ビデオライト

  • 2018.01.20 Saturday
  • 23:34

ビデオライトを買ったのはいつだったか。

マイクロフォーサーズカメラを買って

それで動画撮影をするようになった頃だったと思う。

YouTubeだったかテレビ番組だったか忘れたけど

動画を見ていたらビデオライトで夜に撮影していて

暗いところでも照明があれば撮影出来るんだなと。

ライトマニアだったこともあって

何も考えずに買ったんだった。

NEEWER CN-160 LED ビデオライト 160球のLEDを搭載 Canon、Nikon、Sigma Olympus、Pentaxなどのカメラ&ビデオカメラに対応 【並行輸入品】

NEEWER CN-160 LED ビデオライト 160球のLEDを搭載

Canon、Nikon、Sigma Olympus、Pentaxなどのカメラ

&ビデオカメラに対応 【並行輸入品】

僕が買ったのはもう売ってないけどこれとほぼおなじスペック。

160LEDのビデオライトだ。

単3を6本使うけどフルパワーだと凄く明るい。

ライトマニアとしても満足な製品だ。

 

最近このビデオライトを何に使っているかというと

ヤフーオークションに出品する物の写真撮影だ。

メルカリなどのフリマアプリでも使えると思うけど

ビデオライトをあてて撮影すると綺麗に撮影出来る。

ottostyle.jp 折りたたみ撮影ボックス 【60×60cm】 3色背景布付 オークション出品に 簡単組立 持ち運び便利 ミニ 小物 撮影機材 簡易スタジオ

ottostyle.jp 折りたたみ撮影ボックス 【60×60cm】

3色背景布付 オークション出品に 簡単組立 持ち運び便利

ミニ 小物 撮影機材 簡易スタジオ

こうしたオークションブースなるものを利用して

小さなスタジオ状態を作り出して撮影すれば

商品の見た目は120%。その分高値で売れるので買う価値はある。

実際ヤフオクなどは写真が全てなのでその写り次第で

落札価格が全然違う。

ケーブル類もバラバラではなく綺麗に縛っていれば

持ち主が大切に使っていたと判断されて価格も上がる。

長い目で見れば10%くらいの落札価格上昇は見込めると思うので

照明や撮影などは本当に重要だと思う。

 

もう1つ小型のビデオライトを持っている。

Godox 36 LEDビデオライト 36 球のLEDを搭載 カメラ&ビデオカメラ用 デジタル一眼レフカメラ ビデオカメラ ミニDVRに適用 【並行輸入品】

Godox 36 LEDビデオライト 36 球のLEDを搭載 カメラ

&ビデオカメラ用 デジタル一眼レフカメラ ビデオカメラ

ミニDVRに適用 【並行輸入品】

このライトはコンパクトデジカメで使うために購入。

犬を飼っていた時に夜に犬の散歩をする際に

犬を撮影するための補助光として買ったんだ。

普通のハンディライトは点光源で犬には眩しい。

ビデオライトは多くのLEDに分散して面光源になっているため

照射された方も眩しさが抑えられる。

蛍光灯みたいな配光になるため

動物などを撮影するのにも最適と言える。

フラッシュだと瞬間的に明るすぎるからね。

 

ビデオカメラなどで本格的に撮影するなら

メーカー製のビデオライトの購入も検討した。

2013年にPanasonicのビデオカメラを買った時

Panasonic LEDビデオライト VW-LED1-K

Panasonic LEDビデオライト VW-LED1-K

同じPanasonicのビデオライトを買おうかと思ったけど

そもそも夜にビデオ撮影などは全くしないので

結局買うことはなかった。

イベント撮影・・例えば結婚式などを頼まれたりしたら

ビデオライトは補助光としてあったほうがいいかもしれない。

ただ普通の撮影には必要ないかと。

 

ということですっかり

ヤフオクの撮影グッズとなっているビデオライト。

普通の動画撮影で使う日は今後来るんだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

次の世代のビデオカメラ

  • 2018.01.19 Friday
  • 22:29

毎年1月下旬から2月にかけて

各社からビデオカメラの新モデルが発表される。

今年発表されるモデルはまだ分からないが

いったいどんなモデルが出るのだろう。

またどんなモデルを僕自身望んでいるか書いてみたい。

 

ビデオカメラはかつては大人気だったけど

デジカメの登場で販売が激減。

またスマートフォンの普及もマイナス要因となっている。

一方で下げ止まりもしており

子育てや旅行需要は今もあり人気となっている。

FHDは当たり前で4Kビデオカメラも登場して

特に子供撮影などでは人気となりつつある。

 

■4K60pビデオカメラ

昨年は4k60p元年となり様々な4k60pカメラが発売された。

PanasonicからはGH5が発売されて

スマホもiPhone8/8plus/Xも4k60pに対応。

GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

アクションカメラも4k60pが登場。

動きの早いアクションカメラなどは60pの恩恵を受けやすい。

さらにCANONから4k60p対応のGX10という

ハイエンドビデオカメラもオンライン限定で発売されている。

となればSONYやPanasonicの家庭用ビデオカメラも

4k60pが発売されてもおかしくない。

4kモデルが全て4k60pになることはないと思うが

ハイエンドモデルとして用意される可能性はある。

ただ昨年秋に発表されたSONYのAX700が4k30p止まりで

60pよりもHDR対応を進めたことから

家庭用モデルでも60pではなくHDR対応が進むかもしれない。

60pは映像処理チップの発熱が問題らしいからね。

 

■4Kビデオカメラの小型化

僕が今一番望んでいるのは4kビデオカメラの小型化。

現在のSONYのAX40/AX55は良いカメラだが

FHDモデルに比べて一回りか二回りほどデカイ。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB

光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

かなり大柄な筐体でこのコンパクト化が望まれる。

具体的に言えばFHDのCX680くらいのサイズまで

コンパクトになってくれれば言うことはないのだが。

このコンパクト化はいずれ行われるが

今年出てくるかは未知数かな。

SONYの場合は空間手ぶれ補正でレンズ部分が

大きく重くなってしまうので厳しいのかもしれない。

まあPanasonicはさらなる小型化を進めやすいと思うが。

 

■FHDビデオカメラは据え置き?

フルHD対応のビデオカメラに関しては

既に十分完成度が高いので据え置きの可能性が高い。

機能が追加されるとしたらHDRくらいだろうか。

あとソフトウェアで対応出来るレベルの機能が加わる程度か。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍

内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

個人的に望んでいるのはデザイン。

今のビデオカメラは横型なんだけど

僕は縦型のビデオカメラが好きなので

縦型モデルも出て欲しいなと思う。

ただ縦型モデルはその形状から

液晶が小さくなってしまうのが難点。

全体的にコンパクト化するならそれもありだが

そのあたりメーカーがどう判断するのか。

 

■3軸ジンバル

空間手ぶれ補正は効果が大きく人気だけど

最近のトレンドは3軸ジンバルによるスタビライザー。

歩きながらなどの撮影では圧倒的な安定感がある。

SONYやPanasonicからは発売されないと思うが

3軸ジンバルを利用した動画カメラはトレンドになりうると思う。

だからこそ出て欲しいと思うのだが。

製品としてはDJI OSMOがイメージに近い。

【国内正規品】 DJI OSMO+ (3軸手持ちジンバル, 光学3倍, 4Kカメラ標準搭載)

【国内正規品】 DJI OSMO+

(3軸手持ちジンバル, 光学3倍, 4Kカメラ標準搭載)

ただこの製品は液晶ビューアーがないので取り付ける。

さらにマイクを高性能化。OSMOのカメラはドローン用のを流用しており

音質は全く考慮されていないためだ。

全体的にはもう少しコンパクト化して

光学ズームは5倍くらいあれがベストかと。

そうしたカメラが7万円くらいで売られれば大ヒットすると思う。

FHDモデルは4万円くらいで出して欲しいな。

 

スマホカメラとかで動画撮影出来るから

需要は減っていてるけどやはり子育てや旅行などのカメラでは

今後も長く使われていくことになるかと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイ旅行とカメラ

  • 2018.01.18 Thursday
  • 22:30

1年前の今頃はハワイ旅行中。

18日は2日目で朝からダイヤモンドヘッドに登り

その後カイルアへ行きレンタサイクルで散策した。

午後に戻ってきた後はワイキキ周辺をぶらぶらして

晩飯は予約したウルフギャングステーキで食べたんだっけ。

懐かしい1年前の日々だけど

ハワイ旅行の多くのシーンはカメラで撮影している。

カイルアは素敵だったなあ。

ってかこの写真はラニカイビーチへの入り口だっけ。

ハワイ旅行では多くのカメラを持っていき

いろいろ試したけど行ってみて必要なカメラなどが

分かってきた気がする。

次にハワイ旅行へ行くときにどうしたいかなどを書いてみたい。

今後ハワイ旅行へ行く人の持っていくカメラの参考になればと。

 

■ミラーレスはあり、ただしレンズ交換は不向き

ハワイでは他の旅行者のカメラを見ていたけど

ミラーレスカメラを使ってる人はわりといた。

特に日本人カップルではミラーレスの割合が多かった。

ただ使ってるレンズはキットレンズで安いものなので

せっかくミラーレスでもあれで高画質はそこそこ止まり。

それなら高級コンデジを使ったほうが

画質も上だし使いやすいかと。

僕はハワイ旅行でFZ1000というネオ一眼を主に使ったけど

ネオ一眼では大きすぎて負担になったので

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1 光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1

光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

例えばこのTX1辺りは高級コンデジだがコンパクトでいい感じかと。

光学10倍あるのも風景や人物を撮影するのに最適かな。

特にビーチに沈むサンセットなどはある程度望遠を使いたいもの。

 

■海に入るなら防水は必須

ハワイ旅行といえば海というイメージがある

でも実際のハワイ旅行は

ショッピング、散策、グルメなどが中心になって

海に入って泳ぐ人はそれほど多くはないと思う。

僕も1年前の旅では浜辺を歩く程度だった。

ただ行くと海に入りたくなる。

スタンドアップパドルボードやシュノーケリングなどは

次ハワイへ行くならやってみたいなと。

そういう状況になるなら防水カメラは必要だろう。

OLYMPUS デジタルカメラ  Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック

1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重

GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

オリンパスのTG-5なら防水で

4K動画撮影なども可能でバランスが取れていい機種。

センサーは小さいがレンズ性能が高いので高画質に撮影出来る。

アクションカメラなどの利用もありかもしれないが

初心者がいきなり凄い動画を撮影出来るわけではないので

普通の防水デジカメで十分だと思う。

 

■ビデオカメラは万能。家族旅行なら絶対必要。

ハワイ旅行では1人で旅する人はまずいない。

カップルかグループだろうか。

人が多い旅ほどビデオカメラは欠かせない。

写真よりも動画をメインにして撮影すると

あとから楽しい思い出を振り返るのに最適と言える。

それ故にビデオカメラは絶対必要かなと。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB

光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ビデオカメラの撮影は基本的に回しっぱなし。

空港について、飛行機の中で、到着して、バスの中で

ビーチを散策、食事、チェックインなどあらゆるシーンで

ビデオカメラで撮影しているとあとからそのシーンが蘇って

思い出を深く刻み込むことが出来る。

僕もビデオカメラを持っていき

トータルで12時間くらい撮影してたけど

もっと撮影すれば良かったと思うほどだ。

バスに乗っての車窓をずっと撮影してたけど今それを見るだけでも

楽しむことが出来るほどだ。

 

4KかFHDかは迷うところ。

僕はFHDでも良いけどより高画質を求めるのなら4Kか。

ただ4Kビデオカメラは重い。

回しっぱなしで撮影する場合はそれが負担になってしまう。

それ故にFHDのほうが手軽かもしれない。

撮影した映像を後から振り返ると手ブレはかなり気になるもの。

それ故にSONYの空間手ぶれ補正対応のカメラがベストだろう。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍

内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

内蔵64GBでも+64GBをカードで用意して

予備バッテリーなども持っていきたい。

ちなみに僕はPanasonicのV620Mを持っていったけど

手ブレ何度か気になるシーンが多かったので次はSONYのがいいなと。

 

■3軸ジンバル+スマートフォンは最強

ビーチや通りを散策する時に

歩きながら撮影するなら

3軸ジンバル+スタビライザーは最強だ。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

ジンバルはスマホのオプション機器で

これで動画撮影をすると手ブレのない安定した動画撮影が可能。

https://www.youtube.com/watch?v=8BVU18yNiJs

この動画はその時に撮影したものだけど

この後ロイヤル・ハワイアン・センターまで

撮影しっぱなしで通りを歩いたんだけどいい感じで撮影出来てた。

あとから動画を見て振り返ってもこのお店入ってないとか

いろいろ思い出して良かった。

 

という感じでハワイのカメラについて書いてみた。

ちなみに1年前のハワイ旅行で僕が持っていったカメラは

メイン:FZ1000

セカンド:XZ-1

ビデオカメラ:V620M

ビデオカメラ:iVIS mini X

その他:DJI OSMO mobile+Nexus5X

この5台のカメラ環境で撮影をした。

これらは飛行機に登場する際にはXZ-1は首から下げて利用。

それ以外は機内預入荷物の小型スーツケースに入れていた。

充電池はチェックの対象になるので

充電池だけは交換用含めて取り出せるようにしておいた。

 

次へ行くなら

メイン:FZ1000

セカンド:TX1

ビデオカメラ:CX680かAX40

その他:DJI OSMO mobile2+iPhone7 plus

こんな感じが理想かなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今の風景を写真や動画で残すこと

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 22:26

僕が子供の頃とくらべて周囲の町並みは大きく変わった。

変わらない部分もあるけど変わった部分のほうが多い。

新しい道路が出来たりお店が出来たり

あるいは消えてしまったお店もある。

最近は家の建て替えが周りで増えているため

急速に新しい家が増えているとともに

古い家が消えていっている。

 

失われゆく地元の風景をカメラで残そうと

そう思ったのはデジカメを買った頃だったか。

僕がデジカメを買ったのは2000年だけど

当時は2005年の愛・地球博に向けて

新しい道路が建設されつつあり風景が変わってた時期だった。

そんな建設の様子やその前の風景などを写真で撮影していた。

それ以外でもいろんなものをカメラで撮るようにしていた。

フィルムカメラの時はどうでもいい街の風景など

全く撮影していないけど

ふと昔住んでいたマンションはどんな感じだったか

部屋の中はどうだったかとか思い出そうとしても

すっかり忘れてしまっている。

記憶は消えて行くけどデータは残っていれば永遠なので

写真や動画で残していきたいと思ったんだ。

 

そうした今の写真を残すのはやはりデジカメが良い。

スマホカメラだと膨大な写真の中に埋もれてしまうから。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9  1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9

1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

地元をお散歩しつつ写真などを撮影していく。

道路、お店、コンビニ、公共施設、工場とか

今もウォーキングの時とか特に何も考えずいろいろ撮影してる。

ウォーキングも同じコースばかりだとマンネリ化するので

いろんなコースを歩くけどその都度カメラにおさめている。

一方で昔の写真を見て何を撮影するべきかを検討する。

最近は鉄道の写真なども撮影している。

鉄道車両そのものだけではなく駅や踏切なども含めて撮影。

また動画も撮影するようにしている。

鉄道など走行音や踏切の音だっていつか貴重に感じるかもしれないから。

特に昨年春のお散歩の時は動画を中心にたくさん撮影したものだった。

 

そういえば僕以外にも地元の風景を撮影してる人をよく見かける。

既に何度も会って顔なじみだけど

その人はビデオカメラで撮影している。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍

内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

去年くらいにHDVカメラからハンディカムに買い換えていた。

三脚を利用して川の流れと夕日とか

トワイライトなマジックタイムの風景を撮影してたりする。

朝も撮影してるらしいけどその時間帯は歩かないから見たことないが。

動画で残すというのもありだなあ。

 

そうした地元の風景は自分で写真や動画を持ってても意味ないので

例えばオンラインにアップロードしたりするのが良いかと。

僕も以前Google Maps連携でいくつかアップしてたけど

もっと手軽にいろんな風景をアップできれば。

一方で個人情報とかプライバシーとか問題になるケースもあるから

例えばお店の外観とか店内とかは難しいかなと。

ただいつかそうした写真や動画を見たいと思う時が来るんだけど。

その時にデータが失われていたりしたら悲しいなあ。

デジカメ以前の昔の写真とか撮影してた人がいたら見てみたいのだが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロフォーサーズの単焦点

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 23:34

マイクロフォーサーズのボディやレンズの処分は続けている。

残すところはカメラ1台(オリンパスE-PL6)と

2本の単焦点レンズとなった。

ただこの2本のレンズだけど・・・売れないなあ。

 

2本のレンズだけど

1本はオリンパスの25mm f1.8。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 ブラック マイクロフォーサーズ用 単焦点レンズ

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 ブラック

マイクロフォーサーズ用 単焦点レンズ

2014年2月頃に発売されて3月に購入したんだっけ。

発表されてこれだ!!と飛びついて購入したんだ。

このレンズを購入したことで

それまで利用してたシグマ19mm f2.8と30mm f2.8は

使わなくなりその後売却。

35mm換算で50mmの標準画角レンズで

スナップショットレンズとして活躍してきた。

 

もう1本はPanasonicの42.5mm f1.7。

Panasonic 単焦点 中望遠レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G 42.5mm/ F1.7 ASPH. / POWER O.I.S. ブラック H-HS043-K

Panasonic 単焦点 中望遠レンズ マイクロフォーサーズ用

ルミックス G 42.5mm/ F1.7 ASPH. /

POWER O.I.S. ブラック H-HS043-K

このレンズは2015年4月頃に発売。

その年の9月頃に購入したと記憶している。

オリンパスの45mm f1.8を検討していたんだけど

手ぶれ補正がないことと最短撮影距離が長いことが

気になって購入に至らなかった。

そこにその弱点を克服したモデルがPanaosnicから発売され飛びついたと。

 

2本とも本当に使いやすいレンズで

ファインダーではなく液晶画面を見て撮影する

ライブビューのマイクロフォーサーズに最適。

売ってしまったらこれに相当するレンズがなくなってしまう。

フルサイズではファインダーを見ての撮影になり

そもそも撮影スタイルが変わってしまう。

それ故にこの2本とそれを使うボディだけは残そうかと迷ってる。

ただ残すと新しいボディが欲しくなったりして

完全に切り替えることができなくなるんだな。

 

とりあえずもう少し待ってみることにする。

この手の単焦点レンズが活躍するのは2月から5月。

梅、桜、チューリップ、桃、バラなどの

花の撮影の時期だ。それが終われば使わなくなるわけで

もし売るならその時でもいいかもしれない。

あるいはどちらか1本を売るというのもありかもしれない。

それでは中途半端かなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月2月のデジカメ利用

  • 2018.01.15 Monday
  • 23:31

1月と2月は1年でもデジカメの利用が少ない時期。

花や紅葉もあまりなく寒いから基本引きこもり気味。

旅行などへ行くこともないのでカメラを使わない。

唯一は初詣だけど今年はあまり撮影しなかった。

出来るだけ日常的に

写真や動画を撮影して記録していきたいけど

さて1月2月は何があるだろうか。

 

■イルミネーション

12月に見に行く予定だったイルミネーション。

春になると時間帯が遅くなってしまうので

1月中に見に行く予定。

一応今週末辺り検討をしている。

フルサイズデジ一眼で主に撮影する予定だけど

大口径ズームレンズを持っていくか迷っている。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

これを使うと撮影出来る写真が限られてしまう。

ただイルミネーションはボケとかで線を太くして

いい感じに撮影出来るから。

多少ぼかしたほうが綺麗なんだな。

ただなばなの里のような大規模イルミネーションだと

やっぱり広角の方が良いような気がするなあ。

動画もどうするか迷っている。

 

■ロウバイ

1月中旬くらいからロウバイが咲き始める。

近所の公園にもロウバイが植えられていて

1月中旬から2月下旬にかけて咲くんだ。

いい香りが漂ってまだ厳冬期だけどこの先の春を感じさせてくれる。

毎年だけど特に1月下旬はこのロウバイを撮影することが多い。

土日などは早い時間帯にウォーキングをして

カメラを持って撮影する。

 

この時期は日常撮影用のオリンパスXZ-1を

利用することが多くてそのカメラで

まずロウバイを撮影することが多い。

ただXZ-1はもう古いから新しいカメラが欲しいな。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9  1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9

1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

LX9がほしいなと思いつつも

そんなお金ないので今年はXZ-1でロウバイを撮影する。

今はツボミの段階で開花しはじめるのは

もう少し先だろう。

 

■雪

真冬に撮影するものと言えば雪。

積雪があれば毎回カメラで撮影している。

ただ雪国と違ってこの地方で降る雪は湿った雪。

それ故にカメラやレンズを濡らしてしまう恐れがあり

あまりカメラは持ち出したくない。

また雪が降っている模様など撮影する場合も含めて

写真もそうだけど動画で撮影することが多い。

以前はビデオカメラでよく撮影していた。

ただ売っちゃったからな。

 

今年雪が降ったらスマホカメラで撮影する予定。

最近もスマホカメラで動画をいろいろ撮影してるけど

容量が気になって思い切って撮影出来ないので

200GBのメモリカードを買いたい。

microSDXC 200GB SanDisk サンディスク UHS-1 超高速U1 FULL HD アプリ最適化 Rated A1対応 専用SDアダプ付 海外向パッケージ品 [並行輸入品]

microSDXC 200GB SanDisk サンディスク UHS-1 超高速U1

FULL HD アプリ最適化 Rated A1対応 専用SDアダプ付

海外向パッケージ品 [並行輸入品]

今は64GBのカードを利用してて半年で32GBほど撮影した。

200GBあれば思う存分撮影出来るだろう。

スマホは防水対応モデルなので雪でも安心。

滑って落とさないようには気をつける必要はあるけど。

 

■梅

2月になると梅の季節が到来する。

満開になるのは例年3月始めだけど

早いシーズンだと2月末くらいに満開になる。

2月中旬くらいからは梅見モードになって

いろいろお出かけが始まる。

ピークは3月だけどね。

今年もまた梅を撮影しにお出かけする予定。

 

その梅だけど近所の公園にも咲いている。

毎年開花状況のチェックに撮影している。

この梅の撮影は単焦点レンズをよく使う。

僕が単焦点を使うようになったのは2013年だけど

まず撮影したのが梅だった。

その後毎年梅を撮影している。

Panasonic 単焦点 中望遠レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G 42.5mm/ F1.7 ASPH. / POWER O.I.S. ブラック H-HS043-K

Panasonic 単焦点 中望遠レンズ マイクロフォーサーズ用

ルミックス G 42.5mm/ F1.7 ASPH. /

POWER O.I.S. ブラック H-HS043-K

マイクロフォーサーズを売ろうと思ってるけど

なかなか売れないのはこの梅の撮影があるから。

42.5mm f1.7もいい感じに梅を撮影するのに適したレンズだ。

とりあえず梅の撮影までは持っておきたいが

そのまま売らずに桜やバラのシーズンを迎えそうだが。

 

という感じで1月と2月も

何もないけど色々探してカメラを持って撮影している。

とりあえずはロウバイだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

観劇と双眼鏡

  • 2018.01.14 Sunday
  • 22:41

舞台だったりコンサートだったりを見る時

ステージに近い座席が取れるとは限らず

遠いスタンド席となるケースも多い。

舞台でも後ろの方だとかなり遠い。

そういう時に双眼鏡があると大きく見ることが出来る。

観劇用の双眼鏡は今も人気がある。

 

双眼鏡は光学製品なので性能差が大きい。

安い製品はそれなりの画質に過ぎず

価格が高ければ解像感が高く明るく見ることが出来る。

デジカメのレンズと同じだ。

Vixen 双眼鏡 折りたたみ式オペラグラス オペラグラス3×28 ブラック 1208-19

Vixen 双眼鏡 折りたたみ式オペラグラス

オペラグラス3×28 ブラック 1208-19

観劇用の双眼鏡としてはオペラグラスが有名だ。

まあないよりマシだけど価格相応でそんなに良くはない。

本当に良い製品は解像度が全然違うし明るさも違うし視界の広さが違う。

 

僕はそうした観劇用の双眼鏡を2ついや3つ持っている。

Nikon 双眼鏡 遊 4X10D CF ダハプリズム式 4倍10口径 ワインレッド 4X10DCF (日本製)

Nikon 双眼鏡 遊 4X10D CF ダハプリズム式

4倍10口径 ワインレッド 4X10DCF (日本製)

我が家で一番よく使うのはこのニコンの遊。

コンパクトで高級感ある双眼鏡だ。

価格も1万円するだけあり光学性能はとても高い。

4倍という倍率は絶妙で視野が広くて明るくて見やすい。

3000円くらいの双眼鏡も持っているけど全然違う。

もう1つはCANONの5x17FCという双眼鏡。

これも明るく見やすくて素晴らしい双眼鏡だ。

これらの双眼鏡を観劇で利用している。

 

双眼鏡などはスペックで何倍とか倍率を表示されるが

高倍率が良いわけではない。

観劇だとせいぜい6倍くらいじゃないだろうか。

それ以上の倍率だと手ブレが気になってしまう。

また高倍率になると視界も狭くなってくる。

広くくっきり明るく見えれば4倍どころか

2倍くらいでも問題ない。

Vixen 双眼鏡 星座観察用双眼鏡 SGシリーズ SG2.1×42 19172-7

Vixen 双眼鏡 星座観察用双眼鏡

SGシリーズ SG2.1×42 19172-7

観劇用ではないが星空観測用で2倍の双眼鏡が出ている。

明るくくっきり広く見えれば倍率は需要ではないと。

8倍くらいになると明らかに視界は狭まってしまうので

観劇用としてはあまり向いていない気がする。

スポーツ観戦ならありだけどね。

 

ドーム球場のスタンドレベルだと

かなり離れてしまうので視界は狭くなっても

もう少し倍率は高いほうがいい。

それ故に7倍の双眼鏡も購入した。

Vixen 双眼鏡 フラットシリーズ フラットHF7×17 シャンパンゴールド 1638-09

Vixen 双眼鏡 フラットシリーズ フラットHF7×17

シャンパンゴールド 1638-09

この製品はCANONの5x17FCの姉妹モデルのようだけど

5倍と7倍とくらべてみるとその傾向の近いが見える。

コンサートなら断然5倍の方が良い。

ただ野球観戦でドームで利用すると7倍もありだ。

5倍だから駄目というわけではなく見え具合はそれほど違いはない。

高倍率だから遠くのものがよく見えるというわけではないんだ。

 

僕が今欲しいのはニコンのミクロン。

Nikon 双眼鏡 ミクロン 6×15 ポロプリズム式 6倍15口径 M6X15 (日本製)

Nikon 双眼鏡 ミクロン 6×15

ポロプリズム式 6倍15口径 M6X15 (日本製)

2万円を超える高性能モデルだけど

解像度が非常に高く素晴らしい双眼鏡らしい。

らしいというのは自分で見たことがないためだ。

1度でいいからその像を見てみたいなあ。

ただ既に十分な双眼鏡を持っているので

新たに買うのはもう少し先になりそうだ。

光学製品なので良いものを使っていきたい。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

4K動画撮影は必要か?

  • 2018.01.13 Saturday
  • 22:29

昨年秋の七五三の頃だったか

大きめの4Kビデオカメラを持って

子供の晴れ姿を撮影するパパママやジジババの姿が目に付いた。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB

光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ビデオカメラが最も使われているシーンは

おそらく子供の成長記録だろう。

写真でも撮影されるけど声や動きを含めて記録したい。

それ故にビデオカメラは欠かせない。

小さな子供が出演するイベントなどは

親がビデオカメラを持ってこぞって撮影している。

一眼カメラとかはあまりなくほとんどがビデオカメラだ。

そして近年急速に4K化が進んでいる。

 

子供の成長記録カメラの4K化が進んでいるのは

"子供の今の姿は今しか撮影出来ない"ためだ。

それで煽られて高価で重い4Kカメラを買って撮影する。

いずれ4Kが当たり前の時代になった時

低画質で撮影してたら価値が落ちると考えるのだろう。

ただ現状4Kビデオカメラは

正直コンパクト化があまり進んでおらず持ってて厳しい。

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ VX985M 64GB あとから補正 ブラック HC-VX985M-K

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ VX985M

64GB あとから補正 ブラック HC-VX985M-K

手振れ補正や画質では多少SONYに劣るものの

コンパクトで軽量なPanasonicモデルが人気なのも

やはり負担が大きいからだろう。

そこまでして4Kで残す必要はあるんだろうか。

でも後悔したくないという気持ちはあるのだろう。

 

FHDと4Kでは解像度は4倍違う。

それは10年以上前のハイビジョン化に匹敵かそれ以上だ。

その差はやはり大きいと思う。

僕自身SD画質からHD画質への移行が遅れて後悔したことがある。

あれは2005年の愛・地球博の時だった。

今思えばハイビジョンビデオカメラが既に発売されていて

1440x1080だけどHDVカメラで撮影してれば

もっと高画質で万博の模様を残せたのにと。

それがあったから4K動画撮影環境はわりと早く導入した。

最近FHDでもいいかもと思いつつも

4k60p目当てでiPhone8を買うなど4Kは重視しつつある。

今は視聴環境や編集環境はあまり整っていないけど

やはり今を4Kで残せるのは今しかないから

多少無理してでも4K環境は必要なのかなと思う。

子供の成長記録などならなおさらの話だ。

 

FHDや4Kのカメラでも

センサーやレンズ、処理チップなどにより画質は異なる。

現在コンシューマー用で最高画質の4Kビデオカメラを買うなら

CANONのiVIS GX10になるだろう。

http://cweb.canon.jp/ivis/lineup/gx10/index.html

昨年秋に発売されたビデオカメラ。

CANONのオンラインショップ専売モデルで

価格は27万円くらいするけど

大型センサーと高画質なレンズでさらに4k60p対応と素晴らしい。

たださすがにハイアマチュア向けなので

子供撮影でこれを使うには大きすぎるし負担も大きすぎる。

AX40やAX55などの4Kビデオカメラは

それに比べればはるかにコンパクトで負担なく撮影出来るので

現状はこの2機種かPanasonicのVX985あたりになるんだろう。

 

結論として僕は4Kは必要だと思う。

ただ無理のない程度にね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大口径標準ズームレンズ

  • 2018.01.12 Friday
  • 22:44

フルサイズのデジ一眼の標準レンズとして

現在利用してるのはEF24-105mm F4Lというレンズ。

ちょっと古いレンズだけど

Lレンズで画質も良くて満足している。

現在のところは買い替えなどは検討していないけど

このレンズを今後も標準レンズで使うべきなのだろうか。

 

以前僕はニコンのAPS-Cカメラを持っていた。

D40からD3100とステップアップして

その時に購入したのが17-50mm/f2.8のレンズだった。

大口径標準ズームというのは高性能レンズの代名詞であり

安い17-55mmなどのキットレンズではなく

いつか欲しいと思っていたんだ。

思ったよりも重かったけど画質は良かったなと。

フルサイズだとこの大口径標準はどれになるのか。

 

CANONのLレンズだと

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応

このEF24-70mm F2.8L IIが相当するようだ。

2012年と決して新しいレンズではないけど

最高クラスのレンズでズームレンズでありながら

単焦点のような解像感の高さや光学性能を誇るようだ。

ただし手振れ補正のISは搭載していない。

16-35mm f2.8が新モデルになったし

おそらく次はこれが新モデルになるのだろう。

そしたら当然ISは搭載されることになるかと。

 

Lレンズにこだわりがなければ

タムロンの最新のG2レンズがよさそうだ。

TAMRON 大口径標準ズームレンズ SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2 キヤノン用 フルサイズ対応 A032E

TAMRON 大口径標準ズームレンズ SP24-70mm F2.8

Di VC USD G2 キヤノン用 フルサイズ対応 A032E

昨年秋に発売された最新鋭のレンズで

手振れ補正のVCを搭載している。

CANONのLレンズに匹敵するほどG2レンズが優れているという。

Lレンズのブランドにはかなり劣ってしまうけど

CANONの新モデルが待てないならこちらだろうか。

どのみちCANONの新モデルが出たら24万円くらいするから

10万円くらいで買えるタムロンのモデルは安くて魅力だ。

そういえば70-200m f2.8も僕はタムロンを選んだんだったな。

 

いつか買うことがあるかもしれないけど

現状は優先度では超広角レンズのほうが先なので

まだまだ先の話だろう。

それに24-105mm f4Lにも満足してることだし

当分は縁がないかなあと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PanasonicミラーレスGシリーズ

  • 2018.01.11 Thursday
  • 22:37

僕は以前Panasonicのミラーレスカメラの

G5とG6を持っていた。

G5を買った後より動画性能に優れたG6に魅力を感じて

半年で買い替えたんだった。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G6 ボディ 1605万画素 ブラック DMC-G6-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G6

ボディ 1605万画素 ブラック DMC-G6-K

G6はFHD60p動画撮影に対応して

従来のPanaosnicミラーレスの魅力的な動画撮影を踏襲したモデルで

とても使いやすいミラーレスだった。

ただオリンパスのミラーレスがSONY製センサーを搭載して

高画質化を果たしていたため

写真画質はやや物足りなさを感じていたのも事実。

昨今は主力として利用していなかったこともあり

昨年春過ぎくらいに売却をしてしまった。

ただスタイルや持ちやすさなどはいいカメラだった。

 

G7以降に関しては購入は検討したけど

結局購入には至らなかった。

G7から少し高級路線に転換して価格帯もアップ。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G7 ボディ 1600万画素 ブラック DMC-G7-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G7 ボディ

1600万画素 ブラック DMC-G7-K

Pannasonicの他のカメラに搭載されている

空間手振れ補正&4K動画撮影を搭載して順当に進化したモデル。

ただセンサーはGX7譲りで高画質化はもう少しという感じだった。

価格帯はG7もG6同様に下がってきたため

購入は検討したんだけどFZ1000を持っていたため購入はしなかった。

 

G8からは本格的に高級路線になり価格帯もぐんとアップ。

エントリークラスに近かったGシリーズは

ミドルクラスのカメラとなった。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G8 ボディ 1600万画素 ブラック DMC-G8-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G8 ボディ

1600万画素 ブラック DMC-G8-K

ボディ内手振れ補正を搭載して

また基本機能もかなりアップしている。

ただG8に関してはセンサーはGX7MK2と同じ。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2 ボディ ブラック DMC-GX7MK2-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2

ボディ ブラック DMC-GX7MK2-K

たいして性能の変わらないGX7MK2の価格が

かなり抑えられているのに対してG8は2万円以上高いため

正直G8に関してはあまり魅力に感じなかったものだ。

僕自身GX7MK2は購入を検討していたんだ。

結局買わなかったけどね。

 

さて1月下旬にG9が発売される。

型番はDMCではなくDC-G9となっている。

これはGH5と同じ。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9 レンズキット 標準ズームライカDGレンズキット ブラック DC-G9L-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9 レンズキット

標準ズームライカDGレンズキット ブラック DC-G9L-K

G9PROとなっておりハイエンドモデルとなっている。

価格帯もレンズキットで28万円と

CANONやNIKONのエントリーフルサイズのレンズキットより高い。

センサー画質はGX8でオリンパスに追いついてきて

やっと同等クラスとなった。

ハイレゾ対応はオリンパスのOM-Dシリーズを意識したものだろう。

ただこの機種は4k60p動画撮影対応で注目されている。

GH5も対応してたけどあれは動画特化モデルに近い。

写真も動画もOKの高バランスな上位モデルと言えるだろう。

付属のキットレンズもG8の場合は

普通の12-60mmだったけどG9PROは

ライカブランドの12-60mm/f2.8-4.0なので全然別物。

オリンパスのOM-D E-M1 MarkIIをかなり意識したモデルと言えるかと。

 

ただこのG9売れるだろうか。

元々Gシリーズを買っていた人が

乗り換えるモデルではない。

全く別物のシリーズなので

それこそGZ1とか全く新しいシリーズとして

発売したほうが良かったような気もする。

最近ハイエンドミラーレスが人気なのは間違いないが

どうなんだろうなあ。僕には買えないからどうでもいいけど

G9PROの4k60pが普及機やエントリーモデルに

早く降りてこないものか待ち遠しい限りだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


recommend

ThruNite® TN4A【CREE XP-L V6 LED搭載 / 単3アルカリ乾電池×4本使用】 明るさMAX1150ルーメン/4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobe (Cool White)
ThruNite® TN4A【CREE XP-L V6 LED搭載 / 単3アルカリ乾電池×4本使用】 明るさMAX1150ルーメン/4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobe (Cool White) (JUGEMレビュー »)

単3電池x4本駆動のLEDライト。リチウム充電池不要なので手軽に使えてライトマニアの入り口としてオススメ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM