ソーラーチャージャー

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 19:39

以前購入したソーラーチャージャー。

ソーラー充電器 RAVPower 超軽量 16W 2ポート 折りたたみ式 ソーラーパネル 防災 非常用 ソーラーチャージャー iPhone iPad Galaxy S8 など スマホ タブレット モバイルバッテリー 対応 スマホ用充電器 アウトドア用

ソーラー充電器 RAVPower 超軽量 16W 2ポート

折りたたみ式 ソーラーパネル 防災 非常用 ソーラーチャージャー

太陽光を利用して

スマートフォンやモバイルバッテリーを

充電することが出来る機器だ。

アウトドアや防災で利用できるかなと思って購入した。

可能な日常的な利用も検討していたけどね。

 

あれから3年近く経つけど

最近は全く利用していない。

先日片付けをしていて

箱がありなんだっけと思ったら開いたら

中にソーラー充電器が入っていた。

また一緒にモバイルバッテリーも入っていた。

ソーラーチャージャーはスマホも直接充電可能だが

実際それはなかなか難しい。

太陽光が出るのは昼間。

そんな昼間にスマホを太陽光の当たる場所に置きっぱなしには出来ない。

それに今はいいけどこれで初夏の頃から残暑の頃は暑さば厳しくなり

スマホを直接充電してたら熱暴走でエラーが出て充電停止となる。

それ故に基本的にはこのソーラーチャージャーは

モバイルバッテリー等を充電するために利用するものだ。

 

だいたいどれくらい充電できるのかというと

経験上だけと1日6000mAhくらいかなと思う。

9月か10月にテストしたので6月なら8000mAhくらいいくかも。

冬は日照時間が少ないのでそこまで充電できない。

夏の晴れた日なら結構充電することが出来る。

太陽の向きに合わせてソーラーチャージャーを動かせば

もっと効率的に充電できるかもしれない。

6000mAhは3.7Vだから3.7x6で22.2Whになる。

16Wのパネルは理論上は6時間で96Wh、8時間で128Whの発電が可能なはずだが

実際は変換ロスが多いし100%で充電できないのでこんなものかと。

より高出力のパネルでも同じかなと。

RAVPower ソーラーチャージャー ソーラーパネル 24W 3ポート 各機種対応 RP-PC005

RAVPower ソーラーチャージャー ソーラーパネル

24W 3ポート 各機種対応 RP-PC005

理論上は1.5倍の容量を充電できるかと。

 

1つ問題があるとすれば

モバイルバッテリーの充電性能だろうか。

一般的なモバイルバッテリーは

出力は5V2.4Aや3Aなど昨今高出力モデルが増えている。

しかし入力は未だに5V1Aにしか対応しない製品もある。

いくら高出力のソーラーパネルを使っても

充電器の充電性能が低ければあまり意味がない。

ちなみに僕がソーラーチャージャーの充電で利用したのは

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー iPhone&Android対応 2ポート Auto-IC機能搭載 (ホワイト) CHE-059-WH

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー

iPhone&Android対応 2ポート Auto-IC機能搭載

(ホワイト) CHE-059-WH

このcheero Power Plus3だ。これは5V2Aの入力に対応している。

 

ということで今後またソーラーチャージャーを

使っていかないといけないなあ。

日常的にソーラーパワーだけで

スマホの充電をやりくりしようと思い立ったこともあったけど

その頃の気持ちを忘れてしまっているなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きいサイズのレインウェア

  • 2018.02.18 Sunday
  • 21:20

最近山に興味のある同僚。

ただ問題があって身体が大きいので

登山ウェアなど着られるサイズが少ないこと。

特に問題なのはレインウェアかなと。

ただ調べればレインウェアも多少高くなるが

大きなサイズというのは存在している。

 

一般のスポーツショップへ行くと

登山用品はせいぜいLサイズまでしかない。

XLサイズがあるところもあるけどあまり在庫はない。

ネット通販を利用すればそれなりのサイズまで用意されてるモデルもある。

例えばMIZUNOのベルグテックEXストームセイバーVは

通常はXLモデルまでだけど

2XL、3XLモデルもラインナップしている。

(ミズノ)MIZUNO アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ [メンズ] A2JG4A01 45 イエロー 2XL

(ミズノ)MIZUNO アウトドア ベルグテックEX

ストームセイバーVレインスーツ [メンズ]

A2JG4A01 45 イエロー 2XL

大きいサイズは別モデルとして価格も少し高めで在庫も少なく

セールなどで安く買うことは出来ないけどこのあたり悪くはないと思う。

ゴアテックスよりもかなり割安で買うことが出来るためだ。

同僚にもこれをおすすめしているところ。

 

ゴアテックスでも

モンベルのストームクルーザーにはXXLサイズが存在する。

これも通常モデルとは別の大きなサイズとなっており

価格も少し高くなっている。

またオフシーズンで在庫があるお店もかなり少ないようだ。

でもこれならかなり大柄でも着られるし

ゴアテックスなので透湿性が高く体力消耗を抑えられる。

(モンベル)mont-bell ストームクルーザーパンツ Men's XXL

(モンベル)mont-bell

ストームクルーザーパンツ Men's XXL

モンベルのストームクルーザーは上下別なので

上下買うと35000円以上とかなりいい値段になってしまうけど

需要が少ないのでやむを得ないところ。

 

登山ではなくトレッキングくらいならば

もっと安いレインウェアでもOKだと思う。

それなら作業用レインウェアに近いモデルなんかおすすめだ。

カジメイク エントラントレインスーツ2 ネイビー 3L

カジメイク エントラントレインスーツ2 ネイビー 3L

エントラントレインスーツは

東レのエントラントという防水透湿素材を採用したレインウェア。

ゴアテックスやベルグテックには劣るものの透湿性が高く

トレッキングやウォーキングでの利用に最適ではないかと。

ただ身体の大きな人は汗かきが多いので

出来ればもっと透湿性の高い高性能モデルが理想だけど

その辺りはうまく使い分けたりしていければいいのでは。

 

ということで同僚におすすめ中。

ベルグテックの2XLか3XLで迷っているようだ。

お店に置いてないから試着するわけにはいかない。

迷ったら基本大きめのほうが買うほうがいいかな。

小さくて着られないよりマシだから。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつか涸沢カールでテント泊を

  • 2018.02.16 Friday
  • 20:32

今年は山で利用できる1人用のテントを買いたいと思っている。

今は自宅にヨーレイカというメーカーの

メッシュテントがあるけどあれは山では使えない。

ただあれを利用してテント泊のテストを前半に行いたいと思ってる。

その後山用のテントを購入しようかと考えている。

 

最終的な目標は涸沢カールで紅葉を見ること。

そのため秋の涸沢で利用できるテントが必要だ。

アルパインテントで軽量かつ丈夫であること。

ツーリングテントなどは論外。

それでいくつか検討をしている。

具体的な候補の1つがモンベルのステラリッジテントだ。

モンベル(mont-bell) テント ステラリッジテント 1型 [1人用] サンライトイエロー 1122475-SUYL

モンベル(mont-bell) テント ステラリッジテント 1型

[1人用] サンライトイエロー 1122475-SUYL

テント自体は4万円ほど。

他のアルパインテントを見ても安くて4万円から上を見れば6万円以上まである。

荷物は軽量化したいので1人用の軽量テントで考えている。

体力に自身があればいいけど現状は自身がないので・・・。

 

僕はテントについて全く詳しくないんだけど

グランドシートは必要なのだろうか。

いわゆるテントの下に敷くシートだ。

モンベル(mont-bell) シート グラウンドシート ドーム1型用 ブルーブラック 1122485-BLBK

モンベル(mont-bell) シート グラウンドシート ドーム1型用

ブルーブラック 1122485-BLBK

これなしで直接テントを展開して

エアマットなどを置いてシュラフで寝てるパターンはよくある。

グランドシートがあったほうが

テントの地面側のシートを保護出来るらしいがどうなんだろうな。

荷物になるんだろうか。でもあったほうが寒さを防げそうな気もする。

重さは150g程度なのであったほうがいいのか。

 

今年秋に涸沢カールへ行くかは分からない。

今年は上高地か横尾でテント泊という可能性もある。

上高地から涸沢カールへは15キロ。

特に横尾からは高低差が700mくらいある。

毎日ウォーキングをしてるから分かるが15kmはかなり距離だ。

しかも重い荷物を背負っての15kmはそれなりにきつい。

さらに700mも上がるのならなおきつい。

考えるだけで大変だなと思うけど僕が学生の頃は

上高地から槍ヶ岳山荘まで35kg近い荷物を背負って

朝6時から一気に登ったものなのであの頃は体力あったんだなと。

 

この先ダイエットを進めて余計な脂肪を落とし

さらに筋肉をつけて体力をつけることで

20歳の頃のようにはいかないまでも

それなりに登山出来る身体が出来てくると思う。

ある程度したら鈴鹿とか行きたいと思ってるし

今年涸沢はあまり考えていないけど

このままトレーニングは続けていこう。

テントは早めに買っていろいろテストしたいなあ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

イワタニジュニアバーナー

  • 2018.02.14 Wednesday
  • 22:11

アウトドア用のガスバーナーとして

人気なのはイワタニのジュニアバーナー。

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

とてもコンパクトで意外と安定性が高く

また安価なカセットガスが利用出来るのも利点。

実は去年初夏頃にアウトドア用品を処分する際

このジュニアバーナーも処分したと思っていたけど

そういえば処分していなかった。

処分を検討して写真撮影までしたんだけど

売らなかった。

 

今も手元にあるんだけど

売らなかった理由は

カセットガスを利用するガスバーナーを

手元に1つは置いておきたかった。

カセットコンロはあるんだけど

山とかで使うガスストーブに関しては

いわゆるOD缶のものばかり。

だからカセットガスのは1つくらい持っておこうと

売らなかったのだと思う。

 

ただこのジュニアバーナーだけど

普通のカセットガスだとガス缶が大きすぎる。

登山などで持っていくのならば

ジュニアガスを利用したいところ。

イワタニ カセットガス ジュニア 2本組 CB-JR-120P

イワタニ カセットガス ジュニア 2本組 CB-JR-120P

ジュニアガスはあまり見かけないけど

スポーツ用品店などで売られている。

ネットでもあるけど送料が高いから

スポーツショップで買ったほうがいいと思うけどね。

ガスバーナーはネットの方がずっと安いんだけど。

やっぱりガス缶の発送というのは制限があるからね。

 

ちなみにヤフオクで去年ジュニアガスを売った。

今は3本くらい手元に残しているけど

カセットガスとジュニアガスとかたくさん売却。

普通の配送手段ではガス缶は送れないので

佐川急便の飛脚便で送った。

佐川の飛脚便ならガス缶も送れる。

飛脚航空便は駄目で飛脚便のほうね。

 

という感じで今後もジュニアバーナー使っていきたいなあ。

トレッキングとかでカップラーメン食べるのに

ガスバーナーはあると便利だからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カップヌードルリフィル、賞味期限切れに注意

  • 2018.02.13 Tuesday
  • 21:46

日清食品のカップヌードルや

うどんや他のラーメンなどは

リフィルというパッケージが売られている。

ケースがなく中身だけどパッケージングしたもの。

日清 カップヌードル リフィル 72g×8個

日清 カップヌードル リフィル 72g×8個

こんな感じで売られている。

値段はあまり安くないけど

Amazonの定期オトク便になったことや

カップヌードル自体が結構高くなっているので

まあそれなりに買いやすく感じるようになった。

 

僕がそもそもリフィルに興味を持ったのは

以前上高地へ行った時に

カップヌードルを持っていったけど

他に荷物を詰め込み過ぎてカップヌードルが潰れていた。

カップにヒビというか穴が開いてしまってて

お湯を注ぐことができなかった。

それで同じような状況になった人はいるのかと

検索してたらこのリフィルというパッケージを知る。

 

リフィルの最大の難点はお湯を

どれくらい入れればいいか分からないこと。

水またはお湯の目安量330mlと書いてあるのだが

計量カップなんてもってないので分からない。

キャプテンスタッグ ステンレス ラーメンクッカー570ml リフィル用 M-5512

キャプテンスタッグ ステンレス

ラーメンクッカー570ml リフィル用 M-5512

そこでラーメンクッカーが役立つ。

リフィル用のメモリが内側にあるし

100ml単位のメモリもついている。

アウトドアにもっていこいってことでこれも購入したんだ。

 

ということで昨年から購入したリフィル。

しかし先日確認したら全て賞味期限が切れていた。

このリフィルは決して賞味期限が長いわけではない。

一般的なカップラーメンと同じ6ヶ月の賞味期限だ。

だから昨年春頃に買ったものはすべて賞味期限切れだった。

5つくらい買って2つ食べたけど3つ残っていた。

リフィルの形状から真空パックっぽいから

賞味期限が長いと勘違いしていたわけだ。

その点は気をつける必要がある。

もっとも賞味期限なので1年や2年くらい過ぎてても

多分問題なく食べられると思うけどね。

ただあまり長いのはまずいので今年前半には食べておきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MIZUNOのレインウェアと20%OFFセール

  • 2018.02.10 Saturday
  • 23:27

2月12日の23時59分まで

Amazonの衣料品で20%OFFセールが行われている。

そしてその中にはアウトドア用品も含まれる。

数はあまり多くはないんだけどその中でも安いのは

MIZUNOのレインウェアのベルグテックEX。

スポーツオーソリティなどのショップでは

定価に近い14000円くらいで売られているけど

Amazonではこの時期なら10480円で

さらに20%OFFとなっている。

(ミズノ)MIZUNO アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ [メンズ] A2JG4A01 25 ブルー L

(ミズノ)MIZUNO アウトドア

ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ

[メンズ] A2JG4A01 25 ブルー L

残り数日で在庫がかなり減りつつあるけど

色やサイズが合えばかなり安く買うことが出来る。

残念ながら僕が欲しいサイズと色はもうなかったけどね。

マーケットプレイスでの在庫はあるけど

これはセールの対象外となっている。

 

アウトドア用のレインウェアはあまり値下げされない。

モンベルやTHE NORTH FACEなんかは特に。

MIZUNOはスポーツショップではせいぜい10%くらいだけど

Amazonだとオフシーズンは安く売られている。

元々の価格がゴアテックスレインウェアの半額くらいで

さらにそこから値引きされるのでお買い得と言える。

今僕はダイエット中だけど

これがある程度進んだらMIZUNOのレインウェアを買おうと思ってる。

雨の日のウォーキングウェアとして利用したいから。

8000円台で買えれば理想だけど

とりあえず買うのは1年後くらいになりそうかなと。

来年もまたこの時期にセールしてくれるといいけど。

 

登山やトレッキングではレインウェアは欠かせない。

そしてレインウェアの質は快適さに大いに関わってくる。

安い低品質のレインウェアは蒸れやすくて体力を奪われる。

透湿性能はとても需要でこれが高くないと

すぐに蒸れてしまう。

ゴアテックスはその点最強だけど

ベルグテックEXもゴアテックスに匹敵する性能がある。

MIZUNOは富士登山で一番使われてるレインウェアだと宣伝してるが

安くて高性能なので人気なのも伺える。

ただ上高地ではモンベルやノースフェイスのほうが人気なのは

より山岳ブランドが好まれるからじゃないかと思う。

あと富士山はテント泊がないけど上高地ベースではテント泊があり

より高性能が求められることもありそうだ。

 

ということでMIZUNOのレインウェアは来年買うとして

他にいいのはないかなとチェックしてるけど

モンベルのライトシェルパーカが安い。

(モンベル)mont-bell アウトドア ジャケット ライトシェルパーカ 1106561 [メンズ] 1106561 MIST ミスト L

(モンベル)mont-bell アウトドア ジャケット

ライトシェルパーカ 1106561

[メンズ] 1106561 MIST ミスト L

これもいいね。ただし既に持っているけど・・。

ハイシーズンの頃に8500円で買ったので

8060円の20%OFFで売っているのは若干腹立たしいがいいか。

http://amzn.to/2BLzGF5

こちらのURLで20%OFFのアウトドアウェアが見れるので

何か探してみてほしい。

ちなみに僕はアウトドア用のズボンを購入済み。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルインコの特小無線機

  • 2018.02.08 Thursday
  • 20:07

先日ウォーキングをしていたら

工事の人が特小無線機を利用してた。

結構離れている中を無線でやり取りをしてたが

その時に使ってる無線機がアルインコのものだった

アルインコって特小無線機を出してたのか。

 

アルインコは国内の無線メーカー。

スタンダード、JVCKENWOOD、アイコムに次ぐ

4番目の無線機メーカーで

どちらかというと廉価モデルを多く発売しており

それ故に安物というイメージが先行するけど

品質は問題なくコストパフォーマンスの高い製品で人気がある。

そんなアルインコの特小無線機は

1台5000円ちょっとで購入できる。

ALINCO(アルインコ) 特定小電力トランシーバー DJ-CH1

ALINCO(アルインコ) 特定小電力トランシーバー DJ-CH1

国内の他メーカーに比べると3000円から4000円ほど安い。

2台でも1万円そこそこで買いやすい価格で。

このモデル20chモデルなので使い勝手も良い。

 

特小無線機はもっと安い2台で5000円から6000円くらいのモデルもある。

ただそれらは国内の無線機メーカーの製品ではないので

品質面で若干というか結構劣る。

特小無線機は規格が定められているため

すべての無線機の電波の飛びや受信感度は同じだけど

それでもメーカーによる差はある。

安い製品は感度が弱くそしてノイズが多い。

一方で国内の無線メーカーの製品は高品質だ。

アルインコのは高品質ながら低価格が売りと。

工事業者が利用するわけだと。

 

このアルインコのモデルにも弱点はある。

中継に対応してないことと防水防塵ではないこと。

もしそれが機能が必要なら2500円ほど高い

ICOMのモデルを買えばいいだろう。

アイコム 特定小電力トランシーバー 47ch中継タイプ ブラック  IC-4300

アイコム 特定小電力トランシーバー

47ch中継タイプ ブラック IC-4300

IP55相当の防水防塵に対応し無線中継にも対応する。

ちなみに47chは中継27chを含めてなので

無線交信可能なのは20chで同じだ。

まあアルインコので十分だよなあ。

 

何に使うのかと言われるとはっきりしないけど

グループでの登山やツーリングなどには役立つし

ほしいなあと思う今日このごろ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オプティマス123R

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 22:06

僕が学生の頃ガスストーブといえばEPI。

EPI主義者がやたら多くて気づけば

EPIのガスストーブとガス缶を利用して

それが当たり前だと思っていた。

ガソリンストーブの存在はほとんど知らなかった。

後にガソリンストーブに出会うも

MSRという製品ばかりでオプティマス123Rは

わりと最近(といっても10年前くらい)まで知らなかった。

 

オプティマス123Rは定番とされるガソリンストーブ。

OPTIMUS(オプティマス) ガソリンストーブ 123R スベア 1104

OPTIMUS(オプティマス) ガソリンストーブ

123R スベア 1104

これに出会ったのはどこだったかな。

御在所か上高地か乗鞍か。

どっかのベンチでお湯を沸かしててそれでこれを使ってた。

そのちょっと前にアウトドア雑誌で

いまガソリンストーブが再びブームみたいなのを見て

あれがガソリンストーブなのかと思ったのを覚えている。

当時はコールマンがまだガソリンストーブや

ガソリンランタンを結構発売してた頃だったから

登山道具というよりもキャンプ道具という印象で見てた。

 

ガソリンストーブは

実際登山で使う人はそれほど多くはない

雪山登山などする人はいるかもしれないが

今はほとんど山ではガスが多い。

ガソリンを使うのはツーリングする人が多い印象だ。

それもバイクツーリング。

保証外になるが赤ガスと呼ばれる

普通のガソリンを使ったりしてる人もいるようだ。

だからこそ山ではあまり見かけないのかもしれない。

あとガソリンストーブはこぼしたりしたら

強烈なニオイがするしそれが残るってこともあるのかも。

テント内がガソリンの匂いしてたら最悪だからね。

 

それでも今もガソリンストーブを好んで使う人はいるという。

利便性では圧倒的にガスストーブのほうが上だと思うが

昔ながらの手間をかけて使うことで愛着が生まれて

よりアウトドアをしているという実感が湧くのだろう。

そういうのは良いのかもしれないがやっぱり僕はガス派だが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタル簡易無線

  • 2018.02.04 Sunday
  • 22:19

先日ふとデジタル簡易無線機が無性に欲しくなった。

ウォーキングしてたらふと利用している状況を

脳内で妄想というかシミュレーションしてしまったためだ。

実際に使うわけではないけど使ってる状況を想像してたら

ほしいなああと思いこんでしまった。こういうのはよくあること。

ただ実際に使うかは分からないけどね。

 

現実的にデジタル簡易無線を使ってる人を見たことはない。

持ってないからどれほど利用者がいるのか分からない。

そもそもアマチュア無線のような不特定多数向けの交信が

どれほど行われているのかも分からない。

ただ漠然と新しい無線規格への興味かもしれない。

デジタル簡易無線は免許なしに使える無線。

ただし登録は必要になるので登録局と言われる。

パーソナル無線に代わる新たなCB無線の1つ。

 

ハンディ無線機は大手無線メーカーから発売されており

5Wモデルと1Wモデルがある。

ちなみにデジタル簡易無線は最大5W。

技適を取得したアンテナへの交換は可能。

特定小電力無線機より出力が最大で500倍で

なおかつアンテナ交換が可能なので飛びは段違い。

30chしかないので混雑の懸念はあるけど

趣味としての無線が低迷してる今は

業務用以外ではあまり利用されてないようだ。

 

個人で利用するなら登山とかツーリングとか

あるいは今だとスキーとかで使ってる人がいるかもしれない。

ただスマートフォンがあるから用途は限られるか。

もし買うとして5Wを買うか1Wかも悩みどころ。

アイコム デジタル簡易無線(登録局)5Wタイプ IC-DPR6

アイコム デジタル簡易無線(登録局)5Wタイプ IC-DPR6

出力5Wだとアイコムのが3万円ほどで買える。

以前は5万円くらいだったのでかなり安くなったものだ。

1Wモデルだと2万円そこそこといったところなので

5Wのほうがお得のように感じるけど

無線機の重さやサイズが大きく携帯性はダントツで1Wのほうが上。

さらに1Wと5Wでも出力は5倍だが5倍飛ぶわけではなく

1Wで届かないところの大半は5Wでも届かないし

5Wで届く場所の大半は1Wでも届くのでその差はあまりないと思う。

 

1Wでも一部のモデルは上空チャンネルにも対応している。

VXD1S スタンダード 携帯型デジタルトランシーバー(簡易無線登録局)

VXD1S スタンダード 

携帯型デジタルトランシーバー(簡易無線登録局)

このVXD1Sは5chの上空chに対応。

パラグライダーなどを行う人はこのモデルで連絡をとりあうことが可能。

もっとも僕はそうしたパラグライダー等は行わないので

上空chに対応してるモデルである必要はないけどね。

VXD1は上空chに対応してないが2000円ちょっと安く買える。

今安いのはスタンダードの1W機になるのかな。

 

買うかは使うかどうかだけど

無線機というのは交信相手がいないと意味がない。

自分1人無線機を持っても誰と交信するのかと。

アマチュア無線のようにCQなどを使って

不特定多数の人と交流目的で交信するのもありかと。

あるいは知り合いなどが使ってれば交信するのもあり。

会社の同僚が持ってるけど住んでるところが遠いので

自宅同士で交信しないしそもそもスマホがあるから必要ないという。

結局連絡手段としてはスマホがあるから

無線機を買っても使い道がないのが難点かなと。

スマホが使えない状況ならありで

それがツーリングだったり携帯圏外の登山などだったりする。

 

もう少し安くなれば

2台買っていろいろ使い道は生まれるのだが

現状2台を買うと4万円するわけでなかなか厳しいかな。

ということでしばらくは使い道を模索してみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

安定化電源

  • 2018.02.03 Saturday
  • 21:23

片付けをしていたら

昔買った安定化電源が出てきた。

安定化電源は昔アマチュア無線で利用していた。

ダイヤモンド GSS500 5Aトランス型安定化電源

ダイヤモンド GSS500 5Aトランス型安定化電源

家庭用のAC電源をDC電源に変換する装置で

無線機を自宅で利用する際の電源として利用していた。

僕は当時430MHzのハンディ機しか持ってなかったけど

バッテリーでは3Wまでしか出力出来ず

DC電源で5W出力に対応していたんだっけ。

DC電源は車のシガーソケットからも得られるけど

自宅で利用する場合そのケーブル等が使える

安定化電源は重宝したものだ。

 

昔はCQとか無線雑誌を見ると

安定化電源の電子工作セットみたいなのが

多く売られていたのを覚えている。

僕はそういうのではなく完成品を買ったけど

工作キットなどを見たら意外と単純でスカスカな構造なんだなと

思ったのを覚えている。

放熱板がしっかりしたのがついてたけど

それなりに発熱するので要注意かと。

 

今はすっかり無線を利用しなくなってしまったけど

いつかはアンテナを立てたいと思っていて

そうしたらまた安定化電源を再利用するか

あるいは新しく購入して利用したい。

無線機のDCケーブルがないので買わないとなあ。

見つけた安定化電源って使えるんだろうか。

多分買ったの1993年くらいだと思うけど・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>


recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

recommend

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue)
HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue) (JUGEMレビュー »)

Huaweiの最新SIMフリースマートフォン。18:9液晶で狭額縁を実現。そしてWレンズカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM