LG V20 PRO L-01J

  • 2018.06.25 Monday
  • 00:00

現在欲しいスマートフォンは

〇ドコモMVNOの格安SIMに対応

〇テザリングに対応

〇カメラ機能はそこそこ高い

そんな条件のスマートフォンだ。

そしてもう1つの条件が安いこと。

予算は2万円台。新品にはこだわらず中古もありだが

長く使うことを考えると状態の良い新品に近い製品が良い。

HuaweiのP20 Liteやnova lite2など候補として考えていたけど

ここにきて最有力となりつつあるのがLG V20 PRO L-01J。

 

L-01Jは型番から分かるようにドコモのスマホ白ロムだ。

LGエレクトロニクス docomo V20 PRO L-01J チタン

LGエレクトロニクス

docomo V20 PRO L-01J チタン

LG V20 PROというモデルで

AUバージョンのLGV34というのも出てるようだ。

ただドコモMVNOで使いたいので買うならドコモ版のL-01J。

スペックだけど

OSはAndroid7.0。ただ8.0アップデート予定あり。

CPUはSnapdragon820、RAMは4GB、ROMは32GB。

ディスプレイは5.2インチ2560x1440。

カメラは1600万画素F1.8のメインカメラと800万画素F2.4のセカンドカメラがある。

デュアルカメラ構成だ。800万画素は超広角となっている。

かなりスペックが高くて発売から時間は経っているけど

今でも十分現役で使える性能を持つ。

そして意外とコンパクトで昨今大型スマホばかりの中で好印象だ。

なにせ3番目スマホとして利用する予定なので大きいと邪魔になる。

 

肝心なのは条件を満たしているか。

ドコモ白ロムなのでドコモMVNOで使えるのは問題ない。

テザリングに関してはmineoの動作検証を見ると不可とある。

ただネットで調べるとMVNOでもテザリング可とある。

2016年夏を目途にテザリング時のAPNロックが消えたらしいが

2017年2月発売の本モデルに関してはAPNロックはないと思われる。

ただmineoの動作確認が何故テザリング不可になってるかは分からない。

ドコモMVNOで出来るという情報もあるが

mineoで出来るという情報は残念ながらないな。

人柱覚悟で買った試してみようかなあ。駄目なら他のドコモMVNOを契約するか。

 

ということでしばらくいろいろ探してみよう。

そのうちサクッと買うかもしれないなあ。

ただ4台目のスマホになるため

利用機会は明らかにあまりないので

無駄な買い物になる可能性も否定できないが・・。

 

LG電子 docomo V20 PRO L-01J Titan

LG電子 docomo V20 PRO L-01J Titan

このエントリーをはてなブックマークに追加

山でAUのLTEは使えるのか

  • 2018.06.24 Sunday
  • 00:44

昨年9月にAUのiPhone8へと機種変更をした。

あまり知られていないけど

AUのiPhone8は3Gが使えない。

au iPhone8 64GB Gold ゴールド MQ7A2J/A【SIMロック解除済み】

au iPhone8 64GB Gold ゴールド

MQ7A2J/A【SIMロック解除済み】

仕様上はCDMAにも対応しているっぽいので使えそうだが

AUのiPhone8の契約で利用するSIMはVoLTE対応SIMで

3Gは使うことができずVoLTEのみ。

モバイル通信の通信のオプションのところには

ローミングの設定しか出てこない。

4Gをオンにするという項目はiPhone7なら出てくるが

iPhone8だと出てこない。

4G(LTE)のみ対応だからだろう。

 

AUは大手3社の中ではLTEエリアは最も広い。

特にプラチナバンドである800MHz帯で

積極的にLTEを整備したこともあり

ドコモやソフトバンクにもその点は勝っている。

ただ3Gが使えないのはやはり欠点ではあるかなと。

山間部などではドコモやソフトバンクの3Gが使えて

AUのLTEは使えないという場所は少なくない。

例えば上高地から槍ヶ岳界隈。

上が3Gエリアで下が4Gエリア。

黄色は4Gのみ利用可能なエリアだそうだ。

槍沢から槍ヶ岳に関しては3Gは使えるけど4Gは使えない。

ただ穂高から涸沢カールや飛騨沢方面は4Gのみ使える。

おそらくAUは蝶ヶ岳に中継局がありLTEのみ中継で

電波を出しておりそれで使えるエリアが広がっているのだろう。

ただ槍ヶ岳近辺で使えないのは困るなあ。

ドコモの場合は常念中継局があり槍ヶ岳含めて広範囲で使える。

 

AUで3Gが使えるけど4Gが使えないってのは

あまり多くはなく今となっては逆にほうが多いんだけど

実際電波の粘りなどは3Gのほうが良くて

サービスエリア表示で圏外でもつながることが多いのは3G。

4Gはエリア境界で弱いってのが経験的に言える。

もちろん4Gの整備にお金をかけているのは分かるけど

実際ソフトバンクが3Gでつながるのに

AUのLTEがつながらない場所ってのは山間部に結構多くて

それ故にしっかりしてほしいなと思う。

上記の槍ヶ岳や槍沢は表記ミスの可能性もあるかなと思ってるけどね。

さすがに槍ヶ岳で使えないのは問題だろうと。

 

ともかく僕はAUのiPhone8を利用していて

セカンドスマオでAU MVNOのmineoのSIMをGalaxy S7 edgeで使っている。

つまり両方ともAUのLTEしか使えないことがちょっと問題かと思っている。

普段の日常的には別に何も問題ではないけど

登山などをする場合は連絡手段がなくなることもありうる。

ドコモやソフトバンクのスマホがあれば

それで連絡をとったりテザリングを利用したりして

それでメインスマホを使う手段もあるのだが

2台ともAUのLTEのみ対応というのはハイリスクでなんとかしたいと考えている。

セカンドスマホのGalaxy S7 edgeはいずれ買い替えたいけど

まあ来年くらいになりそうでまだ先の話なので

そうとなれば別のスマホを用意する必要がある。

当然ドコモMVNOを使うならLTEのBand19への対応は必須だが

それだけでなくW-CDMAのBand6の対応も必須と言えるだろう。

 

ってことでHuawei P20 Lite買おうかなあ。

本当はP20やP20 Proがほしいけど高くて買えない。

Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン クラインブルー ※クリアケース、イヤホンマイク付属※【日本正規代理店品】

Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン

クラインブルー ※クリアケース、イヤホンマイク付属※

【日本正規代理店品】

W-CDMAはBand6/19に対応してるしLTEもBand19対応で大丈夫そう。

まあどうせ買うなら新しいものがいいなあと。

SIMフリー版を買うことになりそうだけど

音声通話をつけるならMVNOの端末セット版もありかなあ。

条件次第だろうけどね。

しかし山に3台スマホを持っていくのは邪魔かな。

カメラだと思えばいいか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

gooのスマホ

  • 2018.06.23 Saturday
  • 00:23

SIMフリースマホの中で

あまり縁がないのがgooのスマホ。

gooはポータルサイトのgooでありNTTレゾナントが運営。

そしてgooのスマホはOCNモバイルONEとのSIMセットで販売される。

以前かなりコスパの良いモデルがあるなと

そう思った記憶があったけど忘れてしまった。

今はg07++とg08の2モデルが発売されているようだ。

 

g07++はg07+の後継機種。

gooのスマホ g07++(グーマルナナプラプラ) 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM, シャイニングブルー)

gooのスマホ g07++(グーマルナナプラプラ)

【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM, シャイニングブルー)

スペックは

CPUがMT6750T。RAMが4GB/ROMが64GB。

液晶は5.5インチFHD。LTPS液晶だそうだ。

カメラは背面1600万画素でフロント1300万画素。

バッテリーは3000mAhだ。

特徴はDSDS対応のSIMと

CDMA2000にも対応していること。

大手3社に対応しているとのことだば

LTEはBand1/3/8/19対応なのでAUのLTEには対応しない。AUは3Gのみ。

価格は18000円台で売られているが

RAMやROMは多いがCPUは決して高速とは言えず評価に迷う。

 

g08は今年2月発売の最新モデル。

gooのスマホ g08 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), ディープ・ブリーン)

gooのスマホ g08 【OCNモバイルONE SIMカード付】

(データSIM(ナノ), ディープ・ブリーン)

CPUはSnapdragon430。RAMは4GBでROMは64GB。

液晶は5.7インチ1440x720の18:9液晶。

カメラは背面1600万画素でフロントが2000万画素+800万画素のデュアルレンズ。

バッテリーは3000mAhだ。

DSDS対応。LTEはBand1/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/41。

大手3社のLTEにバッチリ対応する。海外でもアジアやヨーロッパでも広く使えそう。

価格は24000円前後なのだが

いろいろ細かいところで残念な点がある。

液晶が1440x720と少し解像度が低いことや

Wifiで5GHz帯に対応しないこと。

液晶解像度やWifiではg07++に劣る(g07++はFHDで5GHz帯対応)。

 

どっちがいいかといえば

僕はg07++かな。MT6750TはSnapdragon430とそう変わらない性能。

ただSnapdragonではないのでゲームはやや苦手か。

LINEなどSNSメインなら全く問題ない。

RAMやROMの容量に関してはどっちも十分だから。

DSDS対応が売りだがOCNモバイルONEセットで売られており

ドコモMVNOのデータSIMで利用するのが良いかと。

そういう点でいえばg07++でも全く問題ない。

2万円以下で買えるSIMフリースマートフォンは

そう選択肢は多くないと思うが候補となりうるだろう。

 

僕は5万円近く出してもっと高スペックのスマホを欲しがるが

僕の両親世代のようにLINEやカメラ、ブラウザなどが中心なら

このスペックでも十分と言えるだろう。

g08は液晶に関しては解像度は高くなくても良いのだが

フロントカメラのデュアルレンズ化は需要あるんだろうか。

自撮りをあまりしないのでよく分からないけど

ワイド撮影をするのは基本若者の集団だろうし

そんな若者はたいていiPhone使ってるんじゃないかな。

このg07++やg08を使う層は60歳以上かあるいは低年齢層。

それならg07++かなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

au iPhone6の中古を探している

  • 2018.06.22 Friday
  • 00:26

昨年9月までAUのiPhone6を利用していた。

当初はMNPすることも検討していたけど

結局機種変更でAUのiPhone8を契約して今利用している。

そんな最近になってiPhone6の購入を検討している。

実はiPhone8へ機種変更する際に下取りに出したのがiPhone6 64GBだった。

Apple au iPhone6 A1586 (MG4J2J/A) 64GB ゴールド

Apple au iPhone6 A1586 (MG4J2J/A) 64GB ゴールド

これを買い戻そうかと思っている。

それにはいろんな事情がある。

 

iPhone6だけどSIMロック解除義務化の対象前の製品なので

基本的に大手キャリアのモデルはSIMロック解除に対応していない。

それ故にiPhone6のSIMフリー版はとても少なく

中古で出回っているiPhone6はだいたいSIMロック版となっている。

ドコモ、AU、ソフトバンク版とあるけど

それぞれに対応した格安SIMで利用出来るのでその点は問題ない。

AU iPhone6ならmineoのAプランのSIMで利用することができる

買ったところで使い道がないというわけではない。

 

昨年秋に契約したiPhone8だけどApple Careには入ってない。

もし万が一のことがあった場合は

自前で対処する必要がある。

そういうときのためのすぐ利用できる代替機として

iPhone6 64GBは便利だ。iPhone8も64GBだし

そのままバックアップから復元することで利用出来るかと。

Apple Payなどは使えないけどね。

つまりバックアップ機としての用途が1つある。

 

さらにAUのSIMロックがかかったiPhoneだけど

実はAU以外でも使えるケースがある。

それはアメリカのAT&T及びそのMVNO。

AT&T回線で何故か使うことができる裏技がある。

おそらくAT&T MVNOのh2oがKDDIグループだからではないかと。

アメリカSIM h2o by KDDI MONTHLY$30 初月料金コミコミパック LTE通信2GB 通話・テキスト・データ・国際通話も全部コミコミ!

アメリカSIM h2o by KDDI MONTHLY$30

初月料金コミコミパック LTE通信2GB 

通話・テキスト・データ・国際通話も全部コミコミ!

そして海外に住む妹家族はこのh2oのSIMを契約している。

姪はスマホを持ってないが欲しいらしい。

中古でもいいからiPhoneが欲しいらしいけど

今持ってるのはSoftbankのiPhone5Sの中古でSIMが使えない。

そこでAUのiPhone6を安く買って送れば使えるのかなと。

もちろんアメリカやハワイへ海外旅行へ行ったときにも

h2oのSIMで利用出来て役立つかもしれない

そのあたりの考えがあることがある。

 

選択肢としてはiPhone6ではなくiPhone6Sでもいい。

ただしiPhone6Sだと価格帯が上がるので

同じくらいの予算だと16GBモデルになる。

au版 iPhone 6s 16GB ローズゴールド 白ロム Apple  4.7インチ MKQM2J/A

au版 iPhone 6s 16GB ローズゴールド

 白ロム Apple  4.7インチ MKQM2J/A

当然SIMロック解除版の6Sの価格はずっと高いけど

SIMロック版でも問題ないと。

ただ6SだとSIMロック解除版が多いしそれだと2万円は超える。

SIMロック版だと17000円前後かな。

6に比べると3000円から4000円ほど高くなる感じか。

この差なら6Sのほうが良いのか6で十分なのか迷うところだな。

 

Androidでは駄目なのかといえばやはり駄目。

AndroidはそもそもOSのアップデートがすぐ打ち切られる。

iPhone6は2014年9月発売のスマホだけど

iOS12へのアップデートも行われるようで安心だ。

また古くても今でも十分快適に使えるが

Androidだと古いと今は快適に使えないケースが多い。

ということで良い条件のiPhoneがないか探していこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Galaxy Feel SC-04J白ロム

  • 2018.06.21 Thursday
  • 00:26

ちょうど1年ほど前の昨年6月に発売された

ドコモのスマートフォンGalaxy Feel。

低価格モデルでdocomo withの対象スマホとして

安いプランで安い維持費を目指す人に人気となっている。

そしてこのスマホは白ロム価格も安く

格安SIMユーザーにも人気が高い。

SAMSUNG 【SIMロック解除済】docomo GALAXY Feel SC-04J Indigo Black

SAMSUNG 【SIMロック解除済】

docomo GALAXY Feel SC-04J Indigo Black

白ロム価格はSIMロック解除品で2万円ほどとなっている。

色に寄っては多少高いモデルもあるのかな。

未使用品の価格で利用された中古品だとさらに安いが

SIMロック解除されてない品も混じってるので要注意。

 

スペックを見てみる。

CPUはSamsungのExynos7870。

Snapdragonで言えば625と430の間くらいのモデル。

CPUは8コアだがクロックが低い。

GPUはそれほど高くはない。

ハイエンドゲームには向かないカジュアルユーザー向け。

RAMは3GB、ROMは32GBとこれは十分。

ディスプレイは4.7インチ1280x720の有機EL。

カメラは背面1600万、フロント500万。F1.9の明るいカメラだ。

防水防塵対応、おサイフケータイ対応、ワンセグ対応の機種だ。

バッテリーはコンパクトモデルながら3000mAhある。

 

この製品の売りはコンパクトながら大容量なバッテリーで

それ故にかなり電池の持ちが良いようだ。

あと安い機種ながら基本機能は優れていて5GHz帯Wifiに対応してたり

指紋認証対応、ハイレゾサウンド対応などしている。

逆にネックになりそうなのは

ディスプレイが1280x720のHD解像度な点だろうか。

4.7インチというサイズを考えれば十分だと思うし

有機ELの優位点もあるだろうけどFHDに比べるとどうか。

GPUがやや弱いがHD解像度なら全く問題ないと言えるのだが。

 

SIMロック解除してなくても

ドコモMVNOで利用するのは問題ない。

SIMロック解除したところで

Band8とBand18/26には対応してないので

AUやソフトバンクの利用には向いていないと言える。

海外は多少対応してるので使えるかもしれないが・・・。

SIMロック解除は将来的にフルMVNO化した

IIJmioのSIMで利用するために対応モデルを買うのはありかと。

 

ということで買いではあるが

2万円前後という価格で言えば

AUの白ロムのHuawei nova 2 HWV31のほうが

コストパフォーマンスが高いと言えるかな。

あれはSIMロック解除すればドコモとソフトバンクの

Band8とBand19にも対応しててまさに万能モデル。

ただおサイフケータイや防水防塵、ワンセグには対応しない。

これら3つの機能がほしいなら

Galaxy Feelは安価に購入できてありな端末だろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

wena wrist pro

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 00:27

ちょっと前からネットでちらほら見かける

wena wrist proという製品。

wena wristはクラウドファンディングで

記録的な支持を得て商品化されたらしいが

Proはその最新モデルということのようだ。

正直僕はwena wristも

そのクラウドファンディングも知らなかった。

 

スマートウォッチにカテゴライズされる商品だけど

厳密には腕時計ではなく腕時計のベルト型デバイス。

スマートウォッチは便利で使ってみたいけど

お気に入りの腕時計は使いたいという人に支持されたようだ。

[wena project] wena wrist pro Premium Black WB-11A/B

[wena project] wena wrist pro

Premium Black WB-11A/B

有機EL液晶にはスマホと連携して様々な通知がやってくる。

Felicaも搭載しており電子マネーとして利用可能。

活動量的な機能も備えているようだ。

またバッテリーの持ちもよく1週間持つという。

 

かなり便利な製品というのは分かったけど

価格は40000円前後と

かなり高性能なスマートウォッチに匹敵する。

例えばSamsungのGalaxy Gear S3辺りと同じくらいの価格。

ただこれにはおサイフケータイ機能などはないけどね。

例えばiPhone8などを使っている場合

FelicaでモバイルSuicaは利用することができるが

楽天Edyやnanacoは使えない。

それを補うことができると考えればありだし

スマホの通知も知らせてくれるならありなのかも。

またお気に入りの腕時計がそのまま使えるのもね。

 

僕がこの製品に対してピンとこないのは

そもそも腕時計をこれまであまりしておらず

そしてこだわりがなかったためだろうか。

僕の回りの同年代は腕時計はステータスと言わんばかりに

良いものを買っている。

50万円を超えるようなものを買うという人もいる。

父もそういう系統だなあ。ただ僕は腕時計にあまり興味がないし

ステータスみたいなのも興味がない。

今はApple watch S2を使っているけどこれで十分。

機械式腕時計に全くこだわりがなくて

むしろ純粋なスマートウォッチのほうが惹かれるから。

 

ということで

この製品は良いなと思うけど

ちょっと僕には合わないかなあ。

もっとスタンダードなスマートウォッチモデルも

出てくれると良かったかなとは思う。

Apple watchはnanacoやEdyが使えないから

それが使えるるAndroid Wearとか対応したスマートウォッチなら欲しいかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

BIC SIM

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 00:24

今から5年前の2013年6月。

僕はBIC SIMを申し込みしている。

2012年にIIJmioの格安SIMを利用し始めて1年経ったとき

BIC SIMがスタートしたんだ。

BIC SIMはIIJmioの格安SIMにプラスして

Wi2 300という公衆無線LANサービスを

無料で利用することが出来た。

ちょうどSIMサイズを標準SIMからマイクロSIMに

変更したいと思っていた時だったのでBIC SIMにした。

 

当時はSIMパッケージが3240円と定価で売られており

定価を購入した記憶がある。

SIMサイズ変更手数料も当時3240円くらいしたので

どうせ同じなら1度解約して新規申し込みをしようと思ったんだっけ。

今は割安なSIMパッケージが出ている。

BIC SIM 全プラン 全SIMサイズ対応パッケージ(Wi2 300無料特典付き) IM-B196

BIC SIM 全プラン 全SIMサイズ対応パッケージ

(Wi2 300無料特典付き) IM-B196

以前はAmazonでは売られていなかったけど

今では取り扱っているんだなあ。

これはSIMカードが付属するパッケージではなく

申し込み時に初期費用が免除されるエントリーパッケージのようなもの。

最近はこのスタイルが多いようだ。

 

BIC SIMだけど格安SIMサービス自体は

IIJmioとなんら変わりなくプランなども同じだった。

当時はミニマムスタート128プランと呼んで

128kbpsの低速通信のみだったけど

2013年春に200kbpsに増速して6月くらいに

500MBの高速通信が付加されてとかそんな時期だった

2012年にIIJmioが格安SIMをスタートさせて1強だったのが

2013年春にOCNモバイルONEがスタートし

高速通信が利用可能だったこともありそれに対抗したんだっけ。

後にBiglobeが月1GBの高速通信で参入したときにも対抗。

それが2GBになり最終的に月3GBで月額900円に落ち着いたのは

2014年くらいだったと思う。ちょうどmineoが参入した年だ。

 

BIC SIMはWi2 300という

公衆無線LANサービスが無料で使えるのが大きかった。

ただこのWi2 300は当初はWi2_Premiumが使えたんだけど

その後利用出来なくなってサービスは大幅に縮小してしまった。

https://wi2.co.jp/jp/personal/300/

最初はauスポット並みに利用出来るところが多かったが

プレミアムが使えなくなったことで激減して使い勝手が悪くなった。

今だとWi2 300で使えるのが6万か所で

プレミアムのオプションエリア含めると20万か所以上らしいから

半分以上はオプション料金を支払わないと使えないエリアと言える。

これは2013年の頃は使えていたんだけど

2014年9月くらいで終わったんだっけなあ。

特に飲食店やコンビニ、ファミレスなどで使える場所が減るのが痛い。

ただないよりマシなので普通にIIJmioで申し込みするなら

BIC SIMのほうが良いのかなとは思うけど。

 

BIC SIMは2015年8月末まで利用したっけな。

最近は使ってないけどちょっと思い出したから。

大手キャリアではそれぞれの公衆Wifiサービスが使えるが

格安SIMでは使えないから。

1つ注意が必要なのは公衆Wifiなどを使うときのセキュリティ。

決して安全とは言えないのでVPNなど使うと良いようだ。

ウイルスバスター クラウド(最新版) | 3年 3台版 | オンラインコード版 | Win/Mac/iOS/Android対応

ウイルスバスター クラウド(最新版) | 3年 3台版 |

オンラインコード版 | Win/Mac/iOS/Android対応

ウイルス対策ソフトなどには

公衆Wifi利用時向けにVPN接続するサービスをしてるところも多いという。

ホテルの無料Wifiなどは特に危険なので

モバイル通信を節約するためにWifiを多く使うって人は

気を付けてほしい。知らぬ間に情報を抜かれてるかもしれない。

 

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto Z2 Play 4GB ルナグレー 国内正規代理店品 AP3835AC3J4/A

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto Z2 Play 4GB

ルナグレー 国内正規代理店品 AP3835AC3J4/A

このエントリーをはてなブックマークに追加

固定電話は必要か

  • 2018.06.18 Monday
  • 00:29

時々固定電話は必要なのかと思うことがある。

自宅にかかってくる電話の9割くらいはセールス。

迷惑電話の類になるので不要論すら出ているけど

かといってなくすと問題があるんじゃないかとも考える。

電話番号を教えるときに

自宅の電話があればそれが防波堤になりうるわけだが

携帯電話の番号だと個人に直結してしまい多少厄介。

それ故に自宅電話番号は必要だとは思うが

それが固定電話である必要はないかもしれない。

 

固定電話だけど今僕は光ネットサービスの電話を利用している。

いわゆるIP電話の一種だけど固定電話と同じ電話番号が持てるし

品質も携帯電話より良い。

通話料は全国一律3分8円くらいだっけ。まあ電話することは

あまりないので意識したことはないけどね。

無料通話先もあるにはあるけど利用したことはあまりない。

スマホとかで音声通話定額プランを利用してれば

自宅の電話から通話することは無駄に料金がかかることになり微妙。

LINEなどのメッセンジャー同士の無料通話を考えると

今や電話は無料という意識が強いけど固定電話はそうした恩恵がない。

あくまで着信用といったところか。

 

最近思うのは固定用LINEというものがあればと。

固定電話と紐づいて利用出来るLINEアカウント。

個人ではなく家で利用するLINEといったところか。

Wifi搭載の電話機と連携してLINEの無料通話が利用出来たりすればベスト。

パナソニック デジタルコードレス電話機 親機のみ スマホ連動 Wi-Fi搭載 ホワイト VE-GDW03DL-W

パナソニック デジタルコードレス電話機 親機のみ

スマホ連動 Wi-Fi搭載 ホワイト VE-GDW03DL-W

Wifi搭載の電話機は既に発売されているので

サービス自体が対応すれば関連製品はすぐに出てくると思われる。

ただ問題はそれが固定電話である必要があるのかという点。

自宅専用電話は必ずしも固定電話である必要はない気がする。

050IP電話でも自宅専用携帯電話でもありかなと。

 

固定電話のメリットといえば

FAXが利用出来ることだろうか。

我が家でもFAX付きの電話機を利用している。

パナソニック デジタルコードレスFAX 子機1台付き スマホ連動 Wi-Fi搭載 ピアノホワイト KX-PD102DL-W

パナソニック デジタルコードレスFAX 子機1台付き

スマホ連動 Wi-Fi搭載 ピアノホワイト KX-PD102DL-W

ただFAXの利用はここ数年激減しつつある。

以前は自宅に休みのリストをFAXしていたけど

今や家族のLINEに写真で撮影して送るほうが早いし

そうすれば常に持ち歩くことが出来ていつでも見られる。

さらにコピー機としても複合機があるのでそっちを使ったほうが良い。

FAXで申し込みをするというサービス自体最近はあまりなく

たいていネットに対応してるからそっちのほうが手軽。

となればFAX自体も消えつつあるようで

やはり固定電話にこだわる必要はないのかも。

 

とりあえず固定電話をもし廃止するとしたら

自宅の電話番号しか知らない親戚などに対して

携帯電話の番号を教えるかどうかが問題になる。

正直個人的に携帯電話番号はあまり教えたくない。

今の光電話は維持費は月額1000円以下と安いので

携帯電話回線を1回線持つよりは安い。

それを考えれば無理に廃止する必要もない気がする。

携帯電話と違って自宅の電話の場合は

出ないという選択肢がとりやすいから。

ただSMSやLINEのようなメッセージ機能はやはりほしいかなと思う。

まあ留守番電話機能があればそれも使えないことはないけどね。

 

ということで固定電話は維持していく予定だけど

あと何年使うかは分からないなあ。

既に固定電話を持たない家はかなり増えているからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プリペイドケータイ

  • 2018.06.17 Sunday
  • 00:29

先日mineoを利用しはじめて4年とブログで書いたんだけど

4年前のことをいろいろ調べてみたら

ちょうど同じ時期にプリペイドケータイも利用し始めたところだった。

ソフトバンクのプリペイドケータイは

当時プリモバイルと呼ばれていた。

今はシンプルスタイルだ。

プリペイドケータイが使いたかったわけではなく

1年後にMNPするための弾として契約したものだった。

しかしその後MNP優遇は縮小してそれをMNPで使うことはなかった。

 

シンプルスタイルのケータイモデルの場合

契約すると60日間番号が有効になりその間残高内で発信が可能。

これは音声発信とSMS発信が出来る。

60日経つとリチャージしないと発信は出来なくなるが

番号維持期間となり360日間は音声着信&SMS着信は利用出来る。

つまり着信用とすれば420日ほど利用出来る。

この期限が切れると番号が抹消されてしまうので

3000円以上のリチャージをすることで

再び60日+360日の維持が出来るようになると。

 

当初はMNPの弾だったのだが

着信用番号が持てるってことで便利で

ネットサービスの二段階認証やらSMS認証やらで

その番号を色々活用していたこともあり

維持していくことにした。

2015年、2016年、2017年と最近だと昨年秋に更新している。

更新はソフトバンクの3000円分以上のプリペイドカードで利用可能。

SoftBank(vodafone)

プリペイド携帯電話用 プリペイドカード3000円分

Yahoo!ショッピングなどで買うことが出来るので

それで更新をしている。

 

ただ今後これを利用していくかは分からない。

今更新したのが有効期限切れになったら抹消させるか

それまでにMNPしてしまうか今正直考えているところ。

番号を失うのは嫌ならMNPしてしまうのがベストだけど

音声通信で新たに契約するとコストがかかるので厄介だ。

ソフトバンクからMNPするならUQモバイルあたり

安く持てるとは言え維持費がそれなりにかかるからね。

BIGLOBE UQ mobileエントリーパッケージ(音声通話付SIM) iPhone/Android共通・au対応 [最大13,000円キャッシュバックキャンペーン中] VEK53JYV

BIGLOBE UQ mobileエントリーパッケージ

(音声通話付SIM) iPhone/Android共通・au対応

[最大13,000円キャッシュバックキャンペーン中] VEK53JYV

でも格安SIMをUQモバイルに乗り換えると考えれば

トータルコストはそれほど変わらないかもしれない。

MNPするならシンプルスタイルの場合は

ソフトバンクショップへ行く必要があるようだ。

まあ良い案件があれば検討しよう。年末くらいまでは期限があるからね。

 

ということで

プリペイドケータイももう4年も使っているんだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャープのSIMフリースマホSH-M05

  • 2018.06.16 Saturday
  • 00:53

格安SIM向けのSIMフリースマートフォンは

HuaweiやASUS、HTCなど海外メーカーばかり目立つ。

SONYはXperiaのSIMフリーモデルを出さないし

韓国系のSamsungやLGも大手キャリア向けばかり。

富士通は低スペックモデルをマイナーチェンジしてばかり。

そんな中で意外と意欲的にSIMフリーモデルを出してるのがシャープ。

以前は富士通とあまり性能が変わらなかったけど

少しずつ性能アップして今ではかなり差がついた。

シャープ AQUOS sense lite SH-M05 (ブラック)5.0インチ SIMフリースマートフォン SH-M05-B

シャープ AQUOS sense lite SH-M05 (ブラック)

5.0インチ SIMフリースマートフォン SH-M05-B

最新モデルのAQUOS Sense lite SH-M05は

なかなかいい感じのスマホではないかと思う。

 

スペックを見てみよう。

CPUはSnapdragon430。RAMは3GBでROMは32GB。

この辺りは廉価モデルでそれほど高機能ではないが

必要十分な機能を持っているとも言える。

Snapdragonの6xxを搭載すると

多分4万円くらいの価格になることを考えればこれで問題ないと思う。

液晶は5インチFHDのIGZO液晶。

トレンドの狭額縁ではないがよく出来ている。

おそらく次モデルくらいから狭額縁液晶を採用するのでは。

カメラは1300万画素。以前の1600万画素よりは良い方向性だと思う。

他のメーカーのようなデュアルカメラではないのは価格帯からすれば仕方ないか。

 

さてこのモデルの良いのは

防水防塵耐衝撃に対応していることと

おサイフケータイに対応していることだろう。

これらの機能を求めている人が買い求める機種。

富士通のよりは高性能で完成度も高い。

ワンセグには対応しないけど

今はもうワンセグは時代遅れだと思う。

AbemaTVなどネットストリーミング放送が主流だし

何よりワンセグは画質が悪すぎる。

だからワンセグを省いたのは正解だと思う。

ワンセグのあるarrows M04と比べてもこっちのが魅力。

 

2万円台のSIMフリースマホは

HuaweiのP10 liteやnova lite2などが人気がある。

カメラやCPUパワーなどを重視するならあちらだろうが

十分互角に勝負出来る製品ではないだろうか。

防水防塵耐衝撃はあると便利だし

おサイフケータイは使うとその利便性に離せなくなる。

数少ないおサイフケータイ搭載のSIMフリー端末の中では

完成度が高くて一押しかなと。

 

価格は単体で28000円ほど。

OCNモバイルONEのSIMセットだと多少安いか。

SHARP AQUOS sense lite SH-M05 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM, Black)

SHARP AQUOS sense lite SH-M05

【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM, Black)

最新ゲームをバリバリプレイするとか

お金がかかってもカメラや液晶がきれいなモデルが良いという人は別として

格安SIMを利用して料金を抑えたいという人には

最適なスマートフォンと言えるかなと。

ほんと以前からこのシリーズを見てきたけど

しっかりと進化させてきた感じだなあ。

富士通もarrows Mシリーズを進化させてくれればよかったのに・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

recommend

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue)
HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue) (JUGEMレビュー »)

Huaweiの最新SIMフリースマートフォン。18:9液晶で狭額縁を実現。そしてWレンズカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM