スマートフォンを買うのに何を重視するか

  • 2017.09.13 Wednesday
  • 00:24

この記事をアップしてちょっとしたら

Appleの発表会が行われる。

この記事を読んでいる人は既に発表会が終わった後かも。

新しいiPhoneなどが発表されたことだろう。

スマートフォンを買う時に何を基準に選ぶだろうか。

iPhoneユーザーは何も考えずにiPhoneだからと

選ぶ人が多いような気がする。

つまりAppleあるいはiPhoneというブランドで買うわけだ。

一方でiPhoneは価格が高いと安いスマホを買う人もいる。

価格で選ぶ人も多い。

液晶サイズだったりカメラ画質だったり

理由はいろいろあるだろうけど何を重視すべきだろう。

 

選ぶ理由は1つではないと思うが

その選択に影響を与える要素をあげて考えてみたい。

■メーカー・ブランド

日本ではiPhoneのシェアが50%を超えるという。

大手キャリアで新規に購入されるスマホに限れば70%近いらしい。

日本ではiPhoneブランドが購入する動機のNo.1ということになる。

実際iPhoneでなければスマホじゃないという人もいるほどだ。

iPhone7ではFelicaと防水に対応し弱点が消えた。

APPLE 国内版SIMフリー iPhone7 ゴールド Gold 32GB MNCG2J/A 4.7インチ 防水防塵

APPLE 国内版SIMフリー iPhone7 ゴールド

Gold 32GB MNCG2J/A 4.7インチ 防水防塵

ただ大手キャリアの値引き施策が終わった今は

iPhoneはかなり価格が高いスマートフォンであり今後は

ブランドと価格で揺れ動くことになりそうだ。

 

■価格・コスパ

様々な条件がある中で誰もが重視するのは価格。

以前は大手キャリアで契約すると実質0円や一括0円などで

そのスマホの価格の高さは分からなかった。

しかし昨今はiPhoneなどハイエンドモデルは

大きな負担が必要になって価格を意識するようになった。

そのため価格を抑えたMVNOが人気となっている。

MVNOは安い月額料金が魅力だが端末コストが直接影響する。

ゆえに価格に対して非常にシビアで安価で性能の高いスマホが人気だ。

HUAWEI P10lite 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Midnight Black)

HUAWEI P10lite 【OCNモバイルONE SIMカード付】

(データSIM(ナノ), Midnight Black)

今はHuawei端末がコスパの高さで人気で

novaやp10 Liteなど売れているようだ。

2年前の高コスパモデルはスペックが低かったが

今はFHD液晶だし十分にスペックが高く快適に使えるから

ある意味これで十分ともいえる。

 

■カメラ

昨今各メーカーが力を入れているのはカメラ。

スマートフォンを選ぶ上でカメラ画質は非常に重視される。

iPhoneが人気なのもカメラ画質が高いという点もある。

昨今スマートフォンの平均的な性能が大幅に向上したため

各社優位性を高めようとカメラ機能に力を入れている。

やはりハイエンドモデルはそれ相応のカメラを搭載しており

カメラ画質が素晴らしい。

一方で3万円以下の機種だと比べてみるとやはり劣る。

そんな中でカメラ画質が高そうなのは

モトローラ SIM フリー スマートフォン  Moto G5 Plus 32GB ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5 Plus 32GB

ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

モトローラのMoto G5 Plusかな。

ちょっと前の最上位クラスのカメラを搭載するようだ。

まあ最新の最上位には劣るけどこの価格帯なら十分高性能だ。

 

■液晶

液晶に関してはサイズ、解像度、画質など

様々な要素がかかわってくる。

サイズは昔は4インチ前後が多かったが今は5インチが標準。

解像度もAndroidだとFHDがほとんどだ。

画質も全般的に高性能なものが多く

最近登場している有機EL液晶は目を見張るほどきれい。

液晶は本来最重視されるべき要素だと僕は思うんだけど

実際はそれほど重要視されていない。

新しいスマホを見ると安いスマホでも

十分きれいな液晶に見えるから。

液晶の良さはじっくり使ってこそわかる気がする。

ただサイズに関しては重要で本体サイズに直結するため

重要な選択要素になるうるだろう。

一般的に男性はサイズを気にするといえる。

それはスマホをポケットに入れるから大きすぎるのは入らないため。

女性はカバンにスマホに入れるからあまりサイズにこだわらないかな。

 

■CPU、RAM等スペック

パソコンではスペックはとても重要だ。

スマートフォンでも重要視する人もいるけど

その人はガジェット好き。

またiPhoneは概ねどれもスペックは高いから

スペックを気にするのはAndroidユーザーが多いといえる。

こだわる人はCPU1つにもこだわっていて

Snapdragon810は発熱が大きいから820を待つとか

そんな話を以前聞いたことがある。

RAMは昔は2GB標準だったが今は3GB、4GBと増えている。

まあ大いに越したことはないのだろう。

iPhoneとAndroidではOSが違うからスペックを単純に比較できない。

iPhoneは一見スペックで劣っていそうで

ベンチマークなどを使うとぶっちぎりで上なことが多い。

ただそういうのを気にするのはガジェット好きのみで

一般の人はそこまで知らないだろうし気にしないだろう。

 

■ストレージ容量

ストレージ容量は実はとても重要だ。

特にiPhoneユーザーにとってはそれが唯一のストレージだし

さらに価格に直結するため。

128GBとか欲しくても価格が高いけど

16GBじゃ不足するとかそんなことを考えたりする。

ただ今のiPhoneは標準で32GBあるのでこれだけあれば

そうそう困ることはなさそうだけどね。

僕の基準も32GB。16GBだとかなり不足するが32GBだとちょうど。

64GBあれば余裕が出るという感じかな。

ただアクティブに使う人にとっては128GBでも足りず

より大容量モデルを求めているようだ。

Androidも最低32GBにしてほしいものだ。

 

■機能(おサイフケータイ・防水・ワンセグ等)

Androidにこだわる人は

防水やおサイフケータイ、ワンセグ/フルセグなどの

ガラケーからの機能にこだわる人が多い。

おサイフケータイを利用してその便利さを知ってる人にとって

おサイフケータイは絶対必需装備なんだ。

普通のカードタイプだとカードを別に持ち歩く必要があるし

残高確認やチャージが出来ない。

でもおサイフケータイはスマホだけで決済できるし

チャージも残高確認もスマホで完結できる。

おさいふ出さなくて済むので本当に便利。

防水やテレビ機能もあれば便利。

MVNO向けの富士通のarrowsシリーズが人気だけど

富士通 SIMフリースマートフォン arrows M04(ブラック)【日本正規代理店品】 FARM06301

富士通 SIMフリースマートフォン arrows M04

(ブラック)【日本正規代理店品】 FARM06301

これらの機能を求める人の多さのためだろう。

しかしiPhone7がFelicaと防水に対応して少し状況は変わりつつあるが。

 

■その他

ほかはカラーバリエーションや

オプションの豊富さなどだろうか。

iPhoneからAndroidへ変更した人が最初に直面する問題は

ケースの種類があまりにも少ないことだと思う。

iPhoneはいろんなケースが出ていて豊富だけど

Androidはずっと少ない。

有名機種ならそこそこ出てるがマイナー機種だと

iphoneの0.1%くらいしか出てない感じだ。

何より店頭で販売されるケースが少ないためネットショップに

頼らざるを得ない状況なんだな。それでさらに店頭から消えていく。

ケースなどアクセサリの豊富さもiPhoneの魅力なのかもね。

 

ということでいろいろ見てきたけど

僕が選ぶとしたら何を重視するだろうか。

複合的なものだから難しい問題だけど

7月末に新しくスマホを買ったとき重視したのは

機能>価格>カメラ>スペック>液晶>ブランド>ストレージ

こんな感じだったかな。

あれはおサイフケータイと防水必須の条件で探して

あとは予算内でカメラやスペックの高いものを探したんだっけ。

iPhoneしか使ってない人はそれ以外のスマホの良さも

知ってもらいたいなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。これを買っておけばOKという鉄板。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM