CPU脆弱性とPC購入計画

  • 2018.01.23 Tuesday
  • 20:40

ここ最近PC関連のニュースでは

CPUの脆弱性に伴うパッチにより

ベンチマークの等の低下が顕著に見られると。

処理速度の低下はもちろんだけど

特にIO関係は結構影響が大きいようだ。

PCアップグレードは計画段階だけど

一連の問題が収束して影響を受けないCPUやマザーボードが

リリースされるまでPCアップグレードは凍結しようかなと。

 

本当は今年春にPCアップグレードを検討してた。

不用品を処分したことである程度資金が出来て

当初予定していたRyzen7ではなく

シングルスレッド性能の高いCore i7 8700Kあたりで検討していた。

Intel CPU Core i7-8700K 3.7GHz 12Mキャッシュ 6コア/12スレッド LGA1151 BX80684I78700K 【BOX】

Intel CPU Core i7-8700K 3.7GHz 12Mキャッシュ

6コア/12スレッド LGA1151 BX80684I78700K 【BOX】

RAM価格が高いので昨年のアップデートは見送っていたけど

当面価格が下がることはないと判断して

3月を目処に考えていたんだけど

このCPU脆弱性の問題が思ったより影響が大きそう。

それ故に次の世代まで待ったほうがいいかなと。

今のところ今すぐという必要性はないから急ぐことはないと。

ただSandyBridge世代のCPUなので7年前だから

壊れて使えなくなることが怖いのでアップグレードは検討続けたい。

 

CPUじゃなくGPUはアップグレードしてもいいかも。

GPUエンコードについて調べているけど

それなりに普及しつつあるがまだ広がってない感じはある。

GPUエンコードで高速エンコードを行うなら

それなりにハイエンドのGPUが必要になる。

ハイエンドGPUを持ってる人はゲーマーが多くて

エンコードをしてない人が多いから情報が少ないのだろう。

僕はGTX960を持っているけどGPUエンコードが使えるなら

CPUアップグレードを先延ばしにして

玄人志向 ビデオカード GEFORCE GTX 1060搭載 GF-GTX1060-E6GB/OC2/DF

玄人志向 ビデオカード GEFORCE GTX 1060搭載

GF-GTX1060-E6GB/OC2/DF

それなりに高速なGTX1060辺り買いたいところだ。

GPUエンコードに対応したエンコードソフトとして

TMPGEncのVer.6を買えば問題ないかと。

TMPGEnc Video Mastering Works 6

TMPGEnc Video Mastering Works 6

nVidiaのGPUの場合は

NVENCというハードウェアエンコードが利用できるので

これを利用することで超高速エンコードが可能になるという。

画質も設定を調整すれば問題ないようだ。

 

ということで今年はCPUアップグレードを延期して

GPUアップグレードでGPUエンコード環境整備などを

本格化させてみようかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

光学メディア

  • 2018.01.20 Saturday
  • 19:42

片付けをしているんだけど

長く使っていないDVD-RやBD-Rが出てきた。

DVD-Rはもう随分長く利用していない。

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用DVD-R(CPRM) VHR12JP50V4 (片面1層/1-16倍速/50枚)

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用DVD-R(CPRM)

VHR12JP50V4 (片面1層/1-16倍速/50枚)

昔は動画データの保存やデジカメデータの保存に使ってたけど

あまりにも大量になって管理できなくなり

HDDに全面的に移行して大半を捨ててしまった。

捨てた量は1万枚近くになると思われ

それらのDVD-R購入コストは30万円近くになることから

今考えると無駄だったと思うが今更仕方ない。

ともかく今はHDDに移行して管理しており

DVD-Rは極力使ってない。

ただ動画データを親戚や友人に渡すときなど稀に使う。

 

BD-RはDVD-Rよりは今まだ使うほうだろうか。

動画データの受け渡しなどはここ数年はBD-Rが多いから。

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用 BD-R VBR130RP50V4 (片面1層/1-6倍速/50枚)

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回録画用 BD-R

VBR130RP50V4 (片面1層/1-6倍速/50枚)

HD画質の動画を送るにはDVD-Rでは容量が少ない。

また昨今はBDレコーダーが普及したため

BD再生環境が整備されて送りやすくなった。

LINEとかスマホで送ってしまうことも多いけど

BD-Rはたまに利用する。

データのバックアップとしては

2層50GBのBD-Rを利用している。

パナソニック 録画用2倍速ブルーレイ片面2層50GB(追記型)10枚 LM-BR50P10

パナソニック 録画用2倍速ブルーレイ片面2層50GB

(追記型)10枚 LM-BR50P10

高品質の2層50GBを利用するのはデータを確実に残すことと

出来るだけ保存する枚数を減らすため。

かつて膨大な量になって管理できなくなった

DVD-Rの二の舞を防ぐためにあえて利用している。

ただ最近はBD-R保存はあまり利用してないかなあ。

 

DVD-RやBD-Rはデータを保存して

渡したりするのには適している。

一方で保存先として見た場合は今となっては

あまりよくない気がする。

やはりHDDにはかなわらない。

また渡す場合もコストを度外視すれば

USBメモリなどのほうが手軽だ。

BDレコーダーで再生するとか目的があればいいが

相手がPCならUSBメモリのほうが良いと。

ということで本当にもうDVD-RやBD-Rに

データを保存することはほとんどなさそう。

 

ただし光学ドライブが不要になるかといえば別問題。

僕のPCには光学ドライブをつけてないけど

時々光学ドライブが必要になる。

昨年12月に年賀状ソフトを買ったときに

インストールする際に光学ドライブを利用した。

ASUS バスパワー対応ポータブルDVDドライブ 【 Windows10対応 】スリムタイプ / Windows Mac 両対応 書き込みソフト付属 ブラック SDRW-08D2S-U LITE

ASUS バスパワー対応ポータブルDVDドライブ

【 Windows10対応 】スリムタイプ /

Windows Mac 両対応 書き込みソフト付属 ブラック

SDRW-08D2S-U LITE

USB光学ドライブは持っていたほうがいいかと。

ちなみに僕が持っているのはバッファローのBDドライブ。

BUFFALO 書き込みソフト添付 ポータブルBD ブラック BRXL-PT6U2V-BKC

BUFFALO 書き込みソフト添付 ポータブルBD

ブラック BRXL-PT6U2V-BKC

ただBD-Rを使わないのなら安いDVDドライブで十分だと思う。

書き込みしないなら読み取り専用でも構わないから

持っていれば十分だろう。

 

これまでDVD-RやBD-Rにバックアップした

デジカメデータなどを読み取るためには

その環境は今後も維持していく必要があるけどね。

ただ10年後20年後はどうなるか分からないから

光学メディアの利用はほどほどにしておくのがよさそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近すっかり使わなくなったウェブカメラ

  • 2018.01.18 Thursday
  • 23:37

片付けをしてその使い道を考えているものに

ウェブカメラがある。

ウェブカメラは2008年から2010年頃に購入したもの。

LOGICOOL ウェブカムプロ 9000 200万画素 カールツァイス社製レンズ採用 QCAM-200SX

LOGICOOL ウェブカムプロ 9000 200万画素

カールツァイス社製レンズ採用 QCAM-200SX

Qcam Pro9000が2台あって

あとマイクロソフトのウェブカメラがある。

もう1つウェブカメラがあったけど

それはもうかなり前に売ってしまったと思う。

今も持っているのは当時のハイエンドモデルで

ガラスレンズが使われて光学性能が高い。

 

今のウェブカメラでも安い製品は

センサー性能は高くともレンズ性能が劣るので

下手なモデルよりはよほど高画質だろう。

ただ最新のハイエンドモデルには劣る。

Logicool ロジクール HD プロ ウェブカム c920r

Logicool ロジクール HD プロ ウェブカム c920r

正直今の上位モデルと昔の上位とでは

何が違うんだろうと思うんだが

とりあえず映像チップが内蔵されていて

ハードウェアでエンコードして処理することが出来るようだ。

それにより対応したアプリケーションなど

高画質のビデオチャットが可能という。

 

ウェブカメラの使いみちとしては

やはりビデオチャットが一番・・だが

最近はスマートフォンやタブレットに

その役割を奪われつつある。

特にタブレットは最強のビデオチャットデバイス。

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

相手の顔も大きく表示出来るしWifiエリア内なら移動もできる。

それでいて安いモデルは1万円以下で買えるんだから

わざわざウェブカメラを利用することはなくなってしまう。

実際ウェブカメラはタブレットの普及により廃れてしまった。

一方でゲーム実況などでは今も使われている。

顔を写したりFPSなどでは手の動きを写したりするのに使われている。

 

僕自身は配信もしてないので

今はすっかり使わなくなってしまったな。

一時期はネットワークカメラとして使ってたけどね。

PCにウェブカメラを接続して

リモートデスクトップと連携することで

ウェブカメラの映像をネットワークカメラのように利用できた。

犬を飼っていた頃はPCのウェブカメラの見える範囲にソファがあり

そこら愛犬の居場所だったのでよく様子をうかがったりしたもの。

ただ今はもうその利用もなくなったため

ウェブカメラはもう使わないから処分してしまおうかなと。

使うかなと思って持ってたけどもう意味ないからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

NECのWifiルーター

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 21:38

Wifiルーターは常時起動しているので

それなりに発熱して高負荷となっている。

長年使っていると劣化もしていくだろう。

昨年3回くらいだったかネットワークに異常が出たけど

その原因はどうやらWifiルーターにあるようだった。

Wifiルーターを再起動することで元に戻ったためだ。

長年使ってるWifiルーターだけど

そろそろ買い替えるべきではなかろうか。

 

新しい無線ルーターを買う上で

1つ条件があってそれは

現在利用している無線イーサネットコンバータと

相性が良いことだ。

NEC Aterm WL300NE-AG (Ethernet子機) PA-WL300NE/AG

NEC Aterm WL300NE-AG (Ethernet子機) PA-WL300NE/AG

このNECのコンバータを利用している。

それ故にこの製品の親機として相性よく使える製品がベスト。

いろいろ検討してるけどやはりNECの

無線ルーターが良いのではないかと考えている。

ちなみにこれまで使った無線ルーターは

バッファロー、コレガ、プラネックスなど。

ただここ10年はNECを利用している。

 

NECの無線ルーターを選ぶ上での条件だけど

〇5GHzに対応し2.4GHzと同時利用が可能なこと

○ギガビットイーサネットに対応していること

○リモートアクセスに対応すること

この3点のみ。速度はコミュファ光との契約が現在は

高速プランではないのでそんなに高速タイプである必要はない。

そもそも無線イーサネットコンバータのスペックもそれなりなので。

そういう感じで考えるとWG1800HP2でいいかなと。

NEC WiFi 無線LAN ルーター 親機 11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps 3LDK 3階建 Aterm WG1800HP2

NEC WiFi 無線LAN ルーター 親機 11ac/n/a/g/b

1300+450Mbps 3LDK 3階建 Aterm WG1800HP2

ちょっと古いモデルだけど

機能は申し分ない。ただ・・・上位モデルのほうが安いかな。

NEC Aterm WG2200HP PA-WG2200HP

NEC Aterm WG2200HP PA-WG2200HP

こっちのほうが安いし将来的な拡張にも対応してるし

今買うならこっちのほうがいいのかもしれない。

電波の飛びとか違いはあるんだろうか。

どちらもリモートアクセスに対応している。

 

リモートアクセスってのは

この無線ルーターを仲介として

自宅のパソコンを遠隔起動するもの。

遠隔起動にはWake On Lanが使われるのだが

通常はファイアーウォールがあるので

スマホから自宅のPCを起動することは出来ない。

そこでスマホからこの無線ルーターへアクセス。

予め登録しておいたPCへとWOL起動パケットを

送信することが出来るというもの。

これは便利でPC録画をしている場合

夕方帰宅前の番組を録画したい時など役に立つ。

海外旅行へ行った時も利用したけど利用可能だった。

VPNの利用も検討してるけど

当面はこのリモートアクセスを利用していきたい。

 

ということで壊れてしまう前に新しいのを買っておきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

USB3.0-SATAアダプタ

  • 2018.01.14 Sunday
  • 19:31

昔は録画番組保存やデジカメバックアップなどは

外付けHDDを利用していた。

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB PC/テレビ録画/日本製/土日サポート EX-HD3CZ

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB PC/

テレビ録画/日本製/土日サポート EX-HD3CZ

こうした外付けHDDはハードディスクがケースに入って

保護されて安全だけど

その一方でかなりかさばるのが難点。

さらに外付けHDDが1台につきUSBケーブルと電源ケーブルがあり

2台とか3台程度なら問題ないんだけど

10台とか20台レベルになるとケーブルが邪魔で

保管場所がなくなって大変な状況になりつつあった。

それで今から10年以上前だったか

外付けHDDはほとんど殻割してバルクHDD状態にして

利用することにした。

その後購入するHDDも

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB

WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

こういったケースに入ってないHDDが基本になっていった。

このほうが保管場所が少なくて済む。

 

これらのHDDをPCと接続するのに

SATA-USB3.0変換ケーブルを利用する。

普段PCと接続していて利用する際にHDDと接続する。

オウルテック 2.5インチ/3.5インチSATA HDD用アダプタ ACアダプタ付 SATA⇒USB3.0 USB3.0 新IC UASP対応 ガチャポンパッ!でデータ移動 OWL-PCSPS3U3U2

オウルテック 2.5インチ/3.5インチSATA HDD用アダプタ

ACアダプタ付 SATA⇒USB3.0 USB3.0 新IC UASP対応

ガチャポンパッ!でデータ移動 OWL-PCSPS3U3U2

こういった製品でHDDをPCに認識させて

PCからデータをコピーしたりして利用する。

もう10年以上この手のアダプタを利用している。

昔はUSB2.0-IDE/SATA変換アダプターを使ってたけど

今はIDE接続のHDDなんて使わないしUSB3.0が主流になって

USB3.0-SATA変換アダプタを利用している。

 

先日上記のとは別の変換アダプタが壊れてしまった。

オウルテックのよりも前に買ったもので

多分もう10年くらい使っていたもの。

何度も抜き差しを行うので

コネクタ部分が接触不良になってしまったのだろう。

仕方なく新しく買おうか検討してるけど

ふと思ったのは同じ製品を2つ使えるのかなと。

僕はこの変換アダプタを2つ利用してる。

それはHDD間のデータ移動を行うこともあるためだ。

1つしかないとHDDから内蔵HDDにコピーしてから

別のHDDに変えてコピーをする必要があり手間。

2台あればバルクHDD間のデータ移動が簡単に行える。

同じメーカーのだとうまく動作するのか気になるから

Inateck SATA - USB3.0変換ケーブル 2.5インチ/3.5インチハードディスクドライブ HDD/SSD用SATA変換アダプタ 電源アダプター付

Inateck SATA - USB3.0変換ケーブル

2.5インチ/3.5インチハードディスクドライブ

HDD/SSD用SATA変換アダプタ 電源アダプター付

あえて別のメーカーのを使ったほうがいいのだろうか。

 

この際に2台接続できるタイプを買ってもいいかもしれない。

サンワサプライ HDDコピー機能付きSATA - USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4

サンワサプライ HDDコピー機能付き

SATA - USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4

サンワサプライのこの製品は1つのアダプタに

2つのSATA+電源コネクタがあり2台接続可能。

PCで2台のHDDとして認識できるし

PC接続せずデータのまるっとコピー機能もあるようだ。

あれば便利そうなのでどうせ買うならこれにしようかなと。

 

今後も長く利用することから

早いところ新しい変換アダプタを買っておかないと。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

NASと4TBのHDD

  • 2018.01.13 Saturday
  • 23:31

昨年秋くらいから4TBのHDDが

かなり安くなって買いやすくなっている。

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB PCユーザー向け BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 5400rpm / 2年保証 ) 正規代理店品 ST4000DM004

Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB PCユーザー向け

BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 5400rpm / 2年保証 )

正規代理店品 ST4000DM004

特にSEAGATEの4TBが安い。

以前のSEAGATEはいろいろ問題があったけど

最近はそれも解消。

またこの4TBは2TBプラッタx2枚構成なので

低発熱省電力となかなか優れたHDDだ。

超高速ではないものの普通に使う分には問題ない。

NASの容量アップに使ってみようかと検討中。

 

現在はQnapのNASキットに

3TBのHDDを利用している。

ゆえにNASの容量は3TBだ。

残り容量はこないだ見たら550GBほどだった。

去年秋にデータ整理して削除したためだが

3TBでは多少いろいろ消したりしないと厳しい状況。

新しいNASキットの導入も検討してる。

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU

2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

2ベイのNASならば2台のHDDを搭載可能。

3TBx2台なら6TB、4TBx2台なら8TBのNASになる。

8TBあれば全部放り込んでもOKなほどだ。

これまでとは全く違う使い方が可能になると思われる。

ただ一方でNASキット+4TBx2台だと37000円くらいかかる。

それは結構大きな出費なんだけどな。

 

NAS用のHDDというものも出ている。

常時起動するNASのHDDはかなり負荷が大きい。

それ故にそうした高負荷でも問題ない信頼性の高いHDDが売られている。

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Red NAS用 WD30EFRX 5400rpm 3年保証

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Red

NAS用 WD30EFRX 5400rpm 3年保証

正直何が違うのかよく分からないけど

保証期間も多少長くなっているあたり自信の表れなのかな。

ただ価格は高くて3TBモデルで1万円を超える。

4TBモデルに関しては16000円を超えるのでコスト的に厳しい。

もっともHDDのクラッシュは避けたいところだけどね。

 

NASの安全性のためには

他にも無停電電源装置の導入などもある。

オムロン 無停電電源装置(常時商用給電/正弦波出力) 500VA/300W BY50S

オムロン 無停電電源装置(常時商用給電/正弦波出力)

500VA/300W BY50S

停電が起きたときにバッテリー供給に自動に切り替わり

早期に停電が復旧しなければ自動シャットダウンとなる。

無停電電源装置とNASをUSBでつないでその制御が可能になる。

僕が持ってるNASもそれに対応しているし

多くのNASキットには無停電電源装置連携機能がある。

安全にシャットダウンすることでHDDの破損を防ぐことができる。

僕自身過去にブレーカーが落ちたのが理由で

NASのHDDがクラッシュした経験があるので

そのあたり結構重要なことだったりする。

 

現状僕の場合はNASにバックアップデータはなく

メディアプレイヤーなどで視聴する動画データを置いてる。

同じデータは別途HDDにバックアップしているため

万が一HDDが壊れてもHDDのコストは痛いが

データを失うことにはならないので

リスクはあるけど安価なHDDを利用していきたいと思う。

2ベイのNASキットと4TBの導入へ並行的に進めていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

使ってきたマウスとこれからのマウス

  • 2018.01.12 Friday
  • 20:29

今使っているマウスは何代目だろうか。

PCを利用し始めてこれまで10個以上のマウスを利用してきた。

ここ5年以上はワイヤレスマウスを使っている。

エレコム ワイヤレスマウス  BlueLED 2.4GHz 5ボタン Lサイズ ブラック M-XG2DBBK

エレコム ワイヤレスマウス BlueLED 2.4GHz

5ボタン Lサイズ ブラック M-XG2DBBK

今は2014年に購入したエレコムのマウスを利用している。

これも3年以上になるわけだ。

 

それ以前に使っていたマウスだけど

マイクロソフトかロジクールのマウスばかりだった。

最初は確かマイクロソフトのインテリマウスを使ってたっけ。

あとロジクールの安いマウスも使っていた。

当時はPS2端子でボウルマウスだった。

汚れたりしたら掃除をしたものだ。

光学マウスを使うようになったのはいつ頃だっけ。

確か最初の光学マウスは

マイクロソフトのマウスだったと記憶している。

4000円くらいした当時結構いいマウスを買ったと記憶してるが

それをいつ買ったのか覚えてないな。

多分2004年か2005年かその頃だと思うんだが。

2005年以前は圧倒的にマイクロソフトが多かった。

 

同じマウスを繰り返し使ったこともある。

ロジクールのゲーミングマウスのG5は

3台使い利用したと記憶している。

LOGICOOL オプティカル ゲーミングマウス G300s

LOGICOOL オプティカル ゲーミングマウス G300s

このマウスはG5の系統だけど

MX518というマウスに似ている気がする。

MX518もまた3台にわたって利用していたっけ。

動画編集などの作業など細かい作業するのに適していた。

2007年から2012年くらいまでは

ロジクールの有線マウスばかり使っていたんだなあ。

 

今エレコムのマウスを使ってるのは

店頭で試してみて一番使いやすかったから。

値段も手ごろだったということもある。

ワイヤレスマウスは小型モデルが多くて

大型のマウスはなかなか少ない。

ゲーミングマウスは大型が大きくそれに慣れてたので

小さなマウスは利用しづらいんだ。

だから大き目のマウスが好き。

そろそろ次のマウスと考えているけど

ゲームにも耐えうる高性能なワイヤレスマウスが欲しいなと。

 

最新のハイエンドマウスは高いな。

Logicool ロジクール G703 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング マウス POWERPLAY ワイヤレス充電対応 Windows対応 LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー

Logicool ロジクール G703 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング マウス

POWERPLAY ワイヤレス充電対応 Windows対応

LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー

いろいろ凄いテクノロジーっぽいけど

何が凄いのかよく分からない。

Logicool ロジクール MX2100sGR MX Master 2S ワイヤレスレーザーマウス グラファイト FLOW機能付 Bluetooth/USB接続 Windows/Mac対応 高確度

Logicool ロジクール MX2100sGR MX Master 2S

ワイヤレスレーザーマウス グラファイト FLOW機能付

Bluetooth/USB接続 Windows/Mac対応 高確度

ただマウスに1万円は厳しいなあ。

5000円くらいでいい感じのワイヤレスマウスがあればいいんだが。

今のエレコムのに不満があるわけじゃないので

それを基本的に利用しつつ後継を探していこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

古いノートPCにUbuntuを

  • 2018.01.11 Thursday
  • 19:29

昨年終わりにSSDを購入した。

Transcend SSD 120GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s TLC採用 3年保証 TS120GSSD220S

Transcend SSD 120GB 2.5インチ SATA3

6Gb/s TLC採用 3年保証 TS120GSSD220S

このSSDはメインPCや録画PCなど

既存のPCに利用する目的ではない。

古いノートパソコンを再利用するためのものだ。

元々Windows7のパソコンだけど

Windows10にアップデートしたけど

結構もたつきを感じている。

そこでUbuntuをインストールしようと考えている。

 

Ubuntu関連は書籍などが出てるので

日経Linux 2018年 01 月号

日経Linux 2018年 01 月号

それらを参考にすれば問題ない。

以前利用したことがあるけど

あの時は特に利用目的がなかったので

すぐに使わなくなってしまった。

今はブラウザさえあればOSにこだわらなくなった。

それ故にUbuntuでも問題なく使えるかと思う。

ASUS 12.1型ワイドノートPC UL20A with Office Windows7搭載モデル シルバー UL20A-2X044VS

ASUS 12.1型ワイドノートPC UL20A with Office

Windows7搭載モデル シルバー UL20A-2X044VS

PCはこのASUSのUL20AというモバイルノートPC。

決してハイスペックではないけど

Ubuntuも概ね問題なく動くんじゃないかと思っている。

 

本当は年末年始の休み中にこのインストールや

設定などを行おうと思っていたんだけど

忙しくてそれどころではなく

年明けは暇だったけど動画とか見てたら終わってしまった。

https://www.ubuntulinux.jp/

とりあえずインストールディスクを作って

新しいSSDに換装してUbuntu Linuxの利用を開始したいところ。

現在Chromebookを利用しているけど

おそらくそれと同じレベルでは利用できるんじゃないかと期待してる。

サブノートPCとして問題なく使えるようならばいいんだけど。

もし駄目なら売却してしまおうかなと。

春までにそのテストは行いたいので近々実行していこう。

 

PCもゲームとか動画編集とかは

高いスペックが必要だけどブラウザでネットサイトを訪問したり

ライブ配信を見たりする程度ならそれほどスペックは必要としない。

Windowsはいろいろ出来る反面バックグラウンドで

いろいろ処理を行ってその分重くなっている。

ブラウザが快適に使えばPCも90%くらいのことは出来るわけで

多目的に使えるんじゃないかと思う。

Windwos以外のOSに関しては昔は抵抗があったけど

今はAndroidやiOSなどをスマホやタブレットで使っており

全く抵抗はなくなった。

Ubuntuもユーザビリティに優れているようで

問題ないかなと。

 

先送りばかりしてないでそろそろ作業を進めていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PCスピーカー

  • 2018.01.10 Wednesday
  • 20:22

現在利用しているのは

Olasonic TW-S7というUSBスピーカー。

Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(B)

Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(B)

コンパクトながら高音質で

またUSBスピーカーなのでAC電源レスで

ケーブル配線が楽で音質もPCオーディオに左右されず

クリアでいい感じで聞くことが出来ている。

ただより高音質を求めて

上位モデルのTW-S9へのアップグレードを検討中。

 

Olasonic USBパワードスピーカー (チタニウムグレー) TW-S9T

Olasonic USBパワードスピーカー (チタニウムグレー) TW-S9T

TW-S9はハイレゾ対応のスピーカー。

卵型の形状はこれまでと同じだけど

サイズが一回りか二回りほど大きくなっている。

音質は当然向上しているし

また従来モデルにはなかったボリュームコントロールが搭載され

ソフトウェアだけでなくハードウェアでの音量調整が可能になっている。

価格は3倍くらいするけど検討してるわけだ。

 

ところが最近になって問題が発生。

それはメインPCをデュアルモニター化したこと。

23.8インチの液晶が1台だけだった時は

その液晶モニターの左右にスピーカーを設置出来た。

しかし23.8インチの横に17インチモニターを設置。

横に液晶が2画面並んでいる状態で

正直置き場所がない。

さらに横にはノートパソコンも設置して

卓上ライトも設置しており場所がない。

そのため今は液晶モニターの後ろに置いている状況。

ただ後ろでも意外と音は悪くはないけど。

 

理想は液晶の上か下に設置するバータイプ。

サンワダイレクト USBスピーカー 小型 クリップ搭載 1.1W パソコンスピーカー 400-SP012

サンワダイレクト USBスピーカー 小型 クリップ搭載

1.1W パソコンスピーカー 400-SP012

これとはUSBスピーカーで良さそうではあるんだけど

ただ音質は明らかに悪くなりそうだ。

いつか机の上の環境を変更してその際にハイレゾ対応に買い替えようかと。

まあとりあえず現状維持かなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の目標と展望:ノートPC、PC周辺機器編

  • 2018.01.06 Saturday
  • 19:35

2018年の目標と展望、

今回はノートパソコン、PC周辺機器について。

デスクトップPCについては昨日書いた。

http://ryoex.jugem.jp/?eid=19350

ノートPCは昨年秋に購入しようとしたけど

Chromebookを持っているので思いとどまった。

ただ今年は購入をと考えている。

その他PC周辺機器についても考えてみたい。

 

■モバイルノートPC(新品)

ノートパソコンに関しては新品を買うべきは中古にするかで迷っている。

新品だと10万円くらいの出費は必要になり

デスクトップPCのアップグレード計画は凍結となる。

新品の場合もMacBook Airなどの候補もあるけど

条件としてはCore i5以上でSSD搭載ならば概ね問題ないので

ASUSのZenbookあたりが候補かと。

ASUS Zenbook 13.3 グレー BX310UA (Core i5/8G/SSD 256GB/FHD/English Keyboard)【日本正規代理店品】BX310UA-FC833T

ASUS Zenbook 13.3 グレー BX310UA

(Core i5/8G/SSD 256GB/FHD/English Keyboard)

【日本正規代理店品】BX310UA-FC833T

これくらいのスペックがアレば申し分はないと思う。

 

モバイルノートPCはこれまで何度か購入して失敗してきた。

その理由はその用途をモバイルへと特化させてしまったこと。

それをあらためようと昨年秋から

メインPCの補助PCとしてChromebookを利用している。

動画のライブ配信を見たりして一定の成果は得ているので

自宅のサブノートPCとして利用しつつ

いつか旅をする時にモバイルノートPCとして利用したい。

モバイルへのあこがれがこじれた結果なんだけどね。

 

■モバイルノートPC(中古)

今年前半に購入するなら中古のノートPCが有力だ。

昨年秋に既に検討をして購入寸前まで行ったけど買わなかった。

今年春くらいに再び購入をと考えている。

今中古ノートPC市場は熱い。

その理由は企業の法人リースモデルが5年の月日を経て

リース下がりで大量に市場に出ているため。

何故今なのかというと

2011年のIntel SandyBridgeの登場でCPUが劇的に性能向上したため。

僕自身今使ってるPCはこの2011年のSandyBridge。

このPCなら2018年の今でも快適に利用することが出来る。

 

それでいくつけ検討をしている。

候補としてはPanaosnicのSX2なんか有力だ。

パナソニック(Panasonic) CF-SX2JDHYS [12.1型液晶ノートパソコン HDD250GB/Core i5/4GBメモリ/Win7Pro/スーパーマルチドライブ/WEBカメラ搭載 Let's note SX2(レッツノート)]

パナソニック(Panasonic) CF-SX2JDHYS [12.1型液晶ノートパソコン

HDD250GB/Core i5/4GBメモリ/Win7Pro/スーパーマルチドライブ/

WEBカメラ搭載 Let's note SX2(レッツノート)]

PanaosnicのモバイルノートPCは堅牢性の高さで有名だ。

5年たってもその堅牢性の高さでしっかり稼働してる製品が多い。

ただ光学ドライブは劣化しているケースが多いけどね。

HDDモデルが基本だがSSDに換装すれば問題ない。

最初からSSDならそのまま問題なく使える。

もう1つはNECのVersaPro。

【中古】 NEC VersaPro UltraLite タイプVG VK18T/G-G PC-VK18TGZDG / Core i5 3337U(1.8GHz) / SSD:128GB / 13.3インチ / シルバー

【中古】 NEC VersaPro UltraLite タイプVG VK18T/G-G

PC-VK18TGZDG / Core i5 3337U(1.8GHz)

/ SSD:128GB / 13.3インチ / シルバー

これも同じ世代のUltrabook。

スリムなモバイルノートPCとなっている。

PanasonicもNECもCPUはCore i5以上を条件としてる。

そうじゃないと今快適に使えないため。

RAMは4GBあればとりあえずは大丈夫だろう。

そしてNECのはSSD搭載モデルが基本なのでそのまま使える。

他のメーカーは駄目でこの2つのメーカーが良いのは

液晶解像度が1600x900あるため。あのメーカーは1366x768。

ちなみにこれがFHDになるのは2013年くらいからで

その中古は価格が跳ね上がり5万円以上してしまう。

 

■クラウドカム

SpotCam クラウド録画対応 暗視撮影 HD画素 防水 防塵 アウトドアネットワークカメラ(1日間無料フルタイムクラウド録画) SpotCam-HD-Pro

SpotCam クラウド録画対応 暗視撮影 HD画素 防水 防塵

アウトドアネットワークカメラ

(1日間無料フルタイムクラウド録画) SpotCam-HD-Pro

ネットワークカメラは昨今多く発売している。

スマホからリアルタイムで視聴出来るネットワークカメラは

安いものだと2000円くらいからあり

リアルタイム視聴だけなら安いモデルでも概ね問題ない。

ただ録画となると別だ。

録画は付属のメモリカードに記録するタイプが多いが

基本的に録画中にスマホからアクセスしても

メモリカードがBUSY状態で非常に重くて見てられない。

高速なSSDならともかく普通のメモリカードは

書き込み中に読み込みを行うと著しく速度低下するためだ。

故にもし録画データに頻繁にアクセスしたいなら

外部に保存するネットワークカメラを買う必要がある。

クラウドカムはオンライン上のクラウドストレージに保存するタイプ。

クラウドカムは基本クラウド利用が有料になるのだが

このSpotcamは1日分の録画は無料で

それ以上だと3日間、7日間、30日間などの有料プランが用意されてる。

ペットカメラとしてなら無料の1日間プランで十分。

昼休みに午前中のペットの動きを確認出来る。

防犯カメラとしてだと3日間か7日間プランが最適だろうか。

7日間プランだと年60ドルくらいだろうか。

今年はこれを買って屋外設置して防犯カメラとして使いたい。

 

■ネットワークリモコン

ラトックシステム スマート家電コントローラ リモコン スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる REX-WFIREX2 【AmazonAlexa対応製品】

ラトックシステム スマート家電コントローラ リモコン

スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を

遠隔操作できる REX-WFIREX2 【AmazonAlexa対応製品】

我が家には複数のネットワークリモコンがあるが

1台はレンタルしているものなので

新たに購入したいと思っている。

ネットワークリモコンは赤外線リモコンを利用する機器を

スマホから遠隔操作することが出来る機器。

リモコンを学習してこの製品から赤外線を送信する仕組み。

それ故に使えるのはその赤外線が届く部屋の中のみとなる。

また双方向ではなく単方向なので

現在エアコンが動いているか照明がついてるかは確認出来ない。

エアコンONや照明ONという信号を飛ばすだけ。

その双方向ではない点をサポートするためにセンサーが内蔵されている。

この製品だと温度・湿度・照度のセンサーがついてる。

センサーによりエアコンつけて15分後温度が大きく下がってれば

うまく稼働していることが分かる。

照度センサーなら照明のONをすぐさま確認することが出来る。

ネットワークカメラなどと併用することで自宅の部屋の様子を

チェックして操作することが出来ると。

犬とかペットを飼っている家には最適な製品。

あと夏場など帰宅前にエアコンをつけておくことで

帰宅した時に部屋が涼しい状態というのを作ることが出来る。

これを今年は1台導入したいところ。

 

という感じかな。

ノートパソコンはどうなるか分からないけど

購入できたら買って積極的に利用していきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


recommend

ThruNite® TN4A【CREE XP-L V6 LED搭載 / 単3アルカリ乾電池×4本使用】 明るさMAX1150ルーメン/4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobe (Cool White)
ThruNite® TN4A【CREE XP-L V6 LED搭載 / 単3アルカリ乾電池×4本使用】 明るさMAX1150ルーメン/4段階明るさ切替機能+Turboモード+Strobe (Cool White) (JUGEMレビュー »)

単3電池x4本駆動のLEDライト。リチウム充電池不要なので手軽に使えてライトマニアの入り口としてオススメ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM