防草シート

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 21:05

2016年夏に庭の草木を大規模処分した。

木は2本だけ残してすべて伐採。根も引っこ抜いた。

そして草は除草剤を使って枯らして

その後は完全に除去をした。

しかしそのうちまた必ず生えてくる。

そうならないようにと庭の整備を行った。

 

それは除草シート。

最近はウォーキングなどでいろいろ見歩くと

除草シートを敷いている場所が多い。

国道沿いなども除草シートで覆われている。

以前はそれはが除草シートだと知らなくて

黒いシートで覆われてるので何か防水処理でもして

今後建設するんだろうかと思っていたりしたほど。

しかし自分が防草シートを利用したのでその意味を知ったと。

 

庭に敷いた防草シートは長く使えるようにと

デュポン社のザバーンという高級品。

デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m

デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m

安い防草シートはゴザのような感じで2年くらいの耐用年数しかないが

このザバーンはゴムのような感じで非常に丈夫で10年以上

それこそずっと利用可能ということでこれを庭に敷設した。

また露出したままだと風化というか劣化してしまうので

我が家では砂利を1.5㎥購入して巻いた。

先日その状態をチェックしたけど

1年半前と全く状態は変化はなくいい感じで馴染んでいた。

当然草が生えてくることもない。

 

以前は本当に草取りが大変だった。

5月くらいになると一気に緑になり凄まじい草で

それが夏の終わりまで続いて大変だった。

今も多少草は生えてくる。

それは畑スペース部分があるため。

このスペースは多少草は生えてくるけど以前比べればわずかで

野菜などを育てているけど適度にメンテしていていい感じ。

2mx3mくらいの畑だけどこれくらいなら十分管理出来る。

ほかは防草シートを敷設して砂利巻いているので今後も安心かと。

 

2016年は夏と秋にかなり苦労して整備をした。

本当は業者に頼むかと思っていたけど見積もりしたら100万・・・。

さすがにそれは無理なので家族総出で行った。

その結果は除草剤、工具、防草シート、枕木、二輪車、砂利など

トータルで7万円ちょっとだったのでかなり予算は抑えられた感じだ。

その分超苦労したけどその価値はあったし

苦労した分庭への愛着も湧いて野菜づくりに頑張れる感じだ。

ということで草取りに苦労している人は防草シートおすすめ。

安いのだとすぐぼろぼろになってしまうので良いのをおすすめする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の目標と展望:ガーデニング・DIY編

  • 2018.01.08 Monday
  • 21:44

2016年に大規模な庭造りを行って

昨年は特にあまり手をかけず植えた野菜を

収穫したくらいで秋は実質放置していた。

今年春から家庭菜園は再開したい。

あと物置の中とかDIYで使いやすいように改造したい。

 

■家庭菜園・野菜づくり

NHK趣味の園芸 やさいの時間 藤田 智の菜園スタートBOOK 春夏編 (生活実用シリーズ NHK趣味の園芸/やさいの時間)

NHK趣味の園芸 やさいの時間 藤田 智の菜園スタートBOOK

春夏編 (生活実用シリーズ NHK趣味の園芸/やさいの時間)

今年は春から本格的に作っていきたい。

種から作る部分と苗を飼ってきて作る部分などを区分けして

色々作りたいなあ。

前回はネギとか玉ねぎとか中心だったけど

次はトマトとかナスとかきゅうりとか作りたい。

補強用ポールなどは買ってあるのでそれらを有効利用したい。

トマトは使い道が多いのでミニトマトや普通のトマトなど

色々作っていきたいなあ。

近くの畑を見るととうもろこしとか作ってる人いるけど

いつかはとうもろこしも作りたい。

 

■電動工具

マキタ ディスクグラインダ 高速型 100mm 9533B

マキタ ディスクグラインダ 高速型 100mm 9533B

ディスクグラインダを買おうと昨年思っていたけど

DIYをする暇がなくて全く手を付けなかった。

とりあえずは車庫の入り口が狭いので広げるために

ディスクグラインダとかいろいろ買って

自分たちで作業を進めていきたい。

マキタ ハンマドリル 2モード 23mm HR2300

マキタ ハンマドリル 2モード 23mm HR2300

ハンマドリルも欲しいなあ。

ドリルドライバを買った時にこれで穴あけとか

出来ると思ったけどパワーが足りなかった。

いろいろ買い揃えていきたいけど

お金がかかるので1年に1台とかそれくらいのペースで。

 

■花

花を植えたい。桜とか桃も植えたい。

でも木々は植えると後が大変なので無理。

大きくならない花の木などを

鉢植えにして植えればいいかなと思ったりしている。

大和プラスチック 鉢・プランター フレグラーポット 43型 φ430×H430 ダークブラウン

大和プラスチック 鉢・プランター

フレグラーポット 43型 φ430×H430 ダークブラウン

花は大きめの鉢を買ってそれにいろいろ植えたい。

プランターなども展開したい。

地べたに直接植えるのはもうしないで置こうと思う。

玄関側も庭側も畑部分以外は防草シートを展開して

砂利も巻いて今更花畑にはしたくないので

砂利の上に鉢植えを置いていくという形が理想かなと思う。

とりあえず暖かくなってから検討していこう。

 

昨年はあまり積極的にDIYガーデニング出来なかったから

今年は積極的に取り組んでいきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

蜂や害虫駆除

  • 2017.10.06 Friday
  • 21:41

ニュースで見たけど

電動車いすのお年寄りが先月

スズメバチに襲われ亡くなったらしい。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171006/k10011169771000.html

50分間150か所以上を刺されたというから恐ろしい。

都市部には虫はあまりいないけど郊外や山のほうだと

スズメバチをはじめとして多くの蜂がいるし

その他害虫がたくさんいる。

そうした虫への対策は必要だなと思う。

 

9月だったか我が家もハチの巣退治を行った。

玄関の車庫の間の植え込みのところに

小さなハチの巣が出来ていた。

お向かいさんが教えてくれたけど

最近なんか蜂をよく見かけるなと思っていたら

ハチの巣があったとは。

巣はこぶし大でそんなに大きくはないけど危険性は高い。

スズメバチではなく多分アシナガバチ?

早速その日のうちにホームセンターで駆除スプレーを購入。

ハチの巣を作らせない ハチ・アブ用ハンター 蜂駆除スプレー 510mL

ハチの巣を作らせない ハチ・アブ用ハンター

蜂駆除スプレー 510mL

蜂は朝から午前中が活動が活発で夕方から落ち着いて

夜になるころには巣に戻って活動が収まるらしいので

18時半頃暗くなってからスプレー噴射。

そしたら中からわらわら蜂が出てきて

スプレーでボタボタ落ちていきほぼ全滅させることが出来た。

こぶし大だけど30匹くらい巣の中にいたようだ。

駆除スプレーの効果は絶大で恐ろしい殺傷能力でビビったほどだ。

 

その後だけど同じスプレーをもう1本購入して

今後万が一のために常備をすることにした。

このスプレーはスズメバチには効かないようなので

スズメバチにも効く ハチ・アブ用ハンターZ PRO 蜂駆除スプレー 510ml 10m噴射

スズメバチにも効く ハチ・アブ用ハンターZ PRO

蜂駆除スプレー 510ml 10m噴射

スズメバチに対応したのも買っておいたほうがいいかなと。

ともかく昼間は活動が活発なので

夜になってから行うようにしてほしい。

そうすれば巣から出てきたところを一網打尽に出来る。

ハチの巣が大きかったら2本3本必要になるかもしれないかな。

こぶし大で1本ちょうど使い切るくらいだったから。

こういうのは紅葉狩りなどで山へ行くときなども

1本持っていったほうがいいんだろうか。

クマよけスプレーとかあるけど蜂除けとか必要じゃなかろうか。

スキンガードは持っていくことはあれどあれは蚊とかにしか

効かないだろうからなあ。

そもそも蜂を追いやるほどのものを人間にスプレーしたら

人がダメージ受けてしまうだろうが・・。

 

そうそう涼しくなって庭先でガーデニングをする機会が増えた。

こないだ毛虫が凄くて大変だったけど

それらは全て駆除した。

薬剤を使おうかと思ったけど柿の木なのでそれはやめて

バーナーを利用した。

新富士バーナー Do-Ga カセットガス式バーナー ちょろ焼きくんでか火 GT-50E

新富士バーナー Do-Ga カセットガス式バーナー

ちょろ焼きくんでか火 GT-50E

本来は草焼きや炭火焼きなどに使うんだろうけど

害虫駆除にかなり役立つ。

木々に固まっている毛虫どもを一網打尽に

焼き尽くすことが出来る。

無視対策の農薬をまくならもっと早い時期に行う必要があり

既に虫がついてる今の時期なら

バーナーで焼き尽くしてしまうのが一番。

火事には気を付けて水の準備や後始末も忘れずに。

 

我が家の庭の木は以前10本以上あって

鬱蒼とした森で近づけないほどだった。

蜘蛛の巣とかはって虫も多い状態だった。

それが去年夏に木々を伐採して聖地して

防草シートをまいて砂利をまいて整備した。

今は木は2本あるだけ。それでも虫が来る。

木々が多い家は虫とか多いだろうから

整備したほうがいいと思う。

やぶ蚊などは明らかに減って庭が快適になるからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

庭造りと砂利

  • 2017.08.31 Thursday
  • 22:37

昨年夏だけど庭の木々を伐採して除草し

その後整地した上に防草シートを展開。

デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m

デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m

いくら性能の高い防草シートとはいえ野ざらしにしてたら

劣化してしまうのでその上には砂利をまこうと早い段階で考えていた。

しかしどういった砂利をまくかはかなり難航していた。

その理由はコストだ。

 

当初は化粧砂利というきれいな砂利を買って

庭にまくことを検討していた。

[砂利 白玉砂利 30kg]お庭にぴったりとっても綺麗なパールホワイト化粧玉石pe02

[砂利 白玉砂利 30kg]お庭にぴったり

とっても綺麗なパールホワイト化粧玉石pe02

ただどれだけの容量が必要かどうか。

庭にきれいにまんべんなく場合は厚さ10cmほど必要。

それに必要な量をどうやって購入して運ぶかが難題だった。

予算の問題もそうだけど労力が大変。

少しでも労力を減らすために防犯砂利も検討した。

アイリスオーヤマ 砂利 防犯砂利 防草 20L ホワイト

アイリスオーヤマ 砂利 防犯砂利 防草 20L ホワイト

防犯砂利は軽いから持ち運びしやすいが

これがどれだけ必要か。

とりあえず1mx10mに厚さ10cmを敷き詰めるのに1㎥必要。

60Lの防犯砂利が2600円くらいなので

とりあえずそれを40袋で10万円超。これだけあれば十分かとか

いろいろ計算したりしたもの。

もっとも防犯砂利はあまり好きじゃなかったけど。

 

洋風の庭にしたかったので

レンガブロックを利用したのも検討をした。

愛知県内なら送料無料という

 

この製品もかなり気になっていた。

値段は13万円以上だけど化粧砂利をこれだけの量を買うと

20万円はすることを考えるとありかなとか検討をしていた。

本当に去年夏の終わりの今頃は砂利をどうするかで迷っていた。

もちろん予算も考えて・・・。

 

結果的にどうしたのか。

品質はずっと落としてコストをとることにした。

砂利は砕石業者から購入することに。

実際に出かけてそれを見てよく駐車場などにまいている砕石だけど

庭にまいても合いそうだったのでそれで決めた。

2㎥で15000円くらいだったと思う。

当初は10万円を超える予想をしていただけに

物凄く予算を圧縮することができたんだ。

何故それをしたのかというと実はこの砂利を決めていたころ

今年1月のハワイ旅行を計画していたためだ。

ハワイ旅行へ行くために砂利の予算をけちったという。

 

砕石業者はトラックに砂利を山積みして運んできた。

車庫の奥にブルーシートを敷いて

そこに大量の砂利を山積み。

それをスコップと二輪車でひたすら運んで庭にまいた。

武田コーポレーション  【園芸・運搬・園芸カート】 スチール二輪車 (SNAT-30BL)

武田コーポレーション 【園芸・運搬・園芸カート】

スチール二輪車 (SNAT-30BL)

この作業もきつかったなあ。

そんな苦労をしつつも10月頃だったか無事に作業を終えて

庭が完成したんだ。

それがあったから今年夏は草取りが大幅に軽減されて

楽になった。ハワイ旅行にも無事に行けた。

 

実は昨年初夏のころに業者に庭の見積もりを出してもらっていた。

木々を伐採して整地して砂利をまいたりする作業。

トータルの見積もりは100万円ほどだった。

この値段を見て自分たちでやろうと決めた。

そして苦労して全部終えてかかった予算は道具含めて7万円ほど。

そんなにかからなかったかな。

ただ費やした労力はすさまじかったなあ。

業者に頼んだらもっときれいにしっかりだったのかもしれないが

苦労した分今の庭には満足だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

防草シート

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 22:27

例年草で覆われていた夏の庭だが

今夏は畑などでは草が生えてきたけど

それ以外では全く草がなくて草取りが楽だった。

それは去年の夏と秋に苦労したためだ。

 

自宅の庭はここ数年は木々と草で鬱蒼とした状態だった。

あまり手入れが出来ていない状態というものか。

郊外の家なのでそこそこの広さの庭なのだが

草だらけで木々もいくつもあって邪魔だった。

そこで昨年夏に大規模に改造。

木々を2本だけ残してほかはすべて伐採した。

これがまた大変だった。特に根の除去はきつかった。

でもそれらを乗り越え草もすべて除去し

庭の大部分を防草シートで覆った。

デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m

デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m

そして秋になり砂利をまいて完成。

一部は畑として確保したけどそれ以外は

厚さ10cmくらいのトータル2㎥の砂利をまいた。

 

そのおかげもあり今年は楽をしている。

防草シートはザバーンという製品を選択した。

防草シートには様々なタイプがある。

ホームセンターなどで売れ筋となっているのは

雑草対策 防草シート 1m×10m巻

雑草対策 防草シート 1m×10m巻

こういう感じの防草シート。

パッと見は黒いござという感じだが

このタイプは耐用年数が3年くらいと短い。

苦労して防草シートをまくことだし

さらにその上から砂利をまくので防草シートの敷き替えは

なかなかできないと考えて売られてる中で最高クラスのを選ぶことにした。

いろんな製品を見てきたけど全然全く質感が違ったのが

デュポン社のザバーンという防草シートだった。

デュポン 防草シート ザバーン 125BB 0.5×20m

デュポン 防草シート ザバーン 125BB 0.5×20m

この製品は最初はゴム製?と思ったほど。

ゴザと間違える安い製品とは厚みなどが全然違う。

耐久性もかなりありそうで砂利などをまかなくても

15年以上という高耐久の製品だった。

砂利などを敷設すればさらに長く一生ものとして使えるようだ。

防草シートは光は通さないけど空気や水などは通す必要がある。

一見ゴムのように見えるけど近づいてよく見ると繊維っぽい質感もあり

そのあたりは問題ないようだ。

 

防草シートは昨年夏に設置。

その後秋になって砂利をまいた。

まだ1年くらいだけど今のところ全く問題ない。

草も生えてくることはない。

ただ防草シートのない畑部分は容赦なく草が生えてくる。

これが全体に広がって映えてくることを考えると恐ろしいが

今後は畑部分のみ手入れして維持していければと。

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 18V バッテリ・充電器付 MUR182UDRF

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 18V

バッテリ・充電器付 MUR182UDRF

庭の草刈りが大変で購入したマキタの草刈り機だけど

すっかり出番がなくなってしまった・・・。

 

ということで防草シートはお勧め。

また価格差は大きいけど長い目で見るなら

良い製品を買うのをおすすめしたい。

あと砂利は化粧砂利ではなくてよいなら

採石業者からかなり安く買うことができるのでおすすめだ。

うちの庭の場合化粧砂利をまくと15万円くらいは必要だったが

採石業者から砂利を買ったので15000円以下で済んだ。

砂利に関しては次回のガーデニングカテゴリで書いてみたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

草刈り機の充電池交換

  • 2017.07.30 Sunday
  • 20:19

昨年に庭の大改造をして

木々を伐採して整地して防草シートを展開して

その上から砂利をまいたので今年はあまり草が生えない。

ただ処理をしてないところは生えてくるので草刈りは必要だ。

また地域の草刈りでも自宅の草刈り機を持ち出して利用している。

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 14.4V バッテリ・充電器付 MUR142UDRF

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 14.4V

バッテリ・充電器付 MUR142UDRF

かなり前に買って利用している充電式芝刈り機だ。

 

そんな充電式の芝刈り機はエンジン式に比べると

燃料が必要なくメンテフリーで手軽に使えて低コスト。

それがメリットだったんだけど実はそれは間違いかもしれない。

最近極端にパワーが落ちていて故障したのかと思っていたが

どうやらバッテリーが劣化してしまっていたようだ。

5年以上使ってるしもうそんな時期かと思って価格チェックしたら

バッテリー高すぎる。

マキタ リチウムイオンバッテリー BL1430B 14.4V 3.0Ah A-60698

マキタ リチウムイオンバッテリー

BL1430B 14.4V 3.0Ah A-60698

純正のバッテリーはだいたい1本1万円くらいする。

草刈り機でもバッテリーコストの占めるウエイトが非常に高いと。

まあそれだけパワーが必要なんだけど

実際新しく購入して利用してみたら見違えるほどハイパワーになった。

こんなにパワーがあったのかと思うほど

うなりをあげて草刈りしてくれる。

バッテリーは本当に劣化してたんだなと痛感をした。

 

互換バッテリーなども出てるけど検討しなかった。

デジカメやビデオカメラでも互換バッテリーは出ている。

安い粗悪品も多いが最近はどれも普通に利用できる。

しかし互換バッテリーは明らかに純正に劣る。

何が劣るかは2年目以降の容量だ。

1年目は純正と遜色ない。純正以上の性能を持つ場合もあるほど。

しかし2年目は純正の60%くらいと減ったことを実感する。

そして3年目になるとさらに落ちる。

粗悪品だとこの時点でもう使えない。

評価が高いものでも3年目になると30%くらいまで落ち込み

明らかに容量不足となってくる。

つまり使えるのは2年。草刈り機用も寿命は3分の1と考えてよいかと。

それを考えると互換バッテリーはあまり安くない。

半額以下で買えても3年目以降の劣化を考えると

純正を買ったほうが良いかと。

今の芝刈り機だけど買ったのは2010年春だから7年使えたわけで

それを考えれば純正バッテリーで間違いないかと。

 

デジカメやビデオカメラでも

最近互換バッテリーはあまり使わなくなっている。

それこそ2年限定くらいで割り切って使うなら良いと思うけど

そうじゃなければ純正のほうが良い。

スマホも2年使えばバッテリーは劣化するもの。

まあとはいえエンジン草刈り機と変わらないくらい

充電式でも長く使えばコストはかかるってことだな。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

草刈り機

  • 2017.07.16 Sunday
  • 19:29

昨年夏に苦労して庭を整備したので

今年は自宅の草刈りをあまりする必要がなくて

とてもとても楽をしている。

防草シートを敷いて砂利をまいているので草ははえない。

ただ畑の部分は草刈りが必要だけどね。

 

そんな中で地区の草刈りは行われる。

先日地区の草刈りの講習みたいなのを受けた。

エンジン式の芝刈り機が5台くらいあるんだけど

それらを使ってるのはお年寄りばかり。

若い世代にも使えるようになってもらおうというもの。

いうほど若くないけど。

マキタ エンジン刈払機 2ストロークエンジンタイプ 排気量22.2ml MEM2300U

マキタ エンジン刈払機 2ストロークエンジンタイプ

排気量22.2ml MEM2300U

エンジン草刈り機だけど音と振動が強い。

でもパワーはかなりあるね。ただうちのと変わらないが。

燃料はガソリンじゃなくてガソリンとオイルを混ぜた混合燃料。

普通に使うことは特に問題はなく

普段自宅でも草刈り機を使っていたので違和感なく使えた。

問題はメンテナンスとかそういうことで

あまり機械には詳しくないけど多少勉強になったかな。

トラブルなどが起きたらその都度解決していくことで

身についていくかと思う。

 

自宅の草刈り機はマキタの充電式。

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 18V バッテリ・充電器付 MUR182UDRF

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 18V

バッテリ・充電器付 MUR182UDRF

価格はこっちのほうが高いけど

重さや使い勝手も充電式のほうが優れている。

メンテナンスもほぼフリーだしそれを考えると

充電式のほうが良い感じだなあ。

ただ繰り返し使う場合は

充電したバッテリーが必要になるんだが

そのバッテリーが高コストなので長時間使えないのが弱点。

音や振動などは充電式のほうが快適。

ただどっちも耳につく音だから不快ではあるけどね。

 

6月7月はあちことで草刈りをしている。

田んぼのあぜ道の草刈りは巨大な農機具を使って

草刈りをしていたりするし

耕運機みたいなので草刈りと整地を一緒に行うものもあるようだ。

手でぬいて草刈りするのは疲れるから

機械に頼れるのならそれが一番だなと常々思う。

ただ狭い自宅の庭だけのためだけにはもったいない。

自宅の庭も以前は草が凄かったけど

今はほとんど草の影響をうけなくなったためか

数年前に高い金出して買った草刈り機がちょっと無駄になって

もったいないなあと思ってみたり・・。

それでも手で取るのは大変だから少しでも

草刈り機が使えるなら本当楽なんだけどね。

 

ってことで草刈り機はいい。

あの草の成長力を野菜や花に回したいものだなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

防草で草刈り地獄克服を

  • 2017.06.23 Friday
  • 19:59

5月から6月の今の時期は

草が生えまくって大変な時期かと。

ゴールデンウィークくらいから爆発的に成長して

6月に入ってもその勢いはとどまらずむしろ加速。

雨と強い日差しでいつの間にか緑の世界となっている。

庭などが草だらけになってしまった場合は

草刈りなど行う必要があるわけだが大変な作業だ。

我が家では草刈りを不要とするために昨年大規模に

庭を整備した。そのおかげもあり

今年は草刈りをほとんどしなくても済んでいる。

 

去年行ったのは防草。

草が生えないように処理すること。

その前にしっかりと草刈りをして

また除草も行った。

ドクダミなどは地中の根がものすごいため

草刈りしてもすぐ生えてくる。

そういったのに除草剤は凄く有効だ。

日産化学 ラウンドアップマックスロードAL 2L

日産化学 ラウンドアップマックスロードAL 2L

ドクダミの葉に散布すると根から枯らしてくれる。

成長力の強いこの時期に除草剤を使うと一網打尽に出来る。

そして徹底して除草したら防草を行う。

 

防草は防草シートや防草砂利などがあるが

防草シートをまず利用するのがおすすめだ。

ストレージスタイル 園芸用防草シート 1mx10m お手ごろサイズで使いやすい

ストレージスタイル 園芸用防草シート

1mx10m お手ごろサイズで使いやすい

防草シートは日差しを防ぎつつ

水や空気は通すもの。

これにより草木の成長を阻害することが出来る。

ただし少しでも破れたりするとそこから生えるなど

草のしぶとさはあなどれないので油断しないこと。

アイリスオーヤマ 砂利 防犯砂利 防草 40L ホワイト

アイリスオーヤマ 砂利 防犯砂利 防草 40L ホワイト

防草砂利は土の上に直接巻くのもいいけどそれだと厚みが必要。

防草シートの上だとより効果的かと思う。

おすすめは防犯砂利だ。

防犯砂利は軽くて運びやすい。

上を歩くと音が大きくなるので防犯効果が大きい。

空き巣よけにも普通の砂利よりはこっちのほうがいいかと。

価格的にもわりとお値打ちで化粧砂利などよりは安く買える。

普通の砂利は40Lだと持ち運べないほど重いがこれなら大丈夫。

 

去年は本当に大変だったけど

苦労した効果は今年強く感じている。

ただ今後の草刈りがほぼ不要になったことは

大きなメリットでありお金をかけてでも行う価値はあるかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

除草と防草のすすめ

  • 2017.06.06 Tuesday
  • 21:36

この時期は草がすさまじい勢いで成長していく。

草刈りをしてもまた1週間もすれば草が生えてくる。

何度も草刈りすることになり労力がかなり大きい。

我が家では庭の草をなんとかしたいと

昨年徹底的に除草を行った。

 

除草だけど最初は徹底的な草刈り。

基本的に根から草を取る必要がある。

ただドクダミのように地中深くまで根が広がってる場合は

それでは無意味なので除草剤の力を借りることになる。

日産化学 ラウンドアップマックスロードAL 2L

日産化学 ラウンドアップマックスロードAL 2L

ドクダミの葉にラウンドアップを徹底的に噴射。

そうすると1週間ほどで枯れてくる。

枯れた後は徹底的に除去をする。

それで第1弾が環境だ。

 

我が家の場合は木々の伐採も行った。

ノコギリで木を伐採して処分場へ搬入。

去年の7月に行ったけど大変な作業だったな。

10本以上あって森のようになっていたけど

2本を残して全て伐採してしまった。

その後根の処理が大変だった。

土を掘り返して根を除去。

ある程度キレイになったら整地。

ガーデニングとんとん ビッグサイズ

ガーデニングとんとん ビッグサイズ

草木で覆われていた庭はむき出しの土の状態になって

あらな草が映えてくる前に整地を徹底的に行う。

とんとんなどで地面を固めて整地。

 

そして最終的には除草シートを敷く。

除草シートはグレードにより耐久性が違う。

長く利用するため耐久性が良いけど価格の高い

デュポン社のザバーンという防草シートを利用した。

デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m

デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m

ほかの防草シートはござみたいだけどこれは見た目ゴムのよう。

でも通水性・通気性があって防草シートとしては最適な製品。

庭を徹底的に防草シートで覆ったんだなあ。

その後は秋になって砂利を巻いて完成。

 

今年今はその部分は草が生えていなくて

草刈りが圧倒的に楽になった。

もちろん畑部分は草が生えてくるけど

それは一部だから仕方ないこと。

この状態で何年維持出来るか分からないけど

夏場の草刈りは大変だから本当に楽になってよかったなと。

ということで除草と防草をおすすめしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

剪定とヘッジトリマー

  • 2017.06.02 Friday
  • 22:18

昨年までは庭の木々の剪定などは

庭園業者にお願いをしたりしていた。

ただ昨年夏から秋にかけて庭の改造を行い

多くの木々を伐採したので剪定する木はわずかになった。

そのため自分たちでやることにした。

 

そのために買ったものは2つ。

1つは高いところで作業が出来るはしご。

長谷川工業 アルミはしご兼用脚立 1700mm RC20-18/63351897

長谷川工業 アルミはしご兼用脚立

1700mm RC20-18/63351897

基本的にこの脚立に乗って作業をする。

これまでは低いのしかなかったので便利になった。

もう1つは高枝切り鋏。

アルス 超軽量伸縮式高枝鋏ライトチョキズーム 150Z-3.0-5D

アルス 超軽量伸縮式高枝鋏ライトチョキズーム 150Z-3.0-5D

高いところの木々を切るのに必要だ。

ただ通販とかで見るようにスムーズに切り出すのは難しい。

それなりに慣れが必要かと。

ただはしご+高枝鋏でだいたい問題ない状況だ。

 

そして実際に作業をして気づいたんだけど

キレイにそろえて切ってくれるトリマーが欲しい。

BOSCH(ボッシュ) 10.8Vコードレスヘッジトリマー450mm AHS45-15LI

BOSCH(ボッシュ) 10.8Vコードレス

ヘッジトリマー450mm AHS45-15LI

ヘッジトリマーとかこんな感じで多く売られている。

ただこれだと高いところでの作業が出来ない。

松の木とかキレイに揃える場合など

高いところでも作業出来るトリマーが欲しい。

 

高いところでも対応している製品だと

通販などでマジックトリマーってのを見かける。

マジックトリマー 伸縮植木・庭木バリカン 軽量設計 角度調節可能 ガーデンヘッジトリマー 剪定

マジックトリマー 伸縮植木・庭木バリカン 軽量設計 

角度調節可能 ガーデンヘッジトリマー 剪定

これ買おうかなと本気で思ったりしたけど

Amazonレビューを見てやめた。

通販は広告宣伝費が大きいので実際の価値が低いのは常識じゃないか。

ということで他のものを検討中。

評価が高いのは

ニシガキ工業 高速バリカン(長尺電動植木バリカン) 2.0m 刈込み幅300mm N-808

ニシガキ工業 高速バリカン(長尺電動植木バリカン)

2.0m 刈込み幅300mm N-808

ただAC電源タイプなので使い勝手はどうだろう。

手軽に使うならバッテリータイプがいいかなと。

ムサシ 【リチウムイオン10.8V充電式シリーズ】 充電式伸縮スリムバリカン 「リチウムイオンバッテリー2個・充電器付き」 刈込み幅300mm PL-3001-2B

ムサシ 【リチウムイオン10.8V充電式シリーズ】

充電式伸縮スリムバリカン 「リチウムイオンバッテリー2個

・充電器付き」 刈込み幅300mm PL-3001-2B

このあたりが良さそうかなと検討中。

 

なんだかんだ剪定コストはかかりそうだけど

自分たちでやることで庭に愛着を持って

それを長く続ければコスト的なメリットも大きいし

必要なら導入してみようかなと。

ホント剪定する木は2つしかないんだけどね。

ってことで導入を進めよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>


recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

recommend

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue)
HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue) (JUGEMレビュー »)

Huaweiの最新SIMフリースマートフォン。18:9液晶で狭額縁を実現。そしてWレンズカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM