新しい楽器を始めたい

  • 2020.01.24 Friday
  • 19:41

毎年のように今年は楽器を始めたいと思う。

数年前はギターを始めたいと思っていたけど

結局は始めることがなかった。

自分が本当にやってみたい楽器をやるのがいいと思うが

いったいなんだろうかと。

僕は昔Tスクウェアが好きだったんだけど

サックスというものへの憧れがあった。

それ故にはじめてみたい楽器としてはサックス。

 

とはいえサックスは何かと厳しい。

そんな中でサックスのような楽器があると知り気になっている。

YAMAHAのアルトヴェノーヴァ。

【入門書/はじめてのアルトヴェノーヴァ付】YAMAHA ヤマハ YVS-120 Alto Venova カジュアル 管楽器

【入門書/はじめてのアルトヴェノーヴァ付】

YAMAHA ヤマハ YVS-120 Alto Venova カジュアル 管楽器

初心者も手軽に始められる楽器として

注目を集めているもので

リコーダー+サックス的な楽器のようだ。

価格もそれほど高くなく上記の入門セットで2万円せずに買える。

新しく楽器を始めてみたい人には最適じゃないかなあ。

 

どんな音がするのかだけど

それはYouTubeの動画を見れば分かる。

これを見る限りは管楽器のリコーダーという感じだろうか。

管楽器特有の響きなどは十分に感じられて良さそうだ。

リコーダーもありといえばありだけど

新しい楽器ということで人口も少なさそうで面白そうだなと。

 

ということで今買おうかなと迷っている。

とりえあず沖縄旅から帰ってきた2月下旬頃に購入できればな。

演奏の模様は録音などしていつかネットにアップできれば。

そこまで上達する以前にまず買わないとね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PCでワイヤレスヘッドホン

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 19:31

最近はPCで音楽を聞くことが増えている。

これまでというか基本的にスピーカーで聞くことが多い。

ただ深夜だとスピーカーの音は気になってしまう。

そこでやはりヘッドホンを利用しようかなと。

実はヘッドホンはあるんだけどね。

USB-DAC+ヘッドホンでは利用できるけど

面倒で利用していない。

それならワイヤレスヘッドホンを使おうか。

 

ワイヤレスならケーブルが邪魔にならない。

PC専用として利用しようと思っているけど

あまりコストはかけたくない。

SONYのワイヤレスヘッドホンはなかなか安い。

ソニー SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH510 : bluetooth / AAC対応 / 最大35時間連続再生 2019年モデル ブラック WH-CH510 B

ソニー SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH510 :

bluetooth / AAC対応 / 最大35時間連続再生 2019年モデル ブラック WH-CH510 B

レビューなどを見ると

複数の端末とはペアリング出来ないようだ。

例えばPCとスマホと利用する場合は

別の機器を利用する際にペアリングし直す必要がある。

だからPC専用とするならこれで問題ないと思う。

ただ問題はPCでBluetoothが使えない。

 

ということでPCにBluetoothアダプタを買わねば。

いろいろあるけど安いやつで問題ないのだろうか。

エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力)  Class2  Windows10対応 LBT-UAN05C2

エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0

EDR/LE対応(省電力) Class2 Windows10対応 LBT-UAN05C2

出力でClass2で問題ない。

100mとか飛ばすことなどありえないから。

ただ気になるのはサウンド用のBluetoothアダプタにするかということ。

Creative Bluetooth USB オーディオ専用アダプター 低遅延 aptX Low Latency (aptX LL)対応 PC用ドライバーのインストール不要 PS4も接続後ペアリングですぐ使える BT-W2

Creative Bluetooth USB オーディオ専用アダプター 低遅延

aptX Low Latency (aptX LL)対応 PC用ドライバーのインストール不要

PS4も接続後ペアリングですぐ使える BT-W2

Creativeのこれはオーディオ用らしい。

ただこれってイヤホンより高くね?。

いくら性能良くてもこれではね。

3万円とかのワイヤレスイヤホンを使うならありだろうが

3000円台のワイヤレスイヤホンに4000円のアダプタはないな。

 

ということで手軽にPCで音楽を聞ける環境を作って

深夜でも音楽を手軽に聞いていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワイヤレスでイヤホン

  • 2020.01.20 Monday
  • 21:31

最近完全ワイヤレスイヤホンが流行っている。

ケーブルレスで耳栓のような感じのイヤホンだ。

補聴器ってのはあんな感じなのだろうか。

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

ケーブルの煩わしさがないのは利点ではあるが

イヤホン自体にバッテリーを搭載するので重いし

安いモデルは左右の音ズレが起きやすいし

何より落としやすいのがデメリットと言える。

僕はそこまでケーブルレスにこだわっていなくて普通のイヤホンでもいいけど

ただ一部はワイヤレスが望ましいかなと。

 

スマートフォンにイヤホンを直接取り付けると

例えばケーブルを引っ掛けた時にスマホが飛んでいく。

地面に落ちればスマホが傷ついて割れるリスクも高い。

僕は古いスマホをポータブルプレイヤー代わりとして使ってるが

もう何度も落としてボロボロ。

こんな状態を見ると最新スマホをプレイヤーとして使えない。

かといって完全ワイヤレスイヤホンは好きではない。

以前完全ではないがワイヤレスイヤホンを使っていたけど

耳の部分が重くて外れやすくてストレスとなっていた。

 

それならどういうのが良いのか考えると

レシーバータイプのが良いのではないかと思う。

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン SBH56 : カナル型 Bluetooth対応 リモコン・マイク付き ブラック SBH56 B

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン SBH56 : カナル型

Bluetooth対応 リモコン・マイク付き ブラック SBH56 B

Bluetoothレシーバーになっていて

スマートフォンとの接続はBluetoothでワイヤレスで行う。

これを胸ポケットに入れたりクリップで肩ベルトに固定。

そこからは普通の有線イヤホンで音楽を聞くというもの。

市販のイヤホンも利用することが出きるのも利点だ。

昔はBluetoothではないけどウォークマンなどでも

こうしたワイヤレスレシーバータイプの製品が出ていた気がする。

ただ最近はスマホを音楽プレイヤーとして利用するようになったため

Bluetoothが一般化してそして直接イヤホンで無線接続するのが増えたんだ。

ワイヤレスレシーバーこそ便利だと思うけど何故廃れたのかな。

 

もっともこうしたワイヤレスレシーバーを使うなら

別にスマートフォンを音楽プレイヤーとして使わなくても良い気がする。

ワイヤレスレシーバーと変わらぬサイズで

より安価なMP3プレイヤーを今買うことが出来る。

【2020最新版】MP3プレーヤー Bluetoothアップデート 超軽量 HIFI超高音質 2.4インチHD大画面 両面とも3D曲面 音楽プレーヤー デジタルオーディオプレーヤー 小型 FMラジオ 16GB内蔵容量 最大128GBまで拡張可能 録音対応 24種言語(日本語対応) 日本語説明書付き (16GB)

【2020最新版】MP3プレーヤー Bluetoothアップデート 超軽量 HIFI超高音質

2.4インチHD大画面 両面とも3D曲面 音楽プレーヤー デジタルオーディオプレーヤー

小型 FMラジオ 16GB内蔵容量 最大128GBまで拡張可能 録音対応

24種言語(日本語対応) 日本語説明書付き (16GB)

これを音楽プレイヤーとして胸ポケットや肩ベルトに取り付ければ

それで十分ではないだろうかとも。

ワイヤレスレシーバーが6000円以上することを考えると

コスパが悪いのだろう。2万円する完全ワイヤレスイヤホンからすれば安いけど・・。

まあ僕自身スマホを音楽プレイヤーとして使う必要があるわけじゃないからな。

どうしようかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年も目標と展望:音楽編

  • 2020.01.09 Thursday
  • 22:36

昨年大晦日の紅白歌合戦の視聴率は

あまり良くなかったようだ。

録画したけどリアルタイムで見ていないけど

ここ数年は総合音楽エンタテインメント番組となり

その年の音楽の総決算的なものがなくなった気がする。

それは音楽業界自体が縮小していることもあるわけで

紅白が原因というわけではないのだが・・・。

でもあらためて紅白を見て思ったのは最近の曲もいいなと。

思えば今は音楽番組がほとんどなくなってしまって

新しい音楽を世代を超えて聞く機会がなくなっている。

紅白はそれが可能な数少ない番組として今も貴重なのかなと。

目標と展望シリーズは今回が最後で

最後は音楽編ということで今年の音楽について書いてみたい。

 

■スマートスピーカー

以前安いEcho dotを買ったけど使わず売ってしまった。

でも数少ない利用をしてたのはラジオを聞くことだった。

スマートスピーカーはラジオを聞く端末としてはよく出来ている。

そして昨年終わりからストリーミングサービスに興味を持ち

Spotifyとか聞くようになりつつある。

そうした音楽を聞くのにスマートスピーカーは最適だ。

Newモデル Echo (エコー) 第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Newモデル Echo (エコー) 第3世代 -

スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Echo dotではなくEchoを買おうかなと検討をしている。

音楽のある生活を目指す上で役立つかなと。

ただ後述するがスマホ+Bluetoothスピーカーもありなのだが。

 

■Bluetoothスピーカー

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB32  :  防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth /  重低音モデル 最大24時間連続再生  2019年モデル ブルー SRS-XB32 L

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB32 :

防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth / 重低音モデル

最大24時間連続再生 2019年モデル ブルー SRS-XB32 L

スマートスピーカーは音声で操作をするけど

それはあまり好きではない。

僕は誰もいないところでは無口。

というかほとんどの人がそうだろうが

手で操作することと声で操作をすることを比べると

僕は声を出すほうが面倒だと感じてしまう。

それならスマホで操作して音楽を聞くほうがあっているのでは。

以前家電店の店頭でいい音だなあと思ったSONYのBluetoothスピーカー。

キラキラ光るのもなかなかいい感じだった。

今年はスマホ依存度がより高まっていくと思われる中で

スマートフォンの音楽を聞く環境を充実させられれば。

 

■ミニコンポ

ONKYO X-U6 Bluetoothミニコンポ ブラック X-U6(B) 【国内正規品】

ONKYO X-U6 Bluetoothミニコンポ

ブラック X-U6(B) 【国内正規品】

僕は若くはないCD世代の人間なので

今もたくさんのCDを持っている。

そうしたCDを聞く環境が欲しいと思っている。

今のミニコンポは単なるCDプレイヤーではなく

USB-DACでありBluetoothスピーカーでもある。

ポータブルではないけど据え置きならBluetoothスピーカーはこれでいい。

PCと接続してスピーカーとしても利用できる。

そう多目的に使えることを考えると16000円ちょいはかなり安いのでは。

これに集約してしまうのもありかな。

 

■完全ワイヤレスイヤホン

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

世間では大ヒットして品切れ続出のワイヤレスイヤホン。

ただ僕は今の時点ではあまり興味がない。

それは落としそうだから。

実際落としている人はたくさんいるようで

そうした人が買い直しているから売れてるだけでは?と思ってしまう。

ケーブルレスなのはひっかけてスマホなどを落としたりしないのは利点だが

現状はそれほど欲しくないかなと。

 

ということでハードウェア関連ばかりになってしまった。

本当は音楽全般で書こうと思っていたのになあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

紅白と音楽

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 22:52

紅白歌合戦を見て思ったのは

前年と曲があまり代わり映えしないのではと。

定番の曲が毎年繰り返し歌われていて

新しい曲が年々減っているような気がする。

昔の紅白というのは

その年を代表する曲を集めた番組だったけど

年々その最新曲の部分が縮小していて今や1割程度?。

パプリカ

パプリカ

一番最初に流れたパプリカは2019年の曲だなと思ったけど

後半などは定番曲のオンパレードで2019年は関係なく

歌の総合エンターテインメントという感じだった。

それ自体が悪いわけではないし特にPerfumeのポリリズムを

久しぶりに見聞き出来たのは最高だったけどね。

紅白を見ればその年の音楽を振り返られるというのは

もう昔のことなのかもしれない。

 

2019年といえば

令和とラグビーW杯が非常に大きい出来事だった。

紅白もラグビー選手が客席にいたけど

米津玄師さんの歌が「馬と鹿」じゃなかったのは残念だった。

【メーカー特典あり】 馬と鹿 (映像盤(初回限定)) (CD+DVD(紙ジャケ)) (ラバーバンド付)

【メーカー特典あり】 馬と鹿 (映像盤(初回限定))

(CD+DVD(紙ジャケ)) (ラバーバンド付)

この曲はTBS系のドラマの主題歌としてヒットしたけど

ラグビーW杯に絡んでも多くの人が耳にした曲であり

2019年を代表しつつラグビーW杯も象徴する曲の1つでもあった。

カイトはNHK2020の曲だから推しているのは当然としても

せっかく出演するならば"馬と鹿"聞きたかったという人は

かなり多かったのではないだろうか。

米津玄師さんがそれだけ多くのヒット曲を出して

2019年に大活躍したからこそのジレンマなのかもしれないけど。

 

ともかく普段聞いていないいろんな曲を聞いて

やっぱり音楽っていいなあと思ったのも事実なわけで

もっとたくさんの曲を聞いていきたいもの。

Spotifyの無料版でとりあえずいろいろ聞いてみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年のヒット曲

  • 2019.12.30 Monday
  • 21:16

僕はあまりテレビを見てないので

今年のヒット曲を全然知らない。

周りに聞いたらパプリカという曲だろうと。

パプリカ

パプリカ

そんな曲知らないんだけど

周りに言ったら聞いたことあるよと。

ホントかと思ってYouTube見てみたけど

聞いたことがあるようなないような・・。

NHKの2020応援ソングらしいが東京オリンピック関連の曲なんだろうか。

NHKはテレビ番組の中では比較的見る方だけど

どこで流れていたんだろうなあ。でも聞いたことは確かにあるような・・。

みんなのうたがヒットしたような感覚だろうか。

昔のだんご3兄弟のヒットみたいな感じだろうか。

 

CDやダウンロードの売上でのヒットってのは

正直最近は全くついていけなくなっている。

CDに関してはアイドル系が強くて

相変わらず上位はAKB48だったり坂道だったり

嵐だったりジャニーズだったりするわけだ。

ダウンロードの上位は米津玄師やOfficial髭男dismとかだけど

正直その辺りの若者向けの曲は僕は全然知らない。

10代が多分音楽を一番聞く世代なので

その10代向けの曲が充実しているのはまあ当然だと思うけどね。

僕が聞いてもいい曲が多くて最近は聞かせる系の曲が多いんだなと感じる。

昔で言うミスチルとかスピッツとか・・・。

そんな中で山下達郎さんとかサザンとかランキングに見かけると

違和感はあるけど安心するんだなあ。

 

個人的に今年買ったCDでいえば

岡村孝子さんのCDアルバムだろう。

fierte

fierte

久しぶりのオリジナルアルバムで

僕自身中学生の頃から買っている岡村さんのCDだけど

あれから25年以上の月日を経て

今もこうして新曲を聞くことが出来て幸せだ。

曲も若い世代向けではなく僕らの世代向けって感じもあり

聞いていて安心できたりするんだなあ。

若者向けの曲は若い世代にある現代的なネタが多くて

おっさんにはなかなかついていきづらいものがあるからね。

 

ともかく音楽は若い世代だけのものではなく

広く聞いていきたい。

Official髭男dismの曲とかは僕もいいなと感じるものあって

iTMSあたりでチェックして購入したりして聞いていきたいものだ。

最近はヒット曲と呼ばれるものが

昔のようにはなくなってしまったのは仕方ないのかな。

音楽が消えるわけではなく売り方が変わって

これが現代のスタイルなのだろう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

カセットテープ

  • 2019.12.20 Friday
  • 19:41

僕が子供の頃は様々なテープが溢れていた。

VHSテープ、8mmテープにカセットテープ。

これらは音楽や映像などを記録することが出来るメディアだった。

2000年代にテープメディアは次々と消えていく。

VHSはDVDレコーダーになり

8mmはDVテープを経てメモリカードになっていった。

音楽を記録するカセットテープもまた

MDを経てメモリメディアへと切り替わっていった。

 

レコーダーやビデオカメラなどの

映像系メディアはメモリカードなどへ移行したけど

音楽に関してはまだカセットテープは現役だ。

そして最近は若い世代などでカセットテープを見直す動きがあるようだ。

CDの時代にレコードへと回帰する流れがあったのと同じなのか

オンラインやメモリの時代にカセットテープは

逆に新しいのかもしれない。

マクセル カセットテープ(90分/10巻パック) UR-90M 10P

マクセル カセットテープ(90分/10巻パック) UR-90M 10P

また幸いなことに

カセットテープ市場はまだ完全には消えていなかった。

高齢者のカラオケ需要などで今も現役だったからこそ

利用したいと思った時に利用できたのかと。

VHSなどはもう無理じゃないかな・・。

 

カセットテープの利用だけど

テープ自体は売られているんだけど

再生する機器を持っている人はあまりいない。

売られているけどね

OHM Electron USBステレオラジカセRCS-U800M

OHM Electron USBステレオラジカセRCS-U800M

実はうちにもラジカセはある。

買ったのは6年かそれくらい前だったかなあ。

古いカセットテープがたくさんあって

それを処分する前にデジタル化しようと思ったんだ。

でも再生機器がなくて仕方なく新たに購入した。

今もあるけどケーブルがどっか行ってしまったんだな。

 

僕は小学5年の時に誕生日だったかクリスマスだったかのプレゼントで

CDラジカセを買ってもらった記憶がある。

SONYのCDラジカセだった。

当時のラジカセは重低音が売りだった。

ただ夜などはヘッドホンでラジオなどをよく聞いていたもの。

その後周りはミニコンポなどを買ってもらっていたけど

僕はラジカセがお気に入りでそれをずっと使っていたっけ。

 

カセットテープはラジオを録音したり

レンタルCDからダビングをしたり使っていたけど

初期は友達からテープを借りてダビングをして

自分のオリジナルのテープを作っていたのは覚えている。

僕が始めて友達からダビングしてもらったのは

コナミの音楽集だったけど10年前くらいに

それがコナミゲームミュージックだったことを知る。

コナミ・ゲーム・ミュージック1
コナミ・ゲーム・ミュージック1

オリジナルはCDじゃなくレコードだったと思う。

僕は持っていなかったけど友達の家にはたくさんあったんだな。

MSXユーザーの友達だったけど

メガドライブやFM-TOWNSにX68000まで持っていたから。

親が中小企業の社長だったけどお金持ちだったんだなと思う。

ともかくゲーム関連のテープは友達からほとんどダビングしてもらった。

 

J-POPなどはラジオが便りだった。

ベスト10番組などはチェックしていたけど

土日の午後や夕方にはそうした番組が多く放送されていた。

AMラジオだと音質悪いのでFMラジオで録音していたけど

なかなかフルで流してくれないのでフルの番組を求めて

いろんな番組を聞いていたもの。

当時FM三重の思いっきりサンデーは放送時間が長くて

フルで流してくれた曲が多くて重宝していた記憶がある。

ラジオ番組を録音したのも多かったけど

そうしたのは全然残っていないんだなあ。

当時の録音を残してればそれは懐かしかったんだろうなと思うに。

FMデポの録音が少しあったような気がするけどあれデジタル化したけど

どこへ行ってしまったかな。

 

我が家はもうカセットテープを全廃してしまった。

数年前までは200個くらい残っていたけど

デジタル化を終えて全部捨ててしまった。

記念に少し手元に残しておいても良かったかなと思うが

まあそんなことをしても使う機会はないだろうからと。

ただ自分用のオリジナルのJ-POPテープは残しておきたかったかも。

当時どんな音楽を聞いていたかが分かるし

ラジオから録音してるから曲紹介なども入ってたりするのもあったからな。

今更惜しんでも手遅れだけどね。

もうテープメディアを使うことはないんだろうなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいヘッドホンを求めて

  • 2019.12.13 Friday
  • 20:29

最近新しいヘッドホンが欲しい。

パソコンで利用したり

音楽を聞いたりするのにヘッドホンが必要なためだ。

今はSONYのコンパクトなのを利用している。

ソニー SONY ヘッドホン 重低音モデル MDR-XB550AP : 折りたたみ式 リモコン・マイク付き ホワイト MDR-XB550AP W

ソニー SONY ヘッドホン 重低音モデル MDR-XB550AP :

折りたたみ式 リモコン・マイク付き ホワイト MDR-XB550AP W

主に音楽を聞くのに利用しているけど

PCでも利用することがある。

1台だけだと不便なのでもう1台欲しい。

 

同じものを・・というのも考えたけど

せっかくなら別のものがいい。

夏場はあまりイヤーパッドが大きいのは

どうかなと思っていたけど冬になった今はありかなと。

以前はJVCのRX700というのを使っていたけど

あれは良かったな。ただ今はもう売られていない。

あの系統だと

JVC HA-RZ710 密閉型ステレオヘッドホン 室内用(テレビ・ゲーム向け) 1.2m+延長2.3mコード付き

JVC HA-RZ710 密閉型ステレオヘッドホン 室内用

(テレビ・ゲーム向け) 1.2m+延長2.3mコード付き

このRZ710が後継モデルになるんだろうか。

テレビ・ゲーム向けとあるけど

以前のもテレビ向けだったけど音楽鑑賞で聞いていた。

あとパソコンでも利用していたっけ。

密閉型でとてもいい感じ。ただ夏は暑苦しいけど。

 

ワイヤレスヘッドホンに関しては

それほど欲しい気持ちがない。

昔はワイヤレスは音質が悪かったけど

今はそうでもないことを知っている。

ただワイヤレスは充電式なので

バッテリーを搭載してる分ヘッドホンは重い。

またバッテリーの劣化で使えなくなってしまう。

そこまでしてケーブルが邪魔かというと

そうでもないし僕はWiredヘッドホンで問題ないかな。

世間がワイヤレスイヤホンブームだけど

イヤホンもケーブルありのを使っているからね。

 

ヘッドホンとしては

もう1つオーディオテクニカのもいいかもね。

JVCのを使う前はかなり前になるけど

オーディオテクニカのを利用していた。

audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x

audio-technica プロフェッショナル

モニターヘッドホン ATH-M20x

これじゃないけど多分この価格帯のを利用していたと思う。

15年かそれ以上前じゃないかなあ。

買うならこっちのほうがいいかもしれない。

あの頃は今よりももっと音楽を聞いていたんだな。

CDも買っていたと思うけど・・・。

最近は新しい音楽に出会う機会が減ってる気がする。

 

新しい音楽に出会うためにも

ヘッドホンを買っていろんなのを得ていきたい。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

昔の曲を聞いてると楽器演奏したくなる

  • 2019.12.12 Thursday
  • 19:46

最近昔の曲を求めていろいろ聞いている。

きっかけはBS12で放送されてた

ザ・カセットテープミュージックという番組。

https://www.twellv.co.jp/program/music/cassettetapemusic/

12月1日にハワイに恋してとのコラボ番組が放送されてて

僕はハワイに恋して目当てで録画したんだけど

せっかく録画したんだからと見てみたら面白かった。

そして知らない曲も多かった。

40代のおっさんなので1980年代の音楽は詳しいつもりだったが

1980年代後半は詳しいけど前半はさっぱりだと。

 

さらにその後その番組で出てきた

1980年代前半の曲をいろいろYouTubeで探してたら

出てくるのは1970年代のもいろいろあって

いい曲多いなあと改めて感じたわけだ。

フォーク世代は僕は全く知らない世界で今までじっくり聞いたこと無いけど

思い切って色々聞いてみようかなと。

まあ代表的な曲は知ってるけど

ちょっと聞いたことある程度だったりするから。

青春歌年鑑デラックス’80-’84

青春歌年鑑デラックス’80-’84

ということで1980年代前半の曲を中心に聞きたい。

青春歌年鑑は以前レンタルCDで借りてきて

10年分くらいは持っているんだけど

1980年代前半はないのでまた借りてくるか

あるいは買ってみようかなあ。

ルビーの指環ってのはこの頃なのか。

微かにテレビから流れてきたのが記憶にあるけど・・。

 

ちょっと前に昔の曲を求めたことがあったけど

あれはいつだったかな・・と思って思い出した。

U-18の高校日本代表の壮行試合の時に

習志野高校がアルフィーの星空のディスタンスを演奏して

元はどんな曲なんだっけと検索したら

いろいろ出てきて聞いてしまったということがあった。

星空のディスタンス

星空のディスタンス

確か35年前の曲ってことだけど

これも1980年代前半の曲だったんだな。

聞いたことがあるような気がするけどないような。

この曲が現役の頃僕は生まれているんだけど

まだ音楽を積極的に聞くよう年代ではなかったと。

一番音楽を聞いてたのは1990年代かなあ。

CDを飼うようになったのもこの頃だったっけ。

 

ところでこういう昔の曲を聞くと

昔のフォーク世代などはギターを聞いてる人が多い。

今回テレビで見たカセットテープミュージックも

MCの人などはギターがうまくて

昔は音楽好きならギターが弾けて当たり前だったのか。

ともかく何かしら楽器を弾けるようになりたいとは思う。

クラシックギター アコースティック Strong Wind 初心者 入門 ソフトケース付属 (39インチ)

クラシックギター アコースティック

Strong Wind 初心者 入門 ソフトケース付属 (39インチ)

とりあえずギターが手軽だなあ。

子供の頃はエレクトーンを習っていたけど

弾ける曲は今も弾けるんだろうけど

楽譜を見て新たな曲が弾けるかというと全くそうではない。

ギターも昔習った曲など弾けたりするけど

新たな曲を弾いて覚えていきたいなあと思う今日この頃。

そのためにも楽器がなければ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスソングをあまり聞かない

  • 2019.12.10 Tuesday
  • 22:43

12月に入って1週間以上経っているけど

今年はクリスマスソングをあまり聞いていない。

ラジオなどはぼちぼち聞いてるけど

あまり僕が聞いてる番組内では流れていないのかな。

テレビもあまり見ないなりに見てるけど流れてない。

街中は・・・あまり行かないから分からないか。

クリスマス・イブ (30th Anniversary Edition)

クリスマス・イブ (30th Anniversary Edition)

山下達郎さんのクリスマスイブとか

毎年この時期にヘビーローテーションされるけど

今年はまだ1度も聞いていない。

 

最近のクリスマスソングというのはあるんだろうか。

僕がこれはクリスマスソングだなと思うのは

昔の定番曲ばかりだ。

特に1990年代のJ-POP黄金時代の曲が多い。

ドラマティック・クリスマス
ドラマティック・クリスマス

最近中山美穂さんがやたらテレビに出てる気がするが

昔はよくクリスマスソングを歌っていてヒットを飛ばしている。

あの頃のクリスマスソングというのは

テレビドラマの影響が大きかったと思うけど

今放送しているドラマってクリスマスっぽいのってあるんだろうか。

最近のドラマはあまり季節感のあるものが減っている気がするが

再放送とかネット放送とかを意識しているのかなあ。

この時期はクリスマスソングが似合うドラマを見てみたいが・・。

 

街中で流れていなければ

自分で聞けばいいじゃないかってことで

いろいろ聞くようにした。

ふとマライヤキャリーの曲を聞きたくなって

メリー・クリスマス

メリー・クリスマス

CDを探してきて聞いている。

洋楽のヒット曲は実はCDを結構持っている。

といっても洋楽CDの9割以上はベスト盤だけどね。

僕はあまり昔は洋楽を聞かなかったけど

2000年代になって聞くようになり

有名な曲というのを聞いてみようとベスト盤をいろいろ買い揃えた。

王道の洋楽ソングなどはいつでも聞けるけど

クリスマスといえばやっぱりマライヤキャリーなんだな。

セリーヌディオンってクリスマスの曲ってあったっけな。

洋楽のクリスマスソングで女性ボーカルのって他に何があるんだろう。

昨今流行りのストリーミングなどで

クリスマスで聞いてみようかなあ。

 

新しいクリスマスの曲も仕入れていかないとな。

古い曲もいいけど新しい曲もそれがお気に入りになるかもしれないからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>


recommend

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM