BSデジタル

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 21:35

BSデジタルは今年大きな変革期を迎える。

従来のハイビジョン放送に加えて12月には

4K/8K放送がスタートする。

BSデジタルは従来の右旋と

新たな左旋の2つの帯域でチャンネルを持つようになる。

ただ左旋は自宅の内部配線が対応してないので

例え光TVでパススルーになっても使えない。

そのためもしBS左旋を見るならアンテナを買って立てて

DXアンテナ BSアンテナ 【2K 4K 8K 対応】 50cm形 BS・110°CS アンテナ BC503S

DXアンテナ BSアンテナ 【2K 4K 8K 対応】

50cm形 BS・110°CS アンテナ BC503S

その上でチューナーまで直接配線するスタイルになるかと。

スカパーなどを見ている人はこのスタイルだと思うが

NHKの8K以外はスカパー系の有料放送が中心になるBS左旋なので

まあ当面は問題ないのかなと。

BS右旋はチューナーがあれば12月1日から見られる予定で

BS日テレ以外のBS主要局は12月1日から放送開始で

BS日テレは来年4月放送開始だっけ。

 

そんなBSデジタルの放送局だけどいろんな放送局があるが

それぞれの印象や代表番組などを書いてみたい。

 

■NHK BS1

NHKBSのニュース・スポーツ系チャンネル。

ドキュメンタリーも放送している。

毎週定期的に録画してる番組はないけど

不定期で紀行番組が放送されるので見逃さないようチェック。

あとグレートレースなどたまに放送される良番組。

 

■NHK BSプレミアム

元BS-hi。BS2のドラマなどが多く放送されるようになり

紀行番組の割合がかなり減ってしまった。

それでもにっぽん百名山や世界ふれあい街歩き、

あとこころ旅などの紀行番組が放送されており

BSデジタルの中では最も視聴頻度が高いチャンネルと言える。

にっぽん百名山 中部・日本アルプスの山I [Blu-ray]

にっぽん百名山 中部・日本アルプスの山I [Blu-ray]

夏山シーズンの今はやはりにっぽん百名山だな。

 

■BS日テレ

かつては多くの紀行番組を放送していたけど

最近すっかり少なくなってしまった。

BSデジタル民放は地上波化が進んでいるけど

BS日テレは地上波にはないオリジナル番組も増えて

いい感じではあるかな。紀行番組は少ないけど。

おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE! 3 [DVD]

おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE! 3 [DVD]

おぎやはぎの愛車遍歴は好きな番組。

この番組を見ると車が欲しくなる。

 

■BS朝日

以前からあまり紀行番組も放送されておらず

主要局の中ではあまり見る機会が多くはない局かな。

地上波化がかなり進んでいてまた地上波の再放送も多い。

ただ相棒とかの再放送は重宝していたりする。

あと日本の鉄道旅番組を高頻度で放送してる気がする。

そういえば"世界の車窓から"ってどうなったんだろう。

 

■BS-TBS

以前はBS日テレと並んで紀行番組が多かった。

今も「世界一周魅惑の鉄道紀行」「地球絶景紀行」など

定期的に放送していてBS民放の中では健闘しているほうかと。

ただ何か物足りないのは特に週末の番組に

あまり盛り上げようとする感じがないのが・・。

それはBS民放全体で言えることだけど。

 

■BS-JAPAN(BSテレ東)

BS-JAPNはBSテレ東に名前を変えるようだ。

ここは地上波の再放送が圧倒的に多い。

ただテレビ東京系は全国ネットといっても

大都市圏のみなのでそれを考えるとこれはありかなと。

紀行番組などはほぼ皆無で時々地上波の

土曜SPのローカル路線バス旅が再放送されてるくらい。

あと「空から日本を見てみよう」が放送されてるのは大きい。

空から日本を見てみようplus(プラス) (2) 広島県 港町呉と世界遺産厳島神社 [DVD]

空から日本を見てみようplus(プラス) (2)

広島県 港町呉と世界遺産厳島神社 [DVD]

 

■BSフジ

昔はオリジナル番組が多くて予算が多い感じだったが

最近はこれといった印象がない局になってしまった。

紀行番組も放送されていない。
低予算の生番組とかばかりで全体的にチープになってしまった。

正直フジ系は昔のドラマの再放送をしたほうが

人気が出ると思うんだけどなあ。

 

■WOWOW

不定期に契約しているWOWOW。

今年はまた11月頃に契約しようかなと。

WOWOWは4K化のメリットは大きいが2020年12月からとかなり先。

まあBS左旋のチャンネルなのであまり急ぐ必要はないのかも。

映画はともかくドラマはかなり力を入れてる感じで

NetflixとかはWOWOWの姿勢を目指すべきではと思ったりする。

 

■BS11

昼間は韓国ドラマ、深夜はアニメとかなり徹底している。

ある意味ネットTVっぽい放送局だけど

限られた視聴者には人気となっているためこれで良いのかと。

紀行番組は存在しない。

 

■BS12トゥエルビ

特定のスポーツへの肩入れが強い局かな。

野球は千葉ロッテ、あとこないだ8耐にかなり力を入れていた。

ほかはテレビ通販とドラマの再放送ばかりかな。

BS11と違ってアニメはないのは不思議だけど。

 

とまあこんなところかなあ。

BSデジタルは以前は見られる環境が限られており

紀行番組などが多かったけど

2010年くらいから広くみられるようになり地上波の補完チャンネルとして

多く使われるようになった。

地上波でもよく見られる低予算の旅番組などが多く放送されるし

低予算の報道系討論番組なども多くみられる。

ただここ数年はオリジナル番組も増えてそれなりに予算がある番組もあり

楽しめるようにはなったけど紀行番組好きとしてはちょっと複雑。

 

今後はネットテレビがライバルになっていきそうで

4Kでどう差別化出来るかが鍵かなあ。

コンテンツの品質はアップしてもらわないとなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM