PC録画1台体制

  • 2019.06.24 Monday
  • 20:40

PC録画の見直しにより録画は減ってきた。

それで最近試みているのはPC録画の1台体制。

今はメインPCと録画PCの2台のPCを利用してるが

これを録画PCのみで行うというもの。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TSチューナーはどちらも2枚搭載されているので

それぞれで地デジx4+BS/CSx4の録画が可能。だから十分可能だ。

 

そもそも何故2台のPCで録画を行っているのか。

以前録画が多いときは1台では録画をサポートできなかったため。

あとエンコードも多いので2台で分散させて行っていたためだ。

今はPCのスペックも高くエンコードも少なくなったため

十分1台のPCでエンコードが行うことが出来る。

だから1台体制は可能だと思うんだけどやっぱり録画失敗リスクはある。

でも夜間時間帯はどのみち2台のPCを起動することを考えれば大丈夫だし

エンコード量もまあ問題ないかなと思う。

この1台体制の取り組みの意味はPCの稼働時間を減らすこと。

それ故に可能な限りは今まで通りの2台体制を行っていく予定だ。

 

録画のメインとなるのは録画PC。

ただしスペック面ではメインPCに劣る。

夜間に録画したドラマやバラエティなどはメインPCでも録画し

すぐにエンコードをしてしまう。

メインPCはRyzen5を搭載しておりRyzen7へのアップグレードも検討中。

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

エンコード速度は録画PCよりも圧倒的に早く

また他の作業をしててもエンコード速度が落ちないので

夜PCを普通に利用している段階は録画エンコードPCとしても活躍してもらう。

その上でそれ以外の時間帯はメインPCは休んでもらい

録画PCですべての処理を行うことになる。

そのため録画PCのTS録画用のストレージは

多少強化をする必要があるかもしれない。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD

2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

これは実際利用しながら考えていく予定だ。

 

あとこの1台体制で必要なのは

夜以外の録画を極力減らすことだ。

午前中や昼間の番組は今は海外ドラマなどを中心に

少しだけ録画をしているんだけどこれを停止する。

それらは録画エンコードしても見てないので無駄だから

今まさに減らしているところ。

土日を除けば録画は18時から26時の間くらいに限定したい。

そうすることで1台体制は問題なく行うことが出来る。

 

これまでPCのあまりにも負荷をかけすぎていた。

メインPCは24時間単位で考えれば

起動してない時間のほうが少ないくらいだった。

それを全面的に変えていきPCを長く使って行けるようにする予定。

そうすれば自宅でノートPCが活躍する余地も生まれる気がする。

そのあたりのライフスタイルの変化については今後。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

録画エンコードは時間の無駄?

  • 2019.06.17 Monday
  • 20:57

最近断捨離モードでそれをこじらせつつある。

自分を変えたいという気持ちが暴走しつつあるが

あえて止めることなく突き進んでいる。

PC録画においてもその傾向は顕著に出てきた。

録画もエンコードも時間の無駄ではないかと

そう思うようになってきた。

 

PC録画の場合は

TS録画→エンコード→HDD保存

といった感じで大まかに行われる。

時間がかかるのはパッチエンコード登録。

かつてはCMカットとかして1日2時間以上かけてたけど

今はかなり簡略化して早くなった。それでも時間はかかる。

でも実際はもっと別のことにも時間がかかっている。

地味に時間がかかること。

〇予約録画

週2回ほど行っている。数日後まで番組表をすべてチェック。

楽しい時間ではあるけど時間はかなりかかる。

〇動画チェック

TS録画した番組だけど残すか判断するために見ること。

バラエティ番組などは見て残さないと判断したら見て削除する。

この時間帯って無駄だなと思うから最近は予約録画しないことが多い。

〇エンコードデータ整理

必要に応じてリネームなどを行うがこれが面倒。

でもこれをしないと後々データの価値が低くなる。

例えばドラマなどは〇話と順番通りになるようにしたり

ゲスト出演者の名前や場所を追記したり。

 

これらをどうするかは今考えてるけど

根本的には総量を減らすのが一番。

そうすればそれぞれの時間が減らすことが出来る。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD

2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

膨大な量のデータがHDDに残っているけど

それらが過去無駄にした時間によるものだと考えると

かなりぞっとしてしまう。

今僕は時間がもったいないと焦っている感じがあるんだけど

過去は取り戻せないけど過去の無駄をそのまま未来へと

持ち越さないためにも今しっかり見直したいと思う。

この2週間くらいで録画は3割は減ったけど5割まで減らしたい。

以前も書いたけどドラマを減らさないと。

 

あとこのPC録画とは関係ないのだが

ブログを書くことすら時間の無駄に思えてきた。

書きたいことを整理してブログ記事を書くことは

悪くはないのだが長々と書きすぎな気がする。

もっともブログ1本を簡潔にしてみようかな。

だから今回は短めで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画の大規模整理開始

  • 2019.06.13 Thursday
  • 20:38

先日から始まっていた録画鬱。

何故こんなに録画やエンコードにエネルギーを使うのか。

無駄じゃないのかと鬱になる症状だけど

これが来ると大規模な予約録画見直しや過去のデータ削除に繋がる。

その波がいよいよやってきた。

今回は過去最強の波かもしれない。

PC録画とエンコードを終了するほどではないけど

"見ない番組は録画しない残さない"を進めていくことになりそう。

 

今回の整理のメインはドラマ。

ドラマこそ無駄な録画が多い。

ドラマは全話揃えたくなりついつい惰性で録画して

エンコードしてしまう。それで無駄に残してしまう。

膨大なドラマをこれまで録画してきたけど

これまで見たのは1%ほど。99%は無駄ってことだ。

日々録画しているドラマも大半が無駄ということ。

それ故に本気で消していく予定。

それをわりと躊躇なく出来るのはHuluなどの

定額動画配信サービスがあるから。

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

いざとなればHuluなどで見ればいいので

無理に残す必要はない。

特にドラマに関しては見逃しても見られるチャンスは非常に多く

それ故に残すという必要性をあまり感じなくなってきた。

 

今回のデータ整理の終わり頃になったら

HDDを買いたいと思っている。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD 2年保証

6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

そして古いHDDの処分を進めていきたい。

過去のドラマなども大規模整理で残すものは残して

残さないものは削除してしまう。

そうして分散してたドラマHDDを統一して

管理しやすくしていきたいと思う。

 

ということでこのブログを書きつつも削除してるけど

かなり減ったなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

録画熱が冷める時

  • 2019.06.10 Monday
  • 20:29

時々ふと冷静になることがある。

PC録画とエンコードが凄く無駄に感じてしまう。

これに費やしているお金や時間、手間など全てが無駄で

何か空しくなってしまう。

残っているのは録画エンコードデータだけど

それをいくらたくさん残していても

それが自分のためになっているのかなと考えてしまうと。

もっとも自分のスキル向上などに時間やお金を使うべきではと。

それを言ったら趣味全般やばいけどね。

 

こういう冷めてしまうときだけど

録画を減らすチャンスなのでこれを機にガンガン減らすことにしてる。

こういう時はあれも不要これも不要ってことで

録画を減らし残す番組を減らすことが出来る。

さらにこれまで録画エンコードしてHDDに残してきたデータすら削除しやすい。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD

2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

HDDに入ってデータだけど

以前録画鬱に入った時は30%くらい削除することが出来た。

普段はもったいないと削除なかなか出来ないけど

こういう時はシビアに対処できるので

思い切って録画データ整理するのが便利なんだ。

ただ根本的にそれでは何も変わっていないということなんだけどね。

 

もっともここ数年はこうした気持ちの高まりが

極端になってきている気がする。

例えばダイエットも中途半端だったけど

去年は思い切ったおかげで前に進むことが出来た。

録画も小さな気持ちの盛り下がりではなく

もっと大きな録画鬱がやってくれば根本的に減らして行けそうな気がする。

そのためにはドラマを減らさないといけないなというのが一番。

僕は基本ドラマはあまり見ないけど週30本を録画している。

これをなんとかすればPC録画の負担は激減すると思うんだけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TMPGEnc Video Mastering Works 7

  • 2019.06.03 Monday
  • 20:51

去年11月頃だったか発売された

動画エンコードソフトの最新版。

僕はまだ旧バージョンを利用しているけど

そろそろ最新版を使おうかなと思っている。

TMPGEnc Video Mastering Works 7 【ダウンロード版】|ダウンロード版

TMPGEnc Video Mastering Works 7

【ダウンロード版】|ダウンロード版

AmazonでもDL版が発売され

さらに値引き販売も始まっている。

おそらく次のバージョンが出るまでに

2年か3年はかかると思われるので

長く利用出来るので今は買い時だ。

 

僕はVer.6をメインPCで使っているけど

とにかく使いやすいソフトだ。

元々フリーソフトのAviUtlを使っていた。

このソフトも使い慣れて良かったんだけど

今となってはもう戻れないほどTMPGEncに慣れてしまった。

とりあえず問題が起きない安定性が素晴らしい。

録画エンコードには何かしら問題が起きやすい。

特に音の問題はよく聞くる。

音がずれるなんてのは以前はよくあった。

TMPGEncではそれが全くない。

また音声多重放送や二か国語放送などにも強い。

5.1chのSS放送にも対応しており

音声のトラブルがこのアプリを使うようになって皆無になった。

 

最新のコーデックにも対応しており

H265/HEVCにも対応している。

またGPUエンコードにも対応。

GPUエンコードは画質を突き詰める場合は向いてないが

高速かつ手軽にエンコードするには最適。

CPUが高速ではなくてもびっくりするくらいすぐ終わり。

今はAMDのRX580がかなり安くなっている。

玄人志向 AMD Radeon RX 580 搭載 グラフィックボード 8GB RD-RX580-E8GB/OC/DF2

玄人志向 AMD Radeon RX 580 搭載

グラフィックボード 8GB RD-RX580-E8GB/OC/DF2

これを買ってGPUエンコードすれば

CPUがちょっと古くても快適エンコード生活が待っている。

最近あまり画質にこだわらなくなったこともあり

もうGPUエンコードでもいいかなと思ったりしてるが

僕が使ってるのはGTX960だがそれでも効果はある。

GTX1060やRX580などだとより速いと思われ

ゲームをやらなくてもビデオカードが欲しくなる。

 

ということで動画エンコードをしてる人すべてに

おすすめしたい動画エンコードソフトだ。

フリーが駄目ってわけではないけど

トラブル皆無でストレスフリーで利用出来るので

ほんとに楽になった。

そのうち買いたいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画の未来

  • 2019.05.27 Monday
  • 20:38

毎日2台のPCを利用して録画とエンコードをしている。

地上デジタルやBSデジタルの番組をPT3等でTS録画。

PT3 Rev.A

PT3 Rev.A

録画した番組のうち何割かは見て消す視聴用。

これは一時的にHDDを占有するけど

たいしたエネルギーは利用しない。

問題は残す番組だ。

録画した番組のうち半数以上はMP4へとエンコードをする。

TMPGEnc Video Mastering Works 7 【ダウンロード版】|ダウンロード版

TMPGEnc Video Mastering Works 7

【ダウンロード版】|ダウンロード版

かつてはCMカットしてたけど今は全くせず

基本前後カットのみでエンコードをするけど

その処理には多少時間がかかる。

さらにエンコードは夜中行うのだがこれも電気代がかかっている。

 

録画エンコードした番組は

残すことになるんだけどこれには現在はHDDを利用してる。

かつてはDVD-Rに残していたこともあったんだけど

4.7GBしか入らないDVD-Rでは入れられるデータが少なく

結果的に数千枚レベルまで膨れ上がり管理できなくなった。

そのレベルだとそもそも探したいファイルを見つけるにも一苦労。

結局ほとんど捨ててしまいHDDへと乗り換えた。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD

2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

全面HDD化したことでコストは抑えられるようになったが

それでもコンスタントにHDDは必要になる。

 

何より動画エンコードに対応したPCも必要。

Core i7やRyzenなどハイスペックCPUを搭載したPCを利用している。

ストレージなどもたくさん必要だ。ハードウェアコストかなり高い。

毎日一定時間をPC録画に時間を費やすことにもなる。

予約録画を行う時間が週2回・1回30分ほど。

録画エンコード登録を行う時間が1日2回・1回20分ほど。

録画データの整理を行うのは毎週月曜日夜・1回1時間ほどかかっている。

もちろん電気代も決して安くはないし

こうしたコストをかけてPC録画とエンコードを行っているわけだ。

それだけのエネルギーを

これからも費やし続けるのだろうかと思うとちょっとうんざりする。

 

PC録画とエンコードのメリットは

見たい番組をいつでも手軽に見られることだ。

レコーダーでは駄目なのかというと駄目ではないが

我が家でもレコーダーは利用してるが基本視聴用だ。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BRW1050

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BRW1050

見て消すだけならレコーダーでも全く問題ない。

PC録画とエンコードの利点は"残す"という点で全く違う。

僕はかつてPC録画以前はレコーダーを利用してたけど

PC録画へと移行したんだ。

レコーダーで同じことをやろうとするとおそらく負担は10倍以上になる。

PC録画だからずっと負担は少なくて済んでいると言えるかと。

まあそれ以前に多くの番組を残していく必要があるのかが問題なのだが・・・。

 

元々PC録画は紀行番組のみで行っていた。

NHKのBSデジタルなどで放送される紀行番組は

再放送される番組もあるが全く放送されなくなる番組もある。

そうした番組を残すためにPC録画を始めた。

そして今も10年以上前に録画したお気に入りの番組を

いつでも手軽に見ることができる。

ただ問題はドラマやバラエティなどのカテゴリにも広げてしまったことで

数が増えて負担が増えてしまった。

そのあたりが今課題になっているところ。

 

最近は見逃し配信や定額動画配信などが広がっているが

有料でも構わないからいつでもどこでも

ドラマが見られるのならドラマはもう録画しない。

でも一部のみで見られなくなるドラマが多いから

だからやはり録画せざるを得ない。

まあでもそれはある意味依存。

そして決して見ない番組も録画エンコードしてる現実。

1度全て放棄して困るかなと思ったりすることはあるけどね。

ともかくもっと使いやすい見逃し配信、定額動画配信になればな。

そして録画して残すことから全ユーザーを開放してほしい。

多分各家庭が録画や残すことから解放されたら

相当なエネルギーの節約につながると思うんだがなあ・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画とHDD

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 20:43

僕はメインPCと録画PCで

PC録画とエンコードを行っている。

アースソフトのPT3などのTSチューナーで

HDDに録画をしているんだけど

そのTS録画とHDDの利用はメインPCと録画PCでは異なっている。

 

録画PCではEドライブとFドライブの2台のHDDを利用し

地上波はEドライブ、BSデジタルはFドライブに録画をしている。

予約録画の段階で録画HDDを分けている。

元々は余ったHDDを録画HDDとして利用していたため

500GBくらいしか容量がなかったためなのだが

今はEドライブが2TBでFドライブが1TBとなっており多少余裕がある。

2017年のハワイ旅行を前にEドライブは500GBから2TBに増やしている。

また録画PCでは録画したTSデータは基本翌日には削除している。

見たりエンコードしたりして用済みになったら即削除という形だ。

 

メインPCではGドライブ1台で録画を行っている。

Gドライブは3TBのHDDを利用している。

元々2TBだったけど2017年のハワイ旅行を前に

3TBへとHDD容量を増やした。

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ-RT SATA3.0 5400rpm 2年保証

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue

WD30EZRZ-RT SATA3.0 5400rpm 2年保証

メインPCのGドライブで使ってた2TBのHDDを

録画PCのEドライブに流用した形だ。

また録画したTSファイルは基本月曜日の夜まで保持する。

月曜日から日曜日までのデータをよく月曜夜に削除する形。

これは月曜夜に1週間分の録画データをチェックして保存するためで

もしエンコード忘れがあった場合などはこの段階で対処できるため。

 

こんなTS録画とHDDだけど失敗もある。

録画PCは基本翌日には削除するので問題ないが

メインPCで以前月曜夜に削除するのを忘れてしまって

次の土曜日くらいにHDDが満杯となり録画失敗してしまったことがある。

去年だったか今年だったかわりと最近のことだ。

HDDが2TBの頃は余裕がないと思って忘れなかったけど

3TBにしてから余裕が出てついつい消すのを忘れるようになってしまった。

最近それなら4TBへとアップグレードしようとか考えてるけど

その必要はないと思う。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク

HDD 2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

増やしたところで消し忘れたら同じことなので。

1週間にTS録画するデータは週によるけど1.8TBくらいじゃないかと思う。

4TBあれば2週間分は確保できると思うんだけど

実際そんなに保持する必要はないし消すのを忘れなければ問題ないかと。

 

この録画PCとメインPCで違う録画スタイルを

このまま続けていくかは分からない。

以前録画PCの2台体制を1台にしようかと考えたことがある。

2台にしたのはHDDの転送速度不足で録画エラーになることを恐れて。

しかし今のスペックは高いのでその心配はない。

予約録画時に2つに分けるのは意外と面倒なので今も検討してるところ。

そしてその場合削除するタイミングも翌日ではなく

一括で金曜日くらいに削除しようかなと。

メインPCと同じタイミングにはならないほうが都合が良いので。

 

ということでTS録画のHDDに関してだが

実は今は録画アプリの設定でセカンダリHDDを設定。

HDDが満杯でも録画ミスは起きないようにしている。

Gドライブがもし満杯だったらDドライブに録画するようにしてるためで

実はつい先日にも消し忘れてGドライブが満杯になったのだが

Dドライブに録画されていたことがあった。

だからまあ今のままでも十分対応可能だと思うけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

録画PCのアップグレード計画

  • 2019.05.20 Monday
  • 20:51

録画PCはCore i7 2600Kを利用している。

2011年に発売されたCPUでそれを今も利用している。

さすがに8年経ってそろそろ更新時期。

昨年メインPCをアップグレードしたが

Core i5 2500→Ryzen5 1600に変更して

動画エンコードは劇的に早くなった。

 

今年録画PCをアップグレードするとしたらどうするか。

今のプランだとメインPCをまずRyzen7 2700Xへと

アップグレードすることを考えている。

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

AMD CPU Ryzen 7 2700X

with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

メインPCをアップグレードすると

Ryzen5が余るのでそれを録画PCに流用すると。

またメモリもメインPCでは

現在4GBx2枚で利用している。

CORSAIR DDR4-2666MHz デスクトップPC用 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2A2666C16

CORSAIR DDR4-2666MHz デスクトップPC用

メモリモジュール VENGEANCE LPX Series

8GB×2枚キット CMK16GX4M2A2666C16

今後8GBX2枚のより高速なメモリへとアップグレード予定。

そうすることで余ったメモリを録画PCで利用すると。

あとマザーボードがあれば録画PCのアップグレードは完成と。

基本的なスペックは今のメインPCの流用なので同じになるだろう。

メインPCの動画エンコードは非常に高速で快適なので

録画PCでも高速化してくれると思われる。

 

このアップグレードをいつ行うか。

昨年のメインPCのアップグレードは4月末に行った。

一応予定では今年アップグレードを行いたいと思うけど

ひょっとしたら来年に先延ばしになるかもしれない。

その理由は必要性の有無だ。

はっきり言って

Core i7 2600Kの今の録画PCでも十分快適に使えている。

エンコードは深夜に行っているけど特に遅いとは感じない。

また最近は録画やエンコード自体が全体的に減っており

それを考えるとコストをかけてアップグレードをする必要があるのかと

若干疑問に思うところもある。

それよりは利用頻度が高いスマホを新しくするべきではないかと。

ただ8年経ったPCは故障リスクが高まっている。

利用頻度が低くなったとはいえ

突然壊れて使えなくなったりしたダメージが大きい。

だから予防的な措置としてアップグレードは進めていきたい。

 

いつまで動画エンコードをするかなと

最近思うところがある。

最近かなり縮小気味でエンコードしないのを増やしている。

まあ今回アップグレードすれば5年以上は

アップグレードすることなくそのままPC録画を終えることがあるかもしれないな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画エンコードと解像度

  • 2019.05.13 Monday
  • 20:41

僕は普段レコーダーを利用せずパソコンで録画を行っている。

いわゆるTS録画ってやつを行っている。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TSファイルはMPEG2-TSファイルのことで圧縮率が低く容量が大きい。

それ故に残す際にはエンコードを行って圧縮している。

H264/AVCのMP4にすることで

10分1くらいに容量を減らすことができて

さらにはゲーム機やスマホ、テレビで再生できるなど

再生互換性を大幅に高めることができるためだ。

 

そのエンコードはペガシスのソフトで行っている。

有料のソフトを使ってるのはその性能が非常に高いからだ。

TMPGEnc Video Mastering Works 7 【ダウンロード版】|ダウンロード版

TMPGEnc Video Mastering Works 7 【ダウンロード版】|ダウンロード版

現在は昨年秋にVer.7が出ているが僕が使ってるのはVer.6。

DL版の価格が値下がりしていることもあり

2年3年先くらいまではこの価格で売られるだろうから

そろそろ新しくしようかなと思っているが

それとともにエンコードの設定の見直しも行おうかと検討している。

それは画質の設定などもあるけど

一番は解像度設定だ。

いったい残す番組の解像度をどれくらいにするのが良いのだろうか。

 

現在のTSファイルは

1920x1080か1440x1080となってる。

これからリサイズ処理を行うわけだが

僕の場合は番組内容に合わせて3種類に分類している。

最高画質:1440x812

高画質:1280x720

標準画質:1024x768

といった形でエンコードをしている。

最高画質は紀行番組。これは美しい映像が魅力なためだ。

高画質は映画、音楽、ドキュメンタリーなど。

標準画質はそれ以外。ドラマ、アニメ、バラエティ、スポーツなど。

割合でいえば

最高画質:高画質:標準画質は1:1:6

こんな感じじゃないだろうか。

ドラマが多くてこれらは標準画質なので増えてしまうことになる。

 

これをどう見直していくか。

FHDの1920x1080は設定する予定はない。

テレビ放送のビットレートはそれほど高くないためFHDのメリットは薄い。

今考えているのは解像度は基本1280x720に統一して

一部の紀行番組のみ1440x812にしようかなと思っている。

1280x720が最も適したエンコード解像度ではないかと思う。

1024x576から1280x720にすることで

テレビなどで再生する際の画質が向上することがメリット。

弱点はエンコード時間が増えることと容量が増えること。

容量に関してはビットレート設定で調整しようと思っている。

具体的には1280x720に

3段階くらいの差をつけようかと。

上限ビットレートでいえば4Mbps、2.5Mbps、1Mbpsと分けた利するのを検討。

基本は可変ビットレートだけどね。

 

エンコード時間に関しては

CPU性能の向上により問題ないレベルになっている。

今はAMDのRyzen5を利用しており

以前のCore i7より高速化している。

メインPCはRyzen7へのアップグレードも検討している。

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

そうなれば1280x720からに変更したところで

エンコード時間に大した差はないのではないだろうか。

実際今の時点でエンコードには相当余裕があることもあり

最新のCPUなら多少解像度が増えたところで問題なさそう。

 

ということでいきなり変更せず

少しずつ設定を見直して実験を行っていきたい。

最も多く残しているドラマを1280x720に変更したことで

容量がどれくらい増えるのかが気になる。

そして出来ればその上昇を最小限で抑えられる設定を見つけ出したい。

ドラマは1話200MBが理想なんだけどそれだと平均700kbpsくらいだかな。

1280x720でこれに近いビットレートは可能なんだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像安定装置

  • 2019.05.06 Monday
  • 20:42

僕がPC録画を本格的に始めたのは2008年だけど

それ以前から録画は行っていた。

当時はレコーダーで録画してDVD-Rにダビングしていた。

2004年にはネットワーク対応のRD-H1というHDDレコーダーを買って

録画したMPEGデータをLAN経由でPCに転送して

そのファイルをエンコードしていたりしたもの。

しかしその頃コピーコントロールが始まった。

2004年4月からだったかBSデジタルでCPRMが始まり

2005年には地上デジタルが始まってCPRMは最初から備わっていた。

当初はコピーワンスだったけどその後ダビング10に変更されたんだっけ。

 

初期のコピーコントロールではDVD-Rにダビング出来なかったので

DVD-RAMやDVD-RWに残す必要があった。

これが厄介でなんとかしたいなと思っていて

さらにRD-H1でのファイル転送も出来なくなるので大問題か。

2004年5月くらいに購入したのが画像安定装置だった。

PROSPEC デジタルビデオ編集機  DVE793 S端子/ピン端子入出力搭載 スタンダードモデル ブラック

PROSPEC デジタルビデオ編集機 DVE793

S端子/ピン端子入出力搭載 スタンダードモデル ブラック

今も売られている画像安定装置。

この製品は元々はダビングするときの映像の乱れなどを

補正してくれる製品なのだが裏機能として

CGMS-Aと呼ばれるアナログのコピーコントロール信号を除去出来た。

実質コピーガードキャンセラーとして売られていたんだ。

僕が持っていたのは

プランテック 最高級画像安定装置 VXC-3000II

プランテック 最高級画像安定装置 VXC-3000II

多分この製品だった記憶がある。

裏にフタがありあけると配線が1本ありそれをカットすると

コピーガードキャンセラーとして使える製品だった。

実質そういう風に作られてるけどあくまで販売する時点では

コピーガード除去機能はない真っ当な製品という形で販売されていた。

 

コピーガードは録画装置とチューナーの間に入れる必要があり

一般的なレコーダーの場合はチューナーは内蔵されている。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BW1050

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BW1050

こうした機器には利用出来ないけど

2005年頃はレコーダーのチューナーはアナログ。

外付けでBSデジタルや地上デジタルのチューナーを接続しており

その部分に画像安定装置を挟むことで

DVD-Rに普通に焼いて保存することができたんだ。

地デジやBSデジタルチューナーが普通に内蔵されるようになると

その出番も失われていくことになる。

またPC用でアースソフトのPT1などTS抜きチューナーが登場し

超高画質で残すことが出来るようになり

僕自身も画像安定装置のお世話になることはなくなっていった。

 

今は既に手放してしまって持っていない。

そもそも使い道がない。

ネットオークションで買う人がいたけど

今は何に使ったりするんだろうか。

ともかく懐かしい商品だな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


recommend

ASRock Phantom Gaming M1 Radeon RX 570 8G バルク品 グラフィックボード
ASRock Phantom Gaming M1 Radeon RX 570 8G バルク品 グラフィックボード (JUGEMレビュー »)

ミドルクラスのビデオカードが11700円。マイニング用で余ったのがゲーミング用途に流通しつつあり格安のビデオカードを買うチャンス。

recommend

激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~
激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ (JUGEMレビュー »)
齊藤 倫雄,NHK取材班
TJAR2018の番組が待望の書籍化。番組よりも詳細な取材情報、撮影の裏側などが濃くてこっちのほうが魅力的だったりする。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

recommend

激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ トランスジャパンアルプスレース [Blu-ray]
激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ トランスジャパンアルプスレース [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

2018年8月に行われたTJAR2018。NHKが密着し秋に放送された番組がBD化。特典として今年1月に放送されたサイドストーリーも収録。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM