スマホ連携したミニコンポ

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 22:46

昔はCDラジカセやミニコンポなどが

各家庭にというか各部屋にあるのが当たり前だった。

それがパソコンの登場で携帯音楽プレイヤーが普及して

自宅からCDプレイヤーが減っていった。

ソニー SONY CDラジオ ZS-S40 : FM/AM/ワイドFM対応 ホワイト ZS-S40 W

ソニー SONY CDラジオ ZS-S40 :

FM/AM/ワイドFM対応 ホワイト ZS-S40 W

そして今はこうしたCDプレイヤーはほとんど消えてしまった。

今はCDが売れない時代というけど

これは音楽を買うことが多い若い世代が音楽に興味がないわけではなく

オンラインで聞いたり購入するのが当たり前になったことが大きいけど

もう1つCDプレイヤーが全く若い世代に普及してないことも大きい。

音楽を持ちCDを買おうという人は少なくはないけど

プレイヤーがないと。それならスマホで買えばいいやとなるわけだ。

昔見たいにライナーやジャケットなどへのこだわりがないというか

そもそもそれらを知らない人も多そうだ。

 

魅力的なプレイヤーがないのかというとそうでもない。

昔からすればものすごくミニコンポなどは安くなった。

さらにスマートフォンなどとの連携機能もついてたりして

下手なBluetoothスピーカーを買うよりは断然こっちのほうがいい。

それ故に今購入を検討している。

ONKYO X-U6 Bluetoothミニコンポ ブラック X-U6(B) 【国内正規品】

ONKYO X-U6 Bluetoothミニコンポ ブラック X-U6(B) 【国内正規品】

ONKYOのこの製品だけど

CDプレイヤー+PCオーディオ+Bluetoothスピーカー+FMラジオとして使える。

今の時代にはピッタリの製品ではないだろうか。

これが2万円せず買えるなんてびっくりだ。

もちろんUSBメモリなどを利用してMP3プレイヤーとしても使える。

ソニー SONY マルチコネクトミニコンポ CMT-SBT40 : Bluetooth/FM/AM/ワイドFM対応 シルバー CMT-SBT40 S

ソニー SONY マルチコネクトミニコンポ CMT-SBT40 :

Bluetooth/FM/AM/ワイドFM対応 シルバー CMT-SBT40 S

SONYのこのミニコンポもほぼ同様で

しっかりとスマートフォンと連携することが出きる。

今やこの手のミニコンポはNFC/Bluetoothでのスマホ連携は

当たり前なのだろうか。

僕は最近ミニコンポ事情というものを全く知らなかったのだが

ここまでスマートフォンに最適化されているとは思わなかった。

 

この価格でこの性能ならBluetoothスピーカーに

1万円以上出すなら断然こっちのほうがいい。

ポータブルである必要はないからね。

また僕の場合はPC依存度も高いのでPCオーディオとしても使える。

問題があるとすれば設置場所だろう。

理想を言えばPCの左右において利用したいところだけど

デュアルモニターをしてるので机の上には余裕がない。

純粋に音楽プレイヤーとしてラックに置く方がいいかもしれない。

昔のミニコンポのように重量級ではないので手軽に設置できそうだ。

 

PCのオーディオ環境の向上を考えていたけど

最近スマホで音楽を聞くことが増えていて

どうするか迷っていたけど

そもそも僕は外ではイヤホンでしか音楽を聞かないことを考えると

ミニコンポを自宅で利用するのがベストじゃないかと思う。

ということで置き場所が悩みどころだけど

購入に向けて動き出してみることにする。

すっかり時代に置いてけぼりくらった感覚だな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽を聞くためのBluetoothスピーカー

  • 2019.11.23 Saturday
  • 19:37

秋になったBluetoothスピーカーの利用が

実はかなり増えている。

週末に庭でDIYをする時に

音楽を流したりラジオを流したりするのに利用。

スマートフォンのスピーカーでは音が小さすぎるけど

Bluetoothスピーカーに出力すればいい感じになる。

ただ今持っているAnkerのは

高音質モデルではないのでそれが難点。

Anker Soundcore ポータブル Bluetooth4.2 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー/ワイヤレススピーカー/内蔵マイク搭載】(ブラック)

Anker Soundcore ポータブル Bluetooth4.2 スピーカー

24時間連続再生可能【デュアルドライバー

/ワイヤレススピーカー/内蔵マイク搭載】(ブラック)

Amazonなどで安価に売られてるのを使っている。

3年半も前に買ってるけど当初は全く使わなくて

なんとか使おうと思っても使わなくて諦めていた。

ようやく使い慣れてきたところだ。

 

ラジオを聞くなら今ので問題ない。

ただ音楽を聞くならもっと高音質のモデルが欲しい。

Ankerのモデルでも新しいモデルは高音質になっている。

【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

【改善版】Anker Soundcore 2

(12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)

【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 /

IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

同僚が新モデルを持っていて

会社のBBQの時に持ってきて音楽を流していたけど

僕が持っているのよりもずっと高音質になっていた。

音の広がりがよくてステレオ感が強い。出力も大きいし低音も強い。

ハイエンドモデルと比べるとどうか分からないけど

1万円クラスに匹敵する音が出ているようだ。

 

ただ僕としてはどうせ上のモデルを買うなら

Ankerじゃくてオーディオメーカーのを買いたい。

実際以前聞いてインパクトを受けたのはJBLのCHARGE3。

JBL CHARGE3 Bluetoothスピーカー IPX7防水/ポータブル/パッシブラジエーター搭載 スクワッド カモフラージュ柄 JBLCHARGE3SQUAD 【国内正規品】

JBL CHARGE3 Bluetoothスピーカー

IPX7防水/ポータブル/パッシブラジエーター搭載 スクワッド

カモフラージュ柄 JBLCHARGE3SQUAD 【国内正規品】

いい感じの音を出していた。

僕が持ってるAnkerのとは桁違いだった。

正直Bluetooth=音が悪いというイメージがあったが

そんなのないじゃんと思ったもの。

あと今年家電店で聞いたSONYのモデル。

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB31 : 防水・防塵・防錆/Bluetooth/専用スマホアプリ対応 ライティング機能搭載 2018年モデル ツートーンブルー SRS-XB31 L

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB31 :

防水・防塵・防錆/Bluetooth/専用スマホアプリ対応

ライティング機能搭載 2018年モデル ツートーンブルー SRS-XB31 L

2019年モデルだったかもしれないから

XB32だったかなあ。

音楽が流れながらピカピカ光るのが斬新だった。

 

Bluetoothスピーカーだけど

パソコンでも使えるんじゃないだろうか。

PCにUSB-Bluetoothアダプタを導入しておけば

プロファイルが対応してれば使えるはず。

となればやはり高音質モデルを買いたいところだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノイスキャンセルイヤホン

  • 2019.11.09 Saturday
  • 22:55

Appleから新しく発売された

AirPods Proは従来のワイヤレスイヤホンに

ノイズキャンセル機能が加わっているようだ。

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

ノイズキャンセルは周りの音をマイクで集音し

逆位相の音で打ち消して音を消すというもので

周囲の音が聞こえなくなるので

音量が小さくても音楽を楽しむことが出来るようになる。

また飛行機の機内や電車の車内など周囲の雑音が大きい場合も

それらを抑えることが出来ると。

 

この手のノイズキャンセルイヤホンやヘッドホンは

これまで多くのメーカーが発売しているけど

特にBOSEやSONYなどは積極的に販売をしている。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル ブラック WF-1000XM3 B

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 :

完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生

2019年モデル ブラック WF-1000XM3 B

SONYの完全ワイヤレスイヤホンはノイズキャンセルがあり

それでかなりの人気だったけどAppleが対抗してきたことで

また競争が激化していきそうだ。

完全ワイヤレスがこれまではトレンドだったけど

完全ワイヤレス+ノイズキャンセルがトレンドになれば

競争は激化しそうだけど単価は高くなってしまいそうだな。

 

そんなノイズキャンセル。

実はワイヤレスイヤホンとの相性は良い。

というのもノイズキャンセル機構には

周囲の音を拾うマイクと音を打ち消すのに電源が必要になる。

当然マイクは耳に近い場所に必要だし

一般的な音楽プレイヤーではノイズキャンセルに必要な電力供給されないので

バッテリーなどを搭載する必要が出てくる。

しかしワイヤレスイヤホンだともともと電源などは搭載しているので

その点問題がなくそれ故に効率的にノイズキャンセルが可能になると。

まあワイヤレスイヤホンにとっても

付加価値があれば価格をあげられるというメリットもあるんだろう。

 

僕の場合は正直ノイズキャンセルには向かない。

理由はウォーキング時に音楽を聞くためだ。

周囲の音をカットすることはとても危険。

ウォーキングだけど周りの音はある程度聞こえないと怖くて歩けない。

特に道路沿いなどを歩く際には車や自転車の接近に気づく必要がある。

だからノイズキャンセルイヤホンの利用は論外だ。

電車や飛行機などだと効果は大きいんだろうけど

めったに乗らないからなあ。

自宅で利用するなら問題ないけど・・・もし聞くとしても寝るとき。

周囲は静かなのでノイズキャンセルいらないんじゃねと。

 

完全ワイヤレスは高いので

買うなら部分ワイヤレスのタイプになるかなと。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN : カナル型 Bluetooth対応 ブラック MDR-EX31BN B

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン

MDR-EX31BN : カナル型 Bluetooth対応 ブラック MDR-EX31BN B

バッテリーを搭載する部分がリモコンになっているので

スマートフォンの音楽プレイヤーを利用する場合など対応してれば

リモコンで選曲やボリュームコントロールが可能になる。

これならスマホは収納しておけるかなと。

それこそUSB充電しながらも音楽プレイヤーとして使えそうだ。

別に屋外で危険ならノイズキャンセルはOFFにすればいいし

両方使えるワイヤレスイヤホンとしてはなかなか良さそうだな。

まああと家で使うならヘッドホンタイプのほうが良さそうだ。

ノイズキャンセルは密閉型イヤホンでこそ使えるものかと。

ソニー SONY ノイズキャンセリングヘッドホン 密閉型 折りたたみ式 MDR-ZX110NC

ソニー SONY ノイズキャンセリングヘッドホン

密閉型 折りたたみ式 MDR-ZX110NC

安いモデルだと安いなりだろうけど

僕はそんな良い耳を持っているわけではないので

この辺りでも全然良さそうでとりあえず試して見るにはいいかもね。

 

どの場面で利用するかだな。

とにかくウォーキング時は静寂性はハイリスクなので

利用しないように気をつけよう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーキング時の携帯音楽プレイヤー

  • 2019.11.07 Thursday
  • 21:44

最近はスマホを音楽プレイヤーとして

利用している人が多い。

iPhoneなどは音楽プレイヤーのiPodの進化系なので

音楽機能が充実している。

また通信環境を備えていることで最近トレンドな

Spotifyのようなストリーミングサービスも利用出来る。

Bluetoothにも対応してるのでワイヤレス環境も活用できる。

その結果音楽プレイヤーはあまり売れなくなり市場は縮小してしまった。

 

僕は15年以上前から利用しているけど

一般的なMP3プレイヤーを利用していた。

今はなきRioの製品を愛用していたっけ。

あと今は携帯プレイヤーから撤退してしまったCreativeの製品も良く使ってた。

2000年代は携帯音楽プレイヤーがたくさん出ていて

とても市場は盛り上がっていたんだなあ。

ただ2000年代後半になりiPodが人気となっていく。

iPod nanoは僕自身購入して利用している。

2010年にはiPod touchも購入した。

Apple iPod touch (32GB) - ゴールド (最新モデル)

Apple iPod touch (32GB) - ゴールド (最新モデル)

ただiPod touchを買ってこれは音楽プレイヤーとしては違うなと

結局音楽プレイヤーとして使わなかった。

元々スマホの延長線上として購入したこともあり

ゲームやウェブやSNSなどアプリ中心で利用したので問題ないけど。

 

2010年代になりスマホが普及すると

一気に音楽プレイヤーはスマホへ移行していき

市場は縮小してプレイヤーは消えてしまった。

僕自身は専用プレイヤーの利用を模索したけど

結局2014年頃からコンパクトなスマホをプレイヤーとして利用。

SoftbankのAquos Phone SS 205SHを利用している。

ただもうボロボロで新しくしたい。

携帯音楽プレイヤーはイヤホンをひっかけたりして

よく落とすので高価なスマホは使いたくない気持ちが強い。

もしスマホを使うならワイヤレスなんだろうけど

以前少し試したけどワイヤレスイヤホンは重くて耳に合わず

結局利用しなくなってしまった。

だからやっぱり携帯音楽プレイヤーを買おうかなと最近考えている。

 

今出ているプレイヤーだが

安いやつか高いやつのどちらかだだ。

高いのはハイレゾ対応の高級プレイヤー。

SONYのウォークマンなどが人気だったりする。

ソニー SONY ウォークマン 16GB Aシリーズ NW-A105HN : ハイレゾ対応 / bluetooth / android搭載 / microSD対応 タッチパネル搭載 最大26時間連続再生 ブルー NW-A105HN L

ソニー SONY ウォークマン 16GB Aシリーズ NW-A105HN :

ハイレゾ対応 / bluetooth / android搭載 / microSD対応

タッチパネル搭載 最大26時間連続再生 ブルー NW-A105HN L

ノイズキャンセルなどもついてて至れり尽くせり。

ただ価格もそれなりに高い。

ハイレゾ非対応のモデルなら15000円以下で買えるけど。

僕の場合聞いている曲が基本的に同じで

音源は192kbpsのMP3が多いことを考えると音質にはそれほどこだわらない。

それ故に高級プレイヤーである必要はないかと。

 

となれば安いモデル。

安いモデルだけど最近多いのはBluetoothに対応して

ジャケット表示が出来る液晶を搭載したタイプ。

Victure Bluetoothアップデート MP3プレーヤー タッチボタン 16GB内蔵容量 最大64GB スピーカー内臓 FMラジオ HIFI超高音質 デジタルオーディオプレーヤー まで拡張可能 合金制 ブラック

Victure Bluetoothアップデート MP3プレーヤー タッチボタン

16GB内蔵容量 最大64GB スピーカー内臓 FMラジオ HIFI超高音質

デジタルオーディオプレーヤー まで拡張可能 合金制 ブラック

機能的には昔出ていたiPod nanoに近いスペックを持ちながら

3000円台くらいで購入できる。

ただほとんど中華メーカーなので概ね問題ないとは思うが品質は不明。

それ以上にレビューはステマが多いので気を付けたい。

シンプルな安いモデルは1500円くらいから購入できる。

ただこの価格帯のモデルはこのところ激減してきている。

以前は多かったんだけど・・。

グリーンハウス デジタルオーディオプレーヤー kana DT オーディオ機器からのダイレクト録音対応 FMラジオ(ワイドFM対応) ボイスレコーダー機能搭載 8GB ホワイト GH-KANADT8-WH

グリーンハウス デジタルオーディオプレーヤー kana DT

オーディオ機器からのダイレクト録音対応 FMラジオ(ワイドFM対応)

ボイスレコーダー機能搭載 8GB ホワイト GH-KANADT8-WH

このプレイヤーもレビューを見ると

ダイレクト録音機能目当てで買っている人ばかりで

音楽プレイヤーとしてのレビューが少ない。

このクラスのプレイヤーは人気がないのだろうか。

僕はこれで十分かなと思っているけど。

 

現状ワイヤレスイヤホンを利用するつもりはなく

ウォーキング時にスマホをイヤホンに接続すると

ひっかかかりスマホが飛んでしまう可能性があり怖くて持てない。

飛ばないようにスマホを固定するとコネクタ端子にダメージが出てしまう。

今は壊れても大丈夫なスマホをプレイヤーとして利用しており

実際液晶こそ割れてないけど本体は傷だらけで一部割れているほど。

あと最近のスマホは大きくなりすぎているのもネックで・・・。

ということで今のスマホを継続的に使っていくけど

いつ壊れてもおかしくないので新しいのも検討していきたい。

ちなみに昔使ってたプレイヤーはまだあるけど

バッテリーが劣化してもうほとんど使えないので駄目だな・・。

 

ワイヤレスイヤホンでも

耳栓部分が大きくないネック部分に

コントローラーやバッテリーが入ってるモデルなら

それほど重くはないと思うので

【Bluetooth 5.0 IPX7完全防水】Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン 10時間連続再生 マグネット搭載 SBC&AAC対応 マイク内蔵 ランニング用 ハンズフリー通話 二台接続可能 CVC8.0ノイズキャンセリング搭載 自動ペアリング EVIO 運動 ブルートゥース イヤホン Siri対応 iPhone/ipad/Android適用

【Bluetooth 5.0 IPX7完全防水】

Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン

こうしたモデルを選ぶのもありかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CDを買わない時代

  • 2019.10.26 Saturday
  • 22:40

今年5月に岡村孝子さんのアルバムfierteを購入。

fierte

fierte

僕にとってこれが最後のCDになるかもしれない。

これまで既に音楽のデジタル化は進めてきており

購入したCDなどはMP3やAACに変換してPCに保存し

PCやスマホ、音楽プレイヤーで聞いている。

CDは車のHDDに取り込むのに利用していたけど

もうそれもやめようかなと思っている。

いよいよCDは処分して音楽データだけにしようかと。

 

岡村さんのCDだけど

実はCDだけでなくiTMSでの

デジタル版も購入している。

今年夏に買ったSKE48のFRUSTRATIONは

iTMSでのデジタル版のみを購入。

音楽を購入することは続けていくけど

それはCDではなくデジタルデータに変わっていく。

既に変わっていたんだけどCDから完全に手を引こうと

最近決めつつあり今後はもうCDを買わないつもりだ。

既にCDプレイヤーはないので

実質的にCD視聴環境はほぼないと言えるんだけどね。

今後も買う予定はないし音楽を聞くのは

パソコンやスマホになっていくだろう。

 

古いCDのデジタル化は既に終えていて

今持っているCDは50枚くらい。

これらはもう処分しようと思っている。

かつては500枚以上あったけど処分してここまで減らした。

今残っているのはクラシックや洋楽などが中心で

いい音でCDで聞きたいと思って残していたけど

最近のPCオーディオは十分高音質になってきたので大丈夫。

PCのスピーカーは

Olasonic USBパワードスピーカー (チタニウムグレー) TW-S9T

Olasonic USBパワードスピーカー (チタニウムグレー) TW-S9T

高音質モデルにアップグレードしたいけど

そもそもPCよりもスマホで聞く機会のほうが多いので

買うならイヤホンなどのアップグレードが先だろうか。

 

岡村孝子さんのCDで最後のCDとするのは

はじめて購入したCDが岡村さんのだったからということもある。

Kiss〜a cote de la mer〜

Kiss〜a cote de la mer〜

1990年のことだった。

ちなみに新譜としてはじめて買ったもので

中古も含めれば岡村孝子さんのソレイユが初めて買ったCDになる。

1989年か1990年かその頃だったか。

CDラジカセを買ってもらったのが多分その頃だった。

CDラジカセはSONYのだったと思うけど機種は忘れてしまった。

よくラジオをカセットテープに録音して聞いていたもの。

僕は当時テレビを殆ど見なくてラジオばかり聞いていた。

 

音楽時代は今後も聞くけど

CDを買うという行為はなくなっていくかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワイヤレスイヤホンは落としやすい?

  • 2019.10.19 Saturday
  • 22:43

最近ニュースで駅などで

ワイヤレスイヤホンを落とす人が多くて

線路内に立ち入らないようにとJRなどが呼び掛けていると。

そんなに頻繁に落とすものなのか。

最近のワイヤレスイヤホンは確かに耳栓タイプなので

以前に比べると耳からとれた時にそのまま落ちてしまう。

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

さらに言えば価格も2万円かそれ以上のものが多く高いので

落としたら拾おうと線路内ですら立ち入ろうとするのだろう。

鉄道管理者としてそれは危険すぎると。

そのうちワイヤレスイヤホンが駅やホーム、電車内などで

禁止されてしまう可能性も考えられなくもない。

 

僕はウォーキングをしてるけど

今のところワイヤレスイヤホンを導入する予定はないが

腕を振って歩くときにケーブルが手にひっかかかることはある。

それがプレイヤー側を引きずり落としてしまうことも。

スマホをプレイヤーとして使ってたらスマホを落とす原因にもなり厄介。

ワイヤレスだとその点は問題ないんだけど

イヤホン側を落としてしまうリスクはあると。

まあワイヤレスでもネックイヤホンというのか

BeatsX ワイヤレスイヤホン - サテンシルバー

BeatsX ワイヤレスイヤホン - サテンシルバー

左右がケーブルで繋がっているタイプならば

ケーブルがひっかかかる心配もないし問題ないと思うのだが

何故完全イヤホンタイプが急に流行ってしまったんだろう。

多分高付加価値をつけて高値で売るためだと思うけど

落としたり紛失しやすいならどうなのかな。

むしろそれすらメーカーは狙っていて

買い替え需要の高さも美味しいのかもしれない。

 

そういえば耳掛けタイプじゃ駄目なのかな。

僕は昔耳掛けタイプのを利用していた。

JVC HA-AL102BT-A ワイヤレスイヤホン 耳掛け式/Bluetooth/高音質 ブルー

JVC HA-AL102BT-A ワイヤレスイヤホン 耳掛け式/Bluetooth/高音質 ブルー

耳掛けタイプは種類にもよるけど

カナル型の耳栓タイプではない製品が多くてそれ故に耳掛け式。

こうしたタイプはイヤホンというよりもヘッドホンに近い感覚で

周りの音も聞こえる開放感がある感じで使える。

低音が弱く音漏れが大きいのも弱点なので鉄道などでは使えないだろうけど

ウォーキングで使ったりする場合は

周りの音を遮断するのは危険などを考えると実はこの手が

ウォーキングにおすすめだったりする。ワイヤレスタイプも出ていたのね。

価格も安いしこれでいいんじゃないかな。

 

僕は耳栓タイプの完全ワイヤレスイヤホンを

使ったことがないので落としやすいのか分からないが

過去ワイヤレスイヤホンを利用した経験では

完全ワイヤレスは耳の部分にバッテリーなどを搭載し重いので

やっぱり外れやすいと思う。

正直完全ワイヤレスの利点ってのは何があるんだろうんか。

左右をつなぐケーブルなんて首の後ろを通すだけで

煩わしさもないし首の部分にバッテリーがあれば

耳栓部分のバッテリーが不要で軽くなるし

完全ワイヤレスなんてデメリットばかりに感じてしまうけど

どうなんだろうな・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Bluetoothスピーカーはあり

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 20:35

先日家電店へ行った時いい音がしていた。

そこにはSONYのBluetoothスピーカーがあった。

近寄るとやっぱりいい音。

そしてさらにLEDがピカピカ光っていた。

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB32  :  防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth /  重低音モデル 最大24時間連続再生  2019年モデル ブルー SRS-XB32 L

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー

SRS-XB32 : 防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth / 重低音モデル

最大24時間連続再生 2019年モデル ブルー SRS-XB32 L

今年発売されたこのBluetoothスピーカーだったと思うが

なかなか良いね。

少なくとも僕が持っているAnker Soundcoreよりもずっと良かった。

この音ならBluetoothスピーカー使ってみたいと思わせるものがあった。

 

そういえば2年以上前

ハワイ旅行へ行った時に

ビーチを歩いていたら海外の家族が歩いてて

その中で小さな女の子がヒップの音楽を大音量で流しながら歩いていた。

その時の音がとても良かったんだけどJBLのBluetoothスピーカーだった。

JBL CHARGE3 Bluetoothスピーカー IPX7防水/ポータブル/パッシブラジエーター搭載 グレイ JBLCHARGE3GRAYJN 【国内正規品】

JBL CHARGE3 Bluetoothスピーカー

IPX7防水/ポータブル/パッシブラジエーター搭載

グレイ JBLCHARGE3GRAYJN 【国内正規品】

あの時もいい音だと思って買おうかと思ったけど

自分のライフスタイルにはあわなさそうでやめた。

大音量を流してこそいい音だと思ったから。

でも今回聞いたのはそんなに大きな音でもなく

僕が普段PCのスピーカーで音楽を聞くのと変わらない感じだった。

だからありだなと。

 

SONYのもJBLのも1万円を超える価格だ。

普段は自宅では音楽を聞くとしたらPCを利用するし

外ではイヤホンを利用する。

深夜だと自宅でヘッドホンを利用する。

そんな状況でBluetoothスピーカーを使うだろうか。

AnkerのSoundcoreという旧モデルを持ってるが

持っているだけで殆ど使わない

最近はradikoをPCで使うようになってラジオ用という役割もなくなった。

また音もそんなにいい音だとは思わない。

モノラルっぽい感じなのかな。実際モノラルかもしれないけど。

【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)

【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 /

デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

新モデルは完全ステレオらしいので

音質は劇的に向上しているようだ。

価格もSONYやJBLよりずっと安いしとりあえずこれでと思うところはあるが

ただ買っても使うとは限らないので慎重になっている。

増税前にタイムセールで3999円で出てた時にどうしようかなと思ったけど買わなかった。

いやどうせ買うならSONYのがいいかなと思ったりしたものだ。

 

僕はここ数年コストパフォーマンスに走りすぎてる気がする。

従来だったらSONYやJBLはコスパが悪い。

安くて音も良いAnkerを選ぶことだろうけど最近ようやく変わり始めた。

SONYやJBLはAnkerよりも蓄積した技術がありやはり良いんだな。

より上を目指すなら中途半端ではなくある程度良いものを使ってこそ

その良さがわかり使うようになるんじゃないかと思う。

かつてデジカメがそうだったしスマホもそうだった。

どちらもコスパ重視で買っていたけど

結局良いものこそ良いということで

コスパを求めるにしても費やす価格帯は格段に上がっている。

SONYのだってもっと広い価格帯で言えば高コスパモデルと言える。

下ばかり見てないでもっと上を見ていこうと。

他のカテゴリから考えてもいずれそれを求めるんだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

安価なワイヤレスイヤホン

  • 2019.09.24 Tuesday
  • 22:21

最近流行っているワイヤレスイヤホン。

以前のワイヤレスってのは

左右のイヤホンユニットがケーブルで繋がっていて

再生するプレイヤーと間がワイヤレスだった。

今は左右のイヤホンユニットを結ぶケーブルもない完全ワイヤレス。

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

だからイヤホンというよりも

耳栓を左右につけて利用している感じになっている。

AppleがAirPodsを発売して人気が高まって

各社から発売されて盛り上がっている。

ただ価格は従来のワイヤレスイヤホンよりも高くて

2万円を超えるモデルが多い。

 

僕はこれまでイヤホンをいくつか使ってきたけど

多くは1000円ほど。高いものでも4000円くらいで

5000円を超えるイヤホンを買ったことがない。

2万円を超えるイヤホンなんて買えない。

というか僕の価値観ではLEDライトに2万円出せても

イヤホンに5000円は出せないという偏ったものなので

いきなり2万円なんて到底無理というもの。

使ってる人にとっては価格分の価値があり

便利というかもしれないけどね。

だから・・・安いワイヤレスイヤホンはないものかと。

 

左右のイヤホンをケーブルで繋がってるものは

比較的安価だけど完全分離型は高い。

そんな中でAnkerから発売された第2世代モデルは

5000円を切る価格となっており気になっている。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応 / グラフェン採用ドライバー / マイク内蔵 / PSE認証済】

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo

(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)

【IPX7防水規格 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応 /

グラフェン採用ドライバー / マイク内蔵 / PSE認証済】

他の安い製品は名もなき中華製品で

いまいち信頼性がないけどAnkerなら多少はあるかな。

モバイルバッテリーで知られているし

オーディオ関連でもBluetoothスピーカーなどを発売している。

ポータブルBluetoothスピーカーのSoundCore2は

【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

【改善版】Anker Soundcore 2

(12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)

【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 /

IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

初代モデルに比べて大幅に音質が良くなった。

第2世代モデルになりしっかりと改良されていることから

ワイヤレスイヤホンの場合も期待が持てそう。

 

ウォーキングの時に音楽を聞いていて

その際にイヤホンを利用するけどどうだろう。

スマホを利用しているのでBluetooth機器は問題ない。

ケーブルレスになれば

ウォーキング時にひっかけることもなくなるから

ありかなと思うけど落としそうなのが怖いな。

耳から落ちたりしないものだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

mamiのRADIかるコミュニケーション

  • 2019.09.22 Sunday
  • 20:43

居の昼過ぎに東海ラジオで

mamiのRADIかるコミュニケーションの特番が放送された。

事前にTwitterアカウントも出来ていたらしいが

実は全く知らなかった。

ただ14時からSKE48の番組が放送されるので

まだ1時間あるけど13時頃にradikoをあわせてみたら

なんとものすごい懐かしい声が聞こえてきて

これは何だ!!!!となり調べたら今日まさに放送日だったと。

聞き逃したら後悔するところだった。

 

mamiのradiカルコミュニケーションだけど

僕はかなり前から聞いていた。

当時はよくラジオを聞いていた。

1990年くらいから聞くようになったかなと記憶している。

確か日曜日の21時半からの30分の放送だったっけ。

イベントにも何度か行ったことがある。

初めてのイベントのレインボーホールは10周年だったっけ。

鶴舞の名古屋市公会堂や池下の厚生年金会館とか行ったなあ。

どっちかはポップンパジャマのイベントだったかもしれないけど。

とにかく当時はテレビを全然見なくてラジオばかり聞いてたので

よく聞いていた。その中でもradiコミは中心的な長寿番組だったっけ。

 

小森まなみさんのCDもイベントなどの物販で購入して

一通り揃えて今も持っていると思う。

ただ今回の番組内で流れた曲で

「Life〜上を向いて歩こう〜」って曲は知らなかった。

入っているCDを持っていないんだなあ。

発売は2002年か・・。この頃はラジオを聞かなくなってた時期だったっけ。

愛・地球博の頃から再び聞きはじめて数年して番組が終わってしまったんだっけ。

小森まなみ パーフェクト・ベスト

小森まなみ パーフェクト・ベスト

ベスト盤には収録されているようだ。

 

一番よく聞いてたのは1990年代だけど

1995年としても24年も前のことなんだな。

まだインターネットがないわけではないのだが

今のように一般的ではなくて

リスナーからは手紙やFAXなどが中心。

うちは東海ラジオの電波は地元なので安定的に入ったけど

この番組は大都市の名古屋、大阪、札幌、福岡でネットされていて

全国にファンがいたんだっけ。ただ東京ではネット局がないので

ラジオの向きを調整したりして

雑音まみれの中で聞いたりしていたと。

僕も遠方の局を聞いたりしてたことがあったので懐かしい。

今日の放送はradikoを通して聞いたのでノイズとは無縁だし

radikoプレミアムを介して全国で聞くことが出来たようで

ネット時代だなと思う。

 

ラジオで聞くお二人の声は昔と全く変わらず

番組が終わって10年の月日が経ったのか!?というほどで

昔にタイムスリップすることが出来たのだが

"Twitterのトレンド"という用語が出てきたりすると

一気に今の時代で凄く過去と現在が入り混じった不思議な放送だった。

普通に聞けば20年30年前に戻ったかのようなのだが

そこに現代用語が交じると少し整理がつかなくなるような・・。

本当に懐かしかった。

偶然聞くことが出来たわけだが良かったな。

最初東海ラジオで小森まなみさんとミンキーヤスさんの声が聞こえてきた時

あれなんで!?と本当に驚いたんだから。

昔のラジオ録音をデジタル化したデータがPC内に入ってるので

間違えてそれが再生されたのか?とすら思ったほど。

 

今回東海ラジオ60周年のイベントとして行われたわけだが

またやってほしいなあ。

小森まなみさんは芸能活動は停止していたけど

今回の放送を聞く限りラジオは全く問題なく出来そうで

定期的に番組を持って放送してくれればと思う。

ミンキーヤスさんも声だけ聞けば全く以前と違和感なし。

流暢だしまたラジオで声が聞けたら。

そういえばこの10年で結婚されたようでおめでとうございます。

レギュラーは厳しいかもしれないけど

また不定期でいいからやってほしいなと思った日曜日の昼下がりだった。

いいもの聞けた。

タイムフリーで聞けるのでぜひ。

録音しておきたいなあ。

ラジ録11 Windows版

ラジ録11 Windows版

今この記事を書いてるのは夕方なんだけど

まだ胸がいっぱいだなあ。昔の記憶とか一気に蘇ってきて

また頑張らないとなあという気分になってきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽プレイヤー

  • 2019.09.19 Thursday
  • 22:05

昔に比べると聞かなくなった音楽だけど

今は主にウォーキング時に聞いている。

自宅だとPCで聞くことはあるけどそれ以外では使わない。

ウォーキング時に聞いてるのはスマートフォン。

古いSIMなしスマホを音楽プレイヤーとして酷使している。

専用の音楽プレイヤーを買おうかなと思ったこともあるが

現状使ってるので問題ないからそのまま使ってきた。

 

今使ってるのはSHARPの205SHという2013年頃に出たスマホ。

白ロムで安く購入して音楽プレイヤーとして利用している。

このスマホは凄くコンパクトなのでポケットに入れるのに最適。

最近のスマホは大きくなりすぎてポケットに入れづらい。

ただ何度も落としたりして205SHはもうボロボロ。

新しいプレイヤーが欲しいなと思ってるがどうしよう。

Xperia SX SO-05D docomo [Black]

Xperia SX SO-05D docomo [Black]

コンパクトなスマホを中古で買って

使おうかなとか思ってるけど基本は古いので十分。

下手に新しいと落としたりするとショックだから。

現役のスマホを音楽プレイヤーとして使わないのも

落としやすいためでもある。

ワイヤレスにすれば落としづらいかもしれないが

ワイヤレスイヤホン自体を落としてしまいそうだ。

 

別にスマホにこだわる必要性は全くない。

中古スマホを買うのより多分安く音楽プレイヤーは買える。

そりゃウォークマンとかだと1万円以上するけど

そんなに高音質は必要ない。

Victure MP3プレーヤー 最大100時間待機 軽量 HIFI高音質 8GB内蔵 128GB拡張可能イヤホン FMラジオ 録音M5

Victure MP3プレーヤー 最大100時間待機 軽量 HIFI高音質

8GB内蔵 128GB拡張可能イヤホン FMラジオ 録音M5

安い音楽プレイヤーで問題ないかな。

microSDXDカード対応なら容量の心配もない。

まあ8GBもあれば僕の場合は十分なんだけどね。

これだとクーポン使って3000円以下で買えるか。

ワイヤレスを利用するならBluetooth対応が良い。

【Newiy Start】mp3プレーヤー Bluetooth5.0対応 sdカード対応 合金製 超軽量 無損音質 デジタルオーディオプレーヤー 8GB内蔵容量 最大128GBまで拡張可能 音楽プレーヤー 小型 FMラジオ 歩数計 AUXケーブルダイレクト録音対応 [2019最新版】

【Newiy Start】mp3プレーヤー Bluetooth5.0対応 sdカード対応

合金製 超軽量 無損音質 デジタルオーディオプレーヤー 8GB内蔵容量

最大128GBまで拡張可能 音楽プレーヤー 小型 FMラジオ 歩数計

AUXケーブルダイレクト録音対応 [2019最新版】

これだと4000円ほど。Bluetoothイヤホンなどが使える。

どちらも中華プレイヤーなので

日本メーカーの商品に比べると不良率が多い。

ただ基本的に不良交換にはしっかり応じてくれてるみたいだし問題なさそう。

僕はこの手の不良にはほとんど当たったことはないけど。

 

もしスマホを音楽プレイヤーとして使うなら

ワイヤレスイヤホン必須になる。

有線だと歩いてる場合引っ掛けてスマホを落とすから。

ただワイヤレスだと普通のイヤホンよりもイヤホン自体が重い。

バッテリーとか内蔵してるからね。それに高価。

そこまでお金をかけたくないので安いプレイヤー買うのがいいかな。

まあ今の所ボロボロのスマホだけど使えてるから使える限り使い続けるのもありだが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


recommend

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3
【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3 (JUGEMレビュー »)

DJIのスマホ3軸ジンバルの新モデル。折りたたんでコンパクトに収納できるようになった。さらに13500円と値下げ。

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM