山と無線機

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 20:03

昔は登山装備に無線機というのはよくあるものだった。

しかしスマートフォンが普及して廃れつつある。

ただ今も無線機を持っていく人は少なくない・・と思う。

僕も持っていくことは持っていくが使うことがあまりない。

 

無線機にもいろんな種類がある。

僕自身学生時代によく使っていたのは特定小電力無線機だ。

BLUE CENTURY ブルーセンチュリー 特定小電力トランシーバー BC-20 2台セット&イヤホンマイク/ベルトクリップ付属【1年保証あり】

BLUE CENTURY ブルーセンチュリー 特定小電力トランシーバー

BC-20 2台セット&イヤホンマイク/ベルトクリップ付属【1年保証あり】

特小無線機は出力が10ミリワットしかなくあまり飛ばない無線機。

主にパーティ(グループ)間の連絡手段として利用しており

先頭のサブリーダーと最後尾のリーダーが連絡用でもって利用するものだった。

具体的にはリーダーがペースが速いから遅くしてとかその逆とか。

またそろそろ休憩を入れようとか後ろから速いグループが抜いていくからよけてとか

とにかく先頭と最後尾の連絡はとても便利でこれは今も役立つことだろう。

ただ僕は基本的にソロだったり家族での登山で

無線機が必要なほどのグループで登らないので使わない。

 

使うとしたらアマチュア無線。

アマチュア無線でもいろんな周波数帯があるけど

山で使われるのは144Mhzか430Mhzだろうか。

スタンダード FT-60 (STANDARD)144/430MHz FM 帯 デュアルバンドトランシーバー

スタンダード FT-60 (STANDARD)

144/430MHz FM 帯 デュアルバンドトランシーバー

僕は430Mhz帯をメインで使っている。

メインは呼び出し周波数でここで

ここから各チャンネルへと移動していく。

無線利用者が減ったといえたいていメインは誰か聞いているもので

遭難したときとか救助を呼びかけるのもメインになる。

持っていることで自分に何かあった時に役立つし

誰かが呼び掛けてそれに応じることもできる。

ただ普段僕はカバンに入れてしまって受信待機にしてないので

肩口に取り付けて

八重洲無線 スピーカーマイクロホン MH-34B4B

八重洲無線 スピーカーマイクロホン MH-34B4B

スピーカーマイクをつないで利用できるようにすると

便利かなと思ってちょっと検討をしている。

あとデジタル簡易無線もそこそこ飛ぶハンディ無線で人気らしいが

どれくらい更新が行われているかなどはよく分からないな。

 

アマチュア無線の場合は

特定の誰かと交信するつもりがなくても

持っていることには意義がある。

今はスマートフォンや携帯電話で連絡が取れるとはいえ

圏外も少なくはない現状で

圏外でも無線機は使うことができる。

もっとも圏外になる場所は山の谷間が多くて

そういった場所では遠距離交信は出来ない。

他の登山者がメインで受信状態で尾根を歩いてれば

谷間で救助を呼びかけた人に応対できるわけで

ワッチ状態にしていることも相互助け合いという感じで意味があると。

 

自分が山登りする場合は

その山のどこで携帯電話がつながらない恐れがあるのか

そのあたりはあらかじめ把握しておく必要があり

もしそのエリアが広いなら無線機を持っていくことも検討すべき。

アマチュア無線は免許証と免許状が必要になる。

かといって免許不要な特小ではあまり意味がないので

持つならデジタル簡易無線なのかなあ。

アイコム デジタル簡易無線(登録局)5Wタイプ IC-DPR6

アイコム デジタル簡易無線(登録局)5Wタイプ IC-DPR6

デジタル簡易無線も出力や飛ぶ距離などは

アマチュア無線の144Mhzや430Mhz帯と大差ないと思うけど

救助要請などで使えるのかな。

一応呼び出しチャンネルはあるみたいだけど

常時ワッチしてる人がどれほどいるものか。

 

アマチュア無線ならこれまでも

何度も救助に使われた実績もあるから

やっぱりそっちのほうが安心ではないかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

登山とマッチ・ライター

  • 2018.06.18 Monday
  • 20:59

僕はタバコを吸わない。

それ故にライターも普段持つことはない。

日常的にライターなんて持ち歩く必要はないけど

アウトドア環境の登山などではどうだろう。

PRIMUS(プリムス) 115フェムストーブ スエーデンカラーバージョン【ガス機器適合性検査済日本正規品】 P115F

PRIMUS(プリムス) 115フェムストーブ

スエーデンカラーバージョン

【ガス機器適合性検査済日本正規品】 P115F

お湯を沸かすためにガスストーブは持っている。

これは圧電着火装置により点火するけど

不具合や故障などでつかない場合もあるかも。

その時にライターがないと点灯させられないかもしれない。

そうすると食事がとれずピンチになるかも。

 

それだけじゃなく火を作れるライターを持っていくことは

いざというときにたき火をして暖をとったり

煙で助けを呼ぶということもできる。

火は簡単には起こすことができないわけで

そうした機器を持っていくことは大切ではないかと。

そんなライターだけど

ターボライターを利用している。

新富士 ポケトーチ(スケルトン) PT14FFSKCR

新富士 ポケトーチ(スケルトン) PT14FFSKCR

こうしたポケトーチを以前持っていたけど

ガスがなくなってしまったので

今は別のを使っている

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1]

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1]

ガストーチで普段は持ち歩くことはないけど

山へ行くときなどは持っていく。ただ使わないけどね。

あとお墓参りの時も持っていくことが多い。

ろくそくや線香に火をつけるためにね。

普段持ち歩かないからしまっていて忘れてしまうこともあるけど。

 

ライターではなくマッチもありだけど

どうなんだろうか。防水マッチとかアウトドア用に出ていたりする。

ユーシーオー サバイバルマッチ 24160

ユーシーオー サバイバルマッチ 24160

ただ僕はあまりマッチを使わないので

ライターのほうが安心できるかなとか思ったりする。

非常用装備として防水でもない安価なマッチを入れておくならありだと思うが

あまり気合を入れても普通に使うならライターのほうが便利だからな。

超低温とかでライターだとつかないリスクはあるんだろうが

そもそも冬山とか登らないから大丈夫かなと。

 

燃料補給などはチェックして行っておかねば。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルグテックEXストームセイバーとサンダーパスジャケット

  • 2018.06.17 Sunday
  • 20:05

ここ数年毎年のようにレインウェアを買ってる気がする。

ウォーキングでも使うということもあるけど

ついつい着比べてみたいという気持ちも出てくる。

以前どっちが高性能なんだろうと思った組み合わせが

モンベルのサンダーパスジャケット&パンツと

MIZUNOのベルグテックEXストームセイバーV。

ちょうど今僕はこの両方のレインウェアがある。

 

元々最初に買ったのは

ストームクルーザージャケットの下に合わせる形で

サンダーパスパンツを買った。

(モンベル)mont-bell サンダーパス パンツ Men's 1128574

(モンベル)mont-bell サンダーパス パンツ Men's 1128574

レインウェアは上着のほうが重要で透湿性が大事になる。

下はそれほどでもなくまた泥など汚れることが多いので

ストームクルーザーではなくサンダーパスパンツを買ったんだ。

ただその後ストームクルーザーパンツも買って

結局サンダーパスパンツは余ってしまった。

余らせたままでは持ったないとウォーキングで使うために

サンダーパスジャケットを購入。

(モンベル)mont-bell サンダーパス ジャケット Men's 1128344 RB/PR ロイヤルブルー/プライマリーブルー XL

(モンベル)mont-bell サンダーパス ジャケット Men's

1128344 RB/PR ロイヤルブルー/プライマリーブルー XL

これでストームクルーザー上下とともに

サンダーパスの上下もそろったことになる。

ストームクルーザー上下をウォーキングで使うのはもったいないので

サンダーパス上下をウォーキングで使おうと思ったわけだ。

 

そして今年。ダイエットが成功して

レインウェアもサイズダウンすることになり新しいレインウェアを探す。

そんな時に今年新モデルが発売して型落ちとなった

ベルグテックEXストームセイバーVが安くなっていたので購入。

(ミズノ) MIZUNO アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ [メンズ] A2JG4A01 25 ブルー XL

(ミズノ) MIZUNO アウトドア ベルグテックEXストームセイバーV

レインスーツ [メンズ] A2JG4A01 25 ブルー XL

ちなみに最新モデルは今年1月くらいに発売された

ストームセイバーVIになるわけだが

デザインが変わった程度で防水透湿素材は変わってないようで

それ故に旧モデルでも問題ないだろう。

ということで使って試しているところ。

 

どちらが高性能なのかは気になるところだが

はっきり言ってどちらも驚くほど高性能だ。

ふと気になってストームクルーザー上下も出してみたけど

ウォーキングや自転車で使う限りは

ストームクルーザー含めてその防水透湿性能の違いが分からない。

どちらもゴアテックスに匹敵する性能を持つといえる。

着心地の違いはサイズの違いなのでこの点は何とも言えない。

最後に買ったストームセイバーVが一番フィットする感じがあるのは

今の自分の体形にあっているからだろう。

かといって大きめのサンダーパスでも全く問題はなく

雨が入り込んだりすることはなかった。

ゴアテックス最強・・だと思っていたけど登山でなければ

ゴアテックスである必要性は全くないんじゃなかろうか。

 

ちなみにホームセンターやワークマンなどで売られている

防水透湿素材仕様のレインウェアがありそれも持っている。

これと比べると差は感じられる。

ウォーキングだとそれほど大差はないんだけど

湿気がたまる感覚があり透湿性能が追い付いてないかなと。

ただ天気次第ではその差はほとんどなくなり

例えば雨でも冷たい雨の日だと5000円から7000円くらいの

作業着店などのレインウェアでもウォーキングや自転車では使える。

ただ夏場の雨など湿気があり気温も高い場合だと蒸れそうだ。

この点でいえば梅雨明け後に試す必要がありそうだ。

 

モンベルのサンダーパスと

ミズノのストームセイバーとどっちがいいかと問われると

これは難しい。安いほうでいいじゃねとしか言えないのだが

ただあえて言えばモンベルは上下別売、ミズノは上下セット。

それ故に利用頻度が高いのなら上や下だけ買い換えられるモンベルで

年10回程度しか使わないのならミズノのほうが良いのかなと。

そして値段を見る限り現状Amazonでは15%クーポンを使ったりすれば

圧倒的にMIZUNOのほうが安いのでそっちのほうがおすすめかと思う。

やはり安いのは重要だから。性能はほぼ同じとみてよいかと。

差を見つけるにはそれなりに過酷な環境に持ち込まないと分からない。

 

ということで

僕のおすすめは

ストームセイバーV>サンダーパス>ストームセイバーVIかな。

新モデルは価格が高いから・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドアでご飯

  • 2018.06.16 Saturday
  • 19:25

アウトドアでご飯を作るというと

昔から定番なのは飯盒炊さんだ。

小学生の頃に野外実習かで初めて飯盒炊さんをした。

当然カレーを作ってカレーライスを食べたっけ。

ただご飯はあまりうまく作れなかった記憶がある。

キャプテンスタッグ バーベキュー BBQ用 炊飯器 林間兵式ハンゴー 4合炊きM-5545

キャプテンスタッグ バーベキュー BBQ用

炊飯器 林間兵式ハンゴー 4合炊きM-5545

ハンゴーは小学生と中学生のキャンプでは利用したけど

その後の人生で利用した記憶がない。

登山を大学生になって始めたけど

そもそも登山で飯盒炊さんをしてる人を見たことがない。

大学のサークルの合宿で泊まったバンガローは

電気があったから炊飯器を持っていって作ったからな。

それ故に今飯盒炊さん白と言われても出来ない。

 

登山でご飯を食べるという場合

ハンゴーを使う人はいないだろう。

荷物になるし時間もかかる。ただしキャンプならあり。

ハンゴーではなくユニフレームのライスクッカーなど有名だ。

ユニフレーム(UNIFLAME) fanライスクッカーDX 660089

ユニフレーム(UNIFLAME) fanライスクッカーDX 660089

これならハンゴーよりも簡単に美味しくご飯が作れる。

以前それにあこがれて購入したけど

1度も使うことなく売ってしまった。

予想以上にご飯を炊くのは時間がかかって面倒。

キャンプでも時間が有り余っている時などは良いのかな。

実際そんなキャンプをしたことはないけど。

 

僕が山へ行って食べるのは基本アルファ米。

尾西食品 アルファ米12種類全部セット(非常食 5年保存 各味1食×12種類)

尾西食品 アルファ米12種類全部セット

(非常食 5年保存 各味1食×12種類)

アルファ米は防災用の備蓄用などでも使われる。

基本水があれば作れる。

お湯ならより美味しく作ることが出来る。

ガスバーナーでお湯を沸かして入れてそれで出来上がり。

簡単で美味しくご飯が出来るので登山などでは

よく使われている。

これにレトルト食品を合わせるのも定番だ。

ただ僕は味ご飯が好きなのでレトルトは使わないけど。

レトルトといえばサトウのごはんも人気がある。

サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ 200g×20個

サトウのごはん

新潟県産コシヒカリ 200g×20個

ちょっと時間をかけてお湯で暖める必要があるけど

アルファ米とは比較にならないほど美味しいごはんが出来上がる。

最近はより食に拘る人がふえたのかこうしたサトウのごはんを

登山などで持っていく人が増えているようだ。

僕もいずれ検討したい。

 

日帰り旅での昼食の場合

今年僕はカップヌードルの

ぶっこみ飯を持っていく予定だ。

日清食品 カップヌードルぶっこみ飯 90g×6個

日清食品

カップヌードルぶっこみ飯 90g×6個

これはご飯というよりも雑炊みたいなもの。

カップヌードルの汁にご飯を混ぜたもののような感じか。

お湯を入れて5分で簡単にできて美味しく食べられる。

登山では手軽かつスピーディが重要。

夜テント泊するなら時間はあるけど

日帰りなら昼食にあまり時間をかけていられないからね。

今年はこの系統を持って行く予定だ。

 

そうそう基本的にどれもガスストーブが必要で

お湯を沸かして作るものばかりだけど

それすらなくても作れる製品もある。

戦闘糧食II型 あつあつ防災ミリメシセット(1人3食分)1個

戦闘糧食II型 あつあつ防災

ミリメシセット(1人3食分)1個

防災食とあるけど自衛隊などのレンジャー部隊などが食べるもので

ちょっとした水があれば加熱剤が入っていて

温かい調理されたご飯を食べることが出来るようだ。

高いからそうそう買えないけど

本当に過酷な環境ならこれもありなのかな。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

山の食事はぶっこみ飯

  • 2018.06.13 Wednesday
  • 19:33

山での食事をどうするか以前から考えていた。

カップラーメンリフィルをここ数年進めてきたけど

ラーメンは汁がかなり出てしまう。

飲み干せない場合それはゴミになりかねない。

それ故に汁が出ない食べ物に変更しようと考えていた。

それでいろいろ食べ比べて

日清カップヌードルのぶっこみ飯にすることにした。

日清食品 カップヌードルぶっこみ飯 90g

日清食品 カップヌードルぶっこみ飯 90g

家で作って食べたけどうまい。

お湯を入れて作るけど汁はほとんど出ない雑炊タイプなので大丈夫。

カップヌードルから麺を取り除いてご飯を入れて

雑炊にした食べ物だけどこれがうまい。

食べたあとの満足度も高く山の食事として最適かと。

 

同じぶっこみ飯でも

チキンラーメン味もある。

これは実はまだ1度も食べたことないけど

うまいに決まっている。

チキンラーメン ぶっこみ飯 77g

チキンラーメン ぶっこみ飯 77g

カップヌードル味のぶっこみ飯と比べるとと

やや量が少なく77gのようだ。ただご飯だけでなく

ラーメンも少し含まれるようで若干の違いがある。

カロリーもぶっこみ飯カップヌードル味が348kCalで

チキンラーメンぶっこみ飯が315kCalとやや少ない感じか。

 

先日2個ずつ合計4個を買ってきたので

今後山へ行く時など持っていきたい。

なお5月末に買って賞味期限は10月中旬だった。

体調に買い込んでも食べきれないだろうから

食べる分に合わせて購入するのが良いかと思う。

まあチキンラーメンぶっこみ飯なら

インスタント麺とご飯を持っていっても

多分もう少し安く同じようなものは食べられるが

そうそう高頻度に食べるわけではないので

1食250円以下と考えればありかなあ。

食事としてはこれで十分なのかな。

カロリーはいいけど栄養バランスのためになにかあったほうがいいかなと。

 

さてこれ以外には

お湯を沸かすためにガスストーブとガスが必要。

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

さらにお湯を沸かすためのコッヘルも必要。

まあ調理をするわけではないのでケトルやシェラカップで十分。

コールマン パッカアウェイケトル/0.6L 2000010532

コールマン パッカアウェイケトル/0.6L 2000010532

さらに食べるために箸やスプーン、フォークが必要になる。

ぶっこみ飯に関してはスプーンが適当かと思う。

スノーピーク(snow peak) チタン 先割れスプーン SCT-004

スノーピーク(snow peak)

チタン 先割れスプーン SCT-004

スノーピークの先割れスプーンなど便利だろう。

これらを1つでも忘れるとぶっこみ飯持っていっても

作れないか食べられないので気をつけたい。

 

ということで今年低山ハイクなどに行く時などに

ぶっこみ飯を持っていきたい。

山での食事もまた楽しみであり

続けるためのモチベーションに繋がるかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

山と遭難

  • 2018.06.11 Monday
  • 20:44

今年から本格的に登山を再開する上で

少し怖いのは遭難リスクだ。

学生時代などは遭難なんて考えたことがなかった

そもそも1人で山登りをしたことがなく

たいていグループでの登山だったため。

でも今は基本的に単独行になるかと思う。

ドキュメント 単独行遭難 (ドキュメント遭難シリーズ)

ドキュメント 単独行遭難 (ドキュメント遭難シリーズ)

単独の山登りは遭難のリスクが高くなる。

それは北アルプスだけでなくそこら辺の低山でも同じ。

知った身近な山でも遭難して帰らぬ人となってしまうケースもある。

捜索などで家族に迷惑をかける可能性もあるわけで

その辺りしっかりと気をつける必要があるかなと。

 

僕はこれまで遭難はしたことはないけど

道に迷ったことならあるかな。

記憶にあるのは立山の大汝から真砂を目指してた時。

夜中に出発してまだ外は暗かった。

多分そこで道に迷って間違えてしまったのだと思う。

とんでもない登山コースとは思えない崖をはいつくばりながら

歩いた記憶がある。同行者と間違えたなあといいつつ

なんとか元の道に戻ることが出来たけど下手したら滑落してたかも。

大学のサークルで鈴鹿の山に登っていた時も

1度道がわからなくなったことがある。

それぞれチェックして確認したりして

それでコースを発見したけど藪が多い場所で道がはっきりせず

わかりにくかったんだなあ。

道に迷うということは遭難の危険性が高い。

ドキュメント 道迷い遭難 (ヤマケイ文庫)

ドキュメント 道迷い遭難 (ヤマケイ文庫)

今や遭難の理由の1位が道迷いだという。

しかも低山でこそ多く発生しているようだ。

3000m級の山だと気をつけるけど低山だと油断するのか。

あるいは藪や木々が多いから迷いやすいのか。

道迷いのときにやってはいけないのは沢へ降りること。

沢をたどれば川に出て人里に戻れると思いがちだけど

滝や谷など侵入困難な場所に阻まれて行き詰まる。

ベストは尾根に戻ることらしいが焦った時にそう判断できるのだろうか。

 

遭難に備えて持っておくべきものは

やはり地図だろう。

身近な場所でも地図は欠かせない。

そして地図とセットでコンパスも。

スント(SUUNTO) コンパス A-10NH [日本正規品 メーカー保証] SS021237000

スント(SUUNTO) コンパス A-10NH

[日本正規品 メーカー保証] SS021237000

方位を知るということはとても重要だ。

もちろんGPS搭載のスマホや地図アプリも便利だが

バッテリー切れたらスマホは使えないことは把握しておきべき。

スマホもうまく使えば山ではとても役立って遭難防止に使える。

何より現在位置が地図上に表示されるんだからね。

ただ地図やコンパスも使えるようにしておくべき。

 

あともし遭難してしまった時のため

必ずヘッドライトは持っていく。

それは日帰り山歩きでも当然の必須装備だ。

GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト 【2017年モデル/明るさ95ルーメン/実用点灯7.5時間/防滴】 CP-095D ANSI規格準拠

GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト

【2017年モデル/明るさ95ルーメン/実用点灯7.5時間/防滴】

CP-095D ANSI規格準拠

もし何かトラブルがあり山で夜を迎えることになった時

山の暗さに絶望することだろう。

身動き出来ない圧倒的な闇に包まれて

夜を山で過ごすことになってしまう。

あと僕はアマチュア無線を持ってるのでそれもあったほうがいいか。

昔は山での救助といえばアマチュア無線だったけど今は携帯スマホがある。

たとえ自分が使わなくても他の誰かが遭難して

アマチュア無線で助けを求めるかもしれないので

持っている人が多いに越したことはない。

 

今後鈴鹿の山とか登ったときに

遭難しないかちょっと不安感があるなあ。

行くなら登山者が多い土日のいい天気の日とかにしておこうかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

20年前のレインウェアは使えるのか

  • 2018.06.10 Sunday
  • 21:49

クローゼットの奥から

学生時代に使っていたレインウェアが出てきた。

ずっとTHE NORTH FACEのだと思っていたけど

最近よくよくチェックしたらHERITAGEというメーカー製だった。

GORE-TEXは間違いないけど違ったんだなあ。

太って着られなくなり放置していたけど

最近のダイエット効果もあり一応着ることが出来た。

お尻周りが少しきつめだったからもう少し。

 

せっかくのゴアテックスレインウェアだし

今も防水透湿性は生きてて使えるのか気になるところ。

調べたらゴアテックス自体は経年劣化はほとんどないようだ。

つまり防水透湿性も今もおそらく生きていて使える。

ただしシームテープが劣化して剥がれたりするようだ。

生地ではなくそれを接着する部分が劣化してしまうと。

補修をすればうまく使えるようだ。

ただ見た限り全然劣化してるように思えないんだけどな。

もう20年近く前のものなのにな。

剥がれてきてるシームテープは全く無い。これは優秀なのか。

 

もう1つ問題は撥水性。

ウェアの表面の撥水機構は劣化して衰えてしまう。

撥水剤などを利用してアイロンをかけたりすることで

撥水効果は蘇らせたりすることができるようだ。

NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN EBE251 【撥水剤】

NIKWAX(ニクワックス)

TX.ダイレクトWASH-IN EBE251 【撥水剤】

撥水剤としてはニクワックスなどが使われていると。

匂いがかなりきついけど乾かせばとれるので問題ない。

撥水が失われてしまうと

レインウェアの表面に水がついてしまう。

そうなると透湿効果が失われてしまうわけだ。

撥水性の確保は透湿性能と綿密に関係している。

ゴアテックスを選ぶのは高い透湿性能のためだと思うが

 

とはいえ20年前のレインウェアは

やはり20年前の品質と言えるかもしれない。

20年の月日はレインウェアを進化させている。

もちろん20年前でもゴアテックスの性能は素晴らしいが

今はゴアテックスでなくても高い透湿性能を持つし

逆に今のゴアテックスはずっと軽くて使いやすい。

レインウェアは昔もそうだったけど

着ることはあまりない。

故に普段は軽量コンパクトにザックに収納できるのがベスト。

それを考えると例えば

モンバルのトレントフライヤーはかなり良い。

(モンベル)mont-bell トレントフライヤー ジャケット Men's 1128541 CEBL セルリアンブルー XL

(モンベル)mont-bell トレントフライヤー ジャケット

Men's 1128541 CEBL セルリアンブルー XL

トップクラスの防水透湿性能を持ちながら非常に軽い。

20年前よりもずっと高性能な防水透湿性能を持つ。

mont-bell モンベル トレントフライヤー レインパンツ Men's  BK XL 1128561

mont-bell モンベル トレントフライヤー

レインパンツ Men's BK XL 1128561

価格に関しては昔と変わらず安くはないが

どうせ使うならこうした製品を買ったほうが

幸せになれるのではなかろうか。

 

そもそも20年の月日は

レインウェアよりそれを着る人間を劣化させた。

要するに体力が落ちた。

それ故に少しでも軽く高性能なものを着ることで

体力の衰えをカバーすることができると。

無理に昔のレインウェアを着ることは

確かにものを大切にするという点で必要だけど

自分自身の劣化を鑑みれば最新のウェアが買ったほうが良いかなと。

 

・・・ただタイトルに有る使えるのかという疑問に関しては

メンテさえすれば十分に使えると言える。

こないだ雨の日にあえて着てみたけど撥水性の問題以外は

特に問題ない感じだったなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ティフォン50000

  • 2018.06.09 Saturday
  • 21:05

去年発売されて話題になった

ミレーのレインウェア&アウターのティフォン50000。

[ミレー]TYPHON 50000 ST JKT メンズ BUTTERCUP EU L (日本サイズXL相当)

[ミレー]TYPHON 50000 ST JKT メンズ

BUTTERCUP EU L (日本サイズXL相当)

かなり気になっていて

ダイエットが完了した後で購入するレインウェアの候補。

価格は安くないけど防水透湿性能など非常に優れており

その価格の価値は十分にありそうだ。

 

特徴はしなやかな着心地と

非常に高い透湿性能。

ティフォン50000の名前の由来になった

50000というのは50000g/m2/24hという透湿性能によるもの。

そしてそれだけの高いスペックを持つレインウェアでありながら

普段着が出来るくらいの肌触りが特徴的。

街着でも使えるっていうんだから結構凄いかと。

ただ街中では着ないけどね。

 

上着に比べてパンツのほうはどうなのだろう。

レビューとか見ると上下で買うより上だけって人が

多いようであまり下のレビューがないんだな。

[ミレー]TYPHON 50000 ST PANT  メンズ SAPHIR EU L (日本サイズXL相当)

[ミレー]TYPHON 50000 ST PANT

メンズ SAPHIR EU L (日本サイズXL相当)

そこまでまだ考えていないけど

とりあえず上を買って下をどうするか

あとから考えるなどで行こうかと思っている。

実際に現物を見てから買いたいので

どっかでのアウトドアショップでチェックしたいところ。

 

色はネットで見る限りは

ベージュのが良さそうだなと。

[ミレー]TYPHON 50000 ST JKT  メンズ CAPPUCCINO EU M (日本サイズL相当)

[ミレー]TYPHON 50000 ST JKT メンズ CAPPUCCINO EU M (日本サイズL相当)

今はモンベルのサンダーパスジャケットや

ストームクルーザージャケットを持ってるけど

どちらもいかにもレインウェアって感じなので

普段着でも使えるというニット素材の肌触りってのを

確認してみたいところだ。

ただその前に

ダイエットを進めていかないとね。

最近若干停滞気味なので気合を入れ直して頑張ろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

山と特小無線

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 22:26

登山において特定小電力無線機は役立つか。

特小無線機は飛ばない。

山頂なら数キロ届くかもしれないけど

街中だと200mくらいしか届かない場合もある。

送信出力が10mWしかなくアンテナもそこそこの性能。

ただ20chしかないが混信が少ないのもその出力の弱さのおかげでもある。

山で役立つかといえば

グループ内交信には最適かと。

アイコム 特定小電力トランシーバー 47ch中継タイプ ブラック IC-4300

アイコム 特定小電力トランシーバー

47ch中継タイプ ブラック IC-4300

価格も8000円くらいと安価に買えるのも良い。

もっと安いのもあるけど買うなら大手メーカーのがおすすめ。

 

僕が学生時代に登山サークルに入っていた。

鈴鹿の山とかへよくでかけたけど

サークルの備品として特定小電力無線機があり利用してた。

僕はアマチュア無線も持ってたので無線機2台持ってたことに。

JVCケンウッド DEMITOS レッド UBZ-LP20RD

JVCケンウッド DEMITOS レッド UBZ-LP20RD

サークル無線機はKENWOODのデミトス。

当時はスキー場で大人気で少しおしゃれな無線機だった。

登山パーティは5人から15人くらいだろうか。

全員が持つわけではなく基本的にサブリーダーとリーダーが持つ。

サブリーダーは先頭でリーダーは最後尾。

先頭と最後尾で休憩のタイミングなど含めて連絡を取り合っていた。

無線機がなくても大声で呼べば聞こえる場合もあるが

無線機があれば300mくらい離れても連絡できて便利。

そんな感じで利用していたっけ。

 

 

ちなみにアマチュア無線は全く違う利用方法だった。

今では考えられないが当時は携帯電話がなかったので

何か合った時のための緊急連絡先&連絡係として留守番を1人置いていた。

ずっと家にいる必要はないが

集合時間に全員揃ったらその連絡係にTELするなど

定時連絡を入れたりしていたんだ。

アマチュア無線は可能ならば利用するという形で

登頂した時に留守番メンバーと交信をしていた。

僕はよく留守番にもなって11時が登頂時刻に設定されてたから

11時前には430MHz帯に合わせて鈴鹿からの連絡を待った。

当時マンションで西側が開けて鈴鹿との交信はばっちりだった。

 

特小無線機だけど多人数のグループでの登山ならば

今も利用価値はあると思うのだが

ソロパーティや2人、3人程度ならあまり意味がない。

複数の車で登山へ行く時に車同士の連絡用としては

ありかもしれないけどその程度かなと。

アマチュア無線のように不特定多数の人との交信などでは

使われないだろうしなかなか使いみちは見つけられないかと。

まあいざとなったら今はスマートフォンがあるから。

ただスマホよりは無線機のほうが手軽に使えると思うけどね。

 

そういえばZello PTT Walkie Talkieってアプリがあるが

Zello Walkie Talkie

Zello Walkie Talkie

これは携帯回線を利用してスマホを無線機のように使えるアプリ。

talkimate Alpha,Android iPhone iPad 対応 防水・大音量 業務用ハンディ型スピーカーマイク スマホ・タブレット用 Alpha

talkimate Alpha,Android iPhone iPad 対応 防水・大音量

業務用ハンディ型スピーカーマイク スマホ・タブレット用 Alpha

スマホにスピーカーマイクをつなげて使うと無線機のように使えたりする。

面白そうだけど特に交信相手がいないのが・・・。

 

結局無線機は交信相手次第なんだなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サハラキャップ

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 19:33

ウォーキング時に帽子は欠かせない。

土日などの昼間に歩く際にはないと熱中症になってしまうかも。

頭を守るという目的もあるけど

それだけでなく顔を日差しから守る役割もある。

ただキャップだと全部を守ることが出来るわけではなく

特に危険な首周りは守れない。

そこでこれからの時期は首周りも守ってくれる

サハラキャップを利用したい。

 

サハラキャップは去年か一昨年か

モンベルのショップで購入をした。

(モンベル) mont bell トレッキング サハラキャップ 1118285 M/L OYST

(モンベル) mont bell トレッキング

サハラキャップ 1118285 M/L OYST

使うのは日差しが厳しい時間帯に歩く時。

日中などはもちろんだけど早い時間帯の夕方でも必要。

首周りは弱く日焼けしやすいしダメージを受けやすい。

ちょっと前に首周りが超荒れたことがあったけど

あれも日焼けが原因だった。

今は日焼け止めを塗ってるけど汗をかくように限界がある。

 

ただサハラキャップにも弱点がある。

それは首周りの風通しが悪くなること。

それ故に夕方とかは普通のキャップを利用するし

また5月くらいまでは蒸し暑さもそれほどないので

風通し重視のために普通のキャップを使う。

ただ蒸し暑くなると風も全然快適でなくなり

日差しのダメージが気になるようになるので

風通しを犠牲にしても暑さから首を守る必要がある。

どのみち汗だくになり蒸れるのは仕方ない。

7月8月は風が吹いても涼しくないから日差しから守るのが優先。

 

あとは水分をしっかりとること。

首周りに冷却ベルトなんかもあれば便利か。

熱中対策 首もと氷ベルト 強冷却タイプ 1個

熱中対策 首もと氷ベルト 強冷却タイプ 1個

ただ暑い時はすぐ効果が消えてしまいそうだ。

むしろ温存しておいて休憩時に利用するとか

そっちのほうが良いかもしれない。

汗が出るってことは身体が冷却されつつあることだから

首周りを日差しから守り

ウォーキングを夏もしっかり行いたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

recommend

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue)
HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue) (JUGEMレビュー »)

Huaweiの最新SIMフリースマートフォン。18:9液晶で狭額縁を実現。そしてWレンズカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM