山の給水とポリタン

  • 2018.04.22 Sunday
  • 22:17

登山では給水が重要だ。

必要な水などを全て持っていくと負担が大きい。

そのため現地で水を汲んだり買ったりする必要がある。

そういった場合に水を入れておくのがポリタンク。

エバニュー(EVERNEW) エバーポリタン2L抗菌タイプ  ECB204

エバニュー(EVERNEW)

エバーポリタン2L抗菌タイプ ECB204

エバニューのポリタンは超定番アイテムで

昔はみんな持っていた。

空っぽでも結構場所をとるのが難点だった。

 

最近はこうした水タンクも進化している。

ウォーターキャリーという

ソフトタイプの水タンクが発売されている。

エバニュー(EVERNEW) ウォーターキャリー2L  EBY208

エバニュー(EVERNEW) ウォーターキャリー2L EBY208

この利点は使わない時にかさばらないこと。

水を補給したいけどタンクが足りないとかあるけど

ポリタンクはザックのスペースを取るため

必要以上に持っていかないのだが

これなら予備も持っていき多めに給水を受けたり出来る。

夏の暑い時など水の消費が思ったより多かった時などはありだろう。

この手の製品ではプラティパスが有名だ。

ただあれはトレイルランナーのハイドレーションなどに使われてるケースが多い。

一般の水タンクとしては安いエバニューのほうじゃないかな。

ただ破れそうなのは怖いけどね。まあ実際はかなり丈夫だけど。

 

水関係だと水場で水を飲みたい時とか

マグカップを持っているとすぐに飲めていいね。

コーヒーとか分けてもらう時などもマグカップがあるといい。

以前持っていたけど最近は持たなくなってしまったが

サイドにマグカップを吊り下げてというのはよくあるもの。

今はサイドにはペットボトルを入れてるケースが多いけど。

スノーピーク(snow peak) チタン シングルマグ 300 [容量300ml] MG-142

スノーピーク(snow peak) チタン

シングルマグ 300 [容量300ml] MG-142

マグカップはアウトドアの基本みたいな感じがあって

最近はあまり僕は使ってないけど

新しく買って装備しておこうかなあ。

 

ということでソフトタイプのポリタンの

ウォーターキャリアーは用意しておきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

レインウェアとダイエット

  • 2018.04.21 Saturday
  • 23:29

登山にレインウェアは欠かせない。

レインウェアは体力がない人ほど

高性能なウェアを着るべき。

僕は自身がないのでゴアテックスのレインウェアを持っている。

今はモンベルのストームクルーザージャケットを利用。

モンベル(mont-bell) ストームクルーザージャケット男性用 1128531 オリーブグリーン XL

モンベル(mont-bell) ストームクルーザージャケット

男性用 1128531 オリーブグリーン XL

以前は上だけストームクルーザーで

下は安いサンダーパスだったけど今は下もストームクルーザーに。

(モンベル)mont-bell ストームクルーザーパンツ Men's 1128562 ブラック(BK) XL

(モンベル)mont-bell ストームクルーザーパンツ

Men's 1128562 ブラック(BK) XL

上下合わせて3万円近い構成だけど

さすがは超高性能なレインウェアだけあって快適だ。

これが安物だと湿気が溜まって体力が奪われることになる。

体力がない人にとってそれは致命的なのでやはり欠かせない。

 

さて実は1月頃からダイエットを進めているんだが

3月頃からその効果がかなり出てきた。

先日久々に来てみたんだけどかなり緩くなっていた。

レインウェアはシャツやズボンの上に着るため

全体的にサイズは大きめで緩い場合が多いけど

かなりそれに余裕が出てきた感じだ。

買い換えるほどではないと思うが

さらにダイエットが進んで身体が一回り小さくなった時

ちょっとどうかなという気持ちはあるかな。

まあそこまでダイエットが進めばの話で今心配することじゃないけどね。

 

レインウェアで言えば目標が1つある。

MIZUNOのレインウェアを着ることだ。

以前店頭で試着したけど来られなかった。

ダイエットをする上でMIZUNOのレインウェアを着るのは

1つの目標だったりする。

MIZUNOのベルグテックEXストームセイバーVは

ビックカメラの楽天で比較的安く買えることが多い。

ストームクルーザーが上下で3万円する一方で

これは1万円以下で買うことが出来る。

透湿性能や防水性能はゴアテックスには劣るけど

その差はあまりなくこれでも十分に高性能だ。

富士登山などでは一番利用者が多いほど。

性能、価格などを見ると非常にコスパが高いウェアで来てみたいなと。

今は着ることが出来るのだろうか。

腹回りはかなり収縮したけどお尻周りの脂肪がまだあるからな。

 

レインウェアとして僕がいつか買いたいと思っているのは

モンベルのトレントフライヤージャケットだ。

(モンベル)mont-bell トレントフライヤー ジャケット Men's 1128590 (XL, インディゴ)

(モンベル)mont-bell トレントフライヤー

ジャケット Men's 1128590 (XL, インディゴ)

ダイエットをこのまま進めていけば1年くらい経てば

かなり劇的に体型が変わっている・・はずだ。

そうなった時来春くらいにその体にあったレインウェアを着たい。

その時の候補としてはトレントフライヤージャケットがある。

これは防水性能、透湿性能とともにトップクラスながら

かなり軽量でザックに入れている時の負担を軽減できる。

レインウェアは非常用装備で基本的に晴れの日しか山へ行かないので

利用することはめったにないのだが

使わない時に負担を減らすのがトレントフライヤージャケットだ。

まあいつかね。ただその前にMIZUNOのほうが先かな。

 

レインウェアもそうだけど

普通の服も買い替えする必要があったりする。

出来るだけ買い替えせいないように以前のを使ってるけど

あまり緩い服ばかり来ていると油断してしまって

リバウンドの恐れがあるから

ダイエットと平行して服を締めていき

出来るだけ小さめのサイズを買ってそれに合わせるように

ダイエットを進めていくくらいで行きたいところ。

失敗すると無駄になる可能性はあるが今のママいけば

無駄にはならないんじゃないかなあ・・・。

普通の人がスリムに痩せるのは大変だけど

僕のように元々デブってる人が普通になるのは

暴飲暴食や運動不足などを改善すればそれほど難しくなく可能なようで

だからこそ頑張っていきたい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

登山でお風呂代わりの濡れタオル

  • 2018.04.15 Sunday
  • 21:10

登山をした後はゆっくりお風呂に入りたいものだが

山で宿泊する場合はお風呂には入れないことも多い。

上高地や徳沢、横尾あたりの山小屋ならお風呂はあるけど

涸沢や穂高、槍ヶ岳などの山小屋にはお風呂はない。

テント泊ならば上高地でもお風呂はない。

 

お風呂に入れなくても体は拭きたい。

体を拭く方法としてはタオルを濡らして拭くのが一般的だが

市販の濡れタオルを利用するのもおすすめ。

僕はウォーキングなどで汗をかいてその後は濡れタオルで汗を拭く。

アクティ からだふきタオル 超大判・超厚手 40×30cm 30枚 (片手でらくらく取出し口ストッパー)

アクティ からだふきタオル 超大判・超厚手 40×30cm

30枚 (片手でらくらく取出し口ストッパー)

体を拭くことで汗の匂いを抑えることが出来て

それで着替えている。

体を拭かないで着替えてしまうと

臭いが残ったりあるいはじわじわまた汗が出てきてしまう。

 

大きめの濡れタオルはあまりないけど

上記のものや下記のものはかなり大きめだ。

からだふきぬれタオル 大判 (30個)

からだふきぬれタオル 大判 (30個)

これらは介護などでも使われているもので

純粋に体を拭くのに適している。

もし運動後などの制汗を目的とするなら

制汗タオルなどを利用したほうがいいだろう。

エージーデオ24 クリアシャワーシート 無香料 40枚

エージーデオ24 クリアシャワーシート 無香料 40枚

メントール系の成分により清涼感が得られて発汗が抑えられる。

ただ人によっては皮膚に合わないことがあるので気をつけたい。

 

出来ればお風呂に入りたいけど

山小屋などお風呂がないところが多いので

そうした場合に不快な状態で就寝を迎えるのではなく

体を拭いてすっきりしたいのでこうした装備はあると便利かと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンディGPS

  • 2018.04.13 Friday
  • 22:41

まだスマホがない頃だったか

週末の夕方のTV番組でゼロポイントを探す企画をしてた。

経度と緯度がちょうどキリが良い数字になるポイントで

例えば北緯35度、東経135度は兵庫県明石市にあるといった感じで。

それの調査にハンディGPSが使われていた。

GARMIN(ガーミン) 登山用 ハンディ GPS eTrex 10J 【日本正規品】 97006

GARMIN(ガーミン) 登山用 ハンディ GPS

eTrex 10J 【日本正規品】 97006

当時番組で使われていたハンディGPSは

ガーミンではなくエンペックスというメーカーだった気がするが

いまではガーミンくらいしかハンディGPSは出ていない。

それ以前にスマートフォンにGPSがあるのでハンディGPSの需要はもうあまりないが。

 

今ハンディGPSを使うのはどういう人だろう。

スマートフォンは圏外での利用は苦手なのでケータイ圏外で使う人。

あるいはより正確なGPS情報を必要とする場合だろうか。

圏外だと例えば海。

海で正確な位置情報を知るにはGPSは必需品。

山も奥地なら圏外はありうるだろうか。

位置情報の記録においてもスマホのGPSよりは

ガーミンのハンディGPSのほうが制度は強力だろう。

ガーミンのエントリーハンディGPSのeTrex10は

地図データを持たないGPS計測とロガーの機能しかない。

日本語版ははっきり言って高いだけであまり意味ないので

GARMIN(ガーミン) ハンディ GPS eTrex 10 【並行輸入品】

GARMIN(ガーミン) ハンディ GPS eTrex 10 【並行輸入品】

海外製品でも全く問題ない。

これで登山時のGPSログを取得している人はいる。

林の中などはGPS受信しづらいがこれなら正確にログを取得できる。

地図データを利用したい場合は

地図データをインストールに対応し日本語地図が付属するモデルがベストかと。

Garmin GPSMAP 64s 日本語仕様 city+山岳詳細地図

Garmin GPSMAP 64s 日本語仕様 city+山岳詳細地図

ただ今こうしたハンディGPSを使ってる人は

全然見かけることはないけどね。

やはりスマートフォンがあるから。

 

スマートフォンでもハンディGPSと似たことは可能。

圏内ならオンライン地図が利用可能だが

圏外でもインストール型地図なら利用出来る。

登山地図で有名な山と高原地図があるけど

あのアプリを利用すればスマホで登山地図が利用できるし

インストール型なので圏外でもOK。GPSを利用してログ取得出来るし

現在の位置表示もできる。

下手なハンディGPSよりずっと高機能だ。

GPS感度も数年前のスマホは感度が低く測位も遅かった。

ただ最近のスマホは高感度で測位も早い。

ポケットに入れてても正確に測位して驚くこともある。

さらにApple watchなどGPS搭載デバイスもあり

これらも活用すればより便利に使うことが出来る。

 

スマホのGPS感度に不安があるのなら

外部GPSを利用する方法もある。

ガーミンなどからGPSレシーバーが売られている。

Garmin GLO Add-on GPS Receiver(並行輸入品)

Garmin GLO Add-on GPS Receiver(並行輸入品)

これらはiPhoneやAndroidとBluetoothで接続して

外部GPSとしてより高精度な位置情報を利用可能だ。

普段スマホはカバンの中に入れている人も

このGPSレシーバーをザックのサイドポケットに入れておけば

しっかりGPS受信しそれをスマホに転送し

カバンの奥底にあるスマホでもしっかり位置情報を記録し利用出来る。

 

そう考えるとやっぱりハンディGPSはもう必要ないな。

昔は欲しくて憧れだったけど

いつしかスマートフォンというそれを遥かに上回る

高性能なデバイスを持つようになっていたんだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

登山靴には靴下が重要

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 20:54

山のシーズンが既に始まっているけど

シーズン前には買っておく必要なものがある。それは靴下。

登山では靴が重要だけどそれと同じくらいに靴下が重要。

特に普段登山靴には履きなれていないので久々に履くと大変なことに。

靴ずれで足を痛めることになりかねない。

それ故に厚手の靴下が必要。

千代治のくつ下 メンズ 本格トレッキングソックス(登山用靴下) 3足セット 25-27cm 日本製

千代治のくつ下 メンズ 本格トレッキングソックス

(登山用靴下) 3足セット 25-27cm 日本製

この靴下は以前購入したなあ。

最近はこっちも買っている。

2足組 ふかふか厚手ソックス 男性用 (グレー)

2足組 ふかふか厚手ソックス 男性用 (グレー)

日本製へのこだわりがあるわけではないけど

つま先やカカトが強化されて厚手になってるのは

日本製のものが多い。

普段は3足500円くらいの靴下を履いてるけど

登山靴にはそれ相応のコストを掛ける必要がある。

 

つま先も怖いけど特にカカト。

かかと部分が厚手になっていると

多少の履き慣れてない靴でも問題ない。

多少すれても靴下がクッションの役割を果たしてくれる。

土踏まずなどへの負担も軽減されるしよく出来てる。

登山靴だけでなくウォーキング用の靴でも

最初は厚手の靴下を利用したい。

履き始めはいろいろ固くて足をいためやすいから。

1度傷めてしまうと回復まで時間がかかり

その間は歩けなくなる恐れもあり注意が必要だ。

 

もし靴ずれ担ってしまった場合は

キズパワーパッドの靴ずれ防止を使うといい。

BAND-AID(バンドエイド) マメ・靴ずれブロック レギュラーサイズ 4枚

BAND-AID(バンドエイド) マメ・

靴ずれブロック レギュラーサイズ 4枚

以前足を痛めた時にこれを使ったら

早期に回復することが出来た。

靴ずれでジュクジュクになってて心配したけど大丈夫だった。

まあ靴ずれ防止にも役立つので

厚手の靴下がない場合などは

保険でもっていき利用すると良いかもしれない。

山で足を傷めてしまうと帰りが大変だから。

 

ということで自分の足ででかけて帰る必要がある登山では

自分の足は自分で守る必要がある。

厚手の靴下は忘れないようにしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーラー発電機

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 22:11

2年か3年前くらいに買ったソーラー発電機。

ポータブルタイプでスマホやモバイルバッテリーを充電可能な製品。

RAVPower ソーラーチャージャー ソーラー充電器 16W 2ポート iPhone Android各種対応 RP-PC008

RAVPower ソーラーチャージャー ソーラー充電器

16W 2ポート iPhone Android各種対応 RP-PC008

東日本大震災後に7Wタイプを買ったんだけど

7Wじゃパネルが小さくあまり発電出来なかったので

大きめのに買い替えて数回テストして放置していた。

しかし3月下旬から4月にかけて

晴天が続いた時にこれはテストのチャンスということで

久しぶりにソーラーチャージャーを利用した。

 

ソーラーチャージャーだけど

スマホを直接充電することも可能だが

実際はモバイルバッテリーを充電して

それを介してスマホを充電することになる。

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー iPhone&Android対応 2ポート Auto-IC機能搭載 (ホワイト) CHE-059-WH

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー

iPhone&Android対応 2ポート Auto-IC機能搭載 (ホワイト) CHE-059-WH

その理由は2つある。

1つは昼間に充電を行うけど昼間こそスマホを持ち歩いて利用するため。

もう1つはスマホが発熱で停止するのを防ぐため。

今は大丈夫だけどもう少しするとスマホを直接充電はできなくなる。

やってみれば分かるけどスマホが発熱で充電が自動停止する。

下手すれば自動シャットダウンとなってしまう。

真夏は超高温になりスマホを壊す可能性もあるので

モバイルバッテリーを介したほうがいい。

もっともモバイルバッテリーにも負担になるので

直射日光は避けて設置する必要がある。

 

16Wのをもっているけど今は24Wもそう高くない。

RAVPower ソーラーチャージャー ソーラーパネル 24W 3ポート 各機種対応 RP-PC005

RAVPower ソーラーチャージャー ソーラーパネル

24W 3ポート 各機種対応 RP-PC005

僕が16Wを買った価格と殆ど変わらず

24Wが今や買えてしまう。

もっとも24Wに増やしたところで

1ポートあたりの充電容量は限られているので

複数のモバイルバッテリーを充電することになるかと。

ただより効率的に充電出来ることは間違いない。

 

エベレストなど登山隊などでも

こうしたソーラーチャージャーは使われるようだ。

以前イモトのイッテQ登山部でもカメラ機材の充電に

この数倍大きいプロ用のものが使われていたけど

上位モデルは電気製品が使えるようになるということで

ソーラーパワー凄いなあと。

いつか各家庭のソーラーチャージャーと蓄電池で

各家庭の電力を賄うことが出来るようになるかもなあ。

常時利用するのは難しいけど

災害などに備えてこうして定期的にソーラー充電を試しておこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

超軽量のウインドブレーカー

  • 2018.04.07 Saturday
  • 19:36

今は高遠の桜が見頃を迎えているという。

それで思い出したことが1つ。

数年前に高遠へ桜を見に行った時のこと。

満開の桜は素晴らしかったのだが今日のように

やや天気は曇り気味でそして北風の強い1日だった。

東海地方の桜はすでに散って暖かい日が続いていたため

高遠へも薄手の長袖シャツを着てお出かけしたのだが

城址公園から出てしだれ桜を見に行くと風が強くなって

非常に寒かった記憶がある。

 

春に限らないが夏や秋でも

山のほうで時として寒いということが多い。

子供の頃に乗鞍へ行った時も天気が崩れて風が吹いて

もう極寒の寒さだった。

特に体感温度を下げるのが風で

天気良くても風が強く吹くと寒く感じてしまう。

1枚羽織るものをもってこればよかったと後悔する。

数年前の高遠でその後悔をして

手軽に持ち歩けるウインドブレーカーを買おうと思っていた。

そして一昨年くらいに購入したんだ。

 

多分2016年だったと思うが購入したのは

ノースフェイスのエニータイムウインドフーディという製品。

ノースフェイス(THE NORTH FACE)エニータイムウィンドフーディ NP21881 UN

ノースフェイス(THE NORTH FACE)

エニータイムウィンドフーディ NP21881 UN

超薄手の生地のウインドブレーカーで

切るととても暖かい。

使わない時は超コンパクトに収納出来る。

スポーツオーソリティで見つけて衝動買いしたけど

ネットショップなどではあまり見かけない製品だ。

超軽量のウインドブレーカーというと

モンベルのほうが有名かも。

 

モンベルだと以前はウルトラライトシェルシリーズがあったが

今はEXライトウインドジャケット・パーカとなっている。

(モンベル)mont-bell EXライト ウインド ジャケット Men's 1103233 BL ブルー L

(モンベル)mont-bell EXライト ウインド ジャケット

Men's 1103233 BL ブルー L

破れるんじゃないかと思うほど薄手だけど

頑丈で風からしっかり守ってくれる。

強風下でも体温を保持して体感温度を下げない。

こういうのを求めていたんだなあ。

(モンベル)mont-bell EXライトウインドパーカ 1103239 GRPH グラファイト M

(モンベル)mont-bell EXライトウインドパーカ

1103239 GRPH グラファイト M

普段は使わないのでカバンに忍ばせておけばいい。

ただ寒いと思った時に取り出して着られるのが理想だ。

やはり荷物にならないサイズ感が良い。

 

これらの超軽量のウインドブレーカーは

この先春から秋にかけて薄着をする際に重宝する。

荷物を持つ負担にもならないので

是非とももっていきたいもの。

すっかりこの製品を忘れて収納してたけど

取り出してウォーキング装備や普段のカバンに入れて

持ち歩いていざという時に利用したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

山と地図

  • 2018.04.03 Tuesday
  • 23:41

先日ふと学生時代に鈴鹿の山へ登ったことを思い出した。

ルートを外れたのか道に迷い気味。

地図を出して確認していたけど大切なものがないことに気づいた

コンパスを持ってきていなかったんだ。

その後道を戻り正しいルートに戻ることが出来たが

帰宅後コンパスを買いに行ったのは言うまでもない。

スント(SUUNTO) コンパス A-10NH [日本正規品 メーカー保証] SS021237000

スント(SUUNTO) コンパス A-10NH

[日本正規品 メーカー保証] SS021237000

地図を見る時に方位を知るコンパスは重要だ。

最近はスマホなどがあるけどやっぱりコンパスは持っていたい。

 

登山地図だけど大学時代は本屋で25000分の1の地図を買い

それをコピーしたりして登山地図を自作していた。

鈴鹿とかよく行く山は自作の地図に書き込みしたりして

情報を増やしていくのが便利でまた楽しかった。

しかしいつからか地図は市販のものを買うようになった。

山と高原地図 御在所・霊仙・伊吹 (山と高原地図 45)

山と高原地図 御在所・霊仙・伊吹 (山と高原地図 45)

学生時代には売っていなかったのかなあ。

でも確か水に濡れても大丈夫ってのがあった気がするけどな。

最近は鈴鹿とか登っていないしそもそも上る体力がない。

かなりブランクがあったけど

今年はそれをかなり取り戻しつつある状況で

今後また本格登山をしたいと思っている。

その時に地図をどうするかは問題だ。

 

今はスマートフォンが地図になる。

毎年秋に乗鞍へ紅葉帰りへ行く。

登山ではなく紅葉刈り。シャトルバスで肩の小屋口まで上がり

そこから道路沿いに歩いて降りてくる。

登山ではないので地図も持っていかないし必要ない。

でも万が一に備えて登山地図アプリを入れている。

山と高原地図はアプリ版が出ており利用できる。

地図データは紙の地図の半額くらいで売られてる。

毎年更新されるので2016、2017、2018と買うと大変だけど

さすがにそれはないけど以前買ったデータを入れている。

山と高原地図アプリは地図上に現在位置が表示されるし

GPSログモードを利用するとこれまで歩いてきた軌跡が見られる。

紙の地図よりも便利に使えるので重宝してる。

ちなみに地図データはインストール型なのでオフラインでも使える。

ただスマホが壊れたりバッテリー切れになれば使えない。

もちろんモバイルバッテリーは持っていくけどね。

 

最近は国土地理院の地図をオンラインで利用できるが

それらを利用した登山地図アプリもある。

地図データは無料で利用できるのがありがたい。

アプリ自体は無料のものから有料のものまで様々。

キャッシュしてオフラインで使える製品もある。

Google Mapsじゃ登山地図としては全く使えないので

そうした国土地理院のデータを利用した地図アプリを使うと良いかなと。

僕はいくつか課金して購入しており

山旅ロガーGOLDGeographicaなど購入済み。

どちらも無料モードもあったと思うから試してみて欲しい。

これらは登山地図アプリだが基本はGPSロガーアプリとなる。

国土地理院地図になるのであまり登山道のデータは

正確ではない場合もあるから要注意だけど

等高線などは分かるのでこの先の勾配や距離などは分かるので

多少なりとも参考になるかなとは思う。

 

すべての山に登山地図が必要だとは思わない。

例えば富士山のような山には不要だろう。

ただ北アルプスの山などは必要だと思うし鈴鹿も必要だろう。

保険と思ってザックにコンパスと一緒に入れておくのが良いかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

山登りのガスバーナー選び

  • 2018.03.31 Saturday
  • 20:37

春になり暖かくなってくると

アウトドアモードになってくる。

花見やバーベキューなどでより一層刺激されるけど

花粉が飛びまくっている山へはまだ行き辛い。

そういう時どうするか。

アウトドア道具に走る。

毎年新しい道具を買うのは春が多い。

 

何事も形から入る主義なのでついつい無駄に道具を揃えてしまう。

アウトドアでは特にガスバーナーが格好いい。

これを使っているとアウトドアマンだなととか悦に浸れる。

別に山ではなく近所の公園やそれこそ自宅の庭ですら

アウトドア気分に浸ることが出来る。

僕はプリムスのP-115フェムストーブというバーナーを持っているのだが

悪くはないがもう少し上位モデルに買い替えたいなあと思う。

PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE 小型ガス IP-110【ガス機器適合性検査済日本正規品】

PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE 小型ガス

IP-110【ガス機器適合性検査済日本正規品】

ガスは110のガスがいくつかあるから当分買わなくてOK。

ガス器具選ぶのって楽しいんだなあ。

 

アウトドアのガスストーブだけど

利用するガス缶が2つの種類がある。

OD缶とCB缶の2種類で上のIP-110のようなのがOD缶と呼ばれる。

まあ一般的なアウトドア用のガス缶だ。

CB缶はいわゆるカセットガスだ。

カセットコンロなどで使われるあれ。

アウトドア用ではOD缶を使うものとCB缶を使うものがある。

プリムス、EPIgas、スノーピークなど登山方面のメーカーは

ほとんどがOD缶を使う。OD缶には寒冷地仕様のガス缶もある。

上で貼ったIP-110も寒冷地仕様の低温対応。

イーピーアイガス(EPIgas) 230パワープラスカートリッジ G-7009

イーピーアイガス(EPIgas) 230パワープラスカートリッジ G-7009

プリムス以外にもEPIgasやスノーピークからも発売されている。

寒冷地仕様といっても冬用ではなく山用。

春や秋の山でも利用することになるのでこれに対応しているのがベスト。

それ故に山ならOD缶タイプを選びたいところ。

 

ちなみに僕はカセットガス仕様のを1つ持っている。

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

イワタニのジュニアバーナーだ。

これは普通のカセットガスが利用可能だ。

カセットガスの利点は安く買えること。

弱点はガス缶が大きくかさばること。低温に弱いこと。

こうしたカセットガスのガスストーブは

主にツーリングをするライダーなどに使われている。

平地でのキャンプなどで主に使われる感じだ。

山でもまあ使っている人を見ないわけではないが基本夏山。

秋山とかで紅葉シーズンなどだと10度を下回る場合もあり

それだとうまくガスが気化しない恐れがあるからやめたほうがいい。

 

ガスバーナーはガスストーブとも呼ばれる。

ストーブというと暖房器具を思い起こされるけど

登山装備としてはガス器具はバーナーよりストーブと呼ぶ。

バーナーというと炭起こしや肉の表面を焦がしたりするものを思い浮かべる。

Amazon.co.jpで検索すると1000円以下のものから

10000円以上のものまで様々だけど

登山道具は信頼性が第一なのであまり安物メーカーは使わないほうがいい。

メーカーとしてはプリムス、EPI、スノーピークが有名。

キャプテンスタッグ、コールマン、SOTO、ユニフレームなども有名だが

こちらはどちらかというとキャンプ用品。

山で使うなら3社から選ぶのが良いのではないかと思う。

僕のお気に入りはプリムス。EPIも以前はよく使っていた。

スノーピークは登山関係も強いがバーナー系はキャンプ寄りな気がする。

何を買えばいいかと迷ったらプリムスかEPIの売れ筋を選べば良いかと。

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

プリムスのウルトラバーナーかEPIのREVO。

EPI(イーピーアイ) REVO-3700ストーブ(日本製) S-1028

EPI(イーピーアイ) REVO-3700ストーブ(日本製) S-1028

どちらも軽くコンパクトに収納できるし

また高出力で短時間でお湯をわかすことが出来る。

ごとくも広いので大きめのコッヘルも利用できる。

 

最後にもう1つ。

調理をせず基本インスタント食品などで

お湯を沸かすためだけにもしバーナーを使うのなら

ジェットボイルも良いかもしれない。

JETBOIL(ジェットボイル) バーナー フラッシュライト CARB カーボン 1824391 【日本正規品】 PSマーク取得品

JETBOIL(ジェットボイル) バーナー フラッシュライト

CARB カーボン 1824391 【日本正規品】 PSマーク取得品

コッヘル一体型のバーナーで熱効率が非常によく

低出力でも短時間でお湯を沸かせるようだ。

収納も一体化しておりパッケージングしやすい。

登山道具メーカーで知られるモンベルが国内代理店となっており

登山での利用者も増えている。

 

こうした道具選びというのはシーズン前の楽しみでもある。

他にも様々な道具が必要でお金はかかるけど揃えていく楽しみがある。

僕はどうするかな。

テントやシュラフを優先させるとストーブに回す予算がないから

とりあえず今あるのを継続利用する形で後回しになるかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カトラリーセット

  • 2018.03.29 Thursday
  • 19:23

アウトドア道具で何か買う必要なものがあったと思って

考えていたけどようやくそれを思い出した。

それはカトラリーセットだ。

キャプテンスタッグ アウトドア用 カトラリー セット【ナイフ/スプーン/フォーク/箸/ケース付】 M-7715

キャプテンスタッグ アウトドア用 カトラリー セット

【ナイフ/スプーン/フォーク/箸/ケース付】 M-7715

山用語で言うと武器だけど

この手の箸やフォーク、スプーンなどだが

昔持っていたんだけどどこかへ行ってしまった。

そしてもう10年以上は持っていない。

どうしていたかというと割り箸を使っていた。

割り箸を忘れて途方に暮れたこともある。

だからカトラリーセットを買うべきだとずっと思っていたんだ。

 

昔は折りたたみタイプのを使ってた時期もある。

キャンプナイフフォークスプーンセット Hikenture® ナイフ フォーク スプーン セット 野外カトラリーセット ステンレス鋼 4-in-1 ケース付 キャンプ 登山 釣り バーベキュー アウトドア(ブラック)

キャンプナイフフォークスプーンセット 

Hikenture® ナイフ フォーク スプーン セット 

野外カトラリーセット ステンレス鋼 4-in-1 ケース付

こういうのをザックに入れておいて

必要になった時に利用していた。

箸がなくてもスプーンとフォークがあれば大丈夫。

結構重宝していたけど安物だったこともあり

壊れてしまってそれで捨ててしまった。

もう学生時代だから遠い昔のことだ。

またこういうのを買うのも悪くはないかな。

 

今買おうと思っているのは

キャプテンスタッグのではなく

スノーピークかEPIのカトラリーセットだ。

スノーピーク(snow peak) ワッパー武器II SCT-002(パープル、グレー、グリーンの全3色。色選択不可)

スノーピーク(snow peak) ワッパー武器II SCT-002

(パープル、グレー、グリーンの全3色。色選択不可)

どっちがいいかなあ。

以前お店でスノーピークのを買いそうになったんだっけ。

EPI(イーピーアイ) チタンカトラリーセット2 T-8402

EPI(イーピーアイ) チタンカトラリーセット2 T-8402

でもEPIのほうが安くて良さそうだなあ。

ということでこの記事を書いている中で決めてしまう。

EPIのこのカトラリーセットを買おう。

箸はもし必要になれば割り箸を持っていくことにする。

基本的に箸は必要ないと思うが・・。

 

ということでお気に入りに入れたので

そのうちに注文して買っておこう。

常に山などへ行く時には持っていくようにしよう。

武器がなく途方に暮れることないように。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


recommend

REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】
REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】 (JUGEMレビュー »)

ジンバル一体型のカメラ。超広角レンズに小型ビューアー搭載。OSMOの弱点を克服した歩き4Kカメラ。

recommend

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue)
HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue) (JUGEMレビュー »)

Huaweiの最新SIMフリースマートフォン。18:9液晶で狭額縁を実現。そしてWレンズカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM