膝サポーター

  • 2019.08.17 Saturday
  • 22:39

ウォーキングを始めたのはダイエットするため。

当初から走ることは考えていなかった。

何故なら太った人でダイエットで走ったら

膝壊したという話を何度も聞いたことがあったから。

ただその膝を壊したという感覚がいまいち僕には分からなかった。

それは膝痛になったことがないから。

腰痛などはたまにあるんだけど

膝が痛くて苦しんだことはない。ついでに肩こりもほとんどない。

周りでは結構苦しんでる人が多いようでどうなのだろう。

 

登山をしていると膝への負担は大きい。

特に下り坂では体重が膝にかかるので膝を壊しやすいという。

実際登山では膝にサポーターをつけてる人をよく見かける。

あれって効果があるのだろうか。

バンテリンサポーター ひざ用 ブラック ふつうサイズ ひざ頭周囲 34~37cm

バンテリンサポーター ひざ用 ブラック

ふつうサイズ ひざ頭周囲 34~37cm

膝が痛くなってから膝サポーターを利用する人が多いけど

膝への負担を軽減するために使うのもありかなと。

僕は全く膝は今の所痛くはないけど

登山の下りで膝に負荷がかかってるなとは感じるので

使ってみようかなあと検討をしている。

 

上記のようなタイプが一般的で

膝の筋肉の動きをゴムがサポートすることで

負担を軽くしてくれるということなのかな。

一方でさらに強く加圧するタイプも売られている。

バンテリンサポーター しっかり加圧タイプ ひざ用 ブラック ふつうサイズ ひざ上10cm周囲 36-41cm

バンテリンサポーター しっかり加圧タイプ ひざ用

ブラック ふつうサイズ ひざ上10cm周囲 36-41cm

これだとテーピングをするように強く固定するので

より効果が大きいのかなと。

登山の下りだと膝の上の上くらいの筋肉を酷使することになる。

そこがクッションの役割を果たしているんだけど

疲れてうまく機能しなくなると膝関節にもろにダメージをうけて

膝の炎症を引き起こしたりするんだろうか。

 

昨今BSなどを見ているとテレビ通販で

膝の痛み向けのサプリメントなどが非常に多く売られている。

高齢者などは筋力が衰えたりして膝痛に悩む人が多いようだ。

そういえば母も膝が痛いと言っていたっけ。

サプリメントなどを飲むと良いと宣伝してるけど

ぶっちゃけセサミンとかグルコサミンはあまり効かないようだ。

そもそも口から摂取しても部位まで届かず分解されてしまう。

外科的に膝に潤滑成分を注射するとかのほうがずっと良いのだろう。

筋力が衰えて膝が痛くなると余計あるきたくなくなるが

それがさらに筋力を衰えさせていくわけで

毎日歩いたりしての運動が必要で膝サポーターはそれを手助けしてくれるのかと。

 

まあ全く大丈夫な人がサポーターを普段から使うと

筋力の衰えを助長してしまいそうな気がするから

登山のときの下りなど負担が大きくなる場面で使っていこうかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぎっくり腰

  • 2019.08.09 Friday
  • 21:46

最近知り合いがぎっくり腰になったようで

かなり大変そうだった。

実は僕も以前なったことがある。

本当に大変だったなあ。

まともに立てないんだからあれはやばい。

もう二度とぎっくり腰にはなりたくないな。

 

僕が初めてぎっくりになったのは

8年か9年くらい前のことだと思う。

時期は秋。11月下旬だった。

家族が旅行へ行っていて僕は留守番。

当時は犬を買っていたので

家族揃って泊まり旅行することはなかった。

11月末で紅葉シーズンでその日は紅葉を見に行ったんだっけ。

ただ脱輪してJAFを呼ぶことになったんだ。

トラブルが続いて大変な1日だったが

本当に大変なのはその後にやってきた。

 

夜にお風呂を沸かすためにお風呂を洗っていた。

そのときに前かがみになって洗っていたら突然の激しい痛み。

ものすごい腰の痛みでいったいこれはなんだ!?と調べたら

ギックリ腰という症状だということを知る。

それからは数日間は安静。

とりあず湿布を買ったけどまともに歩けない。

外に出られないのはもちろんだけど自宅内を歩くのも大変。

階段を降りるのも無理という感覚。

どうすりゃいいのかと途方に暮れていたんだけど

これまたネットの情報でコルセットを使うと良いというので

薬局で買ってきたんだっけ。

 

腰痛用のベルトを腰に巻きつけると

痛みは多少緩和する。

【柔道整復師が考えた】 腰痛ベルト サポートベルト 姿勢矯正 腰痛コルセット 男女兼用(Lサイズ)

【柔道整復師が考えた】 腰痛ベルト サポートベルト

姿勢矯正 腰痛コルセット 男女兼用(Lサイズ)

力を入れると痛くて歩けなかったけど

それが薄らいでとりあえず痛いけど

歩くことが出来るようになった。

ただしゃがんだりするのは楽ではないけどね。

でも会社へ行ったり出かけることは可能になり

なんとか日常生活は送れるようになった。

 

外に出る時は杖も必要だった。

RQシリーズ 伸縮ステッキ/エコノミータイプ ブラウン

RQシリーズ 伸縮ステッキ/

エコノミータイプ ブラウン

実はステッキはかなり前の登山用のがあり

使ってなかったけどあったのを思い出して探して出してきて

これを利用した。

家族が空港に帰ってきたときに迎えに行ったけど

僕が杖をついていたのでびっくりしていた。

でもその時点でかなり歩けるようになっていたもの。

ほんとぎっくり腰になってから2日間はほとんど寝ていた気がするから。

それくらい大変だった。

 

当時買った腰痛ベルトだけど

バンテリンサポーター 腰用 しっかり加圧タイプ ブラック 大きめサイズ 胴囲(へそ周り) 80~100cm

バンテリンサポーター 腰用 しっかり加圧タイプ

ブラック 大きめサイズ 胴囲(へそ周り) 80~100cm

多分これじゃないかと思うんだけど今使えるだろうか。

当時と今ではウエストサイズは30cmくらい違うんだけどなあ。

というか100cm用をよく使えたなあ。

ズボンとかウエスト110cmを履いていた記憶があるんだけど。

ともかく腰痛ベルトはいざというときに備えて持っておいたほうがいいかも。

無理をするとぎっくり腰や腰痛になりやすいので

無理をしそうな時はベルトを付けたりしておくとよいのかもね。

 

とにかくぎっくり腰は日常生活に

支障出まくりで大変だったからならないように気をつけたい。

今は腹筋背筋がかなりついたし体重も減ったので

腰への負荷は大幅に減ったと思うんだけど油断大敵。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツドリンクやお茶の給水

  • 2019.08.06 Tuesday
  • 19:40

普段僕はウォーキングをしているけど

スポーツドリンクなどの飲み物は持っていくが

途中で切れてしまうことがある。

そんな時はコンビニで補給している。

ただコンビニがない場所を歩くときはどうすればいいか。

登山やトレッキング、山間部のウォーキングなどでは

途中にコンビニや自販機があるとは限らない。

自販機は売り来ている可能性だってある。

購入以外で途中で補給する手段を確保する必要がある。

 

登山などの場合だと水場だったり

あるいは山小屋などで給水を受けることが出きる。

エバニュー(EVERNEW) ウォーターキャリー2L EBY208

エバニュー(EVERNEW) ウォーターキャリー2L EBY208

特に宿泊を伴う山旅では給水を受けることが前提になる。

全行程分の飲み水を麓から持っていくなど難しいからね。

トレッキングやウォーキングでも

公園などがあれば水道を利用して給水を受けることが出きる。

トイレなどでも水道が通っており飲用可の水があれば給水できる。

そうすることで購入できなくてもなんとかなるんだけど

さすがに水のままというのは抵抗がある。

スポーツドリンクだったりお茶だったりに出来れば。

 

最近はスポーツドリンクの粉を1本くらい持っていくようにしてる。

途中で給水をしてを考えているわけではなく

1Lのペットボトルにスポーツドリンクを入れて凍らせて持っていくと

最初に濃い部分から溶けていくのであとが薄くなってしまう。

だから足すように持っていってるけど

水を汲んで溶かして飲むのもありじゃないかと思う。

アミノバイタル クエン酸チャージウォーター20本入箱

アミノバイタル クエン酸チャージウォーター20本入箱

2袋くらいは持っていくようにしたほうがいいかもしれない。

まあ基本的には飲む分全て持っていくつもりだし

特に山などは途中の水場なども

あまり当てにするのも良くないと思うけどね。

でも1泊2泊をテント泊とかするならば必要になりそう。

その場合はお茶がいいなあ。

手軽なタイプだと濃縮タイプ。

サントリー GREEN DA・KA・RA(グリーンダカラ) やさしい麦茶 濃縮タイプ ノンカフェイン 180g×30本

サントリー GREEN DA・KA・RA(グリーンダカラ)

やさしい麦茶 濃縮タイプ ノンカフェイン 180g×30本

最近出てるけどカルピスみたいな感じで水で薄めるお茶のようだ。

あと水出し緑茶なども出ている。

国太楼 宇治抹茶入り 水出し緑茶 ティーバッグ (3.5g×50P)×2個

国太楼 宇治抹茶入り 水出し緑茶

ティーバッグ (3.5g×50P)×2個

ただ水出しタイプは時間がかかるので

テント泊など時間があればいいけど

そうじゃなければ濃縮タイプのほうが便利じゃないかと思う。

 

他の人はどうしているんだろうな・・・。

カルピスの原液とか持ち歩いてたりする人いるんだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の登山で持って行った水分を検証

  • 2019.08.04 Sunday
  • 20:47

今日は地元の山へ行ってきた。

ただ普通に登るだけでは面白くないので

ちょっと遠くまで歩いてみた。

途中で補給は自販機で可能だけど

売り切れている可能性も考慮して

全行程で必要な飲み物は持っていこうと。

相当な量の飲み物を持っていった。

 

ウォーキングの際はワンショルダーだけど

登山なので登山ザック。コールマンのリュックウォーカー33だ。

[コールマン] リュックサック ウォーカー33 WALKER (ヘリンボーン) ブラック F

[コールマン] リュックサック

ウォーカー33 WALKER (ヘリンボーン) ブラック F

これは中にも入れられるほか外のサイドにも

ペットボトルなどを入れることが出来る。

ただ外のサイドに入れた飲み物は歩いているとぬるくなる。

それ故に外ではステンレスマグを利用したりしている。

タイガー 水筒 500ml サハラ マグ ステンレスボトル 軽量 アクアブルー MMZ-A501AA

タイガー 水筒 500ml サハラ マグ

ステンレスボトル 軽量 アクアブルー MMZ-A501AA

今回は普段ウォーキングに持っていっている500mlのを1本持っていった。

 

ということで持っていったもの。

○ステンレスマグ(500ml、スポーツドリンク+氷たくさん)

○1Lスポーツドリンク

○1Lスポーツドリンク(凍らせたもの)

○1Lスポーツドリンク(凍らせてビニールとタオルに包んだもの)

○500ml麦茶

○500ml麦茶(凍らせて冷凍みかんと一緒に袋に入れたもの)

○500mlスポーツドリンク

○500mlスポーツドリンク(凍らせて保冷袋に入れたもの)

こんな感じだろうか。

かなりの長丁場だったので後半も冷たいものを飲めるようにと

氷が溶けるのを遅らせるためにいろいろ調整した。

結果的にはいい感じだったかな。

1Lの凍らせたスポーツドリンクは2時間で8割以上溶けていた。

1Lの凍らせて包んだスポーツドリンクは5時間半で8割凍っていて

結局これは帰宅するまで氷が残っていた。

500mlの凍らせた麦茶は5時間半で8割凍っていて

そこからサイドポケットに入れたのでじわじわ溶けて

駐車場まで段階的に飲むことが出来た。

500mlの凍らせて保冷袋に入れたスポーツドリンクは

最終的に車に戻った時点でも8割凍っていた。これは予備用として飲まなかった。

ちなみに途中3時間半のポイントと5時間のポイントの自販機で

500mlのスポーツ炭酸ドリンクを各1本購入している。

ちなみに全行程は6時間45分だった。

 

余ったのはスポーツドリンク1Lの半分と500mlのスポーツドリンク1本。

それを考えて飲んだ飲み物の量は

お茶1L、炭酸飲料1L、スポーツドリンク3Lで

合計5Lということになる。

十分な給水をしていたため車に戻って帰る途中で

コンビニによって飲み物を買う必要はまったくなかった。

そんなに喉は乾いていなかったということだ。

ちなみに飲み物ではないけど途中5時間半ポイントくらいで

冷凍みかんを食べている。

はごろも 甘みあっさりみかん 295g×4個 (4071)

はごろも 甘みあっさりみかん 295g×4個 (4071)

僕が持っていったのはイオンで買った350gのもの。

それを何も考えず冷凍庫に入れて冷やしておいた。

ちなみに桃缶も入れてたんだけどそれは持っていかなかった。

5時間半のポイントで9割とけていたけど

まだ氷が残っていてとても冷たくて美味しかった。

一緒に入れていた冷凍したお茶が保冷剤になってたのかも。

 

登山の場合は途中での補給が出来ないケースが多いから

まあ今回のを参考にして今後持っていく飲み物を検討したい。

なおなお今回は飲み物を入れるのを優先するため

ガスのシングルバーナーやケトル、水、カップ雑炊などは

持っていかなかった。持っていくか迷ったけど入らなかった。

暑いからカップ雑炊なんて食べてられないわけで

その代わりに冷凍みかんを持っていったと。

食べ物はおにぎり3個。あと出発前にヴィダーinゼリー。

ちなみに朝はメロンパンと羊羹を食べている。

エネルギー不足になることを懸念していたけど羊羹をガッツリたべて

最初からパワーがみなぎっていたので良かったかな。

あとこまめに休憩をとったけどそのおかげか

帰りに足がガクガクになって下りが遅くなることがなかった。

 

ということでこれ以上飲み物を持つのは無理だから

日帰り登山ではこれくらいの所要時間が限度だろうなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

登山やウォーキングで必要な飲み物の量

  • 2019.07.31 Wednesday
  • 23:46

昨日猿投山に登ったんだけど

山頂往復だけだったにも関わらず

大量の飲み物を消費してしまった。

多すぎるかなと思って持っていったのに

駐車場に戻る前に全て飲み干してしまった。

この暑さの中でどれだけの飲み物を持っていくか迷う。

それは普段のウォーキングでも同じだ。

 

今普段のウォーキングに持っていっているのは

○ステンレスマグ500ml(氷の入ったスポーツドリンク)。

○1Lの凍らせたスポーツドリンク

この2つだ。

真冬はペットボトルのスポーツドリンクのみ。

500mlだが1本飲み切ることはない。

春になると500mlのステンレスマグに変更する。

タイガー 水筒 500ml サハラ マグ ステンレスボトル 軽量 アクアブルー MMZ-A501AA

タイガー 水筒 500ml サハラ マグ

ステンレスボトル 軽量 アクアブルー MMZ-A501AA

これがあれば冷たい飲み物を飲むことが出きる。

初夏の頃になるとこれに500mlのスポーツドリンクを加える。補充用だ。

さらに7月頃になると500mlから1Lに増やしてしかも冷凍したのを持っていく。

熱中症になりそうなほどの暑さの中で歩くので

冷たい飲み物は欠かせない。

20キロウォーキングだとこれでも足りなくなるので途中コンビニで補充する。

公園ウォーキングだと水で補給を行う。

ウォーキングだと途中での補給は可能なわけだ。

登山の場合はそうはいかないので全部持っていく必要がある。

 

猿投山登山の場合だけど

7月30日の登山では

○ステンレスマグ(氷とスポーツドリンク)

○500mlのペットボトルのお茶

○500mlのペットボトルのスポーツドリンク

○1Lの凍らせたスポーツドリンク

○500mlの水(予備用)

こんなにも持っていって予備の水以外を飲みきった。

登山の上りと下りで歩いた時間は2時間15分ほど。

猿投山登山では物見山縦走で八草駅に降りるパターンや

雲興寺往復というパターンもあるが

これは3時間半や4時間半とか更に長丁場になる。

それだとはっきり言って全然足りない。

例えば猿投神社→猿投山→赤猿峠→物見山→八草駅と登山する場合

どれくらい持っていくべきだろうか。

8月に入って実は予定しているんだけど上記に加えて

○500mlの凍らせたお茶

○1Lの凍らせたスポーツドリンク

この2本を追加する予定。

凍らせた1Lのスポーツドリンクだが真夏だと

ザックのサイドポケットに入れていると2時間持たず全部溶ける。

ザックの中に入れてタオルで包めばもっと持つので

1つは溶かして飲む用、もう1つはあとで溶かして飲む用と使い分けたい。

お茶も同様だ。氷を入れたステンレスマグは極力温存したいところ。

なお雲興寺には自販機があり補給が出来る。

スポーツドリンクは普段はBCAAを多く含むのを飲んでいるけど

登山時は飲む量が桁違いに増えるから

ファイン イオンドリンク スポーツドリンクの味 22包

ファイン イオンドリンク スポーツドリンクの味 22包

安価なスポーツドリンクも併用するようにしている。

水分補給ならこれで十分。

 

知った山ならこうして計画が立てられるけど

初めて登る山などだと分からないので

やはり多めに持っていく必要がある。

多く持っていけば重量が増すので負担になるのがネック。

ただ予想以上に消費して不足するのは避けたい。

夏場はお湯を沸かして作るインスタントものを作らず

おにぎりやパンなどを作る傾向がある。暑さの中で熱いものは食べてられない。

それ故にガスストーブやケトルなどは持っていかないので

そうすればその分飲み物に荷物を回せるのかなと思う。

もう少しペースを落として省エネで歩けばいいんだろうけど

あふれる汗は止められないからな。

とにかく登山では途中補給が出来ないのでしっかり準備をして

必要な飲み物は持って出かけたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクレース

  • 2019.07.29 Monday
  • 21:43

昨日鈴鹿8耐がBSデジタルで放送されていた

見ていたんだけどバイクレースも楽しいものだなと。

非常に熱いレースでレース終了までほんと分からなかった。

というか終わっても結局誰が勝ったんだ?と分からず

暫定結果とかが出てそれが修正させたりして

結局カワサキの優勝で決まったのかと今よくわかってないけど

見てて楽しめた。

ドッグファイトが多くて

また転倒というのがあるから

4輪レースよりも劇的な気がする。

僕はバイクの免許とか持っていないし

乗ったこともないんだけどレースは別で興味はある。

 

今までバイクに乗りたいと思ったことは1度だけあるな。

学生時代に本屋でバイトをしていたときに

バリバリ伝説というマンガ本を探しに来た人がいた。

完結していた漫画で通常版はなかったけどワイド版が出ていて案内したら

なんと全巻をお買い上げしていった。

バリバリ伝説

バリバリ伝説

そのときにこの漫画とかバイクへの想いみたいなのを

いろいろ語っていてこの作品に対して興味を持つようになった。

その後古本屋で購入して買い揃えたけど面白かったな。

高校生の街道レーサーがレースに出るようになり

国内レースで活躍しやがて海外へ。

WGP500という当時の最高峰レースで戦って

ワールドチャンピオン争いをするって話だった。

その漫画を見たときにバイクに乗ってみたいなと思ったけど

結局免許を取ることがなかった。

理由は母が反対したから。親類がバイク事故にあったり

遠い親戚が亡くなったりしていたからあまりいい印象がなかったようだ。

結局車に乗るようになってバイクの免許を取ることはなかったけど。

 

バイクレースのゲームはあったかな。

ハーレーダビッドソンみたいなセガのゲームを

プレイしたことがあるような気がするけど

本格レースゲームはどうだか。

PS3くらいでリアル志向のゲームをプレイしたことがある。

確かモトGPってゲームだった。

MotoGP 19 - PS4

MotoGP 19 - PS4

今も発売されているけどこうしたゲームの

かなり前のバージョンだと思う。

motoGPってのは今のグランプリレースのことなのね。

昔WGP500というのは今はmotoGPだと。

F1やWRCみたいなのと同じような呼び名ということか。

このmotoGPをPS3の頃に中古で買ったことがあって

確かリアルモードみたいなのがあった気がするんだ。

それで走ったら滑りまくりで大変だった。

コーナーで曲がっているときにアクセル全開にするとすぐ転ぶ。

グランツーリスモのようにしっかり操作する必要があるが

バイクはすぐ転ぶから厄介だったな。

結局それでは楽しめずゲームモードみたいなのでプレイしてた。

バイクでタイヤが滑るという感覚はいまいち分かりづらい。

自転車と同じでも自転車ではそんなにスピードは出ないからね。

 

バイクの免許はもう取らないなあ。

疾走感とか味わってみたい気持ちもあるけど

それなら自転車で十分という感じで

むしろロードバイク自転車とかのほうが興味がある。

でもバイクレースは機会があれば見ていきたいなあ。

これもDAZNでやってるのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロングツーリングに向けて

  • 2019.07.28 Sunday
  • 19:36

ウォーキングだけだと足裏への負担が大きいので

自転車でのトレーニングも増やしていきたい。

夏から秋にかけては100キロ近いロングツーリングも検討。

距離が長いほど持久力が鍛えられるしカロリー消費も多くなる。

そうしたロングツーリングに向けて準備をしていきたい。

 

ヘルメットは既に購入済みだ。

以前はヘルメット無しでキャップスタイルだったけど

リスクをヘルメットは欠かせない。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット REZZA マットブラック XL/XXL (頭囲 60cm~64cm)

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット

REZZA マットブラック XL/XXL (頭囲 60cm~64cm)

それなりに良いのを買ったのでこれで問題なさそうだ。

自分の頭のサイズは大きめなので

合うサイズを探すのが大変だったけど無事見つかってよかった。

既に1度利用しているけどこれでロングツーリングをしたいもの。

 

自転車でロングツーリングをする場合だけど

パンクという不安がある。

それに対してどう対応するか迷っていて

それ故にこれまでロングツーリングに踏み出せなかった。

パンク修理キットを持っていってもそもそもパンク修理可能か。

自転車屋を探すのがベストだけど山のほうだと多分ない。

どうしたものかなと考えたときに教えてもらったのはチューブ

パナレーサー(Panaracer) パナレーサー 日本製チューブ2本入 [W/O700x23~26C] 仏式バルブ 0TW700-25LLF-NP-2 仏式バルブ60mm

パナレーサー(Panaracer) パナレーサー 日本製チューブ2本入

[W/O700x23~26C] 仏式バルブ 0TW700-25LLF-NP-2 仏式バルブ60mm

ツーリングする人はパンク修理キットではなくて

交換用チューブを持っていくようだ。

パンクしたら修理せず交換すれば良いようだ。

もちろん空気入れは欠かせない。

LANDCAST 自転車 空気入れ 仏式・米式 携帯ポンプ ロードバイク・クロスバイクに軽い力で高圧まで空気が入る

LANDCAST 自転車 空気入れ 仏式・米式 携帯ポンプ

ロードバイク・クロスバイクに軽い力で高圧まで空気が入る

これでパンク修理という難題を回避出きる。

特に山へ行きたくてもパンクしたらどうしようと行けなかったからね。

 

その他持ち物などはウォーキングとは大差ない。

飲み物や着替えなどを持っていくことになる。

ただロングツーリングはエネルギー消耗が大きいので

補給が欠かせない。

従来のようなカロリーメイトはもちろんだけど

アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130g×6個

アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130g×6個

エネルギーゼリーなども検討して見るつもり。

カロリーメイトは飲み物が欲しくなるからね。

山などは補給場所となるコンビニが少ないので注意したい。

ただ愛知県の山間部でも小原や旭、稲武や下山などに

コンビニがあることは確認しているので積極的に利用したい。

特に旭の小渡地区にあるコンビニは以前しだれ桃を見に行く時通ったが

自転車ツーリングのロードバイクだらけだったからな。

その先にすぐ矢作ダムなどがあるし稲武などよりも標高差が少なくて

車の交通量も少なくて走りやすいため人気なのだろう。

僕も矢作ダムへはいつか行きたい。

 

準備は出来つつあるのでロングツーリングしたい。

少しずつ距離を伸ばして走行時間を伸ばしていきたい。

とりあえず朝から行くことだなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

足底筋膜炎対策

  • 2019.07.27 Saturday
  • 23:39

7月中旬くらいから足底筋膜炎が悪化してしまった。

理由はいくつかある。

BCAAを含むスポーツドリンクに変えたら

疲労が激減して疲れなくなりその結果休みを極力なくして

ウォーキングを続けてしまったこと。

もう1つはすり減った靴を使い続けてしまったこと。

その結果足への負担が増してしまったようだ。

以前より鍛えているので回復は早いと思うけど

足の親指周りに炎症が見られることもあって

注意を払う必要がある。

 

足底筋膜炎は足裏の痛み。

一番の原因は酷使。休まずウォーキングやランニングを続けるとなる。

鍛えることで発生しにくくはなるが治りにくいので気をつけないと。

もう1つ靴底の薄い靴で歩く場合もなりやすい。

足裏の土踏まずの部分がのびてしまうことで発生する。

そのため土踏まずがしっかりある靴で歩く必要がある。

インソールも有効だけど気づいた時には遅かった。

インソールプロ(靴用中敷き) 足底筋膜炎対策 メンズ・男性用 L(26~27cm)

インソールプロ(靴用中敷き)

足底筋膜炎対策 メンズ・男性用 L(26~27cm)

以前足底筋膜炎対策酔うのを買ってるんだけど

これをつけると足底筋膜炎にはならないが

靴内が窮屈になって足の甲が痛くなるので

あまり使いたくなかったんだ。でも足裏の痛みよりはまし。

靴紐を調整すれば足の甲の痛みもまあなんとかなるからね。

 

もし足底筋膜炎になってしまった場合だけど

一番の対策は休むこと。

靴は即新しいものに交換すること。

ただ痛みなどはそう簡単には取れない。

治療法としては低周波治療が基本。

医者などへ行ってもそうなるので自分で買って治療すればいい。

オムロン 低周波治療器 ホワイト HV-F022-W

オムロン 低周波治療器 ホワイト HV-F022-W

休ませて低周波治療することで回復する。

ウォーキングなどを続けることで耐性はつくんだけど

やっぱり休みを減らしたりすり減った靴を使ったり

今回のようなことがあると出てきてしまう。

そして1度出たらそう簡単に引かないので気をつけないと。

 

ということで足底筋膜炎の痛みが出たら

ウォーキングだけでなく自転車に乗るトレーニングがおすすめ。

身体に問題がなく足裏だけが痛いのなら自転車がいい。

もちろん休むことも大切だけど

痛みがなかなか引かない場合などは

ウォーキングはやめたほうがいいだろう。

かといって運動しないわけにもいかないので

自転車やエアロバイクに乗って汗を流したいもの。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

超ロングウォーキングに向けて

  • 2019.07.19 Friday
  • 21:32

これまでウォーキングで歩いた最長距離は32キロ。

今年これを超える長距離のウォーキングを行いたい。

ただ一筋縄ではいかないので1つ1つ準備を進めたい。

目標は50キロ。いやさらにその先も見据えている。

 

現状の問題は食事と時間だ。

現在ウォーキングは基本午後に行っている。

お昼ご飯を食べたあとに行っているからだ。

平日だと仕事終わりの夕方行うことが多いし

土日だと昼過ぎから歩くことが多い。

午前中から登山以外でウォーキングをしたことは1度もない。

昼過ぎスタートだと時間的な限界は5時間から6時間になる。

それ故に思いっきり頑張っても36キロくらいが限度。

50キロを目指すためにはもちろん体力・持久力など必要だが

朝から歩く必要が出てくる。

あるいは夜歩く必要がある。

それ以上に途中で食事を取る必要が出てくる。

途中で食べて歩けるんだろうか。

登山では出来ているから可能だとは思うけど。

 

50キロ歩くとしたら時速5キロで10時間、6キロで8時間15分。

20キロなら時速6キロペースで問題なく歩けるが

30キロだと時速6キロペースの維持は今の体力だと無理。

50キロを時速6キロで歩くのは不可能で休憩など考慮して

トータルで時速5キロペースの10時間がスケジュールになるかと。

それだけの時間を歩くためには靴の質も重要になる。

[ダンロップ] 軽量ウォーキングシューズ コンフォートウォーカーC154 メンズ ブラック 26 cm 4E

[ダンロップ] 軽量ウォーキングシューズ

コンフォートウォーカーC154 メンズ ブラック 26 cm 4E

履きつぶした靴では多分厳しい。

理想は履き始めて1週間の靴になるかなと。

僕のお気に入りは上記のコンフォートウォーカーだけど

これをおろして1週間くらいでチャレンジする形が良いかなと思う。

 

持ち物だけど基本食べ物は

コンビニなどで調達することになるので一部行動食を除けば持っていかない。

飲み物は補給にも限度があるのである程度持っていくことになる。

ただ10時間分すべてを持ったらとんでもない荷物になるので

これもコンビニなどで補給していくことになる。

コンビニがない山間部を歩くのは難しいだろう。

いつものウォーキング装備で歩くことになるかなあ。

着替えをどうするかは悩むところ。

1着は持っていけるけど10時間歩くなら数着ほしい気もする。

炎天下の真夏だと汗が乾くのでかえって都合が良いかもしれない。

中途半端に蒸し暑い時期より灼熱の真夏のほうがベストかも。

こまめの補給は欠かせないけどね。

 

時間的には朝7時出発の夕方17時到着くらいのペースが良いかと。

体力の有無も大切だけどどのコースを歩くかが重要だ。

理想は○○から自宅へ50キロ歩くというもの。

50キロも歩けばクタクタ。自宅に帰ってお風呂入ってゆっくりするのが理想。

50キロ歩いたあと電車やバスで帰るってのは無理があるからね。

ただモチベーション的には○○へ行くほうが楽しめそうな気がする。

帰りのことを考えなければそれもいいけど

やっぱりそれは難しい気がする。

最初は自宅をゴールにするべき。

となれば自宅まで50キロ歩くコースを考える必要がある。

スタートは自宅でもいいし全く別の所でもOK。

50キロ離れた場所からのほうがモチベーションは高まりそうだが

朝そこまで移動するのが大変かもしれない。

 

いろいろ調べてるけど

例えば知多半島の先端の羽豆岬展望台から自宅までが

50キロ超で歩いて10時間45分らしい。

ただ道とか分からないし補給スポットもわからない。

1度チャレンジする前に

自転車でほぼ同じルートをそうはしてみたい。

往復100キロ超なら自転車出いけないこともなさそうだ。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット REZZA マットブラック M/L (頭囲 57cm~60cm)

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット

REZZA マットブラック M/L (頭囲 57cm~60cm)

紫陽花を見に行った時は午後からだったけど

自転車でも遠出は可能だしそれは歩くより倍以上の距離を移動できる。

これまでの自転車では70キロが最長だけど歩くよりは確実に遠くへ行ける。

思えば30キロ歩くコースも車で通ったことある道だったり

自転車で通った道を歩いていたわけだから試走は必要だなと思う。

超ロングウォーキングのルートは1度自転車で走って決めたいものだ。

 

ということでいろいろアクティブに動き回りたいので

早く梅雨明けしてくれないものか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

制汗剤

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 22:41

ウォーキングなどでは

尋常じゃないほどの汗が出る。

僕は基本的に汗っかきで登山でも大量の汗。

運動をしている時なら

汗も仕方ないと思うけど

普段も汗がかなり出やすいと思う。

汗を出したくない状況はあり

そういう時は涼しい部屋で体を冷やしたりするけど

暑い外に出るとどっと汗が出てしまうことも。

そうならないように制汗剤なるものがある。

 

制汗剤はワキなどに塗り込むことで

清涼感が得られて汗やその臭いを抑えられるようだ。

【医薬部外品】デオナチュレ 男ソフトストーンW 男性用 ワキ用 直ヌリ 制汗剤 スティック×2個

【医薬部外品】デオナチュレ 男ソフトストーンW

男性用 ワキ用 直ヌリ 制汗剤 スティック×2個

実は1度も使ったことがない。

売られているのを知っているんだけど

ぬる型は使ったことがないなあ。

でもスプレー系はある。

 

制汗スプレーは何度か使ったことがある。

ギャツビー(GATSBY)プレミアムタイプデオドラントスプレー メンズ 制汗スプレー 無香料 130g(医薬部外品)

ギャツビー(GATSBY)プレミアムタイプデオドラントスプレー

メンズ 制汗スプレー 無香料 130g(医薬部外品)

首筋と胸周りなどにスプレーしてたっけ。

僕は背中からの汗が多いので

背中にも噴射したいところなんだけど

背中は吹き付けにくいし

清涼感が寒く感じることがあるから考えないと。

でもまあ結構効果はあると思う。

メントール系だけでなくてコールドスプレーに近い

冷却効果もあるようだからね。

でもスプレー缶などは車などに置きっぱなしにしたりすると

爆発とかするリスクがあるので持ち歩く時は気をつけないと。

その点制汗剤なら塗るものだから大丈夫か。

 

そういえば制汗タオルってのもあったっけ。

ギャツビー(GATSBY) バイオコアデオドラント ボディペーパー 無香性 30枚×3パック メンズ 制汗 ボディシート EC限定品

ギャツビー(GATSBY) バイオコアデオドラント

ボディペーパー 無香性 30枚×3パック メンズ

制汗 ボディシート EC限定品

これは以前使っていた。

制汗というよりも汗ふきタオルとして

運動後に着替えるときに来ていたっけ。

ただ臭いは取れ無かったから結局使うのやめてしまった。

というかこの手のタオルは自然に揮発してしまうんだなあ。

普通のタオル+制汗スプレーor制汗剤のほうがいいのかな。

あとウォーキングでも制汗剤ってのは有効なのか。

登山で制汗剤つけたら汗でなくなるんだろうか。

今度試してみるか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


recommend

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3
【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3 (JUGEMレビュー »)

DJIのスマホ3軸ジンバルの新モデル。折りたたんでコンパクトに収納できるようになった。さらに13500円と値下げ。

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM