4k60p

  • 2017.11.17 Friday
  • 22:42

今年2017年は4k60pが普及し始めた年。

4K動画撮影が本格的に普及し始めたのが2014年。

あれから3年経ってようやく4k60pへ進み始めた。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5 レンズキット 標準ズームレンズ付属 ブラック DC-GH5M-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5

レンズキット 標準ズームレンズ付属 ブラック DC-GH5M-K

その先陣を切ったのはやはりPanasonicのGH5。

動画に強いデジカメとしてこれまでも革新的な機能を搭載してきた。

4k60pに対応するといわれての待望の4k60p化だった。

来年1月に発売されるPanasonicのG9も4k60p対応のようだ。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9 ボディ ブラック DC-G9-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9

ボディ ブラック DC-G9-K

来年になればPanasonicのデジタルカメラで

4k60p対応機種が増えていくことだろう。

 

そして驚いたのはiPhone8/8plus/Xの4k60p対応。

iPhone8がまさか4k60p動画に対応するとは思わなかった。

【au版】iPhone8 64GB ゴールド MQ7A2J/A apple

【au版】iPhone8 64GB ゴールド MQ7A2J/A apple

僕自身iPhone7でもいいかなと思っていたけど

4k60pっていうのが一番の後押しになり機種変更することになった。

ただ実際4k60pということを撮影してて意識することはないけどね。

H265/HEVCへの対応で従来の4k30pのH264/AVCと比べて

ビットレートが変わらないので容量が無駄に増えないのはいい感じ。

しかしiPhoneが対応したけど

Androidの他のメーカーなどはまだまだこれからのようだ。

 

そしてアクションカムの代名詞GoProのHero6。

4k60p対応は望まれていたけど直前のiPhone8/8plusが発表され

4k60pに対応していたのでインパクトはあまりなかった。

でも動きのある動画を撮影することが多いアクションカメラでは

高フレームレートは必要なのでかなりヒットしそう。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ

HERO6 Black CHDHX-601-FW

アクションカメラの4k対応化はこの2年で

かなり浸透している感じだけど

4k60p対応も他社の追随で一気に広がるだろうか。

 

こうしてみると4k60p化が一番遅れているのはビデオカメラだ。

もちろん業務用ビデオカメラなどは4k60p機種はあるし

8kにすら到達しているモデルもあるけど

コンシューマー用でいえば4k30pまでしか対応してない。

ただそろそろ上位モデルから対応していくことだろう。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX100 4K 光学12倍 ブラック Handycam FDR-AX100 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX100

4K 光学12倍 ブラック Handycam FDR-AX100 BC

ビデオカメラは毎年1月から2月に春モデルが発表され発売される。

来年の春モデルにはおそらく4k60p対応のビデオカメラが登場するかなと。

ただハイエンドモデルのみになるのか普及機まで一気に広がるかは

今のところは分からない。

画像処理チップ的には4k60p対応は可能だしセンサーも可能なはずだが

ネックは熱だろうか。

デジカメ動画やスマホ動画などは撮影時間が10分とか制限があっても

問題なかったりするけどビデオカメラにそうした制限があっては困る。

4k60p動画が撮影時間に制限を設けないようにするためには

放熱対策が必要で10nmプロセスのメディアプロセッサを搭載するなど

最新のチップが必要になるんじゃないかと思う。

そういう点でいえばメディアプロセッサに強いPanasonicのほうが

4k60p対応で先行するかもしれないな。

ただ普及のためにはSONYの対応は欠かせない。

 

そもそも4k60pがどこまで必要かは難しいところ。

4KどころかFHDで十分って声も聞かれる中で

4kのしかも60fpsの動画が必要なのだろうか。

僕は必要だと思う。

というか8kは不要で4kで映像保存はほぼ完結して

4k60pが完成形ではないかと思う。

8kだと60インチ以上の大型テレビなどが必要だし

普通の40インチから50インチのテレビなあ4kが最適。

動きなどを考慮すると60fpsがベストで

4k60pが到達点じゃないかなと思うんだけど。

今後5年後10年後で4k60pは標準化するだろうけど

8Kとかは僕はあまり普及しないのではないかと思う。

家庭のテレビやパソコンのモニタ、スマホなどで

4kと8kの差はもう分からないレベルになるんじゃないかと。

 

ということで4k60pのビデオカメラが出たら

普及価格でで出たら買いたいなと思っているので

早く出てほしい。

G9は欲しいけど価格は高そうで買えないなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

KeyMission 80

  • 2017.11.16 Thursday
  • 22:31

ちょっと前に軽登山をしていた時に

グループで登っていた人のうち2人くらいが

このカメラを持っていた。

見たことないカメラだったのでなんだろうと思ってたが

最近それがニコンのカメラだと知る。

Nikon 防水ウェアラブルカメラ KeyMission 80 SL シルバー

Nikon 防水ウェアラブルカメラ

KeyMission 80 SL シルバー

ニコンの防水デジカメのようだ。

サイズは非常にコンパクトで携帯電話くらいのサイズ。

片手で簡単に操作できるメモカメラといった感じか。

ストラップホルダーなどついていて

ザックのベルトに取り付けたりするのに最適で

なかなか良さそうだった。

 

サイトを見たけど操作ボタン類が大きくて

手袋をつけた手でも問題なく操作できそうだ。

これを見て思ったのは本当にこのカメラが活躍するのは

これからのスキーシーズンではなかろうかと。

このカメラはスキー場での撮影に最適なカメラではないかと。

昨今防水スマホはあれど氷点下の寒さに強いわけではない。

また利用するのにタッチ操作や指紋認証が必要だったりして

正直スキー場の屋外でスマホカメラを使うのは難しい。

その点このカメラなら簡単に利用できる。

ボタンが大きくて操作しやすそうだ。

 

一応動画もフルHDで撮影出来るようだ。

レンズシフト式の手振れ補正がついているようで

それに電子式を加えることでより安定的に撮影出来ると。

あとタイムラプス撮影などもあったりして

なかなか面白そうだったりする。

写真の画質は多分最新のiPhone8やGalaxyなどの

スマホ画質に比べると劣ると思うけど

登山やスキーなどのアウトドアで利用することを考えるとありかと。

というか凄く良いカメラのような気がして

全然話題になっていないのが不思議かなと。

 

動画重視ならGoPro Hero6あたりもおすすめだが

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ

HERO6 Black CHDHX-601-FW

写真中心で動画は時々という使い方なら

KeyMission 80 ありじゃないかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

フルサイズの次のレンズ

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 23:28

昨年フルサイズデジ一眼のEOS6Dを購入。

一緒にキットレンズの24-105mm F4Lを購入して利用してた。

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS USM フルサイズ対応

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L

IS USM フルサイズ対応

古いレンズではあるがLレンズだけあり画質はとても良く

また24-105mmという画角はとても使いやすかった。

当初よりよい画質の24-70mm F4Lと迷ったけど

24-105mmで良かったと思う。

このクラスになると画質の不満点はほぼないので

使い勝手を考えることになり24-105mmはいい感じだ。

 

そして今年に入り次のレンズを考えて

夏ころに大口径望遠ズームレンズを購入した。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

予算があれば白いレンズが欲しかったけど

そんなに到底かえないので比較的安価なタムロンの旧モデルを購入。

これがとても良くて手振れ補正もよくていい感じ。

そりゃ最新のレンズはもっと早いんだろうけど

カメラが古いEOS6Dで決して早くはないので

これで僕には十分。画質も非常に解像感が高く雰囲気ある絵がとれて

とても満足している。

 

さて次のレンズを考えるのはかなり気が早いのだが

次はどうしようかと迷っている。

中途半端な安いレンズは買いたくないので

次のレンズを買うのはかなり先になりそう。

来年か再来年ってことになるけど

それはレンズ次第だろう。高価なレンズなら再来年以降。

割安なら来年もありうるんだけど。

どういう系統のレンズが良いだろうか。

正直まだ全く考えていないけどこのブログ記事を書く場で

ちょっと考えてみたい。

 

まずあまり僕がフルサイズに向かず考えてないのは

単焦点レンズとマクロレンズだ。

フルサイズは風景撮影目的で買ったこともあり

なかなか単焦点だと使い方が難しい。

マイクロフォーサーズなど魅力的な単焦点があり

手軽に撮影するならそっちのほうがいいかと思う。

そしてマクロレンズだけど僕には合わない。

正直どう使ったらいいのか分からなかった。

TAMRON 単焦点マクロレンズ SP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 F017E【シフトブレ対応】

TAMRON 単焦点マクロレンズ SP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC

USD キヤノン用 フルサイズ対応 F017E【シフトブレ対応】

例えばタムロンの90mm f2.8などは

定番のマクロレンズであり単焦点レンズだが

買ったところで使いこなせないし多分使わないのではなかろうか。

だからこの辺りはやめたほうがいいと自分で思っている。

マクロはどうも僕には楽しめないレンズなんだなあ。

 

そうそう単焦点でも例外が1つある。

それは星空撮影用のレンズだ。

SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 キヤノン EF用 フルサイズ対応

SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8

キヤノン EF用 フルサイズ対応

14mmの単焦点の超広角レンズ。

MF専用レンズでAFは搭載していない。

このレンズなら3万円そこそこで買えるので

来年の購入も十分にありうるだろう。

ただ冬から春の間に星空観測熱が冷めてしまって

夏ころにも盛り上がらず秋になってようやくエンジンかかってきて

欲しいなと思う頃には星空撮影シーズンも終わりにと。

この1年がそんな感じだったからどうなることやら。

このレンズは今回の次のレンズ計画とは別枠で

考える必要がありそうだ。

 

さてどんなレンズが欲しいだろうか。

望遠系は新しく買った70-200mm f2.8で十分。

これ以上の望遠を望むならフルサイズではなく

マイクロフォーサーズなどを利用したほうが都合がいい。

となれば選択肢はあまり多くはない。

超広角ズームか万能ズームのどちらかになるか。

Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F4L IS USM フルサイズ対応 EF16-3540LIS

Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F4L

IS USM フルサイズ対応 EF16-3540LIS

可能性としては超広角ズームのほうが有力だ。

その中でも筆頭候補は16-35mm F4Lのレンズだ。

去年の段階から次のレンズとして有力候補だった。

選択肢としては中古なら17-40mm F4Lもかなり有力で

購入を検討していた。

超広角はフルサイズにふさわしいし風景撮影にも合う。

万能ズームの場合は選択肢がかなり狭まってしまう。

CANONのマウントでいえば

Canon 望遠ズームレンズ EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM フルサイズ対応

Canon 望遠ズームレンズ EF28-300mm

F3.5-5.6L IS USM フルサイズ対応

このEF28-300mmが1強状態といえるのではなかろうか。

ただ価格は半端なく高いので買うなら2年3年先になりそうだけど。

このレンズは使っている人を良く見かける。

かなり古いレンズだから相当な本数が出回ってるのだろう。

そろそろこの新モデルが出ないものかと思っており

新モデルが出るのならそっちを検討してみるのもいいかもしれない。

 

ということで星空撮影用の14mm f2.8は別として

有力候補としては16-35mm F4Lかなあ。

とりあえず来年以降また検討してみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメデータのバックアップ

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 22:28

パソコンでデジカメデータの管理をしている。

PCで保存したデータは別途HDDにバックアップしている。

昔はUSB-HDDでバックアップをしていたんだけど

容量や台数が増えると管理できなくなってきた。

10台の外付けHDDを利用するには

10本のUSBケーブルと10本のACアダプタが必要で

それが邪魔になってきたわけだ。

そこでバルクHDDを買って利用し始めた。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク

3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP

SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

こういった裸のままのHDDを買ってきて

USB-SATAケーブルなどをしてPCと利用するようになったんだ。

HDDはセンチュリーの裸族のアパートという製品を使って保管してる。

今はその製品は発売されていないけど

センチュリー 裸族のビキニ HDD用スタンドキット CRBK2

センチュリー 裸族のビキニ HDD用スタンドキット CRBK2

こういった感じで積み上げて利用している。

裸族のアパートはこれが5段分くっついて収納できる製品だった。

 

さてそんなデジカメデータの保存用HDDだけど

残り僅かになってきて新たな増設が必要になってきた。

デジカメバックアップHDDは2台単位で増設をしているので

2台購入をする必要がある。

メインPC内にデジカメデータがあり

バックアップHDDが2台あるという状況になる。

メインPC内のデータは一定期間経つと削除をする。

今は2015年以降のデータがメインPC内にあり更新してる感じだ。

メインPC内のデジカメデータ保存HDDは3TBなので

増え続けているデジカメデータをすべて保存できない。

古いものから削除している。

削除してもバックアップHDDが2台あるので大丈夫。

もし1台だけだったらバックアップの意味をなさないからね。

 

一昨年くらいからデジカメデータのバックアップ管理の

根本的な改革に取り組んでいるけどなかなか進んでいない。

改革とは「選抜バックアップ」の取り組みだ。

これまで撮影記録したデジカメ・ビデオカメラの容量は

10TB近くになると思われる。

年1TBペースで増えている状況で

10年後には20TBになりそのデータ管理の負担は増えるばかり。

何よりデータが増えると必要とするデータを探すのに

時間がかかるようになってしまう。

オリジナルデータは10TBあるけど重要なデータはそれほどない。

デジカメ写真でも同じような風景写真がたくさんあるし

失敗写真もたくさんある。

それらから必要な選抜データを選びそれを別途保存していくことで

オリジナルの保存を今の2台体制から1台に戻して

選抜バックアップをより厳重にバックアップ保存していこうと検討している。

ただこの膨大な量から選ぶ作業がなかなかはかどってないのが現状だ。

 

選抜バックアップ用のHDDは既に用意しており

選抜したデータはそこへ保存されている。

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB PC/テレビ録画/日本製/土日サポート EX-HD3CZ

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB

PC/テレビ録画/日本製/土日サポート EX-HD3CZ

3TBの外付けHDDを利用しておりこれは上限3TBを意味する。

つまり今後デジカメ・ビデオカメラのデータが

20TB、30TBと増えていっても選抜バックアップは3TB以内と。

その都度吟味して調整していく予定なんだ。

さらに1TBを超選抜バックアップとして別途保存し

クラウドやNASに保存したり

BUFFALO デジタルフォト・アルバム おもいでばこ 1TB PD-1000

BUFFALO デジタルフォト・アルバム

おもいでばこ 1TB PD-1000

おもいでばこを買ってこれに保存して

家族など誰もが手軽に見られるようにしたいと考えているが

これもまた全く進んでいない。

 

以前はオリジナルのデジカメデータは唯一無二で他に変わりがないので

これは絶対最重要で保存するべきと考えていた。

ただよくよくチェックするとオリジナルでも本当に重要なのは

10%以下だと分かり5%くらいを選抜することで

効率的に管理できることが分かった。

これは保存管理が楽になるというだけでなく

後々撮影した写真や動画をチェックするときに楽になる。

同じような写真が100枚200枚もありそれを見るのは苦痛。

今のうちに整理をしておくべきだと。

あと選抜の仕方も以前と変更したんだ。

フォルダの中の10000枚から500枚を選ぶという形だと苦痛。

そこで10000枚を別のフォルダにコピーをして

この中からひたすら削除をして500枚残すという感じで選別を進めている。

こっちのほうがなんか手軽に行えるんだ。

 

ということで選別はいずれ行っていくとして

まずは直近に迫ったバックアップHDDの容量不足に備えて

バックアップHDDを2台購入する必要がありそう。

いずれ選別バックアップ体制が確立して

オリジナル保存を1か所に減らすときに余ったHDDが生まれるので

それを選抜バックアップの重複保存に活用していきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンパスE-P5

  • 2017.11.13 Monday
  • 23:28

昨年秋のブログ記事をチェックしてたら

オリンパスのE-P5の購入を検討していたようだ。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-P5 ボディ(ボディキャップレンズ BCL-1580セット) ブラック E-P5 BODY BLK

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-P5 ボディ

(ボディキャップレンズ BCL-1580セット) ブラック E-P5 BODY BLK

当時利用してたのは

オリンパスのE-PL6で古くなってたため

買い替えを検討していたんだ。

ただあれから1年経って今もE-PL6を利用している。

 

オリンパスはE-M5やE-PL5以降は

SONY製のセンサーを採用して画質が飛躍的に向上した。

それ以降のカメラはどれも十分に高画質に撮影出来る。

E-P5も世代的にはその当時もカメラだけど

当時の上位モデルで質感が高く5軸手振れ補正を搭載して

優秀なカメラといえる。

1年前はまだ新品の在庫が残っていたけど

今はあまりなく中古品が中心となっている。

新しいカメラも興味はあれど古いカメラでも

それほど変わらないからと検討していたんだ。

今だとオリンパスE-M10 MarkIIIとE-P5は近い感じか。

5軸手振れ補正はどちらも4段分の補正量となっている。

E-M5 MarkIIやE-M1 MarkIIにはかなわないが

E-P5はエントリーモデルとは遜色ないレベルにある。

ただ動画撮影に関しては古さは隠せないけどね。

 

今E-P5は安ければ買ってもいいと思うが

1年前ほどの魅力は僕自身感じていない。

E-PL6からE-P5へのアップグレードだと

手振れ補正や基本能力の向上は期待できるけど

劇的なものではなくてE-PL6でも十分かなと。

ただ安ければ購入はありうるわけだが

中古価格の相場は25000円から30000円ほど。

OM-D E-M10 MarkIIやMarkIIIの価格を考えると

旧モデルを買う選択肢はありかと思う。

 

ただ僕自身今より興味があるのは

PanasonicのGX7MK2だ。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2 ボディ ブラック DMC-GX7MK2-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2 ボディ

ブラック DMC-GX7MK2-K

E-P5よりも価格帯は上だけど

だいたい+1万円くらいで買うことが出来る。

より最新のカメラであり4K動画撮影にも対応。

Panasonicの強力な空間認識AFも魅力的だ。

このカメラなら最新のE-M10 MarkIIIやE-M5 MarkIIと

勝負できるクラスでそれでいて新品で十分安く買えるので

E-P5を買うなら少し予算を増やしてこっちを買ったほうが

僕は幸せになれるのではないかと思う。

特に今後5年間使うことを考えると差は大きくなりそうだ。

 

さすがにE-P5を今から積極的に買うのは

あまりお勧めはできない。

でも安ければありだし

動画撮影をあまり利用しないなら問題ないだろう。

ちょっとGX7MK2とともにE-P5もチェックしておこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画カメラ

  • 2017.11.12 Sunday
  • 22:25

僕は昔カメラを全く使っていなかった。

1990年代後半に何も残っていないことを危惧して

ビデオカメラを購入した。

それ以降は映像が残っている。

2000年にデジカメを買って写真重視に変わったけど

動画がぼくの中では根本にあり動画を重視したいという考えは

かなり前から残っている。

 

今は動画カメラとしてはFZ1000などデジカメで

撮影することが増えているけど

花とか山の絶景とか紅葉とか撮影しにいくと

ビデオカメラだけで撮影している人を見るとうらやましくなる。

多くはないけどビデオカメラに三脚をつけて

ひたすら動画を撮影している人はいるんだ。

そういう人たちが使ってるカメラはCANONのGシリーズが多い。

Canon デジタルビデオカメラ iVIS HF G20 光学10倍ズーム 内蔵32GBメモリー ブラック IVISHFG20

Canon デジタルビデオカメラ iVIS HF G20

光学10倍ズーム 内蔵32GBメモリー ブラック IVISHFG20

以前はこのG20を使っていた。

業務用にも使われているセンサーを採用して

放送レベルの映像を撮影することが出来る。

手振れ補正などは最新カメラには劣るので撮影には三脚が必要だが

画質や色表現などは本当に素晴らしい。

僕はデジカメに慣れてしまったから今更戻れないけど

ただこういうビデオカメラだけでの撮影には憧れる。

 

今購入を検討しているビデオカメラはSONYのCX680。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍

内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

画質や音質などは優れて手振れ補正は特に優れるけど

CANONのG20やG40などに比べるとやはり劣る感じか。

とはいえこれで十分高画質であり

もしこれを買ったらデジカメよりもビデオカメラメインで

撮影する機会を増やしたいと思っている。

写真などに比べると動画は情報量が多くて

音や動きなどが残るので貴重だ。

最近だとGoogleストリートビューなどで

あちこちの風景は写真として残っているだけに

やはり今後残すなら動画だろうと思うところはある。

 

4Kにするべきかというところは難しい。

本音を言えば今は4Kで撮影したいと思う。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K

64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ただ普及カメラの4Kは30p。4Kビデオカメラは60pから

本番じゃないかと思っているだけどもう少し待ちかなと。

ただ今の風景を4Kで残せるのは今しかないので

そう待っていられないのも事実だったりする。

ただ日常の動画を増やしたいと思っている昨今、

このSONYの4Kビデオカメラはちょっと大きすぎるけどね。

 

今僕が持っている製品で

一番動画画質が良い?カメラはひょっとしたら

スマートフォンかもしれない。

iPhone8は4k60pに対応しているし

Galaxy S7 edgeやNexus5Xも4k30pに対応してる。

そういう点で昨年11月にDJI OSMO mobileを買ったことは

正解だったのではないかと思う。

最近24800円に値下げされたけどね。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile

(3軸手持ちジンバル)

この1年でこれを使って撮影した動画は150GB以上になる。

DJI OSMO mobileでの撮影だと歩きながらでも

安定して撮影出来るのがメリットで

動画撮影時に静止する必要がないので

デジカメ撮影と併用できる点が一番のメリットなのかもしれない。

あとから見るときに手振れのない安定した動画は快適に見られる。

やはり今後もこのスマホ撮影は続けていく必要がありそうだ。

 

ということでビデオカメラの購入は検討を続けよう。

ただ年内はもうあまり利用する機会がないから

今あるカメラでなんとかしのいでいきたい。

また4k60pのビデオカメラとかが続々出てくれれば。

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行と防水デジカメ

  • 2017.11.11 Saturday
  • 22:27

今年1月にハワイ旅行へ行ってきたけど

それが決まったのは去年の秋のことだった。

決まってから持っていくカメラをどうするか考えていた。

ハワイといえば海。

海でカメラを使うなら防水。

特に海に入る予定はなかったんだけど

防水カメラは必要になるかもしれないといろいろ探した。

定番はオリンパスのTG-4だった。

買おうかなと迷ってほかのカメラを探してたら

気になったのはニコンの防水ミラーレスのAW1。

Nikon ミラーレス一眼カメラ Nikon1 AW1 防水ズームレンズキット シルバー N1AW1LKSL

Nikon ミラーレス一眼カメラ Nikon1 AW1

防水ズームレンズキット シルバー N1AW1LKSL

2013年に発売されたちょっと古いカメラだけど

ミラーレスのレンズキットとしてそれほど高くなく気になった。

 

実際AW1を買うかどうかはかなり迷った。

レンズ交換式のミラーレスではあるが

対応レンズは2本しかなくて

1本はレンズキット付属なのであと単焦点が1本あるのみ。

レンズ交換を考えなければ1インチセンサーを搭載した

高級コンデジに近い防水カメラなので

写真画質などはかなり期待できそうだった。

水中に入る予定はなかったけど海辺で撮影するケースは考えられ

防水であることはハワイ旅行でも

その後アウトドアで利用するカメラでありだろうと。

実際このAW1は取材用カメラなどあらゆる状況が必要になる

カメラマンなどでも利用してる人がいるようだった。

 

このニコン1のAW1だけど

その後調べてみたところ

僕が持っているNikonのカメラとほぼ同じだということを知る。

僕はnikon1 v2と11-27.5mmのレンズを持っている。

AW1のセンサーや機能などはnikon1 v2とほぼ同じ。

EVFはさすがに搭載していないけどね。

そして付属のレンズは11-27.5mmなのでこれもほぼ同じ。

おそらくだが得られる写真画質は

僕が持っているnikon1 v2+11-27.5mm同等。

だとすれば相当高画質で解像感が高い写真が期待できる。

ただ防水以外なら今持ってるカメラでほぼ同じなら必要だろうかと

かなり迷ってしまった。

5万円弱で買えるとしてもいい値段になるからね。

それで迷って結局は買わなかった。

 

実際ハワイ旅行で撮影したカメラは

FZ1000というPanasonicのレンズ一体型カメラだった。

1インチセンサー搭載の大型カメラだったけど

ちょっと大きすぎたかなという印象はある。

でも望遠が使えて便利だった。

今もし選ぶとして理想の海外旅行カメラは

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1 光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1

光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

PanasonicのTX1じゃないかと思う。

1インチセンサーで25-250mmの光学10倍ズームのカメラ。

望遠も対応するし4K動画もOKでコンパクトながら万能に使える。

FZ1000は大きすぎてちょっと大変だった部分もあるので

新たにもし買うならこのTX1がいいかなと思う。

ただもちろんこれは防水ではないけどね。

 

海外旅行で防水が必要なアクティビティ系で撮影する場合

撮影は写真ではなくて動画が主流になると思う。

実際ハワイ旅行では動画がかなり大きなウエイトをしめていた。

それを考えると写真重視のAW1よりも

GoPro Hero6などが良いかなと思う。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ

HERO6 Black CHDHX-601-FW

YouTubeとかでHero6の動画を見たりする機会がある。

このカメラは4k60pが売りではあるんだけど

実はそれ以上の売りは4k30pでの手振れ補正強化だと思う。

実際4K30pだとスタビライザーをつけているかのように

安定して撮影することが出来る。

このカメラを海外旅行へ持っていって

例えばシュノーケリングで楽しんだりしてるときに

動画撮影したりするのにいい感じではなかろうか。

Hero6なら背面に液晶があるのでデジカメらいくで

撮影することが出来るのも利点だから。

 

ってことで海外旅行へ次行くのは

2019年の予定なのでまだ気が早いけど

いつかまた行くときにはカメラをどうするか

じっくり考えることにしよう。

もし年末年始に行くことになるなら

Panasonic TX1+GoPro Hero6が理想かな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

高級コンデジLX9

  • 2017.11.10 Friday
  • 22:34

SONYのRX100シリーズが切り開いた高級コンデジ。

今ではSONYのほかCANON、Panasonic、FUJI、RICOH等が参入。

売れ筋は1インチセンサーを搭載したズームモデル。

そしてその中で個人的に一押しなのは

PanasonicのLX9だ。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9  1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9

1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

2016年秋に発売されたモデルだけど

性能がよくてその割に価格も安くなっている。

7万円ちょっとという価格は決して安くはないけど

それで得られるものはとても大きく

コンパクトでハイスペックなカメラは

デジ一眼やミラーレスよりも手軽に持ち出すことが出来る。

魅力は35mm換算24-72mm/f1.4-2.8のレンズ。

広角側でF1.4は低照度化でも明るく撮影することが可能だ。

Panasonicカメラに多い空間認識AFは凄く強力だし

4K動画撮影も可能となっている。

かなり高い次元での完成度の高いカメラといえるかと。

 

性能的にこれと同等なのはSONYのRX100M4。

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 IV 光学2.9倍 DSC-RX100M4

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 IV

光学2.9倍 DSC-RX100M4

レンズは24-70mm/F1.8-2.8。

LX9ほど明るいレンズではないけど十分高性能で

レンズ解像度などはむしろ上かも。

M3は4K非対応だがM4は4K動画撮影に対応してる。

そしてカメラ好きに評価されるのはEVFを搭載してること。

LX9は完成度が高いがEVFがないことは弱点といえる。

それがあるこのカメラのほうが写真撮影では有利だ。

もっとも価格帯は9万円台なのでLX9よりはかなり高いけどね。

 

もう1台の売れ筋モデルはCANONのG7X MarkII。

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII

光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

このカメラは35mm換算で

24-100mm/f1.8-2.8というレンズを搭載している。

望遠が他の2台よりも伸びていて使い勝手が良いカメラだ。

一方で4K動画には対応していない。

4K不要なら価格も6万円台前半と抑えられているので

魅力的なカメラといえる。

僕はフルサイズデジ一眼で当初24-70mmレンズを買う予定が

24-105mmに変更したけどこれは成功だったといえる。

画質は24-70mmのほうが上だったが

使い勝手は圧倒的に24-105mmだった。

この望遠の差は結構差があるのでG7X MarkIIは使い勝手良さそうだなと。

 

とまあ3台あるけど

僕が欲しいのはLX9。

SONYやCANONも魅力的ではあるんだけど

FZ1000ユーザーとしてPanasonicの空間認識AFの快適さを知り

また4K動画撮影の便利さも知っているのでやはり外せない。

昔はLX7をずっと欲しかったこともLX9に惹かれる理由。

LX7は1/1.7インチセンサーだったけど

LX9は1インチなのにLX7と同じくらいのサイズなのは驚きだ。

LX7は低照度に強くて夜景やイルミネーション撮影なども得意だった。

これも良さそうだな。ただ裏面照射CMOSじゃないんかな。

高感度はかなり強そうだけど。

 

ということでLX9欲しいなあと思いつつ

今は買える予算がないなあ。

そう欲しいカメラをばんばん買ってられない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今をカメラで残すこと

  • 2017.11.09 Thursday
  • 23:33

昔撮影した写真はここ数年で多くをデジタル化した。

デジタル化にはEPSONのスキャナを利用。

EPSON スキャナー GT-F740 (フラットベッド/A4/4800dpi)

EPSON スキャナー GT-F740

(フラットベッド/A4/4800dpi)

ネガフィルムが残っているものはフィルムスキャンする。

ネガがないものはプリント写真をスキャンして取り込む。

こうして昔の写真をデジタル化して管理できるようになったが

その写真は人物写真が大半で風景や建物などは少ない。

当時の家の中の様子とか近所の風景などは

記憶で残っていても写真には残っていない。

フィルムカメラはあまり撮影しなかったので残ってないんだ。

僕が小学生の頃住んでいたアパートの前は

田畑が広がっていてその中に住宅がある感じだったが

今はその田畑は全く残ってなくて住宅地やアパートになっている。

その風景を今みたいと思っても写真がないから無理なんだ。

 

デジタルカメラを使うようになって

お金をかけずに手軽に写真を撮影出来るようになり

日常の風景なども写真に残そうと撮影しはじめた。

SONY ソニー DSC-S70 デジタルスチルカメラ MS

SONY ソニー DSC-S70 デジタルスチルカメラ MS

ソニーのサイバーショットS70を買ったのは2000年8月。

このカメラでは本当にたくさんの写真を撮影した。

例えば建設中の伊勢湾岸道路、今はない地元スーパー、

区画整理ですっかり変わった交差点の昔の姿などは

デジカメで撮影して残っている。

フィルムカメラの場合は24枚とか決められてて

記念写真などの撮影しかしなかったけどデジカメにより

無駄な写真がたくさん撮影出来るようになったんだな。

 

それで思い出したけど今をもっと高画質に残そうと

より上位のコンパクトデジカメを買おうと思ってた頃があった。

デジ一眼では大きくて手軽に持ち出せない。

手軽に持ち出せるコンデジで高画質撮影出来るのを買って

今しか撮影出来ない地元の風景を残そうと思っていたんだ。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A DXフォーマットCMOSセンサー搭載 18.5mm f/2.8 NIKKORレンズ搭載 ABK ブラック

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A

DXフォーマットCMOSセンサー搭載

18.5mm f/2.8 NIKKORレンズ搭載 ABK ブラック

そのカメラは結局買わなかったけど

ニコンのCOOLPIX Aなどが候補だった。

RICOH GRも欲しかったなあ。

APS-Cのローパスフィルタレスのセンサー搭載で

単焦点レンズのとても解像感の高い高画質カメラだった。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9  1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9

1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

今なら1インチセンサー搭載の高級コンデジなどが適役かなと。

スマホカメラも場合によってはありかもしれない。

 

今は写真だけでなく動画で残すこともありかなと。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍

内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

動画だけだとまた情報量が落ちてしまうんだけど

写真と動画とをいいバランスで撮影して残したいもの。

例えば電車が通っている風景などは

電車が走っていく音も動いてる様子も記録することで味がでる。

もちろん電車の写真もいいんだけどね。

こうした風景動画などは歩きながらではなく

固定して撮影する必要があるから

手振れ補正に強いビデオカメラである必要はないので

デジカメ動画でもOKだしスマホカメラでもありだろう。

 

ということでポタリングやウォーキングなどで

地元をぶらぶら散歩しつついろいろ撮影していこう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

マジックアワーの撮影

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 22:37

夕日が沈んだ後

西の空はオレンジが広がっていて

東の空から藍色の闇が迫っていく。

そんな時間帯をマジックアワーといい素敵な情景が広がる。

街中には明かりが灯りつつもまだ夕焼けの名残がある時間。

大切な人と見たい風景 TWILIGHT

大切な人と見たい風景 TWILIGHT

この時間帯は本当に魔法の時間という名前のように

魅力的なんだ。

一応ジャンル的には夕景や夜景といったところか。

 

僕がこのマジックアワーに興味を持ったのは

ずっと昔のこと。

昔ジグソーパズルを作ってたんだけど

シカゴの夜景のを作って長く飾っていた。

絵画風 壁紙ポスター (はがせるシール式) シカゴ 夕暮れ 夜景 五大湖 アメリカ キャラクロ CCG-002A1 (A1版 830mm×585mm) 建築用壁紙+耐候性塗料

絵画風 壁紙ポスター (はがせるシール式)

シカゴ 夕暮れ 夜景 五大湖 アメリカ キャラクロ

CCG-002A1 (A1版 830mm×585mm) 建築用壁紙+耐候性塗料

こんな感じのだと思っていたけどとても素敵だった。

完全に夜になってからの夜景よりもより魅力に感じた。

夜の街が動き始めるときという感じで特別な時間に感じる。

マジックアワーという言葉を知ったのは最近のこと。

なんかやたら使われていて最初はラッシュアワーみたいな感じで

夕方の混雑する時間帯のこと?と思ってたけど

どうも風景写真用語っぽくてなんだろうと思っていたら

日の入り後30分くらいの夕方でも夜でもない特別な時間のことだと知った。

 

マジックアワーの写真だけど

空を広く撮影するのが理想だから

広角気味のレンズで撮影したいもの。

Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F4L IS USM フルサイズ対応 EF16-3540LIS

Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F4L IS

USM フルサイズ対応 EF16-3540LIS

いつか購入したいフルサイズ用の超広角レンズを買ったら

是非それでマジックアワーの写真をたくさん撮影したい。

ただ時間とタイミングと天気などが重要なので

手軽に持ち出せるマイクロフォーサーズのほうが有利かも。

OLYMPUS 超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

OLYMPUS 超広角ズームレンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

レンズの明るさは三脚を使えばあまり関係かなと思うが

手持ちだと高感度で撮影する必要があり

ノイズが増えてしまう可能性もある。

 

街の明かりやイルミネーション、ライトアップなどと

マジックアワーは相性がいいと思う。

マジックアワーと森とかだと夕焼けに露出がもっていかれて

森が真っ暗になってしまう。HDRで撮影したりすると

森が不自然に明るくなってしまいそれもおかしい。

満遍なく光源があればバランスの良い写真になるかなと。

人物を入れるとフラッシュ必須だし不自然になるから

基本的にはマジックアワーは風景撮影が基本かなと。

街の明かりがついて生活感ある情景もまた良いんだけどね。

 

というこどでこれからの季節は

夕方が早くなって今だと17時頃にはマジックアワーが訪れるので

カメラを持っていろいろ撮影したい。

空港とか駅とかも良さそうだなあ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

大幅値下げで24800円に。
スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM