紀行番組と音楽

  • 2019.12.09 Monday
  • 23:37

素敵な紀行番組には素敵な音楽がある。

僕がそうした音楽を意識したのはいつの頃だろう。

紀行番組にまだ全く興味がない頃だと

やはり「世界の車窓から」の曲だろう

昔ニュースステーションの前後に放送されていて

気づけば放送されていた記憶がある。

その音楽が旅紀行番組の代表的な曲だったかな。

 

その後もっと音楽というものを意識したのは

1990年代のヒーリングCDブーム。

この時点でも紀行番組にまだほとんど興味はなかったけど

その音楽というのには強い興味を持つようになった。

イマージュ

イマージュ

イマージュなどでは世界遺産や情熱大陸の曲は

そのテレビ番組を知っていたけど

映像の世紀などは見たことがなかった。

ドキュメンタリーなども興味はなくて

ただ荘厳な音楽だなと思ったりして

それが紀行ドキュメンタリーに興味を持ち始めるきっかけの1つだったかも。

実際NHKスペシャルなどを見るようになったのはこの頃だ。

 

僕が紀行番組を好きになったのは2002年だけど

そのちょっと前に放送された宇宙未知への大紀行。

この番組は好きで見ていたけど音楽も素晴らしかった。

僕は理系でこうした宇宙とかの番組でよく見ていて

一時期宇宙方面を目指したことも会ったけど

この番組が放送された頃にはそうじゃない道を歩んでいた。

それ故にちょっと感慨深かった記憶があるが音楽も素晴らしかった。

NHKスペシャル「宇宙〜未知への大紀行」

NHKスペシャル「宇宙〜未知への大紀行」

後にサウンドトラックも購入している。

このサントラは今も持っている。

こうした紀行ドキュメンタリーのサントラを買うのは

多分これが初めてだったと思うけど

ただイマージュやフィールなどのヒーリングCDで

それ系の曲はCDを買って聞いていたので全く初めてという感じはしなかった。

 

2002年に紀行番組を見るようになり

たくさんの番組に増えていって

お気に入りの曲も増えていったけど

ヒーリングCDブームが終わって

最近は紀行番組の曲がCD化されることがなくなってしまった。

NHK BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅2017」オリジナル・サウンドトラック

NHK BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅2017」

オリジナル・サウンドトラック

こころ旅などはあるけど多くの番組はサントラなど出ていない。

そういえばNHKのトラック・バスシリーズのシルクロード編は

曲がiTMSで発売されて購入したっけ。

https://music.apple.com/jp/album/overland-trip-2/586841290

激走シルクロード縦断114日の旅の曲だ。

CD化はされてないけどこうした配信されているのはありがたい。

もちろんかなり前に購入済み。

 

せっかく音楽配信の時代なんだから

もっと配信などで買えるようになればいいけど。

番組によっては公式ウェブサイトに

無料MP3公開されているケースもある。

https://www.bs-tbs.co.jp/zekkei/

地球絶景紀行などは過去のテーマ曲がDL出来るけど懐かしい。

紀行番組は素敵な音楽があふれているので

もっとそれらの音楽を聞いていきたいなあと思う今日このごろ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シルクロードと紀行番組

  • 2019.12.02 Monday
  • 23:41

シルクロードの紀行番組といえば

その昔NHK特集シルクロードとして放送された番組が有名だ。

僕もその番組の存在は知っているが実は見たことがない。

でもテーマ曲は知っている。

喜多郎さんのシルクロードの曲はとても有名だ。

シルクロード(絲綢之路)[UHQCD]

シルクロード(絲綢之路)[UHQCD]

多くの人のシルクロードのイメージといえば

この曲の雰囲気にあるような悠久の歴史と広大な砂漠とか

砂漠のオアシス都市とかそんなイメージじゃないかな。

でもそれも30年以上前のこと。

実際今は近代化が進んでいるんじゃないだろうか。

 

僕が好きなシルクロードの番組は

今から10年ちょっと前に放送された

NHKスペシャルの新シルクロードだ。

NHK特集のシルクロードは伝説的な番組として人気があったけど

新しい時代のシルクロードの番組をということで作られた。

最初は中国編が放送されてその後は中央アジア編が放送された。

激動の大地をゆくは中央アジア編にあたるけど

僕はこの作品が凄く好きだな。

NHKスペシャル新シルクロード 激動の大地をゆく 特別版DVD BOX (新価格)

NHKスペシャル新シルクロード 激動の大地をゆく 特別版DVD BOX (新価格)

PC録画を初めて間もなかった頃で

高画質ではないけど録画して残している。

テーマ曲はヨーヨーマさんが手掛けた曲。

NHKスペシャル「新シルクロード2007」激動の大地を行く オリジナル・サウンドトラック

NHKスペシャル「新シルクロード2007」

激動の大地を行く オリジナル・サウンドトラック

より重厚になりながらもシルクロードの雰囲気があり素敵な曲。

喜多郎さんの曲も素晴らしいけどこれもいい。

そして番組としてこの新シルクロードはよく出来ていた。

 

しかしこの番組はその後全く再放送されていない。

僕自身この時にまたTS録画環境がなかったこともあり

あまり高画質で録画できなかった。

翌年にTS録画環境を得て再放送されたら録画しようと思ってたけど

あれからもう12年位経つと思うけど再放送されない。

再放送してくれないかなあ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイビジョンスペシャル

  • 2019.11.25 Monday
  • 22:38

NHKのBSプレミアムでは

平日の午前9時からプレミアムカフェという番組を放送している。

過去に放送した番組の中からリクエストが多かった番組だったり

あるいは新作が放送される時にそれに関連した過去の番組だったりが放送される。

https://www4.nhk.or.jp/pcafe/

そんなプレミアムカフェで

昔のハイビジョン特集が放送されることはとても多い。

NHKのBS-hiなどでよく放送されていて

90分から120分など長さはまちまちだけど

とても良質な紀行番組が放送されていて僕はよく見ていた。

僕が紀行番組を好きになったのはそのハイビジョンスペシャルを見たから。

 

最近ふと気づいたけど

そのハイビジョンスペシャルのオープニング映像は

時期によって異なるけど

僕が良いなと思う番組は同じオープニングが多い気がする。

からくり時計みたいなデザインのオープニング。

このオープニングで放送されたのは2001年頃。

この頃はハイビジョン特集が非常に多く放送されている。

放送時間は1時間59分か1時間29分が多いかな。

2002年になると新しいオープニングになっている。

いつ頃切り替わったのかはわからないけど

からくり時計っぽいのは2001年の放送のが多いようだ。

 

僕がBSデジタルを見るようになったのは2002年。

録画を行うようになったのは2003年。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BRW1060

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BRW1060

今リビングで使ってるのはハイビジョンで録画出来るけど

当時はSD画質で録画してDVD-Rに焼くというものだった。

せっかくのハイビジョン放送でもハイビジョンで残せなくて

唯一ハイビジョン録画に対応していたD-VHSが欲しくてたまらなかった。

まあD-VHSなんて買えなかったけどね。

でも2008年頃からPC録画を行うようになって

ハイビジョンで録画しエンコードして残すようになって

今は再放送があれば高画質で残せるのはいい時代になった。

2001年のハイビジョン特集は何本放送されたのかわからないけど

再放送されたのなら8割か9割くらいは録画している気がする。

 

その2001年のハイビジョン特集の中で

僕が好きなのは世界の山岳鉄道。

このシリーズを見て紀行番組にハマり

また録画にもハマっていくことになった。

ちなみに今NASに残っている世界の山岳鉄道の録画データは

2011年10月に録画エンコードした番組だ。

今も録画データがあるので見たい時にすぐチェックできる。

動画データはNASに入れているので

PCだけでなくTVなどからも再生できる。

BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応 ネットワークHDD 3TB LS210D0301G 【エントリーモデル】

BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応

ネットワークHDD 3TB LS210D0301G 【エントリーモデル】

昔はDVD-Rに残していたけどDVD-RやBD-Rだと

枚数が増えていくととても管理しきれなくなるので

今のNASに保存して見るスタイルは気に入っている。

 

ところで世界の山岳鉄道のテーマ局は好きだけど

CDなどは出ていないのかな。

盤古2001という人たちが音楽を担当してるらしいが

検索をしても異人回廊ともう1つの曲しか出てこない。

この2曲はイマージュとイマージュ2に入ってるらしいが・・。

CDとかは出てないっぽいな。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイの番組

  • 2019.10.28 Monday
  • 23:40

2017年にハワイ旅行へ行ってからも

多くのハワイの番組をチェックしている。

レギュラー番組は少ないけど

バラエティ番組などで不定期にハワイ特集してるケースは多く

そうしたものも含めてチェックをしている。

今レギュラーはBS12の「ハワイに恋して」だけだろう。

https://www.twellv.co.jp/program/tabi/hawakoi3/

この番組もどういった視聴者向けに番組を作るのか苦心してるようだ。

初心者、リピーター、ハワイ好き、ハワイヘビーユーザーなど

数多くの人が期待しており難しいところ。

 

最近は旅系バラエティ番組のロケでハワイへ行くことは多くて

こないだは旅猿のVOL.12が放送されてて録画したけど

ハワイのノースショアを旅していた。

この旅猿では過去何度かハワイへ行ってるようだ。

東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい・・・ハワイの旅 プレミアム完全版 【通常版】 [DVD] 東野・岡村の旅猿12 プライベートでごめんなさい… ハワイ・聖地ノースショアでサーフィンの旅 ハラハラ編 プレミアム完全版 [DVD]

そういえばこの番組を初めて見た時もハワイだった気がする。

どこだったか覚えてないけどホイールウォッチングをするとかなんとか。

ハワイでホイールウォッチングをするとなると

西側になるけど行ったことがないから正直わからないな。

というか南東のワイキキやカイルアくらいしか行ってないから。

次にハワイ旅行をしても西や北へ行くかは分からない。

やっぱり定番のワイキキやアラモアナ、それに少し足を伸ばして

カイルアやラニカイなどじゃないかな。

その先は北や西ではなくハワイ島へ行ってみたいなと思うけど。

去年はハワイ島の番組が多かったのは日本航空がコナ直行便を就航して

そのタイアップ番組が多く放送されたからだろうか。

今年はANAのA380が就航したけど・・今のところ見たことがない。

多分関東ローカルの番組などでタイアップ番組が放送されてるのかも。

 

YouTubeで見られるバナナTV 。

ハワイ編もいくつか放送されている。

今はもう放送が終わってしまったけど

過去の放送などをYouTubeで見ることが出来るけど

初期の作品は見られないのでDVDを買う必要がある。

ハワイへは4回行ってるようだけど

バナナTV~ハワイ編~(完全版) [DVD]

バナナTV~ハワイ編~(完全版) [DVD]

最初に放送されたハワイ編はDVDでしか見られないので

買おうかなあと思っている。

思ってもう1年経っているけど。

買うほどでもないけど買わないと見られないなと思いつつ

先延ばししていたけど最近また見てるから見たくなってきた。

 

ハワイの番組としてここ数年話題になるのは

BSフジの木梨憲武さんの番組だ。

http://www.bsfuji.tv/kinashi/

今年正月にも放送された番組だけど

その番組を見る限りは夏にも放送されそうだったけど

結局放送されなかった。

来年正月には放送されると思うんだけど

ちょっと期待していただけに残念だったな。

ただこの番組も昔に比べると視聴者からの評価は厳しくなっている。

僕は言うほど酷いとは思わないけど

ただ初期のほうが楽しかったのは確かかなあ・・。

何が違うんだろう。

 

とにかくハワイの番組を見て予習をしているけど

やっぱりまた行きたいなあ。

1年に1回くらい行きたいと思っていたけど

お金がかかるのと長く休む必要があり結構厳しい。

だから最近は沖縄旅行に切り替わってしまった。

来年も沖縄へ行く予定だし・・でもハワイも諦めてないんだが・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月からの紀行番組

  • 2019.10.14 Monday
  • 21:37

BS11で放送されていた

「世界の国境で歩いてみたら・・・」が終わってしまった。

https://www.bs11.jp/education/national-border/

昨年スタートした新しい紀行番組で期待していて

書籍版もリリースしたりして

世界の国境を歩いてみたら…

世界の国境を歩いてみたら…

これは長寿番組になってくれるかなと期待してたのに

なんと終わってしまうとは・・残念だ。

新しく始まった紀行・ドキュメンタリー番組は

ディスカバリーチャンネルの番組だったり

海外の番組だったり地方の番組だったりしてオリジナルがなくなってしまった。

一応こうしてカテゴリの番組も放送しようという意志は感じるけど。

 

他の局を見ても本当に紀行番組は減った。

海外紀行番組に関してはもう全滅ともいっていいほど。

BS日テレの世界水紀行の再放送も終わってしまったっけ。

放送される番組といえば芸能人が国内をのんびり旅する

お手軽番組ばかりで海外のはないね。

やっぱり予算がかかるためだろうか。

そして地上波ドラマの再放送も増えてきた。

あとスポーツ番組も昔に比べるとかなり増えたと思う。

韓国ドラマは昔から多くてそれは変わっていない。

紀行番組だけがこの10年で激減したと言える。

 

何故紀行番組が減ってるかは

このブログでも何度も書いているけど

かつてBSデジタルは一般向けではなく

高性能テレビを持ってたり映像にこだわりを持つ

比較的高所得層が多かったので海外紀行番組などは

スポンサーなどもつきやすく多く放送されていたと。

しかし最近はBSデジタルは身近になり今では地上波の補完放送に。

ドラマやアニメ、スポーツ番組など地上波の枠で放送されないものが

大量にBSデジタルに流れてきて一般化してしまった。

普通の人は海外紀行番組を好まないのでそれで気づけば激減。

今はNHKと4K放送でかろうじて生き残っている程度。

ただ4K放送でも地上波的な紀行番組が多くて

結局芸能人が海外を旅するだけの番組になってしまっている

 

紀行番組が多く放送されていたのは

2010年以前かなと。

当時放送された紀行番組はとても多くて

こないだ書いたトラベリックスだったり

世界水紀行やヨーロッパ水紀行だったり

世界夢列車で行こうってのもあったな。

とにかくいろいろ紀行番組があったけどBSデジタルのNHK以外だと

古くから放送されていた欧州鉄道の旅も好きだった。

欧州鉄道の旅 オリエント急行 Blu-ray BOX

欧州鉄道の旅 オリエント急行 Blu-ray BOX

この放送はBSフジが作成した海外紀行番組。

ヨーロッパの鉄道紀行番組でとても完成度が高かった。

音楽もいい曲流してBGVとしてさも最高だった。

再放送が多かったけど最終的には全200回くらい放送されたんだっけ。

最初は英国・アイルランド編だったけど大陸編が放送されたりしたっけ。

あの頃はたくさんの紀行番組が放送されていたなあ。

海外鉄道紀行番組は多かった。

 

今は紀行番組が放送されなくても

昔の紀行番組をたくさん録画してきたから

それらを見て昔を懐かしみつつ満喫するかなあ。

基本的に海外紀行番組は実際行く可能性が低い場所なので

それが今なのか10年前なのか20年前なのかはあまり関係ないからね。

さすがに50年前だと映像や雰囲気が古く感じられると思うけど

2000年くらいだったらいまだと言われても分からないかも。

ともかく新しい紀行番組が放送されることを祈っているけど・・。

BS-TBSで新地球絶景紀行には期待している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新地球絶景紀行

  • 2019.10.11 Friday
  • 21:33

新しい紀行番組は始まらないものかと思っていたら

10月16日(水)からBS-TBSで

新地球絶景紀行がスタートする。

以前地球絶景紀行として

世界各地の絶景を求めた紀行番組が放送されていたが

それが終了して新がついて戻ってきた。初回は2時間SPだそうだ。

https://www.bs-tbs.co.jp/journey/shinzekkei/

どんな番組になるんだろうか。

ナレーションは吉田羊さんが担当するらしいが

実際に吉田さんが旅をするのか

あるいは旅をしてるかのようなナレーションをするのかどっちだろう。

ともかく新しい紀行番組が始まるのはいいね。楽しみだ。

 

地球絶景紀行ってのはどんな番組だったっけ。

終わったのは去年くらいだったような気がするけどどうだったかな。

https://www.bs-tbs.co.jp/zekkei/

公式サイトはまだ残っていた。

昨年9月に最終回を迎えている。

森高千里さんがナレーションを努めて

最終回は405回目のほうそうだったということで

それこそ8年くらい続いた番組ということだっけ。

2010年に番組は始まっているんだなあ。

多分録画をあされば初回から録画しているはず。

公式サイトではテーマ曲などのMP3がDL出来る。

ナレーションは安田成美さんがやってた頃もあったと思う。

最後に手紙みたいなのがあってFrom Narumiってのが覚えてるから。

 

BS-TBSは昔はBS-iだったけど

昔は地球絶景紀行ともう1つ鉄道紀行番組が放送されていた。

世界夢列車に乗ってという番組があり

世界 夢列車に乗って スイス ヨーロッパを代表する山岳鉄道の旅 [Blu-ray]

世界 夢列車に乗って

スイス ヨーロッパを代表する山岳鉄道の旅 [Blu-ray]

その番組が終わったあとで

世界一周魅惑の鉄道紀行が始まったんだっけ。

その番組も終わりの頃は芸能人が旅する番組になっていき終わってしまった。

その頃にはBSデジタルの地上波化が進んでいたからね。

昔のように美しい風景や鉄道旅などだけでは

視聴者を獲得できなくなっていたんだろう。

今回の番組がどうなるかは期待しているけど

過度な期待は落胆を生む可能性があるので

とりあえず紀行番組の新番組が始まるということを喜びたい。

 

出来るだけ長く続いてくれますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベリックス〜世界体感旅行〜が終了して4年

  • 2019.09.27 Friday
  • 23:30

先日昔の紀行番組をチェックしてて

そういえばBS日テレでかつて放送されていた

トラベリックスIIIの最終回が放送されたのが2015年9月27日だった。

最終回は総集編で過去の放送を振り返ったんだったな。

その前はポルトガルだった。

1週間前の9月20日の録画がないけど・・どうしたんだっけな。

4年前に最終回だったということだけど

僕の感覚で言えばもっとずっと前に終わったという感じ。

あれまだ4年前?という感覚ですごく昔の番組という感覚だ。

 

トラベリックスだけど初期は双方向番組だった。

BSデジタルには双方向機能があったけど

それを利用した番組でトラベルマネーを利用して

トラベリックス選択

視聴者が選択をして最終的に残金が0に近かった人で

抽選が行われてプレゼントがあったと記憶している。

トラベリックスの放送は2013年10月だそうだ。

僕がBSデジタルで録画を行うようになったのが2013年7月からで

トラベリックスも初期はDVD-Rに録画していたけど

今それらは捨ててしまったのでないんだな。

ただ1は2が放送されている時期に再放送されていて

その時にPC録画をしたのでその時に録画したものが残っている。

再放送なので双方向のは利用できなかったけどね。

Wikiによれば2007年から2008年に2が放送されてその後3へ。

3は7年半続いたということなんだな。

 

トラベリックスといえばほのぼのとしたナレーション。

初代は桜井幸子さん、二代目は本上まなみさんで

三代目が鈴木杏樹さんだった。

多分本上まなみさんが一番長くやっていると思う。

産休での代役とかがいろいろ会ったような記憶がある。

トラベリックスはその番組の感じが世界ふれあい街歩きに似ている。

この番組は今も続いているがスタートしたのはトラベリックスの1年以上後のこと。

本上まなみさんが街歩きのナレーションをした時は

トラベリックスだあ・・と思ったもの。

確かもうその時にはトラベリックスが終わった後だったっけ。

 

DVDは出ているようだけど

トラベリックス~世界体感旅行 ヨーロッパ篇 [DVD]

トラベリックス‾世界体感旅行 ヨーロッパ篇 [DVD]

Amazonでも売られているこのヨーロッパ編くらいしか出てないのかな。

何故これだけがリリースされたのか分からないけど

コレクションアイテムとして

買っておこうかなあとか最近思ったりしている。

さすがに新品で買おうとは思わないから

中古で探して・・。ヤフオクとかメルカリとかで時々出てくる感じかな。

でもDVDなので今となっては画質が悪いのでなんだかなと。

あくまでコレクションアイテム。

最近トラベリックスで検索をすると外貨両替のお店が出てきてなんだかな。

BS日テレで放送されていた番組の記憶は

検索などから消えていっていると思うと寂しい限りだ。

 

実は最近期待していたことがあるけど

期待はずれに終わって。

それは2019年9月にBS日テレが4K放送を開始した。

他のBS民放は昨年12月からスタートしてるけど

BS日テレだけは遅れていた。

放送開始記念とやらでトラベリックス4Kとか放送してくれないかと

すごく期待していたんだけど残念ながら放送してないようだ。

もし放送するなら4Kチューナー買っていたんだけどね。

シャープ 4Kチューナー 新4K衛星放送対応 4S-C00AS1

シャープ 4Kチューナー 新4K衛星放送対応 4S-C00AS1

年末年始にかけてまだ希望は持っているけど

多分BS日テレ4Kで放送するならBS日テレでも放送するだろうけどね。

 

あともう1つ密かに期待しているのが

Huluでのトラベリックス再放送だ。

BS日テレでの放送が無理ならばHuluで放送してくれればいいのに。

昔の再放送でも構わないからやってくれないものか。

需要はあると思うんだけどなあ。

日テレの自社コンテンツだから無駄にはならないと思うし。

関係ないけどHuluチケットって

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

今のうちの買っておけば8%消費税のままで

当分使える感じかなあ。確か有効期限は結構長かったはず。

1ヶ月ならともかく6ヶ月とか買うなら今のうちだよな・・。

 

という感じでトラベリックスが復活しないものかと。

レギュラーはさすがに無理だと分かっているので

2時間スペシャルとかで期待している。

あと昔の再放送もあればね。

日テレ関係者が見ているとは思えないけど

Huluでもいいから是非お願いします。

とにかく僕の一番好きだった紀行番組なので

もう終わって4年か。凄く昔の感覚なのは何故だろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こころ旅2019秋始まる

  • 2019.09.20 Friday
  • 23:36

いよいよ来週月曜日からNHKのBSプレミアムで

にっぽん縦断こころ旅の2019年秋が放送される。

https://www4.nhk.or.jp/kokorotabi/

今回のスタートは富山。

関西を通り山陽地方を横断して九州東部を通って沖縄へ。

どんな場所を通るのか楽しみだ。

 

こころ旅だけど地元や知ってるところを通るとより楽しめるもの。

春の旅では愛知県を通ったけど

ナゴヤ球場や依佐美の鉄塔跡地や堀内公園が出てきたりと

知ってる場所で凄く楽しむことが出来た。

今回で言えば京都とか観光でよく行くから楽しみだし

鹿児島は母方の実家がありここもある程度知っている。

沖縄は今年2月に旅行して多少詳しくなったので

どこが出るかなと気になるところ。

まあ他の行ったことある県もそうじゃない県も

素敵な風景が見られるので楽しみにしている。

 

この番組は視聴者からのお手紙が重要となっている。

視聴者の思い出の場所に火野正平さんがチャリオくんという自転車に乗って赴くもの。

人生下り坂最高!

人生下り坂最高!

目的地の場所だけでなく2時間程度離れた標高が高めの場所から

その地の風景を楽しみながら思い出の地を訪れるというもので

単に思い出の場所をピンポイントではなくそこへのアプローチも楽しめる番組。

そして思い出の場所では火野正平さんがお手紙を読むと。

手紙を出す人は圧倒的にお年寄りが多いけど

時々若い人もいたりする。以前住んで場所だったり

あるいは子供の頃よく行った場所だったりが多いようだ。

僕も出してみようかなと思うけど思い出の地ってのは・・どこだろう。

鹿児島ならあるかもしれないが過去に出てないだろうか。

 

こころ旅といえば音楽も素晴らしい。

サントラは購入しているけど旅をしたくなる曲が収録されている。

NHK BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅2017」オリジナル・サウンドトラック

NHK BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅2017」

オリジナル・サウンドトラック

主題歌であるメインテーマは

郷愁を誘うメロディでありながら疾走感があって

この旅の番組の曲にぴったりなんだな。

ちょっと儚い感じもあるのもいいね。

もう過去は戻らないという寂しさみたいなのも伺える。

思い出はこころの中に大切にしまっておいて

みんな今の生活を楽しんでねというようなメッセージ性も

メロディなどから感じてしまう。

 

秋は自転車旅に最適なので

僕もこころ旅ではないけど

地域の風景を見て楽しむ旅をしてみたい。

9月も下旬になってきて今のこころ旅は彼岸花。

今週末は自転車に乗って彼岸花を見に行く予定だ。

いつか彼岸花を見に行ったことも思い出に変わっていくのだろう。

あまり無理をして遠出とかせずとも旅は楽しめる。

輪行などをして鉄道なども利用して旅するのも良さそう。

ダホン(DAHON) 2020年モデル K3 3段変速 折りたたみ自転車 20K3LMGR00 ライムグリーン/ブラック

ダホン(DAHON) 2020年モデル K3 3段変速

折りたたみ自転車 20K3LMGR00 ライムグリーン/ブラック

のんびりと田舎道を走って空きを楽しみたいものだ。

 

ということで

来週月曜日スタート。

とうちゃこ版は火曜日夜からだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニングカメラとドキュメンタリー

  • 2019.09.09 Monday
  • 23:40

最近は落ち着いたゆっくりとした紀行ドキュメンタリー番組が減っている。

昔は画質さえ良ければという感じが強かった紀行番組だけど

今はより臨場感を求めてリアルに近づいている気がする。

それは撮影用カメラの小型化などで実現しているようだ。

先日NHKのランニング番組を見ていたら

普通の撮影用カメラ以外にアクションカメラが使われていた。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 4K+空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000)

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム

4K+空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000)

SONYのウェラブルカメラとマイク、モニターなどついた

グリップアームみたいなのを持ったカメラマンが

ランナーと並走し撮影をしていた。

今までは離れた場所から撮影するだけだったが

それにより並走してより臨場感ある番組が撮影出来るようになっている。

映像は全く普通の放送と比べて違和感なし。

ただ画角は超広角だけどそっちのほうが良いくらいだった。

 

ここ数年ランニングカメラマンの活躍が目立っている。

アクションカメラを利用するケースは少なくて

多くは業務用のハンディカメラを利用している。

SONY ソニー NXCAMカムコーダー 業務用ビデオカメラ HXR-NX80

SONY ソニー NXCAMカムコーダー

業務用ビデオカメラ HXR-NX80

こうしたカメラのグリップ部分を持ってランナーと並走している。

手ブレはグリップにより最小限に抑えている感じだ。

昨今人気のアクションカメラはあまり撮影に使われてないのは

やはり音だろう。

最初に紹介したランニング番組でもSONYのアクションカメラとは別に

マイクレコーダーと外部マイクもグリップアームに取り付けていて

さらにランナーには胸にピンマイクもついてたので

ワイヤレスマイクも使われていたと思う。

アクションカメラだけでは音がうまく取れないため外部レコーダーを使うと。

山間部だとそれでは落としたりする可能性があるので

外部マイクを取り付けられる業務用カメラを使うと。

コンシューマーカメラとの画質差はほとんどないと言えるけど

音に関して言えばテレビ放送で使われるカメラはかなり優れてるし

音を非常に重視していると言える。

 

ランニングカメラなどはジンバルはあまり使われてない。

僕自身OSMO pocketを持っており

これなら走りながら撮影しても安定して撮影出来る。

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

映像はテレビ放送に十分使えるクォリティだけど

音声に関してははっきり言って使えない。

OSMO ACTIONやGoPro HERO7 Blackなどのアクションカムも同様。

さらに言えばスマートフォンカメラでも映像は問題ないのだが

音がチープなので番組で使うのは難しい。

あとジンバルはやはり衝撃などに弱い。

ランニングカメラマンなどが酷使したらすぐ壊れてしまう。

だから使われないのだろう。

アクションカムの電子手ブレ補正は進化してるけど

YouTubeに使うならいいだろうがテレビで使う場合

補正の段階の歪みなどが気になったりするものであまり使われない。

メインカメラとして使うなら業務用ビデオカメラがベストで

それを持って走って撮影出来るカメラマンが求められているんだろうな。

 

数年前に行われた山岳レースの模様が1冊の本になっている。

激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパンアルプスレース 富山~静岡415km (集英社文庫)

激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパンアルプスレース

富山~静岡415km (集英社文庫)

このレースではランニングカメラマンが活躍したんだけど

それについても書かれている。

ランニングカメラマンにより新しいこれまでにない臨場感ある映像が撮影出来るようになった。

NHKは最近グレートレースやグレートトラバースなど定期的に放送して

そうしたカメラマンの育成をしているようだ。

いくら機材が進化したところで撮影するのは人間だからね。

まあいずれはAIカメラが撮影したりすることはあるかもしれないが・・。

 

これまでにない番組が増えてきて楽しいけど

やっぱり音声ってのは大切なものなんだなあ。

コンシューマーカメラももっと音質重視のモデルが

増えてくれるといいんだけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

グレートサミッツ

  • 2019.08.26 Monday
  • 22:46

以前NHKのBSプレミアムで

グレートサミッツというシリーズがあった。

ヒマラヤやヨーロッパアルプス、南米など世界の高所登山を行う番組。

昔からNHKって大学山岳部出身のディレクターやカメラマンがいて

こういう海外の山に登る企画が多かった気がする。

その集大成的なのがこのグレートサミッツだった。

世界の名峰 グレートサミッツ エベレスト ~世界最高峰を撮る~ 前編・後編 [Blu-ray]

世界の名峰 グレートサミッツ エベレスト

~世界最高峰を撮る~ 前編・後編 [Blu-ray]

全部で何回放送されたんだろう。

モンブランは初期に放送された記憶がある。

アイガー、アコンカグア、キリマンジャロ、マッターホルンとか

とにかくいろんな憧れの山が出てきたっけ。

後半は企画っぽいものが多くてかなり魅力的だった。

世界の名峰 グレートサミッツ 8000m 全山登頂 ~登山家・竹内洋岳~ [Blu-ray]

世界の名峰 グレートサミッツ 8000m 全山登頂 ~登山家・竹内洋岳~ [Blu-ray]

竹内洋岳さんの8000m全山登頂をドキュメンタリーにした番組なども放送されたし

谷口けいさんがスペインのピレネーを縦断するのも凄く良かった。

ピレネーの最高峰が剣岳みたいな山だったような記憶がある。

そしていつの間にかこのシリーズは放送されなくなってしまった。

2010年から2013年にかけて放送された番組のようだ。

 

このグレートサミッツは単に山に登ることが目的ではなく

NHKなのでそれを撮影することが目的の1つとなっていた。

エベレストなどはタイトルに"撮る"と入っていたけど

単に登ることをドキュメンタリーにしたのではなく

カメラマンが一緒に登り撮影することにも力が入れられて

そのドキュメンタリーもかなり含まれていたなと思う。

しかしあの大型のハイビジョンカメラをエベレスト山頂まで持っていき撮影するとはね。

あの頃はフルハイビジョンだったけど今は4K/8Kの時代だけど

より超高画質で撮るってことにはならないかな。

【国内正規品】GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ 【GoPro公式】

【国内正規品】GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7

ブラック ウェアラブル アクション カメラ 【GoPro公式】

その後でもNHKはあまりアクションカメラを好んで使わない傾向が見られる。

大型のカメラではなく小型のハンディカメラを利用しているけど

ビデオカメラへのこだわりみたいなのは今もあるんだろうか。

 

グレートサミッツが終わって

山の番組は少なくなったと思う。

BSプレミアムでにっぽん百名山が始まったのは2012年か。

あとアドベンチャーレースやトレイルランニングレース密着が増えたのも

この頃からではないかと思う。

昨今NHKの海外の山の番組は山岳レース番組が多くて

BS1のグレートレースだったりが放送されていて

以前のグレートサミッツのような番組はあまりない感じか。

そうそう去年だったか放送されたシスパーレのは良かった。

銀嶺の空白地帯に挑む カラコルム・シスパーレ ディレクターズカット版 [Blu-ray]

銀嶺の空白地帯に挑む カラコルム・シスパーレ

ディレクターズカット版 [Blu-ray]

このシスパーレ登頂した2人は登山家として超一流だけど

カメラマンとしても知られていて自分たちの登山を自分たちで

記録することも出来るってのが凄い。

NHKもそれに加わりドキュメンタリー番組になり面白かった。

このちょっと前にデナリ大滑降って番組があったけど

それも凄く近い感じの番組だったなあ。

なんだかんだ言ってNHKの海外山番組は不定期に放送されているんだな。

これらは新しいグレートサミッツといっても過言ではないと思う。

 

久しぶりに以前のを見たくなったのでNASの動画を見てみたけど

グレートサミッツは7つしか入っていなかったなあ。

他のも入れておかないと。多分全部録画してるはずだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


recommend

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3
【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3 (JUGEMレビュー »)

DJIのスマホ3軸ジンバルの新モデル。折りたたんでコンパクトに収納できるようになった。さらに13500円と値下げ。

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM