4Kテレビと4Kモニター

  • 2017.10.13 Friday
  • 19:17

最近は4Kテレビがかなり売れてるようだ。

売られているテレビの3分の1は4Kテレビだという。

その普及台数も300万台を超えて増え続けている。

国内だけでなく海外でも4Kテレビが今トレンド。

我が家ではリビングのTVは4Kだ。

まだ4K放送とか見られる環境ではないけど

地デジなどもアップコンバートできれいに見える。

55インチクラスのテレビになるとFHDだと

ドットの粗が目立つので4Kくらいは必要かと思う。

 

今自分の部屋のテレビを新しくしたいが

どうするか迷っている。

今は以前リビングにあった42インチのプラズマ。

解像度が低いのでゲーム機などを接続すると

文字がつぶれてしまって利用しづらい。

また消費電力も無駄に高い。

それ故に新しい液晶テレビを買いたいけど

どうせ買うなら4Kにするか迷っている。

また4Kテレビといってもコンテンツがないので

いっそのこと4Kモニターを買って

PCで利用するのもありかなと思ったりしている。

 

さて4Kテレビだけど

国内大手メーカー製品だと10万円を超える製品もあるが

概ね40インチ台だと10万円以下で買える。

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 40M500X(K)

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応

LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 40M500X(K)

チューナーを搭載していて

あとはUSBHDDへの録画機能などを備えている。

ただ海外メーカーでも高品質なブランドだと

国内メーカー製と同じくらいの機能は持ちさらに安い。

LG 43V型 液晶 テレビ 43UH6100 4K対応 HDR対応 IPS4Kパネル 直下型LEDバックライト スリムボディ Wi-Fi内蔵 外付けHDD録画対応 2016年モデル

LG 43V型 液晶 テレビ 43UH6100 4K対応 HDR対応

IPS4Kパネル 直下型LEDバックライト スリムボディ

Wi-Fi内蔵 外付けHDD録画対応 2016年モデル

LGあたりだとかなり割安感があるが機能は国内メーカーと変わらない。

実際国内メーカーの液晶パネルの多くは海外製でLG製が多いから

あまり変わらないのかもしれない。

さらに安いのは中国系の製品だろうか。

ハイセンス HJ43N3000 43V型 4K対応 液晶 テレビ 外付けHDD 録画 裏番組録画 メーカー3年保証

ハイセンス HJ43N3000 43V型 4K対応 液晶

テレビ 外付けHDD 録画 裏番組録画 メーカー3年保証

価格は5万円台まで下がっている。

今年ドンキホーテの4Kテレビが5万円台でバカ売れしたけど

かなり安く買うことが出来る。

 

僕自身テレビはあまり見ることがないし

4Kテレビがあっても4K放送を見る手段がない。

それを考えると4Kは時期尚早に感じてしまうが

一方でパソコンやゲームに関して言えば

4Kの時代は既に到来しつつある。

PS4 ProやXBOX ONE Xなど4Kゲーム機も登場。

フルHD環境が10年以上続いておりそろそろ4Kかなと。

デジカメ動画は4Kが増えているし

デジカメ写真などは4K以上の解像度で

それらを閲覧するなら4K環境は欲しい。

玄人志向 ビデオカード GEFORCE GTX 1050Ti搭載 グラフィックボード GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF

玄人志向 ビデオカード GEFORCE GTX 1050Ti搭載

グラフィックボード GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF

ビデオカードは4Kに対応してるがVRAM4GB以上のモデルは

導入したほうがいいかなと思っている。GTX1050Tiなら比較的買いやすい価格だ。

 

ということで4Kモニターのほうが良いのではと

傾いているところ。

4Kモニターの場合はサイズが問題で

43インチクラスだとテレビと価格があまり変わらない。

LG モニター ディスプレイ 43UD79-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減

LG モニター ディスプレイ 43UD79-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/

HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減

これなら4Kテレビを買ってPC接続して利用したほうが良いかもしれない。

何よりPCとテレビでは利用する距離が違う。

テレビは2mか3m離れているけどPCモニターは1mから1.5m程度。

1.5m先に42.5インチのモニターがあると壁があるような圧迫感がありそうだ。

首がつかれそうな感じなんだなあ。

28インチだとFHDとあまり変わりがないし文字が小さくなりすぎる。

理想は32インチくらい。

LG モニター ディスプレイ 32UD59-B 31.5インチ/4K(3840×2160)/VA 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/スピーカー搭載/高さ調節対応

LG モニター ディスプレイ 32UD59-B 31.5インチ/

4K(3840×2160)/VA 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/

スピーカー搭載/高さ調節対応

31.5インチの価格も43インチと

そんな大きな差があるわけじゃないのがネックだな。

これが45000円くらいで買えるなら買いたいところだけど

5万円台後半となるとかなり考えてしまう。

 

ということで4Kに興味はあるけど

どうするか決めかねている状況だ。

テレビにするかモニターにするか。

テレビをPCで利用するって選択肢もあるかな。

現状僕が一番4Kを求めているのはパソコン。

それ故にパソコンを優先して考えることにしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

レンタルDVD/BDの利用を増やすために

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 21:44

ちょっと前にTSUTAYAがレンタルDVD/BDの

定額サービスを始めると話題になったけど

僕自身最近全くレンタルDVD/BDを利用していない。

前回借りたのはいつだろうと振り返っても記憶がない。

BDのレンタルが開始して少し経ったくらいだから

PS3が発売されたのが2006年ってことで

2007年くらいに利用したのが最後かなと思う。

つまりこの10年利用していないってことだ。

 

利用しなくなった理由は何故だろう。

昨今はオンラインの定額動画配信サービスが増えた。

Amazonプライムビデオは今現在利用している。

年額3900円でお急ぎ便なども利用できることから

あまり負担を感じない動画サービスだがその割に充実している。

月額540円のdTVなども価格が安めで広がっている。

こうした定額動画配信が普及をすると

確かにレンタルビデオの利用者は減っていくと思われる。

ただそもそもこの定額動画配信が広がったのは

ここ2年くらいの話。

レンタルDVD/BDを僕が使わなくなったのは10年前くらいだし

世間でもレンタルショップが激減したのは5年以上前のこと。

原因はネット配信ではないような気がする。

 

10年前くらいに僕は何をしていたかと考えて

心当たりが1つある。

それは2006年からPC録画を始めたことだ。

2007年頃はアースソフトのPT1などが発売されたりして

PC録画の利用が一気に増えたんだっけ。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・

CS対応TVチューナー PX-W3PE4

今もTS録画をしているけど

自分で録画してエンコードして残すようになり

動画コンテンツが手元に大量に残ることになって

結果的にレンタルを利用しなくてもドラマなどは

そっちから供給できるようになったと。

 

僕のようなPC録画はややマイナーだけど

世間的にはレコーダーの普及は大きいと思う。

昔はVHSで録画をしていたけど

大量に録画することには向かなかったので

本当に録画したい番組のみ録画をしていた。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

しかしHDDレコーダーが

2004年頃から普及し始めると簡単に大量に録画が可能になる。

じわじわと普及したレコーダーも2007年頃には

各家庭にかなり普及していたと思う。

レンタルDVD/BDに致命的な打撃を与えたのは

HDDを搭載したレコーダーの普及にあったと思う。

これで録画が圧倒的に増えて録画を消化するのに

時間を費やすことになりレンタルなど借りる必要がなくなった。

ただ最近僕自身久々にBDを買ったけど

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

BDを再生しようと思ったとき頼ったのはBDレコーダーだった。

皮肉なのはDVD/BDを再生する環境は

DVD/BDレコーダーで各家庭に普及しているということ。

レンタルDVD/BD店にとってBDレコーダーは敵だけど

かといってなくなってもらっては困るという存在なのかと。

 

もちろんそれだけではない。

レンタルショップは本屋を併設してることが多いが

本が売れなくなり雑誌が売れなくなり書店が減って

その結果レンタルショップも減っていく。

よりネット通販への依存度が高まって

お店へ足を運ぶことが減る。レンタルショップを訪れる客も減ると。

僕自身今実店舗の本屋利用はほぼ100%が

ショッピングモールでの本屋になる。

昔のような郊外店の本屋は全く利用しなくなった。

そしてそういう郊外店にこそレンタルショップが併設されていたんだ。

 

昔はよく夜に出かけたものだ。

本を買うためDVDを借りるために出かけることが多かった。

子供の頃でもちょっと離れたレンタルショップへ行くため

父に行こうよと呼び掛けて家族で出かけたものだ。

今本を買うのはネットか週末にイオンモールへ行ったときの本屋。

夜に出かけることは皆無になった。

正直レンタルDVD/BDは借りるのはいいけど返すのが面倒。

返却が遅れると高額な違約金がかかるからね。

本来それはお店の収益源だったんだろうけど

それらが結局レンタル離れを進めてしまったのかと。

正直定額制を導入してもお客が戻ってくるのかは微妙かなと。

それよりも夜でも行きたいと思わせるお店作りが必要かと。

例えば広い満車にならない駐車場、

コンビニや酒店の併設、深夜営業のスーパーとかの併設もありか。

ただレンタルだけでなくいろいろ出かける目的があれば

日常的に行くことが増えてレンタルも利用するようになるかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂でテレビ・ネット

  • 2017.10.09 Monday
  • 23:34

お風呂に入っている時間は人それぞれ。

僕の場合夏はかなり短いけどそれ以外は30分ほど。

ほどほどに汗をかいて新陳代謝を高めて出るのがいい。

特に冬はそれで温かさが持続するから。

そんなお風呂の中での暇つぶしはテレビだ。

パナソニック 10V型 ポータブル 液晶 テレビ 防水タイプ 500GB ブルーレイディスクプレイヤー/HDDレコーダー付き ブラック プライベート・ビエラ UN-10TD6-K

パナソニック 10V型 ポータブル 液晶 テレビ 防水タイプ 500GB

ブルーレイディスクプレイヤー/HDDレコーダー付き

ブラック プライベート・ビエラ UN-10TD6-K

我が家のお風呂前の脱衣所には

Panasonicのテレビが置いてあり充電されている。

これをお風呂テレビが可能だ。

チューナーは別の部屋にありWifiで繋がっている。

チューナーには500GBのHDDもあり録画も可能。

 

さらにこの製品はPanasonicのビエラリンクに対応している。

我が家には別に2台のレコーダーがありどちらもPanasonic製。

それらもネットワークにつながっているので

このお風呂テレビからそのレコーダーにアクセスして

録画しているデータを再生することが出来る。

リアルタイムでテレビ番組を見ることも出来るし

録画番組のチェックも出来て凄い端末。

特に別の部屋のレコーダーまでチェックできるのは便利で

録画番組の消化に大いに役立っている。

単体でも録画機能はあるからお風呂から予約録画操作も可能だ。

 

お風呂でのこうしたテレビなど

映像コンテンツを見るのはおすすめだ。

最近のスマホは防水対応になっているので

お風呂でスマホを使うのもありなのかもしれない。

映像を見るなら別途防水タブレットを利用するのもあり。

au タブレット Qua tab PZ [ピンク] LGT32

au タブレット Qua tab PZ [ピンク] LGT32

TVerアプリなどを利用することで

ネット経由で見逃し番組を見ることが出来る。

僕のようにPC録画をしてればNASなどに保存した動画を

DLNAアプリで見ることが出来る。

ほかにもネットの配信系などコンテンツは多いので

それらを見たりするのに防水タブレットは最適だ。

今の若い世代はテレビが見られるということよりも

ネットが利用できるというほうが

長風呂できるんじゃなかろうか。

YouTubeとか見てるだけで1時間とか過ごせてしまいそうだから。

 

長風呂って結構大変で

何かしら時間を忘れられるものが必要だから

テレビやネットなどは時間を忘れるのに便利かと。

ただ忘れて脱水症状になるのは危険なので

お風呂にペットボトルの水を用意しておくとか

お風呂前にしっかり水を飲んでおくとか準備を忘れずに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICレコーダーを持ち歩く

  • 2017.10.08 Sunday
  • 19:37

最近ICレコーダーを持ち歩くようになった。

きっかけはICレコーダーを

購入しようか検討したことだ。

最近無名メーカーの安いICレコーダーが売られている。

Tenswall ICレコーダー ボイスレコーダー 録音機 内蔵8GB 高音質 長時間連続録音 操作簡単 超小型 2年保証付 日本語説明書付き

Tenswall ICレコーダー ボイスレコーダー 録音機 内蔵8GB

高音質 長時間連続録音 操作簡単 超小型 2年保証付 日本語説明書付き

かなりコンパクトで価格も安いし

買ってみようかなと思ったんだけど

その前に今持ってるそんなにコンパクトではないが

そこそこ小さなICレコーダーを持ち歩いてみようとそう思ったわけだ。

 

ICレコーダーを買ったのは10年前くらいか。

SONYのICレコーダーをハードオフで中古で買ったのがきっかけ。

何故かったかというとネット上のブログで

ICレコーダーの録音データがアップされていて

それがとても高音質でなかなかいいじゃないかと思ったため。

またラジオ番組で富士山に登ったナビゲーターの人がいて

行ったときの模様をPCMレコーダーで現地レポしてて

それがラジオで流れてたけどなかなかいい感じだった。

だから買ってみた。

それがケロログというボイスブログを始めるきっかけにもなる。

その後壊れて買い替えてテープにデジタル化のために

また買い替えたんだっけなあ。

 

今はオリンパスのICレコーダーを利用している。

OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek 4GB MicroSD対応 V-842 シルバー V-842 SLV

OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek 4GB

MicroSD対応 V-842 シルバー V-842 SLV

これのいくつか前のモデルだと思う。

カセットテープのデジタル化のために買ったけど

もうとっくに終わってしまっている。

最近はほんと全く使っていなかったけど

今回ちょっと使ってみようとカバンに入れるようにした。

そしたら意外と使えるんじゃないかという感じになった。

 

どんな時に使うか。

例えば契約などの話を聞くとき。

最近だと車検やスマホの契約などを行った。

いろいろ説明をしてくれるわけだがその時に録音をする。

スマホアプリでも録音できるけどICレコーダーのほうが確実。

あとは電車やバスなど乗り物の音を録音する。

結構鉄道の音とかは面白いもの。

街中のどうでもいい音なども録音したくなってくる。

イオンでのんびりしながらひたすら録音したりする。

店内のアナウンスや流れてる音楽などどうでもいいことだけど

ただなんとなく雰囲気が録音出来て面白かったりする。

 

1つ注意することは

ICレコーダーは動かさないこと。

基本的にテーブルに置いて固定して録音をする。

ステレオで録音しているとき動かすと音場が狂うため。

もし手に持って録音するならモノラル録音がベストだ。

ステレオだと固定して動かさないこと。これ必須。

以前は外部マイクを利用したりしていた。

audio-technica ステレオマイクロホン AT9901

audio-technica ステレオマイクロホン AT9901

車を運転しながら何かしら話したことを録音したいなら

こうしたピンマイクを利用したほうがいい感じで録音できる。

ただケーブルなど邪魔になるので普段は使わないかな。

とりあえずはマイクなしで普段持ち歩いて利用していきたい。

たいした荷物にならないからね。

 

ってことでずっと使ってなかったICレコーダーを

ようやく使うようになったけどこの先どうなるか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Fire TV 4K値下げ新モデル登場

  • 2017.09.28 Thursday
  • 19:39

Amazonから新しいAmazon Fire TVが発売される。

従来モデルからコンパクト化した4K・HDR対応のFire TVだ。

Fire TV  (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

価格は従来の11980円から3000円値下げされ

新価格は8980円と買いやすくなっている。

発売日は1か月ほど先の10月25日。

 

昨今4Kテレビは売れているようで

既に国内で300万台以上が売れていて

伸び率なども4Kテレビが一番のようだ。

我が家でもリビングのテレビは4k。

32インチくらいならフルHDでもいいけど

40インチを超えるとフルHDだと粗が見える。

50インチ以上だと明らかにFHDだとドットが見える感じで

最近は4K対応モデルが増えてきた。

価格も下がって数年前は50万とかしてたけど

今や大手メーカーでも10万円台。

海外メーカーだと10万円を切る製品もあり

ドンキホーテで5万円台の4Kテレビが発売されて話題になったりもした。

 

そんな4Kテレビも4Kコンテンツは?というと

あまりないのが実情だ。

4K放送はCSアンテナなどが必要であまりまだ広がってない。

2020年頃にはBSでも始まるらしいがまだまだという感じ。

ただ一方でネットでは4K化がかなり進んでいる。

YouTubeでは4K動画が増えているし

Netflixなどは4KHDRに対応したコンテンツを配信してる。

そうしたネット動画を見るのにFire TVは最適。

 

ライバルはApple TVになるだろうか。

9月中旬の発表会でApple TVの4K対応版が発表された。

価格は32GBモデルで19800円(税抜)なのでいい値段する。

それと比べるとFire TV 4K版は8980円でかなり安くて魅力的だ。

もちろんApple TVはiPhoneやiPadの連携などの魅力はあるが

単純にネット動画を見るだけならFire TVで十分かなと。

僕自身7月にFire TVを買って9月になった利用開始したところ。

(→Fire TV Stickをやっと利用開始[9月21日]

4K版は価格差があるから買わなかったけど4000円差まで縮まると

気になるところだなあ。

実際Fire TVを使い始めているけどとても快適で

今まであまり見なかったけどネット放送を見るのが楽しくなる。

特にAmebaTVなどライブ配信系はPCで見るのと全く違って

テレビで見ると普通のテレビ番組と遜色なく感じるんだなあ。

 

ということでいずれ買いたいと思うけど

まだFire TV Stickを使い始めて1か月もたってないので

しばらくはこれを利用していこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PS4とVR

  • 2017.09.26 Tuesday
  • 20:31

先週行われた東京ゲームショーで

SONYのブースはPS4とPS VRが中心だったようだ。

直前の19日に行われたカンファレンスでもVRの充実や

PS4のソフトの発表で

ユーザーが期待していた新ハードのPS5やPS Vita2などは

全く何も情報がなかった。

そもそも開発発表すら行われず肩透かしを食らった感じだ。

とはいえゲームショーではVRやPS4ソフトなどを中心に人気を得たようだ。

VRは体験してこそその価値が分かるというもの。

確かに1度体験するとそれはこれまでのゲームとは全く異なるもので

その将来性は強く感じるのだろう。

そうした体験機会をもっと多く設けるべきかなと。

 

そんなPS VRだけど値下げが発表された。

従来モデルに比べて5000円値下げされて44980円(税抜)に。

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

ただ品薄感はまだあまり解消していない気がする。

値下げするのはいいけどAmazonなどで

普通に買える状態にしないとあまり意味ない気がする。

そんなに大人気という印象よりも単に供給数が少ないだけの気がする。

ハードが多く出回ればソフトも出るようになり相乗効果で

さらに売れるようになるだろう。

そしてユーザー体験の口コミがさらに新たなユーザーを増やす。

 

PS VRは単体では動作せずPS4やPS4 Proが必要だ。

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック

500GB (CUH-2100AB01)

既にPS4を持っている人にはいいけど持ってないと

PS4本体も買う必要があり負担は大きい。

全部で7万円くらいかかるんだっけなあ。

PS4 Proとセットだと95000円くらいか。かなり大きな負担だ。

テレビの代わりにPS VRを買うのもありなんだろうか。

もちろんゲームなどその価値が見いだせればいいけど

VRはどうなのかやはり体験してみないと分からない。

そも前にPS4を買うことのほうが先だろう。

ソフトはかなり充実して魅力的なので今秋買うことも検討しよう。

値下げなどがあればいいけどその予定はないのかな。

あればも発表しているだろうけど。

 

最近テレビゲームをプレイしてないけど

ソフトが良ければハードは売れる。

スプラトゥーン人気でスイッチが売れてるし

XBOXもPUBGを得て売れるんじゃないかと。

PS系は特定のソフトというよりも

来るもの拒まぬ広く受け入れる感じだけど

ある程度の囲い込みも必要なんじゃないかなあ。

ソフトラインナップは一番充実はしているものの

キラーソフトというのか

ハードを買わせるソフトは一番劣ってる気がする。

そこらへんを今後どうするかかな。

 

昔のキラーソフトはRPGで

ドラクエやファイナルファンタジーだった。

今はオンライン対戦ゲームなのかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Fire TV Stickをやっと利用開始

  • 2017.09.21 Thursday
  • 21:34

今年7月のプライムデイで買ったけど

その後開封することなく放置してたFire TV Stick。

ようやく開封してテレビに設置をした。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

本体以外に音声認識リモコンがついてて

それで利用する単4電池も2本搭載。

さらにHDMI延長ケーブル、USBケーブル、USBアダプタと

必要な製品はすべて付属していたので

別に何も用意することなくすぐに利用することができた。

 

早速セットアップしたけど

テレビに繋いだらいきなり〇〇様ですねと出てびっくり。

購入情報から既にアカウントが紐づけられているようだった。

AmazonのIDやパスワードを入力することなく

そのままWifi設定を経て利用開始となった。

Wifiは5GHzでも問題なく利用することができた。

あと心配してたのはリモコン。

テレビの後ろにFire TV Stickを接続するので

リモコンが反応するか心配だったが問題なく動作。

このリモコンって赤外線ではなくWifiかBluetooth使ってるのかな。

ともかく本体がテレビ後ろでも心配する必要はなかった。

 

Amazonプライム会員なので

Amazonプライムビデオの再生は全く問題なし。

今までPCやスマホで見ていたけどテレビもありだなと。

アプリもインストールできるようで

VLCとかPLEXとか動画関連をインストールしてみたけど

NASの動画再生で使おうかと考えていたけどうまくいかなかった。

NASのユーザーとパスを入力しても接続できなかったんだな。

ネットワークメディアプレイヤーとして利用するのは難しいか。

Kodiというアプリが定番らしいがアプリストアにはなく

何らかの方法でFire TV StickにApkファイルを転送し

インストールして利用する必要があるようだ。

ただKodiを使うならハイエンドのAmazon Fire TVのほうが良いらしいが。

PS3をNASの動画再生端末として使えるので

そこまでFire TV Stickに求めてないから無理にしないけど

NASの動画再生などネットワークメディアプレイヤーとしての

利用を検討している人はあまり手軽にできないことは認識すべきかと。

 

ということで利用開始。

NetflixやHulu、dTVやDAZNで利用してる人が多そう。

ただアプリランキング1位はAmebaTVだった。

これは無料で見ることが出来るようで僕もインストールしてみたが

普通のテレビのように見られて画質も良いのでびっくり。

これは人気でるのも納得できるがあまり魅力的なコンテンツはなかったけどね。

しかしこのAbema TVをFire TV Stickで操作してるのを見ると

テレビ放送でもネット放送でもほんと変わらなくて

放送の未来というものを少し垣間見た気がした。

まあ安いしFire TV Stickはおすすめだ。

 

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットワークメディアプレイヤー

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 21:50

僕はPC録画を行っている。

パソコンで録画を行いデータを管理している。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TS録画チューナーで録画したら

容量を圧縮するためにH264/AVCのMP4ファイルへエンコード。

エンコード後のMP4ファイルはHDDで管理しているが

それらは様々な機器で見ることが出来る。

パソコンはもちろんスマホ、タブレット、そしてテレビ。

テレビで見るためにはプレイヤーが必要になる。

PC録画を進めていく上でテレビでの視聴環境の確保は重要だった。

 

PC録画を始めたころは

アイ・オー・データのリンクプレイヤーを利用していた。

当時はDivXやXvid、WMVファイルの再生が中心だった。

その後はH264が普及してその再生できる製品が必要になり

HD600Aという製品を購入した。

TEC GigabitLAN対応 ネットワークメディアプレイヤー HD600A

TEC GigabitLAN対応

ネットワークメディアプレイヤー HD600A

この製品はとても優秀で

SATA接続でHDDを設置することもできたし

USB-HDDをつなぐこともできたし

ネットワーク対応でNASの動画を再生することもできた。

まさに万能なネットワークプレイヤーとして重宝をした。

お気に入りでもう1台買って我が家には2台設置している。

 

数年前は多くのメディアプレイヤーが発売されていたが

最近は少なくなってしまった。

今ネットワークメディアプレイヤーという製品は

プリンストンのデジ像くらいしかない。

プリンストン デジ像 ハイレゾ対応ネットワークメディアプレーヤー PAV-MP2YTHR

プリンストン デジ像 ハイレゾ対応

ネットワークメディアプレーヤー PAV-MP2YTHR

これもHD600Aと比べてどうかという話になるが

それでも現在発売されている製品の中では一番よく出来ている。

というかこれ以外にほかにないんだけどな。

メディアプレイヤーはいくつかある。

普通のメディアプレイヤーはUSB-HDDなどのデータを再生できる。

しかしネットワークに対応してないので

NASの動画を再生することができない。

理想は両方に対応した製品でこれがなかなか少なかったりする。

 

昨今はネットワークメディアプレイヤーが

本当に減ってしまったけど実は隠れプレイヤーは多い。

本来は別の製品だけど実はPC動画ファイルも再生できるもの。

その代表的なものはゲーム機で

プレイステーション3やプレイステーション4は優秀なプレイヤーだ。

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

XBOXでも再生できたんだっけなあ。

PS VitaもNASの動画再生はできた気がするし

ゲーム機ってのは動画再生にも適していると。

あとはテレビ。

最近のテレビはネットワーク機能がついてて

例えばYouTube動画が再生できたりする。

そういうテレビはPC動画再生にも対応してるケースが多い。

USB-HDDのファイル再生できる製品もあるかもしれないが

NASの動画再生が出来る製品もあるかもしれない。

我が家のSONYのテレビはNASのPC動画再生は可能。USBは無理。

あとブルーレイレコーダーやプレイヤー。

LG ブルーレイプレーヤー BP250

LG ブルーレイプレーヤー BP250

LGのBDプレイヤーはかなり前からPC動画ファイル再生に対応してて

優秀なメディアプレイヤーといえる。

こうした感じで探せばPC動画ファイルを再生できる製品は多い。

 

動画データをどこに置いてどうやって視聴するかだけど

USB-HDDの場合は手軽に利用できるのは利点だけど

データの中身を更新するには外してPCに繋いで転送してと

ちょっと面倒な作業が必要になる。

またスマホやタブレットなどからは見られない。

一方でNASはどうだろう。

I-O DATA NAS 4TB RAID 1(ミラーリング)/デュアルコアCPU/高速モデル/2ドライブ/3年保証/日本製 HDL2-AA4/E

I-O DATA NAS 4TB RAID 1(ミラーリング)/デュアルコアCPU/

高速モデル/2ドライブ/3年保証/日本製 HDL2-AA4/E

PCから直接アクセスしてファイル転送。

ネットワークメディアプレイヤーからも直接アクセスして再生できる。

スマホやタブレットも対応アプリを入れれば再生可能。

NAS自体はUSB-HDDより高コストなのが弱点ではあるが

使い勝手は圧倒的に良いのでPC録画してる人にはおすすめだ。

 

PC録画以外でPC動画ファイルを得るためには

アンダーグラウンドなファイル交換のようなものを利用する人とか

あるいはツールを使って動画サイトのファイルをDLしたりする人などがある。

昨今ファイル交換や共有は利用者はほとんどいないけど

YouTubeのダウンロードなどは盛んで

結構ドラマとかテレビ番組などアップされてたりして

それを保存するケースもあるようだ。

YouTube動画は基本MP4でH264なのでPC動画ファイルと言え

それらを再生するのもメディアプレイヤーが必要になる。

まあ自分でPC録画とエンコード環境を作るのがいいと思うけど・・・。

 

いいメディアプレイヤーがないって人は

例えば中古のPS3あたり買ってきた

ネットワークメディアプレイヤーとして使うのはありかなと。

BDドライブなどは古いのは劣化して読み込みなど

悪影響あったりするかもしれないが心臓部は大丈夫なケースも多いから

プレイヤーとしてPS3を買うのもありかと。PS4は高いからね。

ただISOファイルとか再生したいならメディアプレイヤーが必要で

今ならプリンストンのくらいしかなさそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビを購入を検討する

  • 2017.09.18 Monday
  • 22:22

僕が今使っているテレビは42インチ。

サイズだけ聞くといい感じかと思うけど

ちょっと古めのPanasonicのプラズマテレビだ。

42インチもあるけど解像度は1024x768しかない。

今どきのスマホより解像度が低い。

とはいえ別にテレビ番組を見る分には支障はないけど

ゲームとかすると解像度不足を感じる。

PS3などで文字が潰れてしまうんだなあ。

それ故に新しいテレビ欲しいなとここ数年考えてるが

実際テレビはあまり見ないのでわざわざ買うほどかと。

 

あまり積極的ではない中でテレビをチェックしてるけど

最近は本当にテレビの価格が安くなった。

サイズはどれくらいが良いか分からないけど

32インチくらいで見ると解像度がね・・。

シャープ 32V型 ハイビジョン 液晶 テレビ 直下型LEDバックライト 外付HDD対応 AQUOS LC-32E40 (2017年モデル)

シャープ 32V型 ハイビジョン 液晶 テレビ

直下型LEDバックライト 外付HDD対応

AQUOS LC-32E40 (2017年モデル)

多くのメーカーの32インチモデルは1366x768。

つまりフルHDパネルではない。

新たに買い替えたいと考えている理由が解像度不足なのだからこれはない。

FHDパネルのテレビを見ると意外とこれが価格が高いんだ。

そして4Kテレビとの価格差があまりないことを知る。

今は4Kパネルの価格が安くなってきて

FHDのテレビがまた微妙な感じになっている。

 

4KだとLGの43インチのはなかなか良い。

LG 43V型 液晶 テレビ 43UH6100 4K対応 HDR対応 IPS4Kパネル 直下型LEDバックライト スリムボディ Wi-Fi内蔵 外付けHDD録画対応 2016年モデル

LG 43V型 液晶 テレビ 43UH6100 4K対応 HDR対応

IPS4Kパネル 直下型LEDバックライト スリムボディ

Wi-Fi内蔵 外付けHDD録画対応 2016年モデル

43インチなら今のテレビ(42インチ)との置き換えにも最適。

解像度に関しては申し分ない。

4Kの必要性に関しては微妙なところだけど

デジカメ写真を表示したりするのに4Kは有効だし

リビングのテレビも4Kなのでそれを考えると悪くはないかなと。

LGというメーカーは嫌いじゃない。

今PCで使ってるモニタがLGだし以前使ってたスマホも

LG関係ばかりだった。この辺りかなあ。

 

あるいは他のテレビやレコーダーとの連携をとるなら

理想はPanasonicのテレビということになる。

我が家にはPanasonicのレコーダーが多い。

それらの録画データへアクセスするにはビエラリンクが必要。

Panasonicのテレビならそれが可能。

ただ32インチではなくFHDは43インチから。

パナソニック 43V型 フルハイビジョン 液晶 テレビ VIERA TH-43E300

パナソニック 43V型 フルハイビジョン 液晶 テレビ VIERA TH-43E300

43インチでも4KではなくFHDなんだなあ。

それでいてLGの4Kテレビと同じくらいの値段なんだ。

それを考えると微妙に思えてしまう。

ただビエラの連携は使い勝手良さそうだけど。

 

こないだも考えていたけど

テレビではなくモニターを買うのも検討。

これだとFHDの32インチくらいモニターなら

27000円前後で買うことが出来る。

iiyama ディスプレイ モニター X3291HS-B1 31.5インチ/フルHD/HDMI端子付

iiyama ディスプレイ モニター X3291HS-B1

31.5インチ/フルHD/HDMI端子付

HDMI端子もついているのでゲーム用途も問題ない。

ただテレビが見たくなるかもしれない・・・。

HDMI付きの地デジチューナーは2万円近くするので

外付けでテレビをつけるのは現実的ではないんだな。

 

ということで迷っている。

そもそもテレビを買う必要はないかもしれない。

テレビゲームでの利用も考えているんだけど

かれこれPS3は数年に1度くらいしか起動してないので

そのためにテレビを買うのは無駄の極みではなかろうか。

PS4を買うならまだしも・・・。

ただPS4を買うのをためらってる理由がテレビだからな。

PS4もテレビもどっちも買わないという選択肢もあるか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Fire TVとHulu

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 21:30

Amazonのセールで購入したFire TV。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

ネット動画サービスなどをテレビで見るのに最適。

ただ現状まだ利用していない。

お盆休みにHuluを契約していたので

それで見るつもりだったけどPCやスマホで見て利用しなかった。

先日1か月の視聴期限が切れてしまって

更新をしなかったので視聴は終了となった。

いざなくなると寂しいものだ。

 

Fire TVはHuluがなくても

Amazonプライム会員のプライムビデオを

見ることは可能だ。

年額3900円で見られるけどコンテンツ量はHuluには劣るけど

料金で考えたらかなりコストパフォーマンスは高く

これでも十分満足できるボリューム感がある。

ただ一通り主力作品は見てしまったので最近は見るものがないなと。

 

定額動画配信サービスは膨大なコンテンツを

定額の範囲内で見ることが出来る。

それは素晴らしいサービスなんだけど

長期的に見ると安いのか分からなくなる。

Huluとか月額1000円ちょっとだけど

1か月で見ればあのコンテンツ量を1000円そこらで

見られるのは凄いけど

1年で12000円を支払うことを考えると。

見たい作品を一通り見てしまうとみるものがなくなってしまう。

だからHuluは1か月単位での契約に限る。

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

僕は8月にHuluチケット1か月分を買って契約したが

クレカ登録せずとも買えるので便利だ。

そして自動更新されない点も利点。

 

また少ししたらHuluを契約しようかな。

秋は行楽などに忙しいからまあ無駄になりそうで

年末年始の休みなどに合わせるのがいいかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。現在6000円OFFセール中。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM