中村八大

  • 2020.06.04 Thursday
  • 23:30

こないだラジオを聞いてたら

中村八大特集というのをしていた。

作曲家の中村八大さんの曲が流れてたけど

はっきり言って昭和の超有名曲ばかり。

「上を向いて歩こう」とか「明日があるさ」とか

誰もが知っている曲ばかり。

明日があるさ~中村八大作品集

明日があるさ~中村八大作品集

他にも超有名曲ばかりでこの曲もそうなのかと

本当にびっくりしていた。

1992年に亡くなったらしいけど

膨大な数の曲を作っているようでまさに名作曲家。

 

ジャズピアニストから作曲家へと転身して

NHKの番組などでも活躍したらしいけど

1960年前後のことなんて生まれてないから知らないが

今の曲とはちょっと雰囲気が違う感じはある。

今聞くといかにも昭和だなと思う曲が多い。

当時の曲は電子的な音がなくて全体的にリズミカルで

シンプルな曲が多かったように感じる。

ただだからこそオリジナル曲を作るのって難しかったと思うけど

名曲をこれだけ生み出してるのは凄いことだなあと。

 

そんな中村八大さんだけど

この名前は以前聞いたことがある。

なんで聞いたんだったかなあとずっと思っていたけど

それは中学生の頃に合唱曲として歌った「涙をこえて」の作曲者だ。

NHKの番組で歌われた曲らしいけど

この曲は演奏こそ昭和だけど曲調などは現代と変わりない。

それこそアレンジすれば・・。

ということは昭和の曲と感じているのは意外と編曲次第なのかもしれないな。

 

それにしても亡くなった後も

長く長く歌い継がれる曲というのは素晴らしいなと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

USB-DAC

  • 2020.05.28 Thursday
  • 21:35

パソコンでの音楽環境はスピーカーが主流だけど

夜などはあまり大きな音が出せない。

今の時期は暑いので窓をあけているので

余計に音は出せない。

そういう場合はUSB-DACを利用して

ヘッドホンを利用している。

PCにもヘッドホン端子があるけど音質があまり良くない。

USB-DAC+ヘッドホンならわりといい音で音楽を聞ける。

Creative Sound Blaster Play! 3 USB オーディオ インターフェース 最大 24bit/96kHz ハイレゾ再生 SB-PLAY3

Creative Sound Blaster Play! 3 USB オーディオ インターフェース

最大 24bit/96kHz ハイレゾ再生 SB-PLAY3

安いものだと2000円以下で売られているが

最近はリモートワークの影響もあり品切れ気味だ。

 

USB-DACはUSB接続での

デジタル・アナログコンバーターのことで

PCからデジタル信号で出た音の情報をアナログ情報に変換し

ヘッドホンへと出力することが出来る。

逆にマイクから入力したアナログの音情報をデジタルに変換し

PCに取り込むことが出来る。

USB-DACはPCのマザーボードのサウンドデバイス環境を利用せず

別のサウンドデバイスとして利用することになる。

昔で言うならサウンドカードみたいなもの。

昔のPCにはサウンドカードがあったけど

いつの間にか内蔵のサウンドを使うようになったり

USB接続のUSB-DACが使われるようになっていったっけ。

USB-DACならノートパソコンでも使えるからね。

 

僕はちょっと古いのを持っているけど

これは上位モデル。

Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-GPR2

Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 Creative

USBオーディオインターフェース SB-XFI-GPR2

ステレオミックスに対応していて配信などで便利な機能を備える。

ステレオミックスはマイクの音にPC内の音をあわせて

入力音として利用することが出来る。

ミキサー機能が搭載されているわけで配信などをする人には便利な機能。

ビデオ会議などでもPCで動画を再生してその映像を他の人に流しながら

マイクで解説をするといった場合などにはこうした製品が役立つと。

僕はもう配信をしなくなってしまったけど

これから配信をする人などは

こうした製品があれば便利かと。

 

普通に音楽を聞いたりするだけなら安いので問題なし。

ただボリュームがついてると便利かなと思う。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱりワイヤレスイヤホン

  • 2020.05.22 Friday
  • 21:51

以前ワイヤレスイヤホンを使っていたけど

Bluetooth接続するのが面倒なことや

バッテリーが耳の部分にあり重くて外れやすいとか

使い勝手があまり良くない感じだった。

以前使っていたのは

SoundPEATS(サウンドピーツ) ワイヤレス スポーツ ヘッドセット QY7 black/black
SoundPEATS(サウンドピーツ) ワイヤレス スポーツ 

ヘッドセット QY7 black/black

この製品だったかな。

今流行の完全ワイヤレスではなくて

左右の耳にケーブルがあるモデルだ。

耳の部分に重量物があるのは何かと駄目じゃないかと思うので

完全ワイヤレスもどうなのかなと思っていたりする。

 

ワイヤレスイヤホンだけど

そもそも何故導入するかと言えば

メリットを感じるからだろう。

一番はケーブルレス。

ケーブルはたしかに邪魔。

それ故にワイヤレスなのだが僕はそこまでは邪魔ではなく

ワイヤレスの不便さのほうが上まっていた。

しかし最近になりやっぱり邪魔かなと。

そしてもう1つの問題も出てきている。

それはケーブルと端子の劣化。

ケーブルがひっかかかってしまうことはある。

そうすると端子だったりケーブルの端に負担がかかる。

ケーブルの断線なんてのはよくあることだけど

端子が壊れてしまったらそのスマホやプレイヤーなりは

使えなくなってしまうわけだ。

最近接触不良の症状が出始めており厄介だなと。

となればやはりワイヤレスなのか。

 

完全ワイヤレスは価格も高いし

耳に重量物であるバッテリーが来るのは嫌い。

それ以外のワイヤレスイヤホンを検討してみたい。

となれば2つ。

1つは昔のウォークマンなどにあったワイヤレスイヤホン。

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン SBH56 : カナル型 Bluetooth対応 リモコン・マイク付き ブラック SBH56 B

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン SBH56 : カナル型

Bluetooth対応 リモコン・マイク付き ブラック SBH56 B

レシーバーを介して行うものでワイヤレスなのかは微妙。

プレイヤーとはワイヤレスだけどレシーバーとは有線になるので

従来と同じじゃね?とも言えなくもない。

ケーブルがひっかかかってスマホを落とすリスクなどはなくなる。

レシーバーは首元に取り付ければひっかかからないかと。

もう1つはネックタイプ。

【Bluetooth 5.0 IPX7完全防水】Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン 10時間連続再生 マグネット搭載 SBC&AAC対応 マイク内蔵 ランニング用 ハンズフリー通話 二台接続可能 CVC8.0ノイズキャンセリング搭載 自動ペアリング EVIO 運動 ブルートゥース イヤホン Siri対応 iPhone/ipad/Android適用

【Bluetooth 5.0 IPX7完全防水】

Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン

首掛けワイヤレスイヤホンってやつだろうか。

完全ワイヤレスだと左右の同期が取れないモデルがあるらしいが

左右が繋がてれば問題ない。

そしてバッテリーはその左右をつなぐケーブル上に搭載されると。

これなら問題ないのではなかろうか。

 

こういう方向性でワイヤレスイヤホンを

導入してみるのもいいかもしれない。

一番はプレイヤーであるスマホを守ることになるから。

もちろん快適な音楽環境も大切だけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

イヤーピースの紛失

  • 2020.04.10 Friday
  • 22:44

ちょっと前にイヤホンの

イヤーピースをまた紛失してしまった。

ウォーキング時にイヤホンで音楽を聞きながら歩いてるが

それをポケットに入れる時に外れてしまったようだ。

これまで落としたことは何度かあり探しに行き見つけたり

あるいは車の中から見つけたりしたもの。

ソニー SONY イヤホン 重低音モデル MDR-XB55 : カナル型 ブラック MDR-XB55 B

ソニー SONY イヤホン 重低音モデル

MDR-XB55 : カナル型 ブラック MDR-XB55 B

イヤホンはSONYのを使っていて

それほど高いモデルではないけどイヤホン自体には満足している。

ただイヤーピースが外れやすいのは弱点だなあと。

 

イヤーピースは紛失しやすいのか普通に売られている。

SONYのカナルイヤホン用のを買えばいい。

ソニー SONY ハイブリッドイヤーピース EP-EX11L : Lサイズ 4個入り ブラック EP-EX11L B

ソニー SONY ハイブリッドイヤーピース

EP-EX11L : Lサイズ 4個入り ブラック EP-EX11L B

価格は200円ほどなのでたいして高くもない。

というか買っておけばよかったなあ。

ネットで買うと送料負担のほうが大きいほどだ。

SONYのに拘る必要はなく汎用のイヤーピースでも多分問題ない。

高級モデルだと音が崩れたりする恐れがあるけど

僕が使ってるのはそういうモデルじゃないし

ウォーキング中に利用するものだからそこまでこだわりはない。

 

しかしイヤーピースなら安いものだし

紛失したところでそれほど痛くはない。

昨今人気の完全ワイヤレスイヤホンなどは

両耳で2万円以上するわけだが

それを落として紛失したりしたらダメージは大きい。

絶対紛失しそうだから僕はとても使えないなあ。

まあ今後もWiredイヤホンを使っていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

radiko+Bluetoothスピーカー

  • 2020.04.07 Tuesday
  • 23:37

最近ラジオを聞く機会が増えている。

昔はよくラジオを聞いていたけど一時期減っていた。

しかしこのところはよく聞くようになった。

といっても携帯ラジオやラジカセなどは使わず

スマホアプリのradikoを利用している。

radikoアプリでスマホで聞く場合に

Bluetoothスピーカーをよく利用している。

 

Bluetoothスピーカーは最近広く使われているけど

僕自身もここに来てようやくアクティブに使うようになった

【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)

【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 /

デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

AnkerのBluetoothスピーカーを持っており利用している。

僕が持っているのはこの前モデルだけど

よりステレオ感の強い新モデルがほしいけど

今はAMラジオを中心に聞いているので

そこまで音質は必要ないので今のままでもいいかなと。

 

結構屋外でラジオを聞いてる家は多くて

週末などウォーキングをしていると

ラジオがあちこちで聞こえてくる。

その大半はAMラジオ。

普通の携帯ラジオでスピーカーを使ってる人が多いけど

Bluetoothスピーカーも増えている。

70過ぎのおじいさんでもスマホ+Bluetoothスピーカーを使ってるのには驚いた。

孫にもらったらしい。iPhone11を使ってたり3世代同居家族とかは

スマートフォンへの移行が早い感じだなあ。

聞いてるラジオ自体はほとんどがAMなのかな。

FMラジオはまちなかであまり聞こえてこない気がする。

僕自身は結構車ではほとんどFMしか聞いていないけど。

 

radikoで聞くのはAMが普通のラジオで聞きづらいから。

屋内とかだとパソコンのノイズなどの影響を受けてしまう。

今はAM局もFM波で送信しているけど

周波数を覚えていないしFMも決して受信感度がいいわけじゃない。

CBCラジオや東海ラジオはFMでは三国山から7KWで送信しているようだ。

FMAやZIP-FMは中京テレビがあった東山タワーから10KWで送信してる。

うちは三国山は猿投山で隠れてしまって受信感度があまり良くない。

三河方面はワイドFMの三国山送信関係はあまり受信出来ないため

AMでも無理ならradikoってことになるんだな。

 

今後音楽を聞くなら

より高音質のBluetoothスピーカーが欲しい。

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB22 : 防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth / 重低音モデル ライティング機能搭載 2019年モデル ブラック

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB22 :

防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth / 重低音モデル ライティング機能搭載 2019年モデル ブラック

SONYのをいつか買おうと思っているけど

そのためにはもっとBluetoothスピーカーを利用してからだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

  • 2020.03.26 Thursday
  • 21:36

有線イヤホンはバッテリーも必要ないし

音質などは安定している。

ワイヤレスよりも上だと思っていたんだけど

最近になってその弱点となる出来事が相次いだ。

1つは音楽プレイヤーの端子の接触が悪くなってしまったこと。

もう1つはヘッドホン側の端子の接触が悪くなってしまったこと。

物理的にイヤホン端子で接続する有線イヤホン・ヘッドホンは

強い衝撃などで断線や端子不良になるリスクがある。

それならワイヤレスかと最近になってまた考えるようになった。

 

以前ワイヤレスイヤホンを使っていたことがあるが

正直言ってあまりいい印象がない。

サウンドピーツ QY7 イヤホン ヘッドセット ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング 音漏れ防止機能 ワイヤレス Bluetooth ヘッドホン ブラック

サウンドピーツ QY7 イヤホン ヘッドセット ハンズフリー通話

CVC6.0ノイズキャンセリング 音漏れ防止機能

ワイヤレス Bluetooth ヘッドホン ブラック

使っていたモデルはこの製品。

デメリットがたくさんで3ヶ月ほど使ったけど使うのをやめてしまった。

○Bluetoothの接続の手間

○耳の部分が重くて外れやすい

○音質がいまいち

○バッテリーがいずれ劣化してしまう

この辺りがデメリットだった。

一番は重かったことなんだけどこれは今は改善しているようだ。

BeatsX ワイヤレスイヤホン - サテンシルバー

BeatsX ワイヤレスイヤホン - サテンシルバー

重量増となるバッテリーを首の部分に置くことで

耳の部分を通常のイヤホンと変わらぬ感覚で利用出来る。

音質も最近のモデルはかなり良くなってきたという。

バッテリーに関してはいずれ劣化してしまうけど。

 

一方で最近流行りの完全ワイヤレスイヤホン。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応/グラフェン採用ドライバー/マイク内蔵/PSE認証済】(ブラック)

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo

(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)

【IPX7防水規格 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応/

グラフェン採用ドライバー/マイク内蔵/PSE認証済】(ブラック)

完全ワイヤレスの場合は

耳の部分のバッテリーを搭載するので

再び重さの問題が出てくる。

さらに完全ワイヤレスの場合は左右の音ズレなども起きうる。

そもそも完全ワイヤレスイヤホンってのはスマホと2台のBluetoothデバイスを

接続しているということなのだろうか。

それともどちらか片方で接続し左右の間は別のワイヤレスを行ってるのか。

人気のAirPodsの場合は左右それぞれでBluetooth接続してるようだ。

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

高性能なチップを搭載していることもあり

音ズレなどもなくコーデックも最新のものに対応シて音質も良いと。

ただし価格も高いけど。

 

ワイヤレスイヤホンのメリットは

ケーブルレスによる断線や端子不良リスクがないこと。

もちろんひっかけたりする煩わしさもない。

デメリットはいずれやってくるバッテリー不良。

その他のデメリットに関してはモデルによる。

完全ワイヤレスは

上位モデルでは弱点が克服されていて

音質、装着感などが良くて快適に利用できる。

音質なども最新コーデックに対応することで劇的に良くなっている。

安いモデルだと安いなりの性能になって

重さ、遅延、音質の悪さなどが問題となってくる。

それを考えると完全ワイヤレスなら2万円以上のモデルが良いと。

ワイヤレスだけど1万円以下で済ませるなら

左右がケーブルで接続されたネックワイヤレスイヤホンを利用するのが良さそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MP3プレイヤーを求めて

  • 2020.03.21 Saturday
  • 19:28

パソコンの中にあるマイミュージックフォルダ。

その中にはかつて利用していた

MP3プレイヤーの名前のフォルダがある。

iPod nano、Rio SU70、MUVO2、ZENなどはプレイヤーの名前で

そのプレイヤーに入れていたデータをバックアップしたもの。

これらのプレイヤーの中で唯一Zenだけは今も持ってるけど

端子部分が壊れてしまってうまく音がでない。

でも先日それを調整してたら音が出た。

そしたら普段聞いてるスマホのプレイヤーよりも音が良かった。

というか普段聞いてる曲ってこんなに音が良かったんだっけと思ったもの。

 

僕が今音楽プレイヤーとして利用してるのは

2014年頃に購入したスマートフォン。

シャープの205SHというコンパクトモデル。

未使用白ロムが5000円以下で売られてたので購入したものだが

ここ数年は音楽プレイヤーとして活躍している。

ただ音が悪かったんだなあということを知って

より高音質のモデルに切り替えようかと考えるようになった。

 

有力候補としてはSONYのウォークマン。

ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ 4GB NW-S313 : Bluetooth対応 最大52時間連続再生 イヤホン付属 2017年モデル ブルー NW-S313 L

ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ 4GB NW-S313 :

Bluetooth対応 最大52時間連続再生

イヤホン付属 2017年モデル ブルー NW-S313 L

上位モデルは必要ない。

Sシリーズでも十分高音質。

音源が192kbps程度のMP3なので

ハイレゾ対応モデルなども必要ない。だからこれで十分。

容量も僕の利用状況を考えたら4GBで十分。

中古でもいいから探してみようかなあ。

 

もっとも音楽プレイヤーはもっと小さいほうがいい。

MP3プレイヤーで検索すると出てくるけど

大きな液晶画面がついているものばかり。

【2020最新版】MP3プレーヤー Bluetoothアップデート 超軽量 HIFI超高音質 2.4インチHD大画面 両面とも3D曲面 音楽プレーヤー デジタルオーディオプレーヤー 小型 FMラジオ 16GB内蔵容量 最大128GBまで拡張可能 録音対応 24種言語(日本語対応) 日本語説明書付き (16GB)

【2020最新版】MP3プレーヤー Bluetoothアップデート

容量も無駄に多い。

以前はもっと少なくてコンパクトなモデルが出ていたんだけど

すっかり見つけられなくなってしまった。

Bluetoothもラジオ機能も必要ない。

もっともシンプルで安価なプレイヤーがあればと思う。

ただそうした製品の音質が良いかは微妙なところだ。

以前持っていたZenはCreativeの製品だったので

基本的な音質レベルが高かったのだろう。

今や音楽プレイヤーを出しているオーディオメーカーはSONYくらいか。

グリーンハウス デジタルオーディオプレーヤー kana DT オーディオ機器からのダイレクト録音対応 FMラジオ(ワイドFM対応) ボイスレコーダー機能搭載 8GB ブラック GH-KANADT8-BK

グリーンハウス デジタルオーディオプレーヤー kana DT

オーディオ機器からのダイレクト録音対応 FMラジオ(ワイドFM対応)

ボイスレコーダー機能搭載 8GB ブラック GH-KANADT8-BK

こういうのでも良かったんだけど今本当に出ていない。

液晶大きくないと売れないんだろうか。

液晶はジャケット写真を取り込んで表示するためだと思うけど使わない。

 

そもそも音楽プレイヤーをいつ使うかだけど

僕はウォーキング時&就寝時のどちらか。

どちらもプレイヤー画面は全く見ない。

特に夜などは液晶が明るいと邪魔。

それ故に液晶がなくても良いと思うほど。

CreativeのZenは液晶がなかったんだな。

そういうはもう出ていないのであるモデルで買っていく必要がある。

古い中古などはバッテリーが劣化してしまっているので

まあそれはリスクがあるから新しい何かを探さないとなあ。

みんなどうしてるんだろう。やっぱりスマホで音楽聞いてるのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいBluetoothスピーカーが欲しい

  • 2020.03.03 Tuesday
  • 23:51

ちょっと前に家電店で見つけたBluetoothスピーカー。

音楽が流れていたけどとてもいい音だった。

ほしいなあと思ったものの15000円以上する。

使うならいいけど使わない可能性もあり

それだと無駄になるので考えてしまう。

このSONYの光るBluetoothスピーカーだった。

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB32  :  防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth /  重低音モデル 最大24時間連続再生  2019年モデル ブルー SRS-XB32 L

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー

SRS-XB32 : 防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth / 重低音モデル

最大24時間連続再生 2019年モデル ブルー SRS-XB32 L

低音がいい感じに出ていて自分好みの音だった。

昔のCDラジカセに近い音という感じだろうか。

 

まあともかくBluetoothスピーカーを使うかだが

実は1台3年前くらいに買った製品がある。

AnkerのBluetoothスピーカーだ。

Anker Soundcore ポータブル Bluetooth4.2 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー/ワイヤレススピーカー/内蔵マイク搭載】(ブラック)

Anker Soundcore ポータブル Bluetooth4.2 スピーカー

24時間連続再生可能【デュアルドライバー/

ワイヤレススピーカー/内蔵マイク搭載】(ブラック)

今出ている最新モデルと比べるとステレオ感が劣る旧モデルだけど

普通に聞くには概ね問題無い感じ。

以前ラジオを聞くのに利用していたけど最近はどこへ行ったか。

探してみたらPCモニターに後ろに隠れていた。

早速充電して使えるようにしておかないと。

 

Bluetoothスピーカーは

スマートフォンで音楽を聞いたりするとき

付属スピーカーよりも圧倒的に大音量で高音質になる。

またバッテリー内蔵なのでポータブルで利用できる。

よくBBQとかしてる人が音楽を流したりするのに使ってるし

ラジオを流すのにradikoと合わせて使ってる人もいる。

屋内だとPCがあればPCスピーカーで音楽を流したり出来るので

利用する機会はあまり多くはないのだが

スマホ中心の生活なら利用機会は少なくない。

これまでは便利だけど音質がいまいちという印象だったが

上位モデルはかなり音質が良くなっている。

オーディオ機器として性能が向上して音楽を聞くのにも適していると。

 

とりあえず新しい機器を買うより

今ある製品を使って見よう。

そして欠かせないものとなったらアップグレードを考えたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽プレイヤー

  • 2020.02.02 Sunday
  • 19:39

今音楽を聞いているのはウォーキング時。

古いスマートフォンを利用している。

ただそれに拘る必要はない。

新しいスマホを使うとイヤホンがひっかかかり

それが原因でスマホを落とすリスクがあり利用したことない。

古いスマホもそろそろ限界なので新しいプレイヤーが欲しい。

ウォーキング以外では寝る前に利用することもあるけど

それはスマホでも構わないんだけどなあ。

 

ということで外ではスマホじゃないプレイヤーを導入したい。

MP3プレイヤーだけど最近はあまり安いのは売られていないなあ。

古いのだがバッテリーが劣化して使えない恐れがあるので

買うなら新しいものが良いだろう。

【2020最新版】MP3プレーヤー Bluetoothアップデート 超軽量 HIFI超高音質 2.4インチHD大画面 両面とも3D曲面 音楽プレーヤー デジタルオーディオプレーヤー 小型 FMラジオ 16GB内蔵容量 最大128GBまで拡張可能 録音対応 24種言語(日本語対応) 日本語説明書付き (16GB)

【2020最新版】MP3プレーヤー Bluetoothアップデート 超軽量 HIFI超高音質

2.4インチHD大画面 両面とも3D曲面 音楽プレーヤー デジタルオーディオプレーヤー

小型 FMラジオ 16GB内蔵容量 最大128GBまで拡張可能

録音対応 24種言語(日本語対応) 日本語説明書付き (16GB)

こうしたモデルかな。16GBも必要ない気がするけど

以前は2000円くらいで8GBモデルが合った気がするけど

今は液晶画面やBluetoothとかもついていて多機能化している。

まあこれを音楽プレイヤーとして使えば快適に使えるかなと。

Bluetooth対応ならワイヤレスイヤホンも使えるからね。

 

ブランドにこだわるのなら

SONYのウォークマンだろうか。

ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ 16GB NW-S315 : Bluetooth対応 最大52時間連続再生 イヤホン付属 2017年モデル ブルー NW-S315 L

ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ 16GB NW-S315 :

Bluetooth対応 最大52時間連続再生 イヤホン付属

2017年モデル ブルー NW-S315 L

SONYのウォークマンの場合は

デジタルノイズキャンセリングを搭載しているため

就寝時の利用などにおいて有利だったりする。

ウォーキング時はむしろノイズキャンセルは

周りの音を完全シャットアウトしてしまって危険だから不要だけど。

今となっては貴重な音楽プレイヤーなので

ウォークマンを買って利用するのもありかなとは思うけどね。

 

まあ音楽を今一番聞いているのは

ウォーキング時なので

ウォーキング時に利用しやすいプレイヤーをと考えている。

もっと安くて容量の小さいのでもいいんだけどな・・。

デジタルプレーヤー USB MP3プレーヤー プラスチック製 FMラジオ機能付き 便利グッズ 音楽ビデオ - レッド , 4GB

デジタルプレーヤー USB MP3プレーヤー プラスチック製

FMラジオ機能付き 便利グッズ 音楽ビデオ - レッド , 4GB

これとか悪くはないかもしれない。

とりあえず安いから買ってみようかなあ。

ハズレではないといいけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

重低音

  • 2020.01.25 Saturday
  • 23:37

昔のラジカセやミニコンポなどの時代

重低音という言葉がよく出ていた。

スピーカーだと軽い音などは軽快に出たりするけど

低音は苦手で特に低音より低い身体に響くほどの低音は重低音と呼ばれて

それを強化したラジカセやミニコンポなどが人気となっていた。

 

先日渡辺美里さんの「悲しいね」という曲を聞いて

ふとその重低音について思い出した。

悲しいね

悲しいね

この曲はボーカル自体は低音でもないけど

そのバックで流れるリズムが時折重低音を奏でていて

僕自身いつだったか重低音スピーカーの目安として

この曲を聞いていたことがあったような記憶がある。

 

僕はこうした重低音で育ったこともあり

重低音が好きで今使ってるイヤホンやヘッドホンなども

SONYの重低音に強いモデルだったりする。

ソニー SONY イヤホン 重低音モデル MDR-XB55 : カナル型 ブラック MDR-XB55 B

ソニー SONY イヤホン 重低音モデル

MDR-XB55 : カナル型 ブラック MDR-XB55 B

こうしたモデルでないと軽く感じてしまう。

それも音質次第なんだけど高音質でも低音が軽いと

なんかペラペラな曲に感じてしまう。

そういう曲もあるしそうした高音の良さもあるんだろうけど

過剰に重低音が出ているものをよしとしてしまう傾向がある。

人によっては重低音が不自然と感じてしまうんだろうけど

僕がそれが心地よいと感じてしまう。

子供の頃に散々聞いてきたからだろうか。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン 重低音モデル MDR-XB950N1 : Bluetooth/専用スマホアプリ対応 ブラック MDR-XB950N1 B

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン

重低音モデル MDR-XB950N1 :

Bluetooth/専用スマホアプリ対応 ブラック MDR-XB950N1 B

いわゆる重低音モデルが普通に感じてしまう。

ヘッドホンなども低音が響きやすい密閉型を好み

開放型だとスカスカな風に感じてしまうもの。

 

ゲーム音楽も重低音で聞いていたなあ。

ピコピコ音系のゲーム音楽はあまり重低音とは無縁っぽいけど

例えばセガのスペースハリアーとかは

重低音だった印象が強かったりする。

ただ実際にオリジナルサウンドを聞くと

冒頭の音楽はあまり低音ではなくどちらかというと

中音くらいで聞いていたイメージと違うんだけど

この辺りは低音で聞いてたからイメージが変わったのかも。

そもそも当時のゲームサウンドでは低音などはあまり出せなかったからね。

 

今後はBluetoothスピーカーなどを買うけど

それも重低音に強いモデルを選びたい。

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB22 : 防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth / 重低音モデル ライティング機能搭載 2019年モデル ブラック

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB22 :

防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth / 重低音モデル

ライティング機能搭載 2019年モデル ブラック

お店で聞いた一番良いなと思ったモデルがこれだけど

結局重低音モデルなんだなあ。

僕は子供の頃からそういう風に育って

それが良い音楽だと脳内に染み付いてしまっているのだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


recommend

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM