PC録画とレコーダー

  • 2017.09.18 Monday
  • 21:26

僕はもともとDVDレコーダーで録画をしていた。

2003年にDVDレコーダーを買って

紀行番組や海外ドラマなどを録画していた。

ただダビングしたDVD-Rが膨大な量になり

とても管理しきれなくなり新たな方法を模索して

その結果PC録画を行うようになった。

 

レコーダーからPC録画へ移行したころ

フリーオトという製品が発売された。

地デジやBSデジタルなどのハイビジョン放送が始まったのち

テレビ放送にはコピー制御の仕組みが取り入れられtえ

いろいろ録画して残す上で制限が加えられたのだが

この製品はそれを無視して利用することができた。

PCでTSデータとして保存出来ればあとはエンコードすれば

自在に取り扱うことが出来る。

それで一気にPC録画へ移行をしたんだ。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

アースソフトのTSチューナーのなき今は

PLEXのチューナーがTS録画の定番となっている。

 

かつてはレコーダーでHDDに録画して

残すためにDVD-Rに保存をしていた。

DVD-Rは1000枚を超えると管理できなくなる。

今はHDDに保存している。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク

3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0

5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

TS録画したデータをPCでエンコードして圧縮。

ドラマなどは1024x576のH264/AVCでエンコードすることで

1話250MBほどに圧縮することが出来る。

汎用性の高いファイルなのでスマホやタブレットでも

手軽に視聴することが出来る。

HDDには膨大なデータを保存しているけど

DVD-Rに換算するとすさまじい数。

かつてDVD-Rには1枚にLPモードで4時間の番組を録画してた。

今は1時間で300MBとすると

3TBのHDDで10000時間記録できる計算だから

DVD-Rに換算すると3TBのHDDで2500枚分保存出来ている。

DVD-RのLPモードは当然SD画質だけど今はHD画質でずっと上。

これがもう10年近く続いている。

 

今のレコーダーはとても優秀だけど

録画を残すという点でいえばPC録画にはかなわない。

BDレコーダーだと残すストレージはDVD-RかBD-R。

DVD-Rだと圧倒的な枚数となってしまうし画質もSD。

それ故にBD-Rに残すことになるが結局は膨大な数になり

管理が出来なくなってしまう。

例えば1000枚のディスクがあったとして

そこから必要なデータを取り出すのはとても大変。

PC録画ならHDDに保存することが可能で

レコーダーよりも画質を保持しての圧縮に最適なので

多くのデータを残すことが出来る。

この10年本当にたくさんの録画データを残してきたが

もしPC録画へ移行せずレコーダーを使ってたら

もうDVD-RやBD-Rに囲まれて生活していただろうなあ。

 

コストとしてもPC録画はハードウェアコストは

レコーダーよりも多くかかるといえる。

エンコードが高速に行えるCPUを搭載したPCが必要。

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire

65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

今ならRyzen7がコストパフォーマンスで圧倒だろう。

レコーダーなら45000円くらいで買えるけど

高速エンコード可能なPCは8万円以上はする。

TS録画チューナーも合わせればさらにかかるけど

それでもトータルコストはPCのほうが圧倒的に安いだろう。

もしBD-Rに録画データを残していたら

5000枚くらいのBD-Rを利用してたことだろう。

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用 BD-R VBR130RP50V4 (片面1層/1-6倍速/50枚)

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用

BD-R VBR130RP50V4 (片面1層/1-6倍速/50枚)

50枚2200円として22万円か。

メディアコストもそうだけど5000枚のBD-Rを保存する場所を

確保することが大変だし

例え保存場所を確保できてもそれらのデータを探し出すのが大変。

HDDならデータのコピーやバックアップは簡単だし

1台の膨大なデータ量を保存できるわけでやっぱり重宝する。

 

PC録画へ移行したのは正解だったのだが

移行する前の数年間の間にレコーダーに依存して

膨大なDVD-Rを買っていた日々は無駄だなと今ちょっと後悔する。

僕が2003年から2008年にかけて買ったDVD-Rは1万枚以上。

当時DVD-Rの価格は高く50枚で平均2500円はしたので

メディアだけで50万円くらい使っていたことになるわけだ。

それらはほとんど今は捨ててしまっているし

それに費やした時間などの労力も考えると

本当に無駄だったなあと。

PC録画は無駄にはなってないので本当に良かったなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

録画番組HDD

  • 2017.09.16 Saturday
  • 21:00

僕はかつてDVDレコーダーで録画をしてたけど

DVD-Rで残していたら膨大なDVD-Rだらけになり

管理が出来なくなってその後PC録画に変更。

現在はTSチューナーを利用。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応

TVチューナー PX-W3PE4

TS録画したのちPCでMP4へエンコードして保存。

そして保存したMP4データは

録画番組保存HDDにすべて保存している。

 

さて録画番組保存HDD21が先日容量がいっぱいになり

録画番組保存HDD22を始動した。

WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]

WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB

3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]

こないだ買った3TBのHDDを利用。

結局ここ5年以上はずっと3TBのHDDを

録画番組保存HDDとして利用している。

容量あたりの単価が安いこともあるが

保存するHDDが増え続けるので理想は8TBとか利用したい。

もっとも大容量HDDを使うほどそのHDDが壊れたときに

失われるデータが大きくなるので3TBがバランス的に

ちょうどよいのかもしれない。

ちなみに次の録画番組HDDは22台目だけど

最初のは500GBとかで2年か3年前に大規模データ整理して

必要ないデータを削除したこともあり

今は22を加えて8台になるかな。すべて3TBのHDDで利用してる。

 

使っていた録画番組保存HDD21だけど

ファイル数は4000ちょっと。容量は2.7TBほど。

3TBのHDDはWindowsで見ると上限2.73TBだからね。

利用開始は2016年2月。約19か月利用してきたわけだ。

録画した番組をすべて残すわけではないけど

1度残すと決めてエンコードした番組は基本的に

全てのこの録画番組保存HDDに保存している。

倉庫みたいなもので1度保存したら

あまりこのHDDに再度アクセスすることはなく

何かあった時に探して取り出すという形になる。

これ以外にも録画データを保存するHDDはあり

そっちのほうが普段の利用頻度は多い感じだ。

 

他の録画データの保存HDDだが

映画、ドラマ、紀行番組用などがある。

ドラマは全話そろえてタイトル毎に保存してこそ価値がある。

ゆえにドラマHDDにはたくさんのフォルダがあり

全話そろえてまとめて保存されている。

それ故に録画番組保存HDDの中のドラマはあまりアクセスしないし

時々行う大規模データ整理の際に

録画番組保存HDDの中からドラマを削除することもある。

既にドラマHDDで全話そろってたらあまり意味ないため。

重要視してるのは以前から紀行番組HDD。

これはバックアップの意味合いもあるため

録画番組保存HDDから消すことはなく2か所に保存している。

 

さてこうしたHDDに保存してても

普段はPCと接続していないので手軽に見られない。

そのため視聴用データをNASに置いている。

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU

2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

録画番組保存HDDに放り込んだらメインPCからは削除するが

みたいなと思うものはNASにもコピーしておく。

NASは見たい作品を中心に2TB以上保存している。

僕がお気に入りという作品はすべてここにあるので

いつでも手軽に見ることが出来るわけだ。

今保存してる録画番組保存HDDの総データ容量は20TB以上だが

そこから選抜した2TBくらいをNASにピックアップして

保存しているという形だ。

古いデータは10年前くらいのものもあるかな。

僕がPC録画を開始したのが10年前くらいからなので

それ以前のはDVDレコーダーで利用していたもので

それらは画質が良くないので紀行番組などはその後放送された

HD画質に変更している感じかな。

 

ということで

今は録画全保存、カテゴリ別保存、視聴用保存(NAS)と

3つで録画データを保存している。

お気に入りの番組はこの3か所すべてに保存されているので

何かしらHDDに問題が起きても安心だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外へテレビ番組の録画を送る

  • 2017.09.10 Sunday
  • 19:57

今年秋に妹家族が再び海外転勤となる。

今はその準備に追われているようだけど

出発は間もなくのようだ。

子供の新学期(9月)には間に合わないようだが。

 

以前も海外駐在をしていたけど

その時に日本のテレビ番組を録画して送ってくれと言われた。

DVDレコーダーが普及してたので当初は2か月か3か月くらい分をためて

DVD-Rに焼いてまとめて送っていた。

昔はカナダに住む親せきにVHSで送ってたこともある。

それに比べると配送コストは抑えられるものの

やはりコストと時間がかかるのが難点。

特にネット環境が普及して日本の情報がリアルタイムで得られるのに

2か月3か月遅れるのは結構厳しかった。

僕自身PC録画環境への移行を進めていたこともあり

それで送るように変更をした。

 

PC録画はTS録画可能なチューナーで録画。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TSファイルのままだとファイルがでかいので

エンコードをする。MP4へのエンコードだがサイズも小さくする。

ドラマなど1話200MBから300MBが理想で

多くのドラマはこのサイズに抑えてエンコードした。

これでも見る分には全く問題なく見られる。

そのファイルをネットのファイル転送サービスを利用して送っていた。

 

ファイル転送はどのサービスを使ってたのか

すっかり忘れてしまったけど当初は300MBまでだったけど

利用開始して500MBまでになり800MBくらいまで増えて

帰国する直前くらいには1GBまで対応していた気がする。

ただあまり大きなファイルを送ると

アップロードやダウンロードにも時間がかかるので

例えば放送時間が長い紅白歌合戦などの場合は

3分割くらいして送っていたものだ。

 

送ったデータをどうやってみていたかというと

ノートパソコンで受け取ったファイルは

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB

HD-LC3.0U3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

外付けHDDに保存されると。

そしてPCで直接それを見ることもあれば

プレイステーション3に接続してみることも合ったようだ。

PS3でUSB-HDDを接続する場合はFAT32に限定されるのが弱点だが

4GB超のファイルなんて絶対に送らないのでFAT32でも

特に問題なく利用出来たようだ。

当然PS3での再生は大丈夫だった。

あえてH264のプロファイルはMainのLevel3.1に抑えてた。

これはiPad2やiPod touchでも再生できるようにと考えたため。

海外側というよりも僕自身が当初それを望んでいたから。

 

ということでPC録画は今も行っているので

以前のように送ることは特に問題ないと思われる。

今僕が録画しエンコードしてる番組を増やす必要もなさそう。

 

ただしこれとは別の方法も今回は模索している。

それに関しては明後日に書く予定だけど

妹家族専用のレコーダーを設置してネット経由でアクセスしてもらうとか

VPNサーバーを利用してTVerなどのアプリを使えるようにするとか

ファイル転送サービスではなくNASやFTPを使う方法とか。

いろいろ考えているわけだがレコーダーに関しては実現するかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

残すか残さないか

  • 2017.08.21 Monday
  • 20:24

普段はPC録画でTS録画をしている。

その上で残す番組をエンコードして保存している。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TS録画した番組はすべてエンコードするわけではなく

残そうと思った番組のみをエンコードしている。

正直録画するだけならそれほど負担はないが

残す場合はエンコード登録を行い実際にエンコードして

保存するストレージなどの負担が大きくなる。

ゆえに極力残す番組を減らしたいと以前から考えているわけだが。

 

お盆休みにはこれまで残してきたデータを

まとめて見ることが多かった。

エンコードした番組データも優先順位がある。

ドラマなどはシリーズをそろえることが目的なので

すぐに見ることはないからHDDに保存を行う。

またお気に入りの番組などはHDDに保存しつつNASにも保存をする。

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU

2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

NASに保存をしておけばPCから手軽にアクセスして

いつでも見ることができるわけだ。

お盆休みに見たのはこうしたNASにある動画だったわけだが

それすら全部見ることはなく見なくてもいいやという番組も

少なくはなかった。

ふと思ったけどそれらは本当に残す必要があったのかなと。

 

残すか残さないか決める場合は

それをまたいずれ見たいかどうかにかかわってくるのだが

全ての番組をその基準で行っているわけではない。

定期的に録画してる番組などは内容を見ず番組名で残す場合が多い。

例えばNHKスペシャルはこの番組で録画してるため内容は

必ずしも自分が見たいものとは限らない。

番組で残してるからとりあえずエンコードしているけど

実際NHKスペシャルも2割くらいは見たい番組だが8割はそうでもない。

ほかの番組も同様でふしぎ発見やイッテQなども番組で残してるが

全ての企画がお気に入りというわけではないため見ないのも多い。

それが顕著なのは映画だ。

映画はライブラリを作るためとりあえずこれまで残してないものは

エンコードして残そうとこれまでやってきたけど

残しても見たくないものは一生見ないわけであまり意味がないのでは。

そう思うとこれまで費やしてきた時間などが無駄に思えてしまった。

 

PC録画やエンコードを利用したことは問題ない。

お気に入りの番組をいつでもNASに保存して見られる状態は素晴らしい。

本当に僕がお気に入りの番組はこれまで録画してきた中の1%以下。

0.1%くらいかもしれない。これらは消えたら困るけど

それ以外は消えてもあきらめはつく感じだろうか。

実はそれらだけ残せばよかったんじゃないかと思ったりもしている。

日々時間をかけてエンコードなどをする労力は大きい。

もっと録画を減らしてもいいんじゃないかなと。

そう思うと残すべき番組は今よりもっと少ないのではないかと。

 

今残す番組は1週間で45GBほどだ。

録画番組保存HDDは3TBを利用している。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB

WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

今使ってるHDDは残り200GBほどなので

9月くらいには容量オーバーになり

新しいHDDを導入することになる予定だが多分そうはならない。

その前にHDD内データチェックを行い

必要ないデータは消してしまうからだ。

これで多分3割は消すことになる。

結果11月くらいまでは延命できるかと。その後は新しいHDDに

切り替えていくことになりそうだ。

3割分のエンコードに費やした時間やパワーは無駄だったということに。

 

ということで日々出来るだけ残さないように意識して

選別を進めていきたいものだ。

それは今日から始めていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

録画ミスと録画依存

  • 2017.08.14 Monday
  • 19:45

このところ録画ミスが多い。

僕は録画をパソコンで行っている。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TSチューナーを利用して

TS録画をしている。

録画予約にはEpgTimer_Bon+EpgDataCap_Bonという

予約アプリと録画アプリの組み合わせで利用している。

 

予約録画はドラマなど

毎週録画する作品に関してはキーワード登録の自動録画を実施するが

それ以外の単発番組に関しては番組表を見て手動で予約してる。

レギュラー録画してるドラマなどは

勝手に録画してくれるので問題ないのだが

単発作品は番組表が1週間先までしかないので

それを見て週に2回くらい予約録画を行っている。

地上波とBSデジタルとすべての番組表をチェックして

録画番組を探すのはかなり面倒で20分くらい時間がかかる。

でもそれが今後1週間に放送される番組を把握する上では

とても重要なんだ。

 

ところ最近はこの予約録画の段階で

スルーしてしまうケースが時々見られる。

普段この枠でこんな番組が放送されるのは把握してる。

だからその習慣で予約録画をしてしまう。

また番組名も全部見るわけではなく頭くらい。

よくあるのは

〇〇という番組が前編・後編と別れていたけど

前編だけとか逆に後編だけしか予約録画しなかったもの。

最近にもあった。

あとは普段その時間帯に放送しないだろうという時間に

放送するというもの。

こないだNHKのBSプレミアムで

土曜日の昼過ぎに山小屋中継が放送されていた。

夜の番組はチェックしてたけど昼にも放送していたとは・・。

NHKBSプレミアムの大型番組は土曜夜というこれまでの法則で

昼間は予約録画チェックの時スルーしてしまっていた。

例えば地上波やBSデジタルも平日昼間の番組表はチェックしない。

基本的に19時から24時くらいの番組をチェックする。

あと土日だ。それゆえに平日昼間に特別に魅力的な番組が放送されると

気づかずミスしてしまうことがある。

平日だと思って実は祝日だったということはよくあるんだけど。

 

この録画ミスは実はとても厄介なんだ。

ミスした→しまった!で終わればいいけど終わらない。

映画などならそれほどダメージは多くはない。

映画は基本DVD/BD化される。

お気に入りの映画ならBDを買えばいい。

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)

例えば君の名は。がテレビ放送され録画ミスしても

特にあまり影響はない。失敗しちゃったなあ・・まあいいかと

そんな感じですぐに忘れることだろう。

ドラマはあまりよくない。

ドラマは例えば全12話だったら12話そろえてこそ1作品だ。

これまで録画してて1話だけないと台無しだから。

ただドラマは僕はあまり重要視していないので

失敗してもそれほど残らない。悔やむけど後には残らないかな。

では何が問題かというと単発の番組だ。

単発の旅番組・紀行番組は再放送はほとんど行われないし

DVD/BD化もまず行われない。見逃したらそれが最後。

つまり録画ミス=もう見られないということを意味するわけだ。

お気にいりの山番組などだったらダメージはなおさら大きい。

 

こうした録画ミスでダメージを受けた場合

その後録画ミスをしないように環境を充実させようとする。

実は以前2008年にPC録画環境を作った時は

録画PCだけで録画とエンコードを行っていた。

しかし録画ミスによりミスを防ごうと

別のPCでも録画を行うようになった。

最初は一時的な録画のみだったけどミスが続いた後で

常設で2台で録画するようになりそれが今日まで続いている。

つまりミスが録画依存へと進ませているわけだ。

保存面でも同様で1度お気に入りの紀行番組を消してしまったことがあり

それ以後紀行番組は重複保存するようになった。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB

WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

今は録画番組保存以外に紀行番組だけは選抜紀行番組というHDDを作り

別途保存しているのはその時の名残が続いている。

あれは8年くらい前の出来事だけど今もそれが続いている。

ちなみに8年前にミスで消してしまった番組は2015年ころに

再放送があって無事に予約録画できている。

 

録画ミスは一時的な失敗で済まず

その後ミスを取り戻そうと録画体制を充実させ

依存を加速していく傾向があるんだな。

それゆえに気を付ける必要がある。

僕は既に録画依存の状態といえるわけで

これ以上環境を増やすことはないんだけど

これでミスを防ぐため週2回の録画予約チェックを

週3回に増やしてさらに1回の時間を40分に増やしたりしたら

録画予約への負担は大幅に増すことになる。

それはしないけどただこれまでスルーしていた部分にも

予約録画に時間をかけることにはなり負担が増えるのは間違いない。

 

録画してその番組を見て凄く便利だから

さらに録画を増やして依存していくのではなく

ミスが依存を加速している。

そうならないようにするためには

あまり録画に重きを置かないこと。

というか録画ミスを悔やまないことが大切だ。

失敗してしまったらまあいいやとその程度に思えば依存はしない。

とはいえ見たかった残したかったというのはあるからな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅と録画

  • 2017.07.31 Monday
  • 20:03

僕はPC録画を利用して録画やエンコードを行っている。

厄介なのは旅行などの時だろうか。

こういうときはBDレコーダーのほうが圧倒的に手軽。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

家族はBDレコーダーを利用してるけど

旅行前だとHDDの空き容量に気を付ける程度だ。

旅行中にこの番組録画するのを忘れてたと気づいても

今はスマホから遠隔録画予約出来るから問題ない。

遠隔視聴も可能だし今のレコーダーは進化してるんだな。

 

PC録画の場合は

そう手軽にはいかない。

普通のデスクトップパソコンにTSチューナーを設置。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

これにより制限のない録画が手軽に行え

その後エンコードをして自由にデータを扱うことができる。

保存先としては外付けHDDやNASなど自由に利用できる。

この制限のなさがあるからBDレコーダーではなく

PC録画を利用しているんだ。

ただ旅行中はPCを使うことがネックになる。

ずっと起動しっぱなしだと消費電力が大きくなるし

セキュリティ的に問題にもなる。

使わないときはシャットダウンして

利用するときに起動する形が理想だ。

 

スリープ機能を利用する人もいるけど

PC録画とスリープは不具合の原因にもなり

スリープがうまくいかず録画できなくなることもある。

またスリープを繰り返しているとPCが不安定になり

これもまたトラブルの原因になる。

スリープ機能を使うなら再起動を定期的に行う必要があるかと。

僕は以前からスリープは一切使わない。

シャットダウンと起動を繰り返すことになる。

録画終了後のシャットダウンは録画アプリで可能だが

PC起動は不可能だ。起動をどうするかがPC録画で重要。

 

以前は遠隔起動を利用していた。

NEC WiFi 無線LAN ルーター 親機 11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps 3LDK 3階建 Aterm WG1800HP2

NEC WiFi 無線LAN ルーター 親機 11ac/n/a/g/b

1300+450Mbps 3LDK 3階建 Aterm WG1800HP2

NECもWifiルーターにPCリモート起動機能というのが搭載されている。

これは自宅のWifiルーターに外部からアクセスできるように設定。

そのアクセスしたページから自宅のあらかじめ登録したPCへ

Wake On Lanの起動パケットを送ることができるもの。

通常外部からは送れないのだがWifiルーターがその中継機能を果たしてくれる。

ほかにもVPNを利用する方法もあるようだ。

この遠隔起動は便利だが旅行中に忘れてしまうことがある。

それゆえに忘れないように結局PCつけっぱなしにしたりすることもあった。

 

今はマザーボードの定時自動起動機能を利用している。

これは毎日利用してて夕方18時ころになるとPCが自動で起動をする。

それ以前に帰ってくれば手動で起動するけど

帰りが遅くなったりしても自動で起動するので問題ない。

旅行中も基本的にこの機能を利用して

夜最後の録画が終わるときにシャットダウンするよう設定すればいい。

そうすれば夜中も朝も昼もPCはシャットダウンして

無駄に電力を使わずに済む。

 

あと気を付けるべきは録画ストレージの確保。

以前はHDD容量が小さくて旅行に行くと切迫していた。

今は3TBのHDDを複数利用しているため

1週間くらいの旅をしてもHDDが容量オーバーになることはない。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB

WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

そのあたりは今年1月のハワイ旅行の際に実証済みだ。

2週間でも容量的には大丈夫だけど

帰ってきた後のエンコード処理が大変だけどね。

今は本当にストレージは十分余裕があるので心配はない。

 

ということで

これまでいろいろ試行錯誤して

今の状況が完成したという形。

PCの起動はBIOS設定の自動起動を基本としつつ

いざとなればNECの無線ルータのリモート起動機能も使える。

録画状態はChromeリモートデスクトップでアクセスすることで確認できる。

ということで8月の鹿児島旅行もまあ問題ないだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PLEXのTSチューナー

  • 2017.07.27 Thursday
  • 21:51

アースソフトのPT3の生産が終了。

TS録画環境はPLEXのチューナーのみになった。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PT3のように利用する場合は

PX-W3PE4がそれに相当する形になるだろうか。

PT3と比べてどうだろうか。

注意点などはあるかそれについて書いてみたい。

 

PLEXのチューナーだけど

アースソフトとの違いは

ICカードリーダーを内蔵している点だ。

ただこのカードリーダーは品質が悪い。

それゆえにないものとして考えて

別途カードリーダーを用意したい。

Gemalto ジェムアルト ICカードリーダ・ライタ 電子申告(e-Tax)対応住基カード用PC USB-TR HWP119316

Gemalto ジェムアルト ICカードリーダ・ライタ

電子申告(e-Tax)対応住基カード用PC USB-TR HWP119316

これに頼ると録画ミスとかが頻発して

大変なことになるから。

 

USB接続タイプの製品も出ている。

PLEX USB接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3U4

PLEX USB接続 地上デジタル・

BS・CS対応TVチューナー PX-W3U4

実はこのW3U3だったか以前のモデルを

利用していたことがある。

このUSBチューナーはAC電源が別途必要でそれが煩わしい。

またこのチューナーを置く場所も作る必要がある

それゆえに省スペースPCなど内蔵できない場合は仕方ないが

普通のデスクトップPCならできれば内蔵タイプを買って内蔵したい。

そのほうが便利だから。

あとUSB接続ゆえにUSBの不具合によるエラーがまれにでる。

例えばPCが超高負荷になってエクスプローラーが応答不能になったりしたとき

USBも巻き込まれて応答不能になってしまうことがある。

そうすると録画が失敗してしまう。

内蔵チューナーだとPCが高負荷でもあまり影響を受けない。

ただ録画するHDDが高負荷になると影響受けまくるけどね。

あとUSBでもドングルタイプならUSB給電で使えて便利。

PLEX USB接続ドングル型地上デジタルTVチューナー PX-S1UD V2.0

PLEX USB接続ドングル型地上デジタルTVチューナー PX-S1UD V2.0

これは録画ではなく視聴用としてTvTestなどで利用するのに便利だ。

 

PLEXのチューナーだけど

設定をすれば安定度ではPT3とそん色なく使える。

ただPT3ほど普通に使って安定するとは限らないのが難しい。

僕も以前使っていた時はドロップが多発した。

感度が低いのかと思って設定したけど解消しなかった。

理由がさっぱり分からなかったけどいろいろ調べて原因が判明。

それは感度が高すぎたことだ。

PLEXのチューナーはレジストリで感度調整が出来るんだけど

感度MAXより少し落としたほうが

チューナーの受信シグナルは向上する。

MAXだとドロップが多発してしまっていた。

そのあたり調整してやれば安定をすると思う。

 

アースソフトのTSチューナーはなく

今後はPLEXのを使っていくしかないので

うまく付き合っていく必要があり

PT3のほうが良かったというのもあるかもしれないが

PLEXでも調整すれば安定して使えるので頑張ってほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画とデータ保存と選別

  • 2017.07.13 Thursday
  • 19:52

僕はBDレコーダーは持っているけど

残したい番組はすべてPC録画を行っている。

PCでTS録画可能なチューナーを利用。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

そしてTS録画してその中から残したい番組は

エンコードを行いMP4で保存。

それらのデータはHDDに保存をしている。

 

HDDへの保存はすべてのデータを保存する

録画番組保存HDDと選別したデータを保存するHDDなど様々ある。

ドラマ用HDD、映画用HDDなどもありそれぞれライブラリを充実。

特にドラマなどは1話欠けるとシリーズとしての価値が激減するので

基本的に全話をそろえようと無理をする。

それゆえにドラマは無駄がやや多いかなと思う。

映画も民放のはドラマがあるので

時々年末などWOWOWを契約して

映画などを集中的に録画をしている。

WOWOWはCMがないしビットレートも高く画質も良いので

映画ライブラリを充実させるのには役立つ。

ただ再放送も多いので契約するのは年に2か月くらいだけどね。

 

動画データを保存しているHDDだけど

録画保存HDDが残り少なくなってきたので

ちょっとデータ再編の時期かなと思う。

あらためて録画エンコードデータを確認して

必要のないデータは削除する。

一方で絶対に消したくない重要データは

2重3重に保存しておく。

今導入しようと思っているのは最重要録画番組HDDだ。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク

3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP

SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

3TBのHDDが1台のみ。

本当に大切で残したい録画データを抜粋して

上限3TBで保存するもの。

お気に入りの紀行番組や映画、ドラマなどいろいろある。

現状は多分1.5TBくらいなので3TBあれば十分だろうと思う。

 

最重要録画番組はHDDに保存すると同時に

いつでも見られるようにするためNASにも保存をする。

Synology DiskStation 2ベイ

Synology DiskStation 2ベイ

今NASで利用しているのがこの最重要録画番組に近い使い方で

今入っているデータこそが重要なものなので

とりあえずこのデータを別途HDDに保存する形としたい。

NASは24時間365日常時起動しているので

いつでも動画が見られる利便性はあるけど

一方で壊れるリスクもある。

2ベイのNASならRAIOを利用してミラーリング可能だが

NASのミラーリングは2台全滅リスクもありうるので

僕はミラーリングではなく3TBx2台なら

6TBのNASとして利用したいと思っている。

そのほうが便利だから。

代わりに3TBのHDDを別途用意して重要データを重複保存すると。

 

10年後とかPC録画はどうなってるかと考えてしまうが

もしPC録画をやめる日が来たら

その最重要な3TBだけは後々のためにも残していくようにしたい。

デジカメデータもそうだけど

なんでもかんでも大量にデータを抱えて残していては

本当に大切なデータも捨ててしまうこともありうるので

今のうちに重要度のランクをつけておきたいところだ。

今は比較的HDDが安いのでそうした作業を進めていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

録画を減らす

  • 2017.06.26 Monday
  • 20:18

今は2017年の4月クールが終了間際。

テレビ番組などは特番などが多い。

7月に入れば7月スタートのドラマなどが

また新しく放送されていくタイミング。

最近録画を減らそうとしているけど

実際今週の録画を見る限り劇的に減っている。

僕はバラエティの特番に興味がないため

レギュラー番組が少ないこの時期は録画が激減する。

この勢いで減らせないかと模索しているところ。

 

2007年から開始したPC録画ももう10年。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

昨年2月のPT3販売終了でこの先どうなるかと思ったけど

PLEXからTS録画可能なチューナーが販売されて安心。

ただこの先いつまでPC録画を続けるのかという

漠然とした不安は感じている。

現状PC録画は多少なりとも負担になっているわけで

負担を軽くするためには録画を減らすのが一番だと思う。

そのために前から考えていて2012年頃のピーク時期に比べれば

3分の1くらいに減っているけどまだまだ多い。

ということで見直すところは見直していきたい。

 

録画であとから無駄だと思うのはレギュラー番組の録画だ。

ドラマやバラエティ、ドキュメンタリーなど

毎週毎回録画している番組は見たいと思って録画するのではなく

単にこれまでも録画しているからという理由で録画してるので

録画しても見ない番組が多く結果的に無駄になりがたい。

かといってそれらを手動録画にすると

予約録画をするのが大変になってしまう。

毎週録画しているものはキーワードで自動録画をするので

それから外してしまうとたまに見たい時に録画されていないってことが

起きてしまうのでやはり外せない。

録画はOKだけど残さないという決断を毎日の夜に行うべきかと。

録画は主に19時から24時に行って

24時から25時くらいの時間帯にPC録画データのエンコード設定を行う。

ここで残さない番組を増やしたいと思う。

それだけでは駄目で録画そのものも減らす必要があるから

ドラマなど特に見切りを早くして

見ないドラマは残さないってことで録画から外していきたいもの。

今はドラマ=とりあえず録画して残してるけどこれをやめたい。

 

録画エンコードした後のデータは

NASの大容量化を行いいつでも見られる体制を作っていきたい。

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU

2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

NASは今3TBで利用しているけど

それでも結構はいってるけど2ベイにすると6TB。

見たい動画をいつでも手軽に見られるようになる。

録画エンコードしたデータは見てこそ価値があるもので

その視聴しやすい環境整備構築も考えていく必要がありそう。

 

ってことで何を削ろうかなあ。

NHKのドラマは地上波、BSといろいろあるけど

録画エンコードしてるけど全然見ない。これはやめるか。

地上波のドラマでも見るのは多くて3つほど。

選別を急ぎたい。

紀行番組もBS民放の2時間SPとかは

録画しても見ないケースが多い。NHKに比べてクォリティも落ちるから

それらの録画やエンコードも見直すか。

それで負担軽減出来ればいいかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行中のPC録画

  • 2017.06.23 Friday
  • 21:45

8月に九州へ2泊3日の旅行へ行く予定。

既に航空券、宿、レンタカーは予約済みで準備万端。

そんな旅行中のPC録画をどうするか検討している。

僕はレコーダーではなくPCで録画をしている。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TS録画チューナーを利用して

録画アプリで録画。

また別途TSファイルをMP4へエンコードしてる。

旅行中はエンコードは出来ないけど

TS録画は行う。さてどうしようかな。

 

普段だけど録画するのは主に夜。

18時から24時頃までの番組を録画している。

録画が終わり24時過ぎにパッチエンコード登録をして

夜中にエンコードをして朝にはエンコード終わって

PCはシャットダウンしている状況だ。

日帰り旅なら普段と何ら変わりなく行える。

1泊2日の旅ならPCをシャットダウンせず

つけっぱなしにしておくことも可能だ。

ただそれ以上だとやはりシャットダウンも必要。

今年1月にはハワイ旅行を行ったのでそれなりに対策は出来ている。

 

旅行中のPC録画での問題となるのは2点。

1つはPC起動。もう1つはHDDだ。

後者のHDDに関しては

録画用HDDの強化を行ったので今は問題ない。

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB PCユーザー向け BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 7200rpm / 2年保証 ) 正規代理店品 ST3000DM008

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB

PCユーザー向け BarraCuda ( SATA 6Gb/s /

7200rpm / 2年保証 ) 正規代理店品 ST3000DM008

ハワイ旅行へ行く前に録画ストレージは3TBに強化。

ハワイでは3泊5日の旅行で5日間エンコードが出来なかったが

5日分程度の録画なら問題なく保存しておくことが出来る。

以前は500GBや1TBの録画ストレージだったので

録画→エンコード→TSファイルを消すという作業をしてたけど

今は1週間程度なら余裕で備蓄できる。

容量的には2週間くらいでもOKかと思う。

今後ヨーロッパ2週間旅とか行くか分からないが

そういう状況でもストレージ的には耐えられるので

今回の2泊3日旅程度ならHDDは全く問題ない。

 

PC起動だけど現在は3つの方法を利用してる。

1つは手動。帰宅してPCを起動する。

メインPCはこの形で起動している。

ただ旅行中はこれは利用できない。

残り2つだが自動と遠隔だ。

自動起動は定時起動でもあり

マザーボードのBIOS設定で設定できる。

夕方17時50分になると録画PCは自動で起動をする設定。

メインPCも同じように設定されてるので手動起動しなければ

自動で定時起動することになる。

夕方の再放送を録画したりする時はこの時間を

変更しておけばOK。

もう1つは遠隔起動。

NECの無線ルータのミドルハイ以上のモデルには

PCリモートアクセスという機能がある。

設定して置けばスマホから自宅PCを遠隔起動出来る。

NEC Aterm WG2600HP2

NEC Aterm WG2600HP2

僕が使ってるのは古い機種だけど最新モデルでも

上位モデルなどにはこの機能が搭載されている。

最初の設定はわりと大変だけど1度設定すれば簡単に行える。

遠隔起動はハワイからも問題なく行うことが出来た。

遠隔起動後はリモートデスクトップを利用することで

スマホからPCにアクセスしてPCの起動や録画を確認できる。

僕はGoogleのChromeリモートデスクトップを利用してるが

無料で利用できるサービスなので便利で重宝してる。

これで手動でシャットダウンを行うことも可能だ。

 

さて今回はどうしようか。

一番確実なのはPC起動しっぱなし+再起動。

PCを起動しっぱなしならが確実に録画は出来る。

ただ長時間起動しっぱなしだと稀にエラーが起きるので

例えば自動で再起動する設定にしておけばいい。

遠隔や自動起動の場合は1つ怖いことがある。

それは起動時のエラーだ。

稀に起きるそのエラーが起きると電源を強制的に落とさないと

何も操作できなくなってしまう。

ハワイ旅行の場合はそれを恐れて2台のPCのうち

録画PCはほぼ常時起動で深夜1時に自動再起動する設定をした。

メインPCは昼間はシャットダウンして夜のみ起動の形。

ただ不具合で起動しない可能性を見越して

LinkJapan - ePlug スマホで電源をON,OFFできるスマートプラグ、外出先からも操作可能

LinkJapan - ePlug スマホで電源を

ON,OFFできるスマートプラグ、外出先からも操作可能

電源にePlugを利用した。

これでもしPCが遠隔起動もリモートデスクトップも出来ない場合は

強制的に遠隔的に電源を落として再起動することが出来ると。

結局全く問題なかったけどね。

 

今回はメインPCも録画PCも

夜の最後の録画が終わったら自動シャットダウン。

そして翌日夕方BIOSで定時自動起動と言う形としたい。

理由は時差がないので

リモートデスクトップでアクセスして

ちゃんとPCが起動してるか確認しやすいこと。

基本的に録画ミス出来ない重要な番組は21時以降のドラマ。

それ故に夜18時から20時頃に

ちゃんとPC起動できてるかチェックできれば問題ないと。

2台もあるしどちらも動かないことはないだろう。

 

ということで真夏なので

室温が非常に高くなる昼間にPC起動はさせておきたくないから

夜だけ起動ってことでやっていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。これを買っておけばOKという鉄板。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM