ウォーキングにThruNite TN4A

  • 2017.12.10 Sunday
  • 23:38

最近ウォーキング時のLEDライトとして

ThruNite TN4Aを利用している。

ThruNite TN4A LED フラッシュライト CREE XP-L V6 LED搭載 単3アルカリ乾電池×4本使用 明るさMAX1150ルーメン 4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobe TN4A CW Cool White

ThruNite TN4A LED フラッシュライト CREE XP-L V6 LED搭載

単3アルカリ乾電池×4本使用 明るさMAX1150ルーメン

4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobe TN4A CW Cool White

夏の間は荷物を減らすため大型のLEDライトは持たなかったが

冬になり厚着をするようになり

アウターのポケットに大型のライトも入るようになった。

 

いろんなLEDライトを持っている中で

あえてこのTN4Aを利用する理由だけど

それは単3電池対応だから。

今利用しているのはニッケル水素充電池。

そんなに充電する回数は多くないので高容量タイプを利用。

Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単3形4個パック (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)

Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池

単3形4個パック (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)

18650などに比べて普通の充電器で充電可能で

その環境は整っていて日頃から利用しているので

非常に充電しやすい環境にあるといえる。

予備充電池も多いので電池切れすればすぐ代替を用意できる。

18650は価格が高いので予備もなく

あまりちゃんとした充電器もないので時間がかかる。

毎日使うにはこの単3電池仕様のTN4Aが便利なんだ。

 

ただTN4Aにも弱点はある。

大きくて重いことだ。

明るいのはいいけどやはり大きい。

よく考えたら単3x2本のLEDライトって持っていなかったな。

大昔に買ったマグライトくらいで普通のライトを持っていなかった。

Olight S2A BATON 明るさMAX 550ルーメンLEDライトCree XM-L2 LED搭載 単3×2本使用 AA×2本 1.5リチウムイオン電池*2付き LED懐中電灯 4段階切替 LEDフラッシュライト (ブラック)

Olight S2A BATON 明るさMAX 550ルーメンLEDライト

Cree XM-L2 LED搭載 単3×2本使用 AA×2本

1.5リチウムイオン電池*2付き LED懐中電灯

4段階切替 LEDフラッシュライト (ブラック)

Olightの2AA仕様のLEDライトなんて買ってもいいかも。

ただ真冬のウォーキングではTN4Aの強力な光が頼りになるけど。

 

春まではTN4Aを利用することになるかと。

ただあまり夜遅い時間帯は歩きたくないなあ。

早めに買えるようにしてまだ明るい時間帯に

ウォーキングしたいもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加

物置の照明

  • 2017.12.07 Thursday
  • 21:47

物置には照明設備はない。

そもそも物置に電源が来てないので

常設の照明は以前から用意していない。

今の時期は夜に物置の荷物を出し入れすることが多い。

そういう時に役立つのは

物置の前にあるLEDセンサーライトだ。

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト(12W×3灯) 「コンセント式」 防雨型 LED-AC3036

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト(12W×3灯)

「コンセント式」 防雨型 LED-AC3036

防犯用として設置しているライトだけど

この製品は手動スイッチがついているため

LED投光器として利用することが出来る。

夜に物置前で作業するのには凄く便利なのだが

やはり物置の中にも照明が必要。

 

物置には電源がないので照明は別途設置している。

昔は蛍光灯ランタンを設置していたんだけど

今は普通のLEDランタンを上からぶら下げている。

GENTOS(ジェントス) LED ランタン 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間/防滴】 エクスプローラー プロフェッショナル EX-777XP

GENTOS(ジェントス) LED ランタン

【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間/防滴】

エクスプローラー プロフェッショナル EX-777XP

防災用として常備しているランタンを

そのまま物置の照明として利用している。

ただこれだけでは十分ではないので別途設置。

LEDワークライトが物置のメインの照明だろう。

28LEDワークライト(フック&マグネットスタンド付) M702B

28LEDワークライト

(フック&マグネットスタンド付) M702B

特にこのLEDワークライトは非常に明るいので重宝している。

以前2つ購入したけど1つは車に常備しており

1つは物置に常備して照明として使っている。

あと別のLEDワークライトも設置している。

LEDワークライト 単三4本で点灯 キャンプや作業に最適(72個のLEDライト/フック&マグネット付)ボディカラー 黒

LEDワークライト 単三4本で点灯 キャンプや作業に最適

(72個のLEDライト/フック&マグネット付)ボディカラー 黒

このライトはそれほど明るいわけではないけど

間接照明のように物置内部の壁を照らすことで明るく感じさせている。

 

先日も物置に荷物を運び入れることがあったけど

LEDランタンと2つのワークライトを店頭させて

いい感じで物置内部の照明として利用することが出来た。

これなら物置の照明は十分だといえるレベル。

2つのLEDワークライトが物置の壁を照らすことで

全体的に明るく感じさせるので十分明るく感じる。

LEDランタンがメイン照明っぽくなってるけど

これを消しても十分明るいと。

昔はガスランタンを使っていたこともあった。

アウトドア用のガスランタンを物置の照明代わりにしてた。

ガスランタンは音が凄いけど

それが逆に安心感を与えていたものだ。

今も実はスタンバイはしているけど利用してない。

 

いざ使おうとしたら電池切れしてるのは怖いけど

28LEDのワークライトのほうが

リチウム電池を利用している。

パナソニック 乾電池 リチウム乾電池 単3形 4本パック FR6HJ/4B

パナソニック 乾電池

リチウム乾電池 単3形 4本パック FR6HJ/4B

リチウム電池は長寿命でかつ放電や劣化も少ない。

また低温などにも強い特徴がある。

災害時の防災ライトとしても役立つことだし

長く物置の常備ライトとして利用するため

LEDラークライトは今後リチウム電池化を進めていきたい。

一番怖いのはアルカリ電池を使って

液漏れ起こしてライトごと壊れてしまうことだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

LED照明と夜更かし

  • 2017.12.03 Sunday
  • 23:33

こないだニュースでLEDの光が

動物たちの生態系に悪影響を与えていると報じられていた。

街角の街灯や車のヘッドライト、LED街灯広告など

昨今は省電力なLEDの光があふれているけど

LEDは従来の蛍光灯などに比べると強い光で影響が懸念される。

ただそれは人間にも言えるのではないだろうか。

 

僕は部屋でLEDシーリングライトを使ってる。

NEC LEDシーリングライト LIFELED'S 調光タイプ ~8畳 HLDZB0862

NEC LEDシーリングライト

LIFELED'S 調光タイプ ~8畳 HLDZB0862

このライトはとても明るい。

というか明るすぎるので僕はかなり光を落として使ってる。

LEDシーリングライトは調光機能がありそれ自体はありがたいが

それでもなれるとやはり明るい。

その状態で過ごしていると

夜なのに体内時計が狂ってしまうのか眠気があまり来なくて

結果的に夜更かししてしまうことが多い気がする。

蛍光灯の時はそういうのはなかったのでLEDの弊害かなと。

 

最近はあえて室内のLEDシーリングライトを消して

卓上ライトのみで利用している。

僕が使ってる卓上ライトは蛍光灯タイプ。

ツインバード デスクライト タッチインバータ蛍光灯 LK-H451W ホワイト

ツインバード デスクライト

タッチインバータ蛍光灯 LK-H451W ホワイト

だからこれを使っていると結構いい感じだ。

LEDが全面的に悪いとは思わないけど

LEDの光は明るすぎるというのはやはりあると思う。

今はPCの液晶もテレビもLEDが多くて

あちこちLEDだらけなので考えていかないと。

 

室内照明としてLEDを使っている人は

夜になったらないとモードとかあれば使ってみてはどうだろう。

特に深夜にも明るすぎるモードを利用するのは

体内時計的によくない。

睡眠のリズムにも悪影響があると思う。

この時期は朝布団から出たくないけど

夜寝る時間が遅くなるとそれがより顕著になるので

出来るだけ早めに0時過ぎくらいには眠るように

体内のリズムを整えていきたい。

そのためにLED照明は23時ころにはOFFにしたり

ナイトモードにしたりして夜を演出して

自分自身で夜だと認識できるようにしないとね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

NITECOREのキーライト

  • 2017.11.30 Thursday
  • 21:30

2015年の秋にNITECOREのキーライトの

NITECORE THE TUBEを購入したんだ。

NITECORE The TUBE LEDキーライト 本体色:ブルー 【明るさMAX:45ルーメン / USB充電式】

NITECORE The TUBE LEDキーライト

本体色:ブルー 【明るさMAX:45ルーメン / USB充電式】

それまではキーライトといえば

単4電池x1本のLEDライトが多かった。

キーライトは鍵束に取り付けるので

毎日持ち歩き酷使することが多くて

結構ボロボロになっていたので新しいのを検討してた。

それで買ったのがこのNITECORE THE TUBEだった。

 

リチウム充電池内蔵のLEDライトで

サイドのスイッチを押すことで点灯する。

しっかり押さないと点灯しないので

ポケット内の圧力などでの点灯はほとんどなかった。

ただか明るさの45ルーメンは屋内や近くを照らすには良いが

高照度ライトになれていると屋外で利用するには心もとなかった。

秋の乗鞍で星空を撮影しようと夜道を歩いてた時

メインポケットライトが電池切れになってしまって

ヘッドライトは車に置きっぱなしで

その時にこのTHE TUBEを使ったけど

真っ暗な屋外だと光量が十分とは言えず不満が残っていた。

 

それで新しいライトを検討してたけど

なかなかこれというのが見つからず。

良いのは合ったんだけど

SUREFIRE SIDEKICKという製品は明るく理想のキーライトだったが

価格が15000円と高くて断念していた。

そんな感じで月日が経って今年1月に

NITECORE TIPを見つけてこれは買いだと速攻購入。

【本体色:Red / CREE XP-G2 白色LED搭載】NITECORE TIP LEDキーライト

【本体色:Red / CREE XP-G2 白色LED搭載】

NITECORE TIP LEDキーライト

ちょうどハワイ旅行を控えていて

即決に近い形で見つけてすぐに購入をした。

スペック的にはSUREFIRE SIDEKICKに近いけど

価格は圧倒的に安くていいライトだ。

 

実際使ってみて凄く良いライトで

ハワイ旅行時にも持っていき

ダイヤモンドヘッド登山の時に早朝だけど

朝早すぎて真っ暗でその時に大活躍してくれた。

その後は今年1年を通してキーライトとして活躍してる。

別途ポケットライトを持っているので

普段活躍することはあまりないんだけど

持ってて安心できる頼りになるライトだ。

サイドスイッチなので誤点灯が懸念されるところだが

2つのボタンを同時押しすることでロックモードになり

誤点灯も防いでくれるので普段はロックしている。

 

これから買う人は断然NITECORE TIPがおすすめだ。

僕はブラックを持てるけど上記のRedがいい感じで

買いたそうかなと思ってるけど

キーライトは2個持っててもさすがに2個つけるわけにはいかないから。

気分次第で使えかえるのはありかもしれないな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

東芝のLEDライト

  • 2017.11.26 Sunday
  • 23:33

最近はいろいろ言われている東芝。

メモリ分野を売却して

さらにテレビ部門も売却。

パソコン分野も売却するという噂もあるが

それに関しては否定したけどまだ分からない。

いろいろ売って何が残るんだろう。白物家電かな。

あと東芝はLEDライトなども売っている。

ということで東芝のLEDライトをチェック。

 

東芝のLEDライトだけど

Panasonicと被るところが多い。

東芝 防滴型LEDサーチライト KFL1800W

東芝 防滴型LEDサーチライト KFL1800W

サーチライトなどはPanasonicと似たようなモデルを販売している。

単1電池x4本のやや大型のライトだけど

昔はこのサイズの懐中電灯が各家庭に常備されていたものだ。

今はLED化によりコンパクトになったけど

1本このサイズのがあると安心する。

サーチライトなのでかなり遠くを照らせるスポット配光のようだ。

 

常備灯も売られている。

東芝 LED常備灯(懐中電灯) 単3形×2本(別売) ホワイト KFL-321(W)

東芝 LED常備灯(懐中電灯)

単3形×2本(別売) ホワイト KFL-321(W)

これは壁に備え付けておく常備ライトで

取り外すと自動的に点灯をするタイプ。

よく旅館などに常備していたりする。

常備灯は取り外すと点灯して元に戻すと消灯。

だから使わない時など持ち出して

どこかへいってしまってなくす心配がないのは利点だ。

LEDなので電池の持ちが良いもの特徴。

うちには常備灯とかたくさんあるから必要ないが

寝室などに常備しておくと災害時など便利かと。

 

Panasonicにはネックライトという人気商品があるが

それに対抗する東芝のLEDライトは何だろう。

このコンパクトライトは価格も抑え気味で良さそうだ。

東芝 ミニカラーLEDライト レッド 88ルーメン 防滴仕様 KFL-403M(R)

東芝 ミニカラーLEDライト レッド

88ルーメン 防滴仕様 KFL-403M(R)

単4x3本のコンパクトライトで明るさも85ルーメンと

いい感じのコンパクトライト。

何より500円程度の低価格といい1本あると便利だろう。

ボディーカラーはイエローやブルーなどもあるようだ。

僕は赤がいいなあ。

 

あと変わり種だとLEDではないけど

ダイビング用のハロゲンライトがまだ売られてるようだ。

トウシバ(TOSHIBA) 東芝水中ライトイエロー K-138Y

トウシバ(TOSHIBA)

東芝水中ライトイエロー K-138Y

僕はダイビングをしないので水中のことは分からないが

光が届かない世界もあり懐中電灯が欠かせないようだ。

白色LEDだと光が拡散するので黄色系のほうが良くて

最近は電球色のLEDも出てるけどハロゲンライトなどは

光も強くて海の中でも広く明るく照らせるらしい。

50mの防水って結構強力な防水モデルだなと。

 

こんなものかな。

あとはLED電球とかも売られているようだ。

GENTOSや海外勢に押されていると思うけど頑張ってほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の夜長とLEDセンサーライト

  • 2017.11.23 Thursday
  • 22:26

17時にはもう外は真っ暗で

最近は夜の到来が早くなっている。

天候が悪い日などはより一層暗くなるのが早い。

そんな夜の安全や防犯のために

LEDセンサーライトは最適だ。

 

我が家では10年以上前に空き巣未遂にあった。

リビングの雨戸を当時しめてなかったけど

ガラスを破られそうになった。

二重ガラスになっていたため助かったけど

修理費用などかなりかかってその後センサーライトを設置した。

数年前からはLED化も進めている。

ムサシ RITEX 7W×2灯 LEDセンサーライト 「AC電源タイプ」 防雨タイプ LED-AC314

ムサシ RITEX 7W×2灯 LEDセンサーライト

「AC電源タイプ」 防雨タイプ LED-AC314

我が家で一番よく使ってるセンサーライトは

車庫入口に設置してあるこのセンサーライトだ。

7Wx2灯タイプで夜に車を入れるときなどに役立つ。

自宅の前を歩行者が近くを通過するときにも点灯する。

車庫入れの安全のためと防犯目的で役立っている。

 

一番最近設置したのは車庫の奥にあるセンサーライトだ。

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト(12W×3灯) 「コンセント式」 防雨型 LED-AC3036

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト(12W×3灯)

「コンセント式」 防雨型 LED-AC3036

これは車庫入口のより高い上位モデル。

明るくより広範囲を照らすことが出来る。

車庫の奥には物置があり物置やその前で作業するときなど

このセンサーライトが役立つわけだ。

以前はセンサーライトを反応させて消えてしまったら

またセンサーライトの前へ行きという感じだったが

このセンサーライトは手動点灯に対応している。

センサー点灯だけでなく手動点灯させて

LED投光器のように利用することが出来るので

物置前や物置で作業する際に大いに役立つ。

また車庫から物置、庭にかかる部分で

防犯的に外から庭へ抜ける重要地点でもあるので

より広範囲かつ強力なセンサーライトを設置することは防犯上意味がある。

 

庭にもセンサーライトが設置してある。

これは庭を見下ろす2Fのベランダに設置しているもの。

LEDセンサーライト 3灯式 DLA-3T400

LEDセンサーライト 3灯式 DLA-3T400

かなり高い位置から広範囲を照らしてくれる。

夜に庭先に出たりするときには

真っ暗な庭を照らしてくれるので頼りになる。

もちろん防犯的にも要だ。

こんな感じで我が家に設置しているセンサーライトは

多くがACアダプタ式となっている。

車庫の前後のは車庫横に外部電源からアクセスしており

庭のは2Fベランダの電源からとっている。

 

AC電源がない場合は厄介。

ソーラータイプと電池式があって

昨今ソーラータイプの性能が上がっていることもあり

ソーラータイプの導入を検討してたけど

意外とメンテコストがかかると分かり断念した。

そもそも十分な太陽光が当たることが必要だし

充電池の寿命が意外と短いのが難点なんだ。

一般的な充電池は250回から500回まで対応。

毎日充放電を繰り返せばモデルによっては半年ちょっとで

充電池の寿命が来てしまう。

1年過ぎると寿命はかなり迫って交換する必要性が出てくる。

充電池のコストは結構かかるものが多いし

そもそも安いソーラータイプのは交換出来ないものが多い。

2年使うとなるとソーラー式では充電池交換が必須になる。

そこで電池式だ。

 

電池式でもあまり普段使わない場所なら

1年以上は電池が持つ。

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト(4.5Wワイド) 「乾電池式」 防雨型 LED-150

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト

(4.5Wワイド) 「乾電池式」 防雨型 LED-150

我が家のガーデンセンサーライトなどは2年ほど持つし

上記のLEDセンサーライトも設定次第では1年半くらいは持つ。

それは点灯頻度にもよるので車庫入口のような

高頻度で点灯する場所だと半年持たないかもしれないが

庭などめったに点灯しない場合は2年以上持つことになるかと。

車庫入口などは出来ればAC電源タイプが良いと思う。

それ以外で利用頻度が低いなら電池式がおすすめだ。

 

最近は多くの家がセンサーライトを設置して

地区の防犯意識もかなり高まっている。

そういう防犯意識の高い地域には泥棒なども近づかないので

高い防犯意識を今後も維持していきたい。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

照明機器のスマホ制御

  • 2017.11.19 Sunday
  • 23:36

自宅の電気製品などをネット接続して

スマートフォンなどから制御するIoT化は

少しずつ進みつつあるけどまだまだ。

以前から僕がやってみたいと思ってるのは

自宅の外にいろいろ照明を設置して

スマートフォンで制御すること。

例えばスマホでアクセスして暗くなれば自動点灯し

23時になると消灯するなどのタイマー設定をしたり

スマホアプリからの手動でのON-OFFをするなど。

そうした照明などを自在にコントロールできればと思うが

現実的にそれは難しい。

電力線通信が登場したときに屋外の照明なども

電力線通信でネットワーク接続して

利用出来るようになるかと思ったけどPLC自体があまり普及せず

そうした関連機器も全然登場しなかった。

 

ただ昨今は一応スマート家電という形で

ネットワーク制御が可能な製品が登場している。

その代表的な製品がPhilipsのHueだ。

Philils Hue(ヒュー) シングルランプv3 929001367902 【AmazonAlexa認定取得製品】

Philils Hue(ヒュー) シングルランプv3

929001367902 【AmazonAlexa認定取得製品】

これ単体では利用できず

ネットワーク接続にはブリッジという

ベースとなる端末が必要になる。

そのブリッジを介して様々な機器と接続するわけだが

LED電球はその代表的な製品となっている。

ただちょっと価格が高いし

そもそもカラーコントロールなんて必要ないんだ。

もっとシンプルでいいから安いといいのにと思う。

PHILIPSに近い製品がマウスコンピュータからも出ている。

【追加オプション】mouse スマートホーム(IoT製品)スマートLEDライト スマホでライトを点灯・消灯・光量調整 LL01

【追加オプション】mouse スマートホーム(IoT製品)

スマートLEDライト スマホでライトを点灯・消灯・光量調整 LL01

ただこっちは価格帯が安くなっていて比較的買いやすい。

これも同じようにルームハブというベースになる端末が別途必要。

様々な周辺機器が売られておりそれらと連携して利用できる。

 

照明のコントロールということならば

ネットワークリモコンを利用することも可能。

ラトックシステム Wi-Fi接続学習リモコンユニット REX-WFIREX1

ラトックシステム Wi-Fi接続学習リモコンユニット REX-WFIREX1

ネットワークリモコンは赤外線リモコンでコントロールできる機器を

スマートフォンから操作できる製品。

最近のLED照明などは赤外線リモコン対応製品が少なくない。

それらを学習してスマホから利用することは可能だ。

ただ実際利用してみると

部屋の壁にあるスイッチを普段使っている場合

リモコンだけ学習してもあまり便利にならない。

壁のスイッチのON-OFFこそをスマホで制御したくなるはず。

実はそれは可能で我が家では実現している。

パナソニック(Panasonic) トッタラリモコン2線式・入切3CH WTP56219WP 【純正パッケージ品】

パナソニック(Panasonic) トッタラリモコン

2線式・入切3CH WTP56219WP 【純正パッケージ品】

壁のスイッチに赤外線リモコン機能を追加できる製品がある。

我が家ではそれが以前からついていたので

そのリモコンを学習することでスマホから部屋の照明を

ON-OFFすることが出来るようになった。

10月に乗鞍へ行ったときも夜になって

照明をつけて22時ころに消したんだ。

一応留守だけどあまり留守だと思われないために

部屋の照明をつけたんだ。泥棒除けみたいな感じでね。

 

普段ネットワークカテゴリなどで書くことだけど

今回は照明機器ということでライト・懐中電灯カテゴリで書いてみた。

5年後10年後にはIoT化が進んで別世界が広がっているかもしれないな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ThruNite TN40SとTN42

  • 2017.11.17 Friday
  • 20:14

僕はThruNiteの超高照度ライトのTN36を持っている。

現在はTN36 2017という10000ルーメンクラスの後継機が出ている。

デザインなどはTN36とほとんど同じだけど

このライトは近距離爆光型のLEDライトだ。

かなり広角で周囲を明るく照らしてくれるライトだ。

照射距離はあまりたいしたことなくて

300mくらいだったと記憶している。TN36 2017は285mか。

実用性は非常に高くて真っ暗の山道も周囲を明るく照らして

安心して歩くことが出来る。

 

前からだけど僕が持っているライトは近距離型が多くて

遠距離照射に得意なライトが欲しいなあと考えている。

昔LED以前にペリカンのサーベルライトというのを持っていた。

ダイビング用のライトの1つだけど

これがビームサーベルのような超スポット配光だった。

犬の散歩などで利用するとものすごく使いづらいライトだけど

闇夜で遠くを照らしたりするのは得意。

鳥や小動物など遠くにいるのを探したりするのにも最適。

ライトを楽しむという点では遠距離照射は楽しかった。

だから欲しい。

 

ThruNiteで遠距離照射が得意なライトはTN40SとTN42だ。

どちらもライトも照射距離は1キロを超える。

ThruNite TN40S LED フラッシュライトは最新 CREE XP-L HI*4 LED 搭載 によりMAX 4450 ルーメン、MAX照射距離 1151m (TN40S CW)

ThruNite TN40S LED フラッシュライトは

最新 CREE XP-L HI*4 LED 搭載 により

MAX 4450 ルーメン、MAX照射距離 1151m (TN40S CW)

TN40Sだけど充電池内蔵のTN40というライトが最初に出ていた。

18650充電池仕様のTN40Sがのちに発売されて

最近では充電池内蔵のライトはAmazonでは見かけない。

超高照度LEDを4個搭載したLEDライトで

遠距離照射にも強いけどそこそこ実用的な範囲を照らせる性能がある。

明るさはTN36 2017の半分くらいだけど飛距離は4倍なので

遠くを照らす能力に関してはこっちのほうが凌駕している。

 

TN42は超高照度LEDを1個搭載したライトだ。

ThruNite® TN42 は最新 CREE XHP35 HI*1 LED 搭載 によりMAX 2000ルーメン、 MAX照射距離 1550m  (TN42 Neutral white)

ThruNite® TN42 は最新 CREE XHP35 HI*1

 LED 搭載 によりMAX 2000ルーメン、

MAX照射距離 1550m  (TN42 Neutral white)

深い位置に物凄く明るいLEDを1個搭載して

リフレクターで徹底的に集光して遠距離を照らすライトとなっている。

そのためLEDからの光量自体はそれほど大きくなく

2000ルーメンというスペックとなっている。

ただ照射距離は1.5キロを超えるようでかなり凄い。

もっとも集束しまくった光なので周囲を明るく照らすのは苦手かと。

そういう面で散歩などでは実用的とはいいがたい。

ただ趣味ライトとしては凄く魅力的なライトだ。

 

TN40SとTN42、どっちを買うのがいいだろう。

バランスをとるとTN40Sなんだけど

そもそもバランスなんか必要なのだろうか。

TN40Sが比較的実用的とはいえ

実用的な使い方を普段するかといえばそうではない。

もし大光量のLEDライトがほしければTN36を使う。

それ以前にこんな巨大なLEDライトは普段使わない。

となれば実用性を考慮する必要性など不要で

遊び心や趣味全開で遠距離照射にひたすらこだわった

TN42のほうが魅力的で楽しめるのではないかと思ったりしている。

 

ライトマニアにもいろんな傾向がある。

ひたすらルーメン値を求める人もいる。

一方でスポット光を好む人もいる。

サーチライト系のライトマニアだ。

僕は基本的にポケットライトを好み

小さくて明るいライトが好きなので

大光量系はおまけみたいなものなんだけどどうするかな。

超絶スポット系のTN42のほうが欲しくなってきた。

まあそのうち機会があれば購入したい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

FENIXのLEDライト

  • 2017.11.12 Sunday
  • 23:27

以前はかなり多くのライトを出してたが

最近は他社に押されてあまり目立たない。

僕自身が持っているFENIXのLEDライトは

コンパクトライトが多い感じだろうか。

 

持っているライトをチェックすると

ポケットライトがE11とE12。

FENIX LEDライト E12 E12-6386 【8193760】

FENIX LEDライト E12

E12-6386 【8193760】

E11は既に使っておらず収納してるが

E12は主力ポケットライトとしてよく使う。

単3電池1本仕様でテールスイッチ間欠点灯対応で

非常に使いやすいポケットライトだ。

あとはキーライトにE05を持っているが今は使ってない。

FENIX(フェニックス) E05 XP-E2 LED フラッシュライト 明るさ最高85ルーメン E05

FENIX(フェニックス) E05 XP-E2 LED

フラッシュライト 明るさ最高85ルーメン E05

僕が持ってるE05は旧型なので最高23ルーメンなんだ。

だから最新の明るいキーライトに切り替えた。

 

あともう1つ今は売られていないけど

LD15というライトを持っている。

FENIX(フェニックス) LD15 R4 【明るさ最高117ルーメン/連続点灯約1時間30分】

FENIX(フェニックス) LD15 R4

【明るさ最高117ルーメン/連続点灯約1時間30分】

単3電池x1本駆動のコンパクトライト。

E12とスペックは似ているけど

このライトはテールスイッチはなく

ヘッドをひねるツイスト点灯となっている。

そのためポケットライトとしては使えず

カバンの中の常備ライトとして入れている。

ほとんど利用することはない非常用として

もう数年間入ったままだ。

電池の液漏れを恐れてリチウム電池を利用している。

 

FENIXのライトで

今後新しいライトを買うとしたら

もっと明るいライトになるだろうか。

以前から欲しかったのはFENIX TK75だ。

FENIX(フェニックス) TK75 XM-L2 U2 LED タクティカル フラッシュライト 明るさ最高4000ルーメン 2015エディション

FENIX(フェニックス) TK75 XM-L2 U2 LED タクティカル

フラッシュライト 明るさ最高4000ルーメン 2015エディション

ThruNite TN36を買ったころこれも候補になった。

価格は似たようなものだけど明るさはスペック的にやや劣る。

ただこのライトは配光がTN36のような超ワイドではなく

そこそこ飛ぶ中距離ライトとなっている。

バランスを考えたらかなり良さそう。

それとFENIXではバイクライトもいくつか出ている。

FENIX(フェニックス) BC30R XM-L2 T6 LED サイクリング ヘッドライト 明るさ最高1600ルーメン USB充電式 BC30R

FENIX(フェニックス) BC30R XM-L2 T6 LED サイクリング

ヘッドライト 明るさ最高1600ルーメン USB充電式 BC30R

明るくて2灯タイプなので近距離と遠距離に対応して

広い範囲を照らしてくれていい感じだ。

充電池内蔵なので充電池コストが必要ないのも利点。

自転車用ライトとして検討したけど夜は乗らないからなあ。

 

という感じでFENIXのライトだけど

持っているのはコンパクト。

今後欲しいのは大型ライトかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

超超高照度ライトを求めて

  • 2017.11.09 Thursday
  • 19:36

ThruNiteの今年の最新ハイエンドLEDは

TN36 2017だ。

ThruNite TN36 2017 LED フラッシュライト Max 10000 ルーメン CREE XPH 70 LED 対数スケール輝度調整システムは、70 − 7,000ルーメン 含18650充電池×4本使用 MCC-4S充電器/4本用 (TN36 2017 CW)

ThruNite TN36 2017 LED フラッシュライト

Max 10000 ルーメン CREE XPH 70 LED

対数スケール輝度調整システムは、70 − 7,000ルーメン

含18650充電池×4本使用 MCC-4S充電器/4本用 (TN36 2017 CW)

このライト欲しいなあと思いつつも

さすがに35000円近くするので買えない。

でも欲しい・・・そんな日々。

 

僕は2年半ほど前にTN36を買っている。

TN36は2世代前のモデルになる。

価格は25000円くらいだったかな。

ただ本体のみで25000円で

本体以外にバッテリーや充電器やらで1万円くらい必要だったから

結局今売られているモデルと変わらない。

というかスペックは今売られてるモデルのほうが

1.5倍以上なので使ってみたいなあと思う。

ちなみに今のモデルが何故充電池セットなのかは

これまでのバッテリーとは違うバッテリーだから。

マンガン酸リチウムを正極に利用した最新モデルで

従来のバッテリーでも使えないことはないが

スペック通りの明るさが出ない。

高出力を出すためには大電流を流せるバッテリーが必要で

IMR充電池はそういう製品なんだ。

今後高出力ライトはIMR18650充電池仕様のものが

増えていくんじゃなかろうか。

IMR充電池は充電池管理が重要になるので

充電器もちゃんとしたものが必要になるので

セットで買うのは悪くはないと。

 

TN36は11月になって出してきて

ウォーキング時に持ち出している。

大きいので普段手軽には使えないけど

暗くなった時にこの明るさはとても便りになる。

真っ暗の中でも超強力な光で照らしてくれる。

山のほうの宿へ行くと町明かりがなくて

本当に真っ暗なんだけどそういう時にあると心強い。

熊とか出ても光で対抗できるじゃないかとすら思うが

実際はどうなんだろうな。

 

Olightの高出力ライトも気になっている。

Olight X7R MARAUDER最大12000ルーメン 高輝度 ハイ・パワー 充電式 LED懐中電灯 3 x Cree XHP70 CW LED搭載 LEDライト 防水 6段階切替 LED懐中電灯 ハンディライト電池・調光センサー ・近接センサー搭載・USB Type-C充電 4 x 18650 充電池付き (Olight X7R MARAUDER)

Olight X7R MARAUDER最大12000ルーメン 高輝度

ハイ・パワー 充電式 LED懐中電灯 3 x Cree XHP70

CW LED搭載 LEDライト 防水 6段階切替 LED懐中電灯

ハンディライト電池・調光センサー ・近接センサー搭載・

USB Type-C充電 4 x 18650 充電池付き (Olight X7R MARAUDER)

価格はこっちのほうが少し安いけど

充電池や充電池が汎用でなく内蔵なので

後々使いまわしできないのが難点だろうか。

ただ単体ならかなり凄そうなLEDライト。

これも素敵なんだなあ。

 

ということで超超高照度ライトを買うなら

3万円以上は必要になる。

海外では5万円クラスのさらに上のライトも登場しつつある。

上を見たらきりがないなあ。

ライト予算として3万円くらいは確保できるように

お金をためていかねば。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

大幅値下げで24800円に。
スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM