海外へ録画番組を送る

  • 2019.08.12 Monday
  • 20:52

今は妹家族が海外へ駐在へ行っている。

2度目ですっかり海外暮らしも慣れてる感じだけど

今はインターネットがあるから日本の情報は

手軽に入ってくる。

LINEがあるから日本の友人などとも頻繁に連絡が取れる。

そして日本のテレビ番組はうちが送っているので

主要なドラマは全て見ているはず。

 

初めて海外駐在が決まった時に

最初はロケーションフリーみたいな機器を設置する予定だった。

うちに設置してインターネット経由で

レコーダーを遠隔操作するというもの。

Sling Media Slingbox M1 HDMIセット スリングボックス SMSBM1H121

Sling Media Slingbox M1 HDMIセット

スリングボックス SMSBM1H121

ロケーションフリーは地上デジタル以前の製品なので

今から15年近く前のものだけど

今だとSlingboxなどが海外駐在している家族に人気がある。

まあこれに日本の親戚や実家などに設置して

ネット経由でストリーミングをして利用する形になるわけだが

別途レコーダーも必要になるしコストはそこそこかかる。

でも好きな番組を手軽にいつでも見られるのは魅力。

もっとも設置場所がない場合はかなり厄介で

以前はこうした機器を保管するサービスが人気だったけど

違法認定されて消えてしまった。

 

最初は検討していたけど

うちのネットの帯域が決して大きくないこともあり

また僕自身PC録画をしてたこともあり

送ればいいんじゃね?ということで送るようになった。

ファイル転送サービスを利用して送っている。

今はドラマなど中心に週15番組ほど送っているだろうか。

あまり日本のドラマなどを見すぎると英語などの語学力に支障が出るので

基本的に送っているのはドラマばかり。

ただもし僕がPC録画とエンコードをやめてしまったら

さてどうするかなどは分からない。

今の所辞める予定はないんだけどその場合のプランも考えている。

 

今の時代は定額動画配信が人気で

例えばHuluに加入すれば多くのドラマは見ることが出きる。

TVerなどでも見逃し配信などがあるからね。

しかしHuluもTVerも海外からは利用できない。

ただ絶対に利用できないわけではなく

IPアドレスで日本からだと誤認させられれば見られるようになる。

その方法としてはVPNサービスを利用するのが一般的だ。

VPNはネット上に無料のものもあるけど

1つのIPアドレスを共有してるのでHuluやTVerでは制限されてる場合が多い。

また速度も安定せず不安定だったり・・。

さらにサービスによっては個人情報を盗まれるものもあったりする。

無料には人が殺到するから仕方ない。

有料のものなら利用できる物が多い。

海外から日本のネットサービスを利用するのに便利だけど

逆に日本から海外のサービスを利用するのに使うことも出きる。

あと日本の家にVPNルーターを設置して

それを利用するのもありだ。

TP-Link Safestream VPN ルーター ギガビット Ipsec対応 高速通信 雷サージ防止 強固 ファイウォール機能 5年保証 TL-R600VPN

TP-Link Safestream VPN ルーター ギガビット Ipsec対応

高速通信 雷サージ防止 強固 ファイウォール機能 5年保証 TL-R600VPN

VPNルーターはかなり安くなってきた。

ソフトウェアVPNもあるので

例えばパソコンをVPNとして利用することも出来る。

海外側からVPN接続する端末はパソコン、スマートフォン、タブレットなど利用出来る。

テレビで見る場合はどうすりゃいいんだろうな。

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV StickにAPKファイルからVPNソフトをインストールし設定し

それで視聴するのがいいのかなと思う。

 

VPNに関しては以前テストをしている。

NASキットの簡易VPNを作動させて

海外のiPhoneからVPN経由で接続してもらった。

その結果TVerは見ることが出来た。

Huluは契約してないので分からなかったけど。

IPアドレスを確認してもらったら我が家のものだったので

しっかりVPN接続できていたということ。

まあでも当分はPC録画したのを送る予定。

こっちのほうが画質は遥かに優れているからね。

でもいつかはVPNを利用することが来るかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

データ整理完了

  • 2019.08.05 Monday
  • 20:45

6月くらいから行っていた

PC録画データのデータ整理が終了した。

データ整理といってもフォルダごとに並び替えるとか

そんな整理整頓ではなくてデータ大量削除だ。

これまでPC録画とエンコードをしてきたデータのうち

現時点で必要ないと思うデータを容赦なく削除をするもの。

今回は録画保存HDDだけでなくて

映画やドラマなどのカテゴリ別保存HDDにも手を加えて

相当数のデータを削除した。

 

データを削除することのメリットは

1つはHDDコストを節約できること。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD

2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

今利用しているHDDは今年の終わり頃には一杯になる予定だったが

今回のデータ整理により+1年くらいは埋まるまでが延長出来た。

さらにドラマHDDでは相当数のファイルを消したので

8月にも容量オーバーになると思われていたけど

とりあえず来年春くらいまでは十分持つと思われる。

こういう感じでこまめにデータ削除することで

HDDをより長く利用できてコストが抑えられるわけだ。

ただそれはデータ削除を行う一番の目的ではない。

一番は将来の負担を軽減することだ。

データ量が増えるほどデータを残す負担は大きくなるし

データを探す負担も大きくなる。

膨大なデータは負担になる。それに必要ないデータが多く含まれてた場合

将来的にデータ削除をする場合それすら手間になってしまう。

つまり今のうちからこまめにデータ削除をすることで

様々な将来的なデータを残していく上で発生しうる負担を減らすと。

 

正直今のPC録画とエンコードがいつまで続くか分からない。

僕が本格的にPC録画を行うようになったのは2008年3月から。

もう10年以上になるけど10年後も同じことをしているのか分からない。

そもそも昔の番組を見たいとどこまで思うだろうか。

今過去のデータ整理をして興味がないと思ったものは

容赦なくデータ削除をしていく。

10年後に興味を持つ可能性も0ではないけど

99%は今興味ないものは10年後も興味はない。

というか其の存在すら忘れているので残す価値はないと考える。

一時期膨大なPC録画データは財産だと考えていたことがあるけど

正直言えばこれは負の財産にもなりうるものだと思う。

 

こうしたデータ整理は過去の反省に基づくものでもある。

僕は2003年からレコーダーでの録画にハマって

いろんな番組をDVD-Rに焼いていた。

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用DVD-R(CPRM) VHR12JP50V4 (片面1層/1-16倍速/50枚)

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用DVD-R(CPRM)

VHR12JP50V4 (片面1層/1-16倍速/50枚)

其の枚数は多い時で週50枚くらい。

年にすると2500枚にもなる。

それが数年続いて数千枚になった時に

完全にそれは負の遺産となっていた。

しかもDVD-RはHDDと異なり使い捨て。

数千枚のDVD-Rは全て捨てることになり50万円以上を無駄にした。

HDDは繰り返し使えるとはいえHDDを何台も買って

エンコードを繰り返して保存していけば同じ道を歩むことになる。

だからそうならないためにもデータ整理は必要なことなんだ。

 

次にデータ整理するのはいつか分からないけど

おそらく次のデータ整理ではHDDの更新を行いたいと思っている。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 8TB 内蔵ハードディスク HDD

2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST8000DM004

8TBのHDDを買って3TBx3台の以前の録画番組保存HDDなどを

1台に集約したい。そうすることで残すHDDを減らせる。

ちなみにそれで余った3TBのHDDは

映画HDDやドラマHDDの集約で利用したい。

今ドラマHDDは1TBや1.5TBなど以前の録画番組保存HDDを利用してる。

そんなデータ整理で古い小容量のHDDは廃棄していく。

数年前に640GB以下は廃棄したけど今年秋から来年くらいの整理では

1TB以下を廃棄するくらいで検討しておこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画エンコードの未来

  • 2019.07.29 Monday
  • 20:45

僕が動画エンコードを始めたのは2005年11月。

それまではPCのスペックが低くてエンコードなどは

とても出来たものじゃなかった。

新しくPCを購入したことで動画エンコードが可能になったんだ。

当時はRD-H1というHDDレコーダーを持ってて

そのMPEG2データをLAN経由でPCに転送してDivXなどにエンコードしていたっけ。

あとDVカメラで撮影した動画データをIEEE1394経由でキャプチャして

それをエンコードしていた。

 

その後2008年によりクワッドコアCPUを搭載したPCを導入して

PC録画とエンコードを本格的に始めたっけ。

その際に動画エンコードに利用したアプリはAviUtlだった。

フリーソフトでニコニコ動画にアップする動画への変換方法などが

解説サイトなどに掲載されていてそれを参考にしてエンコードをしていた。

H264/AVC+AAC-LCのMP4ファイルとしてエンコードするのは

ちょうどこの頃にAviUtlで開始したんだっけ。

特に問題もなく慣れていったので10年くらいずっとAviUtlを利用していた。

ただ時々音の問題が発生していて厄介だった。

原因不明の音ズレが発生していた。全体的にずれるだけなら修正すればいいが

最初は10msで40分後には1sずれるとかずれが拡大していくパターンだと

どうしようもなくて対処できなかった。

あと5.1ch音声の番組もどうしようもなかったっけ。

それでTMPGEnc Video Mastering Worksというソフトを購入。

5.1ch音声の映画などを中心にエンコードしていたけど

音ズレがひどくなったある日に全面的に移行することになり

それ以降はTMPGEncを使っている。

 

TMPGEncは僕が買った時はVer.5ですぐVer.6が出て

今はVer.7が発売されている。

TMPGEnc Video Mastering Works 7|ダウンロード版

TMPGEnc Video Mastering Works 7|ダウンロード版

Ver.7が出たのは去年秋なので

Ver.8は当分出ないと思うので安心して購入できる。

価格は安くはないけどエンコードを頻繁に行う人にとって

その価格分の価値は十分にあるといっていい。

下手にPCをアップグレードするよりも

このソフトを導入するほうが快適にエンコード出来ると言える。

最新のGPUエンコードなどにも対応しているし

H265にも対応している。

ただH265は再生互換性が低いので僕はまだ導入してないけどね。

 

CPU命令なども様々なものに対応していて

従来はIntelのCPUが強かったけど

最新のRyzen9では驚異的なエンコード速度を実現している。

AMD Ryzen 9 3900X with Wraith Prism cooler 3.8GHz 12コア / 24スレッド 70MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000023BOX

AMD Ryzen 9 3900X with Wraith Prism cooler

3.8GHz 12コア / 24スレッド 70MB 105W

【国内正規代理店品】 100-100000023BOX

このRyzen9とTMPGEncを組み合わせれば

とんでもない速さで動画エンコードが可能になるようだ。

ただ1時間かかるのが10分で終わるとしても

まあ既に十分早いからあまり意味がない気もする。

昔のCore2Q6600の頃は夜エンコード開始して翌日昼に終わっていた。

Q9550に交換して午前中に終わるようになった。

Core i7 2600Kになり翌朝には終わるようになった。

そしてRyzen5 1600になり午前2時ころには終わるように。

Ryzen9を導入したらすぐ終わりそうだけど寝てる時間の作業なので

コストをかけた分のメリットがあるかは微妙だけどね。

でも省電力にもなることを考えて最上位モデルはないけど

Ryzen5 3600Xあたりはありかなと検討をしているところ。

ともかくTMPGEncはこのRyzenの性能を発揮できるアプリだと思う。

 

動画を残すためにエンコードをするけど

昨今は定額動画配信などが増えてきたし

TV番組はネットで見られるようになるなら

エンコードもしなくなっていくのかな。

ふと思うけど日本中で色んな人がエンコードしてきた電気代とか

HDDコストなどはバカにならない。

ネットサービスとして配信が行われれば地球に優しそうだが

それをいったらファイル共有を肯定することになりそうだからやめておこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

録画データ整理

  • 2019.07.26 Friday
  • 23:39

6月くらいから録画データの整理をしている。

これまで膨大な量の番組をPCでTS録画して

動画エンコードをしてきた。

エンコードした番組は録画番組保存HDDに保存をする。

さらにカテゴリごとにドラマ、映画、紀行番組など

専用のHDDに分類して保存している。

6月は録画番組保存HDDのデータ整理をしていた。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD 2年保証

6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

昨今HDDは大容量化して価格も下がっているけど

HDDの台数が増えるほど管理は大変になっていく。

今となっては必要ない録画データも多いため

思い切って削除してHDDデータを整理していたんだ。

今回はそれほど大規模ではないけどデータ整理をして不要データを削除。

これにより録画番組保存HDDは半年以上延命できる見込みだ。

 

更に7月に入ってから行ってるのは

カテゴリごとのHDDのデータ整理だ。

カテゴリデータは映画、ドラマ、紀行番組などを集約しまとめたもの。

この中で重要になるのはドラマだ。

ドラマは優先度とか問わず全てのドラマを集約しているためだ。

ドラマは1話だけあっても意味がないので

全話そろえて1つのフォルダで管理している。

過去のドラマなど全話そろってこと意味があるもので

それ故に見てない興味ないドラマもとりあえず録画し始めると

全話を揃えてしまう悪いクセがあった。

その結果ドラマHDDだけでも既に8台のHDDを専有している。

だから思い切って削除した。

ドラマなどはHuluなどの定額動画配信を利用すれば

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

たいていのドラマは見られるようになったから

自分でライブラリ化しなくてもいいかなって

最近は思うようになっている。

 

ということでドラマ関係だが

これまで1度でも見たものは残す。

1度も見ていなくても見る可能性があるのは残すという感じで

今の時点で興味がないものはガンガン削除した。

後々興味を持って見たくなる可能性もあるけど

それを最近は考えないことにしている。

それを言ったら全ての作品にその可能性はあるんだから。

だから容赦なく削除。

紀行番組は今回全く手を付けなかった。

映画に関しては5%ほど削除。

ドラマは30%以上は削除したので今回一番のデータ整理だった。

 

こうしたデータ整理をすることで

後々データを保持していく上での負担が減る。

ドラマが5000本あったらそれらから探すのも大変。

1000本に抑えられれば負担も減らせる。

可能性で残さず確実性で残していこうと最近は考えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

第3世代Ryzenと動画エンコード

  • 2019.07.22 Monday
  • 20:37

7月になり発売されたAMDの第3世代Ryzen CPUは

期待通りのパフォーマンスを見せているようだ。

特に動画エンコードにおいては

これまでシングルコア性能でIntelに劣っていたのだが

AVX命令が128bitから256bitに変更されたことで2倍近くに性能アップ。

その結果もともと強かったメニーコアもあり

凄まじい速度を実現しているようだ。

AMD Ryzen 9 3900X with Wraith Prism cooler 3.8GHz 12コア / 24スレッド 70MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000023BOX

AMD Ryzen 9 3900X with Wraith Prism cooler

3.8GHz 12コア / 24スレッド 70MB 105W

【国内正規代理店品】 100-100000023BOX

最上位のRyzen9 3900Xに至っては

まさに動画エンコードマシンといった具合で

IntelのCore i9 9900をぶっちぎっている。

従来のRyzen7 2700Xと比べても2倍近い速さで素晴らしい。

PC録画をしてる自分にとって魅了的ではあるが流石にそこまで必要ない。

 

現在僕は昨年春に導入をしたRyzen5 1600を利用している。

第1世代Ryzen5の下位モデルになるわけだが

これですら従来使っていたCore i7 2600Kすらぶっちぎる速さ。

今の所満足はしてるけど

第3世代Ryzenはとても魅力的でRyzen5 3600あたりありかなと考えている。

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler

3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W

【国内正規代理店品】 100-100000031BOX

おそらく1600から3600への交換アップグレードなら

エンコード性能は2倍以上速くなると思われる。

以前IntelのCore i7を使っていた時は新しいCPUが出たときに

10%や20%のアップが普通だったので

2倍の性能アップなどは驚異的で

しかもそれがCPU交換だけで実現出来るのならすごく魅力的。

その必要性に関しては正直あまり高くない気もするけど

導入に向けて実は検討をしているところ。

僕が今使ってるのはASUS B350-plusというマザボだけど

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1183184.html

5月のBIOSアップデートで第3世代Ryzenに対応してるようだ。

最新では7月にBIOSが出てるので近々BIOS更新はしておこう。

 

それで仮にRyzen5 3600を導入したとして

その場合はどう変わっていくのだろうか。

今はPC録画が減ってエンコードも減った。

その結果夜中のエンコードが夜中に終わっている。

昔は24時ころスタートしたパッチエンコードは

昼ころまでかかることがあった。

でもその後CPU交換で朝終わるようになった。

今はRyzen導入で夜中のうちにおわる。

第3世代Ryzen導入したら24時までに終わるかもしれない。

PCの起動時間を減らせると考えればありかもしれないな。

 

エンコードが速くなることに何も問題がないし

とりあえず導入に向けて動き出してみたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画とPCファン

  • 2019.07.15 Monday
  • 20:31

先日PCから異音が・・。

また何か問題が起きたのかと思って調べると

録画PCのケースのトップファンから異音?。

異音というよりも共振しているような感じだった。

またPCケースのファンを交換する必要があるかな。

 

録画PCは2008年に導入したもので

もう10年以上利用していることになる。

マザーボードなどは現在3代目だけど

PCケースや電源は初期のものを使っていた。

昨年は電源が壊れて電源交換をして

さらにフロントファンから異音がしてファン交換。

ENERMAX PCケースファン TBサイレンス 12cm UCTB12

ENERMAX PCケースファン TBサイレンス 12cm UCTB12

今年に入って背面ファンから異音がして交換してる。

フロントファンのもう1つは3年前くらいに異音で交換。

トップファンは唯一交換していなかったファンだけど

ここからも異音がするようになってしまった。

 

ということでトップファンも交換する必要があるが

PCファンのストックはあと1台あるけど実は12cmファン。

トップファンは14cmファンなのでサイズが合わない。

ENERMAX エナーマックス PCケースファン クラスターアドバンス14 UCCLA14P

ENERMAX エナーマックス PCケースファン

クラスターアドバンス14 UCCLA14P

14cmファンを買っておかないとな。

このファンを交換すれば録画PCのケースファンは

結局全交換したことになるわけだ。

PCケースファンの寿命ってのは考えたことないが

4つのファンで見れば

7年、10年、11年、11年という感じで壊れたので

平均10年くらいといったところだろうか。

一応Antecのケースなので質は悪くはないので

もっとマイナーブランドのケースファンだと早く壊れるのかと。

 

メインPCのファンも気になるが

実はメインPCのほうがかなり厄介だ。

かなり特殊なPCケースで汎用ファンはフロント2個とリアだけ。

サイドに24cmクラスの超大型ファンがあり

トップも20cmクラスの大型ファンがついている。

これらは交換出来ないのでファンが壊れたら終わりかも。

フロントの2個とリアは既に交換済みだけどね。

まあ使える限りは使って行きたい。

 

PC録画では今でこそ録画とエンコードを減らして

PC起動時間は減っているけど以前はほぼ24時間起動しっぱなしに近いほど

起動頻度が高いこともあった。

そのためPCファンへの負担も半端なかったのだと思う。

まあPCファンは消耗パーツでもあるので

こまめに交換して長く使えるようにしていきたいもの。

 

Corsair Graphite 780T Black version E-ATX規格対応 プレミアムフルタワーPCケース CS5319 CC-9011063-WW

Corsair Graphite 780T Black version E-ATX規格対応

プレミアムフルタワーPCケース CS5319 CC-9011063-WW

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画システム

  • 2019.07.08 Monday
  • 20:44

毎日夕方になると自宅のPCは自動的に起動する。

18時過ぎに録画予約が始まるので

それまでにPCが自動で起動する設定になっている。

毎日〇〇時にPC起動というのは

マザーボードのBIOSの機能を利用しており

それにより帰宅が遅くなってもPC録画開始時に

PCが立ち上がっておらず録画できないことを防ぐことが出来る。

早く帰ってくれば手動でPCを起動するので問題ない。

スリープ機能を利用する人もいるけど

PCが不安定になり僕は好きじゃないので利用していない。

 

夜録画したTSファイルはエンコード登録をして

夜中にエンコードをする。

最近は録画やエンコードが減ったので午前2時頃には

エンコードが終わりPCは自動でシャットダウンする。

昼間はPCはシャットダウンしており夕方になると自動で起動する。

ただ土日などは昼間に録画するケースもあるので

その際はエンコード後シャットダウンせずPC起動しっぱなしということもある。

他にも遠隔起動を利用することもある。

Wake On Lanの機能を利用してスマホから自宅のPCを遠隔起動する。

通常はファイアーウォールにより利用出来ないが

NECのWifiルーターの機能を利用することでそれを中継することが出来る。

NEC AtermWG2600HP3 無線LANルータ(親機)1733Mbps(11ac)+800Mbps(11n) / 1000Mbps(有線LAN) PA-WG2600HP3

NEC AtermWG2600HP3 無線LANルータ(親機)

1733Mbps(11ac)+800Mbps(11n) /

1000Mbps(有線LAN) PA-WG2600HP3

ただしNECのWifiルーター全てでは使えず上位モデルのみの機能。

PCリモート起動機能とかリモートホスト機能とか呼ばれている。

僕は5年以上前からこの機能を利用しているけど

旅行の時などに便利だ。

 

旅行と言えば旅先から自宅のPCを利用出来るように

リモートデスクトップ機能を有効にしている。

スマホなどから利用できるけど旅行中だと

Chromebookを持っていくのでそれで利用出来る。

Acer ノートパソコン Celeron  N3060/15.6インチ/4GB/32GB eMMC/Chrome OS/Officeなし/グラナイトグレイ CB3-532-F14N

Acer ノートパソコン Celeron N3060/15.6インチ/4GB/

32GB eMMC/Chrome OS/Officeなし/グラナイトグレイ CB3-532-F14N

Chromebookでリモートデスクトップを利用すると

遠隔操作だけど実際にPCを直接操作する感覚で扱えるので便利。

旅先からパッとエンコード登録をしてエンコードを行うこともある。

今年2月の沖縄旅行の時にも利用したっけ。

帰宅してから行うとTS録画データがたまっていて

大変になるので旅先から行えるのなら行っておきたい。

 

そんな感じでPC録画はシステム化されている。

マザーボードの定時起動機能は便利なのでおすすめ。

NECのWifiルーターの遠隔起動はポート開放などが必要なので

ルータの設定変更が必要になるので要注意。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画の縮小

  • 2019.07.01 Monday
  • 20:32

春頃から少しずつ進めてきたけど

先月から本気になったPC録画の縮小。

それがようやく実現しつつある。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

メインPCと録画PCの2台のPCでエンコードをしていたけど

PCの稼働時間が明らかに減った。

特にメインPCのほうは圧倒的に起動時間が減ってPC自体の負担が減っている。

時間帯によっては録画PCのみで録画を行うことも増えてきた。

 

具体的に言えば

ドラマが半減。

今の時期はレギュラードラマが終了して

新しいドラマに切り替わる改編時期だけど

地上波ではなくBSデジタルなどで録画していた海外ドラマなどが

大幅に減ってすっかりした。

見ないのに録画していたドラマが多かった。

あとバラエティなどもかなり減って

ドキュメンタリーなども録画しても見ていなかったものなどをチェックして

自分に合わないカテゴリのは録画すらしないようになった。

録画をするかしないかの段階でかなり選別を行うようになり

さらに録画した後残すか残さないかでもシビアに選別をした結果

エンコードする番組が激減してしまった。

それは例えば夜24時にはエンコードが終わってしまうほど。

以前は朝までエンコードが普通だっただけにびっくりだ。

 

録画エンコードが減ったことで

HDDへの負担も大幅に軽減出来ていると思う。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD

2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

さらに過去の録画エンコード番組の見直しも行っており

今の基準なら残さないだろうものなどは

手間をかけて録画エンコードした番組でも容赦なく削除。

そうした断捨離の甲斐もあってHDD空き容量は大幅に確保。

4TBのHDDがまるまる空きそうな感じだ。

 

以前も録画エンコードの番組を減らしたことはあったが

その後じわじわ増えて元に戻ってしまったので

ダイエットと同じでリバウンドしないように

今の水準を保てるように頑張っていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画1台体制

  • 2019.06.24 Monday
  • 20:40

PC録画の見直しにより録画は減ってきた。

それで最近試みているのはPC録画の1台体制。

今はメインPCと録画PCの2台のPCを利用してるが

これを録画PCのみで行うというもの。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TSチューナーはどちらも2枚搭載されているので

それぞれで地デジx4+BS/CSx4の録画が可能。だから十分可能だ。

 

そもそも何故2台のPCで録画を行っているのか。

以前録画が多いときは1台では録画をサポートできなかったため。

あとエンコードも多いので2台で分散させて行っていたためだ。

今はPCのスペックも高くエンコードも少なくなったため

十分1台のPCでエンコードが行うことが出来る。

だから1台体制は可能だと思うんだけどやっぱり録画失敗リスクはある。

でも夜間時間帯はどのみち2台のPCを起動することを考えれば大丈夫だし

エンコード量もまあ問題ないかなと思う。

この1台体制の取り組みの意味はPCの稼働時間を減らすこと。

それ故に可能な限りは今まで通りの2台体制を行っていく予定だ。

 

録画のメインとなるのは録画PC。

ただしスペック面ではメインPCに劣る。

夜間に録画したドラマやバラエティなどはメインPCでも録画し

すぐにエンコードをしてしまう。

メインPCはRyzen5を搭載しておりRyzen7へのアップグレードも検討中。

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

エンコード速度は録画PCよりも圧倒的に早く

また他の作業をしててもエンコード速度が落ちないので

夜PCを普通に利用している段階は録画エンコードPCとしても活躍してもらう。

その上でそれ以外の時間帯はメインPCは休んでもらい

録画PCですべての処理を行うことになる。

そのため録画PCのTS録画用のストレージは

多少強化をする必要があるかもしれない。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD

2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

これは実際利用しながら考えていく予定だ。

 

あとこの1台体制で必要なのは

夜以外の録画を極力減らすことだ。

午前中や昼間の番組は今は海外ドラマなどを中心に

少しだけ録画をしているんだけどこれを停止する。

それらは録画エンコードしても見てないので無駄だから

今まさに減らしているところ。

土日を除けば録画は18時から26時の間くらいに限定したい。

そうすることで1台体制は問題なく行うことが出来る。

 

これまでPCのあまりにも負荷をかけすぎていた。

メインPCは24時間単位で考えれば

起動してない時間のほうが少ないくらいだった。

それを全面的に変えていきPCを長く使って行けるようにする予定。

そうすれば自宅でノートPCが活躍する余地も生まれる気がする。

そのあたりのライフスタイルの変化については今後。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

録画エンコードは時間の無駄?

  • 2019.06.17 Monday
  • 20:57

最近断捨離モードでそれをこじらせつつある。

自分を変えたいという気持ちが暴走しつつあるが

あえて止めることなく突き進んでいる。

PC録画においてもその傾向は顕著に出てきた。

録画もエンコードも時間の無駄ではないかと

そう思うようになってきた。

 

PC録画の場合は

TS録画→エンコード→HDD保存

といった感じで大まかに行われる。

時間がかかるのはパッチエンコード登録。

かつてはCMカットとかして1日2時間以上かけてたけど

今はかなり簡略化して早くなった。それでも時間はかかる。

でも実際はもっと別のことにも時間がかかっている。

地味に時間がかかること。

〇予約録画

週2回ほど行っている。数日後まで番組表をすべてチェック。

楽しい時間ではあるけど時間はかなりかかる。

〇動画チェック

TS録画した番組だけど残すか判断するために見ること。

バラエティ番組などは見て残さないと判断したら見て削除する。

この時間帯って無駄だなと思うから最近は予約録画しないことが多い。

〇エンコードデータ整理

必要に応じてリネームなどを行うがこれが面倒。

でもこれをしないと後々データの価値が低くなる。

例えばドラマなどは〇話と順番通りになるようにしたり

ゲスト出演者の名前や場所を追記したり。

 

これらをどうするかは今考えてるけど

根本的には総量を減らすのが一番。

そうすればそれぞれの時間が減らすことが出来る。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD

2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

膨大な量のデータがHDDに残っているけど

それらが過去無駄にした時間によるものだと考えると

かなりぞっとしてしまう。

今僕は時間がもったいないと焦っている感じがあるんだけど

過去は取り戻せないけど過去の無駄をそのまま未来へと

持ち越さないためにも今しっかり見直したいと思う。

この2週間くらいで録画は3割は減ったけど5割まで減らしたい。

以前も書いたけどドラマを減らさないと。

 

あとこのPC録画とは関係ないのだが

ブログを書くことすら時間の無駄に思えてきた。

書きたいことを整理してブログ記事を書くことは

悪くはないのだが長々と書きすぎな気がする。

もっともブログ1本を簡潔にしてみようかな。

だから今回は短めで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


recommend

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3
【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3 (JUGEMレビュー »)

DJIのスマホ3軸ジンバルの新モデル。折りたたんでコンパクトに収納できるようになった。さらに13500円と値下げ。

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM