最近のPC録画の不安定っぷり

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 21:25

最近PC録画が不安定だ。

メインPCと録画PCの2台体制で録画してるが

毎日どちらかのPCで録画エラーが出たりしてる。

2台だから両方録画できていないということはないので

その点はうまく機能していると言えるんだけど

将来的にPC録画は1台でと考えているが

その実現はかなり難しそうだ。

 

エラーの原因は様々。

ちょっと前に録画PCで起きてたエラーの原因はHDDだった。

HDDがクラッシュ寸前でEドライブのHDDは結局交換。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク

3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0

5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

今は交換されたHDDを搭載しておりHDD系のトラブルは皆無だ。

とりはずしたHDDは結局物理的な破損状態だったので廃棄となった。

毎日TS録画をし続けるHDDには大きな負荷がかかる。

もっともエラーが出たHDDはそれ以前に他の目的で使ってたHDDで

それを流用していたものなので結構使い古してたものだけど。

同じように毎日録画で利用しているTSチューナー。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

僕はPLEXのではなあくアースソフトのPT1、PT2、PT3などを使っている。

壊れたらPX-W3PE4を買わないとと思っているけど今のところ問題ない。

以前USBのPX-W3U3というPLEXのチューナーを使ってて壊れたけど

USB部分がネックになっていたようで内蔵チューナーの場合は

特に壊れたりするリスクは少なく問題なさそうだ。

 

ただエラーとしてチューナー絡みはよくある。

チューナーの物理的なエラーではなく

おそらくドライバに関するエラーで

録画アプリがチューナーを見失ったりして録が出来なかったりすることがある。

また録画アプリに関するエラーは非常に多くて

突然終了したり応答不能になっていたりいろいろだ。

厄介なのは1度エラーが起きるとそのあとの時間帯の番組でも

エラーを引きずることが多い。

だからこまめに録画状態をチェックする必要がある。

メインPCだと利用してれば気づくけど録画PCだと気づかないこともある。

こないだは18時台の番組でエラーが出て

22時台の番組まで半数の番組が録画できてないことがあった。

録画アプリはEpgDataCap_Bonというのを使ってるけど

使ってるバージョンが古いのも問題だと思っている。

新しいのをテストして利用していかなければいけないんだけどね。

これが一番の問題点かもしれない。

面倒だから10.66くらいにアップデートしようかな。

 

PC自体Windows7からアップデートしたもの。

現在はWindows10だけどアップデートなので

多少不具合も引き継いでいるかもしれない。

Windows10を新規にインストールして

全てを一度クリアにしたいと考えたりしている。

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB

( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品

CT525MX300SSD1/JP

そのために新しいSSDの購入も検討している。

今は250GBクラスのを使ってるけど

Steamのゲームのインストールなどがかなりの容量を食うので

あまり余裕がない状態だ。

500GB以上ならばかなり余裕が出来るので導入を検討中。

またエンコード性能などをアップさせるために

PC自体のアップグレードも検討している。

エンコード重視ならばRyzen7 1700だろう。

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler

AM4 YD1700BBAEBOX

CPUだけなら問題ないけどRAMやマザボもアップグレードが必要。

RAMの価格は昨今高いのでトータルだと6万円くらいはかかる見込み。

これだけのお金をかける価値があるのか結論が出ていない。

 

ともかく年末年始というラッシュを控えて

何度か動作を安定させたいところ。

とりあえず今出来るのはアプリのアップデートか。

より不安定になったりしたら不安なので

メインPCで実験的に行ってテストして

それで様子を見て移行していこうかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

録画と転送

  • 2017.11.06 Monday
  • 20:14

11月に入りPC録画は毎日続けている。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・

CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TS録画した動画のうち残すファイルは

MP4へエンコードして保存している。

そして10月から海外転送も始めつつある。

日本で録画した番組を海外へ送る作業だ。

 

昔はテレビ番組を送るといえば

VHSに録画して郵送していたもの。

VHSって結構かさばるので

180分テープに3倍録画して9時間分を

しっかり録画して送っていたものだ。

航空便は高いと船便など使ったら1か月以上かかり

届くのはかなり先になってしまっていた。

SAL便を結構使っていた気がするなあ。

DVDプレイヤーが普及した後は

DVD-Rに焼いて送っていた。

これはかなり郵送コストが安くなったもの。

たいていまとめて送るので放送からはかなり時間が経っていた。

 

それがインターネット時代になり変わりつつある。

昨今海外から日本のテレビ番組を見る方法は一応ある。

それはSlingbox+レコーダーを利用する方法だ。

Sling Media Slingbox M1 HDMIセット SMSBM1H121

Sling Media Slingbox M1 HDMIセット SMSBM1H121

これによりリアルタイムで海外からレコーダーを操作して

日本の番組を見ることが出来る。

まあただ安定して見られるかどうかは分からない。

うちに設置することは可能だけど

どこに設置するのかとか考えると難しいな。

リビングだとネットワークが安定しないから。

 

今回とりあえずSlingboxの設置は見送って

以前のように送ることにした。

ただリアルタイムで見たいとかで

設置することになれば協力はすると。

ネットショップで買ったものをうちに送ってくれれば

僕が勝手に設置をするからと。

ただSlingboxって視聴はパソコンやスマホ、タブレットで

テレビでは見ることが出来ないようだ。

テレビで番組が見られればと思うけど

それだとスティックPCやら利用する必要がありそう。

AmazonのFire TV Stickを改造しても出来そうだけど。

 

とりあえず送るのは

インターネットのファイル転送サービス。

ドラマ1本250MBくらいでエンコードするので

送るのは特に問題なく可能だ。

FTPとかSkypeで送るわけではないので

リアルタイムでお互いが待機しておく必要がないのもいい。

以前利用してたところが今もサービスしてるので

そこれで利用する予定だ。

あと今回もう1つ試してみようと思うのはNASの活用。

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU

2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

自宅にNASを設置して

そこにファイルを転送しておいて

ここから欲しい番組データをダウンロードしてもらおうかと。

DDNSなどは既に設定しているので

ユーザーアカウントとか設定すればすぐ出来ると思うが

とりあえず自分でテストをしておく必要がありそうだ。

 

送ったファイルだけどMP4ファイルで

パソコンでも見ることが出来るけど

多くのテレビでそのまま見ることが出来る。

PS3やPS4などのゲーム機でも再生できる。

以前はSamsungのテレビにUSB-HDD繋いで

MP4データを入れておけば直接再生できたらしい。

理想を言えばテレビとつながったNASを海外に置いて

僕がそのNASにアクセスして送り込む形にすれば

一番スムーズなんだろうけどね。

それはなかなか難しい感じだろうか。

 

ってことでしばらくは今の体制で続けていこう。

希望すればSlingboxだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

エラーとHDD交換

  • 2017.11.02 Thursday
  • 22:37

異常を感じたのは10月31日だったか。

ただ重いだけという感じだった。

11月1日になって明らかにおかしい。

録画PCの地上デジタル番組を録画するEドライブ。

Western Digitalの2TBのHDDだがこれがおかしい。

チェックディスクしても何も出てこないけど

明らかに重いし時々応答不能になる。

11月2日にはついにディスク使用率100%連発。

 

ディスク使用率100%は

Windows10だといろんな理由が考えられる。

OSのアップデートした後などはOSがやたらHDDにアクセスして

スペック低いPCだと重くなったりする。

とりあえずディスク100%で検索して解決策を探ろうとしたけど

決してPCスペック低くないし原因はそれじゃないと思って

システムログを探してHDDエラーであると結論付けた。

EドライブはTS録画をするHDDで

毎日たくさんの番組を録画を繰り返している。

HDD負荷が大きかったんだろう。

 

すぐに2TBのHDDに交換をした。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB WD Blue WD20EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB

WD Blue WD20EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

録画PCの録画用のHDDは2TB。

以前は500GBだったけど1.5TBに増やしその後2TBになった。

現在2TBと3TBが1台ずつ予備用HDDとしてスタンバイしている。

PC録画などの場合はすぐHDD交換する必要があり

ネットショップで購入してたりしたら時間かかるし

通常のPCショップへ行くのも大変なので買い置きしている。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB

WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

3TBへの増量も検討したけどそこまで必要ないので2TBで十分。

ただ今回2TBのを交換したけど

もう1台買い足すのは2TBではなく3TBにする予定で

今後は3TBのHDDを2台ストックしておくことにする。

 

壊れた2TBのHDDだけど

不良ブロックがあるのはほぼ間違いないが

HDD自体が完全に動かないわけではない。

不良クラスタを除外することで使えないか模索している。

使えるならデータバックアップ用として利用を検討。

とりあえずクイックじゃないフォーマットを実行した。

HDDは壊れるものだとこれまでの経験で学んでいたので

素早く対処できたのは良かった。

11月1日夜と2日夜の番組などいくつか録画できなかったけど

メインPCでも同じ番組を録画していたので影響はなし。

本当はPC1台でPC録画を完結したいけど

こういうことが起きうるからやっぱり2台体制は

変えられないなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画とリアルタイム視聴

  • 2017.10.30 Monday
  • 21:44

普段はメインPCと録画PCで

TS録画をして残す番組はMP4へエンコードしてる。

メインPCと録画PCで利用しているチューナーカードは

全てPC録画に使っている。

そのため録画中に番組を見ることはできないことはないが

録画トラブルの原因になるのですることはない。

どうしても見たければ録画ファイルにアクセスして

TSファイルを再生する形としている。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TSチューナーはまだ増設する余地はある。

PT3はもう売ってないけどPLEXのはあるから

買って増設して視聴用にあてられるけどさすがにそこまではしない。

 

実は以前のメインPCは

PC録画で利用していなかった。

かつては3台PCがありメイン、録画、4thの3つのPCがあって

録画と4thのパソコンでTS録画をしていた。

メインPCは全く録画していなかったんだけど

一時期視聴用に欲しくなったPT3を買ったんだ。

ただそのメインPCは今は使わなくなり

父が使っている。4thパソコンをメインPCとして

今利用しているわけだ。

メインPCで使ってたPT3は取り外して

現在は予備用として確保している。

どれがチューナー壊れたら利用する予定。

 

視聴用にチューナーはあればベストかな。

TvTestで録画用チューナーを使ってみることは可能だけど

そのチューナーを録画アプリが利用しようとすると

使用中でアクセスできる録画失敗する恐れがあるからなかなか出来ない。

全く録画してないタイミングなら問題ないんだけど。

リアルタイムで見たいからとテレビをONにするかというと

そうでもなくどうせ見るならPCで子画面で見たいなあとは思う。

地デジに関してはシングルチューナーが売られている。

PLEX USB接続ドングル型地上デジタルTVチューナー PX-S1UD V2.0

PLEX USB接続ドングル型

地上デジタルTVチューナー PX-S1UD V2.0

リアルタイム視聴用で地デジのみでOKならこれで問題ないかな。

ただ僕はBSデジタルのほうを多く見るので

これがもし3波チューナーならもう買っているんだけど

地デジのみなのは残念でならない。

 

視聴用は別にエンコードするわけではないので

TS録画できるタイプである必要はない。

ただそれらも結局1万円ほどするので

1万円を出すならPX-W3PE4を買ったほうがいいかなと。

4500円で地デジのみでもいいかなあ。

そこまでテレビを見ないかもしれないし

必要ないかもしれないし・・・。

リアルタイムで見たいと思う番組は

スポーツ番組が多い。

プロ野球、サッカー、オリンピックなどは

リアルタイムで見てこそ価値があると思う。

最近はネットライブが増えてきたから

パソコンでそういうのを見られる環境を構築したり

契約することもまた検討してみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画の不確実性

  • 2017.10.26 Thursday
  • 19:21

PC録画でエンコードして

録画データを保存しているけど

一方でBDレコーダーも所有しており

毎日様々な番組を録画している。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

主に見て消すだけだが

録画は予約したん番組に関しては確実に録画される。

今までエラーなどで録画されなかったことは1度もない・・はず。

 

しかしパソコンで行っているTS録画。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応

TVチューナー PX-W3PE4

現在は2台のPCでTS録画をしているけど

これは時折エラーが出て録画されなことがある。

本当はPC録画は1台に集約したいんだけど

この不確実性がゆえに2台で行っている。

2台同時にエラーが起きることはまずなく

それ故に2台で同じ番組を録画して

分割してエンコード処理している。

 

録画されないエラーだけど

様々なパターンがある。

昔はCPUへの負荷、HDDへの負荷が

録画エラーの原因になることもあった。

当時の録画PCはそれほどパワフルではなかったため。

録画中にエンコードをしているとCPU利用率が高くて

録画アプリのエラーが起きやすいのは間違いない。

またHDDへの負荷がかかっているときも同様。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク

3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0

5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

より最新のHDDを搭載することで高速対応になり

HDDへの転送量不足に伴うエラーなどは起きなくなっている。

 

しかし録画エラーはメインPCより録画PCに多い。

メインPCは様々な動作をして時にはPCゲームをしたり

エンコードなどをして負荷が大きい。

一方で録画PCは録画中にエンコードなど他の操作は全く行わない。

録画が終わってパッチエンコード登録をしてエンコードをする。

また録画PCは録画を行うHDDが2台あり

地上波用、BS用と分けている。HDDへの負荷は

より少ないはずなんだけど何故かエラーは録画PCのほうが多い。

そもそも録画エラーの原因とは何だろうか。

 

具体的にどんなエラーが起きるのか。

基本的に録画アプリがクラッシュしたり応答不能になったりすることが

エラーの原因として一番多い。

ランタイムエラーみたいなのが出ていることもある。

続いてチューナーが消えて録画できないというもの。

ドライバーやBonDriverあたりの読み込みエラーなのかな。

1つ懸念しているのは僕が使ってる録画アプリは古いこと。

EpgDataCap_Bon+EpgTimer_Bonを利用しているんだけど

9.4.6を使っており古い。

最新の10.6.6なのかな。

バージョンが古いってのが不安定な理由も考えられるので

試してみようかなあ。

 

まずはメインPCで導入してうまくいけば

録画PCでも導入してみる形にしようかなあ。

あとはほかにはエラーの原因があるだろうか。

今はメインPC、録画PCともに

チューナーカードは2枚挿ししている。

つまり地デジx4、BS/CSx4の8番組を

最大で録画することが出来る。

エラーが起きやすいのは5番組以上録画しているとき。

やはり録画アプリが多重に立ち上がる状況はエラーが起きやすい。

極力必要ない番組は録画しないことだろうなあ。

元々年末年始の録画ラッシュに合わせてこうした環境を整えたけど

録画環境に合わせて録画を無駄に増やしてしまった感じがあるから

現状録画しても残さない番組が半数ほどあるし

見ない番組も多いから無駄にとりあえず録画するという姿勢を

少し改めてみるのも良さそうだ。

 

ということでなんとか録画を安定させて

失敗をなくし1台でのPC録画体制にいずれ変更したいところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外へ録画番組転送

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 21:36

妹家族が海外へ駐在へ行き

また日本の番組を送ることになった。

前回海外へ行ってすぐの頃はレコーダーで録画した番組を

DVD-Rにダビングして送っていたんだ。

それがPC録画が本格化してからは

ネットワーク経由で送るようになり手間と時間が短縮された。

 

昨今どうしようか事前に考えていて

最近のBDレコーダーのネットワーク視聴機能を

利用出来ないものかと検討をした。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

スマホで遠隔視聴することが出来るわけだが

これには致命的な弱点があることが分かった。

それは90日というペアリング期限。

海外からの遠隔視聴は可能なのだが

90日毎にペアリングしなおす必要がある。

それは同一Wifiで行う必要があり海外からその手続きは不可能。

それ故に海外旅行で見る程度なら問題ないが

長期の駐在で利用するのは無理だと分かった。

 

VPNを利用する方法もある。

海外から日本のネットサービスは使えないけど

VPNを利用して日本のIPアドレスと判断されれば

ドラマの見逃し配信のTVerも観られるし

あとHuluを契約すれば主要なドラマなどは見ることが出来る。

VPNサービスは基本的に有料。

海外駐在でVPNを契約している人は多いようだ。

TP-Link Safestream VPN ルーター ギガビット Ipsec対応 高速通信 雷サージ防止 強固 ファイウォール機能 5年保証 TL-R600VPN

TP-Link Safestream VPN ルーター ギガビット Ipsec対応

高速通信 雷サージ防止 強固 ファイウォール機能

5年保証 TL-R600VPN

日本の実家などにVPNルーターを設置して

そこを経由するという方法あるんだけど

これはうまくいくか正直分からないから今回は考慮しなかった。

 

結局は以前の駐在時の時と同じで

僕がPC録画をしてエンコードし

容量を圧縮したうえでオンライン経由で送ると。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

ドラマなどは普段から録画エンコードしているので

ただ送ればいいだけだが僕があまり見ない番組でも

妹家族が見ている番組がありそれらは新たに録画する必要がありそう。

VS嵐とか動物の番組とか・・・。あと音楽番組もかな。

ドラマは1話200MB以下で抑えたいところ。

基本的にドラマは薄暗い系が多く容量が増えないかなと。

バラエティや音楽番組は色が多くて容量が増える傾向がある。

多少ブロックノイズが増えてでも容量は減らす予定。

最悪2パスエンコードもありかと。

2-Passなら容量を抑えて画質を保つことが出来る。

エンコード時間は1.5倍くらいかかるけどね。

 

送る手段だけど以前送ってたのはどこだったか。

FileQというサイトだった。

ここアクセスできるけどまだ遅れるのだろうか。

サイトがあまり更新されてないしTwitterも更新されてないし

どうもやってる感じがないけど。使えたらここがいいかな。

当初利用開始したころは500MBまでくらいだったのが増えていき

今は1.5GBまで利用できるのね。

ただ容量が大きいとDL失敗したり負担が大きくなるので

出来るだけ500MB程度に抑えてもしそれ以上大きくなるのなら

分割してエンコードするなどして考えたい。

NHKの紅白などは3分割くらいしてエンコードして送った記憶があるから。

 

ということでそう感じやっていこう。

VPNは可能ならいつか設定をしてみたいところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アースソフトPT4は出ないのか

  • 2017.10.02 Monday
  • 21:31

アースソフトのPT3が販売終了となったのは

2015年2月頃なのでもう1年半以上前になる。

PT3 Rev.A

PT3 Rev.A

当時PT3の供給量は多くて安定しており

一時のプレミア価格もすっかりなくなり

9800円くらいとかなり下がって買いやすくなっていた。

しかし生産終了がアナウンスされると

あっという間に市場から消えてプレミア価格に。

 

PT4発売の布石かと思ったけど

出る気配なし。

というかPT3は完成度が高く

チューナーをこれ以上増やしても

需要がもうない気がする。

PT3などTS録画チューナーはある意味リスクある商品で

十分これまで利益を出したので

撤退したというのが本音ではないかなと考えている。

実際アースソフトのサイトはあるけど

http://earthsoft.jp/

電話番号が終了するなど

完全にサポートのみの対応になりつつあり

もう今後新製品は出さないんじゃないかなあと。

PT4を出すとしてもPT3と同じスペックで十分で

あえていえば価格を下げた廉価モデルだけど

そもそも生産数増やしたところで需要はそこまでないから厳しいかと。

 

PT3が販売終了したのは痛いけど

TS録画にとって大ダメージではないのは

PLEXからのTS録画チューナーが発売されてるから。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

現在はPX-W3PE4が発売されている。

これもTS録画可能なチューナーで

PT3ほどの絶対的な安定性はないものの

初期設定さえしっかり行えば十分安定的に利用できるので

これで十分ともいえる。

PT3はプレミア価格がついてるけど

PX-W3PE4が買えるからユーザーは落ち着いている感じ。

これも生産終了になったりするとまずいけどね。

 

それにしてもTS録画は2007年頃に

Friioでスタートしたけど

その後一気に広がった。

それ以前はPV4を利用したD端子キャプチャを利用して

ハイビジョン録画をしていたけど

TS録画可能になり録画容量が激減して負荷も減っていいことづくめ。

PT3になりPCI-Express x1端子になり帯域問題もなくなり

より安定的に利用出来ている。

地上デジタルやBSデジタルなどについては

しばらくは今の方式が続いていくだろうから問題なさそう。

ただ4Kが始まったらまた録画が出来ず苦労しそうだ。

今の状況がいつまで続くのかという不安はあるかなあ。

あと10年くらいは続くと思うけど。

 

今のようなPC録画とエンコードは

永遠に続けることはないとは思う。

定額動画配信が広がっているけど

いずれ多くの番組はネット配信されて

定額プランなどで録画などしなくてもタイムフリーで

過去の番組を見られるようになると思う。

有料プランでも問題ない。

テレビ局にとって録画は全く収入にならないが

タイムフリープランは収入につながる。

また日本中の家が独自に録画したりエンコードするより

配信サービスを実施したほうが圧倒的に省エネになる。

レコーダー業界や動画エンコード業界には冬の時代が訪れそうだが

いずれそういう時代になると思う。

ただ日本のテレビ局主導でそうしたサービスが進められるかは微妙。

多分外圧でなし崩し的に進んでしまうのではなかろうか。

ただradikoは日本独自のネット配信でうまく行ってるから

こんな感じでテレビのネット配信もうまくいけばいいんだけどな。

 

ともかくあと10年はそういう時代は来ないと思うから

今のTS録画とエンコード環境は維持していこう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画とレコーダー

  • 2017.09.18 Monday
  • 21:26

僕はもともとDVDレコーダーで録画をしていた。

2003年にDVDレコーダーを買って

紀行番組や海外ドラマなどを録画していた。

ただダビングしたDVD-Rが膨大な量になり

とても管理しきれなくなり新たな方法を模索して

その結果PC録画を行うようになった。

 

レコーダーからPC録画へ移行したころ

フリーオトという製品が発売された。

地デジやBSデジタルなどのハイビジョン放送が始まったのち

テレビ放送にはコピー制御の仕組みが取り入れられtえ

いろいろ録画して残す上で制限が加えられたのだが

この製品はそれを無視して利用することができた。

PCでTSデータとして保存出来ればあとはエンコードすれば

自在に取り扱うことが出来る。

それで一気にPC録画へ移行をしたんだ。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

アースソフトのTSチューナーのなき今は

PLEXのチューナーがTS録画の定番となっている。

 

かつてはレコーダーでHDDに録画して

残すためにDVD-Rに保存をしていた。

DVD-Rは1000枚を超えると管理できなくなる。

今はHDDに保存している。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク

3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0

5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

TS録画したデータをPCでエンコードして圧縮。

ドラマなどは1024x576のH264/AVCでエンコードすることで

1話250MBほどに圧縮することが出来る。

汎用性の高いファイルなのでスマホやタブレットでも

手軽に視聴することが出来る。

HDDには膨大なデータを保存しているけど

DVD-Rに換算するとすさまじい数。

かつてDVD-Rには1枚にLPモードで4時間の番組を録画してた。

今は1時間で300MBとすると

3TBのHDDで10000時間記録できる計算だから

DVD-Rに換算すると3TBのHDDで2500枚分保存出来ている。

DVD-RのLPモードは当然SD画質だけど今はHD画質でずっと上。

これがもう10年近く続いている。

 

今のレコーダーはとても優秀だけど

録画を残すという点でいえばPC録画にはかなわない。

BDレコーダーだと残すストレージはDVD-RかBD-R。

DVD-Rだと圧倒的な枚数となってしまうし画質もSD。

それ故にBD-Rに残すことになるが結局は膨大な数になり

管理が出来なくなってしまう。

例えば1000枚のディスクがあったとして

そこから必要なデータを取り出すのはとても大変。

PC録画ならHDDに保存することが可能で

レコーダーよりも画質を保持しての圧縮に最適なので

多くのデータを残すことが出来る。

この10年本当にたくさんの録画データを残してきたが

もしPC録画へ移行せずレコーダーを使ってたら

もうDVD-RやBD-Rに囲まれて生活していただろうなあ。

 

コストとしてもPC録画はハードウェアコストは

レコーダーよりも多くかかるといえる。

エンコードが高速に行えるCPUを搭載したPCが必要。

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire

65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

今ならRyzen7がコストパフォーマンスで圧倒だろう。

レコーダーなら45000円くらいで買えるけど

高速エンコード可能なPCは8万円以上はする。

TS録画チューナーも合わせればさらにかかるけど

それでもトータルコストはPCのほうが圧倒的に安いだろう。

もしBD-Rに録画データを残していたら

5000枚くらいのBD-Rを利用してたことだろう。

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用 BD-R VBR130RP50V4 (片面1層/1-6倍速/50枚)

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用

BD-R VBR130RP50V4 (片面1層/1-6倍速/50枚)

50枚2200円として22万円か。

メディアコストもそうだけど5000枚のBD-Rを保存する場所を

確保することが大変だし

例え保存場所を確保できてもそれらのデータを探し出すのが大変。

HDDならデータのコピーやバックアップは簡単だし

1台の膨大なデータ量を保存できるわけでやっぱり重宝する。

 

PC録画へ移行したのは正解だったのだが

移行する前の数年間の間にレコーダーに依存して

膨大なDVD-Rを買っていた日々は無駄だなと今ちょっと後悔する。

僕が2003年から2008年にかけて買ったDVD-Rは1万枚以上。

当時DVD-Rの価格は高く50枚で平均2500円はしたので

メディアだけで50万円くらい使っていたことになるわけだ。

それらはほとんど今は捨ててしまっているし

それに費やした時間などの労力も考えると

本当に無駄だったなあと。

PC録画は無駄にはなってないので本当に良かったなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

録画番組HDD

  • 2017.09.16 Saturday
  • 21:00

僕はかつてDVDレコーダーで録画をしてたけど

DVD-Rで残していたら膨大なDVD-Rだらけになり

管理が出来なくなってその後PC録画に変更。

現在はTSチューナーを利用。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応

TVチューナー PX-W3PE4

TS録画したのちPCでMP4へエンコードして保存。

そして保存したMP4データは

録画番組保存HDDにすべて保存している。

 

さて録画番組保存HDD21が先日容量がいっぱいになり

録画番組保存HDD22を始動した。

WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]

WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB

3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]

こないだ買った3TBのHDDを利用。

結局ここ5年以上はずっと3TBのHDDを

録画番組保存HDDとして利用している。

容量あたりの単価が安いこともあるが

保存するHDDが増え続けるので理想は8TBとか利用したい。

もっとも大容量HDDを使うほどそのHDDが壊れたときに

失われるデータが大きくなるので3TBがバランス的に

ちょうどよいのかもしれない。

ちなみに次の録画番組HDDは22台目だけど

最初のは500GBとかで2年か3年前に大規模データ整理して

必要ないデータを削除したこともあり

今は22を加えて8台になるかな。すべて3TBのHDDで利用してる。

 

使っていた録画番組保存HDD21だけど

ファイル数は4000ちょっと。容量は2.7TBほど。

3TBのHDDはWindowsで見ると上限2.73TBだからね。

利用開始は2016年2月。約19か月利用してきたわけだ。

録画した番組をすべて残すわけではないけど

1度残すと決めてエンコードした番組は基本的に

全てのこの録画番組保存HDDに保存している。

倉庫みたいなもので1度保存したら

あまりこのHDDに再度アクセスすることはなく

何かあった時に探して取り出すという形になる。

これ以外にも録画データを保存するHDDはあり

そっちのほうが普段の利用頻度は多い感じだ。

 

他の録画データの保存HDDだが

映画、ドラマ、紀行番組用などがある。

ドラマは全話そろえてタイトル毎に保存してこそ価値がある。

ゆえにドラマHDDにはたくさんのフォルダがあり

全話そろえてまとめて保存されている。

それ故に録画番組保存HDDの中のドラマはあまりアクセスしないし

時々行う大規模データ整理の際に

録画番組保存HDDの中からドラマを削除することもある。

既にドラマHDDで全話そろってたらあまり意味ないため。

重要視してるのは以前から紀行番組HDD。

これはバックアップの意味合いもあるため

録画番組保存HDDから消すことはなく2か所に保存している。

 

さてこうしたHDDに保存してても

普段はPCと接続していないので手軽に見られない。

そのため視聴用データをNASに置いている。

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU

2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

録画番組保存HDDに放り込んだらメインPCからは削除するが

みたいなと思うものはNASにもコピーしておく。

NASは見たい作品を中心に2TB以上保存している。

僕がお気に入りという作品はすべてここにあるので

いつでも手軽に見ることが出来るわけだ。

今保存してる録画番組保存HDDの総データ容量は20TB以上だが

そこから選抜した2TBくらいをNASにピックアップして

保存しているという形だ。

古いデータは10年前くらいのものもあるかな。

僕がPC録画を開始したのが10年前くらいからなので

それ以前のはDVDレコーダーで利用していたもので

それらは画質が良くないので紀行番組などはその後放送された

HD画質に変更している感じかな。

 

ということで

今は録画全保存、カテゴリ別保存、視聴用保存(NAS)と

3つで録画データを保存している。

お気に入りの番組はこの3か所すべてに保存されているので

何かしらHDDに問題が起きても安心だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外へテレビ番組の録画を送る

  • 2017.09.10 Sunday
  • 19:57

今年秋に妹家族が再び海外転勤となる。

今はその準備に追われているようだけど

出発は間もなくのようだ。

子供の新学期(9月)には間に合わないようだが。

 

以前も海外駐在をしていたけど

その時に日本のテレビ番組を録画して送ってくれと言われた。

DVDレコーダーが普及してたので当初は2か月か3か月くらい分をためて

DVD-Rに焼いてまとめて送っていた。

昔はカナダに住む親せきにVHSで送ってたこともある。

それに比べると配送コストは抑えられるものの

やはりコストと時間がかかるのが難点。

特にネット環境が普及して日本の情報がリアルタイムで得られるのに

2か月3か月遅れるのは結構厳しかった。

僕自身PC録画環境への移行を進めていたこともあり

それで送るように変更をした。

 

PC録画はTS録画可能なチューナーで録画。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TSファイルのままだとファイルがでかいので

エンコードをする。MP4へのエンコードだがサイズも小さくする。

ドラマなど1話200MBから300MBが理想で

多くのドラマはこのサイズに抑えてエンコードした。

これでも見る分には全く問題なく見られる。

そのファイルをネットのファイル転送サービスを利用して送っていた。

 

ファイル転送はどのサービスを使ってたのか

すっかり忘れてしまったけど当初は300MBまでだったけど

利用開始して500MBまでになり800MBくらいまで増えて

帰国する直前くらいには1GBまで対応していた気がする。

ただあまり大きなファイルを送ると

アップロードやダウンロードにも時間がかかるので

例えば放送時間が長い紅白歌合戦などの場合は

3分割くらいして送っていたものだ。

 

送ったデータをどうやってみていたかというと

ノートパソコンで受け取ったファイルは

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB

HD-LC3.0U3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

外付けHDDに保存されると。

そしてPCで直接それを見ることもあれば

プレイステーション3に接続してみることも合ったようだ。

PS3でUSB-HDDを接続する場合はFAT32に限定されるのが弱点だが

4GB超のファイルなんて絶対に送らないのでFAT32でも

特に問題なく利用出来たようだ。

当然PS3での再生は大丈夫だった。

あえてH264のプロファイルはMainのLevel3.1に抑えてた。

これはiPad2やiPod touchでも再生できるようにと考えたため。

海外側というよりも僕自身が当初それを望んでいたから。

 

ということでPC録画は今も行っているので

以前のように送ることは特に問題ないと思われる。

今僕が録画しエンコードしてる番組を増やす必要もなさそう。

 

ただしこれとは別の方法も今回は模索している。

それに関しては明後日に書く予定だけど

妹家族専用のレコーダーを設置してネット経由でアクセスしてもらうとか

VPNサーバーを利用してTVerなどのアプリを使えるようにするとか

ファイル転送サービスではなくNASやFTPを使う方法とか。

いろいろ考えているわけだがレコーダーに関しては実現するかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

大幅値下げで24800円に。
スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM