Ryzen7

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 23:30

最近レンズの購入計画が停滞気味。

そんな中で以前から予定している

メインPCのアップグレードを進めてしまおうかと

再び動き始めている。

メインPCをCore i5 2500からRyzen7 1700へと一新するもの。

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 95W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

AMD CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire

95W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

CPUは動画エンコードに優れたRyzen7 1700。

一時期高騰していた価格も落ち着いて買うには悪くはないタイミング。

マザボはASUS B350-PLUS辺り、RAMは8GBx2枚で検討中で

今のAmazonの価格からするとCPURAMマザボの3点で66000円くらいか。

 

それだけのコストをかけるメリットがあるかだが

現状のスペックでも概ね問題はないんだけど

2011年のPCなので既に6年。

怖いのはPCが突然使えなくなること。

メインPCと録画PCの両方ともSandyBridgeで2011年なので

今のうちにどちらかを新しくしておきたいと。

メインPCのほうが利用頻度が高いので

メインPCを最新にしようと考えていると。

余ったCore i5とRAM、マザボは売ってもいいけど

ヤフオク相場を見ても3点セットで1万円くらい。

ケース電源込みだと13000円前後のようで非常に安い。

残すかどうかは今のところ未定。

納戸に古いAthlonのPCが眠っている。

Core 2Quad Q9550のPCは父が使っているんだっけ。

別のケースに入れて予備機として

スタンバイさせるのも良いかなと思うしLinux辺り入れて

実験機とするのもいいかなと。

PCケースは新しく買ったのが1台余っている。

ただ今のメインPCで使ってるのはフロントUSB3.0には対応しないが

大きくてファンもでかくて好みのケースなのでそのまま使いたい。

 

せっかく新しくするならPC電源は新しくするのはいいかもね。

今メインPCで使っているのは

オウルテックのシルバー電源で700Wくらいだった。

オウルテック 80PLUS PLATINUM取得 HASWELL対応 ATX電源ユニット 3年間交換保証 モジュラーケーブル FSP AURUM92+シリーズ 650W PT-650M

オウルテック 80PLUS PLATINUM取得 HASWELL対応

ATX電源ユニット 3年間交換保証 モジュラーケーブル

FSP AURUM92+シリーズ 650W PT-650M

新しいのはプラチナ電源あたりが理想で600Wもあれば十分だが

余裕を持って650Wあたりでと考えている。

予算が12000円増えるけど電源はCPUとかよりも重要パーツで

これまでCPUやマザボが壊れたことは殆ど無いけど

電源が問題起こしたことは何度もあるから新しくしていかないとね。

という感じかなあ・・。

 

さていつアップグレードを行うか。

6月末の今の時期はPC録画の少ない改編時期なので

タイミング的には良いけど今からだともう間に合わないので

もう少し先かな。お盆休みは時間的な余裕もありよさそう。

パーツを一気に買うのではなく少しずつ揃えていくのもいいだろう。

特にRAMは価格の変化をチェックして

上昇基調なら早めに、下落気味なら待つなど考えたい。

今は少し価格が落ち着き始めているのでちょっと様子見かな。

ということで今夏に向けてPCアップグレードを

進めていきたい・・とまでは言えないけど

進める準備は始めておこう。

とりあえずメインPCは不要なアプリを削除しておこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スキャナ

  • 2017.06.26 Monday
  • 21:40

1998年11月に我が家で初めてPCを購入。

最初に買った周辺機器はプリンタで年賀状印刷に利用。

次に買ったのはスキャナだった。

1999年の終わりからヤフオク出品を始めて

そのために商品画像をアップロードする必要があった。

当時デジカメはまだ価格が高かった。

そのためスキャナを買ってそれを利用したんだ。

本やPCソフトを出品したけどスキャナで読み取っていた。

ただ立体的なものは無理で

写真撮影して現像プリントしてその写真をスキャンしていた。

2000年夏にはデジカメを購入してスキャナの利用は減ってしまうけどね。

 

そんなスキャナだけど

ヤフオク出品で使っていた1999年から2000年頃は

頻繁に使っていたけどその後は全く利用せず。

スキャナを使わない時代は長く続いた。

それが変わったのは2008年頃だろうか。

この頃にビデオカメラのデジタル化などを行うようになり

昔のアナログデータのデジタル化を実施。

写真のデジタル化も行いたくなって模索する。

フィルムスキャンやプリントスキャンなどを行う必要があり

新しいCCDスキャナがほしいなと思って検討。

いつだったか数年前に購入して写真のデジタル化で利用。

壊れてしまったのでその後もう1台買って今も利用できる状態にある。

EPSON スキャナー GT-F740 (フラットベッド/A4/4800dpi)

EPSON スキャナー GT-F740 (フラットベッド/A4/4800dpi)

今も使える状態だけど最近は写真のデジタル化を行っていない。

あと壊れたと思っていたF730だけど

実はフィルムスキャンの調子が悪いだけで

普通のスキャンは問題なく出来ることが分かった。

写真スキャンはPC2台とスキャナ2台を使えば

2倍速で行えるけど最近は行っていない状況だ。

このスキャナを買ったのはフィルムスキャンを行うためであり

その品質には満足している。

ただ写真スキャンは4枚なれべてとか面倒で

新しいスキャナがほしいなと思う今日このごろ。

 

最近は複合機が広がっていて意外とスキャナのある家は多い。

我が家にも複合機はあれどほぼコピー機なので

スキャナ機能は1度も使ったことがない。多分今後も使わない。

欲しいのはドキュメントスキャナというやつで

文書などを大量スキャン出来るもの。

スキャンクォリティは普通のフラットヘッドスキャナに劣るけど

大量かつスピーディに行えるのが利点で写真も最高品質ではないが

いい感じにデジタル化できそうだ。

富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)

富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)

スキャンスナップ欲しいけど価格が高いのが難点。

まあその価格分使いこなせるかというと微妙なところかな。

 

あとスキャナは回覧板とか回ってきた時とか

必要な文書を手軽にデジタル化出来ればと思うことはある。

今はスマホで写真撮影して済ますけど

手軽に使えるスキャナがあればと。

富士通 スキャナー ScanSnap iX100-B (A4/片面)

富士通 スキャナー ScanSnap iX100-B (A4/片面)

中途半端な品質のは買って後悔するから

このスキャンスナップのポータブルタイプが良さそうか。

これがあれば結構マルチに使えそうかなと思う。

 

ということで新しいスキャナが欲しいなあと。

Wifi対応ならスマホと連携してデータを移せるからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最適なSSDサイズは

  • 2017.06.24 Saturday
  • 19:36

PCではシステムドライブにSSDを利用することが多い。

OSがインストールされているCドライブをSSDにすることで

OSの起動やアプリケーション等の動作も早くなる。

ゲームなんかでも非常に効果的。

ただSSDはHDDよりも高価だし容量も少ない。

どれくらいのSSDを利用するのが最適なのだろう。

 

メインPCで今はは240GBクラスを利用している。

Transcend SSD 240GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s TLC採用 3年保証 TS240GSSD220S

Transcend SSD 240GB 2.5インチ SATA3

6Gb/s TLC採用 3年保証 TS240GSSD220S

当初は128GBを利用していたけど足りなくて

容量を増やした。

録画PCでは64GBを利用している。

容量アップの予定はなく今のままで十分。

ノートPCなどでは他のストレージがないので

容量は大きい方が便利とされる。

ただストレージとしてあまり利用しなければそれほど必要もない。

OSといくつかのアプリ程度なら64GBでもたりうる。

ただ無難なサイズは120GB程度だろう。

SanDisk SSD PLUS 120GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-120G-J26

SanDisk SSD PLUS 120GB [国内正規品]

メーカー3年保証付 SDSSDA-120G-J26

今は64GBも120GBもそうコストは変わらないから

アプリケーションとかあまり使わない場合も120GBの方が良い。

というか64GBだとSSDの速度があまり出ない場合が多い。

SSD本来の速さが発揮出来るのは120GBクラス以上と言えるかと。

 

メインPCで128GBから240GBへと

容量アップをしたのはゲームの容量が大きかったから。

バトルフィールドシリーズとかスカイリムとかが

50GB以上の凄まじい容量を食うので128GBでは全然足りなかった。

そこで240GBクラスのを導入したけど今はそれでも足りない。

BF1だけで70GBくらいあるんじゃなかろうか。

重量系ゲームは50GBを超えるのでそれが数本あれば

240GBなどすぐに達してしまう。

今はアンインストールして容量を確保している段階。

出来ればいつでもプレイできるようにインストールしておきたい。

それ故に僕の今の理想は500GBクラス。

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB

( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品

CT525MX300SSD1/JP

やはりいずれ500GBクラスのSSDにアップしたい。

さすがに500GBが埋まることはないかな。

250GBクラスの上が500GBなのでそれを選ぶけど

320GBくらいのSSDがあればそれで十分かなとも思う。

 

SSDを買った場合はOSの再インストールが必要だ。

今使っているWindows10はWindows7からアップデートしたもの。

それ故に1度クリーンインストールしたいと思っている。

SSDを容量増やした時でいいかなと思ってたけど延期したので

そのうちクリーンインストールをしてみようかなと。

とはいえWindows10のインストールディスクはない。

手元にあるのはWindows7のDVD。

まずはインストール用のUSBメモリを作っておく必要がある。

SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 32GB  (5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-032G-J57

SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 32GB

(5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-032G-J57

その上でインストールしてあるアプリやデータを把握。

今のうちに必要ないアプリはアンインストールしておいて

リスト化しておくことだなあ。

アップグレードのついでに使ってないアプリは

引き継がないのもありだろう。

 

昔はPCのスペックが低く頻繁にアップグレードしてて

わりと1年に1回くらいはOSの再インストールをしてた気がする。

そうすることでPCの不具合なども解消していたけど

今はPCが安定しているものだからね。

ただすっきりゴミなどもさっぱりしたいから

そのうちOSの再インストールをしよう。

そのタイミングでSSD価格を見て500GBクラスのSSDを

買うかもしれないけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポータブルプリンタ

  • 2017.06.23 Friday
  • 22:37

以前インターネット契約をして

工事業者がやってきた時にあれこれ設定をして

その最後にノートパソコンを使って書類を作っていた。

そしてその書類はモバイルプリンタで印刷。

Canon インクジェットプリンター PIXUS iP110 モバイルコンパクト

Canon インクジェットプリンター

PIXUS iP110 モバイルコンパクト

電源貸してくれといえば貸すのに

バッテリーを搭載したノートPCとモバイルプリンタで

工事完了書類を印刷していた。

それを見て欲しいなあ・・と思ったけど

実際モバイルノートPCですら使いこなせない自分に

全く何も役立つ場面はないなと買うのは断念した。当然だが。

 

ただデジタルガジェットとして

ポータブルプリンタというのは憧れる。

ビジネス出ない限り文書印刷はしないが

写真印刷はありではないかと。

ポータブルフォトプリンタはありだと。

特に今はスマートフォンが普及して

誰でもカメラを持ち手軽に撮影出来るようになった。

写真は撮影してLINEなどでデータで受け渡しするのが基本。

ただプリントしたいという場面も少なくはなく

スマホ向けのモバイルプリンターは売れているようだ。

FUJIFILM スマートフォン用プリンター “スマホdeチェキ

FUJIFILM スマートフォン用プリンター

“スマホdeチェキ" instax SHARE SP-2 シルバー

インスタントカメラのチェキは一部で人気らしいが

その印字紙を使えるスマホ用プリンターはありだなと。

エレコム スマートフォン用プリンター モバイルフォトプリンター eprie本体 フォトシール【1カートリッジ 10枚】 写真用紙【1カートリッジ10枚】 初回フルセット ホワイト EPR-PP01WWH

エレコム スマートフォン用プリンター モバイルフォトプリンター

eprie本体 フォトシール【1カートリッジ 10枚】

写真用紙【1カートリッジ10枚】 初回フルセット

ホワイト EPR-PP01WWH

最近はエレコムも販売しており本体価格の安さは魅力だ。

ただカートリッジなどはチェキのほうが広く普及して入手しやすいだろうが。

 

モバイルフォトプリンターも

結局買って使うかどうかというのも微妙かな。

1度は使ってみたいけどそれで満足して終わりかなと。

そもそも僕の生活において必要な場面は見出だせそうもない。

もし必要になってもコンビニで十分な気がする。

今やスマホで撮影した写真もコンビニ行けば

すぐにプリントすることが出来る。

1万円かそれ以上するプリンターを買うほどの価値があるかどうか。

ただガジェットとしては面白そうだなあと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Bluetooth スピーカー

  • 2017.06.22 Thursday
  • 20:14

最近はBluetoothスピーカーが多く利用されている。

バッテリーを搭載してスマホとBluetooth接続することで

ワイヤレススピーカーとして手軽に利用することが出来る。

スマホのスピーカーは決して音は良くないため

音楽を聞いたりするのに利用されている。

僕もAnkerのBluetoothスピーカーを持っている。

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】(ブラック) A3102011

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー

24時間連続再生可能【デュアルドライバー /

ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】(ブラック) A3102011

ラジオを聞くのによく利用していて

特に海外のラジオ局などを聞く時などは重宝する。

ハワイのラジオ局を流してればハワイの気分に、

カナダのラジオ局を流していればカナダの気分になれるかなと。

ただ自宅ではPCを利用する機会が多いため

それほどBluetoothスピーカーを利用するわけではないが・・。

 

そんなBluetoothスピーカーだけど

防水モデルを多く見かける。

日本ではお風呂で音楽を聞いたり

英語のリスニングの勉強をしたりするのに

使われているようだ。

Anker SoundCore Sport XL ポータブル Bluetooth スピーカー 【IP67 防水&防塵認証 / 16W オーディオ出力 / モバイルバッテリー機能搭載】 A3181011

Anker SoundCore Sport XL ポータブル Bluetooth スピーカー

【IP67 防水&防塵認証 / 16W オーディオ出力 /

モバイルバッテリー機能搭載】 A3181011

海外だとイメージ的にはプールサイドに置いて

音楽を流しつつスイミングを楽しむという感じだろうか。

海とかだと波の音とかを僕は好むけど

海外だと音楽を流して陽気に遊ぼうぜという感じなのかな。

外国人はお風呂に使ってゆっくりするということは

あまりないようでお風呂での利用は日本ならではのようだ。

 

そんなBluetoothスピーカーだけど

音質に関してはあまり良くないと思っていたけど

それは5000円以下の安いモデルの話で高いモデルは

かなりいい音がするもの。

何度かブログで書いているけどハワイで聞いた

JBLのBluetoothスピーカーは驚くほどいい音していた。

JBL CHARGE3 Bluetoothスピーカー IPX7防水機能 パッシブラジエーター搭載 ポータブル/ワイヤレス対応 ブラック JBLCHARGE3BLKJN 【国内正規品】

JBL CHARGE3 Bluetoothスピーカー IPX7防水機能

パッシブラジエーター搭載 ポータブル/ワイヤレス対応

ブラック JBLCHARGE3BLKJN 【国内正規品】

このクラスのBTスピーカーが欲しいけど

さて僕のライフスタイルでこのスピーカーを活かせる場面があるかなと。

そう考えると購入は慎重にならざるをえない。

ただ欲しいと利用するは全く別の話だからね。

このスピーカーも防水モデルだけど

海やプールなどでの利用を想定しているようだ。

お風呂で使うのはちょっとオーバースペック。

日本でも売られてて結構売れているようだけど

どういうふうに使われているのかちょっと興味があるなあ。

 

今の子供はパソコンを利用せず

基本的にスマホが中心になるわけで

PC用の高性能スピーカーではなく

こうしたBluetoothスピーカーを好む気がする。

それ故に大音量高音質で音楽を聞きたい場合などは

こうしたスピーカーを利用するのだろうなあ。

昔は子供は小中学生はラジカセ、高校生はウォークマンで

大学生はミニコンポなんて感じだったけど

今はそういうオーディオ機器は必要なくスマホが中心で

それ故にこうしたスマホ周辺機器としてのスピーカーは

人気がありそうだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

PLC電力線通信

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 19:37

こないだネットニュースを見てたら

PLCの新製品が発売されていた。

TP-Link PLCアダプター パワーライン インターネット接続 有線LAN コンセントLAN 2台キット  総務省指定 TL-PA4010 KIT

TP-Link PLCアダプター パワーライン インターネット接続

有線LAN コンセントLAN 2台キット 総務省指定 TL-PA4010 KIT

TP-LINKからかなり安価なモデルが新たに発売されたようだ。

まだ出ているんだと思ったけど調べて

普通に売られているようだ。

国内だと主にPanasonicとアイオーデータから発売。

最近はTP-Linkあたりも新製品を出しているようだ。

I-O DATA コンセントLAN PLCアダプター インターネット接続 有線LAN スターターセットモデル PLC-HP240EA-S

I-O DATA コンセントLAN PLCアダプター

インターネット接続 有線LAN スターターセットモデル

PLC-HP240EA-S

ちなみにAmazonでPLCと検索して最初に出てくる

TRENDNetとかいうのは国内利用出来ない製品で

利用すれば法律違反なので要注意。

 

PLCはインターネットサービスで利用されている。

自宅のLANを展開する際に利用されるもの。

電力線をLAN代わりとして利用するもの。

電力線は各部屋に配線されているため

電波が届かない場所でも問題なく利用できる。

ただそれで登場したPLCだけど

価格が高かったり思ったより速度が出なかったり

アマチュア無線への悪影響などもあり

消えてしまったのかと思ったけど消えてなかったようだ。

無線LANが盛り返して飛ぶようになったこともあり

今は多くの人が無線LANを利用しているけど

住宅環境によってはPLCのほうが都合が良い場合もあるようだ。

 

PLCは電力線を利用するが一般家庭だと

数軒先まで届いてしまうようなので

無線LAN同様に通信のセキュリティ設定は重要だ。

あとは実際速度や安定性などは使ってみないと

何とも言えないところがありなかなか難しい。

例えばノイズ源があったりすると遅くなるし

電力線自体が劣化してたりするとまたそれも遅くなる。

正直使ってみないと分からないというところがあるかな。

でも利用できれば既に配線されている電力線を

LANのように使えるのでスマートに利用出来るのは利点と言えるかと。

 

そんなPLCもかつては2万円3万円していたけど

今では1万円以下で価格もかなり安くなっている。

最近ちょっと興味を持っている。

リビングのテレビ付近のネット利用に使ってみようかなと。

ここは電波が安定しない場所なのでどうかと。

パナソニック AV用PLCアダプター スタートパック PL-LS14KT

パナソニック AV用PLCアダプター

スタートパック PL-LS14KT

ただ速度が出るとは限らない。

無線LANより不安定になる可能性もある。

でも安定すれば便利だから悩みどころ。

でもそれだけの冒険出来るだけ安くなりつつある。

 

現状無線LANがベストかと思うけど

無線LANじゃこれ以上改善出来ないという場合

PLCという選択肢があるので検討してみほしい。

究極は壁の中にLANケーブルを配線することだけど

今の新築住宅とかはLAN配線とか出来るものなのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

地図ソフト

  • 2017.06.19 Monday
  • 19:09

先日BS朝日で放送されていた水曜どうでしょうを見ていた。

アメリカ横断旅だった。

放送を見ながらPCでGoogle Mapsを見ながら

今このあたりなんだ・・とかアリゾナ隕石孔はこのあたりかとか

立ち寄る街などを地図や衛星写真で見ながらこんな街なんだなとか。

今では電子地図や衛星写真などは無料で見ることが出来る。

それが当たり前なんていい時代だなと。

かつて電子地図は地図ソフトを買う必要があったんだ。

 

僕が自宅でPCを導入したのは1998年のこと。

その頃のPCソフトの売れ行きランキングを見ると

ウイルスバスター、筆まめと並んで

プロアトラスが含まれていた。

これはアルプス社の地図ソフト。

プロアトラスシリーズは地図ソフトで人気No.1だった。

プロアトラスSV7 全国版

プロアトラスSV7 全国版

アルプス社はYahooに買収されて

プロアトラスシリーズも数年前を最後に販売終了。

今は発売されていない。地図ソフトが仮に発売されていても

かつてのようには決して売れないだろう。

アルプス社は道路地図も発売していたけど

カーナビの普及で道路地図本が売れなくなり八方塞がりに。

アルプス社のスタッフは今ではYahoo地図などを手がけているようだ。

 

2001年に僕はカナダへ行ったんだけど

その時に現地のPCショップへ行って

アメリカやカナダの地図ソフトを買おうと思っていた。

そして買ったのはStreet&Tripsという地図ソフト。

Streets & Trips 2001: Own the road wherever you go (Microsoft)

Streets & Trips 2001: Own the road wherever you go (Microsoft)

このソフトは今もどっかに眠ってると思う。

日本では地図を発売していなかったけど

マイクロソフトは北米とヨーロッパでは地図ソフトメーカーで

欧州ではAutoRouteという地図ソフトを出していたんだっけ。

これ以外のローカルな地図ソフトも買った気がする。

ただ多分それらの地図ソフトメーカーも苦戦してるか消えてしまったかも。

マイクロソフトの地図部門はどうしていることだろうか。

https://www.bing.com/maps

Bingマップを作ったりしているのかもしれないな。

 

地図ソフトだけどプロアトラスなどの

インストール型のソフトが2000年頃は多かったが

その後ストリーミングタイプの地図ソフトが登場。

ゼンリンや昭文社のMapFanなどが提供していて

年月1980円で全国の地図を利用し放題というサービスだった。

地図データは随時最新に更新。

地図の閲覧は必要な部分をダウンロードして表示するもの。

今のGoogle Mapsの有料版みたいな形だった。

ただGoogle Mapsが無料提供でサービス開始して

そうした有料サービスは駆逐されてなくなってしまった。

ただゼンリンと昭文社は今も地図ソフトを発売している。

ゼンリン電子地図帳Zi19 DVD全国版スーパーマップル・デジタル 17全国版

個人向けでは多分あまり売れていないと思うけど

法人向けにはそこそこ売れているのではなかろうか。

地図データを活用したレポート作成などにあれば便利そうだ。

そういう活用を推進するアプリなども搭載しているようだ。

 

衛星写真も見られるし

ストリートビューも見られるし

Google Mapsはほんと至れり尽くせりで驚く。

ヤフオクとかで取引相手の住所が出た時に検索して

こんな家に住んでいるのかとか確認できたりするもの。

あと昔行った場所の今の様子も見れたりするし

新しい道がどうだとか高速道路の建設状況なども

衛星写真とかストリートビューで見られるって凄いなあ。

最近だと地下街とかテーマパーク内も対応してるし

恐ろしくそれにお金はかかっているんだろうが

十分元がとれるのがGoogleの凄いところなのだろう。

 

もう地図ソフトを買うことはないかなあ。

ただスマホの地図アプリは買うかもしれない。

MapFanとか時々100円セールとかで買ったりするか。

でもあれ全然使わないしGoogle Mapsがあれば

正直他のアプリはあまり使わないかな。

ただ地図を作るのにもお金はかかっているわけだし

そうしたところにちゃんとお金が支払われているのか

少し不安にかんじるところかな。

一応スマホアプリの登山地図は買うようにしてる。

登山地図は実測で手間かかってるからね。

 

山と高原地図 木曽駒・空木岳 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 木曽駒・空木岳 2017 (登山地図 | マップル)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PCとセキュリティ

  • 2017.06.18 Sunday
  • 21:24

スマートフォンの場合は

スリープ解除時にパスワードやパスコードなどを

設定しているケースが多く

また最近だと指紋認証が広く普及している。

虹彩認証や顔認証なども普及しつつあり

スマホのセキュリティはかなり高い。

一方でパソコンでは僕の場合は

特にセキュリティは設定していない。

起動時にパスワードは面倒なので設定していない。

だから部屋に侵入して電源を入れれば誰でも触れてしまう。

 

ということでPCにも何かしらセキュリティ設定をしたい。

ただしパスワードは嫌かな。

スマホのような指紋認証などが理想だけど

あまり多く出ていないようだ。

mouse USB指紋認証リーダー Windows Hello 機能対応 FP01

mouse USB指紋認証リーダー Windows Hello 機能対応 FP01

売られているのはノートパソコンなどでの利用を想定してるようだ。

外に持ち出す可能性のあるノートPCは

確かにセキュリティ対策をしっかりする必要がある。

自宅のデスクトップPCの場合はそうそう誰かが操作出来ないが

ノートPCのほうはハイリスクなのでよりセキュリティが重要なのだろう。

 

指紋認証も候補の1つ。

あと今検討しているのは2つ。

1つは会社で利用している顔認証。

mouse USB顔認証カメラ Windows Hello 機能対応  CM01

mouse USB顔認証カメラ Windows Hello 機能対応 CM01

去年から会社のPCで利用を始めた。

それまではパスワードだったけど

パスワードのメモをモニターに貼り付ける人もいたりと散々だった。

それ故にあらたなセキュリティを検討して

ちょうどその頃に発売されたこの製品を見てこれだと導入。

なかなかうまくいっている。

価格はそれなりにするけど効果は非常に大きく現状満足。

自宅でも導入してみようかと検討している。

 

もう1つはICカードを利用したもの。

たとえばFelica。

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

パソリがあればFelicaを読み取ることが出来るが

これを認証デバイスとしてPC利用できるように出来ないかと。

FelicaじゃなくてNFCのほうが簡単だろうか。

ただサードパーティアプリを使う必要がありそうだし

何かしら敷居が高そうなのでこれは難しいかなあ。

 

あとハードウェアトークンというのもあるようだ。

[正規販売代理店品]YubiKey 4

[正規販売代理店品]YubiKey 4

どこかにアクセスするための鍵をこれに入れておいて

この機器をUSBメモリに接続することでその秘密鍵を解除して

アクセスしたりできるようになると。

まあPC起動時に使えるけど毎回使うのは面倒な気もする。

これは個人で使うってよりも超重要情報へのアクセスするためとか

そういう感じだろうか。海外ドラマとかに出てきそうだけど。

 

ということで顔認証は今既に使ってるし

手軽に利用できるので無難かなあ。

自宅のデスクトップだからそうそう使われることはないが

一応検討をしてみることにしよう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノートパソコンと旅

  • 2017.06.17 Saturday
  • 22:36

旅行の際にノートパソコンを持っていく必要があるか。

持っていく場合何に利用するのか。

今年1月のハワイ旅行へ行く前は持っていくか迷い

結局chromebookを持っていった。

【日本正規品】ASUS ノートブック Chromebook ブラック ( Chrome OS / 13.3inch / Celeron N2830 / 4G / 16G EMMC / 日本語キーボード ) C300MA-BLACK

【日本正規品】ASUS ノートブック Chromebook ブラック

( Chrome OS / 13.3inch / Celeron N2830 / 4G /

16G EMMC / 日本語キーボード ) C300MA-BLACK

chromebookは安価なモバイルノートパソコン。

利用できる機能は制限されて

基本的にブラウザのみを利用することが出来る。

ただchromeブラウザでの利用は

メインPCで利用するものと遜色なく利用出来る。

僕がchromebookを持っていったのは

このJUGEMブログを現地で書くため。

3泊5日の旅行中に現地で書いたブログは3本。

http://ryoex.jugem.jp/?eid=16546

http://ryoex.jugem.jp/?eid=16547

http://ryoex.jugem.jp/?eid=16548

これ以外はあらかじめ書いておいたのを自動投稿したもの。

現地から写真付きでリアルタイムにブログ投稿出来たのは良かった。

 

ノートパソコンを旅行に持っていく場合

以前はもう1つデジカメデータの管理という目的があった。

昔カナダ旅行へ行った時は滞在期間が長かったことと

当時のメモリカードは64MBが1万円くらいで

全然枚数撮れなかったこともありPCにデータ退避して

それでメモリカードをフォーマットして繰り返し使う必要があった。

ただ今は大容量メモリカードも安くなった。

ハワイでは64GBのメモリカードで撮影。

【Amazon.co.jp限定】 Transcend SDXCカード 64GB UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s) U3シリーズ 4K動画撮影 無期限保証 TS64GSDU3E (FFP)

【Amazon.co.jp限定】 Transcend SDXCカード 64GB

UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s)

U3シリーズ 4K動画撮影 無期限保証 TS64GSDU3E (FFP)

これがいっぱいになって予備の32GBカードを使ったけど

途中で足りなくなることはなかった。

お店でメモリカード買えるし足りなくなれば買えば良い。

デジカメデータの管理という面でノートPCを使う必要はなくなった。

chromebookはストレージがほとんどないので

そういた利用をすることは出来ないけどね。

実際モバイルノートPCを買うかとかすらも検討したけど

結果的に買う必要はなかったし無理しなくてよかった。

ただ1ヶ月とか旅するならUSB-HDDとかに

写真データはバックアップしたくなるけどね。

 

あと僕の場合はリモートデスクトップで

自宅で起動していたPCにアクセスして

PC録画の状況をチェックしたりしていた。

Chromeリモートデスクトップを利用していたため

Chromebookで利用できた。

デジカメデータ管理をしないなら

chromebookで十分だったんだな。

Apple MacBook Air (13.3/1.6GHz Dual Core i5/8GB/128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MMGF2J/A

Apple MacBook Air (13.3/1.6GHz Dual Core i5

/8GB/128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MMGF2J/A

Macbook AirのようなモバイルノートPCに憧れて

本気で購入を検討していたけど

僕はこの手のモバイルノートPCは普段の生活で使わず

年1回か2回の旅行のためだけに買うのは

これまでの経験で無駄だと分かっていたので買わなかった。

それは成功だった。

 

ブログを書くためだけに

ノートパソコンを持っていく必要があるか。

これはなかなか難しい。

実際スマホでもブログは書くことが出来る。

ただPCで書くようには書けない。

Bluetoothキーボードを利用することも検討した。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト

ただこれに関しては去年秋の旅でいろいろテストしてて

スマホ+BTキーボードでは

Chromebookのようには全然使えないことがわかった。

スマホのブラウザがPCとは全く違うことが問題。

普段からスマホでブログを書くことに慣れていれば別だが

普段PCでこうした書いているのに突然スマホでとなると

いつものように利用することは無理だった。

ChromebookはAndroidベースだが

ブラウザはWindowsのと全く同じでAndroidのChromeブラウザとは

全く違っててFlashやJavascriptなどの動作を含めて

同じように利用できた。

 

さてノートパソコンだけど

飛行機に登場する時は気をつける必要がある。

リチウムイオンバッテリーを搭載しているため

チェックを受けることになる。

デジカメやビデオカメラの予備バッテリーなどは

手荷物として持ち込む必要があるが

ノートパソコンの場合予備バッテリーなら手荷物だが

内蔵バッテリーなら預け入れ荷物にすることも出来る。

機内持ち込みが多いと大変なので僕はChromebookは

預け入れに持つとしてクッション性の高いケースに入れて

スーツケースに入れておいた。

帰りの時に多分それが理由でスーツケースは開けられていて

中にTSAでチェックしたよという紙が1枚入っていた。

その時Chromebookが動作するようバッテリーは

ある程度充電した状態にスーツケースに入れておくべきと。

 

ということで旅行の際にノートPCを持っていくかは

迷うところ。今年だけど8月の九州、10月の乗鞍と

2回の泊まり旅を計画しているが

どちらでもChromebookは持っていく予定。

それはブログを書くため。必要ないかもしれないけど

バッテリーの持ちも良いのでのんびりネットサイト閲覧するのにも便利。

モバイルノートPCがあるならそれでもいいかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

高性能USBマイク

  • 2017.06.16 Friday
  • 21:27

今年2月くらいにケロログというボイスブログが消えて

その結果それまで利用していたPCマイクを利用する機会が消えた。

ちょっと前ならPCゲームのボイスチャットでも使ってたが

昨今はすっかり利用しなくなってしまった。

Skypeも今ではすっかり使わなくなり使うとしても

スマホアプリで使うのでPCでは使わなくなってしまった。

それ故にPCマイクの使い道は失われつつある。

そんなUSBマイクを処分するか迷っている。

 

僕はUSBマイクを少しずつアップグレードしてきた。

最初に使ったのは安いバッファローやエレコムのマイク。

サンワサプライ USBマイクロホン MM-MCUSB25

サンワサプライ USBマイクロホン MM-MCUSB25

サンワサプライのもあったなあ。

USBマイクはマザーボードのサウンドチップに依存しないので

比較高音質でまた音量も大きく使いやすかった。

僕はヘッドセットがあまり好きではなかったので

スタンドマイクを愛用していたんだ。

こうしたマイクをいろいろ使っていた。

 

その後より上のグレードのマイクが欲しくなり

いろいろ探してその時に買ったのはSAMSONのC01U。

SAMSON マイク USBコンデンサ USBケーブル 3m付属 C01U PRO

SAMSON マイク USBコンデンサ

USBケーブル 3m付属 C01U PRO

僕が持ってたのはPROじゃないモデルだ。

ヘッドホン端子はなかった。

このマイクはボリュームコントロールやミュートが

ソフトウェアという点は難点だったけど

音質などはとても良かった。

別に机の上で邪魔にならないようアームスタンドを買ったりして

それで利用していた。

今も持っているけど音質だけなら後述するYetiより

良かったんじゃないかなと今も思う。

 

そして満を持して買ったのはSnowのYeti。

Blue Micro Yeti USB 2.0マイク 15374

Blue Micro Yeti USB 2.0マイク 15374

このマイクはUstreamが流行っていた

2008年から2009年頃だったか雑誌で紹介されてて

これ欲しい!と思ったものの2万円を超える価格で断念。

ラジオDJや声優さんのネットラジオなどでも使われていたりして

これとMacBookなどで配信をしているレポートなども紹介されてて

プロも使う機材なのかと憧れたものだ。

その独特なデザインやスタンド一体型なのも良さげだった。

それを買ったのは数年前だなあ。

1度壊れたかなと思ったけどUSBケーブルが駄目になっただけで

交換したら普通に使えて安心。今も持っている。

 

マイクも使いたいけど

スマホ時代の今は使う機会がない。

昔は友達とボイスチャットとかしてたけど

今はLINEでつながってるとその必要もなくなるし

ネットゲームとかもプレイしなくなったし

出番なくなってしまったんだなあ。

何か使い道があればいいけど無ければ売ってしまおうか。

そんな検討をしている。

ウェブカメラもそうだけどスマホが広がって

コミュニケーション端末としてのPC利用は減ってしまったなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


recommend

recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM