旅行とスマートフォン

  • 2018.10.12 Friday
  • 00:38

スマートフォンは普段日常でも自宅以外にいても

ネット環境が得られるし連絡手段も得られる。

昔のように自宅の電話でしか連絡が取れないということは

今は考えられず国内外多くの場所で電話やメッセンジャーアプリを利用して

連絡を取集ことが出来る。便利な時代になった。

旅行中でも日常となんら変わらないコミュニケーション環境が得られる。

さらに昨今はIoTにより自宅の状態も確認出来る。

ネットワークカメラにより映像が見られネットワークリモコンにより

自宅の機器を操作することが出来る。

さらにドアホンのネットワーク対応製品などもあり

PLANEX ネットワークカメラ 民泊チェックイン対応ドアベルタイプ・フルHD 200万画素・暗視機能・双方向通話・モバイルルーター対応 SpotCam-Ring

PLANEX ネットワークカメラ 民泊チェックイン対応

ドアベルタイプ・フルHD 200万画素・暗視機能・双方向通話・

モバイルルーター対応 SpotCam-Ring

これを利用することで旅先からドアホンの応対が出来る。

未来を感じさせる商品だ。

ただスマホ時代は旅行中も仕事の電話がかかってきたりと

ゆっくり落ち着けない良くない面もあるんだけどね。

 

僕にとって旅とスマホは2012年夏の九州帰省から

本格的に旅デビューとなった。

その時にはスマートフォンナビが役立った。

カーナビタイム365日ライセンス NAVITIME(ナビタイム)スマートフォンカーナビ 【Android端末・iPhone/iPad・タブレット対応】地図 自動更新 地図更新無料 最新 VICS渋滞情報対応 ポータブルナビ

カーナビタイム365日ライセンス NAVITIME(ナビタイム)

Navitimeのドライブナビゲーターを契約して利用したんだ。

またノートPCを持っていきテザリングによるネット接続にも役立った。

スマホナビは今も時々利用するけど

テザリングは今はあまり使わなくなった。

6年前はPCがすべての中心だったけど今はスマホが中心。

故にノートパソコンを旅行へ持っていくことがなくなり

スマホ1台ですべてこなせるようになった。

スマートフォンがPCを越えたのはこの1年2年の話だけど

今やPCよりスマホのほうが大事と言えるかもしれない。

 

最近だと2017年は1月のハワイ旅行、8月の鹿児島旅行と

大きな旅をしてスマートフォンがさらに欠かせなくなった。

海外旅行では連絡手段として重宝した。

海外パケット定額を利用してLINEアプリで連絡を取り合っていた。

家族が一緒に行動するなら必要ないけどバラバラで行動してたので

連絡手段は必須。以前なら何時に○○で集合と決めておくけど

今は海外旅行中でも随時LINEで連絡が取れて日本にいる時と変わらないようだった。

8月の鹿児島旅行ではカメラとしての利用が劇的に増えた。

それまでもスマホカメラは旅で利用していたけど

デジカメの代わりになる品質ではなくて別途デジカメは使っていた。

ドコモ Galaxy S7 edge SC-02H ブラック

ドコモ Galaxy S7 edge SC-02H ブラック

しかし去年7月末に買ったGalaxy S7 edgeは本当にカメラの画質が良くて

これはもうデジカメの代わりになるレベルだなとそう感じて

途中からあまりデジカメを使わなくなっていた。

動画カメラとしても利用したため写真に動画に大活躍した。

 

そんな旅においてスマホの依存度は高まるばかりだが

それ故にバッテリーへの負担もましている。

モバイルバッテリーは欠かせない装備となっている。

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2018年7月時点 (ブラック)

Anker PowerCore 10000

(10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)

iPhone&Android対応 *2018年7月時点 (ブラック)

しかしここ最近は旅行中でもモバイルバッテリーは持っていくが

あまり必要としてない。

スマートフォンのバッテリーの持ちが良くなったんだ。

バッテリーが大容量化するとともに

チップの省電力化も進んだ。

GPSロガーアプリなど以前は利用するとすぐバッテリーが減ったけど

今は全然減らず驚くほどだ。

僕の場合はスマートウォッチも利用しているので

必要以上にスマホを見ることが減ったということもあるかもしれない。

ただモバイルバッテリーはバッテリーがなくなると困るので持っていく。

使わなくても非常用装備として欠かせない。

 

10年前は携帯電話の時代で

旅行へ行くと携帯電話の充電のため

コンセントの取り合いになることがよくあった。

しかし今はそれがなくなった。

Anker PowerPort 6(60W 6ポート USB急速充電器) iPhone/iPad/iPod/Xperia/Galaxy/Nexus/3DS/PS Vita/ウォークマン他対応 【PowerIQ搭載】(ホワイト)

Anker PowerPort 6(60W 6ポート USB急速充電器)

 【PowerIQ搭載】(ホワイト)

マルチポートのUSB充電器を持っていくため

1つのAC電源で多くのスマホを充電出来るためだ。

誰かがこれを持っていけばみんなが幸せになれる。

各自電源タップを持っていきタコ足配線になることも今はない。

最近では電車やバスなどにも充電用のUSBが用意されることもある。

またレストランなどにも見かけるようになった。

充電ケーブルは自分で用意する必要があるけど

スマートフォンをサポートしてくれる環境が充実している。

そうそう無料Wifiサービスが増えたのもいいね。

訪日外国人向けということで3年前くらいに一気に整備された感じだ。

 

思えば2005年に鹿児島帰省したときは

ノートPCを持っていき

ホテルのロビーの公衆電話にモジュラージャックを繋いで

プロバイダに接続してネット接続したもの。

あれから13年。時代は進化したものだ。

去年その2005年に宿泊した宿を再訪したけど

公衆電話はあったけどグレ電ではなく緑の通常タイプに変わっていた。

今やアナログモデムでネット接続する人など皆無なんだろう。

代わりにWifiサービスが始まったりと宿も変わりつつある。

 

本当に便利になったけど

ふとスマートフォンを自宅に置いて

日常のしがらみをすべて取り除いて

のんびり温泉宿で旅をするのも悪くはないかなと思ってみたり。

本当に便利が良いといえるのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


recommend

REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】
REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】 (JUGEMレビュー »)

ジンバル一体型のカメラ。超広角レンズに小型ビューアー搭載。OSMOの弱点を克服した歩き4Kカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM