明治探偵GAMEは明日から上級スタート

  • 2017.05.19 Friday
  • 20:32

3月から博物館明治村でスタートした明治探偵GAME。

3月と4月に明治村へ行き解いてきた。

まだ参の答えは提出してないけどわかってるので

今度行った時に提出して四以降にチャレンジしたい。

その四と伍が明日5月20日から発売される。

http://www.takarush.jp/promo/meiji/

 

明治探偵GAMEはタカラッシュが作った謎解きゲーム。

リアル宝探しということで明治村の園内に隠された宝を

謎解きしながら探していくというもの。

謎解きイベントは数あれど明治探偵GAMEは

実際に謎を解いて広い明治村の園内を歩き回って

見つけていく必要があり謎解き+宝探しの両方の醍醐味がある。

これはなかなか難しかったりする。

元々明治探検隊として行われていたけど

2015年を最後に終了。

昨年2016年から始まったの新シリーズが明治探偵GAME。

でもやってることは同じだけどね。

 

僕がこのシリーズを

本格的に始めたのは明治探検隊最終章の2015年だった。

そして2015年は最後まで解くことができなかった。

昨年の2016年は伍まで解くことが出来て完全クリアを達成。

今年も完全クリアを目指している。

今年のレベルはどうだろう。

壱と弐は易しめ。参も最後は面白かったけど

それまでは比較的易しめという感じだった。

それでも謎解きの醍醐味は十分味わえる。

というか純粋に楽しめるのは参までだろうけど。

四からはかなり苦戦するんじゃないかな多分。

一昨年はほんと何度考えてもわからなかった。

去年は何度か通ってやっとやっとクリア出来た形。

今年はどういう問題か楽しみだ。

 

この伍までプレイする人は

明治村の村民登録をしている人が多い。

これはいわゆる年間パスで年額3500円で持てる。

明治村の入村料は1700円なので約2回分。

ただし作る時は中に入る必要があり1700円が必要だ。

平日の駐車料金が無料になるし作るメリットは大きいと思う。

もっとも明治村は年中楽しめる・・ってわけではない。

夏は炎天下で正直つらい。宵の明治村ということで

夜間イベントが行われるらしいが。

でも夏のかき氷は超うまいけど。

秋は同じような謎解きイベントが開催されたりする。

リアル脱出ゲームのイベントが行われたりした。

11月頃は紅葉のきれいだし過ごしやすいし明治村が賑わう時期でもある。

 

ってことでまだプレイしてない人は

是非明治探偵GAMEをプレイして欲しい。

そのためだけに明治村へ行く価値はあるが

明治村は本物の洋館などがあるので

じっくり見たら1日じゃ見きれない。

そういう点で言えば行ってみて楽しければ

村民登録をするのをおすすめする。

僕はいつ行こうかな。5月中はバラ園行くので無理かな。

6月は紫陽花がきれいだからいい時期かも。

 

タカラッシュ!オフィシャルブック BOOK版リアル宝探し 謎いっぱいの不思議な本

タカラッシュ!オフィシャルブック 

BOOK版リアル宝探し 謎いっぱいの不思議な本

このエントリーをはてなブックマークに追加

九州旅

  • 2017.05.18 Thursday
  • 21:43

今年8月に九州へ旅行する。

ゴールデンウィーク前から検討して

予約をしたりしてきたけど

少しずつスケジュールが固まりつつある。

当初は鹿児島オンリーだったけど

熊本も加わって南九州旅へと変わりつつある。

 

鹿児島は母方の実家がある場所。

といっても既に祖父母はなくなってしまっている。

まっぷる 鹿児島 指宿・霧島 '17-18 (まっぷるマガジン)

まっぷる 鹿児島 指宿・霧島 '17-18 (まっぷるマガジン)

これまで何度も帰省しているため

既にかなり見てしまっている。

観光をどうするか検討しているけど

どこへ行くかがなかなか決まらない。

例えば桜島もフェリーで渡るかどうかは検討したけど

結構何度も行ってるから今回はいいかなと。

もちろん桜島は見たいけど城山公園あたりから

見ればいいかなと。

 

鹿児島以外だと宮崎か熊本ということになる。

往復の飛行機が鹿児島空港ということを考えると

近い熊本が有力候補ということになる。

まっぷる 熊本・阿蘇 黒川温泉・天草 '18 (まっぷるマガジン)

まっぷる 熊本・阿蘇 黒川温泉・天草 '18 (まっぷるマガジン)

熊本は以前帰省する時に立ち寄ったことがあり

もうそれは15年以上前で記憶も薄れてきており

久しぶりに行ってみたいなと。

一応熊本城、阿蘇を予定しているところだ。

ただそれなりに移動に時間を費やすことにはなるけどね。

天気よければ問題ないんだけど。

 

移動手段はレンタカー。

いろんなレンタカー会社から比較検討して決めた。

鹿児島空港は決して交通の便はよくない。

それ故に車での観光が中心になるかと。

空港近くには多くのレンタカー屋があるので問題はない。

今回南は指宿、北は阿蘇と行動範囲が広がるので

快適性を重視して大きめの車を選ぶことにした。

ナビはついてるけど最新ではないようなので

スマホナビは併用することにしたい。

行きと帰りの飛行機を別の空港にするプランもあったが

それだとレンタカーを乗り捨て扱いになり

利用できる会社が限られて価格がかなり上がるのが難点。

結局それでやめてしまった。

阿蘇に宿泊して観光した後で

鹿児島空港に戻ってくる必要があるのは確か難点ではあるけど。

 

まだ具体的な行程はこれからなので

2ヶ月以上先のことなのでじっくり検討していく。

宿やレンタカーのキャンセルは可能だからね。

55日前だからまだキャンセル料は発生しないかな。

手数料は430円ほどかかるらしいけど・・とにかく検討を続けたい。

今回はうちの家族+親戚と一緒に行くので

自分だけで行動を決められないので相談して考えていこう。

そしてこの大人数で鹿児島帰省するのは最後になるから

旅の記録はしっかりと残したいと思う。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB

光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

それ故に4Kビデオカメラを買おうかと迷うけど

一方が増えすぎる懸念があるから

持っていく者のチェックなどまだ気が早いけど検討しておこう。

フルサイズデジ一眼持っていくかどうするか・・。

 

ということで鹿児島と熊本と

どこに立ち寄るか昼飯どうするかなど含めて

具体的に検討を詰めていきたい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

休暇村に泊まる

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 21:32

夏や秋の旅の計画を考えている。

その宿泊先として最近利用しているのが休暇村。

休暇村であそぼう (’03) (るるぶ情報版―全国)

休暇村であそぼう (’03) (るるぶ情報版―全国)

昔は国民宿舎と国民休暇村は

お手頃な公営の宿として人気があった。

ただ老朽化が進み公営の宿も民営化の波に飲まれてしまった。

ただ最近はリニューアルして魅力を取り戻している。

特に休暇村は元々立地が最強なところが多くて

今はかなり人気だ。

かつてのように予約開始とともに応募殺到というほどではないが

いい場所にあるので観光地での宿泊という点では魅力だ。

 

ここ数年だと2015年、2016年と

乗鞍高原の休暇村に宿泊している。

 

ここは乗鞍高原の中心部にありまいめの池がすぐ近くて最高の場所。

畳平行きのバス停も目の前にある。

夏は高原や星空観測、秋は紅葉と素敵な場所だ。

今年も秋に宿泊したいなと思っているけどまだ流石に早いか。

夏も標高1500mの高原地帯にありまた温泉があるので

宿泊するには最高なんだなあ。

あと今年は8月に鹿児島旅をするけど

2泊目を熊本で宿泊しようかとも検討中。

その有力候補が休暇村南阿蘇だ。

 

1泊目が指宿で決めているので阿蘇までの移動が大変だが

3日目は夜の便で帰るので3日目の予定には余裕があり

天気が良ければ阿蘇観光をしようかなと。

以前鹿児島帰省した時は阿蘇のかんぽの宿で宿泊した記憶がある。

 

ちなみに指宿にも休暇村がある。

今度宿泊する予定の指宿白水館のすぐ近くだ。

料金は圧倒的に休暇村のほうが安いが

今回一緒に旅行をするメンバーの強い希望で

白水館に泊まるので指宿の休暇村は断念することに。

 

あと最近行きたい場所の候補として

紀伊半島の熊野がある。

熊野大社やらあの辺りを旅したいが

愛知県からはそう遠くはないものの

交通の便が良くないので行くとしたら泊まり旅になる。

その際に宿泊先の候補としても休暇村を検討している。

紀伊半島には2つ休暇村があるが1つは和歌山市の西で

熊野観光には遠い。利用するなら南紀勝浦だろう。

 

子供の頃にこの辺りを旅した時に

南紀白浜方面の国民宿舎に泊まったけど

本当は南紀勝浦の休暇村に泊まりたかった。

当時の休暇村は大人気ではがきで応募する形で

倍率が高くてなかなか予約できなかった。

南紀勝浦は那智大滝にも近いしここがベストだな。

 

あと忘れちゃいけないのは

愛知県内にも休暇村が2つもあることだ。

茶臼山高原と伊良湖だけど

近すぎて利用する機会はあまりないけど

もし機会があれば泊まりたいものだ。

ってことで秋の乗鞍高原以外でも休暇村を利用したい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

山岳絶景

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 23:34

最近旅のモチベーションが落ちてるけど

そのモチベーションを高めるためにも

自分が見たい絶景とは何だろうと考えてみた。

そしてそれは山岳絶景だと確信。

日本の山 究極の絶景ガイド  一生に一度は歩いて訪れたい四季折々の「山の絶景」を収録!

日本の山 究極の絶景ガイド  

一生に一度は歩いて訪れたい四季折々の「山の絶景」を収録!

昨今Instagramの人気で

インスタ映えする絶景スポットが人気だけど

春の絶景といえば花。

花の絶景も好きだけど僕が本当に見たいのは山の絶景だ。

山岳絶景こそ僕の大好物だ。

 

先日気分をもり立てるために

海外紀行番組などを色々見ていた。

そんな中で良かったのはスイス。

スイスは山岳絶景の宝庫。

るるぶスイス (るるぶ情報版海外)

るるぶスイス (るるぶ情報版海外)

僕が思う山岳絶景の多い国は

スイス、ニュージーランド、カナダだけど

スイスは桁違いに多い。

その番組で見たのはヨーロッパアルプス奥深くの

グリンデルワルトからロープウェイで上がった

フィルストから見た風景だったけどそれは素晴らしかった。

http://www.myswitzerland.com/ja/first.html

アイガー、メンヒ、ユングフラウの山々へは鉄道などで

入っていくことが出来てその絶景も素晴らしいのだが

それらの山々を見られるこの展望スポットは素晴らしい。

日本でいえばグリンデルワルトが上高地で

アイガーメンヒユングフラウが槍穂高の山々として

フィルスト展望台は霞沢岳か蝶ヶ岳から見た眺望って感じだろうか。

そこまでロープウェイが通じているスイスはさすがだなと。

スイスはそれだけでなくツェルマットやサースフェーからの

マッターホルンなども素晴らしいなあと。

というかほんと山岳絶景だらけ。行きたくなってきたなあ。

 

スイスのような絶景は残念ながら見られない。

日本でそれに近いのは

前述の上高地、あとは立山室堂、千畳敷カールか。

この3箇所は何度も行ったことがあるけど素晴らしい場所。

もっともスイスっぽいのは千畳敷カールだろうか。

夏の千畳敷カールから見上げる宝剣岳は

ほんとヨーロッパアルプスを思わせる風景だ。

上高地は山々が少し遠い。涸沢カールまで行けば雰囲気味わえるが

涸沢カールまでが遠い。

ヨーロッパなら上高地から涸沢まで鉄道が敷設されていそうだ。

立山室堂は素敵な場所だけど

ヨーロッパとはちょっと違う。火山帯っぽさが強いからかな。

乗鞍も室堂に近くて火山帯って感じだなと感じる。

氷河が削った荒々しさがないんだなあ。

阿蘇もそうだけど火山台地って感じがある。

それはある意味日本の山岳風景の良いところでもあるんだけどね。

その延長で行ってみたいのは

北海道の旭岳だろうか。ロープウェイでアクセスできるようで

標高2000mちょっとだが日本の山岳風景が広がっている。

 

ヨーロッパの場合は

山岳風景が鉄道網の充実により

お金はかかるが手軽にアクセスして見られること。

特にスイスは充実している。

日本は山は登山家の世界というような意識が今もある。

またロープウェイとか敷設しようとすると

環境破壊だとか騒がれることになる。

確かにそうした施設の建設は環境を破壊することになるが

そうした施設で山に入り山を愛する人が増えることは

大きな目で見れば環境保護の流れを強くすることになるんだけどね。

エコだ環境に良いとかで進められてる太陽光発電のほうが

山林を切り開いて発電所を作るなどはるかに環境破壊な気がするけど。

立山黒部アルペンルートや新穂高ロープウェイ、

中央アルプスロープウェイなど今だったら作れなかったかもね。

南アルプス辺りに作って欲しい気もするけど無理だろうな。

 

ということでスイスか・・。いつかは行きたい。

でもヨーロッパは遠いし価格も高いなあ。でも行きたい。

行って天気悪かったら最悪だなあ。

写真で見るような絶景を目で直接見てみたい。

そうは簡単にいかないので

国内の山岳絶景は見てみたい。

立山、上高地、千畳敷カールの3大スポットは訪れてるが

千畳敷カールとか最近行ってないのでまた行きたい。

あとは涸沢カールもなんとか頑張っていきたい。

阿蘇も夏に行きたいなあ。もう大丈夫かなあ。

あとは白馬だな。

八方池周辺も素晴らしい絶景スポットと聞くから

いつか絶対にいこう。

 

ということで山岳絶景で旅のモチベーションを高めて

アクティブに出かけていきたい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

高原の旅

  • 2017.05.13 Saturday
  • 23:25

夏に出かけたい場所を検討しているけど

やはり高原へ行きたい。

今年は8月に鹿児島へ行く予定なので

あまり遠出は出来ないだろうけど

高原でのんびり過ごしたいな。

やはりのんびり過ごすためには宿泊は欠かせない。

今年夏の高原旅計画を検討中。

 

これまでだと上高地や乗鞍へは行くことが多かった。

るるぶ上高地 乗鞍 白骨 奥飛騨温泉郷'18 (国内シリーズ)

るるぶ上高地 乗鞍 白骨 奥飛騨温泉郷'18 (国内シリーズ)

上高地は高原というよりも周囲をアルプスの山々に囲まれた

山岳リゾートという感じだ。

毎年のように上高地へ行ってるけど宿泊したことはない。

最近宿泊しているのは乗鞍高原だ。

 

休暇村乗鞍高原は2015年、2016年と2年連続で宿泊してるが

素晴らしいロケーションでいいところ。

ここは温泉があるのもいいね。

料金もそれほど高くはないし今年も泊まりたいなあ。

夏だったら星空観測ツアーとかも行われるようで

天の川銀河を見に行きたいものだ。

上高地に宿泊するならばルミエスタホテルに泊まりたい。

 

梓川沿いに立つホテルで河童橋の喧騒からは離れてて静かなところ。

隣の温泉ホテルとともに上高地では2件だけの温泉宿だ。

泊まったことはないがロビーの喫茶スペースでお茶したけど

いいところでいつか泊まりに来たいなと思ったもの。

 

あと高原で宿泊したと言えば2015年7月の

夏シーズンに宿泊した立山だろうか。

るるぶ立山 黒部 アルペンルート'18 (国内シリーズ)

るるぶ立山 黒部 アルペンルート'18 (国内シリーズ)

立山は上高地と並ぶ山岳リゾート。

ただ室堂などは山に囲まれつつも解放感があり

高原ムードがあふれていて素敵な場所だ。

そんな室堂にあるホテル立山は最高の立地のホテルと言える。

 

ここは本当に良かったな。かなり価格は高いけど

ロケーションはこれ以上ない最強で標高2400mに位置して

夕方散歩で外に出れば室堂の散策路が広がっていて

平野部の夜景も見られるという素晴らしいところ。

夜になれば満天の星空。また泊まりたいなあ。

 

こうしてみるとそれなりに高原には宿泊してるが

高原というよりも乗鞍も立山も山岳リゾート地だ。

これぞ高原というのは八ヶ岳山麓ではないかと思う。

清里などは高原という感じで憧れがあるが

八ヶ岳の方面は行ったことがない。

テレビ番組などで見ただけ。

まっぷる 清里・八ヶ岳 蓼科 (まっぷるマガジン)

まっぷる 清里・八ヶ岳 蓼科 (まっぷるマガジン)

まさに日本の高原ってところだろうけど

宿泊施設などの知識がないから調べていかないと。

ペンションとか多いと思うけど

ペンションってのは泊まったことがなくて

なんとなく民宿の和風版って感じで

受け入れられるのか正直分からないな。

普通の旅館で十分なんだけど。

八ヶ岳の本とか買って良いところ探してみようかなあ。

あとは白馬方面だろうか。

白馬は八方尾根自然研究路など毎年行きたいと思ってるが

遠いから宿泊しないと厳しそうだ。

ただあまり知らないので情報とか収集してたら今年夏は無理かな。

秋ならなんとか。

 

ということで8月に鹿児島へ帰省するから

スケジュール的に厳しいけど

今年も高原旅したい。泊まりたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新幹線での旅

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 21:40

最近YouTubeで鉄道動画を見たりするけど

やっぱり新幹線に乗りたいなと思う。

駅から駅へと高速移動することが出来る。

東海道新幹線はかなり高頻度で運転しているけど

それでも満席に近いことが多くてまさに大動脈。

僕自身は新幹線で出張とかすることはないけど

そういう世界を垣間見ると頼りに感じる。

完全保存版! 新幹線まるわかりBOOK

完全保存版! 新幹線まるわかりBOOK

東京とか大阪へ行く用事があるわけではないが

新幹線に乗って旅したいなと思う。

 

新幹線での旅だけど

東京とか大阪も魅力だけど行くなら広島かな。

まっぷる 広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道 '18 (まっぷるマガジン)

まっぷる 広島・宮島 尾道・呉・

しまなみ海道 '18 (まっぷるマガジン)

車で行くにはちょっと遠すぎる。

飛行機では中途半端で新幹線がベストかなと。

広島までは名古屋からのぞみで片道14430円で2時間13分。

ツアーとか組んだほうが多少安くなるかもしれない。

調べてみたら乗車する新幹線などは限定されるけど

宿込みで25000円くらいからあるのでかなりお得だ。

広島は原爆ドーム、宮島など1泊2日あれば十分見られるかと。

 

あとは静岡方面かな。

こだまやひかりを利用して静岡旅はありかと。

長い静岡県の運転は大変だけど新幹線ならスムーズ。

まっぷる 静岡 浜名湖・富士山麓・伊豆 '17 (まっぷるマガジン)

まっぷる 静岡 浜名湖・富士山麓・

伊豆 '17 (まっぷるマガジン)

日本平とか久能山東照宮とか行ってみたい。

静岡は通過することが多くて

行く機会があっても伊豆や箱根、富士方面。

浜松近辺なら車で行くけどそこから先はあまり行かないので

新幹線を利用していきたいものだなと。

こだまのオトクプランとかあったような気がするけどな。

 

新幹線だけどお得に利用する方法がいくつかある。

その1つが東海道山陽新幹線で使えるエクスプレス予約。

年会費が1080円かかるけど距離にもよるが1往復すれば

もとが取れるというほどで割引されて美味しい。

家族旅などだと割引も大きくメリットも大きい。

検討してみてもいい気がするけどどうだろう。

余計なクレジットカードは作りたくないけどメリットが大きいなら

ありだと思うが・・。

エクスプレス予約が出来れば新幹線旅も増えそうだなあ。

ただ新幹線の名古屋駅までそれほど近くないから

そこまでのアクセスを考えると微妙なところか。

 

ということで検討はするけど

とりあえず久々に新幹線に乗りたいなあ。

京都くらいなら手軽に行けそうだしちょっくら行ってみようかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク後の行楽

  • 2017.05.08 Monday
  • 13:32

ゴールデンウィークが終わって

また日常が戻ってきた。

ただ行楽がなくなったわけではなく

5月も6月も休みには出かけたいと思っている。

そういう楽しみがしばらく長期休暇がない現状でも

頑張れるかなと思うから。

ということで5月6月の行楽予定について書いてみたい。

 

富士芝桜まつり

http://www.shibazakura.jp/

4月15日から5月28日まで開催。

ということで現在開催中だ。

既に見頃を迎えていてその状態もとても良いようだ。

昨年はちょっと良くなかったけど今年は良さそう。

行くなら早めがいいだろうか。

ただ本栖湖湖畔まで行くのは大変だから現状は行く予定はない。

茶臼山高原芝桜まつり2017

http://www.chausuyama.jp/enjoy/2014021912102489.html

5月13日から6月4日まで開催。

見頃は5月中旬から下旬のようだ。

茶臼山高原の観光リフトで萩太郎山に登って

その山頂エリアにたくさんの芝桜が植えられている。

愛知県内なのでそれほど遠くないから行けたら行きたいなあ。

数年前に行ったけどここ2年3年は行ってないな。

花フェスタ記念公園春のバラまつり

http://www.hanafes.jp/hanafes/

5月13日から6月18日まで開催。

花フェスタ記念公園は年中楽しめるけどここはバラに特化してて

特に春のバラまつりの時は圧倒的なバラ園が魅力だ。

ここ数年は5月の楽しみとして毎年訪れてて今年も行く予定。

可睡ゆりの園

http://www.yurien.jp/

5月27日から7月2日まで開催。

行ったことがないんだけど写真などで見たことがあり

1度行ってみたいなあと思っていた。場所は静岡県袋井市。

5月に比べて6月はあまりないから検討してみたい。

なばなの里あじさい花しょうぶ祭り

http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html/

5月下旬から7月上旬に開催。

昨年初めて見に行ったけどなかなか良かった。

ちなみに5月はバラまつりも開催されている。

ただバラ園はベゴニアガーデンの奥なので

ナガシマリゾートメンバーズ会員だけじゃ入れないのが難点だ。

形原温泉あじさいの里

http://www.katahara-spa.jp/

6月1日から30日まで開催。

ここ数年は毎年訪れている形原温泉のあじさい祭り。

23号線を使えばわりと簡単にアクセスできるのも魅力。

紫陽花が圧倒的で素晴らしい。

紫陽花はなばなの里よりこっちのほうがずっと見応えがあり

またボリュームもありおすすめだ。

 

ってことでこんなところだな。

たくさん見る機会はある。

カメラを持ってお出かけしたい。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D レンズキット EF24-105mm F4L IS USM付属 EOS6D24105ISLK

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D レンズキット

EF24-105mm F4L IS USM付属 EOS6D24105ISLK

昨年7月に買ったフルサイズデジ一眼は

まだ買って1年経ってないため5月6月には使ってないわけで

初めての芝桜やバラや紫陽花の撮影を楽しみたい。

 

東海春Walker2017 ウォーカームック

東海春Walker2017 ウォーカームック

このエントリーをはてなブックマークに追加

古墳と観光

  • 2017.05.06 Saturday
  • 21:35

僕は古墳が好きだ。

奈良へ行った時とか神社仏閣だけでなく

古墳めぐりをすることもある。

ただあまり古墳は観光地としては魅力的とは言えない。

1つはお墓だということもあるけど

それ以上に大規模な古墳などは宮内庁管理で

とても入ることが出来ないため。

ただ外から眺めるだけになる。

でもロマンがあるんだなあ。

 

古墳は各地にある。

奈良や大阪とか行かなくても地元にも古墳は多い。

巨大な前方後円墳はなくても円墳くらいだったら

ほんとあちこちにある。

知識ゼロからの古墳入門

知識ゼロからの古墳入門

なんでもない公園の小さな山が古墳だったなんてこともある。

整備されているところもあれば

朽ち果てている場所もある。

古墳も整備されてればきれいだけど

多くは1600年以上前のお墓なので樹木に覆われて

原型を留めなような場所もあるようだ。

中には整備されて埴輪などが置かれてきれいになってるところもある。

神戸の垂水あたりにある五色塚古墳なんかは整備されてきれい。

昔の古墳はこんなんだったとよく分かる。

 

古墳好きは墓マイラーなのかというと

そうでもないような気がする。

日本全国・有名人のお墓めぐり!墓マイラーの散歩地図 (青春文庫)

日本全国・有名人のお墓めぐり!墓マイラーの散歩地図 (青春文庫)

墓マイラーは有名人や歴史上の人物のお墓を訪ねて旅する人。

その人物をよく知ってれば生きた歴史を振り返ることが出来て

とても感慨深いものがある。

古墳めぐりはそれとはちょっと違って

古代遺跡巡りみたいなものじゃないだろうか。

海外のピラミッドや始皇帝陵、コロッセオとか

昔の巨大建造物など残っているけどそれに近いものがある。

ただ古墳は観光的な材料がないから遠くから見るだけ。

古墳スタンプラリーとか古墳カードとかあれば

歴史も学べていろんな古墳も見られるのだが。

 

古墳は上空から見てこそ形が分かるので

Google Mapsなどで衛星写真などを見るだけでも

楽しめるわけだがやっぱり実際に見てみたいもの。

堺市役所のように古墳展望台を設けている場所もあるが

大半は古墳を見られるような施設はないんだなあ。

せめてドローン撮影OKとかにしてくれればいいと思うが

宮内庁管理だから当然アウトだし難し問題だ。

地道に小さな古墳めぐりでもしていこうかなあ。

愛知県内だって結構あるからね。

 

古墳クッション いまこ(今の古墳)(グリーン)

古墳クッション いまこ(今の古墳)(グリーン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダム観光

  • 2017.05.05 Friday
  • 22:38

ダムのような巨大建造物は大好きだ。

特にダムは土木技術の集大成のようなもので

山奥に巨大なダムが見えてくるとわくわくする。

自然破壊だという声もあるけど僕はダムが好き。

ダム大百科 (ブルーガイド・グラフィック)

ダム大百科 (ブルーガイド・グラフィック)

いろんなダムがあるけど

いかにもダムって感じのアーチダムとか

重力式コンクリートダムとかがいいなあ。

ロックフィルダムはただの堰き止めみたいな場所が多いからな。

 

ダムを見に行く観光ってのはあまりなくて

その唯一の例外は立山黒部アルペンルートの黒部ダムか。

それ以外はダムはただの通過地点に過ぎないかな。

上高地とか乗鞍へ行く時は奈川渡ダムの上を158号が通っていく。

今は高速が開通したからあまり通らないが白川郷へ行く時も

以前は御母衣ダムの横を通ったものだ。

ただダムへの観光は黒部ダムくらいしかしたことないな。

でも最近はダムを見ることが目的で旅やドライブする人が増えてるようだ。

そして僕もそのムーブメントに参加してみようかと。

 

最近はダムカードというものがあるようだ。

ダムカード大全集 Ver.2.0

ダムカード大全集 Ver.2.0

各ダムで発行しているカードで人気となっている。

このカードをもらうためにダムを訪れる人が増えていると。

ダムにも影響時間があるのでその営業時間内に

受付に訪れるともらえるようだ。

http://www.mlit.go.jp/river/kankyo/campaign/shunnkan/damcard.html

人がいない無人の小規模ダムでは配布してないけど

大きなところはたいていもらえるようだ。

そんなにダムカードが欲しいってわけではないが

ダムを見に行きたいのでその見に行ったという証に

ダムカード集めでもしてみようかなと。

 

ということで今後意識してダムを訪れるようにしよう。

そういえば4月にしだれ桃を見に行った時に

矢作ダムの近くまで行ってたんだなあ。あの山奥まで行くの大変だが

また行かねば。矢作ダムはアーチダムで結構カッコイイ。

矢作川水系にはほかにもダムがあって

越戸ダムとかこないだ横を通ったけど矢作川水系では

矢作ダムのみがダムカードを配布してるようだ。

まあダムカードなくても写真くらい撮影しておきたい。

あとほかにも豊川水系とか木曽川水系とか

河川からコンプリートしていく形でいろいろ見に行こう。

 

そうそう写真を撮影するなら

放流している時が理想だが

なかなか難しい。

大雨の後とかだと放流してるケースが多いが

普段だと黒部ダムのように観光放水してるところは少ないから

運次第になるかなあ。

あとダムカレー。最近ダムカレーを販売するお店が増えてるらしく

ダム観光ついでにカレーライスも食べていこう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロープウェイ旅

  • 2017.05.04 Thursday
  • 20:24

ロープウェイは手軽に高所へと連れて行ってくれる乗り物。

山は苦労して登山しないと上がれないものだけど

ロープウェイがあればお年寄りでも山の世界を味わえる。

そこには素晴らしい眺望があったり高山植物の世界があったりと別天地。

ロープウェイ探訪 昭和の希望を運んだ夢の乗り物!

ロープウェイ探訪 昭和の希望を運んだ夢の乗り物!

高度経済成長期に日本各地にロープウェイが出来たけど

その後廃れてしまった。今は新設されることはなく

リニューアルを繰り返しながら維持してる感じ。

まあ今新設をすることになったら

自然破壊とかで反対運動とか起きうるから難しい問題だね。

でもだからといって人が山から離れていき

自然からかけ離れていってしまうのでは意味がない。

ロープウェイは誰もが山の魅力を味わえるものであり

ある意味自然との共存のために有意義なものではないかと思うが・・。

 

ともかくロープウェイだけど

僕はこれまでいくつ利用したかな。

高所まで上がれるといえば

新穂高ロープウェイと中央アルプス駒ケ岳ロープウェイは外せない。

どちらもかつては名鉄カラーの車体だったんだな。

今も名鉄グループの企業のようだけど。

新穂高ロープウェイは2015年2月に利用した。

奥飛騨温泉郷の最奥に位置する。

槍ヶ岳や奥穂高だけへの登山口でもあるが

上高地に比べるとちょっとマイナー。

どちらかというと温泉街として知られている場所。

るるぶ飛騨高山'18 (国内シリーズ)

るるぶ飛騨高山'18 (国内シリーズ)

ただ高山からはかなり奥深い場所になるので

アクセスはあまり良いとは言えない。

ロープウェイの終点は西穂高口で中途半端な場所ではあるかな。

槍穂高の山並みは見えるけどもう少し。

笠ヶ岳のほうがきれいに見られるけど

稜線近くの西穂高山荘のある辺りまでロープウェイがあれば

さらに有名になり得ただろうにと思う。

絶景は見られるけどもう少しという感じか。

一時期上高地へと延伸する話も出ていたけど

消えてしまったようだがあれはあれでありだと思うけどな。

中央アルプス駒ケ岳ロープウェイは千畳敷カールへのアクセス。

観光地の多い長野でも南信州の領域は

あまりメジャーな観光地がないけど

ここは南信州を代表する観光地として人気が高い。

るるぶ信州'17 (国内シリーズ)

るるぶ信州'17 (国内シリーズ)

ここはロープウェイの乗口までバスでアクセスするのだが

それが一番の難点。ロープウェイの駅が山奥過ぎる。

新穂高はロープウェイ駅のすぐ近くに駐車出来るので

バス酔いしまくる山道を走らないと駅までいけないのはつらい。

ただロープウェイに乗ってしまえば7分で標高2600mの別天地。

ロープウェイ駅を降りると中央アルプスのカールが広がっていて

宝剣岳が間近に迫っている。

八丁坂を登って稜線に出て駒ケ岳を目指してもいいし

カールをお散歩してもいい。

後ろを振り返ると伊那谷から南アルプス、富士山まで

圧倒的な風景が広がっている。

秋にはカールは見事に紅葉してそれは素晴らしい場所に。

僕が知る限りはこの2つ2大山岳ロープウェイかなと。

 

あとは山のロープウェイでは

スキー場のゴンドラとして利用されている場合が多い。

冬はスキー、夏は高原として利用されている。

八方尾根とかヘブンスそのはらなどは冬も夏も人気だ。

ただ昨今はスキー人口が減ってその結果として

スキー場が閉鎖されてしまうケースもある。

御岳ロープウェイはスキー場の営業は終了したけど

ロープウェイは夏営業で利用出来る。

純粋な観光ロープウェイも他にもいろいろあるけど

僕は山目的が多いからあまり利用したことはないな。

 

ロープウェイだけど関西にやたら多い気がする。

関西はロープウェイとケーブルカーだらけ。

山頂駅からの山あるき 西日本 (大人の遠足BOOK)

山頂駅からの山あるき 西日本 (大人の遠足BOOK)

大阪とか兵庫とか都市部から比較的近くに山があり

私鉄網が充実して昔から観光として

ロープウェイが多く建設されてきた。

都市に近いロープウェイは夜景の名所としても人気になりうる場所。

海外では都市のロープウェイなどは新設されたりもしてるようだ。

函館、長崎、神戸と夜景なきれいな場所にはロープウェイがあるものだから。

そうしたロープウェイは乗ったことがないけど

岐阜の金華山とか夜景目的で乗ってもいいかなと。

 

これまで乗ったことがないロープウェイに乗りたい。

とりあえず今年夏は北八ヶ岳ロープウェイに乗りたい。

八方尾根のゴンドラにも機会があれば。

近場だとどっかあるかな。

愛知県ってロープウェイそもそもあるのかな。

昔は内海にあったし大昔は形原温泉とかにあったようだが

どれもなくなってしまったからな。

どっかの企業が圏内にロープウェイ作ってくれないものか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


recommend

recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM