ハワイのテレビ番組

  • 2017.03.13 Monday
  • 19:27

今年1月にハワイ旅行へ行ったけど

その前からハワイ関連のテレビ番組をチェックしていた。

ただそんなにたくさんあるわけではないかな。

今放送されているハワイに関してはレギュラー番組は

BS12で日曜日夜に放送されている"ハワイに恋して"のみ。

http://www.twellv.co.jp/event/hawakoi/

この番組は本放送と再放送を繰り返して放送してるので

実質月2回放送くらいのペースだけど貴重なハワイ情報番組・・・だった。

しかし3月19日の放送で最終回。

あと最近はあまり放送されていないけどBSフジの

木梨目線憲さんのHAWAIIも人気のシリーズだ。

http://www.bsfuji.tv/kinashi/

これは以前は年数回放送してたけど最近は年1くらいになってしまったが。

ただそれ以外にも不定期で様々な番組がハワイを取り上げている。

 

世界ふしぎ発見では過去何度かハワイを取り上げている。

アド街ック天国でもハワイ出てきてたし

NHKの世界ふれあい街歩きでも出てきている。

世界ふれあい街歩き [ハワイ] ホノルル/ハワイ島ヒロ [DVD]

世界ふれあい街歩き [ハワイ] ホノルル/ハワイ島ヒロ [DVD]

これらの番組の録画をこないだ久々に見たけど

1度でも行って歩いた風景だとまた違うものだなあ。

ほかにも様々なバラエティでハワイロケへ行ったりしてる。

有名なのはモヤさま、とんねるずのみなさんのおかげでしたとか

他にも定期的にハワイロケへ行くバラエティがあったような・・。

不定期で行くのは多いけどチェックしてればたまに放送をする。

ただ毎週放送といった番組は残念ながらないけどね。

 

ハワイ旅行へ行った後は

余計にハワイの番組が見たくなったけど

残念ながらたまにしか放送されていない。

DVDやBDもあるんだけど数は多くはない。

virtual trip HAWAII HD SPECIAL EDITION(低価格版) [Blu-ray]

virtual trip HAWAII HD SPECIAL EDITION(低価格版) [Blu-ray]

観光番組よりもBGVっぽい映像番組が多いかな。

NHKの映像散歩的なもの。

NHKの深夜の映像散歩でもたまーにハワイの映像が流れている。

BSTBSの深夜にもハワイの映像がたまに流れている。

ただそれじゃなくてそこそこ観光しているのを見たいかなと。

 

ということで過去の録画をチェックしたりしている。

僕は2003年以降にDVD録画を始めて

2007年くらいからPC録画を始めて紀行番組を中心に

かなり多くの番組を残してきている。

それらの中にもハワイのは非常に多い。

というか昔はハワイが特別好きではなく

ただの紀行番組として録画してエンコードしたものだったが

よくぞ昔の自分よ録画して残してくれていたという感じで

最近それらを見ている。

トラベリックスとか世界ふれあい街歩きとか・・。

BS日テレではアロハチャンネルという番組も2007年頃まで放送されてたし

BSTBSがBS-iだった頃も紀行番組でハワイがたくさん出てきていた。

今は紀行番組が減ってしまったけど

昔は半分くらいの番組が紀行番組だったので

相当ハワイの番組も放送されていたようで

全ては残っていないけどある程度は録画してて見ることが出来ている。

それらを見つつ新たな番組が放送されるのを望む。

 

最近はBSデジタルも地上波もそうだけど

国内ロケの番組が圧倒的に増えた。

経費節減なのか海外ロケの番組は減ってしまった。

例えばBS日テレなどはかつて海外紀行番組をたくさん放送してたが

最近は国内紀行番組に変わって京都とかの番組になってしまった。

地上波の再放送や通販番組も増えて紀行番組が相対的に激減してる中で

さらに紀行番組の中でも海外の割合が激減してるため

海外紀行番組はもはや絶滅危惧種に。

ハワイは今観光客が増えてブームになっているけど

それでもあまり取り上げられることがない状況なんだなあ。

JTBとかJALとかHISあたり恩恵を受けているのだから

スポンサーになってそういう番組を放送してもらいたいものだな。

 

ということでもっとハワイの番組が放送されることを望む。

というかハワ恋の最終回が辛い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昔のバラエティ番組が見たい

  • 2017.01.09 Monday
  • 21:28

先日正月番組を見ていたら

昔のバラエティ番組のことを思い出して

それを見たくなった。

しかし見たいと思ってもそう見られるものではない。

ドラマなどはレンタルDVDなどを借りれば

大半のものは見ることが出来るけど

バラエティ番組ってあまりない。

大ヒットした作品ならばDVDが出ていたりする。

TBS テレビ放送50周年記念盤 8時だヨ ! 全員集合 2005 DVD-BOX (通常版)

TBS テレビ放送50周年記念盤

8時だヨ ! 全員集合 2005 DVD-BOX (通常版)

全員集合とか水曜どうでしょうとか大人気作なら

お金さえ払えば見ることが出来る。

ただDVD化すらされていない番組がほとんど

それらは再放送されることはないだろうから

録画がなければ絶対見ることが出来ない。

 

どうしても見たい場合はどうするか。

うちのブログでもたまにコメントがあるけど

検索してひたすら録画して残している人を探す。

そしてその人にお願いをするというもの。

無償提供は無理なら多少のお礼を支払うことを言えば

応じてくれる人がいるかもしれない。

それくらいエネルギーを費やせばたどり着けるかもしれないが

ほとんどの場合は無理だろう。

録画して残していなければ見たいと思っても見られない。

そういうのが録画依存や無駄に録画して残してしまう要因なのだが・・。

 

今回探している番組は

メーテレでかつて放送していたげりらっパという番組。

さまぁ〜ずの番組だ。

何を見たいと思ったのかというと

先日何かの番組でマイナスターズというのが出てきて

以前げりらっパで沖縄かなんかでやってたなというのを思い出して

それを見たくなったというわけ。

実はこの番組は昔録画してDVD-Rに残していたんだけど

残すDVD-Rが5000枚とか1万枚近くになり

とても管理出来なくなり6年前くらいだったかほとんど捨ててしまった。

このマイナスターズが出たげりらっパは2017年1月に放送されたらしい。

この時点ではPC録画はまだ小規模で紀行番組中心だからないな。

YouTubeとかにたまにアップロードされているけど

まあないだろうな・・。

 

まあこうした過去の番組などは

出来れば配信してほしいなあ。

定額動画配信コンテンツとして十分魅力。

一番は権利関係なのかもしれないな。

特にロケバラエティなどは一般人が大量に写り込んでるから

1人1人の許可を求めていたらキリがない。

DVD化などの妨げにもなっているわけだ。

テレビ放送がOKならネット配信もOKにしてほしい。

それなら新たに許可を取る必要が無いと思うけどね。

 

それが無理ならそれぞれが録画したデータを持ち合って

共有して録画共有グループみたいなのを作れば・・・

なんて思ったけどそれって一時期ネットで流行し

その後検挙されまくったファイル共有そのものだ。

当時何故捕まるのにアップロードするなんてアホだなと

そう思ったりしたけど

それぞれが協力分散して録画エンコードして

持ち寄って共有していたのならありだなと思ってしまう。

今もクローズドなそういうコミュニティがあるかもね

クローズドなら外にもれなくてバレなくて捕まらない。

ただそれでテレビ局には何らお金は入らない。

 

昨今定額動画配信などは権利者にも

しっかりお金が入るわけで月額1000円くらいで

昔の番組の配信とかしてほしいなあ。

ドラマとかじゃなくバラエティ番組で・・。

そうそうげりらっパを探しているんだけど

いろいろ存在を忘れてた録画が見つかって

ついついそれを見てしまっている。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 ! 名作 & 傑作トーク集 [DVD]

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰

+ 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 !

名作 & 傑作トーク集 [DVD]

大晦日恒例の笑ってはいけないシリーズの録画とかね。

今思えばこの温泉辺りが一番面白かったなあ。

まあDVDが出ているものは録画にそれほど価値ないけど。

 

昔のデータとか探してたら昔の番組が

さらに見たくなってしまったなあ。

でも見たいと思っても見られないのは歯がゆいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ番組はつまらない!?

  • 2017.01.04 Wednesday
  • 22:31

年末年始の番組を見ていて

僕自身いまいちに感じている。

昔に比べると見たいと思う番組が減ってしまった。

とりあえずレコーダーで録画したりしてるが

微妙だなという番組が多かったな。

紅白も空回りしてる感じもあったがあれはまだいいほうだ。

 

しかしこれはテレビ番組がつまらなくなってるのだろうか。

ただ同じ番組でも楽しんで見ている人も多い。

それを考えると僕自身がテレビ番組を

楽しめなくなってしまったのではないか。

あるいは僕の好む番組とテレビのトレンドに

大きなズレが生じてしまっているのかもしれない。

 

実際好きな番組が減っているのは間違いない。

僕が好きな番組は紀行番組や紀行系ドキュメンタリー番組だ。

最近は冒険系の番組が好きだ。

世界の名峰 グレートサミッツ 8000m 全山登頂 ~登山家・竹内洋岳~ [Blu-ray]

世界の名峰 グレートサミッツ 8000m

全山登頂 ~登山家・竹内洋岳~ [Blu-ray]

グレートサミッツのこの作品は

竹内洋岳さんの偉業に密着する番組で

ドキュメンタリーであり紀行番組だ。

NHKスペシャル 激走! 日本アルプス大縦断 ~トランスジャパン・アルプス・レース~ [DVD]

NHKスペシャル 激走! 日本アルプス大縦断

~トランスジャパン・アルプス・レース~ [DVD]

TJAR密着の番組もドキュメンタリーであり紀行番組。

ドキュメンタリーでも社会派系はあまり好きではなく

冒険・挑戦・旅などの要素がある番組が好き。

NHKのBSでは多く放送されているのだが

NHK以外ではこうした番組はあまりない。

あえて言えばイッテQのイモトさんの登山企画くらいかな。

 

バラエティ番組はあまり好きではないけど

旅系のバラエティ番組は好きだ。

バラエティ系の旅番組とも言うんだけど

芸能人が旅をしている番組。

それもただの観光地の紹介ではないある種の縛りがあるとよい。

代表的なのは水曜どうでしょうだろうか。

東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい・・・ハワイの旅 プレミアム完全版 【通常版】 [DVD]

東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい・・・

ハワイの旅 プレミアム完全版 【通常版】 [DVD]

旅猿は海外シリーズなら好きだけど

国内のはプライベートじゃなくただのロケだ。

最近楽しみにしていたのはローカル路線バス乗り継ぎの旅。

2日に太川さんと蛭子さんの最終作が放送されたけど

終わってしまうのは残念だなあ。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE [Blu-ray]

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE [Blu-ray]

映画版はBS-JAPANで明日5日に放送されるので

録画するのを忘れないようにしないとね。

このシリーズは春以降に別メンバーで放送継続されるようだが

キャストが変わってこれまでのように楽しめるかどうかなあ。

 

こうした番組は好きなんだけど本当に限られている。

僕が見たい番組が減ったことも

テレビ番組がつまらなくなった要因だろう。

僕の見る目線も変わってしまったのかなあ。

お笑い系、クイズ系が純粋に楽しめなくなってしまった。

僕自身若者ではすでにないけど

年を重ねてより高齢者に近くなっているのかも。

もともとBSデジタルの紀行番組が好きで

若者向け番組をあまり見ていなかったけど

それがより大きくなっているのかと。

ただ面白いとかんじる番組も中にはある不思議。

何が違うんだろうなあ。

似たような番組でも何かが違うんだなあ。

 

まああまりテレビに左右されたくないというのはある。

ほどほどテレビ番組を見つつそれ以外は

本を読んだりいろんな多方面から吸収して

テレビに偏りすぎないようにしたいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK紅白歌合戦徒然

  • 2017.01.01 Sunday
  • 00:26

紅白をずっと見ていたわけではないのだが

今年・・じゃなくて昨年の紅白歌合戦はどうだったのだろう。

正直言えば演出過剰だったかなと感じた。

良く言えば練りに練って構成を考えていたと、

悪く言えば歌が二の次で面白ければいいというネットのノリ。

 

歌では明らかに歌う時間に偏りが見られた感じだ。

僕が見てて長いなと思ったのはRADWIMPS。

前前前世 (movie ver.)

前前前世 (movie ver.)

君の名は。の主題歌でアニメムービーが出ると聞いてたけど

全然でなくて結局フルコーラスなのかかなり長かったなと。

恋

あと星野源さんの恋。

これはこないだまで放送してたドラマの主題歌で

新垣結衣さんもゲスト席に座ってたけど

その大ヒットを受けてのことなのだろう。

これ以外にもシンゴジラを大きく取り上げてたこともそうだけど

世間で大ヒットしたものをかなりフィーチャーしていた。

まあ実際この2曲はかなり幅広い世代に受け入れられヒットしたから

そういう点で言えば大きく取り上げることは

僕は悪くはないとは思うけど

それならもっと歌を減らせばいいのにと思ってしまう。

 

タモリとマツコの舞台裏ぶらり旅シリーズは

紅白の最中にやる必要はなかったというか

あれはスマホアプリのコンテンツだったり

BSプレミアムで別番組として放送するなどで良かったと。

紅白の最中に時間をかけてあれを放送するのは

時間がもったいないなと感じた。

確かにNHK的にブラタモリは人気かもしれないけど

それならマツコさんじゃなく鶴瓶さんもいれば。

以前そんな演出あったような気がするから避けたのかな。

ともかく裏側のは面白いんだけど貴重な歌の時間が

なくなることを考えると微妙だったな。

 

あと最後。

赤組が勝ったわけだけど

あれに関しては多くの人はどう思っているのだろう。

会場と視聴者が白組で審査員が赤組。

その結果審査員票が重視され赤組の勝利となった。

まあ視聴者投票が採用されてからジャニーズ系の人気のためか

白が圧倒的なので審査員票を重視するのは理解出来るけど

今年の代表曲が上記での紹介した

星野源さんとRADWIMPSであるならば今年は白だろうと。

 

ということでなかなか紅白も

新しい取り組みなど従来の番組からは

変えようと努力をしているのは分かるけど

それが視聴者からより遠ざかっている気がして

受信料で支えられているなら視聴者をもっと重視してほしいなと

そう思う昨年の紅白だった。

まださっきのことなので昨年ということに慣れてないなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自画自賛番組が嫌い

  • 2016.12.18 Sunday
  • 23:44

ここ数年やたら増えて

しかも人気なのが自画自賛番組。

日本はこんなに凄いんだぞという番組や

外国人を連れてきて日本の凄いところを自慢する番組。

ああいう番組は国を滅ぼすんじゃないかと心配になる。

テレビ局がそういう番組を放送するのは

視聴者に好評だからなのだろう。

 

こういう番組の元祖はなんだろうか。

NHKのプロフェッショナル仕事の流儀だろうか。

プロフェッショナル 仕事の流儀 DVD BOX X

プロフェッショナル 仕事の流儀 DVD BOX X

この番組は日本の優れた職人や達人などを紹介し

こんなすごい人も日本にはいるんですよと

紹介するドキュメンタリー番組だった。

ただ今民放のゴールデンタイムに流れてる番組よりは

よりドキュメンタリーテイストで

単に自画自賛するだけではなく課題も上げて

かつてはそうだったけど今はそれを担う人が減ってるなど

問題点をあげたりしてその価値はあった。

ただ今の番組は全く違う。

特に外国人に日本の自慢しまくる番組は

見てて恥ずかしいのでやめて欲しい。

 

そもそもこうした自画自賛系番組は誰が見てるのか。

おそらくだけど中高年じゃないかな。

今は若者はネット世代でテレビを見なくなった。

テレビを見てくれるのは中高年。

中高年は高度経済成長を支えてきたという自負がある。

それ故に自画自賛系番組の虜になりやすいのだろう。

若者でああいう番組を見て日本ってこんなに凄いんだ・・と

思う人はどれほどいるんだろうか。

働き盛りの30代40代はあれを見て懸念するのでは。

特に世界相手にする企業は決して日本人が優れてるわけではなく

むしろ世界に比べて劣ってる点がありそれこそテレビで取り上げ

叱咤すべきだと思うのだがそんな番組を作っても

誰も見なければ意味がない。

 

自画自賛番組だけど

実は東海地方にも似たような番組が多い。

名古屋圏はそうしたものをやたら受け入れる土壌がある。

何故なら名古屋人は外で評価されるものを重視する傾向がある。

地元のものが東京や大阪で評価されると

それを非常に大きく取り上げる。

それだけではなく東京や大阪の有名なものを

やたらありがたがり名古屋進出するとこぞって取り上げ殺到する。

それはお店だけでなく様々なジャンルに広がっている。

その典型がテレビ番組だ。

今や名古屋のローカル番組はニュースなど一部を除くて

東京や大阪の有名タレントのアルバイト先みたいになっている。

新幹線でアクセスが良いため知名度はあるけど

仕事がない人は名古屋にやってきて仕事をする。

知名度がある人を名古屋人はやたらありがたがるからだ。

その結果地元のローカルタレントが全く育っていない。

同じような都市規模の札幌、仙台、広島、福岡などは

地元タレントが育っているんだけど東京大阪の属国扱い。

たまーに地元出身タレントが重宝される程度で

全国ではなく地元主体で活躍するタレントが全く育たない。

その結果地元タレントはラジオくらいでしか活躍してない。

 

自画自賛番組が国を滅ぼす懸念があると書いたが

名古屋の自画自賛番組&東京大阪迎合主義は

名古屋圏を滅ぼす要因になるんじゃなかろうか。

TOYOTAが好調ってくらいで

昨今魅力のない町としてようやく気づき始めている。

あの魅力ない町で名古屋がぶっちぎり最下位なのは

いい戒めなのではないかと思う。

自分たちで魅力ある町を作り上げていく必要があることに

そろそろ気づくべきではないだろうか。

 

ということで自画自賛番組は嫌いだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ番組と購入への影響

  • 2016.12.14 Wednesday
  • 19:42

テレビ番組の出演者が番組内で

利用しているものなどは結構購入の動機になることが多い。

それは普通の芸能人だったり一般人だったり

あるいはスタッフだったり様々で

目にして気になりネットで調べたりして

これいいなあと思ったりする。

 

カテゴリ的に一番僕が影響を受けてるのはカメラかな。

カメラの場合は出演者というよりも

スタッフが機材として利用してるのものが

写り込んでいるケースが多い。

例えば最近だとドローンやウェアラブルカメラが使われてて

それらを欲しいと思うのはテレビ番組の影響。

【DJI 10周年記念】DJI Osmo カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

【DJI 10周年記念】DJI Osmo

カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

DJI OSMOなどはテレビ番組を見て

こんな面白い動画カメラがあるのかと知り欲しくなった。

まあ他にも欲しいものがあるので現状買ってないけど

今も欲しい気持ちはとても強い。

ドローンも欲しいけど規制が強くなって

自由に飛ばすことは出来ないので現状はあまり優先度は高くはない。

 

紀行番組やドキュメンタリーなどが好きで

よく見ているけどそこから影響を受けることが多い。

例えばレインウェアなどはどんなの来てるか気になって

よくチェックしている。

山岳レースの番組などを見ていたら

(モンベル)mont-bell トレントフライヤー ジャケット Men's

(モンベル)mont-bell

トレントフライヤー ジャケット Men's

モンベルのトレントフライヤージャケットを着てる人が多くて

やっぱり軽くて荷物負担が小さくてかつ機能性が高いってことで

有用なんだなあと思ってほしくなった。

スタッフなどが来ているウェアなどはモンベルはあまりなく

ノースフェイスとかパタゴニアなどを見かけるなあ。

アウトドアだと道具も気になってチェックしてる。

以前登山家の人だったかが愛用してるとかで

OPTIMUS(オプティマス) ガソリンストーブ 123R スベア 1104

OPTIMUS(オプティマス)

ガソリンストーブ 123R スベア 1104

オプティマス123Rが紹介されてて

良いなあと思っていた。

ただ友人がこれ持ってていいけど面倒だよといって

一気に現実に引き戻されたという感じだな。

あまりそれが身近にあると効果は薄いようだ。

 

パソコン関連はあまりないな。

あるとしたらMacBook Airとかかな。

Apple MacBook Air (13.3/1.6GHz Dual Core i5/8GB/128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MMGF2J/A

Apple MacBook Air (13.3/1.6GHz Dual Core i5/

8GB/128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MMGF2J/A

ドラマだったかで使ってるのを見て素敵だなと思ったもの。

まあそうそう気軽に買えるわけじゃないけど

ほしいものリストには入っており

何かのキッカケで買う可能性はある。

現実的にPC関連で買ったのはYetiというUSBマイク。

Blue Micro Yeti USB 2.0マイク 15374

Blue Micro Yeti USB 2.0マイク 15374

これは以前NHKのネットスターだかMAGだったかで

声優さんがネットラジオの現場かでこれを使ってたんだ。

変わったマイクだなと思って調べてYetiという商品と知り

それでずっとほしいなと思ってて3年前くらいに購入に至ったと。

 

僕はライトマニアでLEDライト好きだけど

さすがにライトはテレビで影響を受けることはほぼない。

そもそもそんなライトは出てこない。

出て来るとしたらヘッドライトだろうか。

バラエティだったりドキュメンタリーだったりで

たまにヘッドライトが出て来る。

GENTOSが多いなかでPETZLのミオが出てきて

PETZL(ペツル)ミオ E87 P2

PETZL(ペツル)ミオ E87 P2

かなり興味を持ったんだ。

ありふれた商品だとテレビに出てきてもあまり興味を持たない。

それなりのブランドとかクォリティとかが伴って

それが出てくると影響を受けたりするんだなあ。

 

スマートフォンはどうだろう。

思うんだけど僕は今iPhoneを利用しているが

iPhoneというものへのブランドやらは

テレビ番組などで多くの人が使っててそれで

漠然と感じていたため購入に至った可能性はある。

Apple au iPhone 6s 64GB ローズゴールド MKQR2J/A 白ロム

Apple au iPhone 6s 64GB

ローズゴールド MKQR2J/A 白ロム

僕は以前は結構AndroidよりでiPhoneなんてという感じだった。

そのイメージはいろんなところで潜在的に気づかぬうちに

変わっていったんだけどその1つの手段として

テレビがあったんじゃないかなと。

 

僕はリアルタイムでテレビはあまり見ないが

録画した番組などはわりと見ている。

ジャンルはかなり偏っていてバラエティなどは

イッテQなど旅系だけしか見ない。

紀行番組やドキュメンタリーは大好物だ。

そんなのを見て知らぬ間に影響を受けて

購入を左右しているものなんだなあ。

女性などは化粧品やら美容関係で

直接的に影響を受けてる人も多いけど

それが故にステルスマーケティングも横行してしまってるんだろう。

ステマでなくてもテレビに映ることを考慮して

例えばマラソンや山岳レースなどの選手に

商品提供をしたりするケースも有るわけなんだなあ。

色々複雑だけど最終的に購入を決断するのは自分。

いいものは買って使っていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

WOWOW加入の最適日

  • 2016.12.01 Thursday
  • 21:05

今日は12月1日。

実はスケジュール帳にはかなり前から

"WOWOWに加入せよ"と書いてあった。

何故なら毎年12月1日にWOWOW加入するから。

 

12月1日に加入するには意味がある。

まずWOWOWの加入だけど月単位なので

毎月1日に加入するのがベスト。

1日に加入しても15日に加入しても31日に加入しても

料金は変わらない。

というのもWOWOWは加入月は無料だから。

12月に加入すると12月分は無料で1月分に料金がかかる。

つまり12月1日に加入して1月31日で解約すれば

1ヶ月分の料金だけで利用できるんだ。

 

そして12月に契約するのは

やはりその内容が充実しているから。

WOWOWだけど一番番組が充実してるのが12月。

年末で映画の総決算で大作が再放送されたり

音楽ライブなどが放送されたりドラマが再放送されたり

この1ヶ月だけでも契約すると

かなり濃い内容で充実している。

僕はPC録画で契約をしている。

PLEX PCI Express接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE V2.0

PLEX PCI Express接続 地上デジタル・

BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE V2.0

TS録画して録画した番組をエンコードして

映画などを残している。

主にWOWOWは映画のアーカイブを充実させるためで

映画が充実してる12月を主に録画している。

12月と1月にするか11月と12月にするかは好み次第。

1月は音楽番組が充実。11月は映画が充実。

それ故に今年は11月12月で契約をしており11月1日に加入した。

 

11月に加入しても12月末で解約をする。

3ヶ月契約をすると2ヶ月分の料金がかかるためだ。

また加入月無料は最低1ヶ月あける必要がある。

12月1月で契約した後2月にまた再契約した場合は

加入月無料は受けられないが

3月から契約すれば3月4月を1ヶ月分で利用できる。

僕は基本的に12月前後しか契約しないが7月頃に契約することもあるけど。

 

ということで今日はWOWOW契約の最適日。

ウェブからも申し込みが可能。

そのB-CASカードで初めてWOWOW契約する場合

ウェブからの契約だとe割が適用されて

通常1ヶ月2484円が1944円と540円ほど安くなる。

ただしこれはB-CASカード1枚に対して初回限り。

でも申込みはネットが気軽で便利だけどね。

ちなみに解約は電話で行う必要がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙の番組

  • 2016.11.04 Friday
  • 21:14

宇宙の番組というと今はコズミックフロントNEXT。

毎週木曜日の夜にBSプレミアムで放送されている。

僕が子供の頃は大人になった頃には

宇宙時代がやってくるものだと信じていたが

宇宙はお金がかかるということで

各国は宇宙に予算をかけずアポロ計画なんて

もう遠い昔の話なのに宇宙は遠いままだ。

行きているうちに宇宙時代というのはやってこないだろうが

宇宙にはロマンがあり遙かなる星のことを思うと胸が躍る。

 

そういう宇宙を取り上げたテレビ番組というと

僕の記憶にあるのは"銀河宇宙オデッセイ"。

いつ放送されたのか全然覚えていないけど昔見た記憶がある。

1990年に放送されたようだ。

この番組は見たけど影響はあまり受けていないな。

大学時代とか一時期宇宙にハマって

進路で宇宙関係に行こうとすら思ったことがある。

大学1年で理学部に入り宇宙物理学なども進路の1つとしてあった。

夏休みに立山で山小屋バイトをしたけど

その時に見た圧倒的な星空は今も忘れられない。

帰ってきた後ブルーバックスの宇宙関係の本を読み漁ったな。

宇宙物理学入門 宇宙の誕生と進化の謎を解き明かす (ブルーバックス)

宇宙物理学入門 宇宙の誕生と

進化の謎を解き明かす (ブルーバックス)

その方向をもし選んでいたとしたら

全く別の進路を歩んでいたのかもしれない。

どっかの天文台で働いていたかもね。

 

その後だけど宇宙への進路はとらなかったけど

今の記憶に新しい宇宙の番組は

2001年に放送された宇宙未知への大紀行。

宇宙 未知への大紀行 DVD SPACE BOX I

宇宙 未知への大紀行 DVD SPACE BOX I

銀河宇宙オデッセイは宇宙探査を旅に例えてた記憶があるが

この未知への大紀行はドキュメンタリー番組として

9週に渡って様々な事柄を放送していた。

宇宙へのロマンを凝縮したような番組だった。

音楽も素晴らしかったなあ。

NHKスペシャル「宇宙〜未知への大紀行」

NHKスペシャル「宇宙〜未知への大紀行」

この番組のサントラは今も持っている。

宇宙への道を歩まなかったことを

この番組を見た後少し後悔したのを覚えている。

 

最近は最初でも書いたけどコズミックフロントが放送されている。

NHK以外ではあまり放送されてないな。

それは世間の宇宙への関心が小さいことも意味する。

日本が宇宙探査にお金を費やして

月面に人を送り込んだりといったことは

なかなか難しいと思う。それより福祉にお金を回せとなるかと。

アメリカですら予算的に厳しいから。

そういうのに国民に関心をもってもらうための

番組などは必要だと思うが現状はNHKくらいだなあ。

 

宇宙に手軽に行ける時代はいつかは来るが

それは100年以上先のことだろう。

それは諦めるとしても例えば地球外生命くらいは見つけてほしいな。

だいたいいるだろう普通に。

既に見つけてる人がいてただ黙っているだけなのか。

ほんとに頼むよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

挑戦系バラエティ

  • 2016.11.02 Wednesday
  • 21:32

挑戦系のバラエティ番組が好きだ。

最近だと"世界の果までイッテQ"などは

様々なことへ挑戦している番組と言える。

ただ最近はこの手の番組が少なくなってしまった。

イッテQも挑戦企画はあるが

そうじゃないただのお笑い系企画も多い。

 

元々挑戦番組だったのが

その要素が薄れてしまった代表的な番組は

イッテQの1つ前に放送されている鉄腕DASH。

昔の鉄腕ダッシュはいろんなことに挑戦しまくっていた。

体力系の挑戦が多かったのはTOKIOがまだ若かったから。

人気が出るに連れてメンバーが高齢化。

やがてDASH村やソーラーカーなど

DASH村開拓記―自分たちの村をつくって日本地図にのせよう!! (東京ニュースMOOK)

DASH村開拓記―自分たちの村をつくって

日本地図にのせよう!! (東京ニュースMOOK)

運動しない企画中心になっていった。

今のDASH島なども挑戦といえばそうなのだが

アクティブな挑戦には程遠い。

 

日本テレビ系は挑戦系の番組が好きなのか

かつては電波少年なんて番組も放送されていた。

猿岩石日記〈Part1〉極限のアジア編―ユーラシア大陸横断ヒッチハイク (角川文庫)

猿岩石日記〈Part1〉極限のアジア編―

ユーラシア大陸横断ヒッチハイク (角川文庫)

一部ヤラセや演出があったりと批判されたが

挑戦した事実には代わりはない。

このヒッチハイク企画は大好きだったな。

猿岩石以外でも朋友やドロンズとかあったな。

映像配信などで見られるものなら見てみたい。

ウリナリも今思うと挑戦系の番組だったな。

今でも通じるコンテンツだと思うけど。

 

最近はテレビ局がこうした挑戦を冒険出来なくなった。

ネットの普及などでテレビ業界の広告が減り厳しいこともあるが

それ以上にテレビへの制限がいろいろ設けられてしまった。

何かちょっとした問題でもあるとすぐに抗議があり

ネットで広がり広告主にまで抗議が行く時代。

番組作りが慎重になりリスクのある挑戦系バラエティが

減ってしまったんだ。それは残念なこと。

 

一方でネットなどで素人がいろいろ挑戦をして冒険している。

ニコニコ動画やYouTubeなどで動画公開している人も多い。

右折禁止で目的地まで行く動画とか信号赤にひっかかからず

遠くまで行く動画とかいろいろあったな。

自転車で日本一周や世界一周の旅をしていたりする人も多く

今まではそれが誰にも知られなかったけどネットを通じて

それを知り動画などで公開して人気を集めるケースも増えた。

特に海外ではそれで生計をたてて旅を続けてる人も多いようだ。

こうした挑戦は自己責任で

例えばYouTubeが責任を追うことはない。

テレビ番組だとテレビ局の責任がかかるわけで難しい。

最近"Youは何しに日本へ"という番組はあるが

これは訪日外国人に密着する番組ではあるが

外国人の挑戦に密着するコンテンツが人気がある。

リスクは自己責任でテレビ局はあくまで紹介に留めて

責任を回避している形だ。ニュース番組みたいなものだ。

 

テレビ東京系は挑戦系コンテンツを今も放送してる。

ただそれはガチ系ではないもの。

例えばローカル路線バス乗り継ぎの旅。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE [Blu-ray]

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE [Blu-ray]

旅番組だけど挑戦要素を加えている。

テレビ東京系は昔は旅番組が多くて得意だったけど

最近は挑戦系を加えて成功している。

土曜スペシャルなどで多く放送してる。

ただヤラセではないけど緩いというか何か物足りない。

挑戦系バラエティではなく挑戦系旅番組だからか。

面白さが足りないんだなあ。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅は蛭子さんの存在が

面白さを出してるからいいんだけど・・。

 

期待しているのは鉄腕ダッシュの復活。

缶蹴りや100人刑事などは面白かったのに

何故やめてしまったのだろう

もっと昔は渋滞対決や宝探しみたいなのもあった気がする。

初期はハワイで自転車を使った企画もあったような・・。

すっかり職人集団になってしまったTOKIOだけど

またやってほしいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

WOWOWの加入

  • 2016.11.01 Tuesday
  • 20:19

WOWOWの加入に最適なのは月初め。

WOWOWの契約に日割りなどはないので

毎月1日の申し込みが最もお得といえる。

またWOWOWは利用開始月無料。

11月1日に申し込みすると

11月・12月を1ヶ月分の料金で契約できてお得だ。

僕の場合は

WOWOWを契約したい本命は12月。

昨年までは12月と1月の2ヶ月契約をしていたけど

1月に見たい番組があまりなかったので

今年は11月と12月の2ヶ月契約することにした。

 

契約はウェブからが簡単でお得だ。

B-CASカードの番号をチェックしておく必要がある。

WOWOWの契約はB-CASカード1枚ごとの契約。

昨今テレビにレコーダーにと

多くのB-CASカードが使われている。

録画で利用したいのならレコーダーのカードで

WOWOWを申し込みするといいだろう。

パナソニック 1TB 3チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応  DIGA DMR-BRZ1010

パナソニック 1TB 3チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRZ1010

トリプルチューナーのレコーダーだと

1契約で3chの同時録画だって出来る。

WOWOWはプライム、シネマ、ライブと

3つのチャンネルがあるので

録画する場合1チューナーだけだともったいないんだな。

 

ちなみにe割というサービスもある。

ネット経由での申込みで2484円が1944円に割引される。

ただしこれはB-CASカード1枚あたり1度しか使えない。

僕は既にこのe割は利用しているので残念ながら使えない。

だから11月・12月の2ヶ月で2484円となる。

ちなみに解約は12月に電話で行うことになるのだが

月途中での契約解除はなくて月末解約になるので

12月1日に解約手続きしても12月31日解約となる。

ただし11月中に解約をすると

利用開始月無料が適用されなくなり

11月分に2484円がかかるので要注意。

完全無料で利用することなどは出来ない。

 

あと利用開始月無料を利用することで

2ヶ月で1ヶ月分の利用を繰り返し利用できそうだが

解約月の翌月の契約の場合利用開始月無料が適用されない。

11月・12月と契約をして12月末で契約解除したのち

1月に申し込みをしても1月分で2484円かかる。

1月は契約せず2月に申し込みすると

2月は利用開始月無料で3月に2484円かかると。

利用開始月無料特典を利用するには連続しては使えず

1ヶ月の空白期間をあける必要がある。

 

ともかく11月12月は映画が多く放送され

1年を通して放送されたヒット作品が

再放送される時期なので映画好きの人には

この時期の契約はおすすめしたい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM