タムロンのレンズ

  • 2020.01.24 Friday
  • 23:34

先日マイクロフォーサーズのシグマレンズについて書いた。

2013年に購入してデジカメの利用を激増させたレンズだった。

シグマはそれ以前にニコンD40を使ってた時に18-200mmを買って使っている。

シグマとタムロンはレンズメーカーとして有名だったけど

この時点でタムロンのレンズは使ったことがなかった。

僕が抱いていたイメージは望遠に強いという感じかな。

タムロン=望遠レンズというイメージがあった。

マイクロフォーサーズへは後に14-150mmで参入したけど

結局その1本しかこれまでに出していない。

 

それから数年後の2017年に

僕はフルサイズ用のレンズを購入した。

それがタムロンの70-200mm f2.8だった。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

いろんな候補の中でこのレンズを買ったのは何故だろう。

漠然と望遠ズームはタムロンが強いというイメージがあって

それが影響していたのかもしれない。

まあ単にコスパの良いレンズを探していたら

これに出会っただけかもしれないけどね。

ともかくはじめてのタムロンのレンズだった。

 

ただこの70-200mm f2.8は

これまであまり利用していない。

そもそも買った頃からスマホカメラの利用が増えて

デジカメの利用が大きく減っていた時期だった。

フルサイズのデジタル一眼の利用自体が減っていて

そんな中だったのであまり利用していない。

これまで外に持ち出した回数は10回程度かと思う。

大きな長いレンズなので旅行などへはほとんど持っていかない。

ただたまに持っていった時に撮影出来る写真は

本当に素晴らしい画質だった。

桜の時期などは地元の桜並木でよく撮影している。

近場なら負担があまりないからね。

犬を飼っていた頃は望遠レンズなどよく使ってたけど

残念ながらこのレンズを飼った時には既にこの世にはいなかった。

というかフルサイズデジ一眼すら利用できなかったっけ。

 

今はどんなレンズが売れてるんだろう。

18-200mmが出た時にタムロンもあとから出してたけど

最近は18-400mmというレンズが出ているようだ。

TAMRON 高倍率ズームレンズ 18-400mm F3.5-6.3 DiII VC HLD キヤノン用 APS-C専用 B028E

TAMRON 高倍率ズームレンズ 18-400mm

F3.5-6.3 DiII VC HLD キヤノン用 APS-C専用 B028E

いわゆる万能ズームだけど

広角から超望遠までこれ1本で使えて

それこそデジ一眼の考えが変わりそうな感じだなあ。

旅行とかに最高でこういうレンズもありだなと思う。

それこそたまに単焦点を利用しつつ

それ以外は万能ズームを使うと。

デジ一眼も最近利用が減っているけどこういうのありかな。

 

という感じでタムロン。

次に買う機会はあるんだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シグマのマイクロフォーサーズ単焦点レンズ

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 23:45

僕にとって2013年からの数年間は

マイクロフォーサーズ黄金期でもあり

デジタルカメラの黄金期でもあった。

撮影回数が激増してカメラを使うために

花や紅葉を見に行ったりするようになった。

それらのきっかけとなったのは

マイクロフォーサーズ用のシグマの2本の単焦点レンズだ。

購入したのは今から7年ほど前のこと。

もしこのレンズを買っていなければ

今ほどカメラにハマっていなかったかもしれない。

 

シグマの単焦点レンズは30mm f2.8と19mm f2.8だ。

僕が購入したのは旧モデルにあたるんだけど

2本一緒に購入した。

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F2.8 DN ブラック マイクロフォーサーズ用 ミラーレスカメラ専用 929695

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F2.8 DN ブラック

マイクロフォーサーズ用 ミラーレスカメラ専用 929695

シグマの単焦点レンズは価格が非常に安かった。

今はもう売られていないみたいだけど長く

1本15000円以下という低価格で売られていた。

SIGMA 単焦点広角レンズ Art 19mm F2.8 DN ブラック マイクロフォーサーズ用 ミラーレスカメラ専用 929732

SIGMA 単焦点広角レンズ Art 19mm F2.8 DN ブラック

マイクロフォーサーズ用 ミラーレスカメラ専用 929732

19mm f2.8も同様でだからこそ2本一緒に買ったんだ。

僕が買った旧モデルはさらに安かったと記憶してるけど

いくらだったかは忘れてしまったなあ。

 

この30mmと19mmだけど

最初は30mmのほうをよく利用していた。

2月に新しいレンズを使って何かを撮影したいと思って

このレンズがきっかけで梅を見に行くようになったんだ。

その後桜やチューリップと春の花を撮影しに行くようになる。

5月のバラまで撮影したところで6月に悲劇が起きる。

名古屋のミッドランドスクエアで夜景を撮影した後に

外に出た時にレンズ交換しようとして落としてしまった。

中のレンズが割れてしまった。やむを得ず修理となりしばらくお預けに。

 

その時に19mmの方を使うようになった。

30mmは35mm換算で60mm相当になり

花などを撮影する時にいい感じのボケが得られて素敵な写真が撮影出来た。

でも19mmは35mm換算で38mm相当で普通の画角。

普通の写真しか撮影出来なくて花などに向いていないとあまり使わなかった。

ところが30mmが使えなくて19mmを使ってたらこれこそ便利だと思うようになった。

38mmは標準画角に近い。

スナップショットレンズとして最適で旅などでも

デジ一眼などの大型カメラを使わない状況でたくさんの写真を

手軽に撮影していくレンズとして最適ですごく重宝した。

30mm f2.8が修理から戻ってきた後も画角が狭いからと使いづらく感じて

結局秋になっても19mmが主力となっていったっけ。

 

シグマのこの単焦点シリーズは後に60mmが発売される。

60mm f2.8だとかなりボケ感が強くて大口径中望遠レンズとして便利だった。

SIGMA 単焦点望遠レンズ Art 60mm F2.8 DN ブラック マイクロフォーサーズ用 350635

SIGMA 単焦点望遠レンズ Art 60mm F2.8 DN

ブラック マイクロフォーサーズ用 350635

ただ僕が使ってたPanasonicのミラーレスは手ブレ補正がなかったので

60mmだと手ブレがかなり気になって余り使う機会はなかったっけ。

19mmはその後もわりと長く使っていき活躍したんだった。

 

今は全て売却して手元にはない。

今はマイクロフォーサーズ自体あまり使わなくなっている。

実際カメラやレンズがあっても使うか分からない。

以前のように撮影のために出かける機会は減って

それこそ撮影するとしてもスマホカメラで十分と思うようになったため。

さすがに7年もの月日でちょっと考えが変わってしまってるけど

ただシグマの単焦点を使っていた日々が楽しかったと今も記憶している。

またあんな感じでじっくり撮影してみたいなと思うことはあるんだな。

多分中古なら安く買えると思うので

もしよければ購入して使ってみて欲しい。本当荷いいレンズ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホカメラとデータ

  • 2020.01.20 Monday
  • 23:31

最近はデジカメを持たずスマホカメラで満足することが増えている。

スマホカメラは撮影した写真や動画をスマホに保存して

いつでもどこでも手軽に見られるし

SNSなどに手軽に活用できるのが便利・・ではあるが

スマホ内にあるだけではバックアップ体制などは不安であるし

PCで利用したい時などは手軽に利用できず不便。

それ故にスマホの写真・動画データはPCでも管理をしている。

 

今現在は定期的にスマホのデータをPCにコピーして保存している。

特にLG G6とGalaxy Note9の2台に関しては

デジカメ代わりとして旅行や山旅でのカメラとして利用してるため

PCでもデジカメと同じようにフォルダを作ってデータ管理をしている。

今年購入したiphone11も同様に管理していく予定だ。

スマホとPCのファイル連携は基本的には

USBケーブルで接続してのデータコピーになる。

ワイヤレスやクラウド連携出来れば便利だけど

大容量のクラウドサービスは無料では利用できないし

ワイヤレスはPCがWifi接続ではないので出来るのかどうか。

基本は有線でのデータコピーだ。

 

もう1つたまに利用する方法として

USBメモリを介してのバックアップも行う。

これは主に旅行時に旅先でバックアップを取った時に利用する。

Transcend USB3.1 Gen1 Type-C ⇔ Type-A 両コネクタ-搭載 32GB デュアルUSBメモリー TS32GJF890S

Transcend USB3.1 Gen1 Type-C ⇔ Type-A

両コネクタ-搭載 32GB デュアルUSBメモリー TS32GJF890S

2017年のハワイ旅行の前に購入したもので

Nexus5XでOSMO mobileを利用して動画撮影をした時に利用した。

今では普通に写真データのバックアップなどで利用する。

当時は32GBは十分だったけど今はちょっともの足りず

64GBや128GBの製品がほしいかなと思う。

まあUSBのTypeCとTypeAの2in1なのでスマホもPCも接続できるので

何かと便利だったりするけどね。

 

PCとスマホの連携という点でPCに欲しいのはBluetoothだ。

エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力)  Class2  Windows10対応 LBT-UAN05C2

エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0

EDR/LE対応(省電力) Class2 Windows10対応 LBT-UAN05C2

ノートパソコンには搭載されているけどPCにはないので

そう高いものではないし導入したいところだ。

ファイル連携などにも利用できるだろう。

もっともファイル転送速度は遅いのであまり役立たないけど。

Bluetoothスピーカーを始めとしたスマホ周辺機器を

PCでも使えるようになるし今後スマホが中心になってくると

PCでもBluetoothを導入することは何かと便利かなと思う。

ファイル転送には使えないけど。

 

ファイル転送を有線ケーブルではなく

ワイアレスで接続して利用したいもの。

パターンとしてはスマホにサーバーを立ち上げPCからアクセスして利用するもの。

あとPCに共有フォルダを作成してスマホからアクセスして利用するもの。

このどちらでもアプリ次第で可能だ。

さらにそのどちらでもないデバイスをサーバーとして利用して

スマホとPCのどちらからもアクセスして利用する方法もある。

RAVPower Wi-Fi SDカードリーダー 【ワイヤレス共有/高速データ転送/ワンキーバックアップ/有線LANをWiFi化】 ワイヤレス SDカードリーダー ポケットWiFiルーター ⼤型6700mAhバッテリー内蔵 最大4TBまで対応 iOS/Android対応 FileHub RP-WD009

RAVPower Wi-Fi SDカードリーダー

【ワイヤレス共有/高速データ転送/ワンキーバックアップ/有線LANをWiFi化】

ワイヤレス SDカードリーダー ポケットWiFiルーター

⼤型6700mAhバッテリー内蔵 最大4TBまで対応

iOS/Android対応 FileHub RP-WD009

このWifiカードリーダーは非常に多機能で

PCレスでSDカードからUSBストレージにデータバックアップ出来るし

スマートフォンの写真データをUSBストレージにバックアップしたり

それに対してPCからアクセスしてデータを取り出したりも出来る。

昔こうしたポータブルWifiストレージは一時期流行ったりしたけど

昨年くらいに発売されたこの製品はCPUが高速化されて

サクサク多機能に利用できるようになっている。

 

って感じでいろいろあるけど

まあ自宅でのんびりとやるなら有線でも問題ないか。

このJUGEMブログに利用している写真の一部も

スマートフォンカメラで撮影したものだ。

スマホから直接JUGEMへアップすることも出来るが

JUGEMのシステムが古いのかスマホ写真の縦横を認識出来ず

回転させるとサムネイルが壊れてしまうという弱点があって使えない。

PCからなら問題ないので1度PCで整理してからブログに活用したりしてると。

 

Windows10の最新機能でスマホ同期という機能があるが

これは以前試したけど使えんかったなあ。

そもそもすべての写真を同期出来るわけではなく25枚くらいだっけ。

スマホの写真を自動でPCの特定フォルダにバックアップしてくれる機能とかあれば

Windowsも便利だなと思うんだけどなあ。そうなる日が来るかなあ。

クラウド使えば今も可能だけど容量増えると有料だからな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Insta360 ONE R

  • 2020.01.18 Saturday
  • 23:43

Insta360は360度カメラとして

これまでいくつかのモデルが出ていたけど

アクションカメラよりの最新モデルが発売される。

見た目は・・GoProっぽいけど

モジュール型になっていて

レンズ交換可能なアクションカメラのようだ。

Insta360 ONE R 4K広角モジュールセット (ONE R本体 + 4K広角撮影モジュール) CM535 CINAKGP/C 【国内正規品】

Insta360 ONE R 4K広角モジュールセット

(ONE R本体 + 4K広角撮影モジュール)

CM535 CINAKGP/C 【国内正規品】

4K60pカメラモジュールのセットが4万円ほど。

GoProのHero8 Blackよりも安いけどOSMO Actionよりは高い。

どうなのだろうか。

 

このカメラだけどアクションカメラとしては画角が狭い。

35mm換算で16.4mmに対応したレンズだけど

GoPro Hero8 Blackが6mm相当でOSMO Actionが7mm相当と言われている。

それに比べると16.4mm相当はあまり広くないなあ。

動画カメラとしみればなかなか使いやすい超広角だけど。

あとはFlowStateという電子手ブレ補正は従来モデルから健在。

GoPro Hero7 Blackのハイパースムーズが出た頃に

360度カメラでそれと同じくらいの電子ブレ補正を見せてくれたけど

通常のアクションカムじゃないから使いづらそうだったが

今回のは普通の4Kアクションカムだから便利そうだなと思う。

画角の広さ・狭さは正直分からないな。

 

カメラモジュールは3種類あって

4K広角・360度・1インチと3つある。

ツインモジュールセットは4K広角+360度と2つのカメラがセットになってるようだ。

Insta360 ONE R ツインモジュールセット (ONE R本体 + 360度撮影モジュール + 4K広角撮影モジュール) CM533 CINAKGP/A 【国内正規品】

Insta360 ONE R ツインモジュールセット

(ONE R本体 + 360度撮影モジュール + 4K広角撮影モジュール)

CM533 CINAKGP/A 【国内正規品】

価格は高くなるけどセットのお得感は非常に大きい。

360度カメラは超広角で2つのカメラを持つモジュールになっている。

これはこれでなかなか楽しそうだ。

1インチはライカとの共同開発らしくて画質が良さそう。

Insta360 ONE R 1インチ広角モジュールセット (ONE R本体 + 5.3K/1インチ広角撮影モジュール) CM534 CINAKGP/B 【国内正規品】

Insta360 ONE R 1インチ広角モジュールセット

(ONE R本体 + 5.3K/1インチ広角撮影モジュール)

CM534 CINAKGP/B 【国内正規品】

もっとも1インチモジュールは

ツインモジュールキットよりも高くなっている。

画角が14.4mmってのはなかなか魅力的だなあ。

これも4K60pで記録することが出来るので

高画質の4K動画を撮影したいのなら通常の4K広角よりも魅力だ。

むしろこの1インチモデルこそINSTA360 ONE Rで

一番ベストな選択肢かもしれない。

GoProやDJIにもないモデルだからね。

 

現状買う予定はないけど

1インチモデルが思いの外良さそうで気になっている。

お金があれば欲しいけどね・・。

そもそも使う機会はあるのだろうか。

日本の代理店はアスクというメーカーらしいが

内外価格差はやや大きめ・・かな。

並行輸入のほうが安く買えるかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

高級コンデジよりスマホカメラなのか

  • 2020.01.16 Thursday
  • 22:31

今僕はGalaxy Note9とiPhone11の2台のスマホを持っている。

Galaxy Note9は広角+望遠、iPhone11は広角+超広角のカメラを持つ。

実はこれらのスマホを使っていると

Galaxy note9では超広角が欲しくなりiPhone11では望遠が欲しくなる。

ないものねだりではないけどこれだけでは足りないのかなと。

じゃあデジカメ使えばいいと思うけどそれは負担になるから

わざわざ持ち歩きたいとは思わない。

超広角から望遠まで対応したスマホならば満足できるのかなと考えている。

 

最近はトリプルカメラを搭載したスマホは増えてるが

現状最強クラスなのはXiaomi Mi Note 10だろう。

Xiaomi Mi Note 10 グレイシヤーホワイト 【日本正規代理店品】

Xiaomi Mi Note 10 グレイシヤーホワイト 【日本正規代理店品】

昨年終わりに日本参入して発売されたスマホは

5つのカメラを持つ。

超広角、広角、2倍望遠、5倍望遠、マクロの5つ。

これだけあれば十分使えるんじゃないかなと思う。

さらにこのカメラのメインである広角カメラは

1/1.33インチという非常に大きなセンサーを持っている。

その画質は高級コンデジに匹敵するほどではないだろうか。

最近は新しいデジカメとして

高級コンデジが欲しいというよりも

高性能なカメラを持つスマホが欲しいと思ってしまっている。

このXiaomi Mi Note 10と高級コンデジとどちらが良いのだろう。

 

高級コンデジでは

PanasonicのLX9などが気になっている。

パナソニック コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9 1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

パナソニック コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9

1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

価格は6万円台でXiaomiのモデルの8GB/128GBモデルよりは安い。

レンズは24-72mm相当の光学3倍で

広角端はF1.4と明るく望遠端でもF2.8と明るいレンズとなっている。

Xiaomi Mi Note 10と比べたら画質はこっちのほうが間違いなく上だろう。

ただ・・画質がすべてではない。

使い勝手などを考えた時にどうだろうか。

デジカメを買うよりカメラ性能の良いスマホを買うほうが

便利に使えるのではないだろうか。

SNSなどに写真アップするなら直接アップできるスマホのほうが便利だし・・・。

最近はその辺り考えているけど結論は出ない。

 

パソコンで写真を見て等倍とかだと

高級コンデジやデジタル一眼レフカメラの良さはある。

でも最近は写真をそんな使い方していない。

むしろスマートフォンで写真を見ることのほうが多い。

デジカメの場合はPCに写真や動画を保存して

それは死蔵に近い形になってしまっている気がする。

一方でスマホは持ち歩くから手軽に振り返ることが出きる。

正直今は迷っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

望遠コンパクトデジカメ

  • 2020.01.14 Tuesday
  • 23:33

年末に猿投山へ登った時に

山頂から御嶽山がきれいに見えた。

その模様をカメラで撮影しようとしても

普通のスマホカメラではかなり厳しい。

僕はGalaxy Note9を持っていたけどその2倍望遠カメラで

この程度にしか撮影することが出来ない。

これでも御嶽山は見ることは出来るけど・・。

35mm換算で52mm相当だけど普通のカメラだと

26mm相当なのでもっと小さくしか写せない。

でもこの時に望遠レンズをつけたミラーレスを持っていった。

Nikon1 V2+30-110mmで35mm換算297mm相当で撮影すると

ここまでクローズアップして撮影することが出来る。

これだけ望遠出来れば上々だ。

 

普段の撮影はスマホカメラで十分だと思うけど

時々望遠が欲しいと思うときはある。

それは3倍や5倍程度の望遠ではなく

10倍や20倍くらいの望遠が欲しい。

以前どれくらいの望遠があれば満足できるのかと

自分で考えたことがあるんだけど

その際の結論として35mm換算で300mm相当は欲しいという結論になった。

光学5倍ズームだとせいぜい120mm相当程度。全然足りない。

光学10倍で250mm相当。もう少し欲しいところだな。

 

僕はPanasonicのFZ1000というカメラを持っている。

望遠に強いデジタルカメラだけどこれが400mm相当まで寄れる。

デジタル超解像ズームを利用すれば800mm相当で撮影出来る。

パナソニック デジタルカメラ ルミックス 1.0型センサー搭載 光学16倍ズーム 4K動画対応 DC-FZ1000M2 ブラック

パナソニック デジタルカメラ ルミックス 1.0型センサー搭載

光学16倍ズーム 4K動画対応 DC-FZ1000M2 ブラック

ただこのクラスのカメラは大きいので

登山やウォーキング、サイクリングなどで持っていくには負担になる。

ポケットサイズでもっと望遠が得られればと思うんだけど

それはなかなか難しいところがある。

現状最高なのは1インチセンサー搭載の高級コンデジながら

24-360mmの光学15倍ズームが使えてなおかつコンパクトな

パナソニック コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX2 光学15倍 ブラック DC-TX2-K

パナソニック コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX2

光学15倍 ブラック DC-TX2-K

PanasonicのTX2がベストかなと思う。

ただお値段が8万円以上するのでちょっと厳しい。

 

スマートフォンに足りない部分を補完する望遠カメラとしてなら

センサーサイズは1/2.3インチと小さくても良いので

コンパクトな望遠ズームカメラを利用するのも手だ。

このクラスだと720mm相当とか超望遠にも対応しているカメラが多い。

Canon デジタルカメラ PowerShot SX720 HS レッド 光学40倍ズーム PSSX720HSRE

Canon デジタルカメラ PowerShot SX720 HS

レッド 光学40倍ズーム PSSX720HSRE

2万円前後だと光学20倍で480mm相当

3万円前後だと光学40倍で960mm相当という超望遠が得られる。

最新モデルよりも型落ちモデルでも性能は変わらないので

安いモデルを買って利用するのはありだろう。

望遠じゃないと撮影出来ない状況は絶対にある。

例えば動物園で動物を撮影する場合はフェンスがあって寄れない。

イベントなどでの撮影も近寄れない場合などは望遠に頼るしかない。

風景撮影も同様だ。

 

センサーの大きな高画質カメラがベストだけど

その望遠カメラはセンサーが小さいモデルと比べると

価格が高く大きく重くなってしまうわけで

何かしら妥協が必要になってくる。

望遠コンデジってありだなあ・・.スマホ時代だからこそね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄旅カメラ

  • 2020.01.12 Sunday
  • 22:32

あと1ヶ月もすると2度目の沖縄旅へ出発する。

昨年2月以来の沖縄旅だけどどこへ行こうかは検討中。

旅の様子はカメラで撮影したいんだけど

今は持っていくカメラをどうするか検討している。

今迷っているのは

○デジタル一眼レフカメラを持っていくか

○新しいカメラを買うかどうか

○そもそもデジカメ必要か・・

の3点だったりする。なかなか悩ましい問題だ。

 

昨年2月の旅ではどうしたかというと

カメラは

FZ1000、TG-5、OSMO pocketの3台と

あとはスマートフォンカメラで撮影をした。

プロ野球キャンプ観戦というのがメイン目的にあるので

超望遠撮影可能なFZ1000は欠かせない。

パナソニック デジタルカメラ ルミックス 1.0型センサー搭載 光学16倍ズーム 4K動画対応 DC-FZ1000M2 ブラック

パナソニック デジタルカメラ ルミックス 1.0型センサー搭載

光学16倍ズーム 4K動画対応 DC-FZ1000M2 ブラック

これを持っていくことでスタンドなどから超望遠で選手を狙える。

実際読谷や北谷などでたくさんの写真を撮影したもの。

これはスマホカメラではとても撮影することが出来ないので絶対必要。

ただそれ以外の観光などでは利用する機会はないかもしれない。

意外と長いレンズとデジ一眼を持ってきてる人もいたし

海外ではないしレンタカーで移動するので多少荷物になっても大丈夫で迷うところ。

TG-5は記録カメラとして様々な場面で撮影をした。

OLYMPUS デジタルカメラ  Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック

1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重

GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

ただこれはスマホカメラでも代用出来る気もする。

海とかでも防水なので安心して撮影出来るカメラではあるのだが

あと動画に関しては

昨年1月に購入したOSMO pocketを持っていき多くを撮影した。

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

OSMO pocketでは166GBほど撮影している。

今年は少しだけ日程が長くなることを考えて

もう少しストレージを強化しておこうかと思う。

128GBを買い足すか256GBを買い足すか迷っているけどどうしよう。

ストレージは大丈夫でもバッテリーが持たないケースもあるからね。

128GBで4K60p動画を2時間20分くらい撮影出来るかな。

画質落とせばもっと撮影可能。

 

という感じが去年だったけどこの2台は今年も主力になる。

さて迷っている理由の3つだけど

デジタル一眼レフカメラを持っていくか

具体的に言えばCANON EOS 6D+24-105mm F4Lを持っていくか。

かばんに入れていけば持っていくことに問題はない。

沖縄のどこかしらの観光地へ行った時などに撮影することになる。

乗鞍登山などにも持っていったし持って観光することには

それほど苦にならないのだが必要かどうかが気になるところ。

海外だったら荷物になって持っていかないけど国内だからね。

美しい風景を高画質で残したいという気持ちはある。

去年行った時に持ってくればよかったかなとも思ったりしたもので

それが今年迷う理由にもなっている。

特に夜の撮影などでは大きな威力を発揮するカメラでもある。

 

新しいカメラを買うかどうかだけど

候補としてはアクションカムと高級コンデジがある。

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

アクションカムとしてはDJIのOSMO ACTIONなど有力候補だ。

ただこれは思いっきりOSMO pocketと重複するし

そもそも海に入ったりする予定がないことを考えると必要なさそう。

あと高級コンデジに関しても

FZ1000自体が1インチセンサー搭載で高級コンデジの仲間みたいなもの。

それがあれば十分じゃないかと思っている。

少なくとも今回の沖縄旅のために

新しいカメラを買うことは現状はないと言える。

ただ少しだけ迷っているというか物欲が沸き立っている感じだ。

 

そもそもデジカメが必要かどうかについては難しい。

どういうことかと言えば

スマホカメラだけで十分じゃね?ということ。

でも実際プロ野球キャンプを見るのでFZ1000は必要になる。

でもそれ以外の写真や動画などはすべてスマホにするという選択肢もある。

実は1年前の沖縄旅行と比べてスマートフォンのラインナップは大きく変わった。

昨年の旅でもって行ったスマホは

iPhone8、Galaxy S7 edge、LG G6の3台で

S7 edgeとG6の2台でたくさんの写真や動画を撮影した。

2台で20GBほどの写真や動画を撮影したわけだが

今年はGalaxy Note9とiPhone11を経てそれらが主力となっていく。

とても高性能なスマホなのでデジカメいらないんじゃねと思うところだが・・。

 

まだ1ヶ月あるから検討は続けるけど

とりあえず

○新しいカメラは買わない方向

○デジタル一眼レフカメラは未定

○スマホカメラが主力となりそう

この3つは決まりだなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

4k60pで撮影する必要があるのか!?

  • 2020.01.11 Saturday
  • 23:39

スマートフォンや動画カメラなどで

最近は4K60pで撮影出来る製品が増えている。

そんなカメラを利用しているのだが

最高画質である4K60pで普段から撮影する必要があるのか

かなり迷っている。

容量が大きすぎるというのがその一番の理由でもある。

そんなに高画質で残していったいそれを何に使うのかと。

 

僕はカメラなどの設定は

基本的に最高画質の設定をしている。

実はデジカメを使い始めた当初はそうではなかった。

当時はメモリが少なくて最高画質で撮影すると

撮影枚数や撮影時間が非常に少なかった。

画質を落として撮影していたんだ。

それが2010年頃にはメモリカードが安くなり

容量制限というものが緩和されて思いっきり最高画質で撮影出来るようになった。

Samsung microSDカード256GB EVOPlus Class10 UHS-I U3対応 Nintendo Switch 動作確認済 正規代理店保証品 MB-MC256GA/ECO

Samsung microSDカード256GB EVOPlus Class10 UHS-I U3対応

Nintendo Switch 動作確認済 正規代理店保証品 MB-MC256GA/ECO

今は256GBのメモリカードが6500円くらいで買える。

2000年に64MBのメモリースティックが7000円ほどしてたので

もう同じくらいの価格で容量も4000倍に増えているということか。

そういう昔は最高画質で撮影出来なかった経緯もあり

今は最高画質設定をしているんだ。

 

今動画カメラとしてはOSMO pocketを利用している。

設定は4K60pで撮影している。

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET

(3軸ジンバル, 4Kカメラ)

128GBのmicroSDXCカードを利用しているけど

4K60pで100Mbpsなので1時間が45GBくらいかな。

だから128GBだと2時間半ほどは撮影出来る計算になる。

予備として64GBx2枚を持っているので

トータルで5時間ちょっとは撮影出来るので

旅の動画撮影としてはまあ問題ないと思うけど

ただ1度の旅で250GBも動画を撮影したらストレージが大変。

何より映像を見るPCモニターがフルHDで4K60pを活かせていない。

OSMO pocketが4Kで撮影出来るってことを今まで全然活かせてない。

ただFHDで撮影した映像と4Kで撮影した映像を

FHDモニターで見比べると4Kのほうが圧倒的に精細感はあるから

高画質であることに違いはないんだけどね。

4K60pじゃなく30pでもいい気もする。滑らかさなどもあまり実感はない。

 

スマートフォンなどだとどうだろう。

iPhone8で4K60pが使えるようになったけど

ストレージが64GBということもあり

最初はFHD60pで設定していた。

その後は別のスマホでの写真動画撮影が増えたため

一応4K60pのHEVCで設定しているけどどうかな。

最近iPhone11を買ったけどこれも4K60pのHEVCで設定している。

一方で今年夏に購入したGalaxy Note9。

au SCV40 Galaxy Note9 Ocean Blue

au SCV40 Galaxy Note9 Ocean Blue

4K60pに対応しているのだが4K60pだと手ブレ補正が弱かったり

本体内ストレージにしか記録出来ないなどデメリットがある。

本体ストレージは128GBもあるので余裕はあるけど

せっかく256GBの外部メモリを導入したこともあり

今は4K30pの設定で撮影をしている。

これなら手ブレ補正も高性能で外部メモリにも記録出来る。

60pじゃないからといって特に問題は感じていない。

というか十分高画質だ。

 

4K60pを活かせる動画なら撮影する価値はあるけど

どうでもいい食事風景だったりを4K60pで撮影するのは無駄すぎる。

4Kですら無駄でフルHDでも十分スマホで見る分にはキレイだし

PCでも見ても綺麗だなと思う。

今後残していく上で容量が無駄に多いファイルなどは

負の遺産となりかねないわけで今のうちから対策が必要じゃないかと。

ただ逆のパターンもある。

もっと高画質で残しておけばよかったという後悔。

メモリカードが高かった頃は画質を落としていたけど

今QVGA(320x240)の動画なんて見たら解像度が低すぎて厳しい。

せめてVGA(640x480)で撮影しておきたかったと思うもの。

10年後とかにフルHDじゃなく4Kで残しておけばよかったと

思う日が来るのだろうか。それが分からないからとりあえず4Kでとなってしまう。

まあフルHDで大丈夫だと思うけど。

 

今年は新しい動画カメラを買うか分からないけど

買うとしたらOSMO Actionなど候補に上がっている。

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

登山の記録カメラとして検討をしているわけだが

登山道中をすべて4K60pなんかで撮影してたら

年間でとてつもない容量を食うことになってしまう。

稜線歩きだけは4Kで麓から尾根まではFHDとか使い分けが必要かと。

 

他の人はどんな設定で

動画を撮影しているんだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Xactiの新モデルが出て欲しい

  • 2020.01.10 Friday
  • 22:44

かつてSANYOというメーカーがあった。

Panaosnicに吸収されて消えてしまったけど

総合家電メーカーとしては規模が小さかったけど

カメラと充電池に関してはとても評価が高かった。

充電池のエネループは有名だし

カメラも2000年代始めに動画デジカメを発売して

僕もMZ3というカメラを使っていたけど良いカメラだった。

そんなSANYOが発売した動画デジカメでXacti(ザクティ)という製品がある。

 

Xactiは縦型スタイルの動画カメラ。

SANYO フルハイビジョン デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD2000 シャンパン・ゴールド DMX-HD2000(N)

SANYO フルハイビジョン デジタルムービーカメラ Xacti

(ザクティ) DMX-HD2000 シャンパン・ゴールド DMX-HD2000(N)

元々動画に強いデジカメを発売していたSANYOが

動画撮影に特化したカメラとして発売して

ビデオカメラメーカーなどに衝撃を与えた。

デジカメが動画撮影分野に進み

ビデオカメラ市場を侵食しはじめた時期だった。

当時ビデオカメラはHDVとメモリカメラが混在してたけど

メモリだとAVCHDが採用されており使い勝手が悪かった。

SANYOの動画カメラはPCとの相性が良いMPEG4での撮影で

PCでデータ管理をする人には人気が高かった。

あと防水に対応しているモデルが多くて

アウトドア対応のカメラとしても人気が高かった。

ただPanasonicに吸収されてしまい

パナソニック デジタルムービーカメラ WA2 防水仕様 ディープブルー HX-WA2-A

パナソニック デジタルムービーカメラ

WA2 防水仕様 ディープブルー HX-WA2-A

Panasonicブランドとしてしばらく発売されていたけど

やがて消えてしまった。

 

このXactiなどの縦型スタイルのカメラは

今は全然出ていないけど僕としてはこのスタイルこそ

使いやすいカメラではないかと思う。

光学ズームにも対応していて使いやすかったし

今の時代でも十分実用的じゃないかと思う。

今はアクションカムが多いけど光学ズームがないし

正直アクションカムは持ち運びしづらいところがある。

横長のビデオカメラはファインダーを搭載したカメラだと

手首を折り曲げて撮影するのに最適なのだが

液晶画面を見て撮影する場合は

顔から手を話して撮影するため横長だと手首が窮屈になる。

スティックタイプも縦型カメラのほうが使いやすいと思う。

防水で縦長で手頃な価格で光学5倍くらいに対応して

別に4Kに対応してなくてもいいから

そんな動画カメラが出てくれればと思うのだが・・・。

 

もっともXactiにも弱点はあった。

それは手ブレ補正機能があったとしても電子式。

そもそも防水耐衝撃のカメラでは光学式の手ブレ補正は厳しい。

電子式手ブレ補正の場合もGoproカメラなどのように

単焦点ならば高精度な手ブレ補正が活用できるけど

電子式だと特にズームを使うとカクついた感じは残ってしまう。

JVCKENWOOD JVC ビデオカメラ Everio R 4K撮影 防水 防塵 ディープオーシャンブルー GZ-RY980-A

JVCKENWOOD JVC ビデオカメラ Everio R 4K撮影

防水 防塵 ディープオーシャンブルー GZ-RY980-A

JVCKENWOODから防水ビデオカメラが発売されてるけど

これも手ブレ補正が電子式でちょっと気になったりする。

かといって光学式だとその部分がネックになり

衝撃に弱くなってしまうのでアウトドアでの利用が厳しい。

 

Xactiの新モデルが出て欲しいけど

この部分を解決しないとなかなか難しそうだ。

電子手ブレ補正は年々進化しているし

SONYのようにアクションカムにも光学式手ブレ補正を

取り付けているケースもあるのでそうした技術により

使い勝手の良い縦型動画カメラが出てくれればなと思う。

スマートフォンカメラの時代ではあるけど

マリンスポーツなどでスマホカメラの利用は厳しいので

需要は十分にあると思うけどね。

でもお値段はGoProより安くしないと売れないから

3万円前後までじゃないかと。

 

今は本当にいろんなカメラが出て選択肢が増えてるけど

消えていくカメラもあるわけで

良いカメラは残してほしいものだなあと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昔憧れたカメラ

  • 2020.01.08 Wednesday
  • 22:45

カメラショップやハードオフなどへ行くと

中古カメラコーナーをのぞく事が多い。

昔欲しかったカメラが出ていないか見るためだ。

ヤフオクやメルカリでもチェックすることはある。

昔買えなかった憧れのカメラも今は手頃な価格で買えたりする。

状態が良いカメラが少ないけど可動品も少なくない。

そんな使ってみたいカメラを考えてみたい。

 

■オリンパスE-100RS

かつて持っていたけど伝説のカメラの1つ。

発売されたのは2000年頃のことで画素数は150万しかない。

しかしその価格は15万円を超えるモデルで非常に高性能なカメラだった。

このカメラが注目されたのは2002年くらいだったか。

セールで39800円で売られていたんだ。

あのジャパネットたかたでも39800円で売られていたのを覚えている。

画素数は低いけど画質は一級品。

本当に良いカメラだったな。画素数が低いという理由だけで処分してしまったが

今も残しておけばよかったと公開している。

後に昔の写真を振り返ってチャックした時に

E-100RSでの写真は桁違いに良い雰囲気で画質が良かった。

解像度よりも大切なものがあるということを教えてくれたカメラ

 

■コニカミノルタDimageA1

コニカミノルタの上位デジカメ。

デジタル一眼レフカメラが広く普及する前

上位モデルは2/3インチCCDを搭載したモデルだった。

大手メーカー各社から出ていたモデルは10万円を超える価格だった。

SONYのF717とかNIKONのCoolpix5700とか出てたけど

僕が欲しかったのはDimage7やDimageAシリーズだったな。

デザインが好きだった。

A1が出たのは2003年なのね。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0807/minolta1.htm

そんな昔だったっけ。

2000年代後半にはデジタル一眼レフカメラがこうしたカメラを

駆逐してしまっていたんだなあ。

 

■SONY DSC-R1

●Cyber-shot DSC-R1 ブラック●SONY

●Cyber-shot DSC-R1 ブラック●SONY

2/3インチCCDが消えつつあった頃に

デジタル一眼レフカメラに対抗するカメラがSONYから発売。

センサーサイズはAPS-Cサイズに近いほどのものでレンズ性能もよく

今で言う高級コンデジに近い感じのモデルだった

画質も素晴らしく良かったけど価格は高かったなあ。

これもとても憧れていたんだけど

結局デジタル一眼レフカメラの廉価モデルのほうが安く

そっちを買ってしまったんだ。

このR1が発売されたのは2005年。

愛・地球博が閉幕したあとくらいだったっけ。

 

■NIKON COOLPIX A

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A DXフォーマットCMOSセンサー搭載 18.5mm f/2.8 NIKKORレンズ搭載 ABK ブラック

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A DXフォーマットCMOSセンサー搭載

18.5mm f/2.8 NIKKORレンズ搭載 ABK ブラック

ニコンのCOOLPIX Aが発売されたのは2013年。

わりと最近のような気がするけどもう7年も前のことだ。

この頃のカメラはWifiが搭載され始めているけどこのモデルには搭載されていない。

APS-Cサイズのセンサーに35mm換算で28mm相当のF2.8レンズを搭載したカメラ。

同時に発売されたRICOH GRと同じスペックを持つカメラで

GRとともに最強のスナップシューターとして人気を博した。

価格は高いけど得られる画質はデジタル一眼レフカメラの上位に匹敵。

コンパクトながら高画質の解像感ある写真を撮影出来るとして人気が高かった。

解像感の高さの理由はローパスフィルタレスであることやら

レンズが手ブレ補正すらない単焦点レンズであること。

画質に注力したカメラだった。

今も欲しいけどWifiがないのは不便だな。FlashAirとか使えばいいけど。

 

■オリンパススタイラス1

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS-1S 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1S BLK

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS-1S 28-300mm

全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1S BLK

オリンパスのスタイラス1は2013年に発売されたカメラ。

1/1.7インチセンサーを持つプレミアムコンデジシリーズ上位の

ネオ一眼モデルとして発売された。

ベースとなったのはXZ-2。

2014年にはソフトウェアを改良したスタイラス1Sが発売されたが

従来モデルもアップデートで1S相当になったらしい。

このカメラは35mm換算で28-300mm相当で全域F2.8のレンズ。

1台で万能に撮影出来るカメラとして本当に欲しかった。

ただ同じ系統のFZ1000を2014年に購入したので買うことはなかったけど。

でもFZ1000よりコンパクトで持ち運びに最適なので最近も欲しい気持ちはある。

このスタイラス1はWifiも搭載しているし

今でも十分現役たりうるカメラかと。

 

カメラはセンサーとレンズと画像エンジンで画質が決まる。

昔の上位カメラはセンサーと画像エンジンでは劣るけど

レンズ性能は非常に高いモデルが多くて

解像感は高くないけど画質はよいモデルが多い。

動画撮影などでは正直時代の差は明白で今となっては厳しいけど

写真に関しては20年前のモデルでも今でも十分使える。

でもレスポンスは悪いと思うけどね。

なにか古いデジカメ買って使いたいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>


recommend

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM