4K放送開始に伴うBSデジタルの再編

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 23:29

今年12月からBSで4K/8K放送がスタート。

それに伴いBSデジタルの再編が行われている。

いくつかのチャンネルは帯域が削減される。

BSプレミアムも帯域が減らされて解像度もダウンする。

BSデジタルは地上デジタルより広帯域で画質も良かったけど

地デジ並みとなってしまうようだ。

 

さてそれに伴いチャンネルの周波数が再編されるのだが

4月16日に早速BS JAPANで変更が行われた。

僕はTSチューナーで録画をしているんだけど

PT3 Rev.A

PT3 Rev.A

4月16日の夕方にふと異変が・・。

何かがおかしい。

番組表を見たらBS JAPANがない。

録画も失敗している。

再編で変更されてしまったんだ。

チャンネルスキャンですぐに治ると思ったけど

そう単純な話でもなかった。さてどうするか。

 

16日の夕方からあれこれ調べて

BS JAPANの10進数のTSIDが16433から

16402へと変更されたことは分かった。

それに伴う変更作業を行う必要があるんだけどこれが大変。

方法としては2つあると思う。

変更は簡単だけど設定をすべてやり直すコースと

変更箇所は膨大だけど既存の自動予約録画や予約録画などを

そのまま残すことが出来る方法。

迷ったけど後者を行うことにした。

ちなみに前者は

BonDriverのChSetを書き換えて

あとはチャンネルスキャンから全てやり直す。

変更はBS JAPANのところを

BS03/TS1→BS01/TS2に変更をした

WOWOWプライムとの順番を変更しそれを書き直す。

あとはEpgDataCap_Bon+EpgTimer_Bonの設定をする。

多分これでもOKだろうけど面倒だから後者を選んだ。

 

設定に関しては

http://d.hatena.ne.jp/nyanonon/20180416

こちらのブログを参照した。

僕はメインPCではPT2とPT3、録画PCではPT1とPT3を利用しており

設定が微妙に異なるからそれに合わせて設定をした。

まずは録画アプリやサービスを完全に終了する。

1.BonDriverフォルダのBonDriver_PT-S.ChSet.txtの設定変更

2.BonDriverフォルダのBonDriver_PT3-S.ChSet.txtの設定変更

3.SettingフォルダのBonDriver_PT-S(PTx ISDB-S).ChSet4.txtの設定変更

4.SettingフォルダのBonDriver_PT3-S(PT3 ISDB-S).ChSet4.txtの設定変更

5.SettingフォルダのChSet5.txtの設定変更

6.SettingフォルダのReserve.txtの設定変更

7.SettingフォルダのEpgAutoAdd.exeの設定変更

8.EpgTimer.exe.xmlの設定変更

最後の2つはさっぱり分からなかったが上記ブログを参考に変更。

こうした書いてあるのはありがたかった。

ちなみに僕はサービス登録してないし

管理者権限でEpgTimer_Bonを利用してないので微妙に違うところもあるけど。

EpgTimer.exe.xmlは当初は番組表を手動で再設定をしたけど

この設定から変更できるんだな。手動変更でもいいと思うが・・・。

 

ということでBS JAPAN1つでかなり大変だったが

問題は録画が非常に多いBSプレミアムの変更だ。

スカパー系は契約してないので全く問題ないのだが

BSプレミアムはかなり頻繁に録画してるので厄介。

https://www.nhk.or.jp/pr/kokuchi/

NHKのサイトによれば5月8日の0時から6時に停止するので

その時に変更されるようだ。

5月8日は火曜日。19時には録画があるので

それまでには設定を終えて使えるようにする必要がある。

厄介だけど無事乗り切ればあとは安心出来るから5月8日は

可能なら休みたいけどGW明けだから無理なので

まあ早めに帰ってきて設定を行いたい。

 

DXアンテナ BSアンテナ 【2K 4K 8K 対応】 45cm形 BS 110度CSアンテナ カンタン取り付け マニュアル付属  BC45AS

DXアンテナ BSアンテナ 【2K 4K 8K 対応】

45cm形 BS 110度CSアンテナ カンタン取り付け マニュアル付属 BC45AS

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画と大容量HDD

  • 2018.04.16 Monday
  • 20:15

最近SEAGATEを中心にHDD価格が下がっている。

4TBの価格は今や9000円を割っている。

ちょっと前までの3TBの価格だ。

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB PCユーザー向け BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 5400rpm / 2年保証 ) 正規代理店品 ST4000DM004

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB PCユーザー向け

BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 5400rpm / 2年保証 )

正規代理店品 ST4000DM004

4TBは今年に入って購入しており

データの保存の上では4TBが今後主流になっていくと思われる。

PC録画でも録画エンコードデータの保存は

現在は3TBを利用しているけど

おそらく今年後半に新しくする必要があり

それは4TBになるだろうと思う。

まあその時までにさらに上のHDDが安くなれば・・と。

 

いやその時まで待たなくてもさらに上のHDDが

予想以上に安くなっている。

それは6TBだ。

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 6TB PCユーザー向け BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 5400rpm / 2年保証 ) 正規代理店品 ST6000DM003

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 6TB PCユーザー向け

BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 5400rpm / 2年保証 )

正規代理店品 ST6000DM003

容量辺りの単価は4TBより安い。

今最もお得なHDDとも言えなくもないけど

これをどう使うかはまだ考えているところだ。

大容量HDDは内蔵HDDで使えば

より快適に使えるけどPC録画ではTS録画する領域は3TBもあれば十分。

となれば録画エンコードデータの保存だけどさてどうするか。

 

6TBのHDDを買って以前の録画エンコードデータの

3TBx2台を1台に集約をして3TBのほうが使い勝手が良いので

それを別に使うってのも検討している。

デジカメバックアップならとりあえず詰め込めばという感じで

より使いやすいけどPC録画だとどうするかを含めて考えていこう。

出来れば6TBも今年前半のうちに購入しておきたいなあ。

容量の感覚を知っておきたいから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

視聴用チューナー

  • 2018.04.09 Monday
  • 20:24

メインPCと録画PCでPC録画をしているんだけど

それとは別に視聴用のチューナーを取り付けようと検討中。

録画に利用しているチューナーを利用すると

録画に支障が出てしまうことが多いので使えない。

そのため録画アプリで管理しない

全く別のチューナーを取り付けて利用しようかと。

 

視聴用チューナーは以前から検討してるけど

あまり進んでいない。

PLEX USB接続ドングル型地上デジタルTVチューナー PX-S1UD V2.0

PLEX USB接続ドングル型地上デジタル

TVチューナー PX-S1UD V2.0

PLEXのUSBドングル型のチューナーが有力だけど

これは地上デジタルx1というのが難点となっている。

地上波だけでなくBSデジタルも見たいので

出来れば3波対応モデルが良いけどなかなかない。

 

視聴用はTS録画出来る必要がないので

市販のTS録画できないチューナーでも問題ない。

Digibest 地上デジタル・BS・110°CS 3波 +ワンセグ対応 USB接続 外付けチューナー さんぱくん外出 US-3POUT

Digibest 地上デジタル・BS・110°CS 3波 +ワンセグ対応

USB接続 外付けチューナー さんぱくん外出 US-3POUT

著作権管理保護で制限はかかるけどこれなら

安価で3波チューナーでいろいろ見られるかと。

ただこの手のチューナーはやや重いのが難点。

バックグランドでTS録画を行っているので

快適に視聴できるのかが心配だ。

 

新たにチューナーを増設する場合は

アンテナケーブルを分配器などに通す必要がある。

ただそれに関しては心配無用。

以前はメインPC以外の2台でPC録画を行っていて

その時にメインPCで視聴用にPT3を増設していた。

そのアンテナケーブルは今は利用していないので

それを流用出来るので問題ない。

コスト面で言えば下手なチューナーを搭載するなら

PLEXのPX-W3PE4を買ってメインPCに増設するのがベストかもね。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

このチューナーをただ地デジとBS/CSを見るためだけに利用する。

ただもし他の録画チューナーに問題が起きたら

このチューナーを代替として利用すればいいわけだ。

これを使えばB-CASカードなどは既存のものを使えるし

 

最近はながら視聴を行うことが増えたけど

テレビなどもリアルタイムで見られる環境を作りたいと思ってるし

せっかく今はデュアルディスプレイでそれが可能なので

いろいろ検討したいな。

PLEXのチューナーを使うなら視聴アプリはTvTestで決まり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TSチューナーはUSBより内蔵

  • 2018.04.02 Monday
  • 21:21

先日部屋の片付けをしていて

以前使っていて壊れてしまった

PLEXのUSBチューナーが出てきた。

PX-W3U3というモデルだ。ついでに隣にfriio黒も壊れておいてあった。

PX-W3U3は今は後継機種のPX-W3U4が出ている。

PLEX USB接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3U4

PLEX USB接続 地上デジタル・BS・CS対応

TVチューナー PX-W3U4

USB接続のチューナーは個人的におすすめしない。

内蔵チューナーを設置出来るのならそっちがベスト。

ただ省スペースPCやノートパソコンの利用なら

やむを得ないところだろうけど。

 

USBチューナーは

いくつかの欠点を持つ。

■欠点1:AC電源が必要なこと。

ACアダプタが付属しており電源が必要になる。これは邪魔。

ただドングルタイプのPX-S1UDなどでは必要ないけど。

PC関係は電源が必要なものが多くて不足気味なのに

チューナーでも使うのはほんと邪魔なんだな。

friioは不要だったような気がするな。

■欠点2:設置スペースが必要なこと

内蔵タイプはPCケースの中に設置することになるが

USBタイプは外付けタイプでもあるので

PCの外に設置する場所が必要になる。置き場所の確保が必要なんだ。

■欠点3:USBに伴う不具合が起きやすいこと

USBデバイスというのはエラーが起きやすい。

例えばPCが高負荷になった時にUSBの認識がエラーになることがある。

PX-W3U3もエンコード中の録画だと認識しなくなって

止まってしまうことがあった。

 

という感じでUSBタイプを選ぶことは今後ないかなと。

もし選ぶとしたら視聴用にドングルチューナーくらい。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

極力内蔵チューナーカードを利用したいし

パソコンもこれが使えるサイズのデスクトップPCを用意したい。

PC録画にはHDDの増設が必要になるし

エンコードにはそれ相応の高速CPUが必要で

それを考えるとノートPCや省電力PCではなく

フルタワーとまではいかないまでもミドルケースに入って

そこそこハイスペックなデスクトップPCがベストかと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

主音声と副音声

  • 2018.03.28 Wednesday
  • 19:36

海外ドラマや映画では日本語吹き替えと日本語字幕とあり

テレビ放送ではどちらで放送されるか分からない。

地上波の海外ドラマはたいてい日本語吹き替え。

BSデジタルはどっちもどっちといったところ。

どちらが良いかは作品にもよるのでなんとも言えないが

僕は映画は字幕、ドラマはどっちもOKという感じだろうか。

 

TS録画して残す場合は

この辺り多少気をつける必要がある場合がある。

吹替版の場合はたいてい二ヶ国語放送に対応してて

主音声で日本語、副音声で英語や韓国語などとなっている。

字幕版の場合はたいてい英語や韓国語音声のみで

字幕が強制的についているパターン。

ただたまに違うパターンがあり厄介だ。

ちょっと前に頼まれて録画したBSデジタルの韓国ドラマ。

こえは字幕なんだけど主音声も日本語というもので

普通にエンコードすると日本語音声日本語字幕になってしまう。

字幕は消せないので副音声の韓国語音声でエンコードする必要があり厄介。

 

あと最近はないけど

昔は左右のスピーカーで切り替えての音声多重放送があった。

その代表例がちゅらさん。

ちゅらさんは片方で日本語音声・片方で目が見えない人用音声放送だった。

これが厄介で普通にエンコードしたらどうしようもなく途方にくれた。

そもそも動画エンコードに音声が複雑だと厄介で

エンコード出来ず苦労したパターンが多い。

サラウンドステレオ[SS]の5.1chの場合も厄介だった。

当時フリーの動画絵コードアプリを使っていたけど

こうした音声の問題は解決できなかった。

それを自由にエンコード出来るようにTMPGEncを買ってから。

TMPGEnc Video Mastering Works 6

TMPGEnc Video Mastering Works 6

有料のエンコードソフトを利用することで

主音声や副音声を切り替えたり

あるいは両方収録することも出来るようになった。

MP4コンテナ自体は複数の音声データや字幕など収録できるので

いろいろ工夫すればフリーソフトのみでも出来たはずだが

音ズレとかまた別の厄介な問題が発生したりして

その辺り安定しなくて結局有料ソフトならば

何も気にせず比較的に簡単に利用できるので便利だなあと。

 

海外のドラマとかあえて英語でみたいというのなら

エンコード時に英語音声など選ぶのもありだろう。

出来れば両方の音声を入れてエンコードしていくパターンも

今後検討してみたい。ただ出来るけどちょっとだけ面倒だけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TMPGEncで動画エンコード

  • 2018.03.26 Monday
  • 20:02

僕はパソコンで録画とエンコードをしている。

TSチューナーでTS録画したデータは容量がでかいし再生互換性が低いので

H264/AVCのMP4へと変換をしている。

以前はフリーソフトを利用していたのだが

今は有料のTMPGEncを利用している。

TMPGEnc Video Mastering Works 6

TMPGEnc Video Mastering Works 6

結構いい値段するけどその価値は十分にある

多機能な動画エンコードソフトだ。

 

以前のエンコード環境は

複数のアプリを利用する必要があった。

DGIndex、Winamp、音整、AviUtlと4本のソフトを利用していた。

これは昔ニコニコ動画へ投稿するための動画変換手法で紹介されてたもので

その後いろいろ変更を試みたんだけどなかなかうまくいかず

結局2008年頃から10年近くこの方法を使い続けてきた。

時々トラブルはあったけどそれぞれのソフトをアップデートしたりして

なんとか利用していたんだけどさすがに手間がかかるので

他の方法を変更して一番評価の高いTMPGEncを利用することに。

エンコードの設定がAviUtlとは違っていてその最適化を行う必要があったが

まあすぐに見つけることが出来て

以前の画質、容量でエンコードが可能になった。

エンコード時間はより効果的に各コアを利用出来るようになり少し短縮している。

以前はCPU使用率が60%くらいで100%にならなかったが

今は99%近くまでばっちり使えるようになっている。

 

TSファイルからMP4への変換に関しては

直接変換出来るソフトがいろいろあるんだけど

出力するファイル容量と画質のバランス調整が難しくて

例えば1時間のドラマの場合は今は250MBを目標にしているけど

これが1GBのファイルで出力されるようではいくら画質が良くても論外。

その辺り細く設定ができればいいけど出来ない物が多い。

またカット編集がし辛いアプリが多い。

CMカットなどは今は行わないけど前後カットは行っている。

そのカット編集もスムーズに行えるとなると選択肢は極端に狭まり

結局TMPGEncが最強ってことになる。

 

そうそうエンコードの速度だけを考えれば

今はGPUエンコードが強力だ。

以前はクイックシンクビデオ(QSV)とかあったけど

今はNVENCなどだろうか。

それなりのビデオカードが必要だけど高速変換出来る。

ただこれは容量を抑えて画質を保つエンコードには向かないかなと。

TMPGEncなら各種GPUエンコードに対応している。

フリーソフトでもいろいろ出ているけど

イマイチ安定してるGPUエンコードアプリがない感じなんだな。

ざっくりと変換して容量を減らすならありだけど

きっちりしっかり変換したいのなら普通のCPUエンコードのほうが良いのかなと。

 

動画変換ソフトではないけど動画編集ソフトも変換は可能だ。

サイバーリンク PowerDirector 16 Ultra 乗換え・UPG

サイバーリンク PowerDirector 16 Ultra 乗換え・UPG

いろんな動画ファイルを組み合わせて

YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトに動画アップするなら

こっちのほうがおすすめと言える。

ただTV番組をカット編集してエンコードするだけなら

TMPGEncのほうが簡単ですぐ出来るので便利だ。

僕はどっちも持っているけど動画作品を作るのがPowerDirectorで

エンコードに特化してるのがTMPGEncかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PLEX PX-Q1UD

  • 2018.03.19 Monday
  • 22:00

2月末にPLEXから新しいTSチューナーが発売された。

USBの地上デジタルチューナーだ。

PLEX USB接続型フルセグ対応地上デジタルTVチューナー PX-Q1UD

PLEX USB接続型フルセグ対応地上デジタルTVチューナー PX-Q1UD

PX-Q1UDは4つの地上デジタルチューナーを搭載している。

USBチューナーとしてはBS/CSx4+地デジx4に対応したPX-W3U4もあるが

あれはAC電源が必要でまた場所をとるのが弱点だけど

この製品は地デジのみでUSBのみで利用できる。

サイズもコンパクトで設置場所を気にする必要がないと。

 

ただ正直言えば価格が高い。

PX-Q1UDはだいたい今は19000円台で売られているが

PX-W3U4が18000円前後なのでより多くのチューナーを持つ

上位モデルよりも価格が高くなってしまっている。

さらにもっと言えば

地デジx1チューナを持つ従来モデルのPX-S1UD。

PLEX USB接続ドングル型地上デジタルTVチューナー PX-S1UD V2.0

PLEX USB接続ドングル型地上デジタルTVチューナー PX-S1UD V2.0

これを4台購入するよりも現状は価格が高くなってしまう。

もちろん4台買うとアンテナケーブルも4本必要になるので大変だから

分配器が不要と考えればメリットはあるんだけど

コストなどを考えればもう少し安くしてほしいなあと思うところ。

12000円くらいが妥当じゃないかと思うけどどうだろう。

 

そもそも僕は今回発売された

PX-Q1UDは必要はないと思う。

地上デジタルx4のチューナーを買う必要がない。

僕はどちらかというとBS/CSデジタルのほうの録画が多い。

地上波は今のチューナーで十分足りている。

あえていえば視聴用のチューナーが欲しいと思うけど

視聴用は1つチューナーがあれば十分なので

買うならシングルのPX-S1UDで良いかと思う。

理想を言えば地デジ/BSの3波チューナーモデルがあればいいけど・・。

 

今回発売された製品もそうだけど

利用するには別途B-CASカードとそのリーダーが必要。

SCM ICカードリーダー/ライター B-CAS・住基カード対応 SCR3310/v2.0 【簡易パッケージ品】

SCM ICカードリーダー/ライター B-CAS・

住基カード対応 SCR3310/v2.0 【簡易パッケージ品】

ノートパソコンなどで利用する場合は

USBチューナーとUSBカードリーダーという感じで

2つのUSB機器を利用することになるので気をつけたい。

まあノートPCでTS録画する人はいないか。

視聴用なら4つもチューナー必要ないか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画エンコードと解像度

  • 2018.03.03 Saturday
  • 23:07

現在メインPCと録画PCの2台で

PC録画を行っている。

TS録画チューナーで録画したTSファイルを夜に

H264/AVCのMP4ファイルへ変換している。

H265/HEVCは再生機器がまだ少ないので

導入する予定はない。

 

エンコードするソフトは以前AviUtlを使っていたけど

今はTMPGEncへと変更をした。

TMPGEnc Video Mastering Works 6

TMPGEnc Video Mastering Works 6

今までは映画など5.1ch音声の番組のみのエンコードで使ってたけど

最適なエンコード設定を見つけて

今までのAviUtlでのエンコード時と

ほぼ同じ画質、容量、エンコード時間の設定を見つけて

今ではTMPEGEncへ一本化した。

今後はGPUエンコードやらは考えるけどとりあえずそれは置いておく。

 

今僕が考えているのは動画の解像度だ。

現在は3種類の設定で動画をエンコードしている。

1つ目は紀行番組など。

ハイビジョンの高画質を活かす設定で

1440x812の解像度でエンコードをしている。

2つめは映画や音楽・一部ドキュメンタリー。

1280x720の解像度でエンコードしている。

3つ目はバラエティ・ドラマ等。

1024x576でエンコードしている。

昔のアナログキャプチャの頃は640x360や704x396。

PV4を使った当初は960x540だった。

ただ2008年春頃からはほぼこの設定にしている。

 

何故この設定にしたのか、FHDではないのか。

理由はいくつかある。

○当時使っていたモニターがFHDではなかったこと

○当時使ってたPCのCPUパワーを考えてFHDは時間がかかったこと

○地デジなど1440x1080も多かったのでFHDに拘る必要がなかったこと

これらの理由から紀行番組はFHDではなく1440x810にした。

TMPGEncだと1440x812に設定している。

ただ今のPCなら1920x1080でも問題なくエンコード出来るし

モニターもFHDだから問題ない。

今後4Kモニターとか導入したらFHDのほうが良いかもしれない。

そこで今どうするか迷っているところだ。

先日一部の番組で1920x1080でエンコードしたら時間はかかるが

以前よりエンコードは少なく2台で分散しているので

問題なく処理出来るとの判断だった。

ただ1つ容量がかなり増えるのは難点かもしれない。

 

1920x1080にすれば1440x812よりも1.5倍くらいの容量になる。

HDDへの負担も大きくなる。

最近になって録画保存HDDを3TBから4TBにアップデートしたが

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB PCユーザー向け BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 5400rpm / 2年保証 ) 正規代理店品 ST4000DM004

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB PCユーザー向け

BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 5400rpm / 2年保証 )

正規代理店品 ST4000DM004

その増量分も簡単に相殺されてしまうかもしれない。

ただ残すという側面ではFHDは悪くはない。

設定で1920x1080を検討しているのは

紀行番組ともう1つ映画。

映画は1280x720だったけど1920x1080にしようかと検討。

特にWOWOWの録画はFHDで残そうかと思っている。

ただ次にWOWOWを契約するのは当分先なので

それはその時に考えるようにしたい。紀行番組どうするか考えている。

全部ではなく一部のみをFHDにするのがいいかを含めて検討中。

 

最近BSデジタルの仕様が変更になり

BS1などは1920x1080から1440x1080へと変更になった。

4K放送がスタートすることでBSデジタルは

ほとんどが1440x1080になってしまい

BSプレミアムも1920x1080のままだけど

ビットレートが低くなってしまう。

だから無理に今FHDにする必要もない気もする。

お気に入りになりうる一部の紀行番組のみを

1920x1080に変更してあとは1440x812のままでいいかなと。

そんな感じでやりくりしていったみようかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC録画のトラブルと予備機

  • 2018.02.12 Monday
  • 21:18

先日2月9日の金曜日。

夜23時頃だっただろうか。

突然メインPCのHDDがおかしくなった。

その時間帯はPC録画も一息ついて

録画データをチェックしていた。

番組のTSファイルを再生していたその矢先

突然再生が止まりPCが異常に重くなってしまった。

調べるとそのHDDのディスク使用率が100%。

 

何のアプリがディスク使用率100%になってるのか

いろいろ調べたんだけどどうも分からない。

それどころか1番組だけTS録画してたけど

当然どうも録画出来ていない模様。

仕方ないのでPCを再起動しようとしたけど

シャットダウンすることが出来ない。

やむを得ず強制終了を行った。

その後再起動したらHDDがない・・・。

PCからHDDが認識されなくなってしまっていた。

 

その3TBのHDDはメインPCで

TS録画を行うHDD。

これが壊れたら録画ができなくなってしまう。

いろいろやりくりしてHDDをフォーマットしてとか思ったが

このパターンはHDDの死亡を意味する場合が多いので

すぐに諦めて予備用HDDと交換をした。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク

3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP

SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

HDDの突発的な故障に備えて新品のHDDは最低1台買っている。

1年前の段階では2台あったけど録画PCでも

TS録画領域のトラブルがあったので1台になっていた。

新しく買ったのはデジカメバックアップに使ってしまったから。

 

さてHDD故障の原因は分からないが

SATA-USBアダプタなどを介しても

もはやPCでHDDを認識しないので諦めた。

ただPCケースからHDDを取り出したらWD BLUEで

購入時期を調べたら2016年だったので調べたら

WDの保証が使えるようなのでRMA申請を行った。

土曜日に発送したけどそのうち交換品が戻ってくるかもしれない。

RMA申請については後日ブログで書きたい。

新しいHDDを予備機として買うか

RMAでお交換品を待つか迷っているところ。

そうそう立て続けに壊れることはないと思うけどね。

 

毎日TS録画をしているので

PCにはそれなりに負担がかかっている。

特に繰り返し録画するHDDには大きな負担がかかる。

その都度HDDをネットで注文してたら時間がかかるし

PCショップで買うと割高になってしまうことを考えれば

買い置きしておくことは有効な手段と言えると思う。

TS録画をしている人は

HDDが突然壊れてもすぐ対処出来るようにしておくべきかと。

極端な話を言えば30分以内に普及させたいくらいだからね。

僕の場合は2台のPCで録画してるからもう1台あるからいいが

1台で録画してる場合は止まってる間は録画されないわけだから。

 

HDDに関しては予備機を確保するってことでいいけど

チューナーはどうするべきかは迷う。

実はちょっと前にアースソフトのPT3を1台売却した。

結構いい値段で売れたんだけど

そのPT3は予備機だった。ただTSチューナーが壊れることはまずないので

これまで全く使われることがなくて売れるならと売ってしまった。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

もし万が一壊れてもPX-W3PE4を買えばいいわけだから。

これを予め買っておくべきかは悩みどころだけど

基本的にTSチューナーは壊れないと思うので

今のところその予定はない。

・・・といっても実は2度ほど壊れたことあるけどね。

FriioBSとPX-W3U3の2台はこわれてしまった。

原因はTSチューナー部分ではなくUSB部分にあると思われるので

内蔵タイプは大丈夫だと思うけど。

 

僕がPC録画を利用するようになって12年。

いつまで続けるか分からないけど

安定的に利用できるように気を使っていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外録画転送

  • 2018.02.04 Sunday
  • 20:33

僕はPCで録画をしている。

TSチューナーを利用してTS録画したのち

H264/AVCのMP4へとエンコードしている。

基本的に自分のため家族のために

録画とエンコードをしているんだけど

今は海外に済む妹家族のためにも利用している。

そのため昨年秋から録画する量が少しだけ増えた。

これまで録画していなかった番組が5番組ほど増えて

それらを録画エンコードしている。

 

さてエンコードしたデータだけど

ファイル転送サービスを利用して送っている。

http://fileq.lisonal.com/

ただ最近は別の方法も利用し始めた。

それはマイクロソフトのOneDriveだ。

15GBのストレージだけど向こうでDLした後は削除するので問題なし。

年末年始などは2GBを超える番組も多かったため

従来のファイル転送サービスでは送ることが出来ず重宝してた。

最近も時々利用したりしている。

OneDriveは15GBだが紹介経由からの登録だと500MB増量となるので

もしよければ僕の紹介リンク(→こちら)から是非。

 

海外側ではどうやって視聴してるかというと

ネットで送った動画をパソコンでダウンロード。

その後USB-HDDに転送する。

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB

USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1

そしてこれをテレビのUSB端子に接続。

するとみることが出来るようだ。

海外ではSamsungのテレビを使ってるらしいが

YouTube再生が可能なテレビの多くは

MP4の再生が行えるようで問題なく見られるという。

対応したテレビじゃなくてもPS3/PS4などのゲーム機を利用しても

見ることが出来るしまあ問題ないかと。

 

最近はエンコード環境を改善したため

その日の夜のうちにエンコード可能になり早く送れるようになった。

もっとも時差があるのであまり早く送っても

見るのは夜だろうからあまり意味ないみたいだけどね。

ただ遅れてるとLINEに催促のメッセージが届くから早めに送らねば。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


recommend

REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】
REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】 (JUGEMレビュー »)

ジンバル一体型のカメラ。超広角レンズに小型ビューアー搭載。OSMOの弱点を克服した歩き4Kカメラ。

recommend

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue)
HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue) (JUGEMレビュー »)

Huaweiの最新SIMフリースマートフォン。18:9液晶で狭額縁を実現。そしてWレンズカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM