リモートデスクトップ

  • 2020.01.23 Thursday
  • 23:28

リモートデスクトップだけど

かつて自宅内のPCでモニターを接続してないPCを

VNCというソフトを利用して遠隔操作していた。

ただそれは自宅のネットワーク内での操作だった。

本格的にリモートデスクチップを利用するようになったのは

iPad2を購入した2011年頃だったかな。

Splashtopというリモートデスクトップアプリを知り

利用するようになった。

Splashtopプレミアム|1年版

Splashtopプレミアム|1年版

Splashtopは当初は有償アプリだったが無料化。

しかし外からのアクセスは別途有料プランへの加入が必要になった。

上記のような1年プランなどに加入する必要がある。

結局その有料化故に利用が減って

その次を求めて探して利用し始めたのがGoogleのアプリだった。

 

Googleのリモートデスクトップは

Chromeリモートデスクトップという。

Googleアカウントで同期して同じIDでログインして利用する。

無料かつ手軽に利用できるのでいつからかメインになった。

スマートフォンでもアプリが出ており利用することが出来る。

またChromebookはChromeアプリで利用できて

かなり重宝する。

Lenovo ノートパソコン Chromebook S330(14インチFHD MT8173 4GBメモリ 64GB )

Lenovo ノートパソコン Chromebook S330

(14インチFHD MT8173 4GBメモリ 64GB )

僕は旅行の際にChromebookを持っていく。

旅先で自宅のPCにリモートデスクトップでアクセスして

動画エンコードの設定を行ったりしていたものだ。

 

そう言えば最近Chromeアプリが終了するとアナウンスがあった。

Chromeリモートデスクトップもどうなるか不安だったけど

そういえばChromebookのリモートデスクトップは

アプリからブラウザアクセスへと変更されている。

https://remotedesktop.google.com/access

今はこのURLにアクセスして利用する形になった。

リモートデスクトップサービス自体がなくなるわけではないので安心だ。

拡張機能として追加しておいたので

また旅行の際には役立ってくれることかと。

 

リモートデスクトップといえばマイクロソフトも提供している。

Windows10に搭載されているものだ。

ただしPro版ではないとホスト機能(接続される側)は使えない。

どのみちChromebookでは使えないけどね。

AndroidやiOSデバイス、またWindows PCなら利用できると。

クライアント側はWindows10 Homeでも問題ないと。

あとSplashtopも同一LANなら無料で利用することが出きる。

Synology 高機能無線ルーター 800Mbps + 1,733Mbps(11a/b/g/n/ac対応) 高セキュリティ VPN Plus対応 RT2600ac

Synology 高機能無線ルーター 800Mbps + 1,733Mbps

(11a/b/g/n/ac対応) 高セキュリティ VPN Plus対応 RT2600ac

自宅にVPNサーバーを立てて接続すれば無料でも使える。

1つのサービスに依存しすぎると使えなくなった時に大変だから

複数の手段を用意しておくと良いのかと。

 

ということで便利なリモートデスクトップ。

利用するならとりあえずはGoogleのから始まるのが良いかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワイヤレス充電がもっと広がらないものか

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 19:33

スマートフォンの充電は最近ワイヤレス充電が増えている。

一時期は対応機種が減っていたけど

iPhoneが8から対応したため最近また増えつつある。

Galaxyシリーズも対応しているし

他のモデルにも波及しつつあったりするのかなと。

僕は去年12月にワイヤレス充電アダプタを購入した。

Anker PowerWave 10 Stand(改善版), ワイヤレス充電器 Qi 認証 iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max/XS/XS Max/XR/X / 8 / 8 Plus Samsung Galaxy LG 対応 5W & 7.5W & 10W 出力 ブラック

Anker PowerWave 10 Stand(改善版), ワイヤレス充電器

Qi 認証 5W & 7.5W & 10W 出力 ブラック

2台目のアダプタで今部屋に昔買ったのと並べて利用してるけど

机の上などに置くのに場所を取らなくて便利に使える。

スマートフォンで映像を見たりしながらも充電できるので

何かと便利だ。

 

このワイヤレス充電ってのはとても便利なのだが

もっと広がっていかないものなのだろうかと思う。

例えばカメラだったりLEDライト。

充電池に対応したモデルなら充電器を使えば手軽に使えるが

最近は充電池内蔵の本体内充電モデルも増えている。

本体内充電だとケーブルで端子に接続して充電する必要があるが

これがワイヤレス充電を利用出来ると便利だと思うんだけど。

ワイヤレス充電対応モデルはかつてPanasonicのビデオカメラバッテリーに

そうした機能が搭載されていたっけ。

スマホ以外だとスタンド型である必要はなく

Anker PowerWave 10 Pad (改善版), ワイヤレス充電器 Qi 認証 iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max/XS/XS Max/XR/X / 8 / 8 Plus Samsung Galaxy LG 対応 5W & 7.5W & 10W 出力 ブラック

Anker PowerWave 10 Pad (改善版), ワイヤレス充電器 Qi 認証

 5W & 7.5W & 10W 出力 ブラック

こうしたパッド型の充電器が最適ではないかと思う。

置くだけで充電できるのは便利。

 

ワイヤレス充電が最適な製品ってのは何だろうか。

やはり充電頻度が高く電池交換が難しいものだろうか。

PCマウスなどは相性良いかと思ったけど

電池交換しやすしし充電頻度も低いのでそれほど必要性は高くない。

スマートウォッチなどは既に利用されているかな。

最近だとワイヤレスイヤホンなどに利用されている。

音楽プレイヤーなどとは相性が良さそうだけど

最近はスマホが音楽プレイヤー化しているからな。

ゲーム機などはありだと思う。

人によっては毎日利用して毎日充電をしている。

Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド(バッテリー持続時間が長くなったモデル)

Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ)

Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド

(バッテリー持続時間が長くなったモデル)

スイッチやスイッチライトにワイヤレス充電モデルが出ても

おかしくないと思うけどどうなんだろうなあ。

 

ワイヤレス充電のコストや充電時間はどうだろう。

スマートフォンの場合は

ワイヤレス充電により多少なりともコスト増につながる。

また以前Googleがワイヤレス充電を外した際には

ワイヤレス充電の機構が厚さ増につながるとも言われていた。

もちろんコストには跳ね返るだろうが付加価値は高まるわけで

ミドルハイ以上のモデルには導入するメリットはあると思う。

あとワイヤレス充電は充電速度が遅いイメージがある。

これは充電器次第なのだが古いモデルだと5W対応なので

5V1Aであまり早くない充電となってしまう。

僕が利用してるGalaxy Note9だと10W充電に対応しており

5V2Aでの充電が可能だ。一般的な充電速度と言えるだろうか。

ワイヤレス充電器 15W Qi急速充電器 iPhone 11/11 pro/11 pro max/X/XS/XR/ 8/8 Plus/Samsung Galaxy対応5W/7.5W/10W/15W

ワイヤレス充電器 15W Qi急速充電器 

充電器としては15Wモデルまで出ているが

対応した機器はまだ多くはない。

iPhoneは現状7.5Wまでの対応なので10W対応充電器でもそこそこの速度。

そもそも15Wに対応した製品は出てるのかな。

Galaxy S10とかは対応してそうだけど・・・。

ということで充電速度が早くはないのは事実でそれはスマホが対応してないから。

急速充電に関しては有線のほうが早いと言えるかなと。

 

僕は今はワイヤレス充電を利用してるけど

対応機器なら便利に利用している。

スマホとの相性は抜群なので全てのスマホには搭載してほしい。

充電端子が劣化しないのも利点だね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

4Kモニター購入計画

  • 2020.01.19 Sunday
  • 19:32

昨年の12月くらいから購入を検討し始めた4Kモニター。

今年には購入したいと思っているけどまだまだ。

机の上に置けるのだろうかとちょっと気になっている。

それこそ机からして新しくする必要があるなら

かなり大掛かりなアップデートが必要になってしまう。

多分32インチクラスなら置いても問題ないとは思うけどね。

LG モニター ディスプレイ 32UK550-B 31.5インチ/4K/HDR10/VA非光沢/HDMI×2、DP/FreeSync/スピーカー/高さ調節/フリッカーセーフ、ブルーライト低減

LG モニター ディスプレイ 32UK550-B 31.5インチ/

4K/HDR10/VA非光沢/HDMI×2、DP/FreeSync/

スピーカー/高さ調節/フリッカーセーフ、ブルーライト低減

27インチくらいじゃ

4Kの高精細感があまり得られないと思うので

32インチは必要じゃないかと思っている。

価格は4万円台といったところか。

 

同じ4万円台では43インチモデルも買える。

ブランド的には安いモデルになるようだけど

JAPANNEXT JN-VT4300UHD 4K 43インチ液晶ディスプレイ UHD PCモニター (JN-VT4300UHD 43型 4K)

JAPANNEXT JN-VT4300UHD 4K 43インチ液晶ディスプレイ

UHD PCモニター (JN-VT4300UHD 43型 4K)

43インチが4万円そこそこで買えてしまうのは凄い。

ただ本当に凄いのはPCモニターではなく4Kテレビだったりする。

4Kチューナーを搭載しないモデルなら今や4万円くらいで買える。

ハイセンス 43V型 4K対応液晶テレビ43F68E -外付けHDD録画対応(裏番組録画)/メーカー3年保証 2019年モデル

ハイセンス 43V型 4K対応液晶テレビ43F68E

-外付けHDD録画対応(裏番組録画)/メーカー3年保証 2019年モデル

Wチューナー搭載でUSB-HDDを繋げば録画もできるモデルだ。

HDMI入力端子も4つついているので

パソコンだけでなくゲーム機なども接続出来る。

40インチ超えの4Kモニターを買うのなら

安い4Kテレビを買ったほうがお得・・なのかもしれない。

というかその値段を知ってしまうと32インチの4Kモニターって

もう少し安くならないものかなと思ってしまう。

 

ということで4Kモニターを買おうとしてたら

4Kテレビを買っていたということになりかねない状況だ。

ただテレビにPCを接続して利用できるけど

視認性などはどうなのだろう。

そもそも43インチはデカイだろう。

机の上に置いたらそれだけで威圧感が半端なさそうだ。

今24インチ+17インチを並べてデュアルディスプレイにしてるけど

43インチの横幅はこの2台よりも少し超えるくらいなので凄く迫力な理想。

もっとも解像度は3840x2160で

今は2台で横が1920+1280の3200しか無いことを考えると

若干解像度が高くなったのと同じ程度に使えるのかもしれない。

となれば案外良いんじゃね?と思うけどどうだろうなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

NASのアップデート検討

  • 2020.01.16 Thursday
  • 20:39

先日NASのファームウェアアップデートをしたけど

アップデートに時間がかかるし処理が重かった。

NASの設定はブラウザからアクセスできるのだが

僕が使っているQNAPのNASはスペックが低い。

シングルコアに256MBのRAMといったスペックなので

とても重くてかろうじて動いている感じがある。

それ故にもっとスペックの高いNASへとアップデートしたい。

 

定番のNASキットだとAmazonで人気の

Synologyのモデルだろうか。

【NASキット+ガイドブック付】Synology DiskStation DS218j/JP [2ベイ /  デュアルコアCPU搭載 / 512MBメモリ搭載] 国内正規品+電話サポート対応品

【NASキット+ガイドブック付】Synology DiskStation DS218j/JP

[2ベイ / デュアルコアCPU搭載 / 512MBメモリ搭載]

国内正規品+電話サポート対応品

このシリーズはDS216jの頃から人気があった。

現在のモデルは512MBのRAMを搭載している。

QNAPだとTS-231Pが該当するだろうか。

QNAP(キューナップ) TS-231P 専用OS QTS搭載 デュアルコア1.7GHz CPU 1GBメモリ 2ベイ ホーム&SOHO向け スナップショット機能対応 NAS 2年保証

QNAP(キューナップ) TS-231P 専用OS QTS搭載

デュアルコア1.7GHz CPU 1GBメモリ 2ベイ ホーム&SOHO向け

スナップショット機能対応 NAS 2年保証

こちらは1GBのRAMを搭載している。

今のCPUはたいていデュアルコアモデルが多くて

クロックは機種に寄って異なる感じだろうか。

高速CPUに大容量RAMだと

NASのファイルアクセス速度も早いし

アプリケーションの動作も早く快適に利用できる。

VPN機能などを利用するならスペックは高いほうがいい。

 

ただデュアルコアで1GBのRAMとかそんなものなのかな。

スマートフォンなどは最近は進化して

クワッドコアやオクタコアで4GBや6GBのモデルが増えている。

あとラズベリーパイなども最新モデルではRAMは4GBあるようだ。

それに比べてNASキットの進化はあまりないというか

それほどのスペックは必要ないのだろうか。

出来るだけ安くハイスペックなモデルとなるとどうかな。

 

正直2ベイである必要はない。

将来的に容量を増やせる2ベイのNASキットは魅力だが

現時点ではNASは3TBくらいの容量で足りている。

【NASキット】Synology DiskStation DS120j [1ベイ / デュアルコアCPU搭載 / 512MBメモリ搭載] シンプルな初心者向け

【NASキット】Synology DiskStation DS120j

[1ベイ / デュアルコアCPU搭載 / 512MBメモリ搭載] シンプルな初心者向け

SynologyのDS120jは512MBのRAMを搭載して2ベイモデルと同じ。

これでもいいかなと。旧モデルのDS119jは256MBでちょっとなと思ってたが

これだとRAMが多くなって価格はそう高くなってないのでありだろう。

この辺りをベースに考えてみようかなあ。

特にQNAPじゃないといけないとかこだわりはないから。

HDDもせっかくだから新しくしてみるかなあ。

今は3TBだけど4TBや6TBも考慮してみたい。

 

普段ファイルにアクセスする限りは

NASの遅さは感じないんだけど

設定などをすると重いなと感じるもの。

末永く利用していけるNASを考えたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスブログ

  • 2020.01.13 Monday
  • 22:43

かなり前だけど僕はボイスブログをしていた。

声で伝えるブログだけど

当時存在していたケロログというサイトを利用していた。

きっかけはICレコーダーの活用。

オリンパス OLYMPUS ステレオICレコーダー Voice Trek V-873 ブラック 8GB

オリンパス OLYMPUS ステレオICレコーダー

Voice Trek V-873 ブラック 8GB

何かいい使い道はないかと思ったときに

声のブログやホームページを公開してる人がいて

なかなかいいなと思ったのがキッカケ。

実際ICレコーダーの活用には繋がった。

 

最初はICレコーダー単体で利用していたけど

ステレオで録音をするとICレコーダーを手に持ってだと

音場が狂ってしまって違和感を感じるように。

歩きながらなどで録音する際には難しかった。

それでピンパイクを使えばよいとオーディオテクニカのマイクを購入。

audio-technica ステレオマイクロホン AT9901

audio-technica ステレオマイクロホン AT9901

ICレコーダー+AT9901の組み合わせで

夕方の犬の散歩中にボイスブログを録音したり

会社帰りの車の中で録音をしたりしていたものだった。

 

しかしその後外で録音するのではなく

PCで直接録音するのが主体となっていく。

USBマイクを購入したりしていろいろ模索して

最終的にはずっとほしかったSnowのYetiというUSBマイクを買って

Blue Microphones Yeti USB コンデンサー マイク Blackout Edition イエティ ブラック BM400BK 国内正規品 2年間メーカー保証

Blue Microphones Yeti USB コンデンサー マイク Blackout Edition

イエティ ブラック BM400BK 国内正規品 2年間メーカー保証

これでボイスブログの録音を行って

ICレコーダーは再び利用しなくなっていた。

更新頻度も最初は毎日だったけど最終的に週1回くらいの頻度になり

ケロログが閉鎖されてしまってそれでボイスブログは終了となったわけだ。

 

ケロログ閉鎖後だけど

今はボイスブログはYouTubeなどで行ってる人が多い。

ただポッドキャスト的な利用が出来ないので

YouTubeだとちょっと不便なところもあるようだけどね。

Box.netというクラウドストレージならば

ブログ貼り付けリンクを作成することが出来るので

音声ブログをアップするのに結構使えると思う。

僕はケロログが不安定な時にBOX.netを予備として利用していたけど

今も当時アップしてたファイルが公開されている。

2012年に始めて2013〜2015年頃がピークで毎日アップしていた。

その後更新頻度が減って2017年にケロログが終了したのだろう。

 

PCでの録音はあれだけど

ICレコーダー+マイクでの録音は

久しぶりに行ってみようかなと最近思っている。

今思っていることなどを声で記録することは

例えネットに公開しなくても未来の自分へのメッセージにもなる。

もちろんブログなどに公開してもいい。

その時代に自分はどんな生活を送って何を考えていたのか。

ふと昔考えていたことを思い出すことがあるが

声に記録することは自分の宝となる気がするので

録音できる環境は維持しておきたい。

公開するかは別だけど旅行先からの録音などはありだと思うなあ。

スマホとかだとあれだがICレコーダー+ステレオマイクだと

周囲の音も拾ってその場の雰囲気すら記録出来るのでありだと思う。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブカメラの活用

  • 2020.01.12 Sunday
  • 19:40

最近はウェブカメラを使っていない。

僕は今は2台のウェブカメラを持っている。

MicrosoftのLifecamとロジクールのQcam。

どちらも上位モデルで購入した10年前くらいは

7000円以上の価格はしていたと記憶している。

購入した理由はビデオチャットに利用するものだった。

ビデオチャットに関しては今は

スマホやタブレットで行いPCでは利用しなくなった。

そのためウェブカメラの利用は激減している。

 

そんな中で今ウェブカメラは売られてるのか気になったわけだが

PCショップなどへ正月休みに行った時に見たけど

規模はかなり小さくなったけど売られていた。

ネットショップだと普通に売られている。

店頭ではすっかり見かけなくなったマイクロソフトのLifecamはあるんだな。

マイクロソフト Webカメラ フルHD LifeCam Studio Q2F-00021

マイクロソフト Webカメラ フルHD LifeCam Studio Q2F-00021

画質はかなり良いモデルだったけど

僕が持ってるのは720p対応なので今は1080pと進化してるようだ。

それでいて価格も多少安くなっている。

あとウェブカメラといえばロジクール。

僕が持ってるQcam Pro 9000は大ヒットしたけど

720pだったが今は1080pのモデルが多く出ている。

ロジクール ウェブカメラ C920n ブラック フルHD 1080P ウェブカム ストリーミング 自動フォーカス ステレオマイク 国内正規品 2年間メーカー保証 ブラック

ロジクール ウェブカメラ C920n ブラック フルHD

1080P ウェブカム ストリーミング 自動フォーカス

ステレオマイク 国内正規品 2年間メーカー保証 ブラック

10年前のモデルと解像度以外の差はあるんだろうか。

昔はSkypeやLogicool Vidなどのビデオ通話アプリを利用してたが

高画質モードがなかなか動作が安定しなくて苦労をしていた。

ウェブカメラも気になるけどビデオ通話アプリの進化も気になる。

やはりSkypeが定番なのだろうか。

Skype自体は音声通話では利用してるけど

ビデオ通話で使ってないから今の現状が分からないな。

安定してFHDで利用可能なのかなあ。

 

使ってないウェブカメラを

なにか使えないものかと検討をしてるけど

実際今は時々ネットワークカメラとして利用している。

旅行へ行く時などはウェブカメラをPCと接続し

PC録画でPCは起動するのでその際にリモートデスクトップで旅先からアクセス。

そしてウェブカメラ映像を見れば部屋の映像が見られるわけで

ネットワークカメラと同じように利用できる。

窓の外に向けて設置すれば屋外の様子も見られる。

家が無事か確認出来るだけでも安心出来るというもの。

今は安価にネットワークカメラが買えるので

このためにウェブカメラを買うのは無駄だけど

余ってるウェブカメラの活用としては間違っていない。

 

あと顔認証カメラとして使えないものかと思ったけど

残念ながらウェブカメラでは顔認証は出来ない。

顔認証カメラは顔を立体的にとらえられるセンサーも必要になる。

出ないと写真で認証されてしまうからね。

Windows10にはWindows Helloという認証システムがあるが

それに普通のウェブカメラは対応していない。

Kaysuda USB顔認証カメラ ウェブカメラ マイク内蔵型 Windows Hello 機能対応 Webカメラ 赤外線カメラ HD720p RGB画質 ブラック

Kaysuda USB顔認証カメラ ウェブカメラ マイク内蔵型

Windows Hello 機能対応 Webカメラ 赤外線カメラ HD720p RGB画質 ブラック

こうした顔認証に対応したウェブカメラが出ており

顔認証以外にもビデオチャット用として利用できるので

今例えばSkype用ウェブカメラを買うなら

ついでに顔認証でログイン出来るこうした製品を買ったほうが

使いみちがあって良いのではないかと思う。

 

ビデオチャットもスマホやタブレットで行うが

意外とPCで行うほうが画面が大きいし

手軽に利用できて便利だったりする。

スマホやタブレットは移動できるのが利点だけど

手に持って行うので疲れてしまう。

PCのほうが相手の映像も大きく見られるし結構便利なんだな。

例えばスマホで使われるビデオチャットもPCで利用できればと思う。

LINEやハングアウトはウェブカメラがあれば利用できるが

FacetimeはMacなら可能だと思うがWindowsでは無理だなあ。

PCでビデオチャットするならヘッドセットも必要だけど

以前ボイスチャットで使っていたものがあるから使えそうだな。

 

ということでウェブカメラだけど

眠らせておくにはもったいないので活用していきたいもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows7サポート終了間近

  • 2020.01.10 Friday
  • 23:43

もうすぐWindows7がサポート終了となるようだ。

僕がWindows7を使っていたのはもうかなり前。

2020年なんてまだ先だと思っていたけどもうその年になってしまった。

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/

windows-7-end-of-life-support-information

2020年1月14日にサポートが終了するとのことだ。

ただWindows7を今も使ってる人はどれほどいるのだろう・・・。

 

僕も以前Windows7を利用していたし

自宅で使ってる各PCでWindows7を使っていた。

しかしWindows10がリリースされて

無償アップデートすることが出来るようになり

既にアップデートを完了しており今はWin10を利用している。

あえてアップデートをしなかった人がいるんだろうか。

Windows7からWindows10への無償アップデートは

1年間限定で2016年7月にも終わっているはずだけど

実は今も続いているという。

つまり今Windows7ユーザーの人は

メディア作成ツールを利用することで

Windows10へと無償アップデートが可能・・らしい。

【新パッケージ】Windows 10 Home 日本語版/May 2019 Update適用/パッケージ版

【新パッケージ】Windows 10 Home 日本語版/

May 2019 Update適用/パッケージ版

Windows10を買うとなるとHomeでも16000円以上かかるので

それがアップデートのネックになっていたのなら試して欲しい。

12月にGIGAZINEの記事になっていたはずだ。

https://gigazine.net/news/20191202-windows-10-free-upgrade/

これだね。

 

Windows7が終了するということで

その思い出を振り返ってみたい。

Windows7の前のOSってなんだっけ。

Windows98、98SE、Me、2000とあってそして7だっけ。

あれなんか忘れている。Vistaがあったっけ。

Windows7がリリースされたのは2009年秋だから

もう10年以上も前のことだ。

僕は2008年と2010年、2011年にPCを立て続けに更新してる。

Windows7は登場当初からとても評判が良かった。

Vistaに慣れていたのでガジェットがなくなって不便だなと思ったけどそれはすぐ慣れた。

Vistaはエアロとか透過のがあってあればいろいろゲームなどで問題だったりしたけど

7の頃にはGPU性能も向上してその負荷が気にならなくなった。

IntelのCPUのSandyBridgeの性能向上が素晴らしかったこともあるかな。

ともかくWindows7はとても順風満帆で快適に使えた印象の良いOSだ。

だからWindows10が新しくリリースされる時も別に今ので問題ないという感じだったが

無償でアップデート出来るのならということでアップデートした感じ。

無償じゃなければ7のまま使っていた人はきっと多いだろうと思う。

 

ということでまだWindows7を使ってる人は

そんなにいないと思うけど無償アップデート可能なら

行ったほうがいいのではないかと思う。

ただPCスペックには注意が必要かもしれない。

Windows7がリリースされた初期のスペックのPCの場合

そもそもWindows7でも重いと思うが

Windows10にアップデートしたらさらに重いので

それなら買い替えたほうがいいかと思う。

中古パソコン Windows10 デスクトップ 一年保証 HP 6300Pro Core i5 3470 3.2(〜最大3.6)GHz MEM:8GB HDD:500GB DVD-マルチ Win10Pro64Bit

中古パソコン Windows10 デスクトップ 一年保証 HP 6300Pro

Core i5 3470 3.2(〜最大3.6)GHz MEM:8GB HDD:500GB DVD-マルチ Win10Pro64Bit

今は法人落ちで中古のCore i5パソコンが安く買える。

特にデスクトップだとバッテリーとディスプレイという劣化パーツがないので

今でも十分快適に利用できる。RAMは8GBあれば十分。

システムドライブをSSDに変えれば非常に快適なPCとして使えると思う。

 

Windows7は良いOSだったなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイルスバスター

  • 2020.01.09 Thursday
  • 23:33

先日ドコモのiPhone11を購入したんだけど

安くなる条件としてオプションでウイルスバスターがついてきた。

月額550円で3台まで利用できるというもの。

冷静に考えると月額550円ってのは安くないな。

Amazonなどで売られてるパッケージやDL版だと

ウイルスバスター クラウド (最新版) | 3年 3台版 | パッケージ版|Win/Mac/iOS/Android対応

ウイルスバスター クラウド (最新版) | 3年 3台版 |

パッケージ版|Win/Mac/iOS/Android対応

3年3台版で12000円台で買うことが出きる。

550円x36で約2万円ほどなので圧倒的に安いが

短期利用ならお得なのだろう。

ウイルス対策ソフトを短期だけ使っても意味ないのだが。

 

ウイルスバスターだけど

かつてはウイルス対策ソフトとしては国内No.1だった。

今はどうなんだろうか。

僕が自宅でPCを導入したのは1998年だけど

その頃はウイルスバスター98ってのが出ていたっけ。

当時はPCソフトの定番の1つだった。

ネットのアンダーグラウンドな部分が今よりも表に出ていたため

非常に触れやすくウイルスなどの被害も多かった。

ブラクラみたいなのは頻繁にあったりしたものだけど

そのためウイルスバスターは必須だったっけ。

他にマカフィー、ノートンなどはあったけど

マカフィーは後にPCにプリインストールされる事が多くて

ノートンはPCに詳しい人が使うという感じだったっけ。

当時はそれ以外のウイルス対策ソフトはなくて

無料のものもまったくなかったっけ。

 

そんな状態に風穴をあけたのは

ソースネクストが安価なウイルス対策ソフトを発売してからで

その頃から無料のウイルス対策ソフトも出ていた。

ちょうどその頃だったかウイルスバスターはやらかしている。

確かアップデートファイルに問題があってPCフリーズする不具合があった。

それで公共インフラなどにも影響があって大問題になったっけ。

あれは僕自身ウイルスバスターへの信頼を損なった出来事で

後に無料ウイルス対策ソフトへと移行した理由の1つにもなった。

実際その後無料のウイルス対策ソフトがいろいろ出てきている。

そして僕もいつからか無料のを利用している。

今はAVG AntiVirusを利用している。

ウイルスバスターは今は使ってない。

今回のドコモとの契約ので使ってみようかと思ったけど

ウイルスバスター=重いというイメージが今も残っている。

ウイルスが多様化してそれに対抗するために常駐する必要があり

メモリは食うことになるが今のPCならそれほど問題ないのだろうか。

ちょっと試しに使ってみようかなあ。

 

あとスマートフォンのセキュリティとして

僕は今の所何もしていない。

スマホのウイルス対策ソフトは導入していない。

僕はPCがメインなのでスマホでは怪しいサイトなどは行かない。

それにスマホこそウイルス対策が常駐したら重くなりそうだから。

ただこれもスペックが上がってきたのでそろそろありかも。

iPhone11にはウイルスバスターが入ってるけど

本当に機能してるの?というほど負担を感じない。

スマートフォン依存度が高めればウイルスに触れる機会も増える可能性があり

重要データも多いことからうウイルス対策は必要なのかもなあ。

 

ウイルスバスターだけど

もう少し安ければね・・・。

昔利用していた頃は1年で3000円くらいだったと思うが

いつの間にか高くなってしまっている。

3台使えるとはいえ・・どうなのかなあ。

カスペルスキーとかは3年で5台使えて8000円台。

カスペルスキー セキュリティ (最新版) | 3年 5台版 | オンラインコード版 | Windows/Mac/Android対応

カスペルスキー セキュリティ (最新版) | 3年 5台版 |

オンラインコード版 | Windows/Mac/Android対応

カスペルスキーって以前は高かったけど

最近は安くなったものだなあ。

ウイルスバスターに拘る必要はないのかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の目標と展望:PC周辺とIoT関連編

  • 2020.01.07 Tuesday
  • 21:31

パソコン環境については先日書いたけど

それ以外にPC関連について今年を考えてみたい。

 

■スマートディスプレイ

Echo Show (エコーショー)  第2世代 - スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

Echo Show (エコーショー) 第2世代 -

スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

スマートスピーカーはあまりピンとこなかったけど

スマートディスプレイはありだと思う。

というかこれこそ未来じゃないかな。

ただ昨年は購入には至らなかった。

今年はどうかなあ。新しい製品なので自分のライフスタイルに合うか

正直それがわからないので不安で購入に至れていない。

もう少しスペックアップしてほしいなあとか思うけど。

 

■スマートプラグ

TP-Link WiFiスマートプラグ 2個セット 遠隔操作 Echo シリーズ / Googleホーム / LINE Clova 対応 音声コントロール ハブ不要 3年保証 HS105P2

TP-Link WiFiスマートプラグ 2個セット 遠隔操作 Echo シリーズ

/ Googleホーム / LINE Clova 対応 音声コントロール ハブ不要 3年保証 HS105P2

IoT機器の中でスマートプラグは

この1年でかなり低価格化した。

僕も今は2台ほど利用しているけど

用途があればこのスマートプラグは便利だ。

まあコンセントのON-OFFってことで

使える機器が限られるのがネックだけどね。

僕はPCとネットワークカメラに利用している。

PCはOSが起動せずBIOS画面で止まってしまった時に

遠隔で再起動出来るようにしたもの。

ネットワークカメラは電源OFF機能がないので

これを利用することでOFFに出来る。

 

■Bluetoothスピーカー

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB22 : 防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth / 重低音モデル ライティング機能搭載 2019年モデル ブラック

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB22 :

防水 / 防塵 / 防錆 / Bluetooth / 重低音モデル

ライティング機能搭載 2019年モデル ブラック

Spotifyなど最近音楽を聞く機会が増えてきて

Bluetoothスピーカーが欲しい。

スマートフォンでは音楽を聞くには付属スピーカーでは

あまりにも音が物足りないのでやはりスピーカーは必要。

SONYのが店頭で見て良さそうだったけどどうかな。

Ankerのは持っているけどネットラジオを聞くにはいいけど

音楽を聞くとなるともう少し上のグレードが必要だと思う。

 

という感じであまりPC周辺は

最近興味を惹かれるものがなかったりする。

昨年後半からプリンタの利用は増えてきたとは言え

これからプリンタが広がるとは思えないし

そもそもPC周辺機器ってのはPCの衰退とともに消えつつある気がする。

よく考えたら上の3つとも

PC周辺機器じゃなくてスマートフォン周辺機器とも言えるからね。

だから来年はスマホ周辺機器として書くことになるかもね。

パソコンは相変わらず使っていくので

もしなにか良いものがあればブログで紹介していきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の目標と展望:PC編

  • 2020.01.04 Saturday
  • 21:15

2020年も始まって各カテゴリごとに

今年も目標だったり展望などを書いていきたい。

今年の第1弾はPC。後日PC周辺・IoT編もあるので

パソコン本体などについて書いてみたい。

一応導入可能性が高い順番に書いていくことにする。

 

■メモリアップグレード

CFD販売 Crucial (Micron製) デスクトップPC用メモリ PC4-25600(DDR4-3200) 8GBx2枚 CL22 288pin 無期限保証 W4U3200CM-8G

CFD販売 Crucial (Micron製) デスクトップPC用メモリ

PC4-25600(DDR4-3200) 8GBx2枚 CL22 288pin 無期限保証 W4U3200CM-8G

2018年春にメインPCをアップグレードしたが

当時メモリ価格は高かったので8GB(4GBx2枚)を選択した。

あれから2年弱経って今はメモリ価格が下がっている。

そこでより高速で容量の大きなメモリを導入したいと考えている。

8GBx2枚でDDR4-3200のメモリへとアップグレードしたい。

今使っている4GBx2枚のDDR4-2400のメモリは

併用すると低い性能のほうに動作してしまうので取り外して

後述する録画PCのアップグレードを行う時に利用しようかと思っている。

これは今春までには導入したい。

 

■6TBのハードディスク

Seagate BarraCuda 3.5インチ 6TB 内蔵ハードディスク HDD 2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST6000DM003/FFP

Seagate BarraCuda 3.5インチ 6TB 内蔵ハードディスク

HDD 2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST6000DM003/FFP

これまで購入したHDDは3TBが圧倒的に多い。

昨年4TBのHDDをはじめて購入したけど1台にとどまっている。

今年は6TBのHDDを導入したいと思う。

用途はバックアップ目的ではなくPC内蔵。

これに関しても前半には導入したいと思っている。

本当は去年考えていたけど

デジカメデータの整理などを行ったので

それで必要性が薄れてしまって先延ばしになっていた。

NASで利用するプランもあるけど6TBのHDDに対応してるんだろうか。

 

■4Kディスプレイ

LG モニター ディスプレイ 32UK550-B 31.5インチ/4K/HDR10/VA非光沢/HDMI×2、DP/FreeSync/スピーカー/高さ調節/フリッカーセーフ、ブルーライト低減

LG モニター ディスプレイ 32UK550-B 31.5インチ/

4K/HDR10/VA非光沢/HDMI×2、DP/FreeSync/スピーカー/

高さ調節/フリッカーセーフ、ブルーライト低減

メインディスプレイを4K化したいというのは

実は年末に思い立ったこと。

以前は大型ディスプレイは設置場所の関係で厳しいと思っていたけど

テレビなどで4Kの魅力を知ってしまった今は

やはりPCでも4K映像を見られるようにしたい。

デジカメ写真などは4K解像度でも800万画素相当なので

それですら等倍表示は出来ないわけで

写真や動画などの活用では4Kのメリットは大きいかと思う。

ネックになるとしたらビデオカードが大丈夫かどうか。

今のはVRAMが2GBなのでちょっと不安がある。

これも今一番欲しいものの1つなのでこの勢いが続くなら

春までにも導入したいと思っている。

 

■録画PCアップグレード

AMD Ryzen 7 3700X with Wraith Prism cooler 3.6GHz 8コア / 16スレッド 36MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000071BOX

AMD Ryzen 7 3700X with Wraith Prism cooler 3.6GHz

8コア / 16スレッド 36MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000071BOX

上3つに比べると少し遠い計画だけど

録画PCもアップグレードしたいと思っている。

Ryzen7 3700Xを録画PCに導入をするわけではなく

メインPCで導入を行いメインPCの余ったパーツで

録画PCとして利用していきたいと考えている。

スペックはメインPC>録画PCで今後行く予定なので

いずれ今のメインPCが録画PCになっていければいいと思う。

4Kディスプレイを導入して4Kコンテンツの利用が増えれば

より高速化は必要なので導入に向けてはずみがつくと思うけど

現状はかなり出費が予想されるのでまだまだ優先度は低いかな。

 

■ノートパソコン

LG ノートパソコン gram 965g/バッテリー28時間/Core i5/13.3インチ/Windows 10/メモリ 8GB/SSD 256GB/ホワイト/13Z990-GA54J/Amazon.co.jp 限定

LG ノートパソコン gram 965g/バッテリー28時間/

Core i5/13.3インチ/Windows 10/メモリ 8GB/SSD 256GB/

ホワイト/13Z990-GA54J/Amazon.co.jp 限定

漠然と欲しい気持ちはあるけど

実際には具体的な購入計画はないノートパソコン。

今例えばノートPCを買う予算があったとしても

ノートパソコンを買わないような気がする。

それよりもスマートフォンの購入を優先すると思う。

モバイル環境下ならノートPCよりスマホのほうが使い勝手が良いし

自宅ではデスクトップPCのアップグレードなどがあり

ノートPCを買ったところで今のライフスタイルでは持て余してしまうかと。

ただ全く活躍しないわけではないのであればほしいなと。

 

という感じでノートPCは毎年のように

購入検討になるけどやっぱり必要ないかなと。

とにかく最近はスマートフォンの存在が大きくなり

予算もスマホに費やすようになってしまって

それ故にPCに費やすお金は確実に減っていると言える。

でもPCを使う時間のほうがスマホより長いわけで

より快適に使える環境の維持は必要。

着実にアップグレードしていきたい。

メモリは最低限だけど出来れば4Kディスプレイはほしいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>


recommend

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM