無料Wifiの利用とセキュリティ

  • 2017.04.30 Sunday
  • 00:19

昨日か一昨日かインプレスのINTERNET WATCHで

無料WifiでのVPN利用についての記事が上がっていた。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/1057386.html

この記事を見てドキッとした。

僕はわりと無料Wifiサービスを利用する。

ただこれまであまりセキュリティは考えることなく

普段のスマホ利用と同じように利用してきた。

VPN自体は利用を検討しているがセキュリティのためではなく

自宅の機器をスマホで利用するためであり

セキュリティは明らかに疎かにしてきたんだなと。

 

1月にハワイ旅行へ行ったけど

ハワイには無料Wifiが多く提供されている。

ハワイ 完全版2018 (JTBのムック)

ハワイ 完全版2018 (JTBのムック)

アラモアナセンター、ロイヤルハワイアンセンターに

宿泊したシェラトンワイキキ、

利用したJTBのラウンジやプラザなど

無料Wifiをことごとく利用した。

このうちJTBはSSIDにパスワードがあったけど

それ以外はパスワードがなくて

ログイン認証で利用することが出来る仕組みだった。

これだとWifi自体にはセキュリティがかかってないケースが多い。

情報が盗まれるリスクがあるようだ。

ノートンのブログなどに気をつける点があったけど

Windowsパソコンを利用するときなどは特に気をつける必要がありそう。

 

そして普段でも実は無料Wifiを使ってる。

auのiPhoneを利用しているためau Wifiに普段勝手に接続される。

またイオンではイオンWifiを利用しておりこれまた接続される。

無料Wifiはパケット通信を節約することが出来るため重宝しているが

一方でセキュリティリスクはつきまとう。

これまで全然考えていなかったけど気をつけるべきだろう。

au Wifiはセキュリティがあるから大丈夫だろうがイオンのは微妙。

ウイルス対策会社のVPNサービスなどを利用するのは

対策の1つといえるかもしれない。

年間3000円くらいは高いけど高くないとも・・・。

そもそも無料のVPNってのがあっても

そのセキュリティのほうが逆に問題だったりするから

本気でセキュリティ考えるなら有料のを選ぶべきなんだろう。

特に海外のVPNとかはそれ自体スパイウェアみたいな場合もあるからね。

 

自宅にVPNルーターを設置して

利用する方法もある。

TP-Link Safestream VPNルーター ギガビット デュアルWAN対応 IPsec/PPTP/L2TP対応 高速通信 耐雷サージ 強固なファイウォール機能 5年保証 TL-ER6020

TP-Link Safestream VPNルーター ギガビット デュアルWAN対応

IPsec/PPTP/L2TP対応 高速通信 耐雷サージ

強固なファイウォール機能 5年保証 TL-ER6020

僕がいま検討をしているのはこの方法だが

これは敷居がものすごく高い。

まずVPNルーターを買う必要がある。

iPhoneから利用出来るようL2TPに対応した製品が必要で

それはちょっと高めだ。

またスマホから自宅VPNルータにアクセスするために

ネットワークを一部解放する設定を行う必要がある。

それも結構ネック。

セキュリティのためだけにこれだけの投資は無駄で

本来のVPNのスマホを使いながら自宅と同じ回線という

メリットを利用できなければあまりお得は言えないのでは。

僕の場合は自宅でPC録画してネットワークカメラなど使って

それらの活用にVPNが役立つと思っているわけだけど。

同じようなサービスはniftyのスマートサーブでも提供される。

http://smartserve.nifty.com/

機器レンタルだが設定がかなり簡単に利用出来る。

反面複数機器から利用する場合は割高になるけどね。

 

悪意を持つ人がどれだけいるか分からないが

海外旅行などは本当に気をつけるべきかと。

そうそうVPNは

セキュリティ対策、拠点間接続など以外にも

国限定サービスを利用する際にも利用するケースがある。

例えばアメリカ限定のネットサービスを日本から利用する場合

アメリカのIPアドレスのVPNに接続したり

逆に海外に駐在する人がTVerやAbemaTVなど

日本からしか使えないサービスを使う場合など

日本のIPアドレスのVPNを使うなどだ。

それらもVPNと呼ばれているため

利用目的によってもVPNは様々な顔をみせる。

結局は同じものだけどサービスを契約したりする場合は

どういう目的で使うサービス化をチェックしておきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミドルハイスマホ

  • 2017.04.29 Saturday
  • 00:23

SIMフリースマートフォンは

1万円台から10万円近いモデルまで

様々なモデルがある。

売れ筋は2万円台から3万円台のモデルだ。

昨今は2万円台のコストパフォーマンスが向上してるが

より最新機能が搭載される3万円台こそ

長く使えてハイエンドなみにパフォーマンスがあり

お買い得ではないかと思う。

 

この1年間で気になったミドルハイクラスのスマホを見てみたい。

HuaweiはP9 Liteが人気だったけど

カメラ性能の高いP9もかなり気になっていた。

Huawei P9 SIMフリースマートフォン (グレー) 【日本正規代理店品】EVA-L09-GREY

Huawei P9 SIMフリースマートフォン (グレー)

【日本正規代理店品】EVA-L09-GREY

ただこれはハイスペックだけど4万円台と高いのが難点。

これが3万円台ならばと何度思ったことか。

 

昨年夏といえばZenfone3も発売された。

国内版 ASUS Zenfone3 ZE520KL ホワイト 3GB 32GB

国内版 ASUS Zenfone3 ZE520KL ホワイト 3GB 32GB

Zenfone2 Laserは大ヒットしたけど

Zenfone3は価格帯も高くてそれほどヒットしてない気がする。

Zenfone3 Laserはそこそこヒットしてるが

Huawei P9 Liteに比べると5000円以上高くて苦戦気味。

Zenfone3は3万円ほどで出ればヒットしただろうけど

海外での販売価格と国内での販売価格の乖離が

ASUSの場合は大きくて書いづらくなっている。

ASUSが駄目ってよりも日本法人が駄目な感じだが・。

 

一方でHuaweiは昨年夏にP9とP9 Liteを出したのに

そのライバルになりうるモデルをもう発売している。

nova liteとnovaの2モデルは大ヒット。

NovaはミドルハイモデルでP9に近いスペックでもあり

なかなか良さそうだ。

Huawei 5.0型 nova SIMフリースマートフォン ミスティックシルバー 【日本正規代理店品】 NOVA/MYSTIC SILV

Huawei 5.0型 nova SIMフリースマートフォン ミスティックシルバー

【日本正規代理店品】 NOVA/MYSTIC SILV

ただnova liteのコストパフォーマンスが高すぎるため

novaは影に隠れてしまってる感じだなあ。

あとP9にはカメラという売りがあったけどこれはハイスペックだが

若干物足りなさを感じる。

 

今僕が気になるミドルハイは

モトローラのMoto G5 plus。

モトローラ SIM フリー スマートフォン  Moto G5 Plus 32GB ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5 Plus 32GB

ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

昨年夏のMoto G4 PlusはDSDS端末として人気だったけど

その後DSDS端末ばかりになり優位性は消えてしまった。

Moto G5 plusはGalaxy S7譲りのハイスペックカメラが特徴。

SIMフリースマホでこのクラスのカメラはかなり最上級で

それをハイエンドではなくミドリハイモデルに搭載したのはいい感じ。

RAMも4GBと性能が高いし

G5の価格の安さに目が行きがちだけど本当に買いなのはこっちかと。

 

という感じでミドルハイモデルはいろいろ気になる物が多い。

そうそう昨年ミドルハイモデルだったけど

Android版が出て安くなり買いやすくなったのはVAIO Phone Aだ。

VAIO SIMフリースマートフォン VAIO Phone A シルバー(Android OS 搭載モデル) VPA0511S

VAIO SIMフリースマートフォン VAIO Phone A

シルバー(Android OS 搭載モデル) VPA0511S

結構買ってる人多いんだなあ。

ただ出来ればVAIO Phone A2とかで

もっと最新のスペックの製品を作って欲しいなあ。

安いのは魅力ではあるけど。

 

ということでミドルハイモデルも

次々と新しいモデルが出て

ハイエンドのスペックがミドルハイとなり

ミドルハイノスペックがミドルローの廉価モデルに搭載される。

ただ進化の流れもそろそろペースダウン。

2万円のスマホで十分だと思われてしまったら

売れなくなるわけで3万円台はカメラに力を入れる機種が増えると思う。

Moto G5 plusが魅力なのはそのカメラ機能だ。

HuaweiもP9のようなデュアルカメラを

ミドルクラスに搭載するといいんだけどな。P10はもう発表されたんだっけ。

今年もミドルクラスが盛り上がりそうだ。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホとウォーキング

  • 2017.04.28 Friday
  • 00:22

夕方ウォーキングをする時には

スマートフォンを持ち歩いている。

最近だと3台のスマホを持ち歩いて

それぞれの役割で利用している。

Apple au iPhone6 A1586 (MG4J2J/A) 64GB ゴールド

Apple au iPhone6 A1586 (MG4J2J/A) 64GB ゴールド

メインで利用しているのはau iPhone6。

 

iPhone6では

Apple watch連携、ポケモンGO、GPSログ記録の3点を利用してる。

Apple watchはSeries 2で昨年秋に購入したモデル。

単体では通信機能はなくiPhone6を経由して各種サービスを利用。

ウォーキング時はワークアウトのウォーキングを実施して

歩いた距離や時間などを計測している。

ポケモンGOは主にポケモンGo plusで利用。

Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)& 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマートフォン壁紙 配信

Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)&

【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマートフォン壁紙 配信

最初に設定した後はポケモンGo plusで

モンスターを捕まえたりポケストップにアクセスしたりしてる。

GPSログはGeographicaというアプリを利用して記録してる。

ただ機能的にはスマートウォッチと重複してるので

いずれは記録しなくなるかもしれない。

 

205SHはソフトバンクのスマホ白ロム。

シャープ SoftBank AQUOS PHONE ss SoftBank 205SH シルキーピンク

シャープ SoftBank AQUOS PHONE ss

SoftBank 205SH シルキーピンク

以前安く売られてて購入したもの。

ウォーキング時の音楽プレイヤーとして利用してる。

かつてはGPSログを山旅ロガーPROで記録してたが

最近はiPhone6で利用しており音楽プレイヤーのみとして利用してる。

コンパクトなのが魅力だけど夏はどうするか迷うな。

 

Nexus5XはY!モバイルのデータSIMを利用。

LG-H791 Nexus 5X CARBON 32GB 並行輸入品

LG-H791 Nexus 5X CARBON 32GB 並行輸入品

Nexus5Xに関してはネット端末とカメラとして利用。

iPhone6が様々なアプリを利用しており

カメラやブラウザアプリを起動すると

バックグラウンドのポケモンGOなどが落ちやすいので

ネット端末としてこれを利用してる。

誰もいない堤防沿いの道などではネットニュースを見たりしてる。

 

これらの装備は冬でウェアを来てポケットがあるから

問題なかったんだけど夏になって薄着になると困る。

[タトンカ] TATONKA NEWネオプレンジップバッグ AT2541 ブラック (ブラック)

[タトンカ] TATONKA NEWネオプレンジップバッグ

AT2541 ブラック (ブラック)

ワンショルダーバッグにスマホホルダーをつけてるので

胸ポケットなどがなくてもスマホ1台は持てるけど

他のスマホをどうするかな。

スマホホルダーは2つあるので2台のスマホは持てる。

音楽プレイヤーをNexus5Xで利用すれば大丈夫かな。

ともかく夏は3台もとても持てないので

減らすことを考えたい。

iPhone6だけでも問題無いと思う。

GPSログはApple watchで記録出来るから

ポケモンGoとネット端末+音楽プレイヤーなら大丈夫かなと。

 

ということで薄着になる夏に向けて

ウォーキング時のスマホの見直しをしないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

gooのスマホ

  • 2017.04.27 Thursday
  • 00:18

gooと言えばYahooとともに

日本の検索サイトの草分け的な存在で

かつては僕も利用していたことがある。

最近はYahooやGoogleへの集中が進み

存在感があまりなくなってしまった。

ただまたこのところ名前を聞くことが増えている。

それがはgoo Simseller。

NTTレゾナントのサイトのようだが

ネットショップで有名なNTT-Xストア持つ会社だ。

そこがOCNモバイルONEと端末のセット販売を行っている。

 

gooのスマホは独自ブランドのスマホ。

コストパフォーマンスの高さでg07が人気だったけど

今は次のg07+が5月に発売されるようだ。

gooのスマホ g07+ (グーマルナナプラス) 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM, ブラックパネル)

gooのスマホ g07+ (グーマルナナプラス)

【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM, ブラックパネル)

g07と同じくCOVIAのSIMフリースマートフォン。

スペックはマイナーアップデートにとどまってるけど

2万円そこそこの価格ながら

○DSDS対応

○RAM3GB/ROM32GB

○指紋認証・USB Type-C対応

となかなかのスペックだ。

特にDSDS対応で32GBのROMというのは利点。

というのもこのクラスのDSDS端末は

2枚のSIMカードを利用するとmicroSDスロットが使えない。

つまりDSDSの恩恵に授かると外部メモリが使えず

内部メモリだけでやりくりする必要があり大変なんだ。

モトローラ SIM フリー スマートフォン  Moto G5 16GB ルナグレー 国内正規代理店品 PA610105JP

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5 16GB

ルナグレー 国内正規代理店品 PA610105JP

Moto G5もDSDS対応だけど16GBのROMなので

厳しそうだなと思ってたけどg07+はその辺りよく考えられている。

DSDS端末は32GB以上必須にしてもらいたい。

あるいはSIMとカードを別スロットにするかね。

 

あとこのgooのスマホの場合は

契約しなくても端末を購入することが出来るのが利点。

例えばMVNO向けに販売されているHuawei nova liteなどは

MVNOと契約したりしてたりしないと買えない場合が多いが

gooのスマホではSIMパッケージとのセットで買える。

HUAWEI nova lite 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM, ブラック)

HUAWEI nova lite 【OCNモバイルONE SIMカード付】

(音声SIM, ブラック)

厳密には契約前提での販売だけど購入時に申し込みは不要なので

端末目当てで購入することも問題なく可能。

Amazonでも手軽に購入することが出来るので便利だ。

 

OCNモバイルONEは以前短期的に使ってたけど

利用開始月無料という特典があり

その点他よりお得感がある。

一方でデータ通信などは1日○○MBというプランが多いので

平日あまり使わず土日に利用が多い自分には向いてなかった。

一方でOCNのネットを利用していれば

200円ほど安く利用できるのは大きな利点。

以前僕はOCN光を使ってたらからその頃にあれば

利用していたことだろう。

 

ということで端末購入の際に今後も検討していこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Nexus5X

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 00:22

Nexus5Xを購入したのが昨年の12月末。

もうあれから4ヶ月になる。

LG-H791 Nexus 5X CARBON 32GB 並行輸入品

LG-H791 Nexus 5X CARBON 32GB 並行輸入品

以前から欲しいと思っていたけど

昨年末に買ったのは今年1月のハワイ旅行のためだった。

既にハワイ旅行は終わってしまったけど

今もカメラとしてサブスマホとして活躍している。

 

ハワイ旅行時はプリペイドSIMを利用した。

ZIP SIMというのを使ったけど

繋がるまで時間がかかったなあ。

ZIP SIM 通話+SMS+データ通信500MB、7日間 アメリカ用プリペイドSIM (※旧名称 READY SIM 2016年4月より商品名・パッケージが変更となりました)

ZIP SIM 通話+SMS+データ通信500MB、7日間

アメリカ用プリペイドSIM (※旧名称 READY SIM

2016年4月より商品名・パッケージが変更となりました)

でも一応利用できたけどね。

このSIMはT-mobile USのMVNOなわけだが

対応する周波数帯はLTEのBand2/4/12。

主にBand2/4でこれに対応するスマホは

国内のMVNO向けSIMフリースマホにはあまりなく

SIMフリーのiPhoneなら問題ないが価格は高くて

そんななかで比較的買いやすかったのがNexus5Xだった。

ほかのは5万円以上のばかりだったんだな。

アメリカSIM h2o by KDDI MONTHLY$30 初月料金コミコミパック LTE通信1GB・通話・テキスト・データ・国際通話も全部コミコミ!

アメリカSIM h2o by KDDI MONTHLY$30 初月料金コミコミパック

LTE通信1GB・通話・テキスト・データ・国際通話も全部コミコミ!

今度ハワイへ行く時はAT&T系のh2oのプリペイドSIMを使おうかと。

これもBand2/4への対応必須なので2年後くらいになりそうだが

その時にも活躍してくれるかなと思う。

 

海外旅行での利用以外だと

DJI OSMO mobileで活躍している。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile 3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile

3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

DJI OSMOも持っているがそのモニタースマホとしても使っている。

ただDJI OSMO mobile+Nexus5Xのほうが手軽なので

利用機会はずっと多いけどね。

Nexus5XはDJI OSMO mobileのカメラとしては最適だ。

カメラのセンサーは大きくカメラ性能は高い。

ただ1080/60pでの撮影は出来ないけどね。4k30pは可能だ。

元々Nexus5Xの動画撮影は手ぶれ補正機能がないので

あまり高く評価されてないけど画質は良かったんだ。

DJI OSMO mobileなどの3軸ジンバルを利用すると

手ぶれ補正がない欠点が克服されていい感じで撮影出来る。

 

あとはSIMカードを入れて

サブスマホとして利用している。

ウォーキングの時に持っていくことがあるかな。

使っているSIMカードはY!モバイルのデータSIM。

ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット ナノ(iPhone5~7他対応)音声通話/データ通信共通(契約事務手数料 無料) ZGP681

ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット ナノ

(iPhone5~7他対応)音声通話/データ通信共通

(契約事務手数料 無料) ZGP681

通常月額980円で月1GBのデータプランが利用可能だが

Yahoo!プレミアム会員ならば月額500円で利用出来る。

ヤフオク出品とか盛んに利用する人にはオトクなSIMと言える。

ドコモやAU回線のはあるけど

ワイモバイル回線は実質ソフトバンク回線なので

一応ドコモやAUとは別の回線が持てるってのも利点かなと。

 

今はDJI OSMO mobileでの撮影と

ウォーキング時のサブスマホとして利用中。

いいスマホだと思うけど今新品で買う必要はないかなと思う。

中古で安く買えるのならありかな。

まあ3万円以上出すのなら

モトローラ SIM フリー スマートフォン  Moto G5 Plus 32GB ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5 Plus 32GB

ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

スペックやカメラ性能の高いMoto G5 Plusを買いたい。

ただアメリカに適した周波数帯には対応してないけどね。

 

ってことで当分はNexus5Xは使っていこう。

多分もう売ることはないかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テザリングと料金

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 00:17

先日ケータイウォッチの記事で

大手キャリアのテザリングについて書かれていた。

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1054560.html

大手キャリアの場合はテザリングが基本月額500円。

大容量プランの場合は月額1000円。

ただ2年間は無料だったり一定時期まで無料となっている。

大容量プランの無料時期が2017年4月なので

延長されるのかどうかが注目されている。

以前は普通のプランのテザリングも月額500円で一定時期まで無料だったが

その後2年間は無料ってルール変更になった。

ドコモやソフトバンクはほぼ無料化してるようだけど。

 

大容量プランはスマホで利用するにはいいが

PC利用などはされたくない。

出来るだけ余らせて欲しいってのは

大手キャリアの望むところだろうから

だからテザリングは有料ってのが前提にあるんだろうな。

テザリングを利用してPC利用する人は

ヘビーユーザーだから出来れば避けたいのだろう。

MVNO向けの大容量プランならテザリング制限はない。

【Amazon.co.jp限定】 [iPhone5~7 / Galaxy S6 / Xperia Z3~Z5 他対応] DMM mobile SIMカード データ通信専用 nanoSIM 月額440円~ DDN001

【Amazon.co.jp限定】DMM mobile SIMカード

データ通信専用 nanoSIM 月額440円~ DDN001

ただ大手キャリアにはない速度低下などがあるから

快適性ではどうしても大手キャリアに劣ってしまうけどね。

 

そもそもテザリングって

そんなに利用されているのだろうか。

僕はAUのiPhone6を利用しており

テザリングオプションを申し込みしているが

ほとんど利用したことがないな。

使えるかテストしたことはあるけど

持ってるスマホなどは全部MVNOのSIMが入ってるし

PCとかタブレットは持たないし例え使うとしてもWifiがある。

テザリングして他の端末を接続するのは面倒で

MVNOのSIMを手軽に利用できる今となっては

利用する機会はほとんどないのではなかろうかと。

 

MVNOとテザリングで言えば

ドコモの白ロムだとテザリングが出来ない。

G2 L-01F docomo [Lunar White]

G2 L-01F docomo [Lunar White]

今持っているL-01Fもそうだけど

テザリング時にAPNがSPモードにロックされるようだ。

ただ最近のモデルにはこのMVNOでのテザリング制限は

ないという情報もあるのでもう撤廃してるのかもね。

あとiPhoneではそうした制限はないからね。

同じドコモのmoperaUですら利用できないってのは

とんだ欠陥だったわけで撤廃されたのならそれは良いかと。

数多く発売されているSIMフリー端末なら

モトローラ SIM フリー スマートフォン  Moto G5 Plus 32GB ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5 Plus 32GB

ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

そうした制限はなく利用できると。

 

テザリングといえば

Wifiテザリング、Bluetoothテザリング、USBテザリングがある。

Wifiテザリングが一般的だけど

Wifiが飛びまくっているところだと混信してしまうことがあり

Bluetoothならそれもなく快適に使えるようだ。

USBは有線なのでさらに快適だがPCでの利用が一般的。

僕はWifiテザリングしか利用したことがない。

でもテストでBTテザリングは試したっけ。

 

ともかくテザリングは出来ればいいけど

実際使うことはないかなあ。

まあメインでAUスマホを使ってて

MVNOでドコモを使っていたりした時

AU回線がダウンしてたりしたら

テザリングを利用するって場合もあるか。

トラブルが起きた時の退避先としては

利用価値がある感じだろうか。

それ以外では今やスマホがメインなので

利用することがないからあまりこだわりはないかな。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラ性能の高いSIMフリースマホ

  • 2017.04.24 Monday
  • 00:18

新しくSIMフリースマホを買いたいと考えてて

安いモデルにするかどうするか検討している。

何を求めるかと考えてカメラ性能が高いスマホがベストかと。

昨今2万円前後でもSIMフリースマホが売られてるが

悪くはないけどiPhoneなどに比べると劣る。

でももう少し出せばかなり優れたカメラを持つ

SIMフリースマホもある。

 

去年夏に発売されて気になったのは

Huawei P9だろうか。

Huawei P9 SIMフリースマートフォン (グレー) 【日本正規代理店品】EVA-L09-GREY

Huawei P9 SIMフリースマートフォン (グレー)

【日本正規代理店品】EVA-L09-GREY

2つのカメラを搭載しており

カラーとモノクロのセンサーで撮影した映像を合成して

1枚の写真とするようだ。

立体感ある写真が撮影出来ることだけど

Huawei Mate9がそのデュアルカメラの強化版ってことで

むしろそっちのほうが気になるかも。

どちらも価格はかなり高め。

P9は既に後継機種P10が発表されているけど

国内ではまだ発表されていないんだな。

既に半分型落ちなので安くなればいいけど

そう安くなってないしどうかな。

 

最近発売された製品だと

モトローラのG5 plusが断然気になる。

モトローラ SIM フリー スマートフォン  Moto G5 Plus 32GB ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5 Plus 32GB

ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

デュアルピクセルAFを搭載。

レンズはF1.7ということで

Galaxy S7と同じカメラユニットを採用してるようだ。

Galaxy S7は昨年iPhone7とともに

高画質カメラとして評価が高かった機種。

そんなハイエンドモデルのカメラユニットが外販されたのか分からないが

それに近い高画質写真を撮影出来るようだ。

38000円台の価格は決して高くはなく

むしろハイエンドカメラの性能が使えるのなら安いと感じるほど。

SIMフリーとしては格別のカメラを持つと言えるだろう。

 

現状興味があるのはこの2台、Mate9を入れると3台か。

もちろんSIMフリーという条件なら

iPhone7やiPhone7 plusも候補になりうるけど

予算的に完全にオーバーなので

どうするか考えるとMoto G5 plusが価格的に

1つ頭抜けて有力かなと思う。

防水とかもう1つ何か利点があれば即買いなんだけど

カメラだけでは衝動買いは出来ないな。

まあ1年2年先にはさらに高性能で安価な

SIMフリースマホが登場するわけだが

今欲しいから今購入できる範囲内で検討して

自分の中で納得できれば購入したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大手キャリアからMVNOへ

  • 2017.04.23 Sunday
  • 00:15

かつて大手キャリアはMNP優遇で

キャシュバックや一括0円など乱発していた。

それを利用すればiPhoneなども

かなり安く契約することが出来ていた。

しかし2014年春くらいからそれは縮小を始めて

2015年の春商戦くらいを最後に姿を消した。

その後実質0円となり今では実質0円すら姿を消してしまった。

2年前に安くスマホを契約した人は

今どうするか悩んでいることだろう。

大手キャリアを継続するかそれともMVNOへ行くか。

 

2年前にMNP一括0円で契約した人は

月額コストは2500円から3500円くらいだったと思う。

それが今大手キャリアで機種変更やMNPで契約すると

だいたい月額6000円から7000円へと支払い金額は跳ね上がる。

学生に限れば多少安いプランはあるけど

そうじゃなければ高いプランを受け入れないといけない。

その代わり最新のiPhone7が手に入るというのは利点ではあるけどね。

docomo版 iPhone 7 32GB ローズゴールド MNCJ2J/A 白ロム Apple 4.7インチ

docomo版 iPhone 7 32GB ローズゴールド

MNCJ2J/A 白ロム Apple 4.7インチ

月額6000円以上ものコストをかけたくない場合は

サブキャリアかMVNOへ行くしかない。

 

サブキャリアであるY!モバイルとUQモバイルは

この春にiPhone SEを取り扱い始めて魅力となった。

ただiPhone7は取り扱っていない。

価格は3980円からだがキャンペーンなどで2980円から利用可能。

かなり競争が激しくなっており

今AUを契約している僕はワイモバイル辺りを候補に入れて検討している。

2年契約が新たに必要になるわけだが

iPhone SEとはいえ最新端末が買えるのは利点となりうる。

UQモバイルもY!モバイル対抗を明確にしていて

魅力的になりつつある。

ただどちらもデータ通信量が増えると価格が跳ね上がる。

通信を多く利用する場合は大手キャリアのほうが安い場合もあるほどだ。

 

とことん安くするならばMVNOサービスへ行くのが良いかと。

2年前に契約した人だとiPhone6を利用している人が多いだろう。

iPhone6はSIMロック解除できないので

ソフトバンクの場合は移行できる先が限られるが

ドコモやAUの場合はMVNOでその端末をそのまま利用出来る。

新たな端末購入しなければ負担は大きく減らせて

月額1700円ほどから利用することが出来る。

僕が利用してるMVNOのmineoはおすすめの1つだ。

ドコモ回線とAU回線に対応しており

どちらのiPhoneでも利用することが出来る。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード

データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

エントリーパッケージを買って申し込みすれば

初期費用を大きく抑えることが出来る。

また紹介キャンペーン中で紹介URLを経由して申し込みすれば

3ヶ月利用でmineoメールに2000円のAmazonギフトコードがもらえる。

http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F0J8C2U1R8

僕の紹介URLはこちら。是非。

店頭で申し込みをする場合は紹介者の契約番号が必要になる。

[09053105309]この番号なのでもしよければ使って欲しい。

 

僕も今年秋に更新月を迎えるのでどうするか迷ってる。

iPhone6をそのまま使うかどうか。

使うならMVNOが一番安い。

サブキャリアも魅力だ。

大手キャリアは割高だけど最新iPhoneを買うならそれしかない。

大手キャリアが2年前の条件ながらばMNPして

安く契約するんだけどなあ・・。

ベストな選択をとれるよう情報収集して検討を続けよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMフリースマホと価格競争

  • 2017.04.22 Saturday
  • 00:15

昨今多くのSIMフリースマホが登場して

MVMO向けで人気となっている。

その競争は非常に激しくて昨年発売されたモデルは

既に型落ち扱いで価格が下がり最新モデルに注目が集まっている。

そのライフサイクルはメーカーの予想を超えているのか

とにかく移り変わりが激しい。

まともについていってるのはHuaweiくらいで

その他のメーカーは対抗できていない。

 

大手キャリアのスマホは

キャリアの施策で価格が変わることはあれど

基本的に端末の価格というのは最初から最後まで同じ。

だから新品価格が大きく下がることはない。

iPhoneなんかは施策もあまり変わらないので

いつ買っても価格が同じなので安心して購入できる。

その代わりとても高いけどね。

MVNO向けのSIMフリー端末は

その端末価格で買うことになるので価格に対してシビアになる。

型落ち扱いになると一気に売れなくなるので

メーカーや販売店などは値下げせざるを得ない。

 

最近モトローラからG5 Plusが発売されたが

その旧モデルのG4 Plusは昨年夏のスマホだ。

Motorola(モトローラ) Moto G4 Plus SIMフリースマートフォン ホワイト 【国内正規代理店】 & BIC SIM セット

Motorola(モトローラ) Moto G4 Plus SIMフリースマートフォン

ホワイト 【国内正規代理店】 & BIC SIM セット

35000円くらいで売られててミドルスペックで人気だったけど

今は22000円台まで下がっている。

後継機種Moto G5 Plusが発売されて型落ちとなったためだ。

在庫処分を進めて最新モデルを売っていきたいのだろう。

Huaweiもnova liteが大ヒットしているけど

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-WHITE(ホワイト)【IIJmio みおふぉんセット】

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン

VNS-L22-WHITE(ホワイト)【IIJmio みおふぉんセット】

昨年夏モデルで大ヒットモデルのP9 Liteは処分価格だ。

もっともnova liteが安すぎるのでそれと変わらないため

売れてるのか微妙だけどね。

モトローラとHuaweiは昨年、今年も発売して

型落ちになるモデルを安くしているパターンだ。

このパターンはある意味勝ち組みのパターンと言える。

 

他のメーカーは売れなかったり

あるいはよりハイスペックの端末が安く売られたから

競争により値下げを余儀なくされた製品も少なくはない

FREETEL REIなんかはそれに近い気がする。

というかフリーテルの商品は全部それに近い。

発表会では期待されたんだけどいろいろと完成度が低かった。

あとそれ以上に良くないのは

お店からもメーカーからも見捨てられつつあるスマホ。

mouse SimフリーWindowsPhone (Simフリー/Windows10 Mobile/Office Mobile/大画面 6型フルHD/3GBメモリ/保護シート付)  MADOSMA Q601

mouse SimフリーWindowsPhone (Simフリー/Windows10 Mobile

/Office Mobile/大画面 6型フルHD/3GBメモリ/保護シート付)

MADOSMA Q601

Windows10 Mobileのスマホはどれも価格暴落という感じで

もう見限ってしまったお店やメーカーなどは多そうだ。

 

一方で全くの独自路線というか

地道にやっているのは国内メーカーだ。

FARM06101 [arrows M03 ピンク]

FARM06101 [arrows M03 ピンク]

シャープ SIMフリースマートフォン AQUOS SH-M04-A(ホワイト) SH-M04-A-W

シャープ SIMフリースマートフォン

AQUOS SH-M04-A(ホワイト) SH-M04-A-W

防水やおサイフケータイなどの大手キャリ端末譲りの機能を持つ。

価格帯も3万円以上と他より高いけど必要とするユーザーから人気で

競争とは無縁となっている。

ただ今年はこの無風の領域にも競争が引き起こされると思う。

Huawei辺りは防水やおサイフケータイを検討しているのでは。

安泰とは行かないだろうなあ。

 

こんな状況においてSIMフリースマホの購入はなかなか難しい。

型落ちになると価格が暴落するかもしれない。

じゃあ1年待って安くなって買うのかというと

新しい端末が出てそっちが魅力的になってしまう。

SIMフリースマホはまだまだ進化の途中だ。

特にカメラ機能はさらにアップしていくかと思う。

買い時ってのは難しいなと思う。

そんな状況で僕が欲しいのはモトローラのMoto G5 Plusかな。

モトローラ SIM フリー スマートフォン  Moto G5 Plus 32GB ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5 Plus 32GB

ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

Galaxy S7譲りのカメラはスマホトップクラス。

スペックもこれで十分だと言える性能であり

これを買っておけば満足して使うことが出来るだろう。

1年後2年後に価格はどんなモデルでも落ちるわけで

その時に価値を十分持っているかが重要で

このスマホはその価値があるかと。

 

それにしてもメーカーとかは大変だろうな。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホと防水

  • 2017.04.21 Friday
  • 00:16

スマートフォンを購入する時に

防水の有無はチェックするけど

今はあまり重視しない。

CPUやRAM、カメラ性能などのほうが優先する。

ケータイの頃は防水はかなり重視してたんだけど。

今はポケットに入れっぱなしにして

選択してしまうってことはなくなったからかもしれない。

とはいえ水没リスクは常にあり

防水モデルが理想であることには変わらない。

 

大手キャリアのAndroidスマホは

一部を除けばほとんどが防水モデルだ。

au Galaxy S7 edge SCV33 ホワイト パール 白ロム ギャラクシーS7 エッジ

au Galaxy S7 edge SCV33 ホワイト

パール 白ロム ギャラクシーS7 エッジ

防水、おサイフケータイ、ワンセグ/フルセグが

大手キャリアのスマホの三種の神器的なものでもある。

国内メーカーはもちろんだけど

海外メーカーのスマホでも同様にこれらの機能は

ほとんどのモデルに搭載されている。

それが優位点でもあった。

しかし昨年秋発売のiPhone7では

防水に対応しておサイフケータイではないがFelicaチップも搭載し

Suicaを利用できるようになったことで状況は変わりつつある。

 

このiPhone7の対応ってのは

大手キャリアのAndroidへの対抗であることは明白だが

一方でiPhone7が採用したことで防水が標準化していく可能性がある。

多くのユーザーが防水モデルになれてそれが当然となると

防水を搭載してないモデルが不利になる。

その結果標準機能として防水が当たり前になっていくと。

これまで対応してこなかったメーカーは苦戦を強いられる。

現状SIMフリースマホでは

富士通やシャープなど一部のみが対応している防水。

FARM06102 [arrows M03 黒]

FARM06102 [arrows M03 黒]

HuaweiやASUS、モトローラなどが対応してくるだろうか。

各社とも防水スマホやタブレットは作っているので

その技術は問題無いと思うが価格だろうね。

やはり防水化処理はコストアップにつながってしまうから。

そこまでユーザーが求めるかどうかは

今後防水の必要性が高まるかどうかにかかっている。

現状はまだそれほど高まっていない気がする。

その分のコストをカメラとかに注力したほうが人気が出そうだ。

 

まあ海とかプールに持ち込むならば

防水ケースを使えばいいからね。

【Spigen】防水ケース, [ 防水等級IPX8 iPhoneとAndroid 6インチまでのスマホに対応可能 ] スマホ用 防水ポーチ (A600, Black)

【Spigen】防水ケース, [ 防水等級IPX8 iPhoneと

Android 6インチまでのスマホに対応可能 ] スマホ用

防水ポーチ (A600, Black)

防水モデルといってもずっと水場にいると

浸水してしまうリスクは有るから防水ケースのほうが安心。

そもそも防水では塩水は駄目ってケースも多いからね。

プールの水も不純物が多くて乾いたあとに

消毒成分が残ったりする可能性もありそれが劣化につながることも。

 

僕は以前は防水絶対必要主義だったけど

最近はそうでもなくなった。

それよりもスマホ全体の利便性のほうが重要かなとね。

ただニュースでフェリーから落ちて

防水ケータイから救助の連絡をして助かったとかいうのを聞くと

防水だから助かったんだなあと防水スマホが欲しくなるけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM