ハワイとテレビ番組

  • 2017.09.15 Friday
  • 22:31

常夏のマリーンリゾートのハワイ。

実は僕は以前あまりハワイには関心がなかった。

海より山派であり海外でもハワイよりも

カナダやニュージーランド、スイスなど

山岳リゾートに興味があった。

PC録画してみる番組も山岳紀行番組が多かった。

ただその状況へ数年前から変わりつつある。

 

きっかけは両親が親戚と一緒にハワイ旅行へ行ったこと。

それでハワイの良さを散々聞かされた。

また両親がハワイへ行く前にハワイ関連のテレビ番組を

集中的に録画するようになりそのライブラリも増えて

それらを見ているうちにハワイ行きたいと思うように。

ついに今年1月実際にハワイ旅行へ行ってきたんだ。

とても良かった。ハワイは海も素晴らしいけど街も山もいい。

すっかり魅了されて次はいつ行けるかとか考えている今日この頃。

 

少しでもハワイ気分を高めようと

ハワイに関連した番組は録画している。

今定期的に放送しているハワイの番組は

BS12で放送中の"ハワイに恋して2"だけだろう。

http://www.twellv.co.jp/event/hawakoi2/

前シリーズは100回をはるかに超える長寿番組となり

終盤はかなりマニアックなハワイの番組になっていたが

シリーズ2になり原点に戻ったのか

初心者向けのハワイ紹介番組となっている。

ハワイを取り上げる番組は紀行番組、バラエティなど多くあり

地上波ではちょっと前に有吉の夏休みハワイの新作が放送されていた。

有吉の夏休み2014 密着100時間 in ハワイ もっと見たかった人のために放送できなかったやつも入れましたDVD 有吉の夏休み 密着100時間 in Hawaii もっと見たかった人のために放送できなかったやつも入れましたDVD

このシリーズは2014年から始まってるようでDVDなどが出ている。

ただ今年のはあまり面白くなかったな。

王様有吉という感じでただ有吉のイメージダウンのための番組のように感じた。

バラエティでハワイへ行くことは多いけど

リゾートであるハワイで普段と違う側面が見られてこそかと思う。

そういう点で大人気番組になったのは

BSフジで2010年頃から不定期で放送されている木梨目線憲酸のハワイ。

http://www.bsfuji.tv/kinashi/

木梨憲武さんがのんびりハワイを楽しむ番組で

芸能人仲間などもよく出てくる。

地上波で見るとんねるずはパワハラ系タレントのイメージだけど

この番組では全くそんなことはなくのんびりとして素敵な番組で

僕がハワイへ行きたいと思ったのはこの番組のおかげともいえるだろうか。

ただ最近は新作が全然出てないのが残念だけど。

過去の録画を1作目から見てまた楽しんだりしている。

あとは普通の旅紀行番組などで行くことがあるかな。

世界ふれあい街歩き [ハワイ] ホノルル/ハワイ島ヒロ [Blu-ray]

世界ふれあい街歩き [ハワイ] ホノルル/ハワイ島ヒロ [Blu-ray]

今は紀行番組が少なくなってしまったけど

世界ふれあい街歩きでも何度かハワイへ行っている。

ホノルルは2回くらい行っている気がするな。

 

これらのハワイの番組はPC録画したのちエンコードして

HDDに保存しているけど別途NASに保存して

いつでも見られるようにしている。

ハワイに興味があまりなかったころの番組も

紀行番組ということで結構録画していたもの。

ハワイの恋しては最初の頃はCSで放送してたらしく録画がないが

BS12で放送するようになってからはかなりそろってる気がするな。

下手なハワイマニアより録画は多い気がするけどどうだろう。

最近のハワイ番組の傾向はハワイ島かな。

1冊丸ごとハワイ島 完全版 (エイムック 3810)

1冊丸ごとハワイ島 完全版 (エイムック 3810)

これはハワイ島への空路が出来たことも大きい。

スポンサーとかで飛行機会社が入ってることが多いため

ハワイ島便のアピールのためにも取り上げることが多い。

スポンサーはJAL、ANA、ハワイアン航空など航空会社、

JTB、HIS、JALパックなどの旅行会社、

あとハワイやアメリカの観光局が提供するケースもある。

こうした番組は大手芸能事務所とタイアップした

単発番組も多いから土日の午後とかふと単発で放送されることがあり

録画を忘れないよう気を付ける必要があるんだなあ。

 

僕が次にハワイへ行くのは2018年4月から6月を予定している。

それまでに徹底的に情報収集して

また次行くところはどこがいいか考えておきたい。

次はホテルのグレードを少し落として

滞在日数を増やしたいと思っている。

今年1月は3泊5日だったけど理想は5泊7日だな。

あと円相場も重要で1ドル80円と120円では全く変わるから

円高が進めば旅行しやすくなるかなと考えたりしてるがどうなるか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワッキーの地名しりとり

  • 2017.08.31 Thursday
  • 19:24

週末に本を整理していた時に

クイックジャパンが数冊出てきた。

そのうちの1冊がこの地名しりとり特集。

クイック・ジャパン (Vol.58)

クイック・ジャパン (Vol.58)

ワッキーの地名しりとりはかなり前に

CBCの深夜番組で放送されていたコーナーだ。

愛知岐阜三重の地名が出れば終わりというルールだったが

三重県だけが出なくて2年以上旅が続いていたんだっけ。

最後に松坂が出て終わったのは2004年のことだった。

この本が出たのはそのあとだった。

 

それにしてもこの地名しりとりは当時凄いブームになった。

コーナーが放送されていたノブナガという番組は

僕はあまり好きではなかったけどこの地名しりとりは好きでよく見ていた。

年末年始やお盆などに総集編が放送されて録画していたものだが

その録画はどっか行ってしまったなああ。

ともかくワッキーは当時は大スターでイベントなどがあれば

すさまじい集客を誇っていたんだ。

当時全国的な人気が出ていて水曜どうでしょうとともに

地方発のローカル番組・企画として

様々なメディアで紹介されていたのを覚えている。

企画としては行き当たりばったり感が水曜どうでしょうに似てて

ファン層もすごく近かったと思う。

地名しりとりを放送していたころ水曜どうでしょうを知らなかったが

検索してたりすると水曜どうでしょうという名前が頻繁に出てきて

それで興味を持ち見るようになったんだっけ。

 

地名しりとりはゴールしてからも

しばらくはその加熱っぷりは凄かった。

DVDもリリースされている。

ワッキーの地名しりとり Vol.1 [DVD]

ワッキーの地名しりとり Vol.1 [DVD]

ただこれはテレビ放送版に比べればかなり編集されている。

あとしりとり相手も人によってはモザイクがかかったりで

こういうパッケージ化する場合は権利関係が大変なんだなと

そう思ったものだ。

おそらくそれが原因でネット媒体で再放送されることもなさそう。

地名しりとり伝説というコーナーだけ切り取った番組がのちに放送されたが

ほんと今となってはそれすらも懐かしく感じるなあ。

 

あれから長い月日を経て地名しりとりはもう完全に過去のものになっている。

同時水曜どうでしょうと並んで話題になっていたけど

水曜どうでしょうのほうがはるかに格上になり伝説となってしまった。

大泉洋さんの大活躍っぷりを見るとワッキーはスターになりきれなかったなと。

ワッキーは今ならある程度時間はあるだろうから

地名しりとり完全版として47都道府県の地名が出るまで

旅に出てほしいなあ。多分また人気出ると思うけどなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の映画

  • 2017.08.28 Monday
  • 19:26

先日夢で犬が出てきた。

僕は以前犬を飼っていたんだ。

2014年12月に亡くなってしまって

それから2年半以上の月日が経つけど

今も飼っていない。

ふと飼っていたことのころを思い出した。

これまで飼った犬は4匹。

やっぱり最後に飼っていた犬の印象が強いが

かけた愛情はみんな同じだった。

 

犬を思い出すと犬の映画のことも思い出す。

僕が昔から好きな犬の映画はマリリンに逢いたい。

<あの頃映画> マリリンに逢いたい [DVD]

<あの頃映画> マリリンに逢いたい [DVD]

かなり昔の映画作品だ。

沖縄の離島が舞台の物語。

劇場では見たことがないけど

レンタルビデオやらテレビ放送などで見たことはあるが

この映画は泣きたい時に見る映画作品になった。

何度見ても泣いてしまう。

 

あともう1作品思い入れがあるのは

犬と私の10の約束だ。

犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD]

犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD]

この映画は映画館へ見に行った。

見に行った頃まだ愛犬は元気だったけど

見て帰ってきてから思わず犬を抱きしめた。

最近は途中で愛犬を手放してしまう人がいるようだけど

そんなの絶対にありえないこと。愛犬は家族なんだから。

これも見ると泣いてしまう映画だ。

犬を今は飼いたいという気持ちはあるんだけど

別れのことを考えると怖くて飼えないんだなあ。

 

犬の映画ということだけど

文字通り"いぬのえいが"という作品があるようだ。

いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD] 犬とあなたの物語 いぬのえいが Blu-ray

いぬのえいがという作品は2つあるみたいだなあ。

また機会があれば見てみたいんだけど

犬を飼っていたころを思い出して泣いてしまうかもしれないので

見るなら1人で見ることにしよう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリーポッター

  • 2017.08.27 Sunday
  • 21:28

8月ももうすぐ終わるけど

振り返ってみるとハリーポッター三昧だった。

【Amazon.co.jp限定】ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット(8枚組)(オリジナルポストカードセット付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】ハリー・ポッター 8-Film

ブルーレイセット(8枚組)(オリジナルポストカードセット付) [Blu-ray]

賢者の石から死の秘宝PartIIの全作品を

最初から最後まで一気に見ることができた。

特に後半の作品はかなり暗い内容なので

以前1度見てからそれ以降見ていなかったけど

久しぶりに見た感じでがっつりハリーポッターの世界に

入り込むことができた。

 

また最新作の呪いの子の書籍版を読んだ

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き 

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部

特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

シリーズの作品だけど舞台版の脚本みたいな感じだったけど

ハリーポッターの新しい世界を堪能することができた。

これを読む前に1度ハリポタシリーズを

見直したいと思っていたので

ちょうどいいタイミングで読むことができた。

 

久々に見てやはりハリーポッターシリーズの良さを痛感。

思えばこの作品と出会ったのは・・もう何年前だろう。

映画公開したのは2001年の12月。

日本語版の書籍は1999年の12月に発売されたようだ。

僕が知ったのは映画公開前の夏くらいだから

2001年夏頃だったと思う。

となると今から16年も前のことなんだなあ。

大人気の本があると知り結構高かったけど購入したが

これが面白かった。

そして映画公開されて見に行ったのを覚えている。

ハリーポッターの映画は後半は薄気味悪くて恐ろしい世界だけど

最初のほうはファンタジー感満載で凄い世界が広がっていた。

音楽も素晴らしかったなあ。

このころはシリーズ作品が終わる日のことは考えていなかったけど

やがて原作が完結して映画も完結してしまった。

それだけ長い月日が過ぎてしまったということだろう。

 

書籍版は4作目までは手元に置いてあるけど

あの分厚い本は邪魔だったりする。

電子書籍版も昨今はリリースされているので

Harry Potter: シリーズ全7巻

Harry Potter: シリーズ全7巻

これを買ってすべて処分しようかと思うけど

書籍の手軽さには勝てないから

無理に売ることはやめてなんとか持っていようかなと。

 

いつかイギリスへロケ地旅したいなあと思ってるけど

あれから長い月日がたってしまった。

ヨーロッパは今も遠いからな。いつか行くことが出来れば。

このエントリーをはてなブックマークに追加

24時間テレビマラソン追跡

  • 2017.08.26 Saturday
  • 12:14

いよいよ本日が24時間テレビの放送日。

http://www.ntv.co.jp/24h/

まだ昼間だけど夜になると番組がスタートする。

今回の24時間テレビでは

チャリティーマラソンのランナーが誰か!?に注目が集まってる。

ネットを見たり僕の個人的な予想を考えると

本命:水卜アナ

次点:ブルゾンちえみ

大穴:石原さとみ

こんな感じだろうか。

2014年のTOKIO城島、2015年のDAIGO、2016年の林家たい平と

男性が3人続いたので今年は女性ではないかと僕は考えているので

この3人の誰かじゃないかと。

 

僕が正直誰が走るかではなくどこがスタート地点になるのか。

そっちのほうが興味を持っている。

以前テレビ番組で"当日日本武道館にいるメンバーの誰かがランナー"と

アナウンスされていたようだけどそれが間違いでなければ

スタート地点は武道館?それとも車で移動するのだろうか。

あらかじめスタート地点や走行コースには警備員をはじめとした

スタッフが配置されているだろうし

随行スタッフなどはあらかじめスタート地点にいるはず。

武道館スタートだとスタート地点があまりに明らかで

最初から人が集まって混乱するリスクがある。

誰にも明らかにしてないスタート地点のほうが

スムーズに走ることができる利点がある。

それ故にスタート地点は日本武道館ではないと思うのだがさてどこだろう。

走る距離などはランナー次第だけど女性なら80キロから100キロか。

性別よりも年齢のほうが重要で若ければ長い距離を走り

男性でも年配なら距離は短くなる傾向があるようだ。

ちなみに去年走った林家たい平さんは100キロでスタート地点は奥多摩。

今年はどこになるのだろう。

 

僕が毎年24時間テレビマラソンを楽しみにしてるのは

追跡班の存在があるから。

追跡班は走ったとされる公表数値が正しいことを確認するため

自転車などでランナーが走ったコースを走っている。

先行して走ったり後追いになったりするようだけど

毎年ほぼ正確な数値が出ており

以前言われていた車移動とかは行われておらずズルはないと。

しかし追跡班はスタート地点が分からないと追跡ができない。

そのため事前に様々な情報を集めて推測する。

一番は日テレのスタッフの車と警備体制のようで

それにより毎年スタート前にはスタート地点が判明して

そこに集結して追跡を行うようだ。

今年はランナーがまだ分からないゆえに苦戦していそうだが。

 

追跡班の中にはネット中継をしてくれる人もいる。

今年は代表的なネット中継班の方が参加できないようで

そのためネット中継を見て24時間マラソンを楽しむってことが

出来ないかもしれないのが残念だ。

昨今スマホやモバイルデバイスが普及したので

ネット中継は誰にでも手軽に行えるようになった。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)
ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム

空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

アクションカムやビデオカメラなどから

モバイルルーターやテザリング経由で直接ネット配信出来たり

スマートフォンを利用することで手軽にライブ配信が可能だったりする。

そういう人が増えてくれれば在宅組も楽しめるかなということで

少し期待をしているところだ。

 

さて今年はどうなることやら。

追跡班の方々はTwitterを利用しているので

そうしたまとめられたリストなどで同行がうかがえるかと。

しっかり追跡してゴールまで安全走行で頑張ってほしい。

あと近くの人は差し入れしてあげてほしいね。

さすがに関東まで持っていくのは厳しいから気持ちだけ応援しよう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

DVD/BDを買うということ

  • 2017.08.18 Friday
  • 22:32

DVDが登場する以前は

映画などのメディアを買うという習慣はなかった。

一部のマニアがレーザーディスクとかで購入してたが

所有するというのは一部のマニアのみで

一般の人には無縁だった。

ただDVDが登場する少し前から

セルVHSが登場する。

記憶にあるのはタイタニックのVHSが2巻セットで出ていたこと。

あとジブリ作品のセルVHSが人気だったということ。

1990年代後半にセルVHSが広がって

映画を買うという素地は出来つつあった。

 

そしてDVDが登場する。

DVDは当初はなかなか普及しなかった。

数が出ないから単価が高い。マニア向けだった。

しかしプレイステーション2の登場により

ハードウェアが圧倒的に普及して

それに合わせてソフトも大量に販売される。

その後PS2より安いプレイヤーも続々と販売されて

瞬く間にDVDは普及した。

そしていつの間にか一般人もDVDを買うようになっていた。

 

今はDVDからBDへと移行しているが

映画などを買うという行為は続いている。

「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray同梱5枚組 (初回生産限定)(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)

「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション

4K Ultra HD Blu-ray同梱5枚組 (初回生産限定)

(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)

DVD/BDなどで買って所有すれば

いつでも見ることができる。

昔は見たかったらレンタルビデオを利用するものだった。

買うには莫大なお金が必要だった。

それが今ではお金はかかるが多くの映画などを買うことができる。

ドラマやアニメなども同様だ。

映像作品はメディア化されて販売されている。

 

アニメなどは今やDVDやBD化して

そうしたパッケージ販売がアニメビジネスを

支えているといえる。

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (6)

視聴率は重要ではなくパッケージメディアがどれだけ売れるか。

売れれば人気シリーズとなり続編が放送される。

売れなければシリーズ化はされないということだ。

テレビで放送してもそれはただのパッケージを売るための

宣伝に過ぎないということ。

昔OVAというものがあった。

これはテレビアニメではなくパッケージメディアでしか

売ることがないアニメだったけど

今のアニメはテレビで放送しててもそれに近い感じがする。

 

ところでこの映画などを買うという習慣は

今後も続いていくのだろうか。

実は僕自身最近パッケージメディアを買わなくなった。

2000年代はDVDなどをたくさん買っていたんだけど

2010年代になり購入が激減。

最近ではすっかり買わなくなった。

理由はいくつかある。

価格面もあるがそれ以上に大量に置くことが難しいこと。

10本くらいならいいけど100本、1000本もDVD/BDを自宅に置くには

膨大なスペースが必要になる。それはあまり現実的ではない。

だから手元に置いているのは

本当にお気に入りの数本のみだ。それゆえに新しく買うことがなくなった。

特にドラマなどはそれが顕著で以前はERシリーズとか

DVD-BOXで買っていたけど今はお気に入りでも買わない。

 

その代わりに定額動画配信を利用するようになった。

これで映画やドラマなど多くの作品を見ることができる。

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

今お盆休みでHuluを1か月だけ契約してるけど

こうしたネット配信で十分に思える。

自分で所有するにはお金もそうだけど

保管場所などの負担も必要だ。

動画配信ならネット環境があればいつでも見られる。

保存場所も必要ない。

所有するということにもともと大きなこだわりがなかったため

こうした手法でも問題ないかと思う。

 

かつてマニアはLDなどを買って一般人は

レンタルビデオを利用していた。

それがみんなDVD/BDを買うようになったのが2000年以降。

しかし今また昔と同じように

マニアと一般人で変わりつつあるのではないか。

DVD/BDを一般人はもう買わなくなるんじゃないかなと。

それにより映画などのビジネスモデルも変わりそうだ。

映画業界はパッケージメディアが売れるようになり

規模が大きくなったけど今後動画配信が主流になると

どうなっていくんだろうな。

ヒット作とそうでない作品の格差が広がっていきそうかな。

既にその兆候は出ているけどネット配信だと

1割のヒット作が9割の利益を得るという状況になるようだが

まさにそうなっていくんだろう。

 

映画業界はこの先苦しむことになると思うが

パッケージメディアを値下げしたからといって

その分売れるわけではないと思う。

それ故に特に4KBDなどは無理に安売りすることなく

逆に高値を維持しておく必要とかあるんじゃないかな。

どうせもう一般人はあまり買わなくなるんだから。

マニアは多少高くても買うからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメ今昔

  • 2017.07.24 Monday
  • 20:14

若い世代の部下と話をするときに

アニメについての話が出ることがある。

深夜アニメなどを好きでたくさん録画しているようだ。

ただ今のアニメは僕は全く知らない。

大人になってもアニメを見ている人はたくさんいるが

僕は紀行番組とかどちらかというと

NHK的な番組が好きなので合わない。

アニメが嫌いというわけではなく見る機会がない。

 

昔は見ていた。

そして何のアニメが好きでした?と聞かれるわけだが

さて何が好きだっただろうか。

藤子不二雄さん関係のアニメは一通りみていたな。

ドラえもん、パーマン、オバQ、ハットリくんなど。

ただ幼いころに見てて思い入れはそれほど強くないかなあ。

わりと思い入れがあるのはふしぎの海のナディア。

BS2の衛星アニメ劇場で見てハマった記憶がある。

ふしぎの海のナディア DVD-BOX

ふしぎの海のナディア DVD-BOX

DVD-BOXが発売されたときには買ってしまったほど。

ナディアは今でも人気が出そうなアニメかなと思う。

あとなんだろうなあ。

ドラゴンボールとかは見ていたし

セーラームーンは見てなかったけど多分その世代だろう。

エヴァンゲリオンは僕はハマらなかったけど

周りでハマった人は多かった。

 

僕がアニメでついていけないなと思ったのは

涼宮ハルヒの憂鬱という作品かな。

涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版)

涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版)

このアニメは2006年に最初放送されたらしいけど

既にネット時代だったこともありネットですごく話題になった。

ただもうそのころにはあまりアニメを見ていなくて

特にこのころには声優ブームが拡大していたけど

僕の知らない声優さんばかりでもう時代が変わったと痛感。

僕が知る声優ブームは1994年前後のブームだ。

声優グランプリとか声優雑誌が発売されたのはこのころだった。

声優さんが出演するアニメ関係のラジオ番組も増えた。

その理由はCD-ROMのゲーム機が増えて

ゲームの世界で声優さんが活躍する機会が増えたから。

林原めぐみさんや椎名へきるさんのように

歌手としてオリコン上位にランクインする人もいた。

当時J-POP黄金期でミリオンセラー続出のころだからすごい。

今の声優ブームはネット時代のブームで

ネット配信などでも活躍されているようだ。

ただ昔からの声優さんの名前を見るとホッとするね。

特に男性のベテラン声優さんは意外と活躍してて40代の声優さんは

1994年前後の声優ブームの時は若手として活躍してた人だ。

そんな話を部下としてみたりしたこともある。

彼らからすれば僕の知っている声優さんはベテラン。

若手という印象が強い堀江由衣さんですらベテランだからな。

 

せっかくだからと今のアニメで何かおすすめは?と聞いてみて

その中の1本をAmazonプライムビデオで見てみた。

エロマンガ先生というアニメ。すごくタイトルだけど

見ててこのアニメはハーレム系だなと。

主人公の男性の回りに女の子がたくさん出てくる漫画がハーレム漫画だが

そのアニメはハーレム系のアニメ。

代表的な作品はああっ女神さまっ。

ああっ女神さまっ コミック 全48巻完結セット (アフタヌーンKC)

ああっ女神さまっ コミック 全48巻完結セット (アフタヌーンKC)

大学の時の友達が凄く好きだったなこの作品が。

突然女神がやってきて一緒に住むことに。

さらにその後増えていくというのがパターンだろうか。

今もこの手のジャンルがあるんだなとちょっと安心した。

ただ1つよく分からなかったのはライトノベルというもの。

ラノベというものが人気というのは

数年前に聞いていたけどそれが題材になるものなのか。

ライトノベルは昔からあって

例えばスレイヤーズシリーズ、天地無用シリーズなどは

大ヒットしてアニメ化されている。

ライトノベルからアニメ化、ゲームかという流れは

1994年前後に確立されたもので今もそうした流れはうまれてるようだ。

あとゲームから小説化、アニメ化の流れも今もあるんだな。

 

ということでいろいろ今のアニメの状況を知ると

それらは1994年前後の

アニメブーム、声優ブームなどから紡がれたもだと知り

ちょっと安心する。

ただ当時は大量の書籍が発売されて人気だったけど

今はネット時代で雑誌などはあまり売れず

ネットサイトや有料サービスなどで広がっているようだ。

それが昔と今とでは決定的に違うものだなあと。

10年後20年後はどうなっているんだろうな。

多分だけど日本のアニメじゃない海外のアニメ作品が

かなり増えているような気がするなあ。

多分日本初のアニメは衰退しているんじゃないかという懸念が・・。

日本のアニメ産業の現状へ決して安泰ではなくむしろ危機。

なんとか頑張ってほしいところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

24時間テレビ今年のチャリティマラソンは!?

  • 2017.07.22 Saturday
  • 23:37

例年8月下旬に土日に日本テレビ系で放送される

24時間テレビ愛は地球を救う。

今年は8月26日・27日に開催されることは発表されている。

http://www.ntv.co.jp/24h/

既にメインパーソナリティーや

チャリティーパーソナリティも発表済み。

しかし例年なら発表されているはずの

マラソンランナーが今年はまだ発表されていない。

今年は行われないのだろうか。

 

チャリティマラソンはいつから始まったか記憶にないが

かなり前から行われていて24時間テレビの恒例イベントだ。

スタート地点は以前は神奈川県スタートが多くて

ゴールは毎年東京武道館だった。

ただ一昨年は埼玉スタート、去年は東京スタートで

あえて神奈川を避けているようだった。

神奈川から東京が多かったのは日本テレビが箱根駅伝を中継しており

それで神奈川県警との連携が出来ているからではないかと。

逆にここ数年神奈川が避けられているのは

8月下旬の土日に神奈川では花火大会が多く行われ

コースによってはかなりの混乱が予想されるため。

今年はどうなっているのだろうか。

 

今年は単に発表を遅らせているだけなのか

まだ決まっていないのかはわからない。

決まっていないのだとすると準備期間の短さが問題になるかもしれない。

行われないという可能性も否定はできない。

それはここ数年24時間マラソンでの混乱が酷くなっているため。

従来はコースはだれも知らずそれゆえに地元の人のみが

応援するという形だった。

しかしスマホ時代になり誰もがどこでもネットを使えるようになり

ネットで情報を探してランナーを探す人が増えた。

それはマナーとか関係なく野次馬的な人が増えてしまった。

これまでも追跡してる人はいたけど

中止されると困るから節度を守っていたわけだが

その辺り関係なく楽しければいいじゃんって人が

わんさか訪れるようになり一気に治安が悪化してしまった形。

 

ということでどうなるか気になっている。

僕は節度を守って追跡していた追跡班の活動を応援してたので

もし中止なら残念でならないが多分行われると楽観しているけど。

追跡班はマラソンランナーが本当に走っているのかを

確かめるために自転車で追走して実走行距離を出して

確かに走っていることを確認している。

一時期車でワープしてるんじゃないかとか

テレビ中継してないところでは寝てるんじゃないかとか

それどころか録画じゃないかとか言われたものだ。

実際中継映像に見えてLIVEマークがない場合は

録画の場合もあるようだ。そのあたりは追跡しつつ

Ustreamなどでライブ配信する人がいて

今は日産で休んでるからテレビで流れるのは録画だとか

まあわかったりするんだが・・。

 

ともかく今年24時間マラソンが開催されるか気になる。

気になるのはマラソンそのものよりも

開催されないと追跡がなくなってしまうことのほうが問題だから。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム

空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

自転車でもアクションカムを利用すれば

Ustreamへ直接配信出来たりする。

最近はスマホとツイキャスを利用してのライブ配信も増えている。

毎年8月下旬の土日はこの追跡をチェックするのが

楽しみだったんだけどそれを奪わないでほしいなと思ってみたり・・。

 

とりあえず追跡者のTwitterリストを貼っておこう。

24時間テレビの裏でこの追跡者たちが

活躍する時間がやってきますように。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

DVD、ブルーレイを買わなくなった

  • 2017.06.22 Thursday
  • 22:27

2000年3月4日にプレイステーション2が発売。

これまで映画やドラマ、音楽ライブなどを買うということは

考えたことがなかった。

ジブリ作品など一部VHSが売られたりしていたけど

映画はレンタルで借りて見るものだった。

それがPS2の発売でDVDがたくさん発売され

映画やドラマなどDVDを買うということが生まれた。

僕はその流れにのって

お気に入りの映画やドラマ、音楽ライブなど

かなり買い漁った記憶がある。

海外ドラマに当時はまりつつあり

ERシリーズのDVD-BOXなども買ったし

あと紀行番組も好きで世界の車窓からのDVD-BOXも買った。

昔のアニメのDVD-BOXなども発売されて

ふしぎの海のナディアのDVD-BOXは買った記憶があるなあ。

セルDVDの登場で映画、ドラマ、アニメ、音楽ライブは

パッケージメディアとなり大きく売上を伸ばした。

 

その後2005年には地デジが開始。

テレビ放送はハイビジョンが主流となり

DVDは見劣りするようになる。

やがてDVDからブルーレイへと時代は変わっていった。

ところがブルーレイへの移行はあまりうまくいかなかった感じだ。

PS2がDVD普及の後押しとなったが

その後DVDプレイヤーやDVDレコーダーなど相次いで発売されて

それで広く普及していった。

ブルーレイは確かにPS3が対応したけど

DVDのようには爆発的に広がらなかった。

その理由だけどDVDは旧作含めて

過去の作品全てがDVD化の対象になったのに対して

ブルーレイは基本的に新作中心。

旧作をわざわざ買い戻す人はそれほど多くはなく

それ故にブルーレイは静かなスタートとなったためだろうか。

ただ何年かしてBDは広がったけどネット配信が海外中心に広がり

パッケージメディアを買う動きが薄らいできてしまったと。

 

まさに僕自身がその流れの中にいると思う。

DVDでパッケージメディアを買うことにはまり

たくさんのDVDを所有した。

ただ持つことにあまり意味が見出だせなくなり処分。

そうしてやってきたBDの時代だけど買うことには慎重になり

気づけばネット配信が広がって買う必要はないと思うようになった。

とはいえ何度も見るお気に入りは買っておきたい。

BDで持ちたいと思うのはハリーポッターくらいかな。

【Amazon.co.jp限定】ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット(8枚組)(オリジナルポストカードセット付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】ハリー・ポッター 8-Film

ブルーレイセット(8枚組)(オリジナルポストカードセット付) [Blu-ray]

ハリーポッターはブルーレイ時代の映画作品であり

その高画質を十分活かすことが出来るコンテンツと言える。

ほかはあまりないかな。ドラマなんかは録画で十分。

むしろドラマのBOXは見る上で億劫なんだ。

20枚30枚もDVDやBDディスクを交換して見るのは面倒。

画質は多少悪くてもストリーミングなら次々と見ることが出来る。

今年も買うのは君の名は。くらいじゃないかな。

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・

エディション(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)

これも買うかどうか迷ったけど一応ヒット作だし見てみたいなと。

 

パッケージメディアに関しては

僕が一番思うのはディスク交換が面倒ということ。

これはDVDやブルーレイだけでなく

ゲーム機でも言える。

プレイしたいゲームソフトをゲーム機に入れるのは面倒。

昨今はDLゲームが増えていてディスクレスで遊べるのは便利だなと思う。

その便利さに慣れたからこそ余計にディスクを使うのが面倒。

レコーダーも普及して録画した番組は一覧に表示され

選んだ自由に見ることが出来る。

DVDやBDは棚から選んでプレイヤーに入れるってのは手間で

昔のジュークボックスじゃないけど

お気に入りディスク50枚とか収納して

選んで自動再生できたりするといいのになと思う。

 

そうした積み重ねからパッケージメディアは買わなくなった。

そして定額動画配信など最初は凄く抵抗があったけど

今はすっかり慣れた。買って所有したいとかつては思っていたけど

今では別に保つ必要はなく見たい時に見られれば問題ないと。

むしろDVD/BDは持つことへの負担が大きい。

買うこともそうだけどそれ以上に保管とかもね。

そういう意味でGoogle PlayやiTunesストアで

映画などを買切で売ってるけどああいうのでも良かったけど

あれらはパッケージメディアと変わらない高い価格で

それ故に買う気が起きない。

せめてデータ販売の場合は1作品1000円とかになってれば

今頃50本100本買っていたかもしれない。

今更値下げしたところで遅いけどそのあたり考えてほしかった。

 

4Kブルーレイとか登場してるけど

もう買うことはないかなと思う。

4K画質の映像配信もそのうち始まるだろうから

それで見られれば十分。

これが時代なんだろうか。

DVDが登場したときの映画などを所有したいと

買い込んだあの頃は何だったのだろうなあ。

今あの頃買った映画やドラマのDVDは9割以上は売ってしまったけどね。

もう置き場所ないしDVDディスクを再生する機器も

そのうち置かなくなるかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

水曜どうでしょう新作は?

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 21:38

今年の正月明けくらいだったか

水曜どうでしょうのHPに

"行ってきます"と表示されていよいよどうでしょう新作ロケが

始まったものだと大ニュースになった。

僕もてっきりロケへ行ったものだと思っていたのだが

その日の夜くらいだったか鈴井さんが否定。

???どうなってんだろう。

ロケをしたのかしていないのか。

 

ただその後水曜どうでしょうのロケは行われたと発表されている。

http://www.radionikkei.jp/podcasting/hige/2017/01/player-2017125.html

どちらも合っているというのはどういうことだろう。

 

8日の早朝に出発して空港へ行ったと。

今回はアフリカと違い4人だけ。

国内は流石に目撃されるからないと思うが・・。

 

ともかくあれからもう5ヶ月以上になるが何も音沙汰がない。

2013年の場合は4月ロケの10月放送だったけど

今回は1月ロケで多分アフリカより短いと思われるため

もう番組は出来ているんじゃないかと思うんだけどどうかな。

その後調べてみたらロケは1回じゃない、まだ続いているというようだ。

嬉野さんのインタビューを見る限り今年いっぱい撮影が続いて

来年に放送されるような感じなのだろうか。

となると何だろう。

思い浮かぶのはシェフ大泉の企画で農作物を作ったり

陶器を作ったりした企画。あれはかなり日数がかかった。

空港へ向かうということは北海道ではないということだし

全く同じような企画はならないだろうからさて何だろう。

日本のどこか、あるいは海外のどこかで何かを作っているとか。

海外でも韓国や台湾くらいなら手軽に行けるし目撃情報も防げる。

ただ何をしているのだろう。

 

僕の予想だけど

これはないと思うのは

サイコロの旅だ。

この企画は初期だからこそ実現出来たもの。

ランダムで行き先を決めるというのは面白いが

移動時間ははっきり言って無駄になる。

特に深夜バスだと撮影もまともに出来ないため

放送日数も稼げない。だから初期の企画であり

その後は原付きやレンタカーなど移動中にも撮影ができて

会話などが出来るものになっている。

ただ一方で決められた旅は面白くはない。

前作のアフリカが不評だったのは旅行ツアーのようで

突発的な要素がなかったことだ。

トラブルを回避しようと準備しすぎるのは海外旅行で必要だが

水曜どうでしょうの番組的にはマイナス面だったと。

つまりサイコロの旅のような主に大泉さんが

どこへ行くか分からないドキドキ感と

それでいてロケ中に会話などを収録しやすいもの。

 

さて僕の予想でこれだというのは

ずばりカレンダー撮影。

1月スタートで何度かロケに行くというので予想してみる。

年12回ロケへ行くのかというとどうだろう。

まとめて行くかもしれないし2ヶ月表示のカレンダーかも。

9月にイベントがあるらしいがその最後でカレンダーの予約受付。

そして12月に発売して

そのカレンダー撮影の模様は2018年に放送と

そういう感じではなかろうかと思う。

 

まあともかく秋のイベントで何かしら発表があるのではなかろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。これを買っておけばOKという鉄板。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM