ハワイへ行く人が羨ましい

  • 2019.12.27 Friday
  • 20:54

年末年始をハワイで過ごすひとは

そろそろハワイへ旅立っていることだろう。

年末年始のハワイ旅行ってのは1年で最も高い時期にあたる。

ハワイ旅行は一般的には1人30万円位が多いが

年末年始は50万円を超えて70万円くらいまで跳ね上がる。

1人でこれだから家族で行くと半端ない金額なのだが

それでも多くの人がハワイへ旅をする。

ただただ羨ましい。

ハワイ 完全版2020 (JTBのMOOK)

ハワイ 完全版2020 (JTBのMOOK)

さすがに年末年始のハワイ旅行などは

宝くじでも当たらないと行けないのだが

それ以外の時期なら頑張れば行ける。

2017年1月にハワイ旅行へ行ってその後行けていないけど

また行きたい。来年こそ・・。

 

ということで妄想的だが

次のハワイ旅行を考えたい。

日程は5泊7日が理想だ。

前回のハワイ旅行は3泊5日だった。

3泊5日という日程だと

1日目:22時頃日本を出発し現地に午前中到着。午後はフリー。

2日目:1日フリー

3日目:1日フリー

4日目:朝9時には空港へ。その後ハワイ発。

5日目:夕方帰国。

こんな感じになりまる1日過ごせるのは2日間で

1日目が半日、最終日は朝だけとなる

これが5泊7日になると2日目から5日目までの4日間がフリーになる。

ハワイの料金ってのは

航空運賃+宿泊費+αとなる。

αってのは交通手段で空港からホテルへのシャトル便や

ワイキキやアラモアナなどを結ぶトロリーと呼ばれるバスになる。

3泊から5泊になると増える負担はホテルの旅費のみ。

食事は基本つかないので連泊になってもホテルのグレードによるけど微増。

現地での食費などは別途余計にかかることにはなるが

ツアー料金としてはそれほど大きな負担ではない。

その割に現地での自由行動が圧倒的に増えるのでやはり5泊7日が理想。

これ以上は休むのが大変になる。

1日目は夜出発なので6日間休めば5泊7日の旅に参加出来る。

 

前回は

1日目午後:アラモアナ&ワイキキ散策

2日目:ダイヤモンドヘッド、カイルア・ラニカイでレンタサイクル。夕方ワイキキ散歩。

3日目:アラモアナ、ダウンタウン見物。夕方ワイキキ散歩。

って感じだった。

オプションとして利用したのは2日目のカイルア。

これはツアーの特典として選べるオプショナルツアーの1つで見て回った。

ハワイでの観光はトロリーのバスで移動できる範囲なら問題ないが

あちこち出かけるならオプショナルツアーに参加することになる。

旅行ツアーに付帯するものもあればオプショナルツアー専門サイトなどで申し込みする。

有名なのはベルトラというサイト。

最近はテレビCMなどもしている。

例えばハワイ島へ行き火山ツアーをしたりシュノーケリングをしたり

ディナークルーズに参加したりといろんなツアーがハワイにはある。

その分お金もかかるんだけどワイキキ周辺をのんびり歩くだけならお金をかけず

食事はコンビニなどでということなら節約して過ごすことも可能だ。

そうした楽しみ方もあるしオプショナルツアーで満喫するのもありかと。

1日くらいはそうしたツアーに参加したほうが楽しめると思うけどね。

次行くなら海に行きたいな。きれいな海を外から見るだけでなく入りたい。

泳ぐのは好きじゃないのでシュノーケリングとかね・・。

【GoPro公式限定】GoPro HERO8 Black CHDHX-801-FW + 非売品ステッカー 【国内正規品】

【GoPro公式限定】GoPro HERO8 Black

CHDHX-801-FW + 非売品ステッカー 【国内正規品】

もしシュノーケリングするならGoProカメラを買っていくよ。

ただ一部のホテルでは宿泊特典として

GoProの1日貸し出しなども行われていたから

そういうのを利用するのもいいかも。確かシェラトン・ワイキキでやってたな。

 

2017年の1月にハワイへ旅行へ行ったけど

次に行くなら違う時期がいいかなと思う。

1月でも寒くないので海に入ったりする点は問題ない。

ただ日は短い。実はダイヤモンドヘッドには早朝に登ったけど

朝日が出て明るいと思っていたらまだ真っ暗で山頂から見た風景は

こんな感じでほぼ夜景だった。

実は3日目の夜に夜景ツアーを見に行くか迷って結局やめたけど

まさかダイヤモンドヘッドから夜景を見ることになるとは思わなかった。

あと早朝は結構寒かったな。昼間は暖かいけど朝は15度くらいまで冷えていた。

ウインドブレーカーのようなものは持っていったほうがいい。

1月で良かったという点もある。

それはワイキキビーチから夕日がきれいに見えた点。

冬だと南よりに沈むのでワイキキからきれいに見えるのだが

夏だと北よりに沈むのでワイキキからだと海のほうに見えず

ダウンタウンのほうに沈む風景になってしまうと思う。

春や秋もホテルとかに隠れてしまうので冬だとよく見えるようだ。

ただ時間はチェックしておきたい。

18時頃日没だったけど18時からディナーを予約してしまっていて

2日目だったか3日目はサンセットを見ることが出来なかった。

ビーチ沿いのお店を予約するなら逆にサンセットの時間帯とかありだけどね。

 

ということでいつかハワイへ行きたい。

次はどうするかだけど料金を抑えるのなら

旅行会社よりも直接申し込みをしたり

あるいは航空券とホテルのセットなどを申し込みするのはありかも。

ただ移動手段は自分で確保する必要がある。

オプショナルツアーなどでは

空港送迎プランというのもあるのでそれらを利用するのもありかと。

トロリーが充実してるのはJTBやHIS、JALパックなどの大手旅行会社。

HISはトロリー網がかなり充実しているらしいので

ちょっと検討をしているところ。

まあいつになるか分からないけど行くぞという気持ちは持って

チャンスがあれば行きたい。

年末年始をハワイで過ごすってのはいつかやってみたいけど

そんな日は来るのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄観光計画

  • 2019.12.25 Wednesday
  • 21:45

2020年2月の沖縄旅は今月中旬に予約をした。

まだ気が早いけど沖縄での観光について検討をしている。

どこへ行こうか。

沖縄 完全版2020 (JTBのMOOK)

沖縄 完全版2020 (JTBのMOOK)

ガイドブックなどを見ているけど

今年2月に行った場所などは基本行かない予定だけど

首里城くらいはもう1度見たいかなあと。

まあ火災の影響もありどこまで見られるか分からないけど。

とりあえず今年2月の旅の日程を振り返ってみたい。

 

1日目

1740:那覇空港到着

1820:レンタカーを借りる。

1855:中城SAでお買い物

1930:ホテルムーンビーチ到着

1945:ローソンで買い出し

2000:部屋で晩飯。

 

2日目

0600:起床

0645:朝食

0805:ホテル出発

0910:美ら海水族館

1100:イルカショー

1130:美ら海水族館出発

1215:道の駅許田で昼飯買い出し&買い物

1315:幸喜公園で昼飯&休憩

1400:読谷球場、休養日なので人おらず。

1505:北谷球場、周辺散歩。

1545:北谷アメリカンビレッジ

1700:ホテルムーンビーチ着

1820:ホテル内でディナー

1920:ローソンにお酒買い出し&周辺散歩

 

3日目

0600:起床

0645:朝食&ホテル敷地内散歩

0745:ホテルムーンビーチ発

0820:読谷球場

0845:残波岬

0910:読谷球場&2軍キャンプ見学

1115:読谷球場発

1145:北谷球場&1軍キャンプ&オープン戦見学

1430:北谷発

1530:首里城公園

1800:ホテルJALシティ那覇

1830:国際通りのステーキ屋でディナー&国際通りぶらぶら

 

4日目

0630:起床

0700:朝飯

0740:チェックアウト

0810:ガソリン満タン給油

0815:レンタカー返却

0830:那覇空港到着&荷物預け

0900:ゆいレールで奥武山公園着&巨人キャンプ見学

1055:那覇空港

1115:軽食屋でサンドイッチ(昼食)

1220:飛行機搭乗

 

・・・・・

とまあこんな感じだった。振り返るだけで大変だった。

2020年2月の沖縄旅は2019年2月の旅とおおまかに2点異なる。

1つは同じ宿に3連泊すること。

宿泊するのは日航アリビラ。

 

読谷村にあるホテルの3連泊するので

4日目の朝は少し移動に時間がかかりそう。

逆に3日目は時間的な余裕は多少出るかも。

もう1つは行きの飛行機が朝の便になり10時10分にも那覇空港に到着する。

レンタカー借りて動き出すのは11時過ぎ。1日目に観光などが可能。

これは非常に大きい。

これらを踏まえて2020年2月の沖縄旅の観光を考えるわけだが・・

今の所考えているのは

○国際通りへは行かない

○美ら海水族館にも行かない

○首里城は行けたら行く

今年行った目玉の3箇所のうち2箇所は行かない予定。

首里城は火災もあって見られるところが限られるので滞在時間は減りそう。

 

ということで考えているけど今考えてるのは最終日の日程。

4日目だけど日航アリビラを早めに出てレンタカーを早く返却したい。

国道58号を通るルートで混雑が予想される。

ガソリン給油含めて1時間半は最低でもかかりそう。

幸い日航アリビラの朝食は6時半から食べられるようで

7時半にはチェックアウト出来るから9時レンタカー屋は可能。

でもそれで空港へ行ってとか考えると空港発が9時半。

これだと首里城へ行って帰ってくるのは無理ではないがゆいれーるで

片道27分かかることを考えるとじっくり見られない。

11時半には遅くとも空港にいたいので無理ではないけど

もしもを考えると怖いので今年も巨人キャンプ巡りになるかな。

あるいはレンタカー返却を10時半頃にしてそれまでどこか観光するか。

天気とかでドラゴンズのキャンプを十分見られなかったら

北谷を最終日にのぞくのもありだろうか。北谷からレンタカーまでは40分。

しかし練習開始は10時から・・・だから無理だ。

一応9時半にはグランド出てきてウォームアップしてるからそれくらいは見られるが。

 

1日目の日程も考えている。

当初は夕方の便でホテル到着が夜だったので何も考えてなかったが

11時にはレンタカー借りて動き出せる。

昼ごはんはどこで食べるか。またどこを観光するかなど含めて考えたい。

沖縄そばのしむじょうへ行きたいと思ってるけど

11時に借りて行ったらまあ昼時で混雑して車止めれないかな・・。

その後は場合によっては首里城へ行ったり中城城跡を見たりして読谷へ行くと。

まあ記事が長くなってしまったので詳細はまた今後検討していこう。

ほとんど今年2月の旅を振り返るのに費やしてしまったな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニーランド

  • 2019.12.24 Tuesday
  • 19:39

世の女性がクリスマスに行きたい場所は

やっぱりディズニーランドのようだ。

東京ディズニーランド パーフェクトガイドブック 2020 (My Tokyo Disney Resort)

東京ディズニーランド パーフェクトガイドブック

2020 (My Tokyo Disney Resort)

東京ディズニーリゾートだけど

僕はこれまで2回しか行ったことがない。

しかも最後に行ったのは1990年なので

もう30年近く行っていないことになる。

 

2回ディズニーランドへ行ってるけど

1度目はいつだかあまり覚えていない。

ただ1つだけ覚えていることがあり

それはビッグサンダーマウンテンが出来てすぐの頃だったこと。

Wikiの情報によれば1987年7月に出来たらしいので

多分1987年の夏休みに行ったんじゃないかなと思う。

昼と夜のパレードを見たけど

東京ディズニーランド エレクトリカルパレード・ドリームライツ

東京ディズニーランド エレクトリカルパレード・ドリームライツ

夜のエレクトリカルパレードの曲は買って聞いたけど

ほとんど今も変わっていない。ただ少しアレンジされてるかな。

ドリームライツなんて言葉は昔入っていなかった気がする。

昼は最近のCDを聞いても全く曲が違っている。

僕が見たのは・・・YouTubeで探したけど

これと多分同じようなパレードだった。

この曲懐かしい。というかミッキーの顔が少し違うか。

2回目ですら1990年なのでともかく長いこと行ってなくて

遠い昔の記憶しかないと・・。

 

ということで最近ふと行きたい気持ちが高まっている。

いい加減30年も近く前の情報ではディズニーランドを語れない。

あと当然だけどディズニーシーはこれっぽっちも知らない。

具体的にはこれから考えていくとして

これまでは別に行く必要ないじゃんと思っていたけど

積極的に行くのを検討してみようかと思う。

カリブの海賊とイッツ・ア・スモールワールドは覚えてるんだなあ。

マイケル・ジャクソンのシアターみたいなのがあった記憶があるが今もあるんか。

ミシシッピ川みたいなのにロビンソン・クルーソーみたいなエリアもあったっけ。

あとSLが走っていたような・・・。ビッグサンダーマウンテンのほうだったかな。

意外とディズニーランドは昔と変わっていないかもしれないが

懐かしむのも旅の目的なので行きたい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな宿ベスト3

  • 2019.12.21 Saturday
  • 22:41

こないだ昼休みに同僚と宿について話していた。

それぞれがお気に入りの宿というものを持っている。

例えば同僚は開田高原の宿が大好きで5回以上泊まってるようだ。

別の同僚は日間賀島の民宿が行きつけでお気に入りらしい。

それぞれお気に入りの好きな宿というのはいくつか持っているもの。

さて僕はなんだろうかとふと考えてみた。

 

そもそもこれまであまり泊まり旅はしていない。

犬を飼っていた頃は極力日帰り旅を選択していたため

宿泊するようになったのは2015年以降なわけだが・・

それでもここ数年を見てみると1位は圧倒的で決まり。

2位は遠いけどお気に入りで間違いない。

3位は難しいところだなあ。

2回以上泊まったところが2つしかないから

それ以外だと1回しか泊まっていないことになるけど。

でも良かったという点では・・・どっちだろう。

立地を考えるとやはり・・。

ということでランキングを決めてみた。

 

■休暇村乗鞍高原

ダントツの1位は乗鞍高原にある休暇村だ。

2015年から5年連続で毎年のように訪れている。

今年秋にも行ってきた。

この乗鞍の休暇村だけどかつて国民休暇村と呼ばれていた頃

もう僕が子供の頃だけど家族旅行で泊まろうとしたことがある。

当時はネットなどなかったので予約ははがきで抽選だった。

しかし毎年のように出しても1度も当選せず泊まれなかった。

そんな乗鞍だが乗鞍スカイラインを利用できた頃は岐阜県側からしか

アクセスをしたことがなかった。

それが2007年に初めて長野県側からアクセスして

その紅葉の絶景に魅了された。

2007年以降毎年秋になると乗鞍へ足を運ぶようになったわけだが

いつか泊まってみたいとは思っていた。

2015年ようやくそれが実現する。

宿を選ぶ時はかつて憧れた休暇村一択だった。

ネット時代の今はわりと簡単に予約することが出来て

あっさりと泊まることが出来た。

乗鞍高原の中心地にあり近くに散策道や池などもある。

東館と西館があり洋室と和室に分かれていて我が家は毎回西館洋室に泊まる。

食事はビュッフェ(バイキング)形式。

そしてお風呂は温泉。部屋にはお風呂はなく立派な温泉施設があり大満足。

天気が良ければ星空ツアーなども行われたりしている。

乗鞍高原は散策するのに最高だし上高地や新穂高も近く

北アルプスを楽しむのにも最適。

海より山が好きなので手軽な山岳リゾートとして最高のエリアにあるのが乗鞍高原。

2020年もきっと泊まることになるだろう。

 

■指宿白水館

鹿児島県の指宿は温泉地として有名だ。

砂むし風呂で有名だけどその指宿にあるのが白水館。

指宿温泉でも上位のグレードとなる旅館だけど

ファミリー向けプランなどを利用すると意外と安く泊まることが出きる。

母方の実家が鹿児島ということもあり

鹿児島には何度か行きその際に宿泊している。

鹿児島空港から少し遠いのが難点で最近は霧島温泉を重宝してるが

やはりココぞという時には白水館に泊まりたくなる。

ロビーは広くて部屋もまあまあ広い。

プールもあったと思うしすぐ近くには海がある。

砂むし会館まではちょっと距離があるけど

実は白水館にも砂蒸し風呂があり有料で入ることが出来る。

2017年に行った時は台風が襲来してて暴風雨で砂むし会館は閉館してたけど

白水館の砂蒸し風呂には入ることが出来た。

また行きたいけど鹿児島は遠いからな・・・。

それに鹿児島に住んでいた祖父母は既に2人とも亡くなってるし

行くとしたらお墓参りになるんだけど・・。

 

■ホテル立山

迷ったけど富山県の室堂平にあるホテル立山を3位とした。

立山黒部アルペンルートの最高地点である室堂ターミナルに隣接する

標高2450mにある山岳リゾートホテルとなる。

我が家は山岳リゾートが大好きで

日本を代表する2大山岳リゾート地である上高地と立山へはよく行く。

立山エリアは広大だけど富山側の立山駅まで車で行き

そこからケーブルカーとバスで室堂へとアクセスする。

我が家では立山へ行くといったらこの室堂へ行くことを意味する。

目の前には立山などの大パノラマが広がってそれは圧巻で

上高地の河童橋とともに人気だけど上高地よりも山は室堂のほうが近い。

これはみくりが池からの立山方向かな。7月はまだ残雪が多いんだ。

ホテル立山は室堂ターミナルに直結している。

駅の建物がホテルで駅の中にホテルの入口があることになる。

東京駅みたいなものだ。

価格はかなり高めで以前泊まった時は1人3万円を超えていたけど

立地は最強中の最強で窓の外には立山を見ることが出来るし

ホテルから出れば2450mの高原の世界が広がっている。

夕方には室堂の散策会が行われたけどそもそも夕方に室堂にいるというのは

宿泊者の特権でもある。夜にも星空観測会が行われる。

これも泊まっている人しか味わえない絶景が広がる。

宿泊した翌日は朝から雨が降っていたけど雨に濡れずバスに乗ることが出来て

アクセスの良さというものを痛感した。

また泊まってみたいけどお値段が高いのが玉に瑕・・。

ちなみに3位として迷ったもう1つの宿は

下呂温泉ホテル水明館だ。

古い温泉街にある宿だけど広くてきれいで良かったな。

ただ乗鞍や立山のような山の中にあるわけではないので

立地という点では負けるけどね。

 

ということで僕のお気に入りの宿を3つ紹介してみた。

これらのホテルも泊まるシーズンというのが決まってしまっている。

例えば乗鞍の休暇村は真冬にも宿泊することが出きる。

なにせホテル目の前は冬はスキー場のゲレンデに早変わり。

目の前には休暇村ゲレンデが広がって近くにはリフト乗り場もある。

乗鞍高原のスキー場の中に休暇村があるという感じでこれまた素敵な感じで

スキーやらないけど行ってみたいなあと。

スノーシューハイクとかはあるのかなあ。

立山も夏の高原風景を楽しみに行くけど

GW頃から泊まれるがこの頃は雪の大谷が有名で真っ白な風景が広がる。

秋は素敵な紅葉風景が広がっている。

特に山岳リゾートは季節に寄って風景が異なるので違った季節の

お気に入りの宿というのも楽しんでみたいな。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅動画

  • 2019.12.17 Tuesday
  • 22:46

最近YouTubeなどで旅動画をよく見る。

2月に沖縄旅行へ行く予定だけど

その沖縄で宿泊するホテルなどもYouTubeでチェックした。

検索すれば旅行記などは山ほど出てくるし

ホテルなどの宿泊記も多く出てくる。

楽しいけど自分でも撮影してみたいなと。

 

実際のところ旅行へ行く時には

動画サイトにアップロードできるくらい

それなりに動画は撮影しているつもりだ。

特に2017年以降はそれを考慮して動画を沢山撮影した。

ハワイ旅行では帰ってきてから動画を公開しようと

行く前に動画編集ソフトまで購入している。

しかし撮影した動画は家族向けに編集した程度で

ネットにはアップすることはなかった。

構成とかも全く考えていなくてそこまで進んでいなかった。

アップするならこんな感じでという考えているプランはあるけど

なかなか忙しくてその時間がないなと。

時間よりもやる気だろうけど。

 

今はOSMO pocketで撮影している。

ジンバルで撮影すると歩きながらでも

手ブレを抑えて撮影することが出来る。

DJI JAPAN ハンドヘルドカメラ Osmo Pocket【DJI JAPAN正規品】 オズモポケット OSPKJP

DJI JAPAN ハンドヘルドカメラ Osmo Pocket

【DJI JAPAN正規品】 オズモポケット OSPKJP

あとGoProカメラのようなアクションカメラも人気だけど

YouTubeの旅動画を見ていると

こうしたカメラはあまり使われていないような気がする。

映像を見ていると使っているカメラなどはなんとなくわかってくる。

GoProカメラだと画角が広くて精細感が強調されている。

OSMO pocketやジンバルを利用してると

歩きながらなどの撮影で不自然なほど手ブレがない。

でも多く動画は歩いている感じはある。

というか実際歩きながら撮影してる動画はあまり多くはない感じだ。

 

具体的に言えば

静止した状態で手持ちでビデオカメラで撮影。

歩きながらなどは極力行っていない感じだ。

移動シーンといえば車などからの前方車窓などだけど

これらも固定するのではなく手持ちというケースが多い。

使ってるカメラは手ブレに強いSONYなどのカメラが多そうだ。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam HDR-CX680 光学30倍 内蔵メモリー64GB ホワイト HDR-CX680 W

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam HDR-CX680

光学30倍 内蔵メモリー64GB ホワイト HDR-CX680 W

動画も4Kじゃないものが多いのでFHDビデオカメラなどが

多く使われている感じだ。

あるいは編集の段階であえて4K出力していないのかもしれない。

 

はっきり言って旅動画を公開するつもりで撮影するなら

デジタルカメラは利用しないことだろう。

デジカメとビデオカメラの併用は難しい。

動画撮影はそれだけに注力するべきだと思うし

今度の沖縄旅ではそうしようかなと思っている。

ビデオカメラは持っていないけど

FZ1000などは動画のみで撮影してみようかなと。

写真を撮影するとしたらスマートフォンのみというのも面白そうだ。

 

旅動画でも写真ベースに動画に仕上げてる人もいる。

静止画に音楽だけ流してフォトストーリー風の動画は

写真アプリなどを利用すれば勝手に作ってくれるものも多い。

ただそうした動画は正直つまらない。

ホテル動画などを見る時は

どんなホテルなんだろうとか気になったりするもの。

ホテルに入ってロビーがあり部屋に入って部屋の広さや間取りにアメニティ。

さらにトイレやお風呂と外の眺望なども含めて探検みたいなのを

動画にしっかり収めるべきなんだなあ。

 

家族などは映している人もいればボカシを入れていたりする人もいる。

プライベートなところなのであまり公開しないほうがいいと思うが

それはどうなのかなと。

少なくとも投稿者がどんな人なのかは気になるところなので

自分目線の旅動画でも自分の姿を公開してるかしてないかは

チャンネル登録の有無に非常に大きく影響する。

登録を増やしたいのなら顔は公開しなきゃ多分伸びない。

ただ単に街歩き動画を公開してるだけの動画なんて

今じゃ星の数ほどあるから完全に埋もれてしまうかと。

 

ということで旅動画を見つつ

自分でもカジュアルなそんなに本気ではなく

ぼちぼちと旅動画を作っていきたい。

公開するしない以前にまずは作らないとなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

東海地方の鉄道

  • 2019.12.14 Saturday
  • 23:39

僕はあまり鉄道に乗らない。

普段車通勤なので電車を利用しないためだ。

でも全く使わないわけではなく

特にこの1年2年はウォーキングや登山

で出かけることが増え

それに伴って鉄道を利用するケースが増えた。

ふと東海地方の鉄道はどれくらい乗ったことがあるかなと。

東海鉄道散歩

東海鉄道散歩

関東や関西のように大手私鉄がたくさんある地域とは異なり

東海地方はJR東海と名鉄、そして近鉄が3大鉄道会社で

あとは比較的小規模な会社が多い気がする。

それらを含めてこれまでの乗車状況をチェックして

今後について考えてみたい。

 

ということで名鉄から。

■名古屋鉄道

名鉄沿線に住んでいるため

名鉄を利用する機会は多い。

学生時代は通学で利用していたし

名古屋に出る際にも名鉄を利用する。

名鉄に関して言えばほとんどの路線を乗ったことがある。

20年くらい前だったと思うけど

名鉄のスタンプラリーイベントに参加して

2日間の乗り放題券を利用していろんな路線に搭乗した。

今はない三河線の西中金や岐阜市内線の谷汲などへ行ったことがある。

おそらく名鉄は瀬戸線以外は全て乗車していると思う。

それらを踏まえてもこれから乗ってみたい路線はやはり瀬戸線だ。

ただそれを目的としない限り乗る機会はなさそうだけど。

 

■JR東海

東海道線、中央線、高山本線などは乗ったことがある。

ただ中央線や高山本線はもう25年以上前のこと。遠い昔のことだ。

東海道線は今年南大高から尾頭橋まで乗ったっけ。

イオン大高へ行ってその後ナゴヤ球場でオープン戦見て

またイオンで買い物して帰ってきたんだっけ。

乗ってみたいのはやはり飯田線だなあ。

究極超人あ〜るのアニメを昔見て行きたくなった。

EMOTION the Best 究極超人あ~る [DVD]

EMOTION the Best 究極超人あ~る [DVD]

ただあれから四半世紀以上経ってるなあ。

いつか行くことがあるんだろうか。

 

■近畿日本鉄道

路線距離は日本一の近鉄も愛知の一部と三重などを走ってる。

昔は三重県の親戚の家へ行くのに利用していたんだけど

最近は全く利用していない。

伊勢神宮とかも行くのは車だからね。

三重県は伊勢湾岸道が出来て車で行く場所になり

その結果近鉄を使わなくなってしまったな。

鈴鹿の山へ行くのに利用したいとは思ってるんだけどね。

乗ってみたいおはしまかぜかな。新しい火の鳥にも乗ってみたいな。

そういえば大阪へ行くのに昔アーバンライナーをよく使っていた。

 

■愛知環状鉄道

第3セクターの愛環だけど開業した頃に1度学校行事で使ったっけ。

それ以来使ってなかったけど2005年に愛・地球博の際に1度利用。

最近は猿投山から瀬戸に降りた時に乗ったりしたものだ。

ICカードに対応してなくて利用しづらかったけど

今年春に対応したらしいのでまた利用する機会があれば。

 

■名古屋市営地下鉄

一時期名古屋市に住んでいたので

いくつかの路線には乗ったことがある。

鶴舞線が一番多いけど他の路線にも乗っているかな。

桜通線はあまりないかも。

あと地味に名城線もほとんどなかったりする。

今でこそ環状だけど僕が住んでた頃はそうじゃなく

金山ベースの人以外はあまり乗らない路線だったな。

 

■愛知高速交通

リニモだけどこれは愛・地球博の頃に1度乗って

それ以来全く乗っていなかったのだがこの1年よく乗る。

猿投山へ登山した帰りに八草駅まで歩いて降りてきて

そこからイオン長久手のある古戦場駅まで乗っている。

見晴らしがよくて便利な路線だ。

 

■名古屋臨海高速鉄道

あおなみ線だけど乗ったことがない。

そもそも乗る機会がない。

ポートメッセへは車でしか行ったこと無いからな。

この路線はポートメッセなどの金城ふ頭へ行く用事がなければ

きっと乗ることはない路線じゃないかと思う。

1人なら車より電車のほうが割安かもしれない。伊勢湾岸高いからな。

 

あとの小規模な路線には乗ったことはあったかな。

豊橋鉄道は高校時代に部活の練習試合で1度乗ったっけ。

東海交通事業城北線は1度もない。そもそも乗る理由がない。見晴らしは良さそうだが。

長良川鉄道、樽見鉄道、明知鉄道、養老鉄道は1度もない。

岐阜ってあまり行かないし行くとしても車だな。

三岐鉄道、伊勢鉄道、四日市あすなろう鉄道もない。

ただ三岐鉄道は今後西藤原駅まで行き藤原岳登山で利用するかも。

東海地方に他に私鉄ってあったっけ。

桃花台の新交通システムなくなってしまったからな。

 

昔に比べると鉄道路線はむしろ減っている気がする。

しばらくは消えてしまう鉄道はないと思うけど

あるうちに鉄道も乗ってみたいところだな。

特に飯田線は乗りたいと思って長い月日がたってるから

重い腰をあげて乗りに行かないとなあ。

ただ思い出したけど僕は小さい頃に飯田線に乗っていたわ。

天竜下りかなんかで家族で行った時に乗ったときの写真があったのを思い出した。

多分3歳か4歳だから全く覚えていないけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄旅の予約完了

  • 2019.12.13 Friday
  • 19:58

2月の沖縄旅を木曜日に予約した。

こないだブログで沖縄旅のホテル選びという記事を書いたが

どこに宿泊するかかなり迷っていた。

最大のネックは価格でありいいホテルは高いので

泊まりたいけど厳しかった。

でもいろいろ迷って最終的には候補の中で一番高いホテルである

日航アリビラに宿泊することにした。しかも3連泊。

 

当初の計画よりは価格が高くなってしまったけど

11月の段階で予定していた価格よりは

かなり安く泊まることが出来たのでまあ満足している。

満足するのは旅行へ行った時がいいけどね。

 

沖縄へは今年2月にも旅行をしている。

その際に予約をしたのはイオントラベルモールのJALパックだった。

今年2月のプランが良かったので来年2月もそのプランを利用しようと思ったけど

全体的に値上げされていてまたホテルの選択肢が狭まっていた。

そのためJTBやHISなどの旅行代理店のパックツアーも調べて

いろんな中から検討をしたけど沖縄旅行は意外と高い。

しかも3泊4日となると5万円からというツアーばかり。

いいホテルを選ぼうものなら7万円以上するという状況で厳しかった。

今年2月は4万円台前半という価格で旅行できたのは今思えば幸運だったのかも。

いろいろ探したけど今年2月と同じような条件は皆無だった。

もっとも消費税増税などもあるので2%分は値上がりしてるだろうけどね。

 

いろいろ探して12月初めの時点では

今シーズンのイオントラベルのJALパックを有力候補としつつ

他の会社も探した見たけどなかなか見つからず。

http://www.aeon-tabi.com/oka/

じゃあこれで申し込みしようかと思った矢先

ふと直接申し込みしたらいくらになるのかとやってみたら

なんとそっちのほうが安かった。

沖縄旅は航空券+ホテル+レンタカーの3点セットになるわけだが

それぞれを個別で見積もってみたらJALパックより1人4000円くらい安くなった。

ただ日航アリビラに宿泊する場合は逆に1人1万円以上高くなってしまった。

泊まるホテルによって直接申し込みが安いところとそうでないところがあり

また曜日による価格差も大きいことがわかった。

それでどっちで予約するのかぎりぎりまで迷っていたんだ。

 

そして運命の12月12日にどっちにするか迷っていた時に

ふと楽天トラベルで探してみたら・・・おや?と。

楽天トラベルにも航空券+ホテル+レンタカーの楽パックというのがある。

この楽パックだけど正直全くチェックしてなかったのだが

これがかなり手頃なプランがあり安かった。

いろいろ探して日航アリビラが一番安いのが実はこれだった。

しかも飛行機の条件もとても良かった。

3泊4日を安く行くために今年2月の旅行では

14時台の飛行機により17時台に那覇空港到着というものだった。

レンタカーを借りてホテルに到着するのは20時頃。

1日目はもう全く観光など出来ない日程だった。

帰りの4日目も12時台に那覇空港を出て14時台にセントレアにもどるもの。

3泊4日と言っても1日目は全く駄目で4日目も時間的な余裕はほとんどなかった。

ところが楽天の楽パックで見つけたのは

4日目の帰りこそ同じ時間帯の便だけど

1日目は朝8時台の便で11時台には那覇空港似到着するもの。

昼にはレンタカーを借りてちょっとした観光もできて

明るい時間にホテルに到着することが出来る。

実は盲点だったのだがこの航空会社はJALではなくANAだった。

日航アリビラに宿泊する=JALを使うという固定概念があったのだが

ANAの楽パックで安いのが見つかった。JAL楽パックに変更済み

15日まで行われている楽天スーパーセールのクーポンで安く買えるため。

実はこの記事を書いたのは12日夜なのだが深夜にふともう1度見たら

同じ条件のJAL楽パックのほうが安くなっていた。

ただ使えるクーポンが5000円しかなかったんだ。とりあえず仮予約。

今日夕方から10000円クーポンが使えるようになり再度予約をしなおした。

楽天スーパーセールの楽パッククーポンは

楽天トラベルサイトの上部の部分からアクセスしてゲット出来る。

ただ限定数があり高額のは終了というものもある。

誰かがキャンセルすれば復活することもあり15日までまだ時間があるので

是非ともチャレンジしてもらいたい。

結局今日夕方にほぼ同じ条件のJAL楽パックで予約を完了させた。

ほぼというのは1日目の出発時刻が7時40分と少し早まったこと。

これは早起きすればいいので問題ない。

 

帰りは夕方の便である必要はないんだ。

それだと自宅に帰り着くのが遅くなってしまう。

朝はもったいないなと思っていたので有効活用出来そう。

ドラゴンズのキャンプ巡りも目的だけど

まだ日程は発表されていない。

今年2月は2日目が休養日だったので十分に見られなかった。

2018年、2019年は水曜日が休養日になっていて

2020年も同じなら行く日が休みで

2日目と3日目はじっくりと練習観戦ができそうだ。

ただもし2日目が休養日になってしまった場合も

1日目の帰りに立ち寄って見ることは可能でそれも良いかなと。

日航アリビラがあるのは読谷村でドラゴンズ2軍キャンプ地の近くだから。

 

ということで予約はしたので

予定変更なければこのままキャンセルせず旅行を実行したい。

あとは観光をどうするかだなあ。

沖縄 完全版2020 (JTBのMOOK)

沖縄 完全版2020 (JTBのMOOK)

今年2月は美ら海水族館、首里城、国際通りと3大観光地を見て回った。

来年は美ら海水族館と国際通りはもういいけど

首里城はもう1度見に行きたいと思ってたのだが例の火災でどうなることやら。

応援の意味でも是非行きたいけどいつ行くかは迷う。

あと食事もどうするかまだ決めていない。

1日目夜はコンビニかなと思っていたけど到着が早くなったのでどうするか。

2日目3日目もどうしようかな。

ホテルで食べると1人4000円くらいかかるからな・・・。

1日くらいは贅沢してもいいかもしれないが・・・。そのあたりも考えておこう。

 

ということで楽しみでならない。

持っていく装備やカメラなどはおいおい考えていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄旅のホテル選び

  • 2019.12.08 Sunday
  • 20:34

沖縄旅行に関しては2月に行くのを決定。

既に休みも決まって日程も

2月中旬で確定的だ。

ただまだ予約はしていない。

それはホテルが決まらないから。

月曜日には申込みをしたいと思っており

ホテルを決めないと。

 

今年2月の沖縄旅では3泊したけど

2泊+1泊という形で2つのホテルに宿泊した。

2泊したのは恩納村にあるホテルムーンビーチ。

目の前が三日月状のビーチが広がる素敵なホテル。

ゆったりとした作りでハワイのホテルを思わせる。

ただ作りなどは少し古かったかなあ。

部屋はリフォームされてきれいだったけど。

周辺には飲食店などが非常に多くコンビニなどもあり

食事をするところには困らなかった。

実際ホテルで夜飯を食べる人は少ないようで

多くの人は周辺に食べに行くらしい。

最後の1泊は4日目の飛行機が昼出発だったこともあり

空港への移動時間を考慮して那覇市内のホテルを選択した。

国際通りへ行ってみたかったこともある。

JALシティ那覇は立地は最高で国際通り沿いにあり

夜遅くまでぶらぶら出歩くことが出来る。

反面リゾート感はなく部屋もリゾートホテルに比べると圧倒的に狭く

ちょっと窮屈に感じてしまった。

4日目の朝は急いで空港へ移動したけど

時間が余りまくってゆいれーるで巨人キャンプ地まで行き

ゆっくり見る時間すらあったのでそこまで急ぐ必要はなかったかも。

 

さて来年2月だけどどうするか。

考えているのは

○国際通り含めて那覇市内には宿泊しないこと

○ムーンビーチは今年宿泊したので別のホテルに泊まること

それでいくつかの候補があるんだけど

それはツアーパンフレットなどを見て考えている。

そして今は2つのホテルで揺れている。

安価なホテルで良さそうなのが恩納村にあるリザンシーパークホテル谷茶ベイ。

リゾートエリアにありムーンビーチの北1キロ弱にあるかな。

コンビニもファミマがすぐ近くにあるようだ。

ただムーンビーチほど飲食店は近くにはないとのこと。

もう1つは読谷村にあるホテル日航アリビラ。

ここはリザンシーパークホテル谷茶ベイよりも価格が高い。

ただJALパックなどを利用すれば多少は安く抑えられる。

ここは泊まった人が周りにいてよかったというので気になっている。

ただコンビニなどは近くにはない。

読谷村だからドラゴンズのキャンプまで遠くはないが

歩いていける距離でもない。その気になれば歩けるけど。

 

この2つのホテルで揺れている。

安いのは3泊ともリザンシーパークホテル谷茶ベイに宿泊するパターン。

あと1泊だけどホテル日航アリビラを利用するもの。

3泊ともアリビラを利用するパターンなどを検討中。

谷茶ベイ3泊と日航アリビラ3泊だと

ツアー料金で見ると1人9000円の差がある

家族考えると負担は軽くはないのだがさてどうしたものか。

谷茶ベイ2泊+アリビラ1泊が有力だけどそれだと

連泊特典がうまく活かせないし悩みどころだなあ。

今夜中には決めたいのだが・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月の沖縄旅

  • 2019.12.05 Thursday
  • 23:11

今年2月に初めての沖縄旅行をしたけど

思いのほか良かったので来年も行くことにした。

現在は旅行ツアーなどをチェックして

どうするかを検討しているところ。

今月中には予約をするつもり。

ちなみに今年2月のは去年12月26日に予約してるから

それと同じか少し早く予約したいと思っている。

ツアーなどは宿と航空券が取れるかが重要になるので

日程によってはもっと早くしたほうがいいのかもしれない。

 

■日程:3泊4日

スケジュールは3泊4日の予定。

ただし普通の3泊4日とは異なり

夜到着・昼出発の航空券を利用することになる。

名古屋から沖縄へのツアーの場合は

乗る飛行機によって価格が大きく異なる。

朝や午前に名古屋を飛び立つ便と

夕方や夜に沖縄をと飛び立つ便の価格は高く

3000円から8000円ほど料金がプラスされることになる。

3泊4日で朝の便で出発し夕方の便で帰ってくると

シーズンにもよるけど1人12000円ほどプラスされる。

実は3泊4日なのはその利便性の良い航空運賃が高いためで

2泊3日で朝の便、夕方の便を設定するよりも3泊4日のほうが安い。

そのためあえて3泊4日を選択しているわけだ。

 

■宿

今回宿泊するホテルだけど申し込みしようと思ってるプランから

この恩納村にあるホテルにしようと思っている。

リザンシーパークホテル谷茶ベイというホテルだけど

恩納村にある国道58号沿いにあるホテルで

今年2月に宿泊したホテルムーンビーチからは北に1キロほど。

このあたりはリゾートホテルが多く点在しておりその1つだ。

他にも様々なエリアにホテルがあるけど

都市型ホテルは部屋が狭いのでゆっくり出来ない。

あと近くのお店やコンビニなども重要で

いいホテルでも近くには海しかないってところだと

ホテル内で飲食する必要があったりして少し割高かなと。

大きなホテルならコンビニなどあるかもしれないけどね。

 

■プロ野球キャンプ

2月に行く最大の理由はプロ野球キャンプを見るため。

ただキャンプは毎日あるわけではなく休養日が設定されている。

今年2月は到着した翌日が休養日となっていた。

3泊4日だけど2日目と3日目はまるまる1日あるけど

1日目と4日目はほとんど観光できないわけでそれ故に

2日目と3日目に休養日が設定されていないのがベストだ。

中日ドラゴンズの来年のキャンプカレンダーが

どうなるか分からないけど

例年通りなら水曜日が休養日になりそうでとなれば・・

水木金土という3泊4日が理想かなと。

木金土日にすると土日を含むのでプランによっては割高になる。

日月火水ってのもありかもしれない。

ドラゴンズの場合は1軍が北谷で2軍が読谷。

恩納村のホテルからだと車で読谷まで15分ほど、北谷までは30分かかる。

沖縄の移動は基本レンタカーは欠かせない。

ただ巨人のキャンプ地は那覇市中心部で駅からも近いのでレンタカー不要だけど。

ヤクルトもゆいれーるが延伸したら必要なさそうだが延伸は3月だっけ。

 

■観光

沖縄 完全版2020 (JTBのMOOK)

沖縄 完全版2020 (JTBのMOOK)

観光でどこへ行くかはまだ何も決めていない。

今年2月の時は観光ガイドブックなどにある人気の3大観光地へ行った。

美ら海水族館、首里城、国際通りの3つが人気の3大観光地。

ただ来年は全くの未定。

美ら海水族館は1度見たしちょっと遠いからもういいかなと。

国際通りはただのお店なのでここもいいかなと。

首里城はもう1度行きたかったけど火災で行けるかどうか不明。

プロ野球キャンプだけではもったいないので他に何かみたいなと思うけど

何があるかチェックしている。

これはまだまだ先なのでゆっくりと検討していきたい。

古宇利島とかどうかな・・。

 

ということで沖縄行くぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史散歩

  • 2019.12.03 Tuesday
  • 21:42

冬は山や海などへ行くには向いていない。

都市部を旅するにはいいけど何かいいものはないものだろうか。

そこで歴史散歩というのをしてみようかなと思う。

遠出しなくても地元愛知県の歴史散歩でも十分楽しめる。

戦国武将の史跡なども多いし知識を蓄えて旅をすれば

より一層楽しめることだろう。

名古屋から行く 歴史さんぽ (ぴあ MOOK 中部)

名古屋から行く 歴史さんぽ (ぴあ MOOK 中部)

ついでにドラクエウォークのおみやげをゲットするため

名古屋城や熱田神宮などを中心に

普段行かない名古屋方面の歴史散歩などをしてもいいかな。

 

京都や奈良はよく歴史散歩するけど

地元ではあまりそういう神社仏閣の旅はしない。

ずっとやってみたいとは思っていた。

愛知県はお寺の数が全国一らしいからね。

実際あちこちにお寺があって由緒あるお寺も多い。

ただそれがどんなお寺か知ることなく

通り過ぎるだけの日々はもったいないなと。

でもより楽しむためには知識も必要になる。

やはり三河のほうだと

徳川家康やその家臣についての知識が欲しい。

徳川家康:境界の領主から天下人へ (中世から近世へ) 徳川家康:境界の領主から天下人へ (中世から近世へ)

それがあると実際訪れた時により楽しめる。

岡崎とかその周辺はウォーキングをすることもあるので

お寺などを見るけど知識がないからな。

 

尾張のほうだと織田や豊臣関連だろうか。

特に豊臣の家臣などは後に大名となってる人も多い。

新書太閤記 全巻セット

新書太閤記 全巻セット

太閤記とか昔読もうと思ったことがあったけど

すっかり忘れてしまっていたなあ。

あと美濃の斎藤道三ってのは

昔なにかで読んだことがある気がする。太平記だっけ。

斎藤道三って名前はよく聞くけど

織田信長に滅ぼされたのかよくわからないが

いつの間にかいなくなってしまってもっと知りたいなと。

国盗り物語(一〜四) 合本版

国盗り物語(一〜四) 合本版

その辺りの知識があれば岐阜城とかいっても

より楽しめるんじゃないかと思うけど。

 

冬の歴史旅へは行きたいけど

それだけでなく歴史本などを読んで

知識をつけてより楽しめるようになりたいな。

知識って大事。

小学校の修学旅行で京都行った時など

新選組って何?って感じでただの観光地としてしか

認識していなかったからなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>


recommend

recommend

[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当)
[ミズノ] アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ A2JG4A01 メンズ ブルー 日本 L (日本サイズL相当) (JUGEMレビュー »)

MIZUNOの防水透湿性素材を利用したレインウェア。ゴアテックスに匹敵する性能を持ちそれでいて半額で買える。僕の今の主力雨具。

recommend

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ) (JUGEMレビュー »)

2018年12月発売の最新ジンバル搭載動画カメラ。4k60pに対応し116gのコンパクト軽量な製品で旅カメラに最適。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM