写真編集

  • 2018.06.09 Saturday
  • 22:21

これまで撮影してきた写真は

バックアップなどをした後基本的に放置。

活用することなくただデータが増えていくばかり。

撮影することがメインであり

撮影したデータを活かしたいと思っても

なかなかそれが進まない。

ふと思ったけど画像編集ソフトを使うべきかなと。

 

僕は今は写真の閲覧は

GoogleのPicasa3を利用している。

ただこのソフトは既に開発終了して最近は重いので

あまり利用していない。

RAW現像はAdobe Lightroomを持っている。

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Windows版

Adobe Photoshop Lightroom 6

(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Windows版

僕が持っているのはLightroom4。

以前パッケージで売られていたけど今はDL版のみ。

あとはサブスクリプションモデルの製品なのかな。

ただ古いバージョンでも問題なく利用可能。

直接RAWファイルが読めないカメラもあるけど

Adobe DNG Converterを介すれば大丈夫。

 

しかしこのLightroomでは

編集とか全く何もしておらず

ただ作業でRAW現像しているだけ。

設定もデフォルトで何も考えておらず

パラメータをいじってとか以前やろうと思ったけど

何をしたらいいのか分からず結局やらなかった。

ただRAW→JPEGへの変換のみで利用している。

それじゃいかんなと思いつつも面倒だと避けてしまう。

ただ少しだけならいじったことがあって

その時はすごく素敵な紅葉写真が出来上がった。

カメラ内RAWよりずっと良くて解像感も高くて

これはありだなと思ったんだけど

それ1度きりだった。2年くらい前だろうか。

 

画像編集ソフトといえばPhotoshop。

Photoshopは利用したことない。

Adobe Photoshop Elements 2018 日本語版 Windows/Macintosh版

Adobe Photoshop Elements 2018

日本語版 Windows/Macintosh版

もし導入するならElementsだけど

そもそもこのソフト何に使うんだろう。

画像編集って何をするのか。

僕は動画編集に関しては行っている。

PowerDirectorというソフトを使っているんだけど

動画に音楽をつけたりタイトルをつけたり編集して

出力するというソフト。

画像の場合は何をすればいいんだろうか。

サイバーリンク PhotoDirector 9 Ultra 通常版

サイバーリンク PhotoDirector 9 Ultra 通常版

PowerDirectorの同じメーカーの製品でPhotoDirectorが出てる。

写真の編集というものに全く慣れてないというか

それを行ったことがないので何をすればいいのか。

編集することでより良い写真ができるのだろうか。

その編集した写真はネット公開するのがいいのかなあ。

動画編集ならYouTubeにアップするのも1つあるけど

写真ならSNSやらが手軽にアップできるというものかなと。

 

そんな画像編集に関しては現在模索中だけど

編集をしたいと思うコンテンツが1つある。

それは星空。

ネットにアップされてる星空写真と自分の撮影した写真は全く違う。

今年もいろいろ撮影してみるけど

プロの人は写真合成とかいろいろ行って

高画質写真やノイズの少ない写真を作り上げているようで

そういうのは写真編集なのだろうなあ。

あと風景写真でもHDRなんか画像編集でやってみたい。

三脚を使って露出をかえて何枚かブラケット撮影をして

それを画像編集でHDR合成すれば素晴らしい写真ができそう。

昨今カメラ内で出来たりするけどPCのほうがきれいじゃないかなと。

目的は星空とHDRならそれに向けて

今後写真編集を進めていこうかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

25mm f1.8と42.5mm f1.7

  • 2018.06.08 Friday
  • 22:36

マイクロフォーサーズは

かつては多くのレンズとボディを持っていたけど

この1年半くらいで多くを売却処分した。

今は主力は2本の単焦点レンズとオリンパスのボディのみ。

実は今年春にこれらも売却しようと思っていたんだけど

結局売ることなくここまで来てしまった。

最近あまり利用していなかったけど

6月のあじさい撮影では活躍して貰う予定だ。

この2本のレンズについて見てみたい。

 

オリンパスの25mm f1.8を買ったのは

2014年3月のこと。

このレンズが発売されたのが2014年2月だったと思うので

発売されてわりとすぐのこと。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 ブラック マイクロフォーサーズ用 単焦点レンズ

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

ブラック マイクロフォーサーズ用 単焦点レンズ

それまではシグマの19mm f2.8と30mm f2.8の2本を使ってたけど

このレンズに1本化してシグマの2本は売却してしまった。

35mm換算で50mmのレンズは

いわゆる標準画角で目で見た視界に近い画角を持つレンズ。

それ故にスナップショット撮影などで活躍した。

春の花の撮影から夏の高原、秋の紅葉と広く活躍して

基本的に首から下げて撮影しまくるレンズとしてアクティブに利用。

それは今もあまり変わらない。

画質はとても良くて高画質。

手ぶれ補正がないので動画撮影には不向きだけど

写真をレスポンスよく撮影できるレンズとして重宝している。

旅行の時の行動記録カメラとしても利用したかな。

ただ最近は同じレスポンスの良いスマホカメラに多少押され気味。

 

Panasonicの42.5mm f1.7は

2015年9月に購入した。

確かこの年の4月頃に発売されたレンズで

出た時から買うと決めていた。

それまでオリンパスの45mm f1.8を買おうか迷ってたけど

手ぶれ補正がないのが難点だったがその弱点を克服し

また最短撮影距離も45mm f1.8の50cmから縮まり

42.5mm f1.7は31cmと迷うことなくこれに決めた。

Panasonic 単焦点 中望遠レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G 42.5mm/ F1.7 ASPH. / POWER O.I.S. ブラック H-HS043-K

Panasonic 単焦点 中望遠レンズ マイクロフォーサーズ用

ルミックス G 42.5mm/ F1.7 ASPH. /

POWER O.I.S. ブラック H-HS043-K

当初は2016年2月頃に買おうと思ってお金をためたけど

2015年秋にヤフオクで古いカメラ機材などを売ったりして資金が出来て

それ故に9月に購入。ただ紅葉時期はいまいち利用しなかった。

本格的には2016年春から了解したレンズだ。

35mm換算で85mm相当のレンズで中望遠寄りの明るいレンズ。

花の撮影では大きく寄って撮影できるのは利点だけど

風景撮影だとやや難しいレンズかと。

背景ぼかして浮き上がらせる写真は得意だけど

絞ってピントを広く合わせる場合は調整が必要になるかと。

ただうまく撮れると雰囲気あるすごくいい写真が撮影できる。

画角が多少狭いので構図をどうするかなど多少考える必要もあり

それ故に25mm f1.8のように手軽に撮影出来ずある程度考える必要がある。

カメラの上達には重要なことかもしれない。

 

ここ数年は春の42.5mm f1.7、秋の25mm f1.8という形で使ってるが

秋でも42.5mm f1.7はコスモスや彼岸花などで撮影するし

春も25mm f1.8は撮影する。

あじさいも広く撮影するなら25mm f1.8のほうが良いし

寄って撮影するなら42.5mm f1.7かなと。

どっちのレンズを使うかはもう1台持っていくカメラのレンズ次第。

今年は昨年フルサイズ用で買った70-200mm f2.8を利用することが多いので

おそらくE-PL6+25mm f1.8であじさいを撮影しにいくかなと。

手軽に撮影するならスマホとE-PL6+42.5mm f1.7もありだなあ。

僕があじさいを見に行くのは

形原温泉あじさいの里http://www.katahara-spa.jp/

なばなの里http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html/

どちらもおすすめ。あと明治村もあじさいがけっこうきれいかな。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

防水4KビデオカメラGZ-RY980が大幅値下がり中

  • 2018.06.07 Thursday
  • 22:29

今年2月にJVC KENWOODから

防水に対応した4Kビデオカメラが発売された。

http://www3.jvckenwood.com/dvmain/gz-ry980/

GZ-RY980というカメラだ。

元からJVCKENWOODは防水ビデオカメラを出してたけど

正直あまり画質は高くはなかった。

しかしこのビデオカメラは4K対応。

なかなか良いのではないかと興味を持つ。

ところが値段を見て断念せざるを得なかった。

発売当初の価格は9万円台。10万円に近かった。

 

あれから数か月たってふとチェックしたら

価格が5万円台にまで下がっていて驚く。

JVCKENWOOD JVC ビデオカメラ Everio R 4K撮影 防水 防塵 ディープオーシャンブルー GZ-RY980-A

JVCKENWOOD JVC ビデオカメラ Everio R 4K撮影

防水 防塵 ディープオーシャンブルー GZ-RY980-A

5月に入って1度大きく下がり6月に入ってさらに下がったようで

発売当初に買った人からするとなんだこれは!?というレベルだが

ここまで下がるとちょっと興味が出てくる。

この価格ならばありではないかと。

9万円台ではさすがに買う気にはなれなかったけど

5万円台だと微妙だけど5万円で買えるのならありかなと。

Panasonicの4Kビデオカメラが5万円前後で売られていることもあるが

手振れ補正などはあっちが上だけど

防水対応やSDカードのWスロット、大容量バッテリー内蔵などを考えると

コストパフォーマンスはかなり高く感じるわけでいよいよありかと。

 

問題は防水に対応してるからといって

いったい何に使うかと。

防水ならアウトドアや海で利用出来るかなと思う。

防水だけでなく防水防塵耐衝撃対応なので山などで使うにも良い。

川遊びにだって使える。

沖縄やハワイとかへ旅行へ行ったときに

海でシュノーケリングをしたりしたときにも使えるだろう。

様々な用途が考えられるがそれらは全て憧れであり

実際今年そんな予定はない。来年は分からないけどね。

それを考えればこのカメラを買っても今年活躍することがない。

それに4K対応&防水防塵耐衝撃ということで

普通のビデオカメラに比べれば重いしでかい。

SONYの4Kビデオカメラも重いけどそれに大容量バッテリーを取り付けたときと

そう大差ない重さなのでそれなりの負担はあるかと思う。

普段手軽に使うってわけにはいかない。

ただこのカメラだからこそ撮影出来る場面も多い。

 

防水対応のカメラというのは

このビデオカメラ以外でも気になるモデルは多い。

例えばGoPro Hero6 Black。

【国内正規品】GoPro アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

【国内正規品】GoPro アクションカメラ

HERO6 Black CHDHX-601-FW

これもかなり安くなってきて今や4万円台で買える。

発売当初は53000円くらいだった記憶があるので1万円以上安くなった。

だからといっても買う予定はない。

これも使いみちがないから。

防水カメラを使うアクティビティやアウトドアには憧れがあるが

実際それを行う予定がないというのが問題で

買っても無駄になる可能性が高い。

スキーをする予定がないのにスキーウェアにスキー板などを

一式そろえようというのと同じような物かなあ。

ただカメラに関しては防水以外でも使えるわけだから

全く使い道がないわけでもない。

ただ動画カメラという点では汎用性はちょっと限られてしまう。

OLYMPUS デジタルカメラ  Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック

1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重

GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

防水デジカメのほうがまだ使い道は多い気もする。

これもまたライバル機種ではあるんだけど。

 

例えば1か月後にハワイ旅行を控えている・・とかいう状況なら

多分僕はこの4Kビデオカメラを今買っていると思う。

次にハワイへ行くなら海に入りたいと思っており

となれば防水のカメラは必要不可欠だから。

ハワイじゃなくてもグアムや沖縄でも同じ。

買った人は何に使ってるのかなと思って調べたけど

やっぱり旅行が多いみたいだなあ。

僕も旅行へ持っていきたいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンパス40-150mm f2.8

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 23:34

以前一番欲しいレンズとして

このオリンパスの40-150mm f2.8をあげていた。

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 防塵 防滴

マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO

2016年にフルサイズを買う時に

マイクロフォーサーズを主力として使う未練があって

それはこのレンズの存在だった。

結局はフルサイズへの憧れを優先したため

縁がなかったレンズと言えるけど

もしフルサイズではなくマイクロフォーサーズメインに切り替えていたら

ひょっとしたら今頃購入して利用していたかもしれない。

 

フルサイズの大口径ズームと比べると

それよりコンパクトながら

35mm換算で80-300mm相当で撮影することが出来る。

200mm f2.8ではなく300mm f2.8で撮影出来て

かなり使い勝手の良いレンズと言えるかと。

レンズ自体の解像度もとても高いため

センサーの小ささというハンデを感じさせない高画質が魅力。

最近はそこまで高解像度を求めなくなりつつあるから

手軽なこのレンズはいい感じでマイクロフォーサーズの人気も伺える。

ただ今の時点で僕はそれほど未練はない。

タムロンの70-200mm f2.8を昨年夏に購入しており

それをフルサイズで利用しており満足している。

300mm f2.8は魅力だが望遠を使うと300mmでもまた物足りなくなるわけで

今ある画角で何を撮影するかが重要なのではなかろうか。

 

そういえばこのレンズには

テレコンが売られていてセットモデルも出ていた。

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 1.4X テレコンバーターキット 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED40-150mm F2.8PROTC

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8

1.4X テレコンバーターキット 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用

M.ZUIKO ED40-150mm F2.8PROTC

テレコンを利用すると1.4倍になるようで

明るさは一段落ちるらしいがそれでも十分高画質に撮影できそうだ。

これだけあればかなり万能レンズとして使えそうで

もし買うならテレコンセットを買っていたろうなあ。

ただそう考えると少し未練はあるかもしれない。

まあでも今更どうのこうのしないけど。

 

2016年にフルサイズを選んだことに後悔はないが

今はあまりフルサイズとか画質にはこだわりがなくなった。

逆にもし2016年にマイクロフォーサーズをメインで選んでたら

フルサイズへの未練たらたらで書い直していたかもしれないけどね。

今フルサイズを持っているからこそ

フルサイズへのこだわりを払拭できたと言えるのかもしれない。

だからその選択は間違ってなかったと思うが

それを経て今後マイクロフォーサーズメインへと

いつか進んでいくかもしれない。その時には

このレンズかその後継を手にする日が来るかも。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

REMOVU K1ほしいが・・・

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 22:31

4月初めに発売されたREMOVU K1。

発売から2ヶ月位経ってYouTubeなどに

多くの作例がアップロードされてきている。

REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】

REMOVU K1 3軸ジンバル一体型4Kカメラ RM-K1 【国内正規品】

超広角の4K動画カメラで3軸ジンバルを一体化したモデル。

3軸ジンバルが威力を発揮するのは歩きながらの撮影。

期待されていた旅カメラとしての利用に関しては

他の追随を許さない圧倒的な性能を見せつけている感じだ。

それまでDJI OSMOを利用していた人も

小型ながら液晶ビューアーがついて

また音質が大幅に改善されてかなり使いやすくて満足してる模様。

一方でバグや不具合が多めのようで

わりとこまめにファームウェアアップデートが行われてるようだ。

 

アップロードされている動画を見ると

僕が撮影したいものに近くてやはり理想的なカメラであり欲しい気持ちは高い。

ただ一方でそうした旅は年にあまり行くことがないので

利用頻度を考えると十分に使いこなせないのではと思うところもある。

家族でハワイ旅行とか行くなら最高の動画カメラになるだろうけど

現状それは来年以降の話だ。

今はREMOVU K1を買っても活かせないだろうなと思ってしまう。

このカメラが2016年に発売されていたら

ハワイ旅行の前に買って持っていったんだろうけど

ちょっとタイミングが微妙だった。

ただ来年また行く予定があるのでその時には行く前に買うかもしれない。

 

今僕は3軸ジンバルとしては

今春発売されたDJI OSMO mobile2を持っている。

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

3軸ジンバルとしての性能は

REMOVU K1もOSMO mobile2もたいして変わらないようだ。

動画などを見る限り精度も変わらない感じだ。

ただ商品自体は全く違うもので

REMOVU K1はカメラが搭載されているのでそれだけで

撮影することが出来るのに対して

OSMO mobile2はカメラとして使うスマホが別途必要になる。

4K動画撮影のためにはそれ相応の高画質スマホが必要で

そうしたスマホも買うとなると高くつく。

REMOVU K1は57000円という価格だけど

すぐ撮影出来る利便性や高画質カメラスマホの価格を考えると

意外と高くないかなと思う。

もう少し安くて5万円を切ってくれればと思うところはあるが。

 

あと超広角動画の撮影は魅力。

世界ふれあい街歩きの動画などは超広角で撮影されていた。

OSMO mobile2+スマホでの動画撮影の場合

撮影する動画の画角はスマートフォン次第だけど

基本的にあまり広角ではない。

LG V30+のような超広角動画対応のスマートフォンもある。

LGエレクトロニクス docomo V30+ L-01K Aurora Black ブラック

LGエレクトロニクス docomo V30+ L-01K Aurora Black ブラック

ただしOSMO mobile2で超広角撮影をすると

奥にあるジンバルが写り込んでしまう。

それ故に超広角撮影は出来ない。

 

ということでREMOVU K1欲しいけど

使いみちがあまり見つからないし

値段そこそこするから様子見が続いてるという感じだ。

どんな感じなのか実際使えばまた評価は高まるかもしれないが・・。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

大口径ズーム用のカメラバッグ

  • 2018.06.04 Monday
  • 23:28

カメラバッグというのはとても重要で

バッグが安定していない場合カメラの利用が減ってしまう。

よく外に持ち出すカメラは使いやすいカメラバッグがあってこそ。

最近それが分かってきた。

そのためカメラの利用を増やすためには

優秀なカメラバッグが必要になる。

 

高価なカメラやレンズほどカメラバッグは重要になる。

2016年に買ったEOS6D+24-105mm F4Lは

購入してすぐにいい感じのカメラバッグを購入。

OUTDOOR ショルダーバッグ OD カメラショルダーバッグ01 3.2L ネイビー ODCSB01NV

OUTDOOR ショルダーバッグ OD

カメラショルダーバッグ01 3.2L ネイビー ODCSB01NV

これがぴったりでそれ故に多くの撮影で持ち出すことが出来た。

そして今は新たなレンズを昨年夏に購入して

そのカメラバッグを探している。

購入したレンズはタムロン70-200mm f2.8

EOS6Dにこのレンズをつけたカメラを

収納して持ち歩けるカメラバッグが欲しい。

 

既に候補はいくつか絞っている。

価格的にも魅力的なのはマンフロットのこのカメラバッグ。

Manfrotto ホルスター advancedコレクション 8.5L レインカバー付属 ブラック MB MA-H-L

Manfrotto ホルスター advancedコレクション 8.5L

レインカバー付属 ブラック MB MA-H-L

レビューなどを見てもまあ問題なさそうだ。

質感などは現物を見てみたいなと思ったりするけど

店頭でこのカメラバッグを売ってるのを見たことがない。

というかそんなお店あるんだろうか。

HAKUBAのカメラバッグもフルサイズ+大口径ズームに良さそう。

HAKUBA カメラバッグ GW-PRO RED ズームバッグ プロ 7L 70-200mm f2.8対応トップローディング ブラック SGWPR-ZBP

HAKUBA カメラバッグ GW-PRO RED ズームバッグ プロ 7L

70-200mm f2.8対応トップローディング ブラック SGWPR-ZBP

ただこっちはもっと上位モデルで

フルサイズでより大きなカメラでも対応しうるモデル。

かなり頑丈そうでしっかりガードしてくれそうな感じはある。

まあプロ向けに近いモデルのようだ。

価格は9000円とかなり高いけど長く使うならありだろうか。

 

この辺りで検討をしているんだけど

現物を見てみたいなあと思うのは本音。

とはいえこれらを在庫してるお店なんてあるんだろうか。

あるとしたら都心の店舗だろうしどうせなら

そこで買うのが良いのかなあ。

まあネットで決め撃ちして買うのもありで

決め打ちするならマンフロットのほうだろう。

あじさいシーズンまでには購入したいところだが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

4K動画

  • 2018.06.03 Sunday
  • 21:53

2005年の愛・地球博の際に撮影した動画を見ると

DVカメラの映像だったりMZ3のデジカメ動画で

解像度はVGAサイズでありハイビジョンではない。

愛・地球博の頃にはSONYからHDビデオカメラが出てたが

まだ購入することが出来なかった。

その後2007年にCANONのHDVカメラを購入してHDデビュー。

FHDは2011年のPanasonicのミラーレスからか。

 

HDの導入が出遅れたことから

4Kに関しては早めに導入したいと思っていた。

そんな中で2014年夏にFZ1000を購入。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000

2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

デジカメではあるが4K30pに対応したカメラを購入。

それ以後は多くの4K動画を撮影している。

今はFHDと4Kと半々位の頻度で撮影してるだろうか。

 

ビデオカメラの4K化だけど

既に発売されているが僕はまだ導入していない。

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX45 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX45 BC

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX45 4K 64GB

光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX45 BC

4Kビデオカメラが欲しいというのは間違いないが

それほどビデオカメラの利用は多くはないので

後回りになり導入は進んでいない。

そうこうしてるうちに今やデジカメは4K動画撮影が進み

ミラーレスはもちろんデジ一眼でも4K動画撮影に対応するほど。

 

ただ今一番4K動画を撮影してるのは

デジカメでもビデオカメラでもなくスマホ。

そんな時代が来るとは数年前までは思いもしなかったけど

今はスマホで4K動画が撮影出来る。

【au版】iPhone8 64GB ゴールド MQ7A2J/A apple

【au版】iPhone8 64GB ゴールド MQ7A2J/A apple

iPhone8に関してはビデオカメラすらまともに対応してない

4k60pやHEVC動画撮影に対応している。

スマホがデジカメやビデオカメラを追い抜いてしまった。

旅行へ行った際にもスマホで多くの動画を撮影して

FZ1000で動画を撮影することは最近あまりない。

ビデオカメラなんてそもそも使わない。

 

スマートフォンのカメラが全て4K動画撮影に対応してるわけではない。

エントリーモデルなどはFHD30p対応も多い。

例えばHuaweiのnova lite2は人気の低価格スマホ。

狭額縁液晶やデュアルカメラなど人気だけど4k動画撮影は出来ない。

SIMフリーだとASUSのZenfoneシリーズなど対応してるし

あとAppleのiPhone SEなども4K動画撮影に対応してる。

3万円前後以上の機種に限られる。

ただビデオカメラで4K動画対応はPanasonicの5万円台の機種が最安値。

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ VX985M 64GB あとから補正 ブラック HC-VX985M-K

Panasonic デジタル4Kビデオカメラ VX985M 64GB

あとから補正 ブラック HC-VX985M-K

ミラーレスはもっと安い品もあるけどレンズなどを考えると

いい値段することを考えるとやっぱりスマホが比較的安いのか。

 

さて4Kの撮影環境は整い

今は4k30pから4k60pへと移行時期だが

デジカメやビデオカメラの対応状況等を見るとまだまだ。

ただスマートフォンはその間にさらに先に進みそうだ。

8K動画撮影が可能になるのは遠くないかもしれない。

4Kだと3840x2160だけど8Kだと7680x4320だから大変だ。

同じHEVCで30fpsでも容量は単純に4倍になる。

iPhone8でHEVCの4k60pだと1分400MBになるけど

8K30pだと1分1600MBとかになるのかな

そもそも8Kを再生できるモニターがまだあまりないし

そこまで高解像度が必要かと言うと微妙だし

レンズの解像度を考えると8Kの実現性は難しい気もしないでもない。

だから8Kは多分あまり追いかけていかないかなあ。

今後は4kのビデオカメラなどを導入する方向で考えよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SONY RX100

  • 2018.06.02 Saturday
  • 23:39

SONYのRX100が発売されたのは2012年。

当時はまだ高級コンデジという概念がなかった。

1/1.7インチセンサー搭載のプレミアムコンデジが人気だったが

低価格化が進んでおり当初は4万円近かったモデルが

2万円前後まで下がっていたっけ。

そんな折に7万円近い価格で発売されたSONYのRX100。

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー

F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

個人的に高すぎて売れないと思っていたが

大ヒットしてしかも価格が全然値落ちしなかった。

プレミアムコンデジはその後ほぼ消えてしまったが

高級コンデジはCANON、Panasonicからも発売されて人気カテゴリに。

そんな初代RX100は発売から既に5年以上経つけど

今も発売されている。

そして価格は3万円台半ばと買いやすい価格に。

今RX100というのもありではないかと考える。

 

今RX100を買うとしてスペックを見てどうだろう。

センサーは1インチ2000万画素。

レンズは35mm換算で28-100mmのF1.8-4.9。

動画はFHD60p対応となっている。

センサーは申し分ないがレンズは広角が弱い。

動画も4Kには対応しない。

またWifiに対応していない点も問題と言えるか。

しかし全く駄目ということもなく

価格を考えるとこれで十分ではないかと思うこともある。

そりゃ広角で4K動画対応でWifiがりが便利だが

それを求めるとRX100M4が必要になってしまう。

価格は8万円台で論外だ。

 

各シリーズの特徴を見てみると

RX100M2:裏面照射CMOS、Wifi対応、チルト対応モニター

RX100M3:24-70mm/f1.8-2.8レンズ、有機ELファインダー

RX100M4:積層CMOS、高速連写、4K動画

RX100M5:位相差AF、超高速連写

こんな感じで機能が新モデルになるに連れて追加されている。

あとライバルモデルは

CANONパワーショットG7X MK2Pansonic DMC-LX9などあがる。

G7XMK2は24-100mm/f1.8-2.8のレンズが特徴。

動画はFHD60pまで。価格は6万円前後。

LX9は24-72mm/f1.7-2.8で4K30p動画にも対応してる。

価格は7万円台前半といったところで

それぞれRX100シリーズとうまく共存している感じはある。

RX100M3とG7XMK2は迷うところだし

RX100M4とLX9は迷うところ。

そんな中でやはり初代RX100の圧倒的な安さが際立つ。

 

RX100を利用する上での弱点は

Wifiがないことになるだろうか。

広角28mmはiPhone7/8と変わらないので

それほど気にはならない人も多いけど

スマホ連携が出来ないと不便と言える。

それはFlashAirである程度カバー出来るかもしれない。

東芝 TOSHIBA W-04 FlashAir Wi-Fi SDXCカード 16GB UHS-1 U3 Class10対応 日本製 [並行輸入品]

東芝 TOSHIBA W-04 FlashAir Wi-Fi SDXCカード

16GB UHS-1 U3 Class10対応 日本製 [並行輸入品]

裏面照射CMOS対応してなくても

RX100の1インチは十分暗所に強いしそれを考えると

安価に買えるRX100はありだなあ。

5年以上前だけど・・いいカメラは今もいいからなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

360度カメラ

  • 2018.06.01 Friday
  • 22:35

NHKの大河ドラマに主演されている

鈴木亮平さんが以前NHKのBSプレミアムの番組で

海外の世界遺産だったかを旅していた。

その際に鈴木さんが持っていたカメラがRICOH THETAだった。

360度カメラは旅の記録に最適。

これまでにはない映像を見ることが出来て面白かった。

 

それ以来360度カメラに興味はあるんだが

鈴木さんが旅したような絶景の場所へ行くかというと微妙で

普段日常的に使って楽しめるカメラだろうかとふと思う。

また写真はともかく動画はどうなのか時になるところがある。

昨年は動画が重要だと思っていたけど

今は360度カメラは写真がとりあえずとれればと思っている。

それ故にRICOH THETA SCあたりが

2万円そこそこで買えて良いのかなと。

RICOH 360°カメラ RICOH THETA SC (ホワイト)  + Velbon  自撮り棒  ULTRA STICK SELFIE 6段 セット

RICOH 360°カメラ RICOH THETA SC (ホワイト)

+ Velbon 自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE 6段 セット

自撮り棒を利用することで

高いところが周囲を撮影することが出来て

なかなか楽しい写真が撮影できそうだ。

吊橋の上からとか撮影したら面白そうだし

花畑の中とかもありかな。

そう考えると僕でもありかなと思う。

 

360度カメラの動画ってのは難しい。

フルHDでは360度を撮影するには解像度が足りない。

4Kでも足りない。8Kくらいないと話にならない気がする。

また4Kで動画撮影すると熱の問題も出てくる。

Galaxy 全天球カメラ Gear 360(2017)【Galaxy純正 国内正規品】Galaxy / iPhone対応 ホワイト SM-R21010217JP

Galaxy 全天球カメラ Gear 360(2017)

【Galaxy純正 国内正規品】

Galaxy / iPhone対応 ホワイト SM-R21010217JP

SamsungのGalaxy Gear360は動画撮影に優れた360度カメラだが

熱で止まってしまう問題があるようだ。

2つのカメラから得られた情報を合成して4K出力するのに

かなりのパワーがひつようになるのだろう。

 

動画で360度カメラは

そもそも厳しいと思う。

止まってる状態ではあまり意味がないし

歩いたり動いたりしてると手ブレが気になる。

歩きながらだと手ぶれ補正でも補正出来ず

3軸ジンバルなどを利用しないと厳しい。

【国内正規品】FEIYU TECH G360 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル 【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】FEIYU TECH G360 3軸 ハンドヘルド

スタビライザー ジンバル 【日本語説明書付き・国内保証1年】

360度カメラ向けの3軸ジンバルは発売されている。

通常のスマホ向けだとジンバル部分が映り込みしてしまうが

これだと上の周りはなにもないので広く撮影出来ると

実は1年前この製品持っていたんだけど

結構重くてこれに360度カメラをつけて持ち歩くのはどうなのかなと。

やはり写真だけで十分じゃないかと思うんだが。

 

手頃な価格で360度カメラで写真撮影出来る製品がベストか。

THETA SCは良いけど他にはスマホに接続するタイプかな。

ASUSのはかなり低価格で良さそう。

ASUS 360° Camera 90AC02G0-BMK002

ASUS 360° Camera 90AC02G0-BMK002

どっちにみちスマホに転送しないと見るには不便だから

最初からスマートフォンで撮影出来るのがベストかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

GoPro Hero6を何に使うか

  • 2018.05.31 Thursday
  • 23:37

GoPro Hero5 Blackを購入したのは

去年の今頃だっただろうか。

当時41000円前後で売られていたと思うが

ちょうど今GoPro Hero6がそれくらいの価格で売られている。

【国内正規品】GoPro アクションカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

【国内正規品】GoPro アクションカメラ

HERO6 Black CHDHX-601-FW

Hero6はHero5と比べると4k60p対応が最も注目されているが

実は4k30pの電子手ぶれ補正の強化こそが一番の魅力で

その制度は使う状況によってはジンバル並に補正されるので

手軽に手ブレをおさえた動画を撮影出来るのは利点。

欲しいけど使いみちがなかなか見つけられず購入には至ってない。

 

去年そもそもGoPro Hero5 Blackを買ったのは

超広角動画を撮影したかったから。

今ではiPhone8でも4k60p動画が撮影出来るけど

画角はあまり広くなく35mm換算で35mm程度と標準画角。

GoPro Hero5や6の場合は16mmくらいだっけ。

広くて高精細な動画を撮影出来る。

動画のクォリティに関しては文句なく素晴らしいカメラだった。

ただ使うほど弱点も見えてくる。

何より使う機会があまりなくて結局手放してしまった。

 

機能に関してだけど

Hero6なら手ブレに関しては問題ない。

音質はまあビデオカメラなどに比べると良くないけど

OSMOなどに比べるとはるかにマシだ。

屋外だと風ノイズが入ってしまうのはやむを得ない。

屋内ならいい感じにで撮影出来る。

一番機能的に使いづらかったのは

録画の開始・停止ボタンの押しづらさだった。

ミニ三脚やスティックを取り付けることが多いが手元でON-OFFしたいなと。

スマホを接続して操作するのは面倒。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ スマートリモート ARMTE-002

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ

スマートリモート ARMTE-002

リモコンは出ているんだけどこれが1万円弱と非常に高い。

これが付属してれば商品評価は遥かに高かったかなと思うのだが。

レビューを見るとあまり信頼性が高くなさそうなのもマイナス点。

 

ただ問題は商品自体よりもその使いみち。

やはり使わなければ持っている意味がないわけで

なかなかその使いみちが難しい。

旅行へ行くなら撮影用カメラとしてありで

特に海などでは防水対応でもありばっちり対応してる。

でも海なんて行かない。

アクティビティの撮影には最適だけどしたことない。

テレビ番組などでそうしたのを見るとやってみたいと思い

カメラも欲しくなるが実際やったことない。

GoProのある世界が憧れみたいなものがあり

その幻想を見ている部分が大きい気がする。

僕のライフスタイルには現状必要がないものと言わざるを得ないのか。

 

使わないけど欲しい。そんなカメラだ。

そうそうGoProだけどメモリカードに関してはわりと厳しいので

V30対応の高速メモリカードを利用したい。

サンディスク ( SANDISK ) 64GB microSDXC Extreme R=100MB/s W=60MB/s SDアダプタ付き [海外パッケージ] SDSQXAF-064-GN6MA

サンディスク ( SANDISK ) 64GB microSDXC Extreme

R=100MB/s W=60MB/s SDアダプタ付き [海外パッケージ]

SDSQXAF-064-GN6MA

去年僕が買った時に比べるとメモリカード価格は

かなり安くなっているので買いやすいだろう。

まあGoProの類似のアクションカムは多く出ていて

安いのも多いけど画質は全く比較にならないほど差があり

圧倒的にGoPro Hero5やHero6の画質は良いので

中途半端な製品で妥協するくらいならGoProを選ぶべきかと。

製品には問題があるわけじゃなく使いみちなんだなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

recommend

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue)
HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue) (JUGEMレビュー »)

Huaweiの最新SIMフリースマートフォン。18:9液晶で狭額縁を実現。そしてWレンズカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM