立山

  • 2017.04.22 Saturday
  • 21:32

毎年のように上高地や乗鞍へ行く。

上高地は日本を代表する山岳観光地だが

この上高地に匹敵する山岳観光地が富山県にもある。

それが立山だ。

るるぶ立山 黒部 アルペンルート'18 (国内シリーズ)

るるぶ立山 黒部 アルペンルート'18 (国内シリーズ)

富山県の立山市と長野県の大町市を結ぶ

立山黒部アルペンルートは山岳観光ルートとして人気で

ゴールデンウィークには10m以上の雪の壁"雪の大谷"が知られてる。

夏には雪もとけて素敵な高原地帯が広がる。

僕が言う立山はこのアルペンルートの最高所でもある

立山室堂のこと。

室堂ターミナルまでは高原バスやトロリーバスなどを

乗り継いでアクセスできる。

降りたらそこは3000級の立山連峰が間近に迫る

標高2400mの高原台地。

車椅子ですら来ることが出来る場所で

老若男女賑わっている。

 

そんな立山だけどそうそう行く機会がないのは遠いから。

愛知県からだと車で片道4時間以上かかる。

4時間のアクセスで到着するのは立山駅であり

そこからケーブルカーと高原バスを乗り継いで

室堂にたどり着くまで1時間半ほどかかる。

つまり立山室堂まではスムーズに行って片道5時間半。

往復で交通アクセスだけで11時間かかるわけで

日帰りで行くとなると相当厳しいものがある。

以前日帰りで行ったけど

朝3時に出発し7時に立山駅到着して8時半に室堂。

11時ころまで室堂散策してその後下山。

14時には高速道路に乗っていたけど帰宅したのは夜だった。

かなりハードスケジュールなので宿泊が理想だ。

 

宿泊するならば長野県側の大町からアクセスするのもありだが

トロリーバスとかロープウェイなど乗り物が多くて

コストも時間もかなり高くつく。

扇沢までまた戻ってくる必要があるので大変だ。

運賃だと確か扇沢から室堂のほうが倍以上する。

乗り物に乗る時間はそれほど長くはないんだけど

待ち時間などが長くなると時間がかかるんだな。

そのためやはり行くなら立山駅側になる。

となると宿泊もそっち側が理想だ。

 

2015年7月に立山へ行った時は宿泊をした。

宿泊したのはホテル立山。

 

場所は室堂バスターミナルのある建物。

最高の立地にあるホテルだ。

夕方には室堂散策ツアーがあり

夜には星空観測会などもあり楽しむことが出来た。

何より室堂ターミナル内にあるので非常に便利。

2日目は朝から雨で帰るだけだったけど

直接ホテルからバスターミナルへ行けるので

苦もなく楽だったなあ。

室堂周辺の他の宿はホテルではなく

ロッジみたいなところが多い。

 

みくりが池温泉もいいところだけど

ベッドの相部屋だったり個室でも6畳と狭いのが難点か。

山小屋よりはマシと言えるだろうけど。

料金面で言えばホテル立山よりもずっと安い。

ホテル立山はこのエリアで最高クラスの宿であり

立地なども含めて最強でお値段も一番高い。

 

実は最初はホテル立山ではなく

別の宿に泊まるつもりだった。

理由は価格が高かったから。

 

最初に予約していたのは弥陀ヶ原ホテル。

室堂からバスで20分ほど下った弥陀ヶ原という高原にあるホテル。

周りには湿原などがあるくらいで本当に何もない場所。

湿原は素敵な場所だけどね。立山カルデラが見える場所は近くにあるか。

ここはホテル立山と同じ系列で品質は高いのだが

室堂からちょっと離れすぎている。

もっとも弥陀ヶ原は紅葉がきれいな場所としても知られており

紅葉シーズンは非常に人気の高い宿でもある。

まあ価格はホテル立山より1万円近く安いこともあり

最初はここを考えていたけど利便性を考えて変更をした。いつか泊まりたいな。

もう少し室堂に近いところだと

 

立山高原ホテルなど良さそうだ。

料金は時期にもよるけどホテル立山の半額くらい。

ここは人気が高いのか検討した段階では既に予約できなかった

室堂から弥陀ヶ原、美女平へ続くトレッキングコースがあり

このホテルまでなら比較的近いので荷物が少なければ問題ない。

 

ということで次に行くなら弥陀ヶ原ホテルか立山高原ホテルに泊まりたい。

まあお金があればホテル立山がベストなんだけどね。

でもあまり贅沢していられないし以前泊まったところではないところにも

宿泊してみたいので検討してみたい。

2015年に行ったけど2年ぶりに行きたいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイへ行って3ヶ月

  • 2017.04.21 Friday
  • 23:32

ハワイから帰ってきてもう3ヶ月なんだ。

また行きたいとは思っているけど

果たしていつになるか。

ハワイ 完全版2018 (JTBのムック)

ハワイ 完全版2018 (JTBのムック)

ガイド本などを買って予習はしてるけど現実は厳しい。

今年はない。休みとれないしお金もない。

来年4月ころも検討していたけど無理っぽい。

鹿児島帰省を検討してるしカナダも考えているから。

となると2年後の2019年4月から6月頃が現状の有力候補。

果てしなく先に感じるなあ。

つい3ヶ月前には行ってたんだけど。

 

前回の反省は次回に活かしたいけど

もう次行く頃は忘れてしまうだろうから

ブログに書いておこう。

といってもブログに書いたことも忘れるだろうが。

■ホテルラウンジはほどほどに

1月のハワイ旅行はJTBのツアーで行った。

JTBはハワイ旅行の3大ツアー会社の1つ。(残り2つはHISとJALパック)

トロリーが走り宿泊したシェラトンワイキキには

ラウンジがあり軽食を取ることができた。

朝ごはんなどはこの軽食でほとんど済ませてしまったんだけど

確かにコスト負担は軽減出来てよかったけど

お金をかけてでもいろんなお店で食べたかったというのが完走。

つまりラウンジにこだわりすぎるのは良くない。

 

■夕焼け時間帯は出来るだけ空けておく

3泊5日のハワイ旅行では3回夕焼けを見るチャンスがある。

ハワイの夕焼けはとても素敵だけど天候によっては

うまく見られない場合もあるから。

1月の場合は18時頃が日没時間だった。

その時間に食事やツアーの予約を入れてしまうと夕日が見られない。

夕日を見るツアーだったら問題ない。

例えばディナークルーズなどは船から夕焼けや夜景が見られる。

それはいいけどワイキキビーチからの夕焼けも素敵なので

その機会は何度か確保しておきたい。

3日目の夜は夕焼けきれいだったけど18時からの

ディナーショーの予約があり見られなかったのは残念だった。

 

■4泊以上

ハワイ旅行へ実際行ってみて大変なのは飛行機と入出国。

飛行機は帰りが特に長くて9時間半近くてかなり大変だった。

また入国審査なども時間がかなりかかってきつかった。

あの苦労をしたのだから3泊程度ではもったいなくて

出来れば5泊7日くらいの旅をしたいなと思う。

再来年に計画変更したのも5泊するためでもある。

ホテルのグレードにもよるけど3泊が5泊になっても

価格はそれほど増えるわけではない。

次はちょっとグレード落として

シェラトン・プリンセス・カイウラニくらいで

5泊すればシェラトンワイキキの3泊よりも安く滞在出来るかと。

正直ホテルからビューはそれほど重要ではないこともわかったから

海が見えるとか高層の部屋とかは特に必要ないかな。

 

ということで2年後か。遠いな。

持っていくカメラとかは2年後はどうなってるか分からないが

1月の旅行ではたくさんの動画が撮影出来たので

次もたくさんカメラを回して撮影したいところだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

木曽三川公園センターとなばなの里のチューリップまつり

  • 2017.04.15 Saturday
  • 12:56

今は花のシーズン。

今年は桜の開花が遅かったためか

今でもまだ咲いているほど。

この後は芝桜とか花桃とかバラとか

また咲き乱れることだろう。

春ぴあ東海版―春のおでかけ遊び全270/お花見名所・桜祭り・日帰 (ぴあMOOK中部)

春ぴあ東海版―春のおでかけ遊び全270

/お花見名所・桜祭り・日帰 (ぴあMOOK中部)

いろいろ見に行きたいところだけど

先日4月13日にチューリップを見てきた。

 

東海地方でチューリップがたくさん見られる場所は

岐阜県海津市の木曽三川公園センターと

三重県桑名市のなばなの里。

この2箇所は比較的近くて

木曽三川公園センターからなばなの里までは

堤防道路と国1で15分ほどで移動出来る。

今の時期はなばなの里ではイルミネーションも行わており

午前中に木曽三川公園センターを見て

午後になばなの里を見て食事した後

夜にイルミネーションなんてスケジュールがいいのではなかろうか。

 

木曽三川公園センターは木曽三川の輪中地帯にある。

国営の施設で駐車場も入場料もかからない。

今の時期はチューリップまつりが開催されている。

今年は4月16日までのようで明日までか。

http://kisosansenkoen.jp/

これがなかなかの見応えで毎年見に行っている。

例年だともう見頃は終わってるはずだけど今年は桜の開花と同じく

チューリップも遅れ気味で今でも十分綺麗に見える。

後述するなばなの里のチューリップに比べると規模は小さいけど

それなりに見応えがありまたカラフルで素敵だ。

ここのチューリップは素敵なんだな。

彩りが豊かで写真で撮影してて気持ちが良い。

なばなの里だと広すぎるから場合によっては単色気味になってしまうが

ここだといろんな色が入ってそれがうまくマッチしてて

簡単に素敵な写真が撮影出来てしまう。

もっとも人が入りやすいのは難点で出来れば朝早くから行きたい。

9時に開演なので10時前なら人が少ない時間帯もあるかと思う。

土日は難しいかもしれないけど。

これは平日の朝9時過ぎでほとんど人がいない時。

もう今年は難しいけどね。

そういう時はズームアップして撮影するといいかと。

小さなオランダ風の風車のモニュメントがおいてあり

いいアクセントになっている。

ミッフィーの花壇が毎年あって子供連れだと一緒に写真が撮れる。

またこの花壇はすぐ近くにあるタワーに登るときれいに見える。

ただしタワーは有料。JAF会員だと500円だったかな。

あちこちにチューリップが咲き乱れて是非行って欲しい。

 

なばなの里はナガシマリゾートのガーデンパーク。

ここはかなりお金をかけていて季節の花で溢れている。

春はチューリップまつり、初夏はあじさい・花しょうぶまつり、

秋はダリアコスモスまつりで広大な花ひろばで展開されている。

とにかく広くて驚くことだろう。

入場料は2300円とちょっと高い。

以前はイルミネーションが3月末で終わってて

4月のチューリップまつり期間中は

1600円に値下げされていたけど今はイルミネーションが

ゴールデンウィークまで行われてて高い価格が続いてる。

リピーターになるならナガシマリゾートメンバーズがおすすめ。

1万円の金券を2冊買うと2年間有効の年間パスがもらえる。

1冊に温泉やベゴニアのチケットも含まれてるため

とてもお得で同行者2名まで一緒に入れるから一家に1つおすすめ。

 

チューリップまつりだけど園内歩いて

多くの花を見て一番奥にある花ひろばで行われてる。

このスケール感がまたなばなの里の魅力でもある。

この写真は花ひろばの奥の展望台から撮影したもの。

この展望台の奥のほうはイルミネーションのメイン会場でもある。

5月にイルミネーションが終わった後は

紫陽花花しょうぶ祭りの会場になる。

このチューリップまつりの場所は秋にはダリアコスモスまつりの会場だ。

毎年いろんなキャラの絵が出てるけど今年はアンパンマンだった。

去年はサミットデザインだった記憶があるな。

伊勢志摩サミットあったからね。

タイミングがあえば桜とチューリップと撮影することが出来る。

周囲に多くの桜の木があるんだ。

アイランド富士も入れるとまた素敵だ。

この乗り物に乗ると園内や木曽三川周辺を見ることが出来る。

望遠を使うと圧縮効果でカラフルに。

 

ということで木曽三川公園センターとなばなの里の

チューリップまつりはおすすめだ。

なばなの里のチューリップまつりは4月下旬まで行われてるので

是非行ってみて欲しい。

スマホカメラもいいけどデジカメがあると尚良いかと。

 

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII

光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄道の旅

  • 2017.04.13 Thursday
  • 22:31

僕はかれこれ10年以上鉄道の旅をしていない。

それにも関わらず鉄道の旅の本をよく買う。

旅と鉄道 2017年 05 月号「鉄道×アニメ 聖地巡礼」 [雑誌]

旅と鉄道 2017年 05 月号「鉄道×アニメ 聖地巡礼」 [雑誌]

学生の頃はよく18切符とか買って

適当に旅をしていたものだ。

当時カメラとか全く興味がなかったので

写真などは何も残っていないんだけど

目的のあまりないただ見知らぬ場所を見たいという

好奇心だけで旅をしていたもの。

 

鉄道の旅の場合は車窓も好きなんだ。

いつも利用している風景ではない知らない景色が新鮮。

車窓から見える場所を見ながら

いつかこの場所へ僕は行くことがあるだろうか、

ひょっとしてこの街に住むことがあるだろうかとか

そんなことを考えながら旅をしていた気がする。

結局地元を離れることはなかったけどね。

高校の修学旅行で東京ディズニーランドなど

東京方面へ新幹線へ行ったんだけどその時の車窓を写真で撮影。

いつかこの車窓の場所へ行こうと思った記憶がある。

結局その写真はどこへ行ったのか分からないけど

時々そのことを思い出す。

そこへ行けば学生の頃の遠い昔の気持ちを思い出すかも。

 

鉄道の旅をしたいと思ってかれこれ5年以上。

数年前のブログから何度か鉄道の旅について書いてるけど

結局旅が出来ていない。

コンパス時刻表 2017年 04 月号 [雑誌]

コンパス時刻表 2017年 04 月号 [雑誌]

時刻表は買うことはあるしそれを眺めて

計画というほど具体的なものではないけど

旅を妄想したりすることはあるんだけど

そこから具体的な旅につながっていない。

車のほうが楽だからだろうか。

最近はほんとうに車での旅しかしていない。

車で行ける範囲内で旅をしている感じ。

鉄道旅の良さみたいなのを忘れてしまっている。

鉄道旅は移動時の自由さが魅力ではあるんだけど

その自由さを退屈な時間と変換してしまう自分がいる。

車窓を眺めているだけで楽しかった記憶が

もう薄らいで忘れてしまっているんだなあ。

再びそれを経験しないと思い出せないのではなかろうか。

 

最近鉄道の動画をYouTubeなどで見ることが多い。

前面車窓の動画などを見たりして旅気分を味わっている。

特に好きなのは高山本線。

特急ひだは好きな列車だ。

大学時代に立山の山小屋でバイトしたんだけど

その時に名古屋から富山まで乗ったのがひだだた。

パワフルなディーゼルエンジンの音が凄く心地よかった。

あの特急車両は南紀として紀伊半島方面へも走っているようだ。

あと飯田線の動画も見たりする。

何度か飯田線の旅をしようと計画をたてているけど実現しない。

豊橋から飯田まで飯田線を使い飯田からは高速バスで帰ってくる。

決して無理な旅ではないと思うんだけどなあ。やる気がない。

 

鉄道の旅の楽しさを忘れてしまった自分に

いきなり鉄道だけの旅を計画したところで

それは幻想を追いかけているに過ぎない。

ちゃんとした旅を計画する必要が有ると思う。

どこがいいだろう。

2015年2月に下呂温泉に宿泊した。

 

その時宿泊した水明館は凄く良い旅館だった。

下呂駅のすぐ近くで鉄道のアクセスも万全。

高山までは高速バスが出ているけど下呂だと高速道路がつながっておらず

鉄道が一番最適な交通手段と言える。

下呂への旅はどうだろう。ただ温泉入りに行くだけでは

理由としてはちょっと物足りないかもしれない。

せめて雪の時期とかありだろうがもう春だからな。

 

車でなかなか行きづらいところとか考えると

南紀地方なんか良い感じではなかろうか。

世界遺産の熊野本宮大社などへは

ずっと行きたいと思っているけど熊野は遠くて

車で行くにはちょっと遠い。

まっぷる 南紀 伊勢・志摩 '17 (まっぷるマガジン)

まっぷる 南紀 伊勢・志摩 '17 (まっぷるマガジン)

南紀ならJR東海の特急で行ける。

駅からはバスとか使えば大丈夫なんじゃないかなあ。

調べてみたら南紀熊野古道フリーきっぷが発売されている。

http://railway.jr-central.co.jp/tickets/nanki-kumanokodou/

これを使えば鉄道もバスもOK。

日帰りだとさすがにちょっと厳しいので1泊くらいで

計画したいところだなあ。

 

新宮駅あたりのビジネスホテルなら安く泊まれそうだ。

食事とかは旅館じゃなくて地元のところで食べればいいからね。

ちょっと具体的に検討しても良いかもなあ。

熊野古道ならあまり季節関係ないからいつでもいける。

真夏はさすがに厳しいけどこの先の新緑シーズンなら

ハイキングに最適ではなかろうか。

あるいは秋もいい感じかな。

 

これと決める必要はなくて

いろいろ鉄道の旅を考えてみたい。

ただその前に近場でもいいから鉄道に乗らないと。

名鉄1日フリーきっぷでも買って

適当に1日電車に乗って車窓を眺めるだけの旅でもしてみるか。

セントレアあたりに鉄道で行って

飛行機眺めて帰ってくるだけでもありかもね。

ほんと鉄道に全然乗ってなくて

ちょっと前に久々に乗ってICカード乗車券の使い方が分からず

戸惑ったりしたけどいい加減に慣れないと。

いつの間にかオレンジカードが使えなくなったとか

SFパノラマカードどこへ行ったとか行ってるといつの時代かと言われそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡崎公園さくら祭りと家康行列

  • 2017.04.10 Monday
  • 12:09

昨日4月9日の日曜日は

朝から岡崎公園へ行ってきた。

桜が満開だという情報はTwitterで得ていた。

岩倉の五条川、なばなの里等候補から迷ってたが

4月9日には家康行列というイベントが行われることを知り

それなら岡崎公園にしようと決めた。

 

岡崎公園の桜だけど2014年春と2015年春に行っている。

それ以前は小学生の頃まで遡るのでものすごく久々だった。

僕は小学生の時にエレクトーン教室に通ってて

それが岡崎公園のすぐ近くだったこともあり

土曜日は晴れてれば岡崎公園でのんびり過ごすことが多かった。

父がすぐ近くで働いていたので父の仕事が終わるのを待つためだ。

あと高校生の頃も岡崎へ通っていた。

ただ桜の時期の岡崎公園は見たと思うけどあまり記憶がない。

東岡崎からの名鉄電車の車窓からは何度も見たけどね。

そんな感じだったが2014年に久々にへ行き

その良さを知り2015年にも行き

2016年は行かなかったけど代わりに竜美丘の河津桜を見に行ったんだ。

今年は河津桜は見に行ったけど岡崎公園はどうしようかなと思ってたが

まあ比較的アクセスしやすい場所と家康行列のこともあり行くことにした。

 

さて満開の日曜日でイベント開催されるし

天気もこのところ雨だったけど今日は晴れるという。

どう考えても混まない理由はないという日で

朝早くから行くつもりだった。

駐車場は2014年と2015年は乙川河川敷にとめていて

8時40分頃に行けば入れて止められると思ってたけど

なんと寝過ごして8時40分に起きてしまい

9時5分に周辺到着した時点では満車で第2候補の明神橋公園駐車場へ。

ここが雨の影響でぬかるみまくってたけどなんとか駐車。

それから歩いて乙川河川敷へ行き桜まつりに参戦した。

 

個人的にお気に入りの場所は伊賀川河川敷から見る岡崎城。

岡崎城の背後にはマンションが立ってしまったけど

桜で隠しつつ撮影するのがコツ。

このマンションは昔名鉄ホテルかなんかあって

下のほうにボーリング場があったんだなあ。

どこにあったんだっけと昔の記憶とか探って思い出した。

川の反対側が岡崎公園でレジャーシートなどを敷いて

場所取りなどをしている人が多かった。

 

一通り見てカメラで撮影してもう1周。

午前中は小雨が降ったりすることもあったけど

昼が近づいて天気が回復してきたんだ。

ただ晴れるのは午後から。

昼過ぎたくらいでどうしようかなと考える。

帰るという選択肢もあったけど

家康行列を見たい。

ただ岡崎公園近くに家康行列が来るのは15時半頃。

それから見てたら16時半とかになってしまい

帰りが遅くなってしまう。

別に用事があったわけではないけど

近所の桜並木も晴れたこの日に見に行きたかったので

16時までには自宅に帰りたいなと。

家康行列は13時半にスタートするという。

そのスタート地点に行けばいいんじゃねと思って

伊賀八幡宮へ移動することに。

 

伊賀川沿いを歩けば行けることが分かった。距離は1.6キロくらい。

時間は20分くらいだろうか。

この川沿いは昔はすっかり風景が変わっていた。

岡崎スポーツガーデンはとっくになくなり

隣の郵便局や駐車場のセルビなど周辺は

図書館やその駐車場に変わっていた。

更に歩くと木造民家が川にせり出していた部分が昔あったが

その辺りは川幅がかなり広くなり遊歩道が整備されていた。

この辺りは岡崎豪雨の時に被害が大きかった地域なんだろう。

そこからずっと歩き川沿いに桜が増えてきたところで伊賀八幡宮到着。

ただもうイベント前で入れなくなっていた。

 

伊賀八幡宮は思ったよりもずっと広くて立派な場所。

家康行列が終わった後で見てみたけど

立派な山門がありその奥の建物もどれも立派だった。

重要文化財の建物だらけなんだね。

あとここは以前行こうと思っていた場所なんだけど

それは蓮の花で有名なんだ。

門のすぐ横に小さな池がありそこには蓮がたくさん。

今は見るべきものはないが6月から7月頃には

花が咲いてきれいだろう。

 

さて家康行列。

13時ころには場所を決めてそこからひたすら待つ。

徐々に隊列の準備が出来ていき

13時半ぴったりに警察音楽隊の先導でスタート。

武将隊みたいなのを想像していたけど

子どもたちとか交流関係とかいろいろあって武将は後ろの方。

岡崎市と友好関係のある都市などからいろいろ来てて

それはそれで面白かったけど物凄く長い隊列だったな。

愛知県知事さんも来てたね。

オカザえもんもいたね。

ハリボテのほうが目立っていたけど。

ゆるキャラマスコット隊とあるからいろいろいるのかと思ったら

この2人だけだった。

 

武将関係は一般公募だったと思うけど

多くの人は恐縮してやりきれていなかったけど

今大河ドラマでも出ている井伊直政役の人は

やたら自信に満ちていて

役者なのか?と。どうなんだろうな。

その後もながーい行列が続いて

ようやく最後に特別ゲストの藤岡弘さんが本多忠勝役で登場。

真田丸でも本多忠勝役を演じられていた縁のようだ。

岡崎ってのは徳川家康もそうだけど

それと同じくらい本多忠勝ってのも人気があり支持されている。

岡崎城には徳川家康と本多忠勝の銅像があるからね。

また岡崎城横の龍城神社は家康と忠勝を祀ってるんだっけ。

本多忠勝というと桑名の九華公園にも銅像があるんだっけ。

九華公園も桜の名所で今は賑わっていることかなと思う。

2年前くらいに木曽三川公園センターへ行った時にすぐ近くを通って

寄ろうかと思ったけどやめてしまったんだな。

 

ということで家康行列を見てその後伊賀八幡宮をちょっと見た後

また伊賀川沿いを歩いて岡崎公園へ戻る。

そうするとさらに大混雑してて

レジャーシートで埋め尽くされてて

歩道や橋は人であふれていてそれは大変だった。

乙川の沈下橋だったか交通規制されていたからね。

写真を撮影したりして時間が押してきたので

駐車場に戻って帰ってきたと。

駐車場は物凄い待ちの行列が出来ていた。

あと248号や国1は大渋滞だった。

国1の渋滞は多分時間的に家康行列が通って

それで交通規制されていたんじゃないかと。

 

ということで念願だった家康行列が見れて満足。

これまでも見たいと思っていたんだけど

桜の見頃が終わった頃に行われてて

なかなか行く機会がなかった。

今回は桜の見頃はかなり遅かったため

ちょうど見頃と重なって見ることが出来た。

まあ混雑も半端なかったけどね。

来年また行くか分からないけど

春以外の季節も機会があれば行きたいなあ。

藤棚でも有名だったなあ。

 

戦国人物伝 本多忠勝 (コミック版日本の歴史) 戦国人物伝 本多忠勝 (コミック版日本の歴史)

このエントリーをはてなブックマークに追加

なばなの里の桜とチューリップ

  • 2017.04.08 Saturday
  • 11:39

本当ならば今日はなばなの里へ行く予定だった。

なばなの里ではチューリップまつりが開催されている。

またちょうど桜が見頃になっているだろうと考えていた。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D レンズキット EF24-105mm F4L IS USM付属 EOS6D24105ISLK

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D レンズキット

EF24-105mm F4L IS USM付属 EOS6D24105ISLK

昨年買ったフルサイズデジ一眼を持って撮影する予定だった。

しかし天気が悪いので断念。

行けないこともないだろうけど無理はいけない。

また来週機会があれば行きたいけどあるだろうか。

ということで以前行ったときの写真でも公開してみたい。

 

ということで去年のから。

これは去年の写真だったかな。

去年は桜の見頃がかなり早かったので

桜の開花状況が心配だったけど大丈夫だった。

行ったのは4月6日だった。

天気も良くてきれいだったな。

昨年はなばなの里へ行く前に木曽三川公園センターにも行ったんだ。

ここもチューリップまつりが開催されている。

入場料はないし駐車料金も無料なのでおすすめだ。

もっともナガシマリゾートメンバーズなので

なばなの里も無料で入れるけどね。

 

一昨年の写真はこれかな。

一昨年はそんなに桜は咲いていない時期だった。

また天気も晴れではなく曇り空だった。

全体的に鮮烈さに欠ける写真になっている。

確かイルミネーションも一緒に見に行ったんだったなあ。

一昨年のイルミネーションはナイアガラの滝だった。

今もまだイルミネーションやってるから見に行きたいな。

 

2014年のは

これだな。この年は桜がとても綺麗でまた天気も最高だった。

チューリップがとてもカラフルで素敵だったな。

これをまた見に行きたいけど日差しがあるとないとでは

撮影した感じが全く違っているので

やはり晴れている日じゃないとね。

 

大人の日帰り旅 名古屋・東海 (JTBのムック)

大人の日帰り旅 名古屋・東海 (JTBのムック)

このエントリーをはてなブックマークに追加

行き先ランダム旅

  • 2017.04.07 Friday
  • 21:29

テレビ東京系の"Youは何しに日本へ"という番組で

北欧の青年が日本で指差し旅というのをしていた。

日本の旅行ガイドの中から適当に指を指して

その指した目的地へ行くという旅。

行きたいところではなく指で適当に指した先へ行く旅というのは

かなり大変そうだが面白そうだ。

 

この手の目的地が決まってない行き先ランダム旅は

昔からいろいろテレビ番組などでも放送されてきた。

水曜どうでしょうはサイコロの旅、絵葉書の旅、カントリーサインなど

全く決まってないわけではないが決められた中から

行き先を運に託して決めるこれもランダム旅だろう。

あと地名しりとりという番組も今や懐かしいけど昔放送されていた。

ワッキーの地名しりとり Vol.1 [DVD]

ワッキーの地名しりとり Vol.1 [DVD]

この番組は東海3県に行くというものだったが

三重県の地名が出ずいつしか日本全国をいや世界すら

旅する番組になっていた。

これも本人にはどこへ行くか分からず旅先で出会った人が

過去に行ったその地名が重要。

これらの番組はどこへ行くか分からず

また変なところに飛ばされて右往左往するさまが見てて楽しかった。

 

この手の行き先ランダム旅を

1人でやっても多分面白くない。

苦難を分かち合える友人などと一緒に行ってこそ意味がある。

1人の場合はテレビだったりネットだったり

誰かしらとそれを共有する必要がある。

ユーチューバーとかならありだと思うけどそうした旅してる人いるんだろうか。

ただこの手の行き先ランダム旅はお金がかかる。

自分でもやってみたいと思っても

行きたい場所でもないところに交通費をかけて

苦労していくのはどうなのかなと。

例えば僕が行うとしたら愛知県内とかそういう制限を設ければOKだが

日本全国、あるいは世界だととてもお金がなくて無理。

テレビ番組などあちこち行けるのは番組だからこそ。

Youは何しに日本へで来てた人もよくお金があったなと。

 

ともかく出来る範囲でやってみたいなと思うのは僕の悪い癖。

続けたいとは思わないがやってみたいとはいつも思う。

例えばGoogle Mapsで名古屋駅を中心に持っていく。

そこから目をつぶってカーソルをぐるぐるに回したりして

どっか1点をポイントしたとしてその場所へ行くというのは面白い。

ってことでやってみた。拡大したり縮小したり

ひょっとしたら海になったりするかなと思いつつやった結果

三重県の何もない山の中になってしまった。

とりあえずすぐ近くをストリートビュー。

この道通ったことあるかな。多度大社の南だな。

ただこのあたりにはよく行ってるので全く知らない場所でもない。

というか何の目的もなくこの場所へ行くのは嫌だが

多分このすぐ近くには行く。

何故って木曽三川公園センターが近い場所にあるからね。

 

ということでもう1回やってみよう。

適当にやってさてポイント。

山の中腹とかは行けないのでそのすぐ近くの道。

ここはどこだろう。

場所は愛知県内。県道1号線ってこんな山奥なのか。

豊根村だがこれどうやってここへ行けばいいんだろう。

静岡の佐久間から回っていかないと行けないんじゃね・・・。

あともう1回やってみたら次は隠岐の北の日本海だった。これは無理だ。

もう1度名古屋駅に戻って始め。

さて次はどこかな。

これはつい最近通ったところだ。

場所は明治村のすぐ近くの入鹿池のレイクサイド。

明治村は7月までに何度も行く予定なので余裕で行ける。

 

ということでこの3箇所を見て

厳しいのは豊根村だろう。

県内とはいえ超山奥だ。

ただ3箇所へ行き写真を撮影してくるってミッションは

面白いかもしれないね。

不可能ではない。むしろ逆に現実的な感じがしてきた。

ということでクリアしたらブログで紹介したい。

この記事でも追記かトラックバックしておこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

明治探偵GAME2017

  • 2017.04.05 Wednesday
  • 21:36

今年も博物館明治村では

タカラッシュによる謎解きイベントが開催されている。

http://www.takarush.jp/promo/meiji/

一昨年までの明治探検隊は終了し

昨年から始まった新シリーズの明治探偵GAME。

名前は変わっただけで従来のイベントと変わらないが

明治村の中ではテキスト形に宝をさがして

歩きまわっている人を多く見かける。僕もその1人だが。

 

明治探偵GAMEは難易度に応じたテキストを購入。

テキストに書かれた謎を解いて

最終的には答えを見つけて提出して合ってればクリア。

途中必要なキーワードは広い明治村内に隠されている。

テキストの謎を解いてその場所を探し当てる必要がある

実際にその場へ行きキーワード等を見つけて行く

リアルに宝探しをするイベントとなっているわけだ。

これがまた楽しい。

謎解きに関しては

タカラッシュ!オフィシャルブック BOOK版リアル宝探し 謎いっぱいの不思議な本

タカラッシュ!オフィシャルブック 

BOOK版リアル宝探し 謎いっぱいの不思議な本

書籍版が出ているのでそれをプレイすると

なんとなく感覚は分かるだろう。

ただ明治村はリアル宝探しなのでとにかく歩き回る。

いい運動にもなる。

 

さて去年は苦労して何度か足を運びながらも

無事に5つクリアすることが出来た。

一昨年は途中で挫折したんだなあ。子音と母音のが分からんかった。

さて今年だけど壱と弐はクリア。参も謎は解けて

次行く機会に回答すればOKかと。

四以降は5月20日に発売される。

四は参をクリアしないと買えず伍は四のクリアが必要だ。

ネタバレしない程度に壱から参までを振り返ってみたい。

 

■壱

明示時探偵GAME初心者向けだけに

ボリュームも少なく簡単だ。

家族がプレイしていたけど

4つの謎があるけど謎1が一番難しかったようだ。

ただこれが唯一謎解きと言える感じで

謎2から4まではクイズみたいなものだから。

それらから得られた答えから最後の場所が分かる。

ただ遠いけどね。

 

■弐

明治探偵GAMEの経験者向け。

小道具としてメンコが登場する。

3つの謎解きはそれほど難しくはない。

もう終わりかなと思ったらもう1つだけ続いた感じか。

難易度はあまり高くないけど表現が若干曖昧なところがあり

それで迷う人はいるかもしれないな。

でも問題なくクリア。地図をしっかり見ることだね。

 

■参

壱と弐は若干物足りないものだったけど

参は凄く考えられていて面白かった。これぞ明治探偵GAME。

双六と数札を使うけどこの数札がうまく切れないので

ちょっとビリビリになってしまった。

テキストの問題は簡単で双六しなくても解けてしまうほど。

出た数とか全く利用しなかった。確認はしたけど

謎解きの醍醐味は双六の裏側だ。

こっちはそれなり難しかった。そして面白かった。

裏にも4つの問題というか指示がある。

順番に問いていけば全て埋められるけど

最後の意味が分からなくて迷ったなあ。わかった時は嬉しかった。

ただこれこそ明治探偵GAMEの醍醐味。

最後の展示物、なくても答えにたどり着けるから必要なかったと思う。

あれでは選択問題で謎が解けなくても

勘や運でゴールできてしまう人がいるのでは。

それでは面白くないと思うんだが。

 

難易度は去年に比べると全体的に低くなってる感じかな

まあ四と伍が楽しみだなあ。難しいといいけど解けないと嫌だな。

まだ1ヶ月以上先のことだから

しばらくは花見などを楽しみたい。

明治村は実はたくさんの花が咲いている場所。

桜の木はあちこちに咲いている。

あとは今の時期だとカタクリの花がきれい。

カタクリは2箇所で見つけたかな。

1つは駄菓子屋の裏。

もう1つは文豪の家の庭先。ボケも咲いてたな。

6月くらいだと紫陽花もきれい。秋は紅葉も素敵だ。

 

明治探偵GAMEはまだまだ続く。

参加していない人は是非。

そうそう明治村の入村料は大人1700円と決して安くはない。

明治探偵GAMEで何度も行くなら3500円の住民登録がおすすめだ。

いわゆる年間パス。平日は駐車料金が無料になる。

ただ村内でしか作れないので作るために入る時には入村料が必要になるけどね。

ということで是非お多くの人にプレイして欲しいなあ。

 

リアル宝探し「邪神ロキの呪いin東京ドイツ村」 [DVD]

リアル宝探し「邪神ロキの呪いin東京ドイツ村」 [DVD]

このエントリーをはてなブックマークに追加

カナダへ旅したい

  • 2017.04.01 Saturday
  • 19:31

世界に行ってみたい場所はいくつかあるが

その中の1つにカナディアンロッキーがある。

バンフという街に行ってみたい。

カナダはかつて行ったことがあるんだけど

トロントやナイアガラなど東側ばかりで

バンクーバーやビクトリア、カナディアンロッキーなどは

見ることはなかったんだ。

次に行く時は西側を見たいと思っていたけど

あれからもう長い月日が経ってしまっている。

あの頃はまだ僕も若かったのに・・。

 

カナダへ行きたいといっても

最近だとハワイにも行きたいし

国内でも鹿児島へ行きたいなど

行きたいところはたくさんありなかなか行けない。

名古屋空港時代には直行便があったカナダだけど

セントレアからの直行便がなかったので

なかなか行きづらかった。それが今年復活する。

https://www.aircanada.jp/rouge/NGO/

6月2日からバンクーバーへの直行便が運行されるため行きやすくなる。

今年はハワイ行ったから難しいかもしれないが

久々にカナダ旅行を計画してみたいなあと。

 

次にカナダへ行くといたら外せないのが西部。

B17 地球の歩き方 カナダ西部 2017~2018

B17 地球の歩き方 カナダ西部 2017~2018

バンクーバーやヴィクトリアも気になるけど

やはりカナディアンロッキーは外せない。

バンフやレイクルイーズあたりで2泊はしたいなあ。

カナダ旅行での絶対的な人気なのはナイアガラ。

ナイアガラは昔見ているのでどっちでもいいけど

ナイアガラとトロントの間には親戚が住んでるから

旅行ついでに会いたいなあとも思ったりする。

となると東にも目を向ける必要があるかな。

CNタワーは見たしそもそもツアーコースには

入っていない事が多いか。

ケベックとか行ってみたいけど秋が中心になる感じか。

ツアーだったりあるいは航空券を買っての旅行かも含めて

今後検討をしてみたい。

 

ちなみに昔はエアカナダの周遊券みたいなのを買って

バンクーバー乗り継ぎでトロントまで行き

親戚の家などを頼りながらいろいろ東側を見たりした。

ナイアガラ、トロントやらいろいろ見たなあ。

車も運転したし普通のスーパーや家電店も見たりした。

初めての海外だったから全てが新鮮だった。

また行きたいなあ。行きたいという漠然としたもんではなく

行くという決心が必要になるだろう。

ただツアー出ない場合は言葉とかがネックになるかな。

 

1月のハワイ旅行では

ようやく英語に耳が慣れてきた頃に帰国となってしまった。

昔はある程度話せたんだけど使わないと衰えてしまうもの。

特にリスニングの衰えは顕著で英語耳を普段から

作っておく必要がある。話す方はフィーリングでなんとかなるのだが。

カシオ デジタル英会話学習機 EX-word RISE XDR-B20BU ブルー コンテンツ120

カシオ デジタル英会話学習機

EX-word RISE XDR-B20BU ブルー コンテンツ120

英会話教室は金がかかりすぎるから

語学学習の機材などを買って勉強したいところだ。

あと海外のラジオを聞いたりするのもいいかな。

http://www.680news.com/

カナダでは680Newsというラジオをよく聞いた。

ずっと前からネットでも配信して聞けるので

英語耳を作るのにいいかもね。

 

そういえば学生時代はカナダ横断もしてみたかった。

というのも父方の従兄弟と母方の従兄弟の

どちらにもカナダ横断をした人がいるから。

1人はバイク、1人は自転車で話を聞いて

楽しそうだと思ったのを覚えている。

ただ今となっては難しい。ただカナダ横断鉄道による旅ならありだろう。

DVDでめぐる 世界の鉄道 絶景の旅 24号 大陸横断鉄道に乗って カナダ (世界の鉄道 絶景の旅)

DVDでめぐる 世界の鉄道 絶景の旅 24号

大陸横断鉄道に乗って カナダ (世界の鉄道 絶景の旅)

鉄道旅のDVDは持っているけど乗ってみたいなあ。

4泊5日だったっけなあ。

http://wcs.ne.jp/via/train/canadian/

しかし普通の座席で寝るのはつらそうだなあ。

バンクーバーとジャスパーやバンフまでならまあ問題ないが。

 

一応計画などは今後立てていくことにしよう。

どれくらいの予算がかかるかとか検討して

それに対して準備を進めていきたい。

そういえばバンクーバーには従兄弟が住んでたなあ。

泊まりに来てと言われてたけど頼るものありかなあ。

ということでカナダ旅をまたしよう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

上高地に泊まりたい

  • 2017.03.30 Thursday
  • 21:50

上高地へは毎年のように訪れているが

日本を代表する山岳リゾートでとても素敵な場所。

河童橋からは穂高連峰を見ることが出来て

山岳ムードあふれる観光地だ。

ここは登山基地にもなっており奥穂高岳や槍ヶ岳など

北アルプス南部方面へ登山する人がこぞって朝出発していく。

 

そんな上高地に行くのはいつも朝。

朝は朝で素敵な場所なのだが朝到着して昼頃には帰っていく。

基本日帰り旅なので夕方まで上高地にいると帰ることが出来ないから。

だから上高地の夕方や夜を僕は見たことがない。

上高地は釜トンネルを利用できる時間が限られるため

夕方から夜にかけて残ってる人はたいてい宿泊する人になる。

上高地で宿泊して夜を迎えてみたいなあと何度も思う。

星空もきれいで素敵な場所と聞く。

これまで30回以上上高地へ行ってるんだけど

今年こそと毎年思っているけど

さて2017年は行けるだろうか。

 

上高地には様々なホテルや旅館がある。

部屋もホテルのようなところから

山小屋風の相部屋まで様々ある。

近年は洋風高級化が進んでおり部屋数を減らして

単価の高いベッドルームを設ける宿が増えている感じだ。

上高地の宿の頂点に位置するのは上高地帝国ホテル。

http://www.imperialhotel.co.jp/j/kamikochi/

河童橋や梓川沿いの喧騒から少し離れた林の中にある。

場所的には田代池とかそこに近い感じかな。

ロビーでコーヒー飲んだことがあるけど

アルペン風のデザインや内装で素敵なホテルだ。

いつかここに泊まりたいとは思うけど桁違いに高いから

まあ無理だろう。料金は4万から7万くらいだろうか。

ハイシーズンだと6万円はするしちょっと手が出せない。

 

超ハイクラスではないがその下のハイクラスとしては

3つほどホテルがあるかなと。

泊まるとしたらそのクラスが理想かと思う。

1つは五千尺ホテル。

河童橋の前にある最高立地のホテルだ。

ただ僕が泊まりたいのはここではない。

いい場所で外国人観光客などに人気だが温泉ではないと。

上高地で温泉のあるホテルは2つしかない。

それは上高地温泉ホテルと上高地ルミエスタホテルだ。

この2つの宿は河童橋から少し離れており

ウェストンリーフを過ぎてしばらく歩いた先にある。

川沿いに2件ならんで経っている。

どちらも規模の大きなホテルだ。

 

上高地温泉ホテルは和室を主体としてホテルだ。

 

もちろん名前の通りかけ流しの温泉を持つ。

和室が圧倒的に多くて畳敷きの落ち着いた部屋が多い。

梓川沿いの散策路から撮影した写真だけどバックには

焼岳や穂高連峰が控えていて素敵な場所だ。

会社の同僚はよくここに宿泊しているというらしいけど

とても落ち着けて河童橋のように人も多くなく

ゆっくり出来て素敵なようだ。あと星もきれいだと。

 

そしてもう1件が上高地ルミエスタホテル。

 

以前は上高地清水屋ホテルと呼ばれていたけど改名している。

温泉ホテルとは異なり洋室主体となっておりベッドルームが多い。

実はこのホテルは入ったことがあり

ロビーでコーヒーやケーキなど軽食をとったけど

とても素敵な雰囲気のホテルだった。

梓川からの見た目は温泉ホテルと変わらないが

奥があまり大きくなく規模は温泉ホテルには劣る。

ただその分行き届いたサービスで高級感はこちらのほうが上かな。

和風が好きなら温泉ホテル、

洋風が好きならルミエスタホテルという感じじゃなかろうか。

 

我が家では1度喫茶コーナーに入ったルミエスタホテルの評価が高く

行ってみたい宿No.1となっている。

上高地は4月末から11月中旬までが開山時期であり

ホテルが営業するのもその時期になる。

今年は既に宿の予約を受け付けているけど

先の休みが分からないから何とも言えないけど泊まりたいな。

穴場としては5月のGW明けから7月初旬までだろう。

いわゆる新緑シーズンは夏や秋に比べると利用者は減るかなと。

逆に混むのはお盆と秋の紅葉シーズン。

昔は7月下旬からお盆が圧倒的ピークだったけど

今は9月のシルバーウィークや10月の週末のほうが

混雑率は激しいようで変わりつつあるようだ。

 

ということで今年も上高地には行くだろうが

宿に宿泊して上高地に泊まりたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM