形ではないかと思う。

8kだと60インチ以上の大型テレビなどが必要だし

普通の40インチから50インチのテレビなあ4kが最適。

動きなどを考慮すると60fpsがベストで

4k60pが到達点じゃないかなと思うんだけど。

今後5年後10年後で4k60pは標準化するだろうけど

8Kとかは僕はあまり普及しないのではないかと思う。

家庭のテレビやパソコンのモニタ、スマホなどで

4kと8kの差はもう分からないレベルになるんじゃないかと。

 

ということで4k60pのビデオカメラが出たら

普及価格でで出たら買いたいなと思っているので

早く出てほしい。

G9は欲しいけど価格は高そうで買えないなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンシューティングゲーム

  • 2017.11.17 Friday
  • 21:32

僕が昔好きだったのは

ナムコのタイムクライシスや

セガのTHE HOUSE OF THE DEADだった。

プレイステーションやドリームキャストで

ガンコントローラーを持っていてよくプレイしてた。

ゲームセンターでもプレイしたことがあるし

自宅でもよくプレイしたものだ。

 

そんなガンコンだけどテレビが

ブラウン管から液晶へと切り替わって消えてしまった。

今のテレビは液晶がほとんどだけど

当時のガンコンは今のテレビで利用することが出来ない。

もしガンシューティングを今プレイしたいのなら

新しいガンコントローラーなどのシステムを

購入する必要がある。

 

今のガンシューティングは

Wii方式とPS3方式の2種類あるかな。

Wii方式はテレビの上にセンサーを置いて利用するもの。

Wiiパーティなどのミニゲームなどでは

射撃系のゲームもある。

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2&3 リターン

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2&3 リターン

人気のガンシューティングゲームのリリースされていた。

そのままだと雰囲気が出ないのでWiiザッパーという

ガンアダプタが発売されていたようだ。

PS3タイプはカメラとセンサーコントローラーの利用。

プレイステーションムーブという製品が以前出ていた。

XBOX系でもカメラを使ってキネクトというのを利用してた。

PS3だとナムコなどから対応ソフトがリリースされている。

PlayStationMove BIG 3 GUN SHOOTING パーフェクトパック

PlayStationMove BIG 3 GUN SHOOTING パーフェクトパック

今買うならこのカメラとPS Moveとソフトのセットが

一番手軽にガンシューティングをプレイできるシステムだろうか。

なおPS4でもPS Moveでのガンシューティングは可能で

特にPS4 Pro+PS VRでのプレイは相当臨場感があり凄いようだ。

 

ということで久々にガンシューティングがプレイしたいので

PS Moveなどの機器を買おうかなと迷っている。

その前に1度ゲームセンターへ行って何かしらプレイしたい。

ゲーセンでちょっとプレイしたら買う必要はないと思うかも。

多分逆により自宅に欲しいと思ってしまう気もするけど。

今はどんなガンシューティングが出ているんだろうなあ。

ゲームセンターはもう10年以上行ってないからさっぱりだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

大幅値下げで24800円に。
スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM