TypeCケーブルを買わねば

  • 2019.08.17 Saturday
  • 19:45

iPhoneなどiOS端末の充電端子はライトニング端子。

以前は30pinの大きめの端子だったけどライトニングにより

大幅に小型化している。

向きを気にせず利用することが出来て便利だ。

Androidだとかなり前からmicroUSBが主流だったが

ここに来てUSB TypeCが増えている。

ここ1年2年で発売されたスマホのTypeCが主流になってきた。

HUAWEI P30 Lite ミッドナイトブラック SIMフリースマートフォン 【日本正規代理店品】

HUAWEI P30 Lite ミッドナイトブラック

SIMフリースマートフォン 【日本正規代理店品】

ただHuaweiは人気のP30 liteはTypeCだけど

nova lite3はmicroUSBだったりして全面的にTypeCにはなっていない。

廉価モデルを中心にまだmicroUSBモデルは存在してる感じだ。

ただ上位モデルは全面的にTypeCとなっており

ほぼ切り替わったと言って良いだろう。

 

そんな普及しつつあるTypeCだけど

僕のように複数のスマホを利用してると

複数のコネクタがあるとすごく不便だったりする。

こないだ登山へ行った時

僕が持ってたのは

iphone8、Galaxy S7 edge、LG G6の3台のスマホ。

ライトニング、microUSB、Type-Cと全てコネクタが違う。

モバイルバッテリーと一緒に入れてたのは

cheero 2in1 Retractable USB Cable with MicroUSB & Lightning 70cm MFi認定 ホワイト×ブルー CHE-241

cheero 2in1 Retractable USB Cable with MicroUSB

& Lightning 70cm MFi認定 ホワイト×ブルー CHE-241

cheeroの2in1ケーブルでライトニングとmicroUSBが使えるモデル。

ただ登山ではLG G6をメインで使ったので

このバッテリーが下山中に残り30%を切ってしまった。

その際に充電しようかと思ってふとTypeCケーブルがないと気づく。

結局そのまま降りて残り15%でぎりぎり車に戻ることが出来た。

 

3つのコネクタに対応した

3in1ケーブルを買わなければならないかもしれない。

Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル(ライトニングUSB/USB-C/Micro USB端子対応ケーブル)【Apple MFi認証取得】iPhone XS/XS Max/XR 対応 (0.9m ホワイト)

Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル

(ライトニングUSB/USB-C/Micro USB端子対応ケーブル)

【Apple MFi認証取得】iPhone XS/XS Max/XR 対応 (0.9m ホワイト)

おそらくいずれはmicroUSBのスマホは使わなくなるので

TypeCとライトニングの2in1でもいいかもしれない。

ただそうした製品は全然出ていなかったりする。

USBコネクタ側がTypeCになった製品が多くてそれじゃないんだな・・と。

 

とりあえずTypeCに対応したアダプタを買っておかねば。

TypeCケーブルでもいいけどmicroUSBと併用できるように

【2個セット】Anker USB-C & Micro USB アダプタ (Micro USB → USB-C変換アダプタ)【56Kレジスタ使用 / Quick Charge対応】新しいMacBook、ChromeBook Pixel、Nexus 5X、Nexus 6P、Nokia N1、OnePlus 2 他対応 (ブラック)

【2個セット】Anker USB-C & Micro USB アダプタ

(Micro USB → USB-C変換アダプタ)

【56Kレジスタ使用 / Quick Charge対応】 (ブラック)

変換アダプタを買っておきたい。

microUSBはいずれ使わなくなるならこのアダプタで

microUSBケーブルなどはTypeCケーブルとして使えばいい。

 

モバイルバッテリーなどは

今まで通りのを使っていけばいいからそれは問題ない。

そういえば以前ケーブルがくっついたモバイルバッテリーあったけど

あれはさすがにmicroUSBが終わってしまうと厳しくなりそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スキャナはカメラに追いやられていく

  • 2019.08.14 Wednesday
  • 22:42

今から20年ほど前に自宅でパソコン購入。

インターネット回線(当時CATV)を契約して

本格的にネットを利用するようになった。

その頃にまず最初に購入したのはプリンター。

年賀状印刷がPCの購入目的の大きな1つだったので

当時使ってたプリントゴッコから乗り換えたわけだ。

そしてその後もうすぐに購入したのがスキャナだった。

当時買ったのはCANONの1万円弱の安価なスキャナ。

何故買ったのか!?。

それはヤフオクに出品する商品画像を撮影するため。

当時書籍やゲームにCD、PCソフトなどをヤフオク出品してたけど

それらの画像はスキャナでスキャンして撮影していた。

立体的な製品は無理でDDRマットなどは

写真撮影し現像プリントしたのちスキャナで取り込むという

すごく面倒なことをしていた。

デジカメがまだとても高価だったためだが

2000年春になってようやくデジカメを購入してその役割を終える。

 

デジカメを購入したあとは

逆にスキャナの利用目的が全くなくなってしまった。

その後に買ったデジカメでスキャナを撮影して

ヤフオクに出品することになってしまう。

それから長いことスキャナは持っていなかったけど

今から8年前くらいだったかフィルムスキャン目的で購入。

エプソン スキャナー GT-F740 (フラットベッド/A4/4800dpi)

エプソン スキャナー GT-F740 (フラットベッド/A4/4800dpi)

これの1個前のF730だった。

2011年に東日本大震災があったけど

その際に家財が流されたりしていく現状を見て

昔の写真などのデジタル化を進めていかなければと思いたった。

その後壊れて買い替えて今は2台目のスキャナが鎮座している。

フィルムスキャンは2015年くらいまではぼちぼち続けたけど

その後は放置してここ数年は全く使ってないのが現状だ。

主要なフィルムスキャンはおえてしまい

またすごく面倒で時間もかかることからあまり進んでいない。

紙の写真は業者に頼もうかなと思ってるくらいで先行き不透明だ。

 

フィルムスキャンはカートリッジにセットして

スキャンをしてと繰り返すのでとにかく手間がかかる。

紙の写真も並べて4枚ずつやっても面倒だ。

スキャン品質は多少落ちるけどドキュメントスキャナだと

自動送りで取り込みしてくれるので大量にスキャンしてくれて楽らしい。

富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500 (両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応)

富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500

(両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応)

いわゆる漫画や雑誌の自炊で使われていたりするけど

写真スキャンなどで使う人もいるようだ。

でも4万円もするのでさすがに厳しいなと。

そんなに写真はたくさん残ってないのでそれを考えると

4万円の元は取れないっぽい。

あとアルバムに貼り付けた写真などは剥がすのが大変で

それらの手間がかかるのも難点。

最近はスマホカメラを利用した簡易スキャンが流行っている。

PFU Omoidori PD-AS02 (iPhone 7、8対応)

PFU Omoidori PD-AS02 (iPhone 7、8対応)

こういうのでもいいかな・・と。もはやスキャナじゃないけど。

 

そもそもスキャナの使いみちって

今はなかなか難しい。

紙の文書や画像などをパソコンに取り込むわけだが

はっきり言えばそんな利用は全く必要としていない。

写真のデジタル化という目的がなければ使わないかな・・。

ただ実は普段からよく使ってるスキャナもある。それは複合機だ。

コピー機として複合機のスキャン機能は意外と使っている。

複合機自体もはやコピー機としてしか使ってない気もする。

回覧板やメモなどをスキャンするために

ハンディスキャナがほしいなと思うこともある。

ハンディスキャナー Aoleca モバイルスキャナ スキャナー jpg pdf A4用紙 本 書籍 写真 名刺など 簡単にデータ化(自炊)最適ポータブルスキャナー 最大900dpi高画質 自動保存(SDカードが付属します)

ハンディスキャナー Aoleca モバイルスキャナ スキャナー

jpg pdf A4用紙 本 書籍 写真 名刺など 簡単にデータ化(自炊)

最適ポータブルスキャナー 最大900dpi高画質 自動保存(SDカードが付属します)

価格も安いものなら7000円ほどで買えて便利そう。

でもね。今この役割は実はスマホカメラが果たしている。

ちょっとメモしたい場合はスマホカメラで撮影。

LINEでこんなの来てるよってすぐ連絡することも出きる。

そのデータを元にコピーを作る必要があるのならスキャナが必要だけど

実際そんなことはないのでカメラで軽く撮影するほうが手軽なんだな・・・。

 

ということで昨今スキャナは使わなくなった。

思えば20年前も今もスキャナはカメラによって駆逐されていくのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

AMDのRX570が安くて魅力

  • 2019.08.13 Tuesday
  • 22:39

今年に入ってAMDのビデオカードの価格が大きく下がった。

特にRX570とRX580に関してはそれまでの価格が

何だったのかと思うほど価格帯が下がっている

これらのモデルはnvidiaのGTX1060やGTX1060Tiのライバルとして

売れ筋ではあったのだが以前はあまり見かけることがなかった。

それが今年になり在庫も増えて価格も安くなりどうしたものか。

 

価格が安いのはRX570。

MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G グラフィックスボード VD6851

MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G グラフィックスボード VD6851

価格は安いもので15000円台まで下がっている。

RX570はGTX1060のライバルモデルだと思っていたけど

価格帯でいえばその下のGTX1050Tiなどと変わらないレベルだ。

2万円以下のビデオカードはゲーミング用として使えるけど

多少妥協するところが出てくるものだがRX570は3万円弱で売られてたもので

VRAMも8GBと非常に多くて高いパフォーマンスを発揮できる。

そりゃ最新のゲームをバリバリとはいかないけど

多くのゲームで非常に快適にプレイすることが出来る。

RX570で迷うとしたらRX580とどっちにするかということだろう。

 

RX580も安いけどRX570と迷う人は多い。

玄人志向 AMD Radeon RX 580 搭載 グラフィックボード 8GB RD-RX580-E8GB/OC/DF2

玄人志向 AMD Radeon RX 580 搭載

グラフィックボード 8GB RD-RX580-E8GB/OC/DF2

違いは演算ユニットの数とクロック周波数で

それによりパフォーマンスや約10%増しになっている。

これはベンチマークの値であり体感的にはどうかは分からない。

価格差は5000円から6000円といったところ。

価格が+30〜40%増なのにパフォーマンスは10%増と考えると

コストパフォーマンスはRX570のほうが高いと言える。

実際RX570のほうが人気が高いようなので僕としてもRX570をおすすめする。

ASUS AMD Radeon RX 570 搭載 デュアルファンモデル 8G EX-RX570-O8G

ASUS AMD Radeon RX 570 搭載

デュアルファンモデル 8G EX-RX570-O8G

人気のASUSのビデオカードだと16000円台。

GTX1050Tiを買うよりはずっと魅力的だ。

 

さてこの安さは何故発生しているのか気になるところ。

1つは新モデルへの移行段階で手ごろなミドルモデルがなかったこと。

nvidiaでもそうだけど昨今ハイエンドモデルに新モデルが出ているが

価格は4万円近くからになっている。

AMDもVEGAやRX5700シリーズを発売しているけど

手頃な価格のモデルがなくなってしまった。

ミドルモデルとしてはRX590というRX570/580をシュリンクしたモデルを出したが

それ以下のモデルはnvidiaに負け続けラインナップもなかったことから

元ミドルレンジのRX570/RX580を値下げして販売したのだろう。

こうしたことはPCパーツではたまに見られたこと。

中古業者にとってはやられるとたまらないけどユーザーにとっては

ミドルハイモデルがかなり安く買えるようになり嬉しいと。

ただ1つ注意することは元々3万円近いモデルで性能が高いこともあり

消費電力も高めなので400Wとかの電源を使ってる人が

アップグレードで買ってみようかなと使うには厳しいかと思う。

 

もう1つはマイニングバブルの崩壊ではなかろうか。

2017年から2018年頃にRX570/580はほとんど店頭で見かけなかった。

見かけても4万円近い価格がついているものもあったほど。

だからみんなnvidiaのGTX1060tiとか買っていてAMDはRyzenこそ人気だが

コンシューマー用ビデオカードは存在感がなかった。

でも実際はマイニング用でひっぱりだこだったわけだ。

そのバブルが崩壊したことも大きそうだ。

AMDとしてそうした方面から大量の中古ビデオカードが流通することを恐れ

それ故に価格を下げて中古対策をしたとも考えられなくもない。

まあマイニング用ビデオカードは映像出力がないものが多いから

普通にゲーム用ビデオカードとしては使えないみたいだけどね。

 

そんな感じで今のRX570等の現状があると。

僕の場合はGTX960というビデオカードを使っているけど

VRAMが2GBと少ないのがネックでRX570をかおうか検討。

最もビデオカードを利用する機会は激減しており今はPCゲームも

ほとんどプレイしてない現状。

それを考えると無駄かな・・と。GPUエンコードも使わないからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ryzen搭載ノートパソコン

  • 2019.08.11 Sunday
  • 19:32

7月にネットニュースサイトで

AMDのRyzen CPUのシェアが7割近くになったことが

ニュースになっていたけどその後に"CPUパーツ単体"と追記修正された。

あくまで自作PCマーケットにおいてAMDのシェアが高まったけど

デスクトップやノートパソコンなど完成PC市場ではIntelのシェアは大きいと。

おそらくIntelからクレームが付いたのかなと思うけど

それにしたってここAMDはRyzen CPU登場以後の盛り上がりは凄い。

対Intelでも高いパフォーマンスを発揮している。

そんなRyzen CPUだけどノートパソコンにも搭載されつつある。

 

Ryzenを搭載したノートパソコンだけど

5万円から10万円の売れ筋クラスでも多く出ている。

最近は新モデルが発表されており

Ryzen 2000番台のCPUを搭載したモデルが値下がりしており

買い時と言えるんじゃないだろうか。

【Radeon Vega8搭載】HP 15-db0000 Windows10 Home 64bit AMD Ryzen5 クアッドコアAPU 8GB SSD 256GB DVDライター 高速無線LANac Bluetooth webカメラ 日本語キーボード デュアルスピーカー SDカードスロット AMD Radeon Vega8グラフィックス搭載 15.6型フルHD液晶ノートパソコン (Office なし)

【Radeon Vega8搭載】HP 15-db0000 Windows10 Home 64bit

AMD Ryzen5 クアッドコアAPU 8GB SSD 256GB DVDライター

高速無線LANac Bluetooth webカメラ 日本語キーボード デュアルスピーカー

SDカードスロット AMD Radeon Vega8グラフィックス搭載

15.6型フルHD液晶ノートパソコン (Office なし)

このPCだとRyzen5 2500Uに8GBのRAM、256GBのSSDと隙がない。

ディスプレイも当然フルHD。

同じくらいの価格帯だと4コア8スレッドのCore i5のノートパソコンが買える。

そのCore i5ノートパソコンと比べるとパフォーマンスは互角かやや劣る感じ。

しかしVegaというGPUを内蔵しており

グラフィック性能なども含めて比較するとAMDが大幅に上回る。

Lenovo(レノボ) 15.6型ノートパソコン Lenovo ideapad 330 オニキスブラック(Ryzen 7 2700U/メモリ 8GB/SSD 256GB/Radeon RX Vega10) 81D2001PJP(BK)

Lenovo(レノボ) 15.6型ノートパソコン Lenovo ideapad 330

オニキスブラック(Ryzen 7 2700U/メモリ 8GB/SSD 256GB/

Radeon RX Vega10) 81D2001PJP(BK)

Ryzen7 2700Uを搭載したモデルも同様で

Ryzen搭載のノートパソコンの魅力は

動画エンコードなどの処理速度ではなく

GPUパワーを含めたトータル性能でその快適性が高いと言える。

本格的な3Dゲームをプレイするには厳しいけど

カジュアル系のゲームも十分にこなす実力はあると。

 

ちょうど今は最新のRyzen 3000シリーズの製品が発売され始めている。

それらを搭載したノートパソコンも今後発売される予定だ。

3000シリーズはシングルスレッド性能が向上しており

処理速度の面でもIntelと戦えるレベルになっている。

まだ数があまり出てないし直販モデルが中心になっているけど

今後は量販店などでも発売され始めると思うし広がっていきそうだ。

 

これまではノートPCはIntelという意識が強くて

いまいちAMDのCPUはインパクトがなくて廉価モデル程度だったが

RyzenによりハイパフォーマンスノートPCでも

AMDが席巻するようになるかもしれないな・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PCパーツ購入計画

  • 2019.08.10 Saturday
  • 21:48

昨年メインPCのパーツを久しぶりに更新した。

2011年以来だから7年ぶりだったけど

今後のPCパーツ購入計画などを考えてみたい。

まあ現状にはある程度満足しているわけだがどうしようか。

 

■CPU

昨年春にRyzenを導入して動画エンコードが劇的に速くなった。

今年発売された第3世代Ryzenは更に速くなっているらしくて

とても興味は持っている。

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler

3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W

【国内正規代理店品】 100-100000031BOX

Ryzen5 3600あたりにアップグレードすることも考えている。

ただ現状でのエンコード速度に満足しており

たとえ今より2倍の速さになったところで

その恩恵はそれほど大きくないので余裕が出来たら・・という感じかな。

あまり優先度は高くはない。

 

■RAM

今一番PCパーツで購入に近いのメモリだ。

価格下落の流れが止まって上昇基調に変わりつつある。

メインPCのメモリは今4GBx2枚だけど

これを8GBx2枚にアップグレードしたい。

CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC4-21300(DDR4-2666) 8GB×2枚 288pin (無期限保証)(Crucial by Micron) W4U2666CM-8G

CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC4-21300(DDR4-2666)

8GB×2枚 288pin (無期限保証)(Crucial by Micron) W4U2666CM-8G

これは優先度が高いので早めに。

 

■マザーボード

マザーボードを単品で買うことはない。

Ryzen5 3600を買うことになった場合

既存のB350-plusをアップデートしても

利用することが出来るようなので

新しいマザーボードは買わないかもしれない。

というか今はTS録画でPT1/PT2なども利用しており

PCIスロットに依存するので対応するマザボ選びが大変なんだな。

余程のことがない限り新しくはしないと思う。

 

■SSD

価格は下がっており新しくしたいが

最近PCゲームをすっかりプレイしなくなり

それ故に容量を増やすメリットがあまりない。

今の250GBクラスでも不足しているわけではない。

Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型【PlayStation4 動作確認済】5年保証 正規代理店保証品 MZ-76E500B/EC

Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型

【PlayStation4 動作確認済】5年保証 正規代理店保証品 MZ-76E500B/EC

HDDの代わりとして使うなら500GBでも不足で

それこを2TBとか3TBとか欲しいけどそれにはまだ速いからな。

 

■HDD

HDDは買う予定だけどデータ保存用は

データ整理でデータ削除を行ったので

かなり延命出来るようになったため今年は不足しない見込み。

ただ古いHDDの引退を進めて新しいHDDへの

データ統合を進めていくために新しいHDDの購入は検討してる。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 6TB 内蔵ハードディスク HDD

2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST6000DM003

その場合は6TBか8TBを買うことになるかなと。

8TBを買って3TBx3台を一部データ削除して8TBに収めて

3TBのHDDは他に流用するってのが今の方向性かな。

 

■ビデオカード

PCゲームをプレイしなくなったので

ビデオカードの購入熱もすっかり冷めてしまった。

GPUエンコードもする予定ないし

一応用途は検討しているけど

無理に買う予定はない。

 

■電源

昨年だったか録画PCで電源トラブルがあり

新しい電源に交換をすることになった。

録画PCは新しくしたので問題ないが

メインPCでもいずれ交換が必要になる。

録画PCより新しくまた高品質の電源を利用してるが

壊れてから対処すると大変なので早めに対処したい。

今はSILVER電源なので次はGOLDを考えている。

Thermaltake TOUGHPOWER GX1 RGB 700W -GOLD- PC電源ユニット 80PLUS GOLD PS816 PS-TPD-0700NHFAGJ-1

Thermaltake TOUGHPOWER GX1 RGB 700W -GOLD-

PC電源ユニット 80PLUS GOLD PS816 PS-TPD-0700NHFAGJ-1

700Wくらいでこの辺りになるんだろうか。

 

■PCケース

最近PCケースのケースファンの交換が相次いでいる。

長く利用してきて異音を放つことが増えてきた。

最近また録画PCのファンから異音がしている。

ここ2年で3個交換したけど残ってた1つからの異音で

これを交換したら全部交換したことになるようだ。

一方でメインPCのほうは特に問題ないんだな。

録画PCのケースは2008年、メインPCは2011年に買ったもの。

フロントUSB3.0すらどちらもないけど気に入ってるしそのままでいいか。

実は新しいケースは5年前くらいに買ったんだけど

使わず放置している。邪魔だけどそうしよう。

それ故に新しく買うことはなさそうだ。

 

って感じだろうか。

購入優先順位は

1位はRAMで2位はHDD、3位はCPUか電源かSSDかといったところか。

なんだかんだ言ってPCへの依存度はスマホよりも高いので

しっかりメンテをして長く使っていきたいもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加

無線イーサネットコンバータは便利

  • 2019.08.06 Tuesday
  • 20:46

15年以上前だったか

自宅にLAN回線を敷設した。

天井の隅にBSアンテナケーブルとセットで

LANケーブルも敷設してそのまま自室へ。

自室にはスイッチングハブを導入して

複数のパソコンでインターネットを利用したりしていた。

 

その後NASやゲーム機など

ネット利用機器が増えたこともあり

8ポートへのスイッチングハブにアップグレード。

BUFFALO Giga対応 金属筺体 電源内蔵 8ポート ブラック スイッチングハブ LSW5-GT-8NS/BK

BUFFALO Giga対応 金属筺体 電源内蔵 8ポート

ブラック スイッチングハブ LSW5-GT-8NS/BK

それは今も利用しているバッファローの製品だ。

ギガビット・イーサネット対応を選択したのは

録画PCなどからメインPCへエンコード後の動画データを

LAN経由で転送するためで

それは今も毎日のように行っている。

 

ただ廊下のLANケーブルは

光TVを導入してBSアンテナを撤去した頃に

邪魔になったので一緒に撤去することにした。

その際に導入したのが無線イーサネットコンバータ。

Wifiの親機にNECの製品を利用していたこともあり

子機にもNECのがベストだとこの製品を購入した。

NEC Aterm WL300NE-AG (Ethernet子機) PA-WL300NE/AG

NEC Aterm WL300NE-AG (Ethernet子機) PA-WL300NE/AG

もう使い始めて何年になるんだろう。

かなり長く無線イーサネットコンバータを利用している。

 

この無線イーサネットコンバータの導入はとても簡単だった。

LANケーブルを撤去して

スイッチングハブのWAN側にこの無線イーサネットコンバータを設置。

Wifiの設定をするだけですぐに完了した。

自室で利用してるデスクトップPCなどは従来どおり有線LAN。

PC間のファイル転送もギガビット・イーサネットで

高速ファイル転送が可能だ。

利用してるPCが少なければ個別にWifiを導入する事も考えたけど

複数のPCやゲーム機、NASなどを利用してる場合は

無線イーサネットコンバータで一括で無線化してやるのがベスト。

またこの場合はPCがWifiではなく有線LAN接続になるので

Wake On Lanも以前通り利用出来るので便利だったりする。

 

ちなみにNECのWL-300NE-AGはWANポートが1個、LANポートが2つある。

接続するPCが2台ならスイッチングハブは必要ない。

8ポートのスイッチングハブを下に接続しているので

無線イーサネットコンバータ+スイッチングハブで

8台の端末を接続して利用することが出きる。

そんなに多くの端末を今は接続していないけどね。

ともかく無線LANを導入する場合

有線LANを利用していた頃より不便になることが多い。

PC間のファイル転送やWake On Lanなどもそうだし

PCが多いと各PCにUSB無線LANアダプタを買う必要がありコストもかかる。

無線LANコンバータなら結果的に安く従来の環境を活かせる場合があるので検討してほしい。

 

ちなみに今のNECのWifiルーターは

親機(無線ルーター、無線AP)としてだけでなく

子機(無線LANコンバータ)や中継機として使える製品が多い。

NEC AtermWG2600HP3 無線LANルータ(親機)1733Mbps(11ac)+800Mbps(11n) / 1000Mbps(有線LAN) PA-WG2600HP3

NEC AtermWG2600HP3 無線LANルータ(親機)

1733Mbps(11ac)+800Mbps(11n) /

1000Mbps(有線LAN) PA-WG2600HP3

高速モデルを2台買って1台を親機、1台を子機として使えば

高速な4x4MIMO環境での無線イーサネットコンバータが使える。

コストはかかるけど速度を重視するならありかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

OSのインストール

  • 2019.08.02 Friday
  • 20:51

最後にOSのインストールをしたのはいつだろうか。

多分2012年春頃じゃないかなあ。

それを最後にOSのインストールを行っていない気がする。

昔はPCを利用していると不安定になるので

たまにOSの再インストールをする必要があった。

2年に1回とかの頻度でOSの再インストールをしていた気がする。

それによりゴミデータが消去されて心機一転利用することが出来た。

ただWindows7くらいからは長く使っても安定するようになって

再インストールをすることがなくなった。

 

Windows7はWindows10へと移行したけど

Win10へのアップグレード時は再インストールではなく

アップグレードを行ったので前の設定はそのまま。

昨年春にCPU、RAM、マザーボードの3点セットを交換した時は

さすがにOSの再インストールが必要だと思っていたけど

特にしなくても問題なかったのでそのまま。

故に7年くらいOSのインストールをしていない。

新しいPCも購入していないってことでOSのインストール手順を忘れてしまった。

【Amazon.co.jp 限定】 Crucial SSD 480GB 7mm / 2.5インチ BX500シリーズ SATA3.0  3年保証 【PlayStation4 動作確認済】 正規代理店保証品  CT480BX500SSD1Z [FFP]

【Amazon.co.jp 限定】 Crucial SSD 480GB 7mm /

2.5インチ BX500シリーズ SATA3.0 3年保証 【PlayStation4 動作確認済】

正規代理店保証品 CT480BX500SSD1Z [FFP]

SSDを500GBクラスにアップグレードしようと思ってるけど

これを気にWindows10を新規インストールしようかなと検討している。

手順をあらためて確認しておかねば。

 

OSのインストールのためにはインスールメディアが必要。

昔はCD-RだったりDVD-Rがそれだった。

今もDVD-Rをインストールメディアとすることは出来るが

それよりも簡単なのはUSBメモリ。

Transcend USBメモリ 32GB USB 3.1 スライド式 ブラック TS32GJF790KBE 【Amazon.co.jp限定パッケージ】

Transcend USBメモリ 32GB USB 3.1 スライド式 ブラック

TS32GJF790KBE 【Amazon.co.jp限定パッケージ】

今はUSBメモリからOSをインストールすることになる。

USBメモリからのインストールは

古いデバイスでは利用できないのだが

USBメモリからインストールできないほど古いデバイスは

Windows10が動かない古いスペックなので全く問題ないだろう。

USBメモリからのインストールのためには

パソコンを使ったインストールディスクを作ることになる。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

そしてUSBドライブから起動できるBIOSの設定を行った上で

インストールを行っていくと。

 

はっきり言ってOSのインストールは

2012年頃に行った時もそうだったけど今は簡単。

ほとんど自動でインストールしてくれるし

昔のようにHDDのMasterとかSlaveとか気にしなくてもいいし

適当にやればインストールは終わって設定もある程度行ってくる。

ドライバのインストール自体自動でやってくれたりするから楽ちん。

勝手にやってくれないなら手動でインストールする必要があるので

予めドライバは用意しておくといいだろう。

特に周辺機器のドライバなどは必要になるかもしれないからね。

僕の場合だとアースソフトのPT3などは手動で設定する必要がある。

あとは各種ソフトのインストール。

これが大変でウイルス対策ソフトにChromeやFirefoxなどのブラウザ。

それ以外にアプリは10くらいインストールすることになる。

設定データなどをリカバリする必要もあったりして

OSのインストールを10とすればその後の作業が50くらい必要で

多分そっちのほうが大変じゃないかなと思う。

僕はデスクトップPCを利用しているので

OSをインストールするCドライブのSSD以外の

DドライブのHDDなどに必要なデータを置いておけばあとで楽になる。

ノートPCなどの場合はUSBストレージなどに必要なデータを置いておくと便利かと。

 

OSの購入はインストール以上に最近はない。

Windows7を買ったのが最後でWindows10は買ったことがない。

【Amazon.co.jp限定】 Microsoft Windows10 Pro 64bit 日本語版|DSP版|LANアダプター LGY-PCI-TXD 付き

【Amazon.co.jp限定】 Microsoft Windows10 Pro 64bit

日本語版|DSP版|LANアダプター LGY-PCI-TXD 付き

Windows10が出る頃だったかマイクロソフトのOSは

安くなるという話があったけど全然安くなっていないよな・・。

アップグレードが無料になったのはいいんだけど

新規にPCを組んだりする場合は従来どおりのコストが必要になる。

とはいえ我が家ではWindows10は3台利用しており

これ以上増やすことはないと思うけど。

ノートPC含めれば6台か・・。

 

ということでOSのインストールは今年中には行えれば。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー製NAS

  • 2019.08.01 Thursday
  • 21:40

NASは便利で欠かせない。

是非使って欲しいけど

NASキット+HDDだとコストがかかる。

コストを抑えるのなら通常のNASで十分。

BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応 ネットワークHDD 3TB LS210D0301G 【エントリーモデル】

BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応

ネットワークHDD 3TB LS210D0301G 【エントリーモデル】

バッファローやアイオーデータなど

外付けHDDを販売しているメーカーならからNASとして売られている。

HDD価格が安くなった今はNASの価格もかなり安くて

3TBモデルでも12000円台で購入できる。

 

いわゆるNASとして利用するならこれで十分。

共有ストレージとして設定すれば

自宅の各パソコンなどから見ることが出きる。

スマートフォンでも専用アプリで利用できるし

ファイラーアプリからでも使えるかなと。

あとDLNAやDTCP-IP機能があるので

ネットワーク録画機能がある製品で活用できる。

ただ最近はあまり見かけなくなった。ナスネも販売終了したからね。

動画を置いてDLNAサーバーとして

メディアプレイヤーで見たりするのは便利で重宝するかと。

最近のTVにはメディアプレイヤー機能が内蔵されてる製品多いからね。

バッファローのNASはタイマー機能もあるようでなかなか良さそうだ。

 

NASキットは何が違うかというとより多機能に使える。

【NASキット】Synology DiskStation DS119j [1ベイ /  デュアルコアCPU搭載 / 256MBメモリ搭載] シンプルな初心者向け

【NASキット】Synology DiskStation DS119j

[1ベイ / デュアルコアCPU搭載 / 256MBメモリ搭載] シンプルな初心者向け

どれくらい多機能なのかはメーカーによるけど

ウェブサーバーやメールサーバー、VPNサーバーなど利用することが出来たりする。

ただし設定などはかなり必要で手軽にというわけにはいかない。

またNASキットの性能は専用サーバーに比べると低いので

簡易的な機能しか備えてないケースも多い。

ただ以前に比べてNASキットのスペックは高くなっており

出来ることは広がっている。

そうしたサーバーとして使ってみたいのならありだけど

ネットワークストレージとして使うだけなら通常のメーカー製NASで十分かな。

 

NASはたいていHDD価格+4000円から6000円ほど。

外付けHDDがHDD価格+2000円から3000円なので

それに比べると割高なのはコンピュータを内蔵しているため。

NASにはCPUやRAMもありOSだって搭載されている。

NASキットは安いものでも12000円ほど。

様々な機能を使うなら良いけど使いこなせないのなら高いだけ。

でもHDDを交換したい放題ってのは魅力かもしれない。

メーカー製NASはHDD交換をしたら当然保証は切れてしまうからね。

そもそも出来るんだろうか。分解出来ればできそうだけど

ファームウェアで対応するHDDが制限されていたら無理だろうけど。

 

何故今回こんな記事を書いたのか。

会社のNASがNASキット+HDDなんだけど

1度もHDDを交換していないし

ネットワークストレージとしてしか使ってない。

NASキットじゃなくても良かったんじゃね?と思っているため。

HDDを交換して今の2TBから4TBに増やすことも可能だけど

そもそも容量は2TBで十分足りている。

まあ安く買えるNASもありだなと思ったりしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PCスピーカーは今のままか

  • 2019.07.31 Wednesday
  • 19:36

メインPCでは音楽を聞いたり動画を見たりするため

スピーカーを多様している。

今利用しているのは6年前に購入したUSBスピーカー。

Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(B)

Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(B)

音質や様々な状況を検討して

あと予算も考慮して選んだのがこのスピーカーだった。

 

USBスピーカーを選んだのは2つの理由がある。

1つは音質。

一般的なPCスピーカーはステレオピンケーブルで接続する。

この場合サウンドデバイスはマザーボードに内蔵されているものを利用する。

それはコスト重視で決して音質が良いわけではないので

かつてはサウンドカードが使われていたりした。

昨今はUSB-DACなどが使われるものだが

USBスピーカーは全てがそうではないんだけど

USB-DACを内蔵しており高音質を実現している。

このOlasonicのモデルもそういう製品だった。

もう1つはUSB電源。

通常スピーカーはステレオピンケーブルと電源ケーブルの2本必要で

PC後ろの配線が大変になる。

また電源の確保にコンセントも必要になる。

PCが2台あればスピーカーの電源も2つ必要で

ただでさえ最近はPC以外もスマホ用充電器なども必要で

電源の確保が大変だった。USBスピーカーだとPCと接続して

PCから電源を供給を受けるのでコンセントプラグの確保が不要で済むんだ。

 

概ね満足していたんだけど

1つ実は上記のスピーカーには不満があった。

それはスピーカー本体に

ミュートやボリュームコントローラー機能を持たないことだった。

それ故にPCのアプリやOSから音量を調整する必要があってそれが面倒だった。

特に電話がかかってきた時など音をすぐミュートにしたい時など厄介だった。

そのため新しいUSBスピーカーを検討。

ハイレゾ対応の上位モデルが発売されており

それはスピーカーで音量コントロールが可能で有力候補となった。

Olasonic USBパワードスピーカー (チタニウムグレー) TW-S9T

Olasonic USBパワードスピーカー (チタニウムグレー) TW-S9T

ただハイレゾは特に聞いたりしないので

音質がそこまで必要なのかと疑問にも思ったり

音量に至ってはそもそも今ではかなり抑えている状況で

そんなに大きな音は出さないので必要なくて

ミュートやボリュームコントロールのために新しいのを買うのもな・・と

そう思っていた。

そんな矢先に東和電子のOlasonicが事業譲渡されたりして

ネットショップなどから一時的に消えて購入熱は冷めていたんだ。

今は在庫が復活してて以前より少し価格も安くなり売られている。

 

今何もない状態ならハイレゾ対応のほうを買ってたかもしれないが

既にTW-S7を持っていて満足しているので新たに買うかは微妙。

あとミュートやボリュームコントロールの問題だが

実は今はほぼ解消しているんだ。

ロジクール キーボード ワイヤレス 無線 フルサイズ 薄型 テンキー付 耐水 静音設計 USB接続 3年間無償保証ボード Unifying対応レシーバー採用 K270

ロジクール キーボード ワイヤレス 無線 フルサイズ 薄型 テンキー付

耐水 静音設計 USB接続 3年間無償保証ボード Unifying対応レシーバー採用 K270

ロジクールのK270というワイヤレスキーボードを利用してるけど

このショートカットキーにボリュームコントロールがついていて

ミュートや音量コントロールはここから行える。

ワンボタンで簡単に音量ミュート出来てしまう。

これはOSの音量設定をショートカットしたものでハードウェアコントロールではないのだが

機能的にこれで十分なのでこのままでいいかなと最近は思っているところ。

 

新しいスピーカーは果たして必要かと最近は思っていて

音量を上げてハイレゾでもし僕が音楽などを聞くとしたら

それはスピーカーではなくきっとヘッドホンになるのかなと思う。

それならハイレゾ対応のUSB-DACやヘッドホンを買うほうが良さそうで

それ故にスピーカー更新計画は停滞・・というか休止しているところと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバーPC再び

  • 2019.07.28 Sunday
  • 21:36

PCを利用し始めて20年ほどになるけど

これまで2台のサーバーPCを利用してきた。

初代は2002年くらいに購入したものだけど

いつだったかコンデンサが膨らんで使えなくなり

コンデンサの交換などをしたもの。

でもスペックが低くて最終的には捨ててしまった。

2代目はいつ買ったか覚えてないけど

HPのML115G1という機種だった。

このパソコンはデュアルコア化したりして長く利用し

実は今も持っている。ただ利用していないけどね。

もう1台のPCとともに捨てる予定だけど

こんな感じのPCをまた利用したいなあと思っていたりする。

 

なぜサーバーPCと読んでいたのかというと

それらのPCが格安サーバーとして売られていたものだから。

僕はそれを多目的PCとして利用していた。

用途は本当に多目的でファイルサーバーとして利用したりすることが多かったが

他にもIP電話機として利用したり

Linux実験機として利用したりVPNサーバーとして利用したり

TSサーバーやウェブサーバーやメールサーバーとして使ったこともあったな。

サーバー向けPCだから堅牢性も高いのだろうと

常時起動PCとしていろいろ利用して

リモートデスクトップのVNCと組み合わせたりしていたもの。

今そうした格安サーバーは見かけなくなった。

富士通 PRIMERGY TX1310 M3 4GB ディスクレスモデル DP変換ケーブル無し(Celeron G3930/タワー)

富士通 PRIMERGY TX1310 M3 4GB ディスクレスモデル

 DP変換ケーブル無し(Celeron G3930/タワー)

一応売られいるみたいだけど以前ほど魅力に感じない。

なんだかんだアップグレードしたらコストがかかるからね。

 

近年はどうしていたかというと

ファイルサーバーに関しては完全にNASへと移行した。

Synology DiskStation DS218j 2ベイ NAS キット 日本正規代理店アスク サポート対応 デュアルコアCPU搭載 保証2年 CS7088

Synology DiskStation DS218j 2ベイ NAS キット

日本正規代理店アスク サポート対応

デュアルコアCPU搭載 保証2年 CS7088

NASを利用するようになりサーバーPCの役割は終えた感じだ。

他のVPNサーバーなどもNASで利用可能だ。

ただWindowsパソコンではないことで出来ないことは多くて

その点はちょっと不便だなと思うことはある。

だからこそまたサーバーPCを導入したいなと思う。

今だとどれくらいのコストがかかるだろうか。

ファイルサーバーだとHDDが必要だけど

各種アプリを動かすだけならSSDでも利用できそうだ。

CPUパワーはそれなりにほしい気がするけど最新のものは必要ないな。

 

それで考えたんだけど

今だったら中古パソコンが理想だろう。

中古ノートパソコンはとても人気があるけど

中古のデスクトップパソコンはよりスペックが高くて拡張性もある。

中古パソコン デスクトップ DELL OptiPlex 7010 SFF CPU:第3世代 Core i5-3470 3.20GHz メモリ:8GB HDD:1TB DVDマルチドライブ搭載 Windows10 Pro 64bit インストール済み(Windows7 コアシール付き)

中古パソコン デスクトップ DELL OptiPlex 7010 SFF

CPU:第3世代 Core i5-3470 3.20GHz メモリ:8GB HDD:1TB

DVDマルチドライブ搭載 Windows10 Pro 64bit

インストール済み(Windows7 コアシール付き)

買うならCore i5モデルがベストだろう。

Core i3は2コアだがCore i5なら4コア。

ゲームはプレイしないのでGPUは重視する必要はなくて

SSDさえ導入すれば今でも十分快適に遊べるPCとして使えそう。

拡張性を重視するならそれに適したケースを搭載したPCがベストだろう。

[ WPS Office ] Dospara Dignnos Win10 Pro Core i5 4570 3.20GHz メモリ4GB HDD500GB [ DVDマルチ ]

[ WPS Office ] Dospara Dignnos Win10 Pro Core i5 4570 3.20GHz

メモリ4GB HDD500GB [ DVDマルチ ]

自宅に設置するわけだが省スペース性はそれほど必要ない。

それよりも安定性や拡張性が望ましいので

上記のPCとかなかなか良さそうだ。

Core i5 4xxxなら動画エンコードすらできるスペックなので

メディアサーバーとしても使えるんじゃないかな。

さらにWindows10もライセンスが付属してたりするので良さそうだ。

ちなみにこれらの中古PCの多くは企業リース落ちのPC。

どっかの企業で5年リースされたPCが返却されて再生PCとして販売されているもの。

Core i5 4xxxは2013年のPCなので5年リース落ちして間もないモデルだから

今買うなら4000番台のCore i5を搭載したPCが良いかなと。

2000番や3000番だと売れ残りの可能性があり特価じゃなければ買う気しないな。

まあ安ければそれもありだけどね。

 

ということで中古PCをそのうち買ってみようかな。

とりあえず古いサーバーPCは処分しないと。

無料引き取り業者とかあるからあたってみよう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


recommend

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3
【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3 (JUGEMレビュー »)

DJIのスマホ3軸ジンバルの新モデル。折りたたんでコンパクトに収納できるようになった。さらに13500円と値下げ。

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM