nikon1 30-110mm

  • 2017.06.16 Friday
  • 22:29

昨年秋に購入したレンズが

nikon1用の30-110mmだ。

Nikon 望遠ズームレンズ 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6 ブラック ニコンCXフォーマット専用

Nikon 望遠ズームレンズ 1 NIKKOR VR 30-110mm

f/3.8-5.6 ブラック ニコンCXフォーマット専用

nikon1は2015年2月を最後に

カメラやレンズなどは発表されておらず

その先行きは不透明。

新しいユーザーも増えていない状況だけど

僕はnikon1 v2を持っていて利用している。

売却することも検討したけどコンパクトミラーレスとして

今後も利用することにしてそれで昨年秋に新たなレンズとして購入した。

 

30-110mmは

35mm換算だと81-297mmのレンズになる。

いわゆるWレンズキットの望遠レンズにあるわけだが

その画質は思っていた以上に良かった

キットレンズレベルの画質は凌駕している。

得られる画質はとても高くて昨年秋などは

EOS6D+24-105mm F4Lをメインで使っている時の

望遠用サブカメラとしてよく一緒に利用したものだ。

それまではマイクロフォーサーズ+45-175mmとか

使ったりしていたけどそれは利用することがなくなり

結局今年春にそのカメラやレンズは売却してしまった。

 

この30-110mmだけど

今後も利用していく。

今欲しいレンズがあるんだけど

それはマイクロフォーサーズの40-150mm f2.8。

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 1.4X テレコンバーターキット 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED40-150mm F2.8PROTC

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8

1.4X テレコンバーターキット 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用

M.ZUIKO ED40-150mm F2.8PROTC

フルサイズで70-200mm f2.8の大口径ズームを

導入しようかと検討していたけど大きくて重くて価格も高い。

また200mmでは物足りないような気がしてきた。

かといって70-300mmだとF2.8を求めるとアホみたいに高くなる。

その時にこのレンズのことを思い出したんだ。

フルサイズは標準から広角用として利用して

望遠はミラーレスにまかせていこうかなと。

となるとこのレンズは非常に素晴らしくて最適。

もっとも価格は15万円くらいなので手軽に買えないが

今後購入する候補の1つとして検討をしている。

 

この40-150mm f2.8ってのは35mm換算で80-300mm。

この画角には慣れていないから慣れておきたいなあと

ふと思った時に今使ってるのと近いじゃないかと。

nikon1の30-110mmが81-297mm相当なのでほぼ同じ。

つまりこのレンズでこの画角に慣れておくことは良さそうだ。

より高画質を求めて利用する場合は40-150mm f2.8を使い

手軽なコンパクトさを重視するならnikon1を使うと。

そういう感じで検討することになり

30-110mmはこの先も利用を増やしていきたい。

 

nikon1を利用している人は

30-110mmは高画質で使いやすいので

おすすめしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

水族館・動物園・博物館とカメラ

  • 2017.06.15 Thursday
  • 22:36

ちょっと前にマツコさんの番組で

水族館特集がありその中で

名古屋港水族館と竹島水族館が紹介されていた。

愛知県にある水族館だけど実はどちらも行ったことがない。

水族館ぴあ 全国版 2017 (ぴあMOOK)

水族館ぴあ 全国版 2017 (ぴあMOOK)

名古屋港水族館は凄いとは聞いていたけど

実際に番組で紹介されたりして本当なんだなと知り

行ってみたくなったわけだがただ行くだけでなく

カメラを持っていき写真を撮りたいもの。

水族館だけでなく動物園や博物館などへ

オフシーズンになると行きたくなる。

 

カメラのハイシーズンは春と秋。

3月から5月と9月から11月だと思う。

春は花のシーズン。梅から桜、チューリップに桃、そしてバラ。

多くの花が咲き乱れる季節で1年でもカメラ利用が最も多い。

秋は紅葉が中心かな。9月は彼岸花やコスモスなど秋の花も咲く。

10月以降は山から紅葉前線が降りてきて11月下旬には

町中が色づいて素敵な感じだ。

僕は以前は紅葉狩りというものに興味がなくて

秋は休みもなく退屈な時期という印象だったけど

今では紅葉狩りなど楽しみが増えて好きな季節になった。

それ以外の時期でいうと12月から2月は冬。

イルミネーションが昨今はあり町中を彩る。

また雪景色も素敵だ。

6月から8月は山と海。アウトドアの季節だ。

とはいえ夏と冬はインドア派の人間にとっては

それほど出かける時期ではなくカメラ利用も減ってしまう。

 

そんな中でオフシーズンのカメラ利用だが

乗り物系を撮影する趣味があれば

鉄道、飛行機、モータースポーツなど撮影機会は多いが

そうでないなら何が有るだろうか。

カメラを利用する機会として最適なのが

動物園や水族館、博物館だ。

特に動物園は写真撮影に最適。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000

2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

FZ1000を買った当初に動物園へ行ったら

すごくいい感じで撮影することができたんだ。

超望遠カメラというのはその性能を持て余してしまうが

動物園などでは思う存分撮影することが出来る。

逆に普通の撮影だとつまらない写真になってしまう。

動物園では柵があり近寄れないけどその分超望遠で

よって撮影することで迫力ある写真が撮影出来る。

Panasonic 超望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II /POWER O.I.S. H-FSA100300

Panasonic 超望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用

ルミックス G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II /

POWER O.I.S. H-FSA100300

超望遠レンズを買っても持て余している人は

動物園に行ったらきっと満足できるだろう。

 

博物館は屋内施設など撮影禁止のところもあるが

屋外系の博物館だと写真撮影は自由で撮影しがいがある。

僕は明治村へよく行くけど明治村は素敵な建物が多くて魅力。

建物の撮影の場合は望遠でもいいけど迫力ある写真撮影には

超広角があると便利かなと思う。

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM APS-C対応 EF-S10-18ISSTM

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm

F4.5-5.6 IS STM APS-C対応 EF-S10-18ISSTM

近くにそびえる建物など全景を収めるために超広角は必要だし

素敵な室内も全体を入れるのは広い画角が必要になる。

もちろん普通の画角でも素敵な写真は撮影出来るけど

超広角の撮影の練習をするのに建物博物館などは最適かと思う。

 

では水族館はどうなのだろう。

僕は水族館はここ20年行ってないので

水族館でどう撮影したらいいのか分からない。

イルカショーなどだと望遠撮影が必要になりそうだ。

一方で水槽などは薄暗いので高感度撮影が必要になるのだろうか。

ただ明るすぎるとイメージ狂うので

そんなに明るさは必要ないのかもしれない。

水族館で気をつけるべきは

シャッター速度と色温度のようだ。

薄暗い状況だが魚は動いているので

ある程度シャッター速度を確保して撮影する必要がある。

250分の1くらいの速度は欲しいのでTvモードで撮影するのがベストのようだ。

あとホワイトバランスが難しい。

青を出すために電球モードで撮影すると良いようだ。

明るいレンズを利用するのも最適で手振れ補正もあると良いかと。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9  1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9

1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

LX9などは水族館で撮影するのにいいカメラかなと。

 

ということで1度水族館へ行かねばならないな。

土日は混雑するし

夏休みも混みそうだから平日で検討してみよう。

6月は紫陽花の季節が終わればしばらくは

夏山シーズンまで何もないのでそういった時期へ

名古屋港水族館あたり行ってみたい。

明治村やリトルワールド、東山動物園あたりも機会があれば行こう。

ただ真夏の野外パークは暑さ対策をしっかりしていかないとね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンパスの40-150mm f2.8

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 22:28

去年の7月にフルサイズのEOS6Dを買って

そのちょうどその頃だったか

あるレンズを知ることになる。

それがオリンパスの40-150mm f2.8。

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 1.4X テレコンバーターキット 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED40-150mm F2.8PROTC

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8

1.4X テレコンバーターキット 防塵 防滴

マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED40-150mm F2.8PROTC

それで撮影された写真のクォリティが素晴らしかった。

秋になって実際に撮影に利用してる人を見かけて

余計に欲しくなったけどフルサイズデジ一眼を買ったばかりで

とても買えるものではなかった。

ちょっとだけフルサイズ買わなければと思ったのは確かだ。

ただその後はフルサイズを使って次第にこのレンズのことは忘れていた。

 

今年になり次に購入したいレンズとして

フルサイズで利用する70-200mm f2.8を検討し始めた。

CANON純正のは23万円くらいする。

タムロンとかだと最新のが14万円ほど、旧型だと9万円弱。

そのあたりで検討してみようかなあとか考えていた。

そんな中で岩合光昭さんに密着した番組をNHKで見たんだ。

そしたら岩合光昭さんがオリンパスのカメラを使ってて

その中でこの40-150mm f2.8を盛んに使って猫を撮影。

それでまたこのレンズが欲しい気持ちが復活してしまった。

35mm換算だと80-300mm f2.8というレンズ。

価格もオリンパス純正ながらレンズだけなら14万円弱。

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 防塵 防滴

マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO

もしEOS6Dではなく

オリンパスのE-M5 MarkIIあたりを昨年買っていたら

このレンズを今年買っていたかもしれないなあと。

 

でも買うのはありかなと。

フルサイズでは望遠系レンズの利用は不利になる。

高価な70-200mm f2.8ではなくこのレンズをマイクロフォーサーズで利用。

代わりにフルサイズでは超広角系を買うのはありかなと。

僕が持っているマイクロフォサーズは

今はオリンパスのE-PL6しかないがこれでも大丈夫かな。

という感じで40-150mm f2.8への熱を思い出してまた迷っている。

 

しかしレンズにはお金がかかる・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

防湿ボックス

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 23:30

このところ湿度が高くなってきたのを感じる。

明らかに不快指数が上がり蒸し暑くなっている。

カビの発生には最適な時期と言えるこの時期は

カメラの保管・管理に十分気をつける必要がある。

僕は以前使わなくなったコンデジを放置してたら

レンズ内部にカビを発生させてしまった前科がある。

久々に車載動画撮影で使ってみたら

何か変なものが映り込むなあと思ってチェックしたら

レンズ内部に点点点・・・・。これがカビかと。

拭き取ることも出来ない。

分解清掃なんて出来るスキルもない。

カビなどは発生させないことが重要なんだ。

 

僕は今は2台のドライボックスを利用してる。

HAKUBA ドライボックスNEO 9.5L スモーク KMC-40

HAKUBA ドライボックスNEO 9.5L スモーク KMC-40

HAKUBAのドライボックスは2013年に購入。

便利に使っていたけどサイズが小さく手狭に。

全部を入れることができなかったこともあり

ナカバヤシ キャパティ ドライボックス27L グレー 97025

ナカバヤシ キャパティ ドライボックス27L グレー 97025

去年5月末に27Lの大型のドライボックスを購入。

今は2台でやりくりしている。

HAKUBAのほうは普段使わない光学製品を入れている。

DVカメラやHDVカメラ、双眼鏡、古いデジカメなど。

ナカバヤシのほうは主力のカメラなどを入れている。

ただ今年春にカメラ関係は整理してかなり処分したので

どちらもかなり余裕が出来た感じだ。

大きいレンズとか1本買っても入るだけの余裕が出来た。

 

ドライボックスはただそれに入れておくだけでは意味がない。

乾燥剤を入れておかねば乾燥状態は維持されない。

HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S

HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S

これを半年に1個交換して利用している。

ちなみにハイアマチュアなどの人が使う大型の防湿庫がある。

あれは電源があり電気の力で乾燥状態を作り出してるので

乾燥剤は必要ないようだ。

ただし防カビ剤は必要だ。

HAKUBA レンズ専用防カビ剤フレンズ 2個セット AMZ-KMC-0402

HAKUBA レンズ専用防カビ剤フレンズ

2個セット AMZ-KMC-0402

防カビ剤は1年に1回交換している。

ドライボックスの場合は乾燥剤と防カビ剤を入れて管理している。

 

ということで今後もずっと管理して

レンズなどは10年後もしっかり使えるようにしていきたい。

ほんとカビが生えているのを知った時は落ち込んだからな。

これが高価なレンズだったらほんと大変だから気をつけねば。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラを忘れる夢

  • 2017.06.12 Monday
  • 23:38

ちょっと前にある夢を見た。

今と学生時代がごっちゃになってる夢だったが

学校行事かなんかで出かけることになったのだが

カメラなどを自宅においてきてしまったと。

取りに帰るかどうか迷いつつ目的地への電車に乗って

それでも迷っている感じだったかな。

 

こうした夢は過去何度か見ている。

○○を忘れて焦っている夢というのは多いが

子供の頃が学校関係のものだったけど

最近は何かカメラが多い気がする。

特に旅行など出かける時などは

カメラは忘れてはいけないという強い意識が働いている。

カメラで旅を記録することが旅の目的の1つになっていることもある。

 

実際そうしたカメラの利用機会で

カメラを持ってない自体を避けるために

ここ10年くらいは日常的にカメラを持ち歩こうと考えてきて

2009年にTZ7を買った時にそれが少し実現して

本格的には2013年に日常撮影専用にXZ-1を買って完成した。

OLYMPUS デジタルカメラ XZ-1 ホワイト 1000万画素 1/1.63型高感度CCD 大口径F1.8 i.ZUIKO DIGITALレンズ 3.0型有機ELディスプレイ XZ-1 WHT

OLYMPUS デジタルカメラ XZ-1 ホワイト

一時期活躍していたけど

最近はスマホカメラが高画質化しそれで十分になり

持たなくなりつつ有るけど。

 

カメラを忘れた夢を見たとして

具体的にどのレベルのカメラを持っていこうとしているのか。

デジ一眼?ミラーレス?そのあたりは時代とともに変遷している。

今は写真も動画も重視しているけど

一方でそこまで画質は必要ないとも考えつつ有る。

例えばフルサイズデジ一眼は高画質だけど重い。

旅の記録をする上ではオーバースペックであり

1インチの高級コンデジでも十分と言える。

ハワイ旅行ではフルサイズを持っていくか迷ったけど

結果的に持っていかなくて正解だったと考えている。

今1台だけという条件なら僕はFZ1000を持っていくけど

これを日常的に持ち出すのは難しくて

日常的に持ち出すことも考えると

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1 光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1

光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

TX1こそ最高の日常カメラであり望遠も動画も対応出来て

スマートフォンにはない写真などを撮影出来る。

 

とはいえスマホカメラの進化は目覚ましい。

iPhone7 plusのようなデュアルカメラは今後広がるだろう。

動画は既に4k30pに達してビデオカメラクラス。

スマホで十分だというレベルになる日も遠くはなさそう。

もしそういう日が到来したらきっとカメラを忘れる夢は見なくなる。

スマホを忘れる夢・・ってのは多分かな。

それよりスマホのバッテリーが切れる夢ってのはありうるから

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2016年8月末時点 A1263011

Anker PowerCore 10000 (10000mAh

最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)

iPhone&Android対応 *2016年8月末時点 A1263011

モバイルバッテリーを忘れないようにしないとなと。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

あと3軸ジンバルもスマホのオプションとして

重要視されることになるかも。特に動画撮影の場合はね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

iVIS mini Xからの超広角ビデオカメラ

  • 2017.06.11 Sunday
  • 22:27

2年ほど前に購入したビデオカメラが

CANONのiVIS mini X。

Canon デジタルビデオカメラ iVIS mini X 対角約170度 1,280万画素CMOSセンサー IVISMINIX

Canon デジタルビデオカメラ iVIS mini X

対角約170度 1,280万画素CMOSセンサー IVISMINIX

高音質マイクを搭載した超広角レンズ搭載のビデオカメラ。

音は本当に素晴らしくてPCMレコーダーのように記録。

映像も歪み大きいけど画質は良くて光学ズームなどないけど

アクションカメラのような超広角動画を撮影出来た。

液晶も起きくて使いやすかった。

 

ただこのカメラは出番が全く無かった。

歌を歌ったり演奏をしたりする人は

その様子を記録するのに最適だけど僕はしない。

ビデオカメラのように使うと手振れ補正がないため

ブレが気になる。

いろいろ利用を模索したけど手ブレ補正がないのが

致命的で結局は売ってしまった。

昨年後半に生産終了したこともあり

このカメラはプレミアがついていて

購入時は3万円ちょいだったけど

6万円弱で売れた気がするんだなあ。

まあそれはそれで良かったんだけど

最近少し未練が出てきている。

 

このカメラは手振れ補正以外は使いやすかった。

手ブレを抑えるためにハンドグリップを買って

使ったりしたけどそれだけでは駄目だった。

昨年11月にはDJI OSMO mobileを購入。

3軸ジンバルによる動画撮影を行い始めて

余計にiVIS mini Xの手振れ補正のなさが見えてきた。

ハワイ旅行でも持っていったけど音はいいんだがやはり手ブレが。

ところが最近このカメラでも使える3軸ジンバルが発表。

まもなく発売される。

【国内正規品】FEIYU TECH G360 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル 【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】FEIYU TECH G360 3軸 ハンドヘルド

スタビライザー ジンバル 【日本語説明書付き・国内保証1年】

360度カメラに対応した3軸ジンバルなんだけど

300gまでのデジカメやビデオカメラも搭載可能だ。

バッテリー込みでも250g程度のiVIS mini Xが使える製品。

価格は安くはないけど以前この手のモデルは

10万円近くするものばかりだったのでそれに比べると安い。

3軸ジンバルの音が入るかもしれないけど

これがあればiVIS mini Xの手ブレの弱点が解消するのでは。

もしもっと早くこれが発表されてたら買って使ってたかもしれないなと。

ただ今更iVIS mini Xを買い戻すことはしないけどね。

 

もしこの手のカメラを買うなら

音質には目をつぶって

今だとYIの4KカメラとFEIYUのG5あたりがいいかと思う。

GoPro HERO5 BlackとKarma Gripだと85000円くらいするが

この組み合わせなら同等品質で6万円ちょっとで買えるかなと。

YI 4K スポーツカメラ アクションカメラ Wearable Sports Action Camera 155°広角レンズ JP版 オリジナル正規品 黒 90049

YI 4K スポーツカメラ アクションカメラ Wearable Sports Action Camera

155°広角レンズ JP版 オリジナル正規品 黒 90049

YIは最近4k60p対応のアクションカメラを発表したが

その分従来の4k30p対応モデルは安く買える。

品質はGoProと遜色ないレベルで十分かなと。

他のGoProもどきの安い製品とはレベルが違う。

FEIYU TECH G5 (2個の電池 +延長ポール) 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル Gopro Hero 5 HERO4 HERO3+ HERO3 Yi cam 4K AEEなどに及び同サイズのアクションカメラ用

FEIYU TECH G5 (2個の電池 +延長ポール) 3軸 ハンドヘルド

スタビライザー ジンバル Gopro Hero 5 HERO4 HERO3+

HERO3 Yi cam 4K AEEなどに及び同サイズのアクションカメラ用

FEIYU TECHのG5もなかなか良さそうだ。

G4はいろいろ問題を抱えていたけど改善して使いやすくなった。

 

ということでiVIS mini Xの後継が発売されれば・・と思うが

多分CANONはもうこの手の家庭用ビデオカメラは

あまり注力しなさそうなので他社のを検討していこう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

縦型動画カメラ

  • 2017.06.10 Saturday
  • 22:27

昔から縦型の動画カメラにあこがれていた。

でも結局購入するチャンスがなく

いつの間にか消えてしまった。

有名なのはSANYOのXactiだろうか。

SANYO ハイビジョン対応 デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) ブラック DMX-HD1010(K)

SANYO ハイビジョン対応 デジタルムービーカメラ

Xacti (ザクティ) ブラック DMX-HD1010(K)

Xactiは欲しかったなあ。

元々デジカメで動画に強いカメラだった。

僕は2003年頃だったかSANYOの動画カメラのMZ3を買って

それでいろいろ撮影していたからこの手のカメラには

多少思い入れがあった。

Xactiは動画撮影しやすいように縦型にチェンジ。

これで高い支持を得たんだ。

Xactiを2007年に買うか迷ったけど

結局買ったのはCANONのHDVカメラだったっけ。

 

この手のカメラが最後に盛り上がったのは

2012年から2013年頃だったか。

Xactiの流れではあったけどデジカメと言う要素は薄れて

どちらかというとビデオカメラとして発売された感じか。

PanasonicからXacti後継が発売され

SONYもこのクラスにカメラを発売していた。

Panasonic デジタルムービーカメラ 防水仕様 ホワイト HX-WA3-W

Panasonic デジタルムービーカメラ

防水仕様 ホワイト HX-WA3-W

SONY メモリースティックマイクロ/マイクロSD対応 10m防水・防塵・耐衝撃フルハイビジョンビデオカメラ(ホワイト) HDR-GW66V(W)

SONY メモリースティックマイクロ/マイクロSD対応

10m防水・防塵・耐衝撃フルハイビジョンビデオカメラ

(ホワイト) HDR-GW66V(W)

このクラスのカメラは海やスキーなどの撮影などで

一定の需要はあり人気だったのだがやがて縮小していく。

その最大の理由はアクションカムの登場。

各社から小さなアクションカムが登場し

そのカメラはウェアラブルカメラとして利用することになり

より小型化して液晶がなくなってしまった。

従来のビデオカメラのようなスタイルでの撮影はできなくなった。

液晶画面は欲しいなあと思う。

 

防水にこだわるなら今はオリンパスのTG-Trackerが理想。

OLYMPUS アクションカメラ STYLUS TG-Tracker グリーン 防水性能30m 耐衝撃2.1m 耐荷重100kgf 防塵 耐低温-10℃

OLYMPUS アクションカメラ STYLUS TG-Tracker

グリーン 防水性能30m 耐衝撃2.1m 耐荷重100kgf 防塵 耐低温-10℃

液晶画面がついておりビデオカメラのように使える。

これでSONYのアクションカムのような光学手ブレ補正があれば最強だが。

でもアウトドアや海やスキー場で撮影する動画カメラとしては

1つの完成形と言えるだろう。

一方で小型のビデオカメラとして見た場合は

今は適当なモデルがない。

Xactiのように写真も動画も行けるカメラというと

あるようであまりないんだな。

Xactiはデジカメからビデオカメラの世界に足を踏み入れたカメラだが

今のビデオカメラは正統派のビデオカメラばかり。

デジカメもビデオカメラもスマホにより

かなり駆逐されてしまってこのクラスのカメラは消えてしまった。

 

縦型カメラの利点は動画撮影がし易いこと。

デジタルカメラは横型だと両手で挟み込むように持つので

安定した動画撮影が出来ない。

昨今デジカメやミラーレスなど動画撮影に対応するが

安定的に撮影する場合は

ラバー ハンドグリップ カメラ ボトム グリップ 手ぶれ対策 デジカメ 一眼レフ ミラーレス ゴープロ ビデオ 撮影補助 3/8→1/4 径 変換 ネジ ミニクロス セット

ラバー ハンドグリップ カメラ ボトム グリップ

手ぶれ対策 デジカメ 一眼レフ ミラーレス ゴープロ

ビデオ 撮影補助 3/8→1/4 径 変換 ネジ ミニクロス セット

こうしたグリップが必要になる。

ムービーカメラとしてほしいのではなく

基本はデジカメだが動画撮影にも対応出来るカメラが理想。

今はSONY、Panasonic、CANONなど

動画にも強いカメラは多く発売されているけど

形状的には動画撮影には向いていない。

1インチ搭載で4k動画撮影可能な縦型カメラなんて

あれば面白いのにと思う。

ビデオカメラほど動画に特化していないけど

写真よりも動画を重視する人向けのカメラ。

需要はあると思うんだけど。

 

ってことでそういうカメラが

今後発売されることを期待したい。

今更Xactiの中古は買えないなあ・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

九州旅でのカメラ

  • 2017.06.09 Friday
  • 23:30

8月上旬に九州へ旅行をする予定。

既に航空券はOK、宿もOK、レンタカーもOK。

さすがにまだ2ヶ月弱あるので準備はしていないが

持っていくカメラをどうするかは検討を続けていた。

新しいカメラを買うかも考えたけど買わないことに決めた。

基本的な装備は1月のハワイ旅行のカメラと同じ。

ただビデオカメラは売ってしまったのでないけどね。

 

メインカメラはPanasonicのDMC-FZ1000。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000

2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

広角から望遠、動画まで万能に使えるカメラだ。

これがあればなんとかなる。

ハワイでもメインカメラとして活躍してくれた。

動画も写真を撮影しながら並行的に撮影する予定。

現在のメインカメラはCANONのEOS6Dだけど

フルサイズデジ一眼は重くて取り回しが悪い。

そして何よりEOS6DとFZ1000の同時利用は難しいので

どちらを取るか考えて画角と動画に優れるFZ1000を選んだ。

そこまで高画質は必要ないかなと。

サブカメラはnikon1 v2+11-27.5mm。

Nikon ミラーレス一眼 Nikon 1 V2 ボディー ブラック N1V2BK

Nikon ミラーレス一眼 Nikon 1 V2

ボディー ブラック N1V2BK

FZ1000は常に利用するには大きすぎるので

通常時はニコン1を首から下げて利用したい。

11-27.5mmは30-74mm相当で画角は狭いけど

スナップショット感覚なら問題ないかと。

nikon1の望遠レンズは邪魔だから持っていかない。

 

さて動画カメラとしては

DJI OSMO mobile+Nexus5Xを利用する。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile 3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile

3軸手持ちジンバル + ベース (専用台座) セット

ハワイ旅行でも活躍してくれた。

ハワイではビデオカメラも使ったけど

このDJI OSMO mobileの充電ができなくなったため。

その問題は既に解決済みなので充電の問題がなければ

これのみで問題ないかと。

スマホはNexus5Xを利用。

スマホのバッテリーはモバイルバッテリーなどで

随時充電しておく必要があるかと。

これがあればビデオカメラも必要ない。

本当はハワイでもずっとこれで撮影していたかったんだけどな。

 

ということでビデオカメラはこれで

購入しない方向になるんじゃないかと思う。

まだ気になるけどビデオカメラではなく

大口径ズームレンズを秋に向けて購入するかも。

あるいは今年は見送り来年かもしれない。

カメラを売ったといっても

フルサイズデジ一眼、FZ1000、マイクロフォーサーズ、nikon1と

それなりにまだまだ揃っているので特に問題ないかな。

カメラをたくさん持って旅が苦しくなるよりも

軽装で旅を楽しみたい。ハワイで実践したとおりでOKかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大口径ズームかビデオカメラか

  • 2017.06.08 Thursday
  • 21:32

今年これから購入するカメラやレンズについて

いろいろ検討を続けて2つの方向で絞れてきた。

1つはビデオカメラ。

もう1つは大口径ズームレンズ。

具体的な機種も決まりつつあるけど

どちらを買うかは分からない。

どちらも買わない可能性もあるけど。

今後の行楽予定などを考えてやや混沌気味だ。

 

今年8月始めに九州へ旅行へ行く予定。

その際に写真だけでなく動画も撮影したいと

ビデオカメラの購入を検討している。

フルHDではなく4K。

手振れ補正は強力な空間手振れ補正。

それらの条件からSONYのAX40が有力候補だ。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX40 4K 64GB

光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX40 BC

価格は8万円から9万円ほどするかな。

ただ本当にこれを買って使うかというと疑問がある。

 

ビデオカメラは実は今年春に2台売却済み。

2013年と2015年にビデオカメラを購入しているんだけど

あまりにも使わなくて無駄で

今年1月にハワイ旅行へ行ってそれで久々に使って

これ以降しばらく使う予定がないってことで売却してしまった。

春頃はビデオカメラ需要が大きくて

2013年に買ったビデオカメラも購入金額の8割くらいで売れたし

2015年に買ったビデオカメラに関してはプレミアついて

購入金額の1.7倍くらいで売れてしまった。

だからまたすぐビデオカメラを買うことには抵抗があるし

そもそも九州旅行が終わったらしばらく利用する機会がなくなりそう。

それを考えると旅行のためだけに買うのは勿体無いかと。

ビデオカメラの必要性に関してはあとでまた考えてみた。

 

もう1台の候補は大口径ズームレンズだ。

これはフルサイズデジ一眼を昨年7月に購入して

1年使ってきて2年目のステップアップとして検討しているもの。

70-200mm f2.8レンズは撮影にさらなる力を与えてくれる。

いろいろ候補がある中で今の有力はタムロンのA009。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

今年新モデルのG2が出て最近値下がり気味のレンズだ。

価格は8万円から9万円でビデオカメラと同じような価格だ。

このレンズを九州旅行へ持っていくのは難しいと思う。

持っていけないことはないけど邪魔になりそう。

むしろ本命は秋の紅葉撮影でだからそれほど急いでるわけではない。

ただバラの撮影は終わったけど今買えばあじさいやユリの撮影には

間に合うんだけどね。

 

1つの鍵になるのが今年8月の九州旅行だ。

その時に持っていくカメラをどうするかは

今考えているところ。

現状最有力はFZ1000。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000

2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

これ1台で広角から望遠、動画までばっちりのカメラで

ハワイ旅行では大活躍だったカメラだ。

動画を連続的に撮影するには向かないけど

写真と動画と合わせて撮影していくのには最適なカメラと言える。

 

DJI OSMOをどうするかってのも問題だ。

【DJI 10周年記念】DJI Osmo カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

【DJI 10周年記念】DJI Osmo

カメラスタビライザー ※予備バッテリー付※

今年春に購入したDJI OSMOは思ったほど利用してない。

音が致命的に悪いのが難点なんだなあ。

さてこれを売って別のカメラを買うのも検討中だけど

これといった良いカメラがないのも事実で

なかなか難しいところだなあ。

 

ってことでどうするか全く決まらない。

旅行のためだけに何かを買うってのは無駄になりやすいので

大口径ズームレンズが有力だけどはてさてどうなることやら。

このエントリーをはてなブックマークに追加

三脚を買う

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 22:32

昨年フルサイズデジ一眼を購入。

その前から気づいてはいたんだけど

良いカメラを持っている人は良い三脚を持っている。

脚が太くて頑丈ででも軽そうなカーボン三脚等。

それに比べて僕が持っているのは明らかに劣っていたんだ。

 

一応三脚は2台持っている。

それぞれ使い分けている。

【アウトレット】 SLIK 小型プロ仕様三脚 プロ 340 BH [海外仕様モデル] 151969

【アウトレット】 SLIK 小型プロ仕様三脚

プロ 340 BH [海外仕様モデル] 151969

SLIKのこの三脚はかなり脚がしっかりしている。

デジタル一眼レフで利用する時にはこれで利用していた。

これも良い方のだけど他の人のに比べるとね。

Velbon 三脚 レバー式 EX-440 4段 小型 3Way雲台クイックシュー付き アルミ製 301482

Velbon 三脚 レバー式 EX-440 4段 小型

3Way雲台クイックシュー付き アルミ製 301482

もう1台は定番の三脚。

EX-440はちょっと前のモデルで今は後継機種が出ており

3000円台で売られている。

デジカメやビデオカメラ、あるいはスマホ撮影など

広く使われている人気の三脚だ。

僕はこれを最初はビデオカメラ用で使っていたけど

最近は双眼鏡用で使っていたりする。基本的に家用の三脚だ。

 

さて新しく購入する三脚はVelbonのULTREKシリーズと考えた。

Velbon 三脚 ウルトラロック ULTREK UT-43 6段 小型 自由雲台付 コマ止め方式 トルク調整対応 クイックシュー対応 324160

Velbon 三脚 ウルトラロック ULTREK UT-43 6段 小型

自由雲台付 コマ止め方式 トルク調整対応 クイックシュー対応 324160

当初はUT-43で考えていたんだけど耐荷重が2キロまで。

今の使ってるカメラやレンズならば問題ないが

今後のことを考えると2キロはちょっとオーバーしそう。

それなら1つ上のUT-53でと検討。

Velbon 三脚 ウルトラロック ULTREK UT-53 6段 中型 自由雲台付 コマ止め方式 トルク調整対応 DIN規格クイックシュー対応 324146

Velbon 三脚 ウルトラロック ULTREK UT-53 6段 中型

自由雲台付 コマ止め方式 トルク調整対応

DIN規格クイックシュー対応 324146

1つの上のUT-63も考えたけど価格も高いし

さすがに2.5キロを超えることはないだろうからUT-53で決定。

 

 ということで先日購入。

具体的にいつデビューさせるかは決まってないが

6月中にあじさいまつりへ行くので

その時には活躍してくれることだろうと思う。

そして夏の九州旅行、秋の紅葉狩りなどでは

主力三脚として頑張ってもらいたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


recommend

recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM