iPhone6と格安SIM

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 00:17

iPhone6は2014年9月に発表発売された。

主に2014年9月から2015年9月に発売された。

それらの多くは2年契約の終了を経て

多くの人はiPhone7やiPhone8へ乗り換えしている。

旧端末は手元に残している人もいるだろうし

大手キャリアへ下取りに出した人もいるだろう。

 

僕もその1人で今年9月に2年契約を終えて

iPhone6からiPhone8へと機種変更をした。

旧端末は下取りに出したんだ。

Apple au iPhone6 A1586 (MG4J2J/A) 64GB ゴールド

Apple au iPhone6 A1586 (MG4J2J/A) 64GB ゴールド

ただ持っていればよかったかなと思ったりしている。

iPhone8を利用して正直6と変わったところはあまりない。

使い勝手などは何も変わらない。

ホームボタンがちょっと変わったというくらいで

iPhone6でも問題なかった。

格安SIMで利用すればよかったかなと。

 

iPhone6はiPhone6S以降の端末と

1つ大きな違いがある。それはSIMロック解除できないこと。

SIMロック解除が義務化されたのは2015年春のこと。

それ以後に発売された機種からSIMロック解除可能になった。

iPhone6SからSIMロック解除が可能になったわけだ。

iPhone6Sは2015年9月に発売されたけど

ちょうど今年秋から2年契約を終えた端末が市場に出てきている。

SIMロック解除された端末の価値は高いため

中古価格で見て見るとiPhone6が20000円前後に対して

iPhone6Sは35000円から45000円とかなり高い。

iPhone6はSIMロック解除が出来ないから評価が低いんだ。

ただ解除できなくても格安SIMは利用できる。

 

iPhone6の場合はmineoのAプランが利用可能だ。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード

データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

mineoのAプランには従来型とVoLTE型があるけど

従来型のSIMで利用することが出来る。サイズはnanoSIMだ。

SIMロック解除出来なくても格安SIMで利用すれば

その後も安く維持することが出来るわけだ。

メインではiPhone8を利用しつつ

セカンド端末としてもiPhone6を格安SIMで利用するのはありだと思う。

スマホアプリはマルチタスク化して複数のことが出来るようになってるが

2台のスマートフォンを利用するほうが便利だからね。

mineoは紹介キャンペーン中で誰かの紹介経由で申し込みすると

Amazonギフト券がもらえるのでもし新規申し込みする場合

http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=Z3W1C4S1Z5

僕の上記紹介URL経由で申し込みしてくれると嬉しいです。

それにしてもiPhone6は下取りに出さなければとちょっと後悔。

中古で買ってしまおうか。

 

以前にもブログで書いたけど

SIMロック解除してない端末なので

AUのiPhone6はドコモやソフトバンクのSIMは使えない。

ドコモMVNOの格安SIMも使えない。

また海外のプリペイドSIMなどもほとんど使えない。

そうほとんど

ほとんどということは全てではないんだ。

1つ使えるSIMがある。それはアメリカのAT&TのSIMだ。

AT&TのGoPhoneというプリペイドSIMや

AT&TのMVNOのSIMが使えるらしい。

アメリカSIM h2o by KDDI MONTHLY$30 初月料金コミコミパック LTE通信2GB 通話・テキスト・データ・国際通話も全部コミコミ!

アメリカSIM h2o by KDDI MONTHLY$30

初月料金コミコミパック LTE通信2GB 

通話・テキスト・データ・国際通話も全部コミコミ!

何故使えるのかははっきりした理由は分からないが

AT&TのMVNOのh2oにKDDIが出資してるからとかなんとか。

ともかくアメリカやハワイ・グアムなどに旅行へ行くときに

こうしたSIMを買って利用するとかなり便利だろう。

大手キャリアの海外パケットサービスは1日980円が基本だがデータのみ。

プリペイドSIMだと現地での電話なども利用可能。

 

iPhone6だけどその他のキャリアの製品の場合どうだろう。

Softbank版は以前は格安SIMが全く使えなかった。

Apple(アップル) Softbank iPhone6 A1586 (MG4H2J/A) 64GB シルバー

Apple(アップル) Softbank iPhone6 A1586 (MG4H2J/A) 64GB シルバー

そのため3社の白ロムの中では一番安くて

それ故に下取りする人が多かった。

しかし今年春に日本通信系の格安SIMサービスがスタート。

いくつか出ているようだけど

プリペイドでも出てるので

b-mobile S プリペイド SIMパッケージ 1GB/15日(データ/ナノ/for iPhone) BS-IPNP-1G15DN

b-mobile S プリペイド SIMパッケージ 1GB/15日

(データ/ナノ/for iPhone) BS-IPNP-1G15DN

もし持っている人は試してほしい。

これでSoftbankのiPhone6も格安SIMが利用可能になった。

ただドコモやAUのMVNOに比べると少し条件は悪いけどね。

でもプリペイドは一番条件が良かったりするけど。

ドコモのiPhone6に関しては何も心配は必要ない。

Apple iPhone 6 64GB ゴールド 【docomo 白ロム】MG4J2J

Apple iPhone 6 64GB ゴールド 【docomo 白ロム】MG4J2J

膨大な数のドコモMVNOのSIMを利用できるためだ。

ただその分AUやソフトバンクに比べて中古価格は高めだけど。

 

iPhone6は下取りに出してしまった人が多いかもしれない。

思ったよりも中古市場に流れていないのは

SIMロック解除できないため高値で売れないので

下取りに出してそれでまたiPhoneを買う人が多いからか。

ただiPhone8を使って思ったのは

新しい防水やFelica、3Dタッチなどが必要なければ

iPhone6でもそんなに違いはないかなと。

カメラ画質も厳密にはiPhone8のほうが上なんだろうけど

正直そうそう分からないレベル。

少しでも料金を抑えてでもiPhoneを使いたい人は

中古のiPhone6と格安SIMを検討してみたらどうだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンとUSBメモリ

  • 2017.11.13 Monday
  • 00:16

最近のスマートフォンは

USBメモリに対応している。

PC用のUSBメモリはそのまま接続できないが

様々なコネクタに対応したUSBメモリが発売されている。

僕は昨年11月にDJI OSMO mobileを購入して

スマホで動画撮影を始めたけど

ハワイ旅行で利用する上で内蔵ストレージでは足りないので

OSMO mobileとNexus5Xで撮影した動画を

別に退避させるためUSBメモリを購入した。

Transcend USBメモリ 32GB USB Type-C & USB 3.1 Gen 1 Type-A スマホ・タブレット対応 シルバー (無期限保証) TS32GJF890S

Transcend USBメモリ 32GB

USB Type-C & USB 3.1 Gen 1 Type-A

スマホ・タブレット対応 シルバー (無期限保証) TS32GJF890S

片側がType-Cでもう片方が通常のUSBとなっている。

スマホからデータを移動させ空き容量を確保。

帰宅したらPCにUSBメモリとして読み取らせることが出来て

非常に重宝している。

ハワイ旅行ではそのおかげで30GB近くの動画を撮影出来た。

 

今ほしいのはiPhone用のUSBメモリだ。

iPhoneで動画撮影をしてそれを移動するための

USBメモリが欲しい。

iPhone用は多く出ているがライトニング端子の利用で

Appleの許諾がない製品だと繋がらなくなる恐れがある。

MFi(Made for iPhone)認証に対応した製品を選びたい。

Extragiga ライトニング USB3.0メモリ 32G 【iPod / iPhone / iPad 対応 MFI認証済み】 フラッシュドライブ コネクター付き グレー

Extragiga ライトニング USB3.0メモリ 32G

【iPod / iPhone / iPad 対応 MFI認証済み】

フラッシュドライブ コネクター付き グレー

価格はライトニングの認証コストがかかるのか

Type-C用などに比べると少し高めで

3500円から4000円くらいとなっている。

iPhone同士で写真や動画の大量移動などにも使える。

 

ただ僕はAndrid端末も持っている。

Galaxy S7 edgeでも写真や動画を多く撮影するが

それで撮影したのをLINEで送りたい場合

iPhoneへ送る必要がる。

Dropboxを介したりGmailに添付して送ったりするが

もっと手軽にスマホ間のデータ移動を行いたい。

Galaxy S7 edgeはmicroUSB、iPhone8はライトニング・・

この両方に対応したUSBメモリがあればなと。

サンワダイレクト iPhone・iPad USBメモリ USB3.0 Lightning / microUSB Android対応 MFI認証 32GB Gmobi iStickPro 3.0 ローズゴールド 600-IPL32GARG3

サンワダイレクト iPhone・iPad USBメモリ USB3.0

Lightning / microUSB Android対応 MFI認証 32GB

Gmobi iStickPro 3.0 ローズゴールド 600-IPL32GARG3

ちょっと価格は高めだけど出ている。

6000円弱するけどこれを買えばスマホ間のデータ転送が

かなりスムーズに行うことが出来そうだ。

Bluetoothなどでも送ることが出来ればいいんだけど

Android同士なら可能だけどiPhoneが駄目なようだ。残念。

 

USBメモリはスマートフォンの写真や動画の

バックアップとして利用することもできる。

iCoudだと5GBまでは無料だけどそれ以上は有料だ。

PCを使えばフルバックアップは可能だけど

PCがない場合は手軽に保存できない。

写真や動画などはとても重要なのでUSBメモリを利用するのは

ありじゃないかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMとDSDS

  • 2017.11.12 Sunday
  • 00:23

DSDSというのはデュアルSIMデュアルスタンバイの略。

2枚のSIMカードスロットを搭載して

同時待ち受けが可能な場合DSDSと呼ぶ。

かなり前から利用できるような気がするけど

昨年夏に発売されたモトローラのMoto G4 plusが

日本でのDSDSブームをもたらしたといえる。

Motorola(モトローラ) Moto G4 Plus SIMフリースマートフォン ブラック 【国内正規代理店】

Motorola(モトローラ) Moto G4 Plus

SIMフリースマートフォン ブラック 【国内正規代理店】

ブームといえるほど盛り上がっているかは分からないが

格安SIMを利用する選択肢の1つとして利用されている。

 

具体的にDSDSの魅力とは何か。

それは大手キャリアの音声通話SIM

格安SIMのデータ通信SIMを併用可能なことだ。

大手キャリアの音声通話SIMはだいたい

月額1000円から1500円で利用可能だが

パケット定額プランを組み合わせると2500円から5000円と

かなり高額でトータル金額は高くなってしまう。

格安SIMのデータプランだと月3GBで月額900円が定番。

これを組み合わせることが出来る。

それなら最初から格安SIMの音声通話付きプランにすれば

データプランにプラス700円くらいでOKなのでより安いが

そうはいかない理由がある。

一番は家族割の家族間通話無料だろう。

それがあるから格安SIMに全面移行出来ない。

それを維持したままパケット料金を抑えたいと。

 

以前はこの大手キャリアの

家族間通話無料や音声通話完全定額、キャリアメール等を利用しつつ

パケットを安く利用する方法としては

ガラケー(大手キャリア)+スマホ(格安SIM)の2台持ちが定番だった。

僕も2014年までは2台持ちをしていた。

2台持ちは端末値引きが大きかったころは良かったが

今はガラケーでもかなりの値段はする。

それにスマホを合わせるとわりとコストがかかる。出来れば1台で済ませたい。

そんな希望をかなえることが出来るのがDSDSだ。

VAIO Phone A VPA0511S 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM)

VAIO Phone A VPA0511S

【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM)

DSDS端末はモトローラから多く出ているほか

最近はいろんなメーカーから出ている。

VAIO Phone Aなんかはかなり安くて魅力的だ。

デュアルSIMに対応しているからといって

デュアルスタンバイに対応してるとは限らないので要注意。

またSIMカードスロットの片方には

何かしら制限があるケースもある。

例えばLTEが利用できない3G専用とかね。

HUAWEI P10 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM, Prestige Gold)【Amazonギフト券5000円分プレゼントキャンペーン付き】

HUAWEI P10 【OCNモバイルONE SIMカード付】

(音声SIM, Prestige Gold)

【Amazonギフト券5000円分プレゼントキャンペーン付き】

Huawei P10なんかはSIMスロット2は3G専用だったかと。

 

僕自身DSDSが登場した当初は凄いと思っていたけど

実際その恩恵は全く受けていない。

世間的にもそれほどのブームは起きてない。

理由は2つあると思う。

1つはLINEとスマホの完全なる普及。

LINEが普及して音声通話を利用しなくなっている。

スマホは予想以上に広く普及して音声通話は

もうほとんど使われなくなりつつあり

家族間などもLINEでのやり取りが主流になって

DSDSで大手キャリアの家族間通話無料を残すほどでもないこと。

もう1つはiPhone

日本のスマホの6割がiPhoneだといわれている。

僕自身もiPhoneを利用しているんだけど

格安SIMでiPhoneを利用しようとすると端末コストが高くて

大手キャリアとの差があまりない。

大手キャリアもiPhoneは優遇して端末購入サポートを増額し

結果的にiPhoneを買うなら大手キャリアでも

あまり変わらない状況になっている。

 

DSDSを求める人は料金をより抑えたい人が多い。

今はそれこそ音声通話を捨てて

データSIMのみだけで利用する人もいるほど。

もし電話が必要ならIP電話を利用すると。

格安SIMでも音声通話をつけると+700円月々かかる。

IP電話なら多少品質に難はあれど安く抑えられる。

僕の個人的なおすすめは

au iphone6 64(中古)を2万円くらいで買って

それにmineo Aプランの月3GBのデータSIMを付けるもの。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード

データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

そして必要ならIP電話のLaLaCallを契約する。

ちょっと前のLaLacallのアップデートで

iOSでの着信がパスコードロックなしで行えるようになり

格段に便利になったという。

iPhone6はちょっと古いけど今でも十分快適に使えるしどうだろう。

もしmineoを契約するならお得な方法がいくつかある。

格安SIMはmineoの紹介(2017年11月2日)の記事で書いてるので参考に。

 

ということでDSDSにあまりこだわる必要はないのでは。

このエントリーをはてなブックマークに追加

AUのLTEエリアへの不満

  • 2017.11.11 Saturday
  • 00:30

9月下旬にAUのiPhone6から機種変更。

当初はMNPで他社へ移る予定だったけど変更して

AUのiPhone8へと機種変更を行った。

【au版】iPhone8 64GB ゴールド MQ7A2J/A apple

【au版】iPhone8 64GB ゴールド MQ7A2J/A apple

iPhone8は9月に発表・発売された最新端末。

スペックは高いけど見た目や使い勝手などは

従来のiPhone6とさほど変わっていない。

ただカメラや操作など改善された点が多くて

基本的に向上しているものばかり。

 

ただ1つ大きな不満点がある。

それは繋がりにくくなったことだ。

iPhone6はVoLTE対応だったけど

以前はVoLTEの設定をしていたんだけど

VoLTE同士の通話で音質は格段に良くなったんだけど

一方で旅などで観光へ行ったときなどは

圏外になったりすることが増えていた。

普段の生活圏ではそれはないけど観光へ山のほうへ行くと

AUのLTEは繋がらないということが多い。

ドコモやソフトバンクだと3Gで繋がるエリアが

AUのVoLTEだと3Gにならないので圏外となってしまうため。

だからiPhone6ではVoLTEはオフにしてたんだけど

iPhone8はVoLTE専用になってしまったので

常にVoLTEで3Gエリアでは通信が出来なくなってしまった。

結果山間部での繋がりにくさを感じている。

僕はメインでAUのiPhone8を利用してて

セカンドでGalaxy S7 edge SCV33を使ってる。

au Galaxy S7 edge SCV33 ホワイト パール 白ロム ギャラクシーS7 エッジ

au Galaxy S7 edge SCV33 ホワイト パール

白ロム ギャラクシーS7 エッジ

セカンドもAU MVNOでLTEのみなので同じように圏外が多い。

 

AUのLTEエリアが

ドコモやソフトバンクより狭いというわけではない。

おそらく3社の中でAUのLTEエリアは最も広い。

しかしドコモやソフトバンクは3Gが使える。

LTEしか使えないAUエリアは

3Gも使えるドコモやソフトバンクエリアに大きく劣る。

特に山間部の圏外近くでの粘りが全然違う。

具体的に言えば

〇妻籠宿のお店の中

〇上中のしだれ桃

〇タカドヤ湿地

などでAUのLTEは圏外になる。

ここでドコモやワイモバイルはLTEは繋がらないが

3Gは繋がるので通信は可能だがLTEしか使えないAUでは

圏外となってしまうわけだ。

山の中ではハイシーズンには多くの観光客が訪れるエリア。

そこで圏外となってしまっては困るわけだ。

AUの電話改善の要望は何度か出してるんだけど改善されていない。

 

AUは3GであるCDMA2000を終了したがっているようだ。

これは確かだろう。

CDMA2000は音声通話とデータ通信を同時に使えない。

スマホ時代には時代遅れの機能となっていて

ドコモやソフトバンクのW-CDMAとは違う。

そのためいち早くLTE化を進めてきたし

VoLTEへの対応も進めてきた。

Android端末に関しては2015年以降に発売された

AUの端末はほぼVoLTE専用となっており

もうCDMA2000は使えなくなっている。

ただiPhoneは選択式でiPhone7までは両方使うことが出来た。

それがiPhone8でLTEのみに変更されている。

今後10年以内に3Gは廃止するのではないかと思う。

少なくとも今後積極的に3Gの利用者を増やすことはないかと。

 

LTE化自体は悪くはないんだけど

それによりエリアが狭くなってしまったら意味がない。

AUは3GをやめてLTEのみを進めるのならば

LTEのエリアはAUの3Gエリアより広くすべき。

それはドコモやソフトバンクのLTEエリアより1.5倍・・

いや2倍くらいの広さを実現するくらい投資していくべき。

それは後々AUにとって優位に働くはずだから。

現状利用者に不便を強いている状況で

LTEのエリア拡大が全然遅いわけで

それなら3Gも使えるようにすべきかと。

LTEのエリアが十分広くなってから3Gをやめるべきと。

 

ということで

AUの導入を検討してる山奥の家の人は気を付けたほうがいい。

AUは真摯にこの問題を受け止めて改善へと動いてほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

LTEタブレット

  • 2017.11.10 Friday
  • 00:19

今ドコモMVNOで利用する端末を探してるけど

LTEタブレットはどうだろうと考えている。

スマートフォンは2台持っており

新しいのを買ったところで利用する場面はない。

それならタブレットはどうかなと検討している。

欲しいのはAppleのiPad mini4。

Apple Storeだと65000円くらいする。

【SIMフリー・国内正規品】Apple iPad mini 4 Wi-Fi+Cellular 128GB (ゴールド/GOLD) MK782J/A A1550

【SIMフリー・国内正規品】Apple iPad mini 4 Wi-Fi+Cellular

128GB (ゴールド/GOLD) MK782J/A A1550

中古でも人気はとても高くて全然安くはない。

 

ということでAppleは厳しいので

他のメーカーを探すとなると

LTEタブレットを出しているメーカーは限られる。

というかHuaweiくらいしかない。

いくつか出ているけどT3とM3だろうか。

T3とM3に関してはどちらも廉価モデルになる。

Huawei 8.0インチ T3 8 SIMフリータブレット ※LTEモデル 16GB RAM2GB/ROM16GB 4800mAh 【日本正規代理店品】

Huawei 8.0インチ T3 8 SIMフリータブレット

※LTEモデル 16GB RAM2GB/ROM16GB 4800mAh 【日本正規代理店品】

T3は下位モデルでRAMが2GBで液晶はHD。

M3は中位モデルでRAMが3GBで液晶はFHD。

Huawei 8.0インチ MediaPad M3 Lite 8 SIMフリータブレット ※LTEモデル 32GB RAM3GB/ROM32GB 4800mAh【日本正規代理店品】

Huawei 8.0インチ MediaPad M3 Lite 8 SIMフリータブレット

※LTEモデル 32GB RAM3GB/ROM32GB 4800mAh【日本正規代理店品】

あとストレージの差がある程度だろうか。

CPUはどちらもSnapdragon4xxなのでそれほど大差はない感じだ。

価格はT3が19000円弱、M3が28000円弱で9000円ほどの差となっている。

 

他のモデルを探してみると

SIMフリーではないけどドコモの白ロムが安くてハイスペックだ。

dtab Compact d-01J (ゴールド)

dtab Compact d-01J (ゴールド)

今年新しく発売されたd-01Jだけど

従来のd-01gの低スペックプリが嘘のように

ハイスペックとなっている。

Kirin950に3GBのRAM。液晶は8.4インチ1600x2560。

またドコモ白ロムだけどテザリング時のSPモード制限はないようで

テザリングも可能なようだ。これでいいんじゃねと思ったりする。

価格は2万円ちょっととHuawei M3より安いし気になるところ。

 

まだタブレットにするか決めかねているけど

もし買うならd-01jの白ロムあたり買ってみようかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士通arrows M04

  • 2017.11.09 Thursday
  • 00:19

こないだイオンへ朝行ったときのこと。

まだ10時前で全面オープンしておらず

開いているイオン側の携帯コーナーを見てたんだけど

そしたらある家族がスマートフォンを買いに来ていた。

店員さんに防水機能のあるスマートフォンが欲しいといい

店員はこれと進めていたのがarrows M03だった。

そのまますぐ購入手続きに。

SIM契約はせず端末のみの購入だったようだが

どう使うんだろうかちょっと気になった。

 

富士通のarrows M03は現在後継機種としてM04が出てる。

ただスペック的にはほとんど変わってないので

M03でも特に問題ないとは思われる。

富士通 SIMフリースマートフォン arrows M04(ブラック)【日本正規代理店品】 FARM06301

富士通 SIMフリースマートフォン arrows M04

(ブラック)【日本正規代理店品】 FARM06301

特徴は防水、おサイフケータイ、ワンセグを搭載していること。

ただスペックはそれほど高いわけではない。

価格は3万円から35000円くらいかな。

イオンでは29800円+税で旧型のM03が売られていた。

ただ5%OFFの日だったのでちょっと安くなるようだが。

利用するSIMはいわゆるドコモMVNOなどの格安SIMで

利用する人が多いのだろう。

SIMだけならネットで契約できる。

イオンで買っていた人は年配の父に娘が買って

渡す目的で買っていたようだ。

おサイフケータイは多分使わないだろう。

防水が目的だったわけだが水没は壊れる原因で多いから有効かと。

 

このarrows M04は僕は現状買う予定はない。

理由はスペックが低いことだ。

HUAWEI Nova Lite ブラック 本体

HUAWEI Nova Lite ブラック 本体

例えばHuawei Nova liteならarrows M04よりハイスペックで

価格は2万円弱で買うことが出来る。

CPUもRAMも液晶も上。

でも防水、ワンセグ、おサイフケータイは搭載しない。

これらの機能を利用したい人にとって

MVNO向けのSIMフリーでの選択肢は非常に限られる。

シャープ SIMフリースマートフォン AQUOS SH-M04-A(ネイビー) SH-M04-A-A

シャープ SIMフリースマートフォン

AQUOS SH-M04-A(ネイビー) SH-M04-A-A

富士通以外ではシャープから出ているけど

同じような価格とスペックになっている。

店頭では富士通のほうが買いやすいため

サポートなどを期待するならそれがベストなのかと。

 

このarrows M04に組み合わせるSIMだけど

いったい何を考えているのだろうか。

イオンでarrows M03を買った人は

端末だけ購入してどうするつもりだったのだろう。

可能性としてはいくつか考えられる。

ドコモなどでスマホを契約したけど水没させて壊してしまったと。

機種変更するとお金が凄くかかるので安いarrows M04を買いに来たパターン。

ただ最近はドコモでも安い機種が出てるからこれは違うかなあ・・・。

格安SIMを既に利用してて端末を壊して買い替えるパターン。

あるいは家族が格安SIMを利用しててLINEを利用するために

スマートフォンを買い与えるパターンだろうか。

これが一番可能性が高そうだ。

 

最近はスマートフォンを多くの人が持っている。

そしてLINEを使っているので通話は使わなくなっている。

ただ家族にガラケーユーザーがいるとLINEが使えず不便。

通話もコストがかかる。それならスマホを持たせてしまえというのがいい。

LINEだけ使えればいいのならデータSIMでもいいけど

それだとLINEアカウントをとりづらい。

LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパッケージ (ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・iPhone/Android共通・ドコモ対応][3GB×2ヵ月プレゼントキャンペーン中]

LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパッケージ

(ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・iPhone/Android共通

・ドコモ対応][3GB×2ヵ月プレゼントキャンペーン中]

データSIMなら余計に通話で使ってお金かける心配がない。

LINEが使えれば連絡は自在にとれるってことで

親に買い与えるスマホとしては良いんじゃなかろうか。

 

MVNO向けSIMフリースマホで

防水となると選択肢が限られるのが難点だ。

arrows M04は悪くはないけど

もう少しスペックアップしてくれるといいんだけどなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

音声通話準定額

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 00:19

9月下旬にiPhone8へ機種変更したとき

料金プランも変更をした。

それまでのLTEプラン+LTEフラットから

スーパーカケホ+データ3GBへと変更。

通信量を7GBも使わなかったため料金を抑えるために

特に必要ないけどスーパーカケホへと変更した。

スーパーカケホは5分までの音声通話が無料になる。

 

契約変更して1か月以上たったけど

家族間通話以外で1度も音声通話は利用してない。

家族間通話は家族割により無料なので

5分音声通話定額は関係なく利用できる。

使おうかなと検討したこともない状態だ。

今後もし利用することになったら

5分という時間を超えそうになったらどうするかが問題。

5分までは無料だが5分を超えると

30秒21.6円の通話料がかかるためだ。

おそらくこれが収益源になるのだろう。

昔のビデオレンタルと同じで1本100円キャンペーンしても

たまに延滞する人がいてその延滞料が収益になるのと同じ。

 

この5分というのはなかなか難しいもので

10分ならばと思うことはある。

300秒と600秒の差は大きい。

大手キャリアは5分定額だけどワイモバイルや

MVNOなどは10分定額を導入しつつある。

ワイモバイルはイーモバイルの頃から10分。

OCN モバイル ONE 音声通話+LTEデータ通信SIMカード 月額1,728円(税込)~(マイクロ、ナノ、標準)

OCN モバイル ONE 音声通話+LTEデータ通信SIMカード

月額1,728円(税込)~(マイクロ、ナノ、標準)

OCNモバイルONEなどのMVNOの

音声通話定額オプションも10分が多い。

5分だと時間オーバーを恐れて1分通話とかばかりになってしまうだろうが

10分なら5分くらいなら大丈夫と安心して利用できるわけだ。

実際連絡としての通話なら5分以内で十分なので

10分も必要ない気もするけど気持ちの問題ね。

コミュニケーション系の電話は長電話が多いが

最近は音声通話というのは使われなくなってる気がする。

LINEなどのメッセンジャーアプリが普及して

その音声チャットを利用するケースもあるけど

むしろ音声通話は相手の時間を束縛することから

文字やスタンプでのやり取りが中心になっている気がする。

僕としてはそれは歓迎なんだけどね。

 

この5分音声通話定額は

ナビダイヤル(0570)やテレドーム(0180)には対応してない。

お問い合わせ先などではよく0570があるけどスマホからかけると危険。

また0180はテレビ番組のプレゼント応募などでよくあるけど

あれは情報料を取られる番号なので定額の範囲外だ。

よく海外旅行や4Kテレビプレゼントとかあるけど

0180にかけることでテレビ局は情報料が得られる。

テレビ局が大盤振る舞いしてプレゼントしてるわけではなく

視聴者からの通話料がプレゼントの原資になっているわけで

テレビ局太っ腹なんて思わないほうがいいだろう。

 

ということで

せっかくスーパーカケホを利用してるんだから

まあ電話を利用したいところだけど

たいして通話する相手もいないからな。

仕事関係はメールが多いしそもそも電話とか使うことはない。

友人などもメールが多いな。LINEすらあまり使わない。

僕は親しい友達はいるけど

あまり深入りを嫌う。相手もそういう考えの友達が多い。

LINEのフレンドが100人とか200人とかいて

ひっきりなしに連絡が来てる人をうらやましいとは思わず

むしろ煩わしそうだと思ってしまうんだなあ。

常につながっているのはストレスにしかならず

たまにあって話したりするのがいいんだなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯キャリアメールは使わない

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 00:16

9月にiPhone6からiPhone8へ機種変更。

機種変更なのでそれまで使っていた

携帯メールアドレスは変わらない。

携帯メールはキャリアメールともいう。

大手キャリアで契約するともらえるxxx@docomo.ne.jpとか

携帯キャリアのメールアドレスだ。

ガラケーの頃は貴重な文字メッセージ手段だったけど

スマートフォン時代になって全く使わなくなった。

 

ただ携帯メールに依存している人にとっては

携帯メールの存在が縛りになってしまう。

MNPを選択せず機種変更を選ぶ理由が

携帯メールを変えたくないからというのも少なくない。

ただ最近はLINEなどのメッセンジャーアプリの普及で

携帯メール自体が使われなくなりつつある。

特にスマートフォンユーザーでは

携帯メール離れが進んでいる。

一方でガラケーユーザーは相変わらず携帯メール依存。

スマートフォンユーザーでも知り合いなどガラケーユーザーが

多ければ携帯メール環境は確保しておく必要がある。

 

昨今MVNOへと行く人が多いけど

MVNOには携帯メールがない。

家族などみんなスマホなら問題ないけど

携帯メールを利用する必要がある場合はMVNOはリスクがあると。

ただUQモバイルやY!モバイルは携帯メールが使える。

普通のプランもそうだけど

UQモバイルだったら格安SIMプランもあるけど

それでもUQモバイルメールは使える。

それらは大手キャリアのキャリアメールと同じもの。

ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット ナノ(iPhone5~7他対応)音声通話/データ通信共通(契約事務手数料 無料) ZGP681

ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット ナノ

(iPhone5~7他対応)音声通話/データ通信共通

(契約事務手数料 無料) ZGP681

Y!モバイルでも通常プランでキャリアメールが使えるのはもちろん

月額980円で月1GBの格安SIMのデータプランでも

携帯メールが使えるのでそれを契約するのもありかと。

他のmineoとかOCNとかはメールアドレスは使えるけど

いわゆるPCメールで携帯メールではない。

 

PCメールと携帯キャリアメールは

同じメールなので携帯メールがなくても

PCメールが使えれば問題ないと思うかもしれないがそうでもない。

携帯メールには迷惑メール対策が施されている。

そしてそのデフォルト設定では

携帯メールは携帯メールからしかメールを受信しない。

PCメールは迷惑メールフィルタにより

迷惑メール扱いになり受信されなくなってしまうんだ。

だからスマホユーザーがキャリアメールを使えず

PCメールのみで利用してる場合

ガラケーユーザーにメールを送っても相手は受信してくれない。

逆に携帯メールからPCメールなら問題なく届くけどね。

ガラケー側で受信するためには迷惑メールフィルタで

ホワイトリストに登録する必要があるけどこれが面倒なんだ。

そもそもスマホに切り替えないガラケーユーザーの人が

そんな面倒な設定を出来るかというと難しい。

だから携帯キャリアメールの存在は厄介なんだ。

 

老人クラブなどはガラケーユーザーが多い。

そして連絡は基本的に携帯キャリアメールで行われる。

その中の1人がスマホを契約する場合は

ドコモAUソフトバンクUQにY!モバイルの

5社のいずれかと契約をする必要がある。

この5社なら携帯キャリアメールが使えるからね。

でもあんまり通信しないからとMVNOで契約してしまうと

携帯メールが使えなくなる。

代わりにPCメールを使うも老人クラブの人は

誰も受信してもらえなくなってしまうわけだ。

その人1人のメールを受信するために

他の全員のガラケーのメール設定を変更する必要が出てくる。

それは大変だ。

 

ってことで若い世代には携帯キャリアメールは

もう使わないものになっているだろう。

スマホは中高年にも広がりつつあるからその流れは広がっている。

ただお年寄りのネットワークでこれは問題だ。

昨今スマホユーザーのお年寄りは増えている。

子や孫とLINEでやり取りするためにはスマホを持つ必要がある。

でも携帯キャリアメールも必要なのでMVNOにはいけない。

年金生活でスマホの代金負担を抑えたいけど

大手キャリアで月額7000円とか契約する必要があるのは

ちょっと気の毒でもあるかなあと。

最近はようやく大手キャリアでも安いスマホを使うことで

料金を抑えたプランが出てるけど

それでも月額5000円近くするからなあ。

MVNOなら2万円のスマホに月額1700円くらいで使えるのに・・。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMロック解除

  • 2017.11.06 Monday
  • 00:17

今年7月以降に3台のスマートフォンの

SIMロック解除を行った。

最初に行ったのはAUのSCV33。

au Galaxy S7 edge SCV33 ホワイト パール 白ロム ギャラクシーS7 エッジ

au Galaxy S7 edge SCV33 ホワイト パール 白ロム

ギャラクシーS7 エッジ

ヤフオク!で購入したスマホ白ロム。

買った時点で既にSIMロック解除可能だったので

AUショップへ行き3240円支払って解除手続きをした。

ドコモとソフトバンクは契約者本人のみしか

SIMロック解除はできないがAUはショップ手続きなら

本人以外でも可能・・だった。

ただ12月1日以降は駄目になってしまうけどね。

中古の白ロムを買ったりする場合は要注意だ。

 

そして9月に妹や姪のiPhoneの

SIMロックを解除した。

海外駐在のためだ。

SoftbankのiPhoneを利用していて

既にSIMロック解除可能だったため

マイソフトバンクから手続き。これなら無料で行える。

SIMロック解除手続きはウェブで手続きするだけでは完了せず

その後他社SIMカードを入れてアクティベートする必要がある。

うちがAUのiPhone持っていたのでそのSIMを入れてアクティベート。

無事にSIMロック解除された。

既にSoftbankは解約して海外へ旅立っているけど

ベライゾンのSIMを契約したようだ。

今まで使ってたiPhoneをそのまま海外で使えるのは

余計なお金かからないしそのまま使えて便利だそうだ。

 

さてSIMロックだけど

大手キャリアで販売されてるスマートフォンの多くに設定されている。

ドコモならドコモ回線といった具合に利用できるSIMが限定される。

ただ例外はMVNOでドコモのスマホならドコモMVNOで利用出来る。

SoftbankならSoftbank MVNOで利用出来る。

AUの場合はちょっと特殊でAU MVNOでも

SIMロック解除が必要なケースが多い。

VoLTE専用スマートフォンやSIMの場合はAUとAU MVNOでは

別の会社のSIMとして認識されてしまうようだ。

iPhone6などはSIMロック解除対応しないけどAU MVNOで使える。

Apple au iPhone6 16GB A1586 スペースグレイ [MG472J/A]

Apple au iPhone6 16GB A1586

スペースグレイ [MG472J/A]

ただしVoLTE対応SIMは使えないので

IIJmioのAUプランでは使えずmineoのAプランならば使えるという感じで

かなり微妙に違いがあるので注意が必要かと。

 

SIMロック解除した場合も

どこでも使えるというわけではない。

その新しく使うSIMの周波数帯に対応している必要がある。

日本国内のスマホの場合はLTE Band1にはどの端末も対応してるので

たいてい利用することはできる。

ただプラチナバンドの周波数には対応してないケースもあるので

郊外とか田舎だと繋がりにくくなるケースもあるようだ。

海外だとスマホ次第。iPhoneなどグローバルモデルは

海外の周波数にも多く対応しているけど

国内の周波数のみに対応したスマートフォンなどは

海外では使えないケースが多い。

特にMVNO向けで最初からSIMロックされていない

SIMフリースマートフォンとして発売されてるスマホは

国内の周波数のみに対応してるケースが多い。

Huawei 5.2型 P10 lite SIMフリースマートフォン ミッドナイトブラック 【日本正規代理店品】 P10 LITE/WAS-LX2J/MI

Huawei 5.2型 P10 lite SIMフリースマートフォン

ミッドナイトブラック 【日本正規代理店品】 P10 LITE/WAS-LX2J/MI

売れ筋のHuawei端末などを見ても

対応している周波数はBand1/3/5/7/8/18/19/26/41で

国内はドコモ、AU、Softbankと対応してるけど海外だと微妙だ。

アジアなら概ね問題ない。

ヨーロッパは多少支障あるけど少しは使える。

アメリカだとほぼ使えないといった感じだ。

特にアメリカはBand2/4が主に使われているので

日本のスマートフォンだとグローバルモデルでないと対応しないので

海外で利用したい人には要注意。iPhoneは高価なモデルだけあり最強だ。

 

ということでSIMロック解除することで

他社でも利用できるのは確かだけど

ドコモのスマホをAUで使えるかというとiPhoneなら問題ないが

iPhone以外のスマートフォンだと微妙。

僕が使っているGalaxy S7 edgeもAUの周波数には対応してるが

ドコモ回線だとBand1/3くらいしか対応しておらず

肝心のドコモのプラチナバンドであるBand19には対応しない。

ゆえにドコモSIMなどで使っても快適に使えるとは言えないと。

当然海外へ持っていっても同じことがいえる。

逆に言えばiPhoneはSIMロック解除すれば

可能性がぐっと広がり中古で売却するときも

買取価格が全然違うので是非SIMロック解除しておきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンカメラとシャッター

  • 2017.11.05 Sunday
  • 00:25

先日ふと思ったこと。

スマートフォンでカメラ撮影をするとき

基本的に縦向きで撮影することが多いけど

横向きで撮影する場合はどっちを上にどっちを下にするのか。

僕は右利きなので右手でシャッターボタンを押す。

シャッターボタンはカメラアプリの下部分にあり

そして右側にあるのでスマホを左に90度回して利用する。

つまりこういう感じでカメラを構えて撮影すると。

これが標準スタイルだと思っていた。

ところが最近そうでもないことを知る。

 

僕は2台のスマホを持っていて

カメラ撮影などは特に旅での風景写真などは

もう1台のGalaxy S7 edgeで行うことが多い。

au Galaxy S7 edge SCV33 ホワイト パール 白ロム ギャラクシーS7 エッジ

au Galaxy S7 edge SCV33 ホワイト パール

白ロム ギャラクシーS7 エッジ

このカメラにはシャッターボタンを長押しすると

連写される機能があるらしくて時々なんか勝手に

連写になってしまって不思議に思っていた。

そんなあるときにシャッターボタンが外にあることを知る。

カメラアプリを開いているときに

音量調節を大きくするサイドのボタンが

シャッターになることを知る。

こんな機能があったのかと驚きつつも

これだとホームボタンが左側に来ていつもと逆だなと。

そしてもう1つこれiPhone8でも出来るのか?と。

iPhone8にも左側面にボリュームキーが2つある。

試しにいつもと逆の右側面を下にして

ボリュームキーを押してみたらシャッターが切れた。

これだと画面上のシャッターボタンを押さなくても安定して撮影出来る。

 

ずっとこれまでXperiaシリーズに憧れていたんだけど

その理由はシャッターボタンだった。

Xperiaシリーズでもここ数年のモデルには

右側面下の部分にカメラボタンがついている。

そのためこんな感じでシャッターボタンを押して使えるんだ。

このボタン押しシャッターが使いやすそうでうらやましかった。

画面上のボタンを押す場合はどうしても手持ちが不安定になるからね。

Sony Xperia XZ1 (Dual 64GB) G8342 - BLACK ブラック【並行輸入品】

Sony Xperia XZ1 (Dual 64GB) G8342

- BLACK ブラック【並行輸入品】

そのためXperiaが欲しいなあと前から思っていた。

何故他のメーカーはカメラアプリなどを強化しているのに

カメラのシャッターボタンを設定しないのかと。

実は出来ていたのね。

ボリュームキーをシャッターにするなど考えもしなかった。

試したらNexus5Xですら可能だった。

ボリュームキーでシャッターが切れるスマホって

実はすごく多いのかもしれない。

 

実際撮影してみるとその安定っぷりは全然違う。

シャッターを側面のボタンできることができれば

スマートフォンはがっちりつかんでおくことが出来る。

でも画面上のボタンを押す場合は

片手で持つか小指で支えるように持つかするなど

なかなかデジカメのようには使えず不便だと思っていた。

知っている人には当たり前の機能なんだろうけど

これまで知らなかったことを恥じた。

こんな便利な機能だったのに。

ということで今後は積極的に使っていきたい。

なお縦持ちの時でもボリューム+キーはシャッターとして使える。

積極的に使っていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

大幅値下げで24800円に。
スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM