リモートデスクトップの利用

  • 2019.08.16 Friday
  • 21:38

かつて自宅のPCでVNCというPCリモートアプリを入れていた。

僕が初めて利用したリモートデスクトップアプリはこのVNCかな。

TeamSpeakサーバーやIRCチャットの常駐で古いPCを常時起動してたけど

モニターがないので他のPCからVNCを利用して操作をしていた。

同じ部屋内のPCだけど一応遠隔操作みたいなことをしていたんだっけ。

その後本格的に利用し始めたのは

2011年にiPad2を買ってSplashtopというアプリを使い始めてから。

2012年にはAndroidスマホでも利用し始めて自宅の外からの遠隔操作も始めた。

最近でも旅行などの際にはリモートデスクトップアプリを利用して

自宅のPCにアクセスしてPC録画をチェックしたりしている。

今も欠かせない機能だ。

 

そんなリモートデスクトップを本格的に使うようになったのが

Splashtopというサービス。

https://www.splashtop.co.jp/

登場した頃はアプリが有料で利用は無料だったのだが

Splashtop2にアップグレードしてから

アプリが無料で同一LAN外からのアクセスが月額有料になった。

同じ家の中などのネットワーク内での操作は無料で使えるが

スマホや旅先などから自宅のPCを操作する場合などは

月額プランへの加入が必要になる。

年額プランパッケージも発売されている。

Splashtopプレミアム|1年版

Splashtopプレミアム|1年版

それなりに使うなら加入してもいいけど

年に2回か3回の旅行くらいでしか使わないので

もったいないなと思ってこのプランには入ってない。

今はSplashtopの利用は縮小して

GoogleのChromeリモートデスクトップを主に利用している。

 

Chromeリモートデスクトップは

Googleアカウントで利用できる無料のリモートデスクトップサービス。

かつては音がなかったけどその後対応。

ただ安定度などはSplashtopより劣るかもしれない。

ゲーム用途などだとSplashtopのほうがいいかもしれないが

普通にPCを操作するだけなら全くこれで問題ない。

あと僕自身のことだけどChromebookを利用しているので

Lenovo ノートパソコン Chromebook S330 14.0型フルHD液晶 タッチ機能なし 英語キーボード MediaTek MT8173C 4GB eMMC 64GB 約10時間駆動 【日本正規代理店品】 81JW0011JE ビジネスブラック

Lenovo ノートパソコン Chromebook S330 14.0型フルHD液晶

タッチ機能なし 英語キーボード MediaTek MT8173C 4GB eMMC 64GB

約10時間駆動 【日本正規代理店品】 81JW0011JE ビジネスブラック

Chromebookで利用出来るChromeリモートデスクトップのほうが便利だ。

Splashtopは様々な端末向けアプリが出ているが

Chrome OSでは使えないと思う。

そういう点で対応端末はChrome RDTのほうが多いのかな。

 

今年2月の沖縄旅行でも利用したけど

実はそのときにSplashtopでの接続もテストしている。

外からのアクセスには有料プランの加入が必要になるのだが

自宅にVPNサーバーを立ち上げてそれにアクセスすることで

接続したスマホと自宅PCが同一LANとして扱われるので

無料プランでも利用できるのではないかと。

VPNサーバーはQnapのNASキットの機能を利用して旅前に設定していた。

実際試したらそのとおり普通に接続して利用することが出来た。

ただ同一LANで可能なWake On Lanの起動パケット送信は試しても反応がなかった。

これはPCをリモート起動させるもので自宅Wifiに接続したスマホなら

自宅の他のPCをSplashtopアプリ経由でリモート起動出来る。

リモートデスクトップはPCが起動しOSが立ち上がって

スタートアップ登録したリモートデスクトップアプリがスタートし

サーバーに接続した状態でないとスマホ等から接続できない。

つまりPCを遠隔起動する機能はリモートデスクトップにとって重要になる。

今はNECのWifiルーターを利用して遠隔起動を利用してる。

http://ryoex.jugem.jp/?eid=21944

以前のブログで書いているので参考に。

これ以外の方法も模索しているんだけどなかなかないものだ。

PC1台起動してればそこからの他のPCも起動出来るのだが・・。

NASを活用出来たりしないものかなあ・・。

 

まあでも便利に使えているし

年に2回か3回程度しか機能を使わないので

今のままでも問題ないかなあ。

2017年のハワイ旅行のさいには海外からも利用することが出来た。

遅いモバイル回線だとかなり反応が悪くなりストレスだが

ホテルの高速インターネット回線だとChromebookなら

普通にPCを操作してるのと変わらない感覚で利用出来るので便利。

スマホアプリからも問題ないが画面が小さいので少し操作しづらい。

タブレットなら多分かなり快適じゃないかと思う。

ビジネスなどでも多く使われていて

最近だとテレワーク(会社の仕事を自宅などで行うこと)などでも

利用される予定で注目を集めていたりする。

Windows10の機能を利用してマイクロソフトの機能でも

利用できたと思うけどそれらもいずれ試してみたいもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット取引と送料の悩み

  • 2019.08.13 Tuesday
  • 19:44

不用品の処分でヤフオクやメルカリなどを利用している。

町中の買取店に売却するとほとんど値がつかないものも

こうしたネットのオークションやフリマを利用すると

価値が認められてそこそこの値段で売れることが多い。

ただ出品を続けていく上でネックになるのは送料。

最近はヤフオクでも送料込みが増えているけど

メルカリだと基本送料込みで送料別だと価格がかなり落ちてしまうか

あるいは見向きもされないことが多い。

手軽に購入できるのは表示された送料込みの価格ですぐ買えること。それが魅力。

 

ヤフオクもメルカリも

送料を抑えるために日本郵便やクロネコヤマトと提携している。

日本郵便

https://auctions.yahoo.co.jp/topic/promo/post/guide/

https://www.mercari.com/jp/yuyu-mercari/

クロネコヤマト

https://auctions.yahoo.co.jp/topic/promo/yahuneko/guide/

https://www.mercari.com/jp/rakuraku-mercari/

ヤフオクとメルカリでの条件はほぼ同じ。

ただどちらも送料込みで出品する必要がある。

ヤフオクは送料別だと提携サービスの送料は高くなる。

メルカリだと送料別は着払いになり手数料が高くなりほぼ使われない。

日本郵便とクロネコでは郵便のほうが全体的に送料は安い。

また条件も厚さや重さなどの点で郵便のほうが有利で僕は郵便サービスを主に利用してる。

ただ条件によっては郵便で送れないものもありクロネコも併用している。

 

さてこの提携サービスを利用すれば

厚さ3cm、重さ1キロ以下の荷物ならばゆうパケットで175円で送ることが出きる。

この金額なら送料込みを設定しやすいと言えるのだが

重さはたいてい問題ないのだが厚さが問題になる。

厚さ3cmは郵便受けへの投函を行うため。クロネコだと2.5cmになる。

例えば商品の厚さが2.9cmだからOKというわけではない。

基本的に商品はプチプチで包む。

【 日本製 】 酒井化学 #400SS 300mm×10m 緩衝材 ロール ミナパック 紙管なし < 個包装 >【 高品質ポリエチレン製 エアキャップ 】

【 日本製 】 酒井化学 #400SS 300mm×10m 緩衝材 ロール ミナパック

紙管なし < 個包装 >【 高品質ポリエチレン製 エアキャップ 】

これにより厚さが1cm弱増してしまう。

梱包時はプチプチで包み角型封筒に入れて梱包とする。

マルアイ クラフト封筒 角3 100枚 70g PK-Z137

マルアイ クラフト封筒 角3 100枚 70g PK-Z137

角型封筒自体の厚さは1mm程度なので全く問題ないのだが

プチプチはかなりの厚みになるので厄介だ。

キラックス 収納型緩衝シート 300mm×300mm×100枚

キラックス 収納型緩衝シート 300mm×300mm×100枚

ガラスや陶器などを包むのに使われる緩衝シートなどを代用すれば

プチプチよりは厚さを抑えることが出きるので

ギリギリの場合はこれで対処するケースもある。

ただ3cmという厚みが絶対ムリな製品も少なくない。

 

例えばDVDを2枚セットで送りたい場合・・。

一般的なDVDケースの場合厚さは1.4mmほど。

2枚だと2.8mmになり梱包すればゆうパケットでは送れない。

こういう場合A4サイズ内に収まればいいので

重ねるのではなく横に並べて梱包をする。

そうすれば1枚分の厚さで2枚分の広さにはなるが

DVDケースを2つ並べてもゆうパケットの長辺34cm以内に余裕があり問題ない。

これが3枚になると詰む。さすがに3枚は無理なんだ。

3枚送りたい場合はどうするか。

ゆうパック・クロネコ宅急便だと60サイズで全国一律700円。

あるいは定形外郵便(規格外)で500gを超えてなければ500円。

あとレターパックプラスが510円なのでDVD3枚ならこれもあり。

2枚だと175円で送れるのに3枚だと500円まで飛ぶのは厳しい。

はっきり言えば可能なら175円x2通で送ったほうが安いのだが

残念ながらそういう選択肢は用意されていない。

同じ理由で例えば複数の商品を購入してくれた購入者が

1つにまとめて送って・・なんて言われた時

逆に送料高くなるよ・・って事になってしまうこともあるわけだ。

 

最近こうした厚さの問題がある商品をどうするか迷っている。

CD/DVD/BDなどは基本的に1枚なら問題ない。

でも価値が低いものはまとめて出したいけど

それは3枚を超えると送料が1段高くなるので利用しづらい。

あと書籍類はなかなか厳しい。

厚みに加えて重さもあるためだ。

だから雑誌や書籍などは基本安くても1冊単位になり

それぞれが送料込みだと1冊あたりの利益は100円とかその程度が多い。

それでも捨てるよりお金になると言えるのだが

手間をかけていくらまでの利益が許容範囲内と言えるかは人それぞれ。

100円でも100冊売れれば1万円になると考える人もいれば

それだけの手間や梱包コストなどを考えたら利益200円以下は捨てたほうがマシと

考える人もいたりする。

DVDとか送料込みで400円くらいで売れてる製品も多いけど

400円だとすると175円が配送料なので225円。

10%が手数料とられるので約200円の利益。

ブックオフだと多分10円から50円でしか売れないと思うが

手間を考えてどっちを選ぶかなと。

 

とりあえずのんびりと出品を続けていきたい。

基本的に出品しているものは全て不用品。

お金になればラッキーという感覚で出しているわけで

地道に赤字にならないようにまた負担にならないよう出品していきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットカメラ

  • 2019.08.10 Saturday
  • 20:29

自宅で犬や猫などを飼っている人は多い。

ただ昼間は仕事などで出かけているときに

ペットは自宅でお留守番をしている。

そんなペットを様子を見てみたい。

それが可能な製品がペットカメラだ。

ネットワークカメラでスマホから自宅のカメラにアクセスし

その映像を見ることが出きる製品だ。

 

ペットカメラはネットワークカメラの中でも

とても需要が高い製品と言える。

日本でネットワークカメラ設置の理由は

1にペット、2に介護、3が赤ちゃん。4がなくて5が防犯といったところか。

各社から多くの製品が出ている。

パナソニック HDペットカメラ KX-HDN205-K

パナソニック HDペットカメラ KX-HDN205-K

ペットカメラで重視される点は

○リアルタイム視聴

○画質

○パン&チルト(首振り)機能

この3つだろうか。

スマホで今自宅で何をしているのかなと見ることになるので

録画よりもリアルタイム視聴が重視される。

その画質も重要で出来るだけペットの表情も確認出きるくらいの

高画質が求められる。

そしてペットは気ままでどこにいるか分からないので

カメラの向きを動かせる製品も人気になる。

今のペットの様子を見る事が出きる製品が多く出ている。

 

録画を重視するのもありだ。

例えば昼休みに午前中の愛犬の様子をチェックしたいなら

録画機能が必要になる。

もっとも多くのネットワークカメラにとって

録画データの再生は負荷が大きくあまり快適に視聴出来ない。

快適に視聴ができるのはクラウドカムという製品だ。

SpotCam ネットワークカメラ パンチルト クラウド録画・暗視機能・双方向通話対応 SpotCam-HD-Eva

SpotCam ネットワークカメラ パンチルト

クラウド録画・暗視機能・双方向通話対応 SpotCam-HD-Eva

クラウドカムはオンラインのクラウドストレージに録画される。

カメラ内のmicroSDXCなどに記録される場合

録画と再生が混在するので処理不足で重くなってしまうが

クラウドストレージだと別デバイスから再生することになるので

快適に再生が行える。

クラウド録画は有料が多いけどその価値はあるかと。

もっともSpotcamの場合1日間(24時間)分の録画なら無料プランで使えて

ペットカメラとして使うならそれで十分。2日前の様子なんて見ないからね。

 

僕が今は犬を飼っていないが以前飼っていた。

ネットワークカメラは2台設置していた。

1台は犬がいつもいるソファの前。

もう1台は餌や水がある廊下から部屋に向けて。

ほとんどソファの上で寝ているんだけど時々いなくて

どこへ行ったんだろうと餌の前のカメラを見ると廊下で寝てたり

水を飲んでいたりすると。

さすがに他の場所はおえないがほぼこの2箇所にいたので

ちゃんと寝てるなと安心したりしたもの。

ペットカメラは飼い主が安心するためのシステムってところか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブカメラ

  • 2019.08.09 Friday
  • 23:20

観光地などにはライブカメラが設置されてるケースが多い。

ライブカメラ映像を見て観光地気分を楽しんだり

あるいは天気を確認したりする。

僕が好きなライブカメラは1つは上高地。

上高地のライブカメラは

五千尺ホテルのものが有名だ。

河童橋の眼の前にあり穂高とともに映し出してくれる。

以前Ustreamで配信されていたけどいつからかYouTube Liveへと変更されたっけ。

YouTube liveによる映像は12時間前まで遡ってみることも出きる。

あと立山ライブカメラもいいね。

https://www.alpen-route.com/live_camera/murodou.html

立山のライブカメラは室堂平のものが好き。

雄大な立山連峰の姿も見ることが出きる。

大観峰や弥陀ヶ原の映像もみることができる。

 

全国各地にライブカメラはあるけど

その品質は様々。古いシステムのものは

ライブカメラといってもリアルタイム動画ではなく

数分おきの静止画だったりする。

以前とある観光地のライブカメラを見に行ったことがあるが

古いネットブックにウェブカメラという感じだった。

ロジクール ウェブカメラ C920r ブラック フルHD 1080P ウェブカム ストリーミング 国内正規品 2年間メーカー保証

ロジクール ウェブカメラ C920r ブラック フルHD 1080P

ウェブカム ストリーミング 国内正規品 2年間メーカー保証

ウェブカメラの映像を1分に1回キャプチャしてサーバーへ送るという感じで

とりあえず天気などは分かるけど得られる情報量は少なかった。

時々ストリーミング配信が可能なライブカメラサイトもあったけど

同時に見られる人数に制限があったりしたもの。

 

そうした状況が変わったのは

外部ストリーミングサイトが登場してからだろう。

2008年頃だったかUstreamが登場。

それによりUstreamを利用したライブ配信サイトが増えて

リアルタイム動画による高品質なライブ配信が増えた。

その後UstreamからYouTube Liveへと移行しより高画質配信が増えた。

こうしたネットの配信サービスを利用すれば

サーバーを立てたりする必要がなくてコストが抑えられる。

またBUZZって退去人が訪れても安心だ。

観光地のライブカメラなどはハイシーズンは多くの人が見に来るだろうが

閑散期は1日数人しか訪れないことも。

年中1日1万人に体制で準備するのは大変なので外部サイトは便利。

 

こうしたYouTube Liveなどは個人でも配信出来る。

それ故に実は僕自身以前ライブカメラを設置しようかと思っていた。

個人のライブ配信で多いのはハムスターと鳥と熱帯魚配信。

カゴに入っててカメラを設置して配信しているというもの。

犬や猫だと活動エリアが広いし人も映り込んでしまうが

ハムスターなどだとその心配はない。

配信するためにはパソコン+ウェブカメラが昔は基本だったが

今はスマートフォン1台から配信出来る。

Apple iPod touch (32GB)ゴールド

Apple iPod touch (32GB)ゴールド

というか自宅に設置するのでスマホである必要はなくiPod touchでもOK。

ただ長時間配信をする場合は発熱の問題だったり

ディスプレイをオフ出来ないのが夜の明るさの問題だったりするから

あまり向いていないかもしれない。

やはりビデオカメラか。

パナソニック HDビデオカメラ V480MS 32GB 高倍率90倍ズーム ホワイト HC-V480MS-W

パナソニック HDビデオカメラ V480MS 32GB

高倍率90倍ズーム ホワイト HC-V480MS-W

屋外に設置してる人はビデオカメラが多い。

HDMIキャプチャしてPCを利用してYouTube Live等へと配信をする。

屋外だと近くの山や川などを撮影してる人が多いか。

マンションなどに住む人がベランダからライブ配信するケースが多い。

プライバシーの問題もあるからどこでもライブ配信出来るわけではないからね。

 

今年も山シーズンだけど

最初に上高地や室堂などを紹介したけど

山のライブカメラがいいなあ。

自宅が山なら自分でライブカメラを設置するのに。

昔に比べると低コストかつ高画質で手軽に配信出来るようになったのは

いいことだな・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の定額動画配信

  • 2019.07.31 Wednesday
  • 21:34

8月はお盆休みが2週間ほどあるため

定額動画配信を契約するのに最適な1ヶ月になる。

今年はどうするか現在迷っているところだけど

明日から8月になるわけだがさてどうしたものか。

 

まず迷ってるのはAmazonプライムだ。

今年4月にプライム会員の会費が値上げされた。

年額3800円から年額4800円への+1000円の値上げになる。

正直最近はPCやカメラ関係などを買う機会が減っており

配送上でのプライム会員のメリットが少ない。

さらにプライムビデオやプライムミュージックもあまり利用してなかった。

8月に更新期限を迎えるわけだがどうするか迷っている。

プライムビデオは久しぶりに見たら

かなりラインナップが変わっていて魅力に感じている。

夏の定額動画配信へ加入しない代わりプライム会員継続するのもありか。

今のところ迷い中でどうするかは分からないが

あと1週間ちょっとで更新期限なので考えないとな。

 

Huluは年末年始に1ヶ月だけ加入をした。

AmazonでHuluチケットが売られているため

1ヶ月だけの加入しやすい。

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

これだとクレジットカード登録と異なり

自動更新されないので忘れてた!なんてことがないのがいい。

Huluは日本テレビ系ってこともあり

ドラマやバラエティなどの地上波テレビ系コンテンツが充実している。

海外ドラマやアニメなどもそこそこ。

何もなければHuluってのもありかも。

 

Netflixは去年の夏休みに1ヶ月だけ加入をしている。

確か加入している期間中に値上げが発表されたんだった。

https://www.netflix.com/signup/planform

今はベーシック800円、スタンダード1200円、プレミアム1800円となっている。

HD画質で見るためにはスタンダードが必要なのが厄介。

かといって同時に2視聴などは行わないので無駄になってしまう。

それなら画質は犠牲にしてベーシックなのかな・・。

ベーシックがHD画質になりスタンダードがFHD画質ならば良かったのに。

実はこのNetflixは無料体験のお知らせが届いているので

その気になれば30日間の無料体験だけ利用するというのも手なので

それも含めて検討中。

海外ドラマが充実していて特にオリジナルが魅力的。

国内ドラマもオリジナル作品が出ていたっけ。

そういえば流星花園2018ってNetflix限定だったっけなあ。

去年夏の時点ではまだ見られなかった気がするが・・・。

 

あと他にも定額動画配信はドコモ系のサービスがいくつかある。

dTV

https://pc.video.dmkt-sp.jp/

dアニメストア

https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/tp_pc

dTVは月額500円+税、dアニメストアは月額400円+税。

あとスポーツ系のDAZNもあるし

ソフトバンク系や楽天系も定額動画配信があった気がする。

あとテレビ局関係ではParaviや各TV局のオンデマンド系。

NHKオンデマンドは加入したことはないけど興味はあったりする。

GYAOやTSUTAYAのとかもあったような気がするなあ。

あと僕がよく見るAbemaTVにもプレミアムサービスがあり

アーカイブなどをいつでも見られるようになるようだ。

ただいろいろ加入しても見られる時間に限りはあるので

一応加入するとしたら1つに集中して見ていきたいなと。

どうしようかな・・。

 

定額動画配信だけど見る方法としては

スマートフォン、パソコン、タブレットにテレビなど

いろいろ見る方法がある。

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV StickがあればTVでも見られるわけだが

僕はもうテレビを利用していないので必要ない。

見るとしたらスマホ、タブレット、PCのどれかだろうか。

スマホは画面が小さいからタブレットかPCになるかなあ。

外で見たりすることはないからね。

冷房のきいた涼しい部屋でお盆休みに動画三昧といきたいもの。

 

ということで明日から8月か。

ほとんどの定額動画配信は月額料金は加入日から1ヶ月になるが

ドコモのdTVやdアニメストアなどは月額支払いになるようでそのあたりは注意が必要。

その割に31日無料お試しとあるから厄介なんだな。

無料お試し→有料会員となるなら8月1日に加入するのはありなのか。

dTVの無料お試しは利用したことがないので試してみるのもありか。

ともかくお盆休みはもう少し先なのでじっくり考えたい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

バナナTVはやっぱり楽しい

  • 2019.07.21 Sunday
  • 19:36

以前何度かハマってよく見ていたバナナTV。

今年に入って全く見ていなかったのだが

夏になり最近またちょくちょく見てハマりつつある。

バナナTVというのは

バナナマンの2人が旅をするバラエティ番組。

かつてテレ朝動画というテレビ朝日のネットTVで配信されていたもの。

既に番組自体は終了しているんだけど

今はDVDが発売されたりしているが

YouTubeでいくつかの動画を見ることが出きる。

以前ハワイ編Part2ってのを見てハマり

公開されているものは全て見たと思う。

見るなら再生リストから見たほうが楽。(→ハワイ編Part2再生リスト

公開終了してしまっているコンテンツも少なくなくて

例えば最初のハワイ編は既に公開されていないので

DVDを買ったり借りたりして見る必要があるようだ。

バナナTV~ハワイ編~(完全版) [DVD]

バナナTV~ハワイ編~(完全版) [DVD]

以前はレンタル版もあってレンタル屋にあったようだが

今はお店からも消えているのでどうか。

 

さてそんなバナナTV。

旅番組だけどバナナマンの2人は

スタッフが用意した旅のレールに乗って

お出かけすることになる。

何を食べたりイベントを見たりそうした旅のスケジュールは

スタッフが管理してバナナマンは流されるまま。

その内容は非常に高密度でかつ豪華で

食べ物なども名物などをがっつり食べたりアクティビティしたり

マッサージを受けたりと贅沢な旅となっている。

最近のバラエティで海外ロケだと安旅+αっぽいのが多いけど

バナナTVは旅を満喫するぞ!という意識が強い番組で

それをバナナマンがほんと楽しそうに参加しているので見ていても気持ちが良い。

あんないろいろ見に行って美味しいものをたべてという旅は

憧れでもありそういう旅の番組なので幅広い世代に人気があるようだ。

 

実際にバナナTVを見て旅先でどこへ行くか決める人も多く

特に放送回数が多いハワイ編に関してはロケ先で視聴者と出会うことも。

これまで行った場所はハワイのほか

グアム、サイパン、オーストラリア、台湾、タイ、LAなどなど。

国内でも沖縄へ2回ほど行っている。

1回目の沖縄は見られないが2回目はYouTubeのほうで見られるので見て欲しい。

なお多くの作品ではDVDがリリースされており

YouTubeで見られない韓国編、パリ編などはDVDなら見られると。

そのためいまはDVDを少しずつ揃えていてYouTubeで見られない物を中心に

揃えていこうとしているところ。

そういえば沖縄編ってのはDVD出ていないのかな。

バナナTV~ハワイ編 The FINAL~完全版 [DVD] バナナTV~台湾編 イマドキ女子のビューティー旅~完全版 [DVD]

ハワイ編FINALと台湾編の特典映像に沖縄編が前後編で含まれるようで

沖縄編というDVDはないようだ。

今年2月に沖縄へ行ったんだけど

実は去年バナナTVを見て沖縄もいいなあと思って沖縄になった。

プロ野球キャンプもあったためでバナナTVが全ての理由ではないけど

この番組を見ていたことも沖縄旅をすることになった理由の1つ。

 

バナナTVは旅の楽しさが詰まっている番組。

だから楽しいんだけど見ていると旅を動画で残したくなる。

番組なので様々なシチュエーションを撮影しているわけだが

アクションカメラなども利用している。

【国内正規品】GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ 【GoPro公式】

【国内正規品】GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW

ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ 【GoPro公式】

GoProカメラでよく撮影されていて

海だったりで活躍していてこういうのを見るとGoProカメラが欲しくなる。

多分5年くらい前だからHero4とかその頃なんだろうけど

番組で利用できるクォリティでいい感じだったなと。

このGoProカメラを持っている人がディレクターさんのようで

スタッフだけどバナナマンの2人と会話して映ったりしている。

水曜どうでしょうの藤村さんみたいな感じといえば分かるだろうか。

この人はテレビ朝日の有名なディレクター(プロデューサー?)らしくて

いろんな番組の制作に関わりバナナマンとも交流が深いようだ。

テレ朝動画のあとはAbemaTVに携わっているらしいけど・・・。

 

バナナTVの後継番組はないんだけど

今はAbemaTVで日村がゆくって番組が放送されていて

ぜんぜん違う番組だけどそれにバナナTVっぽさが少しあるかなと。

特に日村がゆくのハワイSPはちょっとそれっぽかった。

まあただバナナTVを期待してみると残念に思うかもしれないけど。

そもそも対象としてる視聴者層が全然違う気がするけどね。

日村がゆくは下ネタ全開の深夜番組のノリだから・・・。

ともかくYOUTUBEで全部じゃないけど

いくつか見られるので気になる人はバナナTVチェックして欲しい。

きっと旅をしたくなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンの季節とネットワークリモコン

  • 2019.07.20 Saturday
  • 20:45

気づけばエアコンをほぼ毎日利用している。

エアコンはリモコンで操作することになるが

最近はスマートフォンアプリに対応したモデルも出ている。

Wifi内蔵モデルや外付けアダプターが必要なケースもあるが

スマホアプリで屋外から自宅のエアコンを操作することも可能だ。

Panasonicだとミドルレンジモデル以上だとWifi内蔵。

アイリスオーヤマ エアコン 10畳用 本体 室外機 リモコンセット Wifi+人感センサー 2.8kW IRA-2801W

アイリスオーヤマ エアコン 10畳用 本体 室外機

リモコンセット Wifi+人感センサー 2.8kW IRA-2801W

アイリスオーヤマとか比較的安いモデルから

Wifi対応モデルも出ている。

スマホで自宅の家電製品を操作するIoT家電はトレンドだけど

エアコンには確実に普及しつつある。

 

ただ我が家のエアコンには

IoT機能はなくWifiも搭載されていない。

また外付けアダプターも用意されていない。

そういうやや製品の場合は

ネットワークリモコンを利用することで利用可能だ。

ネットワークリモコンはエアコン本体付属のWifiとは仕組みが少し異なる。

エアコンを遠隔制御するという点では同じだけど

ネットワークリモコンはあくまでも赤外線リモコンのIoT化なので

エアコンのリモコンに出来ることしか出来ない。

それは双方向通信が出来ないということを意味しており

エアコンの稼働状況、温度設定などを確認することは出来ない。

リモコンと同じく信号を送ることしか出来ない。

ただそれでも遠隔制御は出来るけどね。

 

こうした弱点を克服するために

ネットワークリモコンにはセンサーがついている。

ラトックシステム スマート家電リモコン スマホで家電をコントロール ※IFTTT対応 / 重さ16g / 赤外線到達距離30m / 壁掛けフック搭載 [Works with Alexa認定製品]【日本正規代理店品】RS-WFIREX4

ラトックシステム スマート家電リモコン スマホで家電をコントロール

※IFTTT対応 / 重さ16g / 赤外線到達距離30m / 壁掛けフック搭載

[Works with Alexa認定製品]【日本正規代理店品】RS-WFIREX4

例えばこのラトックシステムのネットワークリモコンには

温度・湿度・明暗のセンサーがついている。

現在のエアコンの稼働状況、温度設定などは分からないが

室温や湿度などは分かるのでエアコンをONにする信号を送り

しばらくして温度や湿度が下がったかなど確認できる。

自宅にペットを買ってる場合など快適な室温に保たれているかも確認できる。

明暗センサーはエアコンには使わないけど

照明のONOFFの際に利用できる。

赤外線リモコンに対応してればエアコンに限らず

照明やテレビなど多くの機器に利用できるんだ。

まあ遠隔でテレビのON-OFFなど使うことはまずないけど。

 

理想を言えばエアコン内蔵のWifiを利用したほうが

双方向なので便利だったりするけど

そのためには高価なエアコンを利用する必要がある。

エアコンメーカーオプションのWifiユニットも売られているが

1万円以上するケースが多いので

あえてメーカーのを使わずネットワークリモコンを買うのもあり。

ネットワークリモコンは赤外線リモコンの学習であり

赤外線が届く範囲でしか使えないので基本1部屋1台必要になるのでその点は要注意。

今の時期はエアコンの利用が多いので

この手のネットワークリモコンを買うにはいい時期かと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メル友

  • 2019.07.19 Friday
  • 19:32

7月19日って誰かの誕生日だったと思うけど

誰だったかな・・・と。

それで思い出したのはメル友のことだった。

ネットでしか知らない人で

チャットとメールでしか連絡をとっていない。

今だとTwitterやオンラインゲームの繋がりが

それに近いのかもしれないなあ・・。

 

メル友になるきっかけはオンラインチャットサイトだった。

おそらく20年ほど前のことだ。

ワイルドアームズ2が発売されたあとのこと。

ワイルド アームズ2ndイグニッション

ワイルド アームズ2ndイグニッション

このゲームが好きで交流チャットに顔を出していた。

ハンドルネームを設定してあれこれチャットをするというもの。

全く知らない見ず知らずの人とネットで語らう時間は楽しかった。

当時はまだインターネット黎明期。

家庭でのネットはテレホーダイが主力の頃。

僕自身も含め参加者は学生が多かった気がする。

特に研究室に入った理系学生が多かったような。

チャットで出会った人とはメールアドレス交換をして

メールでのやり取りが始まる。

ただの挨拶で終わってしまうこともあれば

近況を報告し合う間柄になっていくパターンも。

10人以上と交流をしていたけど1人減ってという感じで

5年後くらいには1人残ってその人が今日誕生日だったと。

その後メールから交流の場がmixiに移り

やがてやり取りは減って消えていってしまった。

お互いmixiには顔を出さなくなっていつしか終息という感じ。

ただ今どうしているのかなとふと今回の件で思ったりする。

 

メールでの見知らぬ人のやり取りだけど

ある時思ったのはこれは文通だな・・と。

ネット時代以前には同じ趣味同士で文通が行われていた。

雑誌などで文通相手募集などよくあったもの。

今考えると住所や名前などを見知らぬ人に教えるのは怖いが

当時は手紙でのやり取りが基本だったので問題なかったのだろう。

ミドリ レターセット 活版 フレーム柄 青 86463006

ミドリ レターセット 活版 フレーム柄 青 86463006

近況を報告したりある時は相談事をしてみたり

会ったことはないけどいつしか心を許せる関係になっていく。

そういうのには憧れたものだったけど

ネット時代にはメールでのやり取りでそれが実現できるものなんだなと。

 

今メル友ってあるんだろうか。

そもそも出会いの場所ってあるんだろうか。

やはり今だとオンラインゲームが多いのかな。

Twitterとかでの繋がりもありそうだけど

逆にそうしたのを利用した犯罪なども増えているため

昔のように相手を信頼してというのが難しくなってる気がする。

会ったことがない知らない人というのは

リアルの自分を知らずそういう固定観念を持たずに

対処できるという点でいえばもう1つの自分を作れるとも言える。

オタクであることを隠して生活している一方で

ネットではオタク全開で活動する自分なんてのはよくあるパターンだ。

そういう中で同じ趣味を持つ仲間を見つけたいというのは

自然の流れな気がする。

きっと今も日本のあちこちで新たなメル友が生まれてるのだろうか。

 

最近そういう新たな出会いというか

そういうのがない。

自分自身で面倒だと避けている気がする。

いつも同じことの繰り返しは退屈ではあるが楽なんだ。

そのぬるま湯に使ってしまってる気がする。

でも人生にメリハリつけるためには刺激も必要だと思う。

ちょっと新しい世界に足を踏み入れてみようかなあ・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SugarSyncとEvernote

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 23:31

以前はクラウドサービスをかなり重宝していた。

今でもOneDriveやDropboxは少し使うことはあるが

昔に比べると利用は激減している。

一番利用していたのは2013年前後だろうか。

僕はSugarSyncをかなりアクティブに利用してたし

Evernoteも利用していた。

しかしどちらも今は全く利用していない。

 

SugarSyncはかつては無料クラウドサービスで

有料の大容量プランありというフリーミアムモデルを導入していた。

その際に僕はSugarSyncを利用。

無料で5GBで紹介などを利用することで多少増やすことが出来たっけ。

SugarSyncは他のクラウドと違って

フォルダ単位でクラウド同期することが出来たので

PC間のファイル同期にすごく便利で

自宅PCと会社PC、またスマホといった感じで連携をしていた。

例えば会社の特定フォルダのデータをクラウドに自動アップロード。

それを自宅PCの特定フォルダに同期すると行った感じ。

スマホでも同様に利用していた。

便利だったけど海外でまず無料プランが終了。

国内は維持されていたけどその後終了して

完全有料サービスとなってしまった。

今は有料サービスとして存続しているようだけど使うことはないだろう。

月額100円/5GBくらいの小容量プランでもあれば使ってたかもしれないのに。

 

Evernoteはメモ・ノートアプリとそれに付随したクラウドサービス。

スマホで利用したメモを記録して管理するというものだった。

クラウドストレージはストレージ容量ではなく

アップロード容量によりプランが決められていたと記憶している。

無料プランは月60MBまで。月額600円で月10GBまでアップロードできる。

メモやノートは文字だったり写真だったり音声データだったりいろいろ扱える。

写真ではOCR機能があってテキスト化されて検索対象になったり便利だった。

Evernoteをそもそも利用したのは

ドコモのスマホにバンドルされていて1年間無料でプレミアムプランが使えたから。

昔は1年くらいで乗り換えまくっていてEvernoteのプレミアムプランを使っていた。

でもドコモ白ロムを使わなくなり気づけば利用が激減してしまった。

Evernoteは魅力的なアプリも豊富だったけど

それらのいくつかが終了してしまったことも使わなくなった理由の1つかな。

Evernoteは今も無料のベーシックプランはあるので

気になる人は使ってみてもいいだろう。

 

SugarSyncもEvernoteも

今使わなくなった理由はPCじゃなくスマホがメインになったからだと思う。

かつてはPCが母艦でスマホはそれに付随した端末みたいな感覚だった。

スマホで管理するデータはPCでも同じように管理をしていて

PCがスマホの上という立場が明確だった。

しかしスマホの性能が向上した結果、今はスマホとPCは対等。

いや一部ではスマホのほうが上になりつつある。

だからクラウドに頼ることは減っていきそう。

Transcend iPhone対応 USBメモリ(iPhone iPad iPod/Win Mac PC兼用:Apple MFi認証取得)128GB シルバー iPhone X対応 2年保証 TS128GJDG300S

Transcend iPhone対応 USBメモリ(iPhone iPad iPod/

Win Mac PC兼用:Apple MFi認証取得)128GB シルバー

iPhone X対応 2年保証 TS128GJDG300S

ただスマホデータのバックアップは忘れないように。

こまめにUSBメモリやPCにバックアップしたい。

 

もしSugarSyncあたり

無料プランが残っていたら今も使っていただろうか。

まあスマホがこれほど進化するとは思わなかったが

もう使っていなかったかもしれない。

 

Dropbox Plus 3年版 (ドロップボックスプラス) | オンラインストレージ | ソースネクスト【正規代理店】| Win/Mac/iOS/Android対応

Dropbox Plus 3年版 (ドロップボックスプラス)

| オンラインストレージ | ソースネクスト

【正規代理店】| Win/Mac/iOS/Android対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon Prime Day

  • 2019.07.15 Monday
  • 12:00

7月15日の午前0時よりAmazonプライムデイが始まった。

16日夜まで行われるようだけど今回はどうだろう。

当然Amazonデバイスはこの時期は安くなる。

ただFire TV Stickなど既に持っているんだなあ。

正直この時期安く買えるので普段の値段で買うのが馬鹿らしくなる。

今回は今年春に発売されたEcho Show5が目玉だろうか。

新登場 Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)

スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

値引きされるとは思っていたけど

4000円OFFの5980円まで下がっている。

9980円で買ったひとがどれだけいるのか分からないがどうなんだろう。

Amazonデバイスを買う人はプライム会員が多いこともあり

買うならやはりこうしたセール時期がベストだな。

 

ゲーム関連はあまり良いものがない。

PS4のセットは去年の年末年始のほうが

ソフトもう1本ついていて魅力だった気がする。

任天堂スイッチのセット

ソフトや追加コンテンツなどがいろいろセットになったもので割高。

それが欲しいというひとならともかくスイッチ本体を求める人には微妙。

いろんなカテゴリがあるけどデジタル関連で

カメラ、パソコン、タブレットで1つずつ僕がおすすめと言える製品を紹介したい。

まずはカメラ。ニコンD5300+AF-P 18-55レンズセット。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 AF-P 18-55 VR レンズキット ブラック D5300LKP18-55

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300

AF-P 18-55 VR レンズキット ブラック D5300LKP18-55

これが4万円ほどで買える。

カメラのD5300はやや古いカメラになるけど

今でも魅力は高い。そして何より組み合わせられるレンズがAF-Pシリーズ。

これは非常に高速なレンズで従来のAF-Sシリーズよりも快適に使える。

ライブビュー等を利用しての撮影においても非常に高速。

これが4万円そこそこで買えてしまうのはすごく魅力。

カメラ自体は古めだけどWifiやGPSなどもついており多機能モデルで

この5年以上デジ一眼はあまり進化してないことを考えても問題ないと思う。

それより3年前に出たレンズのほうが素晴らしいから問題ない。

ほしいなあ。

続いてはパソコン。

なんとChromebookが19800円で発売されている。

ASUS ノートパソコン Chromebook C202SA 11.6型 タッチ機能なし 英語キーボード Celeron N3050 4GB eMMC 16GB 約10時間駆動 【日本正規代理店品】 C202SA-GJ0137 ダークブルー

ASUS ノートパソコン Chromebook C202SA 11.6型

タッチ機能なし 英語キーボード Celeron N3050

4GB eMMC 16GB 約10時間駆動 【日本正規代理店品】

C202SA-GJ0137 ダークブルー

ASUSのChromebookだけど僕もこれに近いモデルを持ってるが

RAMは2GBモデルだった。これは4GBモデルでこの値段は安い。

ネット端末としては非常に使える端末で

旅行などの際には毎回持っていく欠かせない。

起動も速いしバッテリーの持ちもよいし1台あれば重宝する。

ただPCのブラウザでChromeを利用してない場合は微妙かもしれない。

PCでChromeを使ってれば同じGoogleアカウントで使えば

ブックマーク等同期出来るのでPCと同じように使えるんだけど。

これまで何度かChromebookについては

ブログで紹介しているんだけど最近35000円くらいのモデルばかりだったので

この値段で買える今はチャンスと言えるかと。

タブレットは定番のiPad。

iPad Wi-Fi 32GB - スペースグレイ (最新モデル)

iPad Wi-Fi 32GB - スペースグレイ (最新モデル)

2018年モデルであるiPadだけど35000円くらいで買える。

Apple製品はあまり値下げされないし

特に廉価モデルであるこのiPadはあまり安くならないので

今回セールになったのはちょっと意外だ。

A10搭載で少し古いモデルにはなるけど

最新iOSへの対応も問題ないし買いだろうと思う。

Apple watchも安いけど・・こっちはたまにセールしてるし

秋に新モデルが出るからどうかなと。

 

こんなところ・・ではなく他にも魅力的なものがいろいろ出ている。

ちなみに既に注文したものが1つある。

それはセールで出るだろうと待っていたプロテインのサバス。

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 限定パッケージ 1,050g

明治 ザバス ホエイプロテイン100

ココア味【50食分】 限定パッケージ 1,050g

6月から飲んでいるんだけど

8月初めには切れるので今のうちに買っておきたい。

定期お得便よりも300円か400円ほど安く買えるから。

 

しかしプライム会員セールをこんな感じでやるよりも

プライム会員なら普段からこの価格で買えるようにしてほしいなあと思う。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


recommend

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3
【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3 (JUGEMレビュー »)

DJIのスマホ3軸ジンバルの新モデル。折りたたんでコンパクトに収納できるようになった。さらに13500円と値下げ。

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM