Huawei以外の3万円以下のスマホ

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 00:26

SIMフリースマートフォンでは

そのコスパの高さからHuawei端末が人気となっている。

Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン サクラピンク【日本正規代理店品】

Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン

サクラピンク【日本正規代理店品】

Huawei P20 liteが現状ぶっちぎり人気だけど

一方でHuaweiはベンチマーク利用時に

秘密裏にブーストモードが働くよう裏設定があったと非難されている。

正直他にも裏でどんな動作が行われているか分からない。

Huawei以外で3万円以下の高コスパスマホはないものか。

探せばいくつかある。

 

モトローラのMoto G6は今年発売されたスマホ。

モトローラはASUSやHuaweiなどとともに

かなり早い段階からSIMフリースマホを国内でも販売してきた。

特にDSDS端末は国内で初めてリリースされて人気となったっけ。

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G6 3GB/32GB ディープインティゴ 国内正規代理店品 PAAG0028JP/A

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G6 3GB/32GB

ディープインティゴ 国内正規代理店品 PAAG0028JP/A

今回紹介する中で価格と性能のバランスが優れててなかなかいいモデル。

デュアルカメラに18:9のFHD+ディスプレイを搭載。

ただデュアルカメラのうちの1つはボケのための深度情報記録のためなので

別の画角レンズを搭載するわけでも2つのカメラを合成するわけでもないようだ。

ただ基本的にはほぼシングルと言える。

DSDSにも対応しているしなかなか良いモデル。

迷うのは+1万円でMoto G6 plusが購入できることだろう。

CPUがSnapdragon630になりRAMが4GBになりカメラのレンズがF2.0→F1.7になる。

長く使っていく上でかなりこの差は大きい気がする。

特にカメラはMoto G6 plusとG6の差は大きい。

 

Oppoは最近日本市場に参入したSIMフリースマホ。

上位モデルはおサイフケータイや防水防塵対応で話題になったが

このモデルは廉価モデルなので当然対応していない。

OPPO R15 Neo【国内正規品】6.2インチ/SIMフリースマートフォン/ダイヤモンド ブルー(3GB/64GB/4,230mAh) 873310

OPPO R15 Neo【国内正規品】6.2インチ/SIMフリースマートフォン

/ダイヤモンド ブルー(3GB/64GB/4,230mAh) 873310

Huawei P20 Liteと同じように画面占有率の非常に高いディスプレイを搭載。

ただ6.2インチと画面も大きいけど解像度が1520x720と低いのは弱点。

またカメラもデュアルカメラだけど1つはボケ用の深度カメラで

さらに光学性能も決して高いとは言えない。

そういえばRAMは4GBモデルが+3000円くらいで買えるようだ。

Snapdragon450は快適で動作なども問題なさそうだが

Huawei P20 liteと比べるとカメラとディスプレイでの劣る感じは強い。

ただバッテリーが大容量ストレージは64GB搭載なので

この2点に関しては非常に良い。

意外と高齢者とかに向いてるスマホかもしれない。

 

ASUSはZenfonシリーズでSIMフリースマホ市場を

牽引してきたけど昨今はHuaweiの価格競争に太刀打ちできないでいる。

最新モデルのZenfone5シリーズは高価格帯へと移行してしまった。

そんな中でも3万円以下のモデルは出している。

ASUS ZenFone Max Plus M1 ZB570TL【日本版】ブラック【正規代理店品】(オクタコア/4GB/32GB/DSDS/4,130mAh) ZB570TL-BK32S4/A ZB570TL-BK32S4/A

ASUS ZenFone Max Plus M1 ZB570TL【日本版】ブラック

【正規代理店品】(オクタコア/4GB/32GB/DSDS/4,130mAh)

ZB570TL-BK32S4/A ZB570TL-BK32S4/A

これは昨年のモデルだけど大容量バッテリーを搭載したモデルとして

人気となっている。

ディスプレイも18:9のFHD+で

カメラも標準+広角のデュアルカメラを搭載している。

違う価格のデュアルカメラを搭載しつつこの価格帯で買えるのは素晴らしい。

ただCPUが弱いのが弱点と言える。

またレビューを見ると指紋認証の認識速度も遅いようだ。

SnapdragonではなくMediaTekのCPUなのでパワー不足なのかも。

ゲームとかするには全く向いていないと思うがそれ以外は良いだけに

パワーを使うアプリなどを使わないのならありかなと。

 

最後にシャープのアクオスフォン。

最新モデルはSH-M07だけどM06以降は5万円を超えており

とても安く買うことが出来ないので低価格というと

このM05が最新モデルということになる。

シャープ AQUOS sense lite SH-M05 (ゴールド)5.0インチ SIMフリースマートフォン SH-M05-N

シャープ AQUOS sense lite SH-M05 (ゴールド)

5.0インチ SIMフリースマートフォン SH-M05-N

スペックは堅実で最新ではないものの

Snapdragon430に3GBのRAM、32GBのROMに

5インチFHDディスプレイとなかなか。

また防水防塵対応、おサイフケータイ対応で

他社の廉価モデルにはない機能を搭載している。

また通話関連の機能も充実しており

海外メーカーモデルにはない簡易留守録は留守電サービスへの加入なしに

スマホ機能として留守電が利用出来るため通話を多用する人には便利な機能。

 

という感じだ。

シャープは完全独自路線でこれを選ぶ人は

HuaweiのP20 liteは眼中にないという人が多い。

おサイフケータイ、防水防塵、簡易留守録は使う人には必須機能で

この機能を求めると低価格SIMフリーでは富士通かシャープくらいしかなく

富士通は性能が3年前から変わってないのでシャープ一択だ。

モトローラ、OPPO、ASUSは一長一短ある感じだ。

OPPOはHuaweiに近いがカメラとディスプレイで劣る。

モトローラはHuaweiと唯一対抗出来そうな感じ。

ASUSは超広角カメラに価値が見出だせれば買いだが

一番肝心な快適性やパフォーマンスがCPUパワー不足なのは痛い。

こう考えるとHuawei、モトローラ、シャープの3つから

僕なら選ぶことになるだろうなあ。

ただモトローラは買うなら+1万円出してMoto G6 plusのが良いと思うが。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


recommend

REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】
REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】 (JUGEMレビュー »)

ジンバル一体型のカメラ。超広角レンズに小型ビューアー搭載。OSMOの弱点を克服した歩き4Kカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM