探している紀行番組

  • 2018.04.23 Monday
  • 23:35

今から15年くらい前に見た紀行番組を探している。

ただもう記憶からも薄れて手がかりもないので絶望的。

仮に番組名が分かったとしても今更再放送されないだろう。

放送されたのは2012年前後ではないかと思う。

どういう形で見たのかあまり覚えていないのだが

僕が紀行番組を好きになった頃だった。

 

2002年の日韓W杯の頃にCATVの契約をして

BSデジタルを見ることが出来るようになった。

その時にNHKのBS-hiで放送されてた紀行番組に出会いはまる。

このブログで過去何度か書いているけど

世界の山岳鉄道、世界トレッキング紀行シリーズなどを見て

これは録画して残したいと思って

2003年にDVDレコーダーを買うキッカケになった。

そんな頃に放送された番組でレコーダーに残っていない。

 

その番組に関しての手がかりは

○おそらくNHKのBS-hiで放送された番組

○南米の国境を超えるバスに密着したドキュメンタリー・紀行番組。

○バスは多分チリからアルゼンチンのブエノスアイレスへ向かっていた。

○途中で山岳地帯で銃を持った兵士が乗ってきた。

○山岳地帯は事故も多くて放置されたバスなどがたくさんあった。

○ゴールの多分ブエノスアイレスは立派なバスターミナルだった。

こんな感じの番組だったかなあ。

何度か検索したりしたけど見つからないし

今なんて古い情報はネットで探せないので絶望的。

B22 地球の歩き方 アルゼンチン チリ パラグアイ ウルグアイ 2018~2019

B22 地球の歩き方 アルゼンチン チリ

パラグアイ ウルグアイ 2018~2019

記憶にある風景を求めて現地を旅したいけど

南米なんてそう簡単に旅出来ない。

その番組が凄く見たいってほどではなく

なんとなくずっと何という番組か気になってるというもの。

時折今回のように思い出してあの番組なんだったかな

 

再放送はされてないと思う。

というかその時みたものが再放送だったのかもしれない。

確実には言えないけど2003年11月以降には放送されてないと思う

2003年11月に2台目のレコーダーを買って

この後は紀行番組録画しまくりで今に至っているので

その後放送された紀行番組はほぼ把握してると思うから。

ただ紀行番組っぽくないドキュメンタリーだったりしたら

スルーしていたかも。NHKスペシャルとかね。

ただそうじゃなかったと思うけどなあ。

もう二度と見られないのかなと思うと悲しい。

ただこうした気持ちが録画依存にも繋がる気がするから

あまり気にせずまた見られたらラッキーくらいのつもりが

良いのかもしれないなあ。

 

同じようなチリから国境を超えて

アルゼンチンへバスで行く旅は

南米大陸一周165日の旅でも少しだけ出てきた。

あと南米のバスターミナルでは

ブラジルの帰省に密着した「60万人の帰省ラッシュ」ってのも放送されている。

それらは覚えていて時々それとごっちゃになったりするけど全く別の番組。

何よりもっとずっと古い。

ひょっとしたら2000年以前にBS2で放送された紀行番組の

再放送だったのかもしれないなあ。

 

ということでここ15年くらいの紀行番組に関しては

その多くは録画して残しているのでみたい時に見られる。

それ以前についてはさすがに無理だけどね。

 

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

このエントリーをはてなブックマークに追加

関口知宏さんの鉄道旅

  • 2018.04.21 Saturday
  • 20:13

来週の番組を予約録画していたら

NHKのBSプレミアムのプレミアムカフェで

列島縦断鉄道乗りつくしの旅が再放送される。

列島縦断 鉄道乗りつくしの旅 JR20,000km 全線走破 秋編 [Blu-ray]

列島縦断 鉄道乗りつくしの旅 JR20,000km 全線走破 秋編 [Blu-ray]

この番組が放送されたのは

愛・地球博が開催された2005年のこと。

関口知宏さんのNHKBSの鉄道旅がスタートしたのは

前年の2004年で最初は最長片道切符の12000キロの旅だったが

その時に乗らなかった路線を乗りつくして20000キロの旅を行ったのが2005年だった。

当時あまり見ていなかったけど

確か平日朝に駅でライブ中継を行っていたと記憶している。

 

関口知宏さんの鉄道旅が始まった2004年頃は

僕が紀行番組を好きになって録画を始めた頃だったが

この番組は総集編でしか録画しなかった。

毎日の録画というのは非常に大変で

それをDVDにダビングする作業も大変だった。

当時関口知宏さん自体は関口宏の息子ってことくらいしか知らず

たいして思い入れもなかったから録画しようとも思わなかった。

鉄道旅は好きだったけど僕が好きなのは

海外鉄道紀行で国内はそれほどって感じだったかなと。

ただ今は国内も好きだけどね。

 

その後関口知宏さんは

2006年に「関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅」として

イギリス、スペイン、ギリシャトルコ、スイスを旅して番組になっている。

そして2007年には中国鉄道大紀行。

関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]

関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく

秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]

最長片道切符は36000キロにも及び

春編はチベットのラサをスタートして

秋編では西域のカシュガルがゴールだった。

この番組は日曜昼に生中継+1週間のダイジェストが放送された。

1時間番組だったけど最後のカシュガルは2時間だった記憶が・・。

毎週楽しみにしていたなあ。

 

これを最後にBSプレミアムで関口知宏さんの

鉄道シリーズは終わってしまったんだけど

2015年に「関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅」として復活。

関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅 BOX ハンガリー、クロアチア、スウェーデン、ポルトガル編 [DVD]

関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅 BOX ハンガリー、

クロアチア、スウェーデン、ポルトガル編 [DVD]

2015年から2017年にかけて放送された。

このシリーズはまだ終わってないと思うんだけどどうだろう。

今回の再放送は新作が放映されるための序章だと思ってるけどどうかな。

http://www4.nhk.or.jp/sekiguchi-tabi/

まだホームページは存在している。

個人的にはドイツ編とフランス編に期待している。

ドイツ編は2004年頃にも放送されたので古いので最新ので。

フランスはまだ1度もないと思うんだがなあ。

ただ鉄道王国だから是非。

 

ということで日本の鉄道乗りつくしシリーズは

初期の名作なので来週23日からBSプレミアムで

午前9時から放送されるので是非録画とかして見て欲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ターシャ・テューダー

  • 2018.04.19 Thursday
  • 21:17

ターシャ・テューダーはアメリカの絵本作家。

素敵な庭を作ることでも有名で

ガーニング好きの人なら1度は名前を聞いたことがあるのでは。

うちの母も凄く好きで本とかDVDとかもっている。

ターシャ・テューダー 静かな水の物語 [Blu-ray]

ターシャ・テューダー 静かな水の物語 [Blu-ray]

もう少し先だけど母の日にはDVDかBDでも

プレゼントしようかと思っている。

これはターシャの生誕100周年のドキュメンタリー映画の

映像パッケージ化されたもの。

昨年12月に発売されたばかりで母はまだもっていないはずだ。

 

そもそもターシャ・テューダーを知ったのは

以前NHKのBSプレミアムで放送されていたため。

NHKBSの紀行番組が好きでそれらを録画していて

その中にターシャ・テューダーさんの番組もあった。

NHK 喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭 永久保存ボックス〈DVD+愛蔵本〉

NHK 喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー

四季の庭 永久保存ボックス〈DVD+愛蔵本〉

それらのうちいくつかはDVD化されている。

何度かNHKの番組で特集されたっけ。

ターシャさんが亡くなった後も番組が放送されて

昨年にはターシャの子供や孫、ひ孫がターシャの庭を受け継ぎ

そして育てている様子などが放送された。

素敵な庭で見に行ってみたいなあ。

 

そうそうターシャの庭といえば

岐阜の花フェスタ記念公園に

ターシャの庭というのがある。

ここはバラ園がものすごくて5月下旬から6月にかけて

春のバラまつりが行われるけどそのバラ園の横にターシャの庭があり

そのはファンショップのようになっていて

ターシャグッズが揃っている。

今年も行く予定だけどターシャファンは是非行ってみて欲しい。

 

ターシャ・テューダーのガーデニングノート

ターシャ・テューダーのガーデニングノート

このエントリーをはてなブックマークに追加

にっぽん縦断こころ旅2018開始!

  • 2018.03.26 Monday
  • 22:31

NHKのBSプレミアムのにっぽん縦断こころ旅。

http://www4.nhk.or.jp/kokorotabi/

火野正平さんが自転車に乗り

様々な人の思い出の場所を訪ねるこころ旅。

2011年にスタートしたこの番組だけど

8年目の旅がスタート。

3月26日から7月20日まで沖縄をスタートし岐阜のゴールを目指す。

 

今朝の番組の録画をさっき久しぶりに見たけど

凄く久しぶりで懐かしく感じてしまった。

思えば種子島でゴールしたのは昨年12月下旬。

もうクリスマス直前だったな。

あれからまだ3ヶ月しか経ってないけど

もう数年の月日が経ってしまったようなそんな昔のことのように思える。

でも初回放送を見て今年もまたやってきたんだという

安堵感に満たされているのも感じている。

今回はどんな旅になるのだろうか。

 

こころ旅だなと感じるのは

やはりテーマ曲が流れた時だろう。

NHK BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅2017」オリジナル・サウンドトラック

NHK BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅2017」

オリジナル・サウンドトラック

疾走感がありリズム感もありそれでいて郷愁を誘われる素敵な曲。

旅心を刺激される曲。この番組を見ると旅をしたくなるけど

この曲の影響もあるんだろうなあ。

でもオープニングでこの曲が流れていよいよ始まったと

今年もこの時間がやってきたと感じたもの。

このテーマ曲あってのこころ旅だからな。

 

僕がこのこころ旅を見るようになったのは

わりと最近のことだ。

2017年は春秋全部見ていたけど

2016年はどうだったかな。

見始めたのは2015年くらいからだったかな。

19時過ぎに晩飯を食べている時に

地上波で見る番組がなくてBSプレミアムで

流れていたこの番組をいつしか見るようになった。

日本にはいろいろ素敵な場所があるなと感じる。

過去の放送は再放送されているし

DVDなども出ているようだ。

NHK DVD にっぽん縦断こころ旅2012 春の旅セレクション DVD-BOX

NHK DVD にっぽん縦断こころ旅2012 春の旅セレクション DVD-BOX

この番組2011年からだから

初期の頃はほとんど見ていないけど

あの頃からみていたかったなあ・・・。

 

ともかく2018年春の旅もスタート。

今週来週が沖縄でその後鹿児島入して

九州西部を通りそこから山陰を経て最後は岐阜がゴール。

おそらく秋の旅では北海道を目指すのだろう。

紅葉の時期は東北くらいだろうか。楽しみにだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

激走日本アルプス

  • 2018.03.24 Saturday
  • 22:52

先日ふと見たくなり2016年の激走日本アルプスの番組の録画を見た。

これは2016年8月のお盆くらいに行われた

トランスジャパンアルプスレース2016にNHKが密着取材したドキュメンタリー。

2016年秋に放送されて2017年にはDVD化されている。

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]

限界に挑め! 天空の超人たち

~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]

トランスジャパンアルプスレースってのは何かというのは

TJARの公式サイトを見て欲しい。

http://www.tjar.jp/

日本海の富山から太平洋の静岡まで

北アルプス、中央アルプス、南アルプスなどを縦走して走破するレース。

別に走らなくても歩いてでもいいんだけど制限時間が設けられているので

多少なりとも走らないと間に合わない。

また途中での食事などは山小屋やレストランは利用可能だが

それ以外では持ち歩く必要があるし

寝る場合は小屋や宿の利用は厳禁で野営が必要でツェルトなどを持ち歩く必要がある。

天気も雨や台風に見舞われる恐れがありそれなりのレインウェアや防寒具も必要。

それでいて415キロくらいの距離を走破するという鉄人レースなんだ。

 

 

僕はこんなレースが国内にあることは知らなかった。

知ったのは2012年にNHKの番組で放送されてから。

TJARは2年ごとに行われていて2012年のレースにNHKが密着した。

その模様も番組となり後にDVDとなっている。

NHKスペシャル 激走! 日本アルプス大縦断 ~トランスジャパン・アルプス・レース~ [DVD]

NHKスペシャル 激走! 日本アルプス大縦断

~トランスジャパン・アルプス・レース~ [DVD]

このレースやNHKの取材の模様をもっと知りたいのなら

個人的には番組DVDよりも書籍版のほうがおすすめだ。

今は安い文庫版が出ている。

激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパンアルプスレース 富山~静岡415km (集英社文庫)

激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパン

アルプスレース 富山~静岡415km (集英社文庫)

これでかなり詳しいことが分かるけど

NHKの取材クルーもランニングカメラマンなどがおり

それ早々の山岳スペシャリストが集まっていて

前回大会の上位入賞者や以前の大会の優勝者なども

撮影スタッフにいるほど。

それだけこうした番組を映像化するのはこれまでは難しかったが

ランニングカメラマンなど選手と同等の力を持つスタッフにより

可能になったということだ。

 

僕はこんなレースに参加したいなどとは

全く思っておらず別世界のこととして憧れみたいなものがあり

番組として楽しみにして見ていた。

今年は2018年でTJAR2018がおそらく行われる。

2012年、2016年とNHKの番組が密着したけど今年はない。

その理由はNHKでグレートトラバース3の取材が行われているから。

過去の撮影スタッフはこのグレートトラバースと重複しているため

これが行われている間は他のレースへの密着は困難かと。

だからこそ今年は応援しに行きたいなあとか思っている。

立山か上高地か一ノ瀬かあるいは大浜海岸か。お盆くらいにどっかへ行きたいな。

まあ混雑する時期だから分からないけど行けたら行きたい。

 

そうそう2014年の大会に関しては

ネットで応援していたけどNHKで密着がなかったから

あまり詳細がわからないんだなあ。

この2014年大会は序盤に台風が直撃したため

剣岳が回避となりルートが変更になって

さらに立山と薬師岳の間くらいが暴風雨となり

各メンバーが一時的に退避となったほどとんでもなかったが

その様子がどんなんだったのかが気になるなあ。

だからこそ今年は自分の目で見に行きたいなあと思ってたりする。

そんな夏に向けて気分を高めるためにもまた番組録画を見ていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界ふれあい街歩きのような旅を

  • 2018.03.06 Tuesday
  • 19:46

2005年にスタートした世界ふれあい街歩きは

NHKのBSプレミアムでは長く続いている紀行番組。

そして多くの紀行番組が終了してしまった今は

数少ない今も放送される紀行番組だ。

この番組が放送開始した頃はBSデジタルは紀行番組の宝庫だった。

BSデジタルの民放局も多くの紀行番組を放送していて

僕自身それらを録画するために録画環境を整備したものだ。

しかし次々と終わって気づけばNHKのこの番組くらいか・・・。

 

世界ふれあい街歩きは

世界の美しい街を歩いて旅する疑似旅行番組。

美しい風景や町並みをハイビジョンの高画質で放送される。

世界ふれあい街歩き Blu-ray BOX I (低価格版)

世界ふれあい街歩き Blu-ray BOX I (低価格版)

以前はDVD版が出ていたけど正直DVDの画質じゃもの足りず

買うならブルーレイに限るだろう。

おそらく今は4Kか8Kカメラで撮影しているのではなかろうか。

いずれ4K放送が始まったら世界ふれあい街歩き4K版が始まるかも。

そうなる前に4K UHD BDで出してもらいたいところだが。

 

世界ふれあい街歩きはスタビライザーを駆使した撮影も特徴。

歩きながらの撮影だと手ブレが発生するけどそれを感じさせないのは

映画撮影などにも使われるスタビライザーを利用しているから。

これによりスムーズに流れるようにカメラ映像が動いていく。

以前世界ふれあい街歩きのような動画を撮影したいと思ったけど

スタビライザーは非常に高価だから実現しなかった。

ただ今はそうでもない。

昨年1月にハワイ旅行をした時にカラカウア通りを街歩きし撮影した。

その映像は多少の縦揺れはあれど安定している。

今は3軸ジンバルスタビライザーという電子式のスタビライザーが登場し

軽いカメラ(スマホカメラ等)なら手軽に撮影出来るようになった。

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

今度発売されるOSMO mobile2は17000円弱で

価格もそれほど高いわけではない。

スマオカメラでも4K動画撮影は出来るので今は簡単に街歩き動画が撮影出来る。

 

今夜も火曜20時からBSプレミアムで

世界ふれあい街歩きが放送される。

今日はオーストラリアのパースで2015年3月に放送された番組の再放送。

来週はアルゼンチンのウスアイア。南米大陸の南端にあって

昔BSプレミアムで放送された南米大陸一周165日の旅でも訪れてた場所だ。

行けない場所の映像を擬似旅行として楽しめるのはこの番組の魅力だが

やはりいずれ自分の目で旅して見てみたいなあ。

まあ全部はとても無理だけど1つくらいは・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

紀行番組を録画と価値

  • 2018.02.23 Friday
  • 21:11

僕が2003年にDVDレコーダーを買ったのは

紀行番組を録画して残すためだった。

それまではVHSで3倍録画などはしていたんだけど

"残す"ということはあまり考えていなかった。

しかし繰り返し見たいと思うコンテンツが出来て

それが紀行番組でそれを何度も見るためにレコーダーを買ったんだ。

 

その後DVDレコーダーからPC録画へと変わる。

理由は2つあった。

1つは高画質化。

DVDレコーダーではハイビジョン放送もSD画質だった。

より高画質で録画したいと思ってPV4やFriioを導入した。

アースソフトのPTxシリーズが出てからは安定。

今はPLEXのPX-W3PE4などが出ておりTS録画で高画質に残せている。

もう1つの理由はライブラリの管理。

DVDは増えすぎると管理出来なくなりまた見るためにDVDの入れ替えが面倒。

HDDで管理出来るようにすれば手軽に視聴出来ると考えた。

今はお気に入りの紀行番組はNASに入っておりいつでもすぐに見られる。

 

紀行・ドキュメンタリー番組というのは

基本的にDVD/BD化されない。

僕が2003年に録画して残そうとした番組は

世界の山岳鉄道という番組だった。

この番組がお気に入りになったけどDVD/BD化はされていない。

世界トレッキング紀行という番組も好きだった。

この番組はNHK出版からVHS版はリリースされてるけど

DVD/BD化はされていない。

ドラマなどはたいていDVD/BD化されるし

昨今だとHuluやNetflixなどで見られることが多いが

紀行・ドキュメンタリーは1度見逃したら

二度と見られない番組もある。

それ故に何度も見たければ自分で残すしかないんだ。

 

2009年と2011年にNHKのBSプレミアムで放送された

激走モンブランという番組がある。

この番組はトレイルランニングブームを作った番組で有名だが

DVD版が一応リリースされている。

激走モンブラン!166km山岳レース 激走モンブラン!2011

しかし超プレミア価格がついている。

ヤフオクでも15000円前後で取引されていたりする。

しかもこれはDVD版なのでハイビジョン放送に比べると画質が悪い。

僕はHD画質で録画しエンコードして残してて

それをいつでも見られるからDVD版は買ってないけど

今もこうして昔のコンテンツに大金を支払って

見ようとしている人がいるわけだ。

こういうのを見ると僕がやってきたことは間違いではなかったと

そう思ったりもするんだけどどうなんだろう。

ただそれ以上にお金はかけてきたけどね。

PC録画環境は決して安く維持出来ない。

ちなみにこの激走モンブランのほうは

つい先日19日月曜日に再放送されたけどね。

 

そういえばこないだBSフジで放送されている

木梨目線憲さんのHawaiiの録画を譲れってくれと頼まれた。

この番組はハワイの番組だけど今年1月の放送で12回目になる。

これまで1度も再放送もされておらずまたDVD/BD化もされていない。

ふと思ったのはその録画にどれくらいの価値はあるのかなと。

基本的に僕が録画したデータをコピーするだけなら

はっきり言ってそれ自体に手間はかかるがお金はほぼ発生しない。

ただこれまでのPC録画の維持やコスト、手間や時間は膨大だ。

HDDを渡されてコピーしてと言われれば断るつもりだった。

飯でもおごってくれるかとか期待したわけだが

実際は録画に役立ててとHDDを来れた。

WD30EZRZでAmazonだと7000円台で売られているもの。

さすがにそれは受け取れないと1度断ったものの

12回分でその価値はあるからということで結局もらってしまった。

でもDVD/BDがない、再放送がないという状況では

それくらいの価値を見出すものなのだろう。

というか僕自身がその価値が有ると思っているからこそ

10年近くPC録画を続けているわけだけどね。

 

逆に僕にも欲しいものはある。

基本的に録画したい番組はすべて録画して持っているけど

古い番組に関してはまた見たいというものがある。

それは昔BS-i(今のBS-TBS)で放送していた

世界マル得旅行社という番組の録画だ。

その録画の一部を持っているんだけどその完全版がみたいなと。

バンクーバー編の終わり10分とビクトリア編を持っているが

他のシリーズも見たいなあと。

もし譲ってもいいという人がいたとしてどれだけの代償を支払えるかなと。

ドラマやアニメはDVD/BDが出ているから

その気になればお金を出せばいつでも見られるが

紀行・ドキュメンタリーは基本見られない番組が多いわけでどうなのかなと。

 

録画番組の譲渡とかは駄目なんだけど

だからこそ全部自分で録画して残していくんだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

UTMB2009の密着番組の激走モンブラン再放送

  • 2018.02.18 Sunday
  • 21:54

日本でトレイルランニングブームをもたらした

伝説のNHKの番組が再放送される。

2月19日月曜日のBSプレミアムの

プレミアムカフェにて放送。

http://www4.nhk.or.jp/pcafe/x/2018-02-19/10/29738/2325335/

鏑木毅さんら出場して

最終的に鏑木さんが3位入賞して

他にも横山さんや山本さんが10位以内に入るなど

日本人選手が活躍した。

この番組でUTMBのことを知って

またトレイルランニングを知って始めた人も多いようだ。

僕は始めてないけど見るようになったきっかけでもある。

2011年大会もNHKが取材して番組になっているが

今回放送されるのは2009年版のみのようだ。

 

激走モンブランはDVDになっているけど既に廃盤で

ネットではプレミア価格がついて高額で取引されている。

激走モンブラン!166km山岳レース

激走モンブラン!166km山岳レース

DVDはSD画質で今回放送されるのはFHD。

当然高画質なので以前の放送が録画できていなかった人は

この機会に是非録画して欲しい。

 

しかしこの番組はもう9年も前のことなんだな。

鏑木毅さんももうすぐ50歳。

公式サイトによれば50歳になる2019年に

再びUTMBにチャレンジするようだ。

https://trailrunningworld.jp/

激走モンブランを見ると高齢のランナーも多く走ってるし

無理せず頑張って完走を目指してほしいな。

しかし凄まじいレースなんだなあ。

 

トレイルランナー ヤマケンは笑う。 僕が170kmの過酷な山道を“笑顔”で走る理由

トレイルランナー ヤマケンは笑う。 

僕が170kmの過酷な山道を“笑顔”で走る理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

シルクロードの番組

  • 2018.02.16 Friday
  • 21:13

紀行番組でもシルクロードや中央アジア方面の番組が好き。

中国から見て西域と呼ばれる地域で

未知なる場所というイメージがある。

旧ソ連のあの辺りの国々は○○スタンという名前が多いな。

かつては交易などで人々が行き来してオアシス都市が出来てと

なんか凄くロマンを感じる。

 

昔NHK特集でシルクロードが放送されたらしいが

僕はそれは見たことはない。

新シルクロードは見てはまったなあ。

中国編と中央アジア編と放送されたけど

やはり中央アジア編の激動の大地をゆくが良かった。

NHKスペシャル 新シルクロード 激動の大地をゆく 特別編 BOX [DVD]

NHKスペシャル 新シルクロード

激動の大地をゆく 特別編 BOX [DVD]

文明の十字路というのは様々な宗教も入り混じって

諍いが起きている場所もあるけど

古からの交易路で多くの人が行き来したんだなと。

今はトラック。中国内は南疆鉄道が出来て鉄路も伸びたんだっけ。

 

数年前にはNHKでシルクロードを横断する

トラック・バスの番組が放送されていた。

「激走シルクロード114日の旅」だっけ。

あの番組は良かった。シルクロードを満喫できる旅が出来る。

僕の理想としては中国がゴールではなく

中国をスタートしてトルコなりに向かうのが良かったかなと。

どうもシルクロードは西へ向かうというイメージがある。

ヨーロッパから見れば中国とか日本は東方の国なんだろうけど。

ともかく実際行きたいと思っても旅出来ないから

そうした番組でシルクロードと言うものが伺えるのは貴重だし

なかなか良かったなあ。

 

実際行ってみたい気持ちはあるけど

現実的には難しいなあ。

もし行くのならもう少し歴史の知識を得てからがいいね。

図書館でシルクロード関連の書籍でも借りてみようかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界水紀行

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 19:31

BS日テレで日曜日18時から

世界水紀行セレクションという番組が放送されている。

この番組は過去に放送した世界水紀行の再放送だと思うけど違うかな。

http://www.bs4.jp/w_mizu_selection/

久しぶりに見てみたけどいい紀行番組だ。

ただオリジナルではなく再放送なんだよなあ。

HDDを探せば昔の録画データが出てくるかもしれない。

 

世界水紀行の前には

ヨーロッパ水紀行という番組が放送されていた。

当時は数多くの紀行番組が放送されていてその1つ。

水紀行はその名前の通り

川や海、湖など水のあふれる都市を紹介する番組だった。

ヨーロッパ水紀行が終わって世界水紀行になった後は

アメリカ編とか放送されたのは覚えている。

ヨーロッパ編も放送されたけどそれじゃヨーロッパ水紀行と

同じじゃないかと思ったものだ。あれも5年以上前のことだっけ。

 

BS日テレの紀行番組も

世界水紀行やトラベリックスIIIが終わって

すっかり海外が舞台の番組がなくなってしまった。

小さな村の物語イタリアが最後の砦だろうか。

http://www.bs4.jp/italy/

ただ東芝提供のこの番組の先行きは不透明だ。

今後は世界水紀行セレクションのような再放送が増えるのかな。

トラベリックスセレクションも放送してくれればいいのに。

ただ出来ればオリジナルの放送が見たいんだけどね。

 

あれだけ多く放送してた紀行番組が次々終わって

今はNHKBSの世界ふれあい街歩きは貴重な紀行番組。

世界ふれあい街歩き Blu-ray BOX I (低価格版)

世界ふれあい街歩き Blu-ray BOX I (低価格版)

ふれあい街歩きと水紀行は全然違うけど

ただ訪れる街時代は結構かぶっていると思う。

水の都などは街歩きに最適な町だからね。

またこうした紀行番組が増えてくれるといいけど

昨今日本の大手家電メーカーの衰退を見ると

スポンサーがいなくなった紀行番組は今後厳しいかもね。

 

昔の番組録画はあるので

そのうちチェックしてみてみよう。

いつかそうした海外の水の都へ行ってみたいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


recommend

REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】
REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】 (JUGEMレビュー »)

ジンバル一体型のカメラ。超広角レンズに小型ビューアー搭載。OSMOの弱点を克服した歩き4Kカメラ。

recommend

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue)
HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue) (JUGEMレビュー »)

Huaweiの最新SIMフリースマートフォン。18:9液晶で狭額縁を実現。そしてWレンズカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM