カメラバッグと撮影

  • 2017.09.09 Saturday
  • 23:42

カメラバッグはカメラやレンズを保護する上で重要だ。

特に大きくて多いデジ一眼などは

カメラ専用バッグに入れておきたい。

僕は以前鹿児島へ帰省した帰りに

高速道のSAで荷物を整理してたら

ザックの上の部分に入れてたカメラが

落ちてきてアスファルトの上にどかん!!。

シグマの18-200mmのレンズが壊れてしまって

修理に出す羽目になってしまった。1万円くらいかかったな。

それ以来カメラはザックに入れるのではなく

カメラバッグに入れるべきだという意識が強い。

 

今持っているフルサイズデジ一眼は

新しく購入したカメラバッグに入れている。

OUTDOOR ショルダーバッグ OD カメラショルダーバッグ01 3.2L ネイビー ODCSB01NV

OUTDOOR ショルダーバッグ OD

カメラショルダーバッグ01 3.2L ネイビー ODCSB01NV

このカメラバッグは

CANONのEOS6D+24-105mm F4Lにぴったりだ。

ぎりぎりぴったり入っていい感じで

昨年夏以降撮影に持っていく際に利用している。

これがあるから安心して持ち歩くことが出来るんだ。

しかし8月に70-200mm f2.8のレンズを買った。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

このレンズを装着した状態ではこれまでのカメラバッグには

とてもじゃないけど入れられない。

このレンズをつけて歩く場合はどうしたらいいのかと検討している。

 

とりあえず持っていく段階では

24-105mm F4Lをつけて

これまで通りのカメラバッグに入れておき

現地でレンズ交換を利用するのが候補。

そのためレンズを入れておくためのレンズポーチは購入した。

ETSUMI 写真用品 レンズポーチF2.8L E-5009

ETSUMI 写真用品 レンズポーチF2.8L E-5009

保護されることはされるけど

落としたらさすがにヤバイ感じなので

慎重に取り扱う必要がある。

もう少し厳重はケースがほしいかなと思っているけど

当面はこれで行くことになるだろう。

ただ70-200m f2.8メインで撮影する場合は

それをつけたまま入れられるケースがほしいかなと。

 

フルサイズデジ一眼に

70-200mm f2.8のレンズをつけて入れられるカメラバッグ。

探してみると結構あるものだけど

1万円前後とかかなり価格が高いものが多い。

そんな中で5000円以下という条件だと

Manfrotto ホルスター advancedコレクション 8.5L レインカバー付属 ブラック MB MA-H-L

Manfrotto ホルスター advancedコレクション

8.5L レインカバー付属 ブラック MB MA-H-L

マンフロットのこの製品がよさそうだ。

ホルスターという製品でカメラバッグでも

移動時などに入れておくケースのような製品らしい。

レビューを見ると若干使い勝手がよくないとあるけどこれでいいかな。

ただどうするかはもう少し考えてみたい。

 

そうそうとりあえず持ち運びに関しては

Amazonベーシックでカメラスリングバッグを利用する。

Amazonベーシック スリングバッグ 7.7L 一眼レフ用 ブラック

Amazonベーシック スリングバッグ 7.7L 一眼レフ用 ブラック

以前買ったけど全く使い道がなかったこのバッグだけど

中を調整してEOS6D+70-200mm f2.8がいい感じで入るようにした。

スペース的にはピッタリなので問題ない。

他のレンズは入らないけどね。うまくやれば入らないこともないけど。

 

ということであれこれ考えているけど

使ってみないと正直分からないので

現場を経て経験を積んでどうするか改善していきたい。

あとレンズ交換は必ず座って地面に近い位置で行うこと。

以前名古屋駅近くで歩きながらレンズ交換して

おもいっきりレンズを落として壊したことがあるから・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

超広角星空撮影

  • 2017.09.08 Friday
  • 23:39

去年夏にフルサイズデジ一眼を買って

やってみたかった星空撮影にチャレンジした。

思っていたような星空は撮影出来なかったけど

2度3度撮影して何が足りないのかは見えてきた。

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS USM フルサイズ対応

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L

IS USM フルサイズ対応

使ったレンズは24-105mm f4L。

風景撮影などに威力を発揮するLレンズだけど

星空撮影にはあまり向いているとは言えない。

 

星空撮影に適したレンズとは何か。

実際に撮影して欲しいと思ったものは2つ。

1つは広角。もう1つは明るさだ。

24mmは広角レンズだけど星空撮影をする上では狭い。

宝石をちりばめたように広がる星空だけど

カメラで撮影しようとするとその一部しか撮影出来なかった。

全天とまでは言わないがもっと広く撮影したい。

明るさはシャッター速度との兼ね合いの問題も出てくる。

明るいレンズほど多くの星を撮影出来る。

出来なければシャッター速度は落とすことになる。

15秒より30秒、30秒より60秒のほうが多くの星が写る。

夜景撮影ならそれで問題ないのだが星空の場合は動く。

地球の自転の影響で星空は見かけ上動くので

30秒くらいでも星の流れが写ってしまう。

その影響を軽減するためには超広角で明るいレンズが必要になる。

 

具体的に検討したっけ候補に挙がったレンズは2本。

1つはサムヤンというメーカーの14mm f2.8。

SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 キヤノン EF用 フルサイズ対応

SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8

キヤノン EF用 フルサイズ対応

海外メーカーだけどわりと人気があるようだ。

特にこの14mm f2.8は星空撮影者に人気となっている。

超広角で明るくそれでいて価格が安いためだ。

MF専用レンズなのだが星空撮影はMFで行うのでこの点問題はない。

ネックになるのは品質のバラツキが多いという

海外メーカー特有の理由だろうか。

ハズレだった場合を考えると少しリスクが高いかな。

でも新品でこの価格は魅力的。

もう1つはシグマの15mm f2.8。

SIGMA 単焦点魚眼レンズ 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE キヤノン用 対角線魚眼 フルサイズ対応 476403

SIGMA 単焦点魚眼レンズ 15mm F2.8 EX DG

DIAGONAL FISHEYE キヤノン用

対角線魚眼 フルサイズ対応 476403

このレンズはちょっと古めで歪曲も多めっぽいけど

比較的安いこと。AFレンズなので普段も使うことが出来る。

中古ならもう少し安く買うことが出来る。

結局は予算の問題なんだなあ。

そう何度も使わないのであまりお金が出せない。

となると選択肢は限られてしまう。

 

あとはポータブル赤道儀を使う方法もある。

Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT) ホワイト 355051

Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT) ホワイト 355051

一番有名なのはVixenのポラリエ。

設定を楽にするためのオプションがいろいろ売られてる。

Kenko ポータブル赤道儀 スカイメモS ブラック 455159

Kenko ポータブル赤道儀 スカイメモS ブラック 455159

KENKOのスカイメモSも最近人気のようだ。

極軸望遠鏡が内蔵されてるのは利点。

ただどちらもがっしりとした三脚を利用し

正確にセッティングをする必要がある。

スマホ時代なんだからスマホとWifi連携して

スマホのGPSや方位センサーやジャイロを使って

自動でセッティングしてくれる機能があればいいのにと思う。

数年後にはそれが当たりまえになりそうだけど・・・。

 

ということでもうすぐ紅葉シーズンでお出かけして

そのついでに星空観測も行う予定だけど

さて今年はどうしようかな。

選択肢としては超広角レンズを買うかポータブル赤道儀を買うか・・。

格安や無料試用レンタルとかあればいいんだが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

OSMO mobileと紅葉撮影

  • 2017.09.07 Thursday
  • 22:35

9月下旬から紅葉シーズンはスタートする。

毎年乗鞍へ行くけど今年も行く予定で

その際には動画撮影用としてDJI OSMO mobileを持っていく予定。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

このDJI OSMO mobileを買ったのは昨年11月末。

本格的に使い始めたのは12月上旬にイルミネーションを

撮影しに行ったときが初めてなので紅葉撮影ではつかわなった。

初めての紅葉撮影に挑むわけだがこうした3軸ジンバルでは

どうやって撮影すればいいのかなと最近考えたりしている。

 

DJI OSMO mobileはあくまでジンバルで

撮影するのはスマートフォンのカメラだ。

利用するのは昨年の年末に中古で買ったNexus5X。

LG-H791 Nexus 5X CARBON 32GB 並行輸入品

LG-H791 Nexus 5X CARBON 32GB 並行輸入品

Nexus5Xは1080/60pの撮影に対応していないが

それ以外はDJI OSMO mobileとの相性がかなり良いカメラだ。

4K30p撮影は出来るし画質もとても良い。

1/2.3インチというコンデジ並みの大型センサーを搭載しており

もともと画質には定評があった。

しかし光学手振れ補正も電子手振れ補正も搭載しておらず

手振れに弱いことがNexus5Xの弱点で特に動画撮影では

手振れがネックになっていた。

DJI OSMO mobileを使えばその弱点を完璧に克服できる。

手振れさえ抑えられれば高画質カメラなのでとても良い感じに撮影出来る。

 

バッテリーの持ちだが

DJI OSMO mobile自体は4時間以上は持つ。

ただそれより前にスマホのバッテリーが切れる。

さらにスマホのストレージがいっぱいになる。

それでもフルHD画質なら1時間程度は撮影出来るので

普通に撮影するなら問題はないだろう。

紅葉を見に行ったらデジ一眼を持つのがメインで

DJI OSMO mobile+Nexus5Xで動画撮影するのは一部。

バスから車窓の風景として撮影したり

写真撮影の合間に動画撮影したりで

多分トータルで15分から20分程度の撮影時間なので

全部4Kで撮影したとしてもまあ問題ないかと思う。

 

僕が紅葉狩りにはまるきっかけになったのは

2007年10月に乗鞍へ行ったこと。

この時の素晴らしかった紅葉は今も忘れない。

畳平までバスに乗り歩いて降りたけど

一番きれいだった部分をバスで通り過ぎてしまった。

でも車窓の風景は動画で撮影していた。

こないだそのことをブログに書こうとYouTubeに動画だけアップした。

PanaosnicのFX07で撮影したけど

 

今ならもっと高画質かつ安定して撮影出来るかなあ

こういうバスなどの乗り物からの動画はいいかなと。

自分で運転して紅葉を見に行く場合は

休憩中とか待ち時間とかに撮影出来るようにしておきたい。

DJI OSMO mobileの場合は撮影がスマホなので

その辺の素早く撮影できる手軽さは魅力だから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

GX7MK2とTX1

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 23:32

マイクロフォーサーズでは現在

オリンパスのE-PL6を利用している。

廉価ボディで正直心もとないので

今後の柱となるべくボディの購入を検討してる。

ただフルサイズも利用してるので予算はあまりない。

いろいろ検討して今最有力なのは

PanaosnicのGX7 MK2だ。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2 ボディ ブラック DMC-GX7MK2-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス

GX7MK2 ボディ ブラック DMC-GX7MK2-K

ボディ単体で48000円前後で売られている。

かなり安いけど実はこれよりもレンズキットが安い。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2 標準ズームレンズキット ブラック DMC-GX7MK2KK

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2

標準ズームレンズキット ブラック DMC-GX7MK2KK

12-32mmのレンズキットが6万円以下で売られている。

ボディだけ欲しいならこのレンズキットを買って

レンズを売却するのがベストだが面倒なので

ヤフオク!などでばら売りした人から買うほうがいいのかも。

GX7MK2はボディ内手振れ補正、ローパスフィルタレス、

4K動画撮影、空間認識AF搭載など高画質・高機能ながら

かなり価格が抑えられて今一番マイクロフォーサーズで

お買い得なモデルといえるだろう。

 

先日買いそうになった。

予算などないけど買っちゃおうかなと。

しかし思いとどまった。

その理由は2つある。

1つはこのボディを生かすレンズがない。

僕が今持ってるマイクロフォーサーズのレンズは

25mm f1.8、42.5mm f1.7、60mm f2.8の単焦点3本と

かなり古い14-42mmのレンズキットのみだ。

基本的に写真撮影やサブカメラのレンズで

メインで利用するには心もとない。動画撮影にも不向き。

例えばメインカメラや動画撮影で利用するのなら

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S H-FS12060

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用

ルミックス G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./

POWER O.I.S H-FS12060

12-60mmのようなレンズが必要になる。

これなら写真も動画もばっちりだけど4万円超かかるので

ボディと合わせるとかなりのコストとなってしまう。

今GX7MK2のボディを買う予算はなんとかなるにしても

レンズも合わせると無理。

つまりGX7MK2は今買っても十分生かせない。

まあ将来的には有効だけどそれがいつになるやら。

 

もう1つの理由はGX7MK2に4万円以上費やすなら

もう少しだしてDMC-TX1を買うのが良いかなと。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1 光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス

TX1 光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

TX1は1インチセンサーを搭載し

25-250mm相当のレンズを持った高級コンデジだ。

空間認識AFや4K動画撮影にも対応している。

それほどレンズは明るくないけどコンパクトサイズながら

光学10倍を持つカメラでかなり便利そうだ。

画質を求めるのならマイクロフォーサーズには劣るけど

フルサイズを持ってる以上画質はフルサイズ一択。

それ故にマイクロフォーサーズに求めるのは利便性。

利便性でいうなら1インチの高級コンデジのほうが上かなと。

GX7MK2+14-140mmなら同じような感じになるが

価格は10万円近くなってしまう。

そしてサイズも大きくとコンパクトとは無縁のサイズ。

それがTX1なら手のひらサイズで抑えられ価格も安い。

 

ということでGX7MK2の購入は我慢したけど

どうなるか分からないなあ。

こういう時はお金を使わないのが一番。

またいずれより魅力的なカメラが登場するのだから。

今年秋は今あるシステムで撮影していきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメデータの超選抜保存

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 23:37

6月以降はデジカメの撮影はあまり行ってない。

そのためデータ整理には最適な時間だった。

この夏に行ったのは超選抜バックアップの実施。

これは僕が持っているデジカメやビデオカメラで

これまで撮影した写真の中からお気に入りの超選抜データを

上限3TBのHDDに保存するというもの。

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB PC/テレビ録画/日本製/土日サポート EX-HD3CZ

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB

PC/テレビ録画/日本製/土日サポート EX-HD3CZ

3TBの外付けHDDは既に購入してあり利用中。

現在は約900GBほどのデータを超選抜に選んで保存している。

 

選抜バックアップは以前から行っていた。

これは通常撮影した写真の中から無駄な写真を省いて

別途選抜データとして保存するもの。

動画は除き写真のみをだいたい5%くらい選抜するもの。

目安としては1000枚の写真を撮影したときに

ネットプリントで申し込みをする50枚を選び出す感覚。

以前はネットプリントを利用しており

その選抜した写真を別途保存していたのをそのまま利用している。

例えば鹿児島へ行ったときは約900枚の写真を撮影したけど

うち45枚を選抜として別途保存をした。

桜島の写真など同じ構図のが50枚くらいあったけど1枚で十分。

人物写真などは多めで選抜することになるかな。

選んだ45枚を見て旅を振り返ることが出来れば完璧だ。

しかし今夏の超選抜はさらに厳しい条件。

鹿児島写真は比較的多く選んだけど日常写真などは

全く選択されないものもある。

とにかく20年後に見直したいデータを保存するもので

これを見ればこれまでの歩みが分かるというデータが理想だ。

僕の撮影した写真データをすべて残せないけど

この3TB以内のデータだけは残したいというそういう気持ちを込めたデータ。

 

通常のデジカメデータバックアップは

HDDに保存をしている。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB

WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

今夏に新たに3TBのHDDをデータバックアップに追加した。

今年春から夏にかけては動画撮影が多くて

その分容量をかなり食ったためだ。

基本的に撮影したオリジナルデータはすべて保存をするけど

2重3重にバックアップしていくのは今後難しくなるので

選抜データを優先的にバックアップしていく形に変えつつある。

 

超選抜は別格で外付けHDD1台だけでなく

NASにもデータを保存している。

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU

2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426

今のところ900GBなのでNASにも問題なく保存できるが

これが上限の3TBに近づくほど大容量のストレージが必要。

今はクラウドストレージにも保存をしているかな。

さすがに900GBを全部まるまる保存できるクラウドは無料にはないけど。

 

通常のバックアップデータはBD-Rにも保存をしてる。

選抜や超選抜はBD-Rに保存する予定はない。

パナソニック 録画用2倍速ブルーレイ片面2層50GB(追記型)10枚 LM-BR50P10

パナソニック 録画用2倍速ブルーレイ

片面2層50GB(追記型)10枚 LM-BR50P10

BD-Rは基本的に焼いたらそれっきり。

HDDデータが破損したとかいう特別な事情があれば

利用することになるけどそうでなければ通常利用しない。

それ故に使いづらいので利用頻度の高いデータでは使わない。

とはいえBD-Rにデジカメデータを保存するのは

デジカメデータが重要であるため。

選抜や超選抜が重要なのは言うまでもないけど

普通に撮影したデータだって他のデータなどに比べれば

はるかに重要だ。

何せオリジナルデータは世界にここしかないのだから。

だからしっかりと保存をしていく必要がある。

 

以前デジカメデータは唯一無二なので

絶対に消さないようにと厳重に管理していこうと考えたが

最近はそれだと今後容量が増え続けた結果負担が大きすぎるので

選抜や超選抜といったデータを重要視するようになっている。

理想はすべてを厳重にバックアップしたいけど

コストと手間がかかる。

そして何よりすべてを同じように保存をすると

あとからデータを見直すときに分類が大変になる。

あらかじめ超選抜という形で分類しておくと

それだけにアクセスすればよいので楽なんだ。

今やっていることは未来の楽のためにしていること。

 

これってデータに限らないんじゃないかなと。

家の中にいろんなものを取っていても

いずれそれらはゴミになってしまう。

今のうちに必要ないものを捨てたりして量を減らす。

大切なものを1つのケースに入れておけば

残していく上での負担が大幅に期限される。

データは場所をあまりとらないが

膨大なデータの中から本当に必要なものを探し出す手間は

荷物などとあまり変わらないから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画と音

  • 2017.09.04 Monday
  • 23:32

動画撮影に置いて音はとても重要。

映像品質よりも音のほうが視聴者獲得には重要といわれる。

テレビ局などは音を重要視して音声担当を配置し別録する。

映像の乱れよりも音のノイズのほうが苦情が増えるほどだ。

それはネット配信などでも同様で

映像にビットレートを割いて音質を犠牲にすると

視聴者はついてこないようだ。

ビットレートが落ちたときこそ音声だけは品質を保つことが必要かと。

 

世間ではユーチューバーなる人がもてはやされてるが

人気のユーチューバーは音を軽んじていない。

映像の4K化なんかよりも音声の高音質化に注力する。

それが視聴者獲得に有効だからと知っているためだ。

Blue Micro Yeti USB 2.0マイク 15374

Blue Micro Yeti USB 2.0マイク 15374

ノイズを嫌い安定したマイクを選択する。

映像はもちろん大切なんだけど

音こそ重要でそこにコストをかけている。

 

しかし家庭用のカメラを見ると

音を軽んじている商品が多い。

昨今フルHDやら4Kやらと高画質化が進んでるカメラだが

音質を向上させようという製品はあまりない。

購入する上ではスペック情報は重要になるのだが

音の良さはスペックに表れにくい。

一方で画質は画素数とか4Kとか数値化しやすい。

そういうのを見て数値が優れている機種をユーザー買う。

それ故に音がないがしろにされてしまう。

Canon デジタルビデオカメラ iVIS mini X 対角約170度 1,280万画素CMOSセンサー IVISMINIX

Canon デジタルビデオカメラ iVIS mini X

対角約170度 1,280万画素CMOSセンサー IVISMINIX

以前CANONから音質重視のビデオカメラが出ていた。

音楽好きの人や配信者などから重宝されてた製品で

僕も一時期持っていたのだが音質は本当に素晴らしかった。

しかし生産終了となってしまい今ではプレミア価格。

需要がなかったのだろうか。

 

家庭用ビデオカメラの画質競争は

そろそろ行き詰まりつつある。

動画画質はスマートフォンやアクションカメラに

追いやられていてその品質はほとんど変わらない。

ただスマホやアクションカメラは音が悪い。

特にアクションカメラは防水などを施すため

音質はかなり犠牲になっているといえる。

今こそ音質を重視したビデオカメラを発売してもらいたい。

SONYのビデオカメラは比較的音質に優れてる。

ソニー SONY ビデオカメラHDR-CX675 32GB  光学30倍 ブラック Handycam HDR-CX675 B

ソニー SONY ビデオカメラHDR-CX675 32GB 光学30倍

ブラック Handycam HDR-CX675 B

これはこれでよいんだけど

もっと音質に特化したモデルがほしい。

ミュージックビデオレコーダーっていう製品も出てるが

あれは映像を捨てすぎだしビデオカメラとしての使い勝手が悪い。

この先ビデオカメラが生き残っていく鍵は

僕は音質にあると思うから各メーカーは高音質モデルの開発に

頑張ってもらいたいところだ。

 

高音質のビデオカメラが出れば

また買いたいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

nikon1 18.5mm f1.8

  • 2017.09.03 Sunday
  • 22:23

nikon1では11-27.5mmを標準レンズとして利用し

望遠レンズとして30-110mmを持っている。

そんな中で単焦点レンズの購入を検討している。

Nikon 単焦点レンズ 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8  ブラック ニコンCXフォーマット専用

Nikon 単焦点レンズ 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8

ブラック ニコンCXフォーマット専用

価格は新品でも15000円ちょっとで売られており

中古だと13000円ほどで売られている。

 

画質はかなり評価が高くて良さそう。

nikon1は画質評価の高いレンズが多くて

僕が利用している11-27.5mmもかなり優秀。

ただこのレンズはF1.8と明るいので

室内や夜の撮影に重宝しそうだ。

nikon1は高感度にはあまり強くないこともあり

明るいレンズは便利そうだ。

ただこの18.5mmは35mm換算で50mm。

つまり50mm f1.8の単焦点レンズになるわけだが

この手の画角の単焦点レンズはほかにもいろいろあり

マイクロフォーサーズの25mm f1.8を持っているし

CANONのフルサイズでは

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM

フルサイズ対応 EF5018STM

50mm f1.8が15000円ほどで購入できる。

それ故にかなりライバルは多いんだ。

ただコンパクトなnikon1で使えるという点に便利さを感じる。

 

ニコン1を持っていない人がわざわざこのレンズのために

ニコン1のカメラを買う必要はないと思うが

ただニコン1 J5のダブルレンズキットは安くてよいのでお勧め。

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルレンズキット ブラック J5WLKBK

Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5

ダブルレンズキット ブラック J5WLKBK

18.5mm f1.8が安いのはこのダブルレンズキットの

レンズばら売りが多きためと思われる。

だからかなり安く売られているわけだ。

本来の18.5mm f1.8のレンズ単体価格は21000円ほどのようだ。

 

ということで欲しいけど

オリンパスの25mm f1.8を持ってて

35mm換算50mm f1.8の環境はあるから

迷うところだなあ。

まあマイクロフォーサーズとnikon1だと

コンパクトなnikon1のほうが手軽に使えるわけだが・・・。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

大口径ズームレンズの利用

  • 2017.09.02 Saturday
  • 22:27

8月下旬にタムロンのレンズを購入。

70-200mm f2.8という大口径ズームレンズだ。

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8

Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A009E

レンズ本体を購入した後で

MCプロテクターやレンズケースを購入したりしたが

その後は利用していない。

9月に入ってそろそろ利用を進めていきたいものだ。

ただこのサイズの大口径ズームレンズは初めてなので

その利用には若干の不安を感じている。

 

実際に購入してボディ(EOS6D)に取り付けて思ったのは

大きくて重いことだ。

サイズはやはり大きい。

F2.8通しの大口径のレンズは大きいものだ。

本体もフルサイズにしてはコンパクトだが大きめ。

ゆえに取り回しなどはあまりよくない。

普段持っていくときにどう持ち歩くかが課題になりそう。

どうやって持ち運ぶか。

あと重さ。これもかなり厄介だ。

レンズだけで1470gの重さがある。

カメラが800gくらいなので合わせると2.3キロにもなる。

正直ここまで重い構成を持ったことがないので不安が大きい。

ただ山とかへ行くとこれくらいのシステムを

お年寄りがもって歩き回っているのでまあ負けてられないなと。

 

さてこれだけ大きくて重い装備なので

どうやって現場まで持っていくかが1つ課題。

EOS6D+24-105mm F4Lの場合は

OUTDOOR ショルダーバッグ OD カメラショルダーバッグ01 3.2L ネイビー ODCSB01NV

OUTDOOR ショルダーバッグ OD カメラショルダーバッグ

01 3.2L ネイビー ODCSB01NV

このカメラバッグがぴったりだったのでこれに入れていた。

今後もこのカメラバッグに入れて70-200mm f2.8レンズは

別途レンズポーチに入れてザックなどに入れて

現地でレンズの付け替えなどをするのがベストだろうか。

それなら新たなカメラバッグの購入は必要ない。

カメラのみを持っていくのなら以前Amazonで買ったカメラバッグも有効だ。

Amazonベーシック スリングバッグ 7.7L 一眼レフ用 ブラック

Amazonベーシック スリングバッグ

7.7L 一眼レフ用 ブラック

買ったけど使わず放置していた。

これなら大口径ズームレンズをつけたままでも入るかと。

カメラリュックなどは大口径ズームレンズをつけたままでは

カメラを入れられないんじゃないかなと思う。

とりあえず実際に持っていってみて何が良いかを

判断していくのがよさそうだなあ。

 

重いシステムなので三脚の利用は前提になっていく。

実際それを見越して今年既に新しい三脚を購入している。

Velbon 三脚 ウルトラロック ULTREK UT-53 6段 中型 自由雲台付 コマ止め方式 トルク調整対応 DIN規格クイックシュー対応 324146

Velbon 三脚 ウルトラロック ULTREK UT-53 6段 中型

自由雲台付 コマ止め方式 トルク調整対応

DIN規格クイックシュー対応 324146

山とかでも簡単に三脚を展開することができるVelbonの製品。

最初はUT-43にしようと思っていたけど耐荷重2キロで

後々大口径ズームレンズを買ったら困るから

耐荷重2.5キロのUT-53に変更したんだ。

買った5月の時点で今年中に大口径ズームレンズを買う予定はなかったが

一応それに対応させておいてよかった。

三脚の利用も慣れなので利用頻度を増やしていきたい。

 

本番は9月末の乗鞍だがいきなり本番は厳しいので

今月中旬には山のコスモスを見に行き

さらにヒガンバナを撮影したりと経験値を高めていきたい。

せっかく買ったレンズや三脚を生かすことが出来れば。

このエントリーをはてなブックマークに追加

KOWAのレンズ

  • 2017.09.01 Friday
  • 22:41

Kowaは薬メーカーとして知られてるが

一方で光学機器メーカーとしても有名だ。

フィールドスコープや双眼鏡などを発売している。

名古屋南部の23号沿いを走るとKowaの看板をよく見かけるが

あのあたりが創業の地なのだろうか。

このメーカーはデジカメ用のレンズも発売している。

 

ちょっと前にマイクロフォーサーズ用のレンズを

一気に3本発売して話題になった。

特に超広角の8.5mmは歪曲収差が少なく高品質で

高く評価されている。

Kowa 単焦点レンズ ブラック マイクロフォーサーズ専用 PROMINAR 8.5mm F2.8 BK

Kowa 単焦点レンズ ブラック マイクロフォーサーズ専用

PROMINAR 8.5mm F2.8 BK

建物の写真を撮影する人は超ワイドの動画撮影をする人などに

人気のレンズということだ。

35mm換算で17mmだからほんと超広角だ。

ただAFはなくMFレンズなのもKOWAのレンズの特徴といえる。

ほかにも12mmと25mmが発売されている。

使ってみたいけど買うとなるとAFがないレンズだと

日常的に使えるのかという不安があるなあ。

動画撮影用なら問題なく使えそうだけど。

 

あとフィールドスコープのような

望遠レンズも発売している。

Kowa テレフォトレンズ/スコープ PROMINAR 500mmF5.6FL 標準キット(マイクロフォーサーズ用) TP556-M

Kowa テレフォトレンズ/スコープ PROMINAR 500mmF5.6FL

標準キット(マイクロフォーサーズ用) TP556-M

20万円くらいとかなりいい値段するけど

高価なフィールドスコープに近い性能のようで

それをカメラ直結として撮影出来るのならかなり凄そうだ。

特にマイクロフォーサーズだと35mm換算2倍になるから

1000mm f5.6として使えるので鳥好きの人とかは楽しそうだ。

 

最近は中国メーカーなども

超安価なMFレンズを発売したりしてるけど

Kowaは高品質が売りなので今のまま頑張ってほしいなあ。

マイクロフォーサーズの8.5mmは使ってみたいなあ。

MFに慣れる必要があるのが問題だけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロフォーサーズボディ

  • 2017.08.31 Thursday
  • 23:31

僕が今利用しているマイクロフォーサーズのカメラは

オリンパスのE-PL6で廉価モデルでありまた古いモデルになる。

PanasonicのGX1やG6などは売却してしまった。

これらもかなり古いモデルだった。

より新しくスペックの高いモデルが最近ほしくて

いろいろ検討していたけど予算の都合でなかなか進まず。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-P5 ボディ(ボディキャップレンズ BCL-1580セット) シルバー E-P5 BODY SLV

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-P5 ボディ

(ボディキャップレンズ BCL-1580セット) シルバー E-P5 BODY SLV

多少古いが当時のハイスペックモデルだけあり

性能はかなり魅力的だったオリンパスのE-P5は

ちょっと前まで購入を検討していたけど今は消えつつある。

5軸手振れ補正などは魅力だったけど動画性能が高くないため。

 

そんな今気になるマイクロフォーサーズのボディは

PanasonicのGX7 MK2だ。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2 ボディ ブラック DMC-GX7MK2-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK2

ボディ ブラック DMC-GX7MK2-K

ボディ単体で5万円を下回る価格ながら

手振れ補正を内蔵しておりその精度も高い。

センサーはローパスフィルタレスで高解像度。

4K動画撮影、空間認識AFにも対応。

最近のPanasonicのトレンドをすべて兼ね備えて

それでいて価格を抑えたいいモデルといえる。

PanaosnicのGX8やG8、オリンパスのE-M5 MarkIIなどと比べて

価格がかなり抑えられているのも良い。

 

マイクロフォーサーズはレンズ交換式。

レンズ資産は引き継いでいくことができる。

このGX7 MK2を買った場合は

いったいどれくらいの年数使えることだろう。

ミラーレスの動画機能は今後4k60pや8k化していく。

一方でフルHDのままのモデルも出てくることだろう。

PCモニタはここ10年フルHDでとまったまま。

正直4k8kとどんどん増えていくとは思えないし

利用者がこれ以上の高画質をどこまで望んでいるのか。

となると2019年でもGX7 MK2でも十分ハイスペックで

使えるんじゃなかろうか。

動画以外のどんな機能が加わっていることだろうなあ。

でもそれらを考えても今買うことは悪くはなく

わりと長く使っていくことが出来そうだ。

買う時期に関しては今秋か来春といったところだけど

今秋はフルサイズデジ一眼持ち出してあちこち出かけるから

タイミングがあえば購入するかもしれないけど無理には買わないかと。

ということで来春辺り目標で検討していこう。

 

ボディを買うとレンズがほしくなるもの。

いずれメインとなるレンズがほしい。

フルサイズには24-105mm f4Lのレンズがあるが

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ライカ DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用

ライカ DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/

F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060

このレンズがあればな・・。

ただこれを買ってしまうとフルサイズの出番がなくなりそう。

2つのマウントを維持していくのは大変でマイクロフォーサーズに統一すればと

思うことはあるんだけど

風景撮影や星空撮影などではフルサイズは欠かせないし

やはり両方とも頑張って維持していこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。これを買っておけばOKという鉄板。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM