NITECORE TUPの使い道

  • 2019.07.18 Thursday
  • 22:39

コンパクトなキーライトながら

MAX1000ルーメンを誇る超強力ライトのNITECORE TUP。

今年2月に購入したLEDライトだけど最近出番がない。

コンパクトで凄いスペックのLEDライトなんだけど

これをどう使ったらいいのか持て余している。

NITECORE TUP ブラック コンパクト 明るさMAX 1000ルーメン/ 5モード切替 USB充電式 ミニ LED 懐中電灯 キーライト

NITECORE TUP ブラック コンパクト 明るさMAX 1000ルーメン

/ 5モード切替 USB充電式 ミニ LED 懐中電灯 キーライト

本当にどう使っていこうかなあ。

 

このライトはキーライトとしても使える製品だが

今のところキーライトとして使う予定はない。

キーライトは鍵束に取り付けるLEDライト。

今はNITECORE  TIPがついている。

【本体色:Black / CREE XP-G2 白色LED搭載】NITECORE TIP LEDキーライト

【本体色:Black / CREE XP-G2 白色LED搭載】

NITECORE TIP LEDキーライト

このライトはキーライトとしては申し分ないライトだ。

サイズは車のスマートキーを少し下回る感じで

コンパクトで薄くて持っていて負担にならない。

ただ常に鍵束に取り付けているので表面塗装は剥げてきてしまった。

それはまあ味があっていいんだけどね。

 

NITECORE TUPも当初はキーライトとして検討したが実現しなかった。

TIPのように塗装がとれてしまうのを恐れたこともある。

価格が倍以上するため無理をさせたくなかった。

もう1つは厚みがあり鍵束につけてキーライトとして使うには

少しサイズが大きかった。TIPのサイズがちょうどよくてTUPは厳しい。

そんな感じでキーライトとして使わなくなったけど

それ以外での用途はなかなか見つけられていない。

ポケットライトとしての利用はTUPはあまり向かない。

普段は誤点灯しないようにロックがかかっているため

いざ使うためにはロック解除が必要で時間がかかる。

NITECORE MT1CのようなテールスイッチタイプのLEDライトのほうが

ポケットライトとしてはずっと優れていると思う。

 

今は引き出しに入っているけど

カバンに入れて持ち歩こうかなと思っているけど

今はXTAR WK21が入っておりこれに置き換えるほどでもない。

中途半端に高価なライトなので

無理して傷つけたりしたくないため温存してしまう。

それがLEDライトの出番を制限してしまう気がする。

これはスマホにも言えることだけどね。

以前背面に傷だらけの中古スマホを買ったときは

どうせ傷だらけだからとケースなしで使ったけど薄さを生かせて

それは便利だった。価格も安かったから酷使してアクティブに使えた。

新品で高価な製品だと酷使するのを躊躇する。なかなか難しい問題だ。

 

とりあえずせっかくポテンシャルの高いLEDライトなので

積極的に利用したいところだけどどうしようかなあ。

まだ決めかねている。いいライトだから売る予定はないんだけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポット配光のLEDライト

  • 2019.07.14 Sunday
  • 23:29

僕が持っているLEDライトは

わりと実用性重視のモデルが多い。

具体的に言えば近距離爆光型が多くて

周囲を明るく照らしていくれる物。

逆に持っていないのは遠距離向けの指向性ライト。

指向性の強いLEDライトは遠くまで飛ばせるけど

近距離で利用すると照射範囲が狭くて

1点だけ異常に明るくなるのでとても使いづらい。

だからこれまで好んで購入してこなかった。

しかし1本くらいそういうライトを持っていてもいいかなと思って

新しく買うライトは遠距離指向性LEDライトを買おうかと。

 

価格などを考慮して有力候補は

ThruNiteのCatapult V6。

ThruNite Catapult V6ミニトローラー フラッシュライト ハンディライト 充電式懐中電灯(26650バッテリー含む)ハイキング キャンプ ハンティング に適応 (Catapult V6 CW)

ThruNite Catapult V6ミニトローラー フラッシュライト

ハンディライト 充電式懐中電灯(26650バッテリー含む)

ハイキング キャンプ ハンティング に適応 (Catapult V6 CW)

ThruNiteのLEDライトはTN〇〇って型番だけど

これだけCataplut V6って名前がついてるのは不思議。

26650というコンパクトだけど大容量の充電池を1個搭載し

スポット配光で750mの照射距離を誇る。

もっと飛ぶLEDライトもあるけど価格と性能とサイズのバランスで良さそうだ。

9000円くらいだから1万円せず買えるし

バッテリーも付属しているのが魅力だ。

 

遠距離照射型はお散歩などには向いていない。

犬の散歩とかには絶望的に向いていない。

犬を照らしたりすると犬の目を潰してしまう恐れもある。

レーザービームのような感じなので

ただ遠くを照らすのが得意というLEDライトだ。

夜に動物を探したりするのはありかと思う。

星空を照らすのもありかもしれない。

あとは純粋にライトマニアとして遠くを照らすというもの。

 

予算に余裕があればThruNite TN42のほうが

遠距離照射能力は高い。

ThruNite® TN42 は最新 CREE XHP35 HI*1 LED 搭載 によりMAX 2000ルーメン、 MAX照射距離 1550m  (TN42 Cool white)

ThruNite® TN42 は最新 CREE XHP35 HI*1

 LED 搭載 によりMAX 2000ルーメン、

MAX照射距離 1550m  (TN42 Cool white)

このライトはハイパフォーマンスモデルでありながら

スポット配光に特化したLEDライトで

1500mを超える照射距離を誇る。Cataplut V6の倍だ。

お値段は充電池別で16000円弱、充電池内蔵で22000円ほどとなっている。

充電池別のモデルは18650型充電池が4本必要になるけど

性能が低いとパフォーマンスが出ないので要注意。18650x4本は7000円ほどする。

僕はほかに持ってるのでそれを流用できるけど・・。

あとThruNite TN40というLEDライトもあり

それは1150mほどの照射距離を誇る。

TN40は遠距離照射だけでなく近距離もそこそこ使えるバランス型のようだ。

 

そうそうLEDライトにお金は費やせないので

Catapult V6を買ってみようかな。

今年2本くらいLEDライトを買いたいと思ってるけど

その1本がこれになりそう。もう1本は・・Olightかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車ライト

  • 2019.07.11 Thursday
  • 22:35

2週間に1回くらいの頻度でサイクリングをしている。

ウォーキングと違う筋肉を利用することは

足裏疲労軽減や体力増強に繋がるし悪くはない。

僕が乗ってるTハンドルのクロスバイクなんだけど

自転車ライトはダイナモ式のがついている。

しかしこれをつけると負荷になるので

別途GENTOSのLEDライトを利用している。

GENTOS(ジェントス) LED 懐中電灯 自転車用パイプホルダー付 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間/防滴】 閃 355 SG-355B ANSI規格準拠 停電時用 明かり 防災

GENTOS(ジェントス) LED 懐中電灯 自転車用パイプホルダー付

【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間/防滴】

閃 355 SG-355B ANSI規格準拠 停電時用 明かり 防災

かなり前に買ったSG-355Bってので

自転車取付用のホルダーが付属していて

今は自転車に取り付けっぱなしの状態だ。

正直あまり明るくないけど基本昼しか運転しないのでこれで十分。

 

他にもXTARの自転車用ライトも持っている

今はもうられていないけど18700型リチウム充電池で利用するBK10。

最新LED XTAR BK10 XM-L U2 【450ルーメン】 防水 IPX8 フラッシュライト ◆メーカー直輸入

最新LED XTAR BK10 XM-L U2 【450ルーメン】

防水 IPX8 フラッシュライト ◆メーカー直輸入

明るさはそこそこだけど発熱は少なめで長時間点灯可能なので

自転車用ライトとしてはなかなか良い感じ。

ホルダーはもう1台のDAHONの折りたたみ自転車についている。

多分GENTOSのホルダーにも取り付けられると思うし

今のクロスバイクで使えるけど使ったことないな。

真っ暗の中で自転車に乗るならこのクラスは欲しいけど

夜に運転する機会がほとんどないので今のところ使う機会はない。

 

ただ夏は分からない。

7月下旬には花火大会があるけど

自転車を利用して見に行こうかなと思っている。

直接は難しいなら自転車+ウォーキングも考えてるけど

どのみち夜に運転をするのでLEDライトは必須となる。

明るい道なら100ルーメンのでも問題ないけれども

田舎道だったらもう少し明るさは欲しいかもしれない。

今はSG-355Bの後継としてSG-455Bってのが出てる。

GENTOS(ジェントス) LED 懐中電灯 【明るさ250ルーメン/実用点灯6時間】 単4形電池3本使用 閃 SG-455B ANSI規格準拠 自転車 パイプホルダー付き

GENTOS(ジェントス) LED 懐中電灯 【明るさ250ルーメン/実用点灯6時間】

単4形電池3本使用 閃 SG-455B ANSI規格準拠 自転車 パイプホルダー付き

今から買うならこっちのほうがいいだろう。

SG-355BはSG-305をベースとした製品で東日本大震災前だから

もう10年以上前のモデルをベースとしてるので基本設計が古い。

価格も大して変わらないからこっちがいいかな。

ただ長時間利用したいなら・・ちょっと考えるけどね。

 

自転車用ライトとしては

キャットアイから出てるモデルなどもあるけど

僕としてはハンディライトとしても使えるモデルのほうが

利便性が高いかなと思ってそれらを買っている。

いずれロードバイクなどを購入して

より高速で走るようになれば上位の

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT1700 HL-EL1020RC USB充電式

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト

VOLT1700 HL-EL1020RC USB充電式

超高照度モデルが欲しい。ライトマニアとして惹かれる。

でも街乗り中心ならオーバースペック過ぎるから

今ので十分かなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

UltrafireのLEDライト

  • 2019.07.07 Sunday
  • 23:32

2014年頃だったか

初めてリチウム充電池搭載のLEDライトを買ったけど

その初期にいくつか購入したのがUltrafireのLEDライトだった。

UltraFire製 バルブ搭載 502B XM-L U2 【 UltraFire製パワー回路搭載 】 《メーカー直輸入》

UltraFire製 バルブ搭載 502B XM-L U2

【 UltraFire製パワー回路搭載 】 《メーカー直輸入》

当時はUltrafireのLEDライトが

Amazonなどで多数売られていて大手なのかと思ってたが

実際そんなに大手でもなくて

どちらかというと価格の安い製品を売るメーカーだったようだ。

 

18650充電池とLEDライトを買って

それまで使っていたLEDライトとは段違いに明るく

とても満足だったけどその後ThruNiteなどの

リチウム充電池搭載のLEDライトを買って

さらなる明るさに驚きハマっていって気づけば

UltrafireのLEDライトは買わなくなっていた。

価格が安かったこともあり入り口には良かったけど

UltraFire 501B XM-L U2 【UltraFire製 パワー回路搭載】 【1300ルーメン】 フラッシュライト

UltraFire 501B XM-L U2 【UltraFire製 パワー回路搭載】

【1300ルーメン】 フラッシュライト

501Bと502Bしか出ていないんじゃね。

しかも1300ルーメンは搭載してるLEDチップのスペック(理論値)であり

実効値もその半分の500ルーメン程度だと思われどうかなと。

とはいえ価格は休めなので入り口としては悪くはないかなとは思うけどね。

 

ただステップアップしていけば

UltrafireのLEDライトは使わなくなるし

リチウム充電池も今はハイエンドなどIMR充電池が使われてるから

多少コストは高くなるけど最初からそこそこのを買っておいたほうが

後々無駄にならなくてよいのではないかと思う。

ThruNite TC15 スーパーブライト2300 ルーメンIMR 3100mAhの充電式LED フラッシュライト屋外および屋内用、18650電池使用,CREE XHP 35 LED ハイキング キャンプ サイクリング 防災用品/災害/自転車にも/防災ライト (TC15 CW)

ThruNite TC15 スーパーブライト2300 ルーメン

IMR 3100mAhの充電式LED フラッシュライト屋外および屋内用、

18650電池使用,CREE XHP 35 LED ハイキング キャンプ サイクリング

防災用品/災害/自転車にも/防災ライト (TC15 CW)

例えばThruNiteのTC15とかね。

Ultrafireの4倍以上は明るいと思う。

お値段は4倍しないしコストはかかるけど

今自分が選ぶならこの辺りになるかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

LED LENSER MH3

  • 2019.07.04 Thursday
  • 23:45

新しいLEDヘッドライトを買おうと思って

今までいろいろ検討をしてきたけど

LED LENSERのMH3にしようかなと思っている。

Ledlenser(レッドレンザー) ヘッドライト MH3 登山/釣り IP54防水 【明るさ約200lm】 【最長7年保証】 [日本正規品] 501597 グレー

Ledlenser(レッドレンザー) ヘッドライト MH3

登山/釣り IP54防水 【明るさ約200lm】

【最長7年保証】 [日本正規品] 501597 グレー

LED LENSERは質感が高くて持ってるだけで

所有欲が満たされる。

MH3はハイスペックではないけど実用性でバランスよいモデル。

単3電池x1本で電池込みでも重さが100gを切る軽量さもいい感じ。

 

僕が持っているヘッドライトは

GENTOSのはのデルタピーク。

ジェントス LED ヘッドライト 【明るさ200ルーメン/実用点灯14時間/防滴】 デルタピーク DPX-433H

ジェントス LED ヘッドライト

【明るさ200ルーメン/実用点灯14時間/防滴】 デルタピーク DPX-433H

これが普段登山ザックに入れている。

ただ結構大きくてかさばるうえに単3x3本仕様なのでそれなりに重い。

もちろんその分電池の持ちは良いんだけど

普段の低山日帰り登山で持っていくには

ちょっとオーバースペックな感じ。

同じくらいの明るさのLED LENSER MH3なら

登山時に持っていくのにちょうどいい感じかと。

 

もう1つはNITECOREのHC30を持っている。

これは本当に真っ暗な屋外では絶大な威力を発揮する。

NITECORE HC30 LEDヘッドランプ

NITECORE HC30 LEDヘッドランプ

ただ普通に使うにはオーバースペックというか

1000ルーメンは凶悪な明るさで闇の中ならいいけど

小屋とかで使ったらひんしゅくもの。

富士登山とかでも明るすぎて周りの目を潰してしまいそう。

だからここまでの明るさは必要ないと思う。

もちろんこのヘッドライトは真っ暗闇の中を歩く機会があれば活躍するが

登山ザックに入れていくヘッドライトとしては

もう少しコンパクトな欲しい。

 

ということでLED LENSER MH3か。

急ぎではないけど購入する方向で進めていこう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

エナジャイザー

  • 2019.06.30 Sunday
  • 23:48

エナジャイザーというと

LEDライトやLEDランタン、ヘッドライトなど

様々なライト関連用品を販売しているメーカーだ。

ホームセンターなどで見かけることもあるし

家電店で見かけることもある。

ただいまいちメジャー感がないというか

確固たる地位の確立には至っていない感じがある。

 

僕としてはエナジャイザーと言えば

リチウム乾電池のイメージが強い。

Energizer エナジャイザー リチウム乾電池 単3形 12本 [並行輸入品]

Energizer エナジャイザー リチウム乾電池 単3形 12本 [並行輸入品]

リチウム乾電池としてはPanasonicとともに信頼している。

価格は高いリチウム乾電池だけど

容量が非常に大きくまた高い電圧でパフォーマンスも高い。

アルカリ乾電池のような液漏れもないので長期保存に最適。

ただ最大のメリットは低温に強いことで

雪山登山やヒマラヤ遠征隊とかで使われたりしている。

 

エナジャイザーのヒット商品といえば

折りたたみ式のLEDランタンだろう。

Energizer(エナジャイザー) LED折りたたみ式 ランタン FL455

Energizer(エナジャイザー) LED折りたたみ式 ランタン FL455

独特の形状は様々な使い方が出来て便利。

ただ少しチープ感が強い。

実際価格も安いんだけど

3000円くらいしていいからもっとしっかり作ってほしいなと思う。

エナジャイザーは特にスイッチ部分などチープ感があり

それが原因で壊れやすい気もする。

いまいちメジャーになれない理由かもしれないな。

 

あとカラビナライトもいい感じ。

ちょっとほしいなあと思ったことがある。

エナジャイザー LED カラビナライト (明るさ最大51ルーメン) DMCC42RJ

エナジャイザー LED カラビナライト (明るさ最大51ルーメン) DMCC42RJ

他のメーカーのよりも大型だけど

単4電池が使えるのが利点だ。

他のメーカーのだと充電池内蔵やCR2032仕様が多いから

単4が使えるってのは珍しい気がする。

まあその分大きんだけどね。ハンディライトとしても使えるしありだろう。

 

エナジャイザーに求めるのは

ブランド価値を高められるハイエンドモデルかと。

多少価格は高くなってもいいからハイスペックなオリジナルモデルが欲しい。

単3や単4にこだわるのは悪くはないと思うんだけど

もっとパフォーマンスと品質の高さを求めたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

夜歩いてる人は車から見づらい

  • 2019.06.28 Friday
  • 19:38

最近夜にウォーキングや犬の散歩をしてる人が多い。

今後さらに暑くなると増えてくると思うのだが

真っ暗の中でライトもつけずに黒い服装で歩いてると

車からは本当に見えなくて危ないなと思うことが多い。

もし事故に遭った場合は双方不幸になるし

何よりダメージを追うのは歩行者の側。

それ故に自分の身を守るためにも夜のウォーキングや犬の散歩には

LEDライトや反射たすきなどを利用してもらいたいと思う。

 

実際LEDライトくらいは持っている人が多い。

ウォーキングや犬の散歩でライトを持ってる人だが

そのほとんどは自分の視界を確保するためのLEDライトになる。

だから普通のハンディライトを利用する。

GENTOS(ジェントス) LED懐中電灯 閃【明るさ250ルーメン 実用点灯7時間】 FLP-1807 ANSI規格準拠 停電時用 明かり 防災

GENTOS(ジェントス) LED懐中電灯 閃

【明るさ250ルーメン 実用点灯7時間】

FLP-1807 ANSI規格準拠 停電時用 明かり 防災

この手のハンディライトは前方には光が届くけど

後方からはほぼ見えないので車などへの警告という点では

あまり意味がなかったりする。

自分の視界を確保するためのライト以外に

自転車や自動車に自分の位置を知らせるためのLEDを

用意したほうがいいと言える。

 

そうしたLEDだけどつけるのは側面が理想だ。

歩行者は基本右側を歩くことになるので

左の腕にセーフティバンドLEDをつけたりすると

車や自転車などからも良く見える。

GENTOS(ジェントス) LED セーフティバンド AX-820GR 緑 ANSI規格準拠

GENTOS(ジェントス) LED

セーフティバンド AX-820GR 緑 ANSI規格準拠

実際使ってる人をたまに見かけるけど

かなり離れていても見える。

LEDだけじゃなく反射素材もついているため。

どちらかというとこの手のLEDを使う人は

ランニングをしている人に多い気がする。

走っている人はよりリスクが高いためか警戒をしているのだろう。

反射たすきも有効だ。

川住製作所 反射タスキ KW-87

川住製作所 反射タスキ KW-87

正直ハンディライトよりも反射タスキのほうが車からは見やすい。

ヘッドライトで反射してくれるのでかなり遠くでも反射タスキは見える。

靴とかに反射シールを貼ったりするのもいい感じだ。

ただ自転車からは反射タスキだけだと見づらいので

やはりLEDのほうがいいんじゃないかとは思うけど。

 

こないだは犬の散歩をしてる人がいたけど

夜21時前だったけど真っ黒なジャージ上下で

完全に闇に紛れていた。

犬が白かったので少し光って歩行者がいることに気づいたほど。

その人は首にLEDネックライトをつけていたのを

すれ違ったときに確認をしている。

パナソニック LEDネックライト ブラック BF-AF10P-K

パナソニック LEDネックライト ブラック BF-AF10P-K

このネックライトは僕も持っているけど

自分の足元だけ照らして周りに光が漏れない。

星空観測会などには便利だとは思うけど

周りに自分の場所を知らせることには全く繋がらないので気を付けてほしい。

目の前に明るさがあるから実はすごく明るいように感じてしまうから危険なんだ。

 

自分の視界を確保するためのLEDも必要だろうけど

道路沿いなどを歩く際は自動車や自転車などから

身を守るために自分の位置を車などに知らせるLEDが必要だということを

是非ともウォーキングや犬の散歩をする人には知ってほしいもの。

せめて反射タスキや反射シールくらいでもいいからつけてほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

登山ライト

  • 2019.06.23 Sunday
  • 23:37

今は日帰り登山しかしていないので

登山の際に懐中電灯を利用することはない。

ただ登山装備としては必ず持っていく。

登山の場合は両手を使えるようにしておく必要があり

ハンディライトではなくヘッドライトを利用する。

とはいえ日帰り登山では利用することはなく

昨年夏から15回くらい登山をしてるけど1度も使っていない。

 

利用頻度が低いので

ヘッドライトは出来るだけ軽くコンパクトなのを

ザックのサイドポケットに入れている。

GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト 小型 【明るさ95ルーメン/実用点灯7.5時間/赤色サブLED】 単3形電池1本使用 CP-095D 登山/釣り ANSI規格準拠

GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト

小型 【明るさ95ルーメン/実用点灯7.5時間/赤色サブLED】

単3形電池1本使用 CP-095D 登山/釣り ANSI規格準拠

今のところこのヘッドライトのみで

予備の電池やライトなどは一切持っていない。

このヘッドライト自体が予備装備なので

予備の予備まで考えてしまうと荷物になってしまう。

そのため今の日帰り登山には持っていく予定はない。

他に全くLEDライトを持っていないわけではなく

鍵束には2つのキーライトがついているし

いざとなればスマホのLEDも使えるからもしヘッドライトが使えなくなっても

全く明かりがないというわけではないんだけどね。

 

日帰り登山においてはヘッドライトの必要性を感じないだろうが

1度でいいから山の闇というものを経験しておくと良いと思う。

月明かりがない夜に山で照明などを消すと

もう本当にすさまじい闇となる。

それは自分の手すら見えないほどで

その状況で僕が普段登っている低山から降りてこられるかというと

正直全く自信がない。

実際山で夜を過ごすシチュエーションに陥る可能性は低いとはいえないとは言えない。

遭難だったり怪我だったり何かしら降りられなくなり夜を迎えた場合

LEDヘッドライトがあればそれを頼りに自力で降りられるがなければ

救助を呼ぶか朝まで待つしかない。

 

小屋やテントで宿泊する登山だったり

御来光を見るための登山の場合はヘッドライトが必要になる。

この場合は予備として電池や予備ヘッドライトがあればよいかと。

GENTOS(ジェントス) LED コンパクト ヘッドライト 【明るさ20ルーメン/実用点灯15時間】 CR2032ボタン電池2個使用 ブラック HC-24BK 登山/釣り ANSI規格準拠

GENTOS(ジェントス) LED コンパクト ヘッドライト

【明るさ20ルーメン/実用点灯15時間】 CR2032ボタン電池2個使用

ブラック HC-24BK 登山/釣り ANSI規格準拠

CR2032を利用して超コンパクトなヘルプライトなどはありかと。

ただこれを持っていくのもいいけど

それよりも予備電池を用意するほうが重要かと。

あと小屋などだとヘッドライトだと周りの人を照らして迷惑をかける可能性があり

パナソニック LEDネックライト ブラック BF-AF10P-K

パナソニック LEDネックライト ブラック BF-AF10P-K

ネックライトなどがあれば便利かなと思う。

小屋内や小屋周辺、テント内やテント場周辺を歩くだけなら

これでも十分じゃないかと思う。

夜歩かないのならネックライトもありなんだな。

 

夜の登山ははっきり言っておすすめしないが

トレイルランナーなどは夜に走るレースなどもある。

そういう場合もっと明るさが欲しい。

走る人ならなおさら視界の確保が重要になってくる。

Ledlenser(レッドレンザー) LEDヘッドライト H8R 防災/作業用 【明るさ約600ルーメン】 【最長7年保証】 充電式 [日本正規品] 500853

Ledlenser(レッドレンザー) LEDヘッドライト H8R 防災/作業用

【明るさ約600ルーメン】 【最長7年保証】 充電式 [日本正規品] 500853

そうしたランナーにはLED LENSERのヘッドライトが人気のようだ。

信頼性も高いし明るく長持ちだからね。

18650充電池を利用しているから充電池サイズのわりに高容量で

たっぷりヘッドライトを利用する場合には最適じゃなかろうか。

そういうのを体験してみたい気持ちもあるけど

やっぱり夜の山の怖さはあるから

僕は普通に当分は日帰り登山を楽しんでいく予定だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

停電に備えて

  • 2019.06.19 Wednesday
  • 22:35

昨日新潟やその周辺で大きな地震が発生。

発生した時間帯が夜だったこともあり

僕が気になったのは停電だった。

北海道の地震の時のような大停電は起きなかったようだが

一時的な停電は各地で発生したことだろう。

夜の大地震は停電と揺れにより

危険リスクが高まることが問題だ。

真っ暗闇でガラスが割れたりしたら大変。

LEDランタンとか持っててもその保管場所まで行けなければ意味ないからね。

 

ということで停電センサーライトをおすすめしたい。

停電センサーというのは

地震とかの揺れを検知するような特別な製品ではなく

ただコンセントに挿して利用する製品。

スマイルキッズ 停電灯 ふくろう型 ATD-100

スマイルキッズ 停電灯 ふくろう型 ATD-100

バッテリー内蔵のLEDライトで

普段はコンセントに挿して電気が通じてれば消灯している。

しかし停電して通電が止まるとそれを検知して

バッテリーモードに変更になりLEDが点灯するというもの。

停電して真っ暗になると逆にこの停電センサーライトは

煌々と光を放つのでその明かりを頼りにすればいい。

コンセントから抜いてもバッテリーモードで懐中電灯として使えるから

LEDランタンを探したり家族の安否確認など出来る。

今はスマホがLED代わりになるから

手元に明かり代わりになるものがあるとはいえ

テーブルの上にスマホとか置いてたら

本当に真っ暗になるとそれすら分からなくなる。

明かりが廊下や部屋の片隅でついてれば

それが頼りになるというもの。

 

停電中はLEDランタンが活躍するけど

中型ランタンは意外と使い勝手が良くないことが分かり

買うなら大型ランタンか小型のテーブルランタンがおすすめ。

手軽に買えるテーブルランタンを何個か持ってればいいかと。

Raniaco LEDランタン 2個セット

Raniaco LEDランタン 2個セット

安いのでもいいから持っていなければ

買っておいてほしい。

余程の大災害ではない限りは翌日には

停電は解消しているだろうから

とりあえず一晩というか寝るまでの明かりの確保のためだ。

 

部屋の壁紙が白色だったりする場合は

LEDランタンだけでなく

普通のハンディライトを利用するのもあり。

ThruNite TN4A LED フラッシュライト CREE XP-L V6 LED搭載 単3アルカリ乾電池×4本使用 明るさMAX1150ルーメン 4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobe TN4A CW Cool White

ThruNite TN4A LED フラッシュライト CREE XP-L V6 LED搭載

単3アルカリ乾電池×4本使用 明るさMAX1150ルーメン

4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobe TN4A CW Cool White

1000ルーメンクラス以上の強力なLEDライトを

天井に向けて照射すれば

壁に反射して部屋が明るくなる。

ランタンなどよりもそっちのほうが日常的な明るさに近いかもしれない。

僕は去年の台風の際の停電時は

LEDランタンではなくLEDライトで天井照らしていた。

 

停電は突然やってくるもの。

特に地震の停電ってのは突然なので

対策をしておいて損はないかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライトマニアは無駄か?

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 22:45

ここに来て超断捨離モードに突入しつつある。

1年間使っていないものはもう使わないから

売るか捨てるかなんて判断を下そうとしているところ。

そこで問題なのはLEDライトだ。

はっきり言ってLEDライトで

1年以上使っていないものはかなり多い。

これらは無駄なのだろうか。

無駄と言えば無駄なような気もするんだけど。

 

僕がLEDライトを購入し始めたのは

2002年頃だと思うけど

この17年の間にLEDライトに費やしたお金は

10万円は超えると思う。

その程度でライトマニアを名乗るとは何事だと怒られそうだが

一般的に言えばLEDライトをそんなに買ってどうすると。

特に1万円を超えるLEDライトってのは

ほぼ完全に趣味の世界なのでなかなか難しいものがある。

Olight X9R MARAUDER最大25000ルーメン 高輝度 ハイ・パワー 充電式 LED懐中電灯 6 x Cree XHP70.2 CW LED搭載 LEDライト IPX7防水 8段階切替 LED懐中電灯 ハンディライト電池・調光センサー ・近接センサー搭載・DC 16.8V 2Aアダプタ DC 16.8V 1.5A車充電器 6000mAh 14.4V 8x18650 充電池付き

Olight X9R MARAUDER

いつか欲しいOlight X9Rなどは65000円近くする。

その価格の価値はLEDライトの明るさや機能もあるけど

所有することの喜びというものもあるわけで

持っていることだけで価値があるわけで無駄ではないと言える。

ただ断捨離モード中はその理屈が通じない。

持っているだけで使わないのは収納スペースを無駄にとるだけで

はっきりいって無駄で邪魔と判断してしまうこともある。

LEDライトは無駄なのかなあ。

 

最近ふと思うのは僕は本当にライトマニアなのか。

自称ライトマニアだけどあくまで自称であり傍からみれば

ライトファン程度じゃないかなと。

何故かと言えば使わないから。

買って満足して使う機会があまりない。

実は僕は超実用主義で使うものは徹底して使い

使わないものは本当に使わない。

同じものを徹底して使うので物欲的な趣味との相性がすこぶる悪い。

例えばLEDライトだと普段数本のポケットライトやキーライトを使う。

それらだけは使うけどそれ以外だとThruNite TN4Aを使う。

ThruNite TN4A LED フラッシュライト CREE XP-L V6 LED搭載 単3アルカリ乾電池×4本使用 明るさMAX1150ルーメン 4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobe TN4A CW Cool White

ThruNite TN4A LED フラッシュライト 

いろいろあるんだけどこれだけを徹底的に使う。

お気に入りはボロボロになるまで使いまくって

それ以外は持っていてもあまり使わない。

時々思い出したように出して使えどすぐ収納してしまう。

こだわりというのか愛着というのか昔からそういう主義で

浮気とかせず一途と言えるのかもしれない。

 

そういう性格だからライトマニアとの相性が悪すぎて

今回のような断捨離モードになると処分モードになってしまう。

いっそのこと使ってないLEDライトをことごとく売却をして

その資金で数万ルーメンクラスクラスの最強ライト1本を買うのも

ありかもしれない。

ThruNite TN50 スーパーブライト16340 ルーメン4*21700の充電式LED フラッシュライト屋外および屋内用、18650電池使用,CREE XHP70.2 LED ハイキング キャンプ サイクリング 防災用品/災害/自転車にも/防災ライト (TN50 CW)

ThruNite TN50 スーパーブライト

カメラが中途半端な廉価モデルばかりだったのを

整理してフルサイズデジ一眼を買ったりしたけど

LEDライトも100本持つより究極の1本のほうが

満足度が高いし場所も取らないし良いのではないかなと。

多分それが僕の性格には合っていると思う。

それだけ高価なLEDライトを買うのはマニアだけど

数を持たないのはマニアじゃないのかなあ。

どっちでもいいけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>


recommend

激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~
激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ (JUGEMレビュー »)
齊藤 倫雄,NHK取材班
TJAR2018の番組が待望の書籍化。番組よりも詳細な取材情報、撮影の裏側などが濃くてこっちのほうが魅力的だったりする。

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM