ヘッドホンへの回帰

  • 2017.10.13 Friday
  • 21:36

遠い昔の話だけど学生時代は

音楽やラジオを聞くときなどヘッドホンを利用していた。

テスト勉強をしたり深夜起きているときなどは

ヘッドホンをして集中力を高めていたものだ。

大人になりいつからかヘッドホンは使わなくなっていた。

 

最近ヘッドホンへの回帰を進めている。

ただなかなか進まない。

今持っているヘッドホンはAmazonのセールで買ったもの。

JVC 密閉型ステレオヘッドホン RX700 室内用(テレビ・ゲーム向け) 3.5m+延長1.5mコード付き HP-RX700

JVC 密閉型ステレオヘッドホン RX700 室内用

(テレビ・ゲーム向け) 3.5m+延長1.5mコード付き HP-RX700

寝る時布団に入ってポータブル音楽プレイヤーで

以前良く音楽を聞いていてそれで利用をしていた。

ただ最近はウォーキング時に音楽を聞くことが増えて

寝るときには音楽を聞かなくなり利用はあまりない。

 

昔はラジカセやミニコンポが中心だった。

それ故にヘッドホンの利用はごく当たり前だったわけだ。

今はラジカセもミニコンポもなくなり

音楽を聞くのはパソコンやスマホなどが中心になっている。

僕はスマホではあまり音楽は聞かないのでパソコンかな。

今はUSBスピーカーを利用しているけど

なかなかヘッドホンで音楽を聞こうとしてもそれは広がらない。

ゲームなどもスピーカーでプレイすることが多い。

そのため最近ヘッドセットの導入を検討している。

Logicool ロジクール G430 サラウンドゲーミングヘッドセット Dolby 7.1 Windows対応

Logicool ロジクール G430 サラウンドゲーミング

ヘッドセット Dolby 7.1 Windows対応

最近のヘッドセットはUSBでPCのサウンドデバイスに依存せず利用可能。

音質も良くてボイスチャットなども利用できる。

ただ音楽を聞くだけで利用しても良いしゲームで使っても良し。

Skypeとかは最近利用しないけどそういう利用もありだろう。

PCでヘッドホンを使うならヘッドセットは有力だ。

 

昔よく使ってたヘッドホンは

オーディオテクニカのヘッドホンだ。

audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x

audio-technica プロフェッショナル

モニターヘッドホン ATH-M20x

今だとこの辺りのモデルになるのだろうか。

ボロボロになるまで使っていて何度か買い替えていた。

イヤーパッドを取り寄せ交換したこともあったなあ。

ヘッドホン端子の部分が劣化するので

はんだ付けしたりしたこともある。

今こうしたヘッドホンを買ったところで

昔のように音楽を聞くようになるか分からないけど

最近は昇進試験や資格試験の勉強などで

集中を要求されることが多くて

学生時代のように頑張ってみようと思っているわけで

昔同じような環境を求めるのは悪くはないかなと。

PCでこうしたヘッドホンを利用するなら

Creative Sound Blaster E1 ハイレゾ対応 USBオーディオインターフェース DAC ヘッドホンアンプ  ステレオミックス SB-E-1

Creative Sound Blaster E1 ハイレゾ対応

USBオーディオインターフェース DAC

ヘッドホンアンプ ステレオミックス SB-E-1

USB-DACを購入すれば手軽に利用できる。

そういえばこの製品持っていた気がするけど

どこへ行ったかなあ。探してみよう。

 

パソコンが音楽を聞いたりする中心になるのは間違いないので

USBヘッドセットかUSB-DAC+ヘッドホンのどちらかの環境を

整えていきたいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今の音楽の楽しみ方

  • 2017.10.03 Tuesday
  • 20:30

僕はJ-POP黄金時代とともに生きてきたので

中高生の時にたくさんの音楽を聞いていたし

その後も音楽のある生活を送ってきた。

ただ最近は新しい音楽をあまり受け入れなくなり

昔聞いていた音楽を聞いたりすることが多い。

 

僕の場合は今は音楽はPCで管理している。

CDは200枚くらい持っているけど

CDプレイヤーは今はもう使うことはない。

全てはMP3やAACファイルとしてPCに保存されている。

PCで再生することもあるけど音楽プレイヤーを利用することが多い。

Transcend MP3プレーヤー 耐衝撃 MP350 8GB ブルー TS8GMP350B

Transcend MP3プレーヤー 耐衝撃

MP350 8GB ブルー TS8GMP350B

普段あまり音楽は聴かないけどウォーキング時などは

音楽を聞いており最近はわりと音楽を聞いているといえる。

ただ聞いてる曲は1990年代から2000年頃のヒット曲が多く

最近の曲も少しはあるけどあまり多くはないかな。

 

僕が学生の頃などは音楽にあふれていた。

高校生の時などは学校へ行く電車の中でも音楽を聞いてた。

当時はウォークマンを利用していたっけなあ。

ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S14 : 8GB Bluetooth対応 イヤホン付属 2014年モデル ブルー NW-S14 L

ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S14 : 8GB

Bluetooth対応 イヤホン付属 2014年モデル ブルー NW-S14 L

今はメモリプレイヤーのウォークマンだけど

最初はカセットテープで次がCD、そしてMDと

これらのウォークマンの歴史は僕の音楽を聞いてきた歴史とも重なる。

最近ウォークマンはノイズキャンセルを搭載して

音質もかなり上がっていて気になるところ。

AppleがiPodから撤退しつつある今はまともな音楽プレイヤーは

SONYくらいしか作っていない感じなのかなあ。

 

今や1人1台普及しているスマートフォン。

スマホは音楽プレイヤーでもある。

先日母と姪が音楽について話をしていた。

姪は中学生で今音楽をよく聞く年代になっている。

今の若い世代は映画やドラマ、アニメなどから

音楽を得るのは今と変わらないけど

音楽をYouTubeで聴くことが多い。

PVやMVの映像が公開されておりそれらで音楽を聞いている。

CDはプレイヤーをそもそも持ってない。

iTunesストアでは本当にお気に入りの曲だけを買うようだ。

今ほしいものはBluetoothスピーカーらしい。

Anker SoundCore mini コンパクト Bluetoothスピーカー 【15時間連続再生 / 内蔵マイク搭載 / micro SDカード & FMラジオ対応】(ブラック)

Anker SoundCore mini コンパクト Bluetoothスピーカー

【15時間連続再生 / 内蔵マイク搭載 /

micro SDカード & FMラジオ対応】(ブラック)

もうすぐ誕生日だからプレゼントしてみようかなあ。

 

母が最近スマホに音楽を入れてくれというけど

iPhoneの場合はAndroidのように

MP3を転送すればいいだけではないので難しい。

そもそも転送すべき音楽を持っていなかったりする。

僕は以前レンタルCDなどからのMP3化など

相当数の音楽ライブラリをそろえてPCで保存しているけど

それでもやはりある程度は買う必要があるかな。

ただ嵐の曲とかは難しい。ネットで売ってないから。

I-O DATA iPhone スマホ CD取込 iOS/Android/Wi-Fi接続 「CDレコ」 CDRI-W24AI

I-O DATA iPhone スマホ CD取込

iOS/Android/Wi-Fi接続 「CDレコ」 CDRI-W24AI

CDからスマホへ直接取り込み可能な製品が売られてて

これ誰か買うんだろうと思っていたけど

ジャニーズファンなどは持ってる人が多いのかもしれないな。

 

とりあえず以前母に車で音楽を聞きたいから

CD-Rに曲を集めて焼いてくれと言われたけど

そのライブラリがPCに残ってるからそれをプレイリストにして

iTunes経由で母のiPhoneに転送することにしようかなあ。

スマホは万能だとはいえこういうことはパソコンがないと不便だな。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポータブルアンプ

  • 2017.08.26 Saturday
  • 19:12

スマートフォン等で音楽を聞いている人が

より高音質で音楽を聞くために最近は

ポータブルアンプ、ポータブルヘッドホンアンプとか

言われている製品を利用しているようだ。

スマートフォンの内蔵アンプの性能は低いので

外付けのバッテリー駆動のアンプを利用するもの。

これにより高音質が実現できる。

 

 

ポータブルアンプだけど

安いものは5000円以下で買うことができる。

M-Audio 小型ポータブル・ヘッドフォンアンプ 2出力 2段階ブースト Bass Traveler

M-Audio 小型ポータブル・ヘッドフォンアンプ

2出力 2段階ブースト Bass Traveler

スマホのヘッドホン出力からポータブルアンプに入力し

再びヘッドホン出力をして聞くというものだけど

スマートフォンの音量は確かにあまり大きくない。

ウォーキングで聞いているけど

音量MAXだけどうるさすぎず

曲によっては音が小さなと思うほどだ。

それはスマートフォンのアンプの性能が低いため。

こうしたポータブルアンプにより音量を増やすことができる。

音質も改善するがスマホ内でDAC(デジタルからアナログへのコンバート)を

行っているため高音質化にはこの手法だと限界がある。

 

最近はスマートフォンとポータブルアンプを

デジタル接続してポータブルアンプのDACを利用して

高音質に出力する製品も増えている。

ハイレゾなどに対応している製品も少なくない。

ONKYO DAC-HA200 ポータブルヘッドホンアンプ ハイレゾ対応 ブラック DAC-HA200(B) 【国内正規品】

ONKYO DAC-HA200 ポータブルヘッドホンアンプ

ハイレゾ対応 ブラック DAC-HA200(B) 【国内正規品】

スマートフォンとの接続はUSBなどで行う。

USB接続によりデジタルで接続される。

となると音源の品質が重要になってくるわけだが

MP3でもスマホで再生するよりは

ポータブルアンプを利用したほうが高音質になるようだ。

ハイレゾ音源などだとより高音質で利用できるようで興味深い。

ただハイレゾ音源ってのは僕はもっていないし

これからそろえるのは大変だから

既存のMP3再生環境が良くなればいいかなと考えている。

 

ポータブルアンプの弱点は邪魔なことだろう。

本来スマートフォンだけで音楽を聞けるのに

別にポータブルアンプを持つ必要がある。これは邪魔だ。

いっそのことポータブルアンプの機能を内蔵した

音楽プレイヤーを利用したほうが便利かもしれない。

ソニー SONY ウォークマン Aシリーズ NW-A37HN : 64GB ハイレゾ/Bluetooth/microSD対応 ノイズキャンセリング機能搭載 ハイレゾ対応イヤホン付属 シナバーレッド NW-A37HN R

ソニー SONY ウォークマン Aシリーズ NW-A37HN : 64GB

ハイレゾ/Bluetooth/microSD対応 ノイズキャンセリング機能搭載

ハイレゾ対応イヤホン付属 シナバーレッド NW-A37HN R

SONYのウォークマンの上位モデルは

ポータブルアンプ品質を誇る高性能プレイヤーで

搭載されているアンプもかなり高性能。

ここまで性能が高くなくてもいいかもしれない。

ウォークマンシリーズなら全般的にスマホより高音質。

安価なSシリーズでもとても性能が高い。

ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S13 : 4GB Bluetooth対応 イヤホン付属 2014年モデル ブルー NW-S13 L

ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S13 : 4GB

Bluetooth対応 イヤホン付属 2014年モデル ブルー NW-S13 L

それゆえにポータブルアンプもいいけど

音楽専用プレイヤーを買って利用するほうが使い勝手がよかな。

ハイレゾはオーディオマニアとかそれ向けで

多分一般人は手を出してはいけないんじゃないかなと。

沼にはまり出費がかさみ痛い目にあいそうだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1980年代後半の音楽

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 21:35

こないだプリンセスプリンセスを久々に聞いて

あの頃の音楽を強く思いだした。

世界でいちばん熱い夏

世界でいちばん熱い夏

僕はそれほどプリプリが好きってわけではなかったが

当時ラジオばかり聞いていてJ-POPをたくさん聞いていた時代。

1990年代に爆発するJ-POP黄金時代は1980年代終わりから始まったと

僕はそう思う。

 

この世界でいちばん熱い夏を8月に聞いて

昔の雰囲気とか空気とか思い出したりしたけど

この曲とともにすぐ思い浮かんだのは

渡辺美里さんのMy Revolution。

My Revolution

My Revolution

同じころだったと思ったが同じ1989年のヒット曲だった。

この曲も好きでよく聞いていたなあ。

このちょっと前に光GENJIが大ヒットして

男性アイドルが一気にブームになっていたけど

僕はミュージシャン系のを好んで聞いていた気がする。

あとこのころすでにゲーム音楽も聞いていたっけ。

 

当時僕が新しい音楽を聞く手段として

よく利用していたのは日曜日に放送されるラジオ番組。

日曜昼頃FM愛知でコーセー化粧品提供の歌謡ベスト10が放送されてて

それをよく聞いていた。ただこの番組ではフルで曲がかかることはなかった。

その後夕方にFM三重でおもいっきりサンデーという番組が放送されてて

この番組は放送時間が長くフルに近く曲が流れてて

多少ノイズがある中でテープに録音をしていたんだ。

夜18時からはFM愛知でローカルなベスト10番組が放送されていた。

東海ローカルでテレビでよく見る矢野きよ実さんの番組だった。

夜は東海ラジオでradiコミ、TOKYOブギーナイト、ナゴヤフォークタウンと

聞いていたんだな。日曜日は昼からラジオ三昧だったってことか。

昼過ぎの岡村孝子さんの番組、夕方の松任谷由実さんの番組も

聞いてたことあったなあ。

 

ともかく当時からラジオばかり聞いていたので

自然音楽はたくさん入ってきて

テレビドラマなどは全く見なかったし

あまりCMソングやタイアップなどは詳しくなかったけど

ヒット曲だけは知っていた感じだった。

当時NHKの天気予報くらいしかテレビ見てなくて

全然学校でのテレビの話題についていけなかった記憶がある。

でもラジオの話題にはばっちりついていけたけど。

 

最初に紹介した2曲は1989年の曲だったが

1989年のヒット曲はほかに何があっただろう。

青春歌年鑑 1989

青春歌年鑑 1989

WINKってこのころにヒットしていたんだな。

爆風スランプは全く知らないまま紅白に初出場になって

発表されたとき多くの人が誰?と思ったけど

その紅白出場がきっかけで大ブレイクして今も活躍してるからすごいね。

あとこのころはまだ演歌のヒット曲も多かったんだな。

Xの紅は当時放送委員で給食の時にリクエスト流して

前奏のバラード部分だけで終わらせたことがあって今でも気になっている。

初めて聞いたから終わったと思ってテープを止めてしまったんだな。

その後のハードロック部分が同じ曲だとは思わなかった。

カセットテープだったからどこまでが曲なのか分からんのよ。

 

今の若い世代はこのころの曲をどう思うんだろう。

例えば僕が生まれてない頃の曲といえばフォークがヒットしたころか。

神田川とか今聞いてもいい曲だけど昔の曲という感じで

フォーク自体が演歌などともに昔のジャンルみたいなものだが

1980年代終わりから2000年代にかけての

J-POP黄金時代は今の曲とあまり変わらない気がする。

今でも十分通用すると思うし

逆に今のアーティストは当時と比較されるのは辛いものなのか。

最近新しい音楽があまり出てこないし

CDも売れなくなって厳しいけど

10年後20年後に2010年代の音楽として語られるような名曲が

出てくればと思うし僕自身最近新しい曲を聞いてないけど

今の曲も聞いていかないとなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プリンセスプリンセス

  • 2017.08.08 Tuesday
  • 21:32

鹿児島旅行の時は台風情報を得るため

ずっとラジオを聞いていた。

FM鹿児島を聞いていたかな。

何時ころだったかラジオからプリンセスプリンセスの曲が流れていた。

「世界でいちばん熱い夏」という曲だ。

世界でいちばん熱い夏

世界でいちばん熱い夏

とても懐かしい曲で昔の8月を思い出した。

 

この曲がヒットしたのは1989年。

1987年にリリースされたらしいが再リリースされた

1989年に大ヒットしたようだ。

僕が知ったのもおそらく1989年ではないかと。

この当時僕はテレビをほとんど見なくて

ラジオばかり聞いていた。

いろんな曲をラジオから聞いていて

多くの曲に出会ったんだけどこの曲もその1つ。

1980年代の終わりはJ-POP黄金時代の幕開け。

あの頃は熱かったなあ。

 

プリプリは解散してしまったけど

2012年に再結成。

YouTubeにチャンネルが出来て映像を見ることができる。

今聞いてもいい曲だなあ。

でも今聞くと時代の流れというものを強く感じる。

何せ30年近く前の曲だからね。

遠い昔の曲ということだ。

あの頃のことを思い出すけどもう本当にはるか遠い昔という感じだな。

長い長い月日が経っているんだな。

 

ふと最近この手の再結成やらリバイバルが多い気がする。

20年30年という長い月日は

当時活躍してたアーティストが結婚して子供が出来て子育てをして

そしてすでに子供がある程度成長して手がかからなくなっている。

当時活躍して実質的に引退してた人も復活したりいして

最近はよく歌番組で1980年代や1990年代にヒットしたアーティストが

出ていたりする。

中年以上の世代には懐かしく若い世代には新しい曲。

J-POP黄金時代は本当に凄かったから

今も十分に通用すると思うが

逆にそういうのにも頼らなければならないほど

今の音楽業界が衰退してしまっているのかもしれない。

CDが売れないってのは厳しいんだろうなあ。

PRINCESS PRINCESS TOUR 2012~再会~at 東京ドーム [Blu-ray]

PRINCESS PRINCESS TOUR 2012

~再会~at 東京ドーム [Blu-ray]

CDやDVD、BDなどを買うのも昔音楽CDを買ってた世代なのかな。

そもそもCDプレイヤーとか今はもうない家が多かったりするから。

映像もネットで見るのが当たりまえになっているから。

若い世代は今の音楽をそれなりに楽しんでいるのかもしれない。

ただ無料音楽ばかりはどうかと思うけどね。

 

ということでプリンセスプリンセスで

昔を思い出した。8月に聞きたくなる曲だな。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーキングと携帯音楽プレイヤー

  • 2017.08.06 Sunday
  • 20:34

携帯音楽プレイヤーはずっと昔から使ってる。

最初はウォークマンだった。

その後CDウォークマン、MDウォークマンを経て

MP3プレイヤーを利用するようになった。

そして今はスマートフォンを利用している。

シャープ SoftBank AQUOS PHONE ss SoftBank 205SH シルキーピンク

シャープ SoftBank AQUOS PHONE ss

SoftBank 205SH シルキーピンク

2014年始めに5000円くらいで買ったスマホ白ロムが

今の音楽プレイヤーだ。

 

この205SHを携帯音楽プレイヤーとして

ウォーキングを始めてから。

MP3プレイヤーで当初音楽を聴いていたけど

2つの理由からスマホを利用することにした。

1つはGPSログアプリを利用すること。

ウォーキングで歩いた距離や時間を記録するために

GPSログアプリを利用する。

スマホはSIMなしのオフラインでもGPSログ記録は問題なく行える。

それゆえに胸ポケットに入れて利用するのに最適だった。

もう1つはBluetoothイヤホンの利用。

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Bluetooth イヤホン 高音質 apt-X対応 マグネット搭載 マイク付き スポーツ ブルートゥース イヤホン ブラック

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Bluetooth

イヤホン 高音質 apt-X対応 マグネット搭載 マイク付き

スポーツ ブルートゥース イヤホン ブラック

当時はBTイヤホンを買ったりしててそれを利用するには

Bluetoothに対応した音楽プレイヤーが必要でスマホは最適だった。

実は今はGPSログはApple watchで記録して

イヤホンは有線タイプを利用しているんだけど

携帯音楽プレイヤーの利用は今も続けていると。

 

今は新しい音楽環境を最近模索しているところ。

音楽を聴きながら歩くと没頭間があり歩くことに集中できる。

疲れや時間を忘れて歩くことができる。

歩くことが嫌だとは思わなくなるのが利点だ。

より没頭間を得られるかなと

最近はヘッドホンの利用を検討していた。

Pioneer ヘッドホン 密閉型/オンイヤー/折りたたみ式 ターコイズ&ホワイト SE-MJ512-GW 【国内正規品】

Pioneer ヘッドホン 密閉型/オンイヤー/折りたたみ式

ターコイズ&ホワイト SE-MJ512-GW 【国内正規品】

新たなヘッドホンを買う前に

自宅にあったヘッドホンでテストしてみたけど今は無理だ。

ヘッドホンで耳が蒸れて暑くなってしまう。

冬なら問題ないと思うけど夏はイヤホン以外はありえない。

逆に冬は耳当て代わりで暖かくてよいかもしれない。

ただ冷えた耳にはヘッドホンのスレが痛く感じるかもしれない。

そのあたりは実験してみないと分からないな。

Bluetoothのイヤホンはイヤーピース部が重くて

歩くととれてしまいがちでストレスたまって厳しかった。

有線タイプだとケーブルが邪魔になるけど

工夫すればあまり邪魔にならない。

Bluetoothイヤホンの重さに比べればマシで今利用している。

 

音楽プレイヤーはスマホじゃないほうが良いかなと

最近思うことがある。

スマホは便利だけど選曲をするのに画面を見る必要がある。

音楽プレイヤーは画面見なくても次の曲をハードキーで選べるが

スマホは画面を見ないと次の曲を選べない。

ウォーキング中の選曲が歩きスマホになってしまう。

それゆえに最近は専用プレイヤーのほうが良いかと思う。

Transcend MP3プレーヤー MP330 8GB ブラック TS8GMP330K

Transcend MP3プレーヤー MP330 8GB ブラック TS8GMP330K

こうしたプレイヤーだと画面見なくても

手性繰りで選曲が可能だ。

Transcend MP3プレーヤー 耐衝撃 MP350 8GB ブルー TS8GMP350B

Transcend MP3プレーヤー 耐衝撃

MP350 8GB ブルー TS8GMP350B

こっちのほうがボタンがサイドにあり操作しやすそうかな。

ちなみに夜寝るときに利用する音楽プレイヤーも

こうしたハード選曲ボタン必須だ。

スマホだと真っ暗の中で明るい画面を見る必要があり

眠れなくなってしまうためだ。

 

ってことでウォーキング時の音楽環境も

とりあえず今の環境も悪くはないけど

より高性能なイヤホンの導入だったり

安価で十分なので専用プレイヤーの導入など検討したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘッドホン

  • 2017.07.08 Saturday
  • 21:31

ずっと最近はイヤホンを使っているけど

ふとヘッドホンを使いたいなあと思うようになってきた。

理由ははっきりしないけど

臨場感のある音楽を聴きたいから。

ウォーキング時など汗をかくようになるので

ヘッドホンなどは絶対に使えないけど

エアコンが効いている屋内なら問題ないと。

それで最近いろいろ周りにお勧めを聞いたりしてる。

 

条件は5000円以下でわりとコンパクト。

あとイヤホンを使っていると低音があまりないので

そこそこ低音を聞かせてくれるもの。

それにぴったりのヘッドホンが見つかった。

ソニー SONY ヘッドホン 重低音モデル MDR-XB550AP : 折りたたみ式 リモコン・マイク付き/ハンズフリー通話可能 ブラック MDR-XB550AP B

ソニー SONY ヘッドホン 重低音モデル MDR-XB550AP :

折りたたみ式 リモコン・マイク付き/ハンズフリー通話可能

ブラック MDR-XB550AP B

これを買おうかなと考えている。

Bluetoothタイプも発売されているが

BTだと一気に価格が2倍以上になって予算オーバー。

別に家で聞くならBluetoothである必要性は全くないので

有線タイプで問題ない。

 

あとほかの候補はクリエイティブのヘッドホンとかかな。

Creative ヘッドホン Aurvana Live! HP-AURVN-LV

Creative ヘッドホン Aurvana Live! HP-AURVN-LV

Creativeは昔はサウンドカードとか

Muvoとかいう音楽プレイヤーやイヤホンとかも使ってたけど

最近はあまり名前を聞かなくなっていた。

レビューなどをみてもなかなかいい感じではなかろうか。

 

もしBluetooth接続などワイヤレスにこだわるなら

JBLのBluetoothヘッドホンがいいかなと。

JBL T450BT ワイヤレス Bluetooth オンイヤーヘッドホン ブラック【国内正規品】 JBLT450BTBLK

JBL T450BT ワイヤレス Bluetooth オンイヤーヘッドホン

ブラック【国内正規品】 JBLT450BTBLK

ただBluetoothにこだわると再生環境が限定される。

スマホなら問題ないけど音楽プレイヤーなどは対応してない場合もある。

PCだってBluetooth環境はないので使えないし

意外とスマホ以外でBluetoothって使えないものだ。

もっともBluetoothだと有線に比べるとやはり音は劣るといわれる。

それゆえに無理に現状Bluetoothを選ぶ必要はないな。

外でスマホで音楽を聴くときこそBluetoothなんだろうが。

 

ってことでいろいろ検討。

お店へ行って聞いたりしているが

SONYのが無難かなと思う。

ということでそれほど急がないけど

送らす必要もないのでぼちぼち購入していこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ZARD

  • 2017.06.09 Friday
  • 19:40

車の音楽を夏らしい感じに変えようと

CDを先日探していたんだ。

サザンの海のYeahを見つけるのが目的だった。

もちろんすぐ見つかったんだけど

そのついでいろいろCDを見てしまいあれもいいなこれもいいなと。

そして見つけたのがZARDの2枚のベストアルバム。

 

リリースされたのは1999年のようだ。

BEST The Single Collection~軌跡~

BEST The Single Collection~軌跡~

シングルコレクションは大ヒット曲ばかりで

これぞZARDという感じでこのアルバムも大ヒットした。

このシングルコレクションは2枚も持っていた。

発売当時に1枚買って後に中古屋で安く売られててまた買ったんだっけ。

昔よくこのアルバムを聞きながらドライブをしていたものだ。

ふと三河湾をドライブしていた当時の風景が思い浮かぶ。

僕は昔何かあって気分を紛らわしたい時などは

海が見たいと県道12号を南下して吉良とかあの辺りへ行って

海を眺めたりしていたものだ。

吉良温泉街から見る三河湾の風景が好きなんだあ。

 

ベストアルバムはもう1枚。

ZARD BEST〜Request Memorial〜

ZARD BEST〜Request Memorial〜

これはシングル曲ではないものをファン投票とかで決めたんだっけ。

僕はそれほどそれまでZARDを知らなかったから

こっちのほうこそ隠れた名曲ばかりでお気に入りだったな。

これもよくドライブで聞いたものだ。

普段から聞いていたような気がするなあ。

国道153号線を名古屋から郊外へ出ていく時とかよく聞いてたような・・。

 

このアルバムが出た当時はCD売上が絶好調だった時代。

このBESTアルバムもすさまじくヒットしたんだなあ。

ただ間近にパソコンとインターネットの時代が迫っていた。

その後音楽CDは売れなくなって冬の時代を迎えることに。

あの頃のようにJ-POPがもりあがっていた時代は懐かしいなあ。

もうあんな時代は来ないのかなと思うとちょっとさみしい。

ZARDももういないと思うとそれも寂しい。彼女がいれば

少しは今の音楽業界も違っていたかもしれない。

 

これから買う人は

昨年発売されたベスト盤を買うといいかと。

ZARD Forever Best~25th Anniversary~

ZARD Forever Best~25th Anniversary~

これでZARDを知った若い世代もいるんだなと思うと

音楽は受け継がれていると強く感じるもの。

これを聞いてまたZARDのように歌うアーティストが

出てきて盛り上げてくれればいいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームミュージック

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 23:31

昔はゲームのサントラをよく買っていた。

ただ最近はあまり買わなくなったのは

ゲーム自体をあまりプレイしなくなったためかもしれない。

僕がAmazonで最初に買ったのが悪魔城ドラキュラベスト。

悪魔城ドラキュラ ベスト

悪魔城ドラキュラ ベスト

これが2003年にAmazonが日本上陸して

アカウントを作って始めて買った商品だ。

この頃まではサントラを買っていたんだなあ。

この後くらいからゲームをあまりプレイしなくなり

サントラも買わなくなってしまった。

ただもう既に昔のサントラは十分に持っていたためということもある。

 

最近聞いているのはアークザラッド。

アークザラッド サウンドトラック コンプリート

アークザラッド サウンドトラック コンプリート

このゲーム音楽は好きだなあ。

まさにゲームをプレイしまくっていた頃で

ゲーム業界も盛り上がっていた頃を象徴するような曲。

ゲームは1作目は短すぎ2作目は長すぎるという作品だったが

それでもよく出来たゲームだったと思う。

またプレイしたい気もするけど

プレイするならIとIIを一緒にプレイすることだろう。

ワイルドアームズ Complete Tracks

ワイルドアームズ Complete Tracks

ワイルドアームズも良かったなあ。

RPGだけどアクションRPGのような謎解き要素もあったか。

ゲームのストーリーとかは全然覚えてないので

今プレイすれば純粋に楽しめるような気がするが・・。

RPGってのは長くその音楽を聞くので思い入れはある。

FFシリーズとDQシリーズは別格だけどね。

 

僕が一番ゲームをプレイしたのは

プレイステーション1時代だ。

1995年から5年間くらいか。

プレイステーション、セガサターンを持ってたし

まだネットがなかったのでゲームばかりしていた。

任天堂ハードはSFCがあったが

基本的にプレイステーションのゲームばかり。

上記のSCEのRPGはかなりプレイした。

アランドラも音楽は良かったなあ。

田中公平さんが音楽を担当してて

サントラは以前でヤフオクで売ったらとんでもない価格で売れたっけ。

 

最近はYouTubeで検索して

ふと聞きたくなった曲を聞く感じで

もうCDを聞く環境がないので

CDは処分を進めていてサントラも持たないようにしてる。

ゲームへの記憶も薄れてしまってるから思い入れもあまりない。

サントラだけ持っててこれどういうゲームだったっけというものも

少なくはないけどきっとプレイすれば当時のことを思い出すんだろうが

このまま思い出のままでしまっておくのもいいかなと。

良いゲームの思い出を変に上書きしたくないかなと。

 

ということでゲームミュージックで

昔を懐かしみつつもうこれほどゲームにハマることは

今後ないんだろうなと寂しく思う今日このごろ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーキングと音楽

  • 2017.05.29 Monday
  • 21:20

ウォーキング時には音楽を聞いている。

音楽を聞くことで時間を忘れて歩くことが出来る。

ただ夏になり薄着になって

音楽プレイヤーを入れるポケットがなくなりつつある。

いま音楽プレイヤーとしてはコンパクトスマホを利用中。

シャープ SoftBank AQUOS PHONE ss SoftBank 205SH シルキーピンク

シャープ SoftBank AQUOS PHONE ss

SoftBank 205SH シルキーピンク

205SHの白ロムを利用している。

コンパクトでぎりぎり持てるサイズだ。

 

以前このスマホ白ロムでは

GPSログアプリを利用してウォーキングの記録を行い

またBluetoothを利用してイヤホンを利用してた。

ワイヤレスイヤホンの利用の場合はスマホは最適。

ただ今はそんな利用はなくて普段使ってるのは

【Amazon.co.jp限定】 パナソニック カナル型イヤホン フラストレーションフリーパッケージ(FFP)モデル イエロー RP-HJE122A-Y

【Amazon.co.jp限定】 パナソニック カナル型イヤホン

フラストレーションフリーパッケージ(FFP)モデル イエロー RP-HJE122A-Y

Panasonicの安価なイヤホン。

それ故に音楽プレイヤーとしては

もっとコンパクトな専用プレイヤーでもいいかなと。

 

今一番Amazonで売れてるのは

AGPtEK M20 8GB 合金素材 HiFi超高音質のMP3プレーヤー タッチボタン付き マイクロSDカード64GBに対応

AGPtEK M20 8GB 合金素材 HiFi超高音質のMP3プレーヤー

タッチボタン付き マイクロSDカード64GBに対応

このMP3プレイヤーのようだ。

ただ大きすぎる。クリップかなんかで

シャツに取り付けられるくらいの小ささがいい。

ポケットに入れるなら今の205SHのままで十分だから。

となると

AGPtek R2 クリップ 8GB MP3プレーヤー 音楽再生/録音/FMラジオ機能 LCDスクリーン付き マイクロSDカード64GBに対応 (ブラック)

AGPtek R2 クリップ 8GB MP3プレーヤー

音楽再生/録音/FMラジオ機能 LCDスクリーン付き

マイクロSDカード64GBに対応 (ブラック)

こっちになるだろうか。

このAGPtekってブランド聞いたことないけど

どうなんだろうなあ。

 

イヤホンも折角の機会だから

新しくしようかなと。

Panasonicのは1000円以下と安いけど

音質などは特に問題なく快適に使えている

ただ昔使っていたSONYのほうが低音とか効いて良かった。

ソニー SONY イヤホン MDR-XB50 : カナル型 ブラック MDR-XB50 B

ソニー SONY イヤホン MDR-XB50 :

カナル型 ブラック MDR-XB50 B

SONYのXB50あたり買ってもいいかなと。

あまりコストをかけるほど音に拘ってないが

かといってチープな音も好きじゃない。

結局慣れだけどね。

 

ウォーキング時にはかなり酷使するので

今使ってるイヤホンが駄目になる可能性もあるから

バックアップとしてでも買っておきたいなと。

プレイヤーもまあそう高いものじゃないのでいいから

そのうち買おうかなあ。音楽データは入れておかないと。

ということで暑くなって薄着が増えてきたから

そろそろ音楽プレイヤーも一新しないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

大幅値下げで24800円に。
スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM