京都と紅葉

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 21:44

昨年秋は京都へ行くことが出来なかった。

今年はまだどうするか決めていないけど

行くとしたら11月下旬だろうか。

秋の京都は紅葉が素晴らしい。

圧倒的な紅葉が広がっているので1度は見に行きたいもの。

まっぷる 秋 紅葉の京都 2017 (マップルマガジン 関西)

まっぷる 秋 紅葉の京都 2017 (マップルマガジン 関西)

今年も何とか機会を作って見に行きたいもの。

 

僕が秋の京都で行ったことがあるのは

嵐山界隈、金閣寺、大原三千院、南禅寺・永観堂周辺、清水寺周辺。

まあこれらが紅葉の名所といえるだろうか。

あとは上の本の表紙の写真にもある東福寺なども有名だ。

ほかにも多数の神社仏閣があり紅葉の名所は多い。

様々なエリアに分かれているので1日で全部見るのは無理。

我が家の場合は最近だとスポットを決めて集中的に見る感じだ。

多いのは嵐山。

車で朝アクセスして駐車して歩いて回る。

見るべきところはとても多くて1日歩いてみて回っても

時間が足りないほどだ。トロッコとかにも乗ったりすると

嵐山だけで1泊2日しても十分堪能できるほど。

京都の紅葉では一番有名で混雑する場所だけど

じっくり見て回るにはそれほど長い移動もなく集中的にみられるので

嵐山はおすすめだ。

嵐山についで集中的にみられるのは南禅寺や永観堂だろうか。

いつ行ったか忘れてしまったが南禅寺周辺に車を置いて

南禅寺、インクライン、永観堂、平安神宮、岡崎公園などを見て回った。

あの時は午前中だけだったのであまり見て回れなかったけど

1日じっくり歩くならほかにも周辺に名所は多くてここもいろいろ見て回れる。

一方で金閣寺は有名だけど独立スポットで周辺見て回るには不向き。

大原三千院もかつてJR東海のCMで有名になったが

ここは京都の街中から離れてていろいろ見て回るのは難しい。

 

秋の京都の一番の問題は混雑することだ。

どこも大混雑する。特に駐車場は不足気味なので車でのアクセスの場合は

朝一で止めた後はもう出さないのがベストだ。

1度出すと他にとめる場所を探すのが大変だから。

渋滞や駐車場待ちで1時間2時間潰してしまうことになる。

だから車は1か所にとめてそこから徒歩かあるいは鉄道バスが理想。

京都はバスの移動が基本になるがそのバスも秋は大混雑する。

あちこちのバス停に大行列が出来てる様子を見かけたし

超満員のバスも見かけている。

またバスも渋滞に巻き込まれてしまうケースも多い。

秋以外のバスは快適だけど秋は人があまりにも多すぎて厳しい。

 

紅葉を見る人はカメラで撮影する人が多いけど

紅葉時期の京都はカメラ撮影も一部規制されていたりする。

基本的に自撮り棒や三脚は利用禁止のところが多い。

特に三脚に関しては居座る人が多いから禁止されている。

多くの人は紅葉の絶景を撮影したいが

一方で人を入れたくないので人がいなくなるまで待つ。

それが流れを悪くして混雑に拍車をかける。

正直紅葉時期の京都で人が写らない写真を撮影するのは無理。

可能だとしたら多額のお布施をして開園前に入らせてもらうとか

それくらいしかないんじゃないかな。

それで入れるのかは知らないけど。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

今年は大口径ズームレンズを買って使っているけど

秋の京都にはあまり向かないかもしれない。

三脚使えないし長く歩くことになるので負担になる。

以前行ったときなども24-70mm/f2.8などが多くて

望遠はあまりいなかった気がする。

 

秋の京都の紅葉は本当に素晴らしいから

ぜひ見てもらいたいところだけど

あの圧倒的な混雑で嫌になってしまう人も多そう。

とりあえず朝いちばんで行くこと。

紅葉のピーク時期に車なら駐車場が満車になるのは8時前後が多い気がする。

8時半だと完全に遅いし周辺の道路も渋滞が始まっている。

主要なお寺は9時からなので少し早いが朝早くがおすすめ。

ライトアップなどもするので夜の鑑賞もおすすめだが

夜見るなら界隈に宿をとってその駐車場に止めて

ゆっくり見るのが一番。

 

いつか嵐山に泊まってみたいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

高野山へ行きたい

  • 2017.09.16 Saturday
  • 22:30

先週と今週とNHKのブラタモリで

高野山を取り上げていた。

http://www.nhk.or.jp/buratamori/

高野山ってのは凄いところなんだなと知り

今までも行きたかったけど余計に行きたくなったなあ。

場所は紀伊山地の山奥で和歌山県の北部。

るるぶ高野山 (国内シリーズ)

るるぶ高野山 (国内シリーズ)

ちょっと遠いから日帰りは難しいかなあ。

 

高野山は前から行きたいと思っていた。

開いたのは空海という人。

弘法大師として有名だけどどんな人なのだろう。

生まれは四国で今の香川県善通寺市に当たるようだ。

774年に生まれたということで

奈良時代が終わり平安時代にかけて生きた人と。

歴史の授業などだと真言宗を開いた空海と

天台宗を開いた最澄と2人セットで覚える。

最澄は比叡山延暦寺を空海は高野山金剛峰寺を

建てるんだっけなあ。

ただそれ以外のことは習ってないので知らないことが多い。

『空海の風景』を旅する (中公文庫)

『空海の風景』を旅する (中公文庫)

四国をはじめとして全国各地へ行ってるようで

空間ゆかりの場所は多い。

四国のゆかりのお寺は四国八十八か所巡礼として人気に。

愛知県にも知多四国巡礼がありこれも空海にゆかりがあるらしい。

教えを広めるために全国を旅したのだろう。

 

ということで四国も行ってみたいけど

かなり中枢といえるべき高野山へ行きたい。

旅という側面で見た場合は高野山単体だともったいないので

せっかく和歌山へ行くなら熊野三山も見たい。

紀伊山地の霊場は世界遺産に登録されており

高野山も熊野三山も世界遺産だ。

奈良の吉野山も世界遺産だけど以前桜の季節に行ったことがあるので

行くとしたら熊野+高野山という感じかな。

高野山は標高が高いので冬は寒さが厳しく雪も降る。

真冬は避けたほうがいいだろうか。

宿泊する場所だけど高野山には宿坊というのがあり人気だが

そこまでこだわりはなく普通に泊まれる宿が理想。

 

熊野へ行く場合泊まりたいのは

休暇村の南紀勝浦。

 

勝浦だと熊野三山へのアクセスがよい。

ただここから高野山は遠い。

勝浦と高野山は車で3時間。高速はなく山の国道だ。

だから休憩含めて4時間は見ておく必要がありそうだ。

1日目高野山へ行く場合勝浦で泊まるには移動が大変。

ただ2日目は熊野三山を見て帰るだけなので余裕だが。

1日目熊野を見て2日目高野山だと2日目の移動が大変。

ただ1日目は余裕を持てるけど。

理想は熊野と高野山の間にある十津川温泉あたりで止まることか。

 

しかし相当山奥なのであまり宿は多くはないけどね。

ただ最近は新しいのが出来ているようで

熊野や高野山が世界遺産に登録された効果なのだろうか。

 

ともかく今年秋は無理だけど来年以降

高野山へ行けるように検討を進めていこう。

季節はいつがいいんだろうなあ・・・。

熊野と一緒ではなく吉野+高野もありのような・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

開田高原

  • 2017.09.14 Thursday
  • 20:18

開田高原は昔から名前は聞いたことがあったけど

実は行ったことがなかった。

具体的にどのあたりかよくわかっていなかった。

乗鞍高原ですら10年前に初めて訪れたもので

名前は知ってるけどよく分からないという印象だった。

しかし乗鞍へ通うようになりそして19号を通るようになり

木曽の土地勘が出てくると開田高原へ再び興味を持つようになる。

るるぶ木曽 伊那 恵那峡 高遠 (国内シリーズ)

るるぶ木曽 伊那 恵那峡 高遠 (国内シリーズ)

以前は木曽路といっても入口の妻籠馬籠くらいしか知らず

その先はほとんど行くことがなかった。

それが乗鞍へ行くようになり利用する機会が増えた。

ただ開田高原へ行こうとまでは繋がらなかった。

それがつながったのは御嶽山噴火だ。

 

2014年9月27日の御嶽山噴火は衝撃だった。

あの日僕は乗鞍へ紅葉を見に行っていたんだ。

帰りは国道19号を通ったけどその直前の

薮原あたりでコスモスを見てたらチリが凄くて目が痛くなった。

どっかで発破でもしてその粉塵が飛んできたのかと思ってたが

実はそれが火山灰だと知るのは帰宅してからのこと。

その後噴火関連のニュースで開田高原が出てきて

御嶽山の麓に開田高原があることを初めて知る。

そして噴火の影響で観光客が激減しているというニュースも。

そこでその翌年に開田高原へ行くことにしたんだ。

 

開田高原だが昨年も行っている。

御嶽山が初冠雪するタイミングで行きたいとタイミングを見計らって

ちょうどいいタイミングで行くことができた。

朝は寒かったけど天気は最高だったなあ。

観光客でにぎわっていた。

開田高原へ行ったらまず行きたいのはアイスクリーム工房。

開田高原アイスクリーム工房 クリームチーズ 125g

開田高原アイスクリーム工房 クリームチーズ 125g

ただ朝早くは開いていないけどね。

木曽馬牧場はすぐ近くなのであの周辺で観光。

御嶽山の眺望スポットとしても最高だ。ライブカメラがあるところだね。

眺望スポットとしては地蔵峠、九蔵峠などがあるけど

僕は上の写真のスポットが好きだな。

Google Mapsを見ると眺望スポットと書いてある。

国道からちょっと降りる道沿いだ。

あとは御嶽山のドライブウェイなども最高だ。

お昼ごはんに最適なのは信州そば。

霧しな 信州開田高原 白いそば 270g×10袋入 151

霧しな 信州開田高原 白いそば 270g×10袋入 151

開田高原には蕎麦屋がたくさんある。

霧しなはアイスクリーム工房のすぐ近くの

木曽馬への入り口付近にあったお店だ。

朝10時前でも既にオープンしていた記憶があるので

早朝から動いておなかが空いてても入れておすすめだ。

あと温泉なども多い。

 

夜は星の観測にも最適で

満天の星空を楽しむことが出来る。

ただそのためには宿泊をしたいもの。

開田高原内に宿泊施設はいくつかある。

僕が好きな休暇村などはないけど

友達が以前宿泊した

 

この宿はかなり良かったというので気になっている。

そうそう僕は2015年秋が初めてだったんだけど

実は東海地方の人は開田高原や御嶽山へ行ってるんだ。

水ガメで上流との交流があることもあるし

名古屋から御嶽山は天気がよく視界が良い日には良く見える。

それ故に御嶽山には思い入れというか愛着があるんだろうなと。

 

ということで今年秋も開田高原へ行きたいものだ。

例年10月末から11月初めに行くけど

今年は11月初めがかなり忙しくて出かけられないから

10月末になるかな。治部坂高原とかへ行く必要もあるから

忙しくなりそうだなあ。

開田高原帰りに153号経由で帰れば治部坂高原にも寄れるか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

上高地乗鞍の秋旅

  • 2017.09.09 Saturday
  • 22:40

ほとんど毎年のように出かけているのが

長野県の上高地・乗鞍だ。

るるぶ上高地 乗鞍 白骨 奥飛騨温泉郷'18 (国内シリーズ)

るるぶ上高地 乗鞍 白骨 奥飛騨温泉郷'18 (国内シリーズ)

上高地は北アルプスが間近に迫り素晴らしい景色が堪能できる。

乗鞍は交通機関で2700mまで行くことが出来て

登山しなくても高所からの絶景が見られる。

僕が子供の頃から何度も行ってるけど

昔は夏の旅行先だった。

 

その状況が変わったのは乗鞍スカイラインのマイカー規制。

2003年を最後にマイカー規制されてしまい

しばらく乗鞍へ行かなかったのだが

2007年に行くことになり出かけたら紅葉が素晴らしかった。

それまで秋に行楽することはほとんどなかったんだけど

夏より秋のほうが良いんじゃないかと思って

上高地も秋に行くことも増えた。

7月頃に上高地へ行くこともあるが最近だと秋のほうが多い。

乗鞍はほぼ100%最近は秋に行くようになった。

そして今年もまた上高地・乗鞍へ行く予定だ。

 

今年秋だけど予定では2回行く予定だ。

1回目は9月末。

これは乗鞍エコーラインの紅葉を見るためだ。

乗鞍は9月下旬から紅葉が始まり

10月下旬にかけて乗鞍高原に紅葉前線が下りていくため

長く紅葉を楽しむことが出来る。

乗鞍へは紅葉目的で行く。

9月は日帰りなので紅葉の色づき具合をチェックして

それでピークと晴天が合う日を探していくことになる。

紅葉情報に関しては乗鞍大雪渓のウェブサイトがおすすめだ。

http://www.norikura.org/

圧倒的に鮮度が高い情報を随時更新してくれる。

特に紅葉の見ごろ時期は更新頻度が高くてありがたい。

ここを見て9月下旬のスケジュールを決めることになる。

 

10月に関しては上高地と乗鞍でセットで出かける。

乗鞍の紅葉に合わせて上高地も一緒に訪れる形だ。

例年宿泊するのは乗鞍高原の休暇村。

 

ここ以外の宿に泊まったことがないので

勝手が分からないので毎年ここばかり選んでいる。

ただいつを予約するのかは難しい問題だ。

紅葉の見ごろ時期は予約が埋まりやすい。

東館和室ならそれほど埋まらないけど直前になると

紅葉の見ごろに合わせて予約が殺到して人気が出る。

正直紅葉のピークというのは短くて

それが快晴の日と合うのは2日間くらいしかない。

9月のうちでは分からないので

理想は何日間か予約をしておいて無料キャンセル可能まで

ぎりぎりと紅葉情報をチェックすることだ。

ただ社会人は休みをあらかじめ決めておく必要がありそれは難しい。

だからある意味カケに出ることになる。

 

上高地に宿泊するのもありだ。

実際に過去何度か検討をしている。

上高地で宿泊したい宿は2件。

帝国ホテルも入れれば3件だけど帝国ホテルは高すぎて泊まれない。

僕の第1希望は上高地ルミエスタホテルだ。

 

河童橋から少し離れていて田代橋の近くに立つ温泉宿。

上高地で温泉のあるホテルは2つ。ルミエスタホテルはその1つ。

第2候補はそのもう1つの温泉のあるホテルで

 

その名も上高地温泉ホテルだ。

この2件は並んで立っていてどちらも温泉がある。

グレードはルミエスタホテルのほうが少し高いかな。

ただどちらもグレードが高くて料金は高め。

秋のシーズン中は1泊1人3万円近い金額になる。

泊まりたいけど金銭的な問題でなかなか泊まれない。

今年はハワイ旅行と鹿児島旅行をしているので

予算オーバーなので上高地での宿泊は早い段階で断念してる。

でもいつかは泊まりたい。

 

上高地はたいてい早朝に入る。

朝に沢渡到着して朝に大正池に到着して

それから梓川沿いを歩いて河童橋へ。

それだけでは物足りないのでさらに明神池まで歩く。

そして河童橋まで戻ってきてバスで戻る。

昼頃には毎回上高地を出てしまうんだけど

午前中は観光客でにぎわっていて人が多い。

でも上高地に宿泊すれば人が少なくなる

夕方の上高地を見ることが出来る。

そして夜には満天の星空が広がるわけだ。

ルミエスタホテルは星空観察イベントとか

行われていたりする

休暇村乗鞍でも星空観測は行われてたな。

 

以前は夏しか知らなかった上高地・乗鞍だけど

今は秋の魅力を知った。

出来ればそれ以外の季節も知ってみたい。

上高地は冬は雪に閉ざされるので手軽に行けないし

春もGW頃から入れるようになり春は遅い。

でも乗鞍は基本的に1年楽しめる場所だ。

冬は休暇村乗鞍の前にはスキー場が広がり

スキーリゾートと温泉でにぎわう場所だ。

スキーはしないけど冬の乗鞍を見て見たいものだなあ。

いつか機会があれば行ってみたい。

 

ということで今年は既に予約済み。

紅葉の見ごろや天気が良いといいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

治部坂高原

  • 2017.09.08 Friday
  • 20:40

毎年秋になるとお出かけするのが治部坂高原。

治部坂高原は長野県の南部の阿智村にある。

昔は浪合村って名前だったけど阿智村と合併した。

愛知県からは国道153号を利用してアクセスできるため

観光客の多くは愛知県からやってくる。

治部坂高原は国道153号沿いでは標高が1000mを超えて

高所で夏は避暑地として知られて別荘地などもある。

自宅からは1時間45分ほど。ドライブに最適だ。

 

この治部坂高原は僕のお気に入り。

夏になると治部坂高原スキー場ではコスモス祭りが開催中。

ただ見ごろは9月中旬でこの先だ。

http://jibuzaka.co.jp/

ただコスモスガーデンは9月24日までらしいので

あまり長く楽しめないけどね。

去年は台風の影響で倒れてしまったコスモスが多くていまいちだったが

例年は9月中旬ころが見ごろで

スキー場のゲレンデに植えられたコスモスが咲き乱れる。

リフトで上がって写真撮りながら歩いて降りてくるという感じだ。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

今年は8月に購入した望遠レンズのデビューとして考えている。

そろそろ見ごろかなと思ってチェックしてるけど

公式サイトを見てもあまり情報がないのが残念だ。

TwitterやInstagramなどで訪れた人の情報を調べたりしてる。

過去のを調べると自分の投稿ばかりなのでなんだかなと思うけど。

 

治部坂高原だけど訪れるのはコスモスだけではない。

10月下旬にもまた訪れることになる。

治部坂高原スキー場の隣に治部坂高原センターという施設がある。

ここは観光施設となっていてその奥は別荘地。

美術館みたいな施設もある。

そしてここが紅葉の名所なんだ。

たくさんの紅葉が植えられてとても素敵な場所。

最近はここと茶臼山高原と一緒に見て回ることが多く

10月下旬の晴天の日を選んで訪れている。

この時期は快晴になることが多いけどね。

 

治部坂高原までの国道153号は

ドライブに本当に最適な道路で

バイクツーリングをする人も多い。

秋は周囲が色づいてそれもまた素敵な感じだ。

そんなドライブの目的地として治部坂高原は最適。

15分くらい戻ると信州平谷の道の駅もあり温泉施設があって

とてもにぎわっている。

僕のおすすめはもうちょっと戻ったネバーランド。

根羽村にある観光施設でここのソフトクリームがおいしい。

愛知県の153号沿いはどんぐりの里稲武があり

ここは温泉施設もあり大人気だが混雑も半端なくて

土日などはとても駐車できないほどだから

もっと先まで足を伸ばしたい。治部坂高原なら素敵な紅葉写真も撮影出来る。

今風に言えばインスタ映えする写真ってやつだ。

 

11月になると治部坂高原は紅葉が終わり冬を迎える。

標高1000mを超える場所だけあって雪が降りやすい場所。

治部坂峠にはスノーシェルターもあるほどだ。

ちなみに11月上旬から中旬は稲武にある

大井平公園やタカドヤ湿地が紅葉が素晴らしくていいところ。

11月中旬以降は香嵐渓がにぎわう。

このころには国道153号は香嵐渓の紅葉狩りの車で

大渋滞するようになるためそれ以外のドライブでは

しばらく利用しづらくなってしまうけどね。

ちなみに香嵐渓の紅葉は12月初めまできれいなんだけど

12月になるとものすごく空くので見に行くなら12月始めがおすすめ。

 

途中から治部坂高原の話じゃなく153号沿いの

紅葉の話になってしまったけど

治部坂高原は秋のドライブに最適なのでぜひ。

今年は153号沿いの車載動画を撮影したかったんだなあ。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム

空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

茶臼山高原の売木村側も紅葉も素晴らしいし

そこから平谷峠あたりの紅葉もすごくいい。

あの界隈は道路沿いがかなり色づくので

10月下旬くらいに今年もドライブしなければ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

地質旅

  • 2017.09.07 Thursday
  • 23:34

地質に特徴がある場所というのは

ダイナミックな風景があったりすることが多い。

最近は単なる地質調査スポットとしてだけでなく

ジオパークとして評価されており

それを観光の売りにしている場所もあるほどだ。

ジオパークを楽しむ本—日本列島ジオサイト地質百選—

ジオパークを楽しむ本—日本列島ジオサイト地質百選—

僕は大学時代に地球物理学を学んでいたので

多少の知識はあり興味はある。

今すっかり遠ざかってしまっているけど

観光地としてジオパークを訪れてみるのも楽しいかもしれないと

そう思うようになってきた。

 

日本各地にジオパークといわれる場所がある。

http://www.geopark.jp/geopark/

ジオパークを名乗るためには認められる必要があり

日本ジオパーク、世界ジオパークとその価値により評価される。

東海3県にはジオパークは残念ながらないけど

東三河や岐阜の飛騨小坂や飛騨山脈はジオパークを

目指して活動をしているようだ。

観光地として有名なジオパークも多くて

僕が行ったことある場所だと立山黒部、箱根、霧島、桜島などは

日本ジオパークに指定されている。

阿蘇に関しては世界ジオパークだ。

 

ジオパークにはその見どころとなる場所があり

それをジオサイトという。

阿蘇のカルデラの絶景などはまさにジオサイトだろう。

日本のジオパークは火山関係のものが多そうだ。

また地殻変動などでのダイナミックな地形も1つある。

これらは既に観光化されて知られている観光地が多い。

地質に特徴がある場合などはなかなか難しい。

中央構造線などは地学的に重要だけど

露頭があってそれを説明する必要がある。

観光的になかなか微妙だがジオパークという付加価値がつけば

観光につながるのかもしれないな。

岐阜の飛騨小坂は滝が多いところで有名だけど

あれもジオパークなんだろうか。

 

こういうジオパーク巡りにはそれなりの装備が必要かな。

地質調査では

ハンマー、クリノメーター、ルーペ、メモが必需品。

金属クリノメーター Metal Frame Clinometer

金属クリノメーター 

Metal Frame Clinometer

ハンマーを使うわけにはいかないだろうが

クリノメーターくらいはありかと思うが

多分使える人はどれほどいるかだろうか。

Vixen ルーペ メタルホルダー M20S 4309-01

Vixen ルーペ メタルホルダー M20S 4309-01

ルーペくらいにとどめておいたほうがいいのかな。

ただルーペで見るためにはハンマーで風化してない岩がいるし

なかなか観光客に地質的特徴を見せたりするのも難しいところ。

 

ダイナミックな風景が多いから

そうした絶景を楽しむという目的だけでも

ジオパーク巡りはする価値あるかなと思う。

近くにないのが残念だな。

ユネスコ指定の世界ジオパークは

山陰海岸か糸魚川あたりが一番近い感じかなあ。

それでも距離はあるから難しいがいつか行ってみたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

彼岸花のシーズン

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 12:11

先日ウォーキングの時に

彼岸花が咲いているのを発見。

この場所はかなり早い時期に咲く場所

今年もいよいよ彼岸花の季節がやってきた。

全般的に見ごろになるのはお彼岸シーズンの9月20日過ぎかな。

今年も名所と呼ばれる場所へ行きたいなと思っている。

 

彼岸花の名所は全国にある。

日本でいちばん有名なのは巾着田という場所。

http://www.kinchakuda.com/

埼玉県の日高市にあるようでここは日本で一番有名。

行ってみたいけどさすがに関東は遠いなあ。

東海地方で一番有名なのは半田市の矢勝川。

http://nankichi.org/higan/higanbana.html

ごんぎつねの舞台となった場所で矢勝川の堤防沿いに

2キロくらいにわたって物凄い彼岸花が咲き乱れる。

4年前にいったなあ。名所なだけに大変混雑してたけど

素晴らしかった。

あとは岐阜県海津市の津屋川堤防の彼岸花も有名。

http://kaizukanko.jp/051.html

ここもそこそこにぎわうらしいけど行ったことなくて

どんなんだか分からない。

車をどこに止めたらいいかとか勝手が分からない。

これらの名所だけど9月上旬の今はまだまだ開花しておらず

中旬に開花して下旬に見頃を迎える形のようだ。

こうした名所は彼岸花の開花前に徹底的に草刈りをする。

早く咲き始めたのはその時に一緒に刈られてしまう。

草刈りをしっかりしないと草ボーボーの中に彼岸花が咲いて

とても見栄えが悪くなってしまうためだ。

 

そんな彼岸花だけど僕がよくいくのは

豊田市の逢妻女川の彼岸花だ。

公式サイトがないので以前僕が作ったforsquareのスポットで。

https://ja.foursquare.com/v/逢妻女川彼岸花群生地/4e81af1500395825ecccc80f

豊田市西部のみよし市近くの川沿い。

あと数年すると国道バイパスが近くを走って景色が

大きく変わってしまうことだろう。

ここは逢妻女川の堤防の両側にたくさんの彼岸花が植えられている。

地元の人が頑張って植えた彼岸花で長さは矢勝川などには劣るが

とても密度が高くて見ごたえがある。

最近は口コミで訪れる人が増えている場所だ。

例年9月23日前後が見ごろなので今年もその頃に見に行きたいが

多分その前に何度か見に行くことだろう。

 

今年は新しいレンズを買ったことだし

紅葉やコスモス撮影の前に彼岸花を撮影して

新しいレンズの練習としなければ。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

大口径ズームレンズはなかなか難しいけど

頑張って腕を磨きたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

木曽路を歩きたい

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 19:22

しゃぶしゃぶのチェーン店ではなくて

長野県の中央アルプスの西側の谷間の

中山道の宿場町をつなぐ街道のことだ。

国道19号線が走りまたJRの中央西線が走る。

山に囲まれていて自然豊かな場所だ。

この地域はJRこそ通っていたけど

中央自動車道の沿線からは外れてしまって

モータリゼーションの流れから取り残されてしまった。

その結果やや廃れていた時代があるようだが

そのおかげで古くからの街並みが残っている地域が多い。

とても魅力的な宿場町がいくつもある。

 

木曽路の入り口は馬籠。

木曽だけど岐阜県だったりする。

夜明け前 (第1部 上) (新潮文庫)

夜明け前 (第1部 上) (新潮文庫)

島崎藤村の出身地としても知られているが

この馬籠宿が舞台の夜明け前は読んだことがないんだな。

1度くらいは読んでみようかなと思っているけど

それで長い年数が過ぎてしまった。

馬籠宿は古い町並みではなく再建された建物が多いけど

坂の宿場町の雰囲気を残していて多少観光化されてるがいいところ。

ここから馬籠峠を越えた先に妻籠宿があるわけだが

日本人はこのルートを歩くことはないけど

外国人観光客はたくさん歩いている。

馬籠峠を歩いてる人は外国人9割じゃなかろうか。

というか馬籠宿から奈良井宿まで歩いている外国人観光客もいるようで

海外はトレイルが盛んだというけどすごいなと。

僕もせっかくなら歩いてみたいという気持ちはある。

 

中山道を歩く場合は車で行くのは難しい。

外国人観光客などは鉄道やバスを利用して観光している。

妻籠宿へ行ったときなどバス停について

外国人観光客に聞かれたことが3度ほどある。

中山道69次を歩く 究極の歩き方120(改訂版)

中山道69次を歩く 究極の歩き方120(改訂版)

ずっと歩くのは難しいけど鉄道とバスを駆使すれば

歩くのは不可能ではない。

馬籠宿から妻籠宿へと歩いたり

途中の宿場町を見たり

薮原宿から鳥居峠を越えて奈良井宿へ歩いたり

歩ければ見えてこない何かが見えるかもしれない。

そうした旅はしてみたいとは思うけど現実的になかなか難しいなあ。

外国人観光客が出来るのなら近くに住んでる日本人なら

もっと手軽に出来そうなんだけど。

 

実際に歩く前に車ベースの旅から鉄道ベースへと

切り替えてみるのもいいかもしれない。

名古屋からしなのを利用すると片道4000円ほどかかる。

乗ったり降りたりでお金かかりそうだけど

木曽路フリー切符というものがあるようだ。

http://railway.jr-central.co.jp/tickets/kisoji/

これを利用すれば名古屋から往復のしなのは指定席で乗れる。

エリア内の移動はフリー切符なので乗り降り自由。

快速や普通はもちろんだが特急しなのでも自由席なら

乗ることができるようだ。さらにお得なクーポンなどついてくる。

普通に特急しなのの往復で1人8000円くらいかかるので

2人以上だとかなりお得なフリー切符といえる。

 

今年秋も行く予定だけど

泊まりで行きたいなあ。

木曽路にはいろいろ宿があるけど

19号沿いだと寝覚ノ床の近くにねざめホテルというのを

よく見かけたりする。

 

ここ昔国民宿舎の本で見かけたことがあって

1度泊まってみたいと思っているんだなあ。

木曽路を観光する場合南の妻籠馬籠と北の奈良井と

かなり距離があるからその中間のこの辺りを拠点とするには良さそう。

今年秋は難しいと思うけどいつか泊まりたい。

 

ということで新しい木曽路の楽しみ方を模索していきたい。

馬籠峠で見かけるのが外国人観光客ばかりという現状は

変えていく必要があると思うんだがなあ。

外国人によってこれらの歴史的な古道が守られるのではなく

そこに住む日本人によって守られるべきだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島旅から1か月

  • 2017.09.04 Monday
  • 21:26

8月の鹿児島旅行から1か月になる。

あの旅行は台風5号の影響で

暴風雨に見舞われるは帰りの飛行機が欠航するわで

そりゃ大変だった。

ただ大変だっただけに思い出に残る旅になったし

話のネタにもなったから良かったかなと。

そういう点では良かったけど

やはり観光があまり出来なかったのは残念だった。

まっぷる 鹿児島 指宿・霧島 '17-18 (まっぷるマガジン)

まっぷる 鹿児島 指宿・霧島 '17-18 (まっぷるマガジン)

いろいろ鹿児島各地の観光情報は

調べていたんだなあ。

 

実際に行くことができたのは仙厳園。

台風が来る前でまだ天候は問題なかった。

その後指宿へ行ったら暴風で風がかなり強かった。

指宿といえば砂蒸し風呂だけど

http://sa-raku.sakura.ne.jp/

砂蒸し会館は台風の影響で時間を早めて閉店してしまった。

ホテルに着いた後で行こうかと思ったけど結局断念。

ただ砂蒸し風呂は指宿白水館で入ることができた。

 

この宿は2005年以来だから12年ぶりに宿泊したけど

やっぱりいい温泉宿だった。

到着したときは忘れていたけど館内を歩いて

かなり思い出して当時とほとんど変わらなかったなあ。

 

今回の鹿児島旅の一応目的は

祖父母のお墓参りだった。

その目的は2日目に果たすことができた。

風はかなり強かったけど雨は降っておらず

問題なく墓参りすることができた。

行きたかったお店なども見に行くことができた。

2日目まではある程度観光などやることできたけど

2日目の夕方からは暴風雨でそれどころじゃなかったな。

霧島神宮は一応行ったけど厳しかった。

本当はえびの高原へ行きたかったんだけど

ホテルに缶詰めとなってしまった。

昼頃ちょっと地元のイオンへ行ったら

普通に混雑してて台風の影響はあまり感じなかったけど。

そして4日目の飛行機で帰ってきたと。

ただ今度は台風がセントレアで出てきていて

かなり遠回りの航路だった。

着陸できないかもとアナウンスがあってびくびくしてたが

無事に帰ってくることが出来て本当に良かったかと。

 

しかしこの旅ではかなり天気に振り回されて

旅の嫌な面みたいなのを強く感じたため

当分泊まり旅はいいかなとも思ってしまった。

やることなくてホテルで過ごすのは退屈。

天気と観光ってのはほんと重要なんだなということを

あらためて感じることとなった。

今年秋の旅も正直どうするかまだ迷っている。

泊まり旅はなくしてしまおうかなとも考えてるけど

これはもうちょっと考えてから決めることにしたい。

 

鹿児島だけど次行くことはあるだろうか。

既に祖父母が亡くなっているので

行くとしたらお墓参りということになるけど

親戚がそろっていくことはもうないかもしれない。

いつかまた鹿児島へは行きたいと思うんだけど

それがいつになるのかは分からないなあ。

LCCが通っているから意外とちょっと行ってくるかもしれないけど。

次行くならフルサイズデジ一眼を持っていきたいなあ。

キヤノン デジタル一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」ボディ EOS6DMK2

キヤノン デジタル一眼レフカメラ

「EOS 6D Mark II」ボディ EOS6DMK2

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつか槍ヶ岳登山

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 20:36

芸能人の登山などでは

富士山とともに槍ヶ岳登山はよく行われる。

山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳

上高地 2017 (登山地図 | マップル)

先日も24時間テレビでイモトが登っていた。

以前SMAPの草剛さんも槍ヶ岳に登っていたな。

富士山とともに芸能人が登ることが多い山という印象がある。

富士山は日本一の山だから

槍ヶ岳はアルピニスト憧れの山だからということもある。

ただそれ以外にもほかにも理由はある。

どちらも登山に時間はかかるものの槍ヶ岳の山頂付近以外は

危険な岩場がないこと。槍ヶ岳も梯子があるからまあ大丈夫。

あとは山小屋があることかな。

 

富士山は山小屋ばかり。

テントが禁止されていることもあり

物凄い数の山小屋が乱立している。

そして槍ヶ岳も途中山荘が充実していて

山頂直下にも槍ヶ岳山荘がある。

そのため比較的安全に登山することが出来て

またもしもの時にも対応しやすい。

もしもというのは天候悪化などの際に

小屋に避難できるというのは大きい。

山は天気がとても変わりやすい。

だからこそ天候悪化したときにどうするかを考えておくことは重要。

 

そんな槍ヶ岳だけど久しぶりに登りたいなと。

僕は学生時代に槍ヶ岳山荘で夏山バイトしたことがあり

その際に槍ヶ岳には何度か登っている。

休憩時間とかやることないのでたいてい槍ヶ岳に登ったりしてた。

ただ写真や動画などは全く残っていないんだなあ。

当時はまだデジカメとかなく僕自身カメラも持ってなかったから。

遠い日の記憶で槍ヶ岳登ったことがあるというけど

さすがにそんな古い話をいつまでしてても駄目なので

また登りたい。無理をしなければ決して難しいとは思わない。

無理というのは夜中に出発して朝上高地について

それから槍ヶ岳へ登るというもの。

学生時代でも結構厳しかった。

今はそんな無理はできない。

 

テント泊というのはプライベートが確保できて魅力。

上高地には小梨平のキャンプ場があるし

ババ平などでテント泊することが出来る。

ただ慣れてないしテントを上げる体力的なことを考えると厳しいか。

モンベル(mont-bell) テント ステラリッジテント 1型 [1人用] サンライトイエロー 1122475-SUYL

モンベル(mont-bell) テント ステラリッジテント 1型

[1人用] サンライトイエロー 1122475-SUYL

実は山岳用テントの購入は計画している。

これは槍ヶ岳のためではなく涸沢カールで紅葉を見るため。

それ故に槍ヶ岳登山をするなら小屋どまりが無難かと。

上高地を朝余裕をもって出発。

横尾を経て槍沢小屋で1泊。

翌日槍ヶ岳を目指して槍ヶ岳山荘に1泊。

槍ヶ岳はその日に登ってもいいし翌日朝登ってもいい。

最終日は上高地まで一気に下ると。

これが初級者向け槍ヶ岳登山のプランで無理がないもの。

 

ということで山小屋の混雑時期は避けたいから

ハイシーズンを避けていつか行くことが出来ればと思う。

今年はまあ無理かな。

実際涸沢カールの紅葉を来年見に行くなら

槍ヶ岳登山はその先になりそうだな。

1つ1つ着実に前へ進んでいきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。これを買っておけばOKという鉄板。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM