ASUS Zenfone 5Z

  • 2018.08.10 Friday
  • 00:31

ASUSのZenfoneシリーズは

3年ほど前にMVNO向けSIMフリー市場で

Huaweiとともにヒットを連発していた。

しかし徐々にHuaweiの価格に太刀打ちできなくなり

3万円以下の売れ筋モデルは圧倒的にHuawei優位になっている。

そんな中で今年春にZenfone5シリーズがリリース。

iPhoneXばりのノッチ付き狭額縁液晶モデルを発売。

価格帯はミドルクラス以上で廉価モデルではないけど

これが意外と人気となっているようだ。

そして人気が高いのは上位のZenfone5Zだという。

 

Zenfone5ZはZenfone5シリーズではハイエンドモデルになる。

ディスプレイやカメラなどはZenfone5に近いけど

CPUがSnapdargon845を搭載しているのが特徴だ。

その価格は75000円前後となっている。

ASUS ZenFone 5Z 【日本正規代理店品】 6.2インチ/SIMフリースマートフォン/シャイニーブラック (6GB/128GB/3,300mAh) ZS620KL-BK128S6/A

ASUS ZenFone 5Z 【日本正規代理店品】

6.2インチ/SIMフリースマートフォン/シャイニーブラック

(6GB/128GB/3,300mAh) ZS620KL-BK128S6/A

75000円はかなり高いけどこれが人気なのは

Snapdragon845を搭載したスマホとしては安いから。

現状最強クラスのCPUであるこのSnapdragon845搭載モデルは

他のメーカーだと9万円から11万円と超ハイエンドクラスになる。

しかしそれが75000円と他のメーカーより安く買えるため

ハイエンドを求めるユーザーに人気となっている。

RAMも6GBと多くてかつ高速。

ストレージも128GBありさらにmicroSDXC対応。

ディスプレイは他のハイエンドのようなOLED(有機EL)ではないが

匹敵するほど高画質で全く問題ない。

 

このスマホを求めるユーザーはゲームユーザーだ。

スマホゲームでも性能によってグラフィックやフレームレートなど変わる。

Zenfone5はSnapdragon636を搭載している。

ASUS ZenFone 5 【日本正規代理店品】 6.2インチ/SIMフリースマートフォン/シャイニーブラック (6GB/64GB/3,300mAh) ZE620KL-BK64S6/A

ASUS ZenFone 5 【日本正規代理店品】

6.2インチ/SIMフリースマートフォン/シャイニーブラック

(6GB/64GB/3,300mAh) ZE620KL-BK64S6/A

価格は2万円ほど安くCPU以外は大差ないのだが

そのCPU性能の差が大きい。

CPUだけでなく内蔵されてるGPUの差も大きいんだけどね。

特にゲームをプレイする上ではその差は大きい。

他のSnapdragon845モデルはさらに高いことを考えると

Zenfone5Zは手ごろなゲームモデルということになるようだ。

僕はそれほどスマホゲームをプレイしないが

PCではあえてCore i7を選んだりすることもあるわけで

その気持ちはまあ分からないでもないかなと。

 

カメラに関してはASUSのZenfone5とZenfone5Zの場合は

デュアルカメラとなっている。

画角が違うカメラを搭載しており超広角+標準のデュアルカメラとなっている。

せいかくには超広角+広角かな。

35mm換算でいえば12mm相当と25mm相当になるので

標準でも25mmは十分広角レンズと言える。

望遠が欲しい人には物足りないかもしれないが

超広角はとても便利で空を広く撮影するのに適している。

これは別の僕が持っているLG G6というスマホだけど

これも120度の画角なので同じくらいの超広角だと思うが広く撮影出来る。

あと屋内など下がれない時など超広角だとしっかり撮影出来て便利。

また何より望遠ならデジカメでもなんとかなるが

超広角のデジカメってのはほとんどないのを考えると

デジカメで撮影出来ない世界を撮影出来ることに意義があると思う。

だから僕は最近はデュアルカメラの望遠はあまり興味なく

超広角こそありだと思う。だからZenfone5/5Zもありかと。

 

あとはもう1つこのZenfone5/5Zには

DSDVという機能があり重宝されている。

DSDSというのはデュアルSIMデュアルスタンバイで

2つのSIMカードスロットがあり同時待ち受けが可能。

ただしこのDSDSは3G+4Gといった具合に片方のみが

LTEに対応しているケースが多かった。

このZenfone5ZではDSDV。デュアルSIMデュアルVoLTE。

2つのSIMスロットが4GLTEに対応している。

これはAUやAU MVNOのSIMを利用する際に重宝する機能。

AUは3Gを終息させつつあり基本音声VoLTEデータLTEのみ。

ゆえにDSDS端末は使いづらかったがこれなら手軽に利用できる。

ただ僕は1台で2枚のSIMを利用するデュアルSIMは

利用したことがないというか利用するメリットを感じないので

現状利用することはないけどね。

2枚のSIMを使うなら2台の端末を使えばいいじゃないか。

 

ともかくZenfone5Zはなかなか良さそうな端末だ。

しかし75000円は決して安くはない。

ゲームのためとはいえ僕は買えないなあ。

ただパソコン環境にはそれ以上のお金を費やしてきた。

PCを持たずスマホが全てのユーザーにとっては

PCに10万円以上費やすならスマホにと思う人がいてもおかしくない。

まあ価値観の違いかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


recommend

REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】
REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】 (JUGEMレビュー »)

ジンバル一体型のカメラ。超広角レンズに小型ビューアー搭載。OSMOの弱点を克服した歩き4Kカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM