Type-Cコネクタとスマホ

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 00:16

昨年の年末にNexus5Xを購入した。

このスマホは最近ではカメラに

ウォーキング時のネット端末にと活躍している。

LG-H791 Nexus 5X CARBON 32GB 並行輸入品

LG-H791 Nexus 5X CARBON 32GB 並行輸入品

海外旅行時のプリペイドSIMを利用した

ネット端末としても活躍した。

買ってよかったスマホの1台だけど

このスマホはmicroUSBではなくTypeCケーブルを採用してる。

このTypeCケーブルがなかなか便利なんだ。

 

TypeCケーブルはUSBの端子の1つ。

Tronsmart【2本セット】USB Type C ケーブル USB-A to USB-Cケーブル Type-C機器対応 56Kレジスタ実装 新しいMacBook / Nexus 5X / ChromeBook Pixel / Nokia N1 Tablet / NuAns NEO他対応(1mx2)

Tronsmart【2本セット】USB Type C ケーブル

USB-A to USB-Cケーブル Type-C機器対応 56Kレジスタ実装

新しいMacBook / Nexus 5X / ChromeBook Pixel /

Nokia N1 Tablet / NuAns NEO他対応(1mx2)

microUSBと比べるとわずかに大きな端子。

特徴はmicroUSBのような向きを気にせず利用できる点。

AppleのLightningのように向き関係なく使える。

ほかにもいろいろ機能が充実しているようだけど

現状はUSB充電ケーブルとしてしか利用していない。

将来性のある企画で今後の主流と言える。

AppleもLightningからTypeCになるという噂もあったりするようだ。

 

Nexus5Xを購入してから

TypeC環境は充実しつつあるけど

現状はmicroUSB端末も多く利用しているから

併用している形。

今後スマホがTypeCに全面的になっていけば

周辺機器も多く発売されるんだろうが

現状はまだまだという感じかな。

HUAWEI nova lite 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM, ブラック)

HUAWEI nova lite 【OCNモバイルONE

SIMカード付】 (音声SIM, ブラック)

MVNO向けの売れ筋モデルのnova liteもmicroUSB。

TypeCを採用してほしかったなあと思う。

 

TypeCは確実に広がっているけど

まだまだだなと思うのは

モバイルバッテリーの充電だ。

現在の売れ筋のモバイルバッテリーは

USBで給電を行うがモバイルバッテリーの充電は

microUSBで行う。

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー ホワイト

cheero Power Plus 3 13400mAh

大容量 モバイルバッテリー ホワイト

旅行などへ行きモバイルバッテリーを電源から充電しようとした時

microUSB-USBケーブルは欠かせない。

microUSBを利用するスマホを持っていなくても必要になる。

TypeCで充電出来るモバイルバッテリーが欲しい所。

実際は既に出てきている。

Anker PowerCore+ 20100 USB-C (Type-Cポート搭載 大容量 モバイルバッテリー) 新しいMacBook、iPhone、Android各種他対応 (ブラック)

Anker PowerCore+ 20100 USB-C (Type-Cポート搭載

大容量 モバイルバッテリー) 新しいMacBook、

iPhone、Android各種他対応 (ブラック)

このバッテリーはType-Cポートを搭載していて

Macbookなどへの給電として利用できる他

普段はこのポートを利用して充電も行える。

Type-C機器を普段使う人にとってはかなり便利。

いずれTypeC機器ばかりになればmicroUSBは

不要になることから今後買うモバイルバッテリーは

Type-C対応も考えていく必要がありそうだ。

 

Type-Cの巻取りケーブルがあると

便利かなと思うのでまた今度買っておこう。

オウルテック USB Type-Cケーブル 巻取り式 充電&データ転送用 TypeA-TypeC USB2.0 1年保証 120cm ブラック OWL-CBRJD2CA12-BK

オウルテック USB Type-Cケーブル 巻取り式 充電&データ転送用

TypeA-TypeC USB2.0 1年保証 120cm ブラック OWL-CBRJD2CA12-BK

ただType-Cケーブルは映像データ転送も行うなど

情報を多く送るためやや太めなので

巻取りタイプでもあまりコンパクトではないようだけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Huawei nova lite

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 00:20

Huaweiから3月に発売されたnova lite。

MVNO向けに提供されており

ミドルクラスの性能ながらエントリークラスの価格で

コストパフォーマンスの高さから人気となっている。

現在MVNOに加入してる人も

新たな端末として気になっている人は多いようだ。

僕もその1人。

HUAWEI nova lite 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM, ブラック)

HUAWEI nova lite 【OCNモバイルONE

SIMカード付】 (データSIM, ブラック)

これが19000円前後で買えてしまうとは

本当にSIMフリースマホの価格破壊モデルと言えるかと。

ただ品薄で今はほとんど買えないけどね。

 

Huawei nova liteのスペックだけど

OSはAndroid7.0。現状最新のOSを搭載する。

CPUはKirin655で高速コア4個、省電力コア4個のオクタコアCPUだ。

ベンチマークで見るとSnapdragon6xxクラス並だ。

RAMは3GB。P9 Liteが2GBだったから3GBは魅力大。

ROMは16GBでmicroSDXC(128GBまで)対応だ。

32GB以上が理想だけどmicroSDカードで拡張出来るから。

バッテリーは3000mAh。最近はこのくらいが普通なんだな。

液晶は5.2インチ1920x1080のIPS液晶。ミドルモデルのスタンダード。

カメラはメインが1200万画素F2.2、フロントが800万画素F2.0

メインはNovaと同等かな。センサーサイズはiPhone7より少し大きい。

P9 liteよりもレンズは暗くなったがセンサーは大きいので

画質はアップしていると思われる。

LTEの対応周波数はBand1/3/5/7/8/19/28/40

ドコモ、ソフトバンクの周波数にしっかり対応している。

 

スペックを色々見てて

残念だなと思う点もいくつかあげたい。

ROMが16GBなこと。32GBか64GBだと良かった。

Wifiが2.4GHz帯のみ対応で5GHz帯に対応しないこと。

AUの周波数帯に対応しないこと。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しないこと。

あとUSBがTypeBである点も残念かな。TypeCが理想だった。

でもまあ2万円で買えるSIMフリースマートフォンとして考えれば

十分と言える。

だいたいスペックだけを見ると昨年夏だと3万円、

一昨年夏だと5万円くらいで売られてたスマホとあまり変わらない。

それが2万円そこそこで買えるとはHuawei恐るべしだ。

本気で日本のSIMフリースマホ市場を制覇しようとしてるんじゃ。

他のメーカーは価格ではもう太刀打ちできないのかもしれない。

 

Huaweiは春にP10シリーズを発表しており

日本ではまだ発売予定にないけど

夏モデルとして登場してくる可能性がある。

novaとP10は競合しかねないが何かしら差別化してくると思われる。

噂ではおサイフケータイ対応などがあるけどそれはどうかな。

SIMフリーのおサイフケータイは

iPhone7でのFelicaチップ搭載で求められてるものだが

どれだけ売れるか分からないのでメインモデルに搭載してくるかは

現状わからない感じだ。ただ次々と新モデルを展開して

日本のSIMフリー市場を制覇しようとしつつあるのは事実。

他のメーカー、特に日本メーカーも頑張って欲しいが

現状は厳しいと言わざるをえないなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

mineo紹介キャンペーン中

  • 2017.03.27 Monday
  • 00:24

様々なMVNOサービスがあり

各社がしのぎを削っている。

その中で僕が利用しているのはmineo。

関西を拠点とする光インターネットの

ケイ・オプティコムが提供しているMVNOサービスだ。

当初はAU MVNOを提供していたけど2015年9月より

ドコモMVNOも開始してシェアを伸ばしている。

最近では家電量販店での店舗でも

申し込みできるようになり利用しやすくなった。

 

そのmineoだけどこのところは追い風が吹いている。

一番の追い風はCMキャラクターとして

採用している葵わかなさんが今年10月からの

NHKの朝の連ドラのヒロインに決まったことだろう。

ちなみに葵わかなさんは4月から慶応大学に通うらしい。

ともかくその話題になるだろう女優さんを

CMで採用してたことは新規加入促進の上では

ものすごくメリットがありそうで

最近もやたらCM攻勢をしているようだ。

 

そのmineoだけど基本的なMVNOサービスは

他と大きな違いがあるわけではない。

MVNOではIIJmio、OCNモバイル、楽天モバイルが

3大MVNOと言われておりmineoは4番手候補。

ただ直近の加入者数などではトップ3に入るほどで

勢いはかなり今あるようだ。

データ通信関係は充実してて翌月繰越や低速によるデータセーブは

かなり前から搭載しているし

複数回線利用の場合はパケットシェア可能なのはmineoならでは。

2回線以上だと複数回線割も提供される。

ただ音声関連は最近まで他社に比べると劣っていた。

3月1日から5分定額オプションを開始してようやく追いついた感じだ。

 

そんな似たようなサービスを提供してるMVNO各社は

絶賛キャンペーン中でmineoも実施している。

その1つが紹介キャンペーンで既存の利用者からの

紹介を受けて申し込みすれば

利用開始から3ヶ月ほどでmineoメールに

2000円分のAmazonギフトコードが送られてくるというもの。

以前は1000円だったが増額された。

普通に申し込みする場合は受けられないので

ウェブから申し込みする場合などは紹介URLから申し込みしたい。

http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F0J8C2U1R8

僕の紹介URLは上記の通り。もしよければ是非。

ではウェブではなく店舗で申し込みする場合はどうなのか。

その場合は紹介者の契約してる回線の番号が必要になる。

僕のデータ回線の契約番号は09053105309だ。

音声通話・SMSなしの回線なしなので教えることに支障はないかと。

もし利用した場合コメントなどで書いてくれると嬉しいかな。

なお紹介キャンペーンはギフトコードが発行される前に

契約者、紹介者のどちらかが解約してしまうと無効になるので要注意。

僕は解約しないので安心してほしい。

 

ウェブで申し込みする場合だけど

エントリーコードを入力すると

初期費用の3240円が0円になる。

エントリーコードはAmazonなどで売られている

エントリーパッケージに記載されているものだ。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード

データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

だいたい1000円以下で買えるので

これを買った上で紹介URL経由で申し込みするのが

オトクな申込みスタイルと言えるかと。

あと稀にエントリーコードが封入されている

格安SIM雑誌もあるのでそれだと

700円ほどで買えたりすることもあるのでそれも要チェック。

 

僕は2014年6月のmineoのサービス開始から

ずっと利用している。

もうすぐ3年にあるかな。

3年前はAU回線を利用した初めての格安SIMとして

話題になったものだ。

あの頃はSIMフリースマートフォンなんて

あまり登場しておらずドコモやAUの中古白ロムなどを使って

格安SIMを利用している人が多かった。

それが2015年くらいからSIMフリースマホが増えて

気づけばそれも充実している。時代は変わったんだなあ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Y!モバイルのデータSIM

  • 2017.03.26 Sunday
  • 00:23

昨年の年末に新しいスマホとして

Nexus5Xを購入した。

LG-H791 Nexus 5X CARBON 32GB 並行輸入品

LG-H791 Nexus 5X CARBON 32GB 並行輸入品

このスマホは格安SIMを利用して

ネット端末として利用したいというわけではなく

11月に買ったDJI OSMO mobileで使う

カメラとして利用する目的で購入したもの。

またハワイ旅行の際には

プリペイドSIMのZIP SIMを購入し利用した。

 

その後特にSIMを入れて利用する予定はなかったけど

カメラ用のスマホといっても外に持ち出すことが多いため

SIMカードが入っていたほうが便利。

既存のドコモやAUのMVNOのSIMを入れることも検討したが

Nexus5XにはあえてY!モバイルのSIMを利用することにした。

実はNexus5で既に購入して利用していたので

そのSIMを入れ替えることにしたわけだ。

 

Y!モバイルのデータSIMだけど

以前はYahoo!ショッピングのみで売られていたけど

今はAmazonや家電店でも売られるようになった。

ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット ナノ(iPhone5~7他対応)音声通話/データ通信共通(契約事務手数料 無料) ZGP681

ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット ナノ

(iPhone5~7他対応)音声通話/データ通信共通

(契約事務手数料 無料) ZGP681

Yahooだと3240円してたけどAmazonだと安くなったなあ。

このプランはY!モバイルのスマホプランS/M/Lなども含まれるが

僕が利用したのはデータ1GBプラン。

データ+SMSのプランで1GBの通信が可能なプランだ。

ちなみにY!モバイルのメールも利用出来る。

料金は月額980円。

ドコモMVNOだと月額900円で月3GBなのでそれに比べると高い。

ただYahooプレミアム会員だと大幅に安くなる。

 

Yahoo!プレミアム会員の人が

このデータSIMを利用すると

月額980円が480円引きの月額500円となる。

昨年11月までのキャンペーンだったけど延長されて

今も継続されている。

Yahoo!プレミアムの会員は月額463円。

故に月額980円で契約するよりプレミアム会員になって

それで契約しYahoo IDの関連付けをしたほうがお得。

 

この回線はドコモやAUのMVNOよりも

回線品質が良いのも売りで

特に昼や夕方などの混雑時間帯など

他のMVNOだと速度が劇的に落ちることもあるが

Y!モバイルの場合はサブキャリアなのでそれがない。

またyahoo.ne.jpのメールがもらえるが

これはキャリアメール扱いになるので

キャリアメールの迷惑メールフィルタのホワイリストに入ってて

Gmailから送っても送れないといったような事態が防げるわけだ。

 

ちなみにメインスマホとして契約するなら

SIMパッケージを契約するのではなく

Y!モバイルのショップなどへ行き

端末セットを契約したほうがお得だったりする。

既に端末を持ってる人やお気にいりのスマホを

使いたい人などが契約するならSIMパッケージはお得で

データSIMプランはおすすめだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルバッテリーとLED

  • 2017.03.25 Saturday
  • 00:26

今の生活に欠かせないスマートフォン。

昔より電池の持ちは遥かに良くなっているけど

依存度はずっと高くなっており

利用時間が増えればバッテリーも切迫する。

もしバッテリーが切れると大変なので

普段モバイルバッテリーを持ち歩いている。

 

今使ってるのはcheeroの5200mAhタイプ。

cheero Power Plus 3 mini 5200mAh コンパクト モバイルバッテリー iPhone&Android対応 パナソニック電池搭載 (ホワイト) CHE-071-WH

cheero Power Plus 3 mini 5200mAh コンパクト モバイルバッテリー

iPhone&Android対応 パナソニック電池搭載 (ホワイト) CHE-071-WH

価格も安くコンパクトで普段持ち歩くには最適。

ただ同じサイズで6700mAhモデルも発売されているため

そっちのほうが頼りになる感じはあるけど。

でもまあiPhoneなど1回分フル充電出来れば非常用としては十分なので

5200mAhで困ることはないし

3000mAhでもまあ問題ないかなとは思う。

あくまで非常用。

 

僕は普段車通勤をしているたから

運転中などスマホは使わない。

車でもその充電環境はあることから

普段の日常でモバイルバッテリーを使うことはない。

使うとしたら土日など休みの日に買い物行った時とか。

行楽などの場合は必要になるが

普段持ち歩いているのとは別に大容量バッテリーを持っていく。

旅行用としては13000mAhくらいのを持っていくことが多い。

Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応

Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート

大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応

ただ実際1度も使わないってことも少なくはなく

なくてもいいけど万が一のために持っていく感じだ。

たまにスマホを頻繁に使ってバッテリーが切れそうということが

旅行などではあるからその時のためにね。

また自分だけじゃなく家族も一緒だと

家族のスマホの充電も考える必要があり

それ故に大容量があれば役に立つかなと。

 

そんなモバイルバッテリーだけど

最近のモデルはLEDフラッシュライトを

搭載していないモデルが多い。

昔は多くのモデルでLEDライトを搭載していた。

バッテリー残量などのLEDではなく

フラッシュライトとしてのLEDを搭載して

バッテリーでライトを点灯して照明として

利用することが出来るモデルが多かった。

それが今は減って特に2大モバイルバッテリーブランドの

Ankerとcheeroの製品でほとんど見かけなくなった。

Anker Astro E7 超大容量 26800mAh モバイルバッテリー iPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus / 3DS / PS Vita / Wifiルーター / ウォークマン他対応 【PowerIQ搭載】 (ホワイト) A1210022

Anker Astro E7 超大容量 26800mAh モバイルバッテリー

 【PowerIQ搭載】 (ホワイト) A1210022

搭載してるモデルはあるんだけど

以前はほとんどのモデルについていた気がする。

特に日常持ち歩くコンパクトモデルにはあれば便利だった。

 

モバイルバッテリーは東日本大震災の頃

利用がかなり多かった。

あの頃のスマホはバッテリーの持ちが非常に悪くて

Androidなど1日持たないモデルも多かったので

モバイルバッテリーは欠かせなかった。

あの頃はLED搭載機種が多くて

帰宅困難者が歩いて自宅まで帰宅する際に

モバイルバッテリーのLEDフラッシュライトが

役立ったというケースもあったほど。

あれば便利なので最近は消えてしまって残念だ。

僕はライトマニアなので普段からLEDライトを

持ち歩いているから別に必要ないんだけど

普段ライトを持たない人は必要かなと思うけど。

ただスマホにもLEDフラッシュがあり

アプリなどでフラッシュライトとして利用可能だ。

そうしたことがあり必要ないと判断されているのかもしれない。

 

コンパクトながらLED搭載モデルは

今もあるのでそうしたのを買うのは

防災用としてはありかなと。

EC Technology 5200mAh モバイルバッテリー スマホ充電器 LEDライト機能付 超コンパクト 急速充電 iPhone 6s / 6s Plus / 6 /6 Plus / 5s/ Xperia / Galaxy / Android各種他対応-ブラック

EC Technology 5200mAh モバイルバッテリー スマホ充電器

LEDライト機能付 超コンパクト 急速充電-ブラック

ライトマニアとしては

もっと高出力のLEDを搭載した

モバイルバッテリーもあってもいいんじゃないかなとか思うが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク回線の格安SIM

  • 2017.03.24 Friday
  • 00:30

ソフトバンクの回線を利用した格安SIMサービスがスタートした。

まずはデータ回線のみで音声通話付きは提供されないようだ。

また動作確認端末はiPhoneやiPadなどで

Androidは対象外なのかな。

その辺り情報がまだあまりないからよく分からないけど

既にいくつかのサービスがスタートしている。

MVNEは日本通信となっているようだ。

 

一番メジャーなところはU-mobileだろうか。

U-mobileはU-mobile Sという

ソフトバンク回線を利用したサービスを開始。

データ通信のみで

月1GBプランが月額880円

月3GBプランが月額1580円

月7GBプランが月額2980円

月30GBプランが月額4980円となっている。

ドコモやAU回線のプランに比べると価格が高い。

 

正直あえて利用するプランとはいえないけど

それなりにメリットはある。

それはソフトバンクのスマートフォンが利用できること。

ソフトバンクのSIMロックされていても利用できる。

ドコモのSIMロックされたスマホが

ドコモMVNOサービスで使えるのと同じように使える。

Apple(アップル) Softbank iPhone6 A1586 (MG4H2J/A) 64GB シルバー

Apple(アップル) Softbank iPhone6

A1586 (MG4H2J/A) 64GB シルバー

今回利用者ターゲットとしては

手元にiPhone5SやiPhone6を持っている人。

iPhone6SやiPhone7の場合は半年利用でSIMロック解除出来る。

そうするとドコモやAUのMVNOが利用出来るので

わざわざ条件の悪いソフトバンクMVNOを利用する必要がない。

ただiPhone6以前はSIMロック解除出来ない。

ドコモとAUのiPhone6はそれぞれのMVNOを利用出来るが

ソフトバンクのiPhone6はソフトバンク以外では使えず

そのため中古価格が他に比べると5000円くらい相場が低い。

ソフトバンクは他社より下取りサービスを拡充して

iPhone6ユーザーに機種変更させiPhone7を契約させて

引き続きソフトバンクを利用させようとしているが

料金を安くしたい人にとってはMVNOへ行っても

iPhoneをそのまま使えない難点があった。

今回はデータプランのみというのでメインとしては使えないけど

余ってるiPhoneの有効利用としてはありかと。

 

今後について気になることがいくつかある。

データ通信だけでなく音声付きプランは登場するか。

そもそも何故データのみなのだろう。

音声通話は出来ない契約なのだろうか。

ドコモMVNOも最初はデータプランのみだったが

その後音声つきが開始された。

まずはデータプランからということなのかもしれない。

あと音声つきは身分証明やMNPの手続きなどで

手間とかコストがかかる。それを避けたのかも。

Android端末では利用出来ないのか。

IMEIロックとかかかっていなければAPNさえわかれば

Androidスマートフォンでも使えるはず。

APNはiPhoneで繋げば確認出来る。

Twitter界隈で見るとAndroidでも繋がったようだ。

ワイモバイルやAXGPは繋がるのか。

Band3は分からないがBand41はつながらないらしい。

理由はよく分からないけど

Band1/8につながれば概ね問題ないけどね。

 

今後については

http://www.sankei.com/economy/news/

170323/ecn1703230003-n1.html

こんなニュースが出ている。

昨年度のデータを元に新年度の接続料が決まるらしいので

Softbankはより大きく値下がりがあるようだ。

それでもドコモに比べてまだまだ高いけどね。

あと日本通信からも開幕SIMというのが出ている。

b-mobile S 開幕SIMパッケージ(データ/ナノ/for iPhone) BS-IPN-DN

b-mobile S 開幕SIMパッケージ(データ/ナノ/for iPhone) BS-IPN-DN

これがU-mobile Sの元になるもののようだ。

サービス内容はほぼおなじ。

まあSIMはこのブログを書いてる時点では売り切れだけど

売れているんだろうか。あとこのネーミングは何だろう。

 

ともかく今後さらに拡充して

ドコモやAUのMVNOに匹敵する

サービスになってほしいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用マイク

  • 2017.03.23 Thursday
  • 00:23

昨年11月にDJI OSMO mobileを購入し

今年1月のハワイ旅行などでも利用し

最近でも梅や河津桜の撮影などで利用している。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile 3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile

3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

3軸ジンバルの手ぶれ補正は非常に強力で

安定した動画撮影が可能だ。

ただその動画の品質などはスマートフォンに依存する。

昨今のスマホ動画は非常に高画質でその品質も満足してるのだが

音質に関してはややイマイチ。

というか通常時はまあ問題ないんだけど

風が強い時の風ノイズがかなりあり気になっている。

 

ハワイ旅行の時にラニカイビーチで撮影してたけど

風がとても強くてその撮影した動画を見たけど

ぼぼぼぼぼぼぼぼぼ!!!と風ノイズだらけで

音は利用することはとてもできなかった。

そこでスマートフォンで外部マイクを利用して

ウィンドシールド(風防)を取り付けて風ノイズを

低減出来ないものかと考えている。

ついでに音質も向上しないものかと考えてるけど

とりあえずは風ノイズ低減が課題だ。

 

ということで手持ちの外部マイクを使ってみた。

ICレコーダー用の外部マイクとして利用してた

オーディオテクニカのステレオマイクのAT9901。

audio-technica ステレオマイクロホン AT9901

audio-technica ステレオマイクロホン AT9901

凄く良いマイクだけどスマホでは使えなかった。

マイクとしても使えないし

このマイクを繋ぐと音も出なくなる。

ヘッドホンとして認識されてるのだろうか。

ともかくスマートフォンに対応した製品を買う必要がある。

 

ということでスマホ向けの外部マイクだが

いくつか発売されている。

ナカバヤシ iPhone(iPad、iPod Touch)対応高性能エレクトレットコンデンサーマイク IPMC-01AL

ナカバヤシ iPhone(iPad、iPod Touch)対応

高性能エレクトレットコンデンサーマイク IPMC-01AL

これでいいんじゃないかな。

延長ケーブルも付属している。

風防もついている。

iPhoneに対応ということでAndroidは不明だが

機種によっては対応しているようだ。

Androidは同じOSでも使える機種と使えない機種があり

一概にAndroid対応とはいえないのだろう。

IPMC-02BKというモデルもあるが性能的な違いはどうなのかな。

 

利用しているスマホが対応しているかどうかは

使ってみないと分からないというのが実情で

人柱覚悟がないとやってられないようだ。

僕が利用しているNexus5Xはどうも対応状況が悪いようで

動作報告のネット記事がほぼ皆無なんだがどうしよう。

とりあえず1個買ってテストしてみようかなあ。

まあ使えない可能性が高いけど。

iPhoneのほうができそうなのかなあ。

もっとも最新iPhone7だとこうしたマイク端子が

既にないのでさらに敷居が高くなっているけどね。

 

しばらく試行錯誤して方法を模索したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneとスマホケース

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 00:30

最近スマホを使ってる人を見て

何か違和感を感じた。

それはスマホケースを使ってないこと。

iPhoneを利用している人が多いけど

ケースを使わずそのまま使ってる人が多い。

特に若い女性は多くがケース使ってない。

その気持ちも分からないではない。

iPhoneはとても質感が高くて色もきれい。

ローズゴールドとか人気だけど

docomo版 iPhone 7 32GB ローズゴールド MNCJ2J/A 白ロム Apple 4.7インチ

docomo版 iPhone 7 32GB ローズゴールド

MNCJ2J/A 白ロム Apple 4.7インチ

ケースを使ったら色とか隠れてしまって無意味に。

それ故に傷がついたりするリスクを考えても

そのまま使ってる人が多いようだ。

僕はケースを使ってるけどね。

 

僕が使ってるのは手帳型ケース。

iPhone 7 ケース 手帳型 [TUCCH] PUレザー ケース カード収納 スタンド機能付き マグネット式 アイフォン7「4.7インチ」用 財布型 カバー ブラウン

iPhone 7 ケース 手帳型 [TUCCH] PUレザー ケース

カード収納 スタンド機能付き マグネット式 アイフォン7

「4.7インチ」用 財布型 カバー ブラウン

手帳型ケースはスマホの薄さやコンパクトさが

失われてしまうのは弱点ではあるけど

普段利用すう上ではほとんどがカバーされて安全安心。

背面はともかく液晶面も保護されるので

液晶が割れたりするリスクを減らすことが出来る。

また側面にポケットがありカード類を入れられる。

でも弱点も少なくないかな。

一番はスマホを利用するときにケースを開けるというのが

一手間かかること。

またスマホを持つ時は背面ケースなどに比べると

バランスが悪く落としやすい。

あと3軸ジンバルやスマホホルダーにそのまま

装着することが出来ないことだろうか。

それらのリスクを考えても液晶保護される

手帳型ケースを僕は使っている。

 

Androidは基本的に背面ケースを使っている。

背面ケースはクリアケースを利用することが多い。

MEIKO Huawei Mate 9 ケース クリア シリコン ケース 高品質 完璧 フィット

MEIKO Huawei Mate 9 ケース クリア

シリコン ケース 高品質 完璧 フィット

クリアケースはボディの色がそのまま分かるのが嬉しい。

背面ケースは取り出してすぐ使えるのが便利。

特に指紋認証や背面ボタンで起動出来るスマホの場合

手に持ってその時点ですぐ起動できるので

すぐ使えるのがいい感じだ。

iPhoneの場合はフロント側に指紋認証があるので

片手で認証して利用開始しづらいことを考えると

今のまま手帳型ケースで問題ないかと。

逆に背面での指紋認証や起動を行うスマホは

背面ケースが理想かなと。

 

次にiPhoneを買う時はどうか分からないが

さすがに何もケースなしで使うことはないなあ。

確かに質感の良いボディなどそのまま使うのが

理想ではあると思うんだけど。

傷とかついてしまうからなあ。

でもせっかくの質感や薄さが台無しになってると考えると

ケースの乱用も考える必要があるかもね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おサイフケータイ対応スマホの中古の注意

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 00:23

現在ヤフオクに出品中で

使わなくなったスマホも出品しようかと思っている。

中古で出品する以上は初期化をするのは当然なのだが

おサイフケータイに関しては初期化が出来ないようだ。

そのため中古で売却するときにちょっと厄介。

 

そのまま売った場合

新たに買った人がおサイフケータイを

利用できない恐れがある。

前のユーザーの情報が残っているわけだ。

そのためにはICカードクリアという作業が必要になる。

AQUOS PHONE ZETA SH-06E docomo [Red]

AQUOS PHONE ZETA SH-06E docomo [Red]

ドコモのスマートフォン白ロムの場合は

ドコモショップで無料でICカードクリアが行えるようだ。

AUやソフトバンクの場合も同様。

液晶画面が壊れてジャンク品となってしまったスマホも

一応AUショップへ行ってクリア作業をするべきだろう。

 

つまりICカードクリアは大手キャリアのショップへ行けば

クリアしてもらえるというわけだ。

ところがそうは行かない機種がある。

FARM06102 [arrows M03 黒]

FARM06102 [arrows M03 黒]

それはSIMフリースマートフォンだ。

SIMフリースマートフォンの場合は

ICカードクリアをする場所がない。

おサイフケータイを利用していて他の端末に乗り換えるため

売却しようとした場合どうすればいいのか。

その点についてはmineoのサポートサイトの

マイネ王にスレッドがあった(→こちら)。

これによればICカードクリアをするためには富士通に送る必要があり

そのコストは7000円以上かかるようだ。これは厳しい。

そもそもarrows M02/M03をあえて選ぶ人は

SIMフリーでもおサイフケータイを利用したいという人だろう。

それでこの仕様はよろしくないなあ。

 

iPhone7がFelica搭載して

今年はHuaweiあたりもおサイフケータイ対応の

SIMフリースマートフォンを発売する予定のようだ。

噂によればP10が日本での発売が遅れてるのは

日本向けにおサイフケータイを実装するなんてあるけど

超売れ筋モデルにおサイフケータイが搭載されるのは歓迎。

しかしICカードクリアの問題がどうなるのか気になる。

Huaweiショップなどで対応するとかでもいいから

対応してくれるならいいんだけど。

この問題は意外と厄介だ。

そもそも何故本体初期化でICカードも初期化出来ないんだろう。

出来る仕様に出来ないのだろうか。

 

ということで

おサイフケータイ対応端末を

中古で買おうという人は気をつけて欲しい。

売る人はできるだけショップでクリアして売りたいところ。

ということでドコモとAUのショップに行かないと。

AUは今契約してるからいいけどドコモショップは行きづらいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファブレット

  • 2017.03.20 Monday
  • 00:18

ちょっと前に流行っていたファブレット。

フォン+タブレットの造語なんだっけ。

タブレットサイズのスマートフォンというべきか。

Xperia Z Ultraとか人気があったけど

液晶サイズとしては6インチ前後のモデルだろうか。

あれから数年経って最近はファブレットという言葉を

全然聞かなくなってしまった。

ファブレットの人気はなくなったのか。

 

ここ最近は6インチクラスのスマホは

はっきり言えばあまり出てないし人気もない。

FREETEL SAMURAI 「KIWAMI 極」 黒

FREETEL SAMURAI 「KIWAMI 極」 黒

SIMフリーなどでちょくちょく出ているくらい。

何故このクラスが消えつつあるのかというと

そもそもタブレットの人気がなくなってしまったことが大きい。

2012年頃は7インチタブレットが大人気だった。

7インチのタブレットが人気だという土壌があって

6インチのファブレットの人気も出ていた。

ところが7インチタブレットの市場は

2014年頃にはかなり失われてしまった。

理由としてはスマホが1人1台普及したことが大きい。

タブレットはスマホを持たない人が

自宅で利用するネット端末として使われてたけど

もう小学生くらいまでスマホが1人1台普及しつつある現場で

タブレットの役割というのは薄れてしまっている。

 

ファブレットは完全に消えてしまったのかというと

それは正しいとはいえない。

ファブレットはスマホに取り込まれたといえる。

例えば今人気のSIMフリースマートフォンのHuawei Mate9。

Huawei 5.9型 Mate9 SIMフリースマートフォン ムーンライトシルバー/51090YMG 【日本正規代理店品】 MATE9/SILVER

Huawei 5.9型 Mate9 SIMフリースマートフォン

ムーンライトシルバー/51090YMG

【日本正規代理店品】 MATE9/SILVER

ハイスペックスマートフォンとしてこの人気のモデルは

液晶が5.9インチあり以前ならファブレットと言えるモデル。

5.5インチクラスのスマホも普通になり

5.9インチも決して珍しくなく

Nexus6のように6インチスマホも出ている中で

もはや6インチはファブレットではなくスマホであると。

スマホの大画面化により取り込まれたといえるかと。

 

それにしても昨今スマホは5インチ以上のモデルが増えている。

iPhoneでもiPhone7 plusなどは5.5インチ液晶。

そしてiphone7 plusはこれまでのplusで一番売れてるようで

大画面需要は大きいようだ。

スマホをどう持つかにもよるけど

ポケットではなくカバンに入れる場合は

あまりコンパクトさに拘る必要はなく

海外などソフトキーボードを利用する場合は

ある程度の画面サイズが必要になることから

特に海外では大画面スマホが人気のようだ。

iPhone SEも一部では人気だけど思ったほど売れてない感じ。

男性などポケットに入れる層に人気という感じか。

 

ファブレットは既に懐かしい

昔の言葉になってしまっているんだな。

2画面スマホなんてのもあったし

これまでスマホやタブレットはいろいろチャレンジして

今の形が出来上がってきたのだろうな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM