Apple TV+

  • 2020.01.24 Friday
  • 20:41

今月始めにiPhone11を購入したけど

先日Appleからメールが来ていた。

Apple TV+を1年間無料で利用できるというもの。

https://offers.appletvapp.apple/ja-jp/

iPhone等のAppleデバイスを購入した人は

Apple+のサブスクリプションを1年間無料で使えるようだ。

この特典を利用できるのは購入して設定後3ヶ月以内。

また1年経つと自動的に月額プランへと移行するようだ。

月額プランは月600円となる。

 

Apple TV+の視聴はスマホやタブレット、PCにApple TVなどがある。

TVで見られるかだけどFire TV Stickは海外では対応したらしいが

現時点で日本のFire TV Stickでは利用することが出来ないようだ。

テレビなどでAndroid TVではTV+アプリが出ていない。

正直言ってテレビで見る環境は殆ど揃っていない。

もちろんAppleのApple TVでは利用できる。

Apple TV 4K (32GB)

Apple TV 4K (32GB)

ただiPhoneの1年サブスク特典を使うためにApple TVを買っても

コレ自体に1年サブスク特典がついているので意味がなくて

どちらかが無駄になってしまうのであまり意味はなさそうだ。

Apple TV+が見たいというのなら別だけど

せっかく無料で使えるなら試して見るなら

スマホやPCで見る程度にとどめておいたほうが良さそう。

 

・・・と思ったらうちのTVで見られるようだ。

Android TVには対応していないけどAirPlay2に対応している。

ソニー SONY 49V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-49X9500G

ソニー SONY 49V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵

Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-49X9500G

SONYの最近のネットワーク対応テレビは

AppleのAirPlayに対応しているようだ。

AirPlayとAirPlay2の違いがよく分からんけど

AirPlay2に対応しているなら多分見られるんじゃないかな。

iPhoneで見つつChromecastのようにTVに送れば

それで再生することが出きるということだろう。

 

ちなみに登録した場合の解約方法だけど

App Storeのアカウントから

サブスクリプションを選択すればTV+の契約が出てくるから

それを解約すれば良いようだ。

コンテンツがよく分からないけど試してみようかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メールプランのプロバイダ解約

  • 2020.01.23 Thursday
  • 19:57

先日プロバイダの契約手続きを行った。

いつから利用し始めたのか忘れていたのだが

2002年から利用していたようだ。

そのプロバイダはWAKWAK。

NTT系のプロバイダだ。

当時PalmやWinCEといったPDAデバイスを利用していて

公衆電話だったり携帯電話を利用して

ダイヤルアップ接続をしてモバイルネット接続をしていた。

そのためにこのプロバイダを契約したんだった。

しかしその後モバイル接続は利用しなくなる。

一方でWAKWAKメールはプロバイダメールとして

様々なネットアカウントの登録などに利用していたため

メールプランとして契約を残してその後利用し続けてきた。

 

ネット回線のプロバイダは

1999年に地元のCATVインターネットを利用し

その後はOCN光へと乗り換えて今は電力系のネット回線を利用している。

ネット接続で利用してるプロバイダのメールは

変更したりするとアカウントなどの登録を変更する必要があったため

ネット接続関係なく利用してたWAKWAKのメールアカウントは重宝していた。

そのため非常に長い期間利用することとなった。

50MBのホームページアカウントもあったけど

時代はHPからブログへと変わっって結局利用することはなかった。

かつてヤフオクで利用してたメールアドレスでいろんなネット登録で使ったので

多分いろんなリストに載っているのか迷惑メールが桁違いに多い。

ただこのメールに集中して他のメールアカウントはクリーンなままで

ある意味防壁的な役割も果たしていたかなと。

 

ところ近年はGmailの利用が増えてきたため

プロバイダメールアドレスを使わなくなっていく。

むしろたくさんアカウントを関連付けたため

必要なくても手軽に解約できなくなってしまって

面倒だからとそのまま継続して利用してきた。

ただこれでは駄目だと昨年秋からアカウントの整理を行う。

1つ1つメールをWAKWAKからGmailへと変更していき

あらかた終わったためいよいよ解約手続きを行った。

一応今月末で解約となるようだ。

料金は200円+税で今は月額220円だった。

18年ほど利用したけど5万円弱使ったことになるのかな。

 

ところでプロバイダメールはPOP3メールってやつだけど

メールサーバーの容量は確か1GBと決められている。

Webメールのように使っているとメールサーバーにメールが残るので

大量の迷惑メールによって2ヶ月位経つとサーバー容量が一杯になるよとメールが来ていた。

メールはThunderbirdで時々ダウンロードしていたけど

そのままだと迷惑メールだらけなのでPOP3Fileという

メール分類ソフトを介して利用していた。

迷惑メールを分類してタグ付けしてくれるもので

Thuderbirdの設定で自動的にゴミ箱送りにすることが出来るもの。

便利だったけどPOP3メールを使わなくなるので今後は使う機会はなくなりそうだ。

 

GmailはPCとスマホと

どちらでも共用して見ることが出来て便利。

メールはなくならないと思うんだけど

Gmail、Outlookメール、Yahoo!メール、携帯メールくらいで

他のメールは利用しないかな・・と。

 

Anker PowerCore 10000 (モバイルバッテリー 10000mAh 最小最軽量 大容量)【PSE認証済/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 *2019年12月時点 (ブラック)

Anker PowerCore 10000 (モバイルバッテリー

10000mAh 最小最軽量 大容量)【PSE認証済/PowerIQ搭載】

iPhone&Android対応 *2019年12月時点 (ブラック)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットラジオと端末

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 22:36

インターネットラジオはかなり前から利用している。

僕は昔ラジオが好きでよく聞いていて

インターネット環境を整えたときに

海外のラジオ番組などの配信を聞いたりするのが好きだった。

パソコンでは遠距離受信ってものはないけど

海外のラジオを聞くことはそれに近い雰囲気を味わうことが出来て楽しかった。

その後聞かなくなっていたけど

radikoが始まってまた聞くようになって

最近また海外のラジオを聞いたりしている。

 

ネットラジオを聞く環境としては

パソコンがあるけどそれ以外にスマートフォンなどが今は多い。

スマートフォンでネットラジオを聞く場合などは

Bluetoothスピーカーなどを利用して聞いたりする。

正直言ってスマホのスピーカーはおまけ程度だからね。

【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

【改善版】Anker Soundcore 2

(12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)

【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 /

IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

ちゃんとしたスピーカーで聞けばステレオ感もあって

音楽などもいい感じで聞くことが出来る。

スマホをネットラジオ端末として使うのは良いけど

携帯ラジオのようなラジオサーバーなる端末も以前出ていた。

PLANEX IoTインターネットラジオ (スライドショー/世界ラジオ/メール機能) MZK-WDPR-R01

PLANEX IoTインターネットラジオ

(スライドショー/世界ラジオ/メール機能) MZK-WDPR-R01

ラズベリーパイをネットラジオサーバーとして使ったりも出来るし

ネットラジオ受信環境はそれほどスペックを必要としてないので

手軽に利用出来たりしていた。

ただ今はこうした製品はあまり出ていない。

 

今人気なのはスマートスピーカーだろう。

各社から出ているスマートスピーカーは

設定さえすればネットラジオを手軽に利用出来る。

Newモデル Echo Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー時計付き with Alexa、サンドストーン

Newモデル Echo Dot (エコードット)第3世代 -

スマートスピーカー時計付き with Alexa、サンドストーン

以前AmazonのEcho dotを利用していたけど

radikoアプリを利用してラジオを聞いたりしていた。

スマートフォンを操作してTUNEINを利用すればいろいろ聞ける。

音声コントロールも利用出来るけど

海外のラジオとかだと英語の発音が悪いのか

うまく認識しないことがあるのが難点だな。英語の発音勉強しないと。

 

日本でもローカルなコミュニティFMなどがあるし

海外などもいろんなジャンルのラジオ局があったりして楽しめる。

僕が好きなのは生放送を行うニュースとか流す曲かな。

ローカルな局とか聞いたりすると地球のどっかから流れてる感がして

なんか凄くワールドワイドを感じて楽しいんだなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリのオファー嫌い

  • 2020.01.19 Sunday
  • 21:29

メルカリは初めての利用は購入側だった。

その後は出品側で利用するようになって

今は出品7割・購入3割といったところだろうか。

始めたのが2018年の終わりだから1年とちょっと利用している。

購入側としてはネットショップを利用するような感覚で

送料込みで手軽に利用出来るのが便利。

出品側としても送料込みは痛いと思ったが

その分高く売れるし送料も提携サービスなどがあり割安。

keep smiling 厚さ測定定規 (頑丈な5mmアクリル) 郵便スケール ネコポス ゆうパケット クリックポスト 定型 定型外郵便物対応 1cm 2cm 2.5cm 3cm 測定可能

keep smiling 厚さ測定定規 (頑丈な5mmアクリル)

郵便スケール ネコポス ゆうパケット クリックポスト

定型 定型外郵便物対応 1cm 2cm 2.5cm 3cm 測定可能

特にゆうパケットとネコポスは安価で便利なので重宝してるし

ヤフオク!の場合は後日システム手数料として送料分がクレジットで引き落とされ

後払いなシステムが嫌だったけど

メルカリは商品到着時に手数料と送料分がひかれた金額が売上金として

出品者の元に入る仕組みで分かりやすくて使いやすい。

 

さてそんなメルカリだけど

便利だけど嫌だなと思うのはオファーだ。

これは出品者か購入者か立場の違いで異なるんだけど

出品者としてはオファーは微妙なシステムだ。

駄目ではないのだが出品者として上限を設定出来ないのが嫌。

オファーを出すときデフォルトで10%引きの金額が提示される。

上限設定は20%となっており

例えば10000円の商品の場合は

オファーボタンを押すと9000円で表示されて

手動入力で8000円まで入力出来る。

オファーをしてくるケースだと8割が上限の20%引きで出してくる。

正直20%引きなどする予定は毛頭ない。

僕は相場で出品をするので時間をかければ初期価格で売れる金額で出すので

20%オファーを出す人は相場より20%引きで売ってくれといってるようなもの。

正直そんな無茶な値引きをしてくるのは論外だと思ってしまう。

上限は10%に設定してほしい。デフォルト表示は5%引きが理想だ。

それなら値引きを考慮して価格に反映すればと思うかもしれないが

それをするとそもそも見向きもされなくなるから厄介だ。

実際購入する側としたら相場より20%も高い商品があれば

お気に入り登録などはしないからね。

 

一方で購入側とするとオファーはコメントでの値引き交渉をせずに済み

ちょっとだけ気楽な値引き交渉という感覚がある。

僕は20%引きオファーは出したことはないけど

7000円の商品に対して6000円オファーをだしたことはある。

10%以上の値引きオファーになるわけだが

この際の心情は2通りある。

1つはとりあえず行っとくかというもので値引きされればラッキーというもの。

もう1つは高いからその値段なら買ってもいいかなというもの。

相場より高めで他の購入価格から見てこれが妥当だろうというケース。

出品者としてやられるのが嫌なのは前者のほうなわけだが

まあ受託せず放置すればいいんだけど人によってはブロックしたりするのだろう。

価格帯にもよるんだろうけどね。

 

値引き交渉はコメントからも行えるんだけど

このコメントからの交渉では稀にとんでもない値引きを要求するケースも見受けられる。

僕はこれまでは無謀な値引きコメントは受けてないけど

他の購入しようとしてた商品のコメント欄に

8000円のに3500円で売ってくれとコメントしてる人がいたときは

正直出品者に同情をしたものだ。

同等の商品が同じくらいの値段で売られているのならまだしも

直近で7000円から9000円で売れてたりするケースなら

1000円OFFで7000円で買えれば幸運だくらいで考えるものだが・・・。

コメント値引きは時々そういう非常識な輩が出るのは嫌だが

出品者としては当然駄目だから躊躇なく断り意外とダメージはない。

20%オファーのほうが個人的にはふざけるなという気持ちが強かったりする。

PayPayフリマはコメント値引き交渉が禁止されているため

値引き交渉はオファーでのみとなっている。

買う側としてはオファーのほうが楽だし売る側としてはコメントのほうがいいのかな。

 

ということでオファーの値引き制限を設けてほしい。

一律10%するのではなく

10%から20%で設定出来るようにしてほしい。

それこそオファーは利用しないって人もいるので

オファー禁止という設定も出来ればと思う。

 

ダンボールワン クッション封筒 ネコポス・ゆうパケット最大 (50枚入り)

ダンボールワン クッション封筒

ネコポス・ゆうパケット最大 (50枚入り)

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロバイダメールアドレス依存の解消

  • 2020.01.18 Saturday
  • 20:39

ネット黎明期の2000年以前のこと

自宅にCATVインターネットを整備した頃

様々なネットサービスの登録において

プロバイダメールは必須だった。

フリーメールは信用されていなかったため

プロバイダのメールじゃないと登録出来ない状況だった。

ネット回線の変更や引っ越しなどがあると不便なので

当時だったか某プロバイダのメールプランを申し込みをした。

メールプランは月額200円+税だったっけ。

あれから20年。今もそれを契約しているのだが

もう解約しようと昨年から準備をしてきた。

 

2020年の今はメールアドレスは

GoogleのGmailで十分。

今は僕はコミュファ光を利用してるけど

コミュファメールはほとんど利用していない。

アカウント登録はGmailばかりでコミュファメールは

そもそもアドレスを覚えておらず来るメールは

プロバイダからのお知らせ程度で意味がない。

MVNOのmineoでもmineoメールが利用できるけど

これもmineoからのお知らせしか来ない。

今やネットショップやネットサービスの登録はGmailを利用している。

PCでもスマホでもどこでも利用することが出来るし

プロバイダメールのようにメールソフト(メーラー)を必要としない。

Shuriken 2018 通常版 DL版|ダウンロード版

Shuriken 2018 通常版 DL版|ダウンロード版

WindowsだとOutlookExpressというのがかつてあって

メールといえばそれを利用してたし有料メーラーを利用してたこともある。

でも今はPCのブラウザでGmailをチェックして

さらにスマホでチェックするのでそもそもメールをダウンロードすることがない。

メールはウェブにアクセスして見るものに変わった。

 

ということでいい加減に解約しようと思っていたけど

様々なアカウント登録で利用していたため

なかなか抜け出せなかった。

楽天やAmazon、Yahoo!など多くのアカウント登録で

それらを利用したっけ。でもそれはもうGmailに変更済み。

去年12月で解約しようと思ったけど少しまだあったので

猶予期間として1ヶ月設けていよいよ今月末で解約する予定だ。

僕はアカウントとしてryoexというものを以前良く使っていた。

その一番最初はそのプロバイダメールアドレスのアカウントで利用したんだ。

RYOで登録しようと持ったら駄目でどうしようか迷って

ExtraのEXをつけたらOKだったのでそれを利用するようになった。

実は今は新しく作るアカウントでは使っていないんだけど

このJUGEMブログも2004年と結構古くて当時はよく使っていたなと。

 

今回そのプロバイダメールアカウントを解約するにあたって

他の使ってないアカウントの抹消も大量に行った。

昔のネットサービスやネットショップサイトなどで

今も生きてるアカウントをチェック。

サービス終了してたらそれでOK。残ってたアカウント抹消。

1つ1つ整理していった。

今も使ってるAmazonや楽天などはメールアドレス変更をして

利用し続けるけど使ってないネットショップなどは多かったりする。

休眠アカウントは自動削除とかされればいいけど下手に残ってると

後々個人情報流出などがあった時に厄介なので削除するのが一番かと。

ということでそれらは12月のうちに終了している。

 

僕にとって今使ってるメールアドレスは

Gmail(3アカウント)

Outlookメール(1アカウント)

この2つの4アカウントのみでほかは登録などで使ってない。

マイクロソフトのOutlookメールは

何かと重宝している。OneDriveでも利用しているアカウントだ。

Yahooメールは全く利用していない。

あまり多いと把握できなくなるのでこれくらいが

ちょうどよいのではないかなと思う。

 

ということで解約忘れないように週明けくらいに

もう解約手続きしてしまおう。20年くらい使ったんだなあ。

愛着はあったけど今は早く逃げたいという気持ちのほうが強いかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料Wifiと認証の厄介さ

  • 2020.01.17 Friday
  • 21:40

昨今無料のWifiサービスは

様々な場所で行われている。

以前は各キャリアが主導となった有料Wifiが多かったけど

訪日外国人が増えたことで一気に無料Wifiが増えていった。

駅や公共施設、ショッピングセンターに商店街など

本当に各地に無料Wifiが増えている。

僕はパケット通信量を節約するためにそうしたWifiサービスを利用している。

 

AUユーザーなのでAUのWifiサービスは優先的に利用する。

コンビニなどでは無料Wifiも用意されているが

au Wifiサービスも行われておりそっちに優先的に接続する。

AU Wifiの場合はスマホアプリで登録しておくことで

自動的にログインして利用することが出来るので便利だ。

駅へ迎えに行き待ってるとスマホの通知音がするのだが

駅にあるau wifiに繋がった音で

モバイル通信のデータ量を抑えて利用することが出来る。

 

キャリアのWifiが使えない場所では

無料のWifiを利用することになるのだが

この場合大きな問題がある。

それはブラウザ認証だ。

無料Wifiの多くはAPNにパスワードが設定されていない。

そのためAPNにアクセスすればWifiへの接続は簡単にできる。

ただそれでネットには繋がらない。

自動でブラウザ認証サイトに繋がりメールアドレスやSNSアカウントなどで

認証を行ってはじめてネットに接続することいなる。

ここで問題なのはWifiが繋がっただけの状態だと

インターネットが一切繋がってない状態になり

この状態で認証を行わないとネットに繋がらない状態が継続してしまうこと。

あと認証サイトはなかなか表示されないことも多い。

スマホを操作してない時に勝手に無料Wifiに繋がり

認証待機状態が続きネットに繋がらない時に

例えばLINEで連絡が来ても当然繋がらないことになる。

Wifiが切れてモバイル回線になるか

あるいはWifi接続したことに気づいて操作して認証をパスするか

どちらかする必要がある。これが本当に厄介で自動認証とかしてくれないものかと毎回思う。

Wifiは1度接続すると自動接続するのも厄介で

無料Wifiなどは設定からい自動接続を解除しておく必要があると。

 

他にも無料Wifiはセキュリティ的な問題をかかえる。

APNにパスワードが設定されていないということは暗号化されていない。

通信が盗み見られる恐れがある。

あと偽物の無料Wifiなどにアクセスしてしまうと情報を盗み取られる恐れもある。

例えばAEONという無料Wifiがあればこれはイオンモールのだからと思うだろうが

SSIDは自由に設定出来るため悪意を持った人がAEONというSSIDのAPNを作り

アクセスしてきたスマホやPCの情報を抜き取ろうとするかもしれない。

国内では少ないけど海外などではわりとそういうのはあるようだ。

情報といっても検索した内容を見られる程度なら良いけど

IDやパスワードなどを盗まれると二次被害は大きくなる。

ネットショップなどを利用してクレジットカード情報など取られたら被害甚大だ。

それ故に無料Wifiではネットショッピングは使わないのが基本と言える。

もし使いたいのならセキュリティサービスを利用する必要がある。

カスペルスキー セキュアコネクション (最新版) |VPN| 1年 5台版 | オンラインコード版 | Windows/Mac/iOS/Android対応

カスペルスキー セキュアコネクション (最新版) |VPN| 1年 5台版

| オンラインコード版 | Windows/Mac/iOS/Android対応

ウイルス対策アプリを提供する各社からWifiのセキュリティサービスが行われてる。

これらはVPNに接続することで通信を暗号化して安全にネットを利用出来る。

VPNはネットサービスを利用しなくても

自宅に設置して利用することも可能だ。

Synology 高機能無線ルーター 800Mbps + 1,733Mbps(11a/b/g/n/ac対応) 高セキュリティ VPN Plus対応 RT2600ac

Synology 高機能無線ルーター 800Mbps + 1,733Mbps

(11a/b/g/n/ac対応) 高セキュリティ VPN Plus対応 RT2600ac

こうしたVPNを利用すると海外旅行中も日本の自宅のVPNを利用することで

日本でしか使えないネットサービスを海外からも使える利点がある。

海外勤務の人が日本のHuluやAmazonプライムビデオを使うとかも出来るようだ。

VPNサーバーはスキルが必要だしPCでも設定次第で可能だけど

1つ設定を間違えると逆に自宅のセキュリティを危うくするので

ネットの有料VPNサービスなどを利用するほうがいいかもしれない。

無料VPNサービス早めておいたほうがいい。むしろ危険だから。

 

ということで今は各地にある無料Wifi。

便利で利用してるけどブラウザ認証の問題がネックだな。

セキュリティはTwitterやInstagram、ニュースサイトを見るだけなら

まあ問題ないんじゃないかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2段階認証

  • 2020.01.14 Tuesday
  • 20:43

ネットショッピングや

ネットサービスなどのアカウント保護に

最近は2段階認証が利用されている。

2段階認証というのは

1段階の認証(IDとパスワード)以外に

もう1段階別の認証手段を用意すること。

とはいえパスワードを2つ用意しても意味がない。

2段階認証の場合は

ワンタイムパスワードを利用するのが基本だ。

 

ワンタイムパスワードの発行方法は様々だ。

電子メール、SMS、トークン、認証アプリ、スマホ端末など。

○電子メールは手軽で低コストだけど

メール自体がIDとパスワードが流出すればログインできてしまうので

あまり意味がないのであまり利用されていない。

お金があまり絡まないネットサービスなどで利用されることが多いかな。

○SMSは携帯スマホのショートメッセージサービスで

電話番号に紐付けてワードが送られてくる。

スマホなどがないと受信出来ないので本人確認などに多く使われている。

格安SIMなどでもSMSオプションのついたデータSIMでも利用可能。

【5,050ポイントバック+月額基本料5ヶ月間半額キャンペーン中】  LINEモバイル格安SIMカード エントリーパッケージ ソフトバンク・ドコモ・au対応※データ通信(SMS機能無し)は使用できません[iPhone/Android共通]

【5,050ポイントバック+月額基本料5ヶ月間半額キャンペーン中】  

LINEモバイル格安SIMカード エントリーパッケージ ソフトバンク・

ドコモ・au対応※データ通信(SMS機能無し)は使用できません[iPhone/Android共通]

SMSはコストが送信コストなどがかかるため

初期登録などで利用されることが多くて

2段階認証として使えるのはYahooやGoogleなどの大手に限られる。

○ワンタイムパスワードトークン

ワンタイムパスワードを発行する専用のハードウェアだ。

以前はネットゲームなどで多く使われていた。

最近だとネットバンクなどで多く使われている。

オンラインゲーム用ワンタイムパスワードトークン 「BRUCE KEY」ブルースキー

オンラインゲーム用ワンタイムパスワードトークン

「BRUCE KEY」ブルースキー

これは初期コストがダントツ高いのがネックになる。

1度導入すればセキュリティはとても高い。

多くのネットバンク事業者が利用している。

○認証アプリはワンタイムパスワードを発行するアプリだ。

GoogleやMicrosoft、IIJなどが汎用の認証アプリをリリースしている。

スマホアプリがワンタイムパスワードを発行し続けており

ログイン時や決済時などに入力することになる。

スマートフォンユーザーなら手軽に利用できるし最近利用が増えている。

僕自身GoogleアカウントやAmazonアカウントに利用している。

UFJ銀行のように銀行アプリに独自のワンタイムパスワードを発行する場合もある。

○スマホ端末というのはGoogleやAppleが提供してる方法で

スマートフォン端末にワンタイムパスワードを送ってくる。

スマホOSを持つこの2社にしか出来ない機能と言える。

OSにそういう機能が備わっているんだろうな。

・・・・・

以上はすべて利用したことがある。

 

という感じで2段階認証方法はたくさんあるが

僕は利用したことはないのだがもう1つある。

例えばTwitter。

Twitterはログイン時に2要素認証というのが有効にできる。

SMS、認証アプリ、セキュリティキーの2つに対応していて

SMSと認証アプリは上で説明したとおりだけど

セキュリティキーはPCブラウザでログインをする際に

物理的なセキュリティキーを接続するようだ。

USBメモリ的なものがあるんだろうか。

Yubico セキュリティキー - U2F / FIDO2, USB-A, 2段階認証

Yubico セキュリティキー - U2F / FIDO2, USB-A, 2段階認証

多分こうしたデバイスを接続することで認証をするようだ。

なんか海外ドラマでCIAとかにログインする際に

こうした物理キーを使ってログインしてるのを見たけど

そういうのはあるんだな。

ただ企業とかで使ってる人ならいるだろうが個人ではあまりいなさそう。

特別なサイトのログイン用とかでならあるのかもしれないけど。

 

ということで2段階認証について書いてみたけど

そもそもこの2段階認証が広がったのは2つの理由がある。

1つは

IDとパスワードが流出する可能性があるから。

大手は厳重に保管しているけど0%とは言えない。

仮に流出してログインされたらサービスに寄ってはダメージが甚大。

もう1つは

同じIDやパスワードを使いまわししてる人が多いこと

どうでもいいアンケートサイトのIDとパスワードが盗まれたと。

それと同じIDとパスワードをネットショッピングやネットバンクでも設定してたら

とんでもなく被害が広がってしまう。

この場合悪いのはIDとパスワードを盗んだ人と同じIDとパスワードを設定してた人だが

盗まれた人は自分以外がログインしたとお店や銀行に被害を訴える。

実際そういう事例が相次いでそれで二段階認証が行われるようになったと。

簡単なパスワードは駄目と言われててもそれを設定してる人が多いし

IDとパスワードの使い回しは駄目だと言ってるのに使ってる人は多いということ。

 

ということで多くのネットサービスで

アカウントを持っているんだろうけど

重要度の高いお金や個人情報が絡むものについては

可能な限り2段階認証を設定しておきたい。

Google、Apple、Amazon、Yahooなどなど・・・。

そういえば楽天って2段階認証ってあったっけ。

クレジットカード情報とか保存してると勝手に買われてしまうんじゃね?。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログと動画

  • 2020.01.10 Friday
  • 20:33

ブログに写真を貼り付けるのは簡単だ。

JUGEMの場合は写真アップロードに対応してるため

PCからアップロードをして貼り付ければ良い。

スマホからも可能だが縦横が狂ってしまうことがあるし

サムネイルがうまく作成されないことがあるので

PCからのほうが無難だったりする。

動画に関してはアップロードできない。

写真や動画も外部サイトにアップロードして

そのリンクURLを貼り付けるという方法もある。

将来的にJUGEMが閉鎖されたとしても外部URLなら

そのまま利用できるメリットがあるか。

 

でも実際は外部サイトが閉鎖されることのほうが多い。

以前このブログにも旅の動画をたくさん載せていた。

愛・地球博が行われた2005年から数年間は

多くのブログ向け動画サイトがあってよく利用していたもの。

しかしそれらはすべて閉鎖されてしまった。

世間ではブログ動画などもブームになっていて

ブログ動画向けカメラなんてのも出ていたんだっけ。

ソニー SONY モバイルHDスナップカメラ bloggie PM5K ブルー MHS-PM5K/L

ソニー SONY モバイルHDスナップカメラ bloggie PM5K ブルー MHS-PM5K/L

SONYのブロギーとかまさにブログ向けカメラって感じだったけど

残念ながらこれらのカメラはもう全て消えてしまった。

当然スマートフォンに飲み込まれてしまったわけだ。

動画サイトもYouTubeに飲み込まれてしまった。

 

今ブログに動画を貼り付けるとなると

○Youtubeにアップしてリンクを貼る

○Twitterにアップをしてリンクを貼る

この2つくらいかなあ。

今だとスマホから直接アップロードできる手段がベスト。

出来ればアップロード時に簡易編集できるとなお良いかと。

YouTubeもTwitterもそうした利用は可能だ。

Twitterはちょっと画質劣化が大きめなのが弱点だけど。

これ以外のサイトはないこともないけど使い勝手は悪い。

結局なんだかんだYoutubeは便利だなということだし

手軽さならTwitterが一番じゃないかなと。

このブログも更新用Twitterアカウントとして@ryoexblogがあるので

これに動画をアップしてブログに貼り付けてというのも良さそうか。

 

ブログ向け動画を撮影する手段としては

今となってはスマートフォン一択。

スマホカメラの場合は写真スペックは詳細が出ているけど

動画撮影機能については解像度や手ブレ補正の有無など

詳細が公表されてない機種もあるので注意が必要だ。

○光学手ブレ補正に対応しているか

○4K動画撮影が可能か

○4K60p動画撮影が可能か

○外部メモリに動画撮影可能か

○動画撮影時間の制限はあるか

○HDR動画撮影に対応しているか

この辺りは気になるところだ。

4K60p対応モデルは限られておりiPhoneやAndroidでも上位モデルのみ。

4K60p対応スマホなら光学手ブレ補正はまず対応しているし

最近だとHDRにも対応してるケースが多い。

撮影時間制限は4K動画撮影時に制限されるケースが多い。

これは4K処理の発熱のためだがSnapdragon845以降は

こうした制限がなくなっているようだ。

スマホの場合は動画撮影処理をメインチップで行うこともあり

チップ性能が高いスマートフォンが有利になってくるし

センサーやレンズ性能の差がかなり現れてくる。

それが如実に現れるのがミドルクラスのスマートフォン。

OPPO Reno A ブラック 【日本正規代理店品】

OPPO Reno A ブラック 【日本正規代理店品】

人気のOppo Reno AだったりGalaxy A30だったり

廉価モデルにも入るHuawei P30 Liteなどの3万円台のモデルは

写真性能はかなり良いけど動画撮影性能となると上位モデルとかなり離される。

動画撮影を重視するならこのクラスだと妥協が必要になってくる。

かといって8万円とか10万円のスマートフォンを買うとなると高いけどね。

動画撮影も妥協せずに買えるモデルとしては

国内版SIMフリー Google Pixel 3a 64GB Clearly White

国内版SIMフリー Google Pixel 3a 64GB Clearly White

Google Pixel3aが最強だろう。

これは上位に匹敵するカメラ性能を持っており

動画撮影も非常に綺麗で十分満足できるレベルにあると思う。

 

ということで今年は旅の動画などを中心に

ブログにも公開していきたいと思っている。

例えば2月に行く沖縄旅などでは撮影した動画を

現地でアップロードしてブログに貼り付けることが出来ればと。

ただブログで公開する動画は僕個人的に言えば

長い動画は邪魔なので30秒以内に時間制限したい。

15秒位で十分か。手軽に記事を見るついでに見られる動画を

アップしてブログに活用していければと思う。

せっかくスマホ時代で手軽に動画が撮影出来るんだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の目標と展望:ネット編

  • 2020.01.08 Wednesday
  • 21:37

今年はどんなネットライフを送っていこうか。

 

■YouTube

以前はあまり見なかったけど

今は普通に毎日YouTubeを見ている。

ただ見る時間はそんなに多くはないかな。

特に見ているチャンネルは5つ程度。

いわゆるYouTuber的なチャンネルは1つも見ていない。

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

僕はパソコンでみているけど家族がTVでみているなあ。

スマホでチェックをしてそれでTVで再生するという感じ。

最近はテレビでテレビ番組をあまり見ないからね。

 

■AbemaTV

アニメを中心によく見ている。

2年前くらいから見始めたけど最近は少し減っている。

Abemaプレミアム押しが強く感じられるようになり

無料視聴ユーザーを蔑ろにし始めている感じがあるから。

かといって有料プランに入ってまで見たいとは思わないのだが。

コンテンツも僕があまり好きじゃないのが増えてきて

見たい番組が減りつつある気がする。

以前あったプロ野球チャンネルとか復活しないものか。

僕はAbemaTVは基本的にスマートフォンで見ている。

サムスン Galaxy A30 SCV43 ブラック UQ mobile版

サムスン Galaxy A30 SCV43 ブラック UQ mobile版

6インチ超のディスプレイのスマホなら

縦画面でちょうどいい感じなんだなあ。最近はタブレットでは見ていない。

 

■Hulu、Netflixその他

定額動画配信サービスはいくつかあるけど

HuluとNetflixとあとドコモのdビデオとかだろうか。

僕が利用したことがあるのはHuluとNetflixのみ。

どちらも1ヶ月だけの単発利用を何度か利用している。

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

特にHuluは1ヶ月チケットが売られているので単発契約に最適。

Netflixもまあ1ヶ月で解約すれば問題ないけどね。

Netflixのチケットは2000円とか3000円とかで端数が出て

結局いずれまた利用することになるのであまり利用する気がないな。

最近は利用してないけど見る暇がないから。

時間がたっぷりあれば契約してみたいのだが。今年はどうだろう。

 

■Showroom

アイドルなどのライブ配信で使われてるShowroom。

配信自体は楽しくて良いんだけど

時々行われるイベントがエゲツねくて嫌いだ。

要するに課金ありきで金が飛び交っているもので

運営としては少ないエサで大金が得られるということで

すごく美味しいんだろうなあ。

本人たちにたくさん入るのならいいけど微々たるものらしいしなんだかな。

YouTube LiveやTwitchなどにも投げ銭みたいなのがあるけど

パーセンテージとかってどうなってるんだろうな。

 

■メルカリ

僕がメルカリを初めてまだ1年そこそこ。

この1年で相当数出品をして

ヤフオクから完全こちらがメインになった感じがある。

利用者が多いしヤフオクでは価格がつかないようなものでも

メルカリなら売れるものが多い気がする。

ユーザー層も若い世代が多い気がする。

スマホで手軽に利用できるのは便利で便利だなと。

実は僕がメルカリを利用し始めたきっかけは

招待コードを利用して得られるポイントで沖縄のガイドブックを買うためだった。

500ポイントもらえるのでもし新規登録する場合

"QEXTAC"で登録してくれると嬉しい。

メルカリは基本送料込みだからネットショップ感覚で使えるのが多くていいね。

 

■PayPayフリマ、ヤフオク

PayPayフリマは送料無料キャンペーンで出したけど

いまいち次につながっていない気がする。

PayPayもそうだけど立て続けにキャンペーンをしないと

ユーザーは定着しないと思う。

出品数で見てもメルカリの1割以下だと思う。

しかもヤフオクのメルカリ連携出品も多く含まれており

純粋なPayPayフリマの出品数はメルカリの5%か3%かもっと少ないかも。

とにかく買いたいと思っても出てこない。

ただ物によっては売れる。

ヤフオクは最近出してないけど手数料がやすいのが利点。

ただ消費税込みだと8.8%になったので差は少なくなったけど。

ヤフオクは出品価格を下げないと注目されないし

運悪いと想定よりかなり安く落札されることになるし厄介なんだな。

 

■Spotify

最近注目している音楽ストリーミングサービス。

以前登録した時は曲が少ないなと思っていたけど

最近使ったら充実していて驚いた。

PCで使ったりしてるしスマホでも使える。

ただ本格的に使うなら視聴環境の充実は必要だなあ。

僕はスピーカーで音楽を聞くタイプなので

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB32  :  防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth /  重低音モデル 最大24時間連続再生  2019年モデル ブルー SRS-XB32 L

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB32

: 防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth / 重低音モデル

最大24時間連続再生 2019年モデル ブルー SRS-XB32 L

良い音のBluetoothスピーカーは購入したいところだな。

 

って感じでネット時代だけあって

ネット依存が高まっているなと思う今日このごろ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

AbemaTV

  • 2020.01.05 Sunday
  • 22:42

年末年始に一番見ていたのは

YouTubeかAbemaTVかといったところ。

AbemaTVはアニメの一挙放送など行われて見ていた。

AbemaTV

AbemaTV

AbemaTVを見るようになったのは2年ほど前。

見たら面白くて今では見るのが習慣になっている。

部屋にテレビがないこともあって

映像コンテンツとしてはYouTubeかAbemaTVだけど

AbemaTVのほうが見ることが多いかもしれない。

 

AbemaTVで見るのは圧倒的にアニメ。

というか僕は普段あまりアニメを見なくて

それこそ最近のアニメを全く知らなかったけど

AbemaTVである程度見るようになった。

去年10月クールだとDr.Stoneとか見ていたし

ここ数年流行ってるらしい異世界ものも見たりしていた。

AbemaTVを見てなかったこれらの最近のアニメも知らなかったまま。

テレビではアニメ見ないし録画しないので

ネット放送ならではかなと思う。

ネットでアニメを流すのは以前ニコニコ動画で行われてたけど

僕はプレミアム会員じゃなかったので見ることはなかった。

AbemaTVはリアルタイムで見たり

1週間以内だったらアーカイブが無料で見られるので

定期的に見てれば見逃すことはないのかなと。

 

AbemaTVだけど自宅で見ているけど

パソコンでは全く見ていない。

PCだと他の作業の邪魔になることがわかった。

スマートフォンくらいの小さな画面のほうが良いかな。

今はGalaxy S7 edge SCV33で見ている。

少し古いスマホだけどAbemaTVを見るのにスペックは関係ない。

ただ5.5インチ以上のスマホがあったほうがいいかと。

docomo Galaxy A20 SC-02M ホワイト White 白ロム

docomo Galaxy A20 SC-02M ホワイト White 白ロム

Galaxy A20とか安く購入できるので

動画視聴用にあったりすると便利かなと。

外で見る場合も便利そうだけど僕は外では見ない。

車通勤なので見る機会がないんだけどね。

 

AbemaTVだけど個人的に

好きなカテゴリである紀行番組などがないので

それは残念だったりする。

コンテンツが偏りすぎているというか

アニメと韓国ドラマはネットの優良コンテンツであり

有料コンテンツとしても人気があるから分かるけど

旅番組とかは放送されないものなのかな。

例えばテレビ朝日系列だったら水曜どうでしょうとか放送しないものか。

メーテレだったら旅してごめんとか地方局の旅番組などとかも

放送するようなチャンネルがあったらな。

理想を言えば世界の車窓から一挙放送とか見てみたい。

それはもう少し先になるんかなあ。

今の時点ではまだ収益化は十分にできていないようだし

利用者を増やすことが重要と考えているのかも。

 

AbemaTVの収益化といえば

広告とプレミアムプラン。

プレミアムプランは月額980円でビデオコンテンツが多く見られるが

HuluやNetflixなどと同じわけでライバルは多い。

広告はぼちぼちあるけど番宣のほうが多いから

まだまだこれからというところかな。

もっとコンテンツが充実してくれるといいけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>


recommend

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM