nikon1 18.5mm f1.8

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 23:26

nikon1の単焦点レンズ18.5mm f1.8は

ヤフオクでは1万円前後で取引されている。

ネットショップだと在庫があるところだと

17000円台で新品を買うことが出来る。

Nikon 単焦点レンズ 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  ブラック ニコンCXフォーマット専用

Nikon 単焦点レンズ 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8

ブラック ニコンCXフォーマット専用

このレンズを買うかどうか今迷っている。

それは僕のミラーレスカメラへの取り組みを

変更することになるため慎重に検討中だ。

 

僕は今はミラーレスは

マイクロフォーサーズとNikon1を持ってる。

マイクロフォーサーズは昨年大規模に処分をして

今では2台のカメラと3本のレンズまで縮小している。

Nikon1は1台のカメラと2本のレンズを持っており

3本目のレンズとして18.5mm f1.8を検討してる状況。

もしこれを買えばマイクロフォーサーズの

単焦点レンズは売却する可能性が高くて全部手放すことになるかも。

2つのマウントを持つことで中途半端なので統一したいなと思ってるわけだ。

 

しかしマイクロフォーサーズを残すならともかく

Nikon1を残す方に選ぶのは今後を考えると微妙。

なぜならNikon1は事実上終わったフォーマットで

2015年4月を最後に3年以上新製品は発売されておらず

おそらくこのまま消えていくと思われるためだ。

一方でマイクロフォーサーズはPanasonicとオリンパスが力を入れており

今のミラーレスブームを牽引してると言っても良いほど。

最近ではCANONやNIKONの大型カメラから

マイクロフォーサーズと移行する人も増えているほど。

 

ただマイクロフォーサーズでネックなのは

最近高コストになっていること。

かつてのマイクロフォーサーズはコンデジ対抗なのか

低価格モデルが充実していてレンズなども安かった。

ところが最近はデジ一眼をライバル視して

上位モデルが充実して結果的に価格帯が大幅に高くなった。

僕はミラーレス以外にフルサイズも持っているのだが

今やマイクロフォーサーズの上位はフルサイズに匹敵する価格だ。

そこまでマイクロフォーサーズを追いかけられない。

理想を言えばフルサイズもNikon1もやめて

マイクロフォーサーズ1本に統一するのがベストなのだろうが

その予定はないのでNikon1をより活用しようかと思っている。

 

最近はスマートフォンカメラの利用が増えて

正直ミラーレスの利用は減っている。

そんな中でミラーレスはフルサイズのサブカメラとして多く利用してる。

そのサブカメラとしての利用はマイクロフォーサーズより

Nikon1のほうがコンパクトで便利なんだ。画質もマイクロフォーサーズと

遜色ないほど良くて満足している。

だからNikon1を充実させるべきかなと。

ただ終わるマウントなので

あまりそれにお金をかけるのもというジレンマもある。

 

もしニコン1を本気で使っていくならボディ買い替えも必要。

今唯一のカメラであるJ5のダブルレンズキットに

18.5mm f1.8も付属する。

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルレンズキット シルバー J5WLKSL

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5

ダブルレンズキット シルバー J5WLKSL

これを買うのもありかなと思っている。

ただそこまでお金をかけるべきかとも思うし悩みどころ。

このまま中途半端な状態を続けるのもありかなと思ってたりする。

だからなかなか身動きが出来ないんだなあ。

そうこうしてるうちにスマートフォンカメラの存在が

どんどん大きくなっている状況。

 

ニコン1は今後も僕は使っていきたい。

Nikon1フォーマットを売る予定はないのだが

さてレンズを拡充するか。

するとしたら18.5mm f1.8がベストかなあ。

というか超広角と超望遠も欲しいけど

あれは高くて買えないからなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

OSMO mobile2のケースとベース

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 22:44

2月中旬に注文し4月中旬にやってきた

DJIのスマホ向け3軸ジンバルスタビライザーのOSMO mobile2。

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

前モデルのOSMO mobileも持っていたけど

新製品のOSMO mobile2は届いて中を見て

ケースが入っていないんだということを知る。

てっきり付属するものだと思っていた。

ケースなんて必要ないかなと思ったけど

普段保管する時、外に持ち出すときなど必要かと

そのためどうするか検討中。

 

専用ケースは売られているようだけど

さてどうしよう。

DJI OSMO Mobile 2 収納バッグ DJI OSMO Mobile 2 軸手持ちジンバル バッグ 収納バッグ 防水、耐衝撃

DJI OSMO Mobile 2 収納バッグ DJI OSMO Mobile 2

軸手持ちジンバル バッグ 収納バッグ 防水、耐衝撃

この手の枠入りケースは無駄にかさばるのは弱点。

もちろん厳重に保管出来るのは良いけど

正直これだと持ち歩きしづらさそうだ。

OSMO mobileの時のようなソフトケース良いのにと思う。

そんなケースも出ている。

Honbobo DJI Osmo Mobile 2/Mobile用 ケース·ストレージパッケージ·ポータブル収納袋·表面は肌触りが心地よい·小型で省スペース

Honbobo DJI Osmo Mobile 2/Mobile用 ケース·

ストレージパッケージ·ポータブル収納袋

·表面は肌触りが心地よい·小型で省スペース

ソフトタイプのケースでサイズ的にはギリギリのようだ。

OSMO mobileの付属ケースもギリギリサイズだったが

あのギリギリがゆるくなくしっかり固定出来るということかも。

そういう点で言えばこれで良いかなとか思うけど。

レビューがまだ少ないのが気になるが人柱になってみるかな。

 

あとOSMO mobileに欠かせなかったのはOSMOベース。

あれがないと絶たせることが出来なかった。

しかしOSMO mobile2には底部に三脚穴がある。

ミニ三脚等を利用することで絶たせることが出来るため

OSMOベースは不要かと考えていた。しかしあったほうがいいかと。

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 2 - 土台 ベース

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 2 - 土台 ベース

三脚穴+ミニ三脚を利用するとその分高くなってしまう。

OSMOベースなら高さを抑えて固定出来る。

実はOSMOベースってよく出来ていたんだなと

今になってやっと気づいた。

 

ということでイマイチ利用が増えない

OSMO mobile2での動画撮影だけど

今後増やしていくためにケースとベースは購入したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

防振双眼鏡

  • 2018.05.21 Monday
  • 23:27

昨今デジタルカメラやビデオカメラには

光学手ブレ補正機能が搭載されている。

スマートフォンにすら搭載されているが

望遠で利用してこそその威力を発揮する。

昨今の手ぶれ補正は本当に凄くて

多少の手ブレなどお構いなしいにピタット止まってくれる。

そのため撮影には非常に役立つわけだ。

しかし双眼鏡には手ぶれ補正がない。

それ故に手持ちで遠くを見るとブレやすい。

鳥や星などを見る時などは手ブレが気になる。

 

手ぶれ補正のある双眼鏡は実はいくつかある。

CANONから出ている防振双眼鏡が有名だ。

Canon 双眼鏡 8×25IS  ポロII型プリズム 8倍25口径 防振双眼最小・最軽量 8×25 IS

Canon 双眼鏡 8×25IS ポロII型プリズム

8倍25口径 防振双眼最小・最軽量 8×25 IS

8x25ならば比較的安く買える。それでも2万円以上するけどね。

人気があるのは10x30で5万円以上する。

 

このクラスは星空を見るのに利用されることが多い。

手ぶれ補正によりピタッと止まるので10倍でも

手持ちで問題なく利用できるようだ。

通常双眼鏡だと手持ちだと7倍くらいが限度だと言われてるが

7倍でもじっくり見るにはやはり手ブレは起きるんだあ。

コンサートとかならともかく星や鳥はその一点を見るので

手ブレは気になるもの。

 

防振双眼鏡があれば便利だろうが

その価格分の価値があるかは微妙なところ。

なぜなら昨今双眼鏡を利用する機会はあまりないため。

星ならともかく鳥だったらカメラを利用したほうが良いかも。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ300 光学24倍 ブラック DMC-FZ300-K

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ300

光学24倍 ブラック DMC-FZ300-K

例えばFZ300というネオ一眼カメラなら

25-600mm相当で全域F2.8で明るく見ることが出来る。

もちろんかなり高精度な手ブレ補正があるので

手持ちでわりと見れる。

液晶画面を見てもいいけど液晶ファインダーも高性能なので

双眼鏡のように利用するのにも適していると言えるだろう。

 

いっそデジタル双眼鏡ってのもありじゃないかと。

それならデジカメやビデオカメラの技術を利用出来るかなと。

そういえば以前SONYからそういうのが出ていたけど

あまり人気がなかったのかな。

水曜どうでしょうのアフリカ編で鈴井さんが利用してたけど

今なら4K動画撮影機能とか組み合わせれば

かなり使えそうな気がするんだけどなあ。

でも出ないというのは需要がないのか

価格がかなり高くなってしまうのか・・。

双眼鏡代わりに高倍率デジカメを買うのもありかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FINEPIXデジカメ

  • 2018.05.20 Sunday
  • 22:24

僕が初めてデジカメと出会ったのもFINEPIX。

そして初めて購入したデジカメもFINEPIXだ。

Finepixは富士フィルムのデジカメ。

かつては入門用デジカメで一番人気だったけど

他社の追随を経て今では防水モデルなど

富士フイルム デジタルカメラ XP130 スカイブルー FX-XP130SB

富士フイルム デジタルカメラ XP130

スカイブルー FX-XP130SB

一部でその名前が残っている程度となってしまった。

 

僕が初めて見たデジカメは

Finepix900だったかな。

1999年夏に鹿児島の祖父の初盆で帰省した際に

親戚の伯父が持ってきていた。

建築関連の仕事をしてるのでデジカメはいち早く導入したらしい。

いろいろ使わせてもらってデジカメって凄いと思ったもの。

ただ当時僕はカメラには興味はなく

帰省の際にもビデオカメラを持っていっていて

興味は持ったけど必要性を感じなかった。

 

その後ヤフオク出品で

商品写真を撮影するのに欲しいと思って

2000年に購入したのがFinepix 1200だった。

初めてのスマホは実は中古品をハードオフで購入。

スマートディアを利用するもので

当時は8MBとかのカードなのであまり枚数は撮影出来なかった。

SXGAで撮影できたけど容量が足りないので

基本はVGAとかで撮影していた気がする。

初めて旅行に持っていったのは2000年6月頃の上高地。

当時飼っていた犬の写真も撮影したっけ。

その後すぐに亡くなってしまったけど。

 

Finepix1200の後に

2600Zと2800Zと2台のFinepixを購入してる。

2600Zは電池カバーがすぐ開いてしまって不良気味で

あまり良い印象は持っていない。

2800Zは以前から欲しくて念願のカメラだった。

ただその頃はカメラの進化が激しくてあまり長く使わなかった。

Finepix2800Zを最後にFUJIFILMのデジカメは買ってない。

買いそうになったことすらもなかった気がするなあ。

まあ2016年のX-T10を買いそうになったがあれはFinepixではないからな。

 

Finepixはデジカメデビューの人が多かったと思う。

今はそうしたユーザーはスマホへ移行。

富士フィルムは高級カメラ路線へと転換してしまったので

そういう入門ユーザーが購入することはほぼなくなってしまった。

今Finepixに一番近いのはX100シリーズかな。

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S A Amazonベーシッククーポン付

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー

X100F-S A Amazonベーシッククーポン付

超高画質で良いカメラではあるんだが

単焦点でかなりマニアックなので

ライトユーザーには使いづらいかなあ。

でも使ってみたいけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ撮影と望遠カメラ

  • 2018.05.19 Saturday
  • 22:49

明日Jリーグの試合を見に行く予定。

その際には望遠のデジカメを持っていく。

DMC-FZ1000は2014年に購入したカメラだけど

25-400mm/f2.8-4.0相当のレンズを搭載しており

1インチセンサーってこともあり

かなりいい絵を撮影することが出来る。

今回は昼間の屋外のゲームなので明るさもバッチリだ。

 

FZ1000で何度かスポーツ撮影してるけど

理想的なスポーツ撮影カメラの1台ではあるが

最高の1台とは言えないかな。

まず400mm相当では足りない。

出来れば600mm、出来れば1000mm相当欲しい。

明るさはF2.8が理想だけど屋外ゲームなら

それよりも焦点距離のほうが重要かな。

TAMRON 超望遠ズームレンズ SP 150-600mm F5-6.3 Di  VC USD G2 キヤノン用 フルサイズ対応 A022E

TAMRON 超望遠ズームレンズ SP 150-600mm

F5-6.3 Di VC USD G2 キヤノン用 フルサイズ対応 A022E

よく見かけるのはAPS-Cサイズのデジ一眼と150-600mmのレンズ。

レンズ自体はそれほど明るくはないんだけど

APS-Cサイズのセンサーは高感度に強いから

たいていこれでなんとかなる。

ただかなり大掛かりな装備になるけどね。

CANONのデジ一眼なら1.6倍換算でから960mm相当で撮影出来る。

これだけあれば選手にかなり寄れる。

自分の子供を本気で撮影する人はこういうレンズを持っていくかな。

 

実際これだけ大きな装備は厳しい。

それは価格面、装備面の両方だけど

実際は価格より重さや使い勝手の悪さのほうが大きい。

でも価格は出せるというのなら

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX10M3 F2.4-4.0 24-600mm 2010万画素 ブラック Cyber-shot DSC-RX10M3

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX10M3 F2.4-4.0

24-600mm 2010万画素 ブラック Cyber-shot DSC-RX10M3

SONYのRX10M3が最強クラスだろう。

1インチセンサー搭載の高級コンデジ。

FZ1000より強力なレンズを搭載しており

600mm F4.0で撮影することが出来る。

これなら十分取り回せるサイズ感だ。

上位のRX10M4なら連写性能なども優れているので

スポーツ撮影などでもばっちりだけどさらに高いのは厳しい。

このレンズは広角から望遠まで広く使えるので

レンズ交換なしに記念写真などいろいろ撮影出来るし

4K動画撮影にも対応してるので1台で済ませるには便利かと。

 

スポーツ撮影の入門モデルといえば

PanasonicのFZ300だろう。

5万円台とかなり予算がおさえられる。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ300 光学24倍 ブラック DMC-FZ300-K

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ300

光学24倍 ブラック DMC-FZ300-K

25-600mm相当のレンズは全域F2.8ととても明るい。

センサーは1/2.3インチだけど動きが早いスポーツなどは得意で

母親が子供の部活の大会の撮影などに人気があるカメラだ。

このサイズなら誰もが手軽に使えるから。

 

FZ1000も良いカメラなので当分使っていこう。

僕はそんなに本気でスポーツ撮影はしないからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラ撮影に三脚を積極的につかいたい

  • 2018.05.18 Friday
  • 23:28

今年春は大口径ズームレンズの利用を増やしてるが

今後は同じように三脚の利用も増やして三脚に慣れたい。

僕はこれまでミラーレスをメインで撮影してたので

三脚を利用することに慣れていなかったが

風景撮影などはブレずにくっきり撮影するため

三脚を利用したほうが良い。

普段フルサイズデジ一眼を持ち出す時などは

出来るだけ一緒に持っていきたい。

 

デジ一眼で使う三脚は

昨年5月末に購入したVelbonのUT-53。

Velbon 三脚 ウルトラロック ULTREK UT-53 6段 中型 自由雲台付 コマ止め方式 トルク調整対応 DIN規格クイックシュー対応 324146

Velbon 三脚 ウルトラロック ULTREK UT-53 6段 中型

自由雲台付 コマ止め方式 トルク調整対応

DIN規格クイックシュー対応 324146

当初はUT-43にする予定だったけど

大口径ズームレンズを買うと2キロは超えるので

2.5キロの耐荷重を持ったUT-53に変更をした。

実際昨年8月に70-200mm f2.8を購入しており

ボディ込で2.3キロになるのでこの三脚にしてよかったと思う。

利用は昨年秋から本格化しているけど

今春にかけてはほとんど利用していない。

 

三脚を利用しないのは機動性にかけてしまうため。

もっともUT-53を買ったのも機動性を保つためでもある。

ウルトラロックの三脚は展開と収納が非常にスムーズに行える。

移動して展開し撮影してすぐに撤収して移動。

それが出来るのも魅力ではあるんだけど

いかんせん三脚撮影に慣れてないので利用頻度がまだ低く

慣れていないのでそれほどスムーズに行かない。

とにかく使って慣れてそれが当たり前という状況を

作っていきたいと思っている。

5月に入ってバラの撮影などに持っていったりしてるが

多少は慣れてきたかなとは思うけどまだまだかな。

夏にかけて積極的に活用して秋の撮影に備えたいところ。

 

僕自身三脚はこれまで何本か持ってるけど

家にもあるが2000円とか3000円くらいのが多かった。

ただデジ一眼やミラーレスで使う場合

安い三脚だと脚ががたつく。

あと安い三脚ってのはビデオカメラ用の製品が多くて

ビデオカメラで動画撮影するにはいいけど

写真を撮影する場合向きを変えられないのが不便。

そのため2010年くらいに高性能な1万円クラスの三脚に乗り換えた。

ただ多少重かったので利用はあまり増えなかった。

 

ウルトラロックの三脚を買ったけど

他にはAmazonベーシックのカーボン三脚も候補だった。

Amazonベーシック トラベル三脚 130cm 5段 小型 自由雲台 カーボン キャリングケース付き

Amazonベーシック トラベル三脚 130cm 5段 小型

自由雲台 カーボン キャリングケース付き

カーボンで頑丈で耐荷重も3.6キロもある。

雲台がしょぼいというレビューが多いが雲台を交換前提なら

かなり優秀で安い三脚といえるのではないだろうか。

でも結局ウルトラロックの機構と超コンパクトにたためる

Velbonの三脚を山で実際に使ってる人を見かけて
これがいいとそっちに決めてしまった。価格は倍したけどね。
1万円前後ならこのAmazonのが良いのではなかろうか。

 

三脚は脚だけでなく雲台も重要。

山とかで他の人が使ってる三脚は年季が入ったものが多く

調べてみると3万円とか5万円クラスもざらにある。

本当に写真を熱心に撮影してる人は

三脚にもお金をかけるんだな。

ともかく昨年5月に買ってもうすぐ1年。

しっかりと使っていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

RICOHのGRとNIKONのA

  • 2018.05.17 Thursday
  • 23:33

去年のいつだったか

RICOH GRとNIKON COOLPIX Aの中古をチェックしていた。

良い状態のがあれば買いたいなあと思っていたんだ。

ただ結局買わなかった。

2013年に発売されたこの2台のデジカメは

とても良く似たカメラだ。

画質を追求したストイックなコンパクトデジカメで

一時期憧れたものだったなあ。

ただ価格が高かったこと、

機能的に写真に特化しすぎていたことなどから

結局購入には至っていない。

 

GRはRICOHのデジカメ

RICOH デジタルカメラ GR APS-CサイズCMOSセンサー ローパスフィルタレス 175740

RICOH デジタルカメラ GR APS-CサイズCMOSセンサー

ローパスフィルタレス 175740

スペックはほとんど同じだけど

APS-Cサイズのローパスフィルタレスの1600万画素センサーを搭載。

レンズは35mm換算で28mm f2.8。

ニコンのCOOLPIX Aも同じ。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A DXフォーマットCMOSセンサー搭載 18.5mm f/2.8 NIKKORレンズ搭載 ASL シルバー

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A DXフォーマットCMOSセンサー搭載

18.5mm f/2.8 NIKKORレンズ搭載 ASL シルバー

センサーやレンズはほぼ同じで違いはデザインだろうか。

どちらも手ぶれ補正や光学ズームもない単焦点のカメラだ。

画質は非常に優秀でそこら辺のデジ一眼など凌駕するレベルだった。

 

これらのカメラはスナップショットカメラとして人気があった。

旅行とかの際にポケットに入れたり首から下げたりして

ふと撮影したい時にすぐ取り出して撮影するカメラ。

コンデジサイズなので手軽さが魅力的。

それでいて画質はデジ一眼でも上位レベル。

ただ時期とかタイミングが微妙だった。

このカメラが出た頃プレミアムコンデジが人気で

1/1.7インチセンサー搭載のコンデジだったのだが

その後2014年くらいから高級コンデジへと急速に移行した。

1インチセンサー搭載に明るいレンズを搭載。

動画撮影性能にも優れてWifiを搭載してスマホとの連携が可能。

ちょうどスマホが爆発的に普及する時期だった。

流れは完全に高級コンデジに傾いて

この2台は時代遅れになってしまったんだな。

 

今このカメラはもう売られていない。

RICOH GRは後継機種GRIIが発売されているが

RICOH デジタルカメラ GRII APS-CサイズCMOSセンサー ローパスフィルタレス 175840

RICOH デジタルカメラ GRII APS-CサイズCMOSセンサー

ローパスフィルタレス 175840

GRにWifiがついただけ。ニコンのほうは後継は出ていない。

65000円を出してGRIIを買うのはなかなか勇気のいること。

CANONのG7X MarkIIが6万円そこそこで買えるけど

光学ズーム、手ぶれ補正、動画撮影を考えると使い勝手は良さそうで

GRIIの写真特化型はなかなか使いづらそうな感じだ。

良いカメラではあるんだけど使い勝手が・・・。

 

ただ中古でGRやAを買うのはありだと思う。

だから去年から探していたんだけど

同じように探している人は多いのか

意外と価格は下がっておらず

今も3万円台はするのでまあ厳しいなあと。

今年は検討すらしていないけど安く売ってれば・・と。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメ動画

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 22:43

僕はデジカメを買う以前にビデオカメラを利用していた。

それ故にデジカメを買った頃から動画は重視していたっけ。

そんなデジカメ動画撮影で印象に残っているカメラを紹介。

 

■DSC-S70

2000年夏に購入したSONYのデジカメ。

当時としては6万円から7万円とわりと高かった。

高性能モデルだったが特に動画撮影は当時としては優秀で

320x240のQVGAのMPEGムービーが撮影出来た。

音声付き動画が撮影出来るデジカメは当時としては珍しかった。

ただ64MBのメモリースティックが1万円する時代なので

あまり撮影出来なかったけどね。

2001年にカナダへ旅行した時に日本にメールで

動画を送ったのを覚えている。

 

■DSC-MZ3

歴史に名を残す動画デジカメのMZ3。

発売されたのは2002年頃で買ったのは2003年。

このカメラはVGA30fpsのMPEG動画が撮影出来た。

当時この性能は圧倒的だった。

そしてもう1つMD(マイクロドライブ)にも対応しており

それ故に長時間の動画撮影が可能だった。

2005年頃にはVGA動画も普及してたけど

256MBのSDカードが8000円していた頃。

そんな中で4GBのマイクロドライブが使えたMZ3は重宝した。

結局2007年にHDVカメラを買うまで利用した。

 

■DMC-TZ7

Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) TZ7 シルバー DMC-TZ7-S

Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) TZ7

シルバー DMC-TZ7-S

2009年に購入したPanasonicのコンデジ。

Panasonicはデジカメへの参入が遅かったけど

着々とシェアを確保してきていた。そんな中で光学10倍ズームと

1280x720のHD動画に対応したムービーデジカメを発売。

マルチアスペクト対応で広角な動画が撮影できたんだなあ。

このカメラの購入以降データ容量が劇的に増えたのは

動画撮影が桁違いに増えたため。また32GBが8000円くらいで

購入できるようになってメモリカードの制限からようやく開放されたんだ。

 

■DMC-G6

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G6 ボディ 1605万画素 ブラック DMC-G6-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G6

ボディ 1605万画素 ブラック DMC-G6-K

2011年にGF2でミラーレスを導入したものの

GF2の動画はレスポンスがあまり良くなかった。

その後GX1、G5を経てようやくたどり着いたのがG6。

FHD60p対応の動画は非常にクォリティが高く満足行くものだった。

この頃にはPanasonicのデジカメ動画性能は

SONYと並んでトップクラスとなっていた。

むしろGHシリーズなどSONYを上回っていたかも。

 

■DMC-FZ1000

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000

2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

2014年夏に購入して4年近く経った今でも使ってるのがFZ1000。

1インチセンサーを搭載したレンズ一体型のネオ一眼。

SONYのRX100から始まった高級コンデジの初期モデルだが

FHD60pだけでなく4k30pにも対応して今でも十分現役なデジカメだ。

手ぶれ補正も5軸+傾きに対応するなど

ビデオカメラ譲りの機能が搭載されて非常に優秀で素晴らしいデジカメ。

デジカメデータの保存ではFZ1000だけで2.2TBもあるが

この4年弱でそれだけ多くのデータを撮影したことになる。

 

という感じで振り返ってみた。

やはり最強なのは現役のFZ1000だけど

過去のS70、MZ3、TZ7、G6などどれも思い入れがある。

そして今後・・・。

FZ1000の完成度が高すぎたため

4年経った今でもこれの後継としてのカメラがすくない。

コンパクトなカメラとしてはLX9が優秀だ。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9  1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9

1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

このサイズで1インチセンサーを搭載して

F1.7-2.8のレンズを搭載して4k30p動画にも対応する。

ただそろそろ4k60pの登場に期待したいところ。

iPhone8やGoPro Hero6 Blackなど4k60pに対応する中で

デジカメ動画の普及モデルが4k60pに対応して

それが広がっていくのはいつになるか気になる。

はっきり言えば4k60pは必要か?と言われれば

まあそれほど重要でもなく今の時点で既に動画撮影性能は

十分満足行くレベルなんだけどね。

 

5年後10年後僕はどんなカメラを使ってるか分からないが

多分デジカメ動画にはそれなりにこだわりを持っていることだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真を持ち歩くこと

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 22:33

以前三重県の親戚の家へ行った時に

昔の話になってその時の写真はあるかと聞かれた。

撮影していたから持っているけど基本的にデジカメ写真は

全て自宅のパソコンやHDDに保存されている。

そのためあるといってもすぐ出せない。

ただ探せないこともない。

 

僕は様々な方法でデジカメデータを保存してる。

その1つにリサイズデータ保存というものがある。

これは撮影した様々なファイルのうち写真のみを

長辺2048ピクセルでリサイズして別途保存しているもの。

これを実行したのは10年以上前のこと。

デジカメの画素数が増えて容量が増えたため

オリジナルにこだわらず容量を抑えて保存する方法を模索し

雑誌かなんかで紹介されていたこの方法を実行。

今は「リサイズ超簡単PRO」というフリーソフトを使いリサイズしてる。

 

リサイズの効果は大きく

JPEG写真データは2TBを超える容量だが

リサイズデータは現在約146GBとなっている。

2000年から撮影してきた全ての写真データがここに凝縮されている。

そしてこのデータはオンラインにも保存してある。

以前Picasaウェブアルバムに保存していたが

今はGoogleフォトに保存している。

つまりGoogleフォトにアクセスすれば

過去撮影した写真はほぼ全てにアクセスできる。

ただ探し出すのは大変だけどね。

 

実はこのリサイズ写真はいつか持ち歩きたいと思っている。

現在146GBなら256GBのmicroSDXCなら全部保存出来る。

Samsung microSDカード256GB EVOPlus Class10 UHS-I U3対応 Nintendo Switch 動作確認済 正規代理店保証品 MB-MC256GA/ECO

Samsung microSDカード256GB EVOPlus Class10

UHS-I U3対応 Nintendo Switch 動作確認済

正規代理店保証品 MB-MC256GA/ECO

Androidスマホやタブレットなどは

microSDXCカードに対応しているため

こうしたメモリカードを利用することで

リサイズデータは全て保存出来る。

すべての写真を持ち歩けるということ。

オンラインと違ってメモリカード内なら

もっと早くアクセスして目的の写真を探し出せる。

長辺2048ピクセルは200万画素相当だけど

それくらいの画質があればスマホやタブレットで見るには十分。

 

1つ問題があるとすれば

写真が多すぎて目的の写真を探し出せない

あるいはそれに苦労すること。

今は写真や動画の選別作業を行っている。

これは写真や動画にランクをつけて

すべての写真を残すのではなく

重要度の高いものをバックアップして厳重に保管しようというもの。

これまで撮影してきた写真や動画はいずれ重荷になる。

いや既になりつつある。

今のうちに必要ないデータを削除してデータを減らしておきたい。

リサイズデータも全てをスマホに保存する必要はない。

ある程度保存するデータを限定することで

データ量を減らせるかなと思う。

 

現状microSDXCは128GBがコスパが良い。

【3年保証】microSDXC 128GB SanDisk サンディスク UHS-1 超高速U1 FULL HD アプリ最適化 Rated A1対応 専用SDアダプ付 [並行輸入品]

【3年保証】microSDXC 128GB SanDisk サンディスク UHS-1

超高速U1 FULL HD アプリ最適化 Rated A1対応

専用SDアダプ付 [並行輸入品]

128GBに収まるように調整するのもありかな。

特に2009年以降は写真が激増するので

どうでもいい写真は極力保存せずそれでいて

スマホで過去の写真などを多く保存出来ればと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Panasonicの新型4Kビデオカメラ

  • 2018.05.14 Monday
  • 23:25

5月中旬にPanasonicから新しい4Kビデオカメラが発売。

従来モデルからセンサーやレンズが変更になり

より高画質化したモデルとして発売される。

従来の4Kビデオカメラは安かったけど

画質は4Kにしては精細感がなくSONYの4Kカメラと比べて

画質面で差をつけられていた。

新しいビデオカメラは画質アップや広角対応など

使い勝手が大幅に向上しているようだ。

 

VX1MとVZX1Mと似たような型番があるが

これは同一モデルのようだ。

なぜ型番が2つあるのかよく分からない。

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ VZX1M 64GB あとから補正 レッド HC-VZX1M-R

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ VZX1M 64GB

あとから補正 レッド HC-VZX1M-R

赤モデルがあるのは格好いいVZX1M-Rは

ワイプ撮りに対応してないモデル。

ただスマホWifi連携してスマホカメラをワイプとして

撮影することは可能なようだ。

センサーは新型の1/2.5インチ829万画素。

従来モデルは1/2.3インチでセンサーは小型化してるけど

従来は総画素1800万画素で利用する領域が小さかった。

新モデルはセンサーを余すことなく広く活用するので

より高精細な映像を撮影することが出来る。

レンズは35mm換算で25-600mm相当の光学24倍。

従来は30.8-626mm相当の光学20倍。

以前はSONYのモデルに比べると画角が狭くて残念だったが

新モデルはSONYの26mmを上回る25mm相当で広く撮影出来る。

ボール機構を採用した新型手ぶれ補正を搭載して高精度化。

AFも高速化しておりセンサーの進化により暗いところでも合焦しやすくなった。

 

上記がベーシックモデルになり

モデルとしては他に2モデルがある。

1つはワイプ撮りのサブカメラを搭載したモデル。

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ WZX1M 64GB ワイプ撮り あとから補正 ブラック HC-WZX1M-K

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ WZX1M 64GB

ワイプ撮り あとから補正 ブラック HC-WZX1M-K

ワイプ撮りモデルはブラックのみとなっている。

さらにファインダー付きモデルもある。

これも色はブラックのみ。

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ WXF1M 64GB ワイプ撮り あとから補正 ブラック HC-WXF1M-K

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ WXF1M 64GB

ワイプ撮り あとから補正 ブラック HC-WXF1M-K

液晶ファインダーとワイプ撮り用サブカメラを搭載し

また赤外線ナイトモードと外部音声入力にも対応してるようだ。

テレビ番組のサブカメラなどとして使われたりすることが増えそうなカメラだな。

 

全く新しい4Kビデオカメラで

これだけ高性能化しつつ従来モデルと同じように

コンパクトかつ軽量を実現しているのが素晴らしい。

SONYの4KビデオカメラはAX45でバッテリー込み560gだけど

PanasonicのVZX1Mはバッテリー込みで473g。

従来のモデルよりは重くなってしまったけど

それでもSONYのよりかなり軽いので魅力は大きいかな。

まあただ価格は10万円前後とかなり高くなってしまったのは残念。

ただ高画質に残すなら価格分の価値はありそうだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>


recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

recommend

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue)
HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue) (JUGEMレビュー »)

Huaweiの最新SIMフリースマートフォン。18:9液晶で狭額縁を実現。そしてWレンズカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM