晩秋山歩きと防寒

  • 2017.10.21 Saturday
  • 22:38

10月も下旬になり紅葉前線が高原地帯へおりている。

あと1か月もすれば近隣の紅葉の名所も色づくことだろう。

そんな今の季節は山歩きに最適。

暑くなくて木々は色づいてとても素敵な感じだ。

一方で朝晩は冷え込み天候の変化での気温差が大きいのも今の時期。

特に山方面では冬の様相を見せるので防寒対策が必要。

僕がこの時期の山歩きだけど

モンベル WIC.O.D.シャツ メンズ ダークマラード(DKMA) L

モンベル WIC.O.D.シャツ メンズ ダークマラード(DKMA) L

ややクラシックな感じだけどチェックのシャツを着ることが多い

登山・アウトドア用で中厚手の記事で保温性も高くて

夏には暑くてとても着れないけど秋の紅葉シーズンに最適。

ただ天気が崩れたり早朝などは冷え込むのでこれに加えて

(モンベル)mont-bell ライトシェルパーカ 1106561 Men's papri S

(モンベル)mont-bell

ライトシェルパーカ 1106561 Men's papri S

ライトシェルパーカを持っていく。

これが防寒、防風で役立ってくれる。

晴れてて昼になると邪魔なのでこれは脱いでしまう。

防寒対策の基本は重ね着としてこれまでやってきた。

ただ今年からはそろそろちょっと変えていこうかなと検討中。

 

具体的にはフリースみたいなジャケットが欲しいなと。

いろいろ候補があるんだけどその筆頭は

このシャミースジャケット。

(モンベル)mont-bell シャミースジャケット Men's

(モンベル)mont-bell シャミースジャケット Men's

薄手のフリースという感じの製品だけど

やはり寒い時期でも動けば汗ばんでくる。

あまり厚手の生地のは着たくないなあと。

寒ければ上にアウターを着ればいいんだから。

と考えるとこのシャミースジャケットがいい感じ。

旅行とかいって晩秋の朝に散歩とか行くのにも

いい感じのウェアな感じだ。

比較的暑がりの自分にとってはバランスよく使える気がする。

 

中に着ることを前提なら

メリノウールプラスハイブリッドシャツも良さそう。

モンベル(mont‐bell) メリノウールプラス ハイブリッドジップシャツ Men’s (男性用) 1114274 ブラック BK M

モンベル(mont‐bell) メリノウールプラス

ハイブリッドジップシャツ Men’s (男性用)

1114274 ブラック BK M

温かくそしてかさばらないのでインナーに最適。

普段はインナーは普通のTシャツやシャツだったりするが

それをこれに変えることで保温の底上げが可能。

上はこれまで通りと変わらずで良いかなあと。

ただこういうのは着たことがないから

自分が受け入れられるか。

以前アトピー性皮膚炎で苦しんだ頃から

シャツは綿100%主義だから若干不安があるかな。

 

あと厚手のフリースってのがこのクリマエアジャケット。

(モンベル)mont-bell クリマエア® ジャケット Men's 1106527 BK ブラック L

(モンベル)mont-bell クリマエア® ジャケット

Men's 1106527 BK ブラック L

非常に高い保温性を持ち冬でも安心。

アウトドアメーカーならではの品質の良さや

伸縮性などもあり主に冬に広く使えそうな感じだ。

紅葉シーズンも寒い日ならいいけど

そうじゃないとちょっと暑そうだなあ。

逆に冬はかなり万能に使える感じだ。

まあただ冬に山は基本的にいかないけどね。

 

ということでいろいろ見てるが

僕にとって使い勝手がよさそうなのは

シャミースジャケットだろう。

まさに今の時期から12月頃にかけて

トレッキングに使えるし冬も旅行とかで広く使えそう。

買ってみようかな。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラベリックス

  • 2017.09.22 Friday
  • 22:30

トラベリックスIIIがBS日テレでの放送を終えたのは

2年前の2015年9月末。あれから2年だ。

トラベリックスは僕がBSデジタルを見始めた

2003年から放送していた紀行番組だった。

トラベリックス~世界体感旅行 ヨーロッパ篇 [DVD]

トラベリックス‾世界体感旅行 ヨーロッパ篇 [DVD]

最初は双方向番組で視聴者参加型の番組だった。

トラベルマネーが設定されて選択をしながら

最後に残金が0に近いほど良いというもので

抽選でマグカップがもらえたりしていたようだ。

2007年春までトラベリックスは放送されて

1年ほどトラベリックスIIが放送された。

IIは1のリマスター版みたいな内容だったかな。

そして2008年春からトラベリックスIIIが放送開始。

それから7年半、1のスタートからは12年続く長寿番組になった。

 

トラベリックスは日曜日の夜に放送されていた。

BSデジタルの初期には紀行番組は多かった。

美しい旅の風景というのはBSデジタルの高画質にぴったり。

また初期はBSデジタルを導入する人はあまり多くはなく

海外旅行好きの人とBSデジタル導入層があっていたのだろう。

海外紀行番組はとても多くてNHKのBSなどでも

鉄道紀行や山紀行などいろんな番組が放送されていた。

ただ2010年くらいからBSデジタルの地上波化が一気に進む。

地上波のような番組が増えてBSデジタルの独自コンテンツを飲み込み

紀行番組は次々と終了してしまった。

そしてトラベックスのその流れに飲まれて2015年に終了。

今はBSデジタルの民放では再放送ではないオリジナルの紀行番組は

BS-TBSの"世界一周魅惑の鉄道紀行"くらいじゃなかろうか。

たいていは国内でタレントなどが出演する旅番組が増えてしまった。

地上波でやってるのを変わらないものだ。

 

トラベリックスは旅人=カメラで

街などを旅する疑似旅行番組となっている。

ナレーターが旅人代わりになり店員さんとかと会話を繰り広げる。

実はこれと同じような構成の番組がある。

それは世界ふれあい街歩きだ。

世界ふれあい街歩き Blu-ray BOX I (低価格版)

世界ふれあい街歩き Blu-ray BOX I (低価格版)

かつては地上波でも放送していたふれあい街歩きは

知名度はとても高いわけだがそれよりもトラベリックスのが先。

さて当初は双方向番組だったので微妙に違っていたけど

トラベリックスIIIからは似た方向性の番組になっていった感じか。

ただ世界ふれあい街歩きが1つの街を朝から夕方まで歩くのに対して

トラベリックスはそこまでこだわりはない感じだったけど。

 

ナレーターだが初代が桜井幸子さんで2代目が本上まなみさん。

最後は鈴木杏樹さんで3人。

本上まなみさんが一番期間がなくてトラベリックス=本上まなみという

そんなイメージが強い気がする。

本上さんの産休で桜井幸子さんが久々に出演したときは懐かしかった。

でも3人ともあっていたなあ。

世界ふれあい街歩きで本上まなみさんがナレーションしたときは

トラベリックスだなあと思ったものだ。

あの頃にはトラベリックスシリーズがまさか終わるとは

思ってもいなかったんだけど。

ふれあい街歩きとともに長寿紀行番組として

ずっと続いていくと信じていたんだけどなあ。

 

何故トラベリックスは終わってしまったのか。

最初に行った通りBSデジタルの紀行番組は激減している。

考えられるのは

コスト、視聴率、スポンサーだろうか。

海外紀行番組はコストがかかる。予算削減の中で

コストのかかる番組は削られたのか。

視聴率は正直分からないのだがバラエティとか好きな人は

ああいうのんびり系紀行番組は合わないのかもしれない。

あとはスポンサー。トラベリックスは固定スポンサーが

いくつかついてたと思うが大スポンサーがいないと厳しいのか。

有名な紀行系番組はSONYやPanasonic、CANON、日立、東芝など

大手企業がスポンサーしてたりする。ANAやJALがつけば・・・。

トラベリックスが終わった後その枠で放送されたのは

http://www.bs4.jp/kiwami/

"船越英一郎京都の極み"という番組だ。

それを考えると予算・コストが一番大きそうだ。

あと芸能事務所との関係とかもあるのかもしれないな。

 

海外紀行番組が減って最近BSデジタルの民放で増えてるのは

芸能人+国内の旅+歴史系の番組だ。

これが驚くほど多い。

予算も抑えて視聴率もほどほどとれる無難な番組なんだろう。

ただその結果そうした番組だらけになってしまってるのは悲しいことだけど。

いつかトラベリックスIVとして復活してくれる日を待ち望んでるけど

今の現状だと厳しいかなあ。

4Kが普及すればまた映像の美しい海外紀行番組の需要はあるから

それで放送されるかもしれないので期待していよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今放送されてるお気に入りの紀行番組

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 19:46

かつてBSデジタルではたくさんの紀行番組が放送されていた。

BSデジタルのフルハイビジョンの高画質と

海外の美しい風景などの紀行番組との相性はとてもよく

紀行番組の量は今の10倍以上はあった。

ところが近年はBSデジタルが地上波化しつつある。

地上波の補完的な役割になってしまった。

海外紀行番組は激減してそれらは国内旅番組に変わった。

紀行番組全体の量が激減して今は数えるほど。

そんな今でも楽しめるお気に入りの紀行番組を紹介。

 

■にっぽん百名山

http://www4.nhk.or.jp/100yama/

毎週月曜夜にBSプレミアムで放送されている30分の山番組。

これがなかなか骨太で楽しめる番組になっている。

登山ガイドの人と登山口から登るんだけど

山の魅力にあふれていて山登りをしたくなる。

にっぽん百名山 中部・日本アルプスの山5 [Blu-ray]

にっぽん百名山 中部・日本アルプスの山5 [Blu-ray]

これまでは相当な数の山へ登っている。

日本百名山以外でも最近は花の百名山に登ったりしてる。

また1度登った山でも別の登山口からのアプローチをしたりと

同じ山でもまだまだ楽しめる番組だ。

弱点は春。春は再放送ばかり。

ロケから放送までが3か月から4か月ほど時間があるが

冬山登山はしないので春は再放送で

今の時期はようやく新作が放送されるようになって楽しめる。

時々スペシャル番組も放送されているし

NHKは以前はグレートサミッツなど海外の山番組を多く放送してたが

昨今は国内の身近な山を取り上げていてうれしい限り。

 

■世界ふれあい街歩き

http://www6.nhk.or.jp/sekaimachi/

2005年にスタートした長寿紀行番組だ。

最近ではNHK WORLDを介して海外でも放送されているようだ。

世界の町を訪れて朝から夕方までその町を旅して満喫する番組。

ステディカメラでの撮影でカメラの目線が

旅人であり視聴者の目線で旅を楽しめる疑似旅行番組だ。

BS日テレにもトラベリックスという同等の番組があったが

あれは終わってしまったんだなあ。

世界ふれあい街歩き Blu-ray BOX I (低価格版)

世界ふれあい街歩き Blu-ray BOX I (低価格版)

さすがにこれだけ長く続いていると主要な町はすでに訪れている。

2度目の訪問だったりマイナーな町だったり増えているな。

12年の月日で大きく変わった町もあるだろうから再訪してもらいたいところ。

今後も長く続いてほしい番組。

 

■世界一周魅惑の鉄道紀行

http://www.bs-tbs.co.jp/tetsudou/

BSデジタルの民放ではかつてはたくさん紀行番組が放送されていた。

しかし今新作が放送されている番組は数えるほどに。

BS-TBSの鉄道紀行番組は"世界夢列車に乗って"から続いており

かなり長く続いている。

最近ちょっとマンネリ気味な気がするけど

長く続いてくれるといいんだけど。

 

■世界の車窓から

http://www.tv-asahi.co.jp/train/

日本を代表する鉄道紀行番組と言えばこの番組。

ただ最近はいつ放送してるのかよく分からず

あまり見る機会がない。ミニ番組でボリュームがないので

単体で見ると物­りなさを感じてしまう。

世界の車窓からDVDブック NO.32 フランス (朝日ビジュアルシリーズ)

世界の車窓からDVDブック NO.32

 フランス (朝日ビジュアルシリーズ)

DVDなどで見ると結構ボリューム感があるんだけどね。

個人的にはミニ番組ではなく単発番組で見たいなと思うが

もう紀行番組にそんな時間を費やしてくれる枠はなさそうだが・・。

 

■ハワイに恋して2

http://www.twellv.co.jp/event/hawakoi2/

BS12のハワイに恋してだけど長く続いた放送が終了したが

新たに2として登場した。

ただ従来の番組とは全然違う番組になってしまった。

従来はコアなハワイファンも楽しめる番組だったけど

2になってこれからハワイを訪れる人向けの番組になってしまった。

これは長く続くかちょっと心配な感じはあるんだなあ。

でも終わったと思ってたから新シリーズが放送されたことは良かった。

 

・・・・・

探したけど本当に紀行番組がなくなってしまった。

昨今紀行番組はあまりテレビ局は積極的に作らないようだ。

紀行番組は膨大なロケと編集が必要になりコストがかかるのかな。

芸能人がスタジオでトークするシーンなどどうでもいいのだが

そのほうが安上がりなのだろう。

それに芸能人を使えと事務所がうるさいのではなかろうか。

正直邪魔な芸能人が映っていないからこそ紀行番組は良いんだが

それが地上波みたいなどうでもいい番組がBSデジタルにまで

増えてしまっているのが残念でならない。

 

ただ一方で紀行番組は支持されていないのかもしれない。

BSデジタルの各社のサイトでアクセスランキングがあるが

紀行番組はあまり人気が高いとは言えない気がする。

以前はBSデジタルを見る人は限られたんだけど

今はだれもが地上波と同じように手軽に見られるようになった。

特別視されなくなり地上波の補完的な役割へと変わりつつあるのか。

4K放送が始まればその高画質を生かした紀行番組が増えるかと

ちょっと期待しているんだけど。

 

ということでNHKでも紀行番組は減っているが

それでも民放に比べればまだ圧倒的に多く放送されてるため

NHKが頼りだなあ。

BS日テレの長寿番組のトラベリックス3が終わった時

BSの紀行番組は終わったなと思ったけど

本当にそうなってしまいつつあるなあ。

また紀行番組が盛り返すときは来るかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関口知宏の鉄道の旅

  • 2017.08.13 Sunday
  • 20:33

関口知宏さんはNHKのBSファンには有名だ。

NHKの番組でかつてはJRの最長片道切符の旅をして

その翌年には乗りつくしの旅も行った。

その後はヨーロッパ鉄道の旅などを経て

中国鉄道大紀行というシリーズを行って

すっかりNHKBSの顔となっていた。

しかし2007年の中国旅を最後にシリーズは終了してしまっていた。

それが2015年に復活。最近また不定期で放送されている。

 

最近は関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅として不定期に放送されてるが

このシリーズは

JR乗りつくしの旅と中国鉄道大紀行の間にも行っている。

この時はドイツ、イギリス、スイス等放送されている。

明日14日のNHKのBSプレミアムで朝9時から

関口知宏が行く ドイツ鉄道の旅 [DVD]

関口知宏が行く ドイツ鉄道の旅 [DVD]

ドイツ鉄道の旅が放送されるようだ。

また火曜日にはイギリスのも放送される。

関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅 イギリス 自然と優しさに迎えられて [DVD]

関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅 イギリス

自然と優しさに迎えられて [DVD]

プレミアムカフェなどでこのシリーズは時々再放送されてるが

久しぶりに放送されるようで要チェックだ。

 

2015年以降放送されている

関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅シリーズ。

http://www4.nhk.or.jp/sekiguchi-tabi/

昨年の年末から今年正月にかけても放送された。

関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅 BOX イギリス編 [DVD]

関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅 BOX イギリス編 [DVD]

それらのDVDなどは8月から9月にかけてリリースされる。

関口知宏さんは英語が堪能でまた話せない言葉でも

簡単な会話は覚えたりしてコミュニケーションをとれてしまう。

若干引きこもりのような髪型のような感じだが

こうした旅では抜群のコミュニケーション力を発揮して

言葉の壁を簡単に乗り越えることが出来るのが素晴らしい。

イギリスは英語圏なのでその壁はないがそれゆえに

余計に奥深くに入り込み現地の文化を堪能できている感じはあるなあ。

尻込みとかしなくてでもテレビ慣れしてるわけでもなく

それが魅力であるんだろう。

ある意味土足で足を踏み入れる感じだがそこに嫌味がなくて自然というか。

 

もちろんそうした交流以外でも

美しい風景などが広がっており素敵な観光地へ行きそれも魅力。

スイス編とかは絶景とかすごかった。

2016年のイタリア編も3回シリーズだったけどボリュームがあり濃かった。

関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅 BOX イタリア編 [DVD]

関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅 BOX イタリア編 [DVD]

テレビ番組とはいえ関口知宏さんは

普通の人が旅行をして楽しめない深さで楽しんでる感じで

それはうらやましく感じる。

メジャーな観光地だけではないディープなイタリア旅だけど

さらに奥深くイタリア人の生活感なども見ることができるからね。

おそらくロケは10日間とかかなりの日数になっているのだろうな。

1週間くらいのヨーロッパの旅だと急ぎ有名観光地を回るだけで

見えてこないものがたくさんあるんだろう。

 

ということで鉄道の旅も楽しそうだなあ

再放送があったということは新作が近いのだろうか。

今年2月以降放送されていないから

ロケが行われたのならかなり編集なども進んでる頃だろうから

いろいろ放送されるかな。期待してまっておこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界トレッキング紀行の録画チェック。

  • 2017.08.12 Saturday
  • 20:27

先日ヤフオクをチェックしてたら

世界トレッキング紀行のビデオが売られていた。

NHKのBS2などでかつて放送されてたこのシリーズは

VHSシリーズとして発売されていた。

レンタル落ちなのか分からないがいくつか出品されていた。

世界トレッキング紀行のシリーズは

このブログのかなり初期に記事を書いている。

http://ryoex.jugem.jp/?eid=229

検索すると上位に出てくるので僕自身もチェックに利用してる。

ちなみに記事の内容は少しだけ間違っていて

国生さゆりさんの旅はオセアニアトレッキング紀行に入る。

以前再放送されていて違うことに気づいた。

 

さてこのシリーズは多くを録画している。

北欧、アメリカ、ヨーロッパは何度か再放送されている。

ヒマラヤ、オセアニアは再放送されている。

ただカナディアンロッキーとハワイは再放送されてない。

http://ryoex.jugem.jp/?eid=9036

2014年に再放送リクエストをととりあげてみたものの

その後残念ながら再放送はなかった。

昔のハワイはレコーダーでの録画があり

カナディアンロッキーはLaLaTVでの録画があるんだけど

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PCでTS録画をしてHD画質で残したいなと思っている。

それゆえに再放送を待っているんだけどなかなかないものだ。

 

夏を機に久しぶりに世界トレッキング紀行シリーズの

録画を見たりしているけどやはりこのシリーズは好きだな。

録画データとしてはこのシリーズと

トレッキングエッセイシリーズとアルプスシリーズなどを

一緒に管理をしてそれらも見ている。

トレッキングエッセイは小説化が山旅する企画。

旅のエッセイをのちに出している。

アルプスシリーズは普通のヨーロッパアルプスのトレッキング旅。

同じようなNHKの山旅シリーズではグレートサミッツもあるけど

あれはかなりガチの山旅でトレッキングじゃなく重登山という感じ。

これらのシリーズはいつでも見られるように

NASに入れていて今もアクセスしてチェックしている。

世界トレッキング紀行ではやはりアメリカが好きかな。

ヨーロッパのアルプスの絶景も素敵だけど

最初にこのシリーズにはまったのがアメリカだったので

思い入れが結構強かったりする。

このシリーズ今の若い女優さんとかで

新シリーズを放送してくれないかなあ。

あるいは当時旅した人が再度訪れるってのもいいね。

ミルフォードサウンドはもう無理だけど・・。

 

8月も中旬。夏山にもそろそろ秋の気配が漂うこと。

トレッキング紀行を見て山ムードを高めていこう。

やはり谷間のトレッキングよりも稜線歩きがいいな。

夏山JOY2017 ワンダーフォーゲル7月号増刊「エリア・泊数別で紹介! 夏のアルプスベストコース」 夏山ガイドの完全ガイド版

夏山JOY2017 ワンダーフォーゲル7月号増刊

「エリア・泊数別で紹介! 夏のアルプスベストコース」

夏山ガイドの完全ガイド版

稜線を歩くためには稜線まで上がる必要があるが・・。

そのための体力づくりはこれまでしてきたし

ちょっくら出かけたいところだ。

番組としてみるだけでなく自分でも旅したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TJAR2016から1年

  • 2017.08.07 Monday
  • 22:28

2年に1度のアドベンチャーレースの

トランスジャパンアルプスレースから1年。

去年はNHKが密着して秋にドキュメンタリーとして放送された。

今年春にはDVD化。

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~

トランスジャパンアルプスレース [DVD]

やはり映像などがこうした残っていると楽しめるというもの。

2012年はDVDだけでなく書籍化されたけど

2016年のも書籍化されないものだろうか。

ドキュメンタリーの書籍って結構好きだけどね。

 

去年のレース開始から1年。

つまり1年後には2018年のレースが開催されているのだろうか。

もし同じ日程でスタートすれば

今は1日目の夜だから薬師とか立山から槍ヶ岳に続く

長い北アルプスの縦走路を走破しているところなのかな。

この時期台風もやってくることもあり天候はどうなるか分からない。

2014年は台風が直撃して剣岳がキャンセルされて

立山駅から室堂へアクセスする道となったようだが

それでもスゴ乗越や薬師辺りで暴風雨の中で停滞を余儀なくされたとか。

2014年の時は報告書の存在を知らなくて去年の報告書はウェブで購入したけど

以前の大会の報告書も見てみたいな。もう販売終了してて買えないのは残念だ。

来年はどうなるか分からないが

直接応援に行きたいなあとか思っている。

上高地か駒ケ根かそのあたりで検討中。

南アルプスは行ったことがないからやめといたほうがよさそう。

去年はウェブでTシャツ買ったけど

来年は市野瀬あたりで直接Tシャツを買いたいものだが・・・。

 

来年のTJARだけどNHKは密着しないだろう。

その理由はグレートトラバース3があるから。

https://www.facebook.com/greattraverse/posts/976737025793587

これに関しては今年正月に発表。

今後詳細が発表されていくようだけど

NHKでもまた密着して放送していくようだ。

NHKやランニングカメラマンはこのプロジェクトに注力するため

TJARに密着した番組を作ることは不可能。

ゆえに来年はTJARの番組は作られないかと。

スマホとか利用したライブストリーミングとかを

チェックポイントに設置して選手通過中継とかしてくれればなとか

思ったりするけどやること多そうでそんな人員は回せないか。

そもそもNHKが放送して認知度アップしたとはいえ

ネットで放送しても視聴者がどれだけいるか未知数だから。

スポンサーはつくかと思うけど・・・。

 

TJARを応援している人は

ウェブでチェックしていると

トレイルランニングなどをしてる人が圧倒的に多い。

僕はウォーキングはしているけど走ったりしない。

山は歩くけど走ることもない。

でもアドベンチャーレースとかを見るのは好き。

マラソンとか駅伝とかを見るのも好き。

だからその延長としてTJARには魅力を感じている。

認知度を高めたいと思う反面

高めすぎるとリスクも増えるため難しいところがあるんだな。

あくまで自己責任主体のイベントなので

何かしら問題が起きたりすると厄介なことになる。

応援する人も当然自己責任なのだから。

そのあたり周知徹底していないとイベント自体が

つぶされてしまうリスクがあるから今のままでいいのかもしれない。

2年に1度っていうのはちょうどいいのかもね。

 

ということで

来年も3年後も5年後もずっとTJARが

続いてくれるといいけどなあ。

来年はどんな大会になるんだろう。

望月さんは出場されるんだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPodとウォークマン

  • 2017.07.28 Friday
  • 23:26

Appleから発売されていた

iPod nanoとシャッフルの販売が終了となったようだ。

Amazonなどを見ると売上急上昇ランクに搭乗。

Apple iPod nano 16GB 第7世代 2015年モデル ゴールド MKMX2J/A

Apple iPod nano 16GB 第7世代

2015年モデル ゴールド MKMX2J/A

転売ヤーなどがハゲタカのようにたかっているのだろうか。

ただもともと販売終了の理由が需要減からくるもので

Appleのポータブルプレイヤーは他社より若干割高だったこともあり

高値で買う人がいるかは微妙だけどね。

整備品とかAppleは出してくるから案外しばらくは

変えたりするんじゃなかろうか。

iPod touchは今も発売されているけど

これに関してもいずれは販売終了となりそうだ。

ここ数年はスマホの普及でiPodはあまり売れていなかったが

かつては大ヒットして音楽プレイヤーとして確固たる地位を築いたんだ。

 

iPodが登場したのは2000年代初め。

その後2005年くらいに大ヒットして

2008年頃様々なタイプが登場して

僕が持っていたのはiPod nanoだっただろうか。

当時は各社からMP3プレイヤーが発売されていて

僕もCreativeのMuvoやZenなども持っていたけど

次第にiPodのシェアが高くなり他を駆逐していった。

そして2010年近くには

ポータブル音楽プレイヤー=iPodと呼ばれるほどになっていた。

それだけ高いシェアを持ったiPodだけど

のちにApple自身が発売したiPhoneの大ヒットにより

ポータブル音楽プレイヤー市場は縮小してしまい

ついにはiPod touchを残して販売終了となってしまった。

近年はスマホで音楽を聴く人が増えて

音楽プレイヤーはあまり売れていなかったからね。

 

Appleが撤退してポータブル音楽プレイヤーだが

大手で参入しているのはSONYのウォークマンくらいになった。

SONYはかつてポータブルカセットプレイヤーが

全てウォークマンと呼ばれていたように圧倒的なシェアを誇っていた。

2000年以降のiPodの登場でSONYのポータブル音楽市場でのシェアは

かなり大きく落ちてしまった。

とはいえ2位の立場は確保して近年はiPodの売れ行き不振で

ウォークマンは再び復活しつつある状況だ。

ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S14 : 8GB Bluetooth対応 イヤホン付属 ブルー NW-S14 L

ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S14 : 8GB

Bluetooth対応 イヤホン付属 ブルー NW-S14 L

エントリーモデルからハイエンドモデルまで

フルラインナップをして

またノイズキャンセルイヤホンをいち早く広げて

ハイレゾ化も進めていて

ミドル以上のプレイヤーを買うなら有力候補だ。

ハイエンドだとハイレゾ向けは高級モデルが乱立してるが

ミドルからミドルハイだとウォークマンの独壇場。

音楽を今楽しむプレイヤーとしてウォークマンはありだろう。

 

SONYもまたXperiaシリーズでスマホを販売している。

ハイレゾ対応やノイズキャンセルなど

ウォークマンの技術を投入したスマホを販売している。

au Xperia XZ SOV34 Platinum プラチナ

au Xperia XZ SOV34 Platinum プラチナ

ただiTunesで音楽販売を制しているAppleのようには

行ってないようで

ハードパワーで頑張っているようだ。

ウォークマンも今後も発売されるようだし

頑張ってもらいたいところだ。

 

今はスマートフォンを

音楽プレイヤーとして

利用している人がやはり多いんだろうか。

音楽プレイヤーという物自体がもう消えていく運命なのか。

これまでいろんなプレイヤーを使ってきたけど

スマホに飲み込まれるのはさみしいけど

ウォークマンは今後も継続して販売してほしいなあ。

そのために1台買おうかな。ウォーキング用の音楽プレイヤーほしいから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こころ旅2017春編が終わりそして秋へ

  • 2017.07.21 Friday
  • 19:59

NHKのBSプレミアムで放送中の

にっぽん縦断こころ旅。

http://www4.nhk.or.jp/kokorotabi/

本日19時からの放送で2017春の旅もゴール。

今回は四国の高知をスタートして関西から北陸に出て

青森を経て北海道がゴールという旅。

雨の日もあったけど全体的に見れば天候は

良いほうじゃなかったのかなとか思う。

 

視聴者からの思い出の地のお便りなどいろいろあるが

結構亡くなった両親との思い出だったり

少し重い感じが多いのは視聴層が高いためだろうか。

ただそんな思い出の地はどこもとても素敵な場所だったな。

行ってみたいなあと思った場所もある。

地元では知られた場所でも

全国的には全く知名度がない場所も多いんだなと。

 

こころ旅はのんびり見られる番組だが

音楽も素晴らしくて特に主題歌は素晴らしい。

にっぽん縦断 こころ旅2014 オリジナルサウンドトラック

にっぽん縦断 こころ旅2014 オリジナルサウンドトラック

CD買おうかと思ったけど

プレイヤー持ってないのでiTMSで買った曲を聞いている。

自転車で進むテンポ良いリズムと

郷愁を誘われるメロディがとてもこの旅にマッチしてるんだな。

関口知宏さんの最長片道切符のテーマ曲だった「風の街」に

少しだけ雰囲気が似ているかなと思ってみたりする。

あの曲も好きだったなあ。

 

さてこころ旅だけど2017秋編も放送される。

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/schedule2017autumn.html

秋編は長野県をスタートして

我が愛知県を通り三重和歌山徳島と中央構造線沿いに進み

最後は南九州で鹿児島県がゴールだ。

わりと馴染みの深い場所を多く通るんだな。

今度鹿児島へ旅行するけど

その時のこころの風景のエピソードを投稿しても

まあ新しすぎて採用されないだろうが・・。

鹿児島は小学生の時にも帰省してて

今度行く予定の磯庭園(仙厳園)にも行ったんだけど

火山灰がすさまじくて大変だったんだな。

従兄弟の家によって花火したけどまた火山灰降ってきてて

当時は火山灰だらけで大変だった記憶がある。

ただ磯庭園から見えた噴煙をあげる桜島は

恐怖すら感じるほどの迫力だった。あの映像記憶はまだ覚えてる。

 

このこころ旅だが2011年から放送されてるけど

最近思うのはいつまで放送が続いていくのかなと。

火野正平さんの体調が問題なければ続いていくのかな。

正直坂道などは辛そうだけど平地は全く問題なく快調そう。

この分だとあと10年はやっていけそうな感じだが果たして。

NHKのBSプレミアムだけど

2005年から2010年にかけて街道てくてく旅が放送されていた。

街道てくてく旅 四国八十八か所を行く DVD-BOX

街道てくてく旅 四国八十八か所を行く DVD-BOX

てくてく旅は旅人を毎回変更する形で

6年くらい放送が続いていたわけだが

こころ旅は今年で7年目でてくてく旅を抜いている。

そろそろ新しい企画をという声も出てきそうな感じでもあるかな。

それとも長寿企画として今後も続けていくのだろうか。

 

ともかく秋は放送されることが決まってるので

放送を楽しみにしたい。

あと僕が見るようになったのは昨年からなので

過去の放送の再放送などが時々あるけど

あれも楽しみにしてみている。

総集編みたいなのがあればいいんだけどな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅から冒険

  • 2017.06.29 Thursday
  • 21:35

最近これまで録画して視聴してきた

多くの紀行番組をデータ整理した。

そしてよく見る番組をチェックしたんだけど

10年前くらいと今ではかなり同じ紀行番組でも

見る内容が変わってきている。

昔は旅系が多かった。

特に鉄道系の旅番組が好きでよく録画して見ていた。

最近久々に見たのは青海チベット鉄道。

青海チベット鉄道 世界の屋根2000キロをゆく【NHKスクエア限定商品】

青海チベット鉄道 世界の屋根2000キロをゆく

【NHKスクエア限定商品】

中国に新しく建設された鉄道で世界最高所を走り

西寧駅からチベットのラサ駅を繋いでいる。

標高5000mを超える高地を走る鉄道ってことで

酸素補給機みたいなのが車内にあったりする。

関口知宏さんの中国鉄道の旅を放送する前のことで

NHK総合では2006年に放送されているようだ。

録画画質があまりよくないからBSプレミアムで

また再放送してくれないものかなあ・・・。

 

最近見ているのは冒険ドキュメンタリー系紀行番組。

昔からトレッキング紀行などの山岳紀行番組は好きだった。

山番組は今も全般的に好きだけど

最近はアドベンチャーレースやトレイルランニングレースなど

過酷な冒険の番組。それらに密着したドキュメンタリー。

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~

トランスジャパンアルプスレース [DVD]

最近だとTJARは熱い。今年は開催されないけどね。

BS1で放送されているグレートレースなどは

毎回録画しているけどかなり過酷なレースでいいね。

冒険は山要素がなくてもよくて

アフリカ縦断114日の旅 DVD-BOX

アフリカ縦断114日の旅 DVD-BOX

アフリカ縦断とか南米大陸一周、シルクロード横断など

NHKBSで放送されたトラックバス旅シリーズは

とても好きでよく見ている。

車のレースでも耐久レースは好きで

ちょっと前のニュルブルクリンクやルマンなどは

YouTube Liveの中継を見たりして楽しんでいた。

 

ゆったりとした鉄道の旅も良いんだけど

過酷な自分が出来ないような冒険心あふれる旅のほうが

テレビ番組として見る場合楽しいかなと思う。

基本的にそうした旅に密着したドキュメンタリーは好きだが

ゆるさよりも過酷さを最近求めるようになったのは

好みの変化といったところだろうか。

昔はそういう冒険ドキュメンタリー紀行番組が

なかなか番組として作れなかったけど

ランニングカメラマンの登場やカメラの小型化・高画質化で

番組が作れるようになったということは大きいかも。

今後はさらに凄い番組が生まれるのを期待したい。

もっとリアルタイム性を重視した何かがあれば。

ネット時代だからそういうのに期待したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TJAR

  • 2017.06.27 Tuesday
  • 20:18

最近TJAR2016の大会報告書を寝る前に見たりしてる。

この報告書は凄く楽しくて長いレース中に

どんな行動をしてどんなことを考えていたのかなどがわかる。

また装備なども書いてあるので面白い。

僕はトレイルランニングをしないけど

していてこのレースに出たいって人には

凄く参考になるものなのだろう。

ただレースに出ないただ見るだけのファンにも

十分楽しめる内容となっている。

そんな報告書はまだ買えるのかなとチェックしたら

http://www.tjar.jp/2016/info/2017/01/10094558.html

リンク先を見る限りはまだ購入できるようだ。

ただ僕が持っているのは2016だけ。

2012と2014の報告書を再販してくれないものかなと。

特に台風に見舞われた2014の報告書は見たい。

選手がどんなことを考えて雨の中で何をしていたのか。

電子書籍でもいいから出ないかなと思う今日この頃。

ヤフオクに出品されないかもチェックしてるけど全然でない。

 

久々にTJARのサイトを見たんだけど

2018年大会の要項が発表されていた。

http://www.tjar.jp/2016/info/2017/06/26195339.html

まだまだこれからということだろうが

開催される予定ではあることを知り安心した。

来年夏には直接応援しに行きたいなあと本気で思っている。

どこがいいだろう。お盆時期だからどこも混雑するが

比較的自宅から近い駒ケ根付近か市野瀬が無難だろうか。

ともかく来年出場を目標としてる方は頑張ってほしい。

そういえば6月末はTJARの予選会が行われる時期。

去年も今頃仙丈ケ岳や駒ケ根界隈を選手が走ったんだな。

そして来年もまた走ることになるのだろう。

 

TJAR2016の報告書を見て気分を高めたら

録画したNHKの番組を見たりしている。

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~

トランスジャパンアルプスレース [DVD]

昨年9月に放送された番組本編と

今年1月に放送されたサイドストーリーを見る。

本編は10回以上見たけどサイドストーリーはあまり見てないから

久々に見たけどとても新鮮だったな。

サイドストーリーは29分x3回だから結構ボリュームあるんだな。

ただそれでも描き切れなかった部分もあるんだろうけど。

2012年大会もNHKで放送されたけど

のちに発売された書籍版の内容が素晴らしかった。

激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパンアルプスレース 富山~静岡415km (集英社文庫)

激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパンアルプスレース

富山~静岡415km (集英社文庫)

テレビロケの舞台裏も詳しく書いてあったから。

去年のも裏側取材やロケの模様などを書籍化してくれないものかと思う。

 

しかしTJARもNHKの番組がなければ知ることはなかった。

そしてNHKの番組で放送されて全体を見ることができる。

この手の番組が放送されるようになったのは

鏑木毅さんが出場したUTMBからだっけ。

あの2009と2011のNHKの番組の録画もよく見るけど熱いなあ。

BSのあの番組がなければこの手の番組に興味を持たなかったかも。

放送されなかった2014年大会はGPS情報をもとにしたことしか分からず

またTwitterでTJARハッシュタグで途中の山などでの

写真や動画を投稿してくれた人はとてもありがたかった。

僕もそういう協力者になりたいなと思っていたけど

圧倒的なスピードで過酷な道を通っているのでそうそう簡単にはいかないな。

ただ応援はしたいなと。

多分2018年大会はNHKは参加しないと思うけど

やっぱり現地に行って応援しにいこう。

 

ってことで最近TJARの報告書を見て録画を見て

夏山への思いをはせている。

今年夏は少しの区間でもTJARのコースを歩いてみたいな。

体力あれば薬師とか五色とか黒部源流域行ってみたいけど。

南アルプスもTJARでいろいろ知ったけど

1度も行ったことがないからどっか登りたい。

北岳や鳳凰三山はコースじゃないのでどっかいつか行ってみたい。

最後にTJAR2012とTJAR2014の大会報告書が再販されますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。現在6000円OFFセール中。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM