19号と153号

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 22:30

秋は国道19号と153号をよく利用する。

この2つの国道はどちらも愛知県名古屋市から

長野県へ向かう国道。

19号は名古屋から美濃を通り中津川から木曽谷へ。

中山道沿いを走り塩尻から松本を経て長野市へ。

153号は名古屋から豊田を通り県境から南信州を超えて飯田へ。

飯田からは伊那谷を通り塩尻へ。

153号は起点も終点も19号と交差しており

19号と並行して走るもう1本の道といえる。

 

長野県南部は木曽と伊那の地域に分かれていて

中央アルプスの西側が木曽、東側が伊那となっている。

るるぶ木曽 伊那 恵那峡 高遠 (国内シリーズ)

るるぶ木曽 伊那 恵那峡 高遠 (国内シリーズ)

ここを縦断するのが19号と153号になるわけだが

実際僕が通るのは19号で153号の伊那谷部分はめったに通らない。

それは伊那谷には中央自動車道が通っているため。

伊那谷は木曽谷に比べて広くおだやかで都市が広がっている。

その都市間移動に153号は使われてて長距離移動では中央道が使われる。

一方で木曽谷は非常に狭く町もあまりない。

山の中を走り抜けるという感じでその雰囲気は素敵。

153号で僕が魅力なのは伊那谷に入るまでの区間。

愛知県の山間部から南信州を抜けるルートは

治部坂峠で標高1100mくらいまで上がる山岳ルート。

景色もめまぐるしく変わり素敵なドライブウェイだ。

 

僕が利用する区間は

19号は中津川から奈良井間。

153号は豊田から阿智(昼神温泉)。

だからあまり平行して走るというイメージがない。

むしろ153号で昼神へ行き清内路を越えて

妻籠宿から19号へと入るドライブルートも可能。

ただこの場合は相当時間がかかることになるので

19号を通るときはたいてい中津川まで高速を使う。

いざとなれば中央道というルートが用意されてるのも魅力。

19号でも権兵衛トンネルが出来たことで

木曽谷から伊那谷へ抜けることも出来るようになったし

利便性はかなり良くなった。

 

秋のドライブといえば紅葉。

19号沿いでは

御嶽山、開田高原、奈良井宿、妻籠馬籠へよく行く。

また薮原から奈川へ抜けてその先は乗鞍なので

乗鞍高原へ行くときもよく利用する。

実際乗鞍高原へは遠回りの中央道ルートと所要時間は

ほとんど変わらないので無料で走れる19号はお得。

深夜の19号は信号もなく快適に飛ばせるので

木曽高速何て呼ばれることもある。

トラックがかなり飛ばして走っているけど

逆にペースが早くて快適に走れるので問題ないけどね。

高速のようなSAPAはないけど

道の駅が多いのでトイレは問題ない。

また深夜でもコンビニはいくつかあるので便利。

ただオービスはそこそこある。深夜は警告看板が見づらい。

【Amazon.co.jp限定】 セルスター レーダー探知機 VA-820EZ 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 OBDII対応

【Amazon.co.jp限定】 セルスター レーダー探知機

VA-820EZ 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 OBDII対応

それゆえにつかまりたくなければGPSレーダー探知機は必須だ。

これがあると警告看板に注意して神経削らなくても済む。

19号は遠出に利用することが多いから深夜走ることも多いが

とても快適に走れておすすめだ。

 

一方で153号は近場なので

ちょっとした紅葉狩りへ出かけるのに使うことが多い。

153号で昼神温泉まで走っても2時間なので

そう遠いわけではない。

足助と稲武までは町だけど

稲武を過ぎると本格的な山に入っていく。

稲武から昼神までの区間は記憶をたどる限り

コンビニはない。

峠をいくつか越えるルートなので

夜間などは交通量などもほとんどない感じだ。

町明かりもあまりないので暗いところ。

ただその暗さは星を見るのに最適で

そうだ、星を売ろう  「売れない時代」の新しいビジネスモデル

そうだ、星を売ろう 「売れない時代」の新しいビジネスモデル

スターウォッチングが行われていたりする。

153号経由だと2時間かかるが

中央道経由なら名古屋から70分くらいなので

昼神周辺はアクセスしやすくて最適といえるんだ。

ただドライブするなら153号がベストだけど。

紅葉は足助の香嵐渓、稲武の大井平公園、タカドヤ湿地、

あと治部坂高原、茶臼山高原、平谷峠など。

あのあたりは標高が高くて10月下旬くらいだと周辺が紅葉して素敵だ。

 

ということで今年も何度か走るであろう19号と153号。

実はもう1本愛知県から長野県へ向かう国道がある。

豊橋市から飯田市を結ぶ国道151号線だ。

東三河から奥三河を通るルートで全然通ったことないけど

素敵っぽい道なのでドライブしてみたい。

またその東側の浜松から長野へ行く152号も

伊那谷のさらに東の山奥を走る道で走ってみたい。

ここは一部酷道になっているようだが将来的には

三遠南信道が整備されるらしいのでその前に行ってみなければ。

今年秋に機会があれば151号や152号も走ってみるか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。これを買っておけばOKという鉄板。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM