スマートフォン端末と購入代金

  • 2018.08.12 Sunday
  • 00:21

スマホ本体の価格は近年かなり高くなっている。

各社のフラッグシップモデルは今や10万円を超える。

国内版SIMフリー iPhone X 64GB [スペースグレイ] MQAX2J/A 白ロム Apple 5.8インチ有機EL

国内版SIMフリー iPhone X 64GB [スペースグレイ]

MQAX2J/A 白ロム Apple 5.8インチ有機EL

それでもその価格帯のスマホが売れるのは

大手キャリアの端末購入サポートがあるからじゃなかろうか。

iPhoneシリーズはだいた7万円以上するけど

月額6000円前後の料金を毎月支払うことで

端末購入サポートが受けられる。

実質価格がかなり安く買えるので利用者の負担は小さく感じられる。

まあ毎月6000円で24か月支払えば15万円近いけどね。

 

逆に格安SIMは毎月の料金が2000円以下に抑えられる。

その代わり端末購入サポートなどはない。

それ故にSIMフリー端末をそれぞれで買う必要がある。

3万円前後の価格が人気なのは

大手キャリアでは毎月の料金が高いため移行してきたわけで

高額スマホを使っていては安さが感じられなくなってしまうため。

でもSIMフリーで最近10万円を超えるモデルも出ている。

iPhoneXのSIMフリーも10万円を超えているけど

AndroidでもHTC U12+は10万円ほどだ。

HTC 6.0インチ U12+ SIMフリースマートフォン トランスルーセントブルー【日本正規代理店品】 U12-PLUS-BLUE

HTC 6.0インチ U12+ SIMフリースマートフォン

トランスルーセントブルー【日本正規代理店品】 U12-PLUS-BLUE

高性能なのは理解できるかしかしスマホに10万円。

僕にはちょっと考えられない世界だ。

買うユーザーは少なくないという。

世の中お金持ちだらけなのだろうか。

それともスマホにそれだけのお金を払う価値があると思うのか。

 

僕が学生の頃アルバイトをしていたけど

夏山バイトをしていた時に

1か月バイトをすると18万円くらいの給料がもらえた。

1日6000円x30日で食事など込で何もお金を使わないので

まるまるもらうことが出来た。

バイト仲間でそのお金を何に使うのかというのが話題になった。

もうかなり前で当時スマホなどはなかった。

多かったのはカメラ。一眼レフカメラを買いたい。

そのためにバイトしてる人が数人いたかな。

あとは将来のための貯金。留学資金稼ぎという人もいた。

僕は何も目的がなくただ山にいたい都会の暑さが嫌だという理由で

そういう目的がある人がうらやましく思ったもの。

結局はゲーム機を買いたいとかなんか他の人に比べると

なんだかなという理由に落ち着いたんだけど。

今だったらハイエンドスマホを買いたいという目的の人は

多いんじゃないかなと思う。

 

2日前くらいにブログで書いたけど

今はASUSのZenfone5Zが人気高いらしい。

ASUS ZenFone 5Z 【日本正規代理店品】 6.2インチ/SIMフリースマートフォン/シャイニーブラック (6GB/128GB/3,300mAh) ZS620KL-BK128S6/A

ASUS ZenFone 5Z 【日本正規代理店品】

6.2インチ/SIMフリースマートフォン/シャイニーブラック

(6GB/128GB/3,300mAh) ZS620KL-BK128S6/A

このスマホは75000円するにもかかわらずだ。

スマホゲームをプレイする人からSnapdragon845搭載機種ということで

Zenfone5ではなく5Z指名で購入しているようだ。

ゲームをプレイする人にとってスペックはとても需要で

75000円だけどその価値はあるのだろう。

PCゲームハードなら10万円以上はかかるが75000円なら

それほど高くはないのかもしれない。

その価値を見出していると。

HTC U12+は高速CPUに大容量ストレージ、デュアルカメラと

よくできたスマホではある。

そしてSIMフリーだけどおサイフケータイにも対応してるし

防水防塵にも対応している。

それらを考えると10万円の価値はあるのかもしれない。

もちろんそれならメイン機として使うことが前提だけどね。

 

Huawei P20 Proなんかはカメラ目当てで

買う人もいるという。

高級コンデジなどは7万円ほどするけど

P20 Proは状況によってはそれに匹敵する画質を見せてくれる。

撮影してすぐにSNSに投稿することもできる。

HUAWEI P20 Pro HW-01K docomo Midnight Blue

HUAWEI P20 Pro HW-01K docomo Midnight Blue

カメラの場合は撮影することで自己満足というパターンと

誰かに見ていいね!してもらうことが目的のパターンがあるが

後者の場合はこのP20 Proは向いているのだろう。

機能的にも最強クラスのスマホだしありなのかな。

これもまた10万円するんだけど

10万円あればかなり良いデジカメが買えるような気もする。

それでもやはりスマホなのだろうか。

 

僕はPC世代なのでスマホよりPCを上に見てしまう。

ただ今の20代やそれ以下はスマホ世代でありスマホ中心。

彼らにとって日常的に持ち歩き頻繁に使うスマホこそ

快適でありハイスペックであると考えているのかと。

PCはあくまで一時的な利用ならば低スペックで十分と考えているのかも。

僕はスマホよりPCを多く使うから

ハイスペックのPCを使っているんだけどその違いかなと。

もしスマホ中心になれば最高のスマホを使いたいし

それが10万円に達することがあるかもしれないが

現時点で僕にそれはないのはPCのほうが上だから。

PCの価格を超えることはない・・しスマホ10万払うなら

PCのアップグレードを考えてしまうかなあ。

 

いずれ自分の中でPCとスマホの関係が変わることはあるのか。

思えばPCがないころはテレビが上だった。

今や僕の中でテレビの優先順位など遥かに下で

4Kテレビはリビングにあり家族は利用してるが僕はあまり見ない。

接触率が高いものにお金を使うべきだろうし

スマホに10万円を払う価値があると思ったとき

スマホが一番になっているんだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


recommend

REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】
REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】 (JUGEMレビュー »)

ジンバル一体型のカメラ。超広角レンズに小型ビューアー搭載。OSMOの弱点を克服した歩き4Kカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM