録画鬱

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 21:33

時々録画鬱になることがある。

今は落ち着いたけど先日それに近い状況だった。

録画鬱というのはただ録画をすることに対して

憂鬱になるわけではない。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TSチューナーなどで僕はPC録画をしてるけど

録画だけならたいして問題ないんだけど

そのあと手間をかけてエンコードを行っている。

そしてエンコードしたデータはHDDに残している。

だから正確にはエンコード鬱とでもいうべきだろうか。

 

何故憂鬱になるのかというと

今の貴重な時間やお金を

録画やエンコード、録画番組の視聴に費やすことは

無駄ではないかと思うことがあるためだ。

もっと有意義に使えないものかと。

特に録画番組を残すということになると

手間とお金がそれなりにかかっている。

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB PCユーザー向け BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 5400rpm / 2年保証 ) 正規代理店品 ST4000DM004

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB PCユーザー向け

BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 5400rpm / 2年保証 )

正規代理店品 ST4000DM004

ハードディスクを購入してデータを残してるけど

これまでに残してきたデータは膨大な量。

以前データ整理でかなり消したけどそれをする以前は

30TB以上はあった。

今は整理してまたあれから増えた量もいれて20TB弱。

残すことに価値はあるのだろうかと。

 

正直今録画エンコードをやめても

多分数年分は見る番組に困らないだけのデータが

既に集積されていると思う。

それらの一部はNASに入れてみているけど

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU

2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

見る番組はNASの中のごく一部で大部分は見たいと思って

NASに入れてても見る機会はなく

ドラマなども何度も繰り返し見るドラマもあれば

1度も見ない作品もあったりする

膨大な手間と時間とお金をかけている録画エンコードだけど

本当に僕がお気に入りなのは1%くらいで

見る時間の99%はこの1%を繰り返し見るのに費やしてる感じ

 

それなら1%だけ録画エンコードして

他はあきらめてしまうのもまた1つの手かなとはおもう。

でもそれが出来ないのは1%のお気に入りは

録画エンコードして見てそしてお気に入りになるものが多く

録画する段階ではまだ分からないってことなんだなあ。

だからその辺がまた難しかったりする。

録画鬱、エンコード鬱なんて言葉を自分で作っているけど

それとは相反する録画ミス鬱なんてのもあったりするし

あとからあの番組を録画しておけばよかったなんて

そんな後悔をしたりすると余計に録画依存になってしまうような気もする。

だから今の手あたり次第に録画しておけば

失敗による憂鬱は防ぐことが出来る利点はあるんだけど。

 

という感じで録画鬱は稀にやってくるけど

すぐに消えるのでまあ我慢して過ぎ去るのを待つのみ。

ただ膨大な録画番組データを見ると

「何やってるんだろう」と思ったりすることはあるな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画とアプリ

  • 2017.11.27 Monday
  • 21:29

月曜日は1週間分の録画データを整理する日。

月曜日から日曜日までに録画した番組はその日の夜にエンコード。

メインPCと録画PCでエンコードした録画データを

メインPCのHドライブに集約して録画番組保存HDDにコピー。

さらにドラマ、映画、紀行番組などは別途HDDに保存をする。

全てが終わったらデータを削除して

また新たなデータを受け入れる。

このPC録画とエンコードは2008年頃から

ほぼ毎日行いそして毎週月曜日にはデータ整理してきた。

 

そのPC録画をつかさどるのはTSチューナーと録画アプリ。

チューナーはアースソフトのPT1/PT2/PT3などを利用。

今はPLEXのチューナーなどでも行っている。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

アースソフトのチューナーが販売終了となった今は

PLEXが頼りだけど今のところ生産終了の兆しがなく安心してる。

ただ今後のために安いうちに予備を1枚買っておこうかなとも検討。

今のPC録画とエンコードをいつまで続けられるかは分からないが

2018年12月に4K放送がスタートしても

当分は放送はあと10年以上は続くので問題なく続けられそう。

4KのPC録画にもいつかチャレンジしてみたいけど。

 

録画アプリだけど最近不安定だったので

メインPCにおいて思い切ってアップデートを行った。

http://ryoex.jugem.jp/?eid=18938

こないだブログで書いたけど

EpgDataCap_Bon+EpgTimer_Bonで利用しているけど

バージョンはずっと9.46を使っていた。

もう相当前に利用して安定していたので使ってたけど

時々エラーが出ていてそれはアプリ以外の原因だと思ってたけど

アプリの不安定性もあるのだろうと思い

メインPCでアップデートを行った。

9.46から10.66へのアップデートをしたけど

あれから1週間以上利用しているが安定している。

というか凄く安定している。

 

9.46と10.66はかなり変化が大きくて

予約録画や自動予約録画などに互換性がないので

また0から設定を行う必要があり大変だったけど

1度設定してしまえば問題ない。

EPGもリスト型を使ってて表型にして戸惑ったけど

すっかり慣れた。ただミニ番組だと表に出ないので

その点は注意する必要があるけどね。

アプリの安定性は話にならないほどよくなった。

稀に起きていたドロップもほぼなくなって快適に使えるようになった。

ただこの1週間以上録画PCの旧バージョンでも

全くエラーが出ていないので何とも言えないけどね。

 

もう1つ録画アプリのバージョンアップとともに

行ったことがあるんだ。

今まで録画アプリはDドライブに入れていた。

フリーソフトなどはDドライブのHDDに入れているため。

ただ今回はCドライブに変更をした。

CドライブはSSDだ。

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 240GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS240G1G0A

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 240GB WD Green

SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS240G1G0A

これによりアプリの動作が安定したかもしれない。

CドライブはSSDなので高速アクセスが出来るし

Dドライブに仮にファイル転送などで高負荷がかかった時

録画アプリの動きに悪影響があると感じられていたため。

つまりアプリのバージョンアップと

アプリの置き場所をSSDに変更したことで安定が増したのかなと。

 

今回のテストで全く問題なく使えることが分かったので

録画PCでも実行していきたいと思っている。

年末年始のラッシュまでには録画PCでも実施していこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末に向けてのPC録画

  • 2017.11.24 Friday
  • 19:35

この時期PC録画やエンコードを利用する上で見据えてるのは

1年で最も録画とエンコードが増える年末年始だ。

まだ1か月以上先のことだけど万全の体制で迎える必要あがる。

過去を見るとこの時期にトラブルに見舞われることが多くて

12月にPCを新しくしたりHDD交換したり

チューナーを交換したりといろいろ経験があって

油断禁物しっかり準備をしておきたい。

 

チューナーやアプリは最近安定している。

PLEXのTSチューナーを買っておこうか迷っているが

PT3が1台余っているのでまだ大丈夫かなと。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

ただアースソフトのPT3が販売終了となり1年半以上。

いざとなったらPLEXのしか選択肢がないので

今のうちに確保しておく必要はあるかもしれない。

チューナーとしてはもう完成されてるから

これ以上のアップグレードもないはずだからね。

USBのチューナーもあるけどUSB絡みのトラブルが起きやすいので

内蔵タイプで問題ないだろう。

 

HDDに関してはつい先日トラブルがあったばあかり。

録画PCのEドライブに異常が出てHDD交換をした。

すぐに交換できるようにHDDを確保しておいて正解だった。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB

WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

また新たなHDDを買っておく必要があるけどまだ注文してないな。

年末になるまでには買っておきたいが

デジカメバックアップ用のHDDもそのうち必要になるので

2台くらいまとめて買っておいたほうがいいかもしれない。

ちなみに録画PCのEドライブは物理的なHDD故障だったようで

フォーマットも途中で止まってしまって

カックンカックン中で音がするだけ。物理故障としてもう利用停止した。

再利用することもできないので廃棄予定。

何もしてなくてもこういう突然の故障はあるんだなあ。

ちなみにHDDを買ったのはおそらく2010年頃なので

補償はとっくに切れているのでそのまま廃棄となるかと。

 

エンコード環境の充実に向けてPCのアップグレードだけど

検討はしているものの何も進んでいない。

予算が不足気味なので導入には至ってない。

エンコード重視ならAMDのRyzen7 1700で決まりだろう。

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire

65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

コスト的なネックはRAMの価格にあり

価格が下落することを期待しているけど

期待に反してさらに上昇傾向で当分は見送りになるかなと。

ただ年末にPCをアップグレードすることはよくあり

過去12月に2度ほどアップグレードしている。

ボーナスを得て強気になってPCアップグレードする可能性は

ないこともないのでそのための準備はしておこう。

 

11月以降海外に住む妹家族向けへ

動画を送ったりしているので

それまでに比べて録画エンコード数は増えている。

ただ増えすぎると管理が大変なので過去の視聴状況を見て

録画しても見ない番組などはざっくりと消して

エンコードしない選択肢も考えておきたい。

特に海外ドラマなどは数が多いのでむやみやたらに残さないようにしよう。

ってことで年末年始のラッシュを無事に乗り越えられるよう万全の準備を。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画アプリ

  • 2017.11.18 Saturday
  • 20:12

先日ブログでPC録画の不安定さについて書いた。

最近のPC録画の不安定っぷり(11月15日)

いろいろ原因は考えられるけど

一番は録画アプリにあるという考えらえた。

そこで今週録画アプリのアップデートを行った。

 

僕はいわゆるTS録画を2008年から行っている。

現在TS録画可能なチューナーはPLEXの製品に限られる。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

僕はアースソフトのPT1、PT2、PT3を利用しており

メインPCにPT2とPT3、録画PCにPT1とPT3を利用してる。

1枚のチューナーカードで地デジx2、BS/CSx2の録画が可能で

メインPCと録画PC合わせて地デジx8、BS/CSx8の同時録画が出来る。

実際はメインPCと録画PCは9割以上同じ番組を録画しており

冗長性の確保ってやつを実現してる。

最近の不安定っぷりでもミスがないのは片方ではしっかり録画出来てるためだ。

 

利用している録画アプリはEpgDataCap_Bon+EpgTimer_Bon。

ごく初期はTvRock+TvTestを利用してたけど

2008年からEDCBへと切り替えた。

それからずっとこのアプリを利用している。

アプリ自体はアップデートが行われてきたけど

僕はほとんどアップデートをしなかった。

ずっとVer9.46を使っていたんだ。

Windows10になってもほぼ問題なく使えていた。

ただアプリのエラーが時々起きるってことは

実は問題は起きていたのかもしれないけどね。

そこで比較的最新バージョンの10.66へとアップデートすることに。

 

録画アプリのバージョンアップといっても

上書きすることはできないしバージョンが全く違うので

設定なども引き継ぐことはできない。

そのため完全に新規に利用することに。

アプリの場所は検索などすればすぐ出てくる。

ダウンロードし解凍後は初期設定を行うわけだが

その前に旧バージョンのアプリは終了させておく。

32bitと64bit版がある。Windows10 64bitなので

どちらでもOKだがこれまで32bitを利用してBonDriverやSDKも

32bitの環境はあったので32bit版を利用することに。

EDCB起動してチャンネル検索をする。

チューナーカード2枚あるので4回チャンネル検索を行う必要があった。

その後はEpgTimer_Bonを起動してチューナーを登録してEPGを受信。

これで一応体制は整った形か。

 

番組録画予約、自動録画予約設定は

前の設定を引き継げるかなと思ったけど出来なかったので

深夜にひたすら登録を行った。

ちなみに深夜に行ったのは録画が行われない時間だったため。

9.46の番組表はリスト型だったけど10.66は

基本は表スタイルで最初は慣れなかったけどすぐ慣れた。

自動予約設定はかなり進化してて細かく設定できるようだった。

EPG番組表は空欄が目だったので設定でカスタマイズ。

かなり見やすくすることが出来た。

最後にEpgTimer_Bonをスタートアップ登録して完了。

 

ところが再起動して情報取得できないとエラーが出る。

旧バージョンの自動起動設定はOFFにしていたのに何故かと調べたら

旧バージョンはサービス登録もしてありそれが起動していた。

サービス登録を解除して再び再起動で無事に起動。

録画予約も問題なく出来ることを確認した。

これでしばらく様子を見て安定するなら録画PCも

新バージョンに変更したいところ。

正直まだ分からないから12月に入るまでは様子見だな。

12月下旬には年末年始録画ラッシュが始まるから

手が出せなくなるのでそれまでにどうするか決めておこう。

 

そうそう最近もう1つ別の問題があったけど

それも解決した。

パソコンの自動起動機能だ。

パソコンを毎日17時に起動するといった設定は

マザーボードから行うことが出来る。

RTCなんたらBootとか設定が出来ると思うが

それを"有効"にして時刻設定をすればよい。

ただ最近それがメインPCで動いていなかった。

メインPCは手動で起動してたから問題なかったが

先日帰りが遅くなった時に起動しておらず???と。

その時はチェックしなかったけど今回チェックして

高速起動(高速スタートアップ)が有効になってたため。

高速起動はシステム設定の電源オプションから設定できる。

Wake On Lanもこのために有効に働かないようになってたようだ。

 

ちなみに外出先から遠隔操作で自宅PCをWake On Lanで

起動することが出来る設定もしている。

上記のコウソクスタートアップはオフにしておく必要があるが

NECの無線ルーターを利用することで可能だ。

NEC Aterm WG2600HP2

NEC Aterm WG2600HP2

リモートアクセス機能を搭載したWifiルーターはNECの

ミドル以上のモデルに搭載されているがすべてではなく

例えばWG1800HP3などは搭載されていなかったりするので要注意。

これがあるとリモートデスクトップと合わせて

スマホから遠隔でPCを起動し操作してシャットダウンまで可能で

PC録画がより手軽に行えるようになり

特に旅行の際などは便利に使えるのでおすすめだ。

 

ということで新しいバージョンにした

PC録画アプリだけどこれで安定するといいけどな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のPC録画の不安定っぷり

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 21:25

最近PC録画が不安定だ。

メインPCと録画PCの2台体制で録画してるが

毎日どちらかのPCで録画エラーが出たりしてる。

2台だから両方録画できていないということはないので

その点はうまく機能していると言えるんだけど

将来的にPC録画は1台でと考えているが

その実現はかなり難しそうだ。

 

エラーの原因は様々。

ちょっと前に録画PCで起きてたエラーの原因はHDDだった。

HDDがクラッシュ寸前でEドライブのHDDは結局交換。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク

3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0

5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

今は交換されたHDDを搭載しておりHDD系のトラブルは皆無だ。

とりはずしたHDDは結局物理的な破損状態だったので廃棄となった。

毎日TS録画をし続けるHDDには大きな負荷がかかる。

もっともエラーが出たHDDはそれ以前に他の目的で使ってたHDDで

それを流用していたものなので結構使い古してたものだけど。

同じように毎日録画で利用しているTSチューナー。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

僕はPLEXのではなあくアースソフトのPT1、PT2、PT3などを使っている。

壊れたらPX-W3PE4を買わないとと思っているけど今のところ問題ない。

以前USBのPX-W3U3というPLEXのチューナーを使ってて壊れたけど

USB部分がネックになっていたようで内蔵チューナーの場合は

特に壊れたりするリスクは少なく問題なさそうだ。

 

ただエラーとしてチューナー絡みはよくある。

チューナーの物理的なエラーではなく

おそらくドライバに関するエラーで

録画アプリがチューナーを見失ったりして録が出来なかったりすることがある。

また録画アプリに関するエラーは非常に多くて

突然終了したり応答不能になっていたりいろいろだ。

厄介なのは1度エラーが起きるとそのあとの時間帯の番組でも

エラーを引きずることが多い。

だからこまめに録画状態をチェックする必要がある。

メインPCだと利用してれば気づくけど録画PCだと気づかないこともある。

こないだは18時台の番組でエラーが出て

22時台の番組まで半数の番組が録画できてないことがあった。

録画アプリはEpgDataCap_Bonというのを使ってるけど

使ってるバージョンが古いのも問題だと思っている。

新しいのをテストして利用していかなければいけないんだけどね。

これが一番の問題点かもしれない。

面倒だから10.66くらいにアップデートしようかな。

 

PC自体Windows7からアップデートしたもの。

現在はWindows10だけどアップデートなので

多少不具合も引き継いでいるかもしれない。

Windows10を新規にインストールして

全てを一度クリアにしたいと考えたりしている。

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB

( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品

CT525MX300SSD1/JP

そのために新しいSSDの購入も検討している。

今は250GBクラスのを使ってるけど

Steamのゲームのインストールなどがかなりの容量を食うので

あまり余裕がない状態だ。

500GB以上ならばかなり余裕が出来るので導入を検討中。

またエンコード性能などをアップさせるために

PC自体のアップグレードも検討している。

エンコード重視ならばRyzen7 1700だろう。

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler

AM4 YD1700BBAEBOX

CPUだけなら問題ないけどRAMやマザボもアップグレードが必要。

RAMの価格は昨今高いのでトータルだと6万円くらいはかかる見込み。

これだけのお金をかける価値があるのか結論が出ていない。

 

ともかく年末年始というラッシュを控えて

何度か動作を安定させたいところ。

とりあえず今出来るのはアプリのアップデートか。

より不安定になったりしたら不安なので

メインPCで実験的に行ってテストして

それで様子を見て移行していこうかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

録画と転送

  • 2017.11.06 Monday
  • 20:14

11月に入りPC録画は毎日続けている。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・

CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TS録画した動画のうち残すファイルは

MP4へエンコードして保存している。

そして10月から海外転送も始めつつある。

日本で録画した番組を海外へ送る作業だ。

 

昔はテレビ番組を送るといえば

VHSに録画して郵送していたもの。

VHSって結構かさばるので

180分テープに3倍録画して9時間分を

しっかり録画して送っていたものだ。

航空便は高いと船便など使ったら1か月以上かかり

届くのはかなり先になってしまっていた。

SAL便を結構使っていた気がするなあ。

DVDプレイヤーが普及した後は

DVD-Rに焼いて送っていた。

これはかなり郵送コストが安くなったもの。

たいていまとめて送るので放送からはかなり時間が経っていた。

 

それがインターネット時代になり変わりつつある。

昨今海外から日本のテレビ番組を見る方法は一応ある。

それはSlingbox+レコーダーを利用する方法だ。

Sling Media Slingbox M1 HDMIセット SMSBM1H121

Sling Media Slingbox M1 HDMIセット SMSBM1H121

これによりリアルタイムで海外からレコーダーを操作して

日本の番組を見ることが出来る。

まあただ安定して見られるかどうかは分からない。

うちに設置することは可能だけど

どこに設置するのかとか考えると難しいな。

リビングだとネットワークが安定しないから。

 

今回とりあえずSlingboxの設置は見送って

以前のように送ることにした。

ただリアルタイムで見たいとかで

設置することになれば協力はすると。

ネットショップで買ったものをうちに送ってくれれば

僕が勝手に設置をするからと。

ただSlingboxって視聴はパソコンやスマホ、タブレットで

テレビでは見ることが出来ないようだ。

テレビで番組が見られればと思うけど

それだとスティックPCやら利用する必要がありそう。

AmazonのFire TV Stickを改造しても出来そうだけど。

 

とりあえず送るのは

インターネットのファイル転送サービス。

ドラマ1本250MBくらいでエンコードするので

送るのは特に問題なく可能だ。

FTPとかSkypeで送るわけではないので

リアルタイムでお互いが待機しておく必要がないのもいい。

以前利用してたところが今もサービスしてるので

そこれで利用する予定だ。

あと今回もう1つ試してみようと思うのはNASの活用。

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU

2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

自宅にNASを設置して

そこにファイルを転送しておいて

ここから欲しい番組データをダウンロードしてもらおうかと。

DDNSなどは既に設定しているので

ユーザーアカウントとか設定すればすぐ出来ると思うが

とりあえず自分でテストをしておく必要がありそうだ。

 

送ったファイルだけどMP4ファイルで

パソコンでも見ることが出来るけど

多くのテレビでそのまま見ることが出来る。

PS3やPS4などのゲーム機でも再生できる。

以前はSamsungのテレビにUSB-HDD繋いで

MP4データを入れておけば直接再生できたらしい。

理想を言えばテレビとつながったNASを海外に置いて

僕がそのNASにアクセスして送り込む形にすれば

一番スムーズなんだろうけどね。

それはなかなか難しい感じだろうか。

 

ってことでしばらくは今の体制で続けていこう。

希望すればSlingboxだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

エラーとHDD交換

  • 2017.11.02 Thursday
  • 22:37

異常を感じたのは10月31日だったか。

ただ重いだけという感じだった。

11月1日になって明らかにおかしい。

録画PCの地上デジタル番組を録画するEドライブ。

Western Digitalの2TBのHDDだがこれがおかしい。

チェックディスクしても何も出てこないけど

明らかに重いし時々応答不能になる。

11月2日にはついにディスク使用率100%連発。

 

ディスク使用率100%は

Windows10だといろんな理由が考えられる。

OSのアップデートした後などはOSがやたらHDDにアクセスして

スペック低いPCだと重くなったりする。

とりあえずディスク100%で検索して解決策を探ろうとしたけど

決してPCスペック低くないし原因はそれじゃないと思って

システムログを探してHDDエラーであると結論付けた。

EドライブはTS録画をするHDDで

毎日たくさんの番組を録画を繰り返している。

HDD負荷が大きかったんだろう。

 

すぐに2TBのHDDに交換をした。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB WD Blue WD20EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB

WD Blue WD20EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

録画PCの録画用のHDDは2TB。

以前は500GBだったけど1.5TBに増やしその後2TBになった。

現在2TBと3TBが1台ずつ予備用HDDとしてスタンバイしている。

PC録画などの場合はすぐHDD交換する必要があり

ネットショップで購入してたりしたら時間かかるし

通常のPCショップへ行くのも大変なので買い置きしている。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB

WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

3TBへの増量も検討したけどそこまで必要ないので2TBで十分。

ただ今回2TBのを交換したけど

もう1台買い足すのは2TBではなく3TBにする予定で

今後は3TBのHDDを2台ストックしておくことにする。

 

壊れた2TBのHDDだけど

不良ブロックがあるのはほぼ間違いないが

HDD自体が完全に動かないわけではない。

不良クラスタを除外することで使えないか模索している。

使えるならデータバックアップ用として利用を検討。

とりあえずクイックじゃないフォーマットを実行した。

HDDは壊れるものだとこれまでの経験で学んでいたので

素早く対処できたのは良かった。

11月1日夜と2日夜の番組などいくつか録画できなかったけど

メインPCでも同じ番組を録画していたので影響はなし。

本当はPC1台でPC録画を完結したいけど

こういうことが起きうるからやっぱり2台体制は

変えられないなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画とリアルタイム視聴

  • 2017.10.30 Monday
  • 21:44

普段はメインPCと録画PCで

TS録画をして残す番組はMP4へエンコードしてる。

メインPCと録画PCで利用しているチューナーカードは

全てPC録画に使っている。

そのため録画中に番組を見ることはできないことはないが

録画トラブルの原因になるのですることはない。

どうしても見たければ録画ファイルにアクセスして

TSファイルを再生する形としている。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

TSチューナーはまだ増設する余地はある。

PT3はもう売ってないけどPLEXのはあるから

買って増設して視聴用にあてられるけどさすがにそこまではしない。

 

実は以前のメインPCは

PC録画で利用していなかった。

かつては3台PCがありメイン、録画、4thの3つのPCがあって

録画と4thのパソコンでTS録画をしていた。

メインPCは全く録画していなかったんだけど

一時期視聴用に欲しくなったPT3を買ったんだ。

ただそのメインPCは今は使わなくなり

父が使っている。4thパソコンをメインPCとして

今利用しているわけだ。

メインPCで使ってたPT3は取り外して

現在は予備用として確保している。

どれがチューナー壊れたら利用する予定。

 

視聴用にチューナーはあればベストかな。

TvTestで録画用チューナーを使ってみることは可能だけど

そのチューナーを録画アプリが利用しようとすると

使用中でアクセスできる録画失敗する恐れがあるからなかなか出来ない。

全く録画してないタイミングなら問題ないんだけど。

リアルタイムで見たいからとテレビをONにするかというと

そうでもなくどうせ見るならPCで子画面で見たいなあとは思う。

地デジに関してはシングルチューナーが売られている。

PLEX USB接続ドングル型地上デジタルTVチューナー PX-S1UD V2.0

PLEX USB接続ドングル型

地上デジタルTVチューナー PX-S1UD V2.0

リアルタイム視聴用で地デジのみでOKならこれで問題ないかな。

ただ僕はBSデジタルのほうを多く見るので

これがもし3波チューナーならもう買っているんだけど

地デジのみなのは残念でならない。

 

視聴用は別にエンコードするわけではないので

TS録画できるタイプである必要はない。

ただそれらも結局1万円ほどするので

1万円を出すならPX-W3PE4を買ったほうがいいかなと。

4500円で地デジのみでもいいかなあ。

そこまでテレビを見ないかもしれないし

必要ないかもしれないし・・・。

リアルタイムで見たいと思う番組は

スポーツ番組が多い。

プロ野球、サッカー、オリンピックなどは

リアルタイムで見てこそ価値があると思う。

最近はネットライブが増えてきたから

パソコンでそういうのを見られる環境を構築したり

契約することもまた検討してみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画の不確実性

  • 2017.10.26 Thursday
  • 19:21

PC録画でエンコードして

録画データを保存しているけど

一方でBDレコーダーも所有しており

毎日様々な番組を録画している。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

主に見て消すだけだが

録画は予約したん番組に関しては確実に録画される。

今までエラーなどで録画されなかったことは1度もない・・はず。

 

しかしパソコンで行っているTS録画。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応

TVチューナー PX-W3PE4

現在は2台のPCでTS録画をしているけど

これは時折エラーが出て録画されなことがある。

本当はPC録画は1台に集約したいんだけど

この不確実性がゆえに2台で行っている。

2台同時にエラーが起きることはまずなく

それ故に2台で同じ番組を録画して

分割してエンコード処理している。

 

録画されないエラーだけど

様々なパターンがある。

昔はCPUへの負荷、HDDへの負荷が

録画エラーの原因になることもあった。

当時の録画PCはそれほどパワフルではなかったため。

録画中にエンコードをしているとCPU利用率が高くて

録画アプリのエラーが起きやすいのは間違いない。

またHDDへの負荷がかかっているときも同様。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク

3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0

5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

より最新のHDDを搭載することで高速対応になり

HDDへの転送量不足に伴うエラーなどは起きなくなっている。

 

しかし録画エラーはメインPCより録画PCに多い。

メインPCは様々な動作をして時にはPCゲームをしたり

エンコードなどをして負荷が大きい。

一方で録画PCは録画中にエンコードなど他の操作は全く行わない。

録画が終わってパッチエンコード登録をしてエンコードをする。

また録画PCは録画を行うHDDが2台あり

地上波用、BS用と分けている。HDDへの負荷は

より少ないはずなんだけど何故かエラーは録画PCのほうが多い。

そもそも録画エラーの原因とは何だろうか。

 

具体的にどんなエラーが起きるのか。

基本的に録画アプリがクラッシュしたり応答不能になったりすることが

エラーの原因として一番多い。

ランタイムエラーみたいなのが出ていることもある。

続いてチューナーが消えて録画できないというもの。

ドライバーやBonDriverあたりの読み込みエラーなのかな。

1つ懸念しているのは僕が使ってる録画アプリは古いこと。

EpgDataCap_Bon+EpgTimer_Bonを利用しているんだけど

9.4.6を使っており古い。

最新の10.6.6なのかな。

バージョンが古いってのが不安定な理由も考えられるので

試してみようかなあ。

 

まずはメインPCで導入してうまくいけば

録画PCでも導入してみる形にしようかなあ。

あとはほかにはエラーの原因があるだろうか。

今はメインPC、録画PCともに

チューナーカードは2枚挿ししている。

つまり地デジx4、BS/CSx4の8番組を

最大で録画することが出来る。

エラーが起きやすいのは5番組以上録画しているとき。

やはり録画アプリが多重に立ち上がる状況はエラーが起きやすい。

極力必要ない番組は録画しないことだろうなあ。

元々年末年始の録画ラッシュに合わせてこうした環境を整えたけど

録画環境に合わせて録画を無駄に増やしてしまった感じがあるから

現状録画しても残さない番組が半数ほどあるし

見ない番組も多いから無駄にとりあえず録画するという姿勢を

少し改めてみるのも良さそうだ。

 

ということでなんとか録画を安定させて

失敗をなくし1台でのPC録画体制にいずれ変更したいところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外へ録画番組転送

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 21:36

妹家族が海外へ駐在へ行き

また日本の番組を送ることになった。

前回海外へ行ってすぐの頃はレコーダーで録画した番組を

DVD-Rにダビングして送っていたんだ。

それがPC録画が本格化してからは

ネットワーク経由で送るようになり手間と時間が短縮された。

 

昨今どうしようか事前に考えていて

最近のBDレコーダーのネットワーク視聴機能を

利用出来ないものかと検討をした。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー

4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020

スマホで遠隔視聴することが出来るわけだが

これには致命的な弱点があることが分かった。

それは90日というペアリング期限。

海外からの遠隔視聴は可能なのだが

90日毎にペアリングしなおす必要がある。

それは同一Wifiで行う必要があり海外からその手続きは不可能。

それ故に海外旅行で見る程度なら問題ないが

長期の駐在で利用するのは無理だと分かった。

 

VPNを利用する方法もある。

海外から日本のネットサービスは使えないけど

VPNを利用して日本のIPアドレスと判断されれば

ドラマの見逃し配信のTVerも観られるし

あとHuluを契約すれば主要なドラマなどは見ることが出来る。

VPNサービスは基本的に有料。

海外駐在でVPNを契約している人は多いようだ。

TP-Link Safestream VPN ルーター ギガビット Ipsec対応 高速通信 雷サージ防止 強固 ファイウォール機能 5年保証 TL-R600VPN

TP-Link Safestream VPN ルーター ギガビット Ipsec対応

高速通信 雷サージ防止 強固 ファイウォール機能

5年保証 TL-R600VPN

日本の実家などにVPNルーターを設置して

そこを経由するという方法あるんだけど

これはうまくいくか正直分からないから今回は考慮しなかった。

 

結局は以前の駐在時の時と同じで

僕がPC録画をしてエンコードし

容量を圧縮したうえでオンライン経由で送ると。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

ドラマなどは普段から録画エンコードしているので

ただ送ればいいだけだが僕があまり見ない番組でも

妹家族が見ている番組がありそれらは新たに録画する必要がありそう。

VS嵐とか動物の番組とか・・・。あと音楽番組もかな。

ドラマは1話200MB以下で抑えたいところ。

基本的にドラマは薄暗い系が多く容量が増えないかなと。

バラエティや音楽番組は色が多くて容量が増える傾向がある。

多少ブロックノイズが増えてでも容量は減らす予定。

最悪2パスエンコードもありかと。

2-Passなら容量を抑えて画質を保つことが出来る。

エンコード時間は1.5倍くらいかかるけどね。

 

送る手段だけど以前送ってたのはどこだったか。

FileQというサイトだった。

ここアクセスできるけどまだ遅れるのだろうか。

サイトがあまり更新されてないしTwitterも更新されてないし

どうもやってる感じがないけど。使えたらここがいいかな。

当初利用開始したころは500MBまでくらいだったのが増えていき

今は1.5GBまで利用できるのね。

ただ容量が大きいとDL失敗したり負担が大きくなるので

出来るだけ500MB程度に抑えてもしそれ以上大きくなるのなら

分割してエンコードするなどして考えたい。

NHKの紅白などは3分割くらいしてエンコードして送った記憶があるから。

 

ということでそう感じやっていこう。

VPNは可能ならいつか設定をしてみたいところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

大幅値下げで24800円に。
スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM