PCモニタ

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 21:34

昨年秋にPCモニターを新調して5ヶ月。

それまでの21.5インチから23.8インチへと

画面が大きくなったわけだが

最初はその大きさに戸惑っていたけど1時間で慣れた。

LG モニター ディスプレイ 24MP48HQ-P 23.8インチ/フルHD/IPS 非光沢/HDMI 端子付/HDMIケーブル同梱/ブルーライト低減機能

LG モニター ディスプレイ 24MP48HQ-P 23.8インチ/フルHD/

IPS 非光沢/HDMI 端子付/HDMIケーブル同梱/ブルーライト低減機能

従来のBenQの古い21.5インチと比べて

画面サイズは大きくなったけどベゼルが小さくなり

結果的に設置スペースは微減。重さは激減。

軽くて見やすくていい液晶だ。

ただもっと大きな液晶が欲しいなあと思ってみたり。

 

PCモニタを新しくする段階で設置スペースは

広げられるようにしていたけど結果的に増えなかった。

ということは27インチくらいまでなら余裕で設置出来ると。

LG モニター ディスプレイ 27MP38VQ-B 27インチ/フルHD/IPS 非光沢/HDMI端子付/ブルーライト低減機能

LG モニター ディスプレイ 27MP38VQ-B 27インチ/

フルHD/IPS 非光沢/HDMI端子付/ブルーライト低減機能

23.8から27インチへのアップではたいして変わらないか。

さすがに31.5インチとなるとでかそうだ。

LG モニター ディスプレイ 32MP58HQ-P 31.5インチ/フルHD/IPS ハーフグレア/HDMI端子付/ブルーライト低減機能

LG モニター ディスプレイ 32MP58HQ-P 31.5インチ/

フルHD/IPS ハーフグレア/HDMI端子付/ブルーライト低減機能

さすがに大きいだろうが設置スペースは

机の上を整理すれば置けると思う。

そして大きさも多分慣れだから問題ないのではなかろうか。

 

大画面化以外だと高画素化もあるが

4Kは時期尚早というか価格も高いので現状考えてない。

価格も高い・・と思うけど実際そうでもないか。

LG モニター ディスプレイ 27MU67-B 27インチ/4K(3840×2160)/IPS 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/高さ調節、ピボット対応

LG モニター ディスプレイ 27MU67-B 27インチ/

4K(3840×2160)/IPS 非光沢/HDMI×2、DisplayPort/

高さ調節、ピボット対応

だいたい5万円ちょっとで購入できる。

ピボット対応モデルなら縦置きして

デュアル液晶として利用するのも面白そうだけど

ただ現状そこまで液晶に費やす資金はないんだけどね。

まあPCアップグレードを考えてるけど

現状Ryzen7関係はCPUもマザボも超品薄なので

当面は見送り状態だから予算的にはなんとかなるんだけど。

 

現状アップグレードするとして候補の1つとしては

29インチの超ワイド液晶もありかなと。

LG モニター ディスプレイ 29UM58-P 29インチ/21:9 UltraWide(2560×1080)/IPS 非光沢/HDMI×2

LG モニター ディスプレイ 29UM58-P 29インチ/

21:9 UltraWide(2560×1080)/IPS 非光沢/HDMI×2

ただ横に広がるとまた設置スペースの問題がある。

ただ1つの画面を有効利用する場合は

これが一番ベストな気もする。

価格もおもったよりも安いからね。

 

液晶はどうするかな。

昔はこだわりとかあったけど

国内の液晶メーカーは軒並み撤退してしまった。

PC用液晶パネルは日本では作られてないんだっけ。

韓国系、台湾系、中国系とあるけど

韓国系が最大シェアで中国系が時点という感じか。

ただ今後は中国系が増えてきそうだなあ。

PC用IPS液晶だと大半がLGパネルのようなのでLGのを買うのが

結果的に一番安いのではなかろうか。

昔は三菱電機のPC液晶に憧れたものだが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

HDDの購入

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 20:29

今はPC内のデータ保存のほか

データのバックアップもHDDが担っている。

BD-Rやクラウドなども利用することもあるが

基本的なデータ保存はHDDで

データ量が増え続ける中でHDDも増えている。

 

HDDの価格は去年秋の底値に比べると

価格は上がっているが

WD30EZRZ-RT [WD Blue(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]

WD30EZRZ-RT [WD Blue

(3TB 3.5インチ SATA 6G 5400rpm 64MB)]

今も8000円台で購入できることから

安値は維持されていると見るべきだろう。

なにせ1ドル100円近かったのが

半年で115円近くまで円安が進んでしまった状態だから。

円安に寄る価格反映が今後増えることを考えると

2台くらいHDDを買っておいても良いかなと。

 

購入したHDDはケースには入れず保存。

利用する時に取り出してケーブルを接続して利用する。

オウルテック 2.5インチ/3.5インチSATA HDD用アダプタ ACアダプタ付 SATA⇒USB3.0 USB3.0 新IC UASP対応 ガチャポンパッ!でデータ移動 OWL-PCSPS3U3U2

オウルテック 2.5インチ/3.5インチSATA HDD用アダプタ ACアダプタ付

SATA⇒USB3.0 USB3.0 新IC UASP対応

ガチャポンパッ!でデータ移動 OWL-PCSPS3U3U2

ケースを使うとそのケースにUSBケーブルと電源ケーブルが必要で

ケーブルだけになってしまうため。

HDDはそのまま保存するのが一番かさばらないからね。

ただHDDを管理するためにも

センチュリー 裸族のビキニ HDD用スタンドキット CRBK2

センチュリー 裸族のビキニ HDD用スタンドキット CRBK2

こうしたスタンドがあれば便利かと。

僕は普段よく使うHDDはこうしたスタンドに設置してて

使わないものはコミック用の収納ケースに入れて保存してる。

 

HDDメーカーの差というのは

最近はあまり聞かないかな。

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB PCユーザー向け BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 7200rpm / 2年保証 ) 正規代理店品 ST3000DM008

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB PCユーザー向け

BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 7200rpm / 2年保証 )

正規代理店品 ST3000DM008

一時期SEAGATEは信頼性を失っていたけど

最近は挽回しつつある。

というかWesternDigitalの品質が落ちてきたとも言えるが。

NAS用のは概ねどこのも品質は良さそう。

HGST(エイチ・ジー・エス・ティー) Deskstar NAS 3TB パッケージ版 3.5インチ 7200rpm 64MBキャッシュ SATA 6Gb/s 【3年保証】 0S03663

HGST(エイチ・ジー・エス・ティー) Deskstar NAS 3TB

パッケージ版 3.5インチ 7200rpm 64MBキャッシュ

SATA 6Gb/s 【3年保証】 0S03663

NASだとWD REDかこれかなあ。

 

ともかくHDD買っておこう。

以前あったストックの1台は

使ってしまって今はストックがない。

トラブルで壊れたときにすぐ対応出来る体制にしておかないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラベルプリント

  • 2017.03.18 Saturday
  • 20:38

以前プリンタの有効利用を模索しているときに

ラベルプリントに着目していろいろ利用していた。

最初はDVD-Rへのラベル印刷が中心だったけど

いつからかラベル印刷ソフトを買ってから

いろいろ利用するようになった。

ジャストシステム ラベルマイティ17 通常版

ジャストシステム ラベルマイティ17 通常版

凝ったラベル印刷が出来るようになって使ってた。

ただ最近はプリンタではなく

ネットワーク複合機になったため利用はあまりない。

 

今唯一利用しているのは

宛名ラベルの印刷だ。

ヤフオクなど出品して発送する際に

ゆうメール便などで送る際に利用している。

以前は相手の宛名も印刷をしていたけど

それは毎回行うのが面倒になったので今は自分の宛名のみ。

ELECOM 宛名ラベルシール A4サイズ 24面 20シート EDT-TM24

ELECOM 宛名ラベルシール

A4サイズ 24面 20シート EDT-TM24

あらかじめ作っておけば

裏側に貼るだけなので非常に楽。

発送する数が多ければ相手の宛名印刷もするんだろうが

今はヤフネコパックなど

宛名を書く必要ない手段も増えているため

今後利用が増えることはなさそうだ。

 

片付けの際の収納用のラベルは以前利用してたけど

最近はあまり利用してない。

というかこの5年くらい以前のラベルのままで使ってて

新規に利用する機会がないから。

ただ少し劣化したり剥がれてしまったりしている部分があるので

春の片付けの際には張替えも検討をしている。

SANWA SUPPLY インクジェット耐水ホワイトフィルムラベル 5枚 LB-EJF01

SANWA SUPPLY インクジェット

耐水ホワイトフィルムラベル 5枚 LB-EJF01

今度は耐水性のあるラベルを買って利用してみようかと。

インジェクトインク自体が水で弾きそうだけど

一応大丈夫なようなので使ってみるかなあ。

うまく行けば全面的に張り替えてみようかなと。

プラス ラベルシール 超耐水光沢フィルムラベル ホワイト A4 IT-324RF 45-225

プラス ラベルシール 超耐水光沢フィルムラベル

ホワイト A4 IT-324RF 45-225

こっちのほうが耐水性良さそうか。

 

DVD/BDはもうラベル印刷は使ってない。

そもそもDVD/BDへの保存があまり多くはないため。

何より今はネットワーク複合機に変更して

実はDVDラベル印刷が出来ない機種になってしまった。

以前のCANONのプリンタは対応していたけど

壊れてとっくの昔に捨ててしまった。

今後新しくDVDラベル印刷に対応した複合機を買っても

多分DVDへのラベル印刷はしないかなと思う。

 

ネットワーク複合機だとプリンタと比べて

紙の交換をするのが面倒なので

なかなかラベル用シールをセットしてというのが

面倒になってしまうけど便利なのでぼちぼち利用していければ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PCとヘッドホン

  • 2017.03.17 Friday
  • 20:30

夜間にパソコンを利用してると

スピーカーではなくヘッドホンで

映像を見たり音楽を聞きたいと思うことがある。

スピーカーだと深夜など特に音量を抑えざるを得ない。

僕が今使ってるスピーカーは

Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(B)

Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(B)

このUSBスピーカーで音は凄くいいんだけど

ヘッドホン端子はついていない。

PCにはヘッドホン端子はあるけど

内蔵オーディオはあまり音がよろしくないし

ノイズがプチプチのることもある。

そこでいまいろいろ検討中。

 

USBヘッドホンなるものがあれば

利用したいなと思っているけどない。

USBヘッドセットならたくさん発売されている。

安いヘッドセットを持ってるがSkypeなどボイスチャット用。

音楽を聞いたりするのには適していない。

Logicool ロジクール G430 サラウンドゲーミングヘッドセット Dolby 7.1 Windows対応

Logicool ロジクール G430

サラウンドゲーミングヘッドセット

Dolby 7.1 Windows対応

ただゲーミングヘッドセットなら音質も重視してるので

ゲームは当然としても動画視聴や音楽鑑賞にも使えるかなと。

G430ならまあ買えるけどどうだろうなこれ。

 

あとUSB-DACを利用する方法もある。

Creative Sound Blaster E1 ハイレゾ対応 USBオーディオインターフェース DAC ヘッドホンアンプ  ステレオミックス SB-E-1

Creative Sound Blaster E1 ハイレゾ対応

USBオーディオインターフェース DAC

ヘッドホンアンプ ステレオミックス SB-E-1

この製品はパソコンでヘッドホンを利用するのに

最適なUSBオーディオのようだ。

かなりコンパクトで手軽に利用することが出来るかと。

これにお気に入りのヘッドホンを取り付ければすぐ使えるかと。

どちらかというと僕が求めているのは

こっちのほうが近いかなと思う。

ヘッドセットのほうがゲームなどは便利だけど

あまりVCは使わないのでこれで十分かなと。

 

ということでUSB-DACを買って

深夜のPC利用時はヘッドホンを利用するようにしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows UpdateとAviUtl

  • 2017.03.16 Thursday
  • 22:48

3月15日にマイクロソフトはWindowsの

月例アップデートを公開した。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1049583.html

そのニュースを夕方に目にして

PC録画が本格化する19時過ぎになる前に

アップデートしようと録画PCでWindows Updateを実施。

その後昨晩からの動画エンコードで1つだけ

エンコード登録を忘れてたのがあり急遽エンコードしようとしたら

なんとエラーが出てしまった。

 

録画はPT1やPT3を利用。

アースソフト PT2

アースソフト PT2

TSファイルはDGIndexでd2vとaacを出力し

aacはWAVに変換し音ズレを修正したのち

AviUtlでd2vとwavを読み込ませて

前後カットなど編集をしてH264/AVC+AAC-LCのMP4ファイルで

エンコードして出力をすると。

今回はそのd2vファイルをAviUtlに読み込ませようとしたら

エラーが出てAviUtlが落ちてしまった。

ただこれは稀に起きることでDGIndexでのd2v+aac出力から

やり直せばこれまでは直っていた。

ところが今回は何度試してもエラーでアプリが落ちてしまう。

さらに既に昨晩エンコードをした動画データの

d2vを読み込ませてもアプリが落ちてしまった。

つまり問題はAviUtl?。

AviUtlの最新版をネットからDLして設定をやり直してそして

d2vを読み込ませたら問題なく読み込むことが出来たから

AviUtlのファイルか設定データが破損してたのかなと

そんな感じで考えていた。

 

ところがその後24時過ぎて15日分のPC録画も終わり

寝る前のパッチエンコード登録をメインPCでも行う。

そのときにWindowsUpdateがあったことを思い出して

エンコード中にWindows Updateが起きると困るので

先に行ってしまおうと実施。

録画PCは夕方に既に実施済みだ。

その後パッチエンコード登録を再開したら

AviUtlでエラーが発生。メインPCでも発生したけど

ちょうどWindowsUpdateしてエラーが発生したため

理由がこれではっきりしたと。

つまりWindows Update後にAviUtlのエラーが起きたと。

メインPCも録画PCもAviUtlのバージョンはVer0.99j2だった。

それをどちらもVer1.00にアップグレードしたことで解決。

 

AviUtlにはx264.exeやNeroAACEnc.exe、mp4.boxなども

利用しているけどそれらは元からコピー。

設定データも全部コピーしたけど問題なく利用できている。

ただ気のせいか動画エンコードの速度が

落ちている気がするんだけどなあ。

これまで夜寝ているときにエンコードしてたから

意識してみたことはなかったけど。

でもまあ今朝未明のエンコードしたデータの出力時間を見ると

一昨日のファイルと比べて変わらないので問題ないのだろう。

まあRyzen7に今年夏までにはアップグレードする予定で

そうなればエンコード速度も劇的に早くなるかなと。

 

動画エンコードだけどAviUtlがメインだけど

TMPGEncも利用している。

TMPGEnc Video Mastering Works 6 [ダウンロード]

TMPGEnc Video Mastering Works 6 [ダウンロード]

今はVer.5をメインPCにインストールして

5.1ch音声の番組のエンコードなどでたまに利用してる。

エンコードソフトとしてはAviUtlよりトータルで優れていると思うが

カット編集などは慣れたAviUtlのほうが圧倒的に快適に出来る。

そのうちVer.6を買ってメインPCに入れて

メインPCのVer.5を録画PCに入れようかなと。

AviUtlメインはこれまで通り変わらないけど

GPUエンコードなどでいろいろ試してみようかなと。

 

フリーソフトなど古いバージョン使ってるケースが多いが

ちゃんと最新バージョンにアップデートしないとね。

セキュリティの問題などもあるかもしれないから。

 

PS

Picasa3で動画再生するとPicasaがクラッシュするようになった。

ついこないだまでは問題がなかったことだが

これもひょっとしてWindows Updateと関係があるなろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットワークリモコン

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 20:59

2014年春に購入したネットワークリモコン。

まもなく3年になる。

ネットワークリモコンというのは

赤外線リモコンを学習できる端末で

ネットワークを介してスマホから操作することが出来る。

具体的に言えばエアコン等のリモコンを学習させれば

スマホからON-OFFや温度設定などを行える。

自宅内だけでなく外出先からも操作が行えると。

LinkJapan eRemote イーリモート スマホで家電をコントロール 次世代スマートリモコン  RJ-3

LinkJapan eRemote イーリモート

スマホで家電をコントロール 次世代スマートリモコン RJ-3

僕が初めて買ったのはeRemoteだけど

今はさまざまなモデルが搭乗している。

 

ネットワークリモコンの用途としては

エアコンの操作が一番だろうか。

春はあまり利用する機会はないけど

夏などはエアコンを遠隔制御出来ると凄く便利。

例えば仕事終わって会社を出るときに自宅の冷房をON。

すると帰宅する頃には部屋は涼しくなっていると。

タイマーなどでも同じようなことは可能だけど

帰宅する時間が定まってない場合などは凄く便利。

またつけっぱなしにした場合など遠隔で消すことも出来る。

ほかには照明も赤外線リモコンに対応してれば

ON-OFFなど出来る。

旅行中に自宅の部屋の電気をつけることで

この家は留守ではないなと思わせ防犯的な効果があるかも。

 

僕の場合だけど導入のキッカケは東日本大震災とペット。

計画停電が行われたというニュースを見ていたけど

計画停電が終わった後でエアコンが止まったままということを知る。

エアコンは停電などがあり復旧しても自動で復活はしない。

例えば介護をしてたりペットを飼っていたりして

真夏に自宅エアコンをつけっぱなしにしている場合など

エアコンが止まると灼熱になり危険がある。

その当時犬を飼っていてその点が心配だったんだ。

エアコンをつけないと真夏は室温は40度くらいになるから

室内犬などはかなり厳しい。

 

ネットワークリモコンというのは双方向ではなく単方向。

ネットワークリモコンからエアコンへの赤外線送信は出来るが

今エアコンが稼働しているかの状況は分からない。

同じ部屋でリモコンでエアコンをつければ

エアコンがついたということはその場で確認出来るけど

遠隔操作だと確実についたのかが確認出来ないのが弱点でもある。

そのため最近はセンサー類が充実した機器が増えている。

ラトックシステム Wi-Fi接続学習リモコンユニット REX-WFIREX1

ラトックシステム Wi-Fi接続学習リモコンユニット REX-WFIREX1

eRemoteは温度センサーがついていたけど

このラトックシステムのは

温度・湿度・照度のセンサーがついている。

冷房や暖房、除湿が効いているかなど分かるし

照明をON-OFFした時も照度センサーにより稼働状況が確認出来る。

 

ネットワークリモコンは便利だが

10年後くらいには

ネットワークリモコンの役割もなくなると考えている。

その理由は家電のIoT化。

エアコンや照明がそれ自身でネットワーク機能を持つようになり

遠隔コントロールできるようになっていくと。

既に大手メーカーのエアコンのエントリーモデルヲ除くモデルには

外付けオプションとしてネットワークアダプタが売られている。

パナソニック 「無線アクセス」用アクセサリーセットPanasonic CF-TAC1

パナソニック 「無線アクセス」用

アクセサリーセットPanasonic CF-TAC1

富士通ゼネラル 無線LAN接続アダプターFUJITSU GENERAL APS-12B

富士通ゼネラル 無線LAN接続アダプター

FUJITSU GENERAL APS-12B

こうした機器を利用することでエアコンの遠隔制御が出来る。

ネットワークリモコンと違って

このネットワークアダプタはエアコン直結なので双方向。

つまりエアコンの現在の稼働状況、設定温度などが確認出来る。

こっちのほうがネットワークリモコンよりは機能的に優れている。

ただまだまだ外付けだし制限もあるし時間がかかりそうだけど。

 

あと5年では難しそうだから

あと10年はかかるだろうなあ。

スマホだって10年前なんてなかったんだから

今後の10年でIoT化が一気に進んでいきそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

chromebookで十分

  • 2017.03.14 Tuesday
  • 22:36

ハワイ旅行へ持っていったchromebook。

その後もぼちぼち使っていたけど

最近は利用が急に少なくなってきた感じだ。

Acer ノートパソコン Chromebook C730E-N14M (Celeron N2840/4G/16GBeMMC/11.6/Chrome/APなし/グレイ)

Acer ノートパソコン Chromebook C730E-N14M

(Celeron N2840/4G/16GBeMMC/11.6/Chrome/APなし/グレイ)

まあたまには使うのでそう気にする必要はないかな。

どうせまた次にどっか泊まり旅へ行くときに持っていくから。

 

chromebookはノートパソコンとして

例えばデジカメデータのバックアップや

動画編集とかは利用するのは難しいけど

ブログを書いたりメールをチェックといった

ブラウザを利用して行うことは概ね出来る。

普段PCで行うことの9割はブラウザで行ってるので

たいていのことは出来てしまう。

おまけに起動は早いしバッテリーの持ちも10時間くらい持って良いし

何より安く買えたし満足だ。

4万円くらいのノートパソコンを買うよりも

Chromebookのほうがおそらく快適かなと思う。

もっともWindowsノートパソコンには

Windowsのアプリが動くというメリットがあるけどね。

最近は別にWindowsにこだわる必要性はあまりないけど。

 

そういう点で言えばMacbookAirなど

Macのノートパソコンこそ理想的なノートPC。

Apple MacBook Air (13.3/1.6GHz Dual Core i5/8GB/128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MMGF2J/A

Apple MacBook Air (13.3/1.6GHz Dual Core i5/8GB/

128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MMGF2J/A

いつか欲しいなあと思いつつ

買っても使いこなせないだろうと思う。

だいたいchromebookも普段はあまり使わず

旅行の時くらいしか使わない。

普段自宅にはデスクトップPCがあるから

その代わりとしては使わないんだなあ。

MacBook Airを買っても同じだろう。

欲しいと使うは全く別の問題。

かつてVAIOのモバイルノートを買ったけど

1年でトータル5時間も使ってないくらいだから

あの時無駄な買い物だったなとあとから後悔した。

物欲を満たすためではなく必要かどうかで買うものを決めないと。

 

ってことであまりノートPCを使わない僕には

安くて快適なChromebookで十分だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

AMD Ryzen発売でPCアップグレード熱高まる

  • 2017.03.12 Sunday
  • 19:35

これだけPCをアップグレードしたいと思ったのは

2011年のSandyBridge登場以来かな。

まあ今は2台のPCともこの時のCPUなので

それ以来ずっとPCのCPUやマザボはそのままだけど。

AMDのRyzenにアップグレードする場合は

CPU、RAM、マザーボードと3点セットを変更する必要があるが

Intelの最新CPUを買う場合も結局同じなので問題ない。

AMDはPhenoem X4やAthlon64 x2以来だろうか。

 

CPUのRyzen7でCore i7相当のようだ。

3モデル発売されている。

AMD CPU Ryzen7 1800X AM4 YD180XBCAEWOF

AMD CPU Ryzen7 1800X AM4 YD180XBCAEWOF

最上位がRyzen7で

Ryzen7 1700XRyzen7 1700という2つを含めて

3モデル全てが8コア16スレッドとなっている。

この3モデルの違いはクロック周波数ってことかと。

 

メモリはDDR4。

ちょっと見ないうちにメモリ価格上がったなあ。

CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400) 4GBx2枚 288pin (無期限保証)(Crucial by Micron) W4U2400CM-4G

CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400)

4GBx2枚 288pin (無期限保証)(Crucial by Micron) W4U2400CM-4G

去年の今頃は8GBx2枚で9000円弱だった気がするけど

8GBは品薄で高騰してしまっているようだ。

RAMに関しては今は買い時とはいえないかも。

 

マザーボードはAM4対応の最新マザボ。

X370がハイエンドモデルで

B350がミドルでA320が廉価モデルってことだろうか。

IntelでいうZ170、H170、B150と同じ感じってことでいいのかな。

A320マザボは自作市場には流れてこないようなので

ハイエンドのX370かミドルのB350のどちらかということになりそう。

オーバークロックはどちらでも可能。

X370のほうがインターフェース系が充実しているし

ビデオカードの2枚挿しにも対応していると。

ただ僕はB350で十分かと思う。

AMD B350チップセット搭載マザーボードGA-AB350-Gaming 3

AMD B350チップセット搭載マザーボードGA-AB350-Gaming 3

まだあまり数が出ていない上に

相当な品薄モードなので当分は様子見でいいだろう。

落ち着けば安いモデルも登場して

B350なら1万円くらいで買えるようになるかなと。

 

現状のトータルの価格は

CPUが42000円、RAMが4GBx2で8000円、マザボが17000円くらいで

67000円くらいはかかりそうだ。

Core i7 7700Kを導入するのと現状はちょっと割高だろうか。

ただCPUは329ドルなのでもう少し下がりそうだし

マザボも量産が進めば安いモデルも登場するかと期待している。

性能差だけど動画エンコードに関しては

Ryzen 7 1700のほうがCore i7 7700Kよりもかなり優れているため

僕のようにエンコードがメインの使い方だと圧倒的にAMDになりそうだ。

もうちょっと価格が落ち着いてから購入を検討しよう。

もっとも円相場が円安になれば価格は上がることになりかねないけど。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

乾電池のストック

  • 2017.03.11 Saturday
  • 20:37

先日久しぶりに乾電池をまとめ買いした。

買ったのは単4のアルカリ乾電池。

Amazonベーシック アルカリ乾電池 単4形20個パック

Amazonベーシック アルカリ乾電池 単4形20個パック

リモコンの電池が切れたので交換しようとしたら

ストックが1本だけになってしまっていた。

単3のアルカリ電池はまだまだたくさん残っていたけど

単4は利用する機会が多くてもうなくなってしまっていた。

 

最近はあまりアルカリ乾電池は使わない。

電池を使うものといえば

リモコン、時計、LEDライト、ラジオなどがあるだろうか。

ラジオはradikoの普及ですっかり使わなくなった。

LEDライトは充電池の利用が多くなっている。

最近は18650などのリチウム充電池が増えてきた。

リモコンに関しては利用頻度が多いゲームのリモコンの場合

Wiiが単3電池2本を使う。これらはニッケル水素充電池を利用。

Amazonベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池単3形8個パック(充電済み、最小容量 2400mAh、約500回使用可能)

Amazonベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池

単3形8個パック(充電済み、最小容量 2400mAh、約500回使用可能)

ニッケル水素充電池は定期的に購入しており

最近では古いのを新しいのに更新しつつある。

更新の段階で購入しているのは高容量タイプ。

充電回数が1000回とかあるけど実際100回も使わないので

できるだけ1回の利用期間が長くなる高容量のを利用する。

LEDライトやゲーム機リモコンなどではそれが役に立つ。

 

その他の家電製品のリモコンや時計などにおいて

乾電池は今利用しているのが現状だ。

ただ普通に利用していると数年間は持つのでそうそう交換しない。

2年はたいてい持つ感じだなあ。5年はどうだろう。

今回電池切れになったのはエアコンのリモコン。

夏場はよく使うけど冬はほとんど使わなかった。

先日冷えた日がありつけようとしたら

液晶がほとんど見えないくらい暗くなっていて

電池交換せねばとなったんだ。

 

時計は単3が多いけどリモコンは最近は単4x2本が多い。

自宅にあるリモコンはいくつあるだろう。

15個はあるなあ。使わないのも含めたら20個くらいか。

7割くらいが単4電池x2本タイプなので14個として

平均2年で交換するとすれば1年で14本の単4電池が必要と。

そりゃなくなるわけだ。

ということで定期的に電池はチェックして

購入しておかないとなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

リモートデスクトップとリモート起動

  • 2017.03.10 Friday
  • 19:10

リモートデスクトップは

自宅のパソコンを外出先からアクセスして操作するもの。

自宅のPCにあるファイルを取り出したり

PC録画の状況を確認したり予約録画を追加したり

外出先からも自宅のPCを操作出来るってことで

かなり重宝をしている。

 

僕がリモートデスクトップを始めたのは2012年。

iPod touchを買ってiPad2を買って

その頃にアプリランキング上位にあったのが

Splashtopリモートデスクトップというアプリ。

評価も高かったので購入をしたんだ。

遠隔でPC状況が分かるのは凄く便利で

その後Android版も購入して利用している。

ただSplashtopは2になり買切アプリから

月額課金アプリに変わってしまい

同一Wifiからなら無料で利用できるが

外出先からの利用は月額プランへの加入が必要になってしまった。

旧アプリを使ってれば問題なかったけど

PC側のアプリがアップデートにより

旧アプリとの連携ができなくなり最近になり利用を停止した。

今はChromeリモートデスクトップを利用している。

 

リモートデスクトップは無料のもの有料のものといろいろあり

導入すればかなり手軽に利用することが出来るのだが

利用する上で問題がある。

それはPCが起動している必要がある事。

常にPCを起動させておくのは電気料金的に

またセキュリティ的によろしくない。

かといってPCがシャットダウンしていたら

リモートデスクトップでアクセスすることが出来ない。

これを解決する方法は3つくらいある感じだろうか。

 

1つ目は僕自身が行っているが

NECの無線ルータのリモート起動機能を利用すること。

NEC Aterm WG2600HP2

NEC Aterm WG2600HP2

これはネットワークの設定をして

無線ルータのリモートアクセスのページに

IDやパスワードでアクセスできるように設定する。

この無線ルータは自宅LAN内なのでこのルータから

PCへ起動するためのWake On Lanのパケットを送信すると。

NECの無線ルータはリモート起動の中継機能を持ってるということ。

ただこの無線ルータにアクセスするためには

ポート開放やらDDNSやら設定をする必要があるけどね。

マンションなどローカルIPが降られてるネット回線だと利用出来ない。

 

2つ目は中継となる常時起動の端末を用意すること。

具体的に言えばスティックPCだ。

スティックPCを常時起動して24時間起動しておいて

このスティックPCにリモートデスクトップでアクセスして

スティックPCから他のPCへとWOLの起動パケットを送ると。

ASUS スティック型 デスクトップ VivoStick TS10  ブラック ( WIN10 64Bit / インテル Atom x5-Z8350 / 2G / 32GB eMMC ) TS10-B016D

ASUS スティック型 デスクトップ VivoStick TS10 ブラック

( WIN10 64Bit / インテル Atom x5-Z8350 / 2G /

32GB eMMC ) TS10-B016D

普通のPCを常駐させるよりずっと省電力で低コスト。

このPCでWindowsアプリを動かすのも良し。

この場合はプライベートIPでもおそらく使える点がメリットかと。

ただメインPCの常時機能とある意味大差ないのが難点で

セキュリティ的なリスクはあるかと。

 

3つ目は一番セキュアで理想的だがVPNを利用する方法。

TP-Link Safestream VPNルーター ギガビット Ipsec対応 高速通信 雷サージ防止 強固なファイウォール機能 5年保証 TL-R600VPN

TP-Link Safestream VPNルーター ギガビット Ipsec対応

高速通信 雷サージ防止 強固なファイウォール機能

5年保証 TL-R600VPN

初期設定の難易度はそれなりに高くて

グローバルIPである必要な点はあるけど導入できれば

外出先のスマホやPCを自宅と同一LANで使えるため

Wake On Lanでリモート起動が出来る他

Splashtop2のリモートデスクトップアプリも

VPNなら無料で外出先から利用できたりする。

自宅のNASの利用なども便利に利用できるかと。

 

PCのリモート起動は全て

Wake On Lanを利用する。

これはマザーボードやPCの設定で行えるのだが

無線LANだと利用できないのが難点だ。

最近はデスクトップPCでもWifiを利用している人がいるが

それだと使えない。有線LANを利用する必要がある。

僕は無線LANを利用しているがPCとの接続は有線LAN。

NEC Aterm WL300NE-AG (Ethernet子機) PA-WL300NE/AG

NEC Aterm WL300NE-AG (Ethernet子機) PA-WL300NE/AG

途中で無線イーサネットコンバータを挟めば解決できる。

スティックPCやノートPCなどでLAN端子がない場合などは

別途USB-有線LANアダプタなどを利用するといいだろう。

 

スマートフォンなどからの遠隔操作でのPC利用。

考えてみてはどうだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM