ダイエット変遷と今後

  • 2019.06.24 Monday
  • 19:33

今月に入ってダイエットは新たなステージへと進んでいる。

これまでの取り組みからアップグレードして

新たに強化を行っている。

これまでの取り組みを振り返り今後について書いていきたい。

 

ダイエットはこれまで何度も繰り返しそして失敗してきた。

効果が出たダイエットもあったがその後リバウンド。

半年くらい続いたこともあったが元に戻っていた。

そして2018年のお正月に過去最高体重を記録。

2015年2月からは毎日5キロのウォーキングをしていたにもかかわらず

痩せることはなくむしろその分食べていたこともあり太ってしまっていた。

痩せるための行動をとらなければと思ったんだ。

 

2018年1月から始めたダイエットだけど

〇1日10キロ以上・時速6キロのウォーキング

〇腹6分目の食事制限

〇お菓子の禁止

〇深夜の食事の禁止

などなどを打ち出してそれを実行し始めた。

ウォーキングにもいろんな種類があるけど

僕がそれまで行っていた時速4キロから5キロのウォーキングは

いわゆる健康維持のウォーキングでありダイエットには効果が少なかった。

ダイエットウォーキングは早歩き。具体的には1分100mの時速6キロがベスト。

食事制限は当然だし深夜の飲食禁止も当然。

食べる量を減らさないことにはダイエットはうまくいかない。

お菓子を買わなくなった分のコストをサプリメントなどに費やすことになった。

 

サプリメント類だけど

食事の際にナイシトールZを飲むことにした。

【第2類医薬品】ナイシトールZ 420錠

去年1月から8月まで飲んでいたけど効果は絶大で

妊婦のようだと揶揄されてた腹は減り皮膚がタプタプになってしまったが

体脂肪は激減してくれた。

あとウォーキングの効果を高めるために

スポーツドリンクとしてVAAMウォーターを飲んでいた。

これはかつてのダイエットで大きな効果があったため。

ウォーキングでの体脂肪燃焼をより効果的に行ってくれるもの。

実はこうしたサプリメントなどについてはそれまでは全く知らなかったが

いろいろあることをダイエットを始めてから知ることになった。

 

さて体重だけど2018年1月から2018年9月までに劇的に減る。

しかし9月以降はストップしてそれから今年5月に至っている。

むしろ2018年9月を基準にすれば少し太っているほどだ。

身体の水分量や筋肉量の変化などはあり

身体の服のサイズなどはむしろ締まって小さくなったけど

体重はすっかり減らなくなってしまっていた。

そこで6月から新たなダイエットをスタートすることになった。

目標は昨年9月前後に記録した最低体重を下回りさらにそれを維持すること。

少なくとも7月中には最低体重に到達すること。

運動の強化には限度があるのでサプリメントや食事制限などで

いろいろ駆使しているところだ。

 

運動の時に飲んでいたVAAMウォーターだけど

今もたまに飲んでいるけど今はBCAAを中心としたものに変更している。

必須アミノ酸でVAAMの上位モデルに近い性能だろうか。

アミノバイタル 30本入箱

アミノバイタル 30本入箱

運動時の体脂肪燃焼も重要だけどそれよりも

運動の疲れを残さず早く回復することのほうが継続のためには重要。

これまでは休むしかないと思っていたけど

BCAAを摂取することで著しく回復が早くなることが分かった。

身体がうけたダメージを回復するのに必要な成分が含まれている。

また同じようにウォーキング後に今まではコンビニで

シュークリームを食べたりしていた。運動後の甘い物は美味しい。

でもせっかく摂取したカロリーが相殺されてしまう。

今はソイジョイを食べるようになった。

ソイジョイ 11種類 各1本ずつ+お楽しみ1本 12本セット アソート

ソイジョイ 11種類 各1本ずつ+お楽しみ1本 12本セット アソート

1本食べることで空腹を満たすことが出来るし

タンパク質を多く含むため筋肉の再生などを手助けしてくれる。

 

さらにこのたんぱく質という点でいえば

今まで興味はあったけど手を出さなかったプロテインに

いよいよ手を付けることになった。

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

プロテイン=太るというイメージが根強くあったため

手を出さなかったけど運動をしている限りは効果はあるだろうと。

ちょっと怖いけど様子を見ながら摂取をし始めているところ。

今はまだ飲み始めてまもないけど7月くらいになれば結果が出始めるのではないかと。

 

あとウォーキングの負荷には限度があり

実は土日とか時間がある場合は

1日30キロとか歩くこともあるほどだ。

時速6キロで30キロは5時間。

これだけ歩くと身体へのダメージも半端ない。

ダイエットで身体を壊しても意味がないということで

もっと効率を上げるためにランニングを始めようとしている。

既にウォーキングの5分の1くらいはランニングをしてるけど

徐々にランニングのウエイトを高めていきたいと思っている。

心肺能力を鍛えることは登山などでもメリット大きいからね。

 

ということで頑張っていきたい。

今はやる気に満ちているから食事の摂取も少なくして

結果を求めていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画視聴とタブレット

  • 2019.06.22 Saturday
  • 23:26

先月Huluを契約。

AmazonでHuluチケットを購入すれば

1か月だけの加入が手軽に出来る。

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

Huluチケット (1ヵ月利用権)|オンラインコード版

もうすぐ1か月が経ってしまうけどどうしようかと。

HuluはこれでOKってことで次に

dTVとかAbemaプレミアムとかNetflixとか

契約してみようかなと検討をしているところ。

 

HuluだけどPCで音楽ライブなどはPCで見たけど

それ以外はほぼタブレット端末で見てきた。

PCを利用しつつ横にタブレットを置いて

サブ画面のように動画を見るが便利だった。

ただもう少し大きな画面で見たいなあと考えていて

10インチクラスのタブレットが欲しい。

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド (最新モデル)

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド (最新モデル)

やっぱりiPad Airがベストかなあ。

タブレットは動画のながら視聴が凄く便利だから。

でも外に持ち出すことはまずないので

もう少し安いAndroidタブレットでもいいかもね。

 

ちなみに今持っているのは8.4インチのAndroidタブレット。

Huaweiの端末で解像度は高いミドルスペックのモデル。

dtab Compact d-01J (ゴールド)

dtab Compact d-01J (ゴールド)

ドコモのタブレットなのでドコモMVNOのSIMを利用出来るが

以前入れてたけど全く外に持ち出さないので

今はWifiオンリーで利用しているところ。

タブレットのいいところは縦画面でも十分な画面サイズで使えること。

ライブ配信系などだと特に重宝している。

ただ強制的に横画面になってしまうサービスもあるけどね。

 

各社のネット動画サービスでは

無料体験が利用できるけど

Huluは利用したからもう使えない。

Netflixはこないだもう1度無料体験しませんかと来てたので

7月1日までは無料体験が申し込めるので検討中。

dTVは1度も利用したことがないのでちょっと試してみたいかな。

PC録画もしてるし見るコンテンツが多すぎて

まあ時間が足りないのでタブレットなどを利用して

作業などと並行的に効率よく動画視聴していきたい。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近タブレットがキテル

  • 2019.06.08 Saturday
  • 20:47

ふと最近周りでタブレット利用者が増えている。

カバンに入れて持ち歩いている人も多い。

昔はタブレットと言えばスマホを持つ前の子供向けだったり

あるいは高齢者向けだったりしていた。

また家庭での利用も多かったけど

最近は家庭内はもちろんだけど外で使う人も増えている。

ちょっとした調べものなどの際には

PCを使うよりも簡単で持ち運べることもあり重宝するようだ。

スマホより大画面であることも魅力と。

 

一番人気のタブレットは安価なiPad。

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

2018モデルとして発売されたiPad2018は

4万円前後と比較的価格が安いのが魅力。

最新のチップではないけどA10はiPhone7相当で必要十分。

幅広い世代に人気で今も売れているタブレット。

また今年発売されたiPad Air2019も人気だ。

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド (最新モデル)

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド (最新モデル)

価格は6万円前後と高めだけど最新のA12チップを搭載。

10.5インチのやや大きめのディスプレイといい

サクサクと多目的に利用することが出来る。

動画視聴などはもちろんだけどゲームだってばっちり。

6万円前後は安くはないけどA12を搭載するiPhoneXSやXRの価格を見れば

割安で魅力的な端末と言える。

 

ただ僕の周りで今一番増えているのはiPad mini5だ。

iPad mini Wi-Fi 64GB - ゴールド (最新モデル)

iPad mini Wi-Fi 64GB - ゴールド (最新モデル)

今年春に発売されたモデルでA12搭載の最新版。

その他は従来モデルと変わらないけど5万円前後で

コンパクトで持ち運びやすくてカバンに入れて持ち歩いてる人が多い。

スマホとテザリングしてネット接続することもあるけど

今は会社ではWifiが使えるしお店でも無料Wifiが使えたりするので

昔に比べると外で使いやすくなった。

スマホの大画面モデルよりも大きくて

そもそも通話しないのならタブレットで十分と。

今やスマホはネット端末であり電話としては

あまり使われていないからね。

 

ということでスマホの大型化が進む中で

もっと大きくなら割安なタブレットでもという考えが

広がっている感じで

一時期人気が落ちていたタブレットが再燃してるようだ。

2012年頃にNexus7とか僕もタブレットを使っていたけど

その後スマホの利用が広がって使わなくなったっけ。

今タブレットはありかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいKindleはフロントライト付きらしい

  • 2019.06.02 Sunday
  • 20:35

Amazonのプライム会員だと

Kindleのオーナーズライブラリというのが利用出来るが

それはスマホやタブレットのKindleアプリでは利用出来ず

Kindle端末が必要になってくる。

漫画を中心に100冊以上のKindle本を購入しており

Kindle端末を買おうかなあと以前から思っているけどそろそろかなと。

 

4月に新しいKindle端末が発売されたけど

フロントライト付きのモデルとなっている。

エントリーモデルからフロントライトがついて

薄暗いところでも読みやすくなったようだ。

Kindle 電子書籍リーダー Wi-Fi 4GB ブラック 広告つき (Newモデル)

Kindle 電子書籍リーダー Wi-Fi 4GB ブラック 広告つき (Newモデル)

ちょうど今タイムセール祭りで

明日夜まで2000円OFFで購入できる。

4月に出たばかりなのに。どうしようかなあ。

 

そういえばフロントライトがついてることが売りだった

Kindle Paperwhiteもセールになっている。

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi  8GB 広告つき

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき

よく比べてみるとこのPaperwhiteも進化してるようだ。

現行モデルは昨年11月に発売されたのかなあ。

ストレージが8GBでさらに防水にも対応している。

フロントライトも通常Kindleよりも多いので

より明るく表示することが出来るようだ。

でも価格差を考えると通常モデルで十分かなあ。

 

明日夜までセール中なので考えておこう。

4GBだと漫画などの画像系を入れると足りなくなりそうな気がする。

見る物だけ入れておけばいいんだけどね。

小説系は最近読まなくなったからなあ。

だからこそプライム特典でいろいろ読んでみたいんだけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Fireタブレット

  • 2019.05.23 Thursday
  • 20:45

AmazonのFireタブレットは

価格が安くて時々セールするとさらに安く魅力的。

ただ明確な使い道を決めないと持て余してしまうことも。

安いからっていう理由で買った人で

使い道がなくて手放してしまった人を多く知っている。

買うならまず用途を考えて書いたもの。

 

Fireタブレットだけど

7インチ・8インチ・10インチモデルがあるが

断然おすすめなのは8インチモデルだ。

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

価格が安くてその割にスペックもそこそこ。

7インチモデルはディスプレイの解像度が低めなのが難点。

10インチモデルは画面が大きくて使いやすそうだけど価格は高い。

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 64GB - Alexa搭載

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 64GB - Alexa搭載

2万円出すなら別の選択肢があるんじゃないだろうかと思う。

後述するHuaweiのタブレットのほうが安いし良いと思う。

それ故に買うなら8インチで間違いない。

 

さて買って何に利用するか。

一番のおすすめは動画視聴だ。

Amazonプライムビデオの視聴端末としても悪くはないが

昨年秋にAbemaTVに対応している。

AbemaTVはネットテレビとして多くのチャンネルがあり

アニメやドラマなどの様々なコンテンツを放送している。

僕は2017年頃から見始めたんだけど今では毎日見ているほど。

僕はあまりアニメを見なかったんだけど

このAbemaTVで毎日古いアニメを見てたりする。

最新アニメも放送されててチェックすることもあるかな。

ドラマも相棒とか時々放送されてて見てしまう。

基本的にリアルタイム視聴だけどAbemaビデオでアーカイブ配信が見られる。

有料のものも多いけど放送から数日は無料で見られたりするので

頻繁に利用してれば多くのコンテンツを無料で利用出来るかと。

 

あとはビデオチャットだろうか。

以前はAmazonのタブレットの2台セットが売られていた。

これはSkypeビデオチャットをするためで

実家の両親に送って離れた家族でビデオチャットをというもの。

ただ最近はSkypeアプリ自体あまり使わなくなっている。

ビデオチャットとしては

ハングアウト、Facetime、LINEなどが使われるが残念ながらこれらは対応してない。

もっともハングアウトとLINEに関しては

apkファイルの直接インストールで使えるという情報もある。

FireタブレットはベースがAndroidだからね。

ともかくフロントカメラにマイクがついているのでビデオチャットには最適。

 

他にもブラウザを使ってネットしたり

ゲームをプレイすることもできる。

ただGoogle Playが基本使えないので

ゲームなどは普通のAndroidタブレットに比べると少ないし

データが古かったりすることもある。

ネットゲームなどAndroid版と対戦や協力プレイが出来ないことも。

そうした制限が嫌ならAndroidタブレットを買うことも。

現状Huaweiくらいからしか出ていない。

HUAWEI MediaPad T5 10 10.1インチタブレットW-Fiモデル RAM2GB/ROM16GB 【日本正規代理店品】

HUAWEI MediaPad T5 10 10.1インチタブレットW-Fiモデル

RAM2GB/ROM16GB 【日本正規代理店品】

10インチタブレットなどFireタブレットより安いほどだが

スペックはやや低めなので価格相応といったところだろうか。

 

ともかくFireタブレットの魅力は

やはり第一に価格。安く手軽に買えるのが魅力で

それ故に用途としても手軽に動画視聴などが良いかと思う。

タブレットこそ最高のネット動画視聴端末だと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり欲しいiPad

  • 2019.05.12 Sunday
  • 20:36

現在は8.4インチのAndroidタブレットを利用している。

用途は自宅でのネット動画閲覧。

AbemaTVなどを見たりするのに重宝している。

タブレットの用途としてはほかにもビデオ通話があるが

Androidタブレットの場合はちと厄介なんだ。

ビデオチャットをSkypeアプリで行うなら問題ないが

そうじゃない場合はOSがネックになってしまう。

 

海外に住む妹家族とよくビデオ通話をするが

スマホ同士だと画面が小さいのが難点。

出来ればもっと大きな画面で行いたいので

タブレットを活用したいと思う。

ただ相手の環境を考えると可能なのはLINEとFacetime。

現在スマホで利用しているのと同じアカウントで行いたい。

FacetimeだけどiOSでしか利用できないので

Androidタブレットでは利用出来ない。

LINEはスマホとAndroidタブレットの同時ログインはできない。

ただスマホとiPadとなら可能なんだ。

それ故にiPadならビデオ通話での問題が解決すると。

もちろん動画閲覧にも使えるし魅力的だ。

 

そんなiPadだけど買うとしたら3つの候補がある。

まずはiPad mini。

iPad mini Wi-Fi 64GB - ゴールド

iPad mini Wi-Fi 64GB - ゴールド

今春発売された最新モデル。

A12を搭載してスペックは大幅にアップ。

しかしディスプレイなどは従来通りで

今のトレンドである狭額縁とは程遠い。

価格は64GBモデルで5万円弱といったところ。

持ち運べるサイズ感も良いかなあと。

ディスプレイに目新しさがないのが難点。

続いて今年春発売されたiPad Air。

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド

A12搭載でハイスペックでかつ大型のディスプレイは美しい。

やや狭額縁気味でもっとも実用的だと思うし

旅行などでPC代わりにも利用出来るかなと思う。

ただ価格は6万円弱とそれなりに高め。

もう少しだせばノートパソコンが買えるからなあ。

もう1台は2018年春に発売されたiPad。

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

A10チップを搭載した9.7インチのipad。

これで十分と言えるが性能で価格も4万円弱と安い。

ただ+1万円でA12搭載のiPad miniが

+2万円でA12搭載10.5インチ液晶のiPad Airが買えると考えると

安いのかどうかよく分からなくなってしまうな。

長く利用するならいずれこれがネックになる可能性があり難しい。

 

ということでどうするか決まっていない。

ビデオ通話のためだけに買うってのもどうかと思うけど

でもやっぱりあればいろいろ使えて便利なんだなと思う。

どうしようかなあ・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画視聴とタブレット

  • 2019.04.22 Monday
  • 23:37

AbemaTVで動画を見る機会が増えている。

Netflixも無料体験を申し込みしてこれまた動画を見ている。

動画視聴はタブレットを中心に利用しているのだが

スマホもよく利用している。

Apple 【SIMロック解除済】au iPhone7 128GB A1779 (MPRX2J/A) レッド

Apple 【SIMロック解除済】

au iPhone7 128GB A1779 (MPRX2J/A) レッド

動画を見るサイズとしてはiPhone7を

横向きにしたときくらいがちょうどいい感じだ。

ネット動画は720p程度の画質になるのでそれほど高画質は必要ない。

画面サイズなども4.7インチの横向きくらいがちょうどいいんだ。

タブレットは横向きで利用するには大きすぎる。

 

しかしタブレットでの動画視聴が多いのは

実はタブレットでは縦向きで動画を見ているためだ。

dtab Compact d-01J (ゴールド)

dtab Compact d-01J (ゴールド)

現在AbemaTVを一番見ているのはこのdtab d-01J。

これを縦置きしてAbemaTVを見ている。

上40%くらいが動画表示で下の部分には放送内容や次の番組、

あるいはコメントを表示したりしている。

ライブ番組の場合はすべてコメント表示するとは限らないが

表示させることも多くてそういう場合は縦置きだと役立つ。

横向きだとコメント表示できないし

ライブ番組だと次に放送される番組などが見づらい。

だからAbemaTVはタブレットで縦向きに限るなと。

 

サイズ的に言えばdtab d-01Jの縦向きでの動画部分と

iPhone7の横向きでの動画表示部分はほぼ同じくらいのサイズだ。

サイズ感がちょうどいいんだなあ。

あまり大きすぎると煩わしく感じてしまう。

特に僕の場合はPCを利用しつつサブ画面として動画を見ているので

動画を表示するエリアはあまり大きすぎないほうがいい。

それをメインで見るならFire TV Stickなり使って

40インチのTVに表示すればいいんだから。

でもそうじゃなくてサブ画面として利用するなら大きすぎないほうがいい。

これまでiPadが理想の動画視聴端末だと思っていたけど

案外iPad miniのほうが良いのかもしれないな。

Apple iPad mini (Wi-Fi, 64GB) - シルバー

Apple iPad mini (Wi-Fi, 64GB) - シルバー

最新モデルも登場したり案外これが買いかもね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレットとキーボード

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 20:38

モバイルノートパソコンが欲しいけど

あまり外でネットを利用する機会がないし

自宅ではデスクトップPCが2台あるので使う場面がない。

それならタブレットはどうだろうと思う今日この頃。

ipad miniよりiPad Airが良いんじゃないかと思う。

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド

欲しいけど使うだろうか。

自宅ではネット端末として動画視聴やネットなどで使う。

でもそれだけではなく外にも持ち出したい。

旅行の時にもノートパソコンのように利用出来れば。

 

ふと思ったけどタブレット端末を

ノートパソコンのように使うことは出来るのだろうか。

キーボードがあれば可能だろうか。

dodocool iPad Pro 10.5 キーボードケース Smart Connector接続 MFi認証 バックライトキー 自動スリープ/スリープ解除 Apple Pencil用の内蔵ホルダー付き iPad Pro 10.5/iPad Air 2019に対応

dodocool iPad Pro 10.5 キーボードケース

Smart Connector接続 MFi認証 バックライトキー

自動スリープ/スリープ解除 Apple Pencil用の内蔵ホルダー付き

iPad Pro 10.5/iPad Air 2019に対応

タブレット用のキーボードは

多く発売されている。

タブレットを支えるスタンドみたいなのとセットになっている。

接続はBluetoothで行うのでワイヤレスだ。

タブレットのほうにもバッテリーが内蔵されてるということか。

Bluetoothキーボードの使い勝手だけど

以前Androidで利用したことがあるけど概ね問題なかった。

ただ使い慣れていないIMEなのでそれがネックだったかな。

 

タブレット+キーボードで何をするかと言えば

このブログを書くことになるわけだがかけるだろうか。

キーボードの質などはあまり気にしない。

今デスクトップPCで使ってるキーボードも安いもので

高品質のモデルではない。

キーボードは慣れなのでその点は気にしない。

ただ変換精度などは気になるかな。

それについては使ってみないと分からない。

 

あとノートPC代わりとして使う場合はマウスだ。

実際普通にタブレットを利用する際にマウスなんて不要だけど

リモートデスクトップを利用する際にはマウスは重要になる。

しかしiPadではマウスは使えないようだ。

Logicool ロジクール Bluetooth マウス M557 グレー M557GR

Logicool ロジクール Bluetooth マウス M557 グレー M557GR

Androidタブレットでは

Bluetoothマウスを利用することができた。

ついでにmicroUSBから変換すればUSBマウスも使えた。

1度Andoridスマホで液晶が壊れたときは

中のデータを取り出すためにMHLでTV出力して

マウスで操作したものだ。

iPadの場合はこの点が致命的なネックになる気がする。

かといってAndroidタブレットを買う気はあまりないけど。

 

となればやはりWindowsタブレットか。

マイクロソフト Surface Go(4GB/64GB) シルバー MHN-00014

マイクロソフト Surface Go(4GB/64GB) シルバー MHN-00014

これならノートPCのように使うことは問題ないが

逆にこっちはタブレットとしての使い勝手がいまいちで

家で使わなくなってしまいそうだ。

これだとノートパソコンかったほうがいいんじゃないかと。

Windowsタブレットというものを使ったことがあるわけではないので

意外と使えるかもしれないけどな・・・。

 

ということでキーボードは使えそうだけど

マウスが問題だな。

普通は問題じゃないけどリモートデスクトップの時だな。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

今でもd-01Jは使えるタブレット

  • 2019.04.03 Wednesday
  • 21:35

大手キャリアでは端末と回線がセットでの契約になる。

そうした契約された端末と回線のうち

端末だけが売られることは良くあること。

そうした端末のことを白ロムという。

スマートフォンの白ロムは有名だけど

タブレットにも白ロムがあり

比較的安く購入することができる。

僕は2017年終わりにdtab d-01Jを購入した。

 

dtabはドコモのタブレットで

d-01JはHuaweiの8.4インチタブレットだ。

dtab Compact d-01J (ゴールド)

dtab Compact d-01J (ゴールド)

ドコモモデルなのでLTEタブレットで

ドコモのSIMロックがかかっている。

白ロムとして売られてるd-01Jの多くはSIMロック解除されてないが

別にWifiタブレットとして使うなら問題ないし

ドコモのSIMロックがあってもドコモMVNOの格安SIMは使えるので

特別問題でもなかったりする。

対応周波数の関係でドコモ以外の回線で利用するには不向きだから。

そんなd-01Jだけど1年半近く使っているけど

なかなかいい端末で今も活躍している。

主に自宅ネット端末として動画視聴などに利用している。

 

d-01JはKirin950にRAMは3GB。

Huawei独自のSoCであるKirinだけど9xxシリーズは上位で

わりと高いパフォーマンスを誇るモデル。

ゲームや動画視聴はなかなか快適に楽しめる。

ディスプレイも8.4インチ2560x1600は高解像度で見やすくていい感じ。

カラーはゴールドとシルバーがある。

dtab Compact d-01J (シルバー)

dtab Compact d-01J (シルバー)

僕が持っているのはゴールド。白ロム価格はどちらもほとんど変わらない。

とにかくハイスペックなタブレットが安価に手に入るということで

おすすめだけどさすがにもう未使用品はあまり出回っておらず

在庫限りとなっている。

今は後継機種のd-02Kへと移行済み。

docomo dtab Compact d-02K シルバー

docomo dtab Compact d-02K シルバー

d-02Kは残念ながらスペックダウンしている。

ただ防水対応になっている点は利点だけどね。

正直d-02K買うならd-01J買ったほうが快適に使えるんじゃないかと思うが。

 

d-01Jにも弱点がないこともない。

個人的に一番残念なのは

Bluetoothテザリングに対応していないこと

親機としてテザリングを行ったり

子機としてテザリングした端末と接続することもできない。

Wifiテザリングは問題なく利用できる。

利用出来ないのはBluetoothのテザリング関係のプロファイルに対応してないため。

BTテザリングに対応してれば旅行などへ持っていき利用出来るのに。

僕はドコモのスマホ白ロムを持ってないため

ドコモ回線に対応したタブレットは貴重なドコモ端末なのだけどね。

あと稀に再起動することがあることも弱点かな。

でもOSをアップデートしたりしたらめったに起きなくなった気がする。

ドコモ系アプリもdアカウント登録してアップデートとかすれば

以前おきてたような再起動は最近は経験していないかな・・。

 

ともかくコストパフォーマンスが高い端末と言える。

d-01Jと同じHuaweiのタブレットは出ていないけど

今はKirin960に4GBのRAMのLTEタブレットが発売されている。

HUAWEI MediaPad M5 8 8.4インチ SIMフリー タブレットLTEモデル 32GB RAM4GB/ROM32GB 【日本正規代理店品】

HUAWEI MediaPad M5 8 8.4インチ

SIMフリー タブレットLTEモデル 32GB

RAM4GB/ROM32GB 【日本正規代理店品】

RAMは4GBだしROMも32GBと増えており

さらにSIMフリーだったりとスペックは高いけど

価格も4万円以上してしまう。

それを考えると未使用品でも20000円ほどで

中古なら10000円台前半で買えるd-01Jはお買い得。

今はAppleのiPadを覗いたらHuaweiかAmazonくらいしか

まともなタブレットは出ていない。(Windowsのはあるけど)

安価で使える製品となればHuaweiかAmazon。

AmazonはGPSがないしLTEでもないので多目的に使うなら

Huaweiがおすすめでd-01Jはその有力候補になりうるかと。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPad miniとiPad

  • 2019.03.30 Saturday
  • 23:35

新しいタブレットが欲しい今日この頃。

具体的に購入する予定はないんだけど

買うならiPad miniかiPadがいいなと思っていたりする。

iPad miniは3月下旬に突如発表されて先日発売となった。

iPadは昨年3月に発売されておりipadでは最安値となっている。

もし買うならどっちがいいだろうか。

利用するシチュエーションを考えて検討したい。

 

iPad miniだけど

ディスプレイは7.9インチのRetina。

基本的に従来のiPad mini4と変わらないけど

メインチップがA8からA12へと大幅に性能アップしている。

iPad mini Wi-Fi 64GB - ゴールド

iPad mini Wi-Fi 64GB - ゴールド

またストレージも64GBからとなっている。

iPad mini4の128GBプランとほぼ同じ税込み5万円弱の価格。

A8の128GBとA12の64GBと比べたら断然最新チップを搭載したA12のほうが良いかと。

まあ自宅でのネット端末としても使えるほか

コンパクトなので外に持ち出して利用することも可能だ。

一方でiPad 2018は9.7インチのRetinaディスプレイを搭載。

メインチップはA10となっている。iPhone7と同じクラスだ。

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

ディスプレイが大きいため外に持ち出すには向かないが

旅行などでは問題ないし

画面が大きいのでブラウザを利用したり動画を見たりするには便利。

価格も税込み4万円前後と安いのも魅力的だ。

 

さてどっちが良いかだけどこれは難しい。

A10とA12を比べればA12のほうが良いのは当然だが

A10でもiPhone7と同等ならば普通に使うには十分な性能がある。

A12は7nmプロセスの最新チップでベンチマークなども最強。

ただベンチマークの数値が高いだけではまるで意味がない。

A12をいかすアプリケーションが多くはない。

ゲームくらいだけどあまりゲームをプレイしない人には意味がないという感じだ。

様々なアプリケーションの動作がサクサクなのは間違いないだろう。

そういう点でいえばA10より上なのは間違いないが

過剰な期待はしないほうがいいかなとは思う。

 

ディスプレイは7.9インチと9.7インチ。

どちらも2048x1536となっている。

ブラウザでホームページを見たりするには

どちらも快適に利用することができるだろう。

また動画サイトを見るのもどちらも快適。

自宅で利用する場合は大きいほうがいいかなとは思うが

自宅内で利用する場合も持ち運んだりするなら

7.9インチのほうが機動性が良いのかもしれない。

実際使ってみないと大きさが適度なのがどちらかは

正直分からないような気もするからスペックだけからは

判断しかねるというところか。

 

ストレージはiPad miniが64GBでiPadが32GB。

多いほうがいいけど写真など撮影せずアプリの利用だけなら

32GBでも不足することはないかなと思う。

逆にデータを入れるなら64GBでも不足する恐れはある。

まあ64GBのほうがやはり魅力ではあるけどね。

iPadも発売から1年経って32GBから64GBへと

増やしてくれればよかったのにと思う。

 

僕のタブレットの利用は95%が自宅で5%が外。

外での利用は基本的に旅行で日常的には持っていかない。

自宅での利用は80%が動画視聴。

AbemaTVやShowroomなどのライブストリーミングを視聴する。

20%はブラウザ他。ホームページサイトを見たりする。

サイトは9.7インチのほうがやはり快適かなとは思う。

 

ということでどっちかは難しい。

それならばもう1つ上のiPad Airという選択肢もある。

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド

10.5インチのディスプレイにA12に64GBのストレージ。

価格は約6万円ほどとなっている。

iPad miniに+1万円でこれが買えると考えると

なんかすごくお得な気がするしiPad miniの価格が高く感じる。

となればこれが本命かもしれないが6万円は微妙だな・・。

ということで微妙な価格設定でこれという決め手がないので

どれがいいのかは決められない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


recommend

ASRock Phantom Gaming M1 Radeon RX 570 8G バルク品 グラフィックボード
ASRock Phantom Gaming M1 Radeon RX 570 8G バルク品 グラフィックボード (JUGEMレビュー »)

ミドルクラスのビデオカードが11700円。マイニング用で余ったのがゲーミング用途に流通しつつあり格安のビデオカードを買うチャンス。

recommend

激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~
激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ (JUGEMレビュー »)
齊藤 倫雄,NHK取材班
TJAR2018の番組が待望の書籍化。番組よりも詳細な取材情報、撮影の裏側などが濃くてこっちのほうが魅力的だったりする。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

recommend

激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ トランスジャパンアルプスレース [Blu-ray]
激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ トランスジャパンアルプスレース [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

2018年8月に行われたTJAR2018。NHKが密着し秋に放送された番組がBD化。特典として今年1月に放送されたサイドストーリーも収録。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM