シグマ60mm f2.8 マイクロフォーサーズ

  • 2017.08.19 Saturday
  • 23:02

利用する機会は非常に少ないけど

今も持っているレンズがシグマ60mm f2.8。

SIGMA 単焦点望遠レンズ Art 60mm F2.8 DN ブラック マイクロフォーサーズ用 350635

SIGMA 単焦点望遠レンズ Art 60mm F2.8 DN

ブラック マイクロフォーサーズ用 350635

マイクロフォーサーズ用の単焦点レンズだ。

SONYのEマウント用にも出ているようだ。

 

以前僕はシグマの19mm f2.8と30mm f2.8のレンズを使っていた。

この2本のレンズでマイクロフォーサーズでの

撮影の楽しさを知ることになったわけだが

後にオリンパス25mm f1.8を購入したことで

2本のシグマレンズは既に売却済み。

ただあとから60mm f2.8は売らなかった。

それはこのレンズに手元に置いておきたいという

魅力があったから。

 

この60mm f2.8だけど

マイクロフォーサーズだと120mm f2.8と

中望遠クラスのレンズになる。

明るい中望遠ってことでかなり良いレンズで

雰囲気ある写真を撮影することができる。

今フルサイズで70-200mm f2.8を買いたいと検討してるが

それで撮影出来る写真の雰囲気を感じられるレンズといえる。

メインで使うには利用しづらいレンズだけど

サブカメラとしてはありで

ボディ内手振れ補正のあるボディなら

手振れ補正も利用出来て快適に利用できるかと。

 

正直価格が15000円くらいのレンズで

売ろうにもたいした価格にならないので

今後も所有して利用していきたいところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Karma Grip+GoPro Hero5 Black

  • 2017.08.18 Friday
  • 23:31

今年6月下旬に購入した

GoPro Hero5 Black。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-502

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ

HERO5 Black CHDHX-502

買ったものの思うようには使えてない。

購入前からこのカメラを買うなら欲しい製品があった。

それは3軸ジンバルスタビライザーのKarma Gripだ。

GoPro ゴープロ Karma Grip(カルマ グリップ) AGIMB-002-JK

GoPro ゴープロ Karma Grip

(カルマ グリップ) AGIMB-002-JK

僕はGoPro Hero5 Blackがほしかったんじゃなくて

GoPro Hero5 Black+Karma Gripがほしかった。

最近それを強く感じている。

Karma GripがないHero5 Blackは

持っていても意味がないため売ろうかなとか思ってるほど。

今後どうしようか。

 

選択肢としては

〇Karma Gripを買う

〇GoPro Hero5 Blackを売る

〇現状維持

この3つの候補があるわけだが

現状維持でいられる時間は長くはない。

2018年を現状維持で迎えることはないので

今年秋にKarma Gripを買わなければ売ることになりそう。

現状既に売ろうかなとか思っているけど

Karma Gripを買えば現状は変わると思われて

それを考えるとやはりKarma Gripを買いたいところだ。

FEIYU TECHの3軸ジンバルは買ってしまったが

こっちは売ることになりそうだな。

これを売ってKarma Gripを買う方向で考えていきたい。

 

ただ気になることは2つある。

1つはKarma Gripを買ってそれで満足できるのか。

僕が利用するのを想定しているのは

山歩きなどでショルダーベルトなどに取り付けるもの。

ただKarma Gripのままだと大きくて邪魔っぽい。

そこで延長ケーブルを買うプランを考えている。

【国内正規品】GoPro Karma Grip 延長ケーブル AGNCK-001

【国内正規品】GoPro Karma Grip 延長ケーブル AGNCK-001

これを使うことで操作性が抜群によくなる。

もっともこれだけで17000円弱かかってしまうけどね。

GoProのオプションは高いのでお金かかるなあ。

ただこれなら山歩きやら旅行の時など万能に使えそうだ。

もう1つの懸念は

DJI OSMO mobileとの競合だ。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

安定した動画を撮影するという目的では

この3軸ジンバルもあなどれない実力がある。

手軽さでは圧倒的にこっちのほうが上で

これがあれば必要ないんじゃないかと思うことすらある。

GoPro Hero5 Black+Karma Gripだと

競合してしまうんじゃないだろうか。

 

ということでKarma Gripはほしいけど

いろいろ他との兼ね合いで難しいなあ。

とにかくお金には限りがあるのでどうするかは考えていきたい。

デジカメのレンズとかPC関連で買い物するなら

Karma Gripはお預けでその場合はHero5 Black自体売ってしまうかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CANON 50mm f1.8

  • 2017.08.17 Thursday
  • 22:31

昨年7月に購入したCANONのEOS6D。

使っているのは24-105mm F4Lのレンズのみ。

Lレンズでとても良いレンズなのだが

交換レンズは利用したことがなくて

安いレンズでいいから使ってみたいなあと。

大口径ズームレンズは検討しているものの10万円を超える。

それゆえにもっと手軽な単焦点を今年買ってみようかと。

 

ということでCANONのおてがる単焦点といえば

50mm f1.8だなと購入検討中だ。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM

フルサイズ対応 EF5018STM

実売価格は15000円弱ととても安い。

旧モデルは1万円以下で売られてた気がするが

新モデルのほうがスペックアップしてるので

これで問題はないだろう。

フルサイズ対応なので安心。

中古価格はヤフオクで見ると12000円前後。

送料などを考慮するとあまり安くないので買うなら新品で問題ないかと。

 

実は去年本体を買ったときに

交換レンズとして50mm f1.8の購入は検討した。

でも買わなかった。

その理由は超広角や大口径ズームなどをいずれ買うため

中途半端なレンズは買わないほうが良いと考えたこともあるが

それ以上に同じ画角と明るさを持つレンズを持っていて

それがお気に入りで頻繁に利用していたこともある。

そのレンズはマイクロフォーサーズの25mm f1.8だ。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 ブラック マイクロフォーサーズ用 単焦点レンズ

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

ブラック マイクロフォーサーズ用 単焦点レンズ

マイクロフォーサーズでは35mm換算で2倍となるため

このレンズは50mm f1.8なんだなあ。

 

ただフルサイズで使う50mm f1.8はやはり違うんだろうなと。

だからちょっと使ってみたいなという気持ちはある。

秋の彼岸花の撮影などにぴったりかなと思うけど

どうだろうなあ。ただやはり買うなら大口径ズームかなとも思うし

我慢して次を見据えるのかも含めて検討は続けたい。

そう高くないレンズだけど買っても使わなくなってしまったら無駄だからな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

フルサイズ用望遠レンズ

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 22:35

今春から購入を検討しているけど

具体的な機種選定に進んではいるけど

多分今年購入することはないかなと。

予算的なものもあるけど

あまりモチベーションが上がってないためだ。

秋が近づけばやる気が出てくるかもしれないが

今はちょっと様子見という段階だ。

 

最有力候補はタムロンの70-200mm f2.8。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

今年新モデルが発売されたけどその旧モデル。

価格は時々73000円台まで下がっている。

中古の価格はまだあまり下がっていないが

最新モデルには劣るが十分な性能があり

価格も比較的安くて買いやすいレンズといえる。

 

次点候補はタムロン70-200mm f2.8の最新モデル。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 キヤノン用 フルサイズ対応 A025E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD G2 キヤノン用 フルサイズ対応 A025E

今年発売されたばかりのG2モデルだ。

手振れ補正や解像感などが強化されて

CANON純正Lレンズに匹敵する性能を誇る。

CANON純正は23万円超するので

それに比べれば10万円ほど安く買える。

 

この2つが有力だけど

もう1つ気になっているのはCANONの70-300mm。

Canon 望遠ズームレンズ EF70-300mm F4-5.6L IS USM フルサイズ対応

Canon 望遠ズームレンズ EF70-300mm

F4-5.6L IS USM フルサイズ対応

白いLレンズでこのレンズはわりとあちこちで見かける。

F2.8の大口径ではないけど解像感高いレンズでなかなか良さそう。

F2.8へのこだわりがなければサイズや重さも抑えられててなかなか良さそう。

またこのレンズは比較的中古が豊富なので中古を買うのもありかと。

これ以外ではフルサイズでは大口径ズームを買わず

マイクロフォーサーズ用のオリンパス40-150mm f2.8PROを買うプランもある。

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 防塵 防滴

マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO

この価格はタムロンの最新モデルと同じくらいの価格で

なかなか悩みどころだ。

 

どの場合でもおそらく買うのは来年になりそうだ。

今年は無理だなあ。

撮影が多いのは春と秋で今は閑散期。

9月頃から秋の撮影が始まるけど

その時に欲しければ安いタムロン旧型を買うことは

ありうるかもしれないが現状は分からない。

とにかく6月のアジサイを見に行って以来

フルサイズデジ一眼は使ってないので久々に使っていかないとな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロフォーサーズの万能ズーム

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 22:36

レンズ交換式カメラには

広角から望遠まで対応した万能ズームレンズが

発売されている。

これらのレンズはシグマやタムロンがお得意とするもので

またこれらのメーカーの売れ筋となっている。

ただ最近では純正メーカーもこうしたレンズを発売している。

レンズ1本で広い画角をサポートするため交換レンズを必要としない。

旅行などの際には役立つレンズといえる。

一方でこの万能ズームレンズだけしか使ってない人も多く

何のためのレンズ交換式カメラなのかという疑問を感じることもあるようだ。

 

さてマイクロフォーサーズにも

この万能ズームレンズは出ている。

Panasonic、オリンパスから発売されており

またタムロンからも出ている。

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-FS14140-KA

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用

ルミックス G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./

POWER O.I.S. ブラック H-FS14140-KA

Panasonicの14-140mmは

オリンパスやタムロンの150mmには望遠が劣るが

まあそれほど大きな差はない。

このカメラには他にはない手振れ補正機能をレンズに内蔵する。

Panaosnicのカメラの多くはボディ内手振れ補正を持たないため

この手振れ補正機能はとても重要だ。

OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ  防塵 防滴 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4.0-5.6II EZ-M14150F4.0-5.6II

OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ 防塵 防滴

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4.0-5.6II EZ-M14150F4.0-5.6II

オリンパスの14-150mmは手振れ補正機能はない。

オリンパス機はボディ内手振れ補正を持つためだ。

このレンズは防塵防滴に対応している。

OM-D E-M5シリーズなどはボディが防塵防滴なので

この手のレンズを使うことでボディとレンズで

防塵防滴になり安心して利用できる。

 

あとはタムロン。

TAMRON 高倍率ズームレンズ 14-150mm F3.5-5.8 DiIII マイクロフォーサーズ用 ミラーレスカメラ マイクロフォーサーズ専用 ブラック C001F-BLACK

TAMRON 高倍率ズームレンズ 14-150mm F3.5-5.8 DiIII

マイクロフォーサーズ用 ミラーレスカメラ

マイクロフォーサーズ専用 ブラック C001F-BLACK

タムロンの唯一のマイクロフォーサーズ用レンズだ。

出るといわれて遅れて2014年になったようやく登場した。

ただ翌年にオリンパス、Panasonicとともに既存レンズをリニューアル。

気づけば3本の中で一番古いレンズとなってしまった。

このレンズは手振れ補正は内蔵しない。オリンパスと同じだ。

実売価格が47000円前後と他の2本よりもかなり安いのが魅力。

 

僕は以前ニコンのデジ一眼を使っていた時

シグマの18-200mmのレンズを買ったんだ。

そしたら便利すぎてそればかり使っていた。

2011年に鹿児島帰省したときも持っていった。

あまりに便利すぎてレンズ交換式なのに

このレンズばかり使っててそれはいけないと

マイクロフォーサーズを使い始めてからは

この手の万能ズームレンズは避けてきた。

しかし最近はレンズを交換することが面倒に感じて

使える1本があれば十分ではないかと考えるように。

となれば万能ズームレンズはありかなと。

 

ただこの手のレンズは広角側が弱いという弱点がある。

昔は28mm相当あれば十分広角だと思っていたけど

今は24mmの広角に慣れているので28mmでは物足りない。

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S H-FS12060

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス

G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S H-FS12060

風景撮影など中心なら24mmから広角の

中望遠までサポートした万能ズームもありかなと思うけど

120mmだと万能とは言えないなあ。

やっぱり70-300mmの領域をサポートしていないとなあ。

タムロンくらいの価格ならいいんだけど

手振れ補正が内蔵してないのが残念だ。

 

ということで僕はオリンパスのE-PL6を中心に使ってるが

これは手振れ補正が弱いということもあり難しいところ。

そろそろ新しい万能ズームに期待したいところだな。

シグマあたりも出さないものか。

とはいえ新しいモデルは価格が高くなってしまうだろうが。

ということで検討中。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FEIYU TECH G360活用

  • 2017.08.14 Monday
  • 23:34

6月下旬に購入した3軸ジンバルのFEIYU TECH G360。

【国内正規品】FEIYU TECH G360 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル 【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】FEIYU TECH G360 3軸 ハンドヘルド

スタビライザー ジンバル 【日本語説明書付き・国内保証1年】

購入後は様々なカメラでテストをして

なかなか良い3軸ジンバルだということは確認したが

使えるコンデジが古いものしかなくて持て余している。

今後どう利用していこうか考えているところ。

 

この3軸ジンバルは

名前の通り360度カメラに対応した3軸ジンバル。

もっとも360度全方向を撮影出来るわけではなく

上方に障害物となるものを排除しており

天球を広く全方位で撮影することが可能だ。

360度カメラ以外でも超広角撮影などにも役になつ。

360度カメラ、アクションカメラ、スマホ、コンデジと

かなり広く対応している。

重さは100gから300gほどに対応しており

310gのLX9やTX1もぎりぎり行けそうだ。

 

このカメラを買ったのは

直接の理由はGoPro Hero5 Blackで利用するため。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-501-JP

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ

HERO5 Black CHDHX-501-JP

実際テストしてみたけど

問題なく利用することができた。

ただやはり多少大がかりになってしまう。

4K超広角の動画を撮影するならばっちりだが

普通の動画を撮影するなら

DJI OSMO mobile+Nexus5Xのほうが手軽なので

そちらのほうを多く利用している。

そのためこのG360もHero5 Blackもあまり出番はない。

 

いろいろテストして

このFEIYU TECH G360を利用すうのは

コンデジがベストではないかと思う。

それゆえに4K動画撮影などに対応した

300g以下のコンパクトデジカメを利用するのが理想。

この夏にPanasonicのTX1を買うか迷ってたけど

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1 光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1

光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

結局スマホを買ったため購入はしなかった。

ただこのカメラなら多少重さは300gを超えるけど

おそらく問題なく使うことができるだろう。

歩きながらなど手振れを抑えた動画撮影に最適だ。

LX9やRX100M4などもいけるだろう。

FZ1000は無理すぎる。

 

ということでG360活用には

動画に強いコンデジが必要だな。

中古でもいいから購入を考えようか。

LX100は400g近いから無理だなあ。

TG-5は250gだからいけるな。

せっかくあるんだから何かしら活用していこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

NIKON1 J5

  • 2017.08.13 Sunday
  • 22:33

nikon1 v2を持って利用しているけど

nikon1シリーズはかなり魅力的なカメラだ。

もっと売れてよいと思うカメラだけど

数多くのミラーレスの中で埋もれてしまった。

今はニコンがやる気を失っておりnikon1は放置状態。

そんな中で売られている唯一のボディがnikon1 J5だ。

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 標準パワーズームレンズキット シルバー J5HPLKSL

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5

標準パワーズームレンズキット シルバー J5HPLKSL

数あるミラーレスの中でも

とても魅力で価格も安価でいいカメラだと思うけど。

 

僕はnikon1ユーザーだが

このnikon1 J5は気になっている。

僕が持っているnikon1 v2より最新のセンサーを搭載。

ローパスフィルタレスはそのままに

より高感度に強くなっている。nikon1 v2は素晴らしく解像感が高いが

夜は画質が落ちるのは弱点だった。

nikon1 J5はその弱点が克服されているモデルだ。

またWifi/NFCも搭載しておりスマホ連携もばっちり。

液晶も可動式で便利そうだ。

 

通常のレンズキットには

10-30mmのパワーズームが付属する。

nikon1はCXフォーマットといって

1インチのセンサーを搭載している。

35mm換算だと2.7倍になるので27-81mm相当のレンズだ。

ただこのレンズだけではnikon1の魅力は伝わらないかも。

そのためどうせ買うならダブルズームかダブルレンズキットが良いかと。

ダブルズームキットは30-110mmの望遠レンズが付属する。

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルズームキット シルバー J5WZSL

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルズームキット シルバー J5WZSL

この30-110mmのレンズは僕も持っているけど

普通のキットレンズを凌駕する高画質レンズで

その実力は侮れない。

35mm換算だと81-297mmというレンズだ。

昨年秋はフルサイズデジ一眼とnikon1 v2+30-110mmで

様々な撮影を行ったけどほんと明るい屋外なら申し分ない高画質だった。

もう1つは18.5mm f1.8レンズとのキットだ。

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルレンズキット シルバー J5WLKSL

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルレンズキット シルバー J5WLKSL

単焦点レンズで

35mm換算で50mm f1.8の標準画角のレンズだ。

僕は使ったことはないけどかなり素晴らしいレンズのようだ。

30-110mmも18.5mm f1.8も単体で結構安く売られていたりする。

ただレンズキットで買ったほうがお得だけどね。

 

僕はnikon1でメインで利用してるレンズは

11-27.5mmというレンズだ。

Nikon 標準ズームレンズ 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6 ホワイト ニコンCXフォーマット専用

Nikon 標準ズームレンズ 1 NIKKOR 11-27.5mm

f/3.5-5.6 ホワイト ニコンCXフォーマット専用

とても中途半端な画角のレンズといえるが

この平凡なスペックのレンズが素晴らしい描写を誇る。

いわゆる抜けの良いレンズで非常にクリアに撮影出来る。

2015年にnikon1 v2+11-27.5mmを買ったけど

その実力はしばらくはあまり分かっていなかった。

2015年の秋に紅葉撮影で利用してみたらその画質にびっくり。

PCで見ると同じ1インチセンサーのネオ一眼FZ1000の画質は

はるかに凌駕していた。

さらにマイクロフォーサーズ+単焦点と比べても遜色ない。

いや勝っている。

さすがにフルサイズ+Lレンズには劣るけどその実力の高さを知り魅了された。

 

ということでNIKON1 J5をもし買ったとしても

僕は11-27.5mmのレンズで使いたいなあ。

あえて買うまでもないかなとか思うけど

Wifiとか高感度耐性とか欲しいからひょっとしたらひょっとするかも。

理想はニコンが後継機種や新しいレンズを発売してくれることだが

もう2年半も新機種が出てないし無理だろうね。

だからこそ今の処分価格で売られてるニコン1 J5は

将来性はないけど今出てるレンズで十分魅力的で堪能できるかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロフォーサーズのレンズ

  • 2017.08.12 Saturday
  • 23:36

昨日はボディについて書いたけど

今日はレンズについて。

去年フルサイズを導入したけど

大きくて重いため持ち出せないケースが多い。

そのため全廃を考えていたマイクロフォーサーズは

残すことにした。

今は2本の単焦点レンズ(25mm f1.842.5mm f1.7)のみ所有。

もう少しレンズラインナップを拡充したい。

 

必要だと思うレンズを考えているけど2つある。

1つは万能ズームレンズ。

フルサイズを持ち出せない時というのは

例えば旅行などの時。

移動が長かったり飛行機を使う場合などは

フルサイズを持っていくのは厳しい。

その場合は1本で万能に使えるレンズがあると便利だ。

その候補としては2本ある。

1本はオリンパスの12-100mm f4.0。

OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

新しく発売されたオリンパスの12-100mmは非常に素晴らしいレンズ。

CANONのLレンズに相当するオリンパスのPROレンズで

広角から望遠まで万能に使えるレンズとなっている。

これがあれば旅行などは十分だ。

弱点は価格が高いことだけど変なレンズを数本買うよりは

こうした高価なレンズを1本買ったほうが良いかなと最近は思う。

もう1本はPanaosnicのライカ12-60mm/f2.8-4.0。

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ライカ DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用

ライカ DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./

POWER O.I.S. H-ES12060

Panasonicの12-60mmはもう1本あるけど

このライカのほうはレンズが明るくまた高画質化している。

オリンパス12-100mmと比べると望遠は足りないけど

広角から中望遠まで見事に撮影することが出来て

画質は非常に良くていい感じ。

下手な単焦点レンズを買うくらいならこれがよさそうかなと。

弱点はこれも価格が高いことだ。

でもよいレンズを長く使うほうが結果的には正解ではなかろうか。

 

もう1つマイクロフォーサーズで

利用したいと思うのは大口径ズームレンズだ。

フルサイズで70-200mm f2.8の購入も検討してるが

200mmという画角は正直物足りないのではないだろうか

もう少し望遠のある明るいレンズがあればと思うのだが

マイクロフォーサーズならそれが実現できる。

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 防塵 防滴

マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO

フルサイズで大口径ズームだとかなり大きく重くなるけど

マイクロフォーサーズなら大きさも重さもかなり抑えられる。

それゆえに導入を検討している。

ただ迷いがあるとすればフルサイズならシグマタムロンのレンズも選べて

それなら価格は少し抑えられること。

広角風景撮影だけではないフルサイズの利用が可能なことがあり

今後フルサイズをどう活用していくかにより状況は変わりそうだ。

 

ということでボディとレンズと検討してるわけだが

レンズは基本的に上級モデルを中心に考えている。

単焦点レンズを買って気づいたのは

中途半端なレンズを買うよりお金をためて

良いレンズを買うべきであるということ。

単焦点も良いけど今ある2本でもう十分。

今後買うレンズは5万円以上、出来れば10万円クラス以上の

良いものを買っていきたいなあと。

これまでは買いやすさを考えて3万円前後のばかり買ってたが

それでは前に進めないから。

ということでお金をためなければ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Panasonic GX7MK2

  • 2017.08.11 Friday
  • 22:38

今年春に古いミラーレスカメラのボディは

ほとんど売却してしまった。

そして今残っているのはオリンパスE-PL6のみ。

このボディも廉価モデルであるため

あまり性能は高くはない。

マイクロフォーサーズは全面撤退しようかと思ったけど

フルサイズが思った以上に負担が大きくて

それゆえにやはりマイクロフォーサーズは残したいと思って

今は25mm f1.8と42.5mm f1.7の2本のレンズを残している。

今後さらに発展させていくためには

ボディが必要になるわけだが

あまり価格が高くなくてそれでいて性能の良いボディを探している。

 

現在次に購入するマイクロフォーサーズのボディの

筆頭候補として考えているのがPanasonicのGX7MK2だ。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2 ボディ シルバー DMC-GX7MK2-S

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス

GX7MK2 ボディ シルバー DMC-GX7MK2-S

このカメラはGX8ほどはスペックではないけど

Panaosnicのミラーレスとしてはミドルハイに位置する。

上位モデルの中の廉価モデルというような位置づけで

スペックはかなり魅力だが価格は抑え気味。

センサーは4/3インチ1600万画素。

ローパスフィルタレスで解像感はとても高い。

このローパスフィルタレスってのは結構重要で

PCでみるとその画質差は大きい。

PanasonicはSONY製センサー搭載後のオリンパス機に

センサーで負けていたけど最近は追い付いてきている。

GX7MK2は遜色ない高画質で撮影出来るモデルだ。

またボディ内5軸手振れ補正も搭載している。補正効果は4段分。

4K動画撮影や空間認識AFなどの機能も搭載して

ハイレベルな写真や動画撮影が可能だ。

 

これだけのスペックながら

ボディのみの価格は5万円かそれ以下となっている。

価格はやや変化しているけど

レンズキットのレンズ抜きでの販売も多くなっている。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2 標準ズームレンズキット シルバー DMC-GX7MK2KS

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2

標準ズームレンズキット シルバー DMC-GX7MK2KS

12-32mmのレンズキットが65000円ほどなので

このレンズがほしいならレンズキットを買ったほうがいいだろう。

以前使ったことはあるがとてもコンパクトなズームで

24mm相当からの広角で撮影出来るのは便利だ。

ただ望遠側は64mmと光学3倍に満たない倍率なので

旅カメラとして利用するには少し物足りないかもしれない。

でもパンケーキなみのコンパクト軽量サイズなのはほんと便利だった。

 

さてこのカメラが筆頭候補だけど

オリンパスの場合は

OM-D E-M5 MarkIIが筆頭候補になるわけだが

これはボディのみでの価格が8万円を超えてしまう。

E-M5 MarkIIは5軸手振れ補正でも5段分が効果が大きい。

また40Mハイレゾショットもフルサイズ並みの高解像度が実現出来て

素晴らしいとは思うけど動画はFHDどまりとなっている。

何よりGX7MK2より3万円以上価格が高いのはネックだ。

実際オリンパスがGX7MK2のライバルにしているのはE-M10 MarkII。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII ボディー ブラック

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII ボディー ブラック

ボディのみの実売価格は5万円弱とほぼ同じ。

5軸手振れ補正は4段分でGX7MK2と同じだ。

しかし4K動画撮影はできないしAFなども劣る。

GX7MK2より少し軽量なのはいいけど同じ価格ならGX7MK2のほうが断然上だろう。

 

そんな感じで考えると候補はGX7MK2ということになる。

もう1つ候補があってオリンパスのE-P5だ。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-P5 ボディ(ボディキャップレンズ BCL-1580セット) シルバー E-P5 BODY SLV

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-P5 ボディ

(ボディキャップレンズ BCL-1580セット)

シルバー E-P5 BODY SLV

2013年のカメラでAFや動画性能は既に古くなっている。

ただ5軸手振れ補正4段分を搭載するなど性能は悪くはない。

致命的なのはEVFを搭載しないことで

その点がネックで購入には至っていないけど

ネットで中古だと2万円台で買える安さは魅力的だ。

手振れ補正が必要ないのならPanaosnicのDMC-G7も

ボディのみなら意外と安くなっているかな。

 

ということでいろいろ候補はあれど

やっぱりGX7MK2がベストかなと。

とはいえ買ったとしていつ利用するか。

旅カメラとして利用するにはレンズが足りない。

単焦点だけで旅カメラで使うのは厳しい。

秋はサブカメラとして利用するのはありだがメインはフルサイズ。

となると今後どう使っていくか考えるとレンズの拡充も必要になる。

ボディか先かレンズが先かは悩むところだなあ。

マイクロフォーサーズのレンズについて明日考えてみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

iVIS mini Xへの未練

  • 2017.08.10 Thursday
  • 23:25

今年春にCANONのiVIS mini Xを売却。

音質や画質などとてもいいカメラだったけど

手持ちするには持ちづらく

また手振れ補正も超広角ではなかったので

利用する機会があまりなかったんだ。

昨年秋に生産終了になって今春になり

価格が高騰していたこともあり売ってしまった。

Canon デジタルビデオカメラ iVIS mini X 対角約170度 1,280万画素CMOSセンサー IVISMINIX

Canon デジタルビデオカメラ iVIS mini X

対角約170度 1,280万画素CMOSセンサー IVISMINIX

売れた価格は購入金額の1.8倍くらいだった気がする。

今も非常に高値で中古取引されている。

 

このカメラはビデオカメラだけど

アクションカメラのように超広角のレンズを搭載。

光学ズームなどは搭載していない。

画質はCANONのFHDカメラとしてなかなか良いが

超広角のレンズのゆがみはかなり大きい。

画質に関しては昨今の4Kアクションカメラのほうが

ずっと高画質といえるだろう。

今GoPro Hero5 Blackを持ってるけど

正直比較にならないほどHero5 Blackのほうが高画質。

ただiVIS mini Xには他にはない魅力があった。

それは圧倒的な音質の良さだ。

付属のマイクの性能が素晴らしく良かったので

音質は非常にクリアで臨場感のあるものだった。

大音量でもマイクがしっかりと音を拾って録音出来た。

音楽演奏などに適したカメラだったんだ。

僕の利用スタイルには向いていなかったけど

音の良さは本当に素晴らしかった。

 

手放していろんなカメラを使って

iVIS mini Xの音の良さを再確認して

今は売れなきゃよかったかなと少し後悔している。

ただ持っていたら使ったのかというとそうではない。

使わないけどいざとなれば使えるように持っていたかったというのが

おそらく正解ではなかろうか。

あまり使わないから売ったというのは正しい判断だったと思う。

2年で6回くらいしか持ち出さなかったから。

それでもやはり手元に置いておきたかったと思うのは

今高値になって価値の高さが再認識されてることもあるかな。

あともう1つ今僕がこのカメラの弱点を補える製品を持っているからかも。

 

手振れ補正がないという弱点だが

今年6月末に購入した3軸ジンバルを利用することができる。

【国内正規品】FEIYU TECH G360 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル 【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】FEIYU TECH G360 3軸 ハンドヘルド

スタビライザー ジンバル 【日本語説明書付き・国内保証1年】

この3軸ジンバルに取り付ければ

iVIS mini Xの弱点だった手振れは抑えられる。

ただ高感度マイクがジンバルの音を拾うかもしれない。

それは使ってみないと分からない。

それがどうなのか今確かめたいなあと思ってみたりしている。

もしジンバルの音が入らないのなら

画質はFHDだけど音質に優れた動画を手軽に撮影出来る。

今それを確かめてみたいなあという気持ちがあるかな。

最近DJI OSMOやGoPro Hero5 Blackなど

アクション系カメラを使っててみて

音の悪さを痛感していることもまたiVIS mini Xに惹かれる理由。

映像の画質を重視しすぎてきたけど

映像と同じように音質も重要だということに最近ようやく気付いたんだ。

 

今後iVIS mini Xのような高音質カメラは登場するかな。

もっとも似たようなカメラはいろいろ出ている。

ソニー SONY ビデオカメラ HDR-MV1 高音質 ブラック ミュージックビデオレコーダー HDR-MV1 BC

ソニー SONY ビデオカメラ HDR-MV1 高音質

ブラック ミュージックビデオレコーダー HDR-MV1 BC

このSONYのミュージックビデオレコーダーは

音質ではiVIS mini Xにかなり近いかなと思う。

ただ映像品質や使い勝手は劣る。

ZOOM ズーム ハンディビデオレコーダー  Q2n

ZOOM ズーム ハンディビデオレコーダー Q2n

Zoom Q2nは2万円弱の価格の安さが魅力。

これは乾電池駆動ってのはいろいろと厳しそうだ。

他の製品やその撮影した動画をYouTubeなどで見ると

iVIS mini Xの完成度の高さが伺えるというもの。

本当に良いカメラを売ってしまったんだなと。

 

ということで未練はある。

ただ売らなかったら良かったのかというと

またそれは別の問題だ。

実際使わなかったんだから。

欲しいもの=使うものは別のこと。

このiVIS mini Xはほしいものであり使わないものだった。

あえて言えば今後ビデオカメラやデジカメ動画などが

もっと音質を重視したカメラを出してくれないものかなと。

それがベストかなと。

高音質を売りにしていたビデオカメラが

生産終了になっていたことがショックかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


recommend

ラトックシステム スマート家電コントローラ リモコン スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる REX-WFIREX2
ラトックシステム スマート家電コントローラ リモコン スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる REX-WFIREX2 (JUGEMレビュー »)

エアコン等コントロール可能なネットワークリモコン。センサー類も充実していて多機能でおすすめ。ペットを飼ってる人にぜひ。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。これを買っておけばOKという鉄板。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM