4Kビデオカメラ

  • 2017.05.15 Monday
  • 22:36

夏の鹿児島旅の日程が決まったけど

その旅行は写真や動画で記録したいと思っている。

その中でも動画の記録に関しては

やはり今の時代は4Kで行いたいと。

そのため4Kビデオカメラが欲しいなあと。

 

4Kビデオカメラとしては

Panasonicの製品が安い。

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ VX980M 64GB あとから補正 ブラウン HC-VX980M-T

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ VX980M 64GB

あとから補正 ブラウン HC-VX980M-T

ただその品質はそれほど高いわけではない。

手ぶれ補正はそれほどでもないし4K撮影時の画角もやや狭い。

また4K画質もそれほど良いってわけでもない。

SONYの4Kビデオカメラに比べるとかなり劣る。

ただ手頃な価格とサイズで4K動画を撮影出来るのは利点で

特にその軽さは魅力的でとりあえず4Kということなら

おすすめのカメラと言えるだろう。

画質を重視するならSONYの方が良いかと。

 

SONYの4Kビデオカメラだと

AX40、AX55などがあるが

ファインダーは不要なのでAX40で十分かな。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB

光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

空間手ぶれ補正を搭載しており4Kでも広角で手ブレのない

動画を撮影することが出来る。

ただPanasonicの4Kビデオカメラと比べると一回り大きい。

高画質の代償としてそのサイズは受け入れる必要があるだろう。

旅行中の旅の記録ってことなので

様々な場面で撮影をすることになるかと思うが

多分問題はないと思うけど使ってみないと正直分からない。

 

4Kカメラといえば

DJI OSMOがある。

【DJI 10周年記念】DJI Osmo カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

【DJI 10周年記念】DJI Osmo

カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

このカメラを旅行の時に

どれほど使えるかは正直今の段階では分からない。

超広角で手ブレのない画質は圧倒的にきれいだけど

音質がとても悪いので外部マイク必須だ。

また液晶ビューアーがないのでスマホ接続も必要。

それらの敷居の高さがネックとなっている。

ただ慣れれば大丈夫かなとか思っているけどどうだろう。

スマホ接続なしなら比較的手軽に利用可能だ。

それを今後検証してどれだけ手軽に使えるか確かめてみたい。

1つ難点はスマホ接続なしだとファイルのタイムスタンプがないので

いつ撮影したかということが分からないということだけどね。

その弱点はあるけど画質や手ブレのなさなどは本当に素晴らしくて

テレビ放送レベルだと思う。

 

ということで今後検証を行ったDJI OSMOが

どこまで使えるかを確かめたい。

またそれとともにDJI OSMO mobile+スマホのテストも

進めていきたいところだ。

やはりビデオカメラは欲しいかなと思うけど

デジカメも利用したいので

そうそう複数のカメラを持つのは難しいので

ある程度の選別は進めていく必要はあるだろう。

ということで今後検討を進めよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅カメラ

  • 2017.05.14 Sunday
  • 22:30

今年8月頃に鹿児島帰省をする予定だ。

http://ryoex.jugem.jp/?eid=17313

具体的には少しずつ決まりつつあるのだが

その夏の鹿児島旅に行く時に持っていくカメラを検討したい。

今回は大人数の旅なので写真だけでなく動画も多く撮影したい。

ただビデオカメラは売却してしまって今はない。

さてどうしようかな。

 

カメラだけど

EOS6DとOSMOを持っていくかどうかが鍵になる。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D レンズキット EF24-105mm F4L IS USM付属 EOS6D24105ISLK

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D レンズキット

EF24-105mm F4L IS USM付属 EOS6D24105ISLK

高画質写真を撮影するなら必須だけど重いし大きい。

これを持っていくとなると犠牲にするものは大きい。

他に持っていくものも持っていけないだろう。

ハワイ旅行ではDMC-FZ1000を持っていったけど

FZ1000なら写真も動画も1台で万能にこなせるので使い勝手が良い。

前回鹿児島へ行った時にはFZ1000はなかったわけでありかなと。

【DJI 10周年記念】DJI Osmo カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

【DJI 10周年記念】DJI Osmo

カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

OSMOはどうだろう。

動画画質は素晴らしいんだけど音質が悪いし

撮影したい時にすぐ撮影出来ないのは難点。

ただこういう機会で使わないのなら持ってても無駄とも言える。

夏までにいろいろ持ち出してどれだけ使えるかを

テストしていく必要がありそうだ。

 

理想を言えばビデオカメラが欲しい。

SONYの空間手ぶれ補正搭載の4Kカメラがベスト。

ファインダーは必要ないのでAX40になるだろうか。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB

光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

これがあればメインカメラとして

たくさんの動画撮影が可能になるだろう。

もしそれが無理ならばDJI OSMOやDJI OSMO mobileでの

動画撮影が増えることになる。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile 3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile

3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

DJI OSMO mobileは手軽に撮影出来るけど

撮影時間がスマホ性能に依存する。

バッテリーの持ちやメモリなどスマホへの負荷が大きい。

長時間の撮影には向かないかなと。

なかなかバランスが難しいんだなあ。

 

ということで今後はOSMOが

どれだけ使えるかを検証して使えないようなら

他の手段を検討していくことになりそうだ。

まあ画質は良いけど使い勝手が問題だな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

フルサイズ用望遠

  • 2017.05.13 Saturday
  • 22:31

EOS6Dで利用したいと思っている

望遠レンズを現在検討している。

ブログでこれまでいくつか書いてきたけど

現在の候補は3本かな。

今すぐ購入するってわけではないけど

検討してみたい。

 

■シグマ100-400mm

SIGMA 望遠ズームレンズ Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応

SIGMA 望遠ズームレンズ Contemporary 100-400mm

F5-6.3 DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応

最近になって候補に追加したシグマの100-400mm。

というのも今年4月に発売されたばかりのレンズで

まだ発売されて1ヶ月も経っていない。

超望遠レンズとしては150-600mmがあるけど

その下の100-400mmは価格が多少安くてサイズも抑えられている。

フルサイズだと70-300mmでは望遠が物足りなく感じることもあり

100-400mmのほうが良いのではないかとも思う。

ただ若干レンズが暗めなのが気になるところ。

これから買った人のレポートや作例が出てくると思うので検討したい。

 

■CANON 70-300mm

Canon 望遠ズームレンズ EFレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS II USMフルサイズ対応 EF70-300IS2U

Canon 望遠ズームレンズ EFレンズ EF70-300mm

F4-5.6 IS II USMフルサイズ対応 EF70-300IS2U

CANONの昨年12月に新しく発売された70-300mm。

最新のレンズなだけありAFが早くて解像度もかなり高いと。

この望遠なら風景撮影などにも

かなりいい感じで利用することができそうだ。

ただ70-300mmで見ればもっと安いレンズは多くて

3万円くらいでも買えたりするから5万円という価格を見ると

その価値が見いだせるかが鍵になるだろうか。

でもその価値はあると思うけどな。

 

■タムロン70-200mm f2.8

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 キヤノン用 フルサイズ対応 A025E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di

VC USD G2 キヤノン用 フルサイズ対応 A025E

今年2月に発売されたタムロンの大口径ズームレンズ。

白いレンズには憧れているけど23万円前後と安くはない。

このレンズはそれに匹敵するスペックを持ちながら14万円前後と安い。

最新のレンズなのでLレンズを上回る部分も多くて魅力的。

解像度や手ぶれ補正などはかなり優れているようだ。

とはいえ14万円は高いので

手軽に買うことは出来ないけどね。

風景撮影ではこのレンズを使ってる人を多く見かけるが

望遠だとフルサイズではやや物足りなく感じることもありそうだ。

 

ってことでこの3本が候補。

3本に共通するのは新しいということ。

新しいレンズはよく出来ているんだなあ。

どうせ買うなら最新のものが良いかと最近思ってたりする。

今使ってる24-70mm f4Lが10年以上前野レンズだからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロフォーサーズの超望遠

  • 2017.05.12 Friday
  • 23:34

マイクロフォーサーズには

魅力的な超望遠レンズがない気がする。

センサーサイズが小さいカメラは

超望遠レンズをAPS-Cサイズのセンサーなどよりも

コンパクトかつ安価に作りやすいはずだけど

残念ながら現時点でそれに相応するレンズがない。

シグマやタムロンが超望遠レンズを出してないのが

一番の理由だけど純正でもあまり魅力的なのがない。

 

超望遠という条件を満たすレンズとしては

Panasonicから発売されている100-400mmが唯一だろうか。

Panasonic 超望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ライカ DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S H-RS100400

Panasonic 超望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用

ライカ DG VARIO-ELMAR 100-400mm/

F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S H-RS100400

このレンズは35mm換算で200-800mmと

まさに超望遠レンズではあるんだけど価格が17万円前後と高い。

ライカレンズで高めなんだ。

 

その下には100-300mmが発売されていて

リニューアルした新モデルが今年発売されたけど

これは凄く価格帯も安くて魅力的。

Panasonic 超望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II /POWER O.I.S. H-FSA100300

Panasonic 超望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用

ルミックス G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II /

POWER O.I.S. H-FSA100300

手ぶれ補正も強力でいい感じ。

オリンパスのM.ZUIKO 75-300mm F4.8-6.7IIも悪くはないが

レンズ内手ぶれ補正がないから駄目だな。

望遠はやっぱりレンズ内手ぶれ補正に限る。

Panasonicの100-300mmは魅力ではあるんだけどもう少し高くていいから

35mm換算で800mmクラスのがほしいなと思う。

価格帯でいうと9万円から10万円くらいのモデルが欲しい。

 

この10万円の超望遠ってのは他のマウントでも

割りと充実している。

TAMRON 超望遠ズームレンズ SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A011E

TAMRON 超望遠ズームレンズ SP 150-600mm F5-6.3

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A011E

タムロンとシグマの150-600mmやニコンとCANON、ソニーなどの

マウントで発売されている。

CANONのAPS-Cだと35mm換算で1.6倍なので960mmの超望遠。

サイズは大きいけど鳥や飛行機を撮影するのに魅力的。

ミラーレスのnikon1は僕も気になる70-300mmレンズがある。

Nikon 超望遠ズームレンズ1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6 1NVR70-300

Nikon 超望遠ズームレンズ1 NIKKOR VR

70-300mm f/4.5-5.6 1NVR70-300

このレンズはCANONのLレンズに相当するクラスで

ナノクリスタルコート搭載の超高性能レンズ。

35mm換算だと2.7倍なので810mmの超望遠ながら

1インチセンサーということもありコンパクトで

鳥とか飛行機の撮影でのサブカメラのレンズとして人気。

 

ということでマイクロフォーサーズには

良い超望遠レンズがないなあ。

200-500mmあたりを10万円くらいで発売してくれれば

35mm換算で400-1000mmで

超強力な望遠レンズとしてますますマイクロフォーサーズが

魅力になるのにと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

高速メモリカード

  • 2017.05.11 Thursday
  • 22:30

デジタルカメラで利用しているメモリカードだけど

少しずつスペックアップしている。

2年3年ほど前は

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS32GSDHC10U1E (FFP)

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB

Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s)

無期限保証 TS32GSDHC10U1E (FFP)

このTranscendのメモリカードを使っていた。

容量は32GBでUHS-Iに対応したタイプだ。

今は4枚くらいこのメモリカードを持っているが

主力カメラを中心に切り替えを進めてて

予備メモリカードとなりつつある。

 

今の主力は同じTranscendの64GBでUHS-I U3対応の

より高速書き込みに対応したカードだ。

【Amazon.co.jp限定】 Transcend SDXCカード 64GB UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s) U3シリーズ 4K動画撮影 無期限保証 TS64GSDU3E (FFP)

【Amazon.co.jp限定】 Transcend SDXCカード 64GB UHS-I U3対応

(最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s) U3シリーズ

4K動画撮影 無期限保証 TS64GSDU3E (FFP)

RAW+JPEGによる連写や4K動画撮影などで

より高速な書き込み速度が必要になっている。

それに対応しているメモリカードは2枚利用しており

EOS6DとFZ1000という主力カメラで利用している。

64GBという容量は1日では使い切れない容量になるわけだが

数泊の旅行の際などにはメモリカードの交換なく利用可能で重宝する。

ハワイ旅行の時は64GBが1枚でも足りなかったけど。

64GB SanDisk サンディスク Extreme Pro microSDXCカード UHS-I U3 V30対応 633倍速 R:95MB/s 海外リテール SDSQXXG-064G-GN6MA

64GB SanDisk サンディスク Extreme Pro microSDXCカード

UHS-I U3 V30対応 633倍速 R:95MB/s

海外リテール SDSQXXG-064G-GN6MA

そして最近はさらに上のV30という

ビデオクラスが設定されたメモリカードをDJI OSMOで導入。

V30とかV90は最低速度が定められており

ビットレートの非常に高い動画撮影などでは今後広がりそうだ。

 

さてSDカードだけど大容量化と高速化が進んでいるわけだが

大容量化はそろそろ一息付く感じだ。

64GBもあれば十分。128GBだといっぱいになるまで

半年とかかかってしまうこともある。

128GBを買うなら64GBを2枚買ったほうが良いかと思うほど。

それ故に大容量化はもういいかなという感じだ。

ただ高速化は必要。ただしカメラの高速化も必要になる。

今はUHS-IIが登場。最新のカメラなどが対応している。

東芝 64GB・UHS Speed Class1(UHS-II)対応SDXCカード SDHU-064GA

東芝 64GB・UHS Speed Class1

(UHS-II)対応SDXCカード SDHU-064GA

UHS-IIだとさらに高速化している。

カメラの高速化は最新機種で対応している一方で

カードリーダーはあまり広がってないため

Lexar Professional 2000x SDHC/SDXC UHS-IIカード 64GB (最大読込 300MB/s, 最大書込 260MB/s)[国内正規品] 無期限保証 LSD64GCRBJPR2000R

Lexar Professional 2000x SDHC/SDXC UHS-IIカード 64GB

(最大読込 300MB/s, 最大書込 260MB/s)[国内正規品]

無期限保証 LSD64GCRBJPR2000R

カードリーダーセットモデルなども売られている。

 

高速化にはカメラ、メモリカード、カードリーダーと

対応させる必要があるわけだがカードが一番重要とはいえ

カメラやカードリーダーも対応させておく必要がある。

カードリーダーは時間がかかるだけなので

別に遅いのでも構わないけどね。

また500MB/Sの読み取り対応したメモリカードとカードリーダーがあっても

PCのHDDではせいぜい120MB/S程度までしか対応しないので

PCのストレージの速度の遅さがネックとなりうると。

だからあまりそっちには気にせずカメラ側の対応を

最新の機種の導入などを考えていきたいもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Lよりタムロン

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 23:37

フルサイズデジ一眼のEOS6Dでは

現在24-105mm F4Lを利用している。

新たなレンズが欲して昨年秋から検討しているが

次は大口径望遠レンズを買おうかと検討している。

理想はCANONのLレンズである70-200mm f2.8。

Canon 望遠ズームレンズ EF70-200mm F2.8L IS II USM フルサイズ対応

Canon 望遠ズームレンズ EF70-200mm

F2.8L IS II USM フルサイズ対応

ただこのレンズは7年も前のレンズだけど

24万円近くもする。

そうそう手が出せる金額ではなくて

数年我慢して買うか検討をしているけど

そうはならないだろう。

白いレンズ、Lレンズにこだわることなく

新しいレンズを選ぼうかと考えている。

 

そこで候補としてタムロンのレンズ。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

手頃な価格で買えるのがA009E。

これもレンズ解像度のテストでは非常に優秀。

ただ最新モデルが登場している。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 キヤノン用 フルサイズ対応 A025E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD G2 キヤノン用 フルサイズ対応 A025E

これは更に上回り手ぶれ補正も強力のようだ。AFも凄いと。

これならLレンズも凌駕する品質で買っても後悔しないだろう。

ただ予算を考えると旧モデルのほうだけど。

 

今年買うならタムロンで間違いない。

Lレンズなど買う予算はないから。

買うとしても花のシーズンは既に後半。

それを考えると秋に向けた夏の終わりくらいが候補かと。

ただいきなり買ったばかりで紅葉に持ち出すと戸惑うので

準備が必要だから少しは早いほうが良いかも。

レンズ交換に慣れておく必要がある。

それとレンズをどうやって持ち運ぶか。

高価で重いレンズが故に持ち運びは厳重。

Amazonベーシック カメラリュック 21.1L 一眼レフ用 ブラック

Amazonベーシック カメラリュック 21.1L 一眼レフ用 ブラック

カメラリュックなどを利用していく必要があるかな。

さらに三脚も必須と言えるわけで

荷物が増えてさらに重装備になりそうだ。

機動性が失われる可能性があるがどうだろう。

 

仮にEOS6D+70-200mm f2.8で撮影するとして

サブカメラでは標準画角隊をサポートするレンズが欲しい。

それはマイクロフォーサーズなのか

nikon1なのかという問題もあるけど

なんとかやりくりすることは可能だ。

新たなレンズを立て続けに買うのは困難なので

今ある環境をどうやっていくか考えておく必要がある。

 

方向は決まりつつある。

あとは予算だな。お金ためないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今欲しいカメラ

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 23:38

もしお金の問題がなくなり

今欲しいカメラやレンズを購入できるとして

いったいどのカメラを買うかなあと考えてみた。

それで浮かんだのは2つ。

 

1つはSONYのRX10M3。

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX10M3 F2.4-4.0 24-600mm 2010万画素 ブラック Cyber-shot DSC-RX10M3

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX10M3 F2.4-4.0 24-600mm

2010万画素 ブラック Cyber-shot DSC-RX10M3

レンズ一体型の高級コンデジの1台。

1インチ2000万画素のセンサーを搭載し

24-600mm F2.8-4.0のレンズを搭載している。

このレンズが凄まじくて広角から超望遠まで対応し

さらに望遠側でもF4.0と明るいレンズとなっている。

4K動画撮影にも対応しており

これ1台あれば広角から超望遠、動画撮影まで

万能に使うことが出来るカメラで今使ってるFZ1000の後継として

検討していてあれば重宝することだろうと。

 

もう1つはオリンパスのE-M1 MarkII+12-100mm F4.0PRO。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

E-M1 MarkIIはオリンパスのマイクロフォーサーズのフラッグシップ。

強力なボディ内手ぶれ補正を搭載しており

またAF性能も極めて高い。50Mハイレゾショットなど

画素ずらしによる超高解像度撮影にも対応している。

4K動画撮影にも対応。

このカメラに使うレンズは

OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

オリンパスの12-100mm f4.0 Proが理想だ。

35mm換算で24-200mmをサポートするレンズ。

非常に光学性能が高くてこれ1本で広角から望遠まで

万能に使える利点がある。ボディとレンズ合わせると

35万円近くになるのが大きなネックだけど。

 

この2つのカメラを今欲しているというのは

この1年での2つの傾向を意味している

1つはセンサーサイズを求めなくなったこと。

1年前の自分はフルサイズに強いこだわりを抱いていた。

1年前だったら欲しいカメラに必ずフルサイズ機をあげていただろう。

昨年7月にEOS6Dを購入して利用して

フルサイズが欲しいという気持ちが解消されたことと

実際利用してフルサイズへの幻想が消えたことで

最近ではセンサーサイズにあまりこだわりを持たなくなった。

むしろ大きいセンサーはレンズも大型化することから

4/3インチや1インチのセンサーを好むようになりつつある。

センサーサイズではなくカメラ全体の使い勝手や機動性こそ

ほんとうに重要だということに気づいてきた。

もう1つは単焦点への反発だ。

マイクロフォーサーズを2011年に導入して

それ以来コストパフォーマンスが高くて画質の良い

単焦点レンズを愛用してきた。

ところが2014年に万能ズーム搭載のFZ1000を買ってから

マイクロフォーサーズの利用は激減。

単焦点による画質の良さよりも万能ズームの便利さを

最近は好むようになってきた。

逆に単焦点を毛嫌いするようにもなっている。

また昨年EOS6Dとともに買ったのは24-105mm F4L。

当初画質重視で24-70mm F4Lにするつもりだったけど変更。

この選択が結果的に使い勝手の良さにつながり満足してるため

あまり画質に拘るよりも使い勝手こそ大切だと考えるようになった。

 

欲しいカメラを見ると

まさに僕の今の意向が強く表れているといえる。

ただ現実的にこれらのカメラを買うことはないだろう。

それはお金の問題。

ほかにもPanasonicのLX9なども気になる。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9  1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9

1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

このサイズの購入コンデジは

旅カメラなどであれば便利だと思うけど

このクラスのカメラに8万円も出せないのが現状。

それ故にほしいけど買わないし買えない。

 

仮に10万円のカメラ予算があれば

今ならフルサイズ用レンズにお金を使うことだろう。

安い単焦点でなく高性能なレンズを少数でいいから

買い揃えていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラボディ

  • 2017.05.08 Monday
  • 23:46

現在はいくつかのレンズの購入計画は立てている。

○フルサイズ用の望遠レンズ

○フルサイズ用の大口径望遠レンズ

○フルサイズ用の星空撮影用超広角レンズ

○マイクロフォーサーズ用大口径レンズ

などなど。どれもいつ買うかどの機種かは検討中だが

他にも購入計画は進んでいる。

一方でボディはというとそうでもない。

フルサイズ用は昨年買ったので当面買えない。

となるとマイクロフォーサーズ用だろうか。

 

実は今年春にマイクロフォーサーズ用の

カメラやレンズを処分した。

今も継続的に処分中だ。

これまでマイクロフォーサーズのカメラは

コストパフォーマンスの高いモデルを買い替えてきた。

そのため安いボディが何台もある状況で

どれも柱になるボディとは言えず

レンズも単焦点ばかりだった。

それ故にフルサイズや高級コンデジなどに取って代わられ

利用する機会が激減してしまっていた。

だからマイクロフォーサーズは全部処分することも検討したほど。

でも全面処分はやめて少し残して他は処分することに。

nikon1も現状は売らずに手元に残している。

 

僕の今のメインはEOS6Dだけど

フルサイズで巨大なため持ち出せる場面は限られている。

利用頻度が高いのはレンズ一体型のFZ1000だ。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000

2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

FZ1000は非常に優れたカメラではあるが

いずれ使えなくなってしまうことだろう。

EOS6Dの下で利用するカメラは

FZ1000のような高級コンデジを買い替えて使っていくか

あるいはミラーレスを使っていくかは現状決め兼ねてる状況で

そんな状況でマイクロフォーサーズは縮小を進めている。

FZ1000のような高級コンデジだとレンズ資産を残せないため

全面的な買い替えになってしまうがミラーレスなら

レンズを継承していけるので理想はミラーレスなんだな。

それで使う理想的なボディが今はない。

中途半端な安いモデルを買ってきたためでもあるけど

ここらで柱にとして使っていけるボディが欲しいなあと考えている。

 

nikon1はサイズとして理想だが

将来性がないので現状厳しい。

故にカメラもレンズも売却してしまうのが良いが

それに変わるカメラとレンズも買う必要がある。

CANONや富士フィルムのミラーレスもあるけど

それらを買うよりはこれまで利用してきたマイクロフォーサーズが理想だろう。

マイクロフォーサーズで柱となるボディやレンズを買うべきだと

そう考えたりしている。ただそうはいっても簡単にはいかない。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII 12-40mm F2.8 レンズキット ブラック E-M5 MarkII 12-40mm F2.8 PRO LK BLK

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII

12-40mm F2.8 レンズキット ブラック

E-M5 MarkII 12-40mm F2.8 PRO LK BLK

マイクロフォーサーズでもそれなりのカメラやレンズを買うと

15万円はしてしまう。

フラッグシップクラスだとボディだけで20万円。

フルサイズとそう変わらない価格でとても買えない。

フルサイズを捨てれば導入できるんだけどね。

これまで買ってきたマイクロフォーサーズボディは3万円程度のもので

5万円以上のものは買ってきてない。

柱となるのはさらにその上のクラスであり負担が大きい。

レンズは資産として残せるけどボディは価値が激減していく。

結果レンズを揃えてボディは安いものばかりとなって

更新が進まなかったのがこれまでなんだな。

 

数年前から量より質ってことで

カメラやレンズのラインナップも質を重視して選ぶようにしてる。

その結果としてフルサイズを導入したわけだが

その下となるとマイクロフォーサーズが理想だが

セカンド機にしてはコストがかかりすぎるので

もう少しなんとかいい方法はないものかな。理想はnikon1。

ニコンがこのマウントを見捨てず続けてくれるのなら

マイクロフォーサーズから全面的に移行するんだけど。

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルレンズキット シルバー J5WLKSL

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5

ダブルレンズキット シルバー J5WLKSL

今あるマイクロフォーサーズを売って

nikon1 J5のレンズキットあたり買うのもありなんだな。

 

最近のマイクロフォーサーズは

APS-Cサイズなどへの対抗のため

ハイエンド思考が強くなってしまって

サブカメラ的な利用に向かなくなってしまった。

オリンパスはOM-Dシリーズ、PanasonicはGXシリーズなど

価格帯がぐんと上がってしまってスペックは高いけど

メインでの利用を想定したものばかりだ。

マイクロフォーサーズをどうするか悩みどころだけど

鍵は柱となるボディをどうするかにかかってる感じだな。

nikon1が継続するならそれを選びたいところだけど・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメとBluetooth LE

  • 2017.05.07 Sunday
  • 22:57

最近Bluetooth LEに対応した

デジタルカメラがいくつか発売されている。

CANONから今度新たに発売するコンデジもBluetooth対応。

Canon コンパクトデジタルカメラ PowerShot SX730 HS ブラック 光学40倍ズーム PSSX730HS(BK)

Canon コンパクトデジタルカメラ PowerShot SX730 HS

ブラック 光学40倍ズーム PSSX730HS(BK)

CANONはこれが初めてではないかと思うが

CASIOやニコンなどではかなり前から搭載している。

 

このBluetoothを初めて搭載したのは

CASIOではなかったかと思う。

CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-ZR1600SR 自分撮りチルト液晶 オートトランスファー機能 Wi-Fi/Bluetooth搭載 シルバー

CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-ZR1600SR 自分撮りチルト液晶

オートトランスファー機能 Wi-Fi/Bluetooth搭載 シルバー

今回CANONが搭載する機能はこのCASIOと同じ。

Bluetooth LEでスマホとデジカメを常時接続して

スマホから写真を転送しようとするとデジカメのWifiがONになり

ファイル転送が進められるというもの。

従来だとデジカメでWifiをONにした後に

スマホでWifi接続して利用する必要があって面倒だったけど

そのあたりがBluetooth LE接続されてることで

自動でリンクされるのだろう。

 

その後ニコンがSnapBridgeという機能により

採用機種が増えていった。

ニコンの場合はデジ一眼でも多く採用されつつある。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400 AF-P 18-55 VR レンズキット ブラック D3400LKBK

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400

AF-P 18-55 VR レンズキット ブラック D3400LKBK

ニコンのSnapBridgeはさらに進んでいて

Bluetoothでのファイル転送にも対応している。

従来はWifi接続のキッカケのためのBluetooth LEによる

常時接続だったけどニコンのSnapbridgeは

Bluetoothによる写真転送にも対応しており

自動転送によりいつの間にかスマホに写真が転送されている。

ただし2Mにリサイズされた写真のみがBluetooth転送対応。

オリジナル写真や動画はWifi転送が必要になる。

CASIOにも自動転送はあるがWifiによる転送になるので

Bluetoothでのファイル転送は現状はニコンが対応ってことになるようだ。

これはかなり便利そうで

Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 レンズキット AF-S DX NIKKOR 16-80/2.8-4E ED VR D500LK16-80

Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 レンズキット

AF-S DX NIKKOR 16-80/2.8-4E ED VR D500LK16-80

上位モデルにも搭載されているという。

200万画素相当ならスマホで見たりSNS投稿するのに

ちょうどいいサイズになるので便利そうだ。

ただ2Mとはいえ全部転送されたら大量撮影する場合は大変だが。

 

この機能のためにニコンのデジ一眼を持つのはどうかと思うが

これから買う人にとって特にSNSをアクティブに利用してる人には

かなり魅力的な機能ではなかろうか。

他のメーカーにも広がってほしいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

EOS KISS

  • 2017.05.06 Saturday
  • 23:22

まだデジカメが登場する以前のことだけど

CANONのEOS KISSを購入検討したことがある。

僕は昔はカメラを全く利用してなかったんだけど

周りで一眼買った人がいて使わせてもらったら

なんかいろいろ凄くて欲しい!モードに突入。

安価な入門用一眼カメラがEOS KISSだった。

あれから年月を経て今もEOS KISSはデジタルになって人気だ。

 

昨今デジ一眼の売れ筋ランキングを見ると

EOS KISSデジタルが上位を占めている。

今はKiss X7のWズームキットが人気のようだ。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット

EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT

EOS KISS X7は2013年4月に発売されたデジ一眼。

もう4年になるけど当時としては非常にコンパクトなデジ一眼で

APS-Cサイズの1800万画素センサーを搭載。ライブビューにも対応。

Wズームキットだと

18-55mmと55-250mmの2本のレンズを搭載。

どちらも手ぶれ補正に対応している。

CANONは35mm換算で1.6倍なので400mm相当の望遠撮影にも対応してる。

なかなかバランスのとれた良い機種だけど

4年も前のモデルなのでWifiを搭載していない点。

映像エンジンもDIGIC5と古くてやや時代遅れな感じは否めない感じか。

 

上位モデルとしてはEOS Kiss X7iが発売されているし

さらに後継モデルも発売されていて最新モデルではX9iで

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOSKISSX9I-WKIT

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i ダブルズームキット

EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOSKISSX9I-WKIT

価格も性能も付属レンズも別物へと変わっている。

価格帯が2.5倍以上するわけでそれを考えると

最新モデルが一概に良いとは言えない。

5万円で買えるデジ一眼だから魅力という点もあるからね。

もっとも僕はEOS KISS X7は安くても買うことはないけどね。

 

CANONのAPS-Cサイズセンサーのデジ一眼を買うなら

EOS 8000Dくらいが良いのではなかろうか。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 8000D ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOS8000D-WKIT

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 8000D ダブルズームキット

EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOS8000D-WKIT

そして買ったら付属レンズはさっくり売却。

18-55+55-250mmってのはいいレンズだけど

僕には合わない。代わりにシグマあたりの万能ズームレンズを買うと。

SIGMA 高倍率ズームレンズ Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM キヤノン用 APS-C専用 886547

SIGMA 高倍率ズームレンズ Contemporary 18-300mm F3.5-6.3

DC MACRO OS HSM キヤノン用 APS-C専用 886547

理想は18-300mmでこれ1本買えばほかに何も要らない。

ただ価格が5万円するのでデジ一眼本体と合わせると10万円を超えて

手軽さは皆無になってしまう。

妥協するなら18-250mmあたりに変更するくらいか。

僕は昔18-200mmを使っていたけどこうした万能ズーム1本で使ったほうが

デジ一眼は利用が増えると思う。

画質を追求するなら単焦点とか大口径ズームとかになるから

18-55や55-250mmなどの付属レンズの出番はないかなと。

もっとも5万円という予算がある場合は

根本的にデジ一眼は選ばない。

選ぶならミラーレスだろう。

 

EOS KISSの話から思いっきり脱線してしまったが

もしEOS KISSシリーズ買うならKISS X8iかな。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOSKISSX8I-WKIT

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i ダブルズームキット

EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOSKISSX8I-WKIT

これなら最新のKissとそう変わりない。

ただ上でも書いたようにKISSシリーズの中からあえて選ぶならこれだが

これを選ぶなら8000Dを僕は選ぶだろう。

サイズやスペック、価格などがほぼ同じの8000DとX8iだけど

使い勝手が大きく異る。

あくまで入門用のKISS、上位モデル譲りの8000Dと操作形態はことなる。

僕は8000Dのほうが情報画面があるし電子水準器も搭載してる。

本来8000Dのほうが上位モデルのはずなんだけど

KISSブランドが同じ価格帯にしてるわけで

8000Dのほうがおすすめだけどなあ。

 

KISSは入門用としていいカメラだけど

あまりKISSシリーズにこだわることないほうが

良いんじゃないかなあと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


recommend

recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM