ソフトバンクMVNO

  • 2019.05.19 Sunday
  • 00:33

僕が利用しているスマホ回線は4つある。

1つはメインの音声通話+データのAU回線。

それ以外にmineoで2回線。

mineo(マイネオ)格安SIMカードエントリーパッケージ docomo/au/SoftBankの3回線対応 契約事務手数料3000円が無料

mineo(マイネオ)格安SIMカードエントリーパッケージ

docomo/au/SoftBankの3回線対応 契約事務手数料3000円が無料

mineoの場合はAプランとDプランで

ドコモMVNOとAU MVNOの2つのSIMを契約している。

そしてもう1つはY!モバイルのデータSIM。

ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット ナノ(iPhone5~7他対応)音声通話/データ通信共通(契約事務手数料 無料) ZGP681

ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット ナノ

(iPhone5~7他対応)音声通話/データ通信共通

(契約事務手数料 無料) ZGP681

月額980円で月1GB使えるSIMでMVNOに比べると高いけど

Yahoo!プレミアムが利用出来ることを考えると意外とコスパは良い。

 

そんな感じで利用してるけど

ソフトバンクMVNOってのを利用してみたいなと

ふと思っている。

ソフトバンクMVNOの利点は対応端末が多いこと。

ソフトバンクの主要LTE BandはBand1/3/8。

ほかにもあるけどこの3つがメイン。

そしてこの3つはアジアで最もよく使われている周波数帯なので

国内外ほとんどのスマホで利用することができる。

例えば日本では売られていないXiaomiのスマホ。

Xiaomi mi max 3 RAM 4GB + ROM 64GB 5500mAhの超大容量バッテリー MIUI9.5 SIMフリースマートフォン 本体 (グローバル版/日本語対応・Googleアプリ対応) ブラック

Xiaomi mi max 3 RAM 4GB + ROM 64GB 5500mAhの超大容量バッテリー

MIUI9.5 SIMフリースマートフォン 本体

(グローバル版/日本語対応・Googleアプリ対応) ブラック

これもBand1/3/8には対応している。

以前LG G5っていう韓国モデルのSIMフリースマホを持ってたけど

ドコモやAUのプラチナバンドには対応していないが

Band1/3/8にはばっちり対応していた。

ともかく世界中の様々な端末で使えるのが利点。

もちろん国内のSIMフリースマホでもばっちり対応してたりする。

 

ソフトバンクの中古白ロムを利用する場合はどうか。

Android端末の場合は2017年8月以降に発売したモデルなら

SIMロック解除なしで利用出来る。

それ以前のモデルはMVNOロックが設定されているので

SIMロック解除しないと利用することができない。

ただ2017年7月発売の601HT、602KCの2台もSIMロック解除不要で使えるようだ。

SoftBank Xperia XZ1 701SO ヴィーナス ピンク

SoftBank Xperia XZ1 701SO ヴィーナス ピンク

例えば2017年11月発売のXperia XZ1はSIMロック解除不要で使えるが

2017年5月発売のXperia XZsはSIMロック解除しないと使えないと。

実際利用するケースが多いのはiPhoneだろう。

iPhone5以降のSoftbankのiPhoneはSIMロック解除なしで利用出来るようだ。

当たり前だがドコモやAUのiPhoneやAndroid端末はSIMロック解除しないと使えない。

 

ということでSoftbank MVNOを利用するケースでは

Softbankの中古iPhoneなどを利用したい人か

海外のSIMフリースマホで利用したい人が多いかなと。

iPhoneでもSIMロック解除してしまえば周波数的には

ドコモやAUにばっちり対応することを考えると

Softbank MVNOにこだわる必要はなかったりする。

まあ僕の場合はドコモMVNOとAU MVNOは既に利用してるから

分散という意味でSoftbank MVNOはありかなと。

使うとしたらmineoのSプランだろうか。

【3,000ポイントバック+月300円キャンペーン実施中(月額基本料300円~)】LINEモバイル エントリーパッケージ ソフトバンク・ドコモ・au対応SIMカード データ通信(SMS付き)/音声通話 [iPhone/Android共通]

【3,000ポイントバック+月300円キャンペーン実施中(月額基本料300円~)】

LINEモバイル エントリーパッケージ ソフトバンク・ドコモ・au対応SIMカード

データ通信(SMS付き)/音声通話 [iPhone/Android共通]

LINEモバイルあたりもSoftbankの出資が入ってるので

若干回線良さそうな気がして悪くはないのかなと思ったりするのだが。

もっとも現状はY!モバイルデータSIMが実質のSoftbank MVNOと言えるのかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルSuica

  • 2019.05.18 Saturday
  • 00:45

昨今スマートフォン決済がトレンドになりつつある。

従来からEdyやnanacoといった電子マネーは

スマートフォン決済に対応していたんだけど

最近はバーコード(QRコード)決済の登場と

大規模なキャンペーンなどで認知度が高くなっている。

競争が激しくなっておりどこが主導権を握るか

各社赤字覚悟でし烈な競争をしている。

 

そんなスマホ決済だけど他社と一線を画すのがモバイルSuica。

他のスマホ決済は店舗での支払いにしか利用できないのだが

モバイルSuicaは鉄道やバスでの利用が可能。

鉄道系電子マネーはSuica以外にもToicaやmanacaなど数多くあるが

スマホ決済に対応しているのはSuicaが唯一となっている。

多くのコンビニなどではSuicaに対応してるので電子マネーとしても使えるが

鉄道にも乗れるということでかなり利用範囲が広く

実際利用者も非常に多い。

 

僕はこのモバイルSuicaを現在はApple watchで利用している。

以前はAndroidのおサイフケータイ対応端末でしか使えなかったが

2016年秋にiPhone7の国内モデルやApple watchの国内モデルで対応した。

Apple Watch Series 3(GPSモデル)- 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

Apple Watch Series 3(GPSモデル)-

42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

僕が利用しているのはSeries2だけどS3やS4でももちろん対応している。

当時利用してたのはFelica非対応のiPhone6だったため

Apple watchで利用し始めたんだけど

実は今はFelicaに対応したiPhone8を利用している。

Apple iPhone8 64GB A1906 (MQ7A2J/A) Gold ゴールド 【国内版 SIMフリー】

Apple iPhone8 64GB A1906 (MQ7A2J/A)

Gold ゴールド 【国内版 SIMフリー】

ただそれでもApple watchでモバイルSuicaを利用している。

 

僕はウォーキングや登山をすることが多いが

その際に鉄道やバスに乗ることもある。

Apple watchはわざわざスマホを出さずとも

腕時計でかざすことで乗れるので便利。

ただ腕時計は左手首につけるけど改札のタッチする場所は右側で

多少不便だなと思うこともあるけど

わざわざスマホを出すことに比べれば大したことはない。

もちろんコンビニなどの支払いでも可能で重宝している。

ただSuicaは他のスマホ決済のように

ポイントがたまることはなくあくまで決済だけなので

基本鉄道以外で利用することはあまりないんだけどね。

 

おサイフケータイ対応端末なら

モバイルSuicaには対応している。

以前実はAndroidのおサイフケータイ端末でモバイルSuica登録して

それは全然使ってなかったけど

その後Apple watchを買ってFelica対応ということで乗り換えて

本格的に利用するようになったんだ。

今度購入を検討しているセカンドスマホもおサイフケータイ対応。

au SAMSUNG Galaxy S9 SCV38 Lilac Purple

au SAMSUNG Galaxy S9 SCV38 Lilac Purple

ただこれで使うのはEdyやnanacoであって

モバイルSuicaはApple watchで利用していく予定だ。

 

ところでモバイルSuicaへのチャージだけど

僕はLine Payからチャージをしている。

Apple watchのモバイルSuicaはペアリングしてるiPhoneで設定するのだが

チャージはSuicaアプリ登録のクレジットカードか

iPhoneで登録してるApple Payで行うことができる。

Line Payカードの場合はプリペイドクレカとして

Suicaアプリに登録することも出来るし

QuicPAYとしてApple Payに登録すること出来てどちらでもチャージ可能。

同じようにAu walletでもどちらでもチャージが可能だと思う。

メルペイの場合はApple PayでiDからチャージに使うことができる。

プリペイドクレカでもApple Payでも使えないPayPayからはチャージ負荷。

ただこれらのチャージもポイント還元などの対象外になってたりするので

その点は気を付けてほしい。

でも普通のクレカからのチャージだと後払いになってしまうのが嫌なので

プリペイド系で使えるのは便利。

銀行口座と連携すれば各種スマホ決済へのチャージは簡単に行えるので

銀行口座→Line Pay等スマホ決済→モバイルSuicaってチャージで

ATMなどでお金をおろすことなく使えて便利。

AndroidだとApple Payを利用する方法は使えないけど

Suicaアプリでプリペイドクレカからのチャージは可能なので

メルペイ以外なら大抵問題はなくチャージ出来るかと。

 

たまにSuicaが使えない鉄道やバスなどがあると不便に感じる。

沖縄旅行したときにゆいれーるが使えなかったな。

いずれ対応すると思うんだけど。

あと地区のコミュニティバスも対応していないなあ。

導入コストがかかるから厳しいんだろうけどそれなら

バーコード(QRコード)決済に対応してほしいものだなと思う今日この頃。

QRコード決済ならスマホがあれば決済端末として使えるので

コミュニティバスなどでも問題なく導入できると思うんだけどな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Bluetoothテザリング対応モバイルルーター

  • 2019.05.17 Friday
  • 00:22

パソコンやタブレット、スマホなどの機器を

モバイル回線で利用するためのモバイルルーターという製品がある。

Wifiで利用されることが多いため

モバイルWifiルーターなどとも呼ばれているわけだが

実際にはUSBやBluetooth接続できる製品も多い。

モバイルルーターはテザリングを行う専用機なわけだが

僕が注目をしているのはBluetoothテザリングに対応したモバイルルーターだ。

 

Bluetoothテザリングは通信速度は遅いものの省電力だ。

そのメリットなどについては以前ブログで書いたので

http://ryoex.jugem.jp/?eid=22579

こちらの記事を見てほしい。

一般的に使われるWifiテザリングの場合は

アプリのアップデートやOSのアップデートなどが

自動で行われてしまうことがあり大容量通信が起きてしまう可能性があること。

設定でそうしたものをすべてOFFにしておけばいいのだがそうすると不便。

現在はモバイル回線ではOFFで自宅WifiでONにしてる人が多いと思うのだが

モバイルルーターでWifiテザリングを利用すると

モバイル回線にも関わらずWifi扱いになるため大容量通信が発生してしまう。

だから高速通信を必要としなければBluetoothテザリングがベストかと。

 

そんなBluetoothテザリングは

スマートフォンなどでも行えるけど

モバイルルーターでも対応した製品があり今回紹介したいなと。

実はかなりメーカーは限られておりほとんどがNECの製品だ。

NEC以外のHuaweiやLGのモバイルルーターは

WifiとUSBテザリングには対応するけどBluetoothテザリングに対応していない。

もしモバイルルーターを買うなら以下の製品を買ってほしいなと思う。

 

現役モデルではまず定番のNECのSIMフリーモバイルルータ。

NECプラットフォームズ 自動SIM切り替え LTE モバイルルーター Aterm MR05LN ( デュアルSIM 対応 / nanoSIM×2 ) PA-MR05LN

NECプラットフォームズ 自動SIM切り替え LTE モバイルルーター

Aterm MR05LN ( デュアルSIM 対応 / nanoSIM×2 ) PA-MR05LN

デュアルSIMにも対応している製品で

ドコモ回線だけでなくAUやソフトバンク回線にも対応する。

最高のスペックを誇るけど価格も高い。

富士ソフトのFS030WもBluetoothテザリングに対応する。

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

今回紹介する中では唯一のNEC以外の機種だ。

探してみたけど本当に全然ないんだなあ。

前モデルはBluetooth非対応なので要注意。

あとはNECのドコモルーター。

NEC Wi-Fi STATION N-01J[White]

NEC Wi-Fi STATION N-01J[White]

本来ドコモと契約が必要だけど

白ロムで購入した製品ならばドコモMVNOのSIMが利用出来る。

正直安く売られてれば買いだけど実際それほど安くはない。

 

上記のが新品が発売されている現行モデル。

中古でも良いのなら選択肢は増える。

まあ全部NECのモバイルルーターだけどね。

まずはSIMフリーのMR04LN。

NECプラットフォームズ SIMロックフリー LTE モバイルルーター Aterm MR04LN ( デュアルSIM 対応 / microSIM ) PA-MR04LN

NECプラットフォームズ SIMロックフリー LTE モバイルルーター

Aterm MR04LN ( デュアルSIM 対応 / microSIM ) PA-MR04LN

定番のMR05LNの前モデルだ。

はっきり言ってこれでも十分で安く買えればありだろう。

価格面でいえばもう1つ前のMR03LNだとかなり安くなる。

NECアクセステクニカ Aterm MR03LN 6B ( LTE モバイルルータ / microSIM ) PA-MR03LN6B

NECアクセステクニカ Aterm MR03LN 6B

( LTE モバイルルータ / microSIM ) PA-MR03LN6B

ただし性能的にはMR04LN以降に比べると落ちる。

ドコモのSIMロックもされてるためドコモMVNOのSIMでしか使えない。

あと中古で買う場合はバッテリーの劣化などに気を付ける必要がありそうだ。

ドコモルーターの前モデルがN-01H。

docomo NEC モバイルWi-Fiルーター Wi-Fi STATION N-01H ホワイト 白ロム

docomo NEC モバイルWi-Fiルーター

Wi-Fi STATION N-01H ホワイト 白ロム

これもドコモもSIMロックがされている。

当然ドコモMVNOのSIMで利用することになるだろう。

 

あとUQ Wimax(AU)のモバイルルーターでも

NECのものではBluetoothテザリングが使えたりする。

NEC 【UQWiMAX版】Speed Wi-Fi NEXT WX01 NAD31MWU パールホワイト

NEC 【UQWiMAX版】Speed Wi-Fi NEXT WX01

NAD31MWU パールホワイト

WiMAX2+Speed Wi-Fi NEXT WX02 NAD32SPU マゼンタ

WiMAX2+Speed Wi-Fi NEXT

WX02 NAD32SPU マゼンタ

WIMAX 2+ Speed Wi-Fi NEXT WX03 【NAD33SWU】ホワイトゴールド

WIMAX 2+ Speed Wi-Fi NEXT

WX03 【NAD33SWU】ホワイトゴールド

WX01、WX02、WX03は非常に中古価格が安くて

下手したら1000円以下でも買えるほど。

ただしWimax2+エリアしか使えないので

利用出来るエリアが限られるのが弱点。

あと利用出来るSIMも非常に限られる。

AU MVNOのVoLTE非対応のLTE SIMが必要になる。

これはmineoかUQでしか提供されていない。

もしmineoを利用する場合はこちらを是非。

 

WX04に関してはWimaxだけでなくAU 4G LTEにも対応。

Speed Wi-Fi NEXT W04 UQ WiMAX版 クリアホワイト

Speed Wi-Fi NEXT W04 UQ WiMAX版 クリアホワイト

AUの800Mhz帯プラチナバンドのLTEに対応してるので

利用出来るエリアはかなり広くなる。

ただし端末価格はそこそこする。

利用出来るSIMはAU MVNOのVoLTE SIMになる。

mineoやUQはもちろんだけど

IIJmioなど他のAU MVNOでも利用出来る。

 

という感じで見てきたけどほぼNECって感じだ。

他にもあるかなと探したけどなかった。

モバイルルーターは現状HuaweiとNECの2強。

NECはBluetoothテザリングに対応してるのが利点だが

NECの一部モデルでは対応してないケースもあるので気を付けてほしい。

あとスマートフォンの多くのでもBluetoothテザリングに対応する。

Bluetoothに対応してれば使えるというわけではなく

BluetoothのPANプロファイルに対応している必要がある。

iPhoneの場合は以前対応していなかったがiOS11で対応した。

対応してるかの有無は書かれてないこともあるので要注意。

このエントリーをはてなブックマークに追加

LTEタブレット

  • 2019.05.16 Thursday
  • 00:36

 最近モバイルタブレットを利用してる人を

またちょくちょく見かけるようになった。

利用スタイルとしては

メインでスマホを利用して

セカンド端末としてタブレットを利用するケース。

あるいはメインでガラケーを利用して

サブ端末としてタブレットを利用するケースがある。

タブレットは以前はWifiタブレットが主流だったけど

今はLTEタブレットが増えているようだ。

回線も格安SIMを使えば月額1000円ほどで済むので

低コストでネット端末が持てるのも利点。

 

スマホではタブレットを選ぶ理由はいくつかある。

一番はその画面の大きさにあるかと。

ネットを利用するときにスマホだと5インチ前後。

高齢者などだと文字が小さくて見づらくてストレスになることも。

また若年層でもゲームをプレイするときなど

小さなスマホだと操作性が悪かったりする。

タブレットは荷物にはなるが利用しやすい端末と言える。

LTEタブレットならば格安SIMを利用することで通信が可能で

スマートフォンと比べて音声通話が出来ないがそれ以外は概ね問題ない。

LINEだってタブレットで利用出来るしビデオ通話も出来る。

今はLINEが普及して電話を使う機会が減っていることも

タブレットで十分だと利用する人が増えている理由かもしれない。

 

そんなLTEタブレットだけど選択肢が少ないのが弱点。

現在LTEタブレットを売ってるメーカーは

Huawei、Appleが2強でそれにASUSとレノボが続く。

WifiタブレットならAmazonやその他いろいろあるけど

LTEタブレットだとあまり多くはない。

安価なモデルでいえば実質Huawei1強となっている。

HUAWEI T3 8 8.0インチ SIMフリー タブレットLTEモデル 16GB RAM2GB/ROM16GB 【日本正規代理店品】

HUAWEI T3 8 8.0インチ SIMフリー タブレットLTEモデル

16GB RAM2GB/ROM16GB 【日本正規代理店品】

例えばこのT3 8は8インチのLTEタブレットで

価格は17000円ほどと非常に安価だ。

Snapdragon425に2GBのRAMとスペックが低いのは難点だが

普通にSNSやネット端末として使うなら十分。

ゲームをするならもう1つ上の

HUAWEI MediaPad M3 lite 8 8.0インチ SIMフリー タブレットLTEモデル 32GB RAM3GB/ROM32GB 【日本正規代理店品】

HUAWEI MediaPad M3 lite 8 8.0インチ SIMフリー

タブレットLTEモデル 32GB RAM3GB/ROM32GB 【日本正規代理店品】

M3 lite 8くらいは必要になるだろうか。

これだと25000円くらい。Snapdragon435に3GBとGPUが強化されている。

ただ廉価モデルであることに代わりはないのだが・・。

 

実は僕もLTEタブレットは持っている。

上記のようなSIMフリーモデルではなく

ドコモのタブレットの白ロムだ。

白ロムってのはドコモなど大手キャリアで回線契約とセットで

購入したスマホやタブレットにおいて

スマホやタブレットの端末単体で回線契約が紐づかない場合にそう呼んでいる。

契約した人が端末だけ売却したとき白ロムと呼び

キャリアでしか新品が買えないので新品白ロムは基本的に存在しないが

未使用品白ロムがが実質的な新品として取り扱われている。

dtab Compact d-01J (ゴールド)

dtab Compact d-01J (ゴールド)

僕が以前このd-01Jを白ロムで購入。これはHuaweiのLTEタブレット。

ドコモのSIMロックが設定されてるので

ドコモかドコモMVNOでしか使えないが

格安SIMで利用するならドコモMVNOで使えるのなら問題ないだろう。

スペックはKirin950に3GBのRAMととても高くディスプレイも高解像度。

HuaweiのこのクラスのLTEタブレットは4万円近い価格で売られてることもあり

お得に買えるモデルと言える。

既に後継のd-02Kというモデルが出ているのだが

d-02Kは防水対応してるのは利点だがそれ以外のスペックが

大幅ダウンしているので買うならちょっと古いがd-01Jがおすすめ。

ただし白ロムってのは基本未使用でも中古なので

保証などがない場合があるのでその点は自己責任で。

1年半使ってるけど今も全く問題なく動作してるけどね。

 

スマホ代わりにモバイルタブレットはありだと思う。

あとスマートフォンをメインで使ってるのなら

Bluetoothテザリングでスマホと接続して

Wifiタブレットを利用するという方法もある。

iPad mini Wi-Fi 64GB - ゴールド

iPad mini Wi-Fi 64GB - ゴールド

iPad miniあたりを買うならWifiモデルでもありかと。

5万円近くするけどその性能は最新のiPhoneと同じA12チップを搭載。

iPhoneXSとかが10万円以上することを考えればお買い得だ。

ゲームとかアクティブに使う人にとってそのハイスペックは有利になる。

普通にLINEやメール、ブラウザなどならオーバースペックだが

快適に使えるのなら今後長く使って行くならOKかなと。

一応iPad miniならLTEモデルも出ているけど

Wifiモデルより16200円(8%消費税時)高くなっている。

GPSもついてるのでメリットは大きいためアクティブに使うならありだろう。

安いモデルでも67000円くらいするのでiPhone8と同じくらいだから

スマホを持っていないのならスマホを買ったほうが便利だとは思うが・・。

 

ということでLTEタブレット。

お出かけ機会が多い人などは検討してみては。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンアプリ

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 00:32

スマホのアプリなどインストールしたけど

利用してないものなどがあり1度整理するため

スマートフォンを久しぶりに初期化した。

写真などのデータはバックアップしてるので大丈夫。

その上で改めてゼロからアプリをインストールしてみた。

実際利用するアプリはそう多くないかも。

 

■SNS系

〇LINE

〇Twitter

〇Swarm

〇Instagram

・・・・・

SNSは多いようでこの4つくらいだろうか。

どれも利用頻度はとても多い。

ただLINEは別として他の3つは連携して利用してる形か。

Twitterアプリは投稿では使うけど

タイムラインを見たりして使うことはあまりないかな。

Instagramも外で投稿に使って自宅でいいね!を付ける形。

 

■Google系

〇Gmail

〇Chrome

〇Chromeリモートデスクトップ

〇Google認証システム

〇Google Maps

〇Google翻訳

〇ハングアウトダイヤル

〇YouTube

・・・・・

結構いろいろ利用しているGoogle系アプリ。

リモートデスクトップなどは便利で欠かせない。

認証は2段階認証用に利用。翻訳アプリは結構便利。

ハングアウトダイヤルは海外への通話に利用したりする。

ASUS Chromebook Flip C101PA シルバー 10.1型ノートPC【日本正規代理店品】CP1 Hexa-core/4GB/eMMC16GB/C101PA-OP1/A

ASUS Chromebook Flip C101PA シルバー 10.1型ノートPC

【日本正規代理店品】CP1 Hexa-core/4GB/eMMC16GB/C101PA-OP1/A

これらの多くはChromebookでも利用することができて

旅行の時などにはとても重宝している。

 

■Yahoo!系

〇Yahoo!ニュース

〇ヤフオク!

〇Yahoo!リアルタイム検索

〇Yahoo!バックアップ

〇Yahoo!天気

〇Yahoo!カーナビ

〇Yahoo!地図

〇Yahoo!ショッピング

〇スポーツナビ

・・・・・

Yahoo!のアプリは便利なのが多くていろいろ利用している。

特にヤフオク!、天気、リアルタイム検索は良く利用する。

プロ野球の情報もスポーツナビで得ているかなあ。

普段からPCでYahoo!をアクティブに利用してるので

それをスマートフォンでもとなるとアプリが充実してるのはいいね。

 

■ネット系

〇IRKit

〇mineoスイッチ

〇mineoアプリ

〇e-Control

〇Dropbox

〇ここリモ

〇Refills Lite

〇Outlook

〇NHK ニュース防災

〇メルカリ

・・・・・

格安SIM系、IoT機器系、ネットサービス系に分かれる。

LinkJapan eRemote IoTリモコン 家でも外からでもいつでもスマホで自宅の家電を操作 【Works with Alexa認定製品】

LinkJapan eRemote IoTリモコン

家でも外からでもいつでもスマホで自宅の家電を操作

【Works with Alexa認定製品】

ネットワークリモコンは3台持っているので

それぞれでアプリを利用している。

以前はネットワークカメラもあったが今はないので使ってない。

クラウドは以前はSugarSyncやEvernoteを使ってたけど今は使わなくなった。

 

■ショッピング・ポイント系

〇セブンイレブン

〇楽天市場

〇楽天トラベル

〇Tポイント

〇マクドナルド

〇dポイント

〇ポンタイム

〇Amazon

〇価格com

〇イオンお買い物

・・・・・

ポイントカードは今やアプリ化が当たり前。

財布の中を圧迫していたポイントカードは今はあまりない。

家電店系のアプリは入ってないのは利用しないから。

ネットショッピングは基本PCで利用するけど

外で見たりするときのために入れてる感じか。

 

■スマートフォン決済

〇nanaco

〇QuicPay

〇楽天Edy

〇R Pay

〇PayPay

〇Line Pay

・・・・・

おサイフケータイ対応端末だと

Edyやnanacoなどは便利に使える。

昨今〇〇PayとかQRコード決済がブームだけど

やっぱりFelica決済が以前から使えて便利だなあ。

ただポイント還元とかは重要だけど。

シャープ AQUOS sense2 SH-M08 ニュアンスブラック5.5インチ SIMフリースマートフォン[メモリ 3GB/ストレージ 32GB/IGZOディスプレイ] SH-M08-B

シャープ AQUOS sense2 SH-M08 ニュアンスブラック

5.5インチ SIMフリースマートフォン

[メモリ 3GB/ストレージ 32GB/IGZOディスプレイ] SH-M08-B

おサイフケータイ端末は1台は持っておいたほうが便利。

メインがiPhoneならセカンドスマホとして

Androidのおサイフケータイ端末とかいいかと。

 

■動画

〇AbemaTV

〇Amazonプライムビデオ

〇Line Live

〇Showroom

〇GYAO

・・・・・

基本外では動画を見ないので自宅用。

というか最近あまりどれも使ってない気がする。

AbemaTVも自宅でタブレットで見ているからな。

でも旅行とかだと活躍することも。

 

■交通・旅

〇渋滞ナビ

〇iHighway

〇YAMAP

〇Geographica

・・・・・

以前はもっと入ってたけど使わないのでこの4つだけ。

2つは渋滞情報アプリで2つは登山地図アプリ。

 

■カメラ

〇O.I.Share

〇Amazon Photos

〇Panasonic Image App

〇CANON EOS Remote

〇DJI GO

〇DJI Mimo

・・・・・

意外とたくさん入ってたのはカメラ関係のアプリ。

カメラのスマホ連携アプリがオリンパス、Panasonic、CANONと並ぶ。

Amazonは写真保存アプリ。

DJIの2つはOSMO mobile2とOSMO pocket用。

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

OSMO pocketは単体で利用することができるが

撮影データの転送などで意外とアプリを利用することが多い。

スマホと接続する端子がついてるのが便利だ。

 

■ゲーム

〇ポケ森

〇ツムツム

〇ポケモンGO

・・・・・

ゲームはこの3つだけどツムツムはもう半年ほどプレイしてない。

ポケモンGOも最近プレイしなくなった。

ポケ森はぼちぼち。

 

という感じかなあ。ほかにもあるんだけど

主に利用するアプリはこんなところかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

AUの新料金プラン

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 00:28

5月13日にAUの発表会があり

新料金プランが発表された。

これで大手3社のプランが出そろったわけだが

どこも基本的に同じような感じのプランとなった。

あえてAUのに注目しているのは僕自身AUユーザーであり

さらに言えば今年秋に2年契約が終わり更新月を迎えるため。

どうすうか全く決めていないけど

一応AUはスマートバリューという魅力もあるので

そのまま継続をする可能性もあるので検討をしている。

 

ということで発表されたプランをチェック。

スマートフォンの料金プランとしては

新auピタットプラン

auフラットプラン7プラス

auデータMAXプラン

この3つが主要プランとなっている。

プラン開始は上2つが6月1日でデータMAXは今夏。

auデータMAXプランは無制限プランとして注目されているが

ヘビーユーザーではない自分にはあまり関係ないプラン。

ということでもし今後契約するとしたら

新auピタットプランかauフラットプラン7プラスになるかと。

これがどっちにするかなかなか悩みどころのプランだ。

 

新auピタットプランの基本料金は

0〜1GB:2980円

1〜4GB:4480円

4〜7GB:5980円

と3段階の定額制となっている。

例えば2GBの人は4480円、5GBの人は5980円となるわけだ。

従量定額制というプランだけど1GB、4GB、7GBの価格としては休めだが

0.1GB、1.1GB、4.1GBの価格としてはかなり高めなので微妙なプランと言える。

auフラットプラン7プラスの基本料金は

0〜7GB:5480円

となっている。プラスの部分はFacebookやInstagram、Twitterなどの

SNS通信量がカウントフリーになるというものだが

Lineは対象外なのであまり意味がないような気がする。

 

実際の料金はこれからスマートバリューや家族割プラスが値引きされるが

その条件は少し厄介だ。

家族割プランは2人だと-500円で3人だと-1000円。

これは新auピタットプランでもauフラットプラン7プラスでも同じ。

しかしスマートバリューの条件は細かく異なり

新auピタットプランの〜1GBだと割引なし。〜4GB、〜7GBだと500円引き。

auフラットプラン7プラスだと1000円引きとなる。

家族3人+スマートバリューが適用された場合

新auピタットプラン

〜1GB:1980円

〜4GB:2980円

〜7GB:4480円

auフラットプラン7プラス

〜7GB:3480円

とこんな感じになるようだ。

ちなみに音声通話+LTEネット込みのプランで

音声通話定額はオプションとなっていて

5分定額オプションが+700円、完全定額オプションが+1700円となる。

なお上記料金はすべて税別なので別途消費費税が必要だ。

 

これらの料金はいわゆる分離プランで

端末購入する場合は別途その分のコストがかかる。

従来のような端末購入割引は全くないとは言えないけど

ほとんど望めなくなっている。

例えば高価なスマホを買う場合は分割して購入することになるが

毎月割などは期待出来ないのでがっつり支払う必要がある。

例えば96000円のスマホを買うなら24回払いで毎月4000円。

auフラット7プラスで家族割3人+スマートバリューを使って3480円+税だが

これに4000円がかかることになり総額8000円ほどの支払いになると。

ただ24000円のスマホを買うなら毎月1000円分割なので

総額5000円ほどに抑えられることになり

購入したスマートフォンが安ければ負担は大幅に抑えられることになる。

 

今のうちに出来ることといえば

スマートフォンを買っておくこと。

今はまだ大手キャリアが端末購入サポートなどをしており

スマホを安く買えるので白ロムも安くなっている。

Apple iPhone8 64GB A1906 (MQ7A2J/A) Gold ゴールド 【国内版 SIMフリー】

Apple iPhone8 64GB A1906 (MQ7A2J/A)

Gold ゴールド 【国内版 SIMフリー】

今後iPhone8を使うならApple Storeで買うより

上記のような未使用白ロムが安く買えるし

Androidでもハイスペックモデルも白ロムの価格は下がっている。

SAMSUNG 【SIMロック解除済】au Galaxy S9 SCV38 Lilac Purple

SAMSUNG 【SIMロック解除済】

au Galaxy S9 SCV38 Lilac Purple

出たばかりのスマホを10万円で買うのは

余程スマホにお金を費やせる人くらいになっていくので

こうした未使用スマホを買ったり

あるいは中古スマホを買ったり廉価SIMフリースマホを買ったり

スマートフォン端末のコストを抑えていくことになるだろう。

そういう時代になっていくと思われる。

 

当然選択肢としてスマホを2年で買い替えず

3年目、4年目と使って行くことも増えるだろう。

今使てるスマホも2年で買い替えるのではなく長く使えるよう

大切に使って行きたいもの。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

LGとGPS

  • 2019.05.13 Monday
  • 00:25

登山の際にはザックのショルダーベルトに

スマートフォンホルダーを取り付けて

そこにスマホ1台入れている。

登山の際にスマホカメラで写真を撮影したり

GPSログを記録したりしている。

今はYAMAPという登山地図サービスを利用しており

活動日記をこのスマートフォンでとっている。

 

登山で利用してるのはLG G6というスマートフォン。

LG G6 H870DS スマートフォン アンドロイド7.0 LTE 64GB Platinum [並行輸入品]

LG G6 H870DS スマートフォン

アンドロイド7.0 LTE 64GB Platinum [並行輸入品]

昨年7月末に中古で購入したスマホで

現在はサードスマホとしてY!モバイルのSIMを入れて利用している。

このスマホを登山スマホとして利用してる理由は

デュアルカメラ対応で超広角撮影が可能だから。

登山では空を入れて撮影したいと思うことが多いけど

超広角なら空の青さなどを際立たせて撮影出来る。

それで昨年夏から登山記録に利用してると。

 

そんな中で先日登山へ行ったときにLG G6を家に忘れてしまった。

急遽利用したのはセカンドスマホのGalaxy S7 edge SCV33。

Samsungのスマホでカメラ性能も高くOLEDディスプレイで画質も良く

とてもいいスマホなのだが

ところでそれで登山ログをつけたところガタガタになってしまった。

GPSログの精度があまり高くなくてロストが多かったためのようだ。

どうもGalaxy S7 edgeはGPSの感度が良くないのか?

いやそうじゃなくLG G6のGPS感度が良いのかもしれない。

実はL-01FやNexus5XでスマホナビやGPSログアプリを利用してたことがるが

いい感じで記録することができた。

その後iPhone6で試したらいまいちでどうしたんだろうと思ったけど

今思うとL-01FもNexus5XもLGのスマートフォンで

ひょっとしたらLGスマホはGPS感度が良かったのではないかと思っている。

 

この手のGPS感度はスペックに表記されないので

実際使ってみないと分からない。

今使っているiPhone8はGPS感度はいい感じだけど

Galaxy S7 edgeはちょっと他に比べると劣る感じだ。

LG G6はすこぶる良いようでこうした記録にはもってこい。

LG G6自体は国内モデルではなく海外モデルになるが

例えばLG V20 Pro L-01Jの白ロムは意外と安価に売られている。

LGエレクトロニクス docomo V20 PRO L-01J チタン

LGエレクトロニクス docomo V20 PRO L-01J チタン

これもデュアルカメラで超広角カメラが付属。

アウトドア用にいいかもしれない。

限定版 JOJO L-02K docomo White 白ロム

限定版 JOJO L-02K docomo White 白ロム

ドコモオンラインショップで特価で売られてて白ロム価格が暴落した

JOJOスマホもLGのスマートフォン。

LG G6よりハイスペックでデュアルカメラは超広角+標準仕様で

これも山で使うには良さそうだな。

このL-02Kちょっと検討してみようかなあ。

 

ということですべてのLGスマホのGPS感度が良いかは分からないが

山とかでスマホを使う場合は検討してみてほしい。

そういえば昔はシャープのスマホのGPS感度が良かったけど

今はどうなんだろうなあ。

逆に良くないメーカーってのもあったなあ・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホと大容量microSDXC

  • 2019.05.12 Sunday
  • 00:23

iPhoneや一部のAndroidスマホは

外部メモリに対応していない。

そのため最初から必要なストレージのモデルを買う必要がある。

iPhone8を今利用してるけど64GBでは不足気味。

仕方なく過去のデータをPCにバックアップしたのち

削除したりしてストレージを確保している。

256GBモデルは欲しいけど高いんだ。

でもAndroidスマホの多くは外部メモリに対応。

僕の場合スマホは2台持ちで

セカンドスマホのほうで写真を多く撮影している。

それは大容量のメモリカードを搭載しているから。

 

今は128GBのmicroSDXCカードを利用しているけど

256GBや512GBへのアップグレードを検討している。

価格はかなり安くなっていており512GBに関しては

ちょっと前に19800円で販売されて高いなと思っていたが

最近は14800円くらいまでさがっている。

【Amazon.co.jp 限定】Samsung microSDXCカード 512GB EVO Plus Class10 UHS-I U3対応 Nintendo Switch 動作確認済 (最大読出速度100MB/s:最大書込速度90MB/s) MB-MC512GA/ECO

【Amazon.co.jp 限定】Samsung microSDXCカード 512GB

EVO Plus Class10 UHS-I U3対応 Nintendo Switch 動作確認済

(最大読出速度100MB/s:最大書込速度90MB/s) MB-MC512GA/ECO

さらに今はAmazonタイムセールで12000円台まで下がっている。

512GBなんて夢のようなストレージ量だけど果たして必要だろうか。

まあ僕自身デジカメで1年間に撮影する写真や動画は800GB以上なので

それを考えれば512GBという容量はとんでもない大容量というわけではない。

また以前使ってたスマホの写真や動画なども含めて全て保存するなら必要かも。

僕のこれまでスマホで撮影したデータ容量は200GBほどだと思うが

今後のことを考えると500GBあれば不安はないと言える。

もっともそんなに膨大なデータを詰め込んだ場合データ整理が大変で

そうしたタグ付けして管理するといったアプリが必要かなと思う。

今はパソコンを持たない人も多くそういう人ならなおさら必要かもね。

Samsung microSDカード256GB EVOPlus Class10 UHS-I U3対応 Nintendo Switch 動作確認済 正規代理店保証品 MB-MC256GA/ECO

Samsung microSDカード256GB EVOPlus Class10 UHS-I U3対応

Nintendo Switch 動作確認済 正規代理店保証品 MB-MC256GA/ECO

256GBは7500円弱なので容量辺りの単価は

512GBのほうが安くなりつつあるようだ。

そういえばSSDも今は500GBクラスが主戦場になっているというそ

メモリストレージの価格は安くなっている。

 

スマホの2台持ちはありだと思う。

メインスマホでiPhoneを利用しセカンドスマホでAndroid。

iPhoneは32GBのストレージでもアプリなどが入れば十分。

写真はセカンドスマホで撮影すればいい。

今はAndroidでも写真画質に優れたスマホは多くなった。

au SAMSUNG Galaxy S9 SCV38 Midnaight Black

au SAMSUNG Galaxy S9 SCV38 Midnaight Black

僕が次のセカンドスマホとして検討している

Galaxy S9はかなり高画質のカメラを搭載している。

こうしたスマホは画像処理にも優れていて

夜の撮影もきれいだったりするしHDRにより

白飛びや黒潰れを防いでくれて完成度の高い写真が撮影出来る。

今や下手なデジカメよりいい写真が多く取れる。

そりゃパソコンで等倍で見ればデジ一眼のほうが高解像度だけど

写真家ではないのでそこまで画質にこだわる必要はない。

スマホやSNSでの利用で良い写真ならばそれでいいんだな。

 

ストレージをどこまで強化するのか迷う。

数年後にはスマホのストレージが1TBとかも遠くなさそう。

内蔵ストレージ1TBだとものすごく高くなりそうだけど

microSDXC1TBだと今の512GBの価格を見ればそう高くないかもね。

だから今のうちにスマホの大容量ストレージに慣れておくのも良さそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

防水スマートフォン

  • 2019.05.11 Saturday
  • 00:23

携帯電話を利用していたころ

間違って洗濯してしまったことがあった。

それ以来防水モデルが欲しいと思うようになり

ガラケーでも末期は防水モデルを利用していたっけ。

スマホ時代になって防水へのこだわりはあったけど

iPhone6を利用するようになってからそれも薄れていた。

ただ最近のiPhoneは防水に対応しているけどね。

 

今は4台のスマホを利用してるが

多分全部防水対応モデルではないかと思う。

防水といっても水中で使えるというわけではない。

濡れたり水につけたりしても壊れないというだけで

水中で継続的に利用したりすると浸水することもある。

また海水など真水ではない場合はまた別の問題が起きることも。

Anker 完全防水ケース IPX8規格 ドライバッグ 【iPhone 8 / 8 Plus / その他最大6インチスマホに対応】

Anker 完全防水ケース IPX8規格 ドライバッグ

【iPhone 8 / 8 Plus / その他最大6インチスマホに対応】

だから例えば海に入るときなどは

防水ケースなどに入れておく必要がある。

そのまま使えるかもしれないけど壊れたら自己責任。

 

防水モデルだと

例えばお風呂でスマホを利用するときなど

安心して利用することができる。

実は防水対応以前から僕はお風呂でスマホを使っていた。

でも防水モデルになって多少ぬれても安心出来るようになった。

今まで湯舟に落としたことはないけどね。

次に購入を検討しているスマートフォンも当然防水対応。

au SAMSUNG Galaxy S9 SCV38 Lilac Purple

au SAMSUNG Galaxy S9 SCV38 Lilac Purple

水中で使うわけではないんだけど

防水対応だといろいろ安心できるから。

登山とかにも持っていくから山で雨降って濡れることもあるからね。

そういう時に使えなくなったりしたら困る・・。

汗で濡れることだってよくあることだから。

 

今はMVNO向けのSIMフリースマホが

HuaweiやASUSなどからたくさん発売されてるが

残念ながらこれらのうち価格の安いモデルは防水に対応していない。

ASUSは売れ筋のZenfone5シリーズでも対応していない。

Huaweiに関してはハイエンドモデルから対応してきている。

P20くらいまでは防滴対応などだったけど

最近はIP68対応の防水モデルが増えつつある。

HUAWEI Mate 20 Pro 6.39インチ SIMフリー スマートフォン トワイライト MATE 20 PRO/TW/A 【日本正規代理店品】

HUAWEI Mate 20 Pro 6.39インチ SIMフリー スマートフォン

トワイライト MATE 20 PRO/TW/A 【日本正規代理店品】

まだ高価格なモデルばかりだけど

防水の需要はそれなりにあるので

今後は3万円以下の廉価モデルにも搭載されるといいな。

SHARPなどは低価格モデルでも防水だがスペックが・・。

 

防水という呼び方は水中での利用目的のようであまりよくない気がする。

ダイビングなどの水中撮影などの場合は

防水デジカメでもハウジングが必要なケースが多い。

耐水とか浸水防止とか言い方を変えていく必要があるんじゃないかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Pixel3aが魅力的

  • 2019.05.10 Friday
  • 00:23

先日Google I/Oという海外のイベントで

Pixel3a/3aXLというGoogleスマホの廉価モデルが発表された。

このスマホは日本でも発売されることが決定しており

Google Playで予約受付中。

https://store.google.com/product/pixel_3a

その価格だが意外と安くてPixel 3aに関しては48600円となっている。

しかも日本仕様はFelicaに対応している。これは買いではないだろうか。

 

GoogleのPixel 3は以前から発売されているけど

その価格は10万円弱と非常に高価だった。

Amazonなどで7万円台でSoftbankモデルの白ロムが売られている。

国内版SIMフリー Google Pixel3 64GB Just Black

国内版SIMフリー Google Pixel3 64GB Just Black

このモデルもFelicaには対応している。

3aとの差はメインチップでSnapdragon845を搭載している点。

それ以外の主要な点は同じ。

3から3aになって防水とワイヤレス充電もなくなってるか。

あとインカメラが3はデュアルだったんだな・・。

それで価格が半額近くで買えるとはちょっと驚き。

もちろんSnapdragon845が高性能なのは言うまでもないが

そもそも最新最上位チップを必要とするかというとそれは微妙。

ヘビーゲーマーくらいしか使いこなせていないのかなと思う。

それを考えると安く買える3aはかなり魅力的なのではなかろうか。

ちなみに今回のPixel 3a/3a XLもSoftbankで取り扱いが決まったようだ。

 

このPixel 3aはキャッシュレス・スマホ決済が進み

さらにスマホ端末と回線の分離プランが進みつつある現状で

それほど高価ではないがカメラ・ディスプレイが優れた端末ということで

かなりヒットするんじゃないかと思われる。

分離プランだと月額料金は抑えられるけどスマホ端末購入の割引はなくなる。

そうなるとiPhoneなど高価な端末は手を出しづらくなる。

現状ハイエンドスマホは10万円クラスが多いが

さすがにスマホ端末に10万円を支払える人は多くはないと思う。

それ故に廉価モデルの人気が高くなると思われる。

元々分離が基本のMVNOでは端末のコスパは重要で

HuaweiやASUSなどのコスパの良いモデルが人気となっている。

大手キャリアでもiPhone優遇策は取れなくなるので

コスパの良いiPhoneが登場しない限りはiPhone1強から変わっていくと思われる。

 

もっともAppleがこのまま黙ってみてるとは思えない。

5万円前後のモデルを出すとしたら

iPhone8くらいを出してくるんじゃないかなと。

理想言えばiPhoneXRあたりが5万円前後で出てくれればうれしいけどね。

ともかくGoogleのPixel 3aはスマホ決済の普及と分離プランをにらみ

結構ヒットするんじゃないだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>


recommend

ASRock Phantom Gaming M1 Radeon RX 570 8G バルク品 グラフィックボード
ASRock Phantom Gaming M1 Radeon RX 570 8G バルク品 グラフィックボード (JUGEMレビュー »)

ミドルクラスのビデオカードが11700円。マイニング用で余ったのがゲーミング用途に流通しつつあり格安のビデオカードを買うチャンス。

recommend

激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~
激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ (JUGEMレビュー »)
齊藤 倫雄,NHK取材班
TJAR2018の番組が待望の書籍化。番組よりも詳細な取材情報、撮影の裏側などが濃くてこっちのほうが魅力的だったりする。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

recommend

激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ トランスジャパンアルプスレース [Blu-ray]
激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ トランスジャパンアルプスレース [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

2018年8月に行われたTJAR2018。NHKが密着し秋に放送された番組がBD化。特典として今年1月に放送されたサイドストーリーも収録。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM