香嵐渓と駐車場・渋滞

  • 2017.11.16 Thursday
  • 20:14

11月16日に香嵐渓へ紅葉を見に行ってきた。

そろそろ見頃を迎えつつあるらしいが

川沿いの日当たりの良い場所は色づきが良いけど

奥まったところはまだ緑が多い印象だった。

ただ今月下旬にかけて色づきは良くなっていくだろう。

1000ピース ジグソーパズル 秋晴れの香嵐渓(49×72cm)

1000ピース ジグソーパズル 秋晴れの香嵐渓(49×72cm)

こんなジグゾーパズルの写真のような紅葉には

なかなか出会うことはできないけど

今週末にかけて来週末にかけては色づいて素敵な紅葉が広がる。

 

そんな香嵐渓だけど難点は道路の渋滞だ。

国道153号は大渋滞になり混雑する。

土日などは10キロを超える渋滞になり

たどり着くのに数時間かかることもある。

駐車場はかなりの台数があり土日祝などは

臨時駐車場が用意される。

https://www.sansyuasuke.com/香嵐渓駐車場/

ただ香嵐渓にたどり着くまでの国道の混雑が厄介だ。

駐車場は空いているのに道路は大渋滞なんてことはよくある。

メインの宮町駐車場やその前の支所駐車場に集中しがちで

この駐車場待ちが車の流れの停滞を引き起こし渋滞を招くことになる。

もう少し奥へ行けば問題なく入れたりするもの。

特に平日はその傾向が強いかな。

 

そのため迂回路の利用がおすすめだ。

http://michinavitoyota.jp/main/reference/pc/kourankei/images/ukairo.pdf

名古屋方面から香嵐渓へ行く場合は北側の迂回路を通り

足助の稲武側の153号から逆に香嵐渓へ迎えって来るルートだ。

反対側からだと西町駐車場があるほか

民間駐車場も多数ある。

紅葉シーズン香嵐渓は1日1000円の駐車料金が基本だが

民間は800円や500円など多少安いことが多い。

土日はその民間もたいてい埋まってしまうけど

平日なら稲武側からアクセスすれば

わりと駐車場は見つけやすいと思う。

 

あともう足助へアクセスするルートとして

国道420号がある。

420号は豊橋や浜松方面からアクセスする人がよく利用する。

また豊田松平から下山を経由してもアクセスできる。

西三河や東三河以東からアクセスする場合このルートはありかと。

遠回りになるがあまり混雑してないルートなので南側の迂回路といえる。

下山までは国道301号でアクセスするわけだが

420号へは県道362号を使いたくなるがこのルートはほぼ林道で

道幅も非常に狭い険しい道なのでおすすめしない。

このルートがかなり遠回りだけど混雑を避けられる。

加茂広域農道を通るルートでもみじ街道とも呼ばれて

この道自体紅葉がとてもきれいな道となっている。

アップダウンはかなりあるけど2車線の走りやすいルート。

県道362号はまともにすれ違いも出来ない狭い道だから。

ただしピーク時期の土日祝の午後はこの道も混雑する。

厄介なのは420号で渋滞に巻き込まれたら迂回出来ないので

そういう場合は稲武経由で153号アクセスがベストだろう。

 

混雑する時間帯だけどこれは何とも言えないけど

平日なら朝9時には足助付近は渋滞する。

ただし駐車場は入れるので待てば進んでいく。

11時ころになると駐車場が満車近くになり入れなくなり

渋滞の距離が延びて追分交差点を超える。

ただし西町や近辺の民間駐車場は空いてたので

迂回路を使い稲武方面からアクセスすればスムーズに入れる。

昼過ぎると朝来た人が帰るので駐車場は多少開くけど

14時過ぎるとライトアップを見る人が増えるのでまた混雑する。

それから17時くらいまでは駐車場はかなり混雑。

18時過ぎると空き始めて19時ころにはかなり余裕が出て

帰る車の渋滞が発生する感じだろうか。

ただ駐車場は空いてても153号の渋滞は夜まで続くので

平日は朝以外は迂回路を利用すれば概ねスムーズにアクセスできるかと。

おすすめは420号の落部駐車場や一の谷の駐車場。

この2つが平日に満車になることはあまりない気がする。

 

土日祝は曜日によるけど今週末の18日・19日と

来週末の23日・25日・26日に関しては激混みすること間違いなし。

ただしこの日は臨時駐車場として小中学校の運動場が駐車場になり

駐車台数はかなり増える。

足助小学校・中学校は名古屋方面から来て香嵐渓の奥にあるので

153号の北の迂回路を利用して稲武方面からアクセスすると良いかと。

土日祝もやはり迂回路がベストだ。

朝だけど早朝から混雑する。7時半には渋滞が始まり

駐車場は9時前には満車となる。

この時間帯に満車になって出る車はいないので混雑は1日続く。

人も圧倒的に多いこともあり個人的に土日祝に香嵐渓へは

行かないほうがいいと思うがどうしても行くなら朝早く。

ライトアップが見たいのなら18時半以降に迂回路経由がおすすめ。

19時過ぎると駐車場はかなり見つけやすい。

ただ153号の混雑は続いてるので迂回路利用は必須だけど。

 

という感じかな。

来週また見に行く予定だけど

小原の四季桜を見てその後香嵐渓へ行こうかと考えている。

小原の四季桜は駐車場が圧倒的に少ないので混雑する。

香嵐渓のほうが10倍以上の駐車場のキャパがあることもあり

稲武方面へ回っていけば昼過ぎくらいだと

平日ならスムーズに入れてるかなと。

最後に香嵐渓の撮影スポットをいくつか。

これは定番。国道の橋から撮影。

西町駐車場から少し入ったところ。いい感じで色づいてた。

待月橋は上から見下ろして撮影するのが良い。

日差しがあればなお良かったけど。

一の谷は日当たり良いので紅葉が素晴らしい。

ただここも日差しがあればよりきれいだった。

あと今日は撮影しなかったけどお寺の階段のところも

日差しがあれば見事な撮影スポットとなる。

ライトアップだとまた別の魅力があるから見に行きたいところだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

香嵐渓と小原四季桜

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 21:27

11月中旬になりそろそろ

香嵐渓と小原四季桜のシーズンの到来。

どちらもここ数年見に行く機会が増えたけど

比較的近いので会社帰りなどに見に行くこともある。

11月中旬から下旬にかけて色づいて見頃になる。

現在の状況については

足助観光協会

http://asuke.info/

小原観光協会

http://www.kankou-obara.toyota.aichi.jp/

足助と小原の観光協会をチェックしてほしい。

 

香嵐渓だけど足助にある。

一昨年は11月の色づきがとても悪かった。

見頃は12月に入ってからだった。

昨年は11月に平年並みの見頃となったんだっけ。

この写真は待月橋近くから撮影したものだが

この橋周辺は撮影スポットとなっている。

香嵐渓自体はそこそこ広いエリアがあり

また足助の古い街並みも含めればいろいろ楽しめる。

11月はツアー客が圧倒的に多いけど行くなら11月下旬。

11月中旬まではあまり色づいていないからね。

ただライトアップはきれいだから夜はまあ早めでもOKかもしれない。

 

小原四季桜は小原にある。

小原町内に4か所ほどのスポットがあり

一番大きいのは役場横のふれあい公園だ。

ここも結構見応えはあるんだけど

ポスター写真などになっているのは一番奥にある

川見四季桜の里だ。

山間に四季桜が植えられていて間に紅葉した木々があり見ごたえがある。

僕はふれあい公園と川見は見たことがあるけど

他の2か所は見たことがない。

ただシャトルバスとか出ていた気がするなあ。

ちなみに川見四季桜から20分ほどで

土岐の紅葉の名所の曾木公園に行けるので一緒に見ると良いかと。

 

さてそんな香嵐渓と小原四季桜だけど

どちらも大混雑するのが玉に瑕。

渋滞がとても激しい。

どちらも混雑を避けるためには

朝早く行くのが良いかなと思う。

我が家では香嵐渓は朝7時ころには到着する。

さすがにこの時間ならすぐに駐車場に入れる。

8時ころになると道路の渋滞が始まり9時には大渋滞。

夜のライトアップを見るなら18時半過ぎがおすすめだ。

153号は混雑しているので避けて迂回路を使ってアクセスすれば

既に駐車場は空き始めているのでわりとすぐ止められる。

土日に関しては臨時駐車場が開設されるので

迂回路使えば意外と止められたりする。

とにかく153号でそのまま来ないこと。

追分交差点を通らないルートを選ぶこと。

小原四季桜も419号で小原中心部を通らないこと。

419号でアクセスすることは間違ってないと思うんだけど

ここはいつも混雑しないタイミングで行ってるから難しいな。

 

ということでこれから下旬にかけて

香嵐渓と小原四季桜はおすすめだ。

両方見ることも可能だしツアーなどだと

小原四季桜を見て香嵐渓へ行きライトアップを見るのも多い。

香嵐渓と四季桜を見た後なばなの里のイルミネーションを

見に行くツアーなんかもあったなあ。

ツアーに来るなら今月出来るだけ下旬のがいいかと。

 

東海紅葉絶景―想像を超える美しい紅葉風景83選 (ぴあMOOK中部)

東海紅葉絶景―想像を超える美しい紅葉風景83選

(ぴあMOOK中部)

このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田稲武:大井平公園とタカドヤ湿地の紅葉が見頃

  • 2017.11.10 Friday
  • 19:34

愛知県豊田市の稲武地区。

今この稲武で紅葉が見頃を迎えている。

http://inabu-kankou.com/

ここには2か所の紅葉の名所がある。

大井平公園とタカドヤ湿地だがそれぞれ見頃。

僕も木曜日に見に行ってきたけど素晴らしい紅葉だった。

今週末はちょうど見頃なので紅葉狩りをお勧めしたい。

 

大井平公園は稲武の中心部近くにある。

国道153号を名古屋方面からやってきて

人気の道の駅どんぐりの里を越えた先の

稲武交差点を右折してすぐだ。

名倉川沿いに駐車場が整備されている。

 

駐車場はこんな感じで

そこそこの多さはあるけど土日はやはり混雑する。

朝は比較的すいていて平日だと11時ころに満車で混雑する。

土日だと9時半には満車になってしまうことだろう。

どんぐりの里の道の駅から15分くらい

名倉川沿いの散策道を歩いてくることも可能。

この散策道も素敵なのでどんぐりに駐車するのもありかと。

 

ちなみに名倉川には吊り橋がかけられており渡れる。

渡った先も紅葉はきれいだが午前中は山の影になるので

昼過ぎくらいが全体が明るく撮影出来る時間といえるだろうか。

夕方になるとまた谷間など陰ってくるけどね。

上の写真は吊り橋渡ったところから登った展望所から撮影したもの。

全景が見えるのでおすすめだ。

あと駐車場の横にこの時期はお店が出ている。

地元のアユの塩焼きやら五平餅やらが売られていたかと。

あと大道芸などもやっているようだった。

12日はお祭りも行われるようなのでにぎわいそうだ。

ちなみに公衆トイレは大井平公園と吊り橋の下と2か所ある。

 

紅葉の見どころだけど国道の反対側の山の斜面。

大井平公園と呼ばれるのはこの部分になる。

バス停から見ても後ろの山の紅葉が非常に鮮やかだが

散策道を入ると特に日差しがあるときなどは

すばらしい紅葉で鮮やかでおすすめだ。

また紅葉が終わる頃も紅葉の絨毯でそれもまた素敵。

あと名倉川沿いにも見どころはあり結構見るべきところは多い。

香嵐渓などに比べるとエリアは狭いものの密度は濃いので

じっくり楽しめるかなと。

滞在時間だけど1時間半くらいか。食事をするならもう少し伸びる。

 

さてもう1か所の名所はタカドヤ湿地

これは大井平公園に比べるとマイナーでかつ山奥にある。

場所は稲武中心部から名古屋方面へ少し戻ったところ。

奥矢作第一発電所のある小田木交差点を黒田ダム方面へ入っていく。

10分ほど登った先に"タカドヤ湿地→"の看板がある。

土日などは道周辺に路駐した車が多いのですぐわかるかと。

ここは駐車場が整備されていないので基本路駐になる。

トイレはこの時期だと仮設のが1台置いてあるだけ。

こんな感じで路駐している車が並んでいる。

道幅は山奥だけど意外と広いので止めても問題ないかと。

 

タカドヤ湿地は文字通り湿地帯があり

その周囲にもみじなどが植えられている。

散策道が整備されているので歩くのは問題ない。

湿地帯の回りに紅葉する木々が植えられている。

一番きれいなのはわりと奥にある場所なので

そう広いわけではないので入口で満足せず奥へ進んでみておきたい。

赤がとても鮮やかで黄色やオレンジもきれい。

とても大きな葉のカエデでそういう種類なのだろう。

ともかく赤と黄色が鮮やかで見ごたえがある。

普通に見るだけなら30分から45分ほどでそれほど広くはなく

さっくり見て回れるかと思う。

1つ注意すべきはAUのLTEだと圏外になること。

ちょっと移動すればエリアに入るけど

湿地帯周辺は電波の入りが良くないので要注意。

 

ということで稲武へ紅葉を見に行ってはどうだろう。

そういえば小田木交差点からどんぐり方面へ進んだすぐ右手に

蓬莱泉の工房がある。

"空"は売ってるのか知らないが

稲武までやってきてのおみやげとかに日本酒は良いかもね。

 

蓬莱泉 純米大吟醸 空 720ml

蓬莱泉 純米大吟醸 空 720ml

このエントリーをはてなブックマークに追加

次のハワイ旅行を考える

  • 2017.11.09 Thursday
  • 20:13

年末年始にハワイ旅行へ行く人は

おそらく凄くたくさんいるんだろう。

もうさすがに旅の予約などは完了してることだろう。

今はだいたい来年春の予約を受け付けてる感じか。

我が家では再来年の春にハワイ旅行を計画してるので

1年後くらいにはハワイ旅行の計画を具体的に

進めているところだろうか。

 

まだかなり気が早いけど

ハワイの本を買ったり借りたりして

次にどこへ行くか考えたりしてる。

かなーり気が早いけどね。

ハワイ本オアフ最新2018 (エイムック 3705)

ハワイ本オアフ最新2018 (エイムック 3705)

次はホテルのグレードを落として滞在日数を増やしたい。

今年1月はシェラトンワイキキだったけど

さすがにこのクラスは高いのでもっと安いところで十分。

日本の旅館と違って晩飯とか朝飯がつかず

ただ寝るだけなので余程質の悪いホテルは嫌だけど

普通の安いところで問題はないかと。

ただ立地は一応ワイキキエリアが理想かなと。

部屋から海が見えなくても全く問題ない。

海が見たければ海へ行けばいいんだから。

海が見えるお店を予約することも出来るから。

 

今年1月は3泊5日だった。

3泊5日だと現地での滞在日数は4日間。

1日目の午前中に到着して旅行会社の説明を

アラモアナセンターで聞いて10時半頃に自由行動になった。

2日目と3日目は完全1日自由行動。

4日は早朝は海辺を散歩したくらいで

8時には荷物を取りに来て9時にはバス出発で空港へ。

出国手続きをして昼頃に便に乗って帰るパターンだった。

5泊7日になれば

自由行動が2日間から4日間になるということだ。

料金の追加は宿2泊分の追加になるわけだが

シェラトンワイキキクラスだと2万円から3万円を1泊増やすと追加が必要だが

もっと安いシェラトンプリンセスカイウラニクラスなら

1泊1万円ほどで時期にもよるけど増やすことが出来ると。

飛行機の代金などが大きなウエイトを占めるわけで十分ありかと。

ちなみに前回はJTBで行ったわけだが

JTBはアラモアナセンターにオリオリプラザという

大きな情報センターがありここで日本語で予約したり決済したり可能。

HISはロイヤルハワイアンセンターにあったなあ。

 

さてと次のハワイ旅行ではどこへ行くか。

1月は初めてのハワイなので

かなりスケジュールをきつきつに入れたけど

次はあまり入れないでおこうかと思う。

とはいえそれだと何もせずぶらぶらして終わってしまう可能性があるので

ある程度目的を作る必要がある。

1月の旅では

2日目にダイヤモンドヘッドとカイルア、3日目はダウンタウンへ行った。

今度はどこがいいかな。

カイルアラニカイへ行くならピルボックスという上から見下ろせる場所があり

そこへ行きたいなあと思う。

あとカイルアタウンはあまり見られなかったのでもう1度見に行きたい。

カハラは前回行けなかったので次は行ってみたい。

カハラモールとかホールフーズマーケットとかね。

ハレイワはどうか今チェックしてるけど

サーフィンやらないのなら行く必要ないかなとも思ってみたり。

南東部分へは行ってみたい。

ハナウマ湾とかココヘッドとかね。

あとマリンスポーツは前回は全くしなかった。

僕はあまりマリンスポーツ好きじゃなかったからだけど

行ってみたらやってみたくなった。サーフィンは無理としても

SUP(スタンドアップパドル)くらいはやってみたい。

あとシュノーケルでの天使の海ツアーとか気になったりする。

アクティビティ系も少しは手を出してみたいなあと。

ベルトラのハワイのオプショナルツアーを見てるけど

ほんとたくさんあるんだなあと。

 

ということでまだまだ先だけど

今後じっくりどこへ行くか何をするかしてみたいかを

検討していこう。

次は写真はもっと少なくてそれこそスマホだけでもOKだから

基本的にほとんど動画撮影でハワイの旅を記録したいと思う。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍

内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

絶対動画で残すべきだなと。

写真はスマホで十分だと思う。

これからハワイへ行く予定の人は動画撮影環境を準備してほしい。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

僕が1月に持っていったDJI OSMO mobileもおすすめ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年で宿泊した宿

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 23:37

犬を飼っていたころは旅行へ行っても

基本的に日帰りで帰ってきた。

東京ですら日帰りで帰ってきたほどだった。

それが今では年に2回か3回宿泊旅をしている。

ここ数年間で宿泊した宿を紹介してみたい。

 

■休暇村乗鞍高原

 

長野県の乗鞍高原のある休暇村。

乗鞍高原の中心にあり立地は最高。

休暇村前のバス停もあり車以外でのアクセスも良い。

建物はあまり新しくはないが中は改装してきれい。

部屋もきれいで古さは全く感じない。

食事は基本朝晩ともバイキング形式。

結構充実していていい感じだ。

お風呂は天然温泉。小さいけど露天風呂もある。

今年10月下旬にも宿泊してこれで10月に3年連続で泊ってる。

まさに行きつけの宿だ。

 

■ホテル立山

 

2015年7月に宿泊した立山の室堂平にあるホテル。

ここは立山黒部アルペンルート最高地点の

室堂駅のターミナルと同じ建物にある。

建物はかなり古いけど立派なホテルだ。

夕方は室堂散策ツアーがあり夜は星空観測イベントも行われている。

食事はどうだったかあまり覚えてないけど

かなり豪華なコースだった記憶がある。

まあここは結構価格が高くてハイシーズンだと

3万円近くになるけど立地は本当に最高でおすすめだ。

 

■下呂温泉水明館

 

下呂温泉でおそらく一番有名な宿がこの水明館。

岐阜県の下呂温泉の駅からすぐ近くの飛騨川沿いにある。

3つか4つくらいの建物がありそれぞれに温泉があるから

いろんなお風呂を楽しむことが出来る。

食事はプランによるけど飛騨牛A5ランクのコースだったので

非常に豪華で美味しかった。

お土産屋なども近くにありいいところだ。

立地は最高ではあるんだけど下呂温泉の多くの宿は

川を渡った反対側にあるので繁華街的なにぎわいからは

少し離れている気もするかな。まあ歩いてすぐだけどね。

また行きたいけどここもいい旅館なので高めなんだ。

 

■指宿白水館

 

今年8月にも宿泊した鹿児島県の指宿温泉にある宿だ。

非常に大きい旅館で指宿温泉の中では最上位クラス。

立派な庭園がありプールもある非常に大きな宿だ。

すぐ目の前には錦江湾が見える。

ここは宿泊プラン次第。

2005年に泊まった時は個室でコース料理だったが

今年泊まった時はファミリープランなので朝晩バイキング形式だった。

かなり充実したバイキングメニューで満足度が高かった。

指宿温泉といえば砂蒸し風呂だけどここは砂蒸し会館から

少し離れているのが弱点。

一方でこの白水館の中にも砂蒸し風呂が用意されており

じっくり堪能することはできる。

ただ海沿いの砂蒸し会館へ行くなら車などで移動する必要があるかと。

鹿児島行くなら一押しの宿といえる。

料金は今回はファミリープランで15000円ほどと意外と安かったが

普通のコース料理プランだと25000円くらいと結構するかな。

 

■霧島ホテル

 

今年8月に宿泊した鹿児島県の霧島温泉にあるホテル。

霧島温泉は鹿児島空港から40分ほどのところにあるホテル。

温泉街の中心地から少し離れたところに霧島ホテルはある。

ここは物凄い広い温泉風呂が特徴。

また深い場所もあり立って入れるほどだ。

食事はプラン次第。結構充実してておいしかった。

周辺環境は台風直撃という最悪の環境だったので評価なし。

霧島神宮まで車で15分くらいだったけど

暴風雨の中だったので条件は最悪だった。

コンビニなどは温泉街の中心地にローソンがあり

ちょっと降りたところにセブンイレブンがあったかな。

多分天気よければ霧島高原に近くていいところで

本当は霧島の展望所とか行く予定だったんだけどね。

結局このホテルでは2連泊した。飛行機飛ばなかったんだ。

 

ってことでここ数年で利用した宿について書いてみた。

休暇村は古めだけどハイシーズン以外は料金も抑え気味で

立地は良いところが多いのでもっと利用したいなあ。

そういえば指宿白水館の隣にも指宿の休暇村があったな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

稲武の紅葉

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 12:17

そろそろ見頃になりそうなのが

愛知県の山間部の稲武地区の紅葉だ。

毎年11月10日前後くらいが見頃になるので

今週末くらいが見頃ではないかと思う。

http://inabu-kankou.com/

紅葉情報などはいなぶ観光協会のサイトにあるけど

まもなく見頃を迎えそうだ。

 

稲武の紅葉スポットは2か所。

大井平公園とタカドヤ湿地だ。

ここ数年は毎年のように両方訪れている。

大井平公園は2008年に初めて見に行った。

数年前には駐車場が大規模に整備されて

トイレや吊り橋などかなり整備された。

昨年はやや遅めだったけど一昨年は6日頃見に行ったら

既に見頃だった気がする。

今年もそろそろ見頃かもしれないので見に行かないと。

今週末はかなり混雑すると思うけど土日くらいがよさそうだな。

タカドヤ湿地は少し離れた山の中にある。

こっちは駐車場がないのが難点かもしれない。

トイレも仮設のが1つあるくらいだろうか。

タカドヤ湿地は赤と黄色の鮮やかさが凄い。

ここは大井平公園より山なので紅葉が少し早めで

今日の時点で既に見頃となっているという話だ。

 

稲武は愛知県豊田市の山間部。

国道153号沿いの街だ。

名古屋からだと猿投グリーンロード経由で1時間ほど。

ただし香嵐渓付近の渋滞がある場合はかなり時間がかかるかも。

道の駅のどんぐりの里を過ぎてトンネルくぐり稲武の交差点を

右折してすぐあるのが大井平公園。

駐車場はかなり広いけど土日は混雑する。

タカドヤ湿地は稲武中心部の名古屋側の小田木交差点を

名古屋方面から来て右折して10分ほど上がったところにある。

簡易的なタカドヤ湿地の案内看板があるので見逃さないように。

行き過ぎると黒田ダムまで行ってしまう。

黒田ダムは矢作ダムの上流部にある発電用のダムだ。

タカドヤ湿地は駐車場は全くなくて路駐が基本になる。

土日などはかなり車であふれているので要注意。

大井平公園もタカドヤ湿地も今週末はイベントがあるんだっけな。

 

ということで居ても立っても居られないので

明日休みをとって稲武の紅葉を見に行くことにした。

自宅からだと1時間くらいなので

大井平公園とか少し早いようなら週末また見に行きたい。

ということで帰ったらカメラの準備をしておかないと。

 

紅葉絶景 首都圏版 (ぴあMOOK)

紅葉絶景 首都圏版 (ぴあMOOK)

このエントリーをはてなブックマークに追加

木曽

  • 2017.11.05 Sunday
  • 19:33

長野県の木曽地域。

乗鞍岳や御嶽山など北アルプスの東側、

木曽駒ケ岳などの中央アルプスの西側にある

木曽谷周辺の地域だ。

中央西線と国道19号が木曽川沿いに走っている。

かつては中山道が通り多くの宿場町でにぎわっていた。

るるぶ木曽 伊那 恵那峡 高遠 (国内シリーズ)

るるぶ木曽 伊那 恵那峡 高遠 (国内シリーズ)

そんな木曽は東海地方からは比較的アクセスしやすく

観光客も中京圏からが比較的多い印象だ。

 

木曽だけどここ数年は

開田高原、御嶽山、奈良井宿などよく訪れているが

ほんの数年前までは全く訪れることがない地域だった。

唯一の例外が妻籠馬籠の宿場町。

この2つだけは中津川に近く時々訪れていたけど

妻籠から奥へは子供の頃以来ほとんど訪れたことがなく

かなり遠ざかっていた。

旅行の予定でもこの木曽地域が候補にすら上がることはなく

完全にスルーされている存在だった。

それがほんとここ3年ほどで僕の中で激変した。

 

以前は木曽は知らなかった。

信州や飛騨へはよく行っていた。

我が家がいく信州というのはたいてい上高地や乗鞍。

そして飛騨といえば高山や乗鞍、新穂高だ。

交通アクセスは中央道と長野道の松本IC経由と

東海北陸道での高山経由の2通りが一般的。

ちなみに東海北陸道が出来る前は

中津川ICから付知街道で下呂まで行きそこから41号経由だった。

これらのルートで上高地・乗鞍などへは

毎年のように訪れていたんだ。

基本的に高速道路を経由していたので

高速道路のない木曽路は言い方は悪いけど眼中になかった。

伊那路や郡上などは高速道路で通るとICなどの地名を覚えて

次は行こうとか思ったりする。

実際高遠やダイナランドユリ園、せせらぎ街道は当初知らなかったけど

高速で何度か通って今度行ってみようと実際行ったパターン。

でも木曽路は高速道路がないから知る機会がなかった。

 

あと高速道路がないことはアクセス面でもネックだった。

ほとんど知らない場所だったけど

時々木曽路の開田高原や奈良井宿などは目にしていた。

ただアクセスを見ると中央道中津川ICから90分とかで

それを見て凄く遠い場所というイメージがついてしまった。

例えば上高地などは松本ICから40分くらいか。

でも中津川ICからだと100分くらいかかる。

当然奈良井宿のほうが近いけど

高速ICからのアクセスでついつい考えてしまうから

インターから60分以上かかる場所だと遠いイメージがついてしまっていた。

 

その木曽路のネガティブなイメージを払拭したのは

実際に国道19号を走ったことだ。

2014年9月末に乗鞍へ紅葉を見に行ったとき

中央道ではなく19号経由で走った。

この道がとても快適で中央道経由で行く場合と

アクセス時間に大差はなかった。

道の駅は多くてコンビニなどもありいい道だった。

帰りは午後だったけど昼間も交通量は深夜より多いが

とても快適ですぐにお気に入りになった。

中津川ICから薮原まで走ったけど所要時間も意外とたいしたことなく

何より快適なので一般道を1時間といってもそれほど疲れず

これならいけるという自信を持ったんだ。

さらにこの乗鞍の紅葉を見に行った日は御嶽山が噴火した日。

木曽方面は風評被害でお客さんが激減して大変だということが

東海地方のテレビ番組などでも特集されていた。

それで11月に入って行ってみようと初めて開田高原を訪れたんだ。

そこがとても素敵な場所だった。

何故これまでここを知らなかったのだろう、

行かなかったのだろうと後悔したほど。

ほんと2014年の秋以降は毎年のように木曽路をドライブしてる。

奈良井宿も思っていたよりも大きかった。

木曽路の宿場町は妻籠宿が保存され具合など最高だと思ってたが

奈良井宿のほうが見ごたえがある感じで素敵な場所だった。

確かに中津川ICからは遠いけど乗鞍や開田高原と合わせていくなら

十分に楽しめる場所でおすすめだ。

 

中京圏の人から見て木曽はわりと身近であるけど

実際訪れている人はあまり多くはないと思う。

ただ逆に何度も訪れるリピーターが多い場所でもある。

行けばその良さや快適に行けるアクセスなどを知るのだが

行かない人には分からない。

それが両極端なのではなかろうか。

周りの声をきいてても行く人は何度も行くし

1度も行ったことない人のほうが多い。

よく行く人は10%程度ではなかろうか。

名古屋市内だともう少し多いと思う。御嶽山周辺との交流機会が多いから。

西三河は低い。西三河は南信州の153号沿い寄りだから。

東三河はさらに低くこっちは南信州の151号沿い寄りかと。

また一宮など尾張方面は41号方面寄り。

今度観光客数を増やすためには実際に行く人を増やす必要があるが

これはなかなか難しいこと。2014年秋に乗鞍行く際に通らなかったら

多分その魅力を知らなかったから。

鉄道アクセスもあるけど東海地方は自動車旅需要が多いから

車ってことになるんだなあ。

 

ということで木曽地域について書いてみた。

僕自身ようやく木曽の良さに気づくことが出来たので

ブログなどで発信していきたいものだ。

また知らない部分もまだ多いのでチェックしていきたい。

 

【第2類医薬品】御岳百草丸 4100粒

【第2類医薬品】御岳百草丸 4100粒

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライトアップとイルミネーションの旅

  • 2017.10.29 Sunday
  • 21:47

これからの時期はライトアップやイルミネーションが目白押し。

紅葉ライトアップなども各地で行われるし

既にウィンターイルミネーションが各地で始まっている。

ただこうしたライトアップやイルミネーションは

なかなか行くことがないんだ。それは夜だから。

 

夜はなかなか観光しない。

例えば京都紅葉旅のパターンを考えてみたい。

出発は早朝。朝8時半には目的地に到着する。

紅葉時期は混雑するため駐車場探しが大変で

混雑する前に駐車するのが大切だ。

本格的に混雑する前に観光をする。

お昼ごはんも混雑前の早めに食べる。

ご飯食べてもうちょっと見て13時過ぎたくらいで帰り支度。

高速道路は夕方混雑する。17時ころがピークだろうか。

だからそのピーク前の15時ころに混雑する区間を通りたい。

そうすれば16時半頃には帰宅できる感じかな。

のんびりと夕方を過ごして夜ご飯は自宅で食べると。

このパターンだとライトアップやイルミネーションは見られない。

 

ライトアップやイルミネーションだけど

これからの時期は17時には暗くなるので

17時から見られるとしてせいぜい2時間。

19時には見終わることになるが晩飯がまだなので

混雑の中で食べる必要がある。

それから帰ると21時や22時になってしまい

翌日に疲れを残してしまうことになりかねない。

だからなかなか夜の旅は難しい。

実際にイルミネーションやライトアップを見に行くなら

近場が多いかな。

香嵐渓は夜のライトアップを見に行くが比較的近いから。

イルミネーションも近場ならちょっと出て見に行くことが出来る。

なばなの里のイルミネーションの場合などは

それこそお風呂に入りごはんも食べて

帰宅したら寝るだけとかにしておく必要があるかなと。

 

ということでこの状況はなかなか打開しづらい。

今は朝型なのを夜型にするのは難しい。

となれば解決策は1つ。泊まることだ。

宿に泊まればお風呂や晩御飯などは提供されるので

あわてて帰る必要は全くない。

ハワイ旅行では夜は22時ころまでお店巡りしてたけど

泊まり旅なら夜を満喫することが出来る。

なばなの里のイルミネーションをじっくり楽しむなら

長島温泉で宿泊するのがベストだろうなあ。

 

実は僕は1度も宿泊したことはないけど

結構泊まったことがある人は周りに多い。

イルミネーションだけでなく遊園地もじっくり楽しめる。

僕は遊園地はあまり好きではないけど・・・。

 

京都もライトアップ含めてじっくり楽しむためには

宿泊する必要がありそうだ。

嵐山で夜遅くまで楽しむなら嵐山に泊まるのがいい。

 

 

ただグレードの高い旅館などが多いので

それなりにコストはかかるけどね。

食事を外で食べるのならビジネスホテルで十分。

場所も観光地のど真ん中である必要はないので

交通の便の良い場所なら問題ないかと。

 

宿泊コストは出来るだけ抑えて

観光に楽しむのもありだろうなあ。

ただ紅葉シーズンの京都はビジネスホテルも混雑するけど。

 

今年はもっと夜を楽しみたいと思っている。

イルミネーションはなばなの里など見たことがあるけど

都市部のイルミネーションってあまり見たことがない。

そもそも夜の都会に行くことがないから。

ライトアップに関しては本当にほとんど見たことがない。

数年前に東京へ行ったときに東京駅のライトアップを見て

東京はライトアップだらけで凄いなあと思ったものだ。

明るいレンズのカメラを持ってもっと夜を見に行きたいもの。

今年は11月12月はそれにチャレンジしていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

乗鞍・開田高原・せせらぎ街道紅葉旅

  • 2017.10.26 Thursday
  • 22:15

今年もまた乗鞍へ行ってきた。

最近は秋に乗鞍へ行くのが定番となっている。

そして宿泊したのはまた休暇村乗鞍高原だ。

 

乗鞍高原の中にあり立地は最高。

天然温泉施設を併設しており

宿泊者は無料で利用することが出来る。

少し紅葉のピークは過ぎてしまっていたけど

とても素敵な場所で今年もまた楽し無ことが出来た。

 

今回の旅だけど例年行く上高地は除外した。

毎年のように行っている上高地だけど

飽きではないけどマンネリ感があり少し行かないで

飢餓感を出してみようかと思って今年は行くのをやめた。

代わりに国道19号沿いで

開田高原を見たり奈良井宿を見たり

あとは帰りには高山へ立ち寄りそして

せせらぎ街道を通っていくプランを考えていた。

ところが初日の悪天候。

出発時刻を大幅に遅らせて朝ゆっくり出発した。

悪天候の中で開田高原へ行っても無意味なので

奈良井宿のみ立ち寄った。

ただかなり強い雨が降っていて落ち着いて見られなかったのは残念だった。

カメラもぬれてしまうとあまり使えなくて

不完全燃焼だった。

だからかなり早めに乗鞍高原へ到着したんだ。

大カエデだけど少しだけ残っているようだった。

雨だったから近くまではいかなかったけど

後ろに見える乗鞍岳が白くなっていて

雪はかなり低い場所にも降ってるようだった。

休暇村のあたりは雨だったけど三本滝あたりは雪だったのかも。

 

悪天候は夕方には収まって

夕日が沈むころには雲も晴れて乗鞍岳も見えるようになっていた。

晩飯前に外を見たら雲1つない快晴になっていたので

今夜の星空はかなりきれいに見えそうだと期待したのだが

晩飯食べて外に出たらガスで覆われて全く見えなかった。

ただガスはいずれ晴れると思って早めに寝て深夜2時半頃に

カメラを持って外へ出て一ノ瀬園地へ行き見てきた。

もう全く雲がない満天の星空できれいだった。

以前見たときは月明りがあったけど今回はそれすらなかった。

最高の条件だけどやはりレンズの画角が狭かった。

24mmじゃもう限界だ。

SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 キヤノン EF用 フルサイズ対応

SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8

キヤノン EF用 フルサイズ対応

もし14mm f2.8を買って持っていったら

どんな写真を記録できたのだろうと思うと

もったいないことをしたなあと。

あれほどの好条件で星が見られることが

この先あとどれほどあるか分からないのに。

 

星を見た後は寝て翌朝は朝焼けの乗鞍岳を見に行き

その後は朝飯。そして早々と出発をする。

予定を変更して高山へは行かず代わりに1日目行けなかった

開田高原へ行くことにしたから。

本当は乗鞍から158号で行く予定が

木曽まで戻り361号線経由で行くわけで超大回りだ。

ただ御嶽山もおそらく良い条件だと思っていくことにした。

早速木曽馬の里へ行ったけど良かった。

開田高原は何度か来ているので知った撮影スポットを訪れた。

開田高原の紅葉はもう少し。紅葉は色づいているが

ここはカラマツの黄葉が素晴らしいんだけどこれがまだまだだった。

去年11月初めてに来た時はいい色合いだっただけにあと1週間くらいか。

その後は早々と高山へ。

361号は開田高原へのアクセスでしか使ったことなかったが

その先は意外と整備されてて走りやすかった。

特に朝日村、久々野あたりは素敵な場所で

後ろに乗鞍岳も見えていて素敵な高原地帯が広がっていた。

高山で給油したのちはせせらぎ街道へ。

せせらぎ街道の紅葉だけど全体的な色づきはもう少しだった。

ただこれは時期が遅いとか早いではなく台風の影響で

色づきの良かったものが散ってしまったのが原因ではなかろうか。

霜枯れと思われる状況も多くみられたかな。

全体が温かみのある色合いに包まれるせせらぎ街道を知ってると

やや枯れ葉が多い印象に感じられた。

ただ台風後の色づきは進んでるのでしばらくすれば

赤が増えて見頃になるかもしれない。

しかしまた台風来るらしいからどうなるかは分からないけどね。

せせらぎ街道ではパスカル清見でのんびりするのが定番。

時間帯がやや遅めだったので意外と空いていたかなああ。

ここで食べて出たらもう14時半頃なのに日がかなり傾いて急ぎ家路を目指した。

帰宅したのは16時半過ぎかなあ。

 

ということで1泊2日の旅行だった。

1日目は最悪の雨だったけど

2日目は最高の快晴と両極端な天気だった。

まあじっくり楽しめたので良かったなあ。

しかし疲れた。

2日分のPC録画の処理に追われてるし

デジカメデータの整理もしていかないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅支度と旅行バッグ

  • 2017.10.23 Monday
  • 22:34

今週は旅行ウィーク。

水曜日と木曜日は休みで紅葉を見に行ってくる予定。

ただピーク過ぎているので

もうきれいな紅葉は見られないかもしれないけどね。

明後日に迫っているけど今は旅支度をしているところ。

 

持っていく荷物だけど

着替えやカメラなど。

カメラに関しては別途カメラカテゴリで書く予定。

あとChromebookも持っていく予定。

Apple MacBook Air (13.3/1.6GHz Dual Core i5/8GB/256GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MMGG2J/A

Apple MacBook Air (13.3/1.6GHz Dual Core i5/8GB/

256GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MMGG2J/A

モバイルノートパソコンは憧れではあるけど

年に2回か3回程度の泊り旅のためだけに買ってたら無駄だから我慢。

Chromebookもブラウザでネットするには十分で

今年はハワイ旅行と鹿児島旅行へもっていったっけ。

でもモバイルノートパソコンは欲しいなあ。いつか買いたいところだが。

 

10月下旬ってことだが出かける場所は山間部で

紅葉も見頃からちょっとすぎている感じ。

平地でいえば11月末から12月にかけての時期なので

防寒具も必要になってくる。

特に朝晩はかなり冷えることが予想されるので

真冬の服装が必要になる。

(モンベル)mont-bell ライトアルパインダウン パーカ Men's 1101532

(モンベル)mont-bell ライトアルパインダウン パーカ Men's 1101532

多少荷物が増えても車なので特に問題ないが

防寒対策忘れると天候崩れたときなど大変なので

しっかり忘れないようにしたいところだ。

 

そして旅行カバン。

荷物をどうやって持っていくかだけど

去年も一昨年もほぼ同じ時期に同じ場所へ行っている。

その時に使っていたのは旅行かばん・・というよりも登山用ザックだ。

[モンベル] mont-bell アルパインパック60 1223325 CNBL (CNBL)

[モンベル] mont-bell アルパインパック60

1223325 CNBL (CNBL)

登山用の大型ザックに着替えなど入れて持っていった。

この装備は良い面もある。

それは山岳紅葉を見に行くときなどは

多少歩くときなどは背負えるのが利点。

立山へ以前行ったときもこれを持っていったけど

全く違和感なくなじむことが出来た。

上高地で泊ったりする場合などもこれでありだろう。

さすがに60Lは大容量すぎる気がするけど

普通のリュックでは小さすぎるし適当なサイズのがなかったんだ。

 

たださすがにこれで飛行機に乗ったりするのは

どうなのかなという感じがあり

今年になって新しくボストンバッグを購入した。

[コールマン] Coleman ボストンバッグMD CBD4021BK BK (ブラック)

[コールマン] Coleman ボストンバッグMD CBD4021BK BK (ブラック)

50Lくらい入る大容量で着替えやノートPCなどいろいろ持っていける。

何より登山用ザックと違って開口部が広いので使いやすい。

ザックだと奥のものが取り出しづらいから

ベッドにぶちまけて取り出す必要があったけどこれなら使うものだけ

取り出せるので便利なんだなあ。

今回もこれを持っていく予定だ。

 

ということで着替えなどはもう詰めておこう。

今回は無理なくゆっくり楽しむ目的なので

のんびり楽しむことが出来れば。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

大幅値下げで24800円に。
スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM