WOWOW加入

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 19:39

11月1日になり予定通りWOWOWに加入した。

今月4日には「君の名は。」が放送されるし

11月から12月にかけてはヒット映画が多く放送されるので

映画ライブラリを充実させることが出来る。

これから2か月間はたくさんの映画などを録画して

NASにため込んでいきたいところ。

 

何故今日加入したのか。

WOWOWに加入するなら毎月1日が最適。

それは加入月無料になるため。

11月に加入すると

11月分の料金は無料で12月に料金が発生する。

ただ11月中に解約をしたら11月分の料金はかかるけどね。

WOWOWは月単位契約。

ゆえに1日に契約するのがベスト。

ちなみに解約は12月に行う予定。

月単位なので12月初めに解約の電話をしても

12月31日まで見ることが出来る。

2か月で1か月分の2484円で済む。

 

仮に11月から1月までの3か月契約すると

11月は無料、12月と1月は2484円かかることになる。

だから理想は2か月だけ契約してすぐ解約することだ。

もし1月に見たい番組があるのなら

12月・1月で契約するのもありだろう。

11月・12月と契約したのち

1月に再契約しても1月は加入月無料にはならない。

最低1か月はあける必要があり2月に再契約なら

2月分は無料で3月に料金が発生することになる。

だからWOWOWは僕のように2か月単位で

録画したい番組があるタイミングで契約する人が多い。

契約はネットでオンライン、解約は電話で行うことになる。

電話も解約が多いのかあれこれ聞かれることもなく

スムーズなので特に苦にならないかと。

 

WOWOWの契約はB-CASカード1枚あたりの契約になる。

NHKだと1世帯単位での契約になるので

自宅のNHK契約全て1契約で済むけどWOWOWは

B-CASカード単位だから要注意。

テレビ、レコーダーなどB-CASカードは多いけど

テレビのB-CASカードではなくレコーダーでの契約がおすすめ。

パナソニック 1TB 3チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRZ1010

パナソニック 1TB 3チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRZ1010

また出来ればトリプルチューナー搭載のモデルが理想。

WOWOWはプライム、シネマ、ライブと3つのチャンネルがある。

3チューナーのレコーダーなら3つのチャンネル全てを

同時録画することが可能になる。

2台のレコーダーを用意してもB-CASカード単位なので

契約してるB-CASカードを入れたレコーダーでしか

見ることが出来ないので要注意。

 

B-CASカードだけどそのカードにつき1度だけは

無料体験を利用することが出来た・・・けど

9月15日までのようでもうできないようだ。

ただ1度だけはe割が利用できるので

ネット経由で申し込めば1か月だけは1944円になるようだ。

ということでWOWOW加入するなら今がおすすめ。

厳密に1日でなくても上旬なら十分お得。

ちなみに君の名は。だけど

11月4日20時に放送されるけどその後も

11月26日にかけて6回再放送されるので多少遅れても安心。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末恒例WOWOW加入

  • 2017.10.23 Monday
  • 20:48

ここ数年は年末にWOWOW加入している。

今年はどうするか検討を始めているところだ。

加入したいのは12月。

WOWOWは知ってる人もいるだろうが

加入月無料だ。

ただ加入月に解約するとこの特典が得られずお金がかかる。

つまり2か月契約すれば1か月分の料金で済むわけだ。

12月に加入したい場合は

11月12月か12月1月で契約することが多いと。

以前は正月の音楽ライブ目当てで12月1月で契約してたけど

ここ最近は11月12月で契約している。

 

今年はどうしようか検討してるけど

僕が録画したいのは映画だ。

そして大ヒット映画がもうすぐ放送される。

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

そう君の名は。だ。

テレビ朝日系が地上波の独占放映権を得たってニュースを

春頃に見た気がするけどそれよりも前に

WOWOWで最速のテレビ放送が行われるようだ。

http://www.wowow.co.jp/movie/kiminonaha/

放送日は11月4日土曜日の20時から。

それに関連して新海誠監督作品の放送も行われるようだ。

ほかにも11月から12月はWOWOWでは映画が放送される。

その1年に放送された話題作などが再放送されることもあり

映画の録画ライブラリを増やすには最適な時期なんだ。

 

その録画だけど僕はPC録画を行っている。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PCにICカードリーダーでB-CASカードをつないでるが

そのカードでWOWOWを契約している。

2枚のTSチューナーカードを利用しているから

地デジx4、BS/CSx4を同時利用することが出来る。

1枚のB-CASカードで最大いくつのチューナーで

利用出来るのかはよく分からないけど

1台のチューナーだけだともったいないし

WOWOWは3チャンネルあり魅力的な番組が多いので

出来れば3チューナー以上あるケースが良いかと。

パナソニック 2TB 7チューナー ブルーレイレコーダー 全録 6チャンネル同時録画 4K対応 全自動 DIGA DMR-BRX2030

パナソニック 2TB 7チューナー ブルーレイレコーダー

全録 6チャンネル同時録画 4K対応 全自動 DIGA DMR-BRX2030

最近のBDレコーダーは多くのチューナーを搭載する。

ただPanasonicの場合だけど

有料放送が3チャンネルまでしか使えないようだ。

http://panasonic.jp/p-db/contents/manualdl/1428316846714.pdf

3チャンネル使えればWOWOWの

プライム、シネマ、ライブの3つを同時録画できるので

特に問題ないけどね。

 

ってことで11月1日になったら

WOWOWを申し込みたい。

申し込みはインターネット経由が簡単だ。

ウェブサイトへアクセスしてB-CASカードを用意して手続きする。

申し込みすれば15分程度で見られるようになる。

ちなみにそのB-CASカードで初めてWOWOWを契約する場合は

e割で初回のみ安く利用することが出来る。

僕は何度も契約してるからその特典は受けられないけどね。

11月1日になったら契約すれば翌月1日に料金が発生する。

12月になれば解約を電話で行えばいい。

解約理由は"2か月のみ利用する予定だったので"と毎回そうしてるが

実際聞かれたりしないけどね。

WOWOWは利用するときだけ契約する人が多いので

解約も多いから淡々とすぐ終わる。

12月中に解約手続きをしてもすぐ解約とならず

12月末日解約になるので大晦日まで安心してみていられる。

年越しライブを録画したいなら途中で切れることになるけど。

月末は解約電話が混雑するかもしれないので

解約すると決めてるなら早めに電話しておいて問題ないかと。

 

WOWOWは僕は2か月契約を続ける。

2か月なら利用開始月無料の恩恵を受けて月額2484円の料金で2か月使える。

つまり1か月1300円弱で使えることになりお得だ。

映画がたくさん放送されてレンタルで借りて来たり

定額動画配信などを利用するよりもフルHD高画質でCMなしで

しっかり残せるというのが利点で映画ライブラリはこうして

充実させてきたんだ。

2か月契約して解約後だけどその翌月に契約したら

利用開始月無料の特典へ得られない。

例えば11月12月契約して1月に再契約したら1月分から料金がかかる。

ルールとしては最低1か月間を置く必要があるので

11月12月契約したら2月に再契約すれば2月は利用開始月無料で

3月に料金が発生するという感じになるようだ。

WOWOWは映画だけじゃなくて

音楽ライブやスポーツなども放送されていて

例えばテニス好きの人は4大大会が行われるタイミングで契約するケースもあるようだ。

1月、5月6月、7月、8月9月って感じだから難しけど

5月と8月は少しなので我慢して

1月2月、6月7月、9月10月とかって感じで契約するんかな。

 

ともかく11月入ってから契約するようにしよう。

君の名は。の録画忘れないようにしないと。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくらの七日間戦争

  • 2017.10.05 Thursday
  • 20:14

僕が子供の頃に映画公開された作品。

ぼくらの七日間戦争。

最近Amazonプライムビデオで

久しぶりに見たんだけ懐かしかった。

ぼくらの七日間戦争

ぼくらの七日間戦争

ただ視点が全く変わってしまっていて

なんて生意気なガキどもだと思ってしまうあたり

子供の心などを失ってしまったんだなあと。

当時は感情移入した気がする。

 

今の教育がどうなのかゆとりなのか

脱ゆとりなのか分からないけど

僕が学生の頃は管理教育と言われていて

愛知県は特に厳しかった記憶がある。

小学校は何もなかったけど中学生が厳しかった。

校則でいろいろ縛られていた。

例えば男子中学生は丸刈りだと校則で決められていた。

今からすると驚くかもしれないけど

ほかにもいろんなルールが校則で決められていた。

 

ぼくらの七日間戦争は

そうしたルールに抵抗するレジスタンスみたいな

そんな感じの作品だったんだ。

ただ僕自身学校の先生は別に嫌っておらず

むしろ慕っていた。

中学の時の先生の1人は常に竹刀を持って

それは怖い先生だったけど生徒からは慕われていた。

叩かれることはあれどそれは生徒の側に非があるもの。

だから悪いことをしなければ怒られることもないし

何より生徒を愛して応援していたので映画のような感じは全くなかった。

悪いことに対して怒ってくれるのはいい先生だと思うんだけどな。

 

ともかくぼくらの七日間戦争のような

レジスタンスみたいなのは憧れていたけど

実際はあんな世界ではなくてよかったかなと。

映画自体は宮沢りえさんのデビュー作とやらで

ぼくらの七日間戦争  ブルーレイ [Blu-ray]

ぼくらの七日間戦争 ブルーレイ [Blu-ray]

それで話題になっていた感じで

当初はあまり関心もなかった記憶がある。

原作があることは映画のあとで知った感じだ。

映画館で見てないけどレンタルビデオかテレビで

わりとすぐに見た記憶がある。

内容は今思うとかなり無茶で戦車とかありえないけど

ただわりと好きな作品かなと思う。

ちょっと映画の中のほうが上だけど

近い世代だったこともあって思い入れはあったかな。

TMネットワークの主題歌は良かったな。

 

この映画の後で原作の存在を知り読むようになった。

宗田理さんがぼくらシリーズの小説を書いていた。

今でいうライトノベルみたいな感じだろうか。

ぼくらの七日間戦争 (角川文庫)

ぼくらの七日間戦争 (角川文庫)

映画の原作になった作品もあるけど

このシリーズはかなり長く続いていた気がする。

中学生が高校生になり大学生になって社会人になってと

かなり長くストーリーは続いていた。

ぼくらの天使ゲーム (角川文庫)

ぼくらの天使ゲーム (角川文庫)

もう内容はすっかり忘れてしまったけど

新刊が出たら毎回買っていたから多分ほぼ全部読んでいる。

基本的に中学時代のメンバーがそのまま大人になっていく中で

トラブルに巻き込まれたりしてそれを解決するみたいな感じだった。

宗教だったかの絡みで捕らえられてた仲間を救出するとか

そういう内容のがあった記憶がある。

あと大人の協力メンバーもいたっけ。

テレビ局の矢場さんだったかいたなあ。

ほんと忘れてしまった。

 

もうぼくらシリーズは終わってしまってるけど

もし続いていたら主人公たちは40代のおじさんだろう。

菊池、相原とかどうしているんだろうかと興味はある。

今この年代で読んで楽しめるか分からないけど

10代の若者なら楽しめるんじゃなかろうか。

今と昔の学生はかなり違うんだろうけどね。

ちょっと懐かしくなった今日この頃。

機会があればまた小説版を読んでみたいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こころ旅2017秋明日スタート

  • 2017.09.24 Sunday
  • 20:31

NHKのBSプレミアムで放送されている

にっぽん縦断こころ旅という番組がある。

http://www4.nhk.or.jp/kokorotabi/

その最新号である2017年秋が明日からスタートする。

春の旅では四国をスタートして関西から日本海側を通り

北海道まで走り抜けた旅だった。

秋の旅では長野県をスタートして愛知を通り

紀伊半島から四国を経由して九州へと向かう。

新作の放送を楽しみにしていたので待ち遠しい感じだ。

特に今回は地元愛知県やその周辺自治体も通るので

どこへ行くのかな?と気になったりしている。

 

この番組は2011年から放送されたらしいが

僕が見るようになったのはわりと最近。

2015年頃からチェックして完全に見るようになったのは

2016年秋の旅からだったと思う。

テーマ曲が本当に素晴らしくて

自転車のテンポの良さと郷愁を誘うメロディが本当に素敵。

NHK BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅2017」オリジナル・サウンドトラック

NHK BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅2017」

オリジナル・サウンドトラック

サントラも買ってしまった。

同じ音源なのにiTunesストアでも買ってしまったが・・・。

この曲の雰囲気NHKBSでかつて放送していた

最長片道切符の旅のテーマの"風の街"にも通じるものがある。

あの曲もリズムと郷愁がある曲だった。

ただこのこころ旅の曲にはそれにプラスして

疾走感があるんだな。風にのって走ってる感じが

歌からも感じられる本当に素晴らしい曲。

 

このこころ旅を見ると日本全国知らない場所がたくさんあるから

旅をしたくなってくる。

また旅の模様を動画で撮影したくなるかな。

自転車旅なのでスタッフがカメラを自転車にマウントして

それで撮影しているけどそのマウントが結構すごい。

火野さんの横にあるのがスタッフの撮影用自転車のようだけど

Tバーのハンドルの上にスタビライザー付きのマウントがあり

それにビデオカメラが搭載されているようだ。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX55 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX55 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX55 4K 64GB

光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX55 BC

撮影に使ってるカメラの詳細はよく分からないが

SONYの家庭用ビデオカメラっぽい感じだ。

画質はとても良いし手振れも抑えられている。

別に車などで追跡するスタッフは本格的な業務用カメラを抱えてるけど。

自転車スタッフは火野さん以外に4人から5人くらい?

火野さんに監督と呼ばれるスタッフがいるようで

ディレクターなのか構成作家なのかそのあたりの人のようだ。

 

スタッフを含めてずっと自転車で移動するわけではなく

鉄道なども利用しているようで

こころ旅のステージ部分を目的に向けて10キロほど走る感じのようだ。

その人のふるさとだったり思い出の地だったり

目的地に到着したらお手紙を読んで回想するという感じだ。

手紙を送る人は結構幅広い年代。

一番多いのはふるさとというか子供の頃の思い出などかな。

あと亡くなった家族とも思い出なども多いかな。

人それぞれ思い出の地というのはたくさん持っていると思う。

僕もそんなところがたくさんあるけど

テレビ番組を通じて火野さんが代わりに訪れて紹介してくれるという感じだ。

 

この番組は6年続いているので再放送とかで

昔のを放送することが多い。

明日からは放送されるから再放送は減るけど

これで秋の旅が終わった後はまた再放送シーズンになり

BSプレミアムなどをチェックしてれば昔の放送をチェックできるかと。

秋の旅の放送中も時々1週間休みで再放送が行われることもあるかなと。

僕も昔のは見てなかったけど再放送でいろいろ知った感じかな。

この番組がいつまで放送されていくか分からないけど

ずっと放送されればいいんだけど。火野さんの体力次第か。

いや案外スタッフのほうの体力が・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイとテレビ番組

  • 2017.09.15 Friday
  • 22:31

常夏のマリーンリゾートのハワイ。

実は僕は以前あまりハワイには関心がなかった。

海より山派であり海外でもハワイよりも

カナダやニュージーランド、スイスなど

山岳リゾートに興味があった。

PC録画してみる番組も山岳紀行番組が多かった。

ただその状況へ数年前から変わりつつある。

 

きっかけは両親が親戚と一緒にハワイ旅行へ行ったこと。

それでハワイの良さを散々聞かされた。

また両親がハワイへ行く前にハワイ関連のテレビ番組を

集中的に録画するようになりそのライブラリも増えて

それらを見ているうちにハワイ行きたいと思うように。

ついに今年1月実際にハワイ旅行へ行ってきたんだ。

とても良かった。ハワイは海も素晴らしいけど街も山もいい。

すっかり魅了されて次はいつ行けるかとか考えている今日この頃。

 

少しでもハワイ気分を高めようと

ハワイに関連した番組は録画している。

今定期的に放送しているハワイの番組は

BS12で放送中の"ハワイに恋して2"だけだろう。

http://www.twellv.co.jp/event/hawakoi2/

前シリーズは100回をはるかに超える長寿番組となり

終盤はかなりマニアックなハワイの番組になっていたが

シリーズ2になり原点に戻ったのか

初心者向けのハワイ紹介番組となっている。

ハワイを取り上げる番組は紀行番組、バラエティなど多くあり

地上波ではちょっと前に有吉の夏休みハワイの新作が放送されていた。

有吉の夏休み2014 密着100時間 in ハワイ もっと見たかった人のために放送できなかったやつも入れましたDVD 有吉の夏休み 密着100時間 in Hawaii もっと見たかった人のために放送できなかったやつも入れましたDVD

このシリーズは2014年から始まってるようでDVDなどが出ている。

ただ今年のはあまり面白くなかったな。

王様有吉という感じでただ有吉のイメージダウンのための番組のように感じた。

バラエティでハワイへ行くことは多いけど

リゾートであるハワイで普段と違う側面が見られてこそかと思う。

そういう点で大人気番組になったのは

BSフジで2010年頃から不定期で放送されている木梨目線憲酸のハワイ。

http://www.bsfuji.tv/kinashi/

木梨憲武さんがのんびりハワイを楽しむ番組で

芸能人仲間などもよく出てくる。

地上波で見るとんねるずはパワハラ系タレントのイメージだけど

この番組では全くそんなことはなくのんびりとして素敵な番組で

僕がハワイへ行きたいと思ったのはこの番組のおかげともいえるだろうか。

ただ最近は新作が全然出てないのが残念だけど。

過去の録画を1作目から見てまた楽しんだりしている。

あとは普通の旅紀行番組などで行くことがあるかな。

世界ふれあい街歩き [ハワイ] ホノルル/ハワイ島ヒロ [Blu-ray]

世界ふれあい街歩き [ハワイ] ホノルル/ハワイ島ヒロ [Blu-ray]

今は紀行番組が少なくなってしまったけど

世界ふれあい街歩きでも何度かハワイへ行っている。

ホノルルは2回くらい行っている気がするな。

 

これらのハワイの番組はPC録画したのちエンコードして

HDDに保存しているけど別途NASに保存して

いつでも見られるようにしている。

ハワイに興味があまりなかったころの番組も

紀行番組ということで結構録画していたもの。

ハワイの恋しては最初の頃はCSで放送してたらしく録画がないが

BS12で放送するようになってからはかなりそろってる気がするな。

下手なハワイマニアより録画は多い気がするけどどうだろう。

最近のハワイ番組の傾向はハワイ島かな。

1冊丸ごとハワイ島 完全版 (エイムック 3810)

1冊丸ごとハワイ島 完全版 (エイムック 3810)

これはハワイ島への空路が出来たことも大きい。

スポンサーとかで飛行機会社が入ってることが多いため

ハワイ島便のアピールのためにも取り上げることが多い。

スポンサーはJAL、ANA、ハワイアン航空など航空会社、

JTB、HIS、JALパックなどの旅行会社、

あとハワイやアメリカの観光局が提供するケースもある。

こうした番組は大手芸能事務所とタイアップした

単発番組も多いから土日の午後とかふと単発で放送されることがあり

録画を忘れないよう気を付ける必要があるんだなあ。

 

僕が次にハワイへ行くのは2018年4月から6月を予定している。

それまでに徹底的に情報収集して

また次行くところはどこがいいか考えておきたい。

次はホテルのグレードを少し落として

滞在日数を増やしたいと思っている。

今年1月は3泊5日だったけど理想は5泊7日だな。

あと円相場も重要で1ドル80円と120円では全く変わるから

円高が進めば旅行しやすくなるかなと考えたりしてるがどうなるか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワッキーの地名しりとり

  • 2017.08.31 Thursday
  • 19:24

週末に本を整理していた時に

クイックジャパンが数冊出てきた。

そのうちの1冊がこの地名しりとり特集。

クイック・ジャパン (Vol.58)

クイック・ジャパン (Vol.58)

ワッキーの地名しりとりはかなり前に

CBCの深夜番組で放送されていたコーナーだ。

愛知岐阜三重の地名が出れば終わりというルールだったが

三重県だけが出なくて2年以上旅が続いていたんだっけ。

最後に松坂が出て終わったのは2004年のことだった。

この本が出たのはそのあとだった。

 

それにしてもこの地名しりとりは当時凄いブームになった。

コーナーが放送されていたノブナガという番組は

僕はあまり好きではなかったけどこの地名しりとりは好きでよく見ていた。

年末年始やお盆などに総集編が放送されて録画していたものだが

その録画はどっか行ってしまったなああ。

ともかくワッキーは当時は大スターでイベントなどがあれば

すさまじい集客を誇っていたんだ。

当時全国的な人気が出ていて水曜どうでしょうとともに

地方発のローカル番組・企画として

様々なメディアで紹介されていたのを覚えている。

企画としては行き当たりばったり感が水曜どうでしょうに似てて

ファン層もすごく近かったと思う。

地名しりとりを放送していたころ水曜どうでしょうを知らなかったが

検索してたりすると水曜どうでしょうという名前が頻繁に出てきて

それで興味を持ち見るようになったんだっけ。

 

地名しりとりはゴールしてからも

しばらくはその加熱っぷりは凄かった。

DVDもリリースされている。

ワッキーの地名しりとり Vol.1 [DVD]

ワッキーの地名しりとり Vol.1 [DVD]

ただこれはテレビ放送版に比べればかなり編集されている。

あとしりとり相手も人によってはモザイクがかかったりで

こういうパッケージ化する場合は権利関係が大変なんだなと

そう思ったものだ。

おそらくそれが原因でネット媒体で再放送されることもなさそう。

地名しりとり伝説というコーナーだけ切り取った番組がのちに放送されたが

ほんと今となってはそれすらも懐かしく感じるなあ。

 

あれから長い月日を経て地名しりとりはもう完全に過去のものになっている。

同時水曜どうでしょうと並んで話題になっていたけど

水曜どうでしょうのほうがはるかに格上になり伝説となってしまった。

大泉洋さんの大活躍っぷりを見るとワッキーはスターになりきれなかったなと。

ワッキーは今ならある程度時間はあるだろうから

地名しりとり完全版として47都道府県の地名が出るまで

旅に出てほしいなあ。多分また人気出ると思うけどなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の映画

  • 2017.08.28 Monday
  • 19:26

先日夢で犬が出てきた。

僕は以前犬を飼っていたんだ。

2014年12月に亡くなってしまって

それから2年半以上の月日が経つけど

今も飼っていない。

ふと飼っていたことのころを思い出した。

これまで飼った犬は4匹。

やっぱり最後に飼っていた犬の印象が強いが

かけた愛情はみんな同じだった。

 

犬を思い出すと犬の映画のことも思い出す。

僕が昔から好きな犬の映画はマリリンに逢いたい。

<あの頃映画> マリリンに逢いたい [DVD]

<あの頃映画> マリリンに逢いたい [DVD]

かなり昔の映画作品だ。

沖縄の離島が舞台の物語。

劇場では見たことがないけど

レンタルビデオやらテレビ放送などで見たことはあるが

この映画は泣きたい時に見る映画作品になった。

何度見ても泣いてしまう。

 

あともう1作品思い入れがあるのは

犬と私の10の約束だ。

犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD]

犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD]

この映画は映画館へ見に行った。

見に行った頃まだ愛犬は元気だったけど

見て帰ってきてから思わず犬を抱きしめた。

最近は途中で愛犬を手放してしまう人がいるようだけど

そんなの絶対にありえないこと。愛犬は家族なんだから。

これも見ると泣いてしまう映画だ。

犬を今は飼いたいという気持ちはあるんだけど

別れのことを考えると怖くて飼えないんだなあ。

 

犬の映画ということだけど

文字通り"いぬのえいが"という作品があるようだ。

いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD] 犬とあなたの物語 いぬのえいが Blu-ray

いぬのえいがという作品は2つあるみたいだなあ。

また機会があれば見てみたいんだけど

犬を飼っていたころを思い出して泣いてしまうかもしれないので

見るなら1人で見ることにしよう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリーポッター

  • 2017.08.27 Sunday
  • 21:28

8月ももうすぐ終わるけど

振り返ってみるとハリーポッター三昧だった。

【Amazon.co.jp限定】ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット(8枚組)(オリジナルポストカードセット付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】ハリー・ポッター 8-Film

ブルーレイセット(8枚組)(オリジナルポストカードセット付) [Blu-ray]

賢者の石から死の秘宝PartIIの全作品を

最初から最後まで一気に見ることができた。

特に後半の作品はかなり暗い内容なので

以前1度見てからそれ以降見ていなかったけど

久しぶりに見た感じでがっつりハリーポッターの世界に

入り込むことができた。

 

また最新作の呪いの子の書籍版を読んだ

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き 

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部

特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

シリーズの作品だけど舞台版の脚本みたいな感じだったけど

ハリーポッターの新しい世界を堪能することができた。

これを読む前に1度ハリポタシリーズを

見直したいと思っていたので

ちょうどいいタイミングで読むことができた。

 

久々に見てやはりハリーポッターシリーズの良さを痛感。

思えばこの作品と出会ったのは・・もう何年前だろう。

映画公開したのは2001年の12月。

日本語版の書籍は1999年の12月に発売されたようだ。

僕が知ったのは映画公開前の夏くらいだから

2001年夏頃だったと思う。

となると今から16年も前のことなんだなあ。

大人気の本があると知り結構高かったけど購入したが

これが面白かった。

そして映画公開されて見に行ったのを覚えている。

ハリーポッターの映画は後半は薄気味悪くて恐ろしい世界だけど

最初のほうはファンタジー感満載で凄い世界が広がっていた。

音楽も素晴らしかったなあ。

このころはシリーズ作品が終わる日のことは考えていなかったけど

やがて原作が完結して映画も完結してしまった。

それだけ長い月日が過ぎてしまったということだろう。

 

書籍版は4作目までは手元に置いてあるけど

あの分厚い本は邪魔だったりする。

電子書籍版も昨今はリリースされているので

Harry Potter: シリーズ全7巻

Harry Potter: シリーズ全7巻

これを買ってすべて処分しようかと思うけど

書籍の手軽さには勝てないから

無理に売ることはやめてなんとか持っていようかなと。

 

いつかイギリスへロケ地旅したいなあと思ってるけど

あれから長い月日がたってしまった。

ヨーロッパは今も遠いからな。いつか行くことが出来れば。

このエントリーをはてなブックマークに追加

24時間テレビマラソン追跡

  • 2017.08.26 Saturday
  • 12:14

いよいよ本日が24時間テレビの放送日。

http://www.ntv.co.jp/24h/

まだ昼間だけど夜になると番組がスタートする。

今回の24時間テレビでは

チャリティーマラソンのランナーが誰か!?に注目が集まってる。

ネットを見たり僕の個人的な予想を考えると

本命:水卜アナ

次点:ブルゾンちえみ

大穴:石原さとみ

こんな感じだろうか。

2014年のTOKIO城島、2015年のDAIGO、2016年の林家たい平と

男性が3人続いたので今年は女性ではないかと僕は考えているので

この3人の誰かじゃないかと。

 

僕が正直誰が走るかではなくどこがスタート地点になるのか。

そっちのほうが興味を持っている。

以前テレビ番組で"当日日本武道館にいるメンバーの誰かがランナー"と

アナウンスされていたようだけどそれが間違いでなければ

スタート地点は武道館?それとも車で移動するのだろうか。

あらかじめスタート地点や走行コースには警備員をはじめとした

スタッフが配置されているだろうし

随行スタッフなどはあらかじめスタート地点にいるはず。

武道館スタートだとスタート地点があまりに明らかで

最初から人が集まって混乱するリスクがある。

誰にも明らかにしてないスタート地点のほうが

スムーズに走ることができる利点がある。

それ故にスタート地点は日本武道館ではないと思うのだがさてどこだろう。

走る距離などはランナー次第だけど女性なら80キロから100キロか。

性別よりも年齢のほうが重要で若ければ長い距離を走り

男性でも年配なら距離は短くなる傾向があるようだ。

ちなみに去年走った林家たい平さんは100キロでスタート地点は奥多摩。

今年はどこになるのだろう。

 

僕が毎年24時間テレビマラソンを楽しみにしてるのは

追跡班の存在があるから。

追跡班は走ったとされる公表数値が正しいことを確認するため

自転車などでランナーが走ったコースを走っている。

先行して走ったり後追いになったりするようだけど

毎年ほぼ正確な数値が出ており

以前言われていた車移動とかは行われておらずズルはないと。

しかし追跡班はスタート地点が分からないと追跡ができない。

そのため事前に様々な情報を集めて推測する。

一番は日テレのスタッフの車と警備体制のようで

それにより毎年スタート前にはスタート地点が判明して

そこに集結して追跡を行うようだ。

今年はランナーがまだ分からないゆえに苦戦していそうだが。

 

追跡班の中にはネット中継をしてくれる人もいる。

今年は代表的なネット中継班の方が参加できないようで

そのためネット中継を見て24時間マラソンを楽しむってことが

出来ないかもしれないのが残念だ。

昨今スマホやモバイルデバイスが普及したので

ネット中継は誰にでも手軽に行えるようになった。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)
ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム

空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

アクションカムやビデオカメラなどから

モバイルルーターやテザリング経由で直接ネット配信出来たり

スマートフォンを利用することで手軽にライブ配信が可能だったりする。

そういう人が増えてくれれば在宅組も楽しめるかなということで

少し期待をしているところだ。

 

さて今年はどうなることやら。

追跡班の方々はTwitterを利用しているので

そうしたまとめられたリストなどで同行がうかがえるかと。

しっかり追跡してゴールまで安全走行で頑張ってほしい。

あと近くの人は差し入れしてあげてほしいね。

さすがに関東まで持っていくのは厳しいから気持ちだけ応援しよう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

DVD/BDを買うということ

  • 2017.08.18 Friday
  • 22:32

DVDが登場する以前は

映画などのメディアを買うという習慣はなかった。

一部のマニアがレーザーディスクとかで購入してたが

所有するというのは一部のマニアのみで

一般の人には無縁だった。

ただDVDが登場する少し前から

セルVHSが登場する。

記憶にあるのはタイタニックのVHSが2巻セットで出ていたこと。

あとジブリ作品のセルVHSが人気だったということ。

1990年代後半にセルVHSが広がって

映画を買うという素地は出来つつあった。

 

そしてDVDが登場する。

DVDは当初はなかなか普及しなかった。

数が出ないから単価が高い。マニア向けだった。

しかしプレイステーション2の登場により

ハードウェアが圧倒的に普及して

それに合わせてソフトも大量に販売される。

その後PS2より安いプレイヤーも続々と販売されて

瞬く間にDVDは普及した。

そしていつの間にか一般人もDVDを買うようになっていた。

 

今はDVDからBDへと移行しているが

映画などを買うという行為は続いている。

「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray同梱5枚組 (初回生産限定)(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)

「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション

4K Ultra HD Blu-ray同梱5枚組 (初回生産限定)

(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)

DVD/BDなどで買って所有すれば

いつでも見ることができる。

昔は見たかったらレンタルビデオを利用するものだった。

買うには莫大なお金が必要だった。

それが今ではお金はかかるが多くの映画などを買うことができる。

ドラマやアニメなども同様だ。

映像作品はメディア化されて販売されている。

 

アニメなどは今やDVDやBD化して

そうしたパッケージ販売がアニメビジネスを

支えているといえる。

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)

視聴率は重要ではなくパッケージメディアがどれだけ売れるか。

売れれば人気シリーズとなり続編が放送される。

売れなければシリーズ化はされないということだ。

テレビで放送してもそれはただのパッケージを売るための

宣伝に過ぎないということ。

昔OVAというものがあった。

これはテレビアニメではなくパッケージメディアでしか

売ることがないアニメだったけど

今のアニメはテレビで放送しててもそれに近い感じがする。

 

ところでこの映画などを買うという習慣は

今後も続いていくのだろうか。

実は僕自身最近パッケージメディアを買わなくなった。

2000年代はDVDなどをたくさん買っていたんだけど

2010年代になり購入が激減。

最近ではすっかり買わなくなった。

理由はいくつかある。

価格面もあるがそれ以上に大量に置くことが難しいこと。

10本くらいならいいけど100本、1000本もDVD/BDを自宅に置くには

膨大なスペースが必要になる。それはあまり現実的ではない。

だから手元に置いているのは

本当にお気に入りの数本のみだ。それゆえに新しく買うことがなくなった。

特にドラマなどはそれが顕著で以前はERシリーズとか

DVD-BOXで買っていたけど今はお気に入りでも買わない。

 

その代わりに定額動画配信を利用するようになった。

これで映画やドラマなど多くの作品を見ることができる。

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

今お盆休みでHuluを1か月だけ契約してるけど

こうしたネット配信で十分に思える。

自分で所有するにはお金もそうだけど

保管場所などの負担も必要だ。

動画配信ならネット環境があればいつでも見られる。

保存場所も必要ない。

所有するということにもともと大きなこだわりがなかったため

こうした手法でも問題ないかと思う。

 

かつてマニアはLDなどを買って一般人は

レンタルビデオを利用していた。

それがみんなDVD/BDを買うようになったのが2000年以降。

しかし今また昔と同じように

マニアと一般人で変わりつつあるのではないか。

DVD/BDを一般人はもう買わなくなるんじゃないかなと。

それにより映画などのビジネスモデルも変わりそうだ。

映画業界はパッケージメディアが売れるようになり

規模が大きくなったけど今後動画配信が主流になると

どうなっていくんだろうな。

ヒット作とそうでない作品の格差が広がっていきそうかな。

既にその兆候は出ているけどネット配信だと

1割のヒット作が9割の利益を得るという状況になるようだが

まさにそうなっていくんだろう。

 

映画業界はこの先苦しむことになると思うが

パッケージメディアを値下げしたからといって

その分売れるわけではないと思う。

それ故に特に4KBDなどは無理に安売りすることなく

逆に高値を維持しておく必要とかあるんじゃないかな。

どうせもう一般人はあまり買わなくなるんだから。

マニアは多少高くても買うからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

大幅値下げで24800円に。
スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM