旅カメラとしてのTX1とLX100

  • 2017.03.19 Sunday
  • 22:30

旅行の際に持っていくこれだというカメラが

僕にはないなあと。

FZ1000は万能カメラではあるんだけど

コンパクトではないので携帯性がよくない。

ハワイ旅行へは持っていったけど

さすがに多少は無理があったかなと思う場面もある。

旅カメラの条件としては

コンパクトで高画質、動画も高画質で撮れることが条件。

その条件を持つカメラはPanasonicに多いけど

DMC-TX1とDMC-LX100はどうだろうか。

 

TX1は2016年1月だから1年ちょっと前に発売された

光学10倍ズーム搭載の高級コンデジだ。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1 光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ

ルミックス TX1 光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

高級コンデジの多くがレンズの明るさを重視した結果

コンパクトデジカメのような高倍率ズームモデルは少なく

あったとしてもFZ1000やG3Xなどの大型モデルしかなく

携帯性のよいコンパクト高倍率ズームがなかった。

そこに登場したのがTX1。

35mm換算で25-250mmの光学10倍ズーム。

広角側F2.8、望遠側F5.9で決して明るくはないけど

実用性はとても高くて意外と人気が高い。

画質至上主義の人からするとレンズ性能が・・となるんだろうが

実際1インチセンサー搭載してて十分な画質があるし

何より光学10倍は使い勝手が良くて

スマホ世代にはむしろこっちのほうが人気がありそうだ。

 

LX100は2014年10月発売の高級コンデジ。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX100 4/3型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX100-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス

LX100 4/3型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX100-K

4/3インチセンサーや明るい大口径レンズなど

本体サイズを犠牲にして画質を追求したモデルで

画質至上主義の人などはこちらを支持してる人が多い。

ただ実際はそれほど売れているとはいえないのは

サイズが大きくミラーレスカメラと競合してしまったからだろう。

ただいいカメラでミラーレスでも

このクラスのレンズは8万円クラスと高価で

4K動画撮影も便利だし同じ環境をミラーレスで整えると

軽く12万円はかかることから非常にコストパフォーマンスは

良いモデルと言えるのではないかと。

 

どちらも旅カメラとして便利で捨てがたい魅力がある。

どちらか1台を選ぶとするとどうだろう。

僕は多分古い考えの人間だからLX100を選ぶ気がする。

望遠よりも広角や画質などを重視するかなと。

ただ本当はTX1こそ選ぶべきかなと。

実際FZ1000をハワイ旅行に持っていき便利だったのは

望遠撮影が使えたことだった。

それ故にTX1こそ広角から望遠まで使えてコンパクトで

旅行に持っていくには理想のカメラではなかろうかと。

まあ画質ってそんなに重要じゃないからね。

スマホ画質でもある意味十分じゃね?と思うようになってきた気がする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビデオカメラよりOSMO

  • 2017.03.18 Saturday
  • 22:42

今後はビデオカメラではなく

3軸ジンバルを搭載したカメラを

動画撮影のメインで利用していきたいと考えている。

ハワイ旅行で撮影した動画を見ても

圧倒的にOSMO mobile+スマホで撮影した動画が

安定的で素晴らしいのでビデオカメラの出番はないなと。

望遠が使いたかったらデジカメ動画で対応出来るので

ビデオカメラは売ってしまおうと思っている。

その資金で3軸ジンバル+カメラを買おうと。

 

僕が今持っているのはDJI OSMO mobile。

これにスマートフォンをカメラとして利用している。

手軽に利用できるのは利点だが

画質はスマホ性能に依存するのでそれなりに高価なスマホでないと

高画質な動画が撮影出来ない。

またスマホ動画の画角は30mm程度なのであまり広角ではない。

バッテリーやメモリなどもスマホ次第で

特にバッテリーは1時間程度しか使えないのが難点だ。

動画撮影でスマホのバッテリーが0になると

それ以外のスマホ利用が不便になるので撮影用スマホが必要になり

高コストになってしまいがち。

 

理想はカメラ一体型の3軸ジンバル。

別途スマホが不要な液晶付きタイプがベストだ。

そんなカメラ付きジンバルはFEIYU TECHから

SUMMONという製品が出ている。

【国内正規品】 FEIYU SUMMON+ 4Kカメラ搭載型 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル カメラ 【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】 FEIYU SUMMON+ 4Kカメラ搭載型

3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル カメラ

【日本語説明書付き・国内保証1年】

この製品はSUMMON+。SUMMONの最新機種で

ジンバルの音が入る難点が改善されているらしい。

システムとしては理想的なこの製品。

価格も5万円程度で3軸ジンバル+カメラやスマホを

買うことを考えると割安と言える。

理想ではあるんだけどこの製品の完成度はどうかなと。

YouTubeでSUMMONやSUMMON+の動画をチェックしてるけど

カメラも3軸ジンバルもどちらも不満のある内容だ。

カメラはあまり広角ではなく画質も悪くはないがそこそこ。

そして肝心の3軸ジンバルがいまいちなのか微ブレがある。

特にOSMOと比べるとその違いは顕著。

それ故にやはりOSMOがベストかなと。

 

DJIのOSMOは4Kカメラ付きの3軸ジンバル。

【国内正規品】 DJI OSMO (3軸手持ちジンバル, 4Kカメラ標準搭載)

【国内正規品】 DJI OSMO

(3軸手持ちジンバル, 4Kカメラ標準搭載)

その性能はテレビ放送などでも使われるほどで

NHKのBSプレミアムの紀行番組で採用されていたり

地上波のロケバラエティでも使われている。

鉄腕ダッシュやイッテQなどでちらっと写ったり。

カメラ画質と3軸ジンバルの出来はとても良い。

ただ画面確認用の液晶がなく

スマホとWifi接続して利用する仕組みとなっている。

これが非常に面倒でこの製品の価値を下げてしまう。

本体のバッテリーで駆動する直接接続するタイプの

液晶があればベストなんだけどね。

この製品を発売するDJIがドローンメーカーなので

ワイヤレスでスマホをモニターとすることに長けているためだが

ドローンと違って撮影時間が長い分OFF-ONの都度スマホを

Wifi接続する必要があるのは超面倒そうだ。

液晶なくても撮影範囲が確認出来ないだけで撮影は出来る。

超広角だから慣れれば撮影範囲は分かるもので

スマホ繋がなくても問題ないと思うけど。

このOSMOがやはり現状で一番欲しいかなと。

 

3軸ジンバル+GoProを利用する方法もある。

これはコストはかかるけど品質は非常に高く便利だ。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

カメラは4kに対応したGoPro HERO5 BLACK。

GoProの最新カメラだけあり画質は非常に良く

超広角対応で非常に良い。

手ぶれ補正も電子式のものがついてるらしいが

それは3軸ジンバルを利用する場合必要ないけどね。

これに取り付ける3軸ジンバルは様々なモデルがあるが

理想はGoProから出ているKarma Grip

国内ではまだ売られておらずネットで買うと海外から発送されるようだ。

接続すると一体型になり手元で撮影などの

コントロールが可能なのも利点だ。

ただそのまま利用できる機種がGoPro HERO5 BLACKのみなのは

汎用性が低すぎてちょっと厳しいか。

あとカメラと3軸ジンバルで8万円近いコストもネックかな。

ただ最近カメラは価格が下がっているので多少買いやすくなってるけど。

FEIYU TECH G5もGoPro用3軸ジンバルとしては人気だ。

【国内正規品】 FEIYU TECH G5 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル Gopro Hero 5 Camera 及び同サイズのアクションカメラ用  【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】 FEIYU TECH G5 3軸 ハンドヘルド

スタビライザー ジンバル Gopro Hero 5 Camera

及び同サイズのアクションカメラ用 【日本語説明書付き・国内保証1年】

様々なアクションカメラで利用できることや

防滴モデルなのは利点ではあるけど

手元でカメラの操作が出来なかったり

カメラの取付がやや時間がかかるのが難点かな。

 

ということでなんだかんだ考えると

DJIのOSMOが最有力。

続いてGoProのカメラとグリップかな。

比較的安くなっているOSMOが有力だけど

OSMOも2015年発売でそろそろ後継モデルが

出てくるんじゃないかというのが不安でもある。

液晶付きOSMOとか出たりしたらそっちのほうがいいからな。

悩みどころだなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FDR-X3000とOSMO

  • 2017.03.17 Friday
  • 23:26

ハワイ旅行へ行きビデオカメラは

もはや必要ないと感じて売却を検討中。

望遠動画が撮影したければFZ1000でOK。

普段の撮影は超広角カメラを利用したい。

有力候補はDJI OSMOなんだけど

SONYのFDR-X3000はどうだろう。

 

FDR-X3000は空間手ぶれ補正を搭載している。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 4K+空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000)

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム

4K+空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000)

空間手ぶれ補正はSONYのビデオカメラに搭載されている

超強力な手ぶれ補正システム。

特に歩きながら撮影などの際に強力な補正力がある。

超広角のアクションカメラも相まって

FDR-X3000は超広角+強力手ぶれ補正の

コンパクトカメラとしてかなり使えるようだ。

ただ手ぶれ補正という点では3軸ジンバルには及ばない。

特にロールには弱いので

振動系の手ブレには対応出来ても

歩きながらだとブレが気になるかもしれない。

スポーツ系なら大丈夫だろうけど。

 

本体はコンパクトだけど

モニター用の液晶は別売となっている。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 4K+空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000R) ライブビューリモコンキット

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム

4K+空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000R)

ライブビューリモコンキット

ライブビューリモコンは腕時計型で手軽に利用出来る。

ただこのセットだと6万円を超える。

ビデオカメラのように利用する場合は

グリップが必要になるがミニ三脚などを利用したり

ソニー SONY フィンガーグリップ AKA-FGP1 C SYH

ソニー SONY フィンガーグリップ AKA-FGP1 C SYH

フィンガーグリップがあれば重宝するようだ。

街歩きカメラとして利用するならこれは必須と言えるだろうか。

あとFDR-X3000は防滴ボディで

付属の防水ケースを利用することで

60mまでの防水や防塵、耐衝撃、耐低温などで使えるため

マリンスポーツからスノースポーツまで

様々な利用が可能だ。もちろん登山などでも使えるだろう。

 

トータルでは圧倒的にOSMOより優れるのだが

街歩きに関してはOSMOのほうがずっと上かなと。

【国内正規品】 DJI OSMO (3軸手持ちジンバル, 4Kカメラ標準搭載)

【国内正規品】 DJI OSMO

(3軸手持ちジンバル, 4Kカメラ標準搭載)

手ぶれ補正の精度が圧倒的に違うから。

旅カメラとしてみたらどうだろう。

またハワイへ行くとして持っていくのならどっちがいいか。

ワイキキ周辺を散策するならOSMO。

マリンスポーツなどをするならX3000。

万能に使えるのはX3000になるかなあ。

街歩き動画でX3000がどこまで手ブレを抑えられるか。

その辺りチェックしてみたいところだ。

 

実は去年秋にX3000ではなく

フルHD対応モデルのHDR-AS300の購入を検討したんだ。

ハワイ旅行で利用するだろうかと検討したけど

海に入る予定はなかったので

それならとDJI OSMO mobileを購入した。

それは結果的に正解だったと思うけど

OSMOとHDR-X3000とどっちがいいんだろうなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

夜間の動画撮影

  • 2017.03.16 Thursday
  • 23:36

今年1月初めにビデオ編集ソフトを購入。

サイバーリンクのPowerDirectorというソフト。

サイバーリンク PowerDirector 15 Ultra 乗換UPG

サイバーリンク PowerDirector 15 Ultra 乗換UPG

これでハワイ旅行で撮影した動画などを

編集しようと思っていたわけだ。

最初に少し編集したけどその後停滞していたが

最近になりまた作業を再開している。

相当量の動画データを撮影してて

それら全てをチェックして気づいたんだけど

ビデオカメラは夜に弱いなあと。

 

撮影に利用したビデオカメラはPanasonicのHC-V620M。

Panasonic デジタルハイビジョンビデオカメラ V620 内蔵メモリー32GB シルバー HC-V620M-S

Panasonic デジタルハイビジョンビデオカメラ V620

内蔵メモリー32GB シルバー HC-V620M-S

2013年発売と4年前のビデオカメラだけど

この4年ほどはPanasonicのフルHDビデオカメラに

大きな変化はないので現行モデルと大差はない。

むしろ今の売れ筋モデルと比較して多少上回るほどだ。

ただ最近のデジカメ動画の画質に慣れてそれと比べると

全体的に眠い映像に感じる。何より薄暗いと余計に眠さが際立つ。

 

夜に撮影した映像を見ると

真っ暗であまり何も写っていない。

同じ状況でFZ1000でも動画撮影をしたけど

こっちのほうが遥かに明るく撮影出来ていた。

その理由はセンサーサイズだろう。

V620Mは1/2.33インチのセンサーを利用し

さらにそのうちの一部のみを使っている。

センサー全体で約1700万画素だが中央の400万画素しか使ってない。

実質的にはさらに小さなセンサーを搭載しているのと変わりない。

一方でFZ1000は1インチセンサーを使っている。

フルHD撮影時はセンサーを広く使ってるため

動画に使うセンサーサイズが全然違う。

それが明るさの違いとなって現れているのだろう。

もちろんセンサーだけでなくレンズも重要だけどね。

 

今後動画カメラとして購入する場合は

センサーサイズやレンズの明るさなどを重視せねばと思う。

今購入を検討しているDJI OSMO。

【国内正規品】 DJI OSMO (3軸手持ちジンバル, 4Kカメラ標準搭載)

【国内正規品】 DJI OSMO

(3軸手持ちジンバル, 4Kカメラ標準搭載)

1/2.3インチセンサーを搭載している。

レンズは35mm換算で20mm f2.8。

決して暗所に強いわけではないけど

動画に強いスマホクラスの性能はあり

そこそこ高画質に撮影出来るかと。

Panasonicの高級コンデジのLX9は暗所に強そうだ。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9  1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス LX9

1.0型センサー搭載 4K動画対応 ブラック DMC-LX9-K

1インチセンサー搭載の高級コンデジ。

レンズはF1.4-2.8で広角側はF1.4と極めて明るい。

前モデルのLX7は1/1.7インチセンサーだが

暗所に非常に強い動画カメラとして人気だったけど

LX9はさらにセンサーサイズが大きくなり

夜間の撮影などが得意と言えるだろう。

同じシリーズのLX100も4/3インチセンサーで暗所に強そう。

 

突き詰めればSONYのα7RIIなどの

フルサイズセンサー搭載のカメラが最強だろうが

それらは価格が非常に高いのでなかなか厳しい。

旅行などで夜の街の風景などを動画撮影する場合などは

LX9のようなカメラがあると便利だろう。

今後のカメラ購入に参考にしたい。

 

ビデオカメラも昼間は問題ないけど

やはり夜がね。夜間は別のカメラを使うとか工夫が必要かも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Panasonic 100-300mm望遠レンズ

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 22:33

先週土曜日にしだれ梅を見に行って

最初はしだれ梅の写真を撮影していたんだけど

そのうちメジロがたくさん飛んできてたので

DMC-FZ1000を取り出してメジロやら鳥撮影に

夢中になっていた。

他にも高そうなレンズを持った人がたくさんいた。

そんな中で見たことあるけど違うようなレンズで

撮影している人が・・・。

 

そのレンズはPanasonicの100-300mmだけど

なんか違う。

Panasonic 望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 /MEGA O.I.S. H-FS100300

Panasonic 望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用

ルミックス G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 /

MEGA O.I.S. H-FS100300

このレンズは以前欲しくて店頭で何度もチェックして

それ故にどんなレンズかは見れば分かるのだが

似ているけど違うような・・。

でも100-300mmとあるけど黄色表示じゃない。

別のマウントにしてはレンズが細いというか

ボディはよく見えなかったけど多分GX7っぽいかなと。

ということはやはりマイクロフォーサーズ。

 

帰宅して気になって調べてみたら

100-300mmの後継レンズが今年1月に発売されていた。

出る出ると言われてて出なかったからもう出ないものだと

そう思っていたけど既に発売されていたんだな。

パット見だけどかなり地味になった印象だけど

性能はかなり向上しているようだ。

Panasonic 超望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II /POWER O.I.S. H-FSA100300

Panasonic 超望遠ズームレンズ マイクロフォーサーズ用

ルミックス G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II /

POWER O.I.S. H-FSA100300

手ぶれ補正が強化されまたレンズのキレがよくなったと。

100-400mmが17万円以上とやたら高いので

マイクロフォーサーズの望遠レンズとしたらやはりこれなのだろう。

使ってみたいなあ。

 

マイクロフォーサーズだと2倍換算なので

35mm換算で200-600mm相当の画角になる。

これくらいあると鳥の撮影もはかどるというものだ。

旧モデルがかなり安くはなっているけど

そろそろ価格も安定するころで59800円とかで

買えるようになれば食指が動くかな。

ただマイクロフォーサーズをどうするかを考えると

欲しいけどちょっと買うのは我慢しなければ。

それこそFZ1000を使わなくなったらありだろうけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CANON パワーショットG9X MarkII

  • 2017.03.14 Tuesday
  • 23:32

高級コンデジとしてはSONYのRXシリーズや

PanasonicのLXシリーズとともに

CANONのパワーショットGシリーズが人気だ。

そんなGシリーズの新モデルが2月に発売された。

Canon コンパクトデジタルカメラ DIGIC7搭載 1.0型センサー PSG9X MARKII(BK)

Canon コンパクトデジタルカメラ

DIGIC7搭載 1.0型センサー PSG9X MARKII(BK)

G9X MarkIIはGシリーズの廉価モデル。

廉価モデルでもセンサーは他と同じ1インチ2000万画素CMOS搭載。

最新の映像エンジンのDIGIC7も搭載している。

他のモデルとの違いはEVFの有無やレンズになるだろうか。

 

Gシリーズは

望遠のG3X、EVF付きのG5X、メインモデルのG7Xに

廉価モデルのG9Xと4モデルある。

G1シリーズもあるけどセンサーサイズが違うので仲間はずれか。

G9XはメインのG7Xと比べるとレンズ性能が劣る。

G7Xの24-100mm/f1.8-2.8と比べて

G9Xは28-84mm/f2.0-4.9となっており

広角と望遠ともに弱くまたレンズも暗くなっている。

その分軽量コンパクト化しており

G7Xに比べると一回り小さくそのサイズは

かつたのパワーショットSシリーズの人気モデルの

S120と同じくらいのサイズと重さになっている。

S120は1/1.7インチセンサーだったが1インチセンサーで

そのサイズ感を実現しているのは素晴らしい。

コンパクトさを重視するかレンズ性能を重視するかは悩みどころ。

 

旧モデルのパワーショットG9Xは

2015年10月に発売された。

Canon デジタルカメラ PowerShot G9 X(ブラック) 光学3.0倍ズーム 1.0型センサー PSG9X(BK)

Canon デジタルカメラ PowerShot G9 X(ブラック)

光学3.0倍ズーム 1.0型センサー PSG9X(BK)

今も5万円を切る価格で売られているけど

在庫限りなので今後は値上がりしていくだろう。

旧モデルと新モデルの比較だけど

新モデルは0.5mm厚くなり3g軽くなった。

誤差みたいなものだからほとんど同じ。

センサー、レンズは同じ。

映像エンジンがDIGIC6から7になり

手ぶれ補正が強化されまた高感度ノイズが低減。

あとはBluetooth LEにも対応して

スマホ連携がより簡単に行えるようになった。

大きな変化はなくマイナーアップデートだけど

より先進的な機能が使えるのが新モデルのMarkIIとなっている。

 

G9X MarkIIは現在の価格は58000円くらい。

G9Xが48000円くらいなので1万円の差は微妙。

またG7X MarkIIは

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII

光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

発売から1年経って価格がこなれてきて

一時期8万円を超えていた価格も

今は7万円を切っている。

G9X MarkIIとの価格差は1万円ほどで

価格差としては微妙でG9X MarkII買うなら

G7X MarkII買ったほうがいいかなと思う。

G9X MarkIIは軽量コンパクトなので

ポケットカメラとして最適だけど

まだ発売されたばかりで価格はこなれていない。

もう少し待てば5万円前後まで下がり

買いやすくなるのではなかろうか。

 

ってことで高級コンデジも1台欲しいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラバッグ・カメラリュック

  • 2017.03.13 Monday
  • 23:29

昨年7月にCANONのEOS6D+24-105mm F4Lを購入。

非常に高価なカメラやレンズを壊さないためにも

カメラバッグに入れてしっかり管理する必要があると。

思えば5年くらい前だったか鹿児島帰省した帰りに

福岡の古賀SAだったかで休憩していた。

お土産などを買ったため荷物の詰替をしようとしたら

リュックのカバーが開いててそれで倒れてきて

デジ一眼が落下してそのままアスファルトにゴツン。

Sigmaの18-200mmのレンズが壊れてしまった。

修理代に1万円ちょっとかかった記憶があるけど痛かったなあ。

あの経験があるからこそかなり厳重にと考えている。

 

今EOS6Dを持って出かける時には

OUTDOOR ショルダーバッグ OD カメラショルダーバッグ01 3.2L ネイビー ODCSB01NV

OUTDOOR ショルダーバッグ OD

カメラショルダーバッグ01 3.2L ネイビー ODCSB01NV

昨年買ったこのバッグを利用している。

EOS6Dに24-105mm F4Lのレンズを付けた状態で

ぴったり入るのでいい感じ。

クッション性もそこそこあるのでぶつけたりしても

カメラへのダメージは軽減できるかと。

FZ1000はカメラケースに入れているけど

これももう少し頑丈なバッグに入れたいなと考えてたりする。

 

今はレンズは1本しかないからつけっぱなしだけど

いずれ新しいレンズを買ったら

以前Amazonで買って全く使ってなかった

カメラバッグをようやく利用しようかと思う。

Amazonベーシック スリングバッグ 7.7L 一眼レフ用 ブラック

Amazonベーシック スリングバッグ

7.7L 一眼レフ用 ブラック

このバッグを買ったのは2013年の4月なんだけど

全然使っていなくて放置状態だった。

でもEOS6D用のレンズを買えば交換レンズをいれられる

このカメラバッグを利用することになりそう。

 

それとは別に今はカメラリュックの購入を考えている。

カメラを持って山方面へ行くときに

今の普通のザックだとカメラの取り出しなどが不便。

一番上に載せるのでバランスも悪い。

そこでカメラリュックが欲しい。

HAKUBA カメラリュック GWアドバンス ピーク 25L 三脚取付可 ダークグレー SGWA-P25DGY

HAKUBA カメラリュック GWアドバンス ピーク 25L

三脚取付可 ダークグレー SGWA-P25DGY

このHAKUBAのカメラリュックは25Lなので軽登山向け。

底の部分の横かあカメラを出し入れできる。

つまり上から取り出さなくても良い。

着替えや食べ物などを上に入れて

重いカメラやレンズを底に入れることができる。

HAKUBA カメラリュック GW-ADVANCE アルパイン40 山岳用 ブラック SGWA-A40BK

HAKUBA カメラリュック GW-ADVANCE

アルパイン40 山岳用 ブラック SGWA-A40BK

さらに大きい40Lクラスのカメラリュックもある。

涸沢カールへ紅葉を撮影しに行くのなら

このクラスのリュックは必要になるだろう。

移動時には撮影しなかったり別途コンパクトカメラや

スマホなどを使うなら別にいいんだけど

使ったり収納したりを繰り返したりするなら必要かと。

どのサイズを買うべきか悩みどころ。

25Lくらいのが安くていいかな。

 

山などでカメラを利用するため

カメラバッグやリュックについて今年も

必要に応じて購入して揃えていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンパス40-150mm f2.8

  • 2017.03.12 Sunday
  • 22:24

こないだ梅を見に行ったときに

年配の女性が使っていたレンズに目がいった。

オリンパスの大口径望遠レンズの40-150mm f2.8。

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 防塵 防滴

マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO

使ってるのを見ていたけど

ズームリングみたいなのを回しているけど

レンズ自体の長さは変わっていなかった。

このレンズはインナーズームでレンズの長さが変わらないようだ。

かなり質感の高そうなレンズで以前欲しかったのを思い出した。

 

以前フルサイズデジ一眼を買う前にこのレンズが欲しかった。

ちょうど1年前くらいだったかなあ。

フルサイズを買わずこのレンズを買うという選択肢もあった。

フルサイズで同等の性能のレンズを買おうとすると

値段もずっと高くなるしまた重くなってしまう。

実際今持っているEOS6Dで80-300mm/f2.8のレンズなんて

現実的ではなく70-200mm/f2.8なら出ているけど

Canon 望遠ズームレンズ EF70-200mm F2.8L IS II USM フルサイズ対応

Canon 望遠ズームレンズ EF70-200mm F2.8L IS II USM フルサイズ対応

その価格は24万円ほどするのでそう簡単に手が出せない。

半値とまではいかないまでも安く買えてより望遠に強くて

使い勝手などはかなり良さそうだなあと思っていた。

 

しかし結局フルサイズを購入したため

この40-150mm/f2.8の購入計画は消えてしまった。

今も欲しい気持ちはあるけど現状は厳しい。

その最大の理由はレンズ内手ぶれ補正を搭載しない点。

僕が持っているマイクロフォーサーズのカメラは

PanasonicのG6とオリンパスのE-PL6。

G6は手ぶれ補正を持たずE-PL6は2軸手ブレ補正で弱い。

300mm相当の画角で手ぶれ補正がかなり使えないと

手ブレなどがかなり気になってしまう。

三脚を利用する場合はせっかくの機動性の高さが損なわれてしまう。

つまり40-150mm f2.8を買うならば

それなりのボディが必要ということだ。

E-M1、E-M5 MarkIIやE-M1 MarkIIクラスのボディが欲しい。

となるとトータルの出費は大きくなってしまう。

少なくともフルサイズを維持したままだと難しい。

それこそフルサイズを捨ててマイクロフォーサーズのみなら買えるけどね。

 

ちょうど1年前にどうするかその辺り考えていた。

マイクロフォーサーズならフルサイズより安価なので

より高性能なレンズを使うことが出来るだろうと。

フルサイズを買うことはレンズにもそれ相当の負担が求められる。

重くなり機動性も悪くなる。

それでもフルサイズが欲しいのか自分よ・・と。

結論はそれでも欲しいということで購入した。

買ったことには文句はなく今は満足しているけど

それ故に40-150mm f2.8を買うことは少なくとも当分はないだろう。

買うとしたらフルサイズの70-200mm f2.8のほうが先だからね。

 

ひょっとしてフルサイズを選ばなかったら

今持っていたかもしれないレンズってこと

ちょっとそのレンズを見て感傷的な気分になってしまった。

まあたいしたことじゃないけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

街歩き動画カメラ

  • 2017.03.11 Saturday
  • 22:35

1個前の記事でトラベリックスについて取り上げたが

トラベリックスや世界ふれあい街歩きなど

旅人視点で街歩きするテレビ番組が好きだ。

ただ世界ふれあい街歩きなどは

ステディカムと呼ばれる大型なスタビライザーを持って撮影している。

カメラもステディカムもどちらも超効果で

なかなか手軽に高画質で手ブレのない街歩き動画は

撮影出来なかった。ただその状況は最近改善されつつある。

 

SONYの空間手ぶれ補正も歩きながらの撮影が可能で

かなり優れていたけど最近登場した3軸ジンバルは

素晴らしい安定性で歩きながら撮影してもブレが少ない。

その威力を味わってみたいと昨年11月に

DJI OSMO mobileを購入して手ブレのない動画に魅了された。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

今年1月にはハワイ旅行に持っていき

ワイキキ周辺の街歩き動画を撮影したりした。

バッテリーが充電出来ないトラブルで

あまり撮影できなかったのは残念だけど

夕焼けのワイキキビーチなどそこそこ撮影出来たかなと思う。

しかし弱点も見てきた。

このスマホ向けスタビライザーだと画質や

電池の持ち、メモリなどスマホに依存する。

高性能で大容量メモリなスマホじゃないと厳しいし

撮影してるとバッテリーの減りも大きいから

カメラ専用に高性能スマホを1台確保する必要がある。

iPhone7とか理想だが1台9万円近くするスマホを

専用カメラ代わりとするのはあまりにももったいない。

そこで新たなスタイルを模索中。

 

候補として考えたのはDJI OSMO。

【国内正規品】 DJI OSMO (3軸手持ちジンバル, 4Kカメラ標準搭載)

【国内正規品】 DJI OSMO (3軸手持ちジンバル, 4Kカメラ標準搭載)

発売されたのはちょっと前だけど

その高画質で手ブレのない映像は最近ではテレビ番組のロケでも

多く使われている。NHKの紀行番組でも使われている。

ただ1つ大きな弱点がありモニターとして別途スマホが必要なこと。

このスマホの接続が利用する都度行う必要がありかなり手間だと。

これで液晶が標準でついていれば完璧なのだが・・。

液晶付モデルは3軸ジンバルを多く発売する

FEIYU TECHから発売されている。

【国内正規品】 FEIYU SUMMON+ 4Kカメラ搭載型 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル カメラ 【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】 FEIYU SUMMON+ 4Kカメラ搭載型

3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル カメラ

【日本語説明書付き・国内保証1年】

4Kカメラに背面にはモニター用液晶。

スタビライザーは3軸ジンバル。

かなり良さそうだけどカメラ画質がもう少しかなと。

悪くはないけど4k25fpsまでだしSJCAMとかと

同じくらいの画質かなと。

 

画質を追求するならやはりGoPro。

GoPro HERO5+3軸ジンバルというのも魅力だ。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro

ウェアラブルカメラ HERO5 Black

最新モデルのHERO5 BLACKは4K動画もきれい。

また電池の持ちも1時間半くらいと悪くはない。

3軸ジンバルはいくつか発売されている。

【国内正規品】 FEIYU TECH G5 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル Gopro Hero 5 Camera 及び同サイズのアクションカメラ用  【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】 FEIYU TECH G5 3軸 ハンドヘルド スタビライザー

ジンバル Gopro Hero 5 Camera 及び同サイズのアクションカメラ用

【日本語説明書付き・国内保証1年】

これ以外にもGoPro自身のKarma Gripというのもあるようだ。

画質とか考えると現状これが理想だけど

カメラとジンバルで8万円はするので負担は大きいけどね。

 

いずれ5万円以下で4K撮影可能で

液晶モニタ付きの3軸ジンバルが

いろいろ出てくると思うけど今欲しいんだな。

とりあえずDJI OSMO mobileで撮影してるけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CANON iVIX mini Xをどうするか

  • 2017.03.10 Friday
  • 23:34

2015年5月に購入したCANONのiVIS mini X。

Canon デジタルビデオカメラ iVIS mini X 対角約170度 1,280万画素CMOSセンサー IVISMINIX

Canon デジタルビデオカメラ iVIS mini X

対角約170度 1,280万画素CMOSセンサー IVISMINIX

光学ズームはなく超広角レンズを搭載したビデオカメラ。

画質はとても良いけど周辺の歪みはそれなりに大きい。

音質は非常に良くてクリアに音を拾ってくれる。

ただあまり利用が増えておらずどうするか迷い中。

 

このカメラだけど基本的な利用は

スタンドやミニ三脚に固定して

歌や演奏、ダンスなどを映像として撮影するのに

適したカメラと言える。

簡易スタンドが付属しているし本体底面には三脚穴があり

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

こうしたミニ三脚を取り付けることで

いい感じに固定出来る。

 

しかし普通のビデオカメラのように

歩きながらとか撮影しようとすると手ブレが気になる。

超広角モードでは手ぶれ補正がついていないので

歩きながら撮影すると思った以上に手ブレが気になる。

歩きながらでなくても手持ちでの撮影だけでも

手ブレの方は多少気になってしまう。

超広角だからマシだけど消えるわけではない。

動画カメラとして見たら

他にもっと良い製品があるのではと考えてしまう。

 

ただ写真画質もなかなか良くて

超広角写真など昨年何枚も撮影した。

歪みは大きいけどそれは味なので特に気にならない。

1/2.3インチセンサーを搭載したデジカメやスマホくらいの

高画質な写真は撮影スルことが出来る。

音は格別に良くてPCMレコーダー並と言える。

この高音質は他のカメラでは得られないので一番の魅力だ。

ただ動画は基本固定して撮影するカメラなので難しいところだ。

 

実はiVIS mini Xを売ってしまって

超広角撮影が可能な別のカメラを買おうかなという

そんな計画というか考えがある。

具体的な候補としてはGoPro HERO5 BLACK。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

画質はこちらのほうが上。

iVIS mini XはフルHD30pまでしか撮影出来ない。

GoProは4K30pやフルHD60pでも撮影出来る。

ただレンズの歪みはどちらも同じくらいではなかろうか。

バッテリーの持ちだけどiVIS mini Xはかなり良い。

GoPro HERO5BLACKも良くて

どちらも1時間半くらいは撮影出来るかと。

音質は圧倒的にiVIS mini X。アクションカメラは基本音質は悪い。

液晶もiVIS mini Xのほうが便利だ。

ビデオカメラのようなチルトタイプの液晶を搭載している。

重さは2倍くらい違うようだ。iVIS mini Xのほうが重い。

 

音楽演奏などをしてる人が演奏を撮影するなら

もう間違いなくiVIS mini Xだけど

僕は旅行のときに移動しながら撮影出来るカメラが欲しい。

GoPro HERO5 BLACKだけでは足りず

別途3軸ジンバルを搭載したスタビライザーも必要。

【国内正規品】 FEIYU TECH SUMMON 3軸  手持ち型 カメラ ジンバル 4Kカメラ搭載 スタビライザー 【日本語説明書付き・国内保証1年】

【国内正規品】 FEIYU TECH SUMMON 3軸 手持ち型

カメラ ジンバル 4Kカメラ搭載 スタビライザー

【日本語説明書付き・国内保証1年】

DJIのOSMOやFEIYU TECHのSUMMONなどの

3軸ジンバルを搭載した4Kカメラもまあ悪くはないけど

カメラ画質はGoPro HERO5 BLACKがいいかなあ。

OSMOもカメラは良くて最近はテレビ放送で使われまくってるが

液晶モニタがなくてスマホを液晶代わりにすると

セットアップなどが面倒過ぎるので現状は厳しいなあと。

 

チャンスなのは1月にiVIS mini Xが完売して

今はヤフオクなど価格がかなり上がっているため

以前よりも高値で売れることだろう。

以前は売った価格でGoPro HERO5 BLACKは

とても買えなかったけど今は買えるかなといった感じだ。

どうしようかなあと迷っている。

売ったらあとから売らなきゃ良かったと後悔スルと嫌だし

何もしなければ商品価値は下がり続けることになるし

難しいなあ。今月中に決めたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


recommend

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル) (JUGEMレビュー »)

Fire TV Stickの最新モデル。クワッドコアとなりスペックアップ。付属リモコンも音声認識対応で1500円安くなった。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile シルバー (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマートフォン用スタビライザー。驚くほど安定した動画撮影が可能。アプリの完成度も高くてスタビライザーでは一押し。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM