ネットワーク対応ドアホン

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 19:36

我が家の玄関のドアホンにはカメラがない。

映像がなく音だけのドアホンなので

以前からカメラ付きに変更したいと思っている。

また2Fでチャイムの音が聞こえづらい欠点があり

宅配便などに気づかないことが多いので

コードレスの子機を2Fに設置できるタイプの製品が理想。

それで前から検討をしていた。

 

防犯的な側面で見れば

ピンポーンと鳴らした人が誰かは記録しておきたい。

泥棒はその家が留守かを確認するために

チャイムを鳴らすことがあるようだ。

応答があれば訪問セールスのように対応すれば問題ない。

だから留守の時に誰か来たかは動画で記録しておきたいと思ってて

そうした機能があるPanasonicのドアホンを検討していた。

パナソニック(Panasonic) ワイヤレスモニター付テレビドアホン どこでもドアホン VL-SWD302KL

パナソニック(Panasonic) ワイヤレスモニター付

テレビドアホン どこでもドアホン VL-SWD302KL

この302KLあたりが候補。

価格は2万円台。

取付工事が必要になる。そんな難しくなさそうなので

多少DIYとかやってる人ならすぐ取り付けられそうだけど

配線などは電気工事士の資格を持ってないとできないらしい。

ただ父が大昔にとって持ってるようでやる気を見せてるけど。

以前も門柱灯の配線いじって設置してたっけ。

 

ともかくそれで検討をしていたんだけど

最近ネットワーク対応の上位機種が気になる。

上位機種にはスマートフォン連携機能がある。

ピンポーンと鳴らすとなんとそれが

自宅以外にいるスマホへ通知されて応答することが出来る。

パナソニック(Panasonic) ワイヤレスモニター付テレビドアホン VL-SWH705KS

パナソニック(Panasonic) ワイヤレスモニター付

テレビドアホン VL-SWH705KS

この機能はなかなか未来的でスマートフォン時代だなと痛感する。

そういえばPanasonicはコードレス電話でもスマホ連携機能があり

自宅にかかってきた電話をスマホに転送する機能があったっけ。

自宅にかかってくるTELのほとんどはセールスなので

わざわざ転送する必要はないんだけど

玄関の映像を転送するのは面白いかもしれない。

近所の人が回覧板を持ってきたりすることもあり

要件を聞いて次へ回してとお願いも出来るしでなかなか良さそうだ。

 

ただ実際スマホ転送なんて必要かどうか考えると

必要ないような気がする。

それこそお店などしてる人なら必要かもしれないが

普通の人は別にそこまで気を使う必要ないかなと。

あと防犯的な面でいえばそもそもカメラがあると

泥棒はチャイムを鳴らさないのではなかろうか。

誰が訪問してきたかは記録可能だけど

鳴らさない人が自宅を覗いてたとかは分からない。

そういう点でいえば防犯カメラのほうが有効かなと。

SpotCam クラウド録画対応 暗視撮影 HD画素 防水 防塵 アウトドアネットワークカメラ(1日間無料フルタイムクラウド録画) SpotCam-HD-Pro

SpotCam クラウド録画対応 暗視撮影 HD画素 防水 防塵

アウトドアネットワークカメラ

(1日間無料フルタイムクラウド録画) SpotCam-HD-Pro

屋外に防犯カメラを設置するのは大変だが

屋外設置可能な防雨モデルのネットワークカメラを設置すればいい。

このクラウドカムは録画データをオンラインに保存するので

カメラを万が一破壊されてもデータは消えない。

24時間分の録画は無料だがそれ以上は有料プランになるが

防犯効果はかなり高そうだ。これを自宅の道路側に設置すれば

広角でいい感じに記録できそうだが・・・。

 

ということでネットワーク対応のドアホンは気になる。

ただネットワークカメラのほうがいいかなあ。

でも普通の録画機能付きのテレビドアホンは欲しいけどね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

定額音楽配信

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 21:30

定額音楽配信は2015年の夏頃に

様々なサービスがスタートした感じだ。

AWA、Line Music、Apple Musicなどスタートし

KKBOX、GooglePlay Musicなど追随。

AmazonプライムミュージックやSpotifyなどもスタートして

今は様々なサービスが乱立している状態だ。

 

僕が現在利用しているのは

Amazonプライムミュージックのみ。

というかプライム会員だから利用出来るだけで

実際は全く利用してない。

PCで何度か聞いたことはあるけど

ヒットソングなどはあまり多くはなくて

正直使えなかったというのが印象だ。

海外の曲などはいろいろあるらしいけど洋楽あまり聞かない。

 

どのサービスも期間限定でお試しサービスがある。

2015年夏に様々なサービスがスタートしたけど

その際にLINE MUSICはお試し利用してみた。

当時は定額音楽配信の利用で

どれくらいのパケット通信量を使うのかが知りたかった。

ウォーキングの際にMVNOのSIMで通信を行って

通信量を調べてみたり低速モードで聞けるか試したりした。

今は状況がかなり変わってあまり参考にならないだろうが

通信量はそこそこあり1日1時間だと100MB以上は使う。

低ビットレートでも使えるけど音質が明らかに落ちる。

昔のヒット曲とか聞いてたけど

検索がなかなかうまく使えず目的の曲を再生するのに

苦労したという記憶がある。

 

定額音楽配信は膨大な曲を聞くことが出来るが

曲を探して聞いてということを毎回してては時間の無駄。

あらかじめ曲を探してプレイリストを作ることになる。

例えばランニング用プレイリスト、バラード系プレイリストなど

プレイリストを作ることで自動でその曲を探して再生してくれる。

プレイリストは公開することも出来て

自分のお気に入り集とかいった具合で共有出来たりする。

ただ曲が少ない。

LINE MUSICは2500万曲、Spotifyは4000万曲とか言われてるが

実際には大半が海外の曲で国内のJ-POPはあまりない。

正直僕は何万曲も必要ない。

過去30年間のオリコンベスト100の3000曲が対応してくれれば十分。

ところがこのJ-POPベスト100は驚くほど対応しておらず

探してもあれもないこれもないと落胆することになる。

レコチョクベストは一番J-POPが充実してそうだが

それでも100%網羅していることはないだろう。

 

僕の音楽を聞くスタイルともあってない。

僕は特定の曲ばかり聞く。

PCにお気に入り曲フォルダがあり

そのデータだけを聞いたりしている。

15年前に600MBくらいだったファイルは今は1.5GBまで増えた。

ただこれで十分。100万曲とかそんな必要はない。

聞きたい曲を聞きたいときに聞ければ満足なんだ。

ただこれだと新しい曲になかなか出会えない。

そのためラジオを聞いたりする。

昔Yahooサウンドステーションというのがあり

新しい音楽を聞くのに最適だったけど今はそれがない。

そういう新しい曲を無作為にラジオ感覚で曲を流すなら

定額音楽配信も価値を感じるがそれに月額1000円は出せないな。

 

もし定額音楽配信を聞くとしたら・・

自宅でPCで利用することになると思う。

スマホアプリしか対応してない製品はつらいが

Bluetoothスピーカーを利用すれば手軽に利用出来るかと。

Anker SoundCore 2 (12W Bluetooth4.2 スピーカー 24時間連続再生)【強化された低音 / IPX5防水規格 / デュアルドライバー / マイク内蔵】 A3105011

Anker SoundCore 2 (12W Bluetooth4.2 スピーカー

24時間連続再生)【強化された低音 / IPX5防水規格 /

デュアルドライバー / マイク内蔵】 A3105011

スマホ+Bluetoothスピーカーは

ネットラジオを聞くのに最適で以前はWinampとかで

適当な海外のネットラジオを聞いたりしていたものだ。

最近は航空無線を配信してるアプリを聞いたりしてるけど。

あとChromecastオーディオという製品があったが

あれもネットラジオを聞くのに良さそう。

 

 

テレビだとPCを利用しながら利用しづらいけど

スピーカーから流すだけならPC画面みたままで済む。

こうした環境を利用して定額音楽配信を利用するのはありか。

 

ってことで定額音楽配信は利用する予定はない。

ただラジオスタイルのサービスなら

安価なら利用してもいいかなあ。

とりあえずその前にYouTubeとかにアップロードされてる

全曲集とか作品集といった違法アップロードを取り締まらないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋のヤフオク!出品

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 21:24

9月に入ってそろそろヤフオク出品を本格化した。

秋はヤフオク出品に最適な時期なんだ。

これはあくまで個人的な理由なんだけどね。

僕は基本的に引きこもり。

仕事以外であまり外に出ない。

会社帰りも早く帰りたい。

ヤフオク!出品をすると発送やらで外に出ないといけない。

それはとても面倒なんだ。

ところが秋はアクティブモードになり

いろいろお出かけする機会が増える。

ちょっとヒガンバナやコスモスが見たいと思ったら

カメラを持ってすぐ出かけるほど行動的になる。

だからヤフオク出品に最適なんだ。

 

ただ1つ懸念がある。

それはYahoo!プレミアム会員。

実は今月メインスマホが更新月でMNP予定。

AUからY!モバイルにMNPする予定なのだが

Y!モバイルはYahoo!プレミアムが無料で利用出来る。

その切り替えがどうなるかなと。

まあ別にそのあたりが出品をとどまる理由になるかというと

多分ならないだろうけど。

最悪月額462円がかかるだけだからまあやむを得まい。

 

ヤフオク!出品は僕の場合は水曜日に出品することが多い。

出品には時間はかかるけど夜ならいつでも問題ない。

重要なのは終了日の設定だ。

最悪なのは金曜日。

金曜日の夜は帰りが遅い人が多いし

土日に支払いや発送などがあると厄介。

今はYahoo!かんたん決済なので土日でも即決済は可能だが

発送は郵便局が開いてなかったりすることもあるので厄介。

理想は日曜日の夜だ。

たいていの人は自宅にいてゆっくりしている。

月曜日の支払いや発送などは問題なく可能なためだ。

もっとも日曜夜終了の商品はとても多いので

ライバルが多くて落札価格が下がる可能性もある。

逆に参加者も多いので落札価格が吊り上がる可能性もある。

ともかく水曜日出品の日曜日終了が僕のヤフオク!の定番。

 

出品時の価格だが落札相場を見て決める。

5000円前後で落札されている商品の場合は

いくらで出品するのがいいだろうか。

相場付近の5000円で出品した場合は

たいてい5000円で落札される。

ライバル次第では落札されないこともある。

一方で1000円で出品した場合は1000円で落札されるリスクはあるが

実際それはまずない。

ウォッチリスト登録者数などは5000円で出品したときより

1桁は多くなるだろう。

そして落札価格だが相場より上がる傾向がある。

確実上がるわけではなく下回ることもあるが

統計的には上になることが多い。

出品期間が1日とか短いとリスクが高まるので

3日程度は必要じゃないかと思う。

 

ヤフオク!はここ最近で大きく変わりつつある。

昨年2月にシステム手数料が値上げされたが

その後Yahoo!かんたん決済の手数料が無料化されて

今はほとんどがこの決済となっている。

銀行口座などを教えるのは時代遅れでほぼ簡単決済のみ。

発送方法もクロネコや郵便と提携して安価な発送手段が可能になっている。

この提携サービスは宛名書きが不要なので非常に便利でおすすめだ。

送料もかなり安いからこれに対応しておくことで

ライバルに対して優位に立つことが出来る。

僕自身落札することは多いけど送料がいくらになるかは重要で

よく一律1000円とかあるのはかなり嫌う傾向がある。

ヤフネコパック、ゆうぱっくおてがる便などは

落札者にとって送料が抑えられ魅力的であると同時に

落札相場が上がりやすいので出品者にとってもメリットはあると。

これにより以前定形外など保証なしで送ってたようなものも

60サイズのヤフネコやおてがるゆうパックで送る場合が多く

ボックスバンク ダンボール 60サイズ(24×19×14cm)10枚セット 引越し・配送用 FD08-0010-a

ボックスバンク ダンボール 60サイズ(24×19×14cm)

10枚セット 引越し・配送用 FD08-0010-a

60サイズの箱の需要がとても高いのであらかじめ用意しておきたい。

Amazonや通販での箱はとっておきたいが

70サイズや90サイズなどで送る側に最適な箱はあまりないので

買っておいてもいいかと。

 

ということで

今回いつまで出品するかは分からないけど

出品して売ってしまいたいものは多いので

片付けなどしつつ出品を継続していきたい。

紅葉狩りなどのアクティブモードは11月末まで続くので

それくらいまでは出品をつづけられれば。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

今夜から楽天スーパーセール

  • 2017.09.02 Saturday
  • 13:16

最近やたら楽天からメール来るなと思ったら

楽天スーパーセールが今夜からあるようだ。

9月2日の19時スタートで9月7日まで。

凄く安いものは数量限定だったりするけど

ポイントが増えてたり普段の買い物でも

多少お得になっていることが多いので

買うものがある人にとってはお得に買えるチャンスといえる。

思えばこれまでドライブレコーダーとかHDDとか

ノートパソコンとかデジカメレンズとか楽天スーパーセールで買ってたっけ。

 

ちょっと前の楽天スーパーセールでは

電子書籍端末の楽天Koboがお買い得だったけど

最近どうもあまりKoboはやる気はないようだ。

代わりに力を入れているのは楽天モバイル。

セールに合わせてお買い得なスマホを発売する

 

いろいろ出ててその後ヤフオクなどに

同じ商品が多く出品されるから分かりやすい。

ただ楽天が販売する品数が多いため

欲しい人の手に渡って結果的に相場が暴落するだけで

転売目的の人にはあまり向いていないと思うけどね。

 

今回僕が注目をしているのは楽天トラベル。

トラベルもまた楽天スーパーセールが行われる。

秋の行楽シーズンはこれからだけど

信州の旅館などを検討している。

10月から11月あたりにかけて

紅葉を見に行くついでに泊まれる宿はないものかなと。

長野県内の宿は10月2日までは

ディスティネーションキャンペーンとかやらで

500円クーポンとかも使えるようで検討中。

 

楽天に対抗してYahooあたりは何かしないのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブマネーウォレットの使い道

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 19:37

僕が書いているJUGEMのブログ。

JUGEMには有料プランのJUGEM PLUSがある。

以前その支払いにウェブマネーウォレットを利用していた。

このためだけに利用していたのだが

JUGEM PLUSの支払い方法に変更があり

ウェブマネーウォレットが使えなくなり

8月分からはクレカに切り替えたんだ。

 

ただウェブマネーウォレットをちょうどチャージしたばかりで

まだ3000円以上残っている。もう少し早く分かれば

チャージせず残高60円でどっかに寄付して終わりだったのに

今はチャージした3000円をあわせて3060円が入っている。

3000円チャージしておけば年内は大丈夫だろうと思ってたけど

まさかサービスが変更になってしまうとは。

JUGEM系のネットマネーサービスに対応したらしいが

それもいつか同じことになるだろうからクレカに変更した。

それでウェブマネーウォレットの使い道を今考えている。

 

ウェブマネーはコンビニとかで買える電子マネーだが

ウェブマネーウォレットはその派生サービス。

JUGEM PLUSのような月額プランの支払いに充てられるメリットはあるが

従来のウェブマネーとは別になるので

ウェブマネー支払いは出来てもウェブマネーウォレットでは

支払い出来ない方法もある。例えばSteamはその代表例だろうか。

ともかく使い道がなくて困っている。

ウェブマネーウォレットのサイトを見る限り

http://www.webmoney.jp/shopping/index.html

使うかもしれないサイトは

ニコニコ動画、LINE STORE、ムビチケくらいだけど

どれも使うことはないだろう。となると無駄になってしまう。

さてどうしよう。

 

ウェブマネーウォレットはちょっと前から

他のサービスへの切替を行うことができる。

http://www.webmoney.jp/service/kirikae/index.html

切替先はウェブマネーカードかバーチャルカード。

バーチャルカードは元のウェブマネーに近い形態となるようだ。

使い勝手の悪さは変わらないけどSteamでは使えるようになる。

手数料がかからず手軽に移行できるのは利点だが

ウォレットは有効期限ないのに対してバーチャルカードは2年の期限がある。

ウェブマネーカードはプリペイドのクレジットカードだ。

あらかじめウェブマネーサイトでカードを作っておく必要がある。

カードは無料で作ることができる。

これに移行するには4%の手数料が必要になる。

ただプリペイドクレカ扱いになるため使い勝手は抜群で

ネットショップやコンビニなどほとんどで使えるようになる。

 

ということでウェブマネーとしての利用先がない現状では

無理にウェブマネーで使えるサービスにお金を使うよりも

確実に利便性があがるWeb Money Cardへ切り替えるのがベスト。

ただプリペイドとはいえ無駄にカードを増やしてしまうのは嫌かな。

au walletも同じグループなんだからこれに切り替え出来ればベストだが

出来ないのはほんと不便。無駄に増えていく。

4%の手数料はとられるが120円ほどだからまあ大丈夫。

必要のないネットサービスに3000円くらい費やすのに比べればマシかなと。

そのためにはウェブマネーカードの申し込みが必要で先にカードを作っておかねば。

http://sp.webmoney.jp/masterwm/index.html

プリペイドのクレカを1つも持ってない人なら

これも便利なんだけど僕はいろいろ持っている。

1%とか0.5%のポイント還元をうたっているがLine Payやdカードプリペイドは

もっとポイント還元率が高いわけでもっと頑張ってほしいところだ。

 

ということでこの記事書きつつカードを申し込みした。

届いたら移行手続きをしてAmazonとかの買い物で使おう。

有効期限はカード発行後5年らしい。

それまで使うだろうがすぐ使いたいのなら

Amazonギフト券を購入すれば

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

残高0円まできっちり利用することができるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人のライブ配信

  • 2017.08.25 Friday
  • 23:21

個人がライブ配信を行うようになったのは

今から10年前くらいのことだ。

Windows MediaエンコーダやPeercastを利用して

不特定多数の人への配信が始まった。

当時はまだ見る側にそれ相応の負担が求められたものだ。

僕自身ゲームの実況配信を行ったのはこのころのこと。

PCゲームの配信は2PC配信が主流で

ゲーム用PCと配信用PCの2台が必要で敷居が高かった。

 

その後配信サービスが爆発的に広がる。

PeercastのようなP2Pタイプではなく

サーバー型が広がっていった。

Ustream、スティックカム、Justin.tv、ニコニコ生放送など

多くの個人ライブ配信サービスがスタート。

これにより配信への敷居は大きく下がり手軽に行えるようになった。

このころウェブカメラが大人気だった。

Logicool ロジクール HD プロ ウェブカム c920r

Logicool ロジクール HD プロ ウェブカム c920r

顔出し配信する人も増えていたし

またモバイル回線とモバイルノートPCを利用して

車載生配信をする人がいてそういう人にウェブカメラは人気だった。

ただ当時も今も配信の中心はゲーム実況だったように思える。

ゲーム関係はS端子キャプチャがHDMIになり

そしてキャプチャデバイスも売られるようになり敷居はどんどん下がる。

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875

ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス

日本正規代理店品 DV358 AVT-C875

昔は配信PCなど用意していたけどこうしたデバイスだけで

簡単に行えるようになってしまった。

ネット個人配信サービスはさらに広がって利用者が増えていき

配信者も激増していった。

 

スマートフォンを利用した個人ライブ配信は

ツイキャスがかなり前からサービスを始めている。

今では圧倒的な利用者数を誇るツイキャスだけど

当時は人があまりいなかった。

視聴者数で1位の人でも50人行ってなかった気がする。

今だと1000人とかそれ以上だから恐ろしく増えた。

ツイキャスは地道にスマホ配信に特化して行っていて

徐々に利用者数を増やしていき

2013年か2014年頃になるとスマホ利用者が爆発的に増え始めて

そこから一気にPCからスマホへと流れが変わっていった。

ニコ生やUstreamなどはスマホライブ配信に乗り遅れて苦境に。

Twitter、Instagram、Line Live、Showroomなど

スマホに最適化して個人ライブ配信などが近年増えてシェアを伸ばしている。

スマートフォンは単体でどこでも手軽に配信出来るデバイスであり

PCよりも配信者が増えているのが現状な感じだ。

 

そんな個人のライブ配信だけど

ここ数年は一極集中が進んでいる。

2009年頃はまだ配信者が多くはなく広く満遍なく視聴者がいた。

ところが今は多い配信には数万人以上の視聴者を抱えるようになり

一方で視聴者数10人以下の過疎配信も増えている。

配信者が増えたけど視聴者数はそれほど増えていない。

一方で特定の有名配信者に集中する傾向があるため

昔よりも過疎配信が激増してしまっている状況のようだ。

昔のように配信すれば誰かしら見てくれる状況は終わった。

今や人気者でないと視聴者が集められなくなってしまったと。

 

またビジネス化も顕著に進んでいる。

昔は配信者がお金を使って苦労して配信をして

見てもらうという形だった。

しかし今は配信をして視聴者からお金を取るシステムも広がっている。

お金を使うのが配信者から視聴者へと変わりつつあるし

そうしたビジネスモデルが広がっている。

アイドルなどもファンサービスやファン獲得のための配信から

課金アイテムで貢いだりやカンパしたりとお金が絡むものが増えた。

有名配信者なども配信ビジネスで多額の利益を得るようになった。

ただビジネスが絡むとステマややらせなどが横行してくる。

明らかに著作権違反の配信なども増えてきて状況は悪化しつつある気がする。

配信サービスも利益を得る必要があるので仕方ないことだが・・・。

昔のようなPeercastで個人が頑張って負担して配信してた頃が懐かしい。

 

今はほんとスマホさえあれば誰でも簡単に配信出来る。

ただ配信の容易さと引き換えに視聴者を集めることは困難になった。

視聴者0で配信をするほどむなしいものはないが

そうした配信が日々多く行われているのが現状だ。

今は人気者が配信を行い視聴者を稼ぐ時代だけど

少ないながらも配信を行ってそこから人気者になる人も出てくるから

そういう人は応援したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

24時間テレビマラソンと追跡者

  • 2017.08.20 Sunday
  • 21:21

今年の24時間テレビは8月26日・27日に開催される。

http://www.ntv.co.jp/24h/

例年なら5月から6月に発表される

チャリティマラソンのランナーだけど

今年はまだ発表されていない。

報道などによると当日発表されるようだ。

ただ行われることは間違いない。

 

僕はあまり24時間テレビは好きではないが

このマラソン企画は好きだ。

正確に言えばこのマラソンを追跡している人たちがいるから

それで楽しみにしているといえるだろうか。

かなり前から2chの有志が集まり実際マラソンランナーが

発表された距離を走っているか並走して確認している。

車でワープしてるんじゃないかとかかつて言われていたが

彼らの追跡により実際発表された距離を走っていることが確認されている。

また追跡班はTwitterやネットライブ放送などを利用して

その追跡の模様を多くの人たちと共有している。

それらを見るのがまた楽しみなんだ。

 

追跡の配信だけどこれまでを見ると

Ustreamで多く行われてきた。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム

空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

SONYやPanaosnicのアクションカメラやビデオカメラは

Ustream配信機能を備えている。

パソコン不要でWifiでネット接続できれば

直接Ustream配信を行うことができる。

LOGICOOL ブロードキャスター Wi-Fi ウェブカム(MacOS,ios専用) CWIFI

LOGICOOL ブロードキャスター

Wi-Fi ウェブカム(MacOS,ios専用) CWIFI

ロジクールからもUst配信対応のカメラが出ている。

これでバイク配信をしていた人も以前いた。

ただ最近はUstreamが終息気味なので今年はどうなることやら。

 

最近はスマートフォンが普及して

個人が誰でも手軽にスマホで配信できるようになった。

スマホ配信だとPeriscopeやツイキャスなどを利用して

Twitterアカウントで簡単に配信を行うことができる。

今後はこうした利用が増えていきそうかなと。

実際僕が知らないだけで昨年の24時間テレビマラソンでも

多くのライブ配信が行われたのではなかろうかと思う。

僕も関東に住んでいたら追跡して配信してみたいとは思うが

近くに住んでいないので誰かの配信を見たりして

また楽しむことになるかなと。

 

ということで今年の24時間テレビマラソン。

ランナーすら発表されていない状況だけど

予想をしてみることにしたい。

ゴールは東京武道館で間違いないだろうが

出発地点がどこになるかということ。

気になるのは以前のテレビ放送で

"当日武道館にいる人"という発言があったこと。

これはどういうことなのだろう。

つまり走る候補の人はチャリティーパーソナリティの誰か?

水卜アナだといわれているけどどうなんだろうか。

はっきり言って練習もなしにいきなり走らせるのは危険なので

あらかじめトレーニングをしているはずだけどね。

 

ということで誰になるか、どこがスタートか

あと数日だけど注目していこう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフオク!出品再び

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 23:40

お盆になってそろそろヤフオク出品したい。

そう思っていたわけだが実は既に出品中。

前回の出品は3月下旬から6月下旬にかけて行っていた。

7月に入っても少しだけ出品をしていたけどその後は休止。

8月初めに旅行がありその前後は避けていたので

しばらくは休止していた。

お盆休み明けから出品をするつもりだったけど

お盆休みで暇なので早速出品。

Yahoo!プレミアム会員なので

出品には何の問題もない。

 

過去振り返って僕が一番出品が多いのは9月。

9月に出品をする機会が多い。

理由は9月はアクティブモードになるから。

秋が近づくと外に出るようになり

行楽の機会が増える。

それにつれてヤフオクでの取引も活発になる。

ただアウトだ商品などは秋はあまり売れないので

物置などでしまって翌年春に出品したほうがいいかも。

もっとも邪魔なら処分するのもありだけどね。

 

今年春はかなり大規模な出品をしたけど

ヤフオク!のシステムも変わり

様々な配送手段が出来てその点は良かったけど

それに伴い梱包材や箱などをいろいろ購入して

それらがまだ大量にある。

例えばクロネコ提携のヤフネコや郵便提携のおてがる便など

安く遅れる手段が増えた結果それらの利用が増えて

60サイズの段ボールの利用が激増した。

アイリスオーヤマ ダンボール 60サイズ (22×22×16cm) 【20枚セット】 M-DB-60B

アイリスオーヤマ ダンボール 60サイズ (22×22×16cm)

【20枚セット】 M-DB-60B

ネットショップでは70や80サイズの箱が多くて60サイズは少ない。

そのため60サイズの箱をまとめ買いしたんだ。

そのあとに出品を終了したため箱が邪魔になっている。

早く再開してそれらの箱を消費していかないと。

またゆうパケットやネコポスの利用も多いため

A4 厚紙封筒 ワンタッチ貼付テープ、開封テープ付き 白【50枚】

A4 厚紙封筒 ワンタッチ貼付テープ、

開封テープ付き 白【50枚】

こうした厚紙封筒の利用も増えて購入済みだ。

従来はプチプチで梱包して普通の封筒を利用してたけど

厚紙封筒のほうが保護力が高いのでしばらくは

これを利用してみようかと思っている。

段ボールのほうが最強だけどそれ自体の重さがあるからね。

 

ヤフオク!の決済はYahoo!かんたん決済ばかりだけど

その代金の受け取りは春はYahoo!マネーを利用した。

8%のポイント増量があったためだが

それらのポイントが7月にかけて受け取って使えてるので

今後もしばらくはYahoo!マネーで受け取ることにしたい。

今度はYahoo!マネーを使うのにも5%ポイントがつくらしい。

とりあえず今回もYahooマネーで受け取る設定にしておこう。

 

ところで今回出品して即決価格を設定したものが

既に落札されたのだが1つ厄介な案件があった。

昨日の徒然ブログでも書いたけど・・。

落札者が厄介だったわけではなくヤフオクのシステムが厄介なんだ。

それは落札されて落札者の発送先を見ると住所が途中まで。

これでは届かないだろうと落札者に質問をしたわけだ。

そうすると落札者は近くにローソンは1店舗しかないので大丈夫ですと。

意味がさっぱり分からなかった。そもそもコンビニ受け取りとか

何も表示されていない。

そして発送時に発送ラベルを見てその理由が分かった。

プライバシー配送(コンビニ受取)と書いてあり住所が

都道府県までしかラベルには記載されていなかった。

事前にヤフオクの発送先のところにそう書いてあればよかったのに

普通の発送と何ら変わりなく書いてありただ住所が途中まで。

これでは誤解を生むと思うんだけどなあ。

一応Yahooに改善の要望を出しておくことにする。

 

ということでしばらくは出品をつづけていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Hulu契約中

  • 2017.08.14 Monday
  • 12:51

現在定額動画配信のHuluを契約中。

お盆休みに入るタイミングで契約をした。

契約期間は1か月のみ。

クレカ登録だと継続利用になってしまうので

Line PayでHuluチケットを購入して契約をした。

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケットはコンビニで購入できるほか

Amazonなどでも買うことができる。

コードは購入後すぐ表示されるので

すぐに登録することができた。

 

さてHuluの利用は多分2年ぶりくらいだろうか。

久しぶりに利用したHuluだけど少し雰囲気が変わっていた。

今年春にURLがHuluから変更になっている。

海外のサーバーを利用していたものを

国内のサーバーに変更したようだ。

それに伴いトラブルなどもかなりあったようだが

最近は落ち着いてきている模様。

僕はPCで主に見ているけど特に不具合らしきものはないかと。

 

コンテンツに関しては

豊富だけど無茶苦茶多いわけではない。

海外ドラマや海外映画などのコンテンツは

Amazonプライムビデオの2倍か3倍くらいか。

国内のドラマやバラエティなどのコンテンツは

かなり多くて充実している。

ただドラマやアニメなどは現在放送しているものが多い。

昔のコンテンツなどはそれほど多くはないという印象かと。

ただ電波少年とか久々に見たけど懐かしかったな。

ロッコツマニアって今何してるんだろうなあ。

 

数か月単位で契約していると

多分見るものが少なくなってしまうけど

1か月だけ契約して集中的に見る僕の今回のスタイルなら

1000円分の価値は十分に見出すことが出来そうだ。

継続的に契約する必要性などはないなとも思ったかなと。

普段はAmazonプライムビデオで十分。

休みの日など集中的に見るときにHuluを契約するのがいいかと。

そもそも普段は見る暇とかないから全然元がとれないからね。

 

そうそう視聴だけどPCで見ているけど

Fire TV Stickでも利用することができるようだ。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

7月にプライムデイの時に買ったけど

実はまだ開封すらしていない。

何故かとういうとテレビのHDMI端子が足りないため。

古いプラズマテレビなのでPS3とか接続していると足りなくなる。

PS3でもHuluとか見られたりするから

Fire TV Stickはリビングのテレビに接続しようと思ってるが

面倒だからまだそれをしてない。そのうち設置したいところだが・・。

 

ということで9月10日くらいまでなので

せっかく契約中なのでいろいろ見ていこう。

今はハリーポッターシリーズが

8月18日までらしいので集中的に見ている。

あとキングダムのアニメとかも見てたりするかな。

これまで数日で15時間分以上は見ている感じで

あっという間にお盆休みが終わってしまいそうだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

プリペイドの電子マネー

  • 2017.08.11 Friday
  • 23:48

クレジットカードは2枚持っているが

あまり利用することはない。

あとから請求が来るので計画的に使えないため。

毎月の支払いのある通信料の支払いなどでは使ってるが

ネットショッピングや実店舗での支払いでは

めったに利用することはない。

一方で実店舗などで現金の支払いは面倒だ。

小銭などが増えてしまって大変。

それゆえに最近は電子マネーの利用が多い。

 

電子マネーは2014年から本格的に利用し始めた。

最初はおサイフケータイの楽天Edy。

その後はnanacoも利用し始めて今も利用している。

7月末に新しいスマホを購入したけど

au Galaxy S7 edge SCV33 ホワイト パール 白ロム ギャラクシーS7 エッジ

au Galaxy S7 edge SCV33 ホワイト パール

白ロム ギャラクシーS7 エッジ

古いスマホからおサイフケータイの電子マネー情報を

全部移して今はこちらで利用している。

おサイフケータイはカード類を持ち歩かなくてよく

スマホで簡単決済出来るのでとても便利だ。

コンビニ支払いは今はほぼ100%がおサイフケータイ。

その他店舗だと対応しているところはこれで利用する。

昨年秋からはApple watchを利用したSuica決済も利用しており

おサイフケータイとともに併用をしている。

 

Edy、nanacoなどの電子マネーだが

便利だけど対応してない店舗がまだまだ多いのが難点だ。

またネットショップなどでは一部使えるが

多くは使えないのも難点といえる。

そんな弱点を補うプリペイドカードが

ここ数年で一気に広がりつつある。

それはプリペイドクレカだ。

従来のプリペイドカードというのは磁気カードが多く

そのお店などでしか使えなかった。

しかしプリペイドクレカはJCTやVISA、MASTERなど

その提携クレカが使えるお店なら多くで利用できる。

それは実店舗だけでなくネットショップでも利用できる。

Amazon、楽天、Yahooショッピングなど

多くのネットショップで利用可能でとても便利。

 

プリペイドクレカだけど

au walletが登場して一気に広がっていき

今ではドコモやソフトバンクも参戦しており

さらに利用は広がっている。

またポイント提携とも深く関係してきており

各社競争が激しくなりサービス合戦となっている。

ポイント還元率やチャージ方法など差別化しており

いかに利用者を増やすか頑張っているようだ。

そんな中で僕がメインで利用しているのはLine Payカード。

これはLineのプリペイドクレカサービスで

JCBカード互換でその関係のお店で利用することができる。

残高やチャージはLINEアプリから可能。

ポイント還元率は2%でLINEポイントとして得られる。

1ポイントは1円としてチャージ可能。

そしてチャージ方法が多様なのもLINE Payの魅力で

提携金融機関から手数料なしで手軽にチャージができる。

 

この手の電子マネーにおいて僕が重要視するのはチャージだ。

一番最悪なのは現金チャージしかないパターン。

コンビニや駅などで現金からのチャージしかできない場合は

その現金をATMなどから降ろす必要があり手間となる。

理想はスマホを利用してネットバンクから

直接チャージをすることだ。そうすれば現金レスを徹底できる。

わざわざチャージするためにATMに並んでというのは無駄すぎる。

ゆえにネットバンクチャージできないものは僕は使わない。

おサイフケータイだと楽天Edyはネットバンクチャージ対応。

Apple watchのSuicaはネットバンクチャージに対応しないのだが

Line Payカードからのチャージが可能なのでそれを利用すれば

実質ネットバンクからLine Pay経由でのチャージなので問題ない。

 

ということでプリペイドで利用できる

電子マネーをぜひ利用したいところだ。

何が最強化は微妙なのところだ。

プリペイドクレカは対応店舗などは多いけど

実カードを持ち歩く必要がある。

おサイフケータイはスマホに入ってるので

別途カードが不要なのが魅力でまたお手軽だ。

富士通 SIMフリースマートフォン arrows M04 ホワイト FARM06304(M04ホワイト)

富士通 SIMフリースマートフォン arrows M04

 ホワイト FARM06304(M04ホワイト)

スマホのみで決済できるというのは便利。

最近プリペイドクレカのLine Payが

中国などで人気のQRコード決済をローソンなどで行っている。

これはスマホのLine Payから決済用のQRコードを表示させ

お店でそれを読み込みすることで決済できる仕組み。

つまりLine Payカードが手元になくても

スマホのみでLine Pay出来る仕組みのようだ。

おサイフケータイに対応しないスマホでも使えるもので

中国などでは最近多く使われつつあるようだ。

お店側もバーコードリーダーとソフトウェアで対応すれば

利用出来るので敷居が低い。

 

今後はどうなっていくか分からないが

淘汰されていくつかに集約されていくことだろう。

スマホがその中心にあるということは

大手キャリアのドコモAUソフトバンクか

あるいはスマホアプリで強いLINE、

あるいはネットサービスで強いYahooや楽天など

どこが勝ち残ることだろうなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。これを買っておけばOKという鉄板。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM