明治探偵GAMEクリア

  • 2017.06.23 Friday
  • 20:28

先週始めに依頼書五の最後まで進めて

今週再び明治村へ行き最後の答えを提出しクリアした。

これで明治村の謎解きゲームは2年連続でクリア。

一昨年の明治探検隊最終章はクリア出来なかったが

今年もクリアすることが出来て良かった。

 

明治探偵GAMEとは

テーマパークの博物館明治村を舞台にした

リアル宝探しのイベントだ。

http://www.takarush.jp/promo/meiji/

テキストを購入して

それに書かれている謎や暗号を解いて

明治村の中に隠されている宝(キーワード等)を見つける。

タカラッシュ!オフィシャルブック BOOK版リアル宝探し 謎いっぱいの不思議な本

タカラッシュ!オフィシャルブック 

BOOK版リアル宝探し 謎いっぱいの不思議な本

謎解きだけなら本やネットでも出来るけど

明治村は広くて場所が分かっても1キロ近く歩く場合もあり

体力も使うけどその分楽しくプレイできる。

謎解きだけでなく宝探しをしている醍醐味を強く味わえるイベントだ。

3月から7月にかけて開催されている。

今の時期は明治村を訪れる人の半数以上がプレイしてて

みんなそれぞれのコースをクリアするために

あちらこちらあるきまわっている感じだ。

 

僕は3月末からプレイ開始して

序盤の3コースは既にクリアした。

http://ryoex.jugem.jp/?eid=17094

そして5月下旬から解禁された上級者コースもプレイ。

四は参をクリアしてないとプレイできない。

そして四と五を何度か明治村へ行くことでクリアした。

参加するためには明治村の入村料が必要だけど

五まで参加してる人のほとんどは住民登録をしている。

年額3500円で年間パスポートが買えるのでおすすめだ。

 

ということでネタバレはなしで

依頼書四と五を振り返ってみたい。

■依頼書四

四はかるたを使った謎解きだった。

序盤は分かりやすくて簡単だった。

ただシールの存在をすっかり忘れてたけどね。

中盤も謎解きとしてはそれほどは難しくなかったと思う。

問題は終盤。

ここからペースが極端に落ちてどう進めればいいのか

さっぱりわからなくなった。

そして一番最後。これは多くの人がひっかかかったようだ。

僕もここでハマったんだな。

全く進めなくなったのは当然。それは五のだから。

 

■依頼書五

四と違ってパット見さっぱり何したらいいのか分からないが

じっくり落ち着いて考えると見えてくるのが五。

難易度は高いが王道の謎解きで解く楽しみが強かった。

しかしよく考えるなと。

中盤はとにかく何をしたらいいのかが加速していく。

ただじっくり考えると解ける。実は中盤は先に解けてしまって

あとから解いたのはそのヒントだったと。

そして終盤。証言というと去年もあったような。

あの時は追加資料をもらう必要があったけど

交番の人だと思って何度か聞いてしまった。

何度も聞かれて困惑していたなあ。その嫌な記憶が蘇ったが

今回はほんとにラスト。

Bの証言を日陰で景色よくて涼しい場所で

1時間くらい考えていたなあ。思いついた時は楽しかった。

ここが最後のハイライトであとは割とスムーズで最後まで。

・・・・・

明治探偵GAMEは7月23日まで。

7月24日くらいにネタバレ含めて

振り返りたいところだ。

 

終わってしまうととてもさみしいもので

もう謎解きが楽しめないのかと思うと残念だ。

達成感は凄くあるけど喪失感のほうが大きい気がする。

依頼書六でも七でもどんと来いって感じだがもう終わりか。

来年もまた参加したい。

最近は秋にも別のイベントが行われてたりするので

それにも参加するかもしれない。

あと明治探偵GAMEプレイ中は

明治村をじっくり見ることが出来ないので

クリアしてからじっくり堪能したいところだ。

ただ夏は暑いからあまりおすすめじゃないけどね。

11月頃は紅葉して綺麗で過ごしやすくて明治村も

純粋に建物などを見る人で賑わうかなと。

 

東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第1巻

東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第1巻

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイHAWAII

  • 2017.06.17 Saturday
  • 19:30

ハワイ旅行へ行ったのは1月17日なので

あれからもう5ヶ月になる。

ハワイへ行ったのはかなり前のような気がするが

実際5ヶ月も経ってしまったんだなあ。

帰ってきた時はまた行きたいと思ったものだが

次に行けるのはいつのことだろう。

 

また行きたいという気持ちは

漠然としたものだけど徐々に具体化しつつある。

最近ショッピングセンターなどへ行くと

旅行代理店をうろうろしてパンフレットをもらう。

ハワイのパンフレットを見て

だいたいいくらぐらいになるのかとか考えている。

1月のハワイ旅行は初めてだったから勝手がわからなかった。

1度行くとハワイ旅行は航空券+ホテル+αということが分かる。

ツアーといえば基本自由行動ばかりなので

料金に占める割合でいえば航空券とホテルが大半。

ホテルのグレードを落とせば安く出来るし

落とした上なら日数増やしても料金はあまり上がらない。

アメリカへの入出国には凄い手間がかかるし飛行機も大変なので

次行くなら5泊7日くらいはしたいなと思っているが

ホテルのグレードを落とせば1月の時の3泊5日よりも

ずっと安く行くことはできそうだ。

 

ホテルだけど1月の旅行の時は

シェラトンワイキキに宿泊した。

このホテルはハイグレードのホテルで

ワイキキの超一等地に立つホテルだ。

当然ホテルからの眺望は抜群。

ワイキキの各エリアへのアクセスも抜群。

ただし料金は高い。

宿泊地としてはワイキキ周辺がベストだけど

すぐ近くに同じシェラトンの

シェラトン・プリンセス・カイウラニというホテルがある。

ここは海沿いの超一等地ではないけどワイキキの中心地にある。

海沿いではないというだけで料金は大きく下がる。

3分の1くらいの宿泊コストになるかもしれない。

他にももっとワイキキ周辺で安いところはある。

ホテルのグレードは泊まれればどこも十分広くて問題ない。

眺望はコストに跳ね返るが歩いてワイキキへ行けば

十分キレイな風景見られるしホテルの展望レストランとかいけば

宿泊者以外でも絶景は見られる。

ハワイツアーは基本食事などはツアー料金に含まれないので

宿泊料金を抑えても食事のグレードには変わらない。

宿のグレードを落として滞在日数を増やして旅を満喫したいかなと。

 

ということでハワイの本を今もみながら考えている。

るるぶハワイ'17 (るるぶ情報版海外)

るるぶハワイ'17 (るるぶ情報版海外)

1月の旅でも本を買って勉強して行ったけど

ほとんど予約したお店ばかりで

このお店良さそうだなあと立ち寄ることができなかった。

夕方入ろうかなと思ったけど

この後ビュッフェのお店を予約してるから我慢しないという感じ。

勝手がわからなかったこともあるんだけど

もっと現地で考えて雰囲気を見ていろんなお店を堪能したかった。

そういう後悔があるから

次は少しは予約するつもりだが

行ってそこで考えてお店入るというのもいいかなと。

食べるものなかったらABCストアでスパムおにぎり買って食べればいいから。

実際お店はすごくたくさんある。

有名店は予約が必要だけどそうじゃないお店も多い。

あまりがんじがらめで制限しても面白くないなあと。

 

旅行中に訪れた場所だけど

1日目はアラモアナとワイキキ周辺散歩。

2日目はダイヤモンドヘッドとカイルア。

3日目はアラモアナとダウンタウン。あとカピオラニ公園。

4日目朝はワイキキを軽く散歩した程度。

ワイキキ周辺でも見てない場所は多かった。

多分10分の1も行動していないと思うからもっとじっくりワイキキを見たいし

ダイヤモンドヘッドの麓のほうまで歩いていきたい。

それこそアラモアナまで歩いて行くのもいいかもね。

JTBのツアーだったのでJTBのトロリーを利用出来たが

アラモアナやダウンタウンへは行けたけど

カハラ方面は乗る時間がなかったから次は行きたい。

HISのほうがトロリーは充実してるらしいので

次はHISのツアーでもいいかもしれない。

オプショナルツアーでいろいろ出かけるのもいいかもね。

体験型のアクティビティなどはオプショナルツアーに申し込むのがベスト。

1月の旅ではアクティビティは全く何もしなかったけど

ハワイへ行くとそういうのを普段しなくてもやってみたくなるもの。

スタンドアップパドルとか天使の海でのシュノーケリングとか

今思えばチャレンジすればよかったなと後悔している。

日本ではやったこともないのに海は苦手なのに

ハワイへ行くと海に入りたくなる不思議だ。次は絶対泳ぐんだ。

 

ハワイへ行く前には

ハワイのテレビ番組をたくさん録画して色々見ていた。

BS12のハワイの恋してとか

モヤさまとか憲さんのHawaiiとか・・・。

それらを見ているとレンタカーを借りての旅をしてるケースが多い。

R06 地球の歩き方 リゾートスタイル ハワイドライブ・マップ 2017~2018 (地球の歩き方リゾートスタイル)

R06 地球の歩き方 リゾートスタイル ハワイドライブ・マップ

2017~2018 (地球の歩き方リゾートスタイル)

実際にレンタカーを借りることも検討して

本とか見ていたんだけど初めてだから今回はやめておいて

もし利用するなら2回目のハワイからにしようと決めた。

ただ1月の旅を終えてレンタカーはやめようと決めた。

ハワイのドライブは予想以上に難易度が高い。

渋滞は多いし混雑は激しい。一方通行とか通れないところとか多い。

オプショナルツアーで移動する時にマイクロバスみたいなので

移動をするんだけどその時の走るルートを見て

これは慣れた人じゃないと無理だと悟る。

それにカイルアとか行った時など駐車場が満車になって

入れず右往左往してる人が多かった。

レンタカーは今後も借りる必要はないと思う。

オプショナルツアーが充実しててバスがあちこちに出てるから

それを利用するのがベストだろう。

 

ってことでハワイへまた行きたいなと思いながら

ハワイの本やテレビ番組、旅行会社のパンフを見ている。

また前回の旅の記憶が薄れないように

撮影した写真や動画などもチェックしてる。

旅行記の動画などはYouTubeにアップされてたりするので

それを見たりしている。

そういえば僕も旅行記動画をアップしようと思ってたけど

まだ全然出来ていないからそのうち作ってアップしないと。

 

1月の旅行ではたくさんの写真や動画を撮影したが

あれからカメラの整理などをしてかなり変わりつつある。

次へ行くならどうしたらいいかとかは

今夜カメラカテゴリの記事で考えてアップしたい。

 

ということでハワイ行きたい。

再来年春を考えていたけどチャンスがあれば来年春だな。

そのためにもお金をためないと。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

中山道の宿場町

  • 2017.06.10 Saturday
  • 21:26

近代日本になって昔の町並みというのは

都市部を中心に失われてしまった。

ただ残されている場所もある。それは中山道。

特に木曽路にはいい宿場町がたくさんある。

るるぶ木曽 伊那 恵那峡 高遠 (国内シリーズ)

るるぶ木曽 伊那 恵那峡 高遠 (国内シリーズ)

そんな宿場町の旅もまた魅力的。

 

よく行くのは妻籠・馬籠だ。

馬籠は中津川市になってしまったけど

木曽路の入り口となる宿場町。

急坂の宿場町で多くのお店がある。

やや観光地化されている感じはあるが

本陣とか残されていていい雰囲気がある。

馬籠の急坂の立体的な感じは好きだなあ。

ただ観光要素が強すぎるのはあれだがまあ維持していくためには

仕方ないことかもしれない。

古い町並みという点では妻籠のほうが昔のままの印象だ。

夕暮れ時になると行灯が灯り

また素敵な雰囲気になるらしいけど1度夜に来てみたいものだ。

今も宿泊できる宿もあるのが妻籠。

 

ところでこの妻籠と馬籠は外国人観光客が多い。

幅広くて欧米系が特に多い印象がある。

外国人観光客の特徴だけどとにかく歩く。

馬籠から妻籠へは馬籠峠を超えて整備されているので

昔の道を歩くことが出来るのだが

日本人観光客はここをスルーするけど

外国人観光客はこの峠を超えて古の道を歩くんだ。

日本人以上に歴史に強い興味を持ち理解しているかのようだ。

また妻籠の宿は外国人観光客ばかり。

外国人観光客用の宿のような感じだ。

蕎麦屋としても何度か利用したことがある藤乙なんかは

スタッフも英語を話す人を揃えているようで格別の人気のようだ。

日本人が本来こうした古い町並みを支えていく必要があるが

今では外国人観光客頼りになっているのは反省セねばと思う。

 

中山道歩きで思い出すのは

以前NHKでてくてく旅というシリーズがあった。

東海道、中山道などの街道を芸能人が歩く旅だ。

中山道はアイススケート選手だった勅使河原さんが歩いてたっけ。

街道てくてく旅 中山道完全踏破vol.2 [DVD]

街道てくてく旅 中山道完全踏破vol.2 [DVD]

NHKのさらさらサラダで舞台裏が放送されてたのを見た記憶がある。

こういう番組とかだと歩くのだろうが

普通の人が街道歩きってのはなかなか厳しいもの。

ただ歩いている人は時々見かける。

知立市には東海道の松並木などがあるけど

夫婦や外国人グループなどで歩いてる人がいる。

声かけてどこまで行くんですかと聞きたいけど通り過ぎるだけ。

きっと江戸を目指して京都から歩いてきているんだろうか。

そういう旅をしてみたいなあとか思ってみたりするが

思うだけでなかなか実践できない。

 

中山道の宿場町だけど

長く妻籠馬籠しか見たことがなかった。

旅行本などを見ると奈良井宿も整備されて立派だという。

奈良井宿がそもそもどの辺りにあるのか知らなかった。

てっきり木曽福島辺りかと思ったらずっと来た。

藪原よりも来たで塩尻のすぐ手前だとしったのは

つい数年前のことだ。

行こうと思うが遠すぎてなかなか行けなかった。

それが昨年2016年に秋に乗鞍から帰る時にようやく行くことが出来た。

乗鞍からスーパー林道などを経て藪原に降りてきたら

ちょっとで行けることがわかったから。

初めて見た奈良井宿だけど素晴らしいところだった。

とにかく規模が大きい。密度が濃い。

妻籠宿を3倍くらいに広げた感じだろうか。

残っている町並みのレベルも妻籠宿と比べて遜色はないレベル。

奈良井宿がこんなに素晴らしいところだとは知らず

もっと評価されるべきだと感じたものだが

一方で交通アクセスは最悪で名古屋からだと妻籠馬籠は

中津川に近いから比較的手軽に行けるけど

奈良井宿は遠すぎて難しいなと痛感した。

その交通の便の悪さがこれだけの町を残したのかもしれない。

ともかく1度行ってみて欲しいなあ。

この町並みは後世に残してほしい。

 

最近我が家は毎年秋になると妻籠か馬籠へ行く。

それが恒例になっている。

理由は中津川へ行くためだ。

中津川は栗きんとんで有名だが9月になると解禁される。

9月しか食べられないスイーツなどもあるため

それ目当てでお出かけする。

せっかくだからと妻籠馬籠へ立ち寄る。

今年も行きたいなあ。10月には乗鞍へまた行く予定だが

その時の帰りにはまた奈良井宿へ行ければ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

南米パタゴニア

  • 2017.06.08 Thursday
  • 19:30

パタゴニアというとアウトドアブランドで有名。

僕は何も持っていないけど

アウターとかギアとかいろいろ出している。

(パタゴニア)patagonia アーバーパック“ARBOR PACK 26L” one ネイビーブルー(col.nvyb) 47956-one-nvyb

(パタゴニア)patagonia アーバーパック“ARBOR PACK 26L” one

ネイビーブルー(col.nvyb) 47956-one-nvyb

その名前の由来は南米のパタゴニア。

大自然が残っている秘境として知られている場所。

アウトドア・山好きにとっては憧れの場所だ。

ただ以前は名前は聞いたことあれどどんな場所なのか

あまり知らなかった。

ここ数年テレビ番組などで紹介されて知ってきた感じだ。

 

ちょっと前に旅サラダでパタゴニアやってたけど

やっぱりいいね。

パタゴニアは南米のチリとアルゼンチンに位置する場所で

最果てにある秘境という感じ。手付かずの自然が残っており

また気象も激しくそれ故に大自然が残された場所。

そして素晴らしく美しい場所。

カラー版 パタゴニアを行く―世界でもっとも美しい大地 (中公新書)

カラー版 パタゴニアを行く

―世界でもっとも美しい大地 (中公新書)

書籍などでもパタゴニアは紹介されてきた。

ただ昔は漠然として南米のどっかにある秘境のような感じだったが

やはり映像で見るようになってから

実際行ってみたいなあと思うようになってきた。

 

初めてパタゴニアはこんな場所なのかと思ったのは

2010年の夏にBSプレミアムで放送された南米大陸一周165日の旅。

これはトラックバスに乗って南米を旅する人に密着し一緒に旅する番組。

その第3回がパタゴニアだった。

南米大陸の南の先の辺りのことをパタゴニアという。

マゼラン海峡もまたパタゴニア。

風が強い場所として有名なんだ。

過酷なレースの場所としても知られていて

パタゴニア 世界の果ての冒険レース [DVD]

パタゴニア 世界の果ての冒険レース [DVD]

以前NHKのBSプレミアムで放送された

アドベンチャーレースの番組でも取り上げられていた。

ちなみにこの番組はNHKがこの手の山岳レースなどの番組作りに

取り組むキッカケとなった番組でもあるようで

この時に知り合った選手やスタッフなどが

後にUTMBやUTMF、TJARなどの山岳レース番組作りに

ランニングカメラマンなどとして参加しているらしい。

NHKスペシャル 神の領域を走る パタゴニア極限レース141km [DVD]

NHKスペシャル 神の領域を走る

パタゴニア極限レース141km [DVD]

昨年放送されたこの番組もパタゴニアだった。

天候が目まぐるしく変わり猛暑から真冬へと激変するなど

山岳レースならではの過酷さもあるがそうした気象の過酷さが

パタゴニアの特徴のようで大変そうだったな。

 

そんなパタゴニアだけど

本とか探すと冒険家の手記のようなものばかりで

一般的な観光客は少ないんだろうか。

南米大陸一周165日の旅では

定年過ぎたお年寄りも参加していたことから

ちゃんとしたツアーなら問題なさそうだけど

普通の旅行ツアーではなくアドベンチャーツアーみたいなものへ

参加する必要があるということなのかなあ。

B22 地球の歩き方 アルゼンチン チリ 2016~2017

B22 地球の歩き方 アルゼンチン チリ 2016~2017

ホテルなどはなくテント泊やコテージなどで

宿泊していく形なんだろうか。

僕は探検や冒険がしたいというわけではなく

絶景を見てみたいわけだが

今後行く機会があるだろうか。

多少無理をしなければ一生行けないだろうけど。

 

ということで現状はあまり無理することはなく

今のままでは行く機会はなさそうだけど

少しずつ情報収集をして行けるチャンスを探ってみたい。

その前にニュージーランドかなあ。

というか南半球も行ったことないし行ってみたいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

岐阜の旅

  • 2017.06.06 Tuesday
  • 20:32

夏の行楽では信州へはよく行くけど

同じ山岳地帯である岐阜は最近はあまり行ってない。

乗鞍も以前は高山方面から乗鞍スカイラインを利用してたが

今は松本側から乗鞍エコーラインで訪れている。

秋の紅葉シーズンも信州はよく行くけど岐阜はそういえばあまりない。

愛知県から交通アクセスは抜群な岐阜だけど

これからの時期の行楽などを考えてみたい。

 

■ダイナランドゆり園

http://www.dynaland.co.jp/yuri/

東海北陸道沿いには多くのスキー場があり冬は賑わう。

ひるがの高原など高原地帯が広がっているけど

このあたりは冬はスキー場だが

夏はというと高原の観光地として賑わうが

最近では一部で花畑で集客を集める場所が多い。

ダイナランドはゆり園が有名で

広大なゲレンデにたくさんのゆりが植えられていてそれは見応えがある。

以前見に行った時は小雨だったけど素敵だったな。

また行きたいな。

あと隣のひるがの高原にはコキアパークもある。

http://www.hiruganokogen.com/summer/

ここは秋がおすすめかな。

 

■飛騨高山

るるぶ飛騨高山'18 (国内シリーズ)

るるぶ飛騨高山'18 (国内シリーズ)

岐阜で一番の観光地は飛騨高山。

これまでも何度か訪れたことはあるが

最近はあまり行っていない。

古い町並みや高山陣屋などがあったっけ。

いいところだけどそうそう何度もいくところでもない気がする。

ただ最近は確かに行ってないのでまた行ってもいいかもしれない。

最近は外国人観光客が増えているらしいが

以前行った時も多かったなあ。

 

■白川郷

ことりっぷ 飛騨高山・白川郷 (旅行ガイド)

ことりっぷ 飛騨高山・白川郷 (旅行ガイド)

岐阜が誇る世界遺産の白川郷。

合掌造り集落へは何度か行ったことがある。

最近だと2015年2月に行ったんだっけ。

ここも何度も行く場所ではないから。

秋の白川郷ってのも行ってみたいけど

結構遠いからなかなか気軽にはいけないかな。

 

■新穂高ロープウェイ

北アルプスは長野、富山、岐阜にあるんだけど

長野が上高地や白馬、富山が立山という

山岳リゾートを抱えているのに対して

岐阜はいまいち知名度が低い。

そんな中で岐阜の北アルプス玄関口と言えるおは

新穂高温泉でロープウェイは手軽に北アルプスを

味わえる場所として人気がある。

ただ西穂高口は眺望がいいけど中途半端なんだな。

もう少し上の稜線上までロープウェイが行っていれば

もっと山を意識した観光地になりえたのに。

とはいえ他の山岳リゾートにはないここは大温泉地。

新穂高温泉郷には魅力的な温泉が多い。

 

そんな温泉でゆっくりくつろぎたいものだな。

秋は本当にこのあたりの紅葉は素晴らしいだらしいから。

 

■下呂温泉

観光地というか温泉地である下呂。

2015年に宿泊した水明館は素晴らしい旅館だった。

 

ここは下呂温泉の中でもアクセスは抜群。

お風呂も多いし川沿いで眺望も良いし最高。

また泊まりたい宿として僕の中で上位にある。

下呂温泉自体はそれほど観光地ではないけど

のんびりとするには最適でお正月とか過ごしてみたいなあと思う。

鉄道アクセスは良いけど車だと

高速道路のICが近くにないのは難点なのかなあ。

まあ逆にその高速幹線から外れたから

いい雰囲気として今も残っているように思うけど。

 

■せせらぎ街道

岐阜県の紅葉といえばせせらぎ街道。

高山近くから郡上八幡へ抜ける道はせせらぎ街道と呼ばれている。

途中にあるパスカル清見という道の駅は

紅葉シーズンは多くの観光客で賑わう場所だ。

ここの紅葉は雰囲気がとても素敵なんだなあ。

凄い色づきが良いとか鮮やかというわけではなく

オレンジ色の雰囲気がとても素敵。

写真とかで映えるような鮮やかな写真は撮れないけど

素朴で郷愁に誘われるそんな場所。毎年行きたくなるんだなあ。

ここは高山とか寄って行くのに最適だけど

紅葉シーズンは混雑するから早めに観光しておきたい。

・・・・・

 

ってことで岐阜の観光を検討中。

最近岐阜へ行ってないようなことを書いていたけど

よく考えたら今年4月に木曽三川公園センターでチューリップを見たっけ。

そして5月下旬には花フェスタ記念公園でバラまつりを見てきたっけ。

愛知県から近すぎるから岐阜へ行くという意識が

あまりないのかもしれない。

飛騨はたしかに遠くて岐阜へ行くという間隔はあるが

美濃方面だとちょっとしたドライブで到着してしまった

意識してなかっただけなのかなあ。

 

ということで愛知県のとなりにある岐阜県の夏と秋の観光について書いてみた。

岐阜県は長野とかに比べると山岳観光に力を入れてない気がする。

もっと力入れてもいいと思うんだけどなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーロッパの旅

  • 2017.06.04 Sunday
  • 21:32

紀行番組などを見たりすることが多いが

ヨーロッパアルプスは素晴らしくて

行きたいなあと思う。やはりスイスかな。

るるぶスイス (るるぶ情報版海外)

るるぶスイス (るるぶ情報版海外)

ただスイスツアーはべらぼーに高い。

基本的に40万円前後するツアーばかり。

ちょっと飛行機やホテルが豪華だと50万は軽く超える。

家族旅行などだとものすごく金額になり

とてもじゃないけどスイス旅行は現状できない。

それこそ新車が買えるくらいの金額になるからね。

ただ行ってみたい気持ちはある。

宝くじが当たったらとか条件付きだけどね。

その前宝くじほとんど買ったことないから買わないと。

 

スイスで行ってみたいのは

ツェルマット、インターラーケン、グリンデルワルトなど

山岳リゾートのエリアだ。

シャモニーはフランスだっけ。

ツェルマットはマッターホルンの麓で

インターラーケンは湖に挟まれた町。

そこから山奥に入るとグリンデルワルトで

アイガーユングフラウメンヒの山が間近に迫る山岳リゾート。

紀行番組でヨーロッパアルプスは見まくったので

地名とか覚えてしまったなあ。

世界の名峰 グレートサミッツ アルプスの山々 ブルーレイBOX [Blu-ray]

世界の名峰 グレートサミッツ

アルプスの山々 ブルーレイBOX [Blu-ray]

山の世界にも興味はあるが僕は登山家ではないので

山に登りたいわけではない。山が見たい。

雄大な景色を堪能したい。

もしお金をかけてスイス旅行したとして

天気が晴れて良い眺望かどうかは微妙なんだな。

もし雨でも降ってたらショックで寝込むだろう。

まあ現実的にヨーロッパは難しいなあ。

 

ヨーロッパは飛行機でも時間がかかる。

直行便だと13時間くらいかかるだろうか。

とにかく疲れる。

アルプスではなく地中海やパリとか

ドイツの古城とか見たいところは山ほどある。

水曜どうでしょうじゃないがレンタカーで見て回るのも

楽しそうだなあ。

恵まれた贅沢ツアーじゃなくていいから

旅費を抑えてヨーロッパ行くのは無理じゃないかな。

今まではあまり考えていなかったヨーロッパだけど

1度は行ってみたい。

今後そうした機会があるか見極めたいところだ。

 

日本国内でもヨーロッパアルプスのような

雰囲気を味わえる場所はある。

上高地とか立山室堂、千畳敷カールなどはそれに近いが

やはり本場は違うんだろうなあ。

とはいえ国内でも東北や北海道へは行ったことがないし

その気になればずっと安く行けるわけで

ヨーロッパに無理していくよりは

国内旅行を増やしたほうがいい気もするし難しいところ。

今後行ける場所、行ける回数は限られていく中で

どこへ行くかは考えていく必要がありそうだ。

ハワイにはまた2度3度行きたいし・・

どう考えてもお金はかかるものだなあ。

 

ということで旅するために

毎日を頑張っていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

明治探偵GAMEプレイ中

  • 2017.06.03 Saturday
  • 12:09

今年も博物館明治村で開催中の

明治探偵GAMEをプレイしている。

http://www.takarush.jp/promo/meiji/

昨日の午後に仕事終わりに明治村へ行き

依頼書四をクリアして

いよいよラストの依頼書五に取り組み始めた。

依頼書五だけど追加アイテムをもらったところで

帰ってきたけど昨晩ひたすら考えて

行くべき場所をピックアップして次に行く時には

その場所でまず行き進めることになりそうだ。

 

僕がこのリアル宝探しのゲームに本格参加したのは

一昨年の明治探検隊最終章から。

住民登録をして取り組んだけどクリア出来なかった。

昨年の明治探偵GAMEはなんとかクリア。

そして今年は本格参戦の3年目になる。

どうしてそれ以前参加しなかったのだろうかと

今頃後悔しているけど今更どうにもなるわけでもなく

とりあえず今後は可能な限り参加し続けようと思う。

 

この明示探偵GAMEは謎解きゲーム。

リアル宝探しのタカラッシュが企画したものだ。

タカラッシュ!オフィシャルブック BOOK版リアル宝探し 謎いっぱいの不思議な本

タカラッシュ!オフィシャルブック

 BOOK版リアル宝探し 謎いっぱいの不思議な本

この本は去年クリアした後も喪失感の中で謎解きを求めて買ったもの。

明治探偵GAMEのような謎解きを楽しむことが出来る。

ただ明治村を舞台としたこのゲームは

歩き回るという行為が必要で体力を使う。

帝国ホテル付近にいて次どこかと思ったら

聖ヨハネ教会堂とかだったら絶望するね。

キーワードなり宝を見つけるためにその目的地へ行くため

1キロ近くあることになるわけで

とにかく明治探偵GAMEは歩く。

ただその分実際に宝探ししている気分も強くて楽しいんだな。

これが狭いエリアだと参加者が多いとネタバレだらけで面白くない。

広い明治村だからこそ他の人に見つからずキーワードにアクセスできる。

 

このゲームだけどある程度進むと

あの謎解きああだったとかこうだったとか

語りたくなるわけだがまだイベント実施中だから語れない。

7月23日までにクリアしてその後はブログで

壱から五までの感想などを書きたいと思う。

1つネタバレにならない程度で言えることは

四の最後の謎を示すものは間違えやすいということ。

僕も最初間違えていてさっぱりわからなかった。

とりあえずそれじゃないと。

五はどうだろうなあ・・。多分次行くと中盤ってところだろうが

まだ1ヶ月以上あるからクリアは出来ると思うんだけど・・どうかな。

 

これからの時期明治村は紫陽花が咲き始める。

昨日見た限りでは少しだけ咲き始めたところだった。

見頃は10日以上先じゃないだろうか。

今月中旬過ぎくらいには

芝生広場の横あたりの紫陽花が見頃になるかな。

その頃には次行く予定で紫陽花の写真を撮影しつつ

五をクリア出来ればと思う。

去年はクリア下の7月だったなあ。

 

ということで最近謎解きがまたブームになりつつあるようだけど

クイズ番組や本などでの謎解きもいいけど

明治探偵GAMEはリアル宝探しならではの

実際に宝を探す感じを強く味わえるのでおすすめ。

ただし時間はかかるし歩くので運動靴やスニーカー等必須。

またこれからの時期は暑いので暑さ対策も忘れずに。

 

 

東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第1巻

東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第1巻

このエントリーをはてなブックマークに追加

お金ないけどハワイ行きたい

  • 2017.06.01 Thursday
  • 22:31

ハワイへ行く前にいろいろ情報収集してたけど

お金ないけどハワイ行きたいって人がやたら多くて

ほんと何度もハワイ旅行へ行ってるようで

ハワイの行き方もいろいろあることを知る。

HISとかでたまに3泊5日で10万円以下のツアーがあるが

オフシーズンならこの手のツアーもわりと多いようだな。

次はそのあたり狙って安く回数をいけるように頑張ろうか。

 

旅行ツアーだけど大手は価格が高い。

それはサポートが充実しているから。

ハワイツアーでは基本的に現地自由行動。

3泊5日の旅だったら

1日目到着してJTBだったらアラモアナセンターで

説明会を開いていろいろ教えてくれる。

初めてのハワイの人にはありがたい。

その後アラモアナで解散になりショッピングセンターみたり

トロリーでワイキキへ移動することが出来る。

ホテルにチェックインしてワイキキでお買い物もできる。

2日目、3日目は完全自由行動。

4日目は帰国する日で朝はホテルで荷物を預けて

その後9時頃には空港行きのバスにのる。そして出国。

JTBはハワイツアーで最大手だけど

ラウンジやプラザが充実していてホテルによっては

ラウンジで無料で朝食を取ることも出来たりする。

 

ハワイ旅行のツアー料金でいうと

航空券+ホテル+旅行会社の料金となるけど

大手は旅行会社の料金が高くその分日本語サポートが充実し

初めてのハワイでも安心して旅行できるようになっている。

慣れてくれば安いのでなんとかなるようになると。

そしてハワイ旅行での価格だけど航空券とホテルの占める割合が大きく

航空券は限度があるがホテルに関してはグレードを落とせば

安く旅行することができるようになる。

基本的に1泊300ドルのホテルでも50ドルのホテルでも

泊まるという点は同じで食事もどっちも出ないから。

1月のハワイ旅行ではシェラトンワイキキに宿泊したけど

これは上位クラスのホテルで部屋からの眺望も抜群だったり

立地もワイキキのホテル群の一等地にあり最高だった。

ただワイキキ周辺でも3分の1以下で泊まれるホテルもあるわけで

夜寝るだけならそんなハイグレードのホテルに止まる必要はないかなと。

航空券は成田や羽田だと選択肢が多いが中部だと

デルタとJALしかないのでちょっと高めなのは仕方ない。

ハワイアン航空だと安いのが多いようだし

たまーにあるソウル経由だと超格安のもあるようだが・・。

 

ってことで次はどうするか検討中。

大手3社はJTB、HIS、JALパックで

この中でも安いハワイツアーもある。

その場合でもサポートは普通に受けられる。

ホテルのグレードが落ちるだけだ。

ワイキキやアラモアナの移動手段としてトロリーは外せない。

この3社のみが独自でトロリーを運行しているので

この3社かその提携のツアーを利用するのがいいかと。

HISのトロリーは比較的他社にも解放してるようだが・・。

JALパックは飛行機がJALになると思うが

それ以外はたとはあまり変わりないかな。

ワイキキでJALのトロリー結構みたんだな。

シェラトンワイキキは高すぎるけど

ワイキキ周辺で1泊100ドル弱くらいのところがあれば。

眺望は悪くても別に問題ない。海沿い行けばいいんだから。

 

ってことで出来るだけ節約して

一応今は再来年の2019年を予定しているけど

出来れば来年の4月から6月のGW以外くらいで

行ければいいかなと。

だいたいハワイ旅行の閑散期は

4月から6月のGW以外と9月から11月だったと思う。

あと本当に節約していく場合は

自分で航空券とホテルを予約するパターンもある

そこまで来るとベテランだけどホテルと空港の送迎がネック。

ただオプショナルツアーなどで空港送迎プランもあるので

そういうのを利用すれば問題ない。

片道16ドルくらいのようだ。

大手旅行会社のツアーだと部屋までスーツケースなど大きな荷物を

取りに来て空港に直送してくれるがさすがにそれはない。

価格の高いツアーならではのサービスで

スーツケース2個までたいてい問題なく持ち込めるので

これで十分ともいえるんじゃないかなあ。

今だとJCBカードがあればアラモアナとワイキキ間の

ピンクトロリーが乗り放題だったっけ。

あとレンタカー使ったりそういうので自由な旅をするのもありだな。

 

といろいろ考えている今日このごろ。

もう何度もハワイ旅行へ行ったような気分だけど

まだ1回しか行ったことがないんだなあ。

テレビでハワイ旅の番組をよく見ているので

行った気分になっているだけかもしれない。

いつか本当に何度も毎年行くような

リピーターになりたいなあ・・・。

 

ハワイ本オアフ最新2018 (エイムック 3705)

ハワイ本オアフ最新2018 (エイムック 3705)

このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡と快速

  • 2017.05.30 Tuesday
  • 19:41

静岡県のJR線には快速列車が走っていない。

浜松以西では走っていて豊橋や岡崎、刈谷、名古屋、大垣などは

新快速などが何本も走っている。

でも静岡は各駅停車ばかり。

これに関してはJR東海がいろいろ言われているが

なかなか難しい問題でもあるようだ。

 

というのも先日静岡の住む大学時代の同級生とあった。

今は磐田市に住んでJRで通勤をしているらしいが

それで思い出したように快速がない件を聞いてみたけど

静岡に住んでいる人は快速が欲しいとは

あまり思っていないらしい。

もちろん欲しいと思ってる人がいないというわけではないが

少数派であり快速は求めていないと。

それよりこだまの増発を望んでいるようだ。

 

何故快速を望んでいないかというと

そもそも快速を設定したところであまりメリットがないため。

静岡県西部は浜松市があり中部は静岡市があり

そうした都市を中心にJR線が利用されている。

駅数はそれほど多くはないため各駅停車でも多く泊まるわけではない。

また静岡は人口10万規模の都市が多数あり

それぞれに駅がある。磐田もそれに近い。

もし快速が設定された場合どこが通過駅になるかが問題だ。

現在はどの駅も毎時4本くらいあるけど通過駅になれば

3本や2本と減らされてしまう。そこまでして設定する必要がないと。

 

それよりもこだまを増やして欲しいとか。

静岡県は広いからたとえ快速が設定されても

東西の移動には時間がかかる。

こだまは毎時2本の設定だけどこれを増やして欲しいらしい。

リニアが開通したら増えるかもしれないけどかなり先のことだな。

ということで快速が導入されると

それによるデメリットが顕著になるからあまり望んでいないと。

 

実際快速を望んでいるのは

静岡県を通過する人ではないかと。

代表的なのは青春18切符を使って旅をする人だ。

青春18きっぷパーフェクトガイド2016-2017 (イカロス・ムック)

青春18きっぷパーフェクトガイド

2016-2017 (イカロス・ムック)

僕は学生時代に18切符で旅したことがあるが

東京方面はムーンライトながらか大垣夜行を使ってたから

静岡の長さをあまり感じたことはないんだけど

昼間に乗り継ごうとすると時間がかかって大変なようだ。

またクロスシートが少なくロングシートばかりで

長距離利用者には静岡は辛いと。

一方で地元民はそれに満足しているのなら

別に対策をする必要はないのではと思う。

地元民が不便になる快速は必要ないというのも分かる。

そもそも静岡をローカル線で通過する人はほぼ18切符ユーザー。

18切符のためにムーンライトながらを運行してるんだから

それで我慢してくれということだろうか。

 

もし静岡の東海道線がJR東海ではなかったらどうだろう。

JR東海は東海道新幹線を持っている。

それ故に中距離輸送は新幹線へと当然誘導するため

特急などは一切設定されていない。

JR東日本やJR西日本だったら快速は運行されただろうか。

東京、名古屋、大阪などの大都市集約系だとそれに向けて

快速が運行される。

でも中規模都市が並ぶとそうじゃないのではなかろうか。

例えば広島や岡山あたりのJR山陽本線を見たらどうだろう。

毎時4本の普通列車ばかりだ。

通勤時間帯にサンライナーが運行されるがこれはJR東海でも

ホームライナーを運行してるから同じ。

山陽本線はJR西日本で新幹線を運行してるってこともあるが

JR東海だからというわけではないんだなあ。

 

という感じで地元民優先でダイヤを組むのは

問題無いかなと思う。

最近は18切符も実は流行らない。

何故なら高速バスが広く普及したためだ。

突き詰めれば18切符のほうが安いけど

そこまでして遠出する必要はあるんだろうか。

 

ということで

何故静岡に快速がないかなと思ってたけど

地元民の便を考慮してなんだね。

ただこだまの増発はほんと検討して欲しいなあ。

三河安城駅も毎時2本のこだまだから使いづらい。

せめて20分おきの毎時3本に増やしてほしいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつか富士登山

  • 2017.05.26 Friday
  • 21:28

本屋へ行ったら富士山の本が出ていた。

山と渓谷社から発売されてる通り富士登山の本だ。

富士山ブック2017 「3776m 日本のテッペンへ!!」富士山4大登頂ルート&お鉢巡り徹底ガイド、富士山登山情報のバイブル! (別冊 山と溪谷)

富士山ブック2017 「3776m 日本のテッペンへ!!」

富士山4大登頂ルート&お鉢巡り徹底ガイド、

富士山登山情報のバイブル! (別冊 山と溪谷)

数年前は富士登山が大ブームだといってたけど

最近はどうなのだろうなあ。

やっぱり今も混雑しているのだろうか。

富士登山は7月8月の2ヶ月がシーズンなので

短い時期に多くの人が登頂を目指す。

いつかは登頂したいと思いつつ老いて遠のいていく。

今年どうだろうなあ。

 

富士山登山だけど日本一の標高なので

それなりに体力づくりをして装備を整えて

登る必要がある。

レイウェアが必要なのは他の山と同じ。

(モンベル)mont-bell ストームクルーザージャケット Men's 1128531 GN グリーン XL

(モンベル)mont-bell ストームクルーザージャケット

Men's 1128531 GN グリーン XL

これは最低基本装備であるわけだが

それ以外では富士山の登山はちょっと特殊だ。

他の北アルプス登山などと比べると違うところが多い。

 

他の山と違うところは

テント泊が出来ないこと。

富士山ではテント場が全く無い。

宿泊=山小屋となる。

山小屋に関しては相当数整備されている。

もう1つは御来光登山が多い。

小屋に止まる人も御来光目的が多いので

晩飯を食べて仮眠をとったら夜中に出発して

山頂で日の出を見るスケジュールが多く組まれる。

ツアーが多いのも特徴だ。

登山者数も桁違いで7月8月の2ヶ月に集中しており

北アルプスなどとは比較にならない混雑ぶり。

 

夜に登山というのは普通はご法度なのだが

富士登山だと普通。

まあヘッドライトは当然の装備として持っていくとしても

実際に登山時に利用することが多い。

人が多く行列になるので夜に使うとは言え

明るすぎないものが望ましいと思う。

Petzl ペツル TIKKINA ティキナ 150ルーメン 2017春夏 最新モデル

Petzl ペツル TIKKINA ティキナ 

150ルーメン 2017春夏 最新モデル

必要なのは明るさよりも信頼性だろう。

明るすぎるライトは周りの迷惑になるかと。

 

もう1つ登りと下りでコースが違うのも特徴。

下りコースには砂走りなどがある。

砂礫が靴に入りやすいので

(モンベル)mont-bell GORE-TEX  ライトスパッツ ロング 1129429 UMR ウルトラマリン L

(モンベル)mont-bell GORE-TEX ライトスパッツ

ロング 1129429 UMR ウルトラマリン L

スパッツなどを持っていくと良いと言われている。

これでかなり歩きやすくなることだろう。

何度も靴をぬいで砂を出したりするのは億劫だからね。

 

万人がチャレンジしている富士登山だけど

手軽に登れそうな気もするけど

標高3776mは半端じゃない。

3000mクラスの山は登ったことがあるけど大変だった。

スタートが2300mくらいとはいえ1400m登る。

しかも高所。順応がうまくいかず高山病になる人も多い。

特に睡眠不足だとなりやすい。それ故に十分な睡眠をとって

登ることが必要かと思う。

あとは体力をつけることだ。

ユニコム unicom 携帯酸素 ポケットオキシ クリア

ユニコム unicom 携帯酸素 ポケットオキシ クリア

酸素とかはあると良いんだろうか。

でも一時しのぎしかならないだろう。

荷物は極力減らしたほうが登りやすいわけだが・・。

 

ってことでいつか登りたい富士山。

子供でもみんな気軽に登ってる感じだけど

3700mって高さは半端じゃない。

とりあえずもっと難易度の低い3000m峰の

乗鞍岳くらいに今年は登ってみようかなあ。

それで多少自身つけていずれチャレンジしたい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


recommend

recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM