AMDのビデオカードが安いから買い換えようかなと

  • 2019.06.21 Friday
  • 21:34

今利用しているのはnVidiaのGTX960のビデオカードだ。

GPUエンコードにも対応しているしBFVなどのゲームも可能だが

VRAMが2GBしかないモデルなのでちょっとこの先不安。

そこで新しいビデオカードを検討してきた。

GTX1050Tiが安めで無難かなと思いつつも

GTX1060が欲しいなと思ったりしてたけど優先度が低くて先送り。

 

そんなGTX1060はGTX1660が発売されたことで

値下がり傾向にあるので一気に下がったかなと期待してたら

最近チェックすると元に戻っている・・・。

玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1060 搭載 グラフィックボード 6GB デュアルファンモデル GF-GTX1060-E6GB/GD5X/FIN

玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1060 搭載

グラフィックボード 6GB デュアルファンモデル

GF-GTX1060-E6GB/GD5X/FIN

旧モデルであるGTX1060も併売されていくようで

処分価格にはならず価格据え置きという感じ。

最近SSDなどストレージ系の価格が下がっているし

CPUも大きく下がっているので価格が変わらないビデオカードが

なんか割高に感じてしまう。

しかしそれはnvidiaの場合でありAMDはそうでもない。

 

AMDのRX580は一気に価格が下がって今は2万円前後。

玄人志向 AMD Radeon RX 580 搭載 グラフィックボード 8GB RD-RX580-E8GB/OC/DF2

玄人志向 AMD Radeon RX 580 搭載

グラフィックボード 8GB RD-RX580-E8GB/OC/DF2

GTX1060と同じかやや劣る程度の性能だけど

価格を考えるとかなり魅力的だ。

クロックが低いRX570はさらに安くなっている。

玄人志向 ビデオカード Radeon RX570搭載 デュアルファンモデルRD-RX570-E4GB/OC/DF

玄人志向 ビデオカード Radeon RX570搭載

デュアルファンモデルRD-RX570-E4GB/OC/DF

これだとGTX1050に近い価格でびっくりするくらいだ。

まあVRAMの差などを考えると買うならRX580かなと思うけど。

 

AMDの場合も新モデルが登場している。

RX590が発売されており2万円台後半で売られている。

玄人志向 AMD Radeon RX590 搭載 グラフィックボード 8GB デュアルファンモデル RD-RX590-E8GB/OC/DF

玄人志向 AMD Radeon RX590 搭載 グラフィックボード

8GB デュアルファンモデル RD-RX590-E8GB/OC/DF

基本的なアーキテクチャはRX580と同じらしいけど

12nmプロセスになりシュリンクされて

クロックアップしてパフォーマンスアップしているという。

GTX1060 6GBよりも上回るパフォーマンスも示しているようだ。

なかなか迷うところだけど

やはり僕は2万円を切る価格で売られているRX580に惹かれる。

RX570とRX580は併売されずに消えていくのかなあ。

だからこそ処分されているのか。

 

AMDのが安くなっているのはそれだけでなく

マイニングバブルが崩壊したのも一因のようだ。

AMDのRX580などはnvidiaのGPUと比べて

マイニングなどのGPUコンピューティングに適していて人気だった。

2017年頃はPCゲーム用などで買えないほどだった。

しかし昨年マイニングブームが終焉したこともあり

価格が暴落しているというところもあるようだ。

まあその暴落の恩恵を受けようじゃないか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

NVMe SSD

  • 2019.06.20 Thursday
  • 20:49

今は各PCでSSDを利用していた。

SSDはSATA3.0接続で利用しており

実行速度は600MB/sとされている。

SSDのベンチマークはだいたい550MB/S前後で頭打ちなのは

SATA3.0が原因であると言える。

それを超えるのはNVMe。

NVM Expressの略でNVMとは不揮発性メモリのことで

それをPCI Expressで接続するための規格。

最近はかなり多くの製品が出ている。

 

NVMe SSDはM.2というスロットでマザーボードと接続される。

WD 内蔵 SSD M.2 2280 / WD BLACK SN750 NVMe 250GB / ゲーム ゲームPC カスタムPC向け ハイパフォーマンス SSD / WDS250G3X0C

WD 内蔵 SSD M.2 2280 / WD BLACK SN750 NVMe 250GB /

ゲーム ゲームPC カスタムPC向け ハイパフォーマンス SSD / WDS250G3X0C

NVMe SSDは速度重視のパフォーマンスモデルとして提供されるので

通常のSSDに比べると容量辺りの単価は倍くらい高い。

M.2ソケットでは通常のSATA3.0用のSSDも売られており

WD 内蔵SSD M.2-2280 / 500GB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS500G2B0B

WD 内蔵SSD M.2-2280 / 500GB /

WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS500G2B0B

こちらは圧倒的に安く購入することが出来る。

SATA3.0接続だと600MB/sの壁があり

通常のSATA端子での接続と変わらないんだけど

SSDとマザボの双方がNVMeに対応しNVMe接続すれば

圧倒的な高速アクセスが可能なようだ。

ベンチマークとか見ると3000〜3500MB/S近く出るケースもあり

PCをより快適に利用することが出来るようになるとか。

 

昨今SSDの価格は下がっているけど

速度をとるか容量をとるか選べる時代が到来していると。

速度をとるならNVMeを選ぶのが良いし

容量をとるならSATA接続のを選べばよいと。

僕はどっちにしようかな。

NVMeはどれほど快適になるのだろうか。

1つ言えることは今の8GBのRAMでは高速のパフォーマンスを生かせないので

8GBx2枚の16GBへと増やしてからSSDの高速化などは

進めていきたいと思っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラベルマイティを使っていたころ

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 23:55

片付けをしていた時に

昔使っていたソフトが出てきた。

その1つがジャストシステムのラベルマイティ

ラベルのデザインや印刷を行うためのソフトウェアだ。

ジャストシステム ラベルマイティ17 通常版

ジャストシステム ラベルマイティ17 通常版

利用していたのは今から10年以上前。

2004年から2007年にかけて利用していたようだ。

 

当時はDVD-Rへのライティングを盛んに行っていた。

ラベル印刷可能なDVD-Rを購入して

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用DVD-R(CPRM) VHR12JP50V4 (片面1層/1-16倍速/50枚)

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用DVD-R(CPRM)

VHR12JP50V4 (片面1層/1-16倍速/50枚)

DVD-Rの中身に応じてラベルを印刷していたっけ。

データバックアップなら中に入っているリストを印刷していた。

作品のようにカラフルなラベルを作ったりしたこともあった

しかしDVD-Rは2007年から2008年に大規模処分をしてしまって

その間に苦労してお金をかけたものの大半は捨ててしまったんだけどね。

あとはヤフオクの宛名ラベル作成などもしてた。

これは今も時々行っているけどフリーソフトで代替できる。

 

そもそもラベルマイティを買ったのは

プリンターの有効利用のためだ。

昔はパソコンを買ったらプリンタを買って

年賀状印刷をするというのが一般的だった。

今もそれはあると思うんだけど年賀状印刷以外に

プリンターを使わなくなった時に

せっかくだから使い道を考えたいと思うようになり

それでラベル印刷を行うようになった。

以前はマジックでDVDに手書きしてたけど印刷に変更して見やすくなった。

あと宛名ラベルを作ったり

エーワン ラベルシール プリンタ兼用 12面 22枚 72312

エーワン ラベルシール プリンタ兼用 12面 22枚 72312

アイロンでTシャツに貼り付けられるものもあった気がする。

とにかくいろいろ出ていたけどそれらをトータルで扱えたのが

ラベルマイティでかなり重宝していたんだ。

 

しかし昨今はメインで利用してた

DVD-R印刷を行わなくなり

ラベルライターを別途購入したりしたことで利用が激減。

今はデータの受けわたしはLINEなどスマホでネット経由で行うので

物として渡さなくなり利用しなくなった。

プリンタの活用も複合機となりコピー機としては年中使うので

利用に関してはこだわらなくなったと言える。

ともかくラベルマイティは久しぶりに見たけど懐かしかった。

まあ最新バージョンは17が出ているらしいけど・・

特に使い道がないし買う予定はないが

DVDラベル印刷などで写真などを入れた素敵なラベルを作るなら

おすすめしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

データバックアップ体制の見直し

  • 2019.06.16 Sunday
  • 22:33

最近になりデータのバックアップ体制を見直している。

今後5年10年20年とデータを保存していくために

どうすればいいのかと考えている。

そして出た結論はすべてのデータを残すのは無理ということ。

特にデジカメ・ビデオカメラデータでは

これまではオリジナルデータは唯一無二なので聖域化して

全てのデータを多重保存してデータの喪失を防いできた。

その考えを改めて本当に大切なデータを厳重に管理し保存しようと。

 

そのためデジカメバックアップや録画番組データ保存などで

基本的に多重保存をやめることにした。

Seagate BarraCuda 3.5

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD

2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

重複保存をしないとどうなるかというと

HDDが壊れたらそのデータは失われるということ。

それはさすがに困るがその覚悟も必要だということ。

ただそれで全滅しては困るので重要なデータは

別途HDDにバックアップして多重保存化を行うと。

今はその割合で迷っているけど

10%くらいになるだろうか。

録画エンコードデータでも聖域化していた紀行番組においても

聖域化を解除して多重保存をやめていき

本当に重要で失いたくないお気に入り番組のみを多重保存としたい。

そうすることでデータ保存の負担を大幅に軽減できる。

 

ただそれだけでは今までとあまり変わらない。

今後はデータの削除をさらに進めたい。

それは残さないデータを増やすということだ。

実際過去の写真や動画データで再びアクセスするファイルは

ごく一部に過ぎない。

録画番組でもまた見る番組は一部に過ぎない。

ただ以前から検討していた選別作業には莫大な時間がかかり非現実的。

100%から1%を選抜することは非常に手間がかかるんだ。

でも100%から50%を削除するのは意外と素早くできる。

どれを選抜するかを考えるよりももっと手軽にどれを消すかを進めて

それらはなかったものとしていきたい。

それがデータの総量を減らして未来への負担を軽くすると思う。

この方法は今のスマホ写真の整理から来ている。

僕はスマホ写真も全て残してPCでバックアップしてるけど

多くの人はスマホ写真はストレージが足りなくなると削除している。

過去の写真を見てこれはいらないと削除して容量を確保するんだ。

そうして残ったデータは選抜した写真と同等のレベルとなっている。

それをPCデータでも行っていきたい。

 

あともう1つ。

データのバックアップにSSDを利用する。

SSDは高速性が売りで容量単価が高いので

データのストレージとしての利用には向いていなかった。

しかし最近はかなり安くなってきている。

BUFFALO 耐衝撃・コネクター保護機構・日本製 USB3.1(Gen1) 対応 ポータブルSSD 1TB SSD-PG1.0U3-B/NL 【PS4 メーカー動作確認済】

BUFFALO 耐衝撃・コネクター保護機構・日本製 USB3.1(Gen1) 対応

ポータブルSSD 1TB SSD-PG1.0U3-B/NL 【PS4 メーカー動作確認済】

1TBが12000円台になった今はもうデータストレージとしても使えるレベル。

選りすぐった重要データはSSDに保存して長期保存をしていきたい。

HDDよりも高い信頼性があるため長期にわたり保存出来るかと思う。

 

PCを利用し始めて20年経つけど

この先の20年のPCライフを充実させるためにも

データを保存し残していくことへの負担は

今のうちから減らしておきたいもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブノートパソコンかタブレットか

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 21:48

自宅ではデスクトップパソコンを利用しており

現在は2台のPCを3台のモニターで利用している。

そんな中で以前から新しいノートパソコンの購入計画がある。

自宅でも外でも利用出来る製品が良くて

LG ノートパソコン gram 965g/バッテリー28時間/Core i5/13.3インチ/Windows 10/メモリ 8GB/SSD 256GB/ホワイト/13Z990-GA54J/Amazon.co.jp 限定

LG ノートパソコン gram 965g/バッテリー28時間/

Core i5/13.3インチ/Windows 10/メモリ 8GB/SSD 256GB/

ホワイト/13Z990-GA54J/Amazon.co.jp 限定

例えばLG gramなんか良さそうだなと候補に入れている。

ただ購入して利用するだろうかという疑問が消えず

それが悩みの種だ。

旅行などでは使うんだろうけどそれは年に1回か2回程度。

そのためだけに買う必要があるのかと。

そのため自宅でどれだけ利用するか最近模索をしていた。

 

この半年間はちょっと古めのノートパソコンを

机の片隅においてサブノートパソコンとしての利用を行ってきた。

しかし使っていたのは最初の2週間ほどで

その後は物置場になって今では・・・。

はっきり言えば僕は自宅で今はノートパソコンは使わないという結論。

旅行などの際には役立つけど自宅では現状使わないだろうと。

代わりにタブレットならありじゃないかなとは思っている。

正直ここまでノートパソコンを使わないというのは想定外だった。

キーボードもマウスもあるのに何故使わないのか。

PCとして利用する場合はデスクトップPCが快適すぎるんだ。

わざわざノートPCを利用する意味がない。

もちろんテストで使ったノートパソコンが古くてスペックも低く

それが原因という可能性もあるんだけど

一番は自分のライフスタイルに合わないということじゃないかな。

 

では何が合うのかといえばやはりタブレット。

タブレットは大画面のスマホのような感覚で利用出来るため

アクティブに利用することが出来ると思う。

いろいろ欲しいモデルはあるんだけど

買うならばノートパソコンの代わりになるモデルが良いのではと思う。

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド (最新モデル)

10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - ゴールド (最新モデル)

iPad AirやiPad Proを購入して

旅行などの際にノートパソコン代わりとして利用する。

利用頻度を考えれば自宅でノートパソコンを無理に使うより

旅行の際にタブレットをうまく活用するほうが幸せになれるかなと思う。

そういう風に今後誘導していこうかなと考えている。

 

ということで半年くらい続けてきた

サブノートパソコン計画は頓挫しそうだ。

モバイルノートPCの旅行需要はあるので消えることはないが

自宅で無理にノートパソコンを使うよりも

タブレットを買ったりデスクトップPCのディスプレイを増やしたり

そういう方向へと変更していきたいところ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

AnkerのBluetoothスピーカーは2のがずっといい

  • 2019.06.11 Tuesday
  • 20:43

3年ほど前だったかAmazonで

AnkerのBluetoothスピーカーを購入した。

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.2 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー/ワイヤレススピーカー/内蔵マイク搭載】(ブラック)

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.2 スピーカー

24時間連続再生可能【デュアルドライバー/

ワイヤレススピーカー/内蔵マイク搭載】(ブラック)

バッテリー内蔵の製品で長時間利用できるモデル。

スマホなどを接続してその音楽を聞くときに利用するが

あまり利用していなかった。

ただ最近になりちょくちょく使っていたりする。

音楽を聞いたりあるいはradikoを聞いたりで使っている。

 

そんな中で去年だったかSoundCore2が発売された。

新モデルは旧モデルより1000円ほど高い。

【改善版】Anker SoundCore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

【改善版】Anker SoundCore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)

【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 /

デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)

僕は旧モデルを持っているから必要ないと思っていた。

しかし新しいモデルを買った人からその音を聞かせてもらって愕然。

全く音が違うというかレベルが違う。

ステレオ感がまるで違って新モデルのほうが圧倒的に良かった。

1000円の差なんていうレベルではなくもう別物。

まあradikoなどでトーク中心ならそれほど大差もないけど

音楽を聞くなら圧倒的にぶっちぎりでSoundCore2。

 

ということで新しいモデルを買って古いモデルは

売るか誰かにあげてしまおうかなと思っている。

ただあまりBluetoothスピーカー使わないんだけどねえ。

どっちか迷ってる人は断然新モデルのほうで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット配信と画面録画

  • 2019.06.09 Sunday
  • 19:40

昨今ネット配信が盛んに行われているけど

そうした配信を録画したいという需要は大きい。

僕は今から10年以上前にそれを模索して実行してきた。

ストリーミング配信の場合は

ストリーミングデータそのものを録画出来れば

劣化なく記録することが出来る。

ライブ配信ではないけどYouTubeなどはMP4データを

ダウンロードできたりする。

でもライブ配信となるとアーカイブがあれば可能な場合もあるが

リアルタイムのみだとそれを録画するのはなかなか難しい。

その場合は今も昔も動画キャプチャが録画の基本だ。

 

ネット配信の録画の場合可能なら

ソフトウェアで画面キャプチャをするか

専用機器でキャプチャする方法などがある。

例えばHDMI出力出来る機器の映像をキャプチャするなら

HDMIキャプチャを利用するのが最も手軽。

著作権管理の問題で出来ないケースもあるけど

大丈夫ならFire TV Stickなどで見てHDMIキャプチャするのはありかと。

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要

フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC

こうした機器で録画するのが録画管理などの面を含めて便利だが

利用出来るネット配信などは限られるのかなと。

 

一般的には画面キャプチャによる録画が多いか。

今から10年前くらいだったか

ニコニコ生放送が始まったころに

いろんな配信を画面キャプチャで録画していた。

その前までPeercastでもゲーム実況などをしていて

それで利用していたWindows Media EncoderとSCFHを利用して

ニコ生の録画もしていたんだっけ。

その後はアマレココを利用したりしたもの。

今は特にネット配信の録画はしていないけど

しみていなと思うことはある。

ちょっと前に録画しようと思ったけど準備が出来ていなくて

どうしたかというとPC画面をスマホカメラで録画した。

最近の若い子はレコーダーで録画せず画面を撮影して録画代わりにする人もいるようだ

 

さて画面キャプチャ環境は整えたいが

そうしたソフトは多く出ている。

Screen Recorder 4 Deluxe|ダウンロード版

Screen Recorder 4 Deluxe|ダウンロード版

サイバーリンクの動画編集ソフトを持ってるけど

スクリーンレコーダーというソフトが付属していたっけ。

その上位版は単体販売されている。5000円くらいで買えるか。

もう少し安価な4000円くらいのソフトも売られている。

動画DE画面レコーダー|ダウンロード版

動画DE画面レコーダー|ダウンロード版

こうしたアプリを利用すれば画面キャプチャ録画は可能。

あとビデオカードの機能を利用しての録画もできる。

ただ全画面の録画になるのでネット配信などには向かないと思うけど。

フリーソフトや有料ソフトなど他にも選択肢はいろいろあるかな。

 

PCじゃなくスマホだとどうだろう。

そもそもスマホで画面録画は可能なのだろうか。

iPhoneもiOS11くらいから画面録画が可能になった。

Androidにもそういう機能はあったと思うけど

iPhone7で試してみたらShowroomの録画は可能だった。

OSの機能として搭載されているのは便利でいいね。

Androidだと画面録画アプリが必要になるという。

ただHuluやNetflixなどは著作権保護機能があるので無理だと思うけどね。

通常の個人ライブ配信などは可能かと。

Apple iPhone8 A1906 (MQ852J/A) 256GB シルバー 【国内版 SIMフリー】

Apple iPhone8 A1906 (MQ852J/A)

256GB シルバー 【国内版 SIMフリー】

iPhone7だとちょっともたつくけど概ね問題ないが

iPhone8くらいだとかなりいい感じなので配信録画用に使うのもありかもね。

まあそれを考えると高コスト過ぎるけど。

 

ということで画面録画はいつでもできるように

いろいろと準備しておきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

第3世代Ryzen

  • 2019.06.08 Saturday
  • 19:53

5月末に第3世代Ryzenが発表された。

3000番台の型番がついたモデルで

Zen2アーキテクチャの7nmプロセス製造モデルだ。

初代RyzenがZenアーキテクチャ+14nmプロセスで

第2世代RyzenがZen+アーキテクチャ+12nmプロセスだったので

第3世代になりかなり進んだ感じだ。

僕は初代のRyzen5 1600を利用しているけど

第3世代モデルは気になっておりアップグレードを検討中。

 

Ryzenシリーズは初代から第3世代までAM4ソケットで

互換性が保たれているという。

おそらく従来のマザーボードでもファームウェアのアップデートで

対応するんじゃないだろうか。

ただチップセットの最新機能を利用するなら最新マザーが必要だろうけど。

実際X570チップセットでCPUに内蔵されたPCI Express Gen 4を

活用することが出来るようだ。

これはCPUとGPUの間のバスが広がることを意味して

ゲームなどでより高いパフォーマンスが期待される。

 

新モデルが発売されることで

旧モデルはかなり値下がりしてきている。

1年前に発売されたRyzen7 2700Xは

当初は45000円くらいで売られていたけど今は3万円を切った。

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

8コア16スレッドに対応したモデルで

非常に高いパフォーマンスを発揮する。

最新モデルはしばらくは御祝儀相場で価格高めであることを考えると

値下げされている旧モデルを購入するのもありじゃないかな。

僕が使ってるRyzen5 1600からだと多分1.8倍から2倍くらいの

性能アップになるんじゃないかと思う。

CPUは動画エンコードなどでアクティブに利用しているため

そのメリットは大きいと思われる。

 

ただ第3世代は7nmプロセスなので

長期的に見れば省電力面含めてメリットが大きい。

どうしようかな・・。

正直言えば現在のRyzen5 1600に大きな不満はないんだけどね。

まあとりあえず3000番台が発売されて

それから考えてみることにしようかなと。

多分新しいチップセットのマザーボードは

PCIスロット搭載モデルがほとんど皆無だと思われる。

ASUSTeK AMD B350搭載 マザーボード PRIME B350-PLUS【ATX】

ASUSTeK AMD B350搭載 マザーボード PRIME B350-PLUS【ATX】

PT1やPT2を利用している以上

この手のマザーボードを利用していくことになるので

これが3000番台に対応するか確認した上で考えよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディスプレイ環境を充実させたい

  • 2019.06.07 Friday
  • 20:36

現在利用しているパソコンのスペックには

十分満足をしており通常の利用においては

CPUもGPUもこれ以上強化する必要性は感じていない。

仮にコストをかけて強化したところで

PCゲームや動画エンコードなどではメリットはあっても

通常のPC利用(例えばブラウザ)においては

ほとんど変わらないと思う。

より快適なPCライフを求めてこれ以上強化は無理なのか。

 

実は以前そう思っていたんだけど

PCのディスプレイを2台にして劇的にPCライフが向上した。

24インチのディスプレイ1台だったけど

古い17インチのディスプレイを追加して2台にしたところ

劇的に快適に使えるようになった。

その流れから今は17インチを大型化するか

3台目を導入してトリプルディスプレイを検討するなどしている。

どうしていくのがいいのだろう。

 

PCモニターだけど安いものだと

1万円台前半から購入することが出来る。

【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23インチ IPS 薄さ7mmのウルトラスリム ブルーライト軽減 フリッカーフリー HDMI,D-sub スピーカー VZ239HR

【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23インチ

IPS 薄さ7mmのウルトラスリム ブルーライト軽減

フリッカーフリー HDMI,D-sub スピーカー VZ239HR

1台追加することはCPUをアップグレードすることを考えると

負担はとても小さくてすぐにも可能だ。

しかしその置き場所の確保に関しては問題で

例えば3台を導入しようとしても

机の上の3台横並びにするのはほぼ不可能に近い。

まあ絶対無理ではないけど。

今問題なく置くことが出来ているのは

24インチ+17インチであるため。17インチはワイドではないので

横幅が狭くて2台並べても特に問題なく使える。

今のスペースのままで現在より快適にするためには

17インチの代わりに縦向き設置可能なピボット対応ディスプレイが必要。

I-O DATA モニター ディスプレイ EX-LD2383DBS (23.8インチ/広視野角ADSパネル/ピボット/昇降/極細フレーム/3年保証/土日もサポート)

I-O DATA モニター ディスプレイ EX-LD2383DBS

(23.8インチ/広視野角ADSパネル/ピボット/

昇降/極細フレーム/3年保証/土日もサポート)

ピボットは90度モニターを回すことが出来て

縦向きで設置出来る。

ホームページなどを全画面にしてみる時などは

縦長だと表示できる範囲が広くて見やすいと言える。

ただ動画は横長が多いので見づらいかも。

昨今スマホ動画など縦長動画を撮影することもあるので

そういうのの再生には便利かもしれない。

ただピボット対応は多少高コストだ。それでも2万円しないけど。

 

PCモニターの利用はPCだけではない。

HDMI経由でゲーム機をつなぐこともできる。

僕は今3台目のモニターを検討しているけど

普段はPCモニターとして利用して

ゲームをプレイするときはPS4などをつないで利用出来るようにしたい。

そのためにはもっと大型の32インチクラスが欲しいと思ってて

特にWQHD(2560x1440)に対応したモニターが気になっている。

I-O DATA モニター 31.5インチ WQHD ADSパネル HDMI×3 DP×1 スピーカー付 3年保証 土日サポート EX-LDQ321DB

I-O DATA モニター 31.5インチ WQHD ADSパネル

HDMI×3 DP×1 スピーカー付 3年保証 土日サポート EX-LDQ321DB

これを横に設置して普段は第3のPCMモニターとして利用し

時にはPCのTSチューナーを利用して動画視聴に使ったり

あるいはHDMIでゲーム機をつないで利用したりと使えるかと。

今後メガドライブミニのような製品も買う予定だし

TVではなくPCモニターをゲーム用ディスプレイとして使う予定で

ありじゃないかなと。HDMI入力が多いのもいいね。

ただ問題は設置場所だけどね。

テレビを撤去して場所を作るのが一番だと思うけど

それだと部屋の大規模な模様替えが必要になってくる。

 

僕はあまりテレビを見ない。

テレビ番組を見ないわけではないが

見るとしてもリビングのTVでニュースなどを見たりする。

バラエティはほとんど見ない。

ドラマやドキュメンタリーなどは全てPC録画してから見る。

テレビはずっとゲーム機用だった。

既にPC中心の生活を送っているけどそれをさらに充実させるために

第3のPCモニターの導入を考えてもいいかもね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンとBD-R

  • 2019.06.03 Monday
  • 22:42

最近片付けをしていて

使ってないBD-Rの存在が気になっている。

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用 BD-R VBR130RP50V4 (片面1層/1-6倍速/50枚)

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用 BD-R

VBR130RP50V4 (片面1層/1-6倍速/50枚)

以前PC用にBD-Rを購入している。

ただ結局全く利用しておらず放置している。

いずれ使うんだろうと思っているけど

そういう機会はなかなかやってこない。

 

そもそもパソコンでのBDドライブは

正直言えばあまり普及してるとは言えない。

国内でのブルーレイといえば

BDレコーダーが圧倒的に普及していて

我が家でも利用している。

ただうちはPC録画がメインなので

BDレコーダーはHDD録画とBD再生専用で

BD-Rに残すことはないのでBD-Rを利用することがない。

PCもかつてはDVD-Rをたくさん利用して

その後BD-Rへと移行したんだけど

HDDが安くなりHDDに保存するようになり使わなくなってしまった。

データ保存で今は光学メディアはほとんど使わない。

 

それ以前僕のPCでは光学ドライブが今はもうない。

メインPCも録画PCも光学ドライブは搭載していない。

BD-Rを利用するときはUSBのポータブルドライブを利用する。

BUFFALO BDXL対応 USB2.0 ポータブルブルーレイドライブ Windows/Mac両対応 バスパワー不足時も安心「給電ケーブル」付き BRXL-PT6U2V/N

BUFFALO BDXL対応 USB2.0 ポータブルブルーレイドライブ

Windows/Mac両対応 バスパワー不足時も安心

「給電ケーブル」付き BRXL-PT6U2V/N

昔はポータブルドライブは価格が高かったけど

今は据え置き型とあまり変わらない値段で買える。

しかしそもそもあまり売れてないのでこの10年で価格は変わらない。

量産による低価格化は進んでおらずむしろ少し上がってるほど。

ポータブルドライブは普段邪魔にならないのは利点だが

使いたい時にすぐ使えないのは欠点。

Pioneer パイオニア Windows10対応 BD-R 16倍速書込 S-ATA接続 ブラックトレー仕様 BD/DVD/CDライター ソフト付 バルク品 BDR-209BK/WS2

Pioneer パイオニア Windows10対応 BD-R 16倍速書込 S-ATA接続

ブラックトレー仕様 BD/DVD/CDライター ソフト付 バルク品 BDR-209BK/WS2

こうした内蔵型のドライブの購入を検討したことはあるが

SATA端子に余裕がないことと

そもそも内蔵ドライブを取り付けても利用する機会があまりないと・・。

 

BD-Rの使い道としては

かつてはデータバックアップとして

主にデジカメデータの保存に使っていたけど

今はその利用がない。

一応動画作成に使うだろうということ考えていたけど全然使わない。

デジカメやビデオカメラで撮影した動画などを

渡すときにBDプレイヤーで再生できる形で焼いて渡すもの。

2017年に動画編集ソフトを買ったことで実現に近づいた。

サイバーリンク PowerDirector 17 Ultra 乗換え・アップグレード版

サイバーリンク PowerDirector 17 Ultra

乗換え・アップグレード版

しかし動画編集すらあまり行っていないし

行ってもデータの受け渡しはMP4ファイルが多い。

BD-Rで渡した場合でも今はBDレコーダーがあり

再生することはできるんだろうけど

MP4ファイルのほうが圧倒的に手軽だから。

それこそ最近はLINEで動画なども送ってしまうことがあり

あれこれ編集する必要もなくなったりしていると・・。

 

という感じでスマートフォンが予想以上に普及したから

パソコンの利用の幅が狭まっていると感じるが

BD-Rもそれに限界を感じている感じかなあと思う。

まあ無理して使う必要はないんだけど

せっかくだから何か使い道があればいいんだけどなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


recommend

ASRock Phantom Gaming M1 Radeon RX 570 8G バルク品 グラフィックボード
ASRock Phantom Gaming M1 Radeon RX 570 8G バルク品 グラフィックボード (JUGEMレビュー »)

ミドルクラスのビデオカードが11700円。マイニング用で余ったのがゲーミング用途に流通しつつあり格安のビデオカードを買うチャンス。

recommend

激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~
激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ (JUGEMレビュー »)
齊藤 倫雄,NHK取材班
TJAR2018の番組が待望の書籍化。番組よりも詳細な取材情報、撮影の裏側などが濃くてこっちのほうが魅力的だったりする。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

recommend

激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ トランスジャパンアルプスレース [Blu-ray]
激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~ トランスジャパンアルプスレース [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

2018年8月に行われたTJAR2018。NHKが密着し秋に放送された番組がBD化。特典として今年1月に放送されたサイドストーリーも収録。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM