ビデオカメラ売却とビデオ三脚

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 23:32

DJI OSMOの購入に伴う記事を

最近書くことが多かったけど

実はこの裏ではビデオカメラの売却も行っている。

古いDVテープなどを使うビデオカメラは

テープ再生のために売れないけど

メモリカードに記録タイプのものは

おそらくもう使わないためと売却を決めた。

 

ビデオカメラを売ることには

実は僕の中でかなりの抵抗があった。

動画を重視したいという気持ちもあったし

昔旅行などでたくさん撮影していた記憶があるから。

ただそれで売却を決めたのは

今年1月のハワイ旅行での利用によるものが大きい。

DJI OSMO mobile+Nexus5Xと

ビデオカメラ、デジカメなどで動画撮影して

それらを帰国後に編集しつつじっくり見たけど

3軸ジンバルを利用したカメラには到底及ばないこと。

またデジカメ動画の画質もとても高くビデオカメラと比べても

申し分ないことがわかりそれで売却を決めた。

 

当面は購入したDJI OSMOやOSMO mobile+スマホ、

そしてデジカメ動画などでいろいろ撮影する予定。

特にFZ1000は動画カメラとして非常に優れている。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000

2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

このFZ1000がある限り動作撮影に関しては

十分これまで通り対応していけるかなと思う。

 

ほかにもマイクロフォーサーズカメラなどもあり

動画撮影に関しては困ることはなさそうだ。

ビデオカメラの動画撮影の場合は

大容量バッテリーを利用することで

2時間半とか長時間撮影が可能な点が魅力なのだが

それほど長く使うことは実際には長期旅行時くらいしかない。

FZ1000に関しては

SIGMA Li-ionバッテリー BP-51 930394

SIGMA Li-ionバッテリー BP-51 930394

シグマのバッテリーが使えるので買い揃えておいて

動画撮影が増えてもバッテリーが切れて

困らないようにしておきたい。

 

実際ハワイ旅行で撮影した

様々な動画を見ていると

カメラを速く動かしすぎるのが問題かと言える。

もっと固定してじっくり撮影するのが理想と言える。

だけど自分が見た方向を見た速度でカメラを

動かしてしまうためあとから見ると動きが早くて最悪酔う。

テレビ放送でのカメラは三脚を利用して

じっくりゆっくり撮影しているけど

それは個人の動画撮影でも言えるだろう。

そのため以前それを克服しようと購入した

ビデオカメラ雲台の利用も進めていきたい。

Velbon フリュード雲台 FHD-43M 小型 ビデオ撮影用 クイックシュー対応 プラスチック製 470003

Velbon フリュード雲台 FHD-43M 小型 ビデオ撮影用

クイックシュー対応 プラスチック製 470003

特に4K動画撮影時にFZ1000は手ぶれ補正の精度がかなり落ちる。

そういう時だからこそ三脚を利用して撮影したいもの。

ビデオカメラ雲台を取り付けた三脚を利用して

FZ1000での高画質動画撮影を進めていきたい。

EOS6Dは手持ちで撮影してFZ1000は動画用として

三脚利用と使い分けるのもいいかもしれない。

しかしビデオカメラ雲台はビデオカメラでは1度も使わなかったな。

 

当分ビデオカメラを買う予定はないけど

欲しいなと思うビデオカメラは

SONYの4K動画対応の空間手ぶれ補正カメラかと。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB

光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

4K画質が絶対必要ってわけではないが

4Kにも対応するセンサーでないとフルHDなどでは

画質が悪くて夜など暗くなってしまう。

ハワイ旅行で撮影した動画ではそれが顕著でFZ1000やスマホの動画と比べて

画質が劣るなあとPCで見てて思ったもの。

CANONのG40のような高画質フルHDでもいいけど

あれだと三脚での撮影が必須になってしまうので空間手ぶれ補正の使える

SONYのビデオカメラが理想かなと。

 

これまであまり撮影した映像を見ることがなく

撮影しただけで満足していた。

でも1月に動画編集ソフトを買ってハワイ旅行の動画を中心に

編集作業を始めてじっくりと動画に向き合って

駄目な動画というものが見えてきた。

やはり安定性というものは欠かせない。

今回OSMOを得て圧倒的な安定性は得たから

今後どんな動画を撮影できるか。

たくさん動画を撮影していきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

DJI OSMOの購入

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 23:39

1週間ほど前だったかDJI OSMOを購入した。

昨年からずっと欲しかったけど1度は断念。

代わりにDJI OSMO mobileを購入していた。

ただスマホの性能に左右されるため

やはり欲しい気持ちが高まりついに購入。

【DJI 10周年記念】DJI Osmo カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

【DJI 10周年記念】DJI Osmo

カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

ということでぼちぼち利用して

ファーストインプレッションみたいなものを書きたい。

 

さてDJI OSMO。

良い点悪い点などは予め調べていたけど

まあその通りだったというのが印象だ。

4Kカメラの画質はすこぶる良くて

20mmの超広角は広くて3軸ジンバルでの安定もあるが

とてもいい感じで広角動画を撮影出来る。

まさに世界ふれあい街歩きの世界を撮影出来るカメラだ。

使い方などはDJI OSMO mobileを使ってたので

全く違和感なく利用できている。

画質は本当に素晴らしくて大満足だ。

 

一方で弱点は聞いていたとおり。

ファンノイズは思ったよりも大きく記録されている。

音質は決して良いとはいえない。

音ははっきりと弱点と言えるだろう。

DJI OSMO - DJI FM-15フレキシブルマイクロフォン

DJI OSMO - DJI FM-15フレキシブルマイクロフォン

マイクはまだ使ってないけどなくしそうで怖いな。

またスマホのWifi接続は非常に面倒だ。

映像もあまりきれいに見えないので

最初は画質悪い?と思ってしまったが記録されてた映像はきれいだった。

スマホを接続しないと設定したり

バッテリーやメモリの残量が分からないのも残念なところ。

もっともなくても概ね問題なく記録出来ることはわかったけどね。

 

ということで音の問題さえクリア出来れば

良さそうかなと思う。

外部マイクの利用だけど

DJI Osmo クイックリリース360°マイクホルダー CP.ZM.000307

DJI Osmo クイックリリース

360°マイクホルダー CP.ZM.000307

このアダプタがあるのでこれに外部マイクをつけたい。

【国内正規品】RODE ロード VideoMicro 超小型コンデンサーマイク VIDEOMICRO

【国内正規品】RODE ロード VideoMicro

超小型コンデンサーマイク VIDEOMICRO

このマイクの評価が高いけどどうなのかな。

とりあえずオーディオテクニカのAT9941を持ってるので

それが使えるかテストしたりして考えていきたい。

音は徐々に改善していければいいかなと。

 

メモリカードは16GBが付属していたけど

新たに64GBのを購入した。

64GB SanDisk サンディスク Extreme Pro microSDXCカード UHS-I U3 V30対応 633倍速 R:95MB/s 海外リテール SDSQXXG-064G-GN6MA

64GB SanDisk サンディスク Extreme Pro microSDXCカード

UHS-I U3 V30対応 633倍速 R:95MB/s 海外リテール

SDSQXXG-064G-GN6MA

4K動画にも対応した超高速モデルだ。

4K動画もこれだと130分くらい撮影出来る感じのようだ。

実際そんなに撮影する機会あるか分からないが

予備バッテリーなど3本あるので旅行とかの機会に利用したい。

 

今回DJI OSMOを使って

あらためて感じのはDJI OSMO mobileの良さだ。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile 3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile

3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

OSMO買ったら手放そうかなとかも思ってたけど

この3軸ジンバルはいい製品だ。

スマホをカメラとして手軽に利用できて

今後も併用して利用していきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメ・ビデオカメラとメモリカード

  • 2017.03.27 Monday
  • 23:33

現在デジカメで利用してるメモリカードで

主力となっているのはTranscendのUHS-I対応のもの。

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS32GSDHC10U1E (FFP)

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB

Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s)

無期限保証 TS32GSDHC10U1E (FFP)

このメモリカードはかなり多く持っている。

32GBが5枚と64GBが1枚の6枚もある。

ただ移行も進んでいるため実際使ってるのは

32GBx1枚と64GBx1枚だけで残り4枚はバックアップ用。

 

昨年購入したEOS6Dでは

これより上のUHS-I U3に対応した

メモリカードを利用するようになった。

Transcend SDXCカード 64GB UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s) U3シリーズ 4K動画撮影 無期限保証 TS64GSDU3

Transcend SDXCカード 64GB UHS-I U3対応

(最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s)

U3シリーズ 4K動画撮影 無期限保証 TS64GSDU3

今後購入するとしたらこのメモリカードが

主力になっていくことだろう。

ただEOS6Dで64GBが一杯になるほど

撮影することはないけどね。

動画撮影こそ容量を食うので写真のみのカメラでは

64GBはオーバースペックだが高速性を重視して

今後もこのメモリカードを利用していく。

 

先日DJI OSMOを購入したんだけど

このメモリカードを購入する必要がある。

【DJI 10周年記念】DJI Osmo カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

【DJI 10周年記念】DJI Osmo

カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

DJI OSMOは動画カメラでmicroSDXCの64GBまで対応。

記録する最高ビットレートは60Mbps程度なので

書き込み速度がそれなりに早い機種が必要だ。

また60Mbpsで動画撮影した場合だけど

1時間で26GBほどになると思うのでメモリカードは64GBほしい。

【3年保証】東芝 Toshiba 超高速U3 4K対応 microSDXC 64GB + SD アダプター + 保管用クリアケース [並行輸入品]

【3年保証】東芝 Toshiba 超高速U3 4K対応

microSDXC 64GB + SD アダプター

+ 保管用クリアケース [並行輸入品]

この辺りだろうか。ただ書き込み速度がやや遅そうだ。

64GB SanDisk サンディスク Extreme Pro microSDXCカード UHS-I U3 V30対応 633倍速 R:95MB/s 海外リテール SDSQXXG-064G-GN6MA

64GB SanDisk サンディスク Extreme Pro microSDXCカード

UHS-I U3 V30対応 633倍速 R:95MB/s

海外リテール SDSQXXG-064G-GN6MA

これなら書き込み速度も85MB/S近い速度が出るようで安心かな。

まあ8MB/Sも書き込み速度があれば問題ないはずだけどね。

 

将来的にはさらにカメラが高速化することが考えられるため

それに対応した高速メモリカードを用意しておきたい。

逆に容量はそろそろ打ち止めじゃないかな。

64GBくらいで十分かなと思う。

128GBはメモリカードが埋まるのに時間がかかるし

128GBに合わせて撮影をおこなると半端ない容量を撮影することになり

データの管理が破綻してしまいそうだからね。

ハワイ旅行で250GBも撮影してそのデータ整理に1ヶ月かかったくらいだから

無闇矢鱈に大容量化していくのはやめておこう。

 

そういえばこの前昔のメモリカードなどが入ってるところで

64MBのスマートメディアやメモリースティックが出てきた。

これらは当時はかなり高くて1万円くらいしたような記憶がある。

64MBって今の64GBの1000分の1だけど当時は大容量メモリカードだったんだな。

まあ2001年か2002年頃だから15年くらい前のことか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

高感度と旅カメラ

  • 2017.03.26 Sunday
  • 22:38

たまに昔のデジタルカメラを使いたくなる。

15年前のデジカメでも5万円以上のモデルに関しては

基本性能は高くて今でも通用する性能がある。

特に10万円以上したハイエンドコンデジなどは

レンズ性能が非常に優秀で

Konica Minolta DIMAGE A2

Konica Minolta DIMAGE A2

素晴らしい写真を撮影することが出来る。

下手したら今の機種よりレンズ性能は上かもしれない。

ただセンサーやAFなどトータル性能は

現行機種に大きく劣る。

 

特に現行機種が昔の機種に優れる部分は2つ。

1つは動画。15年前のデジカメは音声なし動画だったり

320x240のQVGA動画とかだった。

それが640x480のVGA動画撮影出来るようになったのが

MZ3とかからだったかな。

1280x720のHD動画は2006年くらいからか。

2009年くらいから1920x1080のフルHD動画も増えていった。

ただ当時の動画は圧縮率の低いMotion JPEGやMPEG1が多く

メモリカードの価格が高く容量も少なかったから今ほど

手軽に撮影しなかった。

あともう1つが高感度。

手ぶれ補正の進化も大きいがデジカメ全般で言えば高感度だ。

昔のデジカメは夜の撮影などは暗かった。

 

コンパクトデジカメが高感度に強くなったのは

CCDからCMOSに切り替わった時。

そしてCMOSが裏面照射CMOSを採用した時だろうか。

CCDからCMOSになった時は

高感度強くなったと言っても

逆にコントラストとか色がいまいちになって

あまりCMOSに対して魅力を感じなかったが徐々に進化して

CMOSがいつのまにか主流になっていった。

まあ今でもCCDの色とか好きだという人もいるけど。

裏面照射CMOSは明らかに高感度に強くなったなあ。

最初は1/2.3インチのコンデジなどが中心だったけど

大型センサーにまで広がって今ではフルサイズも裏面照射CMOSだとか。

ただフルサイズなどはそれほど大きなメリットは受けられず

小さなセンサーこその高感度に強くなるメリットがあるようだ。

ソニー デジタルスチルカメラ「DSC-RX100M5」SONY Cyber-shot(サイバーショット) RX100V DSC-RX100M5

ソニー デジタルスチルカメラ「DSC-RX100M5」

SONY Cyber-shot(サイバーショット) RX100V DSC-RX100M5

今は積層型CMOSセンサーに進化して

より高速化して4K動画やスローモーション動画などが

撮影出来るようになっているようだ。

 

僕はフラッシュとかストロボを利用した写真が

あまり好きではないので高感度に強いカメラは好きだ。

ついでに三脚もあまり好きではないので

夕方や夜の撮影だと高感度に強いカメラだと助かる。

EOS 6Dを買ってさすがフルサイズと思ったのは

その画質よりも高感度に強いことだったから。

今最強クラスの高感度カメラはSONYのα7SIIなどだろうか。

ソニー デジタル一眼カメラ「α7SII」ボディ ILCE-7SM2

ソニー デジタル一眼カメラ「α7SII」ボディ ILCE-7SM2

フルサイズセンサーでなおかつ画素数を抑えたモデル。

これに明るいレンズがあれば

ほんと夜景も手持ちで撮影出来るレベルじゃなかろうか。

旅行とかで使うと便利だろうなあ。

4K動画対応だしボディ内手ぶれ補正を搭載してるし

価格は高いけどいいカメラだなと思う。

最近SONYのα7シリーズを持った人をよく見かける。

CANONやニコンから移行してる人がいるようで

ネックバンドはD800とかEOS6Dのを使ってたりして

なんだかなと思うけど。

 

とはいえ現実的にデジ一眼などそうそう買い換えられないし

α7SIIはボディだけで30万円を超えるので手が出せない。

手軽に高感度に強いカメラというと

1インチセンサー搭載モデルになるかな。

それで明るいレンズを搭載してればなおよし。

理想はPanasonicのDMC-LX9かなと。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9  1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9

1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

LX9はそのコンパクトさにも驚かされる。

ちょっと前の1/1.7インチセンサー搭載のコンデジと

ほぼ同じくらいのサイズながら1インチセンサー搭載。

しかもレンズはF1.4-2.8ととても明るい。

前モデルのLX7もF1.4のレンズで搭載で動画に強く

夜の動画撮影に優れたモデルだったがこのカメラは

さらに4K動画にも対応しておりさらに強化された形だ。

旅行などにこれ1台あれば便利だろうなあ。

 

高感度が欲しいと思うのは旅。

特に海外旅行だろうか。

荷物になるので三脚などは持っていけないし

大きなセンサーを搭載したデジ一眼も荷物になる。

さらに旅先では夜にも歩き回ることが多い。

特にアジア圏を観光する時など夜のほうが賑わうほど。

そんな屋台の風景とか撮影するなら高感度に強いカメラが欲しい。

今のところそういう旅の予定はないんだけど

新しくカメラを買って旅したいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

EVFは必要か

  • 2017.03.25 Saturday
  • 23:32

ミラーレスカメラやコンパクトデジカメでは

ファインダーを搭載しない機種も多い。

従来のデジ一眼のような光学ファインダーではなく

電子式のファインダーはEVFやLVFとして

ミラーレスカメラやコンデジなどにも搭載されているが

どれほど必要だろうか。

 

安いコンパクトデジカメは必要ないが

高級コンデジだとどうだろうか。

CANONのパワーショットG7Xなどがヒットしてた頃

EVFがついていないからという理由で

購入を取りやめた人が知り合いにいる。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9  1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9

1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

一番新しい高級コンデジだとPanaosnicのLX9だろうか。

これもEVFは搭載されていない。

一方でSONYはポップアップ式のEVFを搭載する。

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III

光学2.9倍 DSC-RX100M3

ここまでしてEVFを搭載する必要があるのかと思うが

それだけEVFへの需要が大きいのだろう。

 

思うにEVFは古くからのカメラファンに

要望が強いと言える。

デジカメ世代だとあまりEVFを求める声は大きくない。

またメーカーにとってもEVF搭載は付加価値に繋がる。

高級コンデジを高く売るための付加価値として

EVFを搭載しているように見受けられる。

ミラーレスカメラではそれが顕著で

廉価モデルでは搭載せずミドル以上のモデルに搭載してる。

PanasonicはGFシリーズには搭載していないが

GXシリーズはEVFを搭載する。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2 ボディ ブラック DMC-GX7MK2-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス

GX7MK2 ボディ ブラック DMC-GX7MK2-K

センサーや手ぶれ補正などの差もあるけど

EVFの有無がまた性能差として見た目においても

上位であることがはっきり分かるためなのだろう。

 

実用的にはどうだろう。

ミラーレスカメラを使ってるけど

正直EVFは必要性はあまり感じない。

僕はnikon1 v2を持っていてこれはEVF搭載だが

基本的に液晶画面を見て利用している。

スナップショットカメラとして利用する場合

ファインダーをのぞくことはない。

ファインダーを覗いて撮影するという状況は

手ブレを防いで身体を安定させ固定して

撮影する場合などに多い気がする。

それは望遠だ。

望遠撮影時はファインダーが欲しい。

液晶画面を見ながらだと身体とカメラが離れて

手を少し伸ばした状態になり手がぷるぷるになる。

ファインダーだと脇を締めて身体よりにがっちり固定出来て

安定的に撮影出来る。

実用的には望遠の有無がEVFの必要性の有無かなと感じる。

 

高級コンデジの場合だけど

100mm程度までのカメラならやはり必要ないかと思う。

あえてつけてるのは雰囲気とか付加価値かと。

逆に望遠対応のネオ一眼カメラは欲しいというか必要だ。

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX10M3 F2.4-4.0 24-600mm 2010万画素 ブラック Cyber-shot DSC-RX10M3

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX10M3 F2.4-4.0

24-600mm 2010万画素 ブラック Cyber-shot DSC-RX10M3

望遠の高級コンデジなどは当然搭載している。

高級じゃない60倍以上のコンデジにも搭載しているが

40倍以下のコンデジだと搭載してない感じだろうか。

Canon デジタルカメラ PowerShot SX720 HS レッド 光学40倍ズーム PSSX720HSRE

Canon デジタルカメラ PowerShot SX720 HS

レッド 光学40倍ズーム PSSX720HSRE

軽いから大丈夫なのかもしれないが40倍は

ファインダーあったほうが安定すると思うけどなあ。

 

高級コンデジならコンパクトタイプならEVFはいらないかな。

望遠タイプならどれも搭載していることだろう。

ミラーレス買う場合は

コンパクトなスナップショット向けならEVFなしで

望遠も将来的に利用するならEVF付きのを買いたいところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CANON 24-70mm f4Lを買っていたら・・

  • 2017.03.24 Friday
  • 22:49

CANONのEOS6Dを買いたいと思ったのは

一昨年の秋のこと。

当時は今持っている24-105mm F4Lのレンズキットは

全く考えいなかったけど去年の今頃検討し始めたんだっけ。

ただ本命はあくまで24-70mm F4Lだった。

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F4 L IS USM フルサイズ対応

Canon 標準ズームレンズ

EF24-70mm F4 L IS USM フルサイズ対応

24-105mmが2005年のレンズなのに対して

24-70mmは2012年発売と比較的新しくて

画質も良いことからこちらが有力だった。

ただ結果的に買ったのは24-105mmだった。

 

今はこのレンズへの未練はあまりない。

理由は使っていて24-70mmにない

70-105mmの焦点距離を重宝しているため。

風景撮影オンリーで撮影するなら24-70mmでも問題ないが

1台である程度万能に使いたい場合はこれだと望遠が弱くて使いづらいかなと。

ただその分画質は上なのでおそらく風景撮影などでは

今よりもずっと高画質の写真などを撮影出来ていたかもしれない。

その点で言えば買った当初は本当に良かったかなと

後悔したこともあるけど今はそれもあまりない。

 

一昨年秋にフルサイズデジ一眼を買おうと思った時

僕は画質至上主義だった。

ところが昨年7月にフルサイズデジ一眼を買って使って

24-70mmではなく24-105mmを買ったけど

もうこれで十分だなと思ってしまった。

むしろここまでの画質を求める必要もないような。

フルサイズの導入で機動性などは犠牲にしたけど

画質を追い求めるのはこれで十分かなと悟ってしまった。

それ故に風景撮影では最近より解像感の高さをなどを

求めなくなってきている。

 

昨年夏に24-105mm F4LとEOS6Dを買ったときに

1ランクしたのレンズを選んだため

今後将来的に目指すレンズとして

新しく発表される16-35mm f2.8を買うのを目標にしようとした。

その後発売されて今は22万円ほどで売られている。

Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F2.8 L III USM

Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F2.8 L III USM

風景撮影を極めていくためにこのレンズを買おうと

あの時は思っていたんだけど今は全くこのレンズに興味はない。

風景撮影というものに求めるものも変わってきてしまった

いまむしろ欲しいのは

Canon 望遠ズームレンズ EF70-200mm F2.8L IS II USM フルサイズ対応

Canon 望遠ズームレンズ

EF70-200mm F2.8L IS II USM フルサイズ対応

望遠の70-200mm f2.8のほうだ。

以前全く興味を持たなかった大口径望遠レンズ。

逆に超広角に興味が強かったはずだけどすっかり変わってしまった。

その一番の理由は広角の風景撮影に関しては

EOS6D+24-105mm F4Lで満足してしまったためと。

 

もし24-105mm F4Lではなくて

24-70mm F4Lを買っていたらどうだろう。

よりじっくり風景撮影をするようになり

やはり16-35mm F2.8IIIを買う方向に進んでいたかも。

あるいは望遠が使えないと不満を持っていたのかな。

本来ならEOS 6D+24-70mm F4Lを買おうと

購入目標にしていたのは2017年秋だったから

今の時点では24-70mm F4Lにこだわっていたら

予算不足でまだ買っていなかったかもしれない。

となると星空撮影にもハマっていなかっただろうし

逆にマイクロフォーサーズあたりでボディを買ってたかも。

 

24-70mm f4Lではんく24-105mm F4Lを選んだことは

ちょっと信念を曲げた形になったけど

今はそれで満足しているからいいかな。

24-105mm F4Lはその後後継機種が発売されているけど

これに関しても最初からわかっていたことだし

実際未練というか後悔などはない感じだ。

今は持っているカメラやボディをじっくり使っていきたいと思うし

今後は望遠レンズを買えるようにお金を使っていきたいと。

ただ24-70mm F4Lがどんなレンズだったのか

もしかしたら手にしてたかもしれないこのレンズは

1度でいいから使ってみたいなあと。

使ったら(24-105mm f4Lを買ったことに対して)

激しい後悔に苛まれるかもしれないけど。

それは怖いなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビデオカメラは必要か

  • 2017.03.23 Thursday
  • 23:36

先日DJI OSMOを購入。

まだあまり使ってないけど今後利用していく。

【DJI 10周年記念】DJI Osmo カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

【DJI 10周年記念】DJI Osmo

カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

数日前にブログでかいたけど

今後はビデオカメラよりもOSMOを利用して

たくさんの動画を撮影したいと思っている。

3軸ジンバルを利用した手ブレのない動画は

安定的に撮影出来る。

ハワイ旅行時に持って行けれていれば

より多くの動画を撮影出来たのにと思う。

 

ところで今はビデオカメラをどうするか迷っている。

2台持っていたビデオカメラは

OSMO購入に伴い処分することにしているが

1台は既に売却済みだがもう1台は迷っている。

最初の1台が予想より高く売れたことから

資金的にはもう1台は売らなくても良いんだけど

ただ使わないなら今売ったほうがいいねだんで売れるかな。

購入したのは2013年12月で34800円だった。

今ヤフオクの相場を見ると25000円前後。

3年以上前の製品だけど予想以上に相場が高い。

同じ頃の2013年11月に28000円で買ったスマホ白ロムは

今の相場が6000円前後だからまあ価値はガタ落ち。

売るなら今だろうと思うのだが。

 

ただ普通のビデオカメラを手放すことには抵抗もある。

ビデオカメラを売った場合は

DJI OSMOやFZ1000などで

問題なく動画撮影は可能だけど普通のスタイルのビデオカメラが

全く使えなくなるのはどうなのかなと。

必要になることが出てくるんじゃないかと。

もっとも過去を振り返ってみると必要になったことは

ほとんどないんだけどそれを考えると難しい。

今のビデオカメラを売って

新たな手ぶれ補正に強い4Kビデオカメラを買うというのは

選択肢の1つとなりうるかなと。

買うのは今すぐではなくそのうち。

売ろうと思っているPanaosnicのビデオカメラは

手ブレ補正が弱くまた暗所撮影時の画質がかなり劣る。

その辺りはSONYのミドルモデルなら改善されている。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB

光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

AX40あたり買えば不満も解消されることかなと。

価値があるうちに売って買い替えの資金として

いずれ購入するってのはありかもしれない。

 

ということでどうするかだけど

現状では売却する方向で動いている。

この3年間数度しか使ってないんだから

まあ需要がないんだからなくなっても困らないだろう。

いずれ4K+空間手ぶれ補正を。

このエントリーをはてなブックマークに追加

GoPro HERO5 Black

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 23:36

ハワイ旅行で撮影した動画を

3月に入って動画編集作業をしているけど

やはりカメラを新しくする必要があると。

次のハワイ旅行がいつになるかわからないけど

海に入るとしたら防水カメラがほしいので

最近はGoPro HERO5 BLACKが気になっている。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

ただ早くても来年春なので

今から買うのは早すぎる気もするけど

購入候補として検討は続けたい。

 

撮影した動画を見ると

2013年に買ったビデオカメラの映像は

予想以上にあまり良くなかった。

手ブレが予想以上に酷かった。

FZ1000で撮影した動画のほうが手ブレが抑えられてて

今後ビデオカメラの代わりにFZ1000を使ってもいいかと。

一方で歩きながらの撮影などは

DJI OSMO mobile+スマホが圧倒的に安定して高画質。

3軸ジンバルの利用は歩きながらでは必須だろうと。

 

ということで手順を踏んで購入していきたい。

まずはGoPro HERO5 BLACKを購入する。

当面は3軸ジンバルを買えないけど

DJI OSMO mobileを利用したい。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

DJI OSMO mobileにGoPro HERO5 BLACKを装着する。

本来スマホしか取り付けられないけど

別途アダプタなども売られているし工夫すれば取り付けられるかと。

重さ的には大丈夫かなと思う。

不格好かもしれないけど当面はそれで利用して

いずれは3軸ジンバルを購入すると。

【国内正規品】 FEIYU TECH G5 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル Gopro Hero 5 Camera 及び同サイズのアクションカメラ用  【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】 FEIYU TECH G5 3軸 ハンドヘルド

スタビライザー ジンバル Gopro Hero 5 Camera

及び同サイズのアクションカメラ用

【日本語説明書付き・国内保証1年】

FEIYU TECH G5かあるいはKarma Gripになるだろうか。

Karma GripはGoProのだからばっちりだけど

汎用性がないのが難点。

そういう点で言えば他社のアクションカメラでも使える

FEIYU G5のほうがいいかもしれない。

 

今すぐ必要というわけではないので

購入は多少慎重に行うつもりだけど

今後のアウトドア利用度合いによっては

購入が早まるかもしれないな。

おそらくそのうちGoPro Hero6も出てくるだろうし

機能的にどうなるのか気になるところだ。

OSMOとの競合を避けるためにも

背面に液晶のついたモデルを購入する予定で

HERO5 Sessionは対象外となるかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

データバックアップ

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 23:31

2月末から始まった花のシーズンは

この先紫陽花の季節の6月まで続いていく。

ずっとたくさんの写真を撮影していく中で

今はちょうど小休止のタイミングだ。

梅や河津桜の撮影が終わったところで

桜(ソメイヨシノ)やチューリップの時期には少し早い。

これまでに撮影した写真や動画を整理するには最適だ。

 

デジカメデータ整理はバックアップと選別の2つを行う。

バックアップは撮影したデータをHDDに保存し

そのデータを外付けHDDなどにコピーをする。

当たり前だけどデータは移動するのではなくコピーをする。

2箇所以上にデータが保存されてこそバックアップだから。

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB USB3.0/テレビ録画/パソコン/家電対応 日本製 HDC-LA3.0

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB USB3.0/

テレビ録画/パソコン/家電対応 日本製 HDC-LA3.0

ノートパソコンを利用する人など

内蔵HDDにデータを保存しない場合は

2台の外付けHDDを用意して2台にデータを保存したい。

できれば2台の外付けHDDは別のメーカーのものがいいかと。

内蔵HDDに保存出来れば普段から写真チェックしやすいが

ノートPCだとその点は難しいからね。

 

もう1つはデータの選別。

たくさんの写真や動画を撮影したけど

その中から選別を行う。

選別は5%ほどで別途保存をする。

年に1TBのデジカメデータを撮影した場合

そのデータ保存やバックアップは大変。

またそれらの閲覧も大変だ。

同じような写真が2枚や3枚ならいいけど

100枚や200枚もあったらまた同じだと見てて嫌になる。

その辺りを選別してやることでデータ保存が楽になり閲覧も楽になる。

1TBから5%選別すると50GB。容量が減れば重複バックアップしやすい。

Samsung 外付けSSD 250GB T3シリーズ USB3.1対応 ハードウェア暗号化 パスワード保護 V-NAND搭載 MU-PT250B/IT

Samsung 外付けSSD 250GB T3シリーズ USB3.1対応

ハードウェア暗号化 パスワード保護 V-NAND搭載 MU-PT250B/IT

よりコンパクトで堅牢なSSDを保存に利用することも可能だ。

HDDのように壊れるリスクが少ないのは利点。

 

2016年は

1月が26.8GB、2月が82.7GBで

3月が21日までで53.8GBだった。

今年は1月が252GB、2月が64.4GB、

3月が21日までで57.6GBだ。

1月はハワイ旅行があったので桁違いに増えている。

動画が多いため容量が相当多い。

2月は去年より減ってるがこれは梅の開花が去年は早く

昨年は2月末には満開だったためだ。

今年は平年並みで3月が見頃なので2月が減って

代わりに3月が増えているという感じだ。

カメラ別で見て意外とデータを食ってるのが

スマートフォンのNexus5Xだ。

これだけで90GB以上のデータを1月から利用している。

これらの多くは動画でDJI OSMO mobileを使って

撮影した動画があるためだ。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

これらの動画の利用は今後さらに増えそうだが

代わりにビデオカメラの利用は減っていきそうだが。

Nexus5Xはほぼ動画撮影専用になっている感じだ。

 

デジカメデータの保存には

パソコンがあるから役立ってるが

PCがない場合やノートPCを使ってる場合などは

おもいでばこなどのフォトストレージを使うと便利だ。

BUFFALO デジタルフォト・アルバム おもいでばこ 1TB PD-1000

BUFFALO デジタルフォト・アルバム おもいでばこ 1TB PD-1000

テレビに繋いで利用する端末で

写真を整理したりUSB−HDDを繋いでバックアップできる他

閲覧することが出来るので家族で集まって

旅の写真を見て振り返ったりすることも出来る。

写真の活用という点でPCで管理している場合も

利用しても良さそうかなと。

 

ということで桜のシーズンが本格化するまえに

しっかりデータ整理を済ませて起きたい。

でないとあとが大変になるからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

DJI OSMO購入

  • 2017.03.20 Monday
  • 23:30

最近ブログに頻繁に書いていたDJI OSMO。

ついに購入してしまった。

購入したのは通常のDJI OSMO。

【DJI 10周年記念】DJI Osmo カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

【DJI 10周年記念】DJI Osmo

カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

4k動画撮影に対応したカメラと

3軸ジンバルが一体になったモデル。

カメラのスペックはセンサーが1/2.3インチ1200万画素。

最近のスマホカメラとたいして変わらない感じだ。

レンズは35mm換算で20mm相当のF2.8。

4k30pの動画撮影に対応しており

超広角な4K動画がこれで撮影することが出来る。

 

そもそもこのカメラの購入に至ったのは

昨年11月末に購入したDJI OSMO mobileの影響が大きい。

DJI OSMO mobileを買う前の時点でOSMOも

購入候補だったけど当時は今よりも価格が高くて7万円前後だった。

またOSMOというものもいまいち分からず

低いレビューを書いている人も多かったため

気にはなるが具体的に購入へとは進まなかった。

SONYのアクションカメラなどを当初考えていたんだけど

いろいろ考えて最終的に買ったのがDJI OSMO mobileだった。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile 3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile

3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

これはスマートフォンを取り付ける3軸ジンバルで

カメラ撮影はスマホを利用するというもの。

最近のスマホは4K動画撮影も出来て高画質なので

これで十分だと考えていたわけだ。

 

ところが購入して利用して見ると事情がやや違う。

DJI OSMO mobile自体は凄く良い製品なんだけど

カメラの性能はスマホに依存するわけで

iPhone7などカメラ性能の高いスマホを持つ必要がある。

僕はiPhone6を持っていたけど手帳型ケースに入れており

手軽にOSMO mobileに取り付けて利用できない。

となると普段使わないスマホをカメラ用に用意する必要があり

いろいろ迷って買ったのはGoogle Nexus5Xだった。

Nexus5Xはカメラ性能は非常に優れているけど

手ぶれ補正を搭載しないためそれがネックで評価を下げていた。

特に動画撮影の評価は手ブレ補正がないため散々だった。

ただセンサーは大きく画質は良いのでOSMO mobileとの組み合わせは良い。

今年1月のハワイ旅行に持っていき

素敵な動画を沢山撮影することが出来た。

 

ただスマホのカメラでは画角が狭い。

Nexus5Xだと4K動画撮影時の画角は30mm程度だろうか。

悪くはないんだけど広角動画好きとしては物足りない。

ただ広角動画に強いスマホはあまりないし

何よりカメラ性能の高い最新スマホは7万円以上と高い。

そんなに高いスマホをカメラ目的で買うなら

OSMOやGoPro HERO5 Blackなどを買ったほうがいいのでは

そう考えるようになったのは今年2月のことだ。

そして購入を続けていた。

購入に伴いビデオカメラなどは売却することに。

ハワイ旅行へ持っていったけど長時間撮影には優れるビデオカメラだが

5軸手ブレ補正は搭載してるがOSMO mobileには遠く及ばず

デジカメ動画にも様々な面で劣っており利用をやめることに。

それでどうするか迷って今回の購入に至ったわけだ。

 

とはいえOSMOは昨年秋にも購入検討したが

様々な弱点がある。

1つはバッテリーの持ち。

バッテリー1本で40分ほどしか持たない。

ビデオカメラなどは大容量バッテリーを使えば2時間半持つ。

DJI OSMO mobileは4時間ほど持つ。

それもOSMO mobileを選んだ理由だったわけだが

実際OSMO mobileを利用して4時間連続で使えない。

それはスマホのバッテリーが持たないこと。

スマホで4K動画を撮影するとバッテリー消耗が激しく

1時間持てばいいかなという感じだ。

OSMO mobileが4時間利用できてもスマホのバッテリーが持たないので

はっきり言って意味がない。機種によっては熱暴走してしまう。

しかもスマホはバッテリー交換出来ないため

充電という作業を挟む必要がある。つまりOSMO mobileの利用は

決してバッテリー的に優れてるとは言えない。

もう1つはモニターにスマホが必要なこと。

このWifi接続が面倒で嫌になった人が多いようだ。

これは簡単でモニターは使わなければいい。

アクションカメラなどはモニターを持たない機種も多い。

超広角が故に向きさえ決まれば撮影範囲はあまり気にならない。

OSMOも20mmと超広角なので向きだけ気にして範囲は気にせず

撮影しようかと思っている。

 

OSMOを買ってOSMO mobileの出番は気になるところだが

OSMO mobile+スマホの手軽さも捨てがたい。

例えば撮影した動画をすぐネットにアップしたい場合

スマホで撮影するのが手っ取り早い。

また花などを撮影する場合などは

画角が広すぎると印象が薄れるのでスマホのほうが

良い場合もあるのではなかろうか。

それ故に併用していきたいと思う。

バッテリーは共用出来る。

OSMO mobile用に互換バッテリーを購入してるが

Newmowa 互換バッテリー 2個 + 充電器 セット DJI OSMO OSMO+ OSMO Mobile

Newmowa 互換バッテリー 2個 + 充電器

セット DJI OSMO OSMO+ OSMO Mobile

実際はバッテリーの持ちが良いので全然使う機会がない。

OSMOを買えばその出番も増えることだろう。

 

ビデオカメラを売ってOSMOを買うと

望遠を利用した動画撮影が出来なくなるけど

これはデジカメ動画でカバーしていく。

FZ1000なら4K動画も撮影出来るし

マイクロフォーサーズ+望遠レンズも利用できる。

FZ1000の動画画質がビデオカメラ以上だったことも

ビデオカメラを売却しでOSMO購入に至った理由かもね。

 

ということで桜のシーズンから

OSMOを本格的に利用していきたい。

もちろんOSMO mobileもこれまで通り使っていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM