4Kブルーレイ

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 19:23

4Kに対応したブルーレイを

Ultra HD Bru-rayディスクと呼ぶようだ。

今年は4KBDが普及する年になるだろうか。

既に4Kテレビは着々と普及しつつある。

ただ4Kコンテンツはまだまだ不足している。

そんな中の4Kブルーレイは期待されているわけだが・・。

 

今日3月22日に昨年公開されて大ヒットした

シンゴジラのDVD/BDが発売される。

そしてこの作品には4KBDのUltra HD Brue-rayディスクも

発売される。

シン・ゴジラ Blu-ray特別版4K Ultra HD Blu-ray同梱4枚組

シン・ゴジラ Blu-ray特別版4K Ultra HD Blu-ray同梱4枚組

Amazonでは在庫切れになっているので

かなりの人気なのだろう。

4Kテレビがあればそのテレビを活かした高画質でみたい。

ただ現実的には4KBDを再生するプレイヤーが

まだあまり普及してない。

プレイヤーの普及が鍵になりそうだ。

 

かつてDVDはPS2が

BDはPS3が普及の後押しをした。

しかしPS4は4KBDに対応しない。

代わりにマイクロソフトのXBOX ONE Sが

4KBD再生可能で話題になっている。

Xbox One S 1TB Forza Horizon 3 同梱版 (234-00120)【先着購入特典】Ultra HD Blu-rayディスク「ゴーストバスターズ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット」

Xbox One S 1TB Forza Horizon 3 同梱版 (234-00120)

【先着購入特典】Ultra HD Blu-rayディスク

「ゴーストバスターズ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット」

36000円のUltra HD BDプレイヤー。

おまけで4KBDソフトも付属するようだけど

日本でのXBOX ONE普及の後押しになるのだろうか。

Panasonicの4KBD対応のプレイヤーが

パナソニック ブルーレイディスクプレイヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB90-K

パナソニック ブルーレイディスクプレイヤー

Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB90-K

48000円くらいで売られていることを考えれば

XBOX ONE Sの価格は破格と言える。

マイクロソフトとしてはPS2やPS3の成功を見て

今回Ultra HD BDに対応させて賭けたのだろうか。

 

ただあの頃と今は状況が違う。

4Kブルーレイの普及は確実に到来するとは言えない。

BDは今後4Kに移行していくことに変わりないが

パッケージメディアには昨今逆風が吹いており

DVD/BDの売上は落ちている。

今はメディアを買わなくなりつつある。

代わりに定額動画配信などのネット配信を利用。

買って所有するのではなく

いつでも見られる権利を契約すると言う形。

家に置き場所も必要ないし安くいろんな作品が見られる。

ネット配信なら4K対応はBD以上に早く

既に実現しつつあるから。

 

ただネット配信の4Kも未だコンテンツ不足。

Ultra HD BDとそうたいして変わらない状態。

今回シンゴジラというヒット作がUltra HD BDに

加わることで売れ行きが伸びていくのは間違いないだろう。

ただ鍵をにぎるのは昨年大ヒットした"君の名は。"。

これがメディア化されて4KのBDが登場すれば

圧倒的な後押しになるかもしれない。

その時XBOX ONE Sは売れるかも。

XBOX ONE Sが4Kブルーレイ再生機として

再生環境の普及に貢献するというよりもむしろ

他のキラーソフトのヒットにより

プレイヤー目当てで買う人が増えて売れる・・ってことはありえるかな。

 

ともかくプレイヤーはまだまだ高い。

2万円くらいまで下がるか

BDプレイヤーに再生機能を搭載するなど

もっともっと普及に向けてコストダウンしてほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PCMレコーダーと外部マイク

  • 2017.03.18 Saturday
  • 19:18

ハワイではたくさんの動画を撮影したけど

スマホやデジカメ動画などは

決して音はよろしくない。

ZOOM ズーム ハンディビデオレコーダー  Q2n

ZOOM ズーム ハンディビデオレコーダー Q2n

最近は高音質を売りにしたカメラもあるけど

3軸ジンバルなどとの相性はよくない。

スタビライザーなどを使って安定的に撮影しつつ

高音質に撮影するためにはどうしたらいいか。

その1つの答えとしてPCMレコーダーの併用があるかなと。

 

以前から旅行のさいには音を記録することも

かなり重要視している。

観光地などの音は雰囲気などをよく記録する。

映像はフルHDや4Kと解像度がアップしているけど

音はあまり重視されておらず軽視されている。

一方でテレビ放送などでは重視されていて

音声は別撮りなどは少なくはない。

個人でも音を別に録音するのもありではなかろうか。

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー ローズゴールド H1/RG

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー

ローズゴールド H1/RG

旅行中にPCMレコーダーで音を記録。

デジカメ動画を撮影してもPCMレコーダーで別途録音して

その音声データをあとで合成して高音質な高画質動画を

作成するってのはありかなと思う。

そういう点でコンパクトなPCMレコーダーは必要かなと。

 

PCMレコーダーを使わなくてもICレコーダーでもOK。

ただしその場合は外部マイクを使いたい。

以前実験を行ったことがあるんだけど

○デジカメ動画で撮影

○デジカメ動画+外部マイクで撮影

○デジカメ動画で撮影+外部マイク付きICレコーダーで記録

この3つでは当然最後のが一番音質が良かった。

そして意外と手軽さではデジカメに外部マイクを使うより

利用しやすいためこれはありではないかと。

問題はマイクをどう設置するかだけど

デジカメのアクセサリシューにつけて

それをデジカメでなく胸ポケットにICをレコーダーに繋ぐのはありかと。

audio-technica ステレオマイクロホン AT9941

audio-technica ステレオマイクロホン AT9941

春の梅の撮影でも終盤に実験的にやってみたけど

鳥の鳴き声とかを記録するのにいい感じだった。

ICレコーダー+外部マイクでの利用は今後いろいろやってみようかと。

 

とにかく音をもっと重視していきたい。

今後はアクションカメラとか

3軸ジンバルとか購入していくだろうけど

音を軽視しないように別に録音するなどしていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon Fire TV

  • 2017.03.03 Friday
  • 21:32

ネット動画を見る機会が増えてきているので

これを機にAmazon Fire TVを買おうかなと。

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Fire TV Stickのほうはスペックが落ちて

シークやらの速度などが多少遅そうなので

快適に使えるであろうFire TVで考えている。

ただ4月にFire TV Stickも新モデルが登場する。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

これで快適になるのならこっちでもありなんだけど。

どの道今はかなり品薄だけど。

 

今は昨年から始まったAbema TVの視聴用、

そしてJリーグの放送を独占的に行うDAZNの視聴。

これらにAmazon Fire TVが利用できるってことで

購入が激増しているようだ。

以前はAmazonプライムビデオやHulu、Netflixの利用が多かったが

AbemaTVは無料で見られるってことで人気を集めているし

DAZNはスカパーの代わりとしての

Jリーグ視聴手段となるためこれまでテレビでみた人が多く

テレビで見られるプレイヤーとして人気を得ているようだ。

 

僕はプライムビデオと時々HuluやNetflixを

契約してみることになるだろうか。

最近はテレビ放送と言うものを見ないので

こうしてネット放送を見ていることが増えている。

これまでは定額動画配信やYouTubeなど

いわゆるネット動画を見ていたんだけど

最近はリアルタイムのライブ放送を見ることが増えてきた。

リアルタイムだとPCやスマホもいいけどテレビでみたい。

何故なら僕はニュースと天気予報は昔からテレビで見てるから。

ラジオも好きだったけどライブ感ある番組は好きなんだなあ。

ネットライブ放送をテレビで見られるようになると

またテレビの利用も増えそうだ。

 

あと最新のネットワークテレビなら

視聴アプリをインストールすることで見られるかと。

ソニー 49V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)BRAVIA KJ-49X7000D

ソニー 49V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応

LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)BRAVIA KJ-49X7000D

うちにもSONYのブラビアがあるけど

Huluなどは視聴アプリをダウンロードして

インストールすることで見ることが出来ていた。

最新のテレビだとAndroid TVに対応しているから

アプリも豊富でDAZNアプリなども出ているようで

利用することで見られるようだ。

Amazon Fire TVなど外部プレイヤーを利用する方法もあるが

理想はテレビにプレイヤー機能が内蔵されることで

それで便利に見られるかなと。

リビングのうちのSONYの4Kブラビアはどうなんだろう。

最近アプリ使ってないからチェックしてみようかな。

 

今は上位モデルにしかないけど

いずれ安い5万円以下のテレビでも

ネットワーク対応して見られるようになれば。

それそこチューナーを繋がなくても

ネットワークに繋げば

ネットサイマル放送など始まってれば見られるとか

そういう時代が来ると面白いなあ。

来るかはテレビ局次第か。

既に海外ではそういうの広まっていそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Fire TV Stickの新モデル

  • 2017.02.27 Monday
  • 21:35

1週間前くらいだったか

Fire TV Stickの新モデルが発表された。

発売日は4月6日で価格は従来と同じ4980円。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

従来モデルに比べるとかなりパワーアップしている。

 

パワーアップしているのは

CPUとWifi。

CPUはデュアルコアからクワッドコア化している。

GPUも強化されてかなりパワーアップ。

Wifiは従来も5GHz帯には対応していたけど

新たに11acに対応してより高速かつ安定したWifiを

利用することが出来るようになった。

H264/AVCだけでなくH265/HEVCにも対応したようだ。

 

また付属のリモコンも従来の4980円モデルは

音声認識非対応で別途音声認識リモコン付属は6480円だったが

今回は音声認識対応リモコンが付属して4980円。

つまり1500円ほどの値下げとも見て取れる。

実は僕の周りでJリーグ好きの人がDAZNを見るために

Fire TV Stickを2月に入って購入していたんだけど

この発表を知り猛烈に悔しがっていた。

Amazonもいい感じで在庫処分が出来て

新モデルへと移行できるんだろうが発売が4月ってことで

Jリーグ開幕した後なのはちょっとタイミングが微妙かもね。

 

Fire TVシリーズはAmazonプライムビデオはもちろんのこと

DAZNやAbemaTV、Hulu、Netflix、dTVなど

多くの動画配信サービスに対応している。

最近はスマホ向けの動画配信サービスが増えて人気となっており

ライブ配信サービスも利用が増えている。

テレビで見たいという需要も大きく

それをうまく取り込めている感じだろうか。

Amazonのこの価格に対抗しうるライバルはいない。

chromecastは似てるけどそもそも製品のコンセプトが違って

chromecastは単体では使えないのでやはりFire TVシリーズしかないんだな。

 

我が家でもそろそろ導入したいところだ。

ただパソコン中心なので設置するとしたらリビングのテレビかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メディアプレイヤー

  • 2017.02.22 Wednesday
  • 22:34

PC録画を始めてから

PC動画データをテレビで再生するために

メディアプレイヤーを購入した。

TEC GigabitLAN対応 ネットワークメディアプレイヤー HD600A

TEC GigabitLAN対応 ネットワークメディアプレイヤー HD600A

もう購入してからかなりの年数が経つ。

いつまで使えるか分からないけど

最近あまりメディアプレイヤーが発売されてないのが不安だ。

 

その時々に定番のメディアプレイヤーがあったけど

今はこれだというプレイヤーがない。

ここ数年メディアプレイヤーという製品はあまりなくなった。

僕の場合は単にPCデータを再生するだけではなく

NAS上のデータも再生したいので

ネットワーク対応のメディアプレイヤーを利用する必要がある。

プリンストン デジ像メディアプレーヤー2 PAV-MP2YT

プリンストン デジ像メディアプレーヤー2 PAV-MP2YT

そうした製品はこのデジ像メディアプレイヤーくらいだろうか。

ただメディアプレイヤーとして売り出されていないけど

メディアプレイヤー機能を持つ製品は実は多い。

 

ネットワーク対応メディアプレイヤーとして

利用することが出来る製品として有名なのはPS3/PS4。

PS3は当初から優秀なメディアプレイヤーだった。

PS4もアップデートでメディアプレイヤー化が進んでいる。

あとPS Vitaも再生できるファイルに制限はあれど使える。

テレビに繋ぐものだとVita TVなどは安くておすすめだ。

PlayStation Vita TV 黒 [並行輸入品]

PlayStation Vita TV 黒 [並行輸入品]

ただH264/AVCのMP4ファイルの再生に

メインプロファイルのLevel4までという制限があり

これがネックかなと思う。

PS3/PS4などはアップデートなどを経て

ハイプロファイルにも対応するようだけどね。

再生したいファイルを自分で録画エンコードしてる場合は

エンコード設定次第なのでどうしてるかによるかな。

僕は昔iPad2などで再生したかったので

メインプロファイルLevel3.1が基本なので

多くの動画は大丈夫だけど

紀行番組などはLevel4.1だからVita TVだと多分再生できないかな。

 

今はテレビなどで

メディアプレイヤー機能があるものもある。

YouTube再生機能のあるテレビなどは

ネットワークに対応しており

ネットワークメディアプレイヤーとして

利用することが出来る製品もある。

うちにSONYの4Kテレビも可能だ。

ただ基本的に上位モデルの機能なので

ミドルモデルくらいには搭載されないことが多い。

BDレコーダーなどはDLNAなどがあるけど

PCデータは多くで再生することが出来ないようだ。

ただLGのBDプレイヤーはPCデータも再生出来る。

LG ブルーレイプレーヤー / HDMIケーブル付属 Wi-Fi内蔵 コンパクトボディ BP350

LG ブルーレイプレーヤー / HDMIケーブル付属

Wi-Fi内蔵 コンパクトボディ BP350

USB-HDDやBD-Rに焼いたPC動画データは再生出来る。

NASのデータはどうなのかちょっと分からないな。

メディアプレイヤー機能はあるけど。

調べると対応してないように感じるけど・・。

 

なかなかこれだという

ネットワークプレイヤーがないんだな。

最近だとFire TVにKodiをインストールして

メディアプレイヤー化するという裏技があるけど

安いFire TV Stickだと安定しないので厳しいかと。

ただスペックアップした最新モデルが4月に発売される。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

これなら問題ないかなあ。ただRAMは1GBのままだが。

ハイスペックなFire TVなら多分大丈夫だと思うけど

僕自身使ってるわけではないので不明な部分が多い。

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

今はDAZNやAbema TV需要があり

Fire TV系は入荷待ちが続いているからあれだけど

デジ像プレイヤーのほうが安いくらいだから

なかなか微妙なところだ。

無名のプレイヤーはいろいろあるけど安いやつは

何度か使ったことがあるけど

フリーズする、落ちる、再起動するなどトラブルが起きやすい。

特にフリーズはこの手のPC動画を再生するプレイヤーでは

わりと普通に起きうることでそれを考えると厳しいなあと。

 

この手のメディアプレイヤーは

常にグレーゾーンがつきまとっている。

多くの人はデジカメデータなどを再生するのではなく

DVDやテレビ録画などの再生で行う。

僕はPT3で自分で録画してエンコードして使ってるが

これもグレーゾーンに足をちょっと突っ込んでいる。

DVDリッピングとかは明らかに黒だし

ファイル交換やダウンロードなどは真っ黒なわけで

アンダーグラウンドな製品ってことであまり出てこないのかもね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

HDMIキャプチャ

  • 2017.02.18 Saturday
  • 20:47

昔はパソコンにキャプチャボードを

利用していたことがある。

VHSやビデオカメラのデジタル化などで利用した。

しかし今ではカメラなどは全てデジタル化して

データとしてパソコンに保存出来るようになった。

そのためキャプチャボードやユニットは

利用することがなくなった。

またゲームプレイの録画などでも利用してたが

玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1050Ti搭載 GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF

玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1050Ti搭載

GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF

最近のビデオカードには録画機能があり

nvidiaならShadowPlay機能によりハードウェアキャプチャが可能。

PS4には録画や配信機能が備わっているし

同等の機能は任天堂の新ハードにも搭載されるという。

 

こうしたキャプチャ環境の変遷があるけど

僕はHDMIキャプチャを結局導入することがなかった。

コンポジット、S端子、D端子などのキャプチャデバイスは

以前持っていたけどHDMIキャプチャ環境は

検討したけど結局導入することがなかった。

ただ最近はHDMIキャプチャも進化していて

PCレスでキャプチャ出来る製品が増えている。

内蔵チップでハードウェアエンコードが可能で

それを利用してメモリカードなどにキャプチャ出来る。

USBでPCと接続して利用することも出来たりする。

HDMI機器が多い今ならあっても便利かなと導入を検討中。

 

よく使われているのはゲームキャプチャで

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875

ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス

日本正規代理店品 DV358 AVT-C875

単体でゲームキャプチャ出来るし

PCと連携してライブ配信も行うことが出来るようだ。

PS3やWiiUなどの配信などで多く使われていたし

PS4でも内蔵の配信を使わない手段として使われている。

ビデオカード内蔵の録画機能は

わずかに負荷がありそれがシビアなゲームプレイには

影響があるというけどそれを嫌う人は

こういう外部ユニットを利用して録画を行うようだ。

I-O DATA HDMIキャプチャー パソコン不要 ゲームプレイ動画 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC

I-O DATA HDMIキャプチャー パソコン不要 ゲームプレイ動画

フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC

IOデータもこうしたHDMIキャプチャユニットを

発売しているようだ。

ゲーム機とテレビの間にHDMIキャプチャユニットを挟み込み

HDMIパススルーによりテレビ表示の遅延もなくて

プレイには影響なく利用できるようだ。

 

ゲームプレイの録画以外でも

昔のデータのデジタル化にも役立つ。

ただ昔のデータのデジタル化だけなら

同じアイオーデータのアナレコのほうが安い。

I-O DATA ビデオ/VHS 8mm ダビング SDカード/HDD保存  パソコン不要 ビデオキャプチャー 「アナレコ」GV-SDREC

I-O DATA ビデオ/VHS 8mm ダビング SDカード/HDD保存

パソコン不要 ビデオキャプチャー 「アナレコ」GV-SDREC

もっともアナレコではHDMIキャプチャは出来ない。

HDMI出力に対応したビデオカメラなどは

たいていデジタルキャプチャに対応してるから

利用するものは少ないけど

例えば防犯カメラの録画データをダビングしたい場合など

デジタルコピー防止とは無縁の映像のダビングなどでは

役に立つかもしれないな。

 

あれば使うけどなくても困らないという感じかなHDMIキャプチャは。

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルプロジェクター

  • 2017.02.16 Thursday
  • 21:44

SONYのビデオカメラには

簡易プロジェクター搭載モデルがある。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウン HDR-PJ680 TI

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍

内蔵メモリー64GB ブロンズブラウン HDR-PJ680 TI

あんなもの必要なんだろうかと思っていたけど

先日役立っている場面に遭遇。

撮影したその場でテレビなどがなくても

みんなに動画を見せたり出来るのは素晴らしい。

プロジェクターってのはありなんだなと。

 

ビデオカメラのプロジェクター機能は

撮影した映像しか表示することは出来ないけど

一般的なプロジェクターならそのまま使える。

最近は持ち運ぶことが出来る

モバイルプロジェクターが非常に多く発売されている。

例えばスマートフォン画面を表示することも出来たりする。

モバイルプロジェクターはあれば便利かなあと

ちょっと購入を検討しているところ。

 

モバイルプロジェクターだけど

AC電源で駆動するタイプと

バッテリーで駆動するタイプがある。

AC電源の場合はLEDの出力が大きく

より明るく表示することが出来て価格も安め。

DBPOWER ミニ LED プロジェクター 1500ルーメン 1080P 800*480解像度 HDMIケーブル付属 ホームシアター パソコン/スマホ/タブレット/ゲーム機など接続可能 USB/SDカード/HDMI/AV/VGサポート

DBPOWER ミニ LED プロジェクター 1500ルーメン

1080P 800*480解像度 HDMIケーブル付属 ホームシアター

パソコン/スマホ/タブレット/ゲーム機など接続可能

USB/SDカード/HDMI/AV/VGサポート

価格も1万円そこそこから売られていて

電源さえ確保できるならわりと使い勝手が良い製品だ。

ただアウトドアなどで利用することは出来ない。

 

バッテリー内蔵だとバッテリーコストがかかるし

小型軽量化に技術やお金がかかりコストが高くなる。

例えばSONYのビデオカメラに搭載されてるプロジェクターは

25ルーメンの明るさの製品だったりする。

モバイル電源だと明るさは限られるのは弱点だ。

ASUS 小型ミニ プロジェクターS1 ( 軽量342g / 高さ3cm / 200ルーメン / HDMI MHL対応 / 6,000mAhバッテリー内蔵 / 投影距離約0.73m / DLP方式 )

ASUS 小型ミニ プロジェクターS1 ( 軽量342g / 高さ3cm /

200ルーメン / HDMI MHL対応 / 6,000mAhバッテリー内蔵 /

投影距離約0.73m / DLP方式 )

ただ軽量コンパクトで手軽に利用できるのは利点。

その圧倒的な手軽さは高い評価を得ている理由なようだ。

 

実際プロジェクターなんて買っても使わないが

バッテリー駆動のモバイルプロジェクターなら

何かと用途は多いと思う。

買う予定はないけどほしいなあ。

何か明確な利用目的があれば具体的に検討したいけど・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

感度の良いラジオ

  • 2017.02.08 Wednesday
  • 19:37

最近は電波を受信して聞くラジオは

車の運転中くらいしか聞かなくなった。

自宅ではradikoを利用しているので

ラジオはほんと使ってない。

一応持っているけど

SONY FM/AMハンディーポータブルラジオ ホワイト ICF-51/W

SONY FM/AMハンディーポータブルラジオ ホワイト ICF-51/W

これは防災用で普段はずっと収納されている。

昔はプロ野球ナイターシーズンになると

よくラジオをスタンバイさせていたものだけど

radikoに変わってしまったなあ。

 

そんなラジオだけど

先日本屋へ行ったら

ラジオ受信バイブルなる本が売られていた。

ラジオ受信バイブル (三才ムックvol.933)

ラジオ受信バイブル (三才ムックvol.933)

ラジオライフの別冊本のようだ。

この本を立ち読みしてたら昔を思い出してしまった。

そう遠距離受信が好きだった頃を。

中高生の頃が一番ラジオを聞いていただろうか。

高校生の頃にはFMの八木アンテナを使って

関西のFMラジオ局を聞いてみたり

AMのループアンテナを使って遠距離受信をして

ベリーカードの申請をしたり

番組表の取り寄せなどもよくしたものだ。

 

今はradikoがあれば受信とか気にする必要はないし

radikoのエリアフリー機能を使えば遠距離受信すら不要に。

海外のラジオもネットラジオなどを利用することで

簡単に聞くことが出来る。

遠距離受信は主に夜に遠くの放送局の電波を受信してたけど

星空の中でこの夜空が日本中、世界中につながってるんだなと

そう思ったりしたものだ。今やネットで簡単につながってるけど。

そのワッチの楽しさを今でも味わうことは出来る。

ただそれなりに受信感度の良いラジオが必要だけどね。

 

そのラジオ受信バイブルで

受信感度の良いラジオとして1位だったのは

SONYのICF-M780N。

ソニー SONY PLLシンセサイザーポータブルラジオ FM/AM/ワイドFM/ラジオNIKKEI対応 乾電池対応 ブラック ICF-M780N B

ソニー SONY PLLシンセサイザーポータブルラジオ

FM/AM/ワイドFM/ラジオNIKKEI対応 乾電池対応

ブラック ICF-M780N B

そこそこの価格だけどそんな無茶苦茶高いわけじゃない。

次にラジオを買うことになったらこれを買いたいなと思ってる。

まあ今は必要ないけどどっか夏にキャンプとか

テント泊することになったりしたら買って持っていきたいなあ。

自宅だとノイズ源が多いからなかなか難しいかなと。

 

感度の良いラジオとループアンテナとか

組み合わせればほんと日本中のAMラジオは聞けそうだ。

もっとも裏に強力な電波を発する放送局があると無理だけどね。

CBCの裏の北朝鮮の放送局ってまだあるんだろうか。

夜になると愛知県内でもCBCに朝鮮語が交じることがあったからな。

それもまた懐かしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICレコーダーとスマホ

  • 2017.02.06 Monday
  • 23:31

最近ICレコーダーをあまり使わない。

OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek 2GB MP3/WMA ステレオ録音 microSD対応 SLV シルバー V-801

OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek 2GB MP3/WMA

ステレオ録音 microSD対応 SLV シルバー V-801

以前買ったものは埃をかぶってる。

録音したいと思うことはあるけど

わざわざ日常的に持ち歩くのは負担になる。

上記のICレコーダーはわりと大きいため

カバンにしまっておくという使い方はしづらい。

USBメモリクラストまでは言わないまでも

もっとコンパクトであれば使ったかもしれない。

 

僕の周りでICレコーダー持ってる人は1人だけ。

Panasonicのを持っている。

パナソニック ICレコーダー 2GB ブラック RR-US330-K

パナソニック ICレコーダー 2GB ブラック RR-US330-K

これはかなり軽くて小さい。

機能的にも十分なICレコーダーで

安い海外製のやたら小さいやつみたいに

液晶画面すらないものもあるがこれはそれはなく十分使える。

こういうのを買うのがいいのかな。

価格は4000円弱とそれほど高いわけでもない。

 

ただ今はスマートフォンがあり

スマホである程度録音などは出来てしまう。

音声メモ代わりとしては今はすべてスマホで行う。

音質は決してよくないけど充分な性能がありよく使う。

ネットワークにつながっており

それを転送することも出来る。

最近はスマホ用の外部マイクも発売されており

それを利用することで高音質録音も可能。

ZOOM ズーム XYステレオマイクロフォン iPhone / iPad 用 iQ6

ZOOM ズーム XYステレオマイクロフォン

iPhone / iPad 用 iQ6

これだったらスマホに直接録音出来るので

録音データをすぐに活用したい場合などは役立ちそうだけど。

まあこのマイクの持ち歩きは

ICレコーダー以上に困難かなと思うけど。

この手の外部マイクはいろいろ出ている。

15000円以上するものもある。

興味はあるけどここまでの音質が必要場面は

めったにないので必要性はどうだろうなあ。

 

結局ICレコーダーを持ち歩かないのは

今持ってるものが大きいからというよりも

使わないからというのが一番の理由なんだな。

使うなら多少大きくても持ち歩くはず。

むしろ使いみちを考えて見出していくことが

重要なのかもしれない。

何に使えるのかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon Fire TV

  • 2017.02.01 Wednesday
  • 20:48

そろそろ買おうかなと思ったら

品薄になってしまった。

セールでもあったのだろうか。

あるいはテレビ番組などで紹介されたのかな。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon Fire TVはテレビに接続して利用する

ネットメディアプレイヤーだ。

AmazonプライムビデオやHuluなどの

ネット動画サービスに対応しており利用することが出来る。

いわゆるメディアプレイヤーではないので

例えばUSB-HDD内の動画再生したいという場合などは

別の製品が必要かと。

僕が買おうとしているのは

4Kにも対応してハイスペックな

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Fire TVのほうなんだけど

こっちのほうが納期が長い。何故だろう。

 

今品薄になっている理由だけど

おそらくJリーグの放送がスカパーからDAZNに

変わったことが影響しているのではないだろうか。

従来スカパーで見ていた人が同じようにテレビで見ようとした時

最適な視聴端末を持っていない。

タブレットなどなら手軽に見られるが

それより従来通りテレビで見たいと。

そこで対応端末をサイトから見てみると

https://www.dazn.com/ja-JP

Amazon Fire TVとFire TV Stickの名前が。

つまり品薄なのはJリーグを見るために契約する人が

買い求めているためではなかろうか。

 

理想を言えばテレビにネット動画視聴機能が

内蔵されていることがベストだ。

ちょっと前に話題になったAndroid TVとかのテレビなら

こうしたネットサービスも利用できるけど

価格の高い上位モデルにしか搭載してない。

安い5万円以下のテレビには搭載されないゆえに

新たに見るためのプレイヤーを買う必要があると。

快適に見るには上位のAmazon Fire TVのほうが

ふさわしいのだろう。

 

Amazon Fire TVもFire TV Stickも

今より円高な頃に発売されているため

昨今の円安で価格改定がされないかと懸念してる。

まあかつてKindleで急激な円安が進んでも

価格改定をしなかったAmazonだから

大丈夫だとは思うけどね。

ともかくそのうち買おう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM