ライトマニアになるきっかけ

  • 2017.03.24 Friday
  • 21:30

今は様々な高出力なLEDライトを購入して

利用したりしている。いわゆるライトマニアだ。

こうなったのはいつからなのだろう。

ちょっと過去を思い出してみた。

 

そもそもライトや懐中電灯ってのは

男の子なら誰しも好きなもの。

子供の頃も懐中電灯は大好きだった。

中学生くらいの時はマグライトとか持ってた気がする。

ただホームセンターのライトの範疇からは

決して出ることはなかった。

 

1つのきっかけは大学生の時。

登山サークルに入って初めての新歓合宿。

鈴鹿山脈の山麓にあるキャンプ場の

バンガローで行われた。

自動車学校があったので僕は夜組として大学に集まり

先輩の車に乗せてもらいバンガローへ向かった。

そして駐車場に到着して車のライトが消える。

あまりも辺りの真っ暗っぷりにビビってしまった。

遠くにバンガローの明かりは見えるけど

車の横にいるのに車すら見えない闇夜だった。

ザックにヘッドライトが入っているのだが

それすら探し出せないほどの真っ暗。

先輩がさっとライトをつけてそれを頼りに

バンガローに向かったのを覚えている。

その体験は強烈で僕にライトの必要性というのを植え付けた。

 

ライトを買うようになったのはLEDの登場から。

白い光に魅了されたのを覚えている。

最初はOHMのLEDライトをいろいろ買っていた。

そんな中でライトマニアへの1歩を歩むきっかけとなったのは

スタミナライト6LEDというライトだ。

LEDトーチライトYKS321WSZ-S LHA-YKS321WSZ-S

LEDトーチライトYKS321WSZ-S LHA-YKS321WSZ-S

今もOHM電機からLEDライト出ているけど

これとはちょっと違うが単3電池x2本仕様のLEDライト。

とても明るくてLEDライトに一気にはまっていった。

それからLEDライトをいろいろ買いそして

SUREFIREなどにも手を出していった。

かなり価格の高いLEDにも手を出し始めたんだっけ。

そんな中で安くて明るいGENTOSが登場して爆発的にLEDライトが広がったんだな。

 

GENTOSを販売するサンジェルマンは

元々LED LENSERの代理店だった。

以前はホームセンターなどにはLED LENSERのコーナーがあり

キーライトからコンパクトライトなど

様々なLEDライトが売られていた。

LED LENSER(レッドレンザー) LEDライト P7.2 【明るさ320ルーメン/実用点灯2時間】 9407 [日本正規品]

LED LENSER(レッドレンザー) LEDライト P7.2

【明るさ320ルーメン/実用点灯2時間】 9407 [日本正規品]

今でこそ大型のライトも増えたけど

昔はキーライトが多くてボタン電池を使って

ムーンレンズを搭載したコンパクトライトなどが多く売られてた。

ただGENTOSが登場してからそれらが一気に消えて

SF-101やSF-301などのGENTOSライトに切り替わっていったんだな。

そしていつしかホームセンターからLED LENSERは消えていった。

ネットなどでは質感の高さなどで人気が高かったけどね。

 

僕のライト履歴で言えば

さらに上のカテゴリに進み始めたのは

ここ数年の話だろうか。

UltrafireのLEDライトから18650などリチウム充電池使用の

LEDライトを使い始める。

もっと明るさを様々なライトを模索して

ThruNite TN30を買ったのは3年前くらいだっただろうか。

ThruNite MINI TN30 LED フラッシュライト CREE XP-L LED搭載 18650充電池×4本使用 明るさMAX3660ルーメン 4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobeモード(電池別売り) (MINI TN30 XPL NW)

ThruNite MINI TN30 LED フラッシュライト

CREE XP-L LED搭載 18650充電池×4本使用

明るさMAX3660ルーメン 4段階明るさ切替機能

+Turboモード+Strobeモード(電池別売り)

(MINI TN30 XPL NW)

価格も今より高くて13000円くらいだった気がする。

今のはMINIで短くなってるけど当時のTN30はもっと長かった。

とにかく超強烈な光で価格の高さにも納得だった。

その後はさらに上のTN36に手を出して

ちょっといけない領域に入ってしまったことを悟っている。

TN30やTN36に手を出したことで

それまでの3980円前後のライト購入価格が上がる。

6000円前後のLEDライトも高いと感じなくなってしまい

金銭感覚がちょっと狂っているのは恐ろしいかなと感じる。

昨年は6500円のライトと6000円のヘッドライトを買ったが

比較的安いライトを買ったという印象だったが

決して安いとはいえないしTN30やTN36で狂ってしまったなあ。

 

僕のライトマニアになるきっかけだけど

こうして振り返ってみると3つ。

1つ目は大学1年の時のバンガロー駐車場での暗闇。

2つ目はスタミナライト6LEDとの出会い。

3つ目はTN30など1万円超のLEDライト購入。

昨年は(1万円超の)高価なライトは買わなかったけど

今年は買いたいなあと思っていていろいろ考えている。

もっと凄いのでないかなあ。

OLIGHT オーライト X7 最大9000ルーメン ハイライティング フラッシュライト 懐中電灯 Cree XHP70 LED搭載 18650充電電池×4本 防水 6段階切替 LED充電式 ハンディライト (X7-black-set)

OLIGHT オーライト X7 

Olight X7気になるけどX9出ないものかなあ。

ただ39800円とかいやもっとするかな。多分手が出ないけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MANKER LAD LEDキーチェーンライト

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 22:28

暇な時などAmazonを検索して

新しいLEDライトないかなとか見ている。

そんな中で凄く気になるLEDを見つけた。

MANKER LADという製品。

MANKER LAD Max300ルーメン コンパクトUSB充電式キーチェーン懐中電灯 Cree Xp-G3 LED Or Nichia 219C LED搭載 + 2個赤色 Red LED (Cree Xp-G3/ブラック)

MANKER LAD Max300ルーメン コンパクトUSB充電式キーチェーン

懐中電灯 Cree Xp-G3 LED Or Nichia 219C LED搭載

+ 2個赤色 Red LED (Cree Xp-G3/ブラック)

リチウム充電池内蔵のキーチェーンライトで

明るいLEDチップ1つと小さな赤色LEDを2個搭載する。

メインのLEDはCreeのXP-G3かNichiaの219Cの

2つのモデルがあるようだ。

 

このライトはコンパクトなキーライトだが

なかなか実用性は高そうだ。

特に赤色LEDを搭載しているのは

暗闇に目が慣れた状態でも使えるので

星見などの際に役立ちそう。

MAXで300ルーメンという明るさなので

屋外での利用にも最適だ。

Creeと日亜の2つのLEDから選ぶことになるが

Creeは白色LEDできれいな白色。

Nichiaはやや昼白色で白熱色に近い感じ。

このあたりはCWがCreeでNWがNichiaって感じなのかな。

このあたりは好みで選べばいいかと。

 

この製品のライバルはNITECORE TIP。

今年に入って僕も購入したLEDキーライト。

【本体色:Silver / CREE XP-G2 白色LED搭載】NITECORE TIP LEDキーライト

【本体色:Silver / CREE XP-G2 白色LED搭載】

NITECORE TIP LEDキーライト

MAX350ルーメンでリチウム充電池内蔵ってことで

基本的なコンセプトや明るさなどは似通っている。

MANKERのは赤色LED2個搭載するってのが違い。

あと2ボタンのTIPに対してMANKERは1ボタンのようだ。

 

サイズ感なども含めてNITECORE TIPに似てる感じのようだ。

レビューなどまだ少ないし少し様子見かな。

MANKERってLEDライトメーカーって有名なのかな。

http://www.mankerlight.com/

どっかで見たような感じのLEDライトを売っているけど

このMANKER LADに関しては他に似てるライトはなくて

なかなか良さそうだなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

LED投光器

  • 2017.03.19 Sunday
  • 23:42

地区の桜まつりの準備など始まってるけど

最近はLED投光器が普及してきた感じだ。

LED投光器 フラッドライト 作業灯 50W 家庭電源でもOK IP66完全防水 屋外照明 ガーデン照明 昼光色 スイッチ付き 2Mコード 18ヶ月保証

LED投光器 フラッドライト 作業灯 50W 家庭電源でもOK

 IP66完全防水 屋外照明 ガーデン照明 昼光色 

スイッチ付き 2Mコード 18ヶ月保証

投光器も入手しやすくなって

また100V電源を利用できるので

手軽に購入して利用できるようになった。

今年はちょっとしたライトアップも行われるようだが

LED投光器が安くなり手軽に利用出来るためだろう。

あとついでに言えばPHVの車は便利だなと。

 

我が家にもLED投光器はほしい。

以前買ったものがあるけど

条件としては自宅だとバッテリータイプ。

ほしいのはGENTOSのガンツかな。

GENTOS(ジェントス) ワークライト ガンツ 【明るさ1200ルーメン/実用点灯2時間】 GZ-300

GENTOS(ジェントス) ワークライト ガンツ

【明るさ1200ルーメン/実用点灯2時間】 GZ-300

2400ルーメンのは価格が3倍くらいするので

ちょっと手が出せないけど1200ルーメンのモデルは

5000円ちょっとなのでありかなと。

安い中華の無名LED投光器も1台持ってるけど

あれはいつ壊れても仕方ないような感じだから

バッテリーやLED含めてそれなりの品質を持つものを買いたい。

 

あとはLED投光器として以外にも

使えるモデルが理想だろう。

これはLEDセンサーライト併用モデルがベスト。

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト(12W×3灯) 「コンセント式」 防雨型 LED-AC3036

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト

(12W×3灯) 「コンセント式」 防雨型 LED-AC3036

RITEXのフリーアーム式のLEDセンサーライトは

スイッチがついていて常時点灯が可能。

つまりLED投光器として利用できる。

これを物置の前に設置しようと前から検討中。

以前9800円だったけど価格が2000円以上下がってるので

今が買いのタイミングだろうか。

これから夏に向けて物置の作業をするときに

これがあればさぞかし便利に使えるかなと思う。

 

今まではLED投光器の代わりに

ハロゲン投光器を使ったり

あるいはガスランタンを使ったりもしていた。

それらも味はあるけどやはり便利なLED投光器は

ドンドン活用していきたいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CR2032とLEDライト

  • 2017.03.16 Thursday
  • 20:18

去年秋にCR2032電池をまとめ買いした。

2個セットを10パック買ったから20個。

【10個セット】TOSHIBA CR2032EC2P コイン形リチウム電池

【10個セット】TOSHIBA

CR2032EC2P コイン形リチウム電池

LEDライトなどの利用もあるけど

メインはポケモンGO plusで利用するためだった。

それまでは100円ショップで電池を買ってたけど

電池の持ちが全然違っていて本当に驚いている。

価格も違うとは言え100円ショップと比べると

最低でも3倍、今使ってるのは5倍くらい持ってる気がする。

そう考えると100円ショップのは安いとはいえないかもね。

 

LEDライトでCR2032を利用するものだが

最近は減り続けている。

以前はキーライトなどで多く使われていた。

しかし最近はリチウム充電池内蔵タイプが増えている。

そのためLEDライトでの利用は減りつつある。

僕は今使ってるのは2つ。

1つはLEDセーフティバンド。

ジェントス LEDセーフティバンド AX-800シリーズ

ジェントス LEDセーフティバンド AX-800シリーズ

夏の夜などにウォーキングをする際に利用してる。

今の時期はあまり使ってない。

7月くらいから使い始めるだろうか。

ただ最近は18時台で炎天下でも歩いてしまうので

あまり使ってない気もする。

もう1つはLEDネックライト。

パナソニック LEDネックライト ライムイエロー BF-AF10P-Y

パナソニック LEDネックライト ライムイエロー BF-AF10P-Y

以前は全く使ってなくて

これなにに使えばいいんだろうと思ってたけど

最近はワークライトとして利用することが多い。

ちょうど手元を照らすのに最適。

昨年秋に星空撮影をした時などは足元照らすのに

大いに役立ってくれた。

ヘッドライトよりも手軽で明るさもほどほどなのがいい感じ。

 

ただ今後のトレンドはリチウム充電池だろう。

より高出力化が可能なので

今の高照度化したLEDにも対応できる。

ただ若干コストがかかるのが難点だけど。

リチウム充電池は利用頻度が高ければ良いけど

低い場合は割高になってしまうので

利用頻度が低いLEDライトなどでは今後も利用はあるかと。

CR2032のLEDライトはその辺りバランスをとり

生き残っていくんじゃなかろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライトマニアであることは懐中電灯を持つ正当な理由か

  • 2017.03.12 Sunday
  • 23:24

懐中電灯を正当な理由なく所持していたとして

逮捕されたという人がいるようだ。

過去にはペンライトを所持して有罪になった人もいるという。

http://www.j-cast.com/2017/03/12292872.html

J-CASTニュースに出ていたこの記事はちょっと衝撃だ。

ここで出て来る軽犯罪法ってのはとても厄介だ。

微罪逮捕の材料としてどんな風にも捉えられてしまう。

数年前だったかマルチツールを持っていて逮捕された人もいた。

VICTORINOX(ビクトリノックス) トラベラー PD 保証書付 1.4703 【日本正規品】

VICTORINOX(ビクトリノックス)

トラベラー PD 保証書付 1.4703 【日本正規品】

不審だと呼び止めて車内を調べたけど

麻薬などは一切出てこなくて代わりにマルチツールで逮捕と。

マルチツールは車の工具としても使えるため

車に普段積んでおくことは正当な理由だと思うが

キャンプに行くとかそういう理由じゃないなら駄目だとかだった気がする。

 

今回は懐中電灯だ。

マルチツールはナイフも含まれるので

危険なものとしてみなされる可能性はないこともないが

懐中電灯はどうなのか。

僕は普段からポケットにLEDライトを入れて持ち歩いてるが

正当な理由がないと逮捕されてしまうのだろうか。

NITECORE(ナイトコア)完全防水フラッシュライト マルチタスク1C 【日本正規品】 MT1C

NITECORE(ナイトコア)完全防水フラッシュライト

マルチタスク1C 【日本正規品】 MT1C

そもそも懐中電灯を所持するのは

暗いところで照らすためだ。

夜になれば周りは暗くなるわけだが懐中電灯を持つ理由になる。

たとえ昼でも時間が経てば夜になるんだから。

つまり誰しも懐中電灯を持つ正当な理由を持っている。

それでも逮捕されてしまうってのはどうなのかな。

 

僕が懐中電灯を持つ理由としては

いろいろ理由はあれど一番はライトマニアだから。

LEDライトが好きだから使いたいため。

これは正当な理由とは・・多分認められないかな。

カメラが好きな人がカメラを持って利用するのと何ら変わらない。

趣味だからというのは理由としては駄目かな。

ポケットライトならライトマニア以外の人も持っている。

ライトマニアが持つような超高照度ライトはどうだろう。

ThruNite TN40S LED フラッシュライトは最新 CREE XP-L HI*4 LED 搭載 によりMAX 4450 ルーメン、MAX照射距離 1151m (TN40S CW)

ThruNite TN40S LED フラッシュライトは

最新 CREE XP-L HI*4 LED 搭載 によりMAX 4450 ルーメン

、MAX照射距離 1151m (TN40S CW)

このクラスのLEDライトを持って使ってる人は

ほとんどライトマニアだ。

ライトマニアがライトを持つ理由は趣味だから。好きだから。

犯罪とは全く無縁の趣味の世界だけど

軽犯罪法というおそろしい法律に縛られることになるんだろうか。

マルチツールは100歩譲るとしても懐中電灯は問題ないだろうに。

 

もし万が一町中で警察に呼び止められて

LEDライトの所持について聞かれたら

「趣味だから」「ライトマニアだから」とか答えて大丈夫かな。

まっとうな理由を考えるとしたら帰りが遅くなった時の安全のためとか

震災時に帰宅困難者となり停電した真っ暗の中で歩いた人が

普段持つべきものとして懐中電灯を挙げてたからとかになるかな。

それもある意味僕がLEDライトを持つ理由でもあるんだけど。

 

今回のニュースにある逮捕された状況が

どういう状況なのかが分からないけど

もし逮捕された人がライトマニアで

本格的なライトを常日頃から持ち歩いてるだけだったのなら

弁護士さんは全力で弁護して不起訴に持ち込むか

無罪を勝ち取ってほしいね。こんな理不尽な法律はない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TN4Aは単3仕様の高照度ライト

  • 2017.03.07 Tuesday
  • 23:32

貸していたLEDライトが戻ってきた。

そのライトはThruNite TN4A。

ThruNite TN4A LED フラッシュライト CREE XP-L V6 LED搭載 単3アルカリ乾電池×4本使用 明るさMAX1150ルーメン 4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobe TN4A CW Cool White

ThruNite TN4A LED フラッシュライト CREE XP-L V6 LED搭載

単3アルカリ乾電池×4本使用 明るさMAX1150ルーメン

4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobe TN4A CW Cool White

このライトは結構利用頻度が高い。

また貸出頻度も高い。

理由はやはり単3電池仕様だからだろう。

最近の明るいライトは18650などのリチウム充電池が多いけど

このライトは単3電池なのでエネループなどが使える。

その手軽さが誰もが使えるライトとして重宝している。

 

今でこそ慣れたから問題ないが

僕もかつてはリチウム充電池というものに不安を覚えていた。

LEDライトで多く使われていて

超高照度ライトなどが出ていたけど

爆発するんじゃないかという不安があった。

充電池の扱いがかなり危険で要注意だと。

また発熱も大きいってイメージもあって

導入したのは遅めだったと言える。

ライトマニアの人は今は当たり前のように

使っていると思うけど普通の人はそうでもない。

単3ならホームセンターなどであり一般的だが

18650リチウム充電池などネットにはあるが

ホームセンターなどにはなく特殊というイメージが強い。

拒否反応を示す人は少なくないなあ。

かつての僕もそうだったから仕方ないけどね。

 

単3充電池4本でこれだけの明るさを出せるのは

昇圧回路の素晴らしさもあるんだろう。

かつてプリンストンテックのサージという

キセノンライトを持っていたことがあるけど

あのライトも明るかったけど単3電池を8本も利用していた。

高電圧を実現するためには電池が多数必要だった。

今は単3電池1本で明るいコンパクトライトもあるけど

電流たくさん流すには4本とか必要なのだろう。

TN4Aにはその辺り余裕を感じるなあ。

僕はAmazonの高容量の単3充電池を使ってる。

Amazonベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池単3形8個パック(充電済み、最小容量 2400mAh、約500回使用可能)

Amazonベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池単3形8個パック

(充電済み、最小容量 2400mAh、約500回使用可能)

このTN4Aにはこの充電池がベストだろう。

電池の持ちもとても良い。

充電回数が減る高容量タイプだけど

年数回の充電なら回数を心配する人はないから。

 

ってことでマニアじゃない普通の人が

明るいライトほしいならTN4Aがおすすめ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

常時持ち歩きポケットライト

  • 2017.03.05 Sunday
  • 23:32

もう何年前からか忘れてしまったけど

僕がライトマニアになっていつからか

いつもポケットにはLEDライトがあった。

常時携帯のポケットライトでこれまで様々なライトを使ってきた。

今はNITECORE MT1Cを利用している。

NITECORE(ナイトコア)完全防水フラッシュライト マルチタスク1C 【日本正規品】 MT1C

NITECORE(ナイトコア)完全防水フラッシュライト

マルチタスク1C 【日本正規品】 MT1C

ただ最近は利用しないことが増えている。

 

会社へ行く時などは持っていくけど

例えばウォーキングの時やら

ちょっと駅まで迎えに行く時などは持っていかない。

理由はウォーキングでは邪魔だから。

またウォーキング時は別のライトが

アウターのポケットに入っている。

【 正規品 】 2014 年モデル XTAR WK21 XM-L2 U2 搭載 小型 フラッシュライト

【 正規品 】 2014 年モデル XTAR WK21

XM-L2 U2 搭載 小型 フラッシュライト

今の時期はウォーキングで暗い時間に歩くことはないが

ウォーキング時に着る上着のポケットに入っている。

ズボンは歩く時に邪魔になるので何もいれない。

それ故にウォーキング時は持っていかない。

 

迎えに行く時など夜ちょっと出かける時は

また別の理由で入れない。

それはズボンのポケットに穴が空いてるから。

これは季節とわず開いてしまうんだなあ。

LEDライトを入れていたためあいたのか分からない。

小さな穴だけどちょうどNITECORE MT1Cがすっぽり抜けてしまう穴。

だから入れていない。

夜だからLEDライトは欲しいんだけどね。

もう1つ理由があってキーライトを新しくしたから。

【本体色:Black / CREE XP-G2 白色LED搭載】NITECORE TIP LEDキーライト

【本体色:Black / CREE XP-G2 白色LED搭載】

NITECORE TIP LEDキーライト

このNITECORE TIPを導入したことで

これで屋外などのLEDライトは十分な明るさがあるため

ポケットライトがなくても問題ないかと。

実際この明るさがあればポケットライトはなくても問題ない。

 

ただポケットライトはこれまでのライト利用の基本なので

今後も維持はしていきたい。

ポケットの穴を塞がないとなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

LEDセンサーライト

  • 2017.03.02 Thursday
  • 20:42

最近ホームセンターに通って

LEDセンサーライトコーナーをじっくり見てる。

昔に比べてセンサーライトも明るくなった。

特に顕著なのが電池式とソーラー式。

どちらも3年前は使えないという印象だったけど

この1年ちょっとで一気に改善したという感じだ。

ホームセンターだとAmazonの2割増しくらいだから

結局買うのはネットなんだけどね。

 

今後導入を考えているLEDセンサーライトだけど

4つほどある。

■車庫奥・物置前のAC電源タイプ

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト(12W×3灯) 「コンセント式」 防雨型 LED-AC3036

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト(12W×3灯)

「コンセント式」 防雨型 LED-AC3036

ここはかなり前にAC電源のハロゲンセンサーライトを

設置していた場所でもあり電源は分配させることで

確保することが出来る。

欲しいのはより広域を照らせるライトで

なおかつスイッチによりセンサーライトモードから

常時点灯へと切り替えられる製品。

このLEDセンサーライトはセンサーライトだけでなく

紐をひっぱるとLED投光器のように

照明として利用することが出来る。

この場所は物置の前で照明があると夜に

物置の荷物の出し入れをするのに凄く役立つ。

以前設置してた時もすぐ消えてしまうので

その都度手をかざして点灯させたりしていた。

 

■庭のソーラー式

ムサシ RITEX LEDセンサーライト(3W×2灯) 「ソーラー式」 電球色レンズ付き 防雨型 S-65L

ムサシ RITEX LEDセンサーライト(3W×2灯)

「ソーラー式」 電球色レンズ付き 防雨型 S-65L

リビングから庭に出たところにセンサーライトを設置したい。

この場所は電源の確保が難しい。日当たりはとても良いので

ソーラー式が理想と言える。

5年前くらいにソーラー式を設置したけど

すぐに壊れてしまったんだけど

今のはソーラーパネルや充電池など高性能化してて

十分使えるようなので再度購入して利用したい。

ただ設置スペースがどうするか迷っている。

壁に貼り付ける形にするなら

ソーラーライト OuTera 77LED センサーライト 3発光モード ワイヤレス4400mAhソーラー充電式 防水 防犯 夜間自動 屋外照明/軒先/壁掛け/庭先/玄関周りなどのライト

ソーラーライト OuTera 77LED センサーライト 3発光モード

ワイヤレス4400mAhソーラー充電式 防水 防犯 夜間自動

 屋外照明/軒先/壁掛け/庭先/玄関周りなどのライト

こういうタイプのほうがいいかなとも思うけどどうだろう。

 

■車庫と玄関の間の電池式

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト(4.5Wワイド) 「乾電池式」 防雨型 LED-150

ムサシ RITEX フリーアーム式LEDセンサーライト

(4.5Wワイド) 「乾電池式」 防雨型 LED-150

車庫から玄関に向かってある部分に

LEDセンサーライトが欲しい。

実は足元を照らす電池式のガーデンライトはある。

ただ上から照らすのも1つ欲しい。

ある程度の明るさがあり長持ちする単1電池タイプのが理想。

となるとこれかなと。

普段毎日車を運転するときに通るので

電池切れしてもすぐに気づいて交換出来るのもいい感じだ。

ソーラー式はここは全く使えない。

 

全部ソーラー式にすることができれば

メンテナンスフリーで手軽なんだろうけど

太陽光が多く当たる場所ということで限られるのが難点だな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンセント直挿タイプのLEDライト

  • 2017.02.28 Tuesday
  • 20:16

GENTOSから発売されているLEDライト。

2014年と3年前に発売されているライトだけど

先日使われているのを見かけて何だこれ?と。

ジェントス 懐中電灯 ジェントスプロ【明るさ200ルーメン 実用点灯2.5時間】 GS-M05DR

ジェントス 懐中電灯 ジェントスプロ

【明るさ200ルーメン 実用点灯2.5時間】 GS-M05DR

このライトはコンセントに直接挿して常備しておく

LEDライトのようだ。

ナイトライトがついていて常夜灯として利用出来る。

コンセントから取り外すとLEDが点灯して使える。

 

またこの機能をいかして停電センサーライトとして使える。

大地震などが起きて停電が発生すると夜間は真っ暗になるが

このライトを常備しておけば停電発生時に

コンセントからLEDライトを取り外したのと同じように検知し

LEDライトが点灯してくれる。

このライトの光を頼りにLEDライトを取り出すことが出来て

その後の避難などにも役立つことだろう。

 

常夜灯のないコンパクトモデルもあるようだ。

ジェントス 懐中電灯 ジェントスプロ 【明るさ120ルーメン 実用点灯5時間】 GS-M04DR

ジェントス 懐中電灯 ジェントスプロ

【明るさ120ルーメン 実用点灯5時間】 GS-M04DR

こちらはナイトライトがないけどその分コンパクト。

機能は同じでコンセントに挿して置いて

とりはずせば点灯するらしい。

充電状態もLEDで確認出来るようだ。

 

そういえば同じようなのを

旅館などでたまに見かけたりする。

旅館などにもこうした非常用LEDは常備してある。

懐中電灯を取り外すと点灯する仕組みとなっている。

旅館などにある懐中電灯は持って帰られるのを防ぐために

もとに戻さないと消せない仕様のようだけど

GENTOSのこれらの製品は手元でOFFに出来るようだ。

 

こうした自動点灯機能のコンセントライトがあれば

地震などの際に停電になっても

真っ暗で身動き出来ないってことを防げるので

あると便利かなあと思う。

ただ防災用の停電センサーライトとしては

スマイルキッズ 停電灯 ふくろう型 ATD-100

スマイルキッズ 停電灯 ふくろう型 ATD-100

もっと安いものも出ているのでそっちのほうがいいかも。

普段から例えば玄関脇のコンセントに常備してて

夜に外に出る際に持っていくと行った

LEDライトとしての日常的な利用が多いなら

GENTOSのライトはおすすめと言えるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FENIX UC02キーライト

  • 2017.02.26 Sunday
  • 23:28

最近小さいLEDライトに興味が強い。

今年に入ってNITECORE TIPを購入したし

このところ気になるライトも小さなライトだ。

それはFNEIX UC02。

【本体色:Black】  Fenix UC02 LEDキーライト  【Cree XP-G2 S2 白色LED 搭載 / 明るさMAX130ルーメン】 フェニックス

【本体色:Black】  Fenix UC02 LEDキーライト 

【Cree XP-G2 S2 白色LED 搭載 /

明るさMAX130ルーメン】 フェニックス

このライトは手のひらサイズのコンパクトライト。

 

スペックを見るとMAX130ルーメン。

点灯はツイスト式。

充電池内蔵モデルで

ヘッド部分を取り外してUSB充電を行う。

Hiが130ルーメンでLoが10ルーメンの2モード対応。

ランタイムはHiで25分、Loで3時間20分。

防水防塵に対応している。

ランタイムは長くないけど非常用に役立つ

コンパクトなキーチェーンライトと言える。

 

FENIXのキーライトと言えば

僕自身も持っているけどFENIX E05がある。

FENIX(フェニックス) E05 XP-E2 LED フラッシュライト 明るさ最高85ルーメン E05

FENIX(フェニックス) E05 XP-E2 LED

フラッシュライト 明るさ最高85ルーメン E05

単4電池1本のLEDライトでMAX85ルーメンのライトだった。

このライトもツイストで点灯する方式。

比較してみると

FENIX UC02 FENIX E05
重さ 8g 11.3g
長さ,直径 43.2mm,14mm 64.5mm,14.4mm

こんな感じだ。

太さは同じくらいで短くなっており

軽量化もしている。明るさも増えているし

なかなか使えそうだ。

 

キーライトは日常的に利用するライトではないが

いざという時に頼りになるライト。

Loモードならば長く使えるのも利点だ。

ただ最近キーライトばかり増えていて

新しくつける場所がないんだなあ。

それほどパワーはなくても小さいライトってのは

好きなんだけどなあ。

ただリチウム充電池内蔵だと思うから

海外旅行とか行く場合は間違って

預け入れスーツケースに入れるとチェックされて

最悪没収される恐れも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM