テレビの未来

  • 2019.06.14 Friday
  • 23:45

昔と比べるとテレビの影響力は小さくなり

またテレビの接触率も低くなっている。

僕はかなり前からテレビをあまり見ていなくて

子供の頃もテレビゲームでテレビが専有されていたけど

昨今はインターネットなどでネットの利用が増えており

またスマホの普及でテレビを見ない人も増えたようだ。

映像メディアとしてテレビではなく

YouTubeなどを利用している人が多くて

昔は会話の話題の中心はテレビ番組だったけど

今はそこから変わりつつあるようだ。

今後のテレビというのはどうなっていくのだろうか。

 

最近AmazonのFire TV Stickのような

ネットコンテンツをテレビで楽しむデバイスが人気だ。

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

テレビでもテレビ放送ではなく

ネットでのオンデマンド配信やライブストリーミングなどを

楽しめる環境が広がりつつある。

僕なんかの場合はテレビをあまり見ないので

それらのネットコンテンツはパソコンで楽しんでいる。

最近テレビいらないんじゃね?と思ってるけど

代わりにPCモニターを買おうかなと。

I-O DATA モニター ディスプレイ 31.5型 広視野角ADSパネル HDMI×2 DisplayPort 3年保証 土日もサポート EX-LD321DB

I-O DATA モニター ディスプレイ 31.5型 広視野角ADSパネル

HDMI×2 DisplayPort 3年保証 土日もサポート EX-LD321DB

既存のテレビは古いので捨てて代わりにモニターを買って

これを利用すればPCが使えるしFire TV Stickを介してネットコンテンツも使える。

さらにゲーム機をつないでゲームもできる。

 

ただテレビもネット機能は取り込みつつある。

多くのメーカーは今ネット機能が搭載されたテレビを発売している。

LG 55V型 液晶 テレビ 55UK6500EJD 4K HDR対応 エッジ型LED IPSパネル 2018年モデル

LG 55V型 液晶 テレビ 55UK6500EJD 4K HDR対応

エッジ型LED IPSパネル 2018年モデル

Wifi対応なのはもちろんだけど

ネットアプリをインストールすることで

HuluやNetflixは当たり前として様々なネットコンテンツが使える。

4Kの場合はPCモニターよりも4Kテレビのほうが

実は安かったりするのでテレビ見なくても

4Kを求めるのならネット対応の4Kテレビを買うのもありかなと。

 

最近はAbemaTVなどテレビ局なども参加して

ネットのライブ放送が始まっている。

また先日放送法が改正されてNHKがネット配信行えるようになった。

来年にはネット放送が始まるようで

他局の動きも含めて気になるところだ。

ネット配信の場合は専用チューナーやアンテナが不要になり

手軽に見られるようになる。便利になりそうでPCでTV放送を見やすくなるかもね。

もっとも通信パケットは増える一方かもしれないが。

日本はそうした動きが送れていると言われており

海外ではテレビ局がネット会社に取り込まれていくのは

もうかなり進んでいるようで10年後はどうなっているのやら

NHK、TBS、FUJI、日テレ、テレ朝、テレ東が

NHK、楽天、Yahoo、NTT、Abema、KDDIなんて感じになってるかもね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い時期にはネックスピーカー

  • 2019.06.04 Tuesday
  • 21:42

夜中にPCやスマホで動画を見たりしてるときに

部屋を出てトイレへ行くと自分の部屋から聞こえる音が気になる。

意外と音は外に漏れているのかもしれない。

今の時期は窓を開けていることも多いけど

窓をあければ余計に音は外に漏れていく。

ヘッドホンをすればいいけどあまり好きじゃない。

ヘッドホンは周りの音が聞こえなくなるし

これからの時期は蒸れる。

となればネックスピーカーはどうだろう。

 

ネックスピーカーは今トレンドだけど

それを作り出したのはSONY。

買うならSONYのは定番と言える。

ソニー SONY ウェアラブルネックスピーカー テレビ/映画/ゲーム用スピーカー 音連動バイブレーション機能付き 2017年モデル SRS-WS1

ソニー SONY ウェアラブルネックスピーカー

テレビ/映画/ゲーム用スピーカー

音連動バイブレーション機能付き 2017年モデル SRS-WS1

ただお値段は2万円強で意外と高め。

まあBOSEとかは3万円するのでそれに比べれば安いけど。

多目的に使えて便利そうではあるけどね。

SONYの製品は送信機が付属していて2.4Ghz帯の無線で飛ばすシステム。

汎用のBluetoothではないようだ。

 

Bluetoothのネックスピーカーは

送信機が必要ないので価格が安い。

スマホやタブレットで動画を見ながら

ネックスピーカーで音を再生するならそのまま使える。

PCでもBluetoothアダプタを買えば利用出来る。

JVCのは価格も安いし良さそうかなあ。

JVC NAGARAKU SP-A10BT ウェアラブルネックスピーカー ワイヤレス Bluetooth 約20時間連続再生 本体約88g軽量設計 ブラック SP-A10BT-B

JVC NAGARAKU SP-A10BT ウェアラブルネックスピーカー

ワイヤレス Bluetooth 約20時間連続再生 本体約88g軽量設計 ブラック SP-A10BT-B

僕はずっとJVCのヘッドホンを利用していたこともあり

一応それなりに信頼している。

Amazonで検索すると一番売れてるらしいのはシャープの製品。

これもBluetoothタイプで価格は休め。

シャープ ウェアラブルネックスピーカー AQUOSサウンドパートナー bluetooth対応 本体約88g軽量設計 AN-SS1-B

シャープ ウェアラブルネックスピーカー AQUOSサウンドパートナー

bluetooth対応 本体約88g軽量設計 AN-SS1-B

どっちも同じ重さだけどOEMとかではないよなあ・・。

JNCのほうが20時間使えるってことで便利そうだけどどうなのかな。

ともかくこの辺りで検討をしている。

 

ただどちらも言えることだけど

ワイヤレスへのこだわりは実はない。

有線タイプのネックスピーカーってのは出てないのかな。

SONYのは有線接続もできるらしいけどねえ。

となるとやっぱりSONYか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

4K BDプレイヤー

  • 2019.05.31 Friday
  • 19:27

リビングにあるテレビは4Kテレビ。

数年前から利用しているけど4Kコンテンツは

利用したことがない。

アップコンバート機能によりFHDでもきれいだけど

やっぱりPURE 4Kを見てみたいなと思う。

ただ4K放送となるとまだ敷居が高い。

 

そこでAmazonのFire TV Stickの

4K対応版を買おうかなと思っていた。

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

低価格で4Kコンテンツが利用出来るようだ。

ただ4Kを利用するにはNetflixなどの契約が必要。

Netflixの4Kプランは結構高いんだな。

しかも4Kは海外ドラマなどが中心。

個人的にドラマは高画質にこだわらないので魅力が薄い。

4Kは映画や音楽ライブ、紀行番組などで楽しみたい。

YouTube 4Kもあるけどそれよりもディスクかなと。

4KブルーレイはUHD BDとして規格化されて

既にディスクが出ている。レンタルなども行われてるようで

こっちのほうが手軽に見られるんじゃないかなと。

 

ということでUHD BD対応のBDプレイヤーを検討している。

レコーダーも出ているけど10万円を超えるので無理だ。

各社からUHD BDプレイヤーが出ているけど

ネットワーク対応でかつ安いのはLGのプレイヤーか。

LG 4K Ultra HD ブルーレイ™ディスクプレーヤー 4Kアップスケーリング HDR10対応 Dolby Vision対応 Wi-Fi内蔵 UBK90

LG 4K Ultra HD ブルーレイ™ディスクプレーヤー

4Kアップスケーリング HDR10対応 Dolby Vision対応 Wi-Fi内蔵 UBK90

LGはBDプレイヤーも安くて高機能だった。

国内メーカーは専用プレイヤーよりもレコーダーに注力しており

一応各社から出ているけどその主力は高級モデルなので

低価格モデルは意外と少なかったりする。

海外ではBDレコーダーとかないらしいのでプレイヤーの需要が大きく

UHD BDプレイヤーも人気があるようだ。

Wifi対応でネットの4Kコンテンツも楽しめるし良さそうだな。

 

UHD BD再生に対応した製品として有名なのは

マイクロソフトのXbox One Sだろう。

Xbox One S 1 TB Forza Horizon 4 同梱版 (234-00567)

Xbox One S 1 TB Forza Horizon 4 同梱版 (234-00567)

ソフト付きで3万円前後で売られておりコストパフォーマンスは最高。

ただ所詮ゲーム機という感じはある。

かつてPS2を買った時にDVD再生機能が話題になったが

結局PS2ではなく専用DVDプレイヤーを後に購入した。

それを考えるとXBOX ONE Sはゲームを頻繁にプレイするならありだが

最近あまりプレイしない現状を考えるとないかなと。

結果的に両方買うことになれば無駄になってしまうので

最初からUHD BDプレイヤーを買うほうが良いかなと。

 

ということで欲しいなあと思ってるけど

UHD BDソフトのレンタルってどれくらいあるのか。

もう10年くらいレンタルショップへ行ってないので

ちょっと今度行って様子を見てきたい。

充実しているのなら検討してみたい。

ともかくせっかくの4Kテレビを生かしたいところだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

DP-U50のキオク

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 22:39

先日昔のデジカメデータを見ていたら

昔の部屋の写真が見つかった。

そこに多分買ったばかりのオーディオ機器が写っていた。

YAMAHAのDP-U50という製品だ。

ヤマハ マルチメディアサウンドプロセッサ DP-U50

ヤマハ マルチメディアサウンドプロセッサ DP-U50

昔はよく利用していたけど

いつの間にか使わなくなってしまい

数年前にネットオークションで売却したんだっけ。

そもそもこれを買ったキッカケはなんだったかなと。

 

全ての始まりは2000年3月4日のPS2の発売だ。

プレイステーション2にはDVD再生機能があった。

当時まだDVDプレイヤーは普及しておらず

僕自身初めてのDVDプレイヤーがPS2だった。

PS2を買ってリッジレーサーVなどのゲームをプレイしつつ

DVDも利用してみようと映画などを購入した。

確か初めて買ったのは踊る大捜査線THE MOVIEだった記憶がある。

そしてしばらくして5.1chサラウンドも体験したみたいと

音楽DVDを買ってみようと思い買ったのが

BOHEMIAN SUMMER 2000 [DVD]

BOHEMIAN SUMMER 2000 [DVD]

宇多田ヒカルさんのボヘミアンサマー2000だった。

このDVDは大ヒットしているが僕も購入者の1人だ。

そして見たんだけどテレビ出力ではいまいち。

当時ミニコンポを持っていたので接続してみたけど駄目だった。

対応した機器が必要になるなと。

いろいろ検討したけど家で大音量を出すのは難しそうだから

ヘッドホンを接続して利用出来る製品を買おうと。

それで検討して買ったのがDP-U50だった。

 

DP-U50を買ってPS2と接続して

さらにヘッドホンをつないだDVDを見たときの衝撃は忘れられない。

いい音だなあ、凄い臨場感だなあと思ったものだ。

そしてDVDにハマっていき映画やら音楽やら

2003年くらいまで相当数のDVDを購入している。

多分一時期300枚くらいに達していたと思う。

それまでCDを買うことはあっても

映画はレンタルで見て音楽ライブなどは見たことすらなかったが

いつの間にかそれらを買うということを覚えてそれにハマったんだ。

それは数年は続いたけど

2005年頃にはテレビ中心がパソコン中心に変わったことで

利用する機会が激減してしまった。

DP-U50にはPCとUSBで接続してUSBオーディオとして利用出来る機能もあり

一時期利用を模索していたけど結局部屋の片づけでスピーカーなどを処分したことで

完全に利用しなくなってしまった。

 

もう18年くらい前のことなんだ。

今はパソコンが中心・・いやスマートフォンが中心になりつつあるか。

ヘッドホンやイヤホンで音楽を聞くのは今も同じだけど

より高音質を求めるのなら購入するならヘッドホンアンプなどになるだろうか。

FiiO Q1 Mark FIO-Q1MK2

FiiO Q1 Mark FIO-Q1MK2

PC用としてもスマホ用としても使える製品がいいだろう。

この辺りは意外と高くはないので検討してみようかなあ。

多分昔とは比べ物にならない高音質を実現してるのだろう。

でもそれなりに良いヘッドホンを買わないと駄目だろうけど・・。

 

DP-U50はボリュームコントロール部分が

壊れやすいという弱点があったみたいだけど

僕が使っていたのは問題なかった。

売却したけど買った人は今も使ってるんだろうか。

もう少しコンパクトだったら手元に残しても良かったんだけど

あれ本当に結構でかかったからな・・。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

PCMレコーダーかマイクか

  • 2019.04.28 Sunday
  • 19:25

この時期に山へ行くと

いろんな鳥の鳴き声が聞こえる。

スマホカメラやデジカメなどで記録出来るが

もっと高音質でしっかりと録音したい。

PCM録音対応のICレコーダーを持っているので

それを利用しようかなと思ってるけど

多分これだけでは十分に記録出来ない。

さて鳥の鳴き声などを録音するため

買うべきは高性能なPCMレコーダーだろうか。

それともマイクだろうかとふと考えている。

 

PCMレコーダーの場合は

付属マイクは高性能なケースが多い。

候補としては評価が高く売れているSONYのPCMレコーダー。

ソニー SONY リニアPCMレコーダー 16GB ハイレゾ録音/bluetooth対応 / 可動式マイク プリレコーディング対応 2018年モデル PCM-A10

ソニー SONY リニアPCMレコーダー

16GB ハイレゾ録音/bluetooth対応 / 可動式マイク

プリレコーディング対応 2018年モデル PCM-A10

機能性も高くてハイレゾ録音も可能だ。

PCMレコーダーとしては申し分ないのだが

果てさてこれで鳥の鳴き声をしっかり集音できるだろうか。

マイクの場合はいろいろ考えてるけど

例えばオーディオテクニカのAT9940。

audio-technica ステレオマイクロホン AT9940

audio-technica ステレオマイクロホン AT9940

レビューを見るとビデオカメラなど動画カメラの外部マイクとしても

利用している人が多いようだけど高感度で高音質で

とても優秀なようだ。

鳥の鳴き声の記録などでも使ってる人は多く有力候補。

となればPCMレコーダーかマイクか

どっちがいいんだろうなあ。

 

カメラでいえばSONYのPCMレコーダーは

高級コンデジみたいなものだろうか。

オーディオテクニカのマイクは高級レンズといったところ。

ただデジカメと違うのは高級コンデジにも高級レンズが使える点。

つまり両方買えばより最強ってことだが

果たして鳥の鳴き声の録音に

どれだけ夢中になれるかは分からない。

だとすればどっちが潰しが効くか。

PCMレコーダーは基本それ以外には使えないけど

マイクは動画カメラでも使えるのは利点だ。

もっとも昨今動画カメラはOSMO pocketのようなのを使っており

外部マイクには対応してない製品が多いのだが・・。

 

PCMレコーダーのほうが

高性能な録音機器と高性能なマイクの両方が得られるという点では

確かに魅力ではあるんだけど使わなくなったら無駄だからな。

既存のICレコーダーはほとんど利用していないことを考えると

とりあえずそれで可能な限り録音を初めて見て

それから考えてみるかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーレイレコーダーも使っている

  • 2019.04.24 Wednesday
  • 22:31

僕はPC2台でPC録画をしている。

TS録画をしてMP4へエンコードしている。

残す番組は100%PCを利用していることになる。

ただレコーダーも利用しており我が家には

合計3台のレコーダーがある。

 

レコーダーは全てPanasonicのDIGA。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BRW1050

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BRW1050

最初に買ったBDレコーダーがDIGAで

レコーダー間の連携のために結局DIGAばかり揃えてしまった。

主に録画してるのはドラマや家族が好きな番組。

利用してるレコーダーは全て1TBの2チューナーモデルなので

同じ時間帯に3番組を録画したければ

別の部屋のレコーダーで録画するようにしている。

ネットワーク経由で他のレコーダーの動画を再生できるので問題ない。

メーカーを超えた連動も可能らしいが

同じメーカーなら失敗がなく確実なので安心。

ちなみにテレビはSONYや東芝だったりして

ビデラリンクは利用することができない。

 

お風呂にはPanasonicのお風呂テレビがある。

パナソニック 10V型 液晶 テレビ プライベート・ビエラ UN-10E8-W 2018年モデル

パナソニック 10V型 液晶 テレビ プライベート・

ビエラ UN-10E8-W 2018年モデル

このテレビでもHDDレコーダーとして利用出来るのだが

それよりもネットワーク経由で他の部屋のレコーダーにアクセスし

そのデータを再生できることの方が大きい。

つまりお風呂でたまった録画番組などを消化することができるわけだ。

多分Panasonicのネットワーク対応があれば

Wifi経由で他の部屋のレコーダーの動画を再生出来ると思う。

最近の家電製品はネットワーク対応が進んでいるけど

Panasonicは日本メーカーの中ではそれが進んでいるほうだと思う。

 

そういえばこのBDレコーダー。

PanasonicのほかはSHARPやSONY、東芝など

日本の家電メーカーばかりだ。

今は世界的に見て日本の家電メーカーは世界に通用しなくなっている。

この分野は強いのか?というと実はそうではなく

日本以外では録画文化があまり広がっていないのだろう。

HDDレコーダーなどはあれどそれをBD-Rに残したりしない。

マクセル(maxell) 録画用 (1回録画用) BD-R 地上デジタル180分 BSデジタル130分 4倍速対応 インクジェットプリンタ対応ホワイト(ワイド印刷) 50枚 スピンドルケース入 BRV25WPE.50SPZ

マクセル(maxell) 録画用 (1回録画用) BD-R 地上デジタル180分

BSデジタル130分 4倍速対応 インクジェットプリンタ対応ホワイト(ワイド印刷)

50枚 スピンドルケース入 BRV25WPE.50SPZ

録画を残すというのは日本人特有の現象なのだろうか。

僕自身BD-Rには残さないけどPCデータとして残している。

海外でもPC録画自体はあるようで

そういうマニアはいるようだけど日本のようなガチガチなコピーコントロールがなく

それ故にわりと自由にデータを取り扱ってるのでBD-Rではなく

HDDに残してそれをコピーしたりして活用しているようだ。

あと今はネットワークテレビが広がって

NetflixやHulu、DAZNのようなサービスが一般化して録画という概念が消えつつあるのかも。

 

4K時代になって変わっていくだろうか。

そもそもテレビ放送というものがいずれ過去になっていき

映像は全てネット放送で楽しむ時代は

もうすぐそこまで来ているのかも。

10年後くらいに世界はネット放送がスタンダードになり

定額で過去1か月分の放送は見放題に。

一方で日本はテレビ放送にこだわりガラパゴスに・・

なんてことが実際ありえそうで怖いな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

4K放送を見るためにはどうすればいいのか

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 21:38

リビングのテレビはSONYの4Kテレビ。

購入したのは5年ほど前だけどこれまで利用してきた。

1度基板交換のアップデートを行っており

それで4K放送も見られるようになった。

もちろんチューナーを購入すればの話だけどね。

現在は4Kコンテンツは全く利用してないけど

せっかくだから4K放送が見たいなと思う今日この頃。

 

4Kチューナーを搭載してない4Kテレビで

4K放送を楽しむためにはどうすればいいのか。

現在行われている4K/8K放送はBSデジタルなので

BSアンテナを立てるかBSデジタルの視聴環境が必要。

マスプロ 4K・8K放送(3224MHz)対応 BS・110°CSアンテナ BC45RL

マスプロ 4K・8K放送(3224MHz)対応 BS・110°CSアンテナ BC45RL

BSアンテナをたてる場合は4K/8K放送に対応した製品が良い。

そして分配器やケーブルなども4K放送に対応したものを利用して

チューナーに接続する必要がある。

ただし我が家の場合はBSデジタルは見られるがアンテナは立てていない。

光ネットサービスの光TVを利用しているためだ。

 

昨今光TVサービスを利用してる家は多いだろう。

光インターネット回線を利用して

テレビ放送も配信してもらうもの。

CATVなどの場合は専用のセットボックスが必要になるケースもあるが

光TVでは基本パススルーで提供されるのみ。

つまりアンテナ代わりで配信されるだけなので

テレビやレコーダーなどチューナーがあれば見ることができる。

光TVサービスが4K/8K放送をパススルーしていれば

4K放送を見る敷居は低くなる。

我が家が利用してる光TVもパススルーしており対応している。

 

これでアンテナはとりあえず立てる必要はない。

しかし問題は配線だ。

4K放送は3224Mhzという周波数帯まで利用している。

従来のBSデジタルではそこまで利用しておらず

その周波数帯には対応してない分配器やケーブルを利用している。

DXアンテナ 分波器 【2K 4K 8K 対応】 BS/CS-IF出力 入力端子間通電 ノイズに強い出力ケーブル一体型(2m/0.5m) MBUM2WS(B)

DXアンテナ 分波器 【2K 4K 8K 対応】

BS/CS-IF出力 入力端子間通電

ノイズに強い出力ケーブル一体型(2m/0.5m) MBUM2WS(B)

ケーブルや分配器なんて交換すればいいと思うかもしれないが

テレビ裏の配線とは異なり問題の中は

家の壁の裏を通っている配線。

各部屋のアンテナ端子に繋がっている配線が4K放送の一部しか対応してない。

それらを交換するには工事が必要でかなりのコストがかかる。

スカパーを見る時のようにアンテナを立てて

直接チューナーと接続すればよいんだけどそれだと

家で見られる場所が限られてしまうのが難点。

最もすべての4K放送が見られないわけではないけどね。

 

4k放送だけど

現在スタートしているのはNHKやBS民放など数チャンネル。

BS民放大手とNHKの4Kに関してはBS右旋で放送されているんだけど

これは従来の周波数帯と同じなので

3224Mhzに対応した分配器や配線ケーブルでなくても

利用することができる可能性が高い。

NHKの8Kは今後増えていくWOWOWなどBS左旋のは見られないが

とりあえず4Kを見るだけなら既存の環境で見ることができる。

NHK4KとBS4社のはね。それで十分なのでそれを見る環境を整えたい。

 

そのために必要なのは4Kチューナー。

あとは4Kに対応したケーブル。

今売られてるアンテナケーブルは4K対応だけど

古いものは対応してないケースが多いので気を付けたい。

シャープ 4Kチューナー 新4K衛星放送対応 4S-C00AS1

シャープ 4Kチューナー 新4K衛星放送対応 4S-C00AS1

4Kチューナーはいろんなメーカーから出ている。

見るだけならどのメーカーを選んでも大差はない。

録画するとなるとまだ安定していないので難しい。

Panasonicのように延期されまくったケースもあるから。

ソニー SONY 4Kチューナー BS/CS4K 地上デジタル 裏録対応 ダブルチューナー HDMIケーブル付属 DST-SHV1

ソニー SONY 4Kチューナー BS/CS4K 地上デジタル

裏録対応 ダブルチューナー HDMIケーブル付属 DST-SHV1

例えばSONYの4KチューナーはWチューナー搭載で

USB-HDDを接続すれば1つを録画専用に割り当てられる。

価格はちょっと高いけどありかなと。

4K放送の番組を残したいのならUHD BDに対応した

シャープ AQUOS ブルーレイレコーダー 2TB 3チューナー 4Kチューナー内蔵 Ultla HDブルーレイ対応 4B-C20AT3

シャープ AQUOS ブルーレイレコーダー 2TB 3チューナー

4Kチューナー内蔵 Ultla HDブルーレイ対応 4B-C20AT3

4k対応のBDレコーダーを購入する必要がある。

シャープの4Kレコーダーは2TBモデルなら7万円ほどなので

下手に4Kチューナー買うならこれ買ったほうがいいかもね。

4Kチューナーは1個だけしか搭載してないけどね。

 

4K番組を残すかどうか。

見てみたいという気持ちはあるけど

残すかどうか・・。録画依存な自分なら残したいと思うかもしれないが

コストがかなりかかるから当面は見送りかなあ。

とりあえずチューナーかなあ。

チューナーのみでも多くのモデルではUSB-HDDをつなぐことで

録画に対応してるので単体チューナーのレコーダーとして利用出来るからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

指向性マイクと録音

  • 2019.04.12 Friday
  • 19:25

最近ICレコーダーを持っていろいろ録音してる。

なかでも野球場などへ行き応援などを録音するのは

あとから録音を聞いたりすると楽しいので

積極的に録音するようにしている。

ただ余計な音が入り過ぎるのが気になっていて

ある程度指向性のあるマイクを利用したいなと思っている。

 

PCMレコーダーなどは

付属マイクの指向性はどうなっているのだろう。

ZOOM ズーム ハンディレコーダー  H1n

ZOOM ズーム ハンディレコーダー H1n

多少の指向性はあるとは思うけどそんなに強くないのかな。

ガンマイクのような強い指向性のあるマイクを

購入したほうがいいのだろうか。

外部マイクを買うのなら今使ってる

PCM録音可能なICレコーダーでも問題なさそうだけど

問題はマイク選びだな。

 

マイクといえば動画撮影用に

オーディオテクニカのAT9941を持っていたっけ。

audio-technica ステレオマイクロホン AT9941

audio-technica ステレオマイクロホン AT9941

PanasonicのミラーレスのG6で使うように購入したけど

FZ1000やビデオカメラなどでも

何度か利用したことがある。

でも2015年くらいを最後に全然使っていない。

指向性があってなかなかいい感じのマイクらしいので

今度試してみようかな。

あと以前鉄道マニアのウェブサイトなどで

指向性マイクとして紹介されてたAT9940。

audio-technica ステレオマイクロホン AT9940

audio-technica ステレオマイクロホン AT9940

実際に鉄道の録音をしてるのに使ってるのを見たことがある。

モーターの加速音などをいい感じで記録出来ていた。

スタジアムの応援の音声なども大丈夫かなあ。

 

いろいろ試行錯誤して

いい音を集めていきたいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テープメディア

  • 2019.04.04 Thursday
  • 19:52

今もカセットテープは普通に売られている。

登場したのは1970年代らしいけど

僕が子供の頃には音楽用として使われていた。

自宅にはラジカセやミニコンポがあり

カーオーディオにはカセットデッキがついていた。

ただ1990年頃にはMDの登場で廃れていき

2000年頃にはメモリプレイヤーやCD-Rの登場により

音楽プレイヤーとしての利用は激減したものの

近年は高齢者を中心にカラオケの録音などで人気が高いようだ。

マクセル カセットテープ(90分/10巻パック) UR-90M 10P

マクセル カセットテープ(90分/10巻パック) UR-90M 10P

本当に普通に売られていて驚くほど。

若い世代だとテープというアナログなメディアが

逆に新鮮なようで面白いといっている。

今の子供はテープメディアを知らないんだよな・・・。

 

思えば僕はテープメディアとともに育ってきた。

子供の頃にはラジカセでカセットテープを利用しつつ

VHSデッキで録画などを楽しんでいた。

今のようなHDDに録画してではないので

テープの容量に合わせて録画する必要がある。

電子番組表などはなかったけどGコードの予約が可能になって

予約録画が楽になったのを覚えている。

昔の新聞の番組欄にはGコードが載っていたけどいつからなくなったのかな。

TDK VHS スタンダード 120分録画 10本パック [T-120HSUX10BP]

TDK VHS スタンダード 120分録画 10本パック [T-120HSUX10BP]

テープは一時期50本くらい持っていたけど

どんどん処分していき今は0本。全く持っていない。

ただVHSデッキは1台あり動作確認をしたかったけど

テープが全くないので動作確認出来ずに詰んでいる。1本くらい残しておくべきだった。

今は完全にHDDに録画しておりVHSなど使わない。

僕の場合はPC録画でHDDに録画しているけどね。

 

あとテープメディアは

ビデオカメラなどで使われてきた。

1980年代くらいから8mmビデオカメラが登場。

うちにもビデオカメラがあったけど

肩にのせるタイプでファインダーを覗いて撮影するものだった。

それがハンディカムサイズとなって

シャープから液晶ビューカムが出て液晶を見るスタイルが定着したっけ。

8mmとVHS-Cと規格争いがあったけど8mmが勝利。

ただデジタル時代になりDVテープへと移行した。

SONY ミニDVカセット 3DVM63HD

SONY ミニDVカセット 3DVM63HD

DVカメラはのちにHDVカメラとなって

同じDVテープを利用することからかなり長く使われている。

1990年代から今もDVテープは使われている。

最近はSDカード記録が増えてはいるけど

10年前の上位モデルのHDVカメラなどは今も使われており

DVテープの需要はそこそこあるようだ。

僕もこないだ昔のHDVカメラで撮影した映像を見て思ったのは

下手な最近の安いFHDカメラよりも昔のHDVカメラのほうがきれいだなと。

中古とかの需要は多そうだ。

 

という感じでテープメディアを振り返ってみたけど

それ以外にもベータとか出ていたっけ。

あと僕はあまり知らないけどデータ記録でのテープメディアがあるようで

富士フイルム LTO Ultrium4 データカートリッジ 800GB LTO FB UL-4 800G U

富士フイルム LTO Ultrium4 データカートリッジ

800GB LTO FB UL-4 800G U

コンシューマー用としてはあまり普及していないけど

大容量データの保存などでLTOは使われているようだ。

リーダーライタはかなり高価らしいけど個人でも使ってる人はいるようだ。

僕は使ってないし使う予定はないけどね。

 

僕自身の手持ちのテープだけど

VHSテープは既にデジタル化して全廃。

カセットテープもデジタル化して全廃。

DVテープもDVキャプチャ・HDVキャプチャしているが

これらは全てテープを手元に置いている。

DVテープの場合だけどちょっと注意が必要で

SPモードなら問題ないがLPモードは機種依存なので

LPモードで記録してる場合はカメラも手元に残しておく必要がある。

だから僕はLPモードを多用していたので

DVカメラもHDVカメラも今もドライボックスに入れている。

使う予定はないんだけどテープを再生する可能性はあるからね。

 

今後新しいテープメディアを買うことは

多分ないんじゃないかなあ。

今後はHDDすら減っていきいずれはメモリ保存が普通になっていくかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルラジオのi-dio

  • 2019.03.28 Thursday
  • 22:34

i-dioは地上アナログ放送が終了した後のVHF帯を利用した

新しい放送(デジタルラジオ)としてスタートした。

http://www.i-dio.jp/

東京FMが主体となりサービスを行っており

3月に北海道でもスタートしてエリアは広がりつつある。

ただあまり普及しているとは言えないのが現状だ。

かつてドコモが主体となったNOTTVというマルチメディア放送があったが

あれと同じく消えてしまうのではないかという懸念もある。

 

i-dioには専用受信機が必要だ。

世界初 新放送サービス i-dio対応 Wi-Fiチューナー i-dio Wi-Fi Tuner TUVL01

世界初 新放送サービス i-dio対応

Wi-Fiチューナー i-dio Wi-Fi Tuner TUVL01

初期ユーザーはモニターキャンペーンで無料で配布されたようだが

その後は15000円前後で発売されたらしい。

ただ今はもう売られていないようだけど・・・。

あまり受信感度は高くないようで問題も多いようだけど

問題なく使えている人も多いようだ。

このチューナーはスマホと連携してスマホアプリで聞くようだ。

理想を言えばスマホに内蔵されることだけど

全くそういう予定はないようでなかなか厳しそう。

 

そんなi-dioだけど今はインターネット環境があれば

利用することができるようだ。

http://tsplay.tokyosmart.jp/

radikoのようにネット環境でデジタルラジオを楽しむことができると。

つまり専用のチューナーがなくても使えると。

あとチャンネルは多少制限されるがWindows10アプリもリリースされており

PCでもきくことができるらしい。

とりあえずiPhone7にインストールしてみたら

Wifi環境下でちゃんと聞くことができた。

まあネットラジオと変わらない感じだけどね。

スマホのスピーカーだとせっかくのデジタルラジオの良さが

活かされないのでBluetoothスピーカーを接続。

Anker SoundCore (ポータブル Bluetooth4.2 スピーカー )【デュアルドライバー/ワイヤレススピーカー/マイク内蔵 / 24時間連続再生可能】(ブラック)

Anker SoundCore (ポータブル Bluetooth4.2 スピーカー )

【デュアルドライバー/ワイヤレススピーカー/

マイク内蔵 / 24時間連続再生可能】(ブラック)

問題なくスピーカーでもきくことができた。いいね。

ちなみにアプリはバックグラウンドでも動くタイプ。

たまにアプリが落ちることがあるのが残念かもしれない。

アプリの完成度の高さはそれほどでもないとか。

 

さてこのi-dioは防災機能なども充実してるようだ。

インターネットラジオならスマホ単体で聞けるが

それはただのネットラジオと変わらない。

やはりラジオ単体で聞けるべきだろうと思う。

このi-dio自体は全く採算は取れてないと思うのだが

防災関連で地方の自治体と連携することで

補助金などでビジネスが成り立っているような感じだ。

デジタルラジオでは情報も手軽に送ることができるので

高齢者などに受信機を配布して防災情報端末として

売り込んでいるようだ。

ラジオのチャンネルとしては若者向けのものが多いので

そうした利用だとどうかなと思うけどね。

クラシックやジャズなどがあるけど演歌や年配向けトーク番組とか

必要なんじゃないかなと思う。

TOKYO FMがベースだから仕方ないと思うけど

AM系ラジオ局とも提携するべきじゃないかな。

 

とりあえずチューナーは現状普及しそうもないが

今後どうしていくんだろうか。

ネットラジオとして活動していくなら

VHF-Lowの周波数帯を持つ意味がなくなるが

NOTTVもそうだったが受信端末をどうやって普及させるかが課題だ。

ドコモがあれだけNOTTV端末を販売しまくってても普及しなかったのは

有料放送だったからかもしれないけど

無料放送でも専用チューナーが必要ってのは厳しい。

それこそ携帯ラジオのように2000円から3000円程度で

受信ラジオが提供されないと無理じゃないかな。

そこまで安くなるためには数をださなきゃいけないが現状無理っぽ。

どうするんだろうな。

ネットではちょくちょく聞いてみるようにしよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


recommend

ASRock Phantom Gaming M1 Radeon RX 570 8G バルク品 グラフィックボード
ASRock Phantom Gaming M1 Radeon RX 570 8G バルク品 グラフィックボード (JUGEMレビュー »)

ミドルクラスのビデオカードが11700円。マイニング用で余ったのがゲーミング用途に流通しつつあり格安のビデオカードを買うチャンス。

recommend

激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~
激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ (JUGEMレビュー »)
齊藤 倫雄,NHK取材班
TJAR2018の番組が待望の書籍化。番組よりも詳細な取材情報、撮影の裏側などが濃くてこっちのほうが魅力的だったりする。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

recommend

激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ トランスジャパンアルプスレース [Blu-ray]
激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ トランスジャパンアルプスレース [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

2018年8月に行われたTJAR2018。NHKが密着し秋に放送された番組がBD化。特典として今年1月に放送されたサイドストーリーも収録。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM