ビデオカメラよりOSMO

  • 2017.03.18 Saturday
  • 22:42

今後はビデオカメラではなく

3軸ジンバルを搭載したカメラを

動画撮影のメインで利用していきたいと考えている。

ハワイ旅行で撮影した動画を見ても

圧倒的にOSMO mobile+スマホで撮影した動画が

安定的で素晴らしいのでビデオカメラの出番はないなと。

望遠が使いたかったらデジカメ動画で対応出来るので

ビデオカメラは売ってしまおうと思っている。

その資金で3軸ジンバル+カメラを買おうと。

 

僕が今持っているのはDJI OSMO mobile。

これにスマートフォンをカメラとして利用している。

手軽に利用できるのは利点だが

画質はスマホ性能に依存するのでそれなりに高価なスマホでないと

高画質な動画が撮影出来ない。

またスマホ動画の画角は30mm程度なのであまり広角ではない。

バッテリーやメモリなどもスマホ次第で

特にバッテリーは1時間程度しか使えないのが難点だ。

動画撮影でスマホのバッテリーが0になると

それ以外のスマホ利用が不便になるので撮影用スマホが必要になり

高コストになってしまいがち。

 

理想はカメラ一体型の3軸ジンバル。

別途スマホが不要な液晶付きタイプがベストだ。

そんなカメラ付きジンバルはFEIYU TECHから

SUMMONという製品が出ている。

【国内正規品】 FEIYU SUMMON+ 4Kカメラ搭載型 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル カメラ 【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】 FEIYU SUMMON+ 4Kカメラ搭載型

3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル カメラ

【日本語説明書付き・国内保証1年】

この製品はSUMMON+。SUMMONの最新機種で

ジンバルの音が入る難点が改善されているらしい。

システムとしては理想的なこの製品。

価格も5万円程度で3軸ジンバル+カメラやスマホを

買うことを考えると割安と言える。

理想ではあるんだけどこの製品の完成度はどうかなと。

YouTubeでSUMMONやSUMMON+の動画をチェックしてるけど

カメラも3軸ジンバルもどちらも不満のある内容だ。

カメラはあまり広角ではなく画質も悪くはないがそこそこ。

そして肝心の3軸ジンバルがいまいちなのか微ブレがある。

特にOSMOと比べるとその違いは顕著。

それ故にやはりOSMOがベストかなと。

 

DJIのOSMOは4Kカメラ付きの3軸ジンバル。

【国内正規品】 DJI OSMO (3軸手持ちジンバル, 4Kカメラ標準搭載)

【国内正規品】 DJI OSMO

(3軸手持ちジンバル, 4Kカメラ標準搭載)

その性能はテレビ放送などでも使われるほどで

NHKのBSプレミアムの紀行番組で採用されていたり

地上波のロケバラエティでも使われている。

鉄腕ダッシュやイッテQなどでちらっと写ったり。

カメラ画質と3軸ジンバルの出来はとても良い。

ただ画面確認用の液晶がなく

スマホとWifi接続して利用する仕組みとなっている。

これが非常に面倒でこの製品の価値を下げてしまう。

本体のバッテリーで駆動する直接接続するタイプの

液晶があればベストなんだけどね。

この製品を発売するDJIがドローンメーカーなので

ワイヤレスでスマホをモニターとすることに長けているためだが

ドローンと違って撮影時間が長い分OFF-ONの都度スマホを

Wifi接続する必要があるのは超面倒そうだ。

液晶なくても撮影範囲が確認出来ないだけで撮影は出来る。

超広角だから慣れれば撮影範囲は分かるもので

スマホ繋がなくても問題ないと思うけど。

このOSMOがやはり現状で一番欲しいかなと。

 

3軸ジンバル+GoProを利用する方法もある。

これはコストはかかるけど品質は非常に高く便利だ。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

カメラは4kに対応したGoPro HERO5 BLACK。

GoProの最新カメラだけあり画質は非常に良く

超広角対応で非常に良い。

手ぶれ補正も電子式のものがついてるらしいが

それは3軸ジンバルを利用する場合必要ないけどね。

これに取り付ける3軸ジンバルは様々なモデルがあるが

理想はGoProから出ているKarma Grip

国内ではまだ売られておらずネットで買うと海外から発送されるようだ。

接続すると一体型になり手元で撮影などの

コントロールが可能なのも利点だ。

ただそのまま利用できる機種がGoPro HERO5 BLACKのみなのは

汎用性が低すぎてちょっと厳しいか。

あとカメラと3軸ジンバルで8万円近いコストもネックかな。

ただ最近カメラは価格が下がっているので多少買いやすくなってるけど。

FEIYU TECH G5もGoPro用3軸ジンバルとしては人気だ。

【国内正規品】 FEIYU TECH G5 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル Gopro Hero 5 Camera 及び同サイズのアクションカメラ用  【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】 FEIYU TECH G5 3軸 ハンドヘルド

スタビライザー ジンバル Gopro Hero 5 Camera

及び同サイズのアクションカメラ用 【日本語説明書付き・国内保証1年】

様々なアクションカメラで利用できることや

防滴モデルなのは利点ではあるけど

手元でカメラの操作が出来なかったり

カメラの取付がやや時間がかかるのが難点かな。

 

ということでなんだかんだ考えると

DJIのOSMOが最有力。

続いてGoProのカメラとグリップかな。

比較的安くなっているOSMOが有力だけど

OSMOも2015年発売でそろそろ後継モデルが

出てくるんじゃないかというのが不安でもある。

液晶付きOSMOとか出たりしたらそっちのほうがいいからな。

悩みどころだなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


recommend

ラトックシステム スマート家電コントローラ リモコン スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる REX-WFIREX2
ラトックシステム スマート家電コントローラ リモコン スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる REX-WFIREX2 (JUGEMレビュー »)

エアコン等コントロール可能なネットワークリモコン。センサー類も充実していて多機能でおすすめ。ペットを飼ってる人にぜひ。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。これを買っておけばOKという鉄板。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM