YAMAPのリニューアル

  • 2019.12.09 Monday
  • 22:42

明日12月10日よりYAMAPがリニューアルする。

https://yamap.com/

内容は無料プランの機能制限と

プレミアムプランの拡充となっている。

無料会員とプレミアム会員の違いについてはこんな感じ。

いくつか気になる点はあるものの

僕は無料プランのままで利用していく予定だ。

 

無料プランとプレミアムの違いでネックになる部分だが

僕に関してはあまりない。

あえていえばアプリに保持出来る地図が5つまでという点。

これも頻繁に利用する猿投山+4つということになるわけだが

今年登った山を振り返ると猿投山以外は4つなので大丈夫だし

そもそも必要なら削除してダウンロードすればいいので問題ない。

多少不便になるかもしれないけど5件なら許容範囲内。

活動日記1つにつき写真アップロード数が50枚までというのは全く問題ない。

というかこれまでの活動日記で50枚以上アップしたことがない。

ブックマークスタンプなどはほぼ使ってないから問題ないし

活動データの集計期間というのはそもそも活動データなるものがあることを

このリニューアル発表で知ったと。

そして一番ユーザーなどで反発が高かった軌跡ダウンロード機能だけど

PCでGPXファイルとしてDLする機能はそのまま使えるので問題ない。

これが使えないと1泊2日の山行を1つの活動日記にまとめられず不便だが

大丈夫だから気にする必要はなかった。

スマホでの軌跡DLが制限される。

それで何をするかというと他の人の軌跡をDLして

登山地図上に表示して利用することが出来るらしい。そんな機能あったのね。

 

11月に発表された時とは少し変わったようだ。

○料金プランの変更

最安値はウェブから申し込みの年割りプランでこれだと月額290円相当になる。

アプリから申し込みだとGoogleやAppleに搾取されることになるため。

またウェブからでも支払い方法が振り込みだと年割り4600円プランになる。

安いのはウェブからクレジットカード支払いを選択する方法になる。

○「非公開の活動日記数の制限」を中止

活動日記を公開せずYAMAPを利用してる人は少なくない。

実際にすれ違ったけど活動日記がアップされてないケースが多く

全体の半数くらいは活動日記を公開していないように思える。

制限してしまうとそれらのユーザーを切ることになる。

正直ほとんど収益に貢献しないそれらのユーザーを切り捨てるかは難しいところ。

ただYAMAPとしてそれらのユーザーから得られる軌跡情報は

登山地図の充実にメリットがあるわけでありとしたのかなと。

○「地図印刷機能の制限」を中止

正直どうでも良い機能かなと。

印刷自体試してみたけど使いづらかった。

それよりもJPEGダウンロードが便利だなと。

ダウンロードして自分で加工して印刷したほうが

かなり使いやすいと思う。

 

昔は登山地図といえば山と高原の地図を買っていた。

2018年に登山再開する段階で

地図を買おうかなと検討してたんだけど

結局スマホアプリでなんとかなりそうで買わなかった。

ただ以前使ってたスマホアプリは地図ではあるが

登山地図ではなく登山道や所要時間などが分からなかった。

山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地 (山と高原地図 38)

山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地 (山と高原地図 38)

 

山と高原地図アプリならば使えたけど

地図データが有料だったりしていたっけ。

それでも地図をいくつか購入している。

それがYAMAPに出会って全て無料で使えることを知り

さらに活動レポートを作成することが出来るようになり驚いた。

今はザックには当時の名残としてコンパスは入っている。

 

スント(SUUNTO) コンパス A-10NH [日本正規品 メーカー保証] SS021237000

スント(SUUNTO) コンパス A-10NH

[日本正規品 メーカー保証] SS021237000

方位はスマホがなくてもわかるけど

紙の地図は持っていない。

猿投山には必要ないとは思うけど

北アルプスなどでは持っていったほうがいいかなと。

スマホが壊れないとは限らないからね。

 

一応スマホが使えなくなった場合の対策もしている。

YAMAPは地図をDLして使うので圏外でも問題なく使える。

実際山では圏外が多いからね。

使えなくなる状況というのは

1つはバッテリーがなくなってしまうこと。

それの対策としては登山時には

モバイルバッテリーとUSBケーブルを持っていくこと。

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 *2019年7月時点 (ブラック)

Anker PowerCore 10000

(10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)

【PSE認証済/PowerIQ搭載】

iPhone&Android対応 *2019年7月時点 (ブラック)

USBケーブルは忘れやすいので気をつけたい。

あとスマホが壊れるリスクだ。

落としたりする物理的な故障から

エラーなどで使えなくなる可能性もある。

僕は登山時にはスマートフォンを3台から4台持っていく。

登山用としては3番目のスマホを使っているけど

他のスマホでもYAMAPはインストールしてログインしており

利用することが出来る。

実際1度だけ登山用スマホを自宅に忘れてしまった時に

別のスマートフォンで活動ログを記録したんだっけ。

長時間の山行だとバッテリーが不足するので予備バッテリーはあったほうがいい。

経験上は連続7時間ほどくらいが限界かなと思う。

BluetoothをOFFにするともう少し持ちは良くなるけどね。

 

ということで今後もYAMAPアプリを利用していきたい。

プレミアムプランは正直お金を払っても使いたい魅力がないかな。

LINEでの家族などへの位置情報の通知機能は面白いけど・・・。

プレミアムで拡充される機能がどれだけ便利なのか

1週間くらいでいいから無料体験とかあればいいかなと。

これは便利だお金を払ってでも使いたいと思えば

年額3480円なら使ってもいいと思うかもね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミレーティフォン50000ジャケット購入

  • 2019.12.08 Sunday
  • 19:40

先日ミレーのアウトドアジャケットを購入した。

いろいろどれにするか迷ったんだけど

最終的に購入したのはティフォン50000WARM対応のジャケットだった。

上だけでパンツのほうは購入していない。

[ミレー] 防水透湿ジャケット TYPHON 50000 WARM ST JK(ティフォン ウォーム)

[ミレー] 防水透湿ジャケット TYPHON 50000

WARM ST JK(ティフォン ウォーム)

色などはまさにこれ。

WARMという名前があるだけあり

着ると暖かさを感じる。

そんなに厚手ではないけど内側に

保温性を高める機構があるようだ。

 

登山用ジャケットの購入だけど

そもそものきっかけは今年10月の乗鞍と上高地だ。

乗鞍岳へ行った時にアウタージェケットをどうするか課題に思っていた。

他の登山者のウェアなどをチェックしていたっけ。

ただ思ったより暖かかったこともあり

僕自身も含めて長袖シャツで登山してる人が多かった。

その上に着てるアウタージャケットは

モンベルやコロンビア、ノースフェイスなどのものが多くて

一般的に売られてるウインドブレーカーが多かったようだ。

上高地へ行った時は

岳沢小屋まで登ったんだけどその際にはかなり寒くなってしまった。

持っていったアウターは超薄手のものしかなくて

それでレインジャケットを代わりに利用した。

これが意外と快適だったんだなと。

 

その後いろいろ調べてみて僕自身の固定観念が崩れていった。

ゴアテックスなどの防水透湿素材は

レインウェアに利用するものという認識があったけど

実際はアウタージャケットなどにも使われる。

登山のウェアを買い揃えていくうちに汗で蒸れやすい問題が出てきて

どうしたらいいもんだと思った時にレインウェアが快適だったのを思い出した。

ゴアテックスのレインジャケットをアウタージャケットにしてしまえば

蒸れずに快適に登山出来るんじゃねと考えるようになって

方向性が決まって行った。

その中でミレーのティフォン50000ジャケットを店頭で見て

そのレインウェアっぽくない質感に惚れて有力候補となったわけだ。

[ミレー] アウトドア防水透湿ジャケット TYPHON 50000 ST JKT(ティフォン ストレッチ) メンズ CAPPUCCINO EU L (日本サイズXL相当)

[ミレー] アウトドア防水透湿ジャケット TYPHON 50000 ST JKT

(ティフォン ストレッチ) メンズ CAPPUCCINO EU L (日本サイズXL相当)

当初はWARMモデルではなく

通常のティフォン50000ストレッチジャケットを買うつもりだった。

 

それが変わっていったのは11月下旬くらいかな。

古いゴアテックスのレインウェアがあったけど

それを登山やウォーキングで使えないか模索して

実際使ってみたら凄くいい感じだった。

撥水性が落ちてるのでレインウェアとしては厳しいが

透湿性能は経年劣化がほとんどないため

今も汗などで蒸れることはない。

古いので多少酷使出来るのでウォーキングウェアとして

利用していこうかと。

もうゴアテックスジャケットを購入した。

プロモンテ(PuroMonte) メンズ レイン ジャケット 防水 透湿 防風 ゴアテックス・パックライト素材使用 SJ008M ブラウン L

プロモンテ(PuroMonte) メンズ レイン ジャケット 防水 透湿 防風

ゴアテックス・パックライト素材使用 SJ008M ブラウン L

プロモンテのが安くなっていて上だけ購入。

これも使ってみたら透湿性が非常に高くて快適に歩ける。

登山やロングウォーキングで利用していこうかと。

 

そうなるとより防寒性能の高い冬や春秋の山用ウェアが欲しくなる。

そこでティフォン50000ではなく

ティフォン50000WARMに狙いを変更して検討して

ようやく先日購入に至ったわけだ。

実際使ってみたけど暖かくそして蒸れない。

透湿性能に限ればゴアテックスよりも高いとされており

今後の冬や春先の登山で快適に使えそうだ。

夏山はちと厳しいかもしれない・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい40L級登山ザックの購入計画

  • 2019.12.06 Friday
  • 22:40

今年秋から新しい登山ザックの購入計画を進めている。

冬を迎えて秋の登山シーズンは終わってしまったので

急ぐ必要はなくなったので

来春以降に向けてゆっくりと検討を続けていきたいと思う。

以前から新たなザックは欲しいとは思っていたけど

直接のきっかけは10月初めに乗鞍岳へ登った時。

周りの人のザックを見たら本格登山の人は

縦長のいわゆる登山ザックを背負っていて僕もあれが必要だなと痛感。

荷物の量が今のコールマンのリュックウォーカーでは

少し入り切らいないところもあり必要としていたため。

 

それで購入計画をスタートしたわけだが

最初に目をつけたのはミレーのサースフェーというザック。

これは乗鞍で使っていた人を数人いてブランド名などをチェックしていた。

サースフェーというのはマッターホルンの見える登山基地だが

その名前をつけるくらいだからアルパインモデルなのだろう。

[ミレー] リュック サース フェー 40+5(SAAS FEE) Black-Noir-M

[ミレー] リュック サース フェー 40+5(SAAS FEE) Black-Noir-M

30+5と40+5というモデルがあってこの+5とはなんぞやというのは

未だによくわかっていなかったりするけど

40Lクラスのザックとして40+5のほうを検討している。

背中の座面の大きさによりS/M/Lと3つのサイズがあり

店頭で背負った限りではM/Lのどちらかということになりそうだ。

 

続いてはカリマーのridge40。

これは以前新たなザックがほしいなと思ってた時に

注目していたモデル。ridge30というのもあるが40のほう。

[カリマー] 中型トレッキングザック ridge40 Medium Espresso(エスプレッソ) One Size

[カリマー] 中型トレッキングザック ridge40

Medium Espresso(エスプレッソ) One Size

この製品は新しいモデルが出たばかりのようで

Small、Midium、Largeという3つのサイズがある。

旧モデルだとType1、Type2、Type3でS/M/Lがこれに該当する。

新しいモデルなので価格が高いのが難点で旧モデルでも在庫があれば

そっちでもいいかなと思っている。

カリマーといえばドイターとともに登山ザックでは有名なメーカーだ。

 

この2つあたりで検討していたわけだが

実際にお店に足を運んでチェックするともっと安いモデルがあった。

それがコールマンのパワーローダー43。

[コールマン] リュックサック パワーローダー43(ブラック) TREKKING ブラック F

[コールマン] リュックサック パワーローダー43

(ブラック) TREKKING ブラック F

他のメーカーのモデルが2万円以上するのに対して

コールマンのは1万円ほどお安い。

実際店頭で見たけど独特の開閉スタイルが可能で

登山ザックとしてもそうだけど旅行用かばんとして

かなり重宝しそうで良さそうだ。

ザックの場合は奥に収納したものを出すのが大変だけど

これなら側面をかばっと大きく開けられるので

出し入れがしやすくなる。

登山のときの耐久性などを考えるとどうかなと思うけど

そこまで過酷ではなく1泊や日帰り程度の登山ならこれで十分だろう。

 

他にもドイターとかノースフェイスとかモンベルとか

あとはグレゴリーとかも結構ザックが出ていた気がする。

背中の部分が超メッシュのもあったけどあれドイターだったかな。

今後のメインザックになるものなので

もう少し慎重に選びたい。

どのみち春までは低山登山しかしないので

今のザックで問題ないからね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

登山靴とトレッキングシューズ

  • 2019.12.05 Thursday
  • 22:42

今年夏までの登山では

ウォーキングシューズで登山をしていた。

ただ少し足が痛くなることが多かった。

今年秋から登山靴を導入して歩きはじめてとても快適になった。

ただ僕が秋から履きはじめたのは正確には登山靴ではなくトレッキングシューズ。

ウォーキングシューズからトレッキングシューズへと

ステップアップしたに過ぎないと。

最近YouTube動画を見てその点を納得できたんだ。

この動画だけど僕が買ったのは

登山靴ではなくトレッキングシューズ。

ウォーキングシューズの上位版みたいなもの。

 

ただトレッキングシューズで

今のところ足が痛くなったりすることはない。

以前使ってたウォーキングシューズと比べれば

遥かに快適に歩くことが出きる。

ウォーキングシューズは5000円弱のを使ってるけど

トレッキングシューズは15000円以上する。

[キャラバン] トレッキングシューズ C1_02S 0010106 670(ネイビー) 26.5 cm 3E

[キャラバン] トレッキングシューズ C1_02S

0010106 670(ネイビー) 26.5 cm 3E

このクラスは登山靴だと思っていたけど

本当の北アルプスとかで使う登山靴ってのは

4万円とかそれ以上するものなのね。

重くてガチガチで頑丈だけどよく出来てることに違いない。

ただいきなり4万円というのは考えてしまう。

[ザ・ノース・フェイス] トレッキングシューズ クレストン ミッド GORE-TEX メンズ ボーンブラウン×レイジレッド 26.5 cm

[ザ・ノース・フェイス] トレッキングシューズ クレストン ミッド

GORE-TEX メンズ ボーンブラウン×レイジレッド 26.5 cm

現状僕が登っている登山だと

こうしたトレッキングシューズでも

登山靴ほどソールなどは固くないにせよ

普通に上り下りする分には十分快適に使えるんだけどね。

 

僕が学生時代に槍ヶ岳とか剣岳とか登っていたけど

履いていたのは今思えばトレッキングシューズだった。

それが普通だと思っていたけど

登山靴というものは多分僕は履いたことがないのだと思う。

普通のスポーツ店には売られておらず

おそらく登山専門店に行かねば買えないのだろう。

重登山靴は通気性が悪そうで蒸れそうであれだけど

足自体はかなりガチガチに保護されるものなんだろうな。

今の日帰り中心の登山だと

僕がトレッキングシューズを選ぶのは間違ってない感じだな。

 

いつかは革の登山靴は欲しいなあとは思うけど

重いイメージがあるし手入れが大変というイメージがある。

[ローバー] タホー プロ GTX WXL セピア/ネイビー UK8.0 010612

[ローバー] タホー プロ GTX WXL セピア/ネイビー UK8.0 010612

いつかこのクラスを購入できればいいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の登山

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 20:44

冬になると登山をしないものかと思うが

去年12月は3度も登山をしている。

暑くない分登山をしやすい状況なので

今年も積極的に登っていきたい。

東海 山歩きガイド ゆったり楽しむ

東海 山歩きガイド ゆったり楽しむ

具体的にどこへ行くかだけど

高い山は雪と氷の世界だから行かないので

基本的には近場の低山になるだろう。

いつも猿投山ばかりだけど他の山にも登りたい。

 

冬の登山は寒さ対策が必要になる。

あと日没が早いので余裕を持って登山をする必要がある。

遅くとも15時には降りてくるようにしたい。

16時すぎると山の谷間などはかなり薄暗くなってるからね。

もちろんLEDヘッドライトは必須装備として持っていくが

GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト 小型 【明るさ95ルーメン/実用点灯7.5時間/赤色サブLED】 単3形電池1本使用 CP-095D 登山/釣り ANSI規格準拠

GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト 小型

【明るさ95ルーメン/実用点灯7.5時間/赤色サブLED】

単3形電池1本使用 CP-095D 登山/釣り ANSI規格準拠

電池の確認などをしておいて

利用することを想定しながら登山をしておきたい。

無理な登山計画を立てないことが一番だな。

 

寒さ対策だけど

登山ジャケットを着用して歩くことになる。

また汗は体温を下げて冷やす原因になるので

速乾性シャツなどを中に来て

ドライに保つことが出きるウェアを利用したい。

[Mizuno] アウトドア アンダーウェア A2JA5509 メンズ ブラック 日本 L (日本サイズL相当)

[Mizuno] アウトドア アンダーウェア A2JA5509 メンズ

ブラック 日本 L (日本サイズL相当)

MIZUNOのブレスサーモとかは保温性があってよさそう。

ユニクロのヒートテックは濡れると乾きにくいので

登山には全くの不向きだから使わないようにしたい。

メリノウールのシャツなどはかなり良いらしいが

5000円以上するのでその辺りは財布と相談で・・。

上に着るジャケットなどは透湿性を重視したウェアが必要だ。

レインウェアなどのゴアテックスなどは最適なので

プロモンテ(PuroMonte) メンズ レイン ジャケット 防水 透湿 防風 ゴアテックス・パックライト素材使用 SJ008M ブラウン L

プロモンテ(PuroMonte) メンズ レイン ジャケット 防水 透湿 防風

ゴアテックス・パックライト素材使用 SJ008M ブラウン L

購入したジャケットをきて登山へ行きたいと思う。

これレインジャケットだけど別に雨降ってなくても

快適に使える普通のジャケットとして使っても問題ないかと。

 

ということで冬の登山も積極的に行い

山を楽しみたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴアテックスジャケット

  • 2019.12.02 Monday
  • 22:29

今年秋に入ってからレインウェアなどのジャケットを

雨具として以外に利用するようになってきた。

そのきっかけとなったのは秋の山歩き。

風が吹いて寒かった時に防寒・防風ジャケットとして

持っていったレインウェアのジャケットを利用したんだ。

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ

A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)

これがとても良かった。

ただその本当の良さを知るのは後日別のジャケットを利用した時。

登山などでは汗をかくけど別の透湿性の低い普通のジャケットをしたら

汗がそれほど出ていかずシャツなどびしょ濡れになってしまった。

その時に透湿性能ってのは大事なんだなと痛感をする。

そしてレインウェアはジャケットとして利用するのもありだなと

そう思うようになった。

 

ということで秋から春にかけての時期の

登山ジャケットとして防水透湿性の高い

ゴアテックスなどの素材を利用したジャケットはありだろうと思って

それで検討し始めた。

そしてついに先日プロモンテのジャケットを購入。

レインジャケットの上だけなんだが

これからの時期の登山ジャケットとして良さそう。

プロモンテ(PuroMonte) メンズ レイン ジャケット 防水 透湿 防風 ゴアテックス・パックライト素材使用 SJ008M ブラウン L

プロモンテ(PuroMonte) メンズ レイン ジャケット 防水 透湿 防風

ゴアテックス・パックライト素材使用 SJ008M ブラウン L

これまではレインジャケットは雨具だから

雨の時に使うものという固定観念があって

登山ジャケットとして利用する意識がなかったけど

よく考えたらこれで問題ないなと。

それにふと学生時代を思い出したけど

山小屋でバイトしていた時に

ジャケットとして主に来ていたのはレインウェアの上だった。

ゴアテックスのレインウェアのジャケットを利用して

遠足などで近くの山へ行ったりしていたもの。

多少汗をかく場合などは透湿性能は大事だなと。

 

さて今後どう使っていこうか。

今回購入したプロモンテのジャケットは

低山登山用として利用する予定だ。

北アルプスなどの本格登山用としては

ミレーのティフォン50000ジャケットを購入したい。

[ミレー] アウトドア防水透湿ジャケット TYPHON 50000 ST JKT(ティフォン ストレッチ) メンズ CAPPUCCINO EU L (日本サイズXL相当)

[ミレー] アウトドア防水透湿ジャケット TYPHON 50000 ST JKT

(ティフォン ストレッチ) メンズ CAPPUCCINO EU L (日本サイズXL相当)

これは来年夏までには購入したいと思う。

あとウォーキングでどうするかだけど

これは前述の学生時代に使っていた

ゴアテックスのレインジャケットが今も持っている。

撥水性能は落ちたけど透湿性能は問題なし。

これをウォーキング用として利用していく予定だ。

確かヘリテイジというメーカーのレインウェアだ。

これだけ古くても今も問題なく使えるって品質の高さが伺える。

 

ということで今後のジャケットとしては

防水透湿性の高いゴアテックスや

それに近い性能を持つジャケットを利用して

汗等を排出して快適に歩きたいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロンビアのトレッキングシューズ「セイバー」

  • 2019.12.01 Sunday
  • 20:36

11月にコロンビアのトレッキングシューズを購入した。

以前スポーツオーソリティで履いてみたら

以前お店でミッドカットモデルを履いてみたら

とてもいい感じで気に入ったけど

その時には結局買わなかった。

ただ欲しいなあという気持ちはずっと持っていて

10月末に別のミッドカットモデルを買ったあとも気になっていた。

そんな中で低山登山に広く使えるローカットの靴が欲しいなと思い

再び登山靴を探しはじめて

[コロンビア] セイバー4ロウアウトドライ YM7462 トレッキングシューズ メンズ 27cm ベージュ

[コロンビア] セイバー4ロウアウトドライ

YM7462 トレッキングシューズ メンズ 27cm ベージュ

結局購入をしたんだった。

そして先日それを履いて低山登山に出かけてきた。

約20キロを歩いて確かめてきた。

 

店頭で試着して合ったからといって

必ずしもその靴があうとは限らない。

僕はウォーキングをしており

ウォーキングシューズを高頻度で購入するのだが

サイズが合うというのは店頭で試せるけど

実際にウォーキングをしてみての感触などは

使ってみなければわからない。過去それで駄目だった靴もある。

特にセールで安かったら2足買った靴を実際に使ってみたら

全然駄目で結局手放すことになったのはショックだった。

今回も実際登山で利用してみてどうなのかと気になっていた。

結論から言えば全く問題なくすこぶる良かった。

 

歩き初めの林道から路面への吸い付きがとても良く

しっかりとグリップしてる感覚が伝わってきた。

林道から登山道へ入って土の道になっても不安はなく

しっかりとした足取りで登っていける。

ローカットなので足首を柔軟に動かして

ハイペースで登っていけるのがいい。

そして山頂を経て下りになると足の先が痛くならない。

僕は普段26.0の4Eのウォーキングシューズを履いてるが

今回買ったのは27.0のワイドではない通常モデル。

締め付けで痛むか心配したけどまったくなく

程よい締付けが靴内でつま先に体重がかかるのを防いでくれて

つま先の痛みがなくて快適だった。

急坂も安心して降りていくことが出来て

また途中沢沿いでかなり濡れていたけど防水なので全く問題なし。

そういえば蒸れることもなかったのはオムニテックによる透湿素材だからか。

ともかくいいトレッキンシューズだなと痛感をした。

 

こうなってくると

ミドルカットモデルも欲しくなる。

[コロンビア] セイバー4ミッドアウトドライ YM7463 トレッキングシューズ メンズ 27cm ベージュ

[コロンビア] セイバー4ミッドアウトドライ

YM7463 トレッキングシューズ メンズ 27cm ベージュ

ただ10月末に別のブランドのを買ってしまっており

それ故に当分はそれを使っていきたい。

2年後くらいに必要になれば次はセイバーを検討してみたい。

ただローカットとは同じ色じゃないモデルがいいかな。

同じだとなんか混乱しそうだから。

 

ということで今夏までは

ウォーキングシューズで登山をしていたけど

秋になって標高の高い岩の山を経験するに従い

登山靴の重要性を知ることになり

10月・11月と立て続けに購入することになった。

より快適な靴を得てさらなる登山を続けていきたい。

ちなみにコロンビアセイバーは登山(トレッキング)専用で利用する。

ウォーキングでは一切使わない。

もったいないからね。

ウォーキングはそれはそれでお気に入りの靴があり

価格も4000円ほどで買えるのでそれを使い続けていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

登山と道迷い

  • 2019.11.30 Saturday
  • 20:42

僕は基本的にソロ登山をするので

道迷いに関してはかなり気をつけている。

道迷い遭難というのはとても多い。

ドキュメント 道迷い遭難 (ヤマケイ文庫)

ドキュメント 道迷い遭難 (ヤマケイ文庫)

時には生きて帰らないケースも出てくる。

必ずしも知った道ばかりを登山するわけではなく

新しく登る山や登山道もあるだろうし

天候などによっても視界が遮られると迷うリスクが高まる。

 

道に迷わないためには

やはり地図を読むことだろう。

地図を読み現在地を把握すること。

スント(SUUNTO) コンパス A-10NH [日本正規品 メーカー保証] SS021237000

スント(SUUNTO) コンパス A-10NH

[日本正規品 メーカー保証] SS021237000

昔から地図とコンパスを利用していたけど

僕は今はスマートフォンアプリを利用している。

新しい登山道を歩く時には

YAMAPという登山地図アプリを利用して

それを参考にして歩いたりしている。

現在地はGPSにより正確に表示されるので非常に便利。

分岐点だったりどっちへ行ったらいいのかわからない場合は

方角などを確認した上でYAMAPの地図や登山道を確認して歩く。

もし軌跡が登山道から外れていたらすぐに戻ると。

もちろん地形なども確認している。

ただ地図を読むという力はスマホ時代になって

少し衰えているかもしれないけどね。

ちなみに紙の地図は普段の低山登山では持っていかない。

コンパスはLEDライトとともにザックのサイドポケットに入ってるが

1度も利用したことがないな。

 

スマホ地図アプリは便利だけど

壊れたりバッテリーが切れたら使えなくなる。

その点はリスクだ。

ちなみに地図データはダウンロードしてるので

圏外でも問題なく使える。

山は圏外が意外と多く圏外やその近くではバッテリー消費が激増するので

設定で機内モードにしておくと

バッテリーの消費を抑えることが出来たりする。

もちろんモバイルバッテリーも欠かせない。

Anker PowerCore 10000 (モバイルバッテリー 10000mAh 最小最軽量 大容量)【PSE認証済/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 *2019年11月時点 (ブラック)

Anker PowerCore 10000

(モバイルバッテリー 10000mAh 最小最軽量 大容量)

【PSE認証済/PowerIQ搭載】

iPhone&Android対応 *2019年11月時点 (ブラック)

バッテリーだけ持っていきケーブルを忘れたことがあるが

ケーブルももちろん忘れないように。

スマホを壊すリスクは低いとは可能性はゼロではない。

僕は登山時はたいてい3台のスマホを持っていき

メインとセカンドはザックに収納して

サードの登山用のLG G6をショルダーベルトのスマホホルダーに入れて

YAMAPの記録や写真撮影などで利用している。

現在地や地図を確認したい時にすぐ確認出来るようにしている。

スマホをザックに入れてしまうと出し入れ大変だからね。

ウエストポーチなどに入れるのも良いんじゃないかと。

 

油断と慢心も良くないので

自分だけは大丈夫だとは思わないことだ。

僕はかなり慎重だけど慎重過ぎるくらいが良いようだ。

もちろん登山をすることは家族や友人に伝えておくのが良い。

行く時、帰ってきた時に連絡をしたりするようにしておけば

もし道迷い遭難で連絡が取れなくなったとしても

家族がおかしいぞ?と動き出してくれる。

昔は登山へ行く時は自宅待機のメンバーがいて

その人が緊急連絡先となり出発時、帰宅時などに連絡して

もし連絡がなければ確認した上で遭難の通報を行うといったことをしていた。

大学の登山サークルだからそういう事ができたけど

今はスマホがあるのでそれをうまく活用したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

残り僅かなガス缶の利用

  • 2019.11.28 Thursday
  • 23:48

先日の登山の際に

ガスのパワーが弱まっているなと感じた。

気温が10度以下で気化しづらかったこともあるが

ガスの残量がかなり減っていることが大きい。

僕は登山時には110の低温対応ガスを利用している。

イーピーアイガス(EPIgas) 110パワーカートリッジ G-7013

イーピーアイガス(EPIgas) 110パワーカートリッジ G-7013

コンパクトで低温にも強いのが利点。

ただ容量が少ない分空っぽになるのも早い。

とはいえ昨年7月に登山を再開してから1年半近くを経て

ようやくガスが1本空っぽになるという感じなので悪くはない。

 

この残り容量の僅かなガス缶は

とりあえずもう山へは持っていかない。

まだ数回使えるかもしれないけど

次に使った時に燃料切れになるかもしれない。

気化しやすいプロパンはもうほとんど入ってない可能性もあり

低温対応として冬に利用するのは最適とは言えないこともある。

だから新しいガス缶をこれから利用していくことになるのだが

では残り僅かなガス缶はどうしようか。

まだ使えるので利用したいところだけど

山では燃料切れリスクがあるのは使えない。

となれば自宅で利用することになるけど・・何に使おうか。

お湯を沸かすってのがやはり定番か。

山で食べる新メニューの考案などを庭先で行うのもありか。

まだ残ってる状態で穴をあけて危険ゴミとして出すのは

リスクがあるからもう少し使い切りたいところ。

 

実は残り容量が少ないガス缶に関しては

カセットガスでも言える。

イワタニ カセットガス 専用ボックス入り 12本組 CB-250-OR-12BOX

イワタニ カセットガス 専用ボックス入り 12本組 CB-250-OR-12BOX

カセットガスは

その利用はほとんどがカセットコンロでの利用だ。

冬に鍋をしたりすき焼きをしたりするのに利用する。

わりと消費量は多いんだけど

残り少しだと新しいのを出すことになる。

鍋の途中でカセットガスの入れ替えは大変だからね。

特にすき焼きなどは鍋が重くなることもあり避けたい。

ただそうすると中途半端に少しだけ残ったガス缶が残ることになる。

 

実はカセットガスに関しては

残量僅かなガス缶の処分のために利用してるものがある。

それはカセットガスストーブだ。

イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CB-CGS-PTB

イワタニ カセットガスストーブ

ポータブルタイプ マイ暖 CB-CGS-PTB

寒い冬の日などにたまに利用しているんだけど

残り僅かなガス缶を使い切るのに重宝している。

使い切ったらガス缶は穴をあけて処分。

少しでも残っていると爆発リスクがあるからね。

自治体によっては穴をあけずに処分するところもあるんだっけ。

OD缶は現状はシングルバーナーくらいでしか

使う方法はないので自宅でお湯を沸かしたりするのに

利用をしてみようかなあ。

 

ガス缶は使い切ってから処分するようにしたい。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

透湿性能の高い防寒ジャケット

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 21:42

秋の登山で痛感したんだけど

防寒対策として着るアウタージャケットは

防寒はもちろん大切ではあるけど透湿性も必要だと感じている。

中で出た汗を外に排出する必要があるため。

中のシャツが速乾性でもジャケットの透湿性能が低いと蒸れる。

[ミズノ]  トレーニングウェア 長袖Tシャツ ナビドライ 吸汗速乾 メンズ 32JA6130 14 ドレスネイビー×ホワイト L

[ミズノ] トレーニングウェア 長袖Tシャツ ナビドライ

吸汗速乾 メンズ 32JA6130 14 ドレスネイビー×ホワイト L

蒸れるのが嫌なので長袖のシャツのみで

登山などをすることが多いけど急登中は暑いからいいけど

風が吹くと寒くなるし止まると寒くなる。

ジャケットを着ても汗を水蒸気で放出してくれるジャケットが欲しい。

 

そこで10月から新しいジャケットの購入を検討中。

透湿性能の高いジャケットを買おうと検討してるが

透湿の高いといえばレインウェアばかり。

実際レインウェアをジャケット代わりとして使うのも

別に問題ではないと思う。

実際山で見てもゴアテックスレインウェアを

ジャケット代わりとして利用する人はいた。

またゴアテックスのジャケットはいろんなメーカーから出ていて

ノースフェイスのマウンテンジャケットなどは超有名だ。

[マーモット] Thru Hiker Jacket MJR-S7002 メンズ

[マーモット] Thru Hiker Jacket MJR-S7002 メンズ

探せば結構あるしさすがに3万円超は高いからあれだが

安めのであれば何かないかと探しているところ。

 

個人的に今一番欲しいのは

ミレーのティフォン50000のジャケットだ。

[ミレー] アウトドア防水透湿ジャケット TYPHON 50000 ST JKT(ティフォン ストレッチ) メンズ CAPPUCCINO EU L (日本サイズXL相当)

[ミレー] アウトドア防水透湿ジャケット TYPHON 50000 ST JKT

(ティフォン ストレッチ) メンズ CAPPUCCINO EU L (日本サイズXL相当)

透湿性能が非常に高いこのウェアだけど

質感がレインウェアのような感じではなく

普通の布生地のようでしなやかなので

アウタージャケットとして利用するのに最適だ。

WARMというより暖かいモデルも出ているけど

1年を通して利用するなら通常モデルでいいかと思っている。

これならシャツの上でもしっかり透湿してくれるんじゃないかな。

 

まあ登山の場合はこうした高機能ウェアを着ればいいけど

ウォーキングの場合はどうするか迷う。

酷使するので高性能なウェアはあまり使いたくない。

それこそ5000円かそれ以下のウェアで十分だと思うが

そのクラスだと透湿性能があまり高くない。

家に古いゴアテックスのレインウェアがあるんだけど

撥水性能がすっかり落ちてしまってるけど透湿性能は変わらない。

これをウォーキング時に使ってみようかと検討中。

あと安い透湿性能の高い中古でもいいからウェアがあれば

購入したいなと思ってメルカリやヤフオクなどをチェックしてる。

雨では歩かないので防水は必要ない。

防寒はある程度欲しいけど風さえ防げれば8割は大丈夫。

高速で歩けば身体は熱くなるからね。

汗をしっかり排出出来るシャツの上に着るジャケットを探していこう。

 

ちなみに去年の冬にウォーキング時に来ていたジャケット。

これは透湿性能が皆無ではないけど

あまり高くはないようだ。

逆にね汗をがっつり出したい時もあるので

そういう時は透湿性能がほとんどないウェアを着れば

蒸し風呂状態になりたっぷり汗を出せる。

ただし出したあとは休息に身体が冷えるので

自宅でシャワーを浴びたりあるいは着替えられる環境を

必ず用意しておかないと風邪をひくことだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


recommend

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3
【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3 (JUGEMレビュー »)

DJIのスマホ3軸ジンバルの新モデル。折りたたんでコンパクトに収納できるようになった。さらに13500円と値下げ。

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM