VPNとNASキット

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 22:36

前からVPNを利用したいと思っていた。

ただ普段の生活でそれほど必要性は感じていなかった。

そんな中で持っているNASキットがVPNに対応してるという。

QNAP(キューナップ) TurboNAS TS-112

QNAP(キューナップ) TurboNAS TS-112

かなり前に買ったQnapのTS-112というNASキットだが

これがバージョンアップでVPNアプリが提供されて

しかもiPhoneならから利用可能なL2TP/IPSecに対応してるので

設定して試してみることにした。

Qnap NASをVPNサーバーとして設定する方法

Qnapのサイトの情報を参考に設定して

自宅ルーターのポート開放なども行ったりして設定。

iPhoneのVPN設定で試したみたら出来た。

意外と簡単に出来て驚いた。

ただTS-112はRAMが256MBしかないシングルコアCPU。

それ故にVPNを利用するにはやや力不足。

QNAP(キューナップ) TS-231P 専用OS QTS搭載 デュアルコア1.7GHz CPU 1GBメモリ 2ベイ ホーム&SOHO向け プライベートクラウド機能対応 NAS 2年保証

QNAP(キューナップ) TS-231P 専用OS QTS搭載

デュアルコア1.7GHz CPU 1GBメモリ 2ベイ ホーム&SOHO向け

プライベートクラウド機能対応 NAS 2年保証

Qnapでも現在の普及モデルを買えばより快適に使えて

VPNを通しての通信速度もかなり高速で利用出来るかと。

 

この手のVPNサーバーは他社のNASキットも対応している。

Amazonなどで人気のSynologyのNASキット。

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

Synology DiskStation DS216j

デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

この製品もVPNサーバーに対応している。

VPN Serverの設定を行えばL2TP/IPSecのVPNも利用可能。

スペックはかなり高いようで快適にVPNが使えそうだ。

NASキットは普通にファイルサーバーとして使う分には

それほど高いスペックは必要ないと思っていたけど

VPNが意外と使えそうなので買い替えもありもしれない。

あとはVPN専用品も売られている。

TP-Link Safestream VPN ルーター ギガビット Ipsec対応 高速通信 雷サージ防止 強固 ファイウォール機能 5年保証 TL-R600VPN

TP-Link Safestream VPN ルーター ギガビット Ipsec対応

高速通信 雷サージ防止 強固 ファイウォール機能 5年保証 TL-R600VPN

最初はこれを買おうかなと思っていたんだけど

これに8000円くらい費やすなら

NASキットを買ったほうがいいような気もする。

VPNルーターはもっと広範囲でVPN接続するのに役立ちそうだが。

 

ということでNASキットのVPNはありだな。

これまで何度か試そうと思ってたけど

面倒そうだからと見送ってきたけど

1度設定してしまえばそれほど難しいものでもない。

VPNの快適さはNASキットのスペック次第なので

もっとハイスペックなNASキットを買わないとなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人ライブ配信

  • 2017.11.13 Monday
  • 20:59

最近はライブ配信が人気だ。

特に個人のライブ配信が人気となっている。

それはスマートフォンが普及して

誰もが手軽に配信できる環境が整っているから。

ただ配信が増えすぎた弊害も出ている気がする。

それは過疎配信の増加。

配信を見る人はあまり増えてないので

人気配信に集中している傾向がある気がする。

でも誰もが手軽に出来るってのはいいことなんだろうが。

 

ライブ配信だけどインターネットで広がったのは

今からちょうど10年くらい前のことだ。

それまでPeercastなどP2Pでの配信が行われていたけど

10年ほど前にライブ配信サイトが広がった。

Ustreamの登場はインパクトあったな。

ニコニコ生放送もその後開始された。

当時は配信機材としてはパソコンが基本でカメラはウェブカメラだった。

Logicool ロジクール HD プロ ウェブカム c920r

Logicool ロジクール HD プロ ウェブカム c920r

今でも顔出しゲーム実況などではウェブカメラが使われる。

当時は今よりウェブカメラが多く使われていた。

僕ですらウェブカメラを持っていたからな。

 

その後配信環境はさらに広がり

PCレスでの配信も可能になっていった。

今のSONYやPanasonicのビデオカメラに

Ustreamライブ配信機能があることを知ってる人は

どれほどいるのだろうか。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍

内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

ビデオカメラをWifiでネット接続して

ウェブサイトでUstream連携を登録して設定することで

ビデオカメラから直接Ustreamライブ配信を行うことが可能になった。

あとライブシェルなどの専用機器を使うことで

他の配信サイトなどにも対応したりしている。

これらは今もビジネスでのライブ配信に使われていたりする。

イベント配信とかライブカメラ配信などで使われていたり・・。

ビデオカメラが使えることで光学ズームが使えたりして

イベントを伝えたりするには最適だからね。

 

そんなPCで進化したライブ配信は

スマートフォンの普及により状況は激変した。

スマホが普及し始めたころはPCのライブ配信サイトが

スマートフォンへの対応を始めたけど

あまり最適化されず快適に使えなかった。

そんな中でスマホ向けのライブ配信サイトが登場。

ツイキャスは当時利用者が少なかったけど

今でも1000倍くらいに規模が増えている。

当時僕も配信したことはあるけど配信者は10人以下。

視聴者トータルは100人程度だった記憶があるが

よくここまで成長したものだと。

そしてスマホ用のライブ配信はここ数年も増え続けている。

【au版】iPhone8 64GB ゴールド MQ7A2J/A apple

【au版】iPhone8 64GB ゴールド MQ7A2J/A apple

スマートフォンはカメラを搭載して

ネットワークもあり高性能なコンピュータでもあるので

ライブ配信に必要な機能は全て備わっている。

これだけでどこでもいつでも手軽に配信出来るため多く使われている。

 

スマートフォンのライブ配信だけど

思いつくものを上げると

まずはツイキャス

人気はトップクラスだと思うが最近は少し陰り気味か。

他がたくさん出てきているので追いやられてる感じか。

Twitterのライブ配信PeriScopeも利用が増えている。

何よりTwitter利用者なら手軽に使えるし見ることが出来るのが便利。

最近人気なのはインスタライブ。Instagramのライブ配信機能だ。

Instaragram人気もあり利用者は多い。

あとLine Liveも人気だ。ニコ生やUstreamから変わって

LINE liveでのイベントや公式配信が増えている気がする。

他にもいろいろあり最近は収益化可能なものが増えている。

ShowroomMixChannelなど。

アイドルや有名人が多く配信している。

ギフトを買ってプレゼント可能で配信者に収益が得られるもの。

それで生計を得ている人もいるようだ。

 

手軽に配信出来てその環境が広がったことで

誰でも有名人になれたり一攫千金を得られる可能性は出てるけど

一方で膨大な数の配信者が生まれていてそれに埋もれてしまう状況にもある。

こういう場合は9割の視聴者が1割の人気配信者に集まる傾向が出てきて

残り9割の配信者はろくに視聴者がつかない状況になるケースも多いと。

人気となった人もそれを維持するのは難しいと。

結果無理に人気を得ようと炎上するような過激配信も出ていると。

YouTubeと似ていてYouTuberの仲間みたいなものじゃないかと思う。

リアルタイム配信か動画編集しての配信かの違いだからね。

ただリアルタイムはレスポンスがリアルタイムで得られることが

視聴者と配信者それぞれにメリットがあり

今後も人気を得ていくのだろうと思う。

 

僕は配信者になることはない。

配信を見ることはたまにあるかな。

インターネットが普及する以前と比べると

時代は変わったなと思う。

昔駅前で路上ライブやパフォーマンスする人いたけど

あれも近いものなのかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ中継のネット配信

  • 2017.11.10 Friday
  • 23:31

テレビ番組などは基本的にリアルタイムで見る必要はないと思う。

バラエティにドラマ、ドキュメンタリーなど

多くは録画してみている。

ただ例外はニュースと天気予報だった。

これらもネットで見られるようになって

テレビでニュースや天気予報を見る必要がなくなった。

故にテレビはリアルタイムで見る必要はない・・わけではない。

もう1つ例外があってそれはスポーツ中継だ。

先週末まで日本シリーズが放送されていたけど

ああいうスポーツ中継は録画ではなくリアルタイムで楽しみたい。

 

ということで最近PC録画環境で

リアルタイム視聴用のチューナー導入を検討していた。

PLEX USB接続ドングル型地上デジタルTVチューナー PX-S1UD V2.0

PLEX USB接続ドングル型地上デジタルTVチューナー

PX-S1UD V2.0

ただこれだと地デジ用で最近はあまり地デジでの中継は多くはない。

しばらくはフィギュアが放送されるし

来年には平昌オリンピックも行われるからそれらを見るのもいいけど

BSデジタルも観られる環境を構築したい。

いやそれ以前テレビで見られないスポーツ中継は多い。

僕はPC中心の生活なのでテレビでライブ中継などは見ない。

PCで見ることが多い。それならネットライブ配信系を

契約したほうがいいんじゃないかなとかふと思ったりしている。

 

スポーツ中継のネット配信だと

DAZN

https://www.dazn.com/ja-JP

スポナビLIVE

https://sports.mb.softbank.jp/

Jスポーツオンデマンド

https://front.jsports-ondemand.com/

この辺りだろうか。

そういえば楽天もなんかやってたけどあれはNBAか。

肝心のプロ野球やメジャーリーグがシーズンオフになりつつあり

これからは冬のスポーツシーズンになるようだけどどうだろう。

コンテンツの量ではDAZNが多くて

価格だとスポナビライブが安いのかな。

Yahoo!プレミアム利用してるので月月980円で見られるか。

ただ今申し込むのはどうかなとは思うけどこれが一番手軽かな。

 

テレビで見るならFire TV Stickが良いようだ。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

僕もこれは持っててテレビに繋いでいる。

ただテレビで見ることがあまりないので

意味ない。パソコンで見たいんだなあ。

出来ればブラウザではなく専用プレイヤーがあり

画面の右下に子画面で見ることが出来たりするのが理想。

それが無理なら別途PCを用意したり

スマートフォンやタブレットを利用することに。

スマホだと画面が小さいのがつらいところ。

タブレットなら問題ないかな。スタンドさえ用意すれば。

先日までFire HDタブレットがセールしてたけど

Fireタブレットでアプリが出ているのか分からない。

Androidなら出ているようだけどね。

Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO ホワイト ※Wi-Fiモデル RAM 2GB/ROM 16GB【日本正規代理店品】

Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO ホワイト

※Wi-Fiモデル RAM 2GB/ROM 16GB【日本正規代理店品】

まあAndroidタブレットも最近はかなり安いから

ネットライブ視聴用として買うのもありかもしれないけど。

 

ということでスポーツのネット中継が増えてほしい。

これからの時期はラグビーとかアメフトとかスケート系だろうか。

最近は放映権料が高くなって有料動画配信などが人気だけど

まあ有料なのは便利でコスパが高ければいいんだけどね。

ただもう少しコンテンツを充実してほしいなあ。

ということでちょっとスポナビライブ試してみるかなあ。

DAZNはドコモなら安いんだけどなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフオク!と入札

  • 2017.10.30 Monday
  • 23:40

Yahoo!のプレミアム会員は維持しており

10月中にヤフオク!出品しようと思っていたけど

結局全く出品出来なかった。

一番はやる気。

出品するものは確保していたけど

モチベーション不足で出品しなかった。

11月にはなんとか出品したいと思うけど

ただ一方で10月は何度か入札を試みた。

僕は出品者であると同時にわりと入札して落札もする。

出品者側として必要なことなどは

過去にブログで何度か書いてきたけど

今回は入札・落札者側としていろいろ書いてみたい。

 

■入札のタイミング

出品期間が4日間くらい設定されてる商品の場合

いつ入札するのがいいのだろうか。

例えば初期価格が低く設定されている場合は

どのみち価格が上がるのでいつでも同じ。

極端に安く落札されることを夢見て早めに入札しても

結局はそれなりの相場価格に落ち着いていく。

僕は基本的に最終日の午後に入札をする。

日曜夜終了する製品が多いけどその場合は日曜昼から午後に入札する。

平日なら昼休みか夕方帰ってきてからになる。

仮に前に入札者がいてもそれに対抗して動くのがこの時間。

だから日曜日の夕方の時点で最上位入札者になってる場合が多い。

この時点で僕が入札する上限の金額を設定しておいて

上回れたら無理に対抗せず落札はあきらめると。

 

■入札単位と入札価格

ヤフオク!には入札単位があり

これが入札金額に非常に重要になる。

少額だとあまり関係ないけど1万円以上のものは

落札できるか時に左右することになる。

利用することが多い1万円から5万円の商品は入札単位は500円。

例えば20000円の価格がついてる場合

次の入札者は20500円からしか入札できない。

相場がある程度決まっている場合はこれを把握しておかないと

出し抜かれてしまうので要注意だ。

 

初期価格20000円で

1人目が21000円で入札した場合

2人目が20000円で入札すれば価格は20500円になり1人目が最上位。

2人目が21000円で入札すれば価格は21000円になり1人目が最上位。

2人目が21001円で入札すれば価格は21001円になり2人目が最上位になる。

相場が21000円だとすればこの辺りが駆け引きになる。

2人目が21000円で同額なら2位になり

次は入札単位の都合で21500円でないと入札できなくなるので

1人目がかなり有利になると。

僕が1人目なら21010円で入札する。

そうすれば21001円入札で最上位を取られなくなるため。これも戦略。

 

■支払い方法

以前は支払い方法も重要な要素だった。

手数料がかかる支払い方法しかない場合は

マイナス点だったわけだが

昨今はYahoo!かんたん決済ばかりになったため

その影響はほとんどなくなったといえる。

今も一部のショップでは振り込み必須のところもあるが

今はほとんどはYahoo!かんたん決済に対応しており

落札者の手数料負担は0なので気にする必要はないかと。

 

■発送方法と送料

送料に関しては重要だ。

同じ商品でも発送方法により500円以上かわる。

僕が嫌いなのは全国一律1000円、北海道九州沖縄は1500円とかいう人。

商品のサイズから考慮すれば

ヤフネコパックやゆうぱっくおてがる便など安い手段を使えば

500円前後から送ることが出来るのだが1000円は高すぎる。

これは明らかに実際の送料以上を受け取る出品者で

僕は基本的にこうした出品者は信用に値しないと入札しない。

ただこういう人ほど落札相場に希望落札価格を設定してて

釣られやすくなっているので要注意。

当然だけど送料込みでいくらになるのか事前に把握して

入札価格を決めておきたいもの。

 

■セットばら売り

カメラなどで多く見られるのは

セット商品のばら売りだ。

ダブルレンズキットなどを

ボディのみ、レンズそれぞれで出品するケース。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2 単焦点ライカDGレンズキット ブラック DMC-GX7MK2LK

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2

単焦点ライカDGレンズキット ブラック DMC-GX7MK2LK

特にPanasonicは以前からレンズキットがやたら安く

そのせいでボディやレンズの相場が暴落することが良くある。

こうした製品のばら売りは需要が旺盛で人気も高いが

一方で出品者も非常に多い。

僕なんかもボディだけ欲しいのに普通に買うと高いなあと思ってて

ヤフオク!でばら売りでのボディのみを買ったことは

過去3回ほどあるかなあ。

結構おすすめだったりする。

しかし計算してみると出品者はかなりトントンで

利益はたいしてないように思うんだけど

購入時のポイントやYahooポイントなどを

利益としている程度なんじゃないかな。

だから規模を大きくして100点とか出品することで

利益を増やしている感じに思われる。

25点をばら売りすればカメラレンズキット1台分の

ポイントなどはたまる感じなのでありといえばありなのか。

十分利益を得ようという価格設定の人は入札されず

売れ残ってそのうち相場が下がって赤字になるケースもあるので

ライバルより安く大量に売って回転よくするのがコツなのかなあ。

僕はしないけどね。むしろ買うほう。

 

■出品者の評価

入札をする上で出品者の評価は重要だ。

マイナス評価に関してはある程度

取引数が多い人は多少あっても問題ないと思う。

むしろ10000とかの評価が全て非常に良いだと

逆に怪しく感じる。

10000も取引してれば20件くらいの悪い評価は

十分ありうることだから。

ただ悪い評価の内容は確認する。

取引件数は悪い評価数よりも重視するかもしれない。

正直評価がない新規出品者は警戒するし

あまり入札したくない。

また1桁も微妙。

1桁の場合はその内容がとても重要で

時に情報商材などで評価数を水増ししてる人がいるので

そういう場合は危険なので手を出さないようにしている。

実際の発送を伴う取引が何度か行われていればたいていは問題ない。

あともう1つ出品時期は重要視する。

評価を見れば以前の出品がいつ頃行われたかわかる。

今も出品しているのなら問題ないけど

半年以上いや数年間出品をしてないような人が

いきなり高額商品を出品する場合は多少警戒をするかな。

とはいえ仮にそれが詐欺だとしても今はYahooで補償があるから

あまり心配していないんだけど。

そのためにシステム手数料とか落札手数料払ってるんだから。

 

といった感じだろうか。

僕はヤフオク!に参加したのは1999年12月。

かなり初期の頃から利用している。

あの頃は全て無料だった。取引もメールで行うものだった。

ただやや無法地帯に近い場面もあって

お金払ったけど商品が届かないこともあった。

評価がより重要だったりそれだけでは信用できず

例えばプロバイダメールを提示することなども必要だった。

ただ今はかなりヤフオク!側に管理されている形となっている。

それも時代の流れかなと。

手数料はかなり高騰しているけど

最近はYahoo!マネーの利用などでポイントでバックされるので

落札手数料の負担はあまり多くない。

メルカリのようなフリマサイトへの対抗のようだが

かつてはネットオークションの独占状態だったヤフオク!から

今は変わりつつあるのはいいことだ。

競争はユーザーにとって利益となるからね。

ということでメルカリなど僕はあまり興味はなく

今後もヤフオク!に出品して落札していくことが出来ればと。

 

しかしYahoo!かんたん決済が始まって

昔手数料を抑えるために作った

ジャパンネット銀行や楽天銀行(イーバンク)などが

あまり意味がなくなってしまっているのがなあ・・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット動画とテレビ放送

  • 2017.10.27 Friday
  • 21:34

レンタルDVDを借りなくなって久しい。

最近は動画に困ることはない。

今年7月にAmazon Fire TV Stickを購入して

しばらく使ってなかったけど利用し始めてから

テレビでネット動画を見る機会が増えた。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

今まではパソコンでネット動画を見る機会が多かったので

ネットがテレビ放送を脅かすといわれていたけど

あまり実感がなかった。

ただ最近はどうでもない。

 

Fire TV Stickでは主に

Amazonプライムビデオの動画を見ている。

プライム会員はプライムビデオが見られるが

意外とコンテンツ量は多い。

海外ドラマが主体がNetFlixやHuluなどはかなり厳しそうだ。

正直プライムビデオで十分であり

年額3900円で利用出来るから他のところは厳しいなあ。

またそれ以上いFire TV Stickで驚いたのはAbema TVだ。

PCで利用するとなんてことはないネットのテレビで

こんなの普及するんだろうかと思ったけど

Fire TV Stickで利用するとこれはテレビ放送と変わらない。

ネットテレビがテレビ放送を駆逐するのは

あながち間違いではないと思ってしまった。

 

最近の子供はテレビよりもYouTube。

大人たちが思っている以上にYouTubeの動画を見ていて

また依存をしている。テレビなんて見ないこともないが

それよりもYouTubeが身近な存在となっている。

僕自身地上波テレビはバラエティを中心につまらないから

最近はあまり見ないんだけど

子供たちはそもそも最初から見ていない。

YouTubeが基本なんだなあ。

子供たちは部屋にテレビなんて必要ない。

ただWifiでYouTubeが見られる環境があればいいと。

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック

スマホを持てない小学生などはタブレットでネットデビューをする。

テレビもなくYouTubeが娯楽でそしてYoutuberに憧れると。

大人たちが考えている以上にネット社会は浸透しているんだなと。

 

 

テレビ放送はいずれネット配信を考えているんだけど

もうその時は来てると思う。

海外などでは既にテレビ放送のネット化は進んでいる。

日本のテレビ局はかなり遅れている。

海外に比べると日本のテレビ局はコンテンツ力を持っているから

まあ油断している感じがあるけどコンテンツはYouTuberなど

アマチュアから続々生まれている。

油断しているとあっという間にネットに席巻される。

まだテレビ放送>ネット動画だから今なら

コンテンツ力でネット動画を席巻出来ると思うけど

なかなかネット放送に足を踏み入れられない状況で

手遅れにならないといいんだけど。

今の日本の音楽市場の停滞は音楽配信での失敗が原因だと思う。

テレビでもそれが起きうるのではないかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットワークリモコン

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 19:05

今この記事をアップロードしてるのは宿。

今日は乗鞍へ紅葉を見に来ている。

今や旅先でネット接続できるのは当たり前。

さらにIoT時代の今は自宅の家電を

旅先から制御コントロールすることが出来る。

 

ただしまで家電にそうした機能が内蔵されてるわけでなく

赤外線リモコンに対応した機器に対して

スマートフォンから遠隔操作が可能ということに過ぎない。

ネットワークリモコンという赤外線リモコンを

スマートフォンから遠隔制御できるデバイスが人気だ。

LinkJapan eRemote  イーリモート RJ-3

LinkJapan eRemote イーリモート RJ-3

僕はこのeRemoteを2014年春に購入して

それ以来利用してきた。

 

ネットワークリモコンといっても

利用するものは限られる。

例えばテレビに関しては遠隔制御しても意味がない。

まあイタズラとしてはありなのかもしれないが

ただの迷惑行為で特に便利でも何もない。

実際に役立つのはエアコン、照明あたりだろう。

特に夏場のエアコンは便利で

夕方会社帰りにエアコンを遠隔でONにすれば

帰ってくる頃に部屋が涼しくなっていると。

タイマーでも同じようなことはできるけど

帰宅時間が早かったりすると意味ないから

制御できるのが便利。もちろん逆にOFFにすることもできる。

元々犬を飼っていてエアコンはつけてたけど

部屋の温度から暑そうならエアコンを強くしたり

また何度かエアコン付け忘れてしまったことがあったから

外からでもエアコンをONに出来たらとこうした製品を探して購入したんだ。

秋以降はエアコンのコントロールは使わないけど

夕方帰りが遅くなった時など

遠隔で部屋の照明をONにしておくことはある。

買えると家の中真っ暗だと嫌だからね。

 

最近は本当に多くのネットワークリモコンが出ている。

ネットワークリモコンというのは単方向のデバイスだ。

例えばエアコンだったらリモコンもそうだけど

リモコンからエアコンへの送信しかできない。

エアコンから設定情報などを受信することはできないわけだ。

照明も同様で赤外線リモコンというのはたいていそういうもの。

その場に入れたちゃんとリモコンが働いたことは分かるけど

外出先にいるとリモコンがちゃんとONになったか分からない。

単方向なのでそれを確かめることはできないが

手がかりを得ることは可能だ。

それがセンサー。

最近のネットワークリモコンには

様々なセンサーが搭載されている。

eRemoteには温度センサーが搭載されていて

室温が分かったけど

ラトックシステム スマート家電コントローラ リモコン スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる REX-WFIREX2

ラトックシステム スマート家電コントローラ リモコン

スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも

自宅の家電製品を遠隔操作できる REX-WFIREX2

例えばこのラトックシステムの製品の場合は

温度・湿度・照度のセンサーがついている。

除湿モードでもきいてるかわかるし

照明をONにしたら明るくなったかセンサーでわかる。

 

ちなみに照明に関しては

ネットワークカメラなどを利用してても

その動作を確認することが出来る。

エアコンにネットワークカメラを向けていれば

送風口が開いてたりLEDランプがついてたりして

ONになってるかは分かるけど

そのためだけにネットワークカメラを設置するのは無駄なので

様々なセンサーがついてることで便利になると。

 

ネットワークリモコンだけど

今はこうして多く使われているけど

多分10年後にはほとんどなくなっていると思われる。

それはエアコンや照明にネットワーク機能が内蔵され

ネットワークリモコンがなくても

スマートフォンから遠隔アクセスして制御できるようになるだろうから。

他にもいろいろ制御できると便利で

例えば玄関の門柱灯や冬だったらイルミネーション、

あとシャッター式雨戸なども遠隔制御出来たらと思う。

 

 

とはいえまだ数年かかりそうだから

ネットワークリモコンのお世話になります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Chromebookとリモートデスクトップ

  • 2017.10.24 Tuesday
  • 19:31

chromebookを買ったのは2年前くらいの

2015年12月のことだった。

あの頃はChromebookも安かった。

Acer Chromebook CB3-131-C3SZ クロームブック/ 11.6inch HD (1366x768) / Intel Celeron N2840 (Dual-Core Processor) / 2GB RAM (DDR3L) / 16GB Solid State Drive (eMMC) / Chrome OS/ White [並行輸入品]

Acer Chromebook

CB3-131-C3SZ クロームブック/

僕が買ったのはこれと同じくらいのスペックかな。

GoogleのChrome OSを搭載したノートパソコンで

普通のノートパソコンと違って

Chromeブラウザで出来ることくらいしかできない。

ただ逆に言えばChromeブラウザで出来ることなら可能。

動作は軽快で立ち上がりも早くて

高価なモバイルノートパソコン並みに利用することが出来る。

そのためネット端末として購入したんだ。

 

明日から紅葉旅へ行くけどこの端末も持っていく。

その利用目的はネット接続してブログを書くこと。

このJUGEMブログは旅先から書いてアップロードする。

ブログを書くのは普段自宅PCでChromeブラウザで行ってるが

それとほとんど遜色ないレベルでブラウザが利用可能で

PC利用と同じようにブラウザでブログを書くことが出来る。

昨今スマートフォンのほうが高性能だけど

ブラウザの利用に関してはChromebookのほうがはるかに上。

デジカメデータのバックアップや

PCゲームなどはできないけどネット関係は

自宅PCと同じように使えるのは凄く便利。

 

その自宅PCだけど旅の際でもPC録画を行うため起動している。

そしてその起動した自宅PCに

このChromebookはアクセスすることが出来る。

自宅PCにはChromeリモートデスクトップをインストールしており

スマホからも遠隔操作できるけど

Chromebookからだと

普通に自宅PCを利用しているかのように利用可能。

ハワイ旅行中に自宅PCにアクセスして

新たな録画予約をしたり

自宅PCに保存してた旅の案内PDFをDropboxに入れて

スマホから参照できるようにしたりと重宝した。

 

インターネットと組み合わせることで

便利なChromebookだけど

最近は高性能化しているため価格も高くなっている。

【国内正規品】ASUS 11.6型タッチ対応ノートPC [Chrome OS] Chromebook Flip C213NA-N3350 (2017年8月モデル)

【国内正規品】ASUS 11.6型タッチ対応ノートPC

[Chrome OS] Chromebook Flip

C213NA-N3350 (2017年8月モデル)

5万円以上もするのはさすがに高いなあ。

最近のはタッチパネルに対応している。

タッチパネルに対応したChrome OS製品は

Androidアプリが使えるようになったりするようだ。

ただスマートフォンは別途持っているし

Androidアプリの利用なんて求めていない。

Chromeブラウザさえ快適に使えれば満足なんだ。

 

まあ今も安いChromebookは並行輸入などで売られてるようだ。

僕は旅の際には便利に使っているけど

決して普通のノートパソコンではないのでその点は注意してほしい。

あとChromeリモートデスクトップ

無料で利用出来るのでおすすめだ。

GoogleアカウントでPCとChromebookやスマホをつなぐ。

リモートデスクトップはほかにもいろいろあるけど

とりあえずGoogleのこのサービスを使ってれば問題ないかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートスピーカー

  • 2017.10.21 Saturday
  • 20:30

最近になり各社から立て続けに発売されて

話題になっているスマートスピーカー。

既に日本でも買えるのはGoogle Home。

https://store.google.com/product/google_home

あとはLineのClove WAVE。

【2018年1月31日まで・販売開始記念キャンペーン商品】Clova WAVE + LINE MUSICセット

【2018年1月31日まで・販売開始記念キャンペーン商品】

Clova WAVE + LINE MUSICセット

あとは

Amazon EchoやApple HomePodも有名だけど

Amazonは年内の投入を予定しており

Appleは来年日本でも登場させる予定のようだ。

ともかく今トレンドで今後しばらくはブームになりそうな製品。

いったいこのスマートスピーカーは何に使うのだろう。

 

スマートスピーカーは

スピーカーであり音声認識マイクを搭載しており

人の声で操作することが出来る。

ネットワークにつながっており

ネットサービスと連携して利用することが可能。

ネットの音楽サービスと連携して音楽を流すこともできる。

LINEの製品はLINE MUSICと連動して

必要な音楽を流したりすることが出来ると。

日常的にリビングにあり便利そうなのは

「明日の天気を教えて」とか「〇〇の営業時間調べて」とかかな。

 

各メーカーの製品には特長があるけど

LineのClova Waveにはネットワークリモコン機能が搭載されてるようだ。

赤外線リモコン機能があり

テレビなどをコントロールできると。

照明やエアコンへの対応予定もありかなり便利に使えそうだ。

「部屋が暑い」といえばのエアコンの暖房がONになるとか

そういう機能も加わっていくんだろうか。未来的だなあ。

AppleやGoogleに関しては

既にHey SiriやOK! Googleでスマホ向けにサービスを利用しており

その音声認識のレベルはかなり高くて便利に使えている。

Amazonはどうなのか正直分からない。

ネットショップだから"〇〇を買って"とかなら分かるけど

独り言で"〇〇が欲しい"とつぶやいたら自動で注文されたりしたら困る。

LineもメッセンジャーのLINEアプリと連携出来るのは便利だが

そもそも音声認識のレベルはGoogleやAppleには劣っていそうだ。

「ツムツムのハートをフレンドに送っといて」と自動で送れたりすれば便利だが。

 

僕自身興味はあるけど現状必要ないかな。

ネットワークリモコンなどと連携すれば面白いけど

既に持っているし音声で操作するよりスマホ使えばすぐ。

認識性能とかでストレスたまるかもしれないし

しばらくは様子見かなあ。

音楽を普段の生活で流すことがないからな。

radikoアプリとかと連動して

ラジオを再生できるなら買ってもいいかもしれない。

 

ということで今後の発展には期待している。

ラジオスピーカーにならないものかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

IDとパスワード

  • 2017.10.16 Monday
  • 22:30

ネットサービスを利用する場合

アカウントIDとパスワードが必要になる。

IDは時として

メールアドレスだったり電話番号だったりすることもあるが

ともかくアカウントIDとパスワードの両方が必要になる。

ネットサービスやらショッピングやら

多くの人は10以上のアカウントを持っていることだろう。

そうしたアカウントやパスワードの管理は

どうしているのだろうか。

 

■同じアカウントID、パスワードの危険性

同じIDとパスワードを利用してると1か所から流出すると

他のサイトに被害が広がってしまう危険性がある。

アカウントIDはたいていお気に入りのユーザー名を使う。

パスワードは123456といった単純なものはハッキングされてしまうので

ある程度複雑なものを選ぶだろうがかといって覚えられないと困るので

AmazonとかTwitterとかYahooとかで同じパスワードを使う人が多い。

それどころかすべてのネットサービスでほぼ同じものを使う人もいるようだ。

もし1か所でハッキングなどで流出すると他の全部に被害を及ぼすことになる。

実際IDやパスワードが流出した際は

その流出したサイト以外での被害が大きい傾向があるようだ。

時にはIDやパスワードを盗み出すための偽サイトなどを設置して

よく使うIDやパスワードを収集するといったことも考えられる。

面倒だがパスワードは各サイトごとに変更するべきかと。

 

■パスワード管理ソフト・アプリの利用

たくさんのIDやパスワードなどは

とても覚えられないって人が多いだろう。

実際全て覚えている人はいないと思う。

それらはどこかしらに記録しておく必要がある。

トレンドマイクロ パスワードマネージャー (最新) | 3年版 | オンラインコード版

トレンドマイクロ パスワードマネージャー

(最新) | 3年版 | オンラインコード版

昨今はパスワードマネジャーといった管理アプリが多く出ている。

PCアプリだったりスマホアプリで出ている。

それらはブラウザと連携してログイン時に

自動でIDとパスワードを入力してくれたりする。

こうしたアプリの利用はありかと。

 

■パスワードメモ

ハイタイド パスワードブック ブルー CP013

ハイタイド パスワードブック ブルー CP013

僕もそうだけどIDやパスワードのうち

重要な物に関しては紙のメモ帳を利用している。

例えばメールアカウントなどはとても重要だ。

たいていネットサービスのIDやパスワードを忘れたら

メールに送ってくれるというものだがメールの

IDとパスワードを忘れてしまったらどうしようもない。

重要なものはこうしたパスワード帳に書いて

通帳や印鑑など重要なものと一緒に金庫に

保管しておくのもありではなかろうか。

 

■2段階認証

ネットサービスでIDとパスワードが流出しても

最近はそれだけではログイン出来ない場合が多い。

それは2段階認証を設定されてるケースがあるから。

僕もGoogle、Apple、Amazon、Twitterなどで

2段階認証を利用している。

2段階認証は

メールアドレス電話番号ワンタイムパスワード認証アプリなどが使われる。

ただメールアドレスは他の2つに比べて危険性が高いため

あまり最近は使われず電話番号かスマホ認証アプリが多い。

電話番号は自分の携帯の電話番号を登録することで

認証用の番号がSMSで送られてくる。

ネットサービス全般で広く使われている。

1つの電話番号で1つのアカウントといった具合に

複数アカウントを防ぐ取り組みとしても使われていたりする。

スマホ認証アプリはアプリを起動して

表示されたワンタイムパスワードを入力するというもの。

ネットゲームで広く使われているし

GoogleやAmazonなどでも使われている。

電話番号もスマホ認証jアプリもどちらとも

常に持ち歩くスマートフォンを認証媒体として使うもの。

IDやパスワードが入出しただけではログイン出来ないので

被害を防ぐことが出来る。

金銭的な被害が出やすいネットバンクでは必須ともいえる。

 

スマートフォンは常に持ち歩くので

IDやパスワード管理する場所としてはセキュリティは高いといえる。

ただ一方で二段階認証ではスマホが主に使われる。

パスワード管理と二段階認証を同じ端末で行うというのは

せっかく鍵2つ用意したのに同じ場所に保存するのと同じでは。

スマホが盗まれたりしたときのダメージが大きくなる傾向がある。

少なくともスマホに依存する場合は

スマホ自体のセキュリティを高める必要があり

指紋認証などは積極的に導入して管理するべきだろう。

最低でもパスコードの設定を利用しておいて

落として拾われたとき使えないように設定しておくべきかと。

 

ネットサービスを利用する場合など

電話番号のSMSを使った認証は多いので

SMS付きデータプランをMVNOで利用するのもありかと。

LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパッケージ (ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・iPhone/Android共通・ドコモ対応][3GB×2ヵ月プレゼントキャンペーン中]

LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパッケージ

(ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・

iPhone/Android共通・ドコモ対応]

[3GB×2ヵ月プレゼントキャンペーン中]

メインの電話番号とは別にMVNOを持っていれば

それを認証用として利用することが出来るし

複数アカウントを持ちたい場合などにも役立つことだろう。

SMSなしの格安SIMもあるけどSMSありだと

何かと役立つので選択肢としてありかと。

 

ということでIDとパスワードの管理。

よく使う20くらいは覚えているけど全部は覚えられない。

特に数回しか使ってないネットショップなんてまったく記憶にない。

そういうあまり使わないサイトほど

IDとパスワードが流出しやすく

そこから他のサイトの情報が盗まれたり金銭的な被害が出たりするから気を付けたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter今昔

  • 2017.10.14 Saturday
  • 22:29

Twitterだけどいつ登録したのか調べてみたら

2008年4月だった。もう9年以上使っているのか。

Twitterが始まったころはまだスマホを使っておらず

Twitterは主にPCで利用していた記憶がある。

 

僕がTwitterを登録するキッカケは車載動画だ。

2008年頃はニコニコ動画やニコニコ生放送の

車載動画にはまっていた。

当時は2パターンあり映像を撮影して編集した動画。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム

空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

ビデオカメラやデジカメなどで車載動画を撮影していた。

僕もこれはアップロードしたことがある。

もう1つは生車載と呼ばれるもので

モバイル回線とノートPC、ウェブカメラを利用して

リアルタイムに車載映像を配信していたものだった。

ニコニコ動画やUstreamなどでガジェット好きな人などが配信してて

それを見るのが好きだった。

そうした配信者や動画投稿者がTwitterを告知手段として

利用し始めていたので僕も利用したんだった。

 

ユーザー名としてdoalamaniaを選んだのは

当時プレイしていたゲームで利用してた名前だから。

BF2142というゲームで利用しており

それをTwitterアカウントにした。

BF2142のプレイヤー関係もフォローしたし

あとはドラゴンズファン関係もフォローしたりした。

BF2142だとこれからサーバー入ってプレイしようと呼びかけたり

ドラゴンズだと実況みたいな感じでツイートして

勝ったら"どらほー!"したりしていた。

月刊ドラゴンズ 2017年 10 月号 [雑誌]

月刊ドラゴンズ 2017年 10 月号 [雑誌]

当時とは状況は異なっており

今は当時車載動画をアップしたり生車載してた人も

ほとんどが利用していないし

BF2142はサーバーが終了して誰もプレイしてない。

ドラゴンズ関係は今も続いている感じだろうか。

 

Twitterのユーザーが広がったのはやはり2011年の東日本大震災。

情報交換が盛んに行われてTwitterが世間に注目されて

一気に利用者が増えた印象がある。

またスマートフォンがこの頃普及し始めていたことも後押しになった。

その後は有名人や行政などが告知手段としてTwitterを利用するようになり

ブログや公式HPなどと同じように広く使われるようになっていった。

最近ではツイートはしなくてもフォローして

有名人とかの情報を得るためだけに利用している人もいるようだ。

昔の掲示板用語でいえばロム専みたいな感じだろうか。

 

Twitterだけどいつ利用するか。

僕は今こうしてブログを書いているけど

その一方でTwitterも利用している。

ツイートしているわけではなく

PCの画面の右3分の1にJanetterというTwitterクライアントを起動し

Twitterのタイムラインを流している。

今概ね何が起きているかそれで把握できる。

何かニュースがあれば流れるしテレビ番組でハプニングがあれば

それが話題になるし地震があれば"揺れた"とツイートがあるし

今こうしてブログを書きつつTwitterでの流れはなんとなくわかる。

タイムラインが流れる速さがありそれが速くなると何か起きてると。

ドラゴンズが逆転したときなどは凄い速さで流れていく。

だから夜にPCを利用しているときはだいたいTwitterは利用してる。

自分からツイートすることもたまにあるかな。

 

自宅にいない場合はなかなか難しい。

僕がモバイルでTwitterを利用し始めたのは2009年。

携帯電話のサービスを利用していた。

最初はモバツイを使っていたかな。

2010年になってiアプリのJigTwiを使って快適に使えた。

2010年7月頃に立山へ行ったときは

携帯電話で写真を撮影して写真付きのツイートをしている。

あの時は結構アクティブに利用してたから

降りてくる途中で携帯のバッテリーが切れてしまったんだ。

その後iPod touchやモバイルルーターを買って

2011年にはスマホを買ってその後スマホで利用するようになる。

ただスマホは自宅PCのようにTwitterを流しっぱなしにできない。

だから基本的にスマホでは見るよりも投稿がメインになっている。

観光地などで美しい風景に出会ったら写真付きで投稿したり

あとはどうでもいいような戯言をツイートしてみたりする。

昼休みなど暇なときはタイムラインを見て今日はどんなことが

話題になっているのかなと見たりするわけだ。

 

話題といえば

僕はテレビをリアルタイムで見ないので

テレビで話題になっていることなどはかなり疎い。

でもTwitterならその傾向みたいなのは見えてくる。

最近はYahoo!リアルタイム検索があるので

今話題になってツイートされてる事柄がチェックできる。

今のトレンドがそれで分かるのでよく利用している。

ただそのトレンドはやや偏りが強い印象があるので

まあ参考程度にしておいたほうがいいかな。

でもTwitterを利用していなくても

トレンドを知るだけならそれだけで十分かなとも。

 

Twitter社は今は利用者数が伸び悩んでいるらしい。

ただ日本においてはかなり広く利用されてる気がする。

それは多分日本語との相性が良いためだろう。

日本語は表意文字が使われているため

短い文章で多くのことを伝えられる。

英語に比べると文字数も少なくて情報量が多い。

それがTwitterとの相性の良さで利用者が増えているのだろう。

英語の文字数が増えるという話もあるけど

それで利用者が今後増えるのかは注目だ。

Twitterが赤字続きで消えてしまっては困るから

なんとか収益化を果たして末永く続いてほしいもの。

 

今すぐ使えるかんたんmini Twitter ツイッター 基本&便利技 [改訂4版]

今すぐ使えるかんたんmini Twitter ツイッター 基本&便利技 [改訂4版]

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

大幅値下げで24800円に。
スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM